https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年06月12日

カンは コイズミの直系の後継者

Yahoo! JAPANが露骨に菅政権賛美に走っている。
松田がヤフを脅し 更に嘘デマ扇動で 菅政権の政敵を貶めては
菅政権の失点は隠蔽しまくっている。
反論者へは 官憲が鉄槌を喰らわす準備もできた。
松田と飯島の違いは殆ど無い、
 権力の鉢が移ったにすぎない。権力の分捕り合いにすぎない。

そういえば松田の口調が ヨガのトコに似てきた。
小泉政権下の頃のヨガの所に そっくりだよね。

朝日の6/11朝刊の一面TOPで郵政法案の件を伝えていたが
廃案の文字は一文字たりとて無く 言い訳のオンパレード。
コイズミ時代と何処が違うのか?



ゲンダイ的考察日記 亀井大臣辞任 菅首相の大誤算の始まりだ
「昨夜、衆参同日選の観測が流されたのです。
 これは国民新党へのブラフ(虚勢、はったり)だった。

 ガタガタ言って連立を離脱するなら、衆院を解散する、
 そうなれば選挙協力は無理で、国民新党は消滅の運命ですが、いいのですか
 というサインでした。

 亀井はこれにもカチンときた。ナメられたと思ったのです。
 そっちが脅すなら、オレだって勝負をかける
 という意味で、大臣を辞任したのです」(与党関係者)

「菅首相は亀井大臣との全面対立を避け、最後は確認書を交わし、郵政法案の“継続審議”を約束した。それは海千山千の亀井を敵に回し、小沢前幹事長と手を組まれるのを恐れたためです。しかし、菅と亀井の溝はもう埋まらないでしょう」(政界事情通)

マスコミも世論も、どっちかといえば、亀井嫌いだ。亀井大臣辞任の影響は少ないかもしれない。
しかし、永田町の力関係は全然違う。もともと関係がいい小沢と亀井が手を組めば、菅首相や仙谷官房長官、枝野幹事長など、ちょろいもの。大人と子供のケンカだ。

参院選終了まで小沢がでしゃばることはないだろうが、選挙が終われば、民主党内に大亀裂が走り始め、何が起きるか分からなくなってきた。


郵政法案に関して、亀井静香が大臣辞任するも連立維持して、大臣後釜には自党の議員を滑り込ませる絶妙な妥協。: 憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ
さすが老練なワザ師、亀井静香らしい絶妙な政治妥協だ。
すでに選挙対応内閣でしかない菅政権では大臣にいること自体が意味も
ないし、
郵政法案に絡む支持者向けには責任をとって辞任で潔い姿勢を見せ
(参院選では郵政法案支持者を引きつけておける)、
その責めは約束を守れなかった菅首相にして、連立は維持して、
金融大臣の後釜には自党の自見議員を滑り込ませて、
郵政法案に関しては、参院選後のリトマス試験紙として、
民主党が反古にしたら連立離脱をさらに大きなマスゴミのエサに出来る訳だ。

こういう点が、
原理主義的な行動しか出来なかった社民党の福島党首とは違う現実主義者ってところだろうな。
参院選に向けて選挙対応に専念できる訳だし、
その間には小沢一郎と暗躍(これは良い意味でだ)出来る訳だ。
参院選後には小沢一郎、国民新党、新党大地、
それに自民の反コイズミ似非カイカク議員などと連携しての大政界再編で、
従米ではない独立民族派の党が出来て、
コイズミ似非カイカクシンパみたいな連中の民主党政権に対立して欲しいもんだ。

菅直人は
検察とマスゴミがタッグを組んで惹起した冤罪まがいなのに
「国民に不信を与えた。しばらく引っ込んでいろ」
と小沢一郎を非道な攻撃をした。

あの売国野郎のタケナカなんてのがそんな菅政権評価していんだから、
菅政権が いかに“官”政権かが自明と言うもんだ。


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/345.html
「イヤなら辞めろ」の悪質首斬り会社のような売魂菅内閣(反戦な家づくり、6.11)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-886.html
ではご祝儀相場のあるうちに選挙したいからだとか言われているが、
そんな簡単な話じゃない。
もっと直接的に、郵政見直しそのものをつぶすためだ。

国民の郵便貯金を守るための郵政見直しをぶっつぶして、
早いことアメリカ国債を買わせるためだ。

ほとんど留任で、あとは副大臣が昇格しただけのレトルト内閣を組閣するのに、
わざと4日もかけて国会を空白にしたのも、そのためだ。

要するに、売魂菅内閣にアメリカが指示した内容は、
辺野古に基地を作れ
と言うだけでなく、と言うよりも、それ以上に、
郵貯でアメリカ国債を早く買え。
消費税もあげてアメリカ国債を買え、
ということだったということだ。

これは、アメリカの追い詰められた状況と、
これまでの日米隷属関係を振り返れば「あたりまえ」の要求だろう。
最後は裏切ったとは言え、
8ヶ月半この脅迫にギリギリ抵抗してきた鳩山政権が、戦後の奇跡だったのだ。

売魂菅は、悲願の首相の座と引き替えに、アメリカの意向を丸呑みしている。
これから始まることは、あの悪夢のコイズミ時代のリプレイだ。

正義の味方面して、
実はアメリカのポチという、まったく同じことが繰り返されようとしている。
裏では、おそらく同じ振り付け師が暗躍しているのだろう。

参議院の後に成立させるとか言いながら、
換骨奪胎、似て非なる法案を出してくるに決まっている。
このあたりも、コイズミそっくりに。

今、私たちにできるのは、
民主党の中の「国民生活派」、国民新党・新党日本、社民党
これらを一人でも多く当選させ、参議院戦後の再編に期待することだ。

そのためには、「国民生活派」の見極めをしなければならない。

もし再編が始まれば、
どうせマスゴミは、小沢が辞めさせられた私怨で分裂させる壊し屋だ
とキャンペーンするだろう。
そんなネガキャンをはね返せるかどうか、政権交代以上の天下分け目になるだろう。

そして、無駄に郵貯でアメリカ国債を買うな という明確な意思表示が必要だ。

03. 2010年6月11日 16:52:16: LbpNuE7Mbg
菅内閣が、第二自民党になるとは、思いたくない。
しかし、亀井協定を反古にしたのは、許せない。

マスコミの好意的なのもおかしいが、V字回復が本当か疑わしい。
ただ、マスコミは、叩かなければ、褒めておけば、世論調査国民を、操れると思っていよう。

菅内閣よ、小沢路線を継承するんでしょうね?。

すべての法案を、早く成立させよ。
国会議員は、選挙が仕事ではなく、立法が仕事、それで給料が当たっているのだ。
マスコミの支持率で、法案先延ばしは、おかしくないか?。

http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/268.html
郵政改革法成立阻止を目論む対米隷属政権勢力 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-89eb.html

対米隷属・財務省主導の菅首相所信表明演説: 植草一秀の『知られざる真実』


先日 twitter界隈で こんな情報が流れた
https://twitter.com/zebra_masa/status/15838547475
米国からの『年次改革要望書』に新規項目−米国債購入義務。
年間絶対額か国家予算に対する割合のどちらにする。
その選択は、日本政府の決定に委ねる。
ただし、絶対額が前年度より常に上回ること。
https://twitter.com/zebra_masa/status/15882844891
いやあ、すごいリツイート量ですね。
「米国からの『年次改革要望書』に新規項目−米国債購入義務」はもちろん俺の想像です。
『年次改革要望書』には出ないでしょうが、
密約という形ですでに、あるいは近い将来に高い確率で実施されると考えています。
皆さんも懸念されているように。
https://twitter.com/zebra_masa/status/15883212940
@satoshithem @asd59 お早うございます。
「米国からの『年次改革要望書』に新規項目−米国債購入義務」、
いやはや、これほど多くの方が同様の懸念を持っていたとは。
https://twitter.com/zebra_masa/status/15903076024
大使館のはここにあるけど、09年版はないですね。
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/e/jusa-usj-majordocecon.html
規制改革要望書および関連ドキュメント (1994年から2009年7月6日までの要望書)
https://twitter.com/zebra_masa/status/15903363257
むしろ不思議なのは、
この『年次改革要望書』という超重要文書が、
なぜ外務省のサイトにないかですよ。

https://twitter.com/basilsauce/status/15902358690
@zebra_masa 「米国からの『年次改革要望書』
読んできました。なぜ大使館は和訳載せるのやめてしまってるんだろう。

@pinool
 09版では郵貯運用でリスクをとるように要望しています。
 日本国債購入から米国への投資。
https://twitter.com/zebra_masa/status/15914570100
省庁のサイトを覗くと、
「何でだろう?」と首を傾げてしまうことがよくある。

例えば財務省を覗いて外貨準備。
米国債はどのぐらい保有しているのか知りたいと思うだろう。
そんな内訳はいっさいない。

外貨準備等の状況
http://www.mof.go.jp/1c006.htm
https://twitter.com/zebra_masa/status/15915248081
これってやっぱり変なんですよ。
わざわざ米国財務省を調べなくちゃならない。

@backybacky
 確かに。
 日本の保有証券の大部分は米国債でしょうけど、米国債とは書いてないですね。
https://twitter.com/zebra_masa/status/15914981670
そうなんですよ。
でも、米国債とは書いてないですよね。単に「証券」とあるだけで。



でね こういうのを見つけてしまったんですよ
米国と欧州連合が日本郵政に関する懸念を表明 在日米国大使館
 2010年5月21日
いや コレ 普通に対日要望書と同義じゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwww
明確に コイズミ郵政を推進しろ って脅してきてるじゃんwwwwwwwwwwwwwwwww

大使館が 正文として載せているんだよね つい最近に。
しかも 日本語は正文では無い という
「日米安保」が事実上の停止をして 更に不平等状態が加速したのが「日米同盟」
というのを 強烈に踏襲して見せつけているんだよね。
勿論に在日米大使館が 日本語を正文とする義務はなくとも
わざわざ見せつける意味を思えば その意味は充分に推し量れる。

そして さもEUとWTOも それを望んでいる、と色々と脚色を付けてまでね。
在日米国大使館から 完全にコケにされているのが日本なんだよね。

連中は全然に諦めてないんだよ、日本の虎の子の財産を 根こそぎ奪い取る事をね。
状況は 全くに甘くなっていないんだよね。

この情報を菅政権が
知らなかったのならば 政務担当として無能に極まりないし、
知ってて なお
「“コイズミ郵政”見直し法案」の廃案をして
政権強奪から1週間も経たないうちに アチコチで約束の反故をしまくり続け
舌の根の乾かないうちに 全くアテの無い継続という空証文だけを口にして
誰が信用をするのだろうか。

完全なる売国奴 と罵りきるしかない。

政権交代に一縷の望みを賭けた者達をコケにしまくる菅政権は 断固として倒閣させるしかない。

菅政権は 第二自民党政権でしかない、しかもコイズミ一派の後継者だ。
そういう点では第4次小泉内閣に等しい。
自民党という美味しい権力を奪い取っては 還元するフリをするだけの悪魔鬼畜集団が
今 国家権力中枢を占有した。

見極めるのに数日を費やしてしまう俺は愚か者だが もう見誤らない。
けれども状況は あまりに混沌としている 
この参院選で その見極めを きっちりしなければ コイズミの悪夢を繰り返す事になる。
安直に民主へ投票するは 馬鹿で豚にすぎない自分を証明する事になるから
厳重な注意が必要である。

一〇〇,〇〇〇〇,〇〇〇〇,〇〇〇〇円の債務を 貴方と貴方の子供や子孫達が
家畜となって背負わされるかどうかの分水嶺が 其処にある。

貴方自身が地獄を見る 事すら頓着できず
貴方の子供が家畜となる事にすら無頓着になれる
という人は どうぞ御勝手に。

甘く幸せな世界で生きてきた人へは 俺が億の言葉を積み重ねた所で届かないからね


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/279.html
【小沢一郎は何を狙っているのか】〈1〉赤坂に掲げたT・ルーズベルトの檄文 「価値ある大義に全力を傾ける」 ゲンダイネット

14. 2010年6月11日 20:29:17: lpAITu8jQA
しきりに
“本当の小沢信者なら
 今の民主党の菅クーデター内閣でも、
 とにもかくにも民主党に投票し、
 民主党を単独過半数にすべき”
と、煽ってるのがいるな。

それが今のアメリカの指示ってわけか
なるほど…

次の参院選は、
自分の選挙区の候補者が100%小沢派の候補者かどうかの確認をして
いないのなら、国民新党に投票するべきと考えてる。

私は
1票たりとも、今のクーデター菅内閣をくわだてた、民主党グループに加担してはならない
と思っている。


16. 2010年6月11日 22:36:32: QfW2KuHNSI
>私は1票たりとも、今のクーデター菅内閣をくわだてた、民主党グループに加担してはならないと思っている。
同意します。
郵政法案の引き伸ばし、亀井氏閣僚辞任の流れを見ると、
参院選大勝後に国民新党との約束を反故にしようという気が満々

今日の東京新聞の社説!
「郵政法案は廃案にして見直せ」だって!


18. 2010年6月11日 22:46:13: Tr2MkBs6Hk
「小沢支持者」のふりをした自民党信者ばっかりだな。

小沢氏の目標は、総選挙での政権交代。
次の目標は、参院選での単独過半数、
・・・だった。

そのために自分を捨ててかかったのではないかと、私にはそう見える。
悲願の安定政権作りのために、
自分を捨て、仲間を欺き、マスコミを利用したと……。
ほんとうの小沢支持者だったら、わかっているはずだが。
仮に 小沢が何らかの策を仕込んでいようとも
菅政権を このまま野放しにさせ続ける理由は 全く無い。
国民新党の影響力の強化しか 選択肢が残されていない。
どのみち ネットの影響力など微々たるものだ。
なればこそ 微々たる力で できる事は
選挙区では 自民党 第二自民党 自民党亜種へは投票をせず
比例区では 国民新党に投票をして を多少に強化する程度でしかない。
微力なればこそ 微力の影響力を編み込んでは作り上げていくしかない。


   同じ政権で総理が代わっただけでこうも変わるものかと唖然そする。
   自民党がやってきた政治とどこがどう違うのだろう?
   これで国民の支持を得られるとは到底思えませんが?????
   マスゴミの思うような展開になってるのでしょうねぇ、。。。

http://twitter.com/tosa_suigei/status/15730893868
【菅政権】
政治主導から官僚依存へ逆戻り。

消費税増税発言。
子ども手当満額を断念。
高速道路無料化は放棄。
記者会見のオープン化は逆行。
放送法改正の実態はインターネット規制強化。
取調べの可視化はサボタージュ。

政権交代の期待をことごとく裏切る民主党と菅政権に明日はない。

   市民運動家が権力を持つとこうなるといういい見本でありますな。
   持ちなれない権力を持つとこうなるといういい見本でありますな。
   きっと、無闇に振るいたくなるんだろうなぁ、ははは
野心と虚栄心 という観点が無ければ 現状の菅政権を理解できない。
菅は、巨大な野心を持つが それ以上の虚栄心を持っている男、である。

政官財の癒着の中に生じた自民党は
とにもかくにも経済成長からの富の搾取を前提にしたカネの繋がりが不可欠だった。
すなわち 富の搾取こそが野心の根幹に当たる。

菅も 自民党時代の政策と殆ど同じ事を言い始めたが
菅自身は「“カネの繋がりや富の搾取”を不可欠にする」を野心としていない。

市民運動家という 下から上がってきたモノだからこそ
その上へ行く事をこそ野心としている。
すなわち権力欲こそが その野心の根幹にある。
「“カネの繋がりや富の搾取”を不可欠にする」をも上回る権力を欲している が野心なのだ。

そして更に その野心を超える虚栄心 すなわち「人から良く思われたい」があるので
その野心が 言いかえれば支配欲へと転化するのだ。

上手に支配して崇拝と尊敬を得たい になるのだ。

だから
失敗する可能性は先に消しておく 余計な事はしない 詭弁を先に並べる。
困難は先に回避する口実を用意する。
所信表明は その塊でしかなかったよねwwwwwwwwwww

だから失敗を指摘したりする反論者の存在すら許さなくなる。
巨大な虚栄心は 極度に失敗を恐れるがゆえに
圧倒的な排除の論理を先行して徹底的に行いたがるから
その者が権力を握れば 当然に 血も涙も無い粛清を行われる。

更に
人間の圧倒的大多数は馬鹿で豚にすぎない中で
虚栄心 すなわち「人から良く思われたい」を暴走させると、
本質的に 優秀であるか必要であるか どうかではなく
自らの優秀さを理由なく信じ 反論者を理由なく無能者と断じて色分けできてしまうので、
自分を良く思わない反論者達を 理由なく豚と決めつける事への躊躇が無くなる。

その者が 権力を握り 支配欲のままに動き出せば
寛容な政治が進むはずも無い。
周囲が無能さを指摘しても
自分の優秀さを信じない他者が悪い と思い込む自分自身にすら気付けなくなる。
権力欲に振り回されている自分 という自覚が無い限り
結果的には 単なる暴君にすぎない という事にすら気付けなくなる。
菅と 麻生や安倍と何処が違うのか?w

元から上に居たので
「“カネの繋がりや富の搾取”を不可欠にする」に対する野心をそれなりに持つ者
 と
元は下に居たので
「“カネの繋がりや富の搾取”を不可欠にする」に対する野心をそれなりに持たない者
という程度の差しかない。

こうして列挙を続ければ コイズミとカンは 殆ど瓜二つの道筋を歩んでいる。
歩み道のりが違うだけであり
「“カネの繋がりや富の搾取”を不可欠にする」という権力欲に対する野心を目指した点では
寸分の違いも無い。 
飯島と松田 という下品で狡猾な側近を置いている事で
対照的に自身の虚栄心を満たそうとしている点も あまりに そっくりだ。
松田の 飯島に対する嫉妬にも近い怨嗟は もはや近親憎悪だよねw


その 権力を渇望する野心が それを上回る虚栄心によって支配欲へと転化するから、
とりあえず その巨大な虚栄心が 自らの失敗を先に封じさせる詭弁を生む。
だからこそ あっけなく足元から崩される。
諫言を吹き込む連中からすれば
 ま さ に 思 う 壺
に陥るは 赤子の首を絞めるより簡単だろうねwwwwwwwww

だから官房機密費を使うんだよね、そのドツボに あっけなく嵌まるんだろうね。


菅の何処が問題なのか を指摘するには
従来の自民党政治的な単純な金権政治批判だけでは全くに足りないのだ。
菅に問題なのは 金権政治からの距離では無い、
安直に そういう部分しか言えない は 間違いなく政治的な稚拙さで失笑を買うだろう。
だからコイズミを引きずり降ろせなかった悪夢を もう忘れたのか。
カンは コイズミの直系の後継者 である。

政治的な厚みが本質的には無い それこそが問題なのだ。


その当初の自民党政治も できる限り厚みのある政治を模索し続けたんだけど
富の再配分の不均衡が極端に先鋭化し
そういう狭い範囲だけが得をする政治からの脱却が望まれたからこそ
政権交代が生まれたんだよね。

菅も小沢も鳩山兄も 岡田も前原も 福島も亀井も
という呉越同舟だったからこそ 厚みのある政治をするしかなかったんだよね。
その呉越同舟ぶりは かつての自民党と言ってしまっても 遜色は無いほどに
バラエティーに富んでいたよねw
ただ一点 先鋭化した自民党政治からの脱却 で結びついて
その結びついた先に 本当の独立という観点が生じるもまた 自然な道行きだった。

それを、菅の 権力欲という野心 と 支配欲という虚栄心 が 呉越同舟を ぶち壊している。
欲望を制御しきれていないままに 圧倒的大多数へ被害を及ぼす者 は
個人として激しく軽蔑するしかない。

政務もまた 人間の所業の産物だ。
欲望を制御できない人間達が金権政治を暴走し続けた事を見届け続けたが
当人が金権政治をしなくとも その別の欲望を制御できないままに政治中枢でを暴走し続ければ
生じる悪夢に 殆ど差は無いだろう。

見せ掛けのクリーンな政治 とかいう虚飾で覆い隠して 実態は あり得ない地獄絵図を作った
それがコイズミ時代ではなかったのか?
またしても マスコミ新聞テレビ大手メディアの嘘デマ扇動に踊らされるのか。
参院選は そういう部分が問われる。


権力の頂点に座する者が 散々に
富の再配分の不均衡の極端な先鋭化に利用され続けてきた以上、
菅という人間の性格が 簡単に籠絡され利用される事は
当り前に起きるであろう。

自民党時代以降 という道行きを進むのであるのならば
政治の見方もまた 従来通りでは済まない。
金権政治を批判するだけならば馬鹿でもできる。

菅を批判させない 菅が危険人物だと思わせない 菅がクリーンな人間だと信じ込ませる、
コイズミ時代と瓜二つの如くにね。
その報道が続く意味くらいは せめて考えられるようになってほしいよね。



菅という人物は権力欲を指向するゆえに
権力の頂点から離れれば離れるほどに使える人物であり
権力の頂点に在っては 単なる傀儡へと突き落されるだけだろうね。
当人の自覚の有無に関わらずにね。
コイズミとカンの違いは 其処にある。

コイズミは 自身が傀儡である事すら許容する 詐欺師である自分自身をも許容する
自分の知性に自信を持ちきっていなく
その必要性も 其処まで感じてなかったからこそ その事を受け入れているからだ。
だから変人なのだがw ある意味では人間的でもある。

カンは 自身が傀儡であることを許容できない 詐欺師である自分自身を許容できない。
自分の知性に自信を持っているから 傀儡である自分自身という虚像は受け入れまい。
政治家としての器に 自身は拘るであろうが、それでは人間的な器は評価されまいw
だから非人間的で残忍な行動も 政治的に止むをえない とかイケシャアシャアと言い切るだろうね。
そんな狭い範囲の支持だけで政治が進められると思う傲慢さが
思えば常に見え隠れしていたよねwwwww

カンはコイズミの直系の後継者となるだろうが
所詮は 子鼠の更に子鼠にしかなれないだろうね。

コイズミは 自身の知性の低さを補って余りある説得力を有していた。
それを明確に自覚していたからこそ手強かったのだ。
カンは 自身の知性に自信が有るからこそ 説得力を補えると信じてしまっている。
その判断の甘さが 隙を作っている事に気づいても
巨大な自尊心が其れを許したくないだろうね。





■小沢氏が辞任後初会見ノーカット1/2(10/06/09)
http://www.youtube.com/watch?v=Ai5Y6varNWE&feature=player_embedded

■小沢氏が辞任後初会見ノーカット2/2(10/06/09)
http://www.youtube.com/watch?v=biJfoOTFaXE&feature=player_embedded


http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/676.html
だれが「選対委員長=安住」「財務委員長=小宮山洋子」を選任した?資金の出を透明化すとか何とか言ってたが!


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/291.html
米国に魂を売った菅総理
12. 2010年6月11日 21:44:15: PvX7kSAtaI
>菅の偏向ぶりは、異常だ、決定的な、スキャンダルを握られたか、余程致命的な秘密を、握られたのではないか
私も尋常ではないと思う。
所信表明演説の後の野党党首のコメントを聞いたら、そちらのほうがよっぽどまともだし、谷垣なんか立派に見えてきた。
菅は、小沢、福島、亀井を切った後に、参院選に惨敗し結局自分がつぶされて、「民主党最後の党首」になるという誰かのシナリオに、うまく乗せられているのではないか。


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/265.html
管民主党党首および枝野幹事長の悪魔的な大欺瞞性
05. 2010年6月10日 17:59:45: AwV8ntQwt2
マニュフェストの変更が次々に発表されているが、
昨年は、国民弱者の側に立った政策のゆえに民主党は政権を取ったのであろう。
海外金融資本に郵政資金に代表される日本の富を売り渡す構造を温存し、、
特別会計にも切りこむことなく、検察権力に国家支配権を完全に譲渡し、、
財務官僚を自己保身の用心棒に使おうとする連中を許容するわけにはいかない。


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/169.html
「官房機密費スキャンダル」質問にうろたえる菅新総理」 岩上安身 氏のツイートから。 (晴耕雨読)

http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/289.html
「ウチの新聞は、ヤクザと巨人で売ってるんだ!文句あっか!」 『機密費はなぜ問題なのか』岩上安身氏のツイートから(晴耕雨読

http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/676.html
ラジオ万華鏡 石川知裕氏「産経新聞は全くのデタラメを1面に載せた」「(秘匿義務があるはずの)自分の調書が一言一句違わず新聞に載っているのを見た」

検事総長に大林宏・東京高検検事長 政府内定、近く閣議決定、来週発令
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/270.html


http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/355.html
小沢一郎氏を再浮上させるしかない(神州の泉)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2010/06/post-67d2.html






http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/321.html
TBSラジオ6/10] 岩上安身氏がメディアの偏向ぶりを徹底糾弾 「非常に危険な状態に今ある」
29. 2010年6月11日 17:31:49: 6i9UrJsHdU
マスコミが攻勢に転じたからと言って、菅内閣の政策方針が変わったわけ
じゃないので。
鳩山・小沢体制の時は民主の方針にある程度期待もしてたので擁護の労も
惜しまなかったけど、菅内閣を擁護しても意味が無い。

どうぞじゃんじゃん叩いてください、としか言い様が無いですね。


30. 2010年6月11日 19:10:50: Gni4tHIQfc
>29さん
この気持ちは何なのだろう・・菅政権が叩かれようが、沸き起こる闘志が一向に出て来ない。
同感です。






所信表明演説、読売の偏向報道には呆れかえる  (まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/374.html
読売のニュースで一番腹が立ったのは、

>首相は演説の締めくくりで「是非とも私を信頼していただきた
い」と呼びかける。だが、前政権の十分な総括もないまま、鳩山
氏のように「トラスト・ミー(私を信じて)」と訴えているだけならば、
新内閣に寄せる国民の期待が長続きすることはないだろう。≫


前政権の十分な総括もないままだと?
笑わせてくれるではないか。
何百兆もの、大借金をこしらえた自民党に対して、総括しろと
言って来たのか、この新聞社は。少しも聞かなかったぞ。アホタレ!

私は、自民党から総括も真摯な反省の弁も聞いたことがない。
胸を打つような謝罪を聞いたことがない。

国民が選択した政権交代も、ありとあらゆる足の引っ張りで、前
政権を引きずりおろしておいて、たった8カ月の前政権を総括し
ろと言う、初心者政権に対して容赦のない非難の嵐は、なんな
んだろう。


http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1646536/
しかし、異様な内閣支持率ですねw (雑感 日々思うこと、10.10)【小沢の影響力は民主党の基礎票の7割以上?】
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/348.html
民主党が、この基礎票(支持者)を捨て風頼みの空中戦を行った時点で、大手既存マスコミの餌食になることは見えている。そればかりか、民主党の中の基礎票の約7割が民主党に見切りをつける可能性も有るだろう。





ところが この直後に 小沢一派の人が こう書く
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-305.html
亀井センセイが辞任しました。
驚きました・・。
連立離脱する・・と聞いておりましたので、今朝の新聞各紙には一面ぶち抜きで・・・
「国民新党 連立離脱へ!」 と来るもんだとばかり思ってたら・・・
カメちゃんの閣僚辞任で・・終り・・。

仙石官房長官
流石はタヌキです・・。(笑)
昨日一日で・・一気にひっくり返しました・・。

少し前まで・・・
「亀井代表は本気だ! 法案通さないなら、参議院での問責に賛成せざるを得ない!」
なんてほざいていた・・マリコン下地。
そのお顔同様・・おなかの中まで真っ黒です。
ハエある・・・
タヌキの・・機密費支出先・・・
その、第一号の栄冠に輝きました!
レンガ3つだそうです・・。(笑)
コレを・・HセンセイやMセンセイと山分けして・・・
この3人で・・・
カメちゃんや・・地味センセイの・・連立離脱方針をひっくり返しました。

しかし・・タヌキにも誤算がありました・・・。
それは・・・
このカメは・・・
そこらにいる・・普通のカメとは違うのですね・・。
先日のお不快で・・某大作家のセンセイがおっしゃってましたでしょ・・。 (笑)
「今の政界で・・ホントのケンカが出来る政治家は・・3人しかいない・・・。1人は・・子鼠。 そして、オザワイチロー。 最後に・・カメは静香に・・だ」

カネを前にして・・・
このカネが・・税金を原資とした官房機密費なんだから、更に参っちゃいますが・・・
こんなカネに・・ひれ伏す政治屋たち・・・
ましてや・・1人は、沖縄選出・・。
そして・・もう1人は・・なんと! 肝心要の大樹全国会議の推薦議員です。

国民新党が強くなるは 管政権のアキレス腱になるが故に
先を考える小沢一派にしてみれば 普通は秘するよね こんな話は。
なのに出した 何故か? 明らかに国民新党へのブレーキになるのにね。
この答えの妄想は後で書く。

ともかく そもそも菅政権側が
国民新党側を閣外協力で受け入れたとしても
金融大臣のポストまで与える理由は 今のタイミングでは 全くに無い。
なのにポストまで与えた、不思議さが有った。
その答えは 此処にあった。
官房機密費を与えて急所を握り合う まさに自民党的政治そのものであり
この手法の場合 よほど上手く動かない限りは少数派が圧倒的に不利になるからね。

仙石官房長官の知性と狡猾さを侮ってはならない局面なのにね、下地の迂闊さを見事に突いている。
そして下地が 其処まで上手く権力を活用できる類の政治かとも思っていない。
下地が 煉瓦3つ分となると1500万かな を使わずに
菅政権への攻撃用の証拠の外堀を埋めておいたのならば 逆転の一手になるが
まず それは期待できまい。

小沢一派が わざわざに この話を出してくるからには その先の意味が有ろう。

皆さん!
拙ブログのコメント同様・・・
物事には・・必ず、オモテとウラがございます。 (笑)
ホンモノをしっかり見極める・・眼力が・・・
ご自身やご家族の生活を安定させ・・向上させる結果となります!

タヌキのお働きにより・・連立政権は・・表面上、体裁を保ちました。


しかし、カメの怒りは凄まじいものです。
このまま引き下がるわけはありません。
だろうねw
菅センセイ・・・。
もともとは・・市民派出身なのですが・・・
総理の座についた途端・・すっかり市民の心を見失ってしまっているようです。



総選挙にも・・何回か落選した経験が・・・
代表選にも・・何回か敗れた経験もございます・・・。
つまり・・充分なくらい・・下り坂もご経験済みです・・・。
参院選までの1ヶ月間は・・上り坂が続くでしょう・・。

でも・・・
そのあとは・・・
もしかすると・・まさか・・が控えているかもしれません・・・。
奇兵隊の末路は・・・
それほど・・輝かしいものではございません・・。

ここ数日のエントリーで・・レギュラーの皆さんを混乱させているようです。
「で?オレたちは・・いったいどうすりゃいいんだよ!?」
との・お便りや・・コメントを・・沢山戴きました・・。

で、その結論・・。
どうすりゃ良い?・・かって?
それが判れば、こんなブログに苦労しません!(笑)
「気弱な地上げ屋」 の言う事には・・何でもウラがあると考えちゃいけません・・。
10・・言ったなかにゃ・・6つか7つくらいなもんです・・ウラがあるのは・・。(笑)
もう暫く・・お待ちください・・。
まだ・・投票まで・・3週間以上あります・・。(苦笑)
思うに このタイミングで仙石官房長官と下地の話を出す段階で
小沢にしても まだ迷っているんだろうね。
普通は秘するよね。 でも出した。明らかに国民新党へのブレーキになるのにね。
管政権が受ける打撃よりも 国民新党が受ける打撃の方が大きいよね。
勿論に 管政権側だってダメージを受けるかもしれないが 権力を握っていればこそ どうにでもなる。
けれども 少数党は 僅かな傷が致命傷へ転嫁しかねない。
つまり やや管政権側に与している姿勢になっている。

すなわち 決定的な一手を打ちきるには 未だに至っていない。
其処の人の言葉も あまりに慎重すぎる。

管一派の側にしても 色々と見る限り、
強気の言葉を出すわりには 決定打の一手を出すには躊躇している。

下々の人間からすれば この状態は 冷戦を見るに等しい。
鳩山兄が一線から退いてしまったが故に 民主トロイカが崩れ 旗色の鮮明さが出てしまう事に
誰もが その無意味さについては分かってはいる。
けれども だからこそ お互いに決定打が打ちきれない曖昧な状態であり
下々の人間からすれば この状態は 冷戦を見るに等しい。

当初は「敵を騙すには味方から」だったのかもしれない、
でも管は あまりにも松田の暴走を許しすぎたし 管自身も驕り過ぎていた。
小沢にしても 今は まだ迷っているのだろう。
でなければ 小沢一派の人の所から あんな話が出るはずもない。


で 思う。
民主党内での菅政権側を弱めて 小沢側と国民新党を推す形を取る事は
仮に「敵を騙すには味方から」であったとしても 殆ど問題はない。
冷戦構造の場合
決定打の打ち合い はなく、局地戦の積み上げ しかない。
仙石官房長官が空中戦を始めながら なお菅政権側が決定打を打たない ならば
こっちは 明確に 小沢側と国民新党を推す形のゲリラ戦を展開するしかない、
どのみち下々の人間は 決定打にならないゲリラ戦 しかできないんだけどねw 

上の人間は 決定打を打てるからこそ迷う。
まぁ 良いですよ 大いに迷ってくださいね、むしろ下手を打たれたら元も子もない。

けれども下々の人間は その迷いの時であろうとも
先に動かないておかないと 必要な時に 決定打に対して勝てなくなる。
下士官層は 指示が来なければ 悪いけど先に動くよ。
空中戦が始まっている以上 塹壕で進んではゲリラ戦を始めるよ。
爆撃が有るので不利は先刻承知。
でもコイズミ時代から そんな状況は慣れっこなのでねw


 ↓
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/347.html
郵政法案先送りに見る「日程政治」の現状 (永田町異聞)
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10560005964.html

会期中に議決できなかったら廃案。このルールが与野党の戦術を、議論より審議スケジュール重視の「日程政治」といわれるものに陥らせている。

野党は、内閣が提出した議案を通さないようにするために、審議を遅らせて審議未了とし、廃案に追い込むことに躍起となる。

そうはさせまいと、当然、与党の国対幹部は必死に防戦する。自民党政権時代には、水面下の野党対策に官房機密費が使われることが常態化していた。

で 今回は連立与党相手の「日程政治」に官房機密費が使われた訳だw
自民党時代に逆戻りだねwwwww



こうした「国対政治」が幅を利かせる現状を改革するため、小沢一郎前幹事長の求めに応じ、昨年11月4日、21世紀臨調の佐々木毅氏(元東大総長)、飯尾潤氏(政策研究大学院教授)ら五人が緊急提言をおこなった。


提言の内容はこういうものだ。

まず改革の前提として、常会、臨時会など細切れになっている会期を見直し、「通年国会」にする。すなわち休会期間を含む300日以上の長い会期に改める。

次に、「会期不継続の原則」をなくし、たとえば選挙で会期が切れて審議未了となっても、選挙後の国会で自動的に審議が継続できるようにする。

そうすれば、会期を気にせず、必要なだけ、法案についての議論をたたかわせることが可能だ。

筆者はぜひ、菅政権にこの提言に沿った国会改革を進めてもらいたいと考えている。そうなれば、今回の郵政改革法案のようなケースも廃案にせず、継続して審議できるわけである。

「日程国会」「国対政治」は、裏で腕力を発揮する政治家が政権への影響力を持つ政治風土をつくってきた。

有力政治ジャーナリストは、そうした政治家との密着によって情報をもらい、政策よりも政局情報を求めるマスメディアに重宝されてきた。

これからは堂々たる議論を国民の前で展開できる政治家が台頭するような仕組みにしてゆかねばならない。そうなれば「政局記者」ではなく「政策記者」が重要視される時代がやってくるだろう。
小沢の深慮遠謀が何処にあるかを強烈に示している






http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/675.html
さようならフジテレビ フィギュアスケート報道暗黒の歴史(←偏向報道の手法満載)
例えば、
・マイナスのイメージを引き出す質問を繰り返す
・失敗したあるいは映りの良くない写真/映像をしつこく流す(時には本人の目の前で)
・専門家を使って、誤った情報を正しいことであるかのように伝える
・特定のイメージを繰り返し植えつける
・都合の悪い情報は伝えない
などなど。

正にメディアリテラシーの教材にもってこい。
メディアが総動員で10代の少女たちに対してしてきたこと。
スポーツでさえこれですから、政治に至っては言うまでもありません。
阿修羅の皆様はご存知かと思いますが、まだテレビ・新聞を無条件に信じているお近くの方にお勧めです。
コメント
01. 2010年6月11日 02:22:54: hj5sogWyEs
郵政選挙の時に使った手法そのまんまじゃないですかw
たぶんアメリカ仕込の手法なんでしょうね



http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2010/06/post-f004.html
中小企業向け融資を手掛ける日本振興銀行に対する金融庁の検査で、
同行の役職員が業務上のメールを削除した疑いが強まったとして、
庁捜査2課は11日午後、銀行法違反(検査忌避)容疑で、
同行や関係先の計数十カ所を家宅捜索したとか。



木村剛を中心に開業した銀行で、木村は日銀出身で、
当時のタケナカ金融担当相時代に金融庁顧問も務めた奴だ。

日経なんかによると、
開業直後から創業メンバーの内紛が表面化。
社長の解任や執行役の辞任が相次ぎ、次第に不良債権も増加、
05年5月には木村自らが会長に就任したが、
09年3月には商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド、破産手続き中)から
ほかの信託銀行に譲渡済みの貸出債権の二重譲渡を受けていたことが判明。
10年3月期決算で51億円の最終赤字に転落。
木村会長兼代表執行役は経営悪化の責任を取る形で今年5月10日付で辞任した
って疑惑だらけの銀行だ。

木村剛なんてのは新自由主義に凝り固まったカルト信者みたいなもので、
コイズミ似非カイカクに乗って、自己責任なんかを喚いていた奴だ。
しかし、自分のことになるとこの手の無責任な新自
由主義カルトらしく自己責任とは無縁のようで、膨大な赤字を作
った元凶のくせに、さっさと逃げ出した訳だ。





https://twitter.com/zebra_masa/status/15883773852
外務省でも読まれているらしいネルソンレポートってのがあるのですが、このレポートを取り上げたブログを読むと、米国側担当者ベーダーの現状認識はマスコミ(官僚)報道に沿っているみたいですね。
 ↓
http://www.thewashingtonnote.com/archives/2010/06/jeff_baders_tou/
 ↓
Google 翻訳
- ゲーツ長官は、10月に日本を訪問し、明らかに普天間飛行場代替施設が最良の選択は、その距離から徒歩それが同盟関係を損なうことになるまました。 またゲーツ長官は、いわゆる"対立"アプローチと呼ばれるの批判があった。 実際には、日本側の誰かが共同通信にFMの岡田とゲイツ氏の最初の会議のほぼ全体をトランスクリプトをリークし、外観をゲイツ会長が公開対決を、彼が実際に率直に非公開の会合で話していた求めていたことを選んだ。

-- 私たちは皆知っている - は、PM鳩山氏は12月、日本で普天間飛行場代替施設を合意として実装していないことを決めた。 彼は日本が私たちと5月末までに新たな提案について合意に達するだろうとした彼の好みを明確沖縄沖普天間飛行場を移転する - いない場合は、日本から完全だった。

-- 私たちは、これが間違いだった、様々な理由と思いました。 私たちは意見の相違を明確日本政府にした。 同時に、我々は鳩山氏の提案の話を拒否しなかった。 我々は、オプション、一生懸命15年間の交渉と一緒に、望ましいだろう、それが"ベスト"オプションと言わざるを続けたが、私たちは、それが"のみ"オプションをされたと主張していない。 むしろ、我々は尊敬と日本の政治の理解と新政府のニーズを示した。 率直なところ、遅延がより肯定的な結果を生むと懐疑的だった。 しかし、それはどのように同盟国は、の"同盟特に"どの鳩山氏は話し、大統領がオバマ氏が受け入れているイコールお互いに扱う必要がありますです。

- 大統領は常に米関係ははるかに1つの基地問題よりも大きいと考えられている。 我々は、この問題によって影が薄くする関係を望んでいない。 しかし、我々はそれを無視できませんでした。 日本政府は安全保障関係、独自の国家安全保障を見る方法は、の指標として見られるようになった。

-- したがって、この契約は、重要な独自の権利だけではなく、それが日本の政治的変化を反映の観点からです。 まず第一に、それは"gaiatsu" - 古いモデルは、アメリカ人が-私は、-それは - 終了する事ができますか示しています。 我々は、その崩壊を歓迎するための方法は、オバマ大統領が事業を行うだけではありません。 その場所では、民主党指導部は導入は非常に、非常に日本の安全保障上の利益と日米同盟の意味を再考公共汚い。 日本のリーダーシップは、(痛い)透明なプロセスまでを独自の結論に達したため、普天間飛行場代替施設のオプションの彼らの評価の結果は重要です。 これは日本の国家安全保障政策の専門家密室を作る一握りではなかったし、それを販売するか、日本はワシントン行う義務として。 契約は、独自の最善の利益については、日本国民の主流意見を反映されます。 最後に、この結果は私の意見、杭と同盟の国家安全保障への影響の民主党の理解の成熟に反映されます。
ググルの翻訳がアテになるのかどうかは分からないけど
こうして何とか読む限りは
どう見てもマスコミ新聞テレビ大手メディアからの情報とは 齟齬があるよね。
オバマも アメリカ側も
鳩山兄の独立路線に それなりの理解と賛成をしているんだよね。




http://www.asyura2.com/10/hasan68/msg/573.html
興味本位のインチキ偏向メディア、河村市長に張り倒される
「日本国中、朝から晩まで反・小沢だの、非・小沢だの、まるでこれ以上ないかのような大ドンチャン騒ぎだけど、これって国民に何の損、得があるの?
大体において、小沢さんの何がどう問題か、なんてみんな理解して言ってるの?
政治とカネなら、自民の専売特許でしょう。
もう、こんな話題で報道のほとんどを費やす馬鹿なことから、たいがいで卒業しましょうよ、皆さん!」


06. 2010年6月11日 23:26:29: QfW2KuHNSI
(以上の河村さんの談話、抜書き↓)


本当にジャーナリズムには気をつけてほしいけど、
団体戦の報道はイカンよ、どっちが勝つかというだけの話は。
(政治家が)何をしようとしているのか?ということを貫いてやらないと、国民にとってね。


私が仮に総理だったら、消費税を1%下げますね。
減税しますと、ありとあらゆるエネルギーが行政改革に向かうんですよ。
スーパーでいえばお客さんが喜ぶことをきちっとできるんですよ。
減税しないのに行政改革なんかできるわけないですよ。いつまで嘘を言ってるのかと。

(行政改革を先にするというのは)できるわけない。
商売でもなぜ努力するかといったら、価格競争があるから。
マスコミにはわからないんです、そういうことは。
日本のマスコミはほとんど価格競争しないから。
テレビと新聞が一緒になってるマスコミって、日本だけですから。
それと新聞の価格協定がありますので。

日本中のほとんどの人は毎日すさまじい価格競争してるんですよ。
価格競争があるから会社の競争するんですよ。

減税が無い限り、(行政改革は)決してできません。
特に行政は権力で税金を集めますから。
減税がない限り(行政改革は)できません。
そこの順序が逆転してるから、日本の政治はえんえんとイリュージョンですね。
嘘の政治が続くんです、庶民にとって。えんえんと団体戦が続きますよ。
だから庶民の苦しみもえんえんと続きますよ。

(質問・新しい政治をやるんだということで民主党は前面に出そうとしてるんでしょうけど、
今後の民主党は小沢さんと訣別して前へ進めると思いますか?)

そんなの嬉しいですか?
新しいとか、反小沢とか、小沢さんの親戚なんですか、みなさん?
関係ないでしょ?いつまでこういうことをやってんのかと。

基本的に庶民にとっては、安全保障をのぞけば、減税か増税かということが一番大切なんですよ。

まず名古屋で減税を実現して、それから減税・ニッポンへ。
間違った経済学、間違ったアンカーを正さないかん。





低気温のエクスタシーbyはなゆー: 小泉首相「必要な歳出も削減すれば国民の側が増税を望むようになる」2006年6月27日
当時の小泉首相の本当の狙いは「財政再建」ではなく別のところにあったことです。

小泉氏にとって「財政再建」や「プライマリーバランスの黒字化」などはどうでもよく、
彼の真の目的は
「『やめてほしい』と国民が言うまで予算を切り詰める」
「国民から『増税してもいいから必要な施策をやってくれ』と言わせてから増税する」
ことだったのです。
要するに
仕分け作業 という権益で美味しい思いをし続ける枝野を使って
あの骨太の方針とやら以上の歳出削減を「演出」してから
消費税を上げる、
それが 第三の道 とやらなんでしょうねwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


チャンチャラオカシイとしか言いようが無い。
こう言えよ
「無駄な歳出削減は断固として行う 必要な財政出動は行う。
 消費税を上げるかどうかは 今後の政権に委ねる。
 自分は第三の道の基礎を創るだけだ。」
この3行で全て解決するのにね。

自身の支配欲を満たしたい者ほど 虚飾の言葉で飾らないといられなくなる、
コイズミとカンは 全くに瓜二つだな。







posted by 誠 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。