https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年06月15日

ミスをした時こそ学ぶべきである。知性と共に遠い所へ旅が出来る。

ちょっとだけ更新


http://twitter.com/aobadai0301/status/16116898530
菅政権はマスコミとも結んだなと確信するのは、このところの、うってかわっての菅政権の持ち上げぶりである。分かりやすいのが、荒井国家戦略担当相の事務書費の件で、もしこれが鳩山政権なら、キャミソール購入なんてマスコミ受けしやすいスキャンダル。辞職まで、徹底的に叩いただろう
http://twitter.com/aobadai0301/status/16102138804
朝日新聞を開いて驚くことが増えた。と言っても、その落ちぶれ方に驚くのだが。今朝も幸福の科学の広告で、田中角栄、土光敏夫からドラッカーまで、大川隆法が日本の政治について霊能対談したとあるが、宗教がこのような広告をやりたがるのはいつものことだが、朝日新聞の広告掲載基準は大丈夫?
http://twitter.com/aobadai0301/status/16100580800
最近、マスコミは参院選挙での輿石落選のネガキャンを仕掛けはじめてるな。日教組だの、元不良だのなんだのって。要は、落選させることで、参院民主党での小沢の影響力を排除することがねらいだろう。


ゲンダイ的考察日記 テレビ・新聞から消えた「普天間」報道  鳩山首相のクビを取ったら解決なのか 沖縄県民は「利用された」


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-306.html
トリの菅サンは・・良かったのですが・・・
前座の連中が・・失笑をかってましたね。
その1人・・が、このかた。
枝野幹事長
憲政始まって以来・・・
一番カネのない幹事長・・だそうです。 (笑)
「気弱な地上げ屋」 が、そう申しているのではありませんよ! (苦笑)
ご本人の弁だそうです・・。
「気弱な地上げ屋」 が言うのでしたら・・・
多分・・・
憲政始まって以来・・・
一番・・関心のない幹事長・・と、なるでしょう。

先日の・・「一人で500万票集めるオトコ」 との引継ぎ・・・。
皆さんもご承知でしょう・・。
カップラーメンも出来ないくらい・・短時間での引継ぎ業務でした。
流石は、多忙なお二人です・・。
実に効率的ですね! (笑)

あまりにも短時間なので・・さしたるハナシもございませんが・・・
漏れ聞こえてきた・・その内容をご紹介しましょう。

枝野幹事長 (以下、エダNO・・という):「あっ!幹事長! このたびは・・大先輩に・・わざわざ、お越し戴き・・・・」
「見え透いたお世辞はいい! キミも忙しいだろう? 早速、要件に入ろう・・・。 それと・・幹事長は・・キミだ・・。」
ドカンッ! (筆者注: 引継ぎ書類を机に置く音)
「コレが・・幹事長としての引継ぎ書類だ・・。 エダNO君・・。キミなら・・読めば理解できるはずだ・・。 じゃあ、これで・・・」
「エッ・・・!? 幹事長・・。いくらなんでも・・・早過ぎます・・。 口頭での引継ぎは・・?」
「口頭での引継ぎ? なんかあるかな・・・?」
「例えば・・・終盤国会とか・・・」
「終盤国会? 幹事長はキミだ! キミの思うとおりにやればよい! 独裁・・だなんて、党内で陰口叩かれんよう・・・しっかりやってくれ!」
「幹事長のおたてになった・・複数区での複数候補の擁立・・。素晴らしい正論ですし、戦術的にも素晴らし・・・」
「エダNO君! 要点を言ってくれんか!?」
「あの・・・、例えば・・・沖縄の候補者擁立が遅れてますが・・・」
「幹事長はキミだ! キミの思うとおりにやればよい! 独裁・・だなんて、党内で陰口叩かれんよう・・・地元としっかり協議して・・キミの思うとおり・・やってくれ !じゃ! コレで!」

国会幹事長室。
ドアのところで待ち構えていた・・このかた。
細野
このかたが・・・
エダNOセンセイとの打ち合わせ通り・・・
「一人で500万票集めるオトコ」 を上座に座らせようとして・・・
ご本人と、譲り合ったりしてる・・無駄な時間がございまして・・(笑)
会談の正味は・・以上のとおりでございます・・。(苦笑)

人は・・賢明になればなるほど、ますます腰を低くして他人から学ぼうとする・・そうです。
エダNOセンセイ・・。





ネットゲリラ: 日本オワタ\(^o^)/ マスコミがポッポとオザワン叩いていた頃だって、国民はそんなにポッポを嫌っていたわけじゃないんだが



http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20100525
もともと職員にはお客様の立場でものを考える習慣が無い。私が市長になるまでは、その努力しなくてもほとんど困らなかった。組合運動しか出来ないお粗末な人間でも高給が維持できるようにと、職員組合が議会や南日本新聞などと手を握りあって来た成果だ。市長は選挙芸人、あいさつ係、言い訳係にすぎなかった。

 阿久根市役所にはいまだにこの手の苦情が時々来る。市役所の仕事ぶりは民間ならとっくの昔に倒産して当たり前のレベル、だけど大変な高給、しかも市長の命令で支払われる。市民から「市役所程度の仕事に、たくさんの税金をくれてやるなんて、竹原市長は理不尽で無責任だ」と大声で罵られるべきだろう。

市民の暮らしと比較すれば心が痛む。自分にとって公民格差に加担していることが一番苦しい。これを必ず正す。他の誰のためでもない、自分のためだ。
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20100526
役人も日常的に法の解釈をしています。しかし、道理の下の法や規則であることの認識は薄く、きまりを言い訳にして工夫や気遣いをしなかったり、わざと時間をかけることで道理を曲げてしまうことも少なくありません。
市民と政治家を見下すようになってしまった役所では、市長の命令を無視したり、従う振りをして命令実施の引き延ばし時間切れを謀ったり、マスコミや自治労組織、反対派議員などに市の内部情報を逐一漏らして妨害工作をするなどよくあることです。私は職員組合に乗っ取られた役所を許すつもりはありません。

 私は「市民と苦労を共にし、痛みを分かち合うことの出来ない役人はいらない」このように決めています。例えば、広報4月号に掲載した市役所職員と市民との収入格差はひどすぎます。道理が通りません。

http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20100613
中部大学 武田邦彦教授 http://takedanet.com/2010/06/post_472f.html
怒りのシリーズ 世論操作と国家予算(6) から抜粋
 私が名古屋市の経営アドバイザーになって自治体の役人とつきあうようになると、それまでの私の人生では経験したことがないことに遭遇した。

その一つが「市民のためではなく、国家の命令を聞く」ということであり、二つ目が「どんなときでも自分の身を守る方法を選択する」ということだった。

 先生は「国家の言うまま」に児童に教える。それは自分が洗脳されているからもあるが、教科書や学習指導要領に書かれたものをそのまま教えるのが楽でもあるし、出世のためでもある。

 先生も人の子だ。先生を聖職から人の子に降ろしたのは日教組だが、今の先生が人の子であることは確かだが、人の子には同じ人である児童や生徒の人格を教育することはできない。

日本の大人は惨めになったものだ。日本人の誇りも矜持もない。ただ、家畜となって子どもにウソ(事実を確認せず,間違っていても自分の責任でなければ良いと言うこと)をつく。

日本の江戸時代までは、「しきたり」によって日本人の魂が守られてきたが、「しきたりから合理性」になった現代では日本人一人一人の誠実さが問われるのだ。

しかし、
 誇りある役人が増えるまで待つ暇はもうない。
私は役人が家畜のままであり続けても結果を出す責を自らに課した。
逃げ場は無い、必ずやり遂げる。修羅の如く





グループE第1節 日本 vs カメルーン - テキスト速報 - 2010 FIFA ワールドカップ
http://live.southafrica2010.yahoo.co.jp/game/text?gid=2010061402
正直 勝てるとは思ってなかったけど、うん 勝てて良かった。

試合後のスタジオのゲストの宮本のコメントが印象的だった。
「終了のホイッスルの後のグラウンドの選手は喜びというより充実感のある顔
 に対し、ベンチの選手が それ以上に勝利を大きく喜んでいる。
 良いチームが出来て一体になっているんだな と分かる。」

前々回のワールドカップでグラウンド上で勝利をホイッスルを聞く事をを知る宮本は
その後のインタビューで 勝利の瞬間は喜びよりも安堵と充実感の方が大きかったと語っている。
http://number.bunshun.jp/articles/-/16465
2002年6月9日 日本1-0ロシア 宮本恒靖 「俺らの決断は、間違っていなかった」
そして前回のドイツでのワールドカップで チームが一体に全くなれなかった中で
怒号と罵声しか飛び交わないチームのキャプテンとして 敗北のホイッスルを聞き続けた宮本は
その事を思い出したんだろうね。


あのドイツ大会のメンバーは、個人個人の実力的には 今よりも遥かに上、
と ドイツ大会で宮本とともに最終ラインを守り続けた現代表の中澤が認めている。
その最強を揃えながら
http://number.bunshun.jp/articles/-/16465
2006年5月30日 日本2-2ドイツ 中澤佑二 「史上最強チームの“一瞬の輝き”」
あのドイツ大会は 猛烈な仲違いと罵り合い しかない中で 惨敗を続け
チームとして 全くまとまりきれなかった事をも 後に認めている。
その中澤は 今日の試合、高いディフェンス能力に加えて
あの宮本にも似たポジショニングの上手さをも見せ、
かつ チームのバランスを取る事に腐心する姿が映され続けた。


あの時のメンバーから今回にも残る
中村 遠藤 中澤 楢崎 川口 らは、
チームとしての まとまりある一体感を 事ある度に口にし続けていた。

その結果を遠くの日本から見る宮本は
この勝利を どんな気持ちで眺めていたんだろうね。



岡田リアリズムの発動。: 見物人の論理

2chスポーツニュースナビ 【サッカー/W杯】グループE 日本[1 - 0]カメルーン 前半に本田の貴重な先制ゴールでカメルーンに勝利!
95 名前:名無しさん@恐縮です:2010/06/15(火) 00:56:10.45 ID:uv4iS2QQ0
みんなよく集中してたな
こういう勝ち方が見たかったんだ

170 名前:名無しさん@恐縮です:2010/06/15(火) 01:03:04.46 ID:1ak90UP80
セルジオ出て来い

743 名前:名無しさん@恐縮です:2010/06/15(火) 01:17:05.97 ID:9RHZs1/60
http://6.dtiblog.com/s/sportsnavi/file/1276531441271s.jpg

971 名前:名無しさん@恐縮です:2010/06/15(火) 01:18:11.86 ID:/TEiaoml0
手の平を思いっきり返すぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


グループE 日本[1 - 0]カメルーン 前半に本田の貴重な先制ゴールでカメルーンに勝利! - footballnet【2ちゃんねるのサッカーニュースまとめ】
375 名無しさん@恐縮です[sage] 2010/06/15(火) 01:14:57.65 ID:iqNZYIq00
ゴールの場面で松井にパスしたのって遠藤?
あのパスにめちゃくちゃ痺れたんだが



http://twitter.com/iijjiji/status/16158745660
オシム『おめでとうと申し上げますますが、舞い上がってはいけない。クレバーな方が勝った、しかし、終盤ミスを犯しそうでハラハラしました。選手は知性を示してくれた、この勝利を弾みにしてさらに前進して欲しい。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16158775215
オシム『本田を救世主として祭り上げてはいけない、彼だけが良かったわけではないのだから…サッカーは11人でやるもの。勝ったからこそ冷静に、出来た事と出来なかった事をはっきりさせた方がいい。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16160513767
オシム『賢い守備で目配りも効いていた。名前でプレーするのではない、日本の方が強い神経で挑み試合をものにした。今日はカメルーンが悪かったという試合でした。知性と集中力を維持した日本の我慢強さを評価すべきだ。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16160682127
オシム『しかし、改善出来る点が沢山あります。もっと積極的で相手が嫌がる危険なプレーをすべきだ。相手との知恵比べですね。今日の試合のミスを分析して繰り返さない様に。ミスをした時こそ学ぶべきである。知性と共に遠い所に旅が出来る。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16161494182
オシム『オランダはロッベンが11人いるチームではない。1本の木だ、全体の森になることは出来ない。森を征服するのに1本の木に拘るな。具体的にはプレッシャーを掛けるポイントが定まるといい、相手がどこが嫌かを常に考えて。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16161766541
オシム『オランダが絶対的に有利という下馬評を逆に利用する。オランダが主役で日本が脇役、しかし脇役が最後に舞台に残る様にするのです。それには怖がらないで組織的、挑発するプレーをすること。名前ではないことをピッチ上で示すのです。』
http://twitter.com/iijjiji/status/16161771500
オシム『日本にとって大きなチャンスです。今日の試合で得たものは勝ち点だけではなく、大きな武器『自信』も得ました。知性を発揮し、賢くプレーすれば可能性があるという希望も。命がある限り日本の皆さんと共に歩みますよ(含み笑)』
新浦安で死にかけたオシムが それを言うとシャレにならないw

http://mkt5126.seesaa.net/article/112261960.html 2009年01月07日
オシム氏
「日本人がサッカー選手として成功しないのはハングリーさが足りないからではない。
 頭が良いからだ」


http://mkt5126.seesaa.net/article/29964855.html 2006年12月21日
オシム
「美というものは長続きしない。
 今日のサッカーでハッキリしているのは1人でも走れない選手がいると負けるということだ。
 その1人が誰かは申し上げないが、みなさんはわかっているはずだ」

「サッカーとサーカスは違う」


http://number.bunshun.jp/articles/-/29024
5月1日ブンデスリーガ、ドルトムント対ヴォルフスブルク。の後で長谷部誠「ゴールを決めたい前線の選手はパスが来ないことに苛立って、守備をしなくなっていた。そういうことを直していかないと、チームとして戦えないんです」

「日本はチームとして戦わなければいけないと再確認しました。ひとつの方向に向かってまとまる日本の力は素晴らしいものだし、ヨーロッパにはあまりないもの。日本はそういう武器を最大限に活かしたほうがいい」




http://aoakajitensha.blog113.fc2.com/blog-entry-324.html
日本の勝利は02年大会以来8年ぶりということだが、実質的にはこれがW杯初勝利だと思う。02年大会はほぼ自国開催ということもあっていろいろ恵まれていたし、なんだかハンデが大きすぎたという印象があったから。



http://www.youtube.com/watch?v=ka41-G6bW10
sm11069168




posted by 誠 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。