https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年10月03日

 いままで気がつくこともなく、いまさら怒っている自分の愚かさにまず反省すべき。
 その愚かさの陰でどれほどの善良な民が血を流し抹殺されていったかを考えるべき。

いや 最近ウチで「村木裁判」とか「検察データ改竄事件」とか扱わないのは
「村木裁判」や「検察データ改竄事件」という言葉を使う段階で敵の勝ち だよなぁ、って思ってね。
そっちの方から論と理を一つ一つ積み上げるは法の戦争という局面では大事なことは分かるので
大いに頑張っては欲しいのは確かなんだけどね。

そもそも「村木裁判」や「検察データ改竄事件」も「障害者郵便不正事件」の一部分にすぎない訳で。
「障害者郵便不正事件」という言葉そのものを隠蔽した方が 民主党側にも火の粉が飛ばないから、では無意味だよなぁ。

あくまで「障害者郵便不正事件」の主犯は飯島勲をして
その向こうのコイズミの首をこそ狙うしかない俺からすれば、
こういう追及の仕方ではペンゴロ松田-菅に美味しすぎるのだとしても
俺は小沢シンパではないので より大きなの巨悪から狙わないでどうするんだ とは思うからね。

この冤罪事件では 主犯の飯島勲の名前の隠蔽こそが最優先にされている。
最近の検察の冤罪事件では「足利事件」も同様で 主犯の隠蔽こそが最優先にされている。
この両方の共通項は 主犯の隠蔽が最優先 なればこそ
“検察が悪い事をした”とマスコミ新聞テレビ大手メディアが叫び続ける という事でも完全に一致している。
其処までして隠蔽し続けたい それほどの巨悪が其処に潜む という訳だ。

2009-05-09 栃木・茨城・群馬連続幼女殺害・幼女失踪事件 カマヤンの虚業日記

2006-11-13 栃木女児殺害事件/栃木・茨城・群馬の女児殺害事件・女児行方不明事件 カマヤンの虚業日記

2006-01-14 栃木女児殺害事件関係 カマヤンの虚業日記

2006-06-21「栃木女児殺害事件」に関するWikipedia記事が、なぜか削除依頼 カマヤンの虚業日記




2010-10-01 足利事件を含む、北関東連続幼女殺害事件関係 カマヤンの虚業日記

Togetter - 「原元美紀 @haramotomiki 氏が語る「足利事件の真犯人」」

Togetter - 「フリーアナウンサーの原元美紀氏、足利事件の「真犯人が見つかっている」について呟く。

ぢょしアナ日記 2010.9.20 解決可能なはずの未解決事件
http://www.mikimouse.info/newdiary.htm

17年もの間、殺人犯とされ獄中に閉じ込められていた菅家利和さんが釈放され、日本中に衝撃を与えた足利事件。

あの冤罪を晴らすきっかけとなったのは、日本テレビの報道だということは広く知られていますね。

実は私、この事件で、誰にも言わず2年ほど黙っていたことがあります。

 

現在発売中の「文芸春秋」10月号、「真相 未解決事件35」で、解禁になったので、ここでその事実を公表しようと思います。これはあくまでも私の日記なので、私の正直な感想を綴ってみたいと思います。

 

実は、

あの日本テレビの報道がスタートした2008年1月、つまり菅家さんがまだ受刑者として服役していた頃、

取材班はすでに真犯人を特定していたのです。

 

DNA再鑑定も行なわれないうちに菅家さんの冤罪を確信していたかのような報道の根拠は、真犯人を独自に見つけていたからだったのです。

 

「菅家さんが冤罪だと判ったから、他に真犯人がいる」のではなく、

「真犯人を見つけたから、菅家さんが冤罪だと判った」のです。

 

私がその言葉を耳にしたのは、正確には日本テレビの報道番組「ACTION」の第1回目の放送直後。

それはまだ、警察、検察、裁判官、マスコミ、もちろん事件のご遺族の方達でさえ、菅家さんが犯人だと信じて疑わなかった時のことでした。

 

取材に当たった日本テレビの清水潔ディレクターは、写真週刊誌「FOCUS」の記者時代、桶川ストーカー事件取材で、警察よりも早く犯人を割り出し、事件解決と警察の不正を暴き、後にストーカー規正法成立を導いた方です。(清水さんの桶川事件に関しては以前日記に書いたので、こちらをどうぞ)

当時から警察発表を頼らず、自ら「調査報道」を貫いて取材をされています。

私が日テレNEWS24(旧:NNN24)のキャスター時代に、「取材に必要なことを全て」教えてくださった方で、私はこの方に出会って、スタジオでニュース原稿を読むだけではなく、自ら現場に出たいと思い、現在の「スーパーモーニング」のリポーターに転身しました。

 

さて、その清水さんから、「今取り掛かっている事件の真犯人はもうわかっています」と、直接お聞きした犯人像は、まさに、真犯人としか考えられないものでした。

『犯人の条件』は「文芸春秋」に詳しく書かれているので、どうぞ誌面でお読みください。

 

私の身の安全からも、その男の名前や住所、詳しい情報は敢えて聞かされていません。

しかし、真犯人と思われる人物の『最近』の写真を見せてもらうことができました。

何気なく手に取ったところ、その瞬間全身に鳥肌が立ちました。

 

その男は、自分の膝の上に幼女を乗せ、キスをしていたのです。

 

こんな人間がこの世に野放しになっているのか!?

まだこんなことをやっているのか!?

 

頭がクラクラしました。

次の犠牲者が出る前に、本当にこの男が犯人なら、今すぐにでも捕まえて欲しいと願いました。

 

なぜその男が真犯人だと断言できるのかについては、もちろん確証があるからです。

しかし、現段階で逮捕されていないため、本人に気づかれると逃亡や自殺の恐れがあるためまだ公表できません。

 

そして、当然のように、清水さんは当局へ犯人の情報提供をしたそうです。

清水さんの一連の報道の目的は、「真犯人の逮捕」だからです。

 

しかし、その後、警察が真犯人逮捕へ向けて本格的な捜査に入ったという情報はありません。

 

なぜ真犯人逮捕へ向けて、積極的な捜査が行なわれないのでしょうか!?

表向きの理由は「時効」。

しかし、群馬・栃木で起きた5つの事件を連続幼女誘拐殺人事件ととらえると、最後に起こった1996年横山ゆかりちゃん事件はまだ時効ではありません。

(警察は、1979年から17年間に渡り群馬県と栃木県足利市で起きた事件を、「同一犯による連続犯行である可能性」について今年4月になってようやく認めました。)

 

当局が捜査に乗り出さない背景が、「文芸春秋」誌面にこれでもかというほどあぶりだされています。

警察の捜査の矛盾、

再捜査を認められないジレンマ、

当時のDNA鑑定の「精度が低かった」のではなく、「そもそも鑑定が間違っていた」証拠の却下など、

「しがらみ」でがんじがらめになった警察・司法の真実を封印しようとする姿には、恐怖すら感じます。

 

そして、司法当局は「時効」を理由にこれ以上の捜査を事実上打ち切ることを遺族に説明しました。

しかし、遺品である半袖シャツの返却を申し出ると、「このまま預かります」と言って、国の施設で冷凍保存をするというのだ。現在も遺族の手には戻っていません。

 

なぜ一介の記者が真犯人を見つけ出せるのに、捜査当局はこの事件の真相を葬ろうとするのか。

 

犯人が逮捕されるまで明らかにされることはないでしょうが、清水さんたちの大胆な取材方法は、時に絶句し、時に不謹慎かもしれませんが、爆笑してしまうものまでありました。

犯人特定に向けて、それほどありとあらゆる方法を試みたのだそうです。

でも、これは本当は警察の仕事ではないか。

解決できる可能性のある事件を未解決のまま終わらせようとしてまで守るものはなんなのか。

心から問いかけたいです。


呟きにも有りますが、 清水記者は今も貼り付いているそうです。tetsumah
2010-10-01 12:31:31



桶川ストーカー殺人事で、フォーカスの記者だった清水氏は。警察より先に実行犯を探した。tetsumah
2010-10-01 19:26:21

そして、再三、埼玉県警に連絡をとる。tetsumah
2010-10-01 19:26:53

しかし、埼玉県警は動かない。tetsumah
2010-10-01 19:27:14

結局、最後の最後まで埼玉県警は動かず、清水記者はフォーカスに記事を載せた。tetsumah
2010-10-01 19:28:36

その後、やっと警察が動き実行犯たちは逮捕された。tetsumah
2010-10-01 19:29:14

たしか、こんな展開ではなかったろうか。tetsumah
2010-10-01 19:29:43

この解決方法に、どのような問題が有ったか。tetsumah
2010-10-01 19:31:31

この件で 未だに動かない栃木県警 茨城県警。動かそうとしない警察庁。
掲載誌が 宗教右翼の巣窟の文藝春秋 という所が気になるが、それを含めて という所だけどね。
まだ読んで無いので 何とも言えないので、多分 後で この辺りに追記と書き換えをすると思う。

で それとは別に

http://mkt5126.seesaa.net/article/135746767.html
2009-12-16 栃木/吉田有希殺害事件から4年
795 :名無しさん@十周年:2009/10/12(月) 13:08:11 C/B26Uwa0
昔から栃木近辺では噂があるんですよ。
栃木県警元幹部で、具体的な氏名もわかってる。
その人が転居する先々で幼女殺人事件が起こるんだから。
栃木、茨城、群馬で数年おきに幼女殺人が起こっていて、足利事件もそのうちの1つだけど、
その栃木県警元幹部の異動や転居と同期してる。
たとえば嫁の嫁ぎ先に同居することになって群馬県太田市に転居するや、
太田市で類似の幼女殺人事件が発生する。
しかもこの元幹部はこの一連の幼女殺人のうちの複数に捜査関係者として加わっている。
とか
吉田有希ちゃん殺人・遺体遺棄事件について
下野新聞の記事を読んで 2010年 07月 02日
まぁ こういうのも有る訳で、 俺は何も分かりませんが。

で 同時に茨城で児童ポルノ法案を通したがっている とか
 パブリックコメントが様々な多くの機関から求められている カマヤンの虚業日記
アメリカ様と愉快な下僕達が暴れ回っていたり とか
そっちは色々と分かりやすいすなぁwwwwwwwwwwwwwww とは思います。

ネトウヨの皆様と宗教関係の皆様は もっと腹の底から叫ばないと免罪符が買えませんよ?w



 ↓

2010年10月2日(土) 鈴 木 宗 男
http://www.muneo.gr.jp/html/diary201010.html
 読者の皆さんと一緒に考えていきたい。

それにしても、私自身暗澹(あんたん)たる思いだ。
この事件が2週間前に出てたら、最高裁は私の上告棄却をしただろうか。
最高裁が1カ月、いや20日後に上告棄却を出そうとしたら、出せただろうか。
そして それ以上に問題なのが
最高裁から鈴木宗男への上告棄却 に対する「異議申し立ての棄却」は
通常と比べれば「異常に極まりない」と言い切って良い程に早かった。

 ↓
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100916/trl1009161926013-n1.htm
鈴木宗男被告「門前払いに驚き」 異議申し立て棄却にコメント 2010.9.16 19:24
 新党大地代表で衆院外務委員長、鈴木宗男被告(62)は16日、
上告棄却を不服とした異議申し立てを最高裁が退け、実刑が確定したことについて、
今月10日に異議申し立てをし、15日付で棄却になっており、
 わずか5日間で門前払いされる
 という扱いに驚き、
 本当に日本は法治国家、民主国家かと自問自答しています。

後援会や選挙区、全国の心ある皆様にはこのような結果になり申し訳なく、心からおわび申し上げます。同時に、支えていただいている皆様に心から感謝申し上げます」とのコメントを発表した。
 ↓ ↓
上告棄却への異議申し立て書について - 高知白バイ事故=冤罪事件確定中 2008/9/18
8月22日に上告棄却の決定が届いて、今日18日で27日目です。

 その決定に異議申し立てをしたのが8月24日。

 私は異議申し立てが採用されたという事件を知らない。
 100%の確率で却下されるものだと考えている。それは今も変わらないが・・・・・

          遅い

 何でだろう?
誠天調書 2010年09月17日
http://takashin110show.blog119.fc2.com/blog-entry-1037.html

もう決まったの?速いねぇ。普通2週間くらいはかかるってきいたけど。 
という訳で
何故に
 “最高裁から鈴木宗男への上告棄却 に対する「異議申し立ての棄却」の異常に極まりない早さ”
を、政権交代直前に 麻生政権時に最高裁判所長官となった竹崎博允へ聞く
そういうマスコミ新聞テレビ大手メディアが無いんだろうねぇwwwwwwwwwwwwww
この異常な早さの“最高裁から鈴木宗男への上告棄却 に対する「異議申し立ての棄却」”では大声を出さずに
検察の一部のみを叩く司法記者クラブの皆様は お元気ですか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この頃のタイミングで すなわち尖閣諸島の問題が絡んでは
速攻の結論急がなければならない 三権の長に匹敵する権力の中枢に居る人 と言えば
まぁ 言わずもがな でしたが
この件を絡めて突っ込むマスコミ新聞テレビ大手メディアが皆無なのは
俺の狂った妄想ですね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

茶番劇へ付き合うのも馬鹿馬鹿しいに程が有るので 俺は俺の道を行きますよ


 ↓
http://www.muneo.gr.jp/html/diary201010.html
2010年10月2日(土) 鈴 木 宗 男

今、よくTVに新聞に名前の出る伊藤鉄男最高検次長検事は、私を逮捕した時の特捜部長である。

同じく最高検の八木検事は私を逮捕する時の副部長で、
なんと私を北方四島人道支援、三井物産ディーゼル発電供与で
しゃにむに逮捕しようとして特別チームまで作った男である。

私は三井物産から、モノを頼まれた事もお金は一円たりとも関係なかった。
それでも私をやろうとしたのである。

これはやまりん事件で私を取り調べていた、当時の谷川特捜副部長が教えてくれたものである。

こうした人達に「正義」とか「真実」とかを求めるのは無理である。
小さな出世や自己保身しか考えない人に「法と証拠」などと言ってほしくない。



私のやまりん、島田事件も
検察によって最初から「鈴木ありき」でシナリオ、ストーリーを作られ、
参考人、証人から検察の都合の良い調書が作られ、
その調書を一審二審と裁判官は鵜呑(うの)みにしている。

真実、事実が書かれている調書なら良いが、
デタラメな強圧的に誘導され作られた調書を
信用性があると裁判官は判断する。
何ともおかしな話である。

全国民は検察のあり方に捜査の手法に
特別の関心を持っている。


真の公正、公平、フェアな社会をつくる為にも、何よりも正直者がバカを見ない社会にする為にも私は闘っていく。


私は私に与えられた環境・立場で私の事件も含め、えん罪をなくすために堂々と発信していく。
読者の皆さんのご理解を戴きたい。
鈴木宗男の異議申し立て という国民が強い関心が有る中で
異常に極まりない早さで「異議申し立ての棄却」をするは
何 を  そ ん な に 焦 っ て い た の ? w w w w w w
と邪推されても致し方ないですね?
裁判員制度の面前で有れば 間違いなくクロ扱いですよ?

マスコミ新聞テレビ大手メディア と 最高裁判所長官の竹崎博允 も
検察の冤罪の向こうに有る事件の共犯者としてクロと強い印象を持たれますが
それでも良いのですか? 司法記者クラブサマと最高裁判所サマ?
今更なんだし もう主犯を口にして 一気に攻撃して
そいつら主犯を後ろから刺す司法取引へ走った方が 色々と良いのではございませんでしょうか?w
法治国家でも無ければ徳治国家でも無い
更に言えば バナナ共和国にすら劣る権力の使い方しかできない政治が繰り返されているんだし。

と まぁ
こんな 馬鹿馬鹿しい茶番劇をすら理解できないで生きていける は 抱腹絶倒な人生だよね、
羨ましすぎる。



 ↓

司法記者クラブ mkt5126 - Google 検索
誠天調書 2010年02月16日

「大マスコミの司法記者は、小沢報道にわいたこの1カ月間、
 検察幹部からリーク情報を取ろうと早朝から深夜まで駆けずり回っていました。
 それだけに小沢幹事長の不起訴が決まったときは、徒労感から悔し涙を流す記者もいたものです。

 しかし、のど元過ぎれば何とやら。もうケロッとして、
 代わる代わる1週間ほどの冬休みに入っていますよ。

 昨年暮れの鳩山献金問題から、立て続けに小沢事件がハジけ正月休みを取れなかった記者が多かったらしい。
 みんな高給取りだから、海外バカンス組も多いそうですよ」(司法関係者)

司法記者も人間だから休むなとは言わないが、
あれだけ虚報、誤報で世間をシッチャカメッチャカにしておいて、何ともゲンキンな話だ。

バカンスを楽しむカネは どこから流れてきたの?wwwwwwwwwwwww
そういう輩にカネを流しては なお そんな情報を信じてありがたがる人達、
って人達を説得し続けるってのは疲れるよねw

誠天調書 2010年05月22日
ゆえに政権交代を知っている国は、こういった不必要な検察リーク報道に躍らされない。

検察は正しいといった考えからして、すでに冷静さを欠いているでしょうね。
司法記者クラブと検察とマスコミは一体化している。
税の監査官(国税など)を派遣するぞ 
と脅すだけでマスコミなんていう事を聞く。

検察の暴走を擁護している連中。天下り法人の理事をしている元検事とか、ヤメ検の弁護士とか
どいつも天下り官僚や検察の犬ばかりがコメントをして、国民の認識を操作しようとしている。

まあ、バカにされてるってことでしょうね。

誠天調書 2010年02月14日
1960年後半から70年代前半にかけて、中国は文化大革命の嵐が吹き荒れ、北京に特派員を送り込んだ日本メディア9社のうち8社の報道が中国政府の逆鱗にふれて北京を追放された。残るは朝日の秋岡特派員だけになった。

1971年9月、毛沢東首席の後継者とされていた林彪がクーデターに失敗、飛行機でソ連へ逃亡途中、モンゴルで墜死した。翌年の7月までその事実は隠されたが、事故の直後から日米のメディアでは失脚説が流れ始めていた。

ところが、朝日新聞の秋岡記者は人民大会堂正面に掲げられていた林彪の肖像画が撤去されたことを伝えながらも「林彪失脚」と一度も明確に報道せず、毛首席が林彪墜死を明らかにしたあとになって、ようやく「これが林彪失脚の真相」と題した後追い記事でお茶を濁した。

その背景には、林彪の身に異変があることを知りつつ、北京における待遇と独占的地位を守るため、中国を刺激する報道を避けようとした広岡社長と秋岡記者ら朝日社内の中国ロビーの存在があった。

朝日は林彪事件を抹殺した経緯について、事件から24年近く経過した95年4月22日付「戦後50年メディアの検証」ではじめて具体的に言及した。

それによると、秋岡記者は北京に赴任するさい、広岡社長から「追放されそうな記事はあえて書かなくてよい」と指示されていたという。ジャーナリズム失格というほかない。

朝日の歴史的汚点の一つといえるこの一件は、検察に特別扱いしてもらうため司法記者クラブというギルドに所属し、いっさい検察批判をしない昨今の大メディアの姿とダブって見える。



石川議員の女性秘書に対する強引な任意事情聴取事件が、週刊朝日に掲載されても、朝日新聞本紙には一行として載らない不可思議さ。ここにも、林彪事件と同じく報道の使命を放棄した姿があるといえないだろうか。


誠天調書: トカゲの尻尾切り合戦 か 見苦しい責任の擦り付け合い か


検察「魔法の杖」に踊る司法記者クラブ|永田町異聞
検察は小泉自民党政権の操り人形だった?|永田町異聞

ニュースの現場で考えること : 東京地検特捜部名で司法記者クラブ各社に出された文書

逮捕するな いや逮捕せよ  しなくても良い逮捕を東京地検特捜部は敢えて強行したものらしい。:渡部亮次郎

東京地検の記者会見 なぜ記者クラブ以外は入れない

次期特捜部長就任が確実視されていた岩村修二らがゴルフ帰りの横転事故で大怪我なのに飲酒検査なし?
だが、この不祥事を隠蔽しようとしていたのは検察だけではないという。地検関係者がさらに続ける。
「読売や毎日など複数の地検詰め記者は事故の2週間後にはこの情報を掴んでいたが、検察に恩を売るために書かなかったんだ。遅れて気づいた産経が慌てて記事にしたところ、特ダネになってしまった(笑)」
 産経の“スクーブ”で事件が明るみに出た後、岩村は辞表を提出したというが、コトは岩村一人を処分すればいいという類いの話では無さそうだ。こと「不祥事の隠蔽」においては所詮、警察も検察も同じ穴のムジナ、ということのようである。


誠天調書 2007年05月30日
八木宏幸 東京地検捜査部長 は耐震偽装でも頑張ってた人なのね
でも左遷されて 
緑資源機構の官製談合事件の書類が紛失しても 岩村修二は東京に戻り続け コイズミ政権下では出世し続けた
なんて不思議な世界なんでしょうねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


山本 祐司  田中角栄元首相が逮捕されて30年が経った。検察キャップとして取材を担当したロッキード事件は、時間が経つごとに悔悟がつのる。

司法記者クラブ側と検察庁側の両方から会見への出席を拒否された

誠天調書: 拉致監禁を白昼ですら強行したがる それが検察警察という官憲の本性

検察とえいば、この2008年7月に、東京地検特捜部特捜部長に佐久間達哉氏。東京地検検事正に、岩村修二氏。検事総長に、樋渡利秋氏。 は就任するが 検事らを直接取材することができる司法担当記者の評価はいまひとつだ。
(注意:フリーの記者や、雑誌記者は、特捜部長をふくめて検事に直接取材することはまずできない。
 うちの辻野記者みたいに、特捜副部長の家に直接、夜討ち取材をかけると、
 始末書を5枚ぐらい書かなくてはならない羽目におちいる。

 司法記者クラブは、官邸記者クラブ同様に、徹底して閉鎖的である。
 その点、警視庁のほうがまだ開放的である)
 ↓
http://twitter.com/kamitori/status/26181250430
村木さん逮捕のスクープも朝日でした。
今回は、栃木の下野新聞社の元記者にスクープさせた記事でした。
RT @BERLINkyoko: 朝日に決定権はなく、選ばれたと思っていましたが。
RT @igabin 新聞が検察の悪事を書くのは、かなりハードルが高いらしい。
スクープさせた というのが談合のミソかとwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
スクープをさせる側 と スクープを乗せる側、
もっと言えば 仙石 と 朝日 のね。

談合が成立している という事は時間予定管理は先にされている という訳でもあり
案の定に 小沢-鈴木宗男-鳩山兄という重しが居なくなった直後に 尖閣諸島の話が火を噴き出す訳でwww
逆に それが無ければ
“最高裁から鈴木宗男への上告棄却 に対する「異議申し立ての棄却」”の尋常ではない早さを
他に説明しようがない。
仙石-前原-菅の悪魔トロイカの関与が全てに有る という事の説明を抜きに一連の話は整合性が保てない訳でw

“最高裁 と 首相官邸と内閣府と外務省”が法治国家を捨てた訳で
そらヒラリーが三等国へ 日米和親条約の下に「カネよこせ」とか言いだすわなww

坂本竜馬の大河ドラマ という見たいと思う現実を見て感動している人達は
其処に描かれている状態以下の日本の現状 という見たくも無い現実は見えないんだろうなぁ。


http://twitter.com/kabutoyama_taro/status/26143967100
不平等や格差を表す指標に「ジニ係数」があるが、日本人の知的格差のジニ係数は、経済格差のそれよりもずっと大きい。そして昨今一貫して続いているのは、後者が前者へと、つまり「本来の格差」へと近づいてゆく過程。誠天調書さんのいう「馬鹿で豚にすぎない民衆」にはまだまだ貧しくなる余地がある。


昨日 誠天調書 エクアドル「クーデター未遂」の裏に居る米国。
色々と面白い事を知る事が出来たけど
その中の一つが クーデターの流れの事ではなく
(ラファエル・コレア エクアドル大統領)
その理想の到達目標を、エクアドルの平均である5人家族で、月額1500ドルと計算する。
(エクアドルの物価は日本よりはるかに安いから、
 これ、かなりリッチな生活ができる中間層ということになる、
 もちろん「理想の目標値」ね)
クーデターの流れや背景や諸々の事よりも
この数字こそが あまりにも衝撃的に過ぎた。
エクアドルの物価が日本より安いのは 調べるまでも無く分かっているつもりではあった。
デフレが進んだとはいえ 先進国を冠たる日本の経済力を妄想すれば ね。

でも 日本は下層民に 1500ドル/1カ月 を与えているのだろうか?
1ドル=¥80として12万円だ。1ドル=¥100として15万円だ。
残念ながら 俺の周囲の下層民は、一ケ月に10万以下なんざ ザラに居る。
35〜60才の下層民は15万を貰えれば良い方だ。

他国が羨望する“経済大国”日本の 本当の経済力は もはや その程度なのだろうね。
中南米という発展途上国の下層民と変わらぬが 実態なのかもしれないね。

そして仙石独裁政権のツケは、更に更に その虚妄を深くさせるだけとなる事は確定的だ。

バナナ共和国は ゲームの中で、
民衆を搾取した集めた税収を それでもプレイヤーで分配する。
でも 今の日本は 民衆を搾取した集めた税収を ゲームの外へ平然と垂れ流す。
それどころか ゲームの舞台や背景すら切り売りしては 嬉々としてゲームの外へ平然と垂れ流す。

バナナ共和国を笑っていた俺は 愚か者だったよね。
なんか すごく 疲れるね。




http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/34941465.html
 オバマがイランへの制裁とイスラエルへの援助を矢継ぎ早に・・・急いでいる。
 急いでいる訳は? クリントン政権への助走? 抵抗? 最後のアガキ? めくらまし? 気が触れてヤケのやんぱち?
 通貨危機や経済危機を解消するには、戦争が一番だという過去の事例にのっとっているのか? 過去の教訓が生きるのは、情報が統制され、プロパガンダが成功していた時代。
 そんな滑稽な緊迫? している世界の中で、イランの石油開発から手を退けと言われ ハイ! と優等生らしく模範を示そうとしているどこぞの国は、世界が見えているのか?
 先生はあくまでもアメリカ? クリントンから、ダメ出しまでされて煽られて、ともに哀れな継ぎはぎアメリカンドリームを追ってる我が国の幼稚なエリート集団。
 エリートって〜のは、所詮は中間管理職なんだがな。
 先生がいなきゃ何もできない阿呆な生徒の集団。
 いまやEU諸国も国内の不景気にアップアップ、一時期世界のヒノキ舞台で駆け回ってたサルコジおじさんにしろ、ゼネストだらけのスペイン・ギリシャ・・・にしろ、ドイツも・・・アメリカの策動に景気良く いっちゃえ! と賛同する国はいるのかどうか?
 イラン悪し! と言っても、マスコミの報道規制も我が国ほど統一されてはいない。
 悪いのはあんたの方だ! と言い返されることが多くなっている。(笑)
 アメリカ国債・ドルの保有国を相手に戦争をするアメリカ? 

 今日の雨で、秋らしくなりそうな、そんな静かな銀座の朝だった。 

『伊藤美咲似』の女性検事が英雄のように報道されているけども・・・その見出しだけみると新しいAV嬢の話かと、スケベ爺ィは考えてしまったがな。
 なんのことはない、大阪の方の前田ナントカ検事の悪行を暴いたジャンヌ・ダルクみたいな女性だという。
 おじさんには、その意味がよく解らない。
 まずまだ捜査中だというのにテレビや新聞・雑誌に正義の味方みたいに取り上げられる検察とマスコミのな〜な〜の関係が不自然すぎる。
 村木さんが無罪を勝ち取るまでの間は黙っていて、なんで今頃ノコノコ悪行を暴くのか? そのタイミングがおかしくないかい?
 無実の人が余計な苦労をしている時には黙っていて、今頃になって暴いてくるということは、単なる庁内の出世争いか、それとも好き嫌いの範疇の足の引っ張りあいだろう。
 決して村木さんのことは頭の片隅にも無い、内輪の抗争の話なのではないか?
 それを英雄扱いするマスコミも怪しい。
 おじさんには、ギャ〜ギャ〜騒ぐ意味がよくわからない。
 どのみち全部解体した方が、良い建物を作りやすいだろうに・・・。

 ところで、不動産の売り物件やら賃貸のチラシを自分の手でポスティングしてれば、その部屋の使用方法の変化や空室状況の酷い実態というものがわかるんだけども、そんな現状の実態確認をやってもいない連中が やれ政策だ金融だ経済だと机上で騒いでいたってな〜んにも解決はせんわいな。
 半年前? 1年前? の怪しい統計や調査結果を基本にして、会議をやってやがる。
 この日本に居住している今現在の人口または世帯数と、すでに建築中のものも含めたマンション・住宅の総戸数がどれほどかけ離れたものとなっているのか?
 具体的に調査してみると面白いよ。
 海外に出ている企業は国内に生産工場を戻さなきゃ〜いけなくなる。
 そもそも生産・製造工程の工場の、その多くを海外に移転させといて、現地で安い従業員を雇っておいて、内需拡大だなんてことが可能なのか? 素朴な疑問。(笑)
 人件費やら維持費の安い海外に生産工場を移した企業の数は阿呆みたいに多いけども、それは俺なんかは単なる海外逃亡組としてしか見てなかった訳だから、いまさら国内には戻れない? 
 話はそれたが、それでも足らないから海外からの外国人移住者をどんどん受け入れる方向で住宅需要というものを考えていかなければならなくなる。
 そのくらいに幽霊が住み着いてる不浄な部屋の数は膨らんできている。
 人口の年齢構成と照らし合わせてみれば、今後はもっと世帯数は減ってゆくんだから、その話題や対応さえ話にも出てこない政府や役人たちは、手遅れの対応となるんだろう。
 広告やネットで入居者募集をしているものだけが空室だと考えている者がいるとすれば不動産業界の実態を知らなさ過ぎる。
 その2倍?いや3倍もの空室が隠れて幽霊の棲家となっていることを確認すべきさ。
 そんな過去にもなかったような極度の飽和状況を作っておいて、不動産価格が下げ止まったなんて阿呆なことばかり言ってる連中は、自分の足と目でちゃんと確認してから物事は口にした方が良いだろうな〜。
 空室のままだと部屋の傷みが酷くなるから、タダでも入って欲しいとなったら?(笑)

 昨今のアメリカ株式市場では、きのうも書いたけども悪い経済指標が出てきてもそれをもって政府やらがより一層の緩和策を出してくるだろうとの期待感から株価が上昇するという、ありえない話が当たり前のように報道されているけども、普通の投資家は手を出さない状況でも株価は操作して上げなければいけない酷い現状から、ある特定の株価操作機関だけが買いに入っていることを隠すためのカモフラージュの意味もある。
 おかしいじゃ〜ないか? という声が出る前に、その意味をまことしやかに報道する。
 詐欺以外のなにものでもない。
 投資とは、そういうものだ! と、開き直るんだろうが・・・。
 胴元がサクラを使って相場を操作してるうちに、賭場にいるものは胴元とサクラだけになっていた・・・そして内部抗争? そんなことにならなきゃ〜いいんだがね。(爆)
 た〜だ、すでに世界はそんなことをお見通しで、逃避先の金(ゴールド)は最高値をズンズン切り上げていってる。

 マスコミ報道の嘘や、検察の嘘や、政治家・役人の嘘や・・・そういった時代の溜りに溜った膿がどんどん出て来るにしたがって、騙されていた国民が激昂して怒り、それらを糾弾するという単純な構図を眺めていると、お前らはみんな阿呆かいなと思ってしまう。
 いままで気がつくこともなく、いまさら怒っている自分の愚かさにまず反省すべき。
 その愚かさの陰でどれほどの善良な民が血を流し抹殺されていったかを考えるべき。
 そして単純に掌の中で怒り狂えばいいという簡単な話ではないんだな。
 怒り狂いながら、日々の生活ではクレジットカードで分割払い、家に帰る時に乗る車は自動車ローン、帰る場所は住宅ローンで買った生涯かけて支払いを続ける箱の中。
 そして『真実の情報』という箱を抱えて、今日から私は心を入れ換えて生きてゆきます!と誓ってみせる・・・誰に?
 嘘の究極は、その借金漬けの生活の方なんだが・・・。
 首根っこ押さえられといて怒ったところで、自分と家族の生活や命が人質担保になってしまってる。

 古代ローマのプラトンが書いていた書物に、愚民化政策というものがあった。
 ここ数年の世界の状況を眺めていると、下層の国民を借金漬けにすること、これがプラトンの言う愚民化政策だとでも言うような、そんな光景が今でも続いている。
 借金して高価なモノを手に入れる。
 家・車・宝飾品・絵画・洋服・・・勘違いしてはいけないのは、高価なモノや生活を借金で手に入れるということは、それと同時に自分の自由は担保に取られているということ。
 アメリカなんざその最たるモノで、それを笑ってた日本人の多くも、住宅ローンやクレジットローンやらのワナにはまっている。
 愚民と区分けされた人たちが、ただ借金してモノを買い漁ってるだけ。
 モノが売れれば経済は活性化する。製造・販売する側も儲かり、それに関連するすべての商業が繁盛する。当然、納税額も増え、国は潤う。
 世界の経済がそのまま右肩上がりならば・・・という条件付きの話だが。
 収入が増えれば家の借金も早く返せるし、いはんや所有する不動産の価値も上がるから売れば利益が出る。そうして次の高価なモノをまたまた猿みたいに借金して買い換える。
 企業は利益が出れば出たで借金を増やして設備投資を続け、もっと儲けようとキリの無い負債と返済の輪廻のワナにはまってしまう。
 終ることの無い欲の暴走を許し続けることこそが、愚民化政策なんだと、哀れな愚民には解らない。

 もう、終ったんだよ。
 これからは自分たちが高価な家やモノで囲まれた生活をしていようとも、それが借金で得たモノである以上は、ただ富を得たと勘違いしてただけなんだと、知ることとなる。
 いまの不況は、ただの不景気とは訳が違う。
 何度も繰り返してきた好景気と不景気の循環は、それがいつまでも続くと錯覚させるには都合の良い長い年月のサイクルでやってきてるけども、それはその都度に解決して繰り返してきたものではなく、先送りを繰り返して続いてきてる真実を、誰もが見失っている。
 その先送りが、もう、出来なくなってしまってる。
 バブル景気を作り出せば、不景気なんざ吹き飛んでしまう。
 ただ、景気・不景気の元となる通貨・紙幣の価値が永遠だとすれば・・・のお伽噺。
 
 俺は20年くらい前の我が国の不動産バブルの頂点ともいえる場所で仕事をしていた時、すでにそんな人間社会のアホ臭さに、愛想を尽かしていた。
 どれほどの金を手に入れようとも、それらはキリの無い欲望の代償として商品や生活の便利さ豪華さに変るだけのことで、その日々繰り返されている人間の生活自体を根本から変えるようなことは無かった。
 神や仏や愛や恋・・・人間社会のすべての価値の転換など夢のまた夢だった。
 常識や良識をブチ破って、それまでの習慣や風習をブチ破って、生きることの意味や人間の生活の決まりごとさえブチ破って、新しい未知なる社会や倫理観やらがそこで生まれることもなかった。
 バブルが弾けると、また何事も無かったかのような古臭い退屈な社会に戻ってただけだ。
 それいらい、俺は借金・負債はいっさい持たず、クレジットカードでさえ持ってなかった。
 金がなければ物々交換で良いと思っていた。

 サラリーマンの収入は20年前と較べてそうは変ってないのに、住宅ローンの借り入れ金額だけが、3000万円前後から4000万円を超えてきてるここ最近の状況は何を意味するのかよ〜く考えてみようか? 総返済額の合計は6000万円を超えてしまってるよ。
 
 まだまだ驚くような話が・・・キリが無いくらいにたくさん出て来るよ。
 もっとどんどん嘘で嘘を固めた時代の膿は出てくるよ。
 知らなかった無知が、知ることの好奇心を覚え、どんどん知ることの欲が膨らんでいく。
 そして色んな無知が解消されるにつれ、それが欲求を満たすものではなく、本当は絶望を知るということだと感づくのだろう。
 これも驚くことでもなく、必然として起こってる事態でしかなく、大きな価値観の転換が進む過程での小さな騒動の積み重ねでしかない。
 
 人間とは、かくも小さな生き物なんだな。
 滑稽な、昔ばなし。





http://twitter.com/Nurekaeru/status/26144047255
それは全くその通りで、少なくとも近世の文化はそれに支えられたんですが、戦後文化の基盤となったのは「有閑階級」ではなく広く大衆の購買力でした。もちろん「国民総有閑階級化」という表現も出来ますが。

RT @kono_chiha: 余裕がないところからは文化は生まれない。
http://twitter.com/kabutoyama_taro/status/26144314447
じっさい、財力があって今や有閑な団塊世代周辺は、今日の日本においても最もハイカルチャー消費を盛んに行う層となっておりますね。 @Nurekaeru @kono_chiha
文化をカネで換算して 額が大きければ発達した文化である、
という虚妄に憧れる人達を 今更に説得する自信は 俺に無い。

大和民族系日本人の共同体の文化の爛熟が始まった江戸時代 の末裔を自負する俺は、
それを和洋折衷させてはニホンジンと変換させて 中身よりも外観と額の大きさで文化を計ろうとする事よりも
どんだけカネが無くとも 深みと味わいのある文化の楽しみ方が出来るか を模索していくよ。
俺は それを「侘と寂」って呼んだんだけどね。
つーか まぁ そもそもハナっからカネが無かっただけ と言えば それまでの話だがw

人には それぞれの「美への感覚」が有る。人が どう思おうが それはそれで良いよ。
俺は 俺の道を行く それまでだ。





posted by 誠 at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。