https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年01月31日

アジア杯2011の優勝をもってしても
選手や各Jリーグのチームへの補償 などを含めた待遇面
すなわち「日本サッカーの本質的な問題“カネの流れ”」の話を
マスコミ新聞テレビ大手メディアは一文字たりとてしない。

まず 試合前の話から
サッカーコラム J3 Plus+  【アジアカップ:決勝】 日本 - オーストラリアの大展望

アジアカップ決勝2011を前に: 武藤文雄のサッカー講釈


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2011/text/201101290003-spnavi.html
試合の展開は、両者が明快なコントラストを見せることになるだろう。

「風林火山」で例えるなら「風」が日本で「山」がオーストラリア。
日本がワンタッチパスを駆使しながら動き回るのに対して、
オーストラリアはどっしり構えてはじき返す。

今大会、失点がわずか1の彼らは、明らかに守備重視のチームだ。
そして攻撃時の武器は、ロングボールと高さと縦への速さのみ。
そこには、華やかさも創意工夫もほとんど感じられない。
求められるのは、勝利という結果のみ。

持ち前のフィジカルの強さに、オジェック監督の「とにかく結果」というフィロソフィーが加味され、
オーストラリアは良くも悪くも最も手堅いチームとなって、今大会のファイナルに到達した。

「アジアのバルセロナ」日本にとっては、
これ以上にない「倒しがいのある相手」と言えよう。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20110130-00000001-jij-spo.html
遠藤、「7年前の無念」胸に決勝へ=アジア杯サッカー

 決勝前日に31歳の誕生日を迎えたチーム最年長の遠藤が、静かに闘志を燃やす。日本のメンバーで、優勝した前々回の2004年大会(中国)を知る唯一の選手だ。

 当時の遠藤は準決勝で退場し、決勝のピッチに立てなかった。「あの時とは状況が違うが、緊張感のある試合をやれる。自分にとってもいいこと」。今回は苦闘する若いチームを、準決勝まで支えてきた。自らは無念な思いをした7年前を忘れず、オーストラリアに挑む。 


日本サッカー代表は“世界王者”のまま決勝へ =アジア杯決勝トーナメント展望=
日本代表は本稿執筆時点(1月19日)で、世界のサッカー界における“非公式な世界チャンピオン”である。これはボクシングの世界タイトルと同じように、チャンピオンに勝ったチームが次々に“タイトル”を引き継いでいくというもの。昨年10月8日の親善試合で、その時点でチャンピオンだったアルゼンチン(南アフリカワールドカップで公式世界チャンピオンとなったスペインを、9月の親善試合で撃破)を破った日本が非公式王者の座を獲得。その後、引き分けはあっても負けていないため、3カ月たった今も“世界チャンピオン”というわけだ。

 一種のお遊びとはいえ、運営している英国の団体のHPによると、歴史は1872年(!)に遡る。HP http://www.ufwc.co.uk/ もなかなか立派なもので、アジア杯の対サウジアラビア戦の翌日には、「非公式世界王者・日本は、不運なサウジから5ゴールを奪い、すばらしい形でタイトルを守った」で始まる結構長文のリポートを掲載していた。こうした形で日本代表が世界に注目されるのは悪い話ではない。かくなる上は1試合でも長くタイトルを保持したいところだ。



で 一つ話を挟んでおこう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110129-00000526-san-socc
香川故障の余波 補償金はいくら? 日本協会すんなり払う? 産経新聞 1月29日(土)13時32分配信
 香川真司の右第5中足骨(右足小指の付け根)骨折は、30日未明にアジア杯決勝を迎える日本代表だけでなく、所属するドイツ1部リーグのドルトムントにとっても大きな痛手なのは間違いない。クラブの公式ホームページによると、手術が必要で、今季中の復帰は絶望的な状況だという。

 主力選手が代表戦で故障して残りのシーズンを棒に振る今回のケースは、欧州サッカー界を揺るがしたある事例と酷似している。それは、2004年にベルギーリーグのシャルルロワに所属していたモロッコ選手が代表戦で全治8カ月の大けがをし、シーズン終盤の失速で優勝を逃したクラブ側が国際サッカー連盟(FIFA)を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした「シャルルロワ事件」だ。

 欧州ビッグクラブの非公式な集まりである当時のG−14がシャルルロワ支援に回り、訴訟はクラブ連合対FIFAおよび各国協会の全面戦争に発展したが、08年に欧州サッカー連盟(UEFA)も交えた話し合いで、欧州選手権、ワールドカップ(W杯)に所属選手を供出することへの補償をUEFA、FIFAが請け負う代わりに、クラブ側は訴訟を取り下げ、G−14を解散することが決まった。

 これを踏まえ、近年は、代表戦で選手が大けがをした場合には、各国協会が所属クラブに補償金を払う流れができつつある。とはいえ、欧州のスター選手の補償金は相当な額にのぼるため、FIFAは各国協会に万が一の場合に備えて代表選手に傷害保険をかけるのを促している。

 今後、ドルトムントは補償金を日本協会に請求するのか、その額はいくらなのか、日本協会はすんなり支払うのか…。香川故障の余波はしばらく続きそうだ。(北川信行)

Jリーグの選手が代表戦で怪我をしまくってきた過去を完全に無視する産経の血の色は悪魔の色だね。
 ↓
誠天調書 2010年12月23日: 日本サッカー界(笑)なんてモノは当分、ママのおっぱいをしゃぶり続けるだけだろう。
195 :名無しさん@恐縮です:2010/12/21(火) 02:30:02 ID:PWAqK5Wc0
オーストラリア 還元率50パー
日本       還元率20パー

どう見ても搾取されまくり。


54 :名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 23:32:50 ID:nq/8ermw0
>それまで数千円だった日当を大会に応じて1万円以上にアップするなど、また
>勝利給、特別ボーナスとともに大幅に改善されている。
大幅ww


選手に金回さないと話にならんわな。 日本サッカー協会の年間予算は170億円。
そのうち選手全員の手に渡るのは総額5億円程度 なんだよこれw

| 2010-12-19 |   #- URL [ 編集 ] | TOP ▲ |


あの温厚で礼儀正しい人がここまで言うんだから
相当待遇が悪いんだろうな

| 2010-12-20 | #- URL [ 編集 ] | TOP ▲ |


日本代表がダメだった時に
ハングリー精神が足りないとか
自分が決めてやろうという気持ちが無いとか
色々言われてたけど、これじゃやる気が出ないわけだわ

| 2010-12-19 | #- URL [ 編集 ] | TOP ▲ |

俺は 何故に中沢がA代表選だけのボイコットを言い始めたか かなり理解できる。
Jリーグ側の収入は スタジアムの観客収入が殆どで
代表戦の収益が還元されるどころか テレビ放映の収益すら持って行かれている始末、
だからこそ Jリーグの選手の報酬は プロ野球に比べれば低いままなのだ。

この段階で Jリーグそのもの をもストで止めるは 流石にできない。
本当はJリーグのチーム側だって
むしろ選手会に協力して 代表選手の派遣を止める まで言いだしても構わない位なのだ。

そもそも収益の軸がスタジアムに有る以上
選手を守るべく 代表戦を握る日本サッカー協会とは争う立場になるはずだ。
中沢は 其処まで見越しているだろう。

宗教右翼の道具と化しているサッカーの日本代表戦
という観点を考えれば 爆笑できる話でしか無いんだよね、どれもこれも。

395 :名無しさん@恐縮です:2010/12/19(日) 14:24:27 ID:tQdo11j30
サッカー協会が努力してビジネスになったとたん
肖像権の主張ですかw

397 :名無しさん@恐縮です:2010/12/19(日) 14:24:56 ID:rOAd9Ja20
まあ肖像権云々はどうでもいいよな
ただ待遇の改善はするべき

今まで 宗教右翼と公金掠奪が強欲すぎるから 流石に其処まで言いたくなった訳で
この件を持ちだしたからって 選手側を貶める気には 欠片もなれない


日本代表OBって要は協会の人間ってこと
あそこは元代表が多いからな
わざとこういう表現をする汚い

| 2010-12-21 | #mQop/nM. URL [ 編集 ] | TOP ▲ |


問題は金だけじゃないのにな。怪我の補償。

選手会の地位を貶める提灯記事ご苦労様です、久保武司どの。
書かせてるのは川淵か。
どこかの都知事といっしょで老害化してるよ。

| 2010-12-21 | #- URL [ 編集 ] | TOP ▲


銭闘ってどっちの主張が正しいか判断が難しいけど、
久保が非難するなら安心して選手側を応援出来るよ。全く便利なリトマス試験紙だな。

| 2010-12-21 | #- URL [ 編集 ] | TOP ▲ |

報じたスポーツ新聞なども 絶対に 以下の観点には触れてこない
・日本サッカー協会が 激しい天下り組織と化している
・日本サッカー協会が 宗教右翼の道具にさせられているのは何故か?
・日本サッカー協会が テレビの放映料を独占し続けてきているのは何故か?
もはや話を 其処まで持ち込んでも良い時期だろう。

この件は マスコミ新聞テレビ大手メディアと工作員が 激しく嘘デマ扇動を繰り返す可能性が高いのに
ネットの日本語圏の下士官層の反撃は かなり期待が薄い。

真向に反対論を情報戦として構築しきれる者が極めて少ない。
特に スポーツ関係をのみに特化している者達は
社会的政治的経済的な背景をも総合的に考察した論評が殆どできない可能性が極めて高い。
マスコミ新聞テレビ大手メディアの下僕の嘘デマ扇動に あっけなく負けるケースを
ネットの日本語圏で あまりにも数多く見届け続けている。

逆に
社会的政治的経済的な背景をも総合的に考察した論評できる者達の殆どは
スポーツを根底的に見下す傾向が強い。
大衆扇動の道具と化している部分 に対しての意味合いは理解できても
見下してしまっている という慢心にも似た姿勢が
日常的な情報収集と知識の蓄積を怠りやすい傾向へと結びつけさせてしまっている。

個人とされるニュースサイトやニュー速系2chコピペサイトでは 殆どが そもそもに話にならないw

この話に 未だフラフモコラムが踏み込まない段階で
ネットの日本語圏が 如何に嘘デマ扇動の坩堝と化していて
そういうショッカーの怪人と戦闘員の叫び声に騙されまくる者達が
個人とされるニュースサイトやらにも多いかを 如実に表してくれる。


誠天調書 2010年10月30日
で どう考えても ナベツネ一派に嫌がらせでしかない日本シリーズの地上波中継の削減なんだけど
報道自体も もう滅茶苦茶な状態、公正もへったくれも無い。
大本営発表をする総本山が どの辺りにあるのか、
というのを 此処までも分かりやすく示してくれる話も無い。

日本シリーズの直前には 両監督の細かいルールなどの話し合いが必ず行われる。
その報道が狂気の沙汰である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=base&t=l
野球 - スポーツニュース - Yahoo!ニュース
中日・落合監督、会議で30分の“大演説”写真(産経新聞)29日(金)22時9分
日本シリーズ 監督会議で落合氏、先輩風 「な、西村」写真(毎日新聞)29日(金)21時12分 関連記事2件
<日本シリーズ>下位打線にカギ 戦力分析・ロッテ(毎日新聞)29日(金)20時54分
<日本シリーズ>生命線は投手陣 戦力分析・中日(毎日新聞)29日(金)20時51分
<日本シリーズ>監督会議で落合氏、先輩風 「な、西村」写真(毎日新聞)29日(金)20時46分 関
読売系 と その下僕と化した朝日系 が不思議に出てこないwwwwwwwwwww
関連記事でもね。
しかも見出しは必ずに落合を貶めるし その内容も毎日以外は嘘デマ扇動で満ち溢れていた。
で 記事から見ていくと
この日本シリーズで とんでもないスキャンダルを落合が浮かび上がらせたのに
マスコミ新聞テレビ大手メディアが隠蔽しまくったのが分かる


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000022-maip-base

落合監督のこの発言が出たのは、
イニング間の空き時間についてNPB事務局と討論した時。

第3戦で事務局側が
「テレビ中継の関係で、三回裏と五回裏終了後、5分間空ける。
 シーズン中もファンサービスで(2分15秒)規定以上取っている」
と通告すると、
落合監督が「そこ(5分)まで取っていない」と反論、
西村監督に同意を求めた。西村監督から発言はなかった。

落合監督はさらに「(5分は)ファンサービスか、テレビ(局)の意向か」
と事務局側を問い詰めると、
「テレビ中継があるためです」。
落合監督は「最初から言っていれば、こんな話はしない」と、
「テレビ局の意向」を「ファンサービス」に言い換えたNPB事務局に不満をあらわにした。


この部分を報じたマスコミ新聞テレビ大手メディアを この記事以外の
他の新聞 他の雑誌 では 一つとして見ていない。まず 報じない所が殆どだ。
産経が報じると 不思議に こう変化する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000641-san-base
 落合監督もグラウンドでは審判員と談笑するなどいつも通りの落ち着いた様子。そんな指揮官が存在感を示したのが開幕前日の監督会議だ。

ルール確認などで例年なら10分程度で終了するが、この日は30分にわたり主催者側を質問攻め。
シリーズでも公式戦と同様に攻守交代は2分15秒以内とする時間制限があり、
制限時間が迫ると最大5球の練習ができない場合がある。
だが、落合監督は指名打者制をとるパの投手が打席に立つと攻守交代で不慣れな点もあると指摘し、
井野審判部長に「時間通りでなく、状況で対応」と基本的に5球の投球練習ができることを了承させた。

 落合監督は「シーズン中より選手は動けている」と手応えを感じている。この日の申し入れは3年ぶりの日本一へ、わずかな不安を取り除くための最後の詰めか。会議中無言だったかつての同僚のロッテ・西村監督には「それでいいな」−。前哨戦は“完勝”だった。(喜瀬雅則)
嘘デマ扇動をしまくっては ナベツネに阿る連中が どれだけいるのか、
そういう低俗な品性の巣窟から流れる情報が どれだけキチガイ沙汰なのか
非常に良く分かるよね。


公益法人にして特例民法法人でもある日本プロ野球機構NPBという公的団体が
その実態がテレビ局の上に君臨するナベツネ一派の下僕にして占有私的機関でしかない事を
完璧なまでに示しているよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この事を徹底的に隠した産経 報道すらしない読売朝日 見出しや内容で落合を貶めてから書くしかない毎日
そういう情報流通をしている事を 教える事を絶対にしないYahoo! JAPAN。
家畜へ成り下がるは 本当に簡単な事なんだよね。

日本野球機構 - Wikipedia
 ↓
公益法人 特例民法法人- Wikipedia
国の所管が6,625法人、都道府県の所管が17,818法人の計24,317法人であった。また国所管法人中、所管官庁出身の理事がいる法人数は2,933であり、所管官庁出身者の理事は6,709人であった[13]。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000016-ykf-spo
落合、古巣ロッテと対決なら意地でも負けられないワケ 夕刊フジ 10月23日(土)16時57分配信
馬鹿馬鹿しい話なので コピペの価値も無い。
落合が正力松太郎賞を欲しがっている という話を書いている産経、
 ん な 訳 ね ー じ ゃ ん w w w w w w w w

mkt5126 正力松太郎 - Google 検索
その正体を落合が知らない訳が無い。
勿論に落合だって大人だから 万が一に賞を送られれば拒否はしないかもしれない、
けれども自分から欲しいとか言い出すはずも無ければ 思うはずもない。

そういう嘘デマ扇動を平然と行うが産経であり
スポーツという支配の道具は こうして家畜を飼い馴らす為に使われる
という事をも知ろうとしなければ 幸せな家畜へ成り下がるのみだ。

正力松太郎は、「3S (スポーツ、スキャンダル、セックス)」で大衆を痴呆化して - Google 検索
正力松太郎は、
「3S (スポーツ、スキャンダル、セックス)」で大衆を痴呆化して情報操作しやすくしろ
という、テレビ放送業界のルールを作ったことで有名ですね。
日本の原子力委員会初代会長でもあります。

俺はスポーツ観戦が好きだ。でも
「“家畜を飼い馴らす”支配の道具」として利用しながら
平然と家畜を喰い殺し続ける連中を 徹底的に軽蔑する。

そういう面を浮き彫りにし続ける落合を
巨人ファンとしても地元千葉のロッテから見ても「“やっかいな”敵」wではあっても
非常に強い敬意を持って見届け続けたい とは思っている。


とはいえ 誰かがやってくれるのを待っていても始まらない。
俺なりに追いかけるしかない

42 名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 21:21:27 ID:U/S2V6xR0
>>41
役員の報酬はいくらなの?

50 名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 21:27:39 ID:BO15o1Cm0
>>42
会長で川淵の頃2500万で今1800万
退職金 や 色々な経費を協会が出す などなどで笑いが止まらないだろうね、
今時の天下りをする連中が
そう簡単に尻尾を出す訳ない罠wwwwwwwwwwwwwwwwwww


43 名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 21:21:39 ID:XZa1Kch1O
クラブへの補償は絶対すべき
呼ぶだけ呼んで壊れたら自己責任はあまりに酷い

だから東アジア選手権に栃木のレンタル選手しか出して貰えないんだよ
水沼だって栃木の自前なら出さないだろ


※アジア大会ですね

210 名無しさん@恐縮です:2010/12/21(火) 01:37:46 ID:0g7xQ6fO0
怪我の補償が先っていう人いるけど

怪我の補償はクラブが交渉すべきだと思うけどなぁ

治療費の要求なら選手会が交渉するのもわかるけど


4 名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 20:08:28 ID:Cud7D9DI0
やっぱり細かくリーグが分かれていて
団結できないのが思うつぼなのかなあ

そう 日本サッカー協会側は とにかくJリーグの各チームが個別に離反する事を最大に恐れている
今頃 相当に締め付けている可能性が高いだろうねw

44 名無しさん@恐縮です:2010/12/20(月) 21:21:38 ID:cCCxaHHo0
・選手が金を要求するのはとにかく汚い。
・その分を協会役員が握ってるのはスルー。

分かりやすい。



171 名無しさん@恐縮です:2010/12/21(火) 00:53:10 ID:jbVvHk6a0
財団法人の財務諸表明細未公開をいいことに
やりたい放題のサッカー協会役員には、
選手会がこれくらいしないと改善はできないと思うよ。
役員は各報酬額を公表してもいいじゃないか


ま 2ch系は 工作員がムシのように湧いて出るので 相当に選別が必要なので
リンクする価値は そもそも そんなに無いのですけどねw



Kazumoto Iguchi's blog : 中澤佑二選手、「日本サッカーの未来のために頑張る!」:実にすばらしいことである!

 
ワールドカップサッカーが始まれば、
にわかサッカーファンになり、サッカー通を演じて、
日当たったの2万円でワールドカップを戦っている日本代表を尻目に、
一時間番組内に張り付いていれば、何十万円から何百万円ももらう。



マスゴミでさんまのように番組中ずっとへらへらしてただ座っているだけのものでも1時間で300万円もらっているご時世に、汗水たらし、日本人の名誉と日本の子供たちの将来のために戦っている選手たちの日当がたったの2万円なのである。その後決勝トーナメントに進出し、ちょっとボーナスをもらったからまだマシだっただろうが、日本の顔となっている選手たちの日当が、その辺の道路工事の旗ふりのおっさんと同じ程度の日当というのでは、困るだろう。

ところが、道路工事のおっさんやオヤジ連中ですら、仕事中に怪我をすれば、労災(労働災害年金)から幾ばくかの保証が得られるのに(半身不随などになれば、死ぬまでの年金が得られる)、日本代表のサッカー選手たちの場合は、全く保証がないのである。労災にもならない。名誉のために勝手に戦っているからだという。

日本のサッカー選手の場合、その給料システムから、リーグ戦の試合に出場した試合数によって給料の大枠が決まるシステムである。だから試合に出ない限り年収が増えることはない。したがって、試合に出て活躍し日本代表に選ばれると多少は給料がアップするだろうが、もし試合中やその練習中に怪我をすれば、一貫の終わりである。リーグ戦にも出られないし、治療費はクラブが払ってくれたら良いが、さもなくば自腹を切る他ない。シーズンオフやオフタイムに自損事故で怪我したのならともかく、名のつく大会や試合のためにサッカー協会から名指しされて出場している試合で怪我をしたのだから、その保証を行うのは当然のことだろう。しかし、今現在の日本サッカー協会にはそういう保証規則がないのである。


欧州の場合、イングランドの代表の場合、かつてドイツワールドカップでマイケル・オーウェン選手が本戦中に負傷し、重傷を負い退場した。その後数ヶ月の治療が必要になった。

私はこの試合をリアルタイムで見ていたが、一瞬のタイミングで右膝がグキッっといってそれで終わりであった。足が芝に取られて右膝が決まってしまったのである。

この怪我に対して、イングランドサッカー協会では、オーウェン選手の治療費、1年間の給料保証など、もしオーウェン選手が無傷で1年間試合に出場したらどのくらい稼ぐかを計算に入れて、それを全額保証したというわけである。これはオーウェン選手に限ったわけではなく、どの選手たちに対してもイングランド代表選手として選出された選手たちには、そういう保証契約を結んで「代表招集」するわけである。さもなくば、代表が国際試合で本気のプレーを見せるはずがない。

日本サッカーの場合、国際親善マッチが往々にしてつまらなくなるのもこれが本当の理由なのである。選手がもし怪我したら元の木阿弥、何も良いことがないことを選手自身やその所属チームが知っているから、無理をしなくなるのである。これでは、試合は面白くないし、ファンに申し訳ないことになる。
この環境下で 日本代表の選手達は よくやってたよねw

しかしながら、今のところ、
日本サッカー協会は選手の待遇改善に対しては消極的である。

だいたい今の会長はサッカーの素人の小倉純二氏である。
(話は逸れるが
 事務方の長と協会長は分けるべきだろう。

 協会のボスは誰もが知っているサッカーの名選手でなくてはならない。
 さもなくば、世界のサッカー界でメンツを失う。

 何度W杯招致活動しても無視されることになる。

 もっともこういう連中は招致活動で世界を旅することが楽しくてしかたないのだろうがナ。)

そして その小倉会長は「ボイコットしたいならどうぞ」。である

 日本サッカー協会の小倉純二会長(72)は21日、日本プロサッカー選手会(JPFA、藤田俊哉会長)が日本代表選手の待遇改善を求め、親善試合のボイコットも辞さない構えを見せている件を“一蹴”した。この日、東京都文京区のJFAハウスでは双方が立てた弁護士同士による第1回交渉がスタート。日本協会は近日中にも選手会側の要求に回答する見通しだが、断固拒否する姿勢を貫く方針だ。

 協会VS選手会の全面戦争の火ぶたが切って落とされた。JPFAが日本サッカー協会に対し、日本代表選手の待遇改善を求め、要求が通らない場合にはボイコットも辞さない構えを見せていることについてこの日、小倉会長が初めて言及。その声は、温和な人柄からは想像もつかないほど怒りに打ち震えていた。

「ここは欧州のトップクラブではない。お金をもらえなければ(親善試合を)
 ボイコットするというならそういう選手は、どうぞ。
 ボイコットと言われるのは不愉快。好きな選手だけでやればいい」。
日本代表を冒とくするかのようなJPFAの姿勢に、過激な発言は止まらなかった。

おいおいおいおい これ 完全に選手をコケにしきっているぞ 何様のつもりだ


この日、JPFAは清岡哲朗執行役員と松本泰介弁護士が日本協会に乗り込み、初交渉を行った。

JPFAの要望は主に
・現在20万円以下の勝利給を最低100万円にすること、
・国際試合で負傷した場合の選手への補償、
・大会賞金と肖像権料の選手分配。
交渉が決裂した場合には親善試合のボイコットも示唆していたが、
この日の交渉で「ボイコット」の言葉が使われることはなかったという。
最終的には日本協会側が近日中に回答することを約束し、第1回の交渉を終えた。

日本協会側は弁護士2人、職員2人で対応。
選手を第一に考える小倉会長は選手の年金制度の確立を目指したい意向を示すと同時に、
露骨な懐柔策の為の 事実上の賄賂工作に等しい 下衆な性根の丸出しだな
こういう類の年金制度が 殆どの場合腐敗の温床になっている事を 知らぬとは言わせない。


選手が負傷した場合の補償についても
「FIFAの大会では進んでいる。それが拡大できれば」と理解を示した。
だが、その一方で勝利給の法外な増額、
ボイコットを交渉の切り札に要求を突きつけてくるJPFAの姿勢には不快感あらわで、
今後も断固拒否の姿勢を貫く方針だ。

 いやはや、この御仁、何様のつもりなのだろうかねー?


あまり選手に対する理解が進んでいるとは思えない。

それよりむしろサッカー協会が熱心なのは、
文科省の役人がその傘下に収めたtotoの組織への「天下り役人」に対する高額の給料
(「謝礼」という名の給与、年1500万円程度)

1、2年で数千万円という退職金である。



こういう職は本来
自分で金を払ってもやりたいと思うような人物にすべきだろう。

ちなみに、アップル・マッキントッシュ社のCEOスティーブ・ジョヴズ氏の給与はたったの1ドルとか
(未公開株はもらっているらしいが)。


まあ、そんなわけで、
「たったの日当2万円」で怪我しても無保証、
おまけに大会開催中の肖像権なし(コマーシャル収入は全部サッカー協会に入る)で、

ワールドカップを戦っている選手たちに対して、

マスゴミ界ではさんまや所ジョージやたけしがサッカー番組で
1時間へらへらしておれば300万円、
サッカー協会のお偉方やマスゴミの取材陣は
海外旅行の渡航費も危険手当も何でも付く。



そういう馬鹿げた状況が三浦知良、ラモス時代から延々と続いて今に至っているというわけですナ。

銭闘 とか言い出す奴は
間違いなく大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師なので 徹底的に軽蔑して良い。



これが、商才があり抜け目のない中田英寿が
なぜワールドカップの前中後に渡って
自分をマスゴミに取材させて番組作りしたかの理由である。

「中田さんは商売人だから」という他の選手たちを尻目に、
自分の番組のダシにする。
そうやってリスク分散したわけだが、それも理解できなくはない。

それほど、日本代表の待遇は悪いのである。

私は全面的に中澤選手の味方である。
ぜひ頑張ってもらいたい。
さもなくば、日本サッカーの将来はない。


まぁ そんな訳で 激しい嘘デマ扇動と大本営発表が 今後とも続くので
キチンと見分けて行かないとね





http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/news/article.html?a=20101221-00000006-ykf-spo
選手会はとても一枚岩には見えない。

 かつてファンを無視してストライキを決行したメジャーリーグ、日本のプロ野球の人気は一気に落ち込んだ経緯がある。カネ目当てに、サッカーもまた…とならなければいいが。(夕刊フジ編集委員・久保武司)
代表戦のボイコットとメジャーのボイコットを同一線上でで論じるとは 素晴らしい見識だw
それ以外でも 激しい情報工作を繰り返している下劣さだ。
産経の良識とやらは素晴らしいですなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/news/article.html?a=20101220-00000233-sph-socc
 選手会によると、これまで世界水準で劣る勝利給(10〜20万円)の増額と代表選手には入ってこない肖像権料の分配などを求めてきたが、書面での攻防は平行線をたどり、双方が弁護士を立てたバトルに発展。不満を募らせる選手会は組合化で“武装”する考えを固めた。

 清岡哲朗・執行役員は「世界的に見ても3番目くらいの協会規模なのに、制度面は著しく遅れている」と指摘し、「組合化の申請は3か月で通る見込み。プロ野球の実例もありハードルは低い」と明言。02年日韓W杯から勝利給問題が改善されず、負傷時の補償や欧州強豪国のような年金、退職金制度もない現状に、スト権取得で立ち向かう。

 選手会は来年1月のアジア杯に向けた合宿が始まる27日に宿舎で決起集会を行うが、既に意思統一はできているという。この日、対応を協議した協会側は「弁護士に任せているのでお話しできない」とコメント。アジア杯を控えるザック・ジャパンの水面下で“銭闘”ゴングが鳴らされる。
はいw 読売報知は“銭闘”の言葉を使ってきましたねwwwww
下品さ丸出しですなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000003-ykf-spo
 日本プロサッカー選手会が労組・日本プロ野球選手会をお手本にするなどということになったら、球界関係者はありがた迷惑だろう。労組・日本プロ野球選手会の了解なしでは何も決められなくなっているのが現状なのに、サッカー界の動きに刺激を受けて、これ以上、やる気満々になられては困るだけだ。


実際問題として、13年に予定されている第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がある。

12月8日に大リーグ機構(MLB)幹部が加藤良三コミッショナーを表敬訪問した後に、
労組・日本プロ野球選手会の事務方とも話し合いの場を持った。

その際に主催のMLB、大リーグ選手会側と日本代表選手の利益配分が違いすぎるなどと、
労組・日本プロ野球選手会が強く改善を申し入れ、
双方が熱くなり、侃々諤々(かんかんがくがく)の論議となった という。

いやぁ 始めて聞いたなぁ その話。
どんだけ この手の情報操作が行われているのか 分かるよね。



JPFA 日本プロサッカー選手会 | 「2010 JPFAシンポジウム」を開催


杉山茂樹のBLOG : 選手を叩くのはお門違い
このような話を、一般のファンはあまり知らない。先日打ち合わせしたある出版社の編集者、つまり業界人でさえ、僕の説明に「へー」と驚いた様子で耳を傾けていたほどだ。

代表チームへの参加は、奉仕に近い。招集を断っても非難を浴びる筋合いはない。しかし、この本来像についてファンはあまりよく知らない。代表監督の招集に素直に従うのが代表選手の姿だと思っている。そのあたりについて考えたことがない人が大半を占めるだろう。欧州のクラブに所属する選手が、親善試合のために帰国するのは当然。例えば松井大輔が、それで、数分しか起用されなくても問題性はないと思っている。

もし招集を拒めば、陰で非国民呼ばわりされることは明白だ。悪役のイメージを背負うハメになる。にもかかわらず選手は、文句一つ言わずに代表チームに参加する。「代表選手」の肩書きが、日本ではひときわ重いからだ。日本代表を中心に回っている日本サッカー界にあっては、より高いブランド価値がある。これがあるかないか、高いか低いかで、引退後の身分に大きな差が生じる。「目標はワールドカップ出場です」と多くの選手が言う理由のひとつでもあるはずだ。

冒頭の台詞を吐いた中澤選手には、引退後も安泰な立場にある。すでに高いステイタスを備わっている。言える立場にある選手が、言えない立場にある選手の分まで口にしたという感じだ。ファンにとっては、いささかショッキングな発言だったに違いない。ネットで高いヒット数を獲得した理由だと思う。

中澤選手は、悪役を買って出た格好だ。メディアも彼の発言を後押ししている様子は見られないので、その姿はともすると、問題意識の高すぎる理屈っぽい存在に映りがちだ。協会のやり方はおかしいと、その姿勢に異を唱える声は聞かれない。テレビからも新聞からも、雑誌からも。狡さを感じずにはいられない。

僕が、代表選手を叩く気になれない一番の理由だ。

代表選手は、いわば日本サッカー産業を支える根幹。重要な商品だ。そこにキチンとお金が支払われていないことを、選手自身の口から吐かせるのは狡い。この時代に日当がたったの1万円というのは、やっぱりどうかしている。まさに手弁当の世界だ。

代表戦のスタンドはほぼ満員。視聴率もそれなりに高い。代表戦は日本で1、2を誇るサッカーにおけるキラーコンテンツだというのにこの有様だ。ストライキというのは、僕は好きではないけれど、このあまりにも歪んだ世界は、そのぐらいのことをしなければ、改善されないのかもしれない。少なくともこれまで、見て見ぬ振りを続けてきたメディアに、それはけしからんという資格はないと思う。

2chスポーツニュースナビ 【サッカー/杉山茂樹】代表選手の報酬・待遇面 少なくともこれまで、見て見ぬ振りを続けてきたメディアに、けしからんという資格はない
8 :名無しさん@恐縮です:2010/12/22(水) 20:11:01 ID:sdpU3WOM0
で、お前はちゃんと問題点を指摘してたの?

12 :名無しさん@恐縮です:2010/12/22(水) 20:11:49 ID:qTK5HzEL0
なんで監督叩きに持っていくのかこいつは
岡田をいまだに絡めるしつこさにひくわ

28 :名無しさん@恐縮です:2010/12/22(水) 20:22:02 ID:/SZyNdwR0
岡田サンのところだけを飛ばせば、
まあ正論。

13 :名無しさん@恐縮です:2010/12/22(水) 20:11:56 ID:7kWKhwzH0
今日のお前が言うなスレか

17 :名無しさん@恐縮です:2010/12/22(水) 20:13:35 ID:Hzwhy9u9P
まあ正直いえばこの意見には同意ではあるんだが
杉山と意見が合うってのはすごく気持ち悪いわ



で 既に
マスコミ新聞テレビ大手メディア側からの激しい嘘デマ扇動の情報工作
 と
ネット工作員が猛烈に動き回っている現状に対して
中々に立場上は難しいながらも 言える範囲で言って頂けている下のような人もいる、
ありがたい限りです。

プレイヤーズファースト再び | 『オシムの伝言』千田善(元日本代表通訳)公式ブログ

日本プロサッカー選手会(JPFA)と日本サッカー協会(JFA)との「交渉」が
21日におこなわれたようですね。

「小倉会長、選手会のボイコット案に不快感」(産経新聞)とか、「小倉純二会長は
困惑気味に話した」(毎日新聞)と、協会サイドが怒っているのか困っているのか。
そもそもどういう資格の「交渉」なのか。なんで弁護士さんばかりが出てくるのか。
各紙の報道では、よく分からないところがあります。

なんだかメディアが「あおって」いませんか?

報道の内容は、代表戦の日当や勝利給についてばかり。

なにしろ「代表戦」と「勝利給」はなじまない。給料を増やせば勝てるというものでも
ないし、お金はいらないから代表選手になりたいという問題でもないでしょう。

少なくとも、「公式戦はボイコット対象から除外」とか、そういう問題ではない。

来年1月のアジアカップはがまんして出場するけど、3月のキリンカップのメキシコ戦は
ストライキで中止です、というわけなのでしょうから。

選手会は、そもそもJ1、J2あわせて約1000人のプロ選手全体のことを扱う組織。
代表選手(多めに数えても40人程度)の待遇改善は、選手会の唯一の目標ではないし、
最優先課題でもないはず。

最近では、解雇された選手たちの再チャレンジを支援するための合同トライ・アウト
(12月14〜15日)を実施したりしています。今回も、勝利給ばかりではなく、選手
年金や退職金制度などについても提案しているそうです。
次回、Jリーグとの交渉があるなら、夏場の過密日程や「戦力外通告」の問題などを
取り上げることでしょう。本来はそういう活動・課題が中心のはずです。

選手会は、10月の臨時総会で「Jリーグ選手協会」から「日本プロサッカー選手会」へ
名前を変更。会員資格を海外クラブ所属選手にも拡大しました。

会長 藤田俊哉 (熊本)
副会長 鈴木啓太 (浦和)、石川直宏 (FC東京)、川島永嗣 (リールス)、
    高木義成 (名古屋)、佐藤寿人 (広島)、山口慶 (千葉)
監事 小宮山尊信 (川崎)、大谷秀和 (柏)
というそうそうたる顔ぶれ。
http://www.j-pfa.or.jp/about/organization

今回の「代表待遇改善」を担当している、選手会内部の「代表委員会」は、
委員長・川島、委員・中澤、長谷部、駒野、今野、本田の各選手です。
(交渉前に、ザックさんには直接、話を通しておいたのかな?)


協会側は(また近々交渉するであろうJリーグ側も)「プレイヤーズファースト」の
精神で、選手たちをリスペクトした対応をしてほしいものです。

サポーターのみなさんも、事情を理解した上で、プレイヤーたちを応援してあげて
くださいね。

ただし、マスコミ向けの広報活動、さらに選手会内部の討論や方針の通知徹底など、
「もうすこしエレガントにやればいいのに」と思うことも目につく……。

「代表戦ボイコット」の話題ばかりが先行すれば、サポーターの支持は得られないし、
選手会内部の結束も崩れかねない。協会との交渉の前に、もっと幅広い理解を得られる
ように、丁寧なアナウンスをするべきだったのでは。

10月4日の選手総会の確認事項も、加盟メンバー(選手)にはメールなどで通知がされ
たのかもしれないけれど、選手会のサイトには「分科会で出た話をまとめる鈴木啓太
副会長(浦和)」とか「冷静な目でいつも色々な発言をする岩政選手(鹿島)」という
ような写真説明しかでていない(笑) つまり何が決まったのか書いていない。
http://www.j-pfa.or.jp/category/news/jpfa/168

「代表戦ボイコットも辞さず」というのは選手会の存在をアピールするには、悪くない
アドバルーンだとは思うけど、選手会はもっと、サポーターや世論の理解や応援を
えられるような工夫をすべきでしょう。いきなり、強硬に「引くつもりはない」とか
いえば、協会サイドも「弁護士に任せているのでコメントできない」(広報担当)と
硬直した対応しかできない。

「弁護士対弁護士」の密室の交渉が、もっとも胡散(うさん)臭く見える。
オープンにすべきです。選手会とサッカー協会は敵じゃないんだから。

俊哉会長ばかりでなく、啓太副委員長、永嗣副委員長、寿人副委員長なども「弁護士の
先生にまかせて」ばかりいないで、もっと顔を出した方がいい。
選手たちが顔を見せたら、もっと注目度も上がるし、理解もされやすいでしょう。
自分のブログに書いてもいい。

勝利給の分配などを問題にするなら、
ついでにサッカー協会の財政や運営の透明化など
についても、オープン化を提案していったらどうですか。

一部の報道では、来年から労働組合としても活動するそうですが、そういう方針も
一般にはアナウンスされていない。選手会、宣伝をもう少し工夫したら……。

同じような組織であり、もっと長い経験のあるプロ野球選手会の関係者、たとえば
古田敦也さん(元選手会会長)あたりにアドバイスを受けるのもいいと思います。
(日本プロ野球選手会は労働組合と社団法人の二重の性格をもって活動している)
古田のような参謀には適した人材が
サッカーという競技から抽出される可能性は 野球に比べて更に低いだろうからなぁ。
更に選手ブログを見ると この事に触れている選手が 恐ろしく少ない。

この問題は 日本サッカー協会への恐ろしいまでの不均衡な富の搾取 が その本質であり
その再配分を考えれば 当然にJリーグへの更なる分配 という流れこそが 最も適切な話となるのに
当事者でもある選手達は
こう言っちゃ失礼だが 馬鹿ばっかり という可能性が高いようにすら思えてしまう。
JPFA 日本プロサッカー選手会 | 選手ブログ
若い というか 幼い という表現の方が合っている気すらする。
これでは話にならないわな。
サッカー協会側からナメられるのも 当然と言えば当然な気がする。

野村監督は オフのミーティングでは
選手に野球の事を学ばせる以前に 野球以外の人生における人間性そのものなどへの哲学をも説く
ということを極めて重視し続けてきた。
その結果が 古田であり 今のヤクルトの宮本なのだ。
その芽が 少しずつ浸透してきているのは はっきりと分かっている。

千葉ロッテの打撃コーチの金森も野村の門下生の一人だ、
就任後に瞬く間で今年を優勝へと導く原動力になったもんね。
あの12球団一の投手陣の中日を相手の日本シリーズなんかは 見事だったよね。

野村の門下生は 今や 12球団のアチコチに散らばっているし、
来年のヤクルトなんかは 首脳陣に野村の門下生が とうとうに集結したからね。

サッカー界は まだまだ児戯の集まり同然なんだろうな。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000020-sanspo-socc
中沢、待遇改善「本田、香川言えば変わる」12月21日(火)7時51
日本プロサッカー選手会の日本代表委員会に属する横浜MのDF中沢は「ずっと言ってきていることだけど、代表はメンバーも変わるのでなかなか進まない」と説明。「本田、香川とか欧州の選手が言えば変わるかもしれない」と世界的な標準を知る選手たちの積極的な発言に期待していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000116-jij-spo
12月22日(水)19時37
 日本プロサッカー選手会が日本代表の勝利給引き上げなどを日本サッカー協会に求めている問題で、
選手会の藤田俊哉会長が22日、東京都内で記者会見し、
要求が受け入れられない場合の国際親善試合のボイコットなどの可能性について
「誰も一言も言ったつもりはない」と否定した。
紳士的な対応をしたのね 選手側は、
なのに協会側は あの非礼に極まりない対応だった訳だ。
家畜と畜主の話し合いを見るようだ。

藤田俊哉 について 俺は そんなに多くを知らないが
ジーコジャパンの頃の あのブーイングが凄まじかったアジアカップの中国予選の時、
レギュラーが固定されて出番が殆ど無いままに
それでもベテラン選手としてチームを支え鼓舞し続けたのが藤田俊哉だった。

そういう部分を見届け続けたのが中澤祐二や中村俊介や遠藤保仁でもあったんだよね。
南アフリカ大会の時
この3人がチームをまとめようと如何なる言動を続けてきたか
どれだけの滅私奉公の粉骨砕身を続けてきたか、
其れを踏みにじるどころが家畜同然にしか扱おうとしない日本サッカー協会と周辺に蠢く連中が
どれだけ悪魔鬼畜か。

大東亜戦争の時の
 最前線へは国粋主義的民族主義の宗教的教義を徹底的に強要し
 高給官僚は広報で美味しい生活をし続けました
という部分と 完全に被っているようにしか思えない。

一方、会見に同席した元日本代表FW三浦知良(横浜C)が
「代表の価値が上がっている流れの中で(待遇も)変わっていかないといけない」と訴えたほか、
日本代表MFの本田圭佑(CSKAモスクワ)が改善を訴える映像も流れた。

日本協会の小倉純二会長が「ボイコットするという選手はどうぞ」などと述べたことについて、
藤田会長は「本当なら寂しい」とした上で「協会と真剣に話し合っていく」と語った。
なのに 選手側のブログの一覧を見ると あの反応。
問題を見通そうとする者達が 若い世代では如何に欠けているか、
そして あそこまで 広範な範囲での無関心が並べば
日本の教育そのものが如何に低劣なままで推移し続けてきたか
を激しく覚えてしまう。

Jリーグ側には 野村監督から学ぼうとした者は一人もいなかったのだろうか?

Jリーグの各チームでは 下部組織の充実を念頭に置く所も多い。
つまり子供の頃からの囲い込み と 英才教育化 でもある。
そういう事をし長年に続けてきたのに、では その先については 何を学ばせてきたんだろうね。

あぁ そうか 指導者を
日本サッカー 指導者 資格 - Google 検索
日本サッカー協会指導者ライセンス - Google 検索
として 子飼い化し続けてきたんだもんねw

つまり 選手を如何に家畜化するか その尖兵としての指導者層の養成を制度化してきたんだもんねw
おそらく 今回に反旗を示した者達へは
何故か不思議にライセンス獲得が難しくなる可能性が高くなるだろうねwwwwwwwwwwwwwww
ライセンス剥奪を含めた 不思議な事件事故も もしかしたら過去にはあったのかもしれないね。
それが 宗教右翼や公金強奪 をし続けてきた連中の十八番の手法だからね。

こういう事態にあって 社会的に必要と有らばこそ 果断な言動も辞さず
という事を 上の世代は教えてこなかったし、
サッカーの指導層にあっては 其れが何を意味するのか という段階だろうからなぁ。




今回の話の結末が かなり見えるなぁwww

まず
選手年金制度という 新たな天下り先が出来て
選手からの搾取の加速が更に進むのは確実でしょうねwww

家畜の厩舎 の待遇改善 という保証制度には多少の前進があるだろうけど
そもそも Jリーグへの富の再配分の加速が無ければ 日本人選手の報酬は低く抑えられまくるので
選手が代表戦で怪我をして保証が発生しても
暴騰の可能性そのものは低いままですからねぇwwwwwwwwwwww

問題の根幹 Jリーグの各チームへの富の再配分の加速 という観点は
マスコミ新聞テレビ大手メディアが 完全に黙殺を決め込むでしょうし
“幸せな家畜”と化している選手達は 簡単に懐柔され 裏切りが続出は必死なので
騙されて歓びの叫び声をあげ続ける者達 を見つけるには困らない感じになりそうですねw

この哀しい予言が外れて
少しでも 日本社会の 宗教右翼の暴走 や 天下りの問題 が改善される方向へ進む事を
俺は 心の底から祈ってますけどね。




日本サッカー界はまだ成長途中 | サッカーを楽しく観よう | スポーツナビ+
途中? それ以前の 赤子同然にしか見えないけどねw
つまり急激に強くなったように見えて
内部の精神構造的には 幼稚園児以下でしか無い。

というか恣意的に そうなるような構造が あえて構築されている としか思えないし
そういうのが 分かる人には分かる白日の下へ と 俺は晒すだけだ。


此処まで書いている サッカー専門家 や 解説者 って居たの?
宗教右翼の下僕 が精一杯だったからねww

日本サッカー界(笑)なんてモノは
当分は ママのおっぱいをしゃぶり続けるだけ かもしれないね、
哀しいけど。


中澤が進もうとする先は
日本代表がワールドカップで優勝するよりも困難な道へと繋がっている。
其れは 大空翼が挑もうとした未来 よりも更に苛烈な夢を見ることになる。
http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/diary/201012220001/
小沢
「時々思いますよ。もう面倒くさいと思う。もういいやと。
 でも、達観しているんですよ。
 天の命ずるままにする。天に必要とされれば生かしてくれるうだろうし、
 必要とされなければ去ればいい。・・・」
40年 戦い続けた小沢も やっぱり そう思うんだね。
ヤクルトの監督になってから野村監督だって どれだけ そう思っただろうね。
俺だって このブログを いつも もう止めよう止めよう と いつも思う。

でも やっぱり 俺も まぁ それなりに頑張るんだ 今日も明日も その後も。
やれるだけの事を やっていこうと思うんだ。


中澤の肉体上の耐久力 と 自己制御の能力 と 持続する意志 には 俺も感嘆をしている。
きっと ありえないほどの困難な道が待っていると思うけど
どうかどうか頑張って欲しい、
前以上に応援したいと思うようになったよ 俺はね。


此処まで書いて 初めてアジアカップ2011の優勝を喜ぶ事が出来る。

それとも何か?
米帝の下僕にすぎないマスコミ新聞テレビ大手メディアや宗教右翼は
アジアカップ優勝という果実を自分達の懐に入れて
オコボレだけを選手とJリーグ側へ渡して「それでも感謝しない方がオカシイ」とか言い出すつもりなのかい?w
何様のつもりなんだろうね。





サッカーコラム J3 Plus+  【日本×豪州】 ザック アジアを制する

サッカーコラム J3 Plus+  日本 - オーストラリア戦 プレーヤー別採点  (日本代表編) 


原博実の勝利: 武藤文雄のサッカー講釈

誠天調書: 2011年01月29日
なお苦しい局面でも腐らずに 夢想と理想に走らず 現実を見据え 最善の手を打とうとするは 中々に難しい。
なるほど チームのGMにあたる日本サッカー協会の原博実技術委員長は良い監督を選んだんだな と分かる。
現場の下士官の その現場での判断力を 外から机上論で言うは容易い。
少なくとも その現場に直面してなお それだけの自己制御の能力を発揮する自信など 俺には全くに無い。

だからこそ 原博実技術委員長は良い監督を選んだんだな と心の底から思う。

準決勝における日本の韓国からの勝利は「精神力」の差: 武藤文雄のサッカー講釈
あまり好きな言葉ではないが、PKで勝てたのは「精神力」の差なのかと思った。

確かに終了直前に同点に追いついたのだから歓喜するのは理解できるが、
あの韓国イレブンの喜び方は、まだ同点なのに常軌を逸していた。

一方で、日本はベンチに下がっていた長谷部の全軍の鼓舞を筆頭に、気持ちは萎えていなかった。
試合前にも講釈を垂れたが、南アフリカでの経験値の差なのではなかろうか。
韓国側の歓喜の姿に 俺は全くの異常性を感じない、アレは普通な姿だ としか思わない。
むしろ画面にも映し出され続けた
日本側の ベンチでの長谷部を軸にした姿などなどこそが あまりにも驚異的だと思った。
韓国が普通であり 日本が異常なまでに素晴らしすぎる、のだと思っている。
その差こそが 俺も言いたくないが「精神力の差」という表現になるのならば俺も完全に同意する。

あの時 あの瞬間 
中田 英寿が居たら 闘莉王が居たら どれだけ悲惨な光景と雰囲気が日本側を覆ったであろうか。
 ふてくされ 周囲に当り散らし 責任者探しに終始し続け 誹謗中傷が飛び交い
 全体の士気を下げまくっていただろう、
であることは 誰もが容易に想定できる話ではなかろうか?w

逆に あの瞬間であろうとも あの現場に立ちながら それでも
 ふてくされず 周囲にも当たらず
 責任者探しをするタイミングではない事を瞬時に判断し
 なればこそ絶対に誹謗中傷を口にせず 全体を鼓舞し続ける
 けれども慰め合うのでもなく
ということができるのは 並大抵の事で可能な事ではない。

韓国側が悪いのではなく アレが普通で
日本側が普通ではなく アレが驚異的なのだ。

日本側の
 士気を高揚させる事だけに溺れる事も無く
 感情が高ぶらせるままに溺れては責任者探しで誹謗中傷を飛び返させる事も無く
 失意の中で耽溺するに溺れて慰めあって士気を落とす事も無く
という異常なまでのバランス感覚こそが ありえないほどに驚異的で賞賛すべき事なのだ。

なるほど と思い出した。
南アフリカ大会パラグアイ戦の敗戦直後に「Jリーグを見に行ってください」という言葉を出すまでの
恐ろしいまでの自己制御の能力を発揮した長谷部という男が
サッカーの技術的にも高いままに中心に居る という人事の凄みを 俺は此処に見るけどね。

宗教右翼的な精神の高揚のみに溺れるのではなく
 なればこそ負の感情の爆発をさせるのでは
一般民衆の慰め合う中に耽溺するのではなく
 なればこそ あの瞬間の現場に立ちながら なお味方を鼓舞し続けられる
そういう「自己制御の能力」を発揮できる自信は 俺は全くに無い。

更に面白いのは 長谷部などなど個人の力を言うのではなく
その周囲も そういう行動に同意している という事。

これこそが 積み重ねてきた力なんだろうね。

ドーハの悲劇の時 あの瞬間に崩れて動かなかった選手達を見て
その後の選手達は
どんな瞬間であろうとも 最後の最後まで諦めない事を学んだ。

ドイツ大会で
自己制御を失った選手が バランス感覚を失ってまで責任論や誹謗中傷を繰り返す選手が
如何に全体の士気を下げるのか という事を学んだ選手達が
アフリカ大会→今回のアジアカップ という形で 中心に居続けているからね。
遠藤の価値は 其処にあるんだろうね。

なおかつ 慰め合う事に耽溺して甘えては士気を下げる事もしない そういう強さも兼ね備えている。

俺も そういうモノを見届けられる が、とても嬉しいと思う

それでも真ん中が固まった事もあり、長友が上がりやすくなる。実際延長後半は、(まだ脚力が残っている)長友と岡崎の2人で攻めれば点が入りそうな感もあった。

結局 この部分が 決勝での勝利を導いたんだよね。
極めて鋭い指摘が出来る人をリンクできていた は
個人ニュースサイトを自認する者としては とても嬉しい。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000468-yom-socc
56分。動きの硬い藤本に代わり、岩政が投入されてセンターバックに入る。玉突きで今野が左サイドバック、長友が一つ前の左MFへ。この大会初の布陣が機能した。長友が左サイドを切り裂き、岩政が制空権を奪い返す。攻守に流れをつかみ、ついに109分、左をえぐった長友の正確なクロスから、李が鮮やかなボレー。今大会1失点と堅守を誇ってきた豪州のゴールを見事にこじ開けた。

 当初、ザッケローニ監督は、今野を守備的MFにして守りを厚くしようと考えたという。だが「選手同士で話し、俺が前に行くほうがいいと監督に伝えた」と長友。今野が足を痛め中盤での運動量に不安を抱える事情もあった。選手と意思疎通を図って最良の布陣を導き出し、指揮官は「足りなかった(攻撃の)推進力が交代で増した」と喜んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000012-goal-socc
流れを大きく変えたのはDF長友佑都だった。

後半途中に2列目に入ってからは、左サイドからチャンスをつくった。李忠成の決勝点も狙いどおりだった。

「1対1には自信があった。相手が疲れてボールウォッチャーになっていた。(クロスは)ニアにひっかからないように心掛けた」

試合後は香川の背番号10の背番号を手にし、ケガで離脱したメンバーのことも気づかっていた。

次なる戦いはセリエAの残りのシーズン。残留を争うレースに、「僕自身もまた厳しい戦いが始まるので、頑張らないといけない」と、すぐに気を引き締めていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000010-goal-socc
オーストラリア戦では李の起用もさることながら、後半途中にDF岩政大樹を相手FWへの高さ対策として投入し、それに伴いDF長友佑都を2列目に上げる策もヒットした。前半は相手右サイドバックのルーク・ウィルクシャーのロングボールに苦しんで劣勢に立たされていたが、その采配でウィルクシャーのパスを封じ、なおかつ空中戦に対応できるようになった。

DF今野泰幸をアンカーとして中盤に上げるプランもあったが、今野たちから意見を聞いた上で長友を上げる決断をしたという。「最初は中盤のラインに入れようと思ったが、今野はずっとセンターバックでやっているし(本人が)ちょっと(無理)ということだったので長友を前に上げた」と臨機応変の対応だったことを明かした。

しかし、指揮官は誇ったのは、選手たちの奮闘ぶり。教え子たちへの称賛の言葉に終始した。

「今日の決勝は本田(圭佑)、長谷部(誠)、遠藤(保仁)が昨日一日しか合流できず、岡崎(慎司)は昨日、それもできなかった。長友も韓国戦で足を踏まれて思ったようなトレーニングができなかった。きょうは力以上のものを出し切ってくれたゲームだった」
この謙虚さ は 大和民族系日本人の共同体の美徳に 実に合うw
なおかつ 自己制御の能力と説得力と知性を兼ね備えた人物でもある。
まさに この人選をした原博実の勝利だよね。 この人選は本当に苦労したからねw


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110129-00000206-sph-socc
 香川のけがで、日本協会がザッケローニ監督と技術委員の欧州派遣回数を大幅に増やすことになった。狙いは信頼関係の再構築だ。アジア杯に参加した欧州組では香川のほか、槙野智章(23)=1FCケルン=、松井大輔(29)=グルノーブル=がけがで離脱。欧州クラブが今後の代表招集の際に難色を示す可能性が出てきた。これまでは年に1〜2回程度だった代表関係者の欧州行脚を2〜3か月に一度に増加予定。ザッケローニ監督も同行する可能性が高く、定期的に会談を持つことで信頼を回復したい考えがある。

 香川はこの日、右足をギプスで固めた車いす姿で帰国。取材を受ける際には車いすから降りて、松葉づえをつきながら気丈に応対した。C大阪時代の09年9月にも同じ箇所を疲労骨折。復帰までは約2か月を要したが「そのときよりしっかり折れていた。もっと長引くと思います」と厳しい現状を認識している。「自分が一番安心してリハビリに集中できる環境だから」と日本での手術とリハビリを決断した。

 所属するドルトムントは現在、リーグ戦で2位のレバークーゼンに勝ち点差8をつけて首位を独走中。ドイツで全治3か月と診断され前半戦のMVPを失ったクロップ監督は「シンジは今季プレーできないだろう」と嘆いている。しかし本人は「この半年間で自分の人生が変わるくらいの楽しさが経験できたはず。それを味わえないのは残念だけど、ラスト1か月にチームに合流できるよう、全力で治療したい」と、5月14日のリーグ最終節での復帰を目標に掲げた。

 28日に立ち寄ったドルトムントでは、チームメートから「本当に残念」「早く帰ってこいよ」と激励され「癒やされました。感謝しているし、1日も早く治したい」と前を向いた。6月にU―22代表のロンドン五輪2次予選(相手未定)、7月にはフル代表の南米選手権(アルゼンチン)も控えている。香川が今後、招集拒否にあえば代表強化に悪影響が出るだけに、所属クラブとの関係強化は不可欠だ。
何故に読売報知 Jリーグとの関係強化 には踏み込んで書かないのか?
カルトの本質「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」である事を
徹底的に見せつけているよね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000022-spn-socc
 日本代表がゲスト出場する7月の南米選手権にぶっつけ本番で臨むことになった。J1リーグ中断前の最後の試合が6月25日に予定されているため、7月2日の1次リーグ初戦コロンビア戦までに練習試合を組むことを断念。十分な準備ができないまま、南米の強豪と真剣勝負を行うことを余儀なくされた。アジア杯を終えた日本代表は31日に帰国する。

 Jリーグとの日程調整という永遠の課題が、またもザックジャパンに立ちはだかる。7月の南米選手権の1次リーグは2日にコロンビア戦、7日にボリビア戦、11日にアルゼンチン戦を行う。ザッケローニ監督は開幕前に現地で練習試合を行う意向を持っていたが、関係者は「練習試合を組むのは日程的に厳しい。コロンビア戦はぶっつけ本番になる」と明かした。

 J1リーグ中断前の最後の試合が6月25日に組まれていることに加え、開催国アルゼンチンまでの移動には乗り継ぎを含めて30時間以上を要する。試合翌日の6月26日に日本を出発しても、現地入りは27日。昼夜逆転するマイナス12時間の時差などを考えると、到着からコロンビア戦までの間に試合を強行すれば、逆にコンディションを崩すリスクもあり、日本協会はマッチメークをしない方針を固めた。

 アジア杯も万全の状態で臨めなかった。元日に決勝が行われる天皇杯、欧州リーグとの日程の関係で選手の足並みがそろわず、コンディションはバラバラ。昨年12月27日からの国内合宿はわずか10人(サポートメンバー除く)でのスタートだった。ドーハ入り後の練習試合の計画も、選手の体調を考えて最終的に断念。1次リーグで格下ヨルダンにドロー発進するなど準備不足を露呈した。

 アジア杯では試合を重ねるごとに調子を上げた日本だが、南米選手権の対戦国は強豪ばかり。前回出場した99年パラグアイ大会では1次リーグ1分け2敗と惨敗した。日本協会は、移動を時差調整のしやすい中東経由の西回りにする計画を立てるなど最善を尽くすが、わずかな隙が致命傷になりかねない。南米勢との真剣勝負。アジア杯で劇的な試合を重ねて精神的な強さを見せたザックジャパンの真価が問われる。

 ◆日本の99年南米選手権パラグアイ大会VTR トルシエ監督の下、南米選手権に初出場した。1次リーグ初戦はペルーに2―3で逆転負け。呂比須のゴールで先制したが、終盤に3失点を喫して黒星発進となった。第2戦は開催国のパラグアイと激突。完全アウェーの雰囲気にのまれて0―4で大敗した。第3戦はボリビアに1―1のドロー。後半30分に呂比須が同点弾を決めて意地を見せたが、1分け2敗でA組最下位。決勝トーナメント進出はならなかった。
結局 “J1のチーム数が多すぎる だから日程が過密になる” という話に戻される。
J1は日本サッカーのトップグループと思ってる人が多いだろうけど 俺は全くの逆。
カルトの本質「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」の
その家畜奴隷の最前線でしかない と俺は思っている。
単なる牧場にしか見えない。 そして、牧場は広い方が 家畜は多い方が
“一握りの人間”と周辺で美味しく頂く者達にとって都合が良い という事が本質でしか無い。
マスコミ新聞テレビ大手メディアが この観点を このタイミングで なお絶対に突っ込まない、
というのは まさに悪魔鬼畜そのものでしか無い。

オウムよりも残虐な行為を平然と毎日に繰り返すカルトの巣窟の中で美味しく生きて行く者達は常に
家畜奴隷への残虐行為を全くに厭わない。
こうして隠蔽工作を嬉々としてし続けるからね。



http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20110130-00000048-kyodo_sp-spo.html
「日本の監督、誇り」 決勝一夜明けのザック監督
 【ドーハ共同】サッカーのアジア・カップで4度目の優勝を果たした日本代表のザッケローニ監督は決勝から一夜明けた30日、ドーハ市内のホテルで取材に応じ「日本代表の監督になれたこと、今回の選手たちの監督になれたことを誇りに思う」と感慨に浸った。

 オーストラリアとの決勝は延長の末に、途中出場のFW李(広島)の決勝ゴールで競り勝った。ザッケローニ監督は「ベンチスタートの選手がここまで結果を残す大会はそうはない」とチーム力で勝ち取った優勝を喜んだ。

 芸術的な左足ボレーを決め、一躍「時の人」となった李は「これを外したらえらいことになると思ったが、『いっちゃえ』と打った。自分がヒーローになると思い続けていた」と興奮が冷めやらぬ様子だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000086-jij-spo
 激戦が続いたが、最高の結果で終わり、ザッケローニ監督は穏やかな表情を浮かべた。

試合後の食事の際には「これがスタート地点」と選手に伝えたという
すげぇな そのタイミングで その言葉が出る というのがね。

延長後半に決勝点を挙げたFW李忠成(広島)は「時間がたってすごいことをしたんだなと思う。自分を褒めたい」と笑顔を見せた。 
こうは言いたくないが 李忠成の言葉には やはり 違和感がある。
生粋の大和民族系日本人の伝統を受け継いできた者ではないんだろうね。
でも この共同体の為に一緒に喜んで戦ってくれる者ならば 拒む理由は全くに無いからね。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/01/30/kiji/K20110130000151220.html?feature=related
DF長友佑都が相変わらずの豊富な運動量で攻守にピッチを駆け回った。

「1対1は自信を持っていたし、スピードでかわせると思った」
とオーストラリアの猛攻を封じた。
後半11分には2列目の左サイドに。攻撃的な位置に上がったことで
「あれでスイッチが入った」
と後半以降もバテずに、最後は左クロスで李の決勝点を導いた。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/01/30/kiji/K20110130000151090.html
何度もオーストラリアの攻撃を中盤でつぶしたMF長谷部。
後半44分にもDFカーニーの強烈なシュートを足で止めた。

「試合ごとにヒーローが替わった。試合にあまり出られない選手が結果を残した。
 こういう大会ではそういうことがあると強い」
と自身の活躍より、控え選手の活躍を素直に喜んだ。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/01/30/kiji/K20110130000152340.html
延長後半4分、左にいた長友へのパスで李の決勝点につなげた遠藤は
「相手の8番(右サイドDF)がバタバタしていたし、守りが良くなかった。狙い目だった」
と敵の弱みを意識したパスだったことを明かした。

日本が前回優勝した2004年大会は、出場停止で決勝に出られないという悔しさを味わった。
31歳のベテランは
「チーム最年長だし、若手を落ち着かせようとやっていた。
 ザッケローニ監督の初めての大会。チャンピオンになってプレゼントしたいと思っていた」
と喜びに浸った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000041-mai-socc
ザッケローニ監督になって初の公式大会優勝。
監督は「選手が疑問を持ったままにしないようにしている」と、
練習中から積極的に選手に話しかけた。意思疎通できる関係が生きた場面が決勝にあった。


守備面で相手に競り負けていたため、監督は後半早々、高さのある岩政の投入を決めた。
下げる選手は藤本。監督は当初、今野を1列前の「アンカー」に据えるシステム変更を考えていたが、
ピッチ上の選手が「待った」をかけた。
試合中に脚を痛めた今野の状態やシステム変更によるバランス崩壊の懸念から、
長友か内田の左右のサイドバック(SB)を1列上げ、今野をSBにスライドさせる案を主張し、
監督も受け入れた。

遠藤は
「コミュニケーションを取れたことは、いいチームになる条件。
 選手の意見を受け入れるのは監督の経験のたまもの」と話す。



選手起用をめぐって監督は
「実績ある選手を日本に置いてきた。計算できる選手より将来を考えチャンスを与えた」
と振り返った。

非公開で行われた紅白戦では主力と控えを分けず、「誰が出るか分からない」(柏木)という緊張感を生んだ。
故障者の続出もあって結果的に23人中21人が出場。厳しい戦いの中で得難い経験があった。


若手に経験を積ませつつも、故障者や出場停止がない限り先発は固定し、
チームの基盤づくりにも力を注いだ。


一方で、攻撃の組み立ては31歳の遠藤に依存する場面が目立った。
局面を打開できるパスを持つ遠藤にボールを預けることで試合は安定するが、
本田圭は「ヤットさん(遠藤)の代えはいない」と危機感を抱く。


ザッケローニ監督は大会期間中、「勇気とバランス」という言葉を繰り返した。
守備的だった昨夏のワールドカップ(W杯)と比べ、
より攻撃にシフトした結果、大会最多得点チーム
にもなったが、
韓国、オーストラリア戦では劣勢の時間も多かった。
今は「アジアで勝てたからといって、世界で勝てる保証はない」(長谷部)状態でもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000567-san-socc
決勝の相手は高さとパワーが武器の豪州。序盤はパスをつないで崩しに来たのが後半、高さを押し出してきたところで指揮官が動いた。藤本を下げ、上背のある岩政を投入。ボール奪取にたけた今野を一列上げ、4−3−3の布陣で対応する腹づもりだった。

ところが右足を痛めていた今野は、接触の多いボランチは無理と判断。話し合った選手たちは、左サイドバックの長友を左MFに上げる案を投げ返してきた。

のちに「(指示通り)やれといえばやっていただろう」と振り返った指揮官だが、
選手の意見を尊重。
さらに「受け身に回る印象を相手に与えてしまう」との懸念から、
システム変更そのものをやめた。



結果的に長友は李の決勝点をアシストする大活躍。
大舞台でこんな掛け合いができたのも、揺るぎない信頼関係の賜物だ。

コミュニケーションに積極的な指揮官は、練習前後に選手と「個別会談」するのが恒例。
試合に備えたミニゲームでも常に主力と控えを織り交ぜた2チームを編成、
先発メンバーを当日まで伝えないようにし、モチベーション維持に努めた。

さらに「替えの利かない選手はいない」との持論から、経験の少ない選手の起用もためらわず、6試合で23人中21人を出場させた。

「試合ごとにヒーローが替わり、出られなかった選手が結果を出した。こういう大会でそういうのがあると強い」と長谷部。
最年長の遠藤も「自分たちのよさを引き出してくれる」と指揮官をたたえた

絶妙な気配りと思い切りのよさで、初めての公式大会で最高の結果をもたらした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000620-yom-socc
殊勲の李は「完全にフリーだと分かった。外したらまずいなと思った」と振り返った。

動画投稿サイトでゴールシーンを繰り返し見たといい、「何度見ても飽きない」と周囲の笑いを誘った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000433-yom-socc
日本サッカー協会・小倉純二会長は「押されても、日本はこんな勝ち方もできるんだと証明してくれた。選手は厳しい環境で素晴らしいスピリットを発揮した。ザッケローニ監督は、就任から無敗はすごい。この調子でやってもらいたい」と語った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000027-dal-socc
アジアNo.1の存在感を、最後まで見せつけた。
120分間走り続けて、勝利を追い求めた本田圭は、
両手を天に突き上げて、ザッケローニ監督の下へ駆け寄った。

準決勝を終えて「やはり“持っている”んだなと思う」と自己評価した男は、ひと味違った。
MVPを獲得。指揮官と、熱いハグを交わして喜びを分かち合った。

「今までの優勝以上に、この優勝は価値がある。カタール、韓国、オーストラリアを倒したことに…」
と、宿敵を連破してのアジア制覇に胸を張った。

そして「できれば、この賞はチームメート、スタッフにささげたいと思います。みんながいなければこの賞はもらえなかったので。」。
MVPを受け、仲間に感謝した。
こんな事を言う選手じゃ無かったよね。
試合中も かなり献身的で なおかつ周囲の選手を活かそうとする動きが 確実に以前よりも多かった。
その分 フリーキックとかは 俺が俺が で主張をしてたよねw でも だから、まぁ いいか、とも思う。

「惜しいで終わるのか、優勝して喜ぶのかは、天と地ほどの差がある。きっちり日本らしいサッカーをして、内容にもこだわって勝ちたい」

「ここまで来たのは価値のあること。過程で成長した実感はある」と言う。厳しい戦いをクリアするたびに、少しずつ上に行く自分がいる。「移籍の話?どうなるんですかね。現状では厳しいんでしょうけどね。サッカーはロシアでもできるんでね」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000026-dal-socc
 チームを戦う集団に変えたのは、温厚なザックのカミナリ。

1‐1で終わった初戦ヨルダン戦後、選手間に流れていたぬるい雰囲気を
「アジア杯を戦うものではない」とし、厳しい言葉で一喝した。

MF柏木は「2試合目からガラっと空気が変わった」という。
選手も直後にミーティングを開き、「若手がお客さん気分で来ている」など互いを律した。

出番のないサブ組も自発的に“ベンチミーティング”を開催。
「スタメンの選手をどうやって良いプレーをさせるか」(MF細貝)を真剣に話した。
ベンチから絶えず声をかけ、水運びなど率先して行った。
審判の疑問が残る判定にも出番がなかったDF森脇が真っ先に飛び出し抗議した。

ザック監督が唯一振るった厳しいタクト。未熟だったチームは、光り輝く一枚岩へと変貌した。


途中出場の李が値千金の決勝弾。
「(チーム全体の)フィジカルはリミットに近かった」と指揮官は振り返るが、
李は言う、
「このメンバー、チームだから生まれたゴールです」‐。

奇跡の一発は、ザッケローニ監督が作り上げたチームが起こした“必然”なのかもしれない。


2大会ぶりのアジア王者奪回。だが、まだ過程に過ぎない。
14年ブラジルW杯を目指す旅路のスタートだ。進化は続く。
ザックと、蒼き侍たちがつむぐストーリーは、まだ始まったばかりだ。
素晴らしい説得力の持ち主 という事を示す話。
言い過ぎても駄目 言わなさ過ぎても駄目 言う内容とタイミングも図れなければ駄目、
なればこそ自己制御の能力も必要になる。


スポーツナビ | サッカー|日本代表|オーストラリア戦後 ザッケローニ監督会見
今日の試合直前のテクニカルミーティングで、選手たちには合宿初日にわたしが言ったことを(あらためて)伝えた。この大会では、成長しながら優勝を目指そうと言ったのだが、もうそこまで(タイトルは)来ているのだから勝とうと話した。このチームは若くて、経験を積みに来たわけだが、若いから勝てないというわけではないし、大会中はみんなよくやってくれた。ここまでたどり着くまでが大変だった。リードされながらの戦いが続いたし、10人での戦いを(強いられながら)引き分けでなく勝ち切った。それはやはり、ベンチも含めたメンバーの力が非常に大きい。やはりチーム力で勝ち切ってきたような印象を持っている。

 今日の李のゴールも、このチームの力を象徴していた。細貝、岡崎、伊野波ら、後から入った選手がゴールを決めたり活躍してくれたが、決勝でも(誰かが)やってくれるだろうと思っていた。心から選手を褒めたいと思う。今大会、すべての試合で全力を出し切った。この決勝に来るまでに、かなりのエネルギーを使ってきた。消耗が激しかった。大会前から、フィジカルコンディションのばらつきなどがあり苦労をしたが、選手たちがこの大会で成長しながら、団結しながら勝つことができたのは素晴らしいことだと思う。最後に、オーストラリアは非常にレベルが高く、素晴らしいチームだという印象を受けた。

――後半11分の交代(藤本アウト/岩政イン)で長友を前に出した意図と、その5分前に岩政を一度出そうとしていったん止めた理由について教えてほしい(大住良之/フリーランス)

 交代については、中盤を厚くすることをまず考えた。なかなか中盤でゲームが作れていない印象があったからだ。藤本は今日も良かったが、1カ月くらい試合から遠ざかっており、試合勘を欠いていたのかもしれない。チョイスとしては今野をアンカーの位置に置くことを考えたが、彼は(今大会ずっと)センターバックでやってきていて、中盤のラインに入るのはちょっと(不安がある)ということで(左)サイドバックに入れようと。そして長友を1つ前にずらすことにした。長友はあのポジションもできるし、スピードもある。システムの変更はしなかった。そこでもし、FWやMFの選手を外してDFを入れた場合、受け身に入るという意図を相手に与えてしまうし、選手もそういう気持ちになってしまうので、4−2−3−1のままでいった。
 今野を中盤に入れようと思った理由は、ボール奪取能力が高いこと。そこでボールを奪って、切り替えを早く攻撃が展開できること。長友に関しても、サイドバックでプレーしながらも、かなり中のスペースに入れていたので(前に上げれば)いいと判断した。

――GK川島は日本のメディアに批判されながらも、準決勝でPK戦を制し、今日も何度かビッグセーブを見せた。そのことについてコメントを(外国人記者)

 川島が日本のメディアから批判されていたことは、正直知らなかった。わたしはまだ日本語が読めないので。川島についてはワールドカップ(W杯)でも素晴らしい活躍を見せているし、彼だけではなく、チームには3人の素晴らしいGKがいる。2人(川島と西川のプレー)は今大会で見てもらえたし、3人目の権田は非常に将来性のあるGKだ。わたし自身はあまりGKを替えるのは好きではない。ミスが目立つポジションなので、失点すれば批判されやすいが、わたしは(すぐに替えることを)好まない。
 川島は、この間(の韓国戦)もずっと落ち着いていたし、わたしの信頼を一身に受けているから冷静でいられるのだと思う。現在プレーしているチームでは、チーム事情がいろいろあって大変だが、よくやっていると思っている。彼の準決勝、決勝の活躍によって、メディアの批判を払しょくできたことについては、非常にうれしい。今日の試合についても、フィジカルの強いオーストラリアが相手ということでGKの仕事は多かったが、本当によくやってくれたと思っている。

――前半、オーストラリアの両サイドバック、特に右のウィルクシャーに随分やられていた。後半は選手交代などでうまく対応していたが、交代前と後の対策はどのようなものだったのか?(後藤健生/フリーランス)

 質問に答える前に、この場を借りてけがのためにチームを離れた選手たちにも感謝したい。具体的に名前を挙げると、槙野、酒井、松井、香川。彼らの力も今大会の優勝に貢献してくれたと思っている。また出場機会を与えることができなかった2人の選手、森脇と権田。彼らも素晴らしいチームスピリットで参加してくれた。ありがとうと伝えたい。

 質問の答えだが、確かに交代の後に良くなったと思っている。(交代の理由は)前半の推進力が足りていなかったことだ。これは前線ではなく中盤の問題だ。中盤で何かをしないとと考えていた。先ほども言った通り、今野をアンカーに置いて、遠藤と長谷部を少しずらして前に置くことで、もう少し主導権が握れるのではないかと考えたが、結局はシステムを変えずに長友を1つ前に置くというチョイスをした。
 ちょうど交代をしたころから、オーストラリア(のライン)が間延びし始めた。ちょっとサプライズだったのは、オーストラリアが非常にコンパクトに絞って、いいサッカーをしていたことだ。オジェック監督が試合前の会見で「アグレッシブにやる」とコメントしていたが、アグレッシブにやるためにはコンパクトにまとめなければならない。それをチームとして表現していたという意味で、オーストラリアは素晴らしかったと思う。

 今日のゲームと準決勝までのゲームは、2つに分けて考える必要がある。決勝というものは、たった1つのゲームとして考える。それ以前の試合の話をすると、たくさんのゴールチャンスを作り、プレースピードも正確かつ効果的なボール回しを特長とするチームとして成長してきた。
 今日の決勝に臨むにあたって、フィジカルで(選手は)ギリギリだった。韓国戦から、本田圭、遠藤、長谷部は昨日一度しか全体練習に合流できていない。岡崎はトレーニングすらできなかった。ほとんど歩いてもいないような状態で決勝に臨んだ。長友も韓国戦で足を踏まれて、思うようにトレーニングができなかった。レギュラー陣が満足な調整ができないまま、今日の決勝に臨まなけれならなかった。(そんな状況で)フィジカルが非常に強くて、パーソナリティーが非常にあり、タスク面でも優れたオーストラリアと戦わなければならなかった。初戦から準決勝までを1つと考え、今日の決勝は「もう1つのストーリー」と考えるべきだと思う。準決勝までの戦いは、非常に成長してきたが、今日の試合に関しては自分たちの力以上のものを出し切ったと思っている。
 この勝利を(キャリアの)どこに置くかということだが、セリエD以外では全部優勝してきた。個人的には、インターナショナルマッチでのタイトルがなかった。今回はそのレベルでの勝利になる。今回、日本代表の監督に就任して、これほど素晴らしい選手たちの監督としてチームを率いることができて、本当に誇りに思っている。


2011年01月30日「Champion」  |川島永嗣オフィシャルブログ「Life is beautiful」
やりました〜〜〜!!
優勝です!!

初めてです!!
人生で。
タイトルを取ったの。

この1カ月いろんな方面で、

チームを支え続けてくれたスタッフや関係者、

何よりドーハからまた日本から、

応援し続けてくれたみなさんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当にありがとうございます!!


ザックジャパン!アジアチャンピオン!おめでとう(アウグーリ)!  千田善 『オシムの伝言』公式ブログ
原さん、よかったですね。
コーチ陣のみなさんも、おめでとうございます。
関塚さん、和田さん、津村さんたちもお疲れさま。西シェフもご苦労様でした。

松井、香川、槇野、酒井のユニをベンチに飾ったエキップ係(山根さん)
グッジョブでした! (以上4選手はケガをちゃんと治してくださいね)

早川さん、前田さん、池内さんたちアスレチックトレーナーの皆さんは、まだ
これから仕事があるでしょうけど(また今夜も負傷者の治療など)、帰ったら
ゆっくりしてください。
やはり 裏方の重要性を良く見ている人は、その人達の名前を しっかり挙げるよね。

俺的には 此処に出てくる 西シェフ の話を載せた
Number770号の日本サッカー代表の海外長期遠征に随行し続ける西芳照の物語は面白かった。

俺的には 海外長期遠征というのは まさに戦役に参加する事でもあるので
食事という兵站面が決定的な影響力を与える事は 充分に分かっているつもりだが
其れを見事に解説しきる話だった。

正面の戦闘だけでは測りきれない兵站面を充分に支える事が 如何に士気を高め維持し続けるか
なんて事は言うまでもない事だが
この部分を此処まで大きく扱う記事に巡り合えるは 本当に嬉しかった。

2011年01月12日 Number編集部ブログ|「食号」、美味しく作りました。
今週13日(木)発売の770号「僕はこんなものを食べてきた アスリート最強の食卓」でございます。編集部内では略して「食号」なんて呼んだりして。


僕が担当した記事をちょこっと紹介。
http://livedoor.blogimg.jp/number_blog-000/imgs/1/9/19cf1b57-s.jpg
撮影は弊社写真部・杉山。ちなみに現在アジア杯取材のためカタールにいます。

http://livedoor.blogimg.jp/number_blog-000/imgs/6/e/6e3761dd-s.jpg
インタビュー風景。聞き手はライター二宮寿朗さん。彼も今カタールです。

昨年の南アW杯に代表帯同シェフとして選手たちと共に戦った西芳照さんの物語。西さんの奮闘はもちろん、南アで代表選手たちが何を食べていたのか、その全貌が明らかになっております。

二宮さんの原稿にもありますが、西さんは南アW杯に続き、アジアカップのカタール遠征にも帯同中。選手たちの活躍はもちろん、西さんにもチームを優勝へと導く“勝利メシ”を存分にふるまってほしいなと願う次第です。(P)
海外遠征の場なれば 数少ない楽しみになるであろう食事という場面で
如何に創意工夫を凝らし コンディションと士気の維持に努めさせるべく
大和民族系日本人の口に合う日本食を如何に提供し続けるか 提供し続けてきたか
という補給兵站面の話、物資の調達 食事環境の設営 などなどは非常に非常に面白かった。

今回のアジアカップの 選手達の底しれぬ体力を下支えしたのは この部分もあるんだろうな、と強く思っている。


http://twitter.com/totomi41/status/25503855542280192
Numberの西シェフの記事読んだ。…こういうの読むと、料理が上手いって凄いことなんだと改めて思う。職場で「調理師校に通うなんて無駄な事だよ」なんてよく言われたけど、この1年以上やってきた事には絶対意味があると信じたい


西芳照 - Google 検索

Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町) レストラン「アルパインローズ」 「日本代表応援バイキング」 - Google 検索
http://www.47news.jp/news/2010/06/post_20100629175138.html
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本代表チームの活躍を受け、Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)にあるレストラン「アルパインローズ」3 件の「日本代表応援バイキング」3 件が人気を集めている。メニューは、代表チームに同行して料理を作っているJヴィレッジ総料理長・西芳照さん(48)のレシピを再現したもの。Jヴィレッジの担当者は「同じ物を食べ、選手になりきった気分で応援してほしい」と話している。 西さんは2004年から日本代表チームの海外遠征に同行している。4年前のドイツW杯でも選手と同じホテルに滞在し、食事面でサポートした。 今回のW杯に当たって西さんは高地が多い南アフリカに合わせ、鉄分の摂取を第一に考えたメニューを考案したという。レバニラいためや豆腐の白あえ、ひじき入りのがんもどきなど、和洋中約30種類で、現地で選手に提供している。
畜生w 悔しいなぁww 商売上手じゃねーかwwwwww
Jヴィレッジ - Wikipedia
日本最大規模のサッカートレーニング施設。全11面の天然芝ピッチを始めとする充実したトレーニング設備を備え、日本代表、Jリーグクラブなどのトップチームから草サッカークラブまで幅広い層の合宿施設として、地域レベルの公式戦の試合会場として、規模の大きさ活かして日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会、日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会、全日本少年サッカー大会などの全国大会の大会会場として、幅広く使われている。

圧倒的に充実したサッカーのトレーニング設備などからサッカー専用施設と誤解される事もあるがその様な事は無くサッカー以外の競技の試合や練習でも利用でき、ラグビー、アメリカンフットボール、ラクロス、卓球、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、チアリーディングなどの合宿も可能である。これは宿泊や飲食においても同様であり、一般の来場者でもフィットネスクラブやレストランなどを利用することができる他、企業の社員研修やビジネス客の宿泊などスポーツと関係の無い利用も可能である。

夏休み中などは施設は連日満室になるが、平日には稼働率が落ち込んでいる。財団と運営会社職員は共に県からの出向が主であり資金的にも大きく依存している。2007年度の総収入は約10億円、収支は約1600万円の赤字[2]。2009年度決算で4年連続赤字となった。これは合宿利用は好調なのに比べ、景気低迷の影響で大手企業からのスポンサー収入が減ったことから[3]。
思いっきりに公共工事の典型だけど、人口が減るから これからは更に厳しいだろうね。

で そのJヴィレッジ総料理長が西芳照なのねw なるほどw


http://blog.livedoor.jp/hanasyoubu2020_006/archives/1486517.htm
西芳照さん=南アW杯サッカー日本代表専属シェフ 

日本代表の海外遠征に初めて同行したのは04年3月、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア1次予選のシンガポール戦。以後、ジーコ・ジャパンの海外での公式戦にはすべて同行し、ドイツでの本大会でも食事面から選手のコンディションづくりを支えた。

普段は福島県楢葉(ならは)町のナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」の調理師13人のトップとして、レストランや合宿棟の食事を一手に引き受ける。確かな腕と誠実な人柄で、今大会も開幕直前のスイス合宿から本大会まで、代表チームとスタッフ総勢約50人の食事を任された。

2010年にも代表チームの南アフリカ遠征に同行し、現地での調理を担当した。今回も自ら作ったメニューでほぼ毎日、ビュッフェスタイルの食事を提供する。

「スイス合宿も南アの試合会場も海抜1500メートル前後の高地。
 酸素が薄くなるので血液中の鉄分を補い、
 疲労回復を促すビタミン類を十分取れるように
 レバーやウナギ、豆類などの食材を多めに使う工夫をしています」

チャーター機には、
使い慣れた福島県産の米や漬物、乾物など、遠征生活で恋しくなるニッポンの味をたっぷり積み込んだ。
選手の体調や好みを考えた微妙な味の調節にも、専属シェフとしての長い経験が生かされる。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/04/08.html
1日3食提供で1人も体調崩さず 代表支えた専属シェフ

南アフリカから帰国し記者会見する、サッカー日本代表の専属シェフとして同行した西芳照さん

W杯日本代表の専属シェフとして同行したJヴィレッジの総料理長・西芳照氏(48)が
福島県の同施設で会見した。
空気の薄い高地での試合に備え、鉄分を多く含んだレバーやヒジキを毎食おかずの1品に加えたことや、
ご飯を炊くのに圧力鍋を使った工夫などを披露。
あ そうか 高地で沸点も違うから炊飯一つも微妙に違いが出るのね。
こういう微妙な差配の積み重ねが 後から大きく響くからね。


5月のスイス合宿から約1カ月間、1日3食を提供したが
「1人も体調を崩す選手を出さず、任務を全うできた」
とホッとした表情を見せた。

食材の多くは日本から持参し、ラーメンやギョーザ、豚肉料理も好評だったという。
高地対策に圧力鍋を持参。
「鍋が一番の立役者。選手が予想以上にご飯を食べ、米不足のうれしい悲鳴もあった」
と現地で中国産米などを調達。

初戦のカメルーン戦後に闘莉王から
「勝てたのは西さんの食事のおかげ」と称えられたそうで、

「右肩上がりで伸びていくチームを肌で感じていた。
 スタッフにもベスト4入りの強い意思があり、もう少し(南アに)いたかった」
としみじみと話した。

http://www.810810.co.jp/blog_run7/2011/01/post_617.html
僕はこんなものを食べてきた (走れ!8人の管理栄養士)
特におもしろかったのがサッカー日本代表を裏からささえられた
西芳照シェフの話で
南アフリカ大会に食糧をもっていくにあたり重量制限に苦心していたくだりです。
おもしろかったので抜粋させていただきます。

「まずは、事前合宿地のスイスを経由して南アフリカに持ち込む
 300kgの内訳を決めなくてはならない。
 機体の関係上、それ以上積むことはできなかったからだ。
 食材の選択について、西は協会から次のような大まかな
 リクエストを受けていた。
 @全身に酸素を運搬する鉄分を多く含んだ食材
 A体内栄養素の酸化を抑える抗酸化物質のビタミンEを含んだ食材
 B疲労回復に役立つビタミンB1を含んだ食材
 これらの食材を過不足なく摂取することが、高地順化を図る上で
 大事なポイントとなるからだ。
 
 西が目をつけたのは魚だった。鉄分、ビタミンEを多く含むウナギ
 サンマを筆頭に西京焼き用に下ごしらえした銀ダラ、銀ムツ、赤魚の粕漬け
 ホッケなど、運んだ魚は80kgを超えた。
 そして魚以上の規模で持ち込んだ食材がある。それは 《ごはんのお供》。
 おにぎりの具になる梅干、のり、おかかで30kg以上。
 きゅうり、野沢菜などの漬物に、納豆、なめたけ、ふりかけなど合計で100kgを
 上回った。
 
 西はこの選択についてこう説明する。
 エネルギーになる炭水化物を、選手たちには多く摂ってもらわなければ
 なりません。重量制限もあるので、日本米を持っていくより
 おにぎりの具やご飯と一緒に食べるものを持っていったほうがいいと考えたんです。
 前の年の南アフリカ遠征に帯同した際、現地に住む日本人の方々の協力もあって
 肉や野菜、米も入手できた。だから、現地で調達できないものを中心に
 持って行きました。」
 
おもしろいですよね!制限があるなかで、一番パフォーマンスを発揮できる方法を
模索して、たどりついたのが
「米、魚、ご飯の友」という日本古来の三種の神器的食材。

たまたま今回の目的に合致していただけとは思えない。
日本人パワーの源はやはり、米、魚なのだということを
西シェフに教えていただいたような気がします。
http://twitter.com/shirotheworld/status/26998724299333633
前監督の岡ちゃんは言う「スタッフの一人、コック一人違っていても勝てなかった」と。今回もいい仕事してるのね。



ちょっと古い話だけど
http://www.geocities.jp/vtnekoz_r/index/omoukoto.htm
05.06.09
今日、姉からサッカーW杯日本代表に関する、ちょっとしたウラ話を聞きました。

日本代表がアウェー戦などで海外に遠征する時に、
Jヴィレッジ総料理長の西芳照さんが食事係として帯同することがあります。

Jヴィレッジはうちの町にあって、
姉の働いてる地元のスーパーにも西さんはよく食材を買いに来るそうです。

精肉担当の姉が捌いたカルビが選手達に、とても好評だったと言われたこともあるそうです。
さらに、
「遠征時、現地調達の食材の他に日本から持って行く食材に、
 うちの地元のスーパーから調達したものもある。」(確定)と姉が言ってました。

以前Jヴィレッジに日本代表が合宿に来た時、川口選手らにサインをもらった姉は
「もう川口とかは友達だから」とほざくミーハーですが、
間違っても姉が捌いた食材で日本代表が食中毒を起こさないよう、
マジで祈らずにはいられません。(^^;)
そうなのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もし日本が負けてたら 其処のスーパーの責任だったなwwwwwwwwwwwwwwwwww


http://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/23421681959698432 サッカー日本代表公式アカウント(財)日本サッカー協会
【SAMURAI BLUEアジアカップ】練習を終えて今は夕食をチームで食べてます。みんな西シェフの食事には大満足!自然と笑顔がこぼれ、会話も盛り上がってます。今大会も今日から開幕。いよいよ明後日が初戦です。


http://samuraiblue.jp/diary/b_000149/
11.01.24 SAMURAI BLUE サッカー日本代表 | 日本サッカー協会 代表活動日記
2003年から約8年間、日本代表を影から支え、腕を振るってきた西シェフ。
23日、遠征中に初めて誕生日を迎え、49歳になった。

食事会場でのライブクッキングこそが西シェフにとっての試合会場。
真剣な表情でフライパンを振り、絶妙な茹で加減のパスタは絶品だ。

母国に引けを取らないその味に、ザッケローニ監督を始め、他イタリア人コーチ陣たちも、
「いつもおいしいパスタをありがとう。感謝している」と大絶賛。
異国の地で戦う彼らにとって、西シェフの存在はどれだけ頼もしいことだろうか


長い遠征になればなるほど、選手たちにとっての楽しみは食事。
バイキング形式で並ぶ料理に舌づつみを打てば、
その食卓には自然と笑顔が満ち、笑い声が絶えない。

その瞬間が、選手たちのコンディションだけでなく、彼らの表情や雰囲気を読みながら
献立を思考する西シェフの至福のときとなっていることだろう。

昨年暮れのキャンプから考えると、約1か月が経過し、ずっと走り続けてきた選手たち。
今遠征で初のオフなった今日。それぞれが久しぶりにゆっくりと流れる時間と、
変わらぬ最高の味を楽しんでいた。

いつもはブラウン管を通じて戦況を見つめる西シェフも、決勝戦はスタジアムで観戦予定。
サムライブルーに欠かせない料理人は、「若いうちは楽しまなきゃいけない」と言う。

準決勝の相手はライバル韓国。
日韓戦の独特なプレッシャーや雰囲気を選手たちには楽しんでプレーしてほしい。
そして、決勝の舞台で西シェフに最高の試合を披露してくれることだろう。


http://samuraiblue.jp/diary/b_000152/
11.01.29 SAMURAI BLUE サッカー日本代表 | 日本サッカー協会 代表活動日記
決勝試合当日の朝食会場に現れたザッケローニ監督は、
「おはよう。みんな大丈夫か」と、笑顔でチームスタッフに声をかけた。
安定感ある余裕を感じさせる名将。
決勝戦を前にしても、いつもと変わらぬ1日のスタートを切った。


アジアカップのような短期の大会では、どこにピークを持っていくかが、非常に重要な要素。
そして、各国の指揮官たちがそれぞれの哲学でチームを作り上げ、決勝戦までのシナリオ考えていく。

前日の会見でザッケローニ監督は、今大会を欧州チャンピオンズリーグと照らし合わせた上で、
「チャンピオンズリーグなどの経験があるから落ち着いていられる。
 それがチームに伝わっている」
と語った。



「監督という仕事には経験が必要。
 今まで(クラブ)とは違う日本代表での良い経験は宝物だ」。
円熟期を迎えるザッケローニ監督の言葉には重みがあった。

そして、そのイタリア人指揮官が「キャプテンの資質を全て兼ね添える」という、
長谷部が大会中に言った忘れられない言葉がある。
「日本人であることに誇りを持って戦いたい」。


現地時間の夕方6時にキックオフされる決勝戦。

各国の記者の予想は、日本か、オーストラリアか、真っ二つに割れている。
結果がどうなるのか、そんなことは意識せず、
今はいつも通りスタッフとして誇りを持ってチームを支えていくことに集中するばかりだ。
裏方が 献身的に しかも意欲的に働く組織、
すなわち第二線に甘んじようとも 高い士気を維持できる者達に不足しない組織は強力になる、
という当り前な話なんだよね。

第二線に甘んじる者達を 下部構造に居る者達を 安直に傷つけ切り捨てるが
どれだけ集合体として致命的な結果を導きかねないか。
こんな簡単な話なればこそ 何度でも繰り返し 振り返り続けたい。



2ch系では 工作員の嘘デマ扇動が暴れまくるニュー速コピペ系よりも こっち方がよっぽど面白い。
現所属や出身の選手を知ってる 地に足を付けた者達の話は 愛に溢れているw

ドメサカ板まとめブログ:【アジア杯】日本、李忠成の芸術的ボレーでオーストラリアを破りアジアの頂点に!…各チームスレの反応(その1)

ドメサカ板まとめブログ:【アジア杯】日本、李忠成の芸術的ボレーでオーストラリアを破りアジアの頂点に!…各チームスレの反応(その2)

ドメサカ板まとめブログ:【アジア杯】日本、李忠成の芸術的ボレーでオーストラリアを破りアジアの頂点に!…各チームスレの反応(その3)

ドメサカ板まとめブログ:【アジア杯】日本、李忠成の芸術的ボレーでオーストラリアを破りアジアの頂点に!…各チームスレの反応(その4)



2011年1月29日 サッカーで流れたJAMの歌
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/donna/20110129-OYT8T00193.htm
 ちなみに、遅れて到着した友人も、「え?きょうなんかあるの?」と言う体たらく…。二人で焼き鳥をむさぼり、午後10時、店を後にするというサッカーへの興味のなさを徹底した行動をとったのだった(どう考えても、帰り道の途中で試合中継が始まる)。

 そのまま安らかに寝てしまった私は、本当にサッカーを一瞬も見なかったのだが、今回はちょっとばかり「くやしい」と思わされる出来事が就寝中に発生していた。試合終了後、会場内に流れた音楽が、JAM ProJectの「VICTORY」だった件だ。

 当欄で何回も書いているように、JAMは、影山ヒロノブさんをリーダーとするアニソンを世界に発進するユニットであり、「VICTORY」は「スーパーロボット大戦MX」の主題歌。翌朝、色々な方からのメールでそれを知り、ああ、これはナマで聞きたかった、と思った次第である。


 さらに、「なぜあそこでアニソンが?」というメールやメッセージも、ファンの方や関係者から、多数いただいたのでちょっと「取材」に動いてみた。


 実は、現在カタール大使を務めておられる門司健次郎氏は、
 これまで外務省の広報文化交流部長を務めておられた方で、

 3年前、JAMのワールドツアーに同行した後、
 JAMの皆さんを門司さんに紹介した経緯がある。

 さらに、門司さんご自身が、アニソンなどのサブカルチャーに理解がある方で、
 アニソンのライブなどに足を運んでもくださっていた。
 昨年秋、大使に転出される際には、影山さんや水木一郎さんらと一緒に壮行会に出席したほどだ。
 だから、これは「大使に違いない」と思ったのだが…。

 大使にメールでうかがったところ、
 楽曲を見つけてきたのは、主宰者であるAFCアジアサッカー連盟の担当者だそうで、
 「その人のアニメ歴などは不明」とのことであった。


 でも、経緯が何だったにせよ、遠いイスラムの国、カタールで開かれたアジアカップという場で日本のアニソンが流れたというのは快挙である。「偉い人」たちが理屈をこねたり、サブカルチャーを軽視したりしている間にも、じわじわと、でも確実にアニソンは世界をつないでいる、と実感する出来事であった。
あー そういう事もあったのねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
いくら権利的に鷹揚なJAMとはいえ 事前に許可は取ったのか?www

アニメマンガを規制する連中や、
もはやゆうつべやニコニコを無視して文化は語れない現状を全く無視して
リッピング違法化とか言い出すキチガイ米帝、
という部分を無視する読売は やはり素晴らしい親米ポチで宗教右翼な犬ですなぁwwwwwwwww



原博実の勝利: 武藤文雄のサッカー講釈
 正直戸惑いもある。

 「強い」代表チームを所有する事にだ。サッカーと言う競技は非常に理不尽で、運不運に左右される事も多い。また、今回の日本のように、準備期間をしっかり取る事ができないと、体調面でも思うような試合が展開できない。したがって、本当の意味での強弱を問うためには長期の総当たり戦を行うのが最も適切なやり方となる。

 しかし、短期の勝ち抜き戦では、圧倒的な戦闘能力を持てない場合は、いかに我慢できるか、いかに勝負どころを見極めるかが勝負を分ける事になる。そして、それができるチームが「強い」のだ。準々決勝以降の日本は正に我慢我慢の大連続。カタール戦では、リードを許し1人少ないところで守備を固め、香川と岡崎の2本の矢を駆使して逆転。韓国戦ではロスタイムに追いつかれながらも、PK戦への集中を途切れさせずに宿敵を振り切る。そしてこの豪州戦では、疲労から攻勢を許す時間帯が多かったが、最終ラインが粘りに粘って終盤まで失点せず、遠藤、長友がよく勝負どころを見極めて作った好機時にとうとう敵が根負けした。しかも、(まあ私が日本人だから、そのような視点になってしまうのかもしれないが)いずれの試合も審判の判定に悩まされてである。

 戦闘能力比較と言う意味では、豪州とも韓国ともほとんど差がなかった事は認めよう。しかし、終わってみれば一番「強かった」のは我々である事は言うまでもない。戦闘能力が充実していたアジアの代表チームと言うと、90年イタリアワールドカップ予選の韓国、00年アジアカップの日本が思い起こされる。しかし、「強い」と言う意味でこれ程「強い」代表チームが過去アジアに存在しただろうか。しかも、このチームの中心選手は遠藤を除いて、皆20代半ば、まだまだ伸び代を残しているのだ。

 このまま全てがうまく運べば、ブラジル大会ではとんでもない歓喜が待っているのではないかと錯覚する程だ。


 ザッケローニ氏の手腕恐るべしである。大会の3ヶ月前の親善試合を2試合生観戦し、2ヶ月前に2試合親善試合を戦い、約2ヶ月間Jリーグを視察しただけで、ザッケローニ氏はこのチームを作り上げた。しかも、大会前にまともに集中トレーニングする時間すらなかったのだ。にもかかわらず、試合ごとに深まる連動、次々と活躍する控え選手。そして、決勝戦での見事な采配勝ち。

 もちろん、南アフリカでベスト16に進出する事で、長谷部、遠藤らは自信と自覚と言う何にも代え難い財産を獲得していた。我々が求めていたのは、この財産を活かし、さらに伸ばしてくれる監督だった。そして、今我々はその監督を手にしている。


 これは原博実氏の勝利である。

思いつき(ジーコ)でもない、責任逃れのための意図的な失言によるもの(オシム)でもない、「岡田さんしかいない」という「思考停止」(岡田)でもない、本来あるべき選考によるものですね。

「当たり前のこと」が行われるために、ずいぶん時間を無駄にしたものですね。

Posted by ぐりっそむ at 2011年01月30日 20:55



結局 このアジア杯2011の優勝をもってしても
選手や各Jリーグのチームへの補償 などを含めた待遇面の話
すなわち「日本サッカーの本質的な問題“カネの流れ”」の話を
マスコミ新聞テレビ大手メディアが一文字たりとて しない、
このタイミングなればこそ 絶対に書かなければならないのに
夢想と理想に溺れるカルトの連中の言葉ばかりが叫ばれ続ける始末だ。

勝っている時にこそ 現実を見据えなければならないのに
大東亜戦争の時も 戦後高度成長の時も バブルの時も コイズミカイカクの時も
その向こうの坂の上の雲の上に まだ階段が有ると錯覚しては踏み外して転げ落ちた経験を
全くに思いださない者達を 俺はパラノイアと呼ぶ。

まだまだ 時間と労力は無駄に費消され続けそうですね。





posted by 誠 at 04:19| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

日程知らせもせずに、勝手に予算委員会を始めて「審議の邪魔をしている(キリッ 」
立法府の機能そのものを否定し、事実上の戒厳令を国会内へ持ち込んだに等しい。
日本国憲法の停止を立法府の場で示す菅政権の執行部。

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/774.html
国会で予算審議を日程を知らせず野党各党が居ないまま強行採決
98 :名無しさん@十一周年:2011/01/29(土) 07:51:36 ID:W6mbixJZ0
全ての野党が審議入り拒否ってのは、与党に問題があることの表れ
審議拒否を絶対にしない共産党まで欠席というのは異常事態だ
サッカーで言えば
敵選手にグラウンドへ出る時間を知らせずに 審判へキックオフの笛を吹かせて ゴールを決めさせる
という事態。
民主党の“菅直人の率いる現執行部”が 完全に狂気の状態であることを示している。


なんだかおかしい(野党4党欠席)-エコドライブ日記
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/9334616f53c747522fcf9f23efad2110
衆院予算委員会を野党4党が欠席したらしいですが、何で欠席したのか
テレビを見ていてもさっぱり分からない。野党が何に怒っているのか、
全く説明がありません。

民主党が野党だったころと変わらないように見えてしまいますが、
審議拒否をしない共産党も欠席してますから、何か起こっているに違いない。

自民党は国会運営が酷いとを言っているみたいですが、
どんなやり方をしているんでしょう。

2ちゃんねるからいくつか拾ってみると、
どうも予算委員会を開くことを言わずに始めたみたいですね。
知らないから みんな帰った。だから共産党もいない。

このような国会運営が行なわれていることを説明せず、野党が強行姿勢だから
国会がストップしているかのように報道するテレビって何なんだ。

相変わらず民主とテレビはグルになって世間を騙していますね。

〈2ちゃんの書き込み〉

40 :名無しさん@十一周年:2011/01/29(土) 07:37:30 ID:6Sd4O0i2P
そもそも合意もなければ日程すら伝えず審議が強行されたというのに
野党が非難される謂われはないわ

みんな予算委員会あるって知らんかったから普通に帰ったわ
だから共産党すら居ない


82 :名無しさん@十一周年:2011/01/29(土) 07:48:14 ID:Sovg2nMO0
http://twitter.com/itsunori510/status/30928401619488768 itsunori510 小野寺 五典
今日は予算委員会は無いということだったので自民の議員は午後からは地元に帰った人も多かったのですが
菅執行部は予算審議の日程をすら知らせず 野党各党が居ないまま強行しました。
許されざる暴挙で本当に無茶苦茶です。

財務大臣を経て総理になった菅氏の「疎い」発言にしろ、
菅執行部が政権を握っていることが日本にとって最大不幸で
殆どだましうち。


102 :名無しさん@十一周年:2011/01/29(土) 07:52:50 ID:YRW2ZkGT0
うへえ
日程知らせもせずに、勝手に始めて
「審議の邪魔をしている(キリッ
って言ってんの???www


<衆院予算委>野党4党欠席で審議入り

衆院予算委員会は28日、野田佳彦財務相による11年度予算案の提案理由説明を行い、審議入りした。
その後の予算委理事会で31日、2月1日の2日間、テレビ中継があり、
菅直人首相も出席する基本的質疑を行うことを決めた。

自民、公明、共産、みんなの野党4党は強行的な日程決定として反発、
提案理由説明、理事会とも欠席した。

首相は施政方針演説で「熟議の国会」を掲げたばかりだが、
審議は冒頭から野党抜きの異例の展開となった。(毎日新聞)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/budgeting_2011/?1296222768
コレが国会? ナメてんのか?
予算はおろか あらゆる審議と法案が コレで完全にストップだな。

予算案が通らないので子ども手当終了。そこに扶養控除廃止の増税コンボ
ttp://digimaga.net/2011/01/japan-increases-taxes-the-child

それ以前の状態なんだけど 大馬鹿野郎なままに政治が分かった気になって
日本の国政の状況を欠片も理解しないままに 安直にリンクするような嘘デマ扇動に釣られる人達は
間違いなくパラノイアか詐欺師だね。



まさか菅執行部は コレが熟達した策謀だとか自画自賛をしているつもりだろうか?
立法府の機能そのものを否定したんだぞ、事実上の戒厳令を国会内へ持ち込んだに等しい。
日本国憲法の停止を立法府の場で示したんだぞ、テメェらの権力の根底を自ら否定したも同然になるぞ。

どんなにカネを積まれたってコレを擁護するは 人としての道を完全に踏み外す事になるぞ。
どんなにカネを積まれたってコレを隠蔽するは 人としての道を完全に踏み外す事になるぞ。

間違いなく 日本の憲政史上にあって言語道断の極悪非道として 永遠に歴史に名を残す事になるだろうね。


仙谷が閣内に居れば流石に この事態は起きなかっただろうね。
 枝野官房長官 岡田幹事長 安住淳国会対策委員長 そして菅直人首相と前原外相は
立法府の機能そのものを否定した この惨劇の意味を理解しているのだろうか。

憲法の根幹を否定してまでも 権力の根幹が維持できる、とか思うのであれば 完全に精神疾患である。

民主、強気の国会運営 低姿勢から一転、主導権狙う
http://www.asahi.com/politics/update/0129/TKY201101280600.html
 民主党の安住淳国会対策委員長は記者会見で「日程協議で闘争するやり方はどうか。一日休めば、国会議員は一日さぼったことになる」と4党を強く牽制(けんせい)。民主党の中川正春筆頭理事も「証人喚問は予算審議と切り離すべきで、野党の主張は国会を混乱させるだけだ」と批判した。

 民主党は円滑な審議入りを目指し、野党が結束して求めていた仙谷由人前官房長官の交代を受け入れて通常国会に臨んだ。一方、野党の要求に応じるばかりでは国会の主導権をつかめないと判断。予算審議前の小沢氏の証人喚問を拒否しても、野党が審議拒否で結束を続けることは難しいとみて強硬路線に転じた。

 野党4党は28日、共同で記者会見。自民党の武部勤筆頭理事は「冒頭から職権で委員会を開くのは前代未聞」と反発し、公明党の漆原良夫国対委員長も「話し合う姿勢が全くない。熟議の環境を壊している」と強調した。
いやいやいや コレは酷すぎる。
強気?ふざけんなよ、人の道を否定し 獣にも劣る惨劇を 目の前で展開したんだぞ。
此処まで大本営発表をするは 大東亜戦争時でも無かったぞ。


http://news24.jp/articles/2011/01/29/04175042.html 日テレ
来年度予算案、自民など欠席のまま審議入り
 今国会の最大の焦点である来年度予算案の審議をめぐり、与党側は28日、社民党を除く野党各党欠席のまま、委員会を開催した。自民党などは強く反発している。

 衆議院予算委員会で、民主党など与党側は来年度予算案の提案理由説明を行った。社民党を除く野党各党は「与野党の合意がなく、与党が強行で決めた審議には応じられない」などとして委員会を欠席した。

 民主党・安住国対委員長「国民を前に、政府に対して自らの考え方をぶつけ合いながら、その中で違いを明確にするチャンスなんだから、自らその場をふさがないようにしたほうが、野党経験の長い私が言うのも何ですが、よろしいんじゃないかなと」

 自民党・逢沢国対委員長「与党の方から、なぜこんなむちゃをするのか、自ら国会を壊しているとしか言いようがありません。率直に申し上げて、真意が全くわからない」

 与党側はさらに、社民党を除く野党が欠席のまま、週明けの委員会の日程を決定した。与野党が歩み寄る様子は見られず、国会は冒頭から荒れた展開となっている。
読売も見出しで大本営発表をしている事が分かる。
官房機密費の流れが見える。
この場合「菅執行部 日程すら知らせずに審議を強行開始」が最も正確な話になるはずだ。
マスコミ新聞テレビ大手メディアの情報は 徹底的に嘘デマ扇動しかない、
と思わない人は 間違いなく“幸せな家畜”か“無自覚な下僕”である。

http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-387.html
>ヨソノ大臣といわれる死神が入ったことで、消費税アップ路線が見えてきましたね。
志半ば・・どころか・・
志す前に・・
決着しちゃうと思います。 (笑)

>消費者がアップアップとならないよう、消費を1割減らす運動を始めましょう。
コレ・・
面白いですね!(笑)
参考にさせて戴きます・・。

2011/01/28 16:22 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]



http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/770.html
なぜマスコミは小沢氏強制起訴が週明けと報道しているのか 

又してもマスコミが同じ報道を開始した。
時事通信も朝日も同じで週明けに強制起訴という報道である。
明らかに誰かが意図的に情報をマスコミにリークしている。
今朝の朝日新聞の見出しでは副題として「市民の判断で法廷へ」とまで書いているひどさである。


マスコミは市民の判断とは何だったのかを問うていない。
小生が問うたのは「被害者は誰であったのか」と「具体的被害はあったのか」
さらに「誰が被害者であるのか」という検察審査会法の条文に基づく疑問の説明のなさである。

すでに森ゆうこ議員が検察審査会の2回目の議決のインチキ性を追求して、
それが明らかにされつつあるので、
小生は敢えてその補完の意味で根本的な検審事務局の責任を問うたのだ。

表面的に進められた事が事実のよう扱われ、それが大騒ぎになっているが、
法治国家である以上、ましてや裁判所が管轄する検察審査会事務局である以上、
法律に従った手続きに従って全てを行う事は当然の義務のはずである。

裁判所までもが恣意的に物事を判断して検察審査会の審査を決定するのであれば、
もはや検察審査会法そのものの意味がなくなっている。

マスコミは本当に今朝の朝日新聞のような、
恥も外聞もない記事を書いて国民に対する世論操作をまだ続けるつもりなのだろうか。
いまや大久保、石川議員らの元秘書への裁判でさえ当初の被疑事実が完全に揺らぎ、
訴因まで変更されている
という事実を報道もしないで、一体、彼らの倫理観はどこに消えたのだろうか。


最後に、昨年の3月に公認会計士が行った、
陸山会の政治資金報告書の正当性を専門家の視点で述べている記事を紹介しておこう。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/post_499.html
細野祐二氏(公認会計士)の目から見た陸山会政治資金事件


ここでも政治資金報告書の方法が単式簿記というインチキな方法であるから
問題が明確にされない事を詳細に分析している。
そして陸山会事件が虚構であることも見事に結論している。
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-387.html
>去年の12月から、今週末にも強制起訴と言い続けて、2ヶ月たってもあたりゃしません(笑)
新たな証拠がないのですから・・
さっさと、強制起訴すりゃ良いものを・・
どうも、弁護士としての良心が・・
決断を妨げているそうです。(笑)

>指定弁護士も頭を抱えてると思いますよ。何せ、今回の起訴理由は日付のズレだけですからね。
そのズレだって・・
ズレてるのではなく・・
正確に記しただけのことですよ。 (笑)

>しかもこれ、簿記3級程度の勉強したことがあるなら別に間違いでも何でもない
簿記と申しますか・・
農地転用・・いわゆる、農地法の規定です。

>あげくの果てには石川議員を脅したテープまで
証拠採用されましたね。 (笑)
秋が楽しみです!

2011/01/28 16:13 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]

>官僚が、タマ・兵隊を持ってる連中に職権を売るんですよ。
職務権限・・。
コレを取り上げようとすると・・
地検に逮捕されちゃうわけです。 (苦笑)

>ニュースで「日本国債格付けが下がって大変だ!」って
>やってますが、なんだか白々しすぎてバカバカしいですね。
まあ・・
CIA直轄の・・
S&Pですから・・。 (苦笑)
ムーディーズやフィッチは、年末まで下げないでしょう。

2011/01/28 16:35 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]



マスコミ新聞テレビ大手メディアの報道 → 2ch → ニュー速系2chコピペサイト
→個人とされるニュースサイト と どう考えても更に激しく工作が加わる部分を経由しているのに
安直に嘘デマ扇動は「真実だ!」と思う人間は 完全にパラノイアか詐欺師でしかない。


急に円安になったけど、なんなの アルファルファモザイク
http://alfalfalfa.com/archives/2058627.html
こんなオウムですら真っ青の狂信的カルトの記事を 安直にリンクする人は パラノイアか詐欺師でしかない。

http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/35895457.html
 ここ数年、経済不況・金融恐慌を話題にして、ずいぶん儲けていた評論家やセミナーの先生方、
 そういった詐欺師の面々が我が国にも田舎を中心にして大活躍していたが
 ・・・最近は元気がないね〜。

 ネタがなくなってきたんだろう。
 鮮度を失った寿司屋には、だ〜れも近づかない。
 そこでなにが起こるか? って?
 キレイゴトの化けの皮が剥がれて、表舞台の余裕シャクシャクなお顔とは裏腹に、
 自宅には債権者が集まってきて協議をはじめてる。

 絶好調の周旋屋と、お暇になったわ 貴方 な先生方・・・(笑)
でも ネットの日本語圏では
そういう嘘デマ扇動を安直に信じる人達で溢れかえっているので
まだまだ詐欺師たちは「無自覚な下僕」を利用して 笑いが止まりそうもないですよw

 金融経済を語るのに、生き方価値観を語れない半端モノばかりになってる。
 じゃ〜、あんたはどういう生き方生活をしているんだ? その毎日は?
 そう尋ねると答えるほどのモノも無い。
 それを金融だの経済だのと嘯いてはいるけども、
 そもそも人間が生きて生活する為に必要になる知識や思考を学問と言うはずなのに
 ・・・おかしなチャンチャラ小僧が多い。

 そんな中傷にも負けず、ただただ自らの力を信じて愚直に日々を過ごすことが、
 すなわちもっと大きな感謝の気持ちに繋がるんだけんども、小物たちにはわからんのだろう。(爆)
 自信満々に胸張って生きてゆくことこそ、大事。
 誰にも負けないそれだけの毎日を積み重ねているという事実が、後押ししてくれる。
でも「無自覚な下僕」は キチガイな間違いを愚直に毎日に繰り返すだけだけど どーします?w
http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/35902767.html
 菅総理は国債には疎いと言ってるが、
 昨日の格下げは国債ではないだろう?
 そんなことさえ取り巻きは教えてやらないのか? 哀れ提灯フグ。

 国債そのものを格下げしたのではなくて、
 S&Pが組成して売ってる日本国ファンドともいうべき商品を格下げしたというナゾナゾ話。
 くだらん、国債の格下げならばアメリカ・イギリスの方が我が国よりも先だろう。

 予想屋は雰囲気作り、オッズを乱して畑をならすようなことばかりやってる。
 そもそも日本国債の引き受け人のほとんどが日本人だ、
 本来ならば半分以上を怪しい外国勢に買われて持たれてる
 そういう日本以外の世界中の国々の国債から格下げになるよ。

 だけんども、S&Pだなんて会社は、ま〜だ存在してたんだな〜、そっちの方が驚きだ。
こんな子供でも分かりそうな話を分からずに「無自覚な下僕」をして 安直なリンクやコピペをする人達は
どんだけ幸せに生きてきたんだろうね。
でなければ やっぱり重度の精神障害を患うパラノイアか 外道鬼畜そのものな詐欺師でしかないよね。

 ま〜、いまは得体の知れないギャンブルマネーが飛び交ってるんだから、
 魅力無いと言われてた方が健全な買主に手が届く。

 そういう報道がまるでなかったことも・・・おら〜、笑っちまうぜよ。

 ・・・国債が格下げになりましたが・・・
 ・・・わたしはそれには疎いから・・・
 聞くほうも答えるほうも、意味が解らないで問答やってる。
 国債ではなくて、S&Pが勝手に作って売ってる日本国債ファンドが格下げされただけ。

 無駄な会話に、無駄な報道、意味も解らず混乱してる国民? 全部が全部、間抜け者か!
 それでマーケットは疑心暗鬼? 輪をかけて阿呆か? 五重の塔ならぬ、五重阿呆。
この記事の人のように コレだけ俗世に生きている人でも 真っ当さを見失わずに生きる事は出来る。
すなわち 自身の身の程を知らずに政治経済を広範な人へ語り出すが
そういうインチキ評論家や先生方達とやらと全くに変わらない行為だと未だに気づかないのであれば
もはや それは「大馬鹿野郎」では説明が付かない、パラノイアか詐欺師でしかない。

逆に宗教に近い人達でも 真っ当さを失わずに生きる事は出来る。

当然の復讐だが、大概にしたほうが「過剰報復」で、逆襲されますよ公務員さんたち 無明道 - 播州武侯祠遍照院
でも私は、それほど公務員を憎めない。うらめない。


私の父は、JRマンだった。
社会人前半が「公務員」{国鉄}後半が「民間」だった。

母が回想していうには、
「景気が良いときは、「公務員はかわいそう」「公務員のクセに」と言われていた。
景気が悪いと「公務員は安定してよいね」と言われた。」そうだ。

高度成長からバブルと長らく日本は好景気と経済の繁栄を謳歌した。
そのなか少々・場合によるといつも公務員は、
民間の庶民に、過剰なまでにバカされ軽蔑されたことが多かった。

で、この長い不景気に、そのときの怨念を、
個人レベルでは断定しないが組織レベルでは復讐をしている、といえる。
特に高級官僚の「エリート意識の塊」のような連中が多いので、
その復讐心と報復行動は、無意識レベルの発動で、すさまじいものがある。

でもそれも「適切な報復」レベルを超えると、彼ら公務員に庶民の「報復」が返ってくるだろう。

下種な市民には下種な公務員がお似合いと言える。

その反省なくしては、当然この「公務員の専横」の解決は成らないと思う。
逆も真で、今の「公務員専横」を正当化はできないし、許すべきで無い。
衆目を集める立場を有しながら
下衆で下品な嘘デマ扇動の情報を右から左に流し続ける者達は
下衆で下品な旧態依然な者達を よく批判できるなぁw と思い続けているんだけどね。

官僚とデフレは仲が良い 無明道 - 播州武侯祠遍照院
デフレとインフレ:好むヒトが異なる | 日本の独立を目指して
公務員と非公務員は直接利害が対立するのです

公務員はデフレ(不況)が望ましい。

公務員給料は上がりにくく下がりにくい。
だから
「“インフレな”好況」の場合に公務員は相対的に貧乏になり
「“デフレな”不況」の場合は相対的に優位になる

普通企業の人は当たり前だが
「“インフレな”好況」が望ましく「“デフレな”不況」は会社がつぶれる。


戦前、デフレ(不況)で一番に得をしたのは軍隊です。
働き場所がないので公務員に皆逃げ込む。
逃げこんで仕事を捏造する、軍の仕事は戦争だから侵略する。
だから今のアメリカ軍とCIAはいつも戦争を捏造している。


今の官僚も勿論に「“デフレな”不況」が最も望ましいから増税し、奪い取りさらに不況にする。

つまり国家官僚が、米の官僚とつるんですべてを奪っているのです。
米の官僚は、軍隊と諜報です。利害が一致している。
なぜ愚策を駆使して不況を長引かせるかと言うと、その方が居心地がいいからです。

信じられないかもしれませんがこれは事実です。


公務員は、歩合制でないので、
忙しくなると単位時間あたりの給与が減ったことになるので働かないようにする。
これが「ソビエト」と「毛沢東の中国」を破壊した。そして「国鉄」と「国立病院」を破壊した。

いま外務省などは
アメリカの為なのか誰の為の組織なのか さっぱり分からない高級官僚が
国家を破壊しているのかもしれない。
此処から先は文章が 上手く構築できていないので コピペ改変する。
正しい理念、優れた政治的指導者を得た時の高級官僚は有効に働く。

戦乱を治めた、江戸初期の徳川の武士官僚や
高度成長期の官僚は 絶対的貧困の中で奮闘していた。
今の中国の共青団の一部もそうだろう。

逆に
官僚は優れた政治的指導者や正しい理念を失うと最も残酷な連中へと変貌する。
捏造ばかりしている検察官憲や裁判所が その状態である。
優れた指導者を排除し続けて
外国の軍隊=米軍が飼い犬となる官僚へ より良い肉を投げ与えるようなことをしてきたからだ。

その先で起こる利益誘導は 更に悲惨な結果を増幅する。
米国の医師は完全な歩合制なので、
心臓カテーテルなどの儲かる医学をほど好む。
カテーテルが普及する前は、あきれるほど心臓手術が多かった。
火のないところに煙を立てる、つまり やたらと病気の危険を喧伝して騒ぐ。

また逆に
日本の公的病院などの医師は経営をあまり考えず、医療する。
だからいつも赤字だ。消防署と同じで公務員だから まぁ火をつけて回るようなことはしない。
しかしオーバーワークは損になるので患者を断る。

また更に逆に
私的病院は限度を超えても受け入れを計る。特に美容や再生医療開業などは この傾向が露骨に強い。
勝手に値を付けて、勝手に有効性を主張する、恐ろしい状態である。


つまり うまく私的な論理と公的な論理を均衡させないと、どっちもどっちなのです。
それ故に 過剰に公的な論理で進んだ場合での問題 と 過剰に私的な論理で進んだ場合での問題
が裏で重なり合った時に
その間に生きる一般民衆への被害が最悪の状況となって降り掛かる。

いまの検察と法曹とマスゴミは「火をつけて回る消防署」のようになっている。
「公的機関の中に在りながら 売国をより多くすると歩合制で出世するシステム」という
公的な論理と私的な論理が裏で重なり合っているからでしょう。。。。
全員が全員 仲良くなれる訳でも無い、
でも それなりに それなりで 理解し合える部分だってある。
世俗に生きようが生きまいが、でもなのだ。
だからこそ
少なくとも 嘘デマ扇動を仕掛けている連中が コレだけ丸分かりなのに
なお嘘デマ扇動を安直に信じてはリンクやコピペをする者達は
パラノイアか詐欺師としか思えなくなる。



http://blog.livedoor.jp/miyabinasekai/archives/51524819.html
世界の軍事費を一目で比較できるグラフ - GIGAZINE 2007年08月14日
第二次世界大戦後の世界をどうするつもりだったかが描かれた地図 - GIGAZINE 2008年06月04日
アメリカでどれくらいの勢いで雇用が失われていったのか分かる地図 - GIGAZINE 2009年04月22日

経済ニュース悪夢:聞けば怒りたくなる20の事実
15.フードスタンプに依存するアメリカ人が増えれば、JPモルガン銀行は儲けることになる。
今日、記録的な4320万人のアメリカ人がフードスタンプに依存している。
そしてJPモルガンはこの給付金の手続き操作で莫大なお金を稼いでいる。
アメリカの総人口は約3億、世帯数は1億 1116万世帯
フードスタンプ - Wikipedia
4人家族で月収入2,500ドルを下回ると対象者となることが多く、最大1人あたり月100ドル相当のスタンプが支給される。
http://wiki.livedoor.jp/mizunobara/d/%A5%D5%A1%BC%A5%C9%A5%B9%A5%BF%A5%F3%A5%D7%A1%DAFoodStamp%A1%DB#
連邦政府のプログラムで,実務は州政府が行っている。
2004年度予算で,対象者は2,160万人,予算額は250億ドル(約2兆7,500億円)で,
1人当たり月額平均83ドルの支給が見込まれている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216477477
2007年度予算では対象者が約2600万人、予算額が330億ドルにも上る

http://blog.livedoor.jp/cancheer/archives/1857679.html
低所得者を支援するための食料品購入券(フードスタンプ)にかかる事業予算(660億ドル)

これは2010年度の会計予算なのかな?
どっちにしても1ドル80円にしても5.2兆円 額の増え方はケタ違いだけど 仮に 数字が正しいとして
2004年 2160万人 250億ドル
2007年 2600万人 330億ドル
2010年 4320万人 660億ドル

おそらくオバマが大増額したのだろう。
共和党時代が どれだけ下層民を家畜に扱っているかが分かるが。

フードスタンプ 米国農務省2010会計年度 予算額 - Google 検索



http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-387.html
>名古屋で負けたら宦官政権総辞職、責任とってくださいね。
>連合も、名古屋で負けたら総辞職要求
連合は・・総辞職要求をされる側ですよ。 (苦笑)
でも・・負けっぷりによっては・・
再度、火の手が上がりそうです。

2011/01/28 16:31 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]


>愛知ダブル選挙の前、2/5 あるいは 2/6 に起訴状が出されるのでは?
いつ撃ってきたって・・
そう大差ございません。
さっさとやれ! って言ってるくらいです。 (笑)

>今のままではボロ負けしますからその前です。
>負けても「小沢のせいに出来ます」
最近では、火山噴火も・・
鳥インフルエンザも・・
オザワのせい! って言い出しかねない
まずゴミですからね。 (苦笑)

>河村さんに
彼も・・
今年の顔・・になりそうなかたですね!(笑)

2011/01/28 16:39 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]
どうだろ?カルトの暴走ってのは 常に常軌を逸しているからねぇw



posted by 誠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

名古屋トリプル選は 既に期日前投票が操作されまくってるでしょうね。

オバマ大統領2011一般教書演説全文原文(直訳付き): 太陽光発電日記

日本のマスコミの体質が分かるオバマ一般教書演説の報道のしかた: 太陽光発電日記

オバマ大統領の2011一般教書演説の原文を全文読み直してみると、
”オバマの方針転換”を強調して伝えた、
日本のマスコミ報道の”はじめにストーリーありき”の特異な報道姿勢を再確認させられました。
(あの日本のマスコミの取り上げ方だと、原文を見ない限り誰でもミスリードされてしまいます。)

マスコミ各社のニュース解説の洪水を先に受けたために、
オバマがユダ金の意向を受けて、マネー戦争を仕掛ける方向に舵を切ったと判断したんですが、
どうやら私の判断は間違っていたようでした。

一般教書演説にあふれるエモーションから感じ取れるオバマ大統領の意思は、
健全な産業社会の再生、産業創造のための健全な投資のための金融再生、
と本来の理想のベクトルに固執しぜんぜんブレていないようすです。


あらためて全文を読み直してみると、
オバマが健全な産業再生の路線放棄をしたというより
圧力を受けながらも、自らの理念を守りぬこう、
というオバマ大統領の強い意志とそれゆえの苦悩のほうを強く感じました。

オバマ大統領もミッシェル夫人も人相が悪くなっていません!
それが真実を物語っているのかもしれません!
どんどん人相が悪くなる日本の総理夫妻をはじめとした
カン政権の権力中枢の人たちとぜんぜん違います(爆)

むしろ、真相は、
カン政権のマニュフェスト放棄という裏切りを後押しする意図があるように、
オバマ演説の中の減税と財政出動抑制への言及を、
あえて過剰に路線転換と強調して報じた、伝え方のほうに問題があったと思いました。

もっとも、オバマの苦悩から、
裏でユダ金マフィアが何をしかけようとしているのかが、伝わってきています。
ヒラリーや共和党 などなどをを止められなくなってきている という事なのかな

オバマ大統領がどんなに理想をかかげようと、
実際にアメリカを動かしているのはユダ金マフィアだったりするわけですから、
日本としてはそちらへの対処のほうが重要です。

オバマの目指すものとは別に、
アメリカへの富の吸収によるバブルの下支え〜さらなるマネーゲームを狙っています・・・
まさに欲豚は死ぬまで直らないですね。

ユダ金格付け会社が
このタイミングで日本国債の格付けを引き下げてきたのも、わかりやすすぎて満点大笑いでした。


今後半年間、商品先物の空売り・ユーロの空売りなど、
アメリカに資金を還流させる仕掛けが発動されると思います。
最終的には、一時的にかさ上げされたドルで世界中の海外資産の底値買いがしかけられ、
ユダ金マフィアの餌食になるでしょう。

そうして得た利益で、
自分たちの資産だけは確保しておいて、崩落するアメリカバブルから逃げだし、
アメリカ国民とか日本国民をいけにえに差し出すシナリオの存在・・・が垣間見えたのが
最近のアメリカの見せ掛けの底離れです。

そうした裏読みで、ユダ金マフィアの腹黒い意図を逆手にとって、ギャフンと言わせたいものです。
金ころがしの人たちにはおいしいタイミング到来かもしれません。
偽装民間の政府系金融で豊富な資金をバックに仕手戦を仕掛ければ、
ユダ金に落とし前をつけることもできるはずですが、
かえすがえすも日本人はこころ優しい御人よしの人種です。

まぁ そういう仕手戦を仕掛ける の云々の以前に、
だからこそ鈴木宗男と小沢と鳩山兄の
独自の中央アジア-アフガン外交(直で¥5000億を支援でブチ込む)という一手

この事態をも見越していたからこそ という側面が間違いなくあったのにね。
site:mkt5126.seesaa.net アフガン 鈴木宗男 - Google 検索
誰か この観点で書いてくれた人は居た?
だからこそ あのタイミングで鈴木宗男が葬り去られた という事を言った人は居る?

こういう観点を マスコミ新聞テレビ大手メディアは絶対に触れない。
そうなれば 本当の敵とは誰? この情報工作を仕掛けてくる大元は何処?
俺が だからこそ米ジェームズ・クラッパー国家情報長官の人事の経緯の不自然さを疑う訳で

オバマへ対する嘘デマ扇動と 全く同じ情報工作が↓でも起きるのは何故?

フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会 : 主催第1弾として、小沢一郎氏の会見を行います 小沢一郎衆議院議員 緊急会見 [時間]2011年1月27日(木)
以下のサイトで生中継を予定しています。(随時更新中)

Ustream畠山チャンネル
http://www.ustream.tv/channel/hatakezo

ビデオニュース・ドットコム
http://www.videonews.com/

岩上安身オフィシャルサイト
http://iwakamiyasumi.com/

ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/

フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会
フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会 : 自由報道協会(仮)について
■第一次設立準備会(2011年1月27日以前)
上杉隆(暫定代表)、伊田浩之、岩上安身、江川紹子、小川裕夫、亀松太郎、島田健弘、神保哲生、田中龍作、寺澤有、七尾功、畠山理仁、村上隆保、渡部真 (以上14人)

■第二次設立準備会(2011年1月27日以降)
上杉隆(暫定代表)、伊田浩之、岩上安身、上垣喜寛、烏賀陽弘道、江川紹子、小川裕夫、上出義樹、亀松太郎、渋井哲也、島田健弘、白石草、神保哲生、田中龍作、寺澤有、中澤大樹、七尾功、西岡千史、畠山理仁、日隅一雄、村上隆保、渡部真 (以上22人)

設立準備会は、「自由報道協会」の設立に向けてあらゆる準備、あるいはそれまでに実施する記者会見の運営実務などを担います。
この設立準備会が独善的に「自由報道協会」の全てを決定してしまうという事ではありません。あくまでも、できるだけ多くの方々にご賛同いただける基盤整備を、設立準備会で進めていくという事です。
この準備の過程では、個人情報などを始めとして管理しなければいけない諸々の事がありますので、今後の設立準備会への新たな構成メンバーの加入は、当座、現構成メンバーの推薦と全体の承認によって行っています。個人資格での参加となりますので、所属する団体等によって選別する事はありません。また脱退は、各個人の自由です。そのため、今後も構成メンバーに変動があると思いますが、変動があった場合は改めてお知らせします。


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/724.html
―田中記者― 小沢さんにとって記者クラブメディアの新聞・テレビ・通信社はどう言う存在ですか?
―小沢氏― もぅ… あまり、記者会見する意味が無いですね。いくら言っても解ってくれないし、報道してくれない。何のために記者会見するのか解らない。
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/01/post.html


 ↓
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2496.html
小沢氏は6分8秒あたりで会場に入る。

最初に質問したのが、岩上氏。
最近、ネットで騒がれているウィキ・リークスの情報について質問した。
私はまだ その原文を読んでいないんだけど、
ウィキ・リークスによると、
菅首相が誕生したのは、 米国が、対中政策について、融和外交を進めようとし、
米国の意向に合わない小沢氏と鳩山氏を切り捨てたからだそうだ。

キャンペル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が、
実際に小沢氏や菅氏らと別々に会い、
米国の防衛戦略に乗ってこない小沢氏や鳩山氏の後任に、
米国に従順な菅氏や岡田氏を選んだそうである。

小沢氏は その話を会見で聞くと、少し驚いたようであったが、
確かにキャンペル氏と会ったときに、
中国と比較して米国側に厳しいことを言ってしまった覚えがあると告白した。

確かに菅政権に代わった途端、普天間飛行場の辺野古移転や在日米軍駐留経費(思いやり予算)の維持など、米国にとって都合のいい施策が次から次へと目白押しだ。

しかしながら、初めて民意を反映した政権交代が実現したと思ったら、いつのまにか米国が自分たちに都合のいい総理大臣に変えてしまうということがあっていいのだろうか。自国の総理大臣も自分たちで決められない日本国民は、もっと怒るべきだ。あまりにも政治に関しておとなしすぎるから、政治はどんどん最悪の方向に向かっている。今に、国民の血税はほとんどが米国に吸い取られ、消費税が15%になり、社会保障もどんどん減らされるだろう。

夢も希望もない最悪な状況に日本が陥る前に、ぜひとも小沢氏が唱える国民主権政治を確立しなければならない。

ところが、懲りないマスコミは、またも談合報道に終始した。

本来であれば、この会見の記事は、
『小沢氏は、マスコミ主催の記者会見を「無意味」として否定し、
「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」(仮称・日本自由報道記者クラブ協会)主催の記者会見に応じ
 ・・・と語った。』と報じるべきなのに、
マスコミ各社は、懲りずに
『小沢氏は、インターネット動画番組に出演し・・・した。』
などと恣意的誤報=談合報道を展開した。


私が、問題とし、「談合報道」と非難するのは、
記者クラブメディア(マスコミ)の報道が、
この「自由報道記者クラブ協会主催記者会見」→「インターネット動画番組」のように恣意的に偏向したうえ、
一律化されているからである。

外電ならまだしも、
国内の会見内容が共同通信社の一報に統制されたかのように硬直化していることは、
極めて重大な問題だ。



今朝、インターネットでマスコミ各社の政治欄を調べると・・・

・読売「民主党、小沢氏証人喚問拒否…与野党幹事長会談」
(これは負け惜しみか?フリーランス主催の記者会見は完全スルー。サボタージュ?)

・朝日「(小沢氏がマスコミ会見を拒否したことについて)特定のフリー記者が小沢氏の政治とカネの問題に触れなかったり、好意的だったりすることも影響している。」
(これも負け惜しみか?フリー記者を批判してどうなる?自分らが偏向・談合報道を繰返した挙句の結末だ。)

・産経「小沢氏、ネット会見で特例会見問題を説明」
(この「ネット会見」と言う表現はまだ許せるが、特例会見とは宮内庁批判のこと、今日の高知新聞もそうだったが、相も変わらず、小沢氏の剛腕を強調する偏向報道に終始。これでは何も知らない読者は、あたかも特例会見のことで記者会見を開いたかのような印象を受ける。これじゃ負けるはず。)

・毎日「民主党の小沢一郎元代表は27日、インターネット番組に出演し、強制起訴された場合の政治活動について「国民の要請に従ってやる。変わりない」と述べ、離党や議員辞職をする考えがないことを強調した。」
(インターネット番組ではない。フリーランス主催の記者会見である。)

こうした談合報道の悪影響で、
日本では、大手新聞を数紙チェックするような努力家ほど
(大企業の幹部や評論家などは、このパターンだろうが)、
『俺は、こんなに情報を把握し、世の動向に敏感だ。』と勘違することになる。
まさに「裸の王様」状態だ。
国民は、インターネットで正確な情報を得ていないと、真実からドンドン離されてゆく。

そっちじゃないよ。。。こっち、こっち、早く帰っておいで、そっちは奈落の底。。。

で 
 ネットに繋がれば Yahoo! JAPANを見れば
 携帯でネットが閲覧できるようになれば
 2chを読んでコピペできれば
 ブログを始めてニュースサイトやコピペサイトを始めれば
 RSSを使って情報収集ができれば
 ニコニコを観たり コメントしたりすれば
 twitterを始めてTLやQTやRTができれば
情報弱者を脱せられる という事は全くに無い。
むしろ その過信が 更なる情報弱者へのドツボに嵌まる主要因となる。

マスコミ新聞テレビ大手メディア→報道
→ 嘘つくな情報工作するなプギャー
 と言いながら
マスコミ新聞テレビ大手メディア→2ch→2chニュー速コピペサイト 
→ 真実だ 素晴らしい だからリンクしようコピペしよう
 とかなるんだから もう完全にキチガイ。

より情報が加工されやすい工程を経由している そういう工作員の坩堝を経由している
という馬鹿馬鹿しいまでに分かりやすい事すら理解できないらしい。
大馬鹿野郎 というよりも もはやパラノイアそのものか詐欺師そのもの と言い切るしかない。

きっと大東亜戦争中も こんな感じだったんだろうな。
空襲が起きていて でも大本営発表や周囲の宗教右翼やパラノイアの嘘デマ扇動でマ扇動に抵抗しきれずに
最後の最後の大破局が来るまで 広島へ原爆が落ちてくるその瞬間まで
幸せな家畜か無自覚な下僕で居られたんだろうね



http://d.hatena.ne.jp/Tony_Shikaku/20110128/1296183813
産経新聞のグループって性格が悪いんだろうかなw
まったくのウソの記事を書いていることがわかる。
これが、大手既存マスコミの正体なのであろう。

つまり、事実と異なることを平気で書き、なおかつ貶めようという魂胆なのだろうが、
あまりにも子供じみた手法に情けなくなる。

まったくのウソの記事を書いていることがわかる。
これが、大手の個人とされるニュースサイトやニュー速系2chコピペサイトの正体なのであろう。

つまり、事実と異なることを平気で書き、なおかつ貶めようという魂胆なのだろうが、
あまりにも子供じみた手法に情けなくなる
でなければ パラノイアそのものだ、直ちに その重度の精神疾患への治療を勧めたい。
大手既存メディア・フリーランス・雑誌記者・ネット新聞の記者・海外メディアと
各自立場もあれば立ち位置も違うことは十分理解をしてはいるつもりである。

しかし、自分に都合の良いような「ウソ」は書いてはいけない。
これは、ようやく知恵がつき始めた子供と一緒である。
嘘をリンクしている 嘘をコピペしている という自覚が無く なおかつ大馬鹿野郎以前の状態なのだから
パラノイア すなわち重度の精神疾患を患っている と判断せざるを得ないだろう。
そういうモノを安直に定期巡回しては信じる人の気が知れない。

そんな、レベルか原因なのかどうかは知らないが、今日発売の週刊文春に下記の記事が載っていた。
http://bunshun.jp/shukanbunshun/thisweek_nat/110203.html

スタッフ半減の衝撃 産経が大ナタ振るう夕刊フジ大リストラ
週刊文春2011年2月3日号「THIS WEEK マスコミ」
「イヤな予感はありましたが、ここまで強烈とは」
 東スポ・日刊ゲンダイと並ぶ夕刊紙御三家のひとつ、産経新聞社が発行する「夕刊フジ」が、二月一日付で大リストラに踏み切る。
スタッフ半減という“廃刊含み”とも思える内容に、関係者には衝撃が走っている。「これまで約五十名のスタッフから、減員になるのは二十五人程度。
手付かずで残すのは競馬担当ぐらいで、芸能や政治、経済、レイアウトを担当する整理も半減になります。うちは『朝組み』といって当日午前中の生ニュースを入れるのが創刊当初からの伝統ですが、面数は変わらず人が半分になれば、ほぼ無理です。
上は『企画で勝負しろ』なんてメチャクチャなことを言ってますが、アホかと思いますよ」(中堅記者)
 スタッフの異動先は、産経本体の営業、政治部や経済部、サンケイスポーツなど。「が、これまで夕刊フジの看板を背負って頑張って来た連中ばかりで産経新聞への帰属意識は薄い。
出るも地獄、残るも地獄ですよ」(同前) 編集部でこの異動を発表した幹部は、思わず涙ぐんでいたという。
 夕刊フジは、三年ほど前にもリストラでスタッフを四分の一減らしたばかりだった。 「産経本体に利益を吸い上げられてしまうので、単体でいくら稼いでも焼け石に水。しかも、数年前まで実売で二十万部を超えていた部数が、損益分岐点とされる十三万部を割り込んでしまったのも、産経本体から来た代表が旗を振った、『女性にも子供にも読ませる夕刊紙にしよう』という紙面改革や記事の無料ネット配信が凶と出たから」(経済ジャーナリスト)
 異動の決った別の記者からはこんな恨み節も。「そもそも産経の住田良能(ながよし)社長自身が手掛けたビジネスアイやサンケイエクスプレスの方がよっぽど業績は悪いはず。夕刊フジを標的にしたのは、本社の幹部に愛着がないからですよ。
このリストラを直前まで極秘裏に進めたのも、メインバンクに対して大ナタを振るったように見せる必要があったということなんじゃないですか。読者より銀行を気にしているとしたら、士気の低下と読者離れは避けられないでしょう」 いよいよ新聞界も追い詰められつつあるようだ。

週刊文春の記事であるからして100%鵜呑みにはできないだろうが、
しかしこの中に書かれたことは、現実に自分もうわさで聞いていたことだし、
今日の夕刊フジ(zakzak)よりは信憑性が高いと自分は思っている。


自業自得・・・今のフジ産経グループによく似合う言葉である。
個人ニュースサイト界隈が低迷している とか書いてた人が居て
其処に対してリンクをしながら完全に明後日のコメントをしてた人達が居たねぇw

そんな事よりも 自身の重度の精神疾患を心配した方が良いんじゃない?
さもないと 平然と 嬉々として 歓びの叫び声をあげながら 親族を虐殺してしまうよ?

自覚を持って 敵とは何か を見定めて行かないと
自覚を持って 無自覚なままに敵の下僕となっている現状からの脱却を図ろうとしないと
「幸せな家畜」や「無自覚な奴隷」のままに 虐殺への加担者となり続けるだけだからね。

別に
崇高な目的を果たそう とか 正義の為に動こう とか
そんな大それた事をするべきだ なんて言う気もない。

ただただ
 こんなキチガイ沙汰を繰り返す事の先に生じる悲劇へ加担する当事者にはなりたくないでしょ?
と言いたいだけなんだ。



日本国民が貢ぐ君にさせられてきた経済トリック: 太陽光発電日記
個別の輸出産業がどうこうというよりも、世界中が信用膨張するなかで、
ある意味その構造を見抜いて、ピンポイントで政策を打っていけば、
日本の未来が開かれると思いますので、
いまからでもその課題に取り組まなければならないはずです。
だから 何の為に鈴木宗男と小沢と鳩山兄は?w
しかし、なにをトチ狂ったか”公費でグルメ三昧夫婦随伴”の菅政権は、
アメリカ国債買い支えの信用余力確保のための増税と不等価交換の貢君貿易のためのアメリカ救済TPPの推進、
という日本を再起不能へと叩き落すす真逆の政策を行おうとしています。

そんなクズ政権をいつまでものさばらせることは、断じて許すことができません。
このままクズの自己満足政権を許し、かけがえのない国、日本を沈没させてしまったら、
アメリカとの戦争に負け、何もかもなくした焼け跡の中から
今日の日本の繁栄を築き上げてきた父祖の世代に申し訳ありません。

今は雌伏している”心ある政治家”にこそ、
日本のはまった経済トリックを打ち破る政策を掲げて、カン売国政権を打倒し、
”働けど働けどどんどん貧しくなっていく日本”からの脱却=”日本奪還”を担ってもらいたいし、
そうした政治家を応援したいと思います。
でも 事の真偽を全く見定められずに
嘘デマ扇動を見抜けずに“幸せな家畜”なままに“無自覚な下僕”として
今日も嘘デマ扇動の拡散に協力するリンクやコピペを繰り返す人達は
だから 虐殺の加担者でしかない と俺は言い続けてきたんだけどね。


ネットゲリラ: 菅直人は外患誘致罪で死刑 日本の林業はTPPのように関税ゼロにされてズタズタになった 民主・篠原農水副大臣 [11/01/25]
ところで、外患誘致罪というのがありまして、
外国と通謀して日本国に対して武力を行使させることを内容とする(81条)。
法定刑は死刑のみ(絶対的法定刑)であり、現行刑法上最も重い罪とされている。
未遂罪も処罰されるため(第87条)、死亡者が発生しなくても死刑となる。
(但し、法定減軽・酌量減軽は可能)
というものなんだが、
自分の保身のために鬼畜米英に魂を売った菅直人は明らかにコレに該当するので、
とっとと死刑にしちゃって下さい。
おいこら、検察! たまにはちゃんと仕事しろ・・って、検察も共犯ですかそうですかw

ネットゲリラ: 増税したら税収が減ったござるの巻  与謝野「だから言ったろ?格下げは”増税しなさい”というメッセージだから増税しなきゃ」
役人というのは「カネを使うのがショーバイ」で、
旧態依然な政治家というのも「予算を分捕るのがショーバイ」なので、
その役人と政治家が組んでも、絶対に税金は安くなりませんね。

この期に及んでもまだ、
「そろそろ年度末だから残ったカネ、早く使わなきゃ」とかやってるわけです。
もちろん、自分たちの給料を減らす気なんざ、毛頭ありませんね。

なので、財政健全化しようというんだったら、
まずは「公務員は全員縛り首」にしなきゃダメだと、おいらそう言ってるわけです。

16 : 金ちゃん(東京都):2011/01/28(金) 09:46:31.69 ID:o0Xn2ReP0
中高生が教科書に載ってるのと違う(好況に増税 不況に減税)と言い出したら
学校の先生はどう対応するんだろう

17 : とびっこ(チベット自治区):2011/01/28(金) 09:46:37.82 ID:GyNC8hEr0
与謝野さんは政界きっての政策通だよ(財務官僚談)

28 : あかりちゃん(大分県):2011/01/28(金) 09:51:00.41 ID:awm30D060
増税不況くるで

35 : 大魔王ジョロキア(dion軍):2011/01/28(金) 09:52:20.34 ID:nuOhg4gj0
一時的にでも消費税やめてみたら?
みんなが家やら自動車やら買いまくって、ものすごい好景気来ると思うでw

38 : ミドリちゃん(東京都):2011/01/28(金) 09:55:07.75 ID:OKJJ1rA30
馬鹿じゃねえの?
外国の経済評論家は不景気で増税するなんてキチガイじみてるって言う奴ばっかじゃねえか

50 : マー坊(島根県):2011/01/28(金) 10:03:07.86 ID:WxDQ8m1W0
なんで率先して景気悪くしようとするの?
意味不明なんだけど

51 : おおもりススム(宮崎県):2011/01/28(金) 10:03:55.90 ID:mMfsJccD0
増税したら景気よくなるんですかぁ?


77 : とれねこ(長屋):2011/01/28(金) 10:18:51.55 ID:0sPHUuph0
増税するなら相続税と高所得者の所得税を上げろよ
消費税上げたら景気悪くなって国民所得がもっと落ち込むぞ

67 : マー坊(島根県):2011/01/28(金) 10:08:13.69 ID:WxDQ8m1W0
増税ならさすがに解散総選挙になるだろう
みんなの党がんばってくれ・・
経済政策でまともなのこの党しかいないからな・・・

71 : うまえもん(神奈川県):2011/01/28(金) 10:09:52.46 ID:jNgeRGf30
>>67
みんなの党は口ばっかだからw
最初は期待してたけどさ
いつのまにか評論家だもんw

93 : 俺痴漢です(新潟県):2011/01/28(金) 10:31:27.89 ID:TM86U8+v0
>>67
みんなの党の経済政策で恩恵が受けられるのは
金融・外資・大企業だけど、島根にはこういった企業があるの?
皆の党は菅やコイズミ以上の 極悪非道の売国奴のみ集まる政党なのにね。


 黒船TPPと平成の仙獄 〜粛清に中間派も反発〜 : 田中龍作ジャーナル


http://d.hatena.ne.jp/Tony_Shikaku/20110128/1296183813
これらはメディア側だけではなく、
東京都による青少年健全育成条例
今回の国会で審議されるコンピューター監視法案などを見ても分かるように、
既得権益側は 相変わらず自分たちに都合の良い社会の構築に向けて意気軒昂である。

こうした旧勢力は現在も権力側にいるので市民側からその綻びは見辛いのだけれど、
旧勢力は あまりに現在の世界の潮流に逆らっているので
やがては淘汰されることになるだろう。

この旧勢力とは何かといえば、
それは官僚と財界と米国の新自由主義勢力のことであり、
それらの下僕となり嘘や捏造報道を繰り返すマスメディア連合のことである。

端的に言うと、こうした勢力が動脈硬直を起こしているのが今の日本の現状な訳だ。
そして彼らが今もまだ司令室を占拠しているので日本は迷走している。

こうなった原因というものはある程度ハッキリとしている。

日本の成長を抑えてきた権力というものが存在するということだ。
それが先ほどの旧勢力であり、
官僚、財界、米国の新自由保守主義勢力、
彼らのケツを舐めるマスゴミらが代表する既得権益側のことである。

2009年に民主党が自民党を打ち破って政権交代を果たしたのは、
こうした旧勢力の代表の一つであった自民党という老醜を排除したことにしか過ぎず、
その他の旧勢力はまだ温存されたままなのである。

民主党はそれらを排除するべきであり、
2009年のマニュフェストが実行されれば旧勢力側の利権をかなり掃除できるはずだった。

しかし結果は 2009年のマニュフェストの完全破棄をした菅政権の迷走を見るまでもなく分かることで、
旧勢力は息を吹き返し一気に反撃に出ている。

残念なことに せっかく政権交代というリスクをとったのに
有権者が享受出来た果実はあまりに小さい。

しかし、一旦世界から日本をみると、
現状の国家衰退は何の手立てもないままでは更に悪化を招き、
菅政権や自民党に代表されるような旧勢力の権化の連中では
もはや手のうちようがないことも分かるだろう。


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/724.html
01. 2011年1月28日 11:26:09: pHmncTqVSs
既存の新聞やTVではもうまともな情報は入ってこないと考えるしかない。
しかし、これをまだ80%の国民が信じて後生大事に奉っているのだから
この国の国民も変わらないのかな。
だから 何度でも俺は 先に言い続けてきた事を繰り返す。

社会の圧倒的大多数を構成する は 馬鹿で豚にすぎない民衆である という現実は
古今東西を問わずの人間社会の逃れられない宿命である。

一般民衆は変わらない 一般民衆は変われない、
豚は学ばない 豚は学べない 豚は学ぶ意味すら自覚できない。
日本人が変われる という宗教の如き願望を 俺は決して持たない。
だからこそ
その一歩だけ上に立つ者達が覚悟を持って導いていかなければならない責務を有する、
たった それだけの話だ。

「大和民族系日本人の共同体」の「ネットの日本語圏の下士官層」は
既にして その一歩だけ上に立つ者達 でもある以上
覚悟を持って導いていかなければならない責務を果たさなければならない。

手法は簡単だ、
虐殺への加担をしない為にも
屠殺虐殺をしようと嘘デマ扇動を繰り返し続ける連中の情報を 自分の所で見抜き
そして嘘デマ扇動は遮断をして その敵の目論みを暴き 下の者達へ伝える、
それだけの事だ。



03. 2011年1月28日 11:35:20: l2wLeeJmIs
あの会見を見ていて思ったんだけれど、
芸人のお笑いよりよっぽど面白かった。
まだまだディベートや政策案の達者な若者がいるだろうから、
数年後に、討論だけでも小沢氏をやり込めるぐらいの人物が出てきたときに
小沢さんもニコニコ顔で安心して、ゆっくり引退できるんじゃない?

それが、われわれにできるプレゼントのような気がする。


05. 2011年1月28日 11:56:53: jHdIeDbW7A
ホントにいい会見でした。
さっき共同ニュースで、禿田エロエロしゃぶしゃぶ宮内庁長官が、
とんでも発言したことをいかにも小沢氏が悪いように知らせていました。
あんたたち、そんなことばっかやってるから嫌われるんだよ。
税金泥棒同士の会見って意味あるかな?誰が信じるかってんだ。
よ〜く考えな!

08. 2011年1月28日 12:32:32: pnUESyN77o
小沢氏の記者会見模様は実にすがすがしい気持ちで見ることができるし、
正味50分の番組がアットいう間に過ぎていく。
米国・総理大臣に配慮しつつ話される姿勢に器の大きさを感じる。


09. 2011年1月28日 17:04:57: Rg4e8kYURI
悪意のある記者クラブより見る価値がある。


10. 2011年1月28日 19:39:36: hn0p6XO3q6
権力批判はジャーナリストの役目だが、今の批判は幼稚すぎ。
自民党時代はの最大派閥の政治家に食い込めば先の展開が読めたが、
民主党になってから そのやり方が通用しなくなった。

けれど批判しなくてはならないから意味不明な「政治とカネ」で批判する。

小沢氏ほど"ジャーナリスト"に対して公平に接してきた政治家は逆にいないと思うのだが、
テレビ、新聞の報道を見ると特定のメディアを贔屓しているように映るから不思議だ。
どうやら日本では記者クラブ以外はジャーナリストとして扱われないらしい。

1年前まで記者クラブの存在さえ知らなかったが、その異常性はよく理解できた。


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/663.html
ついに「日本自由報道記者クラブ協会」を旗揚げ 2011年1月27日、小沢一郎氏をゲストに招き初の記者会見を主催(上杉隆)
http://diamond.jp/articles/-/10911

■ 記者クラブメディアの記者も拒まず 運営上、当初は優先順位を

「自由報道協会」は、記者クラブメディアの記者といえどもその参加を妨げるつもりは一切ない。
誰もが個人の資格で参加し、それぞれの価値観でもって報道し、それを国民に届ければいい
という認識のもとオープンにする予定だ。
ただ、運営上、当初は優先順位をつけざるを得ない。

 そう、つまり、所詮この会は、「場」を提供するだけの役割に過ぎないのである。

相互主義の立場を無視して無料であるはずの公的情報を独占してきた新聞・テレビは
いまや判断を迫られている。選択肢は二つに一つだ。

ともに手を取り合って、自由で健全な言論空間を作るのか、
あるいは、
これまでと同じように未来のないガラパゴスに閉じこもってつまらぬ既得権を守り、死を待つだけなのか。


 答えは明白だ。早く一緒に仕事をしようではないか。


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/712.html
フリー記者らが「自由報道協会」を設立 (田中龍作ジャーナル)
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/182778133.html

 小沢氏は一度息を吸い、吐き出すように答えた――
「会見する意味がない。こちらがいくら説明しても分かってくれない。FCCJ(日本海外特派員協会)ではお互いに意見が違っても『あなたはそう考えるのか』と理解してくれる。ところが(日本の記者クラブメディアは)片言隻句を捉えて悪く書きたてるだけ」。

 この日の記者会見は、ビデオニュース・ドットコム、ニコニコ動画はじめ数々のフリーランスがライブでネット中継した。編集は一切なし。ありのままの「小沢一郎」を伝えたのである。
 
 小沢氏には悪役でいてもらわねば不都合な記者クラブが、フリーのネット中継を排除するわけがここにある。


「自由報道協会」は記者クラブのような排他的なスタンスはとらない。
27日の記者会見では大手メディアの「小沢番記者」達が会場の外で待った。

「自由報道協会」の受付スタッフは大手メディアの記者に次のように説明した。
「記者会見のオープン化に向けて前向きな姿勢であることを示し、名刺を置いてお入り下さい。
 出席者の名前はウェブ上で公開することになっています」。

結局、記者クラブメディアからの出席者は一人としてなかった。
彼らは公の場であるのにもかかわらず、顔や名前をさらすことを極端に嫌がる。
何事も密室で決めるのがお好きなようだ。


04. 2011年1月28日 13:41:45: a6bulh7TYk
日経新聞はまたもや誤報
「大手メディア締め出し」は嘘であることが判明。

http://twitter.com/bronks4215/status/30973713235054592
大手マスメディアは事実歪曲して「締め出し」とかやっていましたねw
( #wasahi live at http://ustre.am/dQM4)

05. 2011年1月28日 14:34:13: ObJAkHAXmk
亀井国民新党代表が、記者クラブ会見で君達ももっと自信を持って、自分たちの取材したありのままを報道、記事を書きなさいよ、デスクにふたをされても、地方に飛ばされても、自分の記事に誇りを持って仕事しなきゃ、まだ若いんだろ可哀想にと、記者達を叱咤激励してた、新聞が国を変えることもあるんだ、と記者達に今のままでいいのかと投げかけていた。
でも下僕達は 常に斜め上を行きますねwwwww
個人とされるニュースサイトの大半などなどと同様にね

 ↓
ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その6〜: 田中龍作ジャーナル

総務省記者クラブが21日、
フリーランスのネット中継を実力で排除しようとした。
“事件”は筆者が席を外している間に起きた。


記者会見室から危うく追い出されそうになったのは
「フリージャーナリスト・岩上安身事務所」のUST中継スタッフ2人
(男性Hさん、女性Nさん、2人とも二十歳そこそこである)。

記者会見に出席していたフリーランスの寺澤有記者、Hさん、Nさんらの証言で事件を再現する



  
 田中が席を外すと1分もしないうちに幹事社(共同通信、テレビ朝日)が
 Hさん、Nさんのもとにやって来た。
 HさんはUST中継のセッティンッグをしていた。

 幹事社「誰ですか?」

 Hさん「岩上事務所のスタッフです」
 
 幹事社「身分証明書を見せて下さい」

 Hさんは総務省の記者会見に毎回のように出席しUST中継をしている。
 にもかかわらず幹事社はHさんとNさんにに「きょうは出て行って下さい」と命令口調で告げた。

 Hさんから電話で事態を知らされた岩上氏が総務省に駆けつけた。
 岩上氏は記者会見に登録していることや
 2人が自分の事務所のスタッフであることを説明した。

 すると幹事社は「映像はどこに流すんだ?」と聞いた。
 UST中継をしているのだからインターネットと決まっているではないか。
 何たるアナクロだろうか。
 テレビ局に流れる映像でなければ映像でないと思い込んでいるのだろう。



 税金で賄われるスペースを占有し、しかも撮影禁止とはおかしな話だ。
 ご法度もお構いなしに我々は撮影した。
 (21日、総務省記者クラブ。)


 筆者は民主党の「統一地選挙選対本部」発足(弊ジャーナル前項)を取材するため席を外していた。
 看板掛けさえ終われば すぐに総務省に戻ることにしていた。

 記者会見室を後にする時、心配になったのでNさんに
 「俺、ちょっと抜けるけど、記者クラブの連中が変なこと言ってきたら、
  寺澤(有)さんと小川(裕夫)さんがいるからね」
 と言って安心させたつもりだった。
 寺澤氏には「何かあったら俺の携帯に電話して下さい」と言い置いた。

 記者クラブの幹事社はうるさがたの田中と岩上氏がいない隙に、
 HさんとNさんに言いがかりをつけ脅したのである。



『岩上事務所のスタッフが記者クラブから排除されそうになっている』。
民主党本部にいた筆者は寺澤氏のツイートで“事件”を知った。
弱い者をいじめる記者クラブに対する怒りで我が身が焦げそうになった。



 筆者が総務省に着くと岩上氏がすでに駆けつけており、
 記者クラブ幹事社に対して猛烈な抗議を展開していた。

 岩上氏の剣幕に圧された幹事社は
 「トライアルの最中に断りなく中継が行われた」
 「2人が誰だか知らなかった」
 などと世間では通用しない言い訳に終始した。


 インターネットの動画中継はテレビ局が目の仇にする。
 テレビ局より先に流し、しかも全部伝える。脅威なのである。
 記者クラブがフリーランスによるネットの動画中継を認めない理由がここにある。
 岩上事務所のスタッフに退出を迫った幹事社のうち
 その1社が「テレビ朝日」だったことは象徴的だ。

立場上の弱者 女子供の単独状況を攻撃する、
あれ? 似たような光景を一年ほど前に見たなぁwww
そういえば あの話も 個人とされるニュースサイト群などなどは 完全に黙殺しきったけどねwww
どの面を下げて マスコミ批判とか言ってるつもりなんだろうねwww
自分が「無自覚な下僕」にすぎないとも自覚できない重度のパラノイアは 滑稽を飛び越えて哀れだよね。


岩上
「記者クラブは記者による任意団体なのですか、それとも報道各社によるカルテルなのですか?」
…という問いがつきつけられたときの、幹事社の対応が非常に興味深かったです。
「図星をつかれた!」と言わんばかりの、彼ら自身の「素」の反応が見えたところに、
映像中継の真価があったと感じました。

岩上
「記者クラブのオープン化に反対しているのは誰か?会社として反対しているのはどこの社か?
 これは報道対象じゃないんですか?」
…という問いへの対応を、今後記者クラブは迫られることになりました。
過去の常識にとらわれない誠実な対応ができないようであれば、
「大マスコミ」といえども社会からの退場を余儀なくされることを、歴史は証明していると思います。

Posted by jo_30 at 2011年01月22日 21:48

2011年01月25日 ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その7〜: 田中龍作ジャーナル
ここで またしても女子供を狙い撃ちする、美しい光景ですなぁwwwwwwwwwwwwwwwwww

 総務省記者クラブがまたもや「岩上安身事務所・IWJ」のネット中継スタッフに「動画撮影はするな」と告げてきた。25日朝の出来事である。

 記者会見室の入り口で苦しそうに話す女性の声が聞こえてきた。女性はIWJのNさんだった。Nさんは記者クラブ幹事社から「活動実績はあるか?」などと詰問されているのだった。学生アルバイトのNさんに活動実績を求めるという発想自体が常識を欠いている。
要は何がしか規制する理由をつけたいのである。

 「撮影した動画なら提示できますけど」とNさん。幹事社は「動画じゃねえ?」と首をかしげて見せた。

 会見室の中にいた筆者は事に気付き、入り口まですっ飛んで行った。するとNさんに対する幹事社の口調が変わった。「フリーの動画中継は認められていないんで。今、話し合ってきますから・・・へへへ」。彼は作り笑いを浮かべてその場を去った。

 幹事社がIWJの中継スタッフに言いがかりをつけてきたのは21日に続き2度目である。前回、岩上氏が幹事社に猛抗議し静かになったはずだった。だが25日は氏が法務省記者会見で不在だったため、またしても隙を突かれたのである。


カルトの本質「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」する日本は
その下僕達(自覚の有無を問わず)が女子供を狙い撃ちにして攻撃するのが日常茶飯事なんだけど
さて 個人とされるニュースサイト群は
前もそうだったけど 何故に こういう話を拡散させようとしないんだろうねwwww


<陸山会事件>秘書の証人採用求める…石川議員弁護側
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/698.html
石川議員の女性秘書の証人採用を求める意見書を公判前整理手続きの中で提出した。

意見書で弁護側は
「女性秘書は食事を与えられず約10時間も取り調べを受けた」とし、
これを伝え聞いた石川議員が検察側に妥協して、容疑を認める供述調書に署名することを余儀なくされた
と主張している。

意見書は
▽昨年1月26日、検事は女性秘書に容疑者として取り調べる目的を告げずに呼び出し
 「逮捕できる」などと威圧的な言葉を投げた
▽子供が通う保育園や石川議員の事務所への連絡を女性秘書が懇願したのに禁止された
−−などとしている。
この事は当時 散々にtwitterなどで相当に速報性ある情報が大きく拡散し続けた、
勿論の個人とされるニュースサイト群には拡散しなかった不可思議さが有るけどね。
その事を実名記事にした週刊朝日の編集長へさえ更に検閲を仕掛けようともしていた。


 これに対し検察側は「石川議員の起訴内容に直接関係ない」とする意見書を提出した。  
どう考えても この拉致監禁脅迫などなどが
カルト集団の下僕達の集団の素性そのものであることは
その仲間でもある記者クラブの者達も同じように繰り返している事からしても
事件の本質に当たる部分なのにね。

だから言うんだよ、そういう嘘デマ扇動を安直に信じてリンクやコピペをする人は
自らの親族も歓んで虐殺をもするだろう、 ってね。

02. 2011年1月28日 05:46:06: ujv1HAYiN6
> これに対し検察側は「石川議員の起訴内容に直接関係ない」とする意見書を提出した。
これは弁護側からすれば「自白の強要があった」という事を裏付けるための証人でしょう。
検察側はまた、なにを「寝ぼけた」事を言っているのでしょうか。


06. 2011年1月28日 07:20:18: mGbbAw9IDE
石川議員は、
"容疑を認める供述調書に署名することを余儀なくされたと主張"
しているわけだから、検察の主張は意味不明である。

だいたい子供が通う保育園への連絡まで禁止する権限が検察にあるのか、
まるで極悪非道のヤクザのやり口であろう。


07. 2011年1月28日 07:56:23: l4uTgh5xOQ
あれから、一年、漸く、国家暴力の根底を揺さぶることができそうですね。


25. 2011年1月29日 02:47:49: SOrFV1bxHg
これが証人採用されなかったら、民野を「逮捕・監禁罪」で刑事告発ですね。
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/577.html
民野健治検事、女性秘書「恫喝」10時間・反戦な家づくり
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-821.html

1月26日(火)の昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と名乗る男から電話があった。女性秘書に検察庁に来てほしいという。
女性秘書が「今日も押収品の返却ですか?」と確認すると、タミノは「そうです、あと、ちょっと確認したいことがあるので」と返した。
よく聞き取れなかったので、もう一度確認すると、「返却です」と答えた。
女性秘書は、1月15日の石川逮捕以来2度(22日、25日)検察庁から呼び出しを受け「押収品」の返却に応じている。
今回も同様の案件だと信じた女性秘書は、ランチバッグ一つで検察庁に向かった。
霞が関から議員会館のある永田町からは一駅である。前日と同じように、コートも着ずに薄着で出かけた。ランチバッグの中には千円札と小銭、ティッシュとハンカチ、携帯電話だけである。
検察庁に着くと前回までとは違う部屋に案内される。
するとそこには民野健治という検事が待っており、いきなりこういい始めたのだ。
「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。それから〜」
事情を把握できずパニックになった女性秘書が、ほかの秘書か弁護士に連絡したい旨を告げると、民野健治はそれを無視して、逆に、携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフにさせたのだ。
それが昼の1時45分。だまし討ちの「監禁」はこうして始まった。
任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。
よって、被疑者であろうが、参考人であろうが、当事者の同意が必要なのは言うまでもない。
仮に、拒否しても、その場を立ち去っても問題はない。
拒否も国民の当然の権利である。
ところが今回「聴取」というだまし討ち監禁は、そうした意向を問うこともなくスタートしている。
民野検事は、女性秘書に小沢と石川が共謀していたことを認めるよう迫り続けた。だが、彼女がそんなことを知る由もない。
女性秘書は石川が小沢の秘書をやっているときは、別の民主党議員事務所に勤めていたのだ。
しかも、当時は与野党に分かれており、自由党の石川秘書についてはその存在すら知らなかった。
そんな彼女が、小沢事務所の会計事務のことを知るすべはない。
その旨を正確に述べると、検事は次のような言葉を並べるのだった。
「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」
「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」
「何で自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」
こうした言葉をさんざん浴びせられたが、知りようもない事柄を語れるはずもない。
そこで黙っていると民野検事はこう言い放った。
「あんた、何も言わないのは愚の骨頂だよ」
取り調べ室では時刻もわからない。もうずいぶん時間も経過したのだろう。
ふと見るとそれまでブラインドから差し込んでいた外の光が暗くなっている。
3歳と5歳の子供が待っている保育園に迎えに行かなければならない。
夫でも誰でもいいから迎えに行かなければ、幼い子供たちも心配するだろう。
取り調べ可視化 これじゃ無理だ。
女性秘書は検事に対して、繰り返しお迎えの許可だけを懇願する。
一時的でもいい、必ず戻ってくる。せめて電話を入れさせてほしいと哀願し続けたのだ。
そして、母親の子供を思う気持ちが昂ったその時、検事の発した言葉が、先の「何言っちゃってんの?そんなに人生、甘くないでしょ?」という台詞だったのだ。
その言葉を聞いて、母親はパニック状態に陥った。
手が震え出し、自然に涙がこぼれてくる。
ついには呼吸が荒くなり、過呼吸状態に陥った。
飲み物を所望する。ご希望をどうぞ、と言われたので、「お茶をください」と言った。すると民野検事は事務官を呼び、庁内にあるローソンに買いに行かせた。事務官が戻ってきてお茶を出すと同時に検事はこういったのだ。
「120円、払ってください」
一方、昼間に出かけた女性秘書の帰りがあまりに遅いため、石川事務所のスタッフたちもさすがに心配になってきた。
ちょうどそのころ、検察庁から一本の電話が入った。
「○○さん(女性秘書の名前)からの伝言です。
 今日は用事があるので事務所には帰らないとのことです」と、男の声で名前も名乗らず、それだけ言うと一方的に切れたという。
日が暮れて数時間がたつ。
子供の迎えの時刻が迫ってからは「せめて主人に電話をさせてほしい」「ダメだ」というやり取りの繰り返しになる。
あの小沢一郎の事情聴取ですら、準備に準備を重ねて弁護士を連れ、自らのホテルの部屋という条件で行われたのだ。しかも4時間半である。
一方、女性秘書の「監禁」時間はすでにこの時点で5時間を超えている。
だんだん思考能力も低下してきた、と、のちに弁護士にも語っている
この母親が何百回、同じ「哀願」を繰り返したころだろう。
ようやく検事が「じゃあ、旦那にだけは電話していい」と認めた。
検事の目の前で携帯のスイッチをオンにし、画面に夫の電話番号を表示し、それを見せながら発信ボタンを押した。
子供の迎えだけを頼んだ。
それから次に弁護士への通話をお願いし、しばらくして同じように許可された。
弁護士が健治と「聴取」の中断を交渉し、午後10時45分、事務所を出てから約10時間ぶりに女性秘書は「監禁」から開放されたのだった。
結局、「押収品」は一つも返してもらえなかった。
つまり、東京地検特捜部は、最初からこの若い母親をだまして「監禁」することが目的だったのだ

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/692.html
議員潰し狙いで2児の前から不当逮捕勾留されたシングルマザーの勇気の実名告発5ページ


18. DoDoSukoDon 2011年1月28日 15:29:00: Lib.dDHy0ZWvU : kKQfMfRoQE
ついに隠れていた悪者。

陸山会事件:大久保被告の訴因変更許可−−東京地裁(登石郁朗裁判長)
迂回献金の政治団体はダミーではなく実態があった
と検察側の証人が証言したら、
すぐに検察が訴因変更し大久保被告逮捕を許した裁判官は
またしても大久保被告の裁判を担当する。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108k0000m040074000c.html?inb=yt
陸山会事件:登石郁朗裁判長は初公判を2月7日に指定

これは歴史に残る最悪の判決を出すかも。

登石郁郎裁判長さん、どういう理屈なのか是非に教えてください。|臥志功のブログ


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/625.html
冤罪であることが明白でも指定弁護士は小沢一郎を強制起訴できるのか (郷原信郎/THE JOURNAL)
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/post_726.html

東京地検が検察審査会の1回目の議決に基づいて石川議員への再聴取を行った際、
石川議員がICレコーダーを持ち込んで録音していたことがわかりました。
その5時間に渡るボイスレコーダーが、石川氏の公判で証拠として提出されると報じられています。
東京地検特捜部の検察官から脅迫恫喝されていた と言われ続けた証拠が出てきちゃったんだけど
この話が出てきた途端に
小沢西松陸残会事件へのマスコミ新聞テレビ大手メディアの攻勢は弱まったよねwwwww


■石川議員への取り調べは限度を超えたものだった

ところが新聞報道によると、詳細な中身はまだ明らかになっていませんが、これまで石川氏が小沢氏の関与を認めるような供述をしていたことについて、検察官が「これを維持しろ」「これをひっくり返したら検察審査会に対して影響がある」というようなことを言って、捜査段階の供述を維持するよう迫ったと報じられています。起訴後の取り調べからして問題ですが、これが事実だとすると大変な問題です。

まず、元々の供述に問題がないのであれば、なぜ、起訴後にもう一度呼び出して供述をひっくり返さないように言わなければならないのか。これを常識で考えれば、最初の供述は捜査段階の供述に問題があって、(裁判で)ひっくり返されるかもしれないから供述を維持するよう言ったのではないかと疑われます。ということは、石川氏の公判では捜査段階での供述調書の信用性にも大きな影響を与えます。それはひいては、小沢氏への公判にも影響を与えることになります。

■追い詰められた指定弁護士

そう考えると、なぜ(小沢氏の事件で検事の役割をする)指定弁護士がいつまでたっても小沢氏を起訴しないのかにも関わってきます。

検察審査会の起訴議決のデタラメについては前から言っている通りです。こんなものは起訴しても有罪にはなりません。それでも検察審査会の議決に基づいて裁判所が指定弁護士を選んだ以上は、指定弁護士はすみやかに起訴すればいいわけです。それがなぜ、いつまでたっても起訴しないのか。一部には政治的な意図があり、起訴のタイミングを政治的に一番影響の大きい時にぶつけようとしているという観測もありましたが、いまだに起訴されていない。その効果を狙うのであればもっと前に起訴されてるはずです。

だとすると、問題はそういうことではなく、どうも「起訴しようにも起訴できない」という状況にあるのではとも思えなくもありません。それはなぜか。そもそも証拠は石川氏の供述くらいしかありません。それが検審議決後の石川氏への調べでこういう不当なことが行われたことがわかった。これで証拠が何もなくなってしまった。「証拠もないのに起訴できるのか」と考え、悩みに悩んでいるのかもしれません。かわいそうな話ですね。「指定弁護士なんてやめときゃよかった」と思ってるんじゃないでしょうか(会場笑)

■冤罪事件でも検審の議決で起訴できるのか?

そもそも、議決が出ているのだから、捜査などしないでそのまま起訴すればいい。もし補充捜査をしているのなら、捜査というのは証拠を集めることです。証拠には積極証拠と消極証拠があります。時間をかけて捜査をすればするほど、積極的な証拠が出てくる場合もあれば、消極的な証拠も出てきます。今回の石川氏のICレコーダーは、小沢氏の裁判にさらに消極方向に働く証拠です。

これは重要なことですが、検審の議決後に、たとえば真犯人が現れて全く冤罪とわかった場合のように、無罪と判断せざるをえないような状況になったときに「指定弁護士はどうすればいいのか」という問題が生じるかもしれません。

嘘デマ扇動を散々に繰り返し続けた連中を 安直にリンクやコピペし続けた個人とされるニュースサイトの皆様は
自らが工作員ではないと証明する為に何かをすべきだとは思いますが、
この歴史的な嘘デマ扇動の嵐の中で繰り広げられたの大誤報を
まさか マスコミ新聞テレビ大手メディアと同じように しらばっくれるのでしょうか?w
どの面を下げてマスコミ批判とかできるんだろうねwwwwwww

それとも何か? 特攻は美しい と?w
そういう大本営発表に追随し続けるが美しい と?w
ま 重度のパラノイアに その精神障害を認めさせるなんて事は不可能だけどさw


01. 2011年1月26日 23:20:02: y3yh7PuzGE
マスコミは石川氏のボイスレコーダー暴露の話を持ち出されるのが嫌で仕方がないらしいよ。


02. 2011年1月26日 23:21:14: Q989F1ZMa6
指定弁護士も辛いネ
「進むも地獄、退くのも地獄」ということか。
仙石に粛清(吊る)されくことの無いように祈る。


03. 2011年1月26日 23:33:50: J6wmjLVKsE
>>02さん
優しいですね。(苦笑)
意地汚く引き受けたのが運の尽きってね。
どうなったって自業自得ってもんでしょ。賎獄のお仲間だし。
粛正は赤の常ですよ。


04. 2011年1月27日 00:12:06: FMdMRKf5Fw
「指定弁護士」と云っても、弁護士ではなくて、検事役を務めるということです。
その検事役の任務は、検察審査会の決議の通りに、起訴手続きをすることであるはず。

この検事役が、これでは公判を維持出来ないとか、証拠を新たに探すなどは越権ではないのか?
元の検察の「不起訴」判断の当否を裁判所に判断させるだけ。
裁判所も、検察審査会決議の根拠となった証拠だけで判断すべきこと。
何をぐずぐずしているのか理解出来ない。
時間をかけていることが、何かを意図していることであり、
検察審査会判断を何れにせよねじ曲げようとしているということで、職務違反ではないのか?
今回の話は 単なるテロにすぎないんだけど。
特攻は美しい とか言いだすテロリストへ 人の言葉が通じるとも思えないけどねw



http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/662.html
週刊誌 が雪崩れを打って 小沢氏の真実 を報道し始めた!  (別冊 世に噛む日日)
http://hataeiji11.seesaa.net/article/182555772.html



http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/635.html
写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)には「小沢殺しは米国の謀略だった」(杉並からの情報発信です)
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/933983211fcd468b49654824eae8df37




で 国会の方は もう学級会というよりも“菅直人という動物が立てこもる”園でしかないw
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/745.html
◎公明がルビコンを渡った、菅窮地(永田町幹竹割り)“とどめを刺した”井上義久幹事長の代表質問 
http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2011-01-28

 通常国会冒頭本会議における最大の注目点は、
自民党総裁・谷垣禎一の質問でも、首相・菅直人の答弁でもない。

公明党がどう出るかだった。

ところが幹事長・井上義久は質問冒頭から菅の政権担当能力に疑問を呈し、
解散・総選挙か内閣総辞職を迫った。
一時は政権に秋波を送っていた同党は、
完全にルビコン川を渡って自民党とともに乾坤一擲の勝負に出た形だ。

これにより予算関連法案の成立は一段と困難となり、
菅政権の三月危機は免れ得ぬ潮流となってきた。


その激しさは、青筋を立てて質問した谷垣の比ではない。
筆者は録画して待っていたが、いきなり井上は
「あなたの政権能力に大きな疑問を持たざるを得ない」と切り出し、
「国民、有権者にマニフェストの契約不履行を心から詫び、改めて国民に信を問うべきだ。
 それができなければ総理の座を潔く辞するべきだ」
と解散か総辞職を要求したのだ。

流行の伊達直人が国民の気持ちを暖かくしたことから菅の政治姿勢に言及
「直人さんあなたの言動は政治の信頼を損ねるという負の連鎖を拡大し、
 国民感情とのずれを増幅させるばかりだ」
と切りつけた。

加えて井上は「政治とカネ」をめぐる民主党内の抗争に始まって、
内政・外交上の問題を羅列、
「あるべき国の姿があなたから示されたことはない」とまさに全面否定の論陣を張った。
最後に「戦う野党として全力で戦う」と締めくくった。


この井上代表質問が意味するものは何かというと、
まず統一地方選挙と、渋々ながら対応し始めた解散・総選挙対策がある。

菅政権が順調な頃は代表・山口那津男も「倒閣を目的とはしない」とのべ、むしろ政権に秋波を送っていた。
ところがマニフェスト見直しや尖閣事件への対応、
与謝野変節漢人事など内政外交上の“失政”が重ねられるにつれて、
支持母体創価学会から、「民主党政権に同調したら選挙は戦えない」という声が強まりをみせ始めたのだ。

加えて昨年の通常国会で子ども手当法案などに賛成して
鳩山政権を助けたことへの批判が創価学会や下部組織に強く、これへの反省もある。
え〜と つい最近に
子供手当てに反発するアルファルファモザイクの記事をリンクする人は
創価の信者だったのですねwwww なるほどねwwww



さらに低迷を続けてきた、自民党支持率が好転、民主党と逆転するに至り、
自民党と組んでも選挙は有利に展開できるとの読みが生じてきた。
学会や下部組織は10年にわたる自公選挙協力になれており、
また党首脳の間には、
民主党政権の惨状を見て「とても組める相手ではない」(党幹部)という認識が生じた。

国対委員長・漆原良夫が
「予算に反対する以上、関連法案にも慎重にならざるを得ない」と発言するに至っていた。


こうした中で
“とどめを刺した”のが井上代表質問であったのだ。
井上発言の意味するものは、
公明党も予算関連法案に反対するという対決路線の鮮明化以外の何物でもない。

おりから菅が秋波を投げかけていた社民党も、
法案参議院否決の場合の衆院における再可決への協力にネガティブな姿勢を取り始めている。

従って重要法案の参院否決が即菅政権への致命的な打撃となり得る状況が出てきたのだ。
子ども手当法案が否決されれば、児童手当が復活して自公の主張が通ることになる。

また赤字国債発行のための特例公債法案が否決されれば
一般会計歳出の4割がまかなえなくなるという事態に突入しかねない。
世論の反発は必であり、自公の対決姿勢は両刃の剣だ。

何らかの打開策を模索する動きも出てこよう。
公明党のことだから世論の反発でぐらつく可能性もある。
しかし、井上発言は明らかに現段階では「政局やむなし」と腹をくくったと見るべきであろう。

01. 2011年1月28日 16:24:09: suTTFOUbRQ
民主党支持者でも溜飲が下がる。

02. 2011年1月28日 16:58:15: zaBXx7BujA
けれども、おのおの方 油断なされるな?
公明党だよ。創価だよ。

06. 2011年1月28日 20:42:30: J08kiA36ns
>02
それは良く分かっているんだがなー。
コーメー・ソーカは反吐が出るくらい嫌いだが。
それでもカンよりはマシかと思わせてしまうくらいにカンの最低さは偉大。

07. 2011年1月28日 20:45:00: lqXi3sAl7U
>「国民、有権者にマニフェストの契約不履行を心から詫び、改めて国民に信を問うべきだ。
  それができなければ総理の座を潔く辞するべきだ」
これは正論だが、だからといって、公明党は支持しない。
敵ながら天晴だが、我々国民が長年の自公政権の悪政を忘れる筈はない。
自分達の反省点もどこかで機会あれば述べるべきである。
そうしたら少しは評価が上がるかもね。

少なくとも5年間は自民・公明には政権に返り咲いてもらいたくはない、
というのが国民の正直な反応であろう。
今回のような正論で、国会という国民からよく見える場で、堂々と腐れ変節管内閣を罵倒するのはいい事だ。
変に仲良くしてもらいたくはない。
アホ管ウィルスで国会全体が腐れるのが一番の悲劇である。


10. 2011年1月28日 22:47:14: ILiTPGkN7Y
公明党が常に与党にくっつこうとする理由は、「宗教法人への課税」を防止するためです。

04. 2011年1月28日 17:01:11: fUn2geuEw2
副島隆彦氏の(現時点での)予測だと、アメリカはあまりにも無能な菅・民主党政権に見切りをつけて、石破茂氏を首班とした自民党政権に戻す事を画策するかも知れない、と考えているようです。
「副島隆彦の学問道場」より、「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」の「[165]我らが小沢一郎を「強制起訴しろ」 と決議した検察審査会なる謀略のための国家犯罪組織を調査している人のブログを紹介します。 」より該当部分を転載します。
http://www.snsi.jp/

(転載貼り付け開始)

ところが、アメリカは、次の 日本の首相を、 前原誠司(まえはらせいじ)という、脳の中心からアメリカの支配層にやられている、愚劣な男に取り替える 計画を決定したようです。 3月に なんとか、国家予算という 自分たち官僚が使うためのお金(かね)である予算の国会決議を仕上げて、そのあと、菅や仙谷や枝野たちを、お払い箱にする気でしょう。 私たちの国民運動は、 すでに、目つきがおかしくなって、グルグルしている、菅や仙谷のような、すでに、国民から深く軽蔑されている者たちの 引き摺り下ろし運動になど、使われてはならないと思います。 それよりは、「その次」を見定めて、たたくべきです。 

そうすると、アメリカは、「どうも日本に民主党をうまくあやつれない」ということで、「それでは、予算さえ通せば、あとは、衆議院議院を解散して、小沢派を 選挙で大量に落として、それで、自民党に政権を戻して、石波茂I(いしばしげる)にやらせよう」という、泥縄(どろなわ)の 日本管理 の策略を続ける計画となるでしょう。 私たちは、この、アメリカの 計略を こそ冷静に見抜くべきです。

(転載貼り付け終了)

自民党や公明党が、現時点でどの程度の情報を持っているのか気になるところです。
此処でいうアメリカからの情報 というのは 間違いなく国家情報長官の方面なのは間違いないので
当然にツーカーと考えるしか無いですねwwww


http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/717.html
「もはや、“官”首相だ」。東京拘置所から佐藤優氏のもとに届けられた鈴木宗男氏の手紙
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/01/27/2316/



http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/669.html
田中康夫 国会代表質問に立つ

11. 2011年1月28日 13:02:25: ULDMUpIQIo
youtubeから。昨日の田中議員の代表質問
第177回国会 衆議院本会議 代表質問 11/01/27
http://www.youtube.com/watch?v=N1yGD-dx3YQ


04. 2011年1月28日 00:06:47: E72TgsGMSA
田中康夫さん個人的に独特で常に勉強をしていて考え行動している田中康夫議員
こういう議員は柔らかさがあり個性的で国民のことを第一に考えていることが分かります。長野県知事のときは、売名行為かと思っていましたが真があっていいですね。


05. 2011年1月28日 00:19:05: cZy3V4LNR6
話の内容は素晴らしい、予算委員会ではもっと鋭く追及してほしい


07. 2011年1月28日 09:09:24: uKcMn6bXwA
許された質問時間が短いので、他の議員が触れそうなところは、
すべてスキップ。
非常に内容の濃い質問・提案だったと思います。
康夫ちゃんのように真面目に勉強している議員は小沢さんから離れない。
ろくに勉強もせずに、ポストばかり欲しがる輩が逆恨みで離れて、遠くでけなす。
保守党誕生なんかが顕著な例で、今は恒三、ピン、藤井か。
よほど名誉職に就きたかったんだろう。
死ぬまで欲ボケだ。


16. 2011年1月28日 23:15:29: 0hdRHbvQ6o
康夫ちゃんも、もすこし原稿から顔を上げて演説した方がいいね。
しかしまあ、アキカンの棒読みに勝るものはないわ。
恥ずかしい。みっともない。みっともない。


17. 2011年1月29日 01:59:42: 3y6ZFtQuwk
田中康夫氏の国会質問はいつも秀逸だ、
前原に「お子チャマの様な答弁は困ります」と言った時は当を得ているナと笑ったものだ。
作家だけに難解な表現も時折あるが
いつも内容は正論であると思う、

小沢(亀井)内閣が出来たら是非とも内閣報道官の役職を設けて就任して欲しい。
おかしな質問する奴らを煙にまいたり おちょっくったり
又、真面目な質問には その博学をもって明晰な説明をしてもらいたい
とずーっと前から思っています。


12. 2011年1月28日 14:34:53: GJEOL1CHAA
広野議員が参議院の代表質問で、厳しく菅一派、マスコミを批判していた。
与党議員が、本会議で内閣、菅一派を批判するのはまことに痛快であった。
菅はあいも変わらず、答弁書の棒読みに終始。この姿が今のこの国の姿だ。

小澤氏が無罪のとき、
小澤氏を貶めた責任は加担した議員、マスコミはどのようにとるのか、
の質問には全く答えられず。馬鹿まるだし。

森議員といっしょにこの広野議員も応援しよう。
参議院には骨のあるひとがいるが、衆議院はどうしたのか。情けない。
小澤鋭仁議員、原口議員、山岡議員等が会合をもったということだが、何をしようとしているのだろうか。


13. 2011年1月28日 15:58:20: nO0voNkQ72
12さん
私も偶然この広野参議院議員の代表質問を知りの方だけ見ました。
「小沢氏が無罪の時誰が責任をとるのか」「井戸を掘った人を忘れない」という言葉を引用し、
あなたのやっていることは教育上悪いのではないかと締めくくった彼の声を聴いて、
本気でテレビを見ました。
気持ち悪い菅の棒読み答弁を我慢しながら見ていましたが、
とうとうこの質問に全く答えずじまい。

馬鹿野郎とテレビにどなっていました。




http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/674.html
名古屋 愛知 ダブル選 歴史的大惨敗で菅・岡田は頓死する(日刊ゲンダイ)河村人気に打つ手ナシ 
http://gendai.net/articles/view/syakai/128559

26. 2011年1月29日 01:20:41: umGix03Bsg
2/4まで気は抜けない。
「小沢氏強制起訴」なんて事も有り得る。
愛知、名古屋の敗北も小沢氏に責任転嫁を企んでいてもおかしくはない。


04. 2011年1月27日 18:26:19: Sx4BKLXNCo
2月6日までまだ日にちがある。
その間に、何が仕掛けられるか分からない。
疑っても仕方ないが、今の民主は見苦しさを通り越した形振り構わない状態だからな。


05. 2011年1月27日 18:39:19: BIgfJMRMNE
>04さん
まさか名古屋市長選でも「川村たかし」と書かれた投票用紙を大量破棄?
不正の可能性が高かった民主代表選の再現?


07. 2011年1月27日 19:18:38: SG8Oxw7fk6
前回の参院選同様、アメリカ様お得意の”違法選挙”があるからなア…


14. 2011年1月28日 00:39:07: bzaaJoY3zE
>河村人気に打つ手ナシ  
この記事が正確なら嬉しいですが
他の投稿ではそう言う噂を流しているとあります。
そして野中広務が何しに来たのか、名古屋で暗躍。
野中が名古屋へ入った段階で
選挙の裏工作がフル活動している可能性は極めて高い、
しかも告示当日に 朝日系の日刊スポーツの一面トップ下の広告に 文春が猛烈な河村の叩きをする
という状況なので
右も左も そしてあらゆる宗教系カルトが談合している可能性が極めて高い。
何とも言いきれないが まぁ投票そのものは圧勝できる。

が 創価系による選挙管理委員会なので
絶対に間違いなく 既に期日前投票が操作されまくってるでしょうね。


だから僅差負けとなる可能性が高いだろうね。


http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110126_422714.html
著作権法改正で「マジコン」「リッピング」規制へ、文化庁が方針 制作のしおり 様
個人がマジコンを利用する行為は、
ゲームソフトの複製物を使用できるようにする行為であり
著作権侵害に当たらない
とのお墨付きがでましたな。
違法違法と藪をつつきすぎて、反対派が知られたくない法の真実が表に出てきちゃったね。
で リッピングが違法?w くしゃみをしたら逮捕と同じ論理だな。キチガイでしかない。

“リッピング違法化”は著作権法の保護範囲を大きく逸脱、MIAUが反対声明
アクセスコントロールが施された市販のDVDをリッピングソフトで複製する行為も、
私的使用のための複製の範囲外となり、違法とされる見込みだ。
思いっきり「 ハ リ ウ ッ ド 」という紋所が見えますがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
この関係の話が ここまで執拗に出てくることこそが
日本が何処の国の植民地なのか 何処の国が宗主国なのか を決定的に示す話である。
逆に この話が出てきても 植民地支配を受けていない とか 宗主国の意向を感じない とかでは
まだまだ 認識の致命的な甘さを問われる話になる。
断言できる、この話は 宗主国米帝の意向が 間違いなく反映されている。
米ジェームズ・クラッパー国家情報長官の配下の者達の動きを激しく感じる。

しかしMIAUでは、現在問題となっているのは「コンテンツの違法流通であって、ユーザーによるアクセス行為でもなければ、ユーザーの家庭内におけるコピー行為でもない」と指摘。また、「侵害コンテンツの流通防止は、アクセスコントロールではなくアップロードコントロールにてなされるべき」とし、著作権法の公衆送信化権で十分対応できるとしている。また、マジコンについても、不正競争防止法で十分対応できるとしている。

 さらに、「著作権法は、ソフトウェアやコンテンツの保護と利用のバランスを図り、文化の発展に資するために、その管理・流通をコントロールすることを目的とした法律」と説明した上で、「アクセスコントロール技術を著作権法の保護対象にまで拡張することは、この伝統的な保護の範囲を大きく逸脱し、特定のハードウェアやプラットフォームの法律による保護を意味する」と指摘。「ハードウェアやプラットフォームの保護につながる規定は公正な市場競争を阻害する」と批判している。

 このほか、正規に入手したコンテンツであってもプラットフォームに依存することになるため、そのプラットフォームの使用をやめた時など、正規ユーザーであってもコンテンツにアクセスできなくなる点も挙げ、「安易なアクセスコントロール回避規制は国民の正当なコンテンツ利用およびわが国のICT技術の発展を不当に妨げる」として、著作権法にアクセスコントロール回避規制を盛り込むことに反対している。
もう同じ話がVHSの時から執拗に同じように繰り返してきている、
しかも鳩山兄の時代には こういう形では殆ど出されてこなかったよね。
露骨に分かるじゃん、まだ分からないの?










ネットゲリラ: 「目論見書」を「めろんみがき」と読んだやつ
もくろみ とは 読めたけど 「書」が付く言葉は知らなかったw 俺もFランですねw目論見書 - Google 検索
ネットでは「Fラン」という言葉がよく使われるんだが、
もちろんFランクの意味なんだが、
ここで言う「F」というのは、ABCランクのFではなく、
Free、つまり、入試で0点でも自由に入れる、という意味のFだそうです。

ところでおいら、明治大学を中退したあと大東文化大学を卒業しているんだが、
大東文化大学というのは「本を読まない」ヤツばかりで呆れた事がある。

クラスメートの女の子の部屋に遊びに行ったら、
学校の教科書以外、漫画の本すら一冊もなかったw
もちろん、そんなだから新聞も読んでませんね。
そういうオンナが教職取っているんだから、
卒業したら中学の国語のセンセになったりするわけで、恐ろしいですw

まぁ、今はネットの普及でもっと本は読まなくなっているんだろうね。
それも誤字だらけの2ちゃんねるに嵌っていたりすると、
ますますオツムのお程度が下がるというもので、困ったもんだ。
俺は、自分の頭が非常に悪い、と心の底から思っている。
大和民族系日本人の共同体の 馬鹿で豚にすぎない民衆 の その大半は、俺よりも頭が良い
と本当に思っている。
そもそも俺は高卒だしw

俺は単に早熟だっただけ。
ただただ 馬鹿で豚に過ぎない民衆も 幸せな家畜や無自覚な下僕も
頭の使い方を学んでいないだけ 頭を使っていないだけ、
その方向性が分かれば 遅れてきた者達であろうとも、俺なんかは あっという間に追い越される。

だから俺は まず 考えさせる事 とかをしている。
論を一つずつ積み重ねては 別の論とも重ね合わせさせては 興味を持たせる事、
などで説得力を図ろう とも考えている。

豚を豚のままに喰い殺す連中と同じ道を歩まない為に 俺ができる事は何か?
俺は できる事をしていくよ。

俺は 自らの能力で 人の“ほんのちょっと上を歩く”者になっているつもりは 欠片も無い。

「ネットの日本語圏の下士官層」という 其処を歩く意味を問い続ける事で
自らの存在を問い直し続けては まぁ俺なりに それなりに頑張っているだけだ。

50 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 17:35:33 ID:R30NfPPw0
レベルが低下したのは学生の側ではなくて、
そういうレベルの低い人間を経営のために(要は金のために)入学させざるを得ない大学の側。
ま 単に天下り先を増やす為だけの増設されまくってきた という背景があるだけなんだけどねw
レベルが低かろうが入学を認めたからには、教えるのが教員の仕事だ。
基礎知識が無いなら基礎知識を教えろ。
仕事を舐めてるのか怠け教員。


287 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 18:28:02 ID:0LBGgnmX0
こういう大学生をつくったのは上の世代だろ
自分たちの無能を棚に上げて一部を全体であるかのような印象操作する典型的な若者叩きだろうな。
高等教育機関への進学率(男女)
年 大学 短大 高専 専修
1989 24.7 11.7 0.5 16.0
1990 24.6 11.7 0.5 16.9
1991 25.5 12.2 0.5 17.3
1992 26.4 12.4 0.5 17.8
1993 28.0 12.9 0.6 18.2
1994 30.1 13.2 0.6 18.5
1995 32.1 13.1 0.6 18.9
1996 33.4 12.7 0.6 19.4
1997 34.9 12.4 0.6 19.5
1998 36.4 11.8 0.7 19.4
1999 38.2 10.9 0.7 20.0
2000 39.7 9.4 0.7 20.8
2001 39.9 8.6 0.7 20.8
2002 40.5 8.1 0.7 21.7
2003 41.3 7.7 0.8 23.1
2004 42.4 7.5 0.8 23.8
2005 44.2 7.3
2006 45.5 6.8
2007 47.2 6.5
2008 49.1 6.3
2009 50.2 6.0
それでもまだ半分だね

840 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:25:30 ID:RW0qgtvLO
まあ、某電器店のDVDコーナーで
「頭文字D」が「か」の棚にあるご時世だw

857 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:31:59 ID:LCH0JdLB0
カ行を探した後、ア行を探して
なぜかイ行に置いてあるのに憤慨するのが正しいDQN

859 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:33:26 ID:4a5THl690
>>857
イ行って何だよ。
「行」について正しく理解していますか?

897 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:47:25 ID:twtk7ddq0
ず、頭文字D!

323 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 18:35:25 ID:0TZaAu/q0
「やがて〜だろう」を使って文章を作りなさい
回答例
矢が鉄砲に勝てるわけがないだろう

910 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:53:43 ID:T4zXv6ri0
これも実話。
「人類の歴史はどれくらいありますか」。
「2011年目ですか」。
Fランではないよ。

928 :名無しさん@十一周年:2011/01/27(木) 21:59:29 ID:4a5THl690
>>910
始皇帝以前は人間じゃないから。
公孫竜、恵施 、楊朱、鄒衍とか正直理解できない。
それは同意せざるを得ないがw だが誰が其処で大喜利 をしろとwwwww




「精神力」の差: 武藤文雄のサッカー講釈
あまり好きな言葉ではないが、PKで勝てたのは「精神力」の差なのかと思った。

確かに終了直前に同点に追いついたのだから歓喜するのは理解できるが、
あの韓国イレブンの喜び方は、まだ同点なのに常軌を逸していた。

一方で、日本はベンチに下がっていた長谷部の全軍の鼓舞を筆頭に、気持ちは萎えていなかった。
試合前にも講釈を垂れたが、南アフリカでの経験値の差なのではなかろうか。
韓国側の歓喜の姿に 俺は全くの異常性を感じない、アレは普通な姿だ としか思わない。
むしろ画面にも映し出され続けた
日本側の ベンチでの長谷部を軸にした姿などなどこそが あまりにも驚異的だと思った。
韓国が普通であり 日本が異常なまでに素晴らしすぎる、のだと思っている。
その差こそが 俺も言いたくないが「精神力の差」という表現になるのならば俺も完全に同意する。

あの時 あの瞬間 
中田 英寿が居たら 闘莉王が居たら どれだけ悲惨な光景と雰囲気が日本側を覆ったであろうか。
 ふてくされ 周囲に当り散らし 責任者探しに終始し続け 誹謗中傷が飛び交い
 全体の士気を下げまくっていただろう、
であることは 誰もが容易に想定できる話ではなかろうか?w

逆に あの瞬間であろうとも あの現場に立ちながら それでも
 ふてくされず 周囲にも当たらず
 責任者探しをするタイミングではない事を瞬時に判断し
 なればこそ絶対に誹謗中傷を口にせず 全体を鼓舞し続ける
 けれども慰め合うのでもなく
ということができるのは 並大抵の事で可能な事ではない。

韓国側が悪いのではなく アレが普通で
日本側が普通ではなく アレが驚異的なのだ。

日本側の
 士気を高揚させる事だけに溺れる事も無く
 感情が高ぶらせるままに溺れては責任者探しで誹謗中傷を飛び返させる事も無く
 失意の中で耽溺するに溺れて慰めあって士気を落とす事も無く
という異常なまでのバランス感覚こそが ありえないほどに驚異的で賞賛すべき事なのだ。

なるほど と思い出した。
南アフリカ大会パラグアイ戦の敗戦直後に「Jリーグを見に行ってください」という言葉を出すまでの
恐ろしいまでの自己制御の能力を発揮した長谷部という男が
サッカーの技術的にも高いままに中心に居る という人事の凄みを 俺は此処に見るけどね。

宗教右翼的な精神の高揚のみに溺れるのではなく
 なればこそ負の感情の爆発をさせるのでは
一般民衆の慰め合う中に耽溺するのではなく
 なればこそ あの瞬間の現場に立ちながら なお味方を鼓舞し続けられる
そういう「自己制御の能力」を発揮できる自信は 俺は全くに無い。

更に面白いのは 長谷部などなど個人の力を言うのではなく
その周囲も そういう行動に同意している という事。

これこそが 積み重ねてきた力なんだろうね。

ドーハの悲劇の時 あの瞬間に崩れて動かなかった選手達を見て
その後の選手達は
どんな瞬間であろうとも 最後の最後まで諦めない事を学んだ。

ドイツ大会で
自己制御を失った選手が バランス感覚を失ってまで責任論や誹謗中傷を繰り返す選手が
如何に全体の士気を下げるのか という事を学んだ選手達が
アフリカ大会→今回のアジアカップ という形で 中心に居続けているからね。
遠藤の価値は 其処にあるんだろうね。

なおかつ 慰め合う事に耽溺して甘えては士気を下げる事もしない そういう強さも兼ね備えている。

俺も そういうモノを見届けられる が、とても嬉しいと思う


ワールドカップに次ぐタイトルマッチが、そのワールドカップから僅か半年後に行われる異常な日程。我々も先方も非常に難しいチーム作りを要求された。

いや、当方はチーム「作り」などはせずに大会に臨んでいるな。

そうねw 鼻から諦めているよねw →
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1283983980/
2010/09/09(木) 07:13:00 ID:???0
ザッケローニ新監督が、来年1月のアジア杯(7日開幕、カタール)へ向けた事前合宿を12月に計画していることが8日、分かった。日本サッカー協会の原博実技術委員長(51)に提案した。
http://ameblo.jp/357865/entry-10746876670.html
27日の代表集合日にそろうのは、上記の13人を除いたGK西川周作(広島)、DF長友佑都(チェゼーナ)、DF槙野智章(広島)、DF吉田麻也(VVV)、DF酒井高徳(新潟)、MF松井大輔(トム・トムスク)、MF本田圭佑(CSKAモスクワ)、MF香川真司(ドルトムント)、FW前田遼一(磐田)、FW李忠成(広島)の10人になる見通し。これにはアルベルト・ザッケローニ監督も「唯一、残念なのは、カレンダーの影響で、すべての選手が国内合宿から自分の手元にいないこと。チームをつくり上げる大事な時期なので残念」と表情を曇らせた。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110103-00000031-kyodo_sp-spo.html
 昨年12月27日からの国内合宿は、天皇杯全日本選手権や海外リーグの都合で全選手がそろわず、調整に苦慮した。GK川島(リールス)らはカタールで合流する。ザッケローニ監督は「合流できない選手も多く、日程調整が難しかった」と語った。
その中でありながら 腐らずに なお現実を見据え 最善の手を打とうとするは 中々に難しい。
なるほど チームのGMにあたる日本サッカー協会の原博実技術委員長は良い監督を選んだんだな と分かる。

そう言う中で、双方が創意工夫と体力の限りをぶつけあっての3時間に及ぶ死闘。
まあ、これ以上の娯楽を臨むのは贅沢と言うものだろう。
しかも、この娯楽には、
今後代表チームをいかに強化すべきかの方向性の明確化まで含まれていたのだから結構な事だ。


日本の立場から見ると、ザッケローニ氏の采配に2つの分かれ目があったように思う。

1つ目。後半半ばあたり。
前半半ばから後半序盤にかけて、日本のパス回しが韓国を圧倒。同点弾を含めて、次々と好機を作った。
後半20分まで我慢していた趙広来氏はFWを減らして守備要員の洪正好をアンカーに起用し、
5DF気味の守備ラインとして、李榮杓と車ドゥリを両翼の守備に専念させた。
これは見事な采配だった。


韓国側が もっと早く この交代をしていれば、
その瞬間の守りは固められるが、
スタミナを豊富に残す日本はギアチェンジをして別な仕掛けが可能だっただろう。

これより遅ければ、韓国は守り切れなかっただろう。

結果、両サイドからの攻撃が仕掛けづらくなった日本は、
ややガス切れしてきた事もあり、思うようにボールが回らなくなる。

一方、韓国は少々怪しい日本のCBとGKの連携を突き、フィジカルと技巧にすぐれたFWを走らせて形勢挽回してきた。
なるほど、この指摘は見事だと思う。
やはり 専門の視点を持つ人の意見は あまりに鋭い。

 この場面、ザッケローニ氏は動かず、結果後半の終盤は韓国の反攻を許してしまった。常識的には、ここは選手交代すべき場面だった。もっと早く細貝を入れて中盤を活性化させるのも一策だし、サウジ戦ですばらしかった柏木を起用する手段もあったはず。今大会総じて言える事だが、ザッケローニ氏の交代は「遅い」印象が強い。
いやぁ どうだろうw
あの瞬間にザッケローニ監督へ 韓国側の守備への苦慮への対応を即時に行え、
と言うのは あまりに酷だよwwww

あれは 韓国側のベンチの采配が素晴らしく、
其れを上回る驚異的な天才性を発揮できなかったからといって批判をするは
神の如き天才性を持たない者は愚か者 という話になるからね。
しかし、そもそもオプションを試す準備期間など一切なかった今大会。

前田を含めた攻撃ラインの連携がようやく見事に機能したこの試合、
しかも最も難しい敵相手に機能したのだ。

ギリギリまでこのメンバで戦いたかったザッケローニ氏に気持ちもわからないでもない。
また私が上記した細貝、柏木の投入にしても、
連携を高めるトレーニングはほとんど行っていないのだし。
ま そういうことだよねw
こうして バランス感覚溢れる言葉を残してくれる人のブログは これからも巡回したくなる。

 2つ目。

日本が延長でリードした後。日本は4−5−1でブロックを固め、守備に専念した。
日本に後方を固められた趙広来氏は196cmの金信旭を投入。試合後思い出したのだが、
この試合にいた選手だな。

さすがに2m近い巨人が出てくるとビックリするが、
結果的にはでかいがそれほどヘディングは強くなかったので助かった。
また、韓国がパワープレイに専念してくれば、それは岩政にとっては得意の形ではある。
さらに日本の中盤の5人は、判断は確かだし、献身も問題ない。
ブロックを固めてしっかりと守備をしていた。

が、さすがに皆さん疲弊していた。
また攻められっぱなしでは交通事故のリスクもある。
常識的にはしっかりと守れているのだから、
前の選手を代えて運動量を確保すると共に逆襲を仕掛けたいところだ。
そこでの伊野波の投入である。逆転早々に代えて完全に引きこもる、
あるいはギリギリまで我慢し最後の5分くらい後ろを厚くする、ならばわかるのだが、
何とも中途半端な気がした。

それでも真ん中が固まった事もあり、長友が上がりやすくなる
実際延長後半は、(まだ脚力が残っている)長友と岡崎の2人で攻めれば点が入りそうな感もあった。
結果的には、岩政がとられた怪しいファウルのFK以外は それほど怖い場面もなく
そのまま試合終了が近づいていた。
そう考えると、逆転してちょっと我慢して、伊野波でフタをしたザッケローニ采配も妥当だったようにも思えてくる。


明言しておきたい。
同点に追いつかれたのは本田拓也の責任である。
PK戦で勝利した今となっては、それは良好な失敗経験となった。
捲土重来を期待したい。
良い文章だ、こういう記事に巡り会えるは 嬉しい。
 PK戦、これだけのビッグゲームで1本も入らなかったと言うのは極めて珍しい。思い出すのは、85−86年シーズンの欧州チャンピオンズカップ決勝のステアウア・ブカレスト対バルセロナ。ステアウアのGKドゥカダムがバルサのPKを全て止めた試合か。今回の川島の快挙は、それに匹敵する見事なものだった。


PK戦が進むにつれ、ベンチの趙広来氏の表情がどんどん悲しくなっていくのを見るのは愉しかった。25年前のメキシコワールドカップ予選、私にとって選手趙広来は過去の韓国選手の中でも最大級の忌々し度をもつ男だ。その趙広来の絶望的な表情。何とも言えない快感だった。
この書き方に 大人の「ゲーム」の楽しみ方を見るよねw
子供が 宗教右翼に溺れる者が、この文章を読み解く事は 決してできないだろうね。



最後に敵を称えたい。この試合が同点に持ち込まれてしまった最大の要因は、後半以降の日本の右サイドの攻防にあったと見た。老獪な李榮杓が内田を完全に殺したのだ。何ともいやらしい位置取り、ギリギリまで我慢した応対。単純な瞬発力や脚力では圧倒できるはずの内田は、完全に李榮杓に押さえ込まれた。腹が立つ事この上ないが、何とも芸術的な守備だった。
何故に南アフリカ大会で岡田監督は 内田よりも駒野を選んだのか という部分だよね。
最後の最後での場面で交代枠を使いたくないサイドというポジションにあって
内田はスタミナ面での問題が どうしても残るからね。
なればこそ 長友のスタミナが 逆に驚異的に過ぎるんだけどねw あそこまで凄いとはね。


李榮杓は代表を引退すると言う。過去約10年に渡り、幾度も忌々しい思いをさせられてきたこの名手。最後の最後までやられてしまった。この日完敗した内田も、逆サイドを蹂躙した長友も、この隣国の偉大な選手を2014年までに完全に超える事ができるかどうかが1つの目標となる。




サッカーコラム J3 Plus+  【日本×韓国】 川島永嗣の活躍で宿敵を下す

サッカーコラム J3 Plus+  日本 - 韓国戦 プレーヤー別採点  (日本代表編) 
DF 長友佑都 7.0

 → タフな試合になればなるほど力を発揮するタイプで、延長戦になっても「スタミナ」と「スピード」が落ちないのは脅威である。前半にはDFチャ・ドゥリの裏を突く突破で見事なアシストを見せて、延長戦の最後はコーナー付近でMF本田圭との連携で時間を使って時計を進めさせた。驚きは左足のクロスの精度の向上であり、FC東京時代と比べると明らかに精度が上がっている。コンディションも試合を重ねるごとに上がってきており、周りとの連携も良かった。PKは力み過ぎたか。

MF 岡崎慎司 6.5

 → 120分間、運動量が落ちずに何度もチャンスに絡んだ。前半17分の左サイドのDF長友のクロスをヘディングで合わせたシーンは、惜しくもGKにはじかれてポスト直撃となってしまったが、可能性を感じさせるプレーだった。ゴールこそなかったが、日本の攻撃陣の中でもっともチャンスシーンに絡んでおり、相変わらず、好調は維持している。毎試合、高パフォーマンスを見せているのは驚きであり、計算できる選手である。


MF 本田圭佑 7.0

 → やや窮屈そうにプレーしていたカタール戦から一転して、この日はハイパフォーマンスを披露。「抜群のキープ力」と「強さ」でチャンスを演出した。1点目のFW前田のゴールにつながったスルーパスはパーフェクトで、他にもいいパスを供給した。気になるのは、なかなか流れの中で左足のシュートまで持ち込めないことであり、得意のミドルシュートを放つシーンはほとんどない。決勝戦のために温存しているのであればいいが・・・。あと、試合中のPKは素直にMF遠藤に任せないと・・・。


サッカーコラム J3 Plus+  【ウズベキスタン×豪州】 決勝戦の日本の相手はオーストラリア

サッカーコラム J3 Plus+  香川真司の代役は誰になるだろうか?

サッカーコラム J3 Plus+  【アジアカップ:決勝】 日本 - オーストラリアの大展望



サッカーコラム J3 Plus+  「信頼できるライター」と「信頼できないライター」
見るべき試合は多いので、全てをフォローするのは難しい。そのときに頼りになるのが、他者の批評。信頼できるのレポートは、プロに限らず、アマチュアでも、参考になるし、試合を観た気になることもできる。(もちろん、自分も観た試合で、どんな評価を下しているのか、どんなことを感じたのか、自分と比べてみることもできる。)
情報流通の中間点に居る
そういう個人ニュースサイトとしての俺も そういうネットの日本語圏の下士官層としての俺も、
情報を扱う観点では 全く同様の観点を持ちながら 此処まで来ているのは 散々に書いてきたよね。

■ 信頼できる人

個人的に、もっとも信頼できると感じるのは、オランダを中心に活動されている中田徹氏。この人のレポートにはハズレがない。

欧州での暮らしが長くなると、どうしても日本の事情に疎くなってしまうが、そういったマイナス要素も感じられない。これまでの「ヨーロッパ通」の人は、日本について無知であるにもかかわらず、欧州サッカーと絡めて日本サッカーを否定しにかかるので???となるのが常套だったが、この人に関してはそういうことがない。その試合を観ていなくても、「中田さんがそう言っているのなら、そうなんだろう。」と思わせてくれる数少ないライターである。

大御所では、後藤健生氏や大住良之氏。ときに極端に私情が入ることもあるが、方向性にブレはないし、基本的には安定している。ユース世代では安藤隆人氏。すでにある程度の評価が定まっている「プロの選手」と比べると、「ユース世代」の評価は「ゼロから見極めること」が求められるので苦労は多いと思うが、知識量や情報量の多さは驚きである。

■ 信頼できない人

反対に、「意図的に『逆』や『逆の逆』を言おうとする人」、「常に否定的なことしか言えない人」は、どれだけ肩書が立派であっても、どれだけ本の売り上げがあっても、面白みは感じない。「好き・嫌い」とか、「好みが合う・好みが合わない」といった次元ではなくて、「つまらない人」だと感じてしまうし、「信頼できない人」となってしまう。

「自論」を正当化するために、事実を捻じ曲げようとするような人も敬遠したいタイプである。何を感じるか、何を話すか、何を記事にするかは自由ではあるが、「試合前に思っていたこと」と、「実際のピッチで行われたこと」が違ってくるのは、ある意味では当たり前で、だからこそ、サッカーは面白いのである。自分自身で制限をしてしまったら、その人自身の発展もない。

また、特定のある選手を持ち上げたいが故に、「ポジション」や「キャラクター」の重なるライバル選手を無条件に否定してかかることも避けたい手法である。「自分の尺度を持っていない人」も困るが、「自分の尺度でしか評価できない人」も、信頼できない人のグループに入ってしまう。


そういう者達を俺は 大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師 と呼んできた。

しかも其処に
宗教右翼的なパラノイアか大馬鹿野郎 すなわち“無自覚な下僕”
 と
分かった上でなお“カネのためのみに動く”詐欺師 すなわち米帝の下で動く者たち、
が居るからね。

サッカーが巨大産業であり 一般民衆への情報工作の為の「支配の道具」である事は疑いようが無いので
それでもスポーツ鑑賞が好きな者ならばこそ、俺はそういう者なればこそ、
大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師 を徹底的に軽蔑していこうと思うし

信頼できる人を見つけられるは 心の底から嬉しいと思う。





posted by 誠 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

「“ニカラグア内戦”と“現状の日本”」の共通項
コンピュータ監視法案 と 米ジェームズ・クラッパー国家情報長官

「“ニカラグア内戦”と“現状の日本”」の共通項 を考えれば そんなに難しい話ではないよね。
日本の現状を把握する 極めて参考になる話を見定められるが“ニカラグア内戦”への考察になるので
今一度に置いてみる。

http://mkt5126.seesaa.net/article/182476054.html
独立を果たすとは 独り立ちするとは 過酷な道だ。
宗主国は この美味しい美味しい権益を 絶対に手放さないだろう。
如何なる虐殺をも厭わない、如何なる搾取と暴虐をも厭わない。

米帝が そういう道を選ぶ事は世界中で証明されている。
反逆者を消し去っては被支配者国への権益を強める事が出来れば
USA政治の中枢の国防CIA国務などの中での出世ができる そういう構造があるからね。


ニカラグア CIA - Google 検索
ニカラグア内戦 CIA - Google 検索
ニカラグア内戦 コントラ CIA - Google 検索

CIAが如何に敵国へ介入するか その典型的な例として教科書の乗せても良い程に典型的な話なので
こうして置いておこうと思う

http://www.geocities.jp/aobamil/mil-dic/Ni.html
<ニカラグア内戦>:

ニカラグアには1912年から海兵隊が進駐していたが、
反米闘争により1933年1月に撤退させた。

しかし1936年にアメリカ政府と密接な関係にある国家警備隊長官が
クーデターを起こして独裁状態を続け、政治腐敗が蔓延したため、
反政府闘争が勃発し、1956年に大統領が暗殺される事態となった。

ただ後任の大統領には その長男が就任し、相変わらずの独裁だったため、
1961年に左派のサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)が誕生。
1963年7月から武力闘争を開始したが、
資金も武器も無い小勢力では国家警備隊に叶うはずもなく、一時は消滅しかけてしまった。

1972年12月、ニカラグア大地震が発生し、世界各国から救援物資が集まったが、
これを大統領一族が着服しまくったため、ニカラグア国民の怒りが爆発。

FSLNは大量の人員と支援金を獲得し、キューバ経由で大量の武器を導入、
1974年12月27日には閣僚を人質にとって身代金100万ドルと引き替えにし、
更に拘束されていたメンバーを釈放させた。

勢力を拡大し続けるFSLNに危機感を覚えたニカラグア政府は
1978年にアメリカから2500名の元兵士を雇うなどして制圧を強化、
FSLN側も政府要人の人質事件を起こすなど活動を活発化させ、内戦に突入した。

1979年6月16日、FSLNが臨時政府の樹立を発表。
6月20日、ABCテレビの特派員が取材中にニカラグア兵によって射殺され、
アメリカで反ニカラグア感情が高まったため、
アメリカはニカラグアに対する支援を中止。

6月21日にはアメリカ国務長官がニカラグア大統領の退陣を要求し、
6月23日の米州機構外相会議で正式に採択された。
7月17日、ニカラグア大統領がフロリダに亡命し、
7月20日にFSLNが革命政府を樹立、
内戦は一旦終結した。

以降はアメリカとも良好な関係を築いていたが、
1981年、ベトナム戦争で遺棄されたM16小銃が
ニカラグア経由でエルサルバドルの反政府勢力に流れていることをCIAが掴み、
アメリカ政府はニカラグアに武器供給を辞めるよう要求した。

しかしニカラグアは拒否したため、
アメリカはニカラグアへの経済援助を停止し、
ホンジュラスに軍事施設を作って
ニカラグア反政府勢力コントラ(コントラ・レボルシオン、反革命の略)を育成、
1982年頃からニカラグアは再び第二次の内戦へ突入した。

アメリカからの援助を絶たれたニカラグアは ソ連やキューバと接近。
1982年2月にはソ連が戦闘機をニカラグアに供与するという噂が出たため、
アメリカは直接軍事介入をちらつかせた。

これに対してニカラグアは1982年3月15日に国家非常事態宣言を出し、
ソ連から戦車やヘリなど大量の武器を導入。

泥沼になるのを恐れたアメリカ議会は
1982年12月にコントラへの公的援助禁止を採択したが、
CIAの秘密資金で武器を供給し続け、
1985-86年にはイラン・コントラ事件を起こしたり、
ポーランド製のAK47を中南米から購入してコントラに流すなど軍事援助を継続、
1985年5月にはニカラグアへの全面禁輸を実施した。

しかしコントラは住民の支持を受けられず、
ソ連ゴルバチョフ政権の軍事支援打ち切りでニカラグア政府側も継戦能力が無くなり、
両方の勢力が弱体化
1988年頃に内戦は ほぼ終息した。

冷戦終結後の1990年2月の大統領選挙では親米保守派の大統領が誕生し、
アメリカ政府は全面禁輸を解除して経済支援を開始、
コントラは解散した。

内戦での犠牲者は1979年までが死者4万名、負傷者10万名、難民20万名で、
1982年以降が死傷者57000名、難民50万名である。

2007年1月10日、初代大統領のオルテガ氏が大統領に再選された。

参考:歴史群像10,’10、6,’02
概略は こんな感じ。ニカラグアはパナマに近い中米諸国の一つ。
そこまで大きな資源を有する訳でも無いので アメリカが収奪できる権益としては大きくないが
中米という膝元でもあり このように介入し続けてきた。

ただし権益が大きくないが故に 大規模軍事直接介入などの出費をしたくない意向が透けて見えたりもして
CIAの工作による介入が大きな比重を占めている。
その内容は いま日本で起きている事と ほぼ瓜二つである。

レーガン チェイニー イラン・コントラ - Google 検索
イランコントラ事件というウォーターゲート事件に匹敵する共和党レーガン政権の致命的事件を乗りきるのに
チェイニ―が議会工作などで尽力した結果として
共和党ブッシュ親子の時にチェイニ―が出世していたのは何故か?http://www.kinokuniya.co.jp/03f/denhan/chadwyck/dnsa/dnsa_collections.htm
ニカラグア 1978年-90年

1979年の"サンディニスタ革命"による長期独裁政権の打倒、
革命派政府と米国に支援された反政府ゲリラ"コントラ"の対立、
そして1990年総選挙での革命政権の敗退...
中米における米国の内政干渉のケーススタディ!

13,000頁に及ぶ3,500点以上の資料を収録
(その多くは国務省と在ニカラグア米国大使館との通信文書)、
ニカラグア革命に対する米国の政策を革命当初からその終結までにわたりカバーします。

収録トピック:
 1979年革命の背景と米国の画策、革命派政府とカーター政権との初期の関係、
 コントラの出現、
 1984年のサンディニスタ政権下の初の総選挙、
 レーガン政権による全面経済封鎖とコントらへの違法支援の発覚、
 CIAの極秘の準軍事行動
 コントラ支援を議会・国民に支持させるための米国政府のキャンペーン
など。
此処から先は 歴史群像10,’10、6, をテキスト化してみる
ホンジェラスにおけるコントラの訓練と運用に関して、米政府側で中心的役割を果たしたのが、
駐ホンジェラス米大使ジョン・ネグロポンテと、
元米陸軍特殊部隊中佐でCIAの「汚れ仕事」を数多く請け負ってきたレイ・ドーティの二人だった。

ベトナム戦争当時、ネグロポンテはサイゴンの米大使館に行政官として勤務しており、
ドーティもラオスでCIAの現地工作を担当していた。
したがって両者ともベトナム戦争の実状とその結末を当事者として経験していたが、
彼らは当時の米政府内で研究が進められていた
「低強度紛争(LIC=ロー・インインテンシティ・コンフリクト)」を、
ニカラグアで実践しようと試みていた。

低強度紛争とは、
かつてケネディ政権下で研究と実践が行われた「特殊戦争」の発展型とも言える形態の紛争解決法で、
正規軍を投入する代わりに、
心理戦(住民の懐柔や敵勢力の離反工作)や経済的圧力
そして自国と共通の利益を有する現地人武力勢力への資金と武器の供給など、
間接的手法で対象国政府を敗北へと追い込むことを主眼としていた

当時、キャスパー・ワインバーガー国防長官と米国防総省幹部らは、
米議会と国民の支持を得ていないニカラグアへの秘密工作に加担することを断固とした姿勢で拒絶した。
その為、アメリカは このような形でしかニカラグア内戦への関与を継続できなかった。


1983年10月11日未明、
CIAの訓練を受けた「UCLA(CIAの)訓練を受けたラテン系の工作員」の集団が、
ニカラグアの太平洋側にある港コリント沖合いの石油備蓄基地を襲撃し、
石油タンク5基を爆破、計320万ガロンの石油を炎上させた。

ニカラグアの石油備蓄に大打撃を与えた この襲撃成功の報せを受けたCIA長官ウィリアム・ケーシーは
「これくらい派手にやらなくては意味が無い」と喜んだ。

そして中米各地におけるCIAの秘密活動を事実上に取り仕切っていた「現場監督」ネグロポンテの下で
アメリカのニカラグア内戦への間接的介入は更にエスカレートしていった。
そして 冷戦終結と21世紀に入った今
ニカラグア内戦にアメリカ側で関与した重要人物も、21世紀に政府の要職へ復帰していた。
コントラの訓練と運用に加えて、左派活動家の身柄拘束や尋問(拷問)など、
中米における数々にCIA工作に関与したとされるネグロポンテ

同時多発テロから一週間後の2001年9月18日に国連大使へと任命され、
アメリカのアフガニスタンとイラクへの攻撃を
国連で正当化させるという「重責」を担ったのである。

そして
イラク戦争の翌年の2004年6月28日からは、フセイン政権崩壊後の駐イラク大使となり
2005年2月17日には初代の国家情報長官へと就任した。
 


第二次ニカラグア内戦の「影の仕掛け人」とも言えるべきネグロポンテをはじめとする、
当時の秘密工作関係者の「栄転と出世」は、
アメリカ合洲国の対外政策や軍事政策が今なお東西冷戦構造時代と同じ構図

-----
 まず標的となった国を「内戦状態」に陥らせ、
 敵対陣営の“不正義”と“脅威”を煽ることで
 現地の親米政権や親米武装勢力への
 軍事支援などを正当化し、
 政治的・軍事的状況を
 自国に有利な方向へと傾けさせる

-----
の延長線上に築き上げられている事を 何よりも雄弁に語っているのである

ネグロポンテ(1939〜)は順調に出世を重ね、国務副長官の職にも就いた

ジョン・ネグロポンテ - Google 検索
ジョン・ネグロポンテ - Wikipedia

その成功を収めた者達が出世をしていたのは何故か?

アメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipedia
アメリカ合衆国国家情報長官 - Google 検索

CIAというよりも 今は
こっちの方がインテリジェンス的な動きは強そうだね。

デニス・C・ブレア - Google 検索
ジェームズ・クラッパー - Google 検索
2010.07.21 ネオコンに近いクラッパーが国家情報長官になれば、東アジアも焦臭くなる
まさに その通りとなったよね。


日本の公務員が
大和民族系日本人の共同体 とは全く離れた論理の下での立身出世を図れることが
この社会共同体の災厄そのものにもなっている事と同義で、
米国のCIAなどの文官的軍人もまた そういう論理で立身出世が図れる構図が
この社会共同体の災厄そのものにもなっている。

被支配国にして実質の植民地化に有り
しかも米帝にしてみれば中東の石油利権に匹敵する美味しい美味しい「日本」という牧場を
如何に「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」しているのか を考えずに
社会政治経済などを語るは、
このネットの日本語圏が有るなればこそ 細心の注意をもって行わなければ
単なる“幸せな家畜”や“無自覚な下僕”と容易に化すであろう。

http://mkt5126.seesaa.net/article/182645731.html
アメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipedia
アメリカ合衆国国家情報長官 - Google 検索

アメリカ合衆国連邦政府において情報機関を統括をする高官である。
インテリジェンス・コミュニティーを統括し、
アメリカ合衆国連邦政府の15の情報機関の人事・予算を統括する権限をもつ。


以前はCIA長官が中央情報長官を兼ね、
インテリジェンス・コミュニティーの統括も行っていた。

しかし、中央情報長官はCIAの長官でもあるため
自分の統括する組織であるCIAの指揮に集中してしまう。

その為に
情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因で
インテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。


国家情報長官はインテリジェンス・コミュニティーの指揮に専念することになり、
CIA長官は中央情報長官からCIA専属の長官となった。

あくまで現場の動きはCIAから切り離されて 外部調整をCIA長官が行う という形になったんだね。

つまりCIA的な活動の現場は 国家情報長官の下で行われている可能性が高い
と俺は考えるんだけどね。

国家情報長官は
大統領と国家安全保障会議の情報顧問であり、
インテリジェンス・コミュニティーと国家テロ対策センターを統括する。

連邦政府の15の情報機関の人事と予算を統括する権限がある。
しかし、各情報機関への指揮権は不明である。


で前任のデニス・C・ブレアはネオコンに近すぎる行動が過ぎてオバマの反感を買ったはずだったのに
その後釜ジェームズ・クラッパーは更にネオコンな人物ってのが
今のオバマ政権のヒラリーの強さ?それとも共和党の強さ? そこは分からないけど

面白いのが
デニス・C・ブレア 2009年1月29日 - 2010年5月28日
ジェームズ・クラッパー 2010年8月5日 -
つまり空白期が有ったんだねw

で ジェームズ・クラッパー就任後の数カ月後に尖閣事件が起きる、きっと偶然でしょうwwwwww


http://sandancekid.blog82.fc2.com/blog-entry-1202.html 2010-07-29

ジェームズ・クラッパーさん。

米情報機関を統括する国家情報長官に指名された元国防次官(情報担当)。

このひとが上院情報特別委員会の公聴会で
「北朝鮮が韓国哨戒艦沈没事件などに続いて再び同国を直接攻撃する可能性がある」と警告したそうな。

一方ではロシアが韓国哨戒艦沈没事件はでっち上げだ、というようなことも言っている。


わたしが腑に落ちないのはこのタイミングだ。


いまや日本、アメリカ、ヨーロッパのどこから経済危機が発生してもおかしくない、
と言われている。
世界恐慌のような世界同時株安なんかが起きる瀬戸際、と言うわけだ。

そういえば第一次世界大戦が終わって世界恐慌が起きた後、
世界は第二次世界大戦に突っ込んでいったっけ・・・。

世界大戦にでもなれば、経済だなんだ、というのは二の次になる。
まずは武器が必要なので武器屋が儲かる。
いろんなものが壊れるのでつぎは土建屋だ。


ジェームズ・クラッパーさんの「北が攻めてくるよ、戦争になるよ」的な発言は、
朝鮮半島情勢が不安定と言われているとはいえ
わたしには唐突に聞こえるし、どちらかといえば「早く攻めてこいよ」と言っているかのようだ。

で昨日もリンクした
2010.07.21 ネオコンに近いクラッパーが国家情報長官になれば、東アジアも焦臭くなる

 アメリカでネオコンが勢いを盛り返し、戦争の機運が高まっている。そうした状況を象徴しているのがDNI(国家情報長官)の交代劇だろう。6月に辞任したデニス・ブレアは2001年、米太平洋軍の司令官だったとき、ジョージ・W・ブッシュ大統領を支えるネオコンの「中国脅威論」を公然と否定したのに対し、今回指名されたジェームズ・クラッパー空軍中将はネオコンに近い人物だと言われている。

 2001年9月から06年6月にかけて、クラッパーはNIMA(国家画像地図局、2004年にNGA:国家地球空間情報局へ名称変更)の長官を務めている。つまり、アメリカが「戦時体制」に入ったときから、アフガニスタンやイラクを先制攻撃していく時期ということになる。

 イラクへの攻撃を実現する上で、クラッパーの果たした役割を覚えている人もいるだろう。イラクに「大量破壊兵器」があるという話を広めたひとりなのである。例えば2003年3月、アメリカ軍がイラクを先制攻撃する前に、イラクからシリアへ大規模な車列を衛星が撮影したとしたうえで、禁止された軍事物資を運んでいることは間違いないと断言している。つまり「大量破壊兵器」を運んでいると示唆したわけだ。カール・ローブのようなネオコンは喜んだが、そうした兵器は見つからず、クラッパーの話は間違いだったことが判明している。

 このクラッパーは20日、上院の承認を得るために公聴会へ出席し、「朝鮮が韓国を攻撃する」と主張している。この証言に合わせるように、韓国を訪問中のヒラリー・クリントン国務長官は朝鮮へ新たな制裁を課すと宣言した。その理由のひとつが今年3月に韓国軍の哨戒艦「天安」が沈没した事件。

 沈没事件のあった海域は国境線が画定していないため、軍事的な緊張が続いてきた。昨年10月、朝鮮は韓国の艦船が1日に10回も領海を侵犯していると非難、11月には両国の艦船が交戦し、朝鮮の船に大きな損害が出たと言われている。朝鮮側は国境線は越えていないと主張、国籍不明の艦船を調査して戻ろうとしているときに攻撃されたとしていた。今年1月にも韓国と朝鮮の艦船が撃ち合ったと報道されている。

 そして3月、米韓両軍が合同軍事演習を行っている最中に韓国の哨戒艦が沈没し、韓国政府は朝鮮の魚雷攻撃があったと主張、アメリカ政府も同調している。ただ、この主張に疑問があることは本コラムでも書いた通りであり、この出来事を理由にして軍事的緊張を高めるという展開はイラク攻撃前のネオコンのシナリオを連想させる。そして、あのクラッパーの登場だ。東アジアも焦臭くなってきた。

 アメリカ政府は平和のためと称して戦争を始め、防衛のためと称して侵略し、民主主義のためと称して社会をファシズム化してきた。歴史を振り返れば、抑止力と称している沖縄のアメリカ軍が侵略のために存在してきたことも否定できない。

で 国家情報長官の就任後の数カ月後に あの尖閣事件が起きる、
ソッカー スゴイ グウゼン ダナァwwwwwwwww>
此処まで書いてこそ 以下の記事は説得力を持つ。
アメリカが手を回し と言っても では実際には何処から指示が出ているのか?
の答えが以下の記事でも曖昧だからね

 ↓ ↓
『私は何故アーミテージを信用しないか』(この事実を知り、日本の指導層はそれでも隷属するか…孫崎享氏のTwitterより)
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/488.html


ネットゲリラ: 尖閣事件はアメリカの仕組んだヤラセ
事件発生当初からおいらが言っているように、
アメリカが裏から手をまわして、日本と中国、双方のネトウヨ煽って、
日中蜜月でうまく行っている極東経済を潰そうという悪巧みですね。

アメリカが何より怖いのは、中国の「規模」と日本の「能力」が合体する事。
そうなったらさすがのアメリカも敵わない強敵になってしまうので、
オザワンの足を引っ張り、ハトポッポの足を引っ張り、延々と嫌がらせして来るわけだ。
とはいえ、今じゃアメリカは落ちぶれた貧乏国家だし、中国は世界の下請け工場でイケイケだし、
どっちが儲かるか? と聞かれたら、そら、経済人はみんな中国に向いてますねw 

で、尖閣諸島について言えば、かつて揉めた事があって、
その時の経験から、日中双方で自重してうまくやりましょう、
というケ小平との合意があったはずなんだが、
それを無視して挑発したのはアメリカのスパイ前原で、
工作がうまく行ってれば、いま頃は日中が離反して戦争寸前になっていたはずなんだが、
まぁ、中国共産党のお偉いさんも民主党(小沢)もオトナなので、アメリカ様の思うようには動かず、
結果、空き缶内閣が評判落としただけでグズグズですw

まぁ、後はアメリカの手羽先・前原が首相にならないように見張り続けるだけですね。

尖閣1
歴史から選択肢を考える、
問1:1978年4月中国漁船100隻以上尖閣諸島近海に終結。その際どう解決されたか
(い)日本の海上保安庁巡視船が追い払った、
(ろ)米軍が追い払った、
(は)中国政府が撤去させた。
この問を念頭に事件を紹介する。

「上海市水産局の漁船が尖閣諸島への出航前会議開催、
 この席で革命委員会の陳錦華副主任が日本の海洋資源の略奪を攻撃。
 “祖国防衛、侵略反対”採択。 、
 “万一襲撃されたらどうするか”と打電した。

 水産局は”中国領土で漁業をするものを誰が銃撃出来るか。反撃せよ“と応答。
 民兵副団長は”中国領土死守“の戦闘命令発出。」

この時どうして解決されたか、
(1)米軍はこない、
(2)日本の巡視船警告を発するも100隻以上の漁船無視、
(3)中国側乗り出す
ー事件が表面化し、上海市党委員会は党中央委員会の名で“撤退しない者は党籍除名にする”と通告し解決。

同じ事態ー100隻以上の中国船が 今 来たとしよう。

1978年の時に来ない米軍がくるか。
中国軍の増強下、米国が78年より慎重となるは言うまでもない、

では若干増やす巡視船で追い払えるか。
無理。
冷静に考えれば 一番に実行力あるのは中国政府が漁船を止めることではないか。
日米同盟深化、巡視船増強では解決難しいこと理解すべし。
今の中国政府なら、尖閣棚上、実力行使阻止に協力、が本筋になりやすい。

miss_gima 「尖閣1〜4のソースは何ですか?」
永野信利著『天皇とケ小平の握手』、
永野信利は元東京新聞記者、外務省霞クラブに異例に長期間属し、
当時 外務省情勢に最も精通していた記者。『外務省研究』など外交関係著書多数

菅政権
東京新聞、「こちら特報部」、
「米が望んだ菅首相」「漏洩公電お墨付き」、戦後最も親米的といわれる菅政権はどのように誕生したか。

昨年2月ソウルでキャンベル米国国務次官補は韓国青瓦台で金首席秘書官(現外相)と面会した。
在韓米大使館から米国へ送られた公電にこんな記載がある。
「両者は 民主党と自民党は全く違う。 岡田、菅と話合うことの重要性を指摘した」
この公電の意味を読み解くポイントは、
米国が交渉の相手として当時の鳩山首相でなく岡田、菅氏を名指ししたこと。
孫崎享さんはウィキリークスと公電が意味するのは
米国が鳩山首相と距離を置き、岡田、菅を対話すべき相手と判断 したということとする。

米国が同意した その後の『鳩山首相降ろし菅首相誕生につながった』とみる。
キャンベル氏は金氏と会う前日に小沢幹事長と会談している。

孫崎さんは
「キャンベル氏はその際、小沢ー鳩山ラインは米国の防衛戦略に乗ってこないと判断した。
 一つは在日米軍基地について米国側の意向に沿わない考え方をしていること、
 もう一つは対中国外交について、融和外交をを進めようとしていることだった」
と指摘する。

代わった菅政権。孫崎さんは「米国にすべて丸投げしている」と批判。
「辺野古移転方針、思いやり予算の維持など米国の意向どおりの施策を進めている」

だがこうした「米国追随」は必ずしも安全保障にはつながらない というのが孫崎さんの意見だ。
「中国の軍事力は増大し、ミサイルの射程も延びている。もはや軍事力で対抗しようとしても効果はない」という。
「中国と激しく対立するのではなく、融和を模索する道を模索するのが現実的だ」とした

以上は全て東京新聞掲載の引用です


東京新聞:
知人より、
「こちら特報部」の記事を拝読、昨年末、朝日新聞をやめて東京新聞に変えてよかったです。
 いまの朝日には、このような分析記事は載らないでしょうから」。
今大手新聞で「米が望んだ菅首相?」と見出しを出しの2頁特集を組み、
出だし、「米国のお墨付きを得て政権を図るつもりなら それは国益にかなうといえるのか」
と書けるか。書けない。

しかし東京新聞は書いた。何故?
全国紙記者に この問題を持ってる人がいないのか。一杯いる。
では こういう記事は営業的にマイナスか。
日本国民の過半数以上は日米関係大事だけれど従属は嫌、今どうも従属と思っている。
営業的に+のはず。

何故に全国紙が日米関係に疑念を書けず、東京新聞が書ける?、
多分 汚染度(社として工作受ける)が小。
東京の地方紙の扱いで全国紙と異なる扱い。
東京新聞、今後も汚染されないで欲しいな。
しかし、これ誰に頼べばいいんだろう。全国紙並にちやほやしてあげますといわれると、されるだろうな。

尖閣:
あれ?、朝日私に取材、叱られないか心配;
「元保安官を起訴猶予」の件、私のコメント:
「必要のない案件」、そもそも今回の事件は、起こる必要のない事件だった。
違法操業の漁船には「出ていけ」と警告した上で、対応は相手国に委ねるのが望ましい。
船長逮捕で日中関係はこじれ、船長の釈放で日本政府は「腰砕け」と受け取られた。
公開の是非を政策論争として、国会や海保で十分議論すべきだった
(以下御参考。
 日中、漁業で紛争を避けるため日中漁業協定を持つ。
 尖閣付近の海域も対象。
 ここで相手国船に公権力行使しないことが決められている。本事件で この点の論議なし)

問い合わせへの回答:日中漁業協定の対象海域は次参照下さい
(水産庁「第12回 日中漁業共同委員会 第1回 準備会合」の開催についての日中漁業協定水域図
 (PDF:19KB)

私は何故アーミテージを信用しないか。

アーミテージは2001年3月 ? 2005年2月国務副長官まで上り詰めた人物。
古くから日本に深く関与し、今日俗称「ジャパン・ハンドラー」のボス的存在。
日本の政界、官界、経済界、報道分野に絶大の権力を振るう。
JHが日本操作する手口は先ず人的操作

都合のいい人物には情報提供、交渉を円滑にさせ、日本に対米なら彼という世論を作らせる。
まずいと判断した人物には、日本側に「米国として困る」ことを伝達。
日本側が自らこの人物外す。
これが一般的。

アーミテージこの手法を国務副長官時代にも使用。
事件はプレイム事件。イラク戦争は大量破壊兵器、アルカエダとの結びつきを口実に開始。
しかしこの二つとも後、米国公的機関が否定。
当然イラク戦争開戦当時にも この理由に疑問を持つ人達がいた。
これを徹底排除。マスコミも沈黙。
こうした中 2003年7月NYTは
「ブッシュ政権はイラク侵攻を正当化するため大量破壊兵器の情報を操作したか?
 戦争前の数ヵ月間にわたる私の経験に基づけば、
 イラクの核兵器に関する情報はイラクの脅威を誇張するため歪められたといわざるを得ない」
という論評発表。
かかる真っ向勝負は初めて。書いたのはウイルソン元大使。

ブッシュ政権は彼に報復を開始する。

ウイルソンの妻プレイムはCIAの工作担当。
工作は常に身分を隠す必要有り。彼女の身元が暴露されれば以降の活動は出来なくなる。
この身分を新聞記者にリーク。
通常は この報復に泣き寝入りするが ウイルソン元大使は徹底的戦いを宣言。
当時 このリークの背景にはチェニー副大統領等が関与の噂


ウイルソンの この戦いは全ホワイトハウスを相手とする規模のもの。
多分CIAが裏でウイルソンを支援したと私は推測。
!!!!!!! あ これが
アメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipedia
情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因でインテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。また、同時多発テロを防げなかった一因に情報機関の連携不足が指摘されている。そこで、2004年に情報改革とテロ予防法(The Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004)により国家安全保障法が改正され国家情報長官が設置された。CIA長官は中央情報長官と呼ばれ、CIA(中央情報局)とインテリジェンス・コミュニティー両方の指揮を行っていたが、国家情報長官はインテリジェンス・コミュニティーの指揮に専念することになり、CIA長官は中央情報長官からCIA専属の長官となった。

ジョン・ネグロポンテ 2005年4月21日 - 2007年2月13日 ジョージ・W・ブッシュ
へと繋がる背景の一要因にもなるのね


誰が意図的に夫人プレイムがCIA工作員であったことを新聞記者に知らせたかが関心。
事件は2001年。この中アーミテージ関与説浮上。
アーミテージは国務副長官の辞任後に関与を告白。
2006年9月8日付WP紙smith記事は
「昨日 アーミテージはノバク記者(報道した人)の記事のソースであったと言った。
 同様情報をウッドワード(「ブッシュの戦争」等で最大のホワイトハウス通の記者)にも述べた」と報道。
これだけの報道が出れば権謀術策横行のワシントンでも信用失墜。

しかし日本権力維持。
日本という社会、力を維持の者に対し徹底して従属。
逆に陰り見せると一斉攻撃(小沢事件典型)。

さてこの事実を知り
それでもアーミテージに隷属するか。多分するだとう。
日本の指導層ここまでモラル低下。正義喪失。


尖閣


次の情報は極めて重要。
これを何処まで真剣に報道出来るかで日本のメディアの質が問える!

民主党の中村哲治議員が昨日 私に手交。

尖閣周辺での中国の違反件数。
衝突事件の際の中国船長の違反は中国政府の後押しが有り、
従って日本政府として断固対応の要あり と見解をマスコミが報じる、
事件は日米関係の緩みをついてきたものだから 日米強固の必要有りと宣伝。
これが菅内閣とマスコミ論調。

もし、かかる事件が本来の通りに「中国政府が望まず」なら話は違った展開。
1月25日付海上保安庁資料
「尖閣諸島周辺において違法操業した外国船に退去警告を行い、領海外に退去させた件数。
 平成22年8月108件
 平成22年9月事件発生前168,発生後138,
 平成22年10月6件、
 平成22年11月0件、
 平成22年12月2件。

この激減は中国政府の指導によるものと判断出来る。
であれば、将来こうした事態を招かないようにするには、
海上保安庁の警備強化より、中国政府の指導が一番有効であることを示すもの。
であるなら日本政府が先ず行うべきは事故発生を防ぐにはどうしたらよいか は
どう考えても日中で協議するのが、筋。

この協議を十分行わず、だから日米安全協力を強化しなければならないとか、
先ずは保安庁強化は筋違いでないか。
数字を良くみて欲しい。
そして中国政府と何が出来考えて見て欲しい。
多分きっと従来と異なる視点が出るはず

mithist :あの時The Economistあたりでは
中国外務省グループは火消しに尽力と伝えていたのに、
同時期の日本では このグループの動き伝えず、
どの新聞も日米同盟の間隙を突いて中国が積極行動と論評

御指摘正しい。
この時期 山口壮議員訪中、中国外務省へ沈静化への努力を伝える、
時間のたった今 冷静に検証してみよう。

尖閣事件は船長の判断ミス等ではなく中国政府全体という見解を煽ったのは米国発情報
9月16日産経:
米政府は事件は偶発的ではなく、
中国政府黙認の下で起きた「組織的な事件」との見方を強め、中国の動向を警戒。
米政府は、中国政府部内で尖閣諸島の実効支配が機関決定された可能性あり、
「漁船を隠れみのに軍と一体で、方針を行動に」(日米関係筋)との見方を強めている。

同筋は、衝突事件で中国が強気の姿勢をとっている理由を
「中国国内の(日本を批判する)世論への対策を超えた行動、
 尖閣諸島の領有化という明確な政府の意思を:示したもの」
と警鐘を鳴らす。

(こうした情報 当時日本では有力。
 本当に漁船の行動を中国政府が支持したか。
 本日の保安庁データに基づけば今中国政府紛争望んでいないこと明白。

 では9月の時点?。レトリックは別で、対尖閣への米軍対応9月前後で何の変化なし。
 米国の危機感扇動は明白)


ハンチントン(文明の衝突)いわく、
米国政策はtriger(引き金)事件で一気に変化。

私「ハ」へ質問:では流れ変えたい米勢力が意図的に引き金を引き事件を作ることがあるのでないか?、
尖閣事件はまさに日米安全保障関係の引き金の事件。日本が一気に米戦略への追随を強化。
事件を良く見て。拿捕は日本。

尖閣周辺の中国船への普通の対応は 撤去への警告。
あの時 衝突前にて執拗な巡視船停泊命令。
通常の巡視船の対応ではなく 過去と異なる。

前原氏が当時の国土交通大臣。
『領土問題なし」「国内法で粛々」、なのに実際は従来の日中漁業協定と異なる対応。
巧妙な引き金の事件。
米国「日米関係者」が拍手喝采の事件。日本国民の対中警戒心を扇動。

尖閣事件は9月7日。
まだ事件の起こる前、何故8月16日に
唐突な米国務次官補の「尖閣は安保条約の対象」と発言があったか。
今から考えると極めて不可解。
米国は必要あるから発言したのかもしれないが。しかし事件は まだ実際には起こっていない!
9月16日産経は次の報道:
政府の認識と立場は、クローリー 国務次官補(広報担当)によって端的に表明された。
同氏は8月16日の記者会見で
(1)尖閣諸島は日本の施政下にある
(2)日米安保条約5条は、日本の施政下にある領域に適用される
−との見解を表明。
そのうえで「条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、そうだ」と明言した。

ツイッター中の気付き。産経報道正しいなら
中国も8月16日の尖閣安保の対象という;国務次官補記者会見の発言を知っている。
だとすれば「中国が日米関係不安定のすきをついた」論は全く当てはまらない。
「不安定のすきをついた」論は何物だったのだろう。
しかし これがその後の世論の形成。
だから俺が ここ数日で散々に指摘している
オバマが2010年5月28日以降に空席にさせて弱体化をさせていたはずの
いわゆるCIA的工作活動 情報の工作や操作 嘘デマ扇動 の実行部隊の現場監督でもある国家情報長官に
2010年8月5日 - 元国防次官(情報担当)の米ジェームズ・クラッパー国家情報長官が就任した直後から
一気に色々と話が起きた先に尖閣事件が起きる この不思議さは偶然なの?wwww って言ってるんだよね。
そういえば夏以降 一気に都の青少年条例への進捗が加速したのも何故?ww って言ってるんだよね。
で この国会で
 
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/603.html
江田法相会見 2011年1月25日(岩上安身オフィシャルサイト)
http://iwakamiyasumi.com/archives/5929
岩上安身は、
「不正指令電磁的記録に関する罪」(コンピュータ監視法)について、
民主党は修正案を作成しているにもかかわらず、
なぜ政府案を提出するのか質問しました

政権交代後、
鳩山政権の時代にも、その姿勢に変化はなかったが、
菅政権になり、今国会で、
表現の自由を損なう危険性のある同法政府案
を そのまま提出する。
法務官僚の言いなり。

January 25, 2011 ちょっとどころではなくやばそう。ウイルス作成罪を盛り込んだ刑法改正案が今期国会に提出される
などなどを全くマスコミ新聞テレビ大手メディアが報じないのは何故?www って言ってるんだよね。

この法案なら リンク先がオカシイから逮捕 ということも可能になるでしょうなぁwwwwwwwwwww


>今じゃアメリカは落ちぶれた貧乏国家
まったくで〜す。
いつまで落ちぶれた貧乏国家と一緒に心中自殺する気でしょうかね?

最新のデータです。
2011年1月7日〜2011年1月21日までに潰れたダメリカの銀行は7行です。
これで2007年1月1日から潰れた銀行の総数が330行になりました。
あとこのリストにある937行は数年掛けて潰していく計画です。
http://calculatedriskimages.blogspot.com/2010/12/unofficial-problem-bank-list-dec-31.html
ちなみに左翼やネトウヨがお互いに潰し合いするように、
ダメリカ国内でもユダ公同士がサブプラ問題で訴訟合戦を繰り広げ、
殴り合いをしているのが現状です。

もちろん、サブライを買わされた欧州のユダ公も
売りつけたダメリカのユダ公に対してガンガン訴訟を起こしています。
お笑いなのは、その訴訟の代理人もユダ公の弁護士事務所です。
ハイハイ、ユダ公同士で今後も数年間は続く潰し合いをしている が現状です。


http://www.msnbc.msn.com/id/41262036/ns/business-us_business/
さらには、ダメリカの財政赤字が過去最悪となる1兆4800億ドル(約122兆円)が公称とされてますが、
本当は約20兆2000億ドル(約1,665兆円)を超えています。
http://finance.yahoo.com/tech-ticker/article/535354/%22Enron-Accounting%22-Has-Bankrupted-America:-U.S.-Deficit-Really-$202-Trillion,-Kotlikoff-Says

もういい加減に目覚めろよ!!!!!!!!!!
社会共同体の圧倒的大多数は 馬鹿で豚にすぎない民衆にすぎないので
“幸せな家畜”で“無自覚な下僕”である自分自身 という観点も自覚できない。
 ネットに繋がれば Yahoo! JAPANを見れば
 携帯でネットが閲覧できるようになれば
 2chを読んでコピペできれば
 ブログを始めてニュースサイトやコピペサイトを始めれば
 RSSを使って情報収集ができれば
 ニコニコを観たり コメントしたりすれば
 twitterを始めてTLやQTやRTができれば
情報弱者を脱せられる という事は全くに無い。
むしろ その過信が 更なる情報弱者へのドツボに嵌まる主要因となる。

だから平然とhttp://alfalfalfa.com/archives/2052464.html
子供手当てが強制終了しそうです
こういう 何処の誰が扇動を謀ってるかも丸分かりなキチガイ話を安直にリンクして
情報の拡散に協力するという虐殺行為へ嬉々として協力する。
無自覚なままに子供を歓んで虐殺する人は きっと幸せなんだろうなぁw

だから Yahoo! JAPANのトピックスに国債格下げ 今後への影響はとかを見て 中身の精査もできずに
財政悪化だから増税は止む無し とか言い出すんだろうね。
嘘デマ扇動を仕掛けてくる連中の意図を 欠片もに把握しようともせずに
情報流通の中で衆目を集める立ち位置に座し続けるは 虐殺行為の加担者となるのみだ。

まだ分からないのかなぁ。



ネットゲリラ: 日本国債格下げ詐欺
中国が日本国債をせっせと買っているらしいが、
つうか、アメリカもそうなんだが、札をドカドカ刷って希薄化が凄いので、
通貨の希薄化してない日本円だけが生き残る というのが既定路線なんだが、
なので、多分、日本国債の格付けを下げる意図というのは、
下げておいて自分が買おうという下衆なだけの根性だと思うんだが、
マーケットもそんな事は百も承知なので、ほとんど反応はませんねw


http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201101270001/
日本の格下げもいいけど、
先に格下げするとこがあるんじゃないの、S&Pさん、

(参考)

【AAA】米/英/独/仏/豪/カナダ/スウェーデン/マン島/ノルウェー/シンガポール/フィンランド/ルクセンブルク/スイス/リヒテンシュタイン/ニュージーランド/デンマーク/オーストリア/オランダ/ガーンジー島/香港
【AA+】ベルギー
【AA 】カタール/バミューダ/アブダビ/チリ/スロベニア/スペイン
【AA-】中国/台湾/クウェート/サウジアラビア/イスラエル/日本
こんな馬鹿馬鹿しい話を 瞬間的に読み切れない人は 相当な幸せ者か相当な呆け者 でしかないよね。
馬鹿で豚にすぎない民衆が 相当な幸せ者か相当な呆け者 だとしても それは至極に当然だが、
より衆目を集める者は 其れに伴った責務を持つ、ネットの日本語圏の下士官層も然り だ。

ましてや コレ↓では オハナシにならない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000405-reu-bus_all
 初めて聞いた。そういう話には疎いので、ちょっと(質問は)またあらためてにさせてほしい――。

27日夕、日本国債の格下げについて、記者団に問われた菅直人首相の発言をめぐり、
大手銀行で市場部門を担当する関係者からは、こんな声が漏れた。
「寝耳に水だったのは菅首相だけ。
 昨年末にうわさが出た段階でプライスイン(織り込み)されており、
 記者団に『今、初めて聞いた』と答えてしまう首相の見識は、
 にわかに信じ難い」。

外資系金融機関の債券ディーラーは「新手の(為替)口先介入であって欲しい」と困惑する。
もはや あまりに馬鹿すぎて あまりにキチガイすぎて あまりに正気の沙汰ではないので
本当に人間なのか とすら疑われる反応になっているよねw
菅直人はヒトモドキでしかない、もはや路傍の石よりも劣る無機物と大差が無い。

で 当然に この話は
日本国債の格付けを下げる意図というのは、
下げておいて自分が買おうという下衆なだけの根性
なので
米債務上限引上げが意味するもの - Walk in the Spirit
2000億ドルもの金が市場にあふれてくる?

又、国債発行/償還に備え、現在の14.29兆ドルの上限引上げは避けられない(ガイトナーいわく)、

となると、連鎖的にその国債を買うプログラム、QE3が登場することになる?


債務上限引上げ/国債追加発行とは、
FEDのプログラム(POMOなど)に連動して、
株価(商品)の上昇と心得なければならない?

こんなドルを買っていた菅政権は
抱きつき心中されているだけなのに それすら歓んでいる、という歴史上でも類例を見ないキチガイなんだけど
殆どの個人とされるニュースサイトもまた同様なレベルでのキチガイなので 救いようが無い。

 そ う い う 話 に は 疎 い

と言って 虐殺への加担を毎日に行える人達は
幼子が育った時に如何なる視線が自分へ向けられるか なんて観点も当然に理解できないだろうね。
そういう話に疎い とか思う人は なれば
春にして君は離れ」でも まず読むべきだろうけどね。 


エジプトの株式市場 - Walk in the Spirit
こちらは格下げどころの話ではなさそうだ、
ワロタw 良いグラフだw

で まとめて置いて見る


2010年12月27日 スロウ忍ブログ: コートジボワール大統領選問題でバグボ大統領とワタラ大統領が対立。国連はワタラ大統領を支持。
コートジボワールでの大統領選挙に不正があったとして、バグボ(バボ)大統領が米仏による介入を指摘し、非難している。コートジボワールは現在バグボ大統領とワタラ大統領の二人が大統領として擁立されているという異常事態だ。

2010年12月28日 スロウ忍ブログ: コートジボワールのバグボ大統領に対抗すべくワタラ氏が呼びかけたゼネストはあえなく失敗。ワタラ氏の求心力の無さが露呈。

2011年01月25日 スロウ忍ブログ: コートジボワールの米仏傀儡大統領ワタラがココア・コーヒーの輸出禁止でバグボ支持者を兵糧攻め。
所詮は米仏の傀儡であるワタラには、国民の求心力が皆無だ。
以前ワタラが呼びかけたゼネストも失敗に終わっていた様だが、
今回のココア・コーヒーの輸出禁止の作戦も失敗に終わりそうだなw

それにしてもここの処、アフリカ周辺が物々しい雰囲気である。チュニジアでは現在反政府デモが繰り広げられている。

 チュニジアの革命、我が国でも 中東圏相次ぐ反政府デモ
 http://www.asahi.com/international/update/0124/TKY201101230331.html

俺は、これらの民主化(笑)デモにはCIAなどが関与していると見ている。
というか ニカラグアの内戦の事を考えれば 冷戦構造時と何一つ変わらない思考の下で動いているから
このネット時代にあってはバレバレだよねwwww


スロウ忍ブログ: モスクワのドモジェドボ空港の爆弾テロ事件を受けて、各国首脳が国際テロと共闘表明。石油戦争屋と原油投機筋の影。
24日夜にモスクワのドモジェドボ空港で爆弾テロ事件が起こった。
それに対してメドベージェフ大統領はテロ組織を壊滅させるとまで言っている様だな。

なぜか米国オバマ大統領やフランスのサルコジ大統領を筆頭に
NATOや国連もテロを激しく非難している。

メドベージェフがCIAの傀儡であると考えれば、
今回のテロも仕組まれたものである可能性も否定出来ない。

前米国大統領のブッシュは9.11テロをキッカケに米国愚民どもの指示を得たわけだが、
今回もそれと同じ臭いがする。
場所が米国からロシアに変わっただけの話だ。

今回も石油戦争屋が一枚噛んでいると予想しているのだが、
テロ撲滅という錦御旗の下に、またどこぞのパイプラインを狙って侵攻するんじゃないかな。
東京Kittyも指摘しているが、バクー油田に繋がるカフカスあたりが怪しいな。
まさかw そういう下衆で下品な連中が テメェのカネで戦争をするはずがないw
つまりカフカスでは近すぎるw 狡猾な連中なればこそ 其処までマヌケとも思えないが。
だから 中東から北アフリカ辺りが
  落 と し 所
なんじゃない?www

パイプライン破壊で原油を高騰させ、大量消費国から富を搾取するいつものパターンが予想される。石油戦争屋とCIAとその傀儡たちによる芸のない共闘作戦だ。
メドベージェフが傀儡かどうかはともかく プーチンと比べれば かなり信用はできないよね
どっちにせよ ホント 相変わらずの芸のない共闘作戦だよねw

スロウ忍ブログ 2011年01月26日: エジプトでムバラク独裁体制に対する大規模な反体制デモ。モスクワのドモジェドボ空港で起きた爆弾テロとの関係は。
国民の反政府デモを抑えて求心力を取り戻したければ、
米国CIA主導の国際テロとの共闘に参加しろ
 ということだろう。
もちろん国際テロとの共闘と言うのは名目であろう。

モスクワのドモジェドボ空港で起こった爆弾テロを受けて、
エジプトのムバラク大統領はロシアのメドベージェフ大統領と電話で協議をしている。
そこでエジプトに対して対テロ共闘参加要請があったのではないかな。
で 反政府主義者をテロリストと認定して 架空の勇者を作って
ムバラクが協力的ならば国外へ逃がし 非協力的ならばエジプト国内に潜伏 と嘘デマ扇動を流し
戦争を起こして もしくは起こす起こす詐欺で原油暴騰をさせる、
で とにかく日本はカネを出せ、そんな筋書きでしょうねwwwww



スロウ忍ブログ: FRBがFOMCでゼロ金利政策と量的緩和策継続を決定。
というか 単なるインフレが始まるだけ って言いきっちゃった方が早いんじゃないでしょうかw

スロウ忍ブログ: 米格付け会社(笑)S&Pが日本国債を格下げ。
日本は大切な貯金箱なんだからデフレを継続してもらわねば困る、と言いたいのだろう。
実際、日本の資産は、「刷り散らかされて目減りするドル」の避難場所となっている。

 http://surouninja.seesaa.net/article/181431726.html

米格付け会社の各付けは米国の悲鳴と見るべきだw

 http://surouninja.seesaa.net/article/181417617.html


http://blog.livedoor.jp/miyabinasekai/archives/51523773.html
経済ニュース悪夢:聞けば怒りたくなる20の事実
海外の January 24th, 2011 の記事の邦訳、分かってる人は分かっている。国も人種も言語も問わずにね。
分からない人間 幸せな家畜や無自覚な下僕は、結局 永遠に分からないのだろうw

1.何百万ものアメリカ人世帯は破綻しないよう必死に貯蓄と投資への資金を使い込んでいる。過去2年間で、彼らは預けるよりも余計に3110億ドルを預金口座と投資預かり金から引き出した。

2.150億ドル:2010年にゴールドマンサックスが雇用者に支払った報酬額

3..自宅から追い出されアメリカ人世帯数は2010年新記録を樹立した。

4.スーパーマーケットで我々が購入する何十ものパッケージは、そのサイズが20%ほど縮小されたものになっている。例えば、クラフト・アメリカン・チーズのパッケージ内にはチーズの切れ端が2枚少ないのだ。スコット・トイレットペーパーでは9%小さくなっている。だから同じ品物に同じお金を支払っていると思っても、実際は価格の上昇に出くわしているのだ。
 
5.カナダのある会社は工場から何百万ドルもする何トンもの工業製品を出荷していたが、その工場が閉鎖され中国に移転してしまった。

6.アメリカでは今日、アメリカ内の全ての金融アセットの93%を20%の最富裕層が保有している。

7.アメリカ人のたった35%が、3ヶ月間の生活費を賄うだけの緊急用貯金を充分に持っている。

8.全てのアメリカ人の47%は、世界中で中国が経済力で世界一だと思っている。

9.もしもアメリカの銀行システムが健全ならば、なぜ「問題ある銀行」が増え続けているのか?非公式のリストに掲載された問題銀行の数は、先週937行に達した。

10.元労働長官のロバート・ライヒによれば、全アメリカ人の0.1%の最富裕層が1億2000万人の最貧層と同額の金を稼ぎ出しているという。

11.アメリカの住宅価格はこの経済不況の中で、大恐慌時代の1930年代より更に落ち込んでいる。

12.困惑させられる新しい調査結果として、アメリカの大学生の45%が、2年間勉強しても重要な習得成果を表していないという。

13.アメリカ人は今や8840億ドルの奨学金を負っている。これは新記録である。

14.国連は世界の食料価格は去年の12月記録的な高値をつけたと言っている。また石油価格は1バレル100ドルに向かっていると言っている。しかしアメリカ政府はインフレは殆どない、と言い続けている。

15.フードスタンプに依存するアメリカ人が増えれば、JPモルガン銀行は儲けることになる。今日、記録的な4320万人のアメリカ人がフードスタンプに依存している。そしてJPモルガンはこの給付金の手続き操作で莫大なお金を稼いでいる。

16.1970年には、アメリカ内の全ての職の25%は生産業関連職だった。今日では、その率は9%にまで落ち込んだ。

17.何十もの州では2011年に増税を実施するか、増税案を提出することを考慮中だ。

18.アメリカは1976年以来、貿易赤字が増加し続けている。

19.財政赤字は初めて14兆ドルを越えた。また2011年中には15兆ドルを越えると見られている。

20.アメリカ経済が必要としていることは、我々に自由にさせることだが、その代わりに彼らは我々を統制しようとし続けている。実際、オバマ政権は「インターネットID」の導入を提案している。これは、インターネットでの我々の動きを監視し、調査し、ゆくゆくは統制しようとするだろう。



Winux/Lindows ちょっとどころではなくやばそう。ウイルス作成罪を盛り込んだ刑法改正案が今期国会に提出される

八  不正指令電磁的記録作成等
  1  人の電子計算機における実行の用に供する目的で、イ又はロに掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処するものとすること。(第百六十八条の二第一項関係)
   イ  人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
   ロ  イに掲げるもののほか、イの不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
  2  1イに掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、1と同様とすること。(第百六十八条の二第二項関係)
  3  2の未遂は、罰するものとすること。(第百六十八条の二第三項関係)
 九  不正指令電磁的記録取得等
 八1の目的で、八1イ又はロに掲げる電磁的記録その他の記録を取得し、又は保管した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処するものとすること。(第百六十八条の三関係)


定義が曖昧すぎる。ざっくり訳そう。

八 これがウイルス作成罪と言われる物
1.人のPCで実行する目的でのプログラム作成又は提供のうち、以下のものが当たる、というもの
イ 操作者の意図に沿う動作をさせず、または意図に沿わない動作をさせるもの
ロ 上の不正な指令を記述した記録
2.1−イのプログラムを人のPCで実行させたものも1と同様
3.2の未遂は罰する

九 これは八の目的でのプログラムの取得と保管を罰する、というもの

さて、問題は「ウイルス」の定義なのだが、
「意図に沿わない動作」をするものをウイルスと定義付け、かつこの作成で罪になる。
配布ではない。作っただけ。
研究目的は「人の電子計算機における実行の用に供する目的」に入らないので除外、
とも言われているが、この辺りはいまいち明確ではないように思う。

では、何が具体的に問題か。
プログラムとは人が書くもので、当然にバグがある。
よって、「意図しない動作」をするプログラムなぞ掃いて捨てるほどあるわけだ。
特にうちのブログに来てくれている方々には馴染みが深いだろうが、
Linuxデストリビューションの数々、OSSソフトの数々は
いわゆる「たたき台」や「バグだし」の段階から公開される。
よって、この時点で「人のPCにおける実行の用に供する」に該当するわけだ。

そして この段階では「意図しない動作」をすることは多々ある。
セキュリティ的にも怪しい物で、まぁぶっちゃけある程度個人情報が漏れたり、
セキュリティホール突かれたりすることもなくはない。

これらは全て、当てはめようと思えば当てはめられる。
つまり、
人のPC上で使わせるものであればバグの存在が許されない
という解釈が容易に成り立ちうる。


プログラマー系に強い人のようなので まさに現場の意見。
都条例といい、宮城の条例案といい、DVDのアクセスコントロール問題(著作権)といい、これといい、もう日本は狂ってきてるね。
憲法が保証する自由は一体どこに行ってしまったのか。

プログラマ、IT業界、ゲーム業界壊滅、なんてことにならないことを祈るばかりだ。
あぁ、まだ可決されてないから望みはあるけどね。あと、まだできること(陳情とか、意見とか、署名とか)もあるかもしれない。その辺は調べてできるだけのことはしていきたいですね。

こういうのを踏まえた上で 俺はだから こう書いた
http://mkt5126.seesaa.net/article/182645731.html
簡単ですよw

米帝の無自覚な下僕 忠実な下僕 となれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に 末端に切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww

米帝の下僕 すなわち宗教右翼に傾倒すれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に末端の切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww


米帝
ニホンジンの国家
大和民族系日本人の共同体


米帝に反逆し
(宗教右翼的な)ニホンジンの国家像にも異議を唱える
そういう大和民族系日本人の共同体の住人として生きていこうとする者達は
如何なる理由で有れ 家畜か奴隷としての生き方以外は認められませんよwwwwwww


今回の法案は 単に
大和民族系日本人の共同体の全住人である奴隷や家畜に過ぎない分際で
主人(米帝)や使用人(宗教右翼を軸にしたニホンジンの国家)に対して歯向かったり反逆したりしたら
問答無用で屠殺や虐殺が合法的にできるようする それだけの意味しかない。
それ以外の意味は全くにない。

現実社会の日本を侵略した米帝とニホンジンが
大和民族系日本人の魂の逃げ場にして最後の宿り場である 「ネットの日本語権圏」という虚構世界へまで
その侵略の食指を公然と伸ばしに来た、それ以外の意味は無い。


この虐殺の一手を
そういう日本の現状そのものが 未だに皆目に理解できない人達へ
だから俺は言い続けているんだよね、此処で。


「コンピュータ監視法案」提出だって!? 法務官僚は世界最悪の謀略団体CIAを捜査する覚悟はあるのか 属国離脱への道

 もともと自民党政権の時代に、「コンピュータ監視法」は共謀罪法案とセットで提案されていた法案である。このような警察国家する法案は当然のように成立することはなかったわけであるが、今回は国民からの抵抗の大きい共謀罪を切り離して法案提出するということだろう。

 コンピュータ犯罪を取り締まるなどと言うのは単なるきれい事で、実質的なネット弾圧である。作成段階では何も実害の起きていない段階でも自由に捜査できるわけで、監視社会の到来はもちろん冤罪や違法検挙の温床となるだろう。

 裏社会の面々の悪巧みは、ネット社会にあってはたちどころにネットで暴露され、全国に情報が流通する。こうなってくると、昨年後半に起きた警察のテロ情報流出事件などというのも世論喚起のための自作自演という可能性も疑われる。法務官僚が仕組んだものだろう。

 こいつらは、とことん人間が腐っている。どうせ、米国から「愛国者法」同様の法律を成立させろと要求されてるのだろう。


 ところで、当初コンピュータ監視法案とセットでやろうとしていた共謀罪と言えば、日本国内はもちろん世界中で最も悪質な組織は、CIAとモサド。コンピュータ監視法で法務官僚の皆さんは、CIAを捜査する決意を固めたということでよろしいでしょうか?

「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」
http://www.moj.go.jp/content/000008364.pdf


コンピュータ監視法案の再上程について考える: 法と常識の狭間で考えよう

共謀罪法案から、国連越境犯罪防止条約の国内法化である共謀罪、マネーロンダリング罪の前提犯罪の拡大、証人等買収罪などの部分を除外して、通常国会に再提出する方針を決めた。

 共謀罪法案というのは、元々、強制執行妨害罪などの改正案に、国連越境犯罪防止条約の国内法化のための共謀罪等の新設等が加わり、その後、サイバー犯罪条約の国内法化のための刑法・刑事訴訟法の改正案が加わり、「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」として、2004年2月に国会に上程されて以降、衆議院解散後に、何度も提出し直された法案であった。

 しかしながら、共謀罪の新設に対しては、市民による強い反対を受け、国会でも激しい論戦が交わされた。
 この経緯や日弁連の意見を踏まえ、2009年の衆議院議員選挙の際の民主党の政策INDEX2009において、「共謀罪を導入することなく国連組織犯罪防止条約の批准手続きを進めます。」との政策を決めて政権交代を実現した。

 このような経緯からか、民主党の菅政権は、元の法案から、共謀罪を含む国連越境犯罪防止条約の国内法化の部分を除外した法案を提出することにしたものと思われる。

 政府は、第177通常国会に、「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」(以下「コンピュータ監視法案」という)を提出する方針である。

 この中核をなすのが、サイバー犯罪条約の国内法化に関する部分である。

 
サイバー犯罪条約(Convention on Cybercrime)は、欧州評議会(Council of Europe)において、2001年11月に採択された条約であり、日本も、オブザーバーとして参加して署名している。現在までに40カ国が署名し、30カ国が批准している。オブザーバーとして参加している国の中ではアメリカ合衆国がいち早く批准している。

 日本はこの条約に未批准であるが、国会においては、2004年4月21日に、この条約を承認する旨の決議をしており、国内法化する法律が成立したら批准する運びとなっている。

 ところで、サイバー犯罪条約は、国民のプライバシーや通信の秘密に対する重大な制約となる危険性が大きい内容であり、コンピュータに関する犯罪について、強大な権限を捜査機関に与えることを意図したものである。

 これまで提出されてきたコンピュータ監視法案は、その一部について最低限国内法化するためのものであり、特に、ある一台のコンピュータに対する捜索差押許可状があれば、、それと電気通信回線で接続しているコンピュータに蔵置されたデータを差し押さえることを認めるリモートアクセスの規定(刑訴法218条2項の改正案)、捜査の必要があれば、プロバイダー等に対して、通信履歴について最大90日間の保全を要請し、その差押を容易にする保全要請制度については問題が大きい。

 しかしながら、政府がサイバー犯罪条約の批准を急ぐ理由は、その先にあると考えられる。

 サイバー犯罪条約は、全ての犯罪について通信履歴をリアルタイムで収集するための制度及び重大な犯罪について、メールを含む通信内容をリアルタイムで傍受することを可能にすることを求めている(同条約20条、21条)。
 1999年に成立した通信傍受法(犯罪捜査のための通信傍受に関する法律)がそれに対応していないことは明らかであり<必ず通信傍受法の改正が必要となる。政府は、サイバー犯罪条約の履行のためと称して、そのような広範な盗聴を認める法律を作ることが狙いであると考えられるのである。



江田五月法務大臣は、コンピュータ監視法案について「何の問題もない法案」だと考えて、
通常国会への提出法案の中で優先順位を上に変更するよう指示した
と伝えられている。

コンピュータ監視法案が成立すると、
これまで以上に強大な権限が捜査機関に与えられ、
国民の監視の目が広がり、国民のプライバシーや通信の秘密が侵害されることは明らかである。
この法案が このタイミングで出ながら こんな話もある
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/673.html
02. 2011年1月27日 19:24:14: 5weXIBclMc
米国務長官「ネット上のやり取り妨害するな」

【ワシントン=山口香子】エジプトで続く大規模反体制デモを巡って、
クリントン米国長官は26日、
「エジプト当局に、平和的なデモやインターネット上のやり取りなどを妨害しないよう求める」
と記者団に述べ、
デモ隊の強制排除や簡易投稿サイト・ツイッターの遮断に乗り出したとされる政府の対応を批判した。

長官は、オバマ大統領が25日の一般教書演説で
「米国はすべての人々の民主化への希望を支持する」と述べたことに触れ、
これがエジプト国民にも該当すると指摘。エジプト政府に政治改革の実行を求めた。

(2011年1月27日17時32分 読売新聞)

と,宗主国アメリカ様のお偉いさんがのたもうておるぞ。

対米従属犬どもは拳々服膺してもって瞑すべし。
にもかかわらず 菅政権の暴走が止まらない。

やはり俺は国出身のアメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipediaジェームズ・クラッパーを激しく疑わざる得を得ない


警察国家の予感がする|Aobadai Life

で 案の定 昨日に言った通り
衆目を集める個人とされるニュースサイト群 や ニュー速系2chコピペサイト群 は完全に黙殺。
お前ら 目は何処に付けてるんだよ、凄い情報通ですなぁwwwwwwwwwwwwwww
最近 ちょっとだけ良い感じの面白ニュース 様が 頑張ってましたね。
残りの 1000〜/1日の所は 屑ですね 無能ですね。
更新そのものに深く関わる大問題にもかかわらずに このザマではね。

でなければ詐欺師確定だね、今更 遅いからね。
自覚の有無を問わずに 詐欺師が如何なる信用を得られるか?
俺が言うまでもないだろう。

で この話を出して
民主党は駄目→小沢と鳩山兄も駄目 という事を否定しないコンボを出してくる大馬鹿野郎やパラノイアは
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

で 自民も駄目とか言いながら皆の党を否定しない不可思議な連中が
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

この話が拡散するにつれて 不思議に
俺が書いたような米ジェームズ・クラッパー国家情報長官の話は
がっつり削られて拡散するのでしょうなぁ

馬鹿で豚にすぎない民衆のままに 幸せな家畜や無自覚な下僕と化し
情報工作を行っては虐殺に加担し続ける行為を、
俺は これから目の当たりにするだろうね。

この目に しっかり焼きつけておくよ。
「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」する日本全体を構成するのカルト構造の
その無残な現状をね。












http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-386.html
>ところでH議員が週刊誌で勇ましい発言をしていますが、大丈夫ですか?
>余り騒がない方がいいと思うのですが、彼には荷が重いかなぁ(笑
鈍感です・・。
ではなく・・(笑)
同感です!
彼に・・チカラ仕事出来ますかね・・。
ちょっと不安です。

2011/01/26 18:03 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]

コレ ですね http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/507.html
俺も同意w 原口は そういう事を言わない方が良いよね。


藤井

忠臣が・・
なぜ裏切ったのかって?
これはご本人からお聞きしたわけではございませんので・・
想像になりますが・・
"偉くなりすぎた" のが、原因・・。
これが大方の一致した見方です。
大変存在感のあるかたのそばにいるうち・・
まわりの官僚やら・・
今まで疎遠だった議員までが・・
先生!センセイ! と、寄って来る。
それを・・
自身が偉くなったと菅違いして・・
次第に・・
同等の立場だと思い違いしちゃう・・。
お気の毒な一面もございますが・・
恩ある人に・・
後ろ足で砂かけるようなマネしては・・
この先・・
もうロク (笑) なことないでしょう。

旧自由党の幹事長当時・・・
自由党向けの・・
政党交付金を含む約31億円が組織対策費などの名目で、
藤井氏あてに支出されたことについて・・
「知りません・・。 記憶にない・・のではなくて知りません!」
この歳になって・・
こう言うウソ言っちゃいけません。 (笑)
党内の事務手続きは幹事長の責任ですし・・
知らない人の口座へ送金することなど・・
出来るわけないのは、誰でも判ることです。 (苦笑)



>藤井さん、昨年の9月に講演を聴きました。
>オヤブンを褒めてましたし、憎んでるというような感じもしませんでした
ホニャララ党青年部主催の・・
アレ・・ですね!?(笑)
憎んでない?
そりゃそうです。
この件は、ちょっと複雑な事情がございまして・・。(苦笑)

2011/01/26 17:16 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]


これ・・
実はとてもシンプルな原因なんです。
簡単に言えば・・
人間関係とプライドを多少傷つけられたってことで・・
まあ、でも受けた恩に比べれば・・
と思うのですがね・・。

2011/01/26 17:33 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]
コレですね
 http://mkt5126.seesaa.net/article/177893166.html
  http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101229/1293550079
目端のきいた子分達が、小沢の元から去っていくのは、
小沢の「戦略眼」に不安を感じるからである。

小沢の元から去っていった子分達が、その後、どーなったかは、言うまでもない。

小沢が、新しく集まって来た仲間達とともに「復権」を成し遂げるのに対して、
小沢の元から去っていった子分達は、
ほぼ世の中から消えているか、政界のはぐれカラスになるかである。

幹事長の岡田克也は、マスコミの小沢評を受け売りして、
「小沢さんの元に人は集まるが、すぐに去っていく」
と、小沢に人間的欠陥があり、政治的欠陥があるかのように批判している。

むろん、岡田やマスコミが間違っている。

小沢の近くにいると、どんな無能政治家も、
小沢の「政治的な仕事」の余波で、実力以上に過大評価され、
持て囃されているうちに自分を見失う。

小沢は そこを こそ見ているのだが。

船田元は、かつて小沢の第一の子分として注目され、
海外メディアから、「21世紀の世界的リーダー」にまで選ばれたほどだが、
突然、小沢からの連絡が途絶えたと泣き言を言っている。

船田と同様に勘違いした政治家は少なくない。
最近の例では、渡部恒三、藤井裕久、石井一……。
彼等は、最初は小沢の子分として注目され、
次に小沢を裏切った政治家として、
そして最後に敵側に寝返り、「小沢潰し」に狂奔する政治家として、注目されているにすぎない。

菅直人の顔が見るも無惨というか、醜悪な顔に変わったのは、小沢や国民への裏切りと嘘を繰り返して来た結果と思えば、不思議でも何でもない。

それに対して小沢の顔は、好き嫌いは別として、いつもスッキリしている。
王道と覇道ということばがあるが、小沢が王道の人であるのは間違いない。
それに対して菅直人は……。

与謝野

いま、問責に最も近いオトコ (笑)
として脚光を浴びてる・・
このかた・・。
最近では・・
人間90年!を主張して、
もう直ぐ年金を受給できる年代の方々から・・
「死んじまえ! この死神!」
などと親しまれてる・・(笑)
このかたより早く・・
その席に火がつくかも知れません。


> 民主党議員のヤジ 「ヨソの」大臣!!
他所の大臣・・は、笑えますね!?(笑)
ちょっと、パクらせてください。 (笑)

2011/01/26 17:31 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]


>ところで、ヨッ!さのさんの入閣は、朝日新聞船橋主筆の強力な推薦
だメディアと政府の癒着の一端を暴露しましたね。
これについては・・
草の者より情報が入ってますので・・
近々・・書きます。 (笑)

2011/01/26 17:00 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]

>今週の週刊ポスト、朝非新聞もカン総理とスクラム組んで、
>「増税、TPP賛成、対米追従」キャンペーン
彼らの体質として・・
スポンサーの意向次第で・・
カラスを白・・
金魚を黒・・と、やる体質がございます。

>新聞各社に対しても名誉棄損裁判等が起こると、国民の民主主義に対する意識は一気に高まるのかな
これも・・
久しぶりなので・・
もっとも効果的な作戦を・・
今度書きます。 (笑)

2011/01/26 17:05 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]

岡田

このかたが・・
「年内解散はない!」 なんておっしゃってましたが・・
政局オンチのこのかたの言です。
政倫審同様・・(笑)
正反対の結果になる可能性が大きいですね。

なんと言っても・・
仙谷
このかたが・・
徐々に官邸に距離を置き始めたのが良い兆候です。
さらには・・
珍しく地元に帰り・・
丸1日かけて、組織を引き締めたことは・・
"全毒が菅を見限った!" と・・
瞬く間に、永田町に伝えられました。

物事において・・
特に政治の世界においては・・・
上手く行かなくなり得るものは・・
何でも上手く行かなくなるものです。
そしてそれは・・
最悪のタイミングで起こります。 (笑)

しかしですね・・
最悪か・・
最高かは・・
身をおく立場によってまったく異なること・・。
このことを・・
レギュラーの皆さんなら・・
良くご承知のはずです。 (笑)



>統一地方選、候補者にきっちりと伺い、その方の意思を確認する所存。
>昨日はすでに一人とお話合い。
戸別訪問!?
しっかり回ってる候補者も・・
いるんですね?
ホニャララ党にも・・。(苦笑)

>(帰宅した主人が笑いながら「あそこには行くな、と今頃は言われてるよ」と・・・。)
党本部あたりだと・・
そう言う対応ですが・・
気弱な地上げ屋の支部では・・
苦情言ってくれる家には・・何度も通え!
と指令出してます。 (笑)

2011/01/26 17:52 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]


>誰かさんに憧れているように見える菅としては、
>「平成の開国が必要か必要でないのか!国民に聞いてみたい!」
これは!?
鋭い!
鋭すぎる!(笑)
あこがれてはいませんが・・
人を会して・・
教えを請うてるそうです。 (苦笑)

>ということは、梅雨の選挙かな?
これまた鋭い!
6月・・
7月が濃厚です。


2011/01/26 16:54 | 気弱な地上げ屋 #- URL [ 編集 ]



島田紳助の『めし友グランプリ』に非難殺到 「地元をコケにするな」「紳助の独断と偏見」 ネットゲリラ: 馬鹿舌紳助の喰い方がとにかく汚い


ネットゲリラ: 昔、トレイハー・ロースにはかなり世話になった トレハロースで有名なバイオ企業「林原」が私的整理申請 抗がん剤など、負債1千億円
ケーキや和菓子には欠かせないモノらしい。餅というのはすぐに固くなってしまうんだが、トレハロース使うといつまでも柔らかいわけで、コンビニなんぞで売られる菓子には必要不可欠ですね。もっとも、そんな業務用にしか使われない食品添加物をTVで派手に宣伝するのって、どーなのよ? というのも気になるんだが、ここはかつては「日本一の水飴屋」だったという完全な同族会社で、当代が「猿を飼う」とか「化石を集める」とか、道楽にカネを注ぎ込んだのが失敗の原因のようで、まぁ、トレハロースという独占事業を持っているんだから、創業者一族を追いだしてマトモな経営者がやればすぐに再生できるだろう。
いや このタイミングでの破綻はヤバイw 外資の餌食に晒される。
キチンと守れよ




http://blog.livedoor.jp/miyabinasekai/archives/51523773.html
不況が大好物。「不況になれば官僚栄える」|ライジング・サン(甦る日本)


自らに対し不利な報道を絶対にさせないマクドナルド

地球上でマクドナルドのハンバーガーを「食品」と認識する生物種は人類のみだった

破綻したカリフォルニア州バレーホ市の例

暴走する連邦準備制度




日本にアルカイダはいないが、こいつらが日本のテロリストたちである|ライジング・サン
いわゆる そういう人達「ジャパン・ハンドラーズ」な人達の向こうに誰かいる
と俺は踏んでいたんだけど ずっと其れが分からなかった。
現場で動く者達が居るのならば 実質的な“現場監督”が必ず居るはずだからね。


ちょっと一足飛びに上まで行っちゃったけど
米国家情報長官の初代がジョン・ネグロポンテで 現職はジェームズ・クラッパー
という視点を書く人の少なさが
俺に その辺りの事を考察させる に 二の足を留まらせていたんだよね。

これから そういう視点を書いてくれる人が増えてくれると良いなぁ。




posted by 誠 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

標的となった国を「内戦状態」に陥らせ、 敵対陣営の“不正義”と“脅威”を煽ることで
現地の親米政権や親米武装勢力への支援などを正当化し

市橋達也の冤罪検証・リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の本質とは? | 憂いの果てに



誠天調書: 冤罪検証 1

誠天調書: 冤罪検証 2

誠天調書: 冤罪検証 3



誠天調書: 市橋達也は冤罪なのか? リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件、は不思議な部分が多すぎる。

誠天調書: 「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 と ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件」、 その冤罪性の共通項。



この周辺の話を読み解こうと思うだけで 間違いなく丸一日は潰れるw
けれども 圧倒的なまでに上質なミステリーを味わえるかの如きな話に巡り合えるも また間違いなく事実だ。
はじめは興味本位でも一向に構わないと思う。
事件の真偽を考える為にも 上記記事が大きく大きく拡散する事を願う。

この 一般庶民へ恐怖と戦慄を決定的に与える事件が 如何に嘘デマ扇動の下で情報工作されてきたか。
そして なぜ情報工作が行われてきたのか?
を 自然に疑う事になる事は間違いないからねwwwwwwwwwww


正直 今回の出版は「しめたw」と思ったね。

植草ミラーマンの事件が 公判が上部審へ移る度に情報工作が小さくなっていった経緯を思えば
下手に工作を図り攻勢へ出る事が 逆に 如何に墓穴を掘るか、
という事を敵も学んでいるはずなのにねwwww

アホだねw
このまま粛々と淡々と 市橋を極刑へと葬り去ってしまう方が簡単だったはずなのにねw
そもそも ネットの日本語圏の片隅の意見なんかは
常に虚構世界の虚無の果てへと消え去るしかない運命だったのにww
ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件 や 三井埠頭事件 と同様にね。


なので
こうしてカウンターは必至なのに迂闊に攻勢へ出た理由は何?
つまり 1.迂闊に攻勢へ出たのか?
あえて 2.迂闊に攻勢へと出ては 威力偵察をしようとしたのか?
それとも 3.別の理由から迂闊にでも攻勢へ出ざるを得なかったのか?
という事なのかな とも妄想した。

1.なら 敵も馬鹿じゃないので 次の手を打ってくるだけになるから 其処を考える。
次の手をも考えているはずなのが2.と3.になる。
2.の場合
twitterやブログなどなどは 猛烈な監視検閲の対象なので その状況は
site:mkt5126.seesaa.net "行動ターゲティング広告" - Google 検索を含めて
ググルのアドセンスそのものが監視道具となっている事は確実な事も考慮すれば、ということにもなるけど
それにしては仕掛けが大きすぎるので コレは あくまで副次的要素か。

3.の場合

http://twitter.com/rirnrin9999/status/30108771648798720
リンゼイさんの父がMI6関係者だったとか
http://twitter.com/jhatajinan/status/30109624187232256
確か、リンゼイパパは自動車教習所の講師だと報じられてましたね。

ビル・ホーカー、ウィリアム・ホーカー、
ニックネームからしてもビルゲイツ→ウィリアム・ゲイツ三世にならう典型的なユダヤ人なんですけど、
MI6かあ、アクターだとは睨んでるんだけれど諜報員すか

アクター - Google 検索
(広義として)役者。演じる人。

ビル・ホーカーとウィリアム・ホーカーの二つ名が有るんですよねw 通名みたいなものでしょうかw

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1432708909
ウエッブメールを使っている市橋はエシュロンをつかえば2時間で逮捕でしょ?リンゼイ親はMI6に捜査協力を頼めばいいのに?
まぁ その話はともかく
http://fd7s6dfjzz9.0catch.com/060419/1175425921.html
【英国人女性殺害】「娘を殺した犯人は日本を侮辱した」 駐日英国大使が被害女性父親の声明発表
 
1 名前:西独逸φ ★ :2007/04/01(日) 20:12:01 ID:???0
千葉県市川市のマンションのベランダで、
英会話学校講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(22)の他殺体が 見つかった事件で、
グレアム・フライ駐日英国大使は1日、東京都内で記者会見し
「日本を愛し、尊敬していた娘を殺した犯人は、日本を侮辱した」
とするホーカーさんの父親の声明を読み上げた。

声明で「犯人は逮捕されなければならず、隠れることは許されない」と訴えた。
また「今も日本と日本の人々を尊敬している」と日本の捜査機関に敬意を払ったうえで
「日本のみなさまが、家族や地域社会の結びつきを非常に大切にすることを承知している。
 犯人を見つけ出すための情報提供にご協力を」としている。

ソース
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070402k0000m040043000c.html
1. 一殺人事件で外交官の公式会見で引き合いに出すは かなり違和感を覚える。
2. しかしその発言には相当な慎重さが有る。外交発言としての言い方に違和感はない。
ということは そういう事なのだろう、としか言いようがないが。
もっと言っちゃえば 主導的な部分ではないが 傍流協力者みたいな感じか。

となれば やっぱり、この話は
アメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipedia
アメリカ合衆国国家情報長官 - Google 検索

こっちの話だと思う。

アメリカ合衆国連邦政府において情報機関を統括をする高官である。
インテリジェンス・コミュニティーを統括し、
アメリカ合衆国連邦政府の15の情報機関の人事・予算を統括する権限をもつ。


以前はCIA長官が中央情報長官を兼ね、
インテリジェンス・コミュニティーの統括も行っていた。

しかし、中央情報長官はCIAの長官でもあるため
自分の統括する組織であるCIAの指揮に集中してしまう。

その為に
情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因で
インテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。


国家情報長官はインテリジェンス・コミュニティーの指揮に専念することになり、
CIA長官は中央情報長官からCIA専属の長官となった。

あくまで現場の動きはCIAから切り離されて 外部調整をCIA長官が行う という形になったんだね。

つまりCIA的な活動の現場は 国家情報長官の下で行われている可能性が高い
と俺は考えるんだけどね。

国家情報長官は
大統領と国家安全保障会議の情報顧問であり、
インテリジェンス・コミュニティーと国家テロ対策センターを統括する。

連邦政府の15の情報機関の人事と予算を統括する権限がある。
しかし、各情報機関への指揮権は不明である。


で前任のデニス・C・ブレアはネオコンに近すぎる行動が過ぎてオバマの反感を買ったはずだったのに
その後釜ジェームズ・クラッパーは更にネオコンな人物ってのが
今のオバマ政権のヒラリーの強さ?それとも共和党の強さ? そこは分からないけど

面白いのが
デニス・C・ブレア 2009年1月29日 - 2010年5月28日
ジェームズ・クラッパー 2010年8月5日 -
つまり空白期が有ったんだねw

で ジェームズ・クラッパー就任後の数カ月後に尖閣事件が起きる、きっと偶然でしょうwwwwww


http://sandancekid.blog82.fc2.com/blog-entry-1202.html 2010-07-29

ジェームズ・クラッパーさん。

米情報機関を統括する国家情報長官に指名された元国防次官(情報担当)。

このひとが上院情報特別委員会の公聴会で
「北朝鮮が韓国哨戒艦沈没事件などに続いて再び同国を直接攻撃する可能性がある」と警告したそうな。

一方ではロシアが韓国哨戒艦沈没事件はでっち上げだ、というようなことも言っている。


わたしが腑に落ちないのはこのタイミングだ。


いまや日本、アメリカ、ヨーロッパのどこから経済危機が発生してもおかしくない、
と言われている。
世界恐慌のような世界同時株安なんかが起きる瀬戸際、と言うわけだ。

そういえば第一次世界大戦が終わって世界恐慌が起きた後、
世界は第二次世界大戦に突っ込んでいったっけ・・・。

世界大戦にでもなれば、経済だなんだ、というのは二の次になる。
まずは武器が必要なので武器屋が儲かる。
いろんなものが壊れるのでつぎは土建屋だ。


ジェームズ・クラッパーさんの「北が攻めてくるよ、戦争になるよ」的な発言は、
朝鮮半島情勢が不安定と言われているとはいえ
わたしには唐突に聞こえるし、どちらかといえば「早く攻めてこいよ」と言っているかのようだ。

で昨日もリンクした
2010.07.21 ネオコンに近いクラッパーが国家情報長官になれば、東アジアも焦臭くなる

 アメリカでネオコンが勢いを盛り返し、戦争の機運が高まっている。そうした状況を象徴しているのがDNI(国家情報長官)の交代劇だろう。6月に辞任したデニス・ブレアは2001年、米太平洋軍の司令官だったとき、ジョージ・W・ブッシュ大統領を支えるネオコンの「中国脅威論」を公然と否定したのに対し、今回指名されたジェームズ・クラッパー空軍中将はネオコンに近い人物だと言われている。

 2001年9月から06年6月にかけて、クラッパーはNIMA(国家画像地図局、2004年にNGA:国家地球空間情報局へ名称変更)の長官を務めている。つまり、アメリカが「戦時体制」に入ったときから、アフガニスタンやイラクを先制攻撃していく時期ということになる。

 イラクへの攻撃を実現する上で、クラッパーの果たした役割を覚えている人もいるだろう。イラクに「大量破壊兵器」があるという話を広めたひとりなのである。例えば2003年3月、アメリカ軍がイラクを先制攻撃する前に、イラクからシリアへ大規模な車列を衛星が撮影したとしたうえで、禁止された軍事物資を運んでいることは間違いないと断言している。つまり「大量破壊兵器」を運んでいると示唆したわけだ。カール・ローブのようなネオコンは喜んだが、そうした兵器は見つからず、クラッパーの話は間違いだったことが判明している。

 このクラッパーは20日、上院の承認を得るために公聴会へ出席し、「朝鮮が韓国を攻撃する」と主張している。この証言に合わせるように、韓国を訪問中のヒラリー・クリントン国務長官は朝鮮へ新たな制裁を課すと宣言した。その理由のひとつが今年3月に韓国軍の哨戒艦「天安」が沈没した事件。

 沈没事件のあった海域は国境線が画定していないため、軍事的な緊張が続いてきた。昨年10月、朝鮮は韓国の艦船が1日に10回も領海を侵犯していると非難、11月には両国の艦船が交戦し、朝鮮の船に大きな損害が出たと言われている。朝鮮側は国境線は越えていないと主張、国籍不明の艦船を調査して戻ろうとしているときに攻撃されたとしていた。今年1月にも韓国と朝鮮の艦船が撃ち合ったと報道されている。

 そして3月、米韓両軍が合同軍事演習を行っている最中に韓国の哨戒艦が沈没し、韓国政府は朝鮮の魚雷攻撃があったと主張、アメリカ政府も同調している。ただ、この主張に疑問があることは本コラムでも書いた通りであり、この出来事を理由にして軍事的緊張を高めるという展開はイラク攻撃前のネオコンのシナリオを連想させる。そして、あのクラッパーの登場だ。東アジアも焦臭くなってきた。

 アメリカ政府は平和のためと称して戦争を始め、防衛のためと称して侵略し、民主主義のためと称して社会をファシズム化してきた。歴史を振り返れば、抑止力と称している沖縄のアメリカ軍が侵略のために存在してきたことも否定できない。

で 国家情報長官の就任後の数カ月後に あの尖閣事件が起きる、
ソッカー スゴイ グウゼン ダナァwwwwwwwww

俺も昨日のニカラグアのジョン・ネグロポンテの動きを追いかけるまでは気づかなかったけど
こういう強烈な部分がある事を覚えておかないとね。
だから 東京都青少年条例改正は猛烈に進捗して
↓の話こうなるんだろうね。

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/603.html
江田法相会見 2011年1月25日(岩上安身オフィシャルサイト)
http://iwakamiyasumi.com/archives/5929

岩上安身は、
「不正指令電磁的記録に関する罪」(コンピュータ監視法)について、
民主党は修正案を作成しているにもかかわらず、
なぜ政府案を提出するのか質問しました

(6分25秒から)。

江田法相の回答は、
「勉強不足でお答えできるほどの見解を持っていない」
というものでした。


コンピュータ監視法は、菅政権の本質を如実に表す。
民主党は小泉政権時代、政府案案に反対し、独自の修正案を掲げてきた。

政権交代後、
鳩山政権の時代にも、その姿勢に変化はなかったが、
菅政権になり、今国会で、
表現の自由を損なう危険性のある同法政府案
を そのまま提出する。
法務官僚の言いなり。



法務相、総務相の会見、終了。
江田さんの究極の肩透かしには、面食らった。

ボケ防止のためにも、法案ぐらい読んだほうがいい。
国会始まっているんだし。

今国会に提出する法案を、法務大臣が知らない、
自分の党の修正案もわからないなんて。

7年前から国会を舞台に論議が続いていたのに。

ついに来たか という感じです。
マンガの規制や児童ポルノの規制や著作権規制などの傍流からではなく
法務省側から ネット規制を直接にしてくる その話を菅政権がしてきた。

ネットそのものへの PCそのものへの 治安維持法、でしかない内容です。
案の定 マスコミ新聞テレビ大手メディアが 完全に黙殺してますからね。
January 25, 2011 ちょっとどころではなくやばそう。ウイルス作成罪を盛り込んだ刑法改正案が今期国会に提出される

定義が曖昧すぎる。ざっくり訳そう。


八 これがウイルス作成罪と言われる物

1.人のPCで実行する目的でのプログラム作成又は提供のうち、以下のものが当たる、というもの
イ 操作者の意図に沿う動作をさせず、または意図に沿わない動作をさせるもの
ロ 上の不正な指令を記述した記録
2.1−イのプログラムを人のPCで実行させたものも1と同様
3.2の未遂は罰する

九 これは八の目的でのプログラムの取得と保管を罰する、というもの

さて、問題は「ウイルス」の定義なのだが、「意図に沿わない動作」をするものをウイルスと定義付け、かつこの作成で罪になる。配布ではない。作っただけ。
研究目的は「人の電子計算機における実行の用に供する目的」に入らないので除外、とも言われているが、この辺りはいまいち明確ではないように思う。


では、何が具体的に問題か。

プログラムとは人が書くもので、当然にバグがある。
よって、「意図しない動作」をするプログラムなぞ掃いて捨てるほどあるわけだ。
特にうちのブログに来てくれている方々には馴染みが深いだろうが、
Linuxデストリビューションの数々、OSSソフトの数々はいわゆる「たたき台」や「バグだし」の段階から公開される。
よって、この時点で「人のPCにおける実行の用に供する」に該当するわけだ。
そしてこの段階では「意図しない動作」をすることは多々ある。
セキュリティティ的にも怪しい物で、
まぁぶっちゃけある程度個人情報が漏れたり、セキュリティホール突かれたりすることもなくはない。

これらは全て、当てはめようと思えば当てはめられる。
つまり、人のPC上で使わせるものであればバグの存在が許されないという解釈が容易に成り立ちうる。


まず この話を出してきている
個人とされるニュースサイトやニュー速系2chコピペサイトがが皆無である という事。
そして 間違いなく この話が拡散するにつれて 不思議に
俺が書いたような米ジェームズ・クラッパー国家情報長官の話は
がっつり削られて拡散するのでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これが マスコミ新聞テレビ大手メディアとネットの日本語圏の情報工作のコンボの現場であり
その大元を探る話の為に 俺が ここ十数日にしてきた話が 此処でまとまるのにね。

大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師か その本性が剥がされる話は此処に在る。
この話を如何にするか で そのサイトの本性が間違いなく測れる。


巡回更新が明らかに遅れても 備えておくべきだと思ってね。
おそらく間違いなく来る と思ってたのが どういう形かは分からなかったけど
 ネットの根幹をも管理統制する
そういう動きだと予想していたからね。
敵は 菅は 必ずしてくる、と思ってたからね。
案の定 国会開幕の冒頭から飛び出してきたねぇw


で この話を出して
民主党は駄目→小沢と鳩山兄も駄目 という事を否定しないコンボを出してくる大馬鹿野郎やパラノイアは
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

で 自民も駄目とか言いながら皆の党を否定しない不可思議な連中が
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww


俺が昨日に書いたよね
ニカラグアでアメリカは何をして そういう事をして出世した者達が居る事の意味を問うべきだ ってね。

正規軍を投入する代わりに、
心理戦(住民の懐柔や敵勢力の離反工作)や経済的圧力
そして自国と共通の利益を有する現地人武力勢力への資金と武器の供給など、
間接的手法で対象国政府を敗北へと追い込むことを主眼としていた



ニカラグア内戦にアメリカ側で関与した重要人物も、21世紀に政府の要職へ復帰していた。
コントラの訓練と運用に加えて、左派活動家の身柄拘束や尋問(拷問)など、
中米における数々にCIA工作
に関与したとされるネグロポンテが
同時多発テロから一週間後の2001年9月18日に国連大使へと任命され、
アメリカのアフガニスタンとイラクへの攻撃を国連で正当化させるという「重責」を担ったのである。

そして
イラク戦争の翌年の2004年6月28日からは、フセイン政権崩壊後の駐イラク大使となり
2005年2月17日には初代の国家情報長官へと就任した。



第二次ニカラグア内戦の「影の仕掛け人」とも言えるべきネグロポンテをはじめとする、
当時の秘密工作関係者の「栄転と出世」は、
アメリカ合洲国の対外政策や軍事政策が今なお東西冷戦構造時代と同じ構図

-----
 まず標的となった国を「内戦状態」に陥らせ、
 敵対陣営の“不正義”と“脅威”を煽ることで
 現地の親米政権や親米武装勢力への軍事支援などを正当化し、
 政治的・軍事的状況を 自国に有利な方向へと傾けさせる

-----
の延長線上に築き上げられている事を 何よりも雄弁に語っているのである。


馬鹿で豚にすぎない民衆のままに 幸せな家畜や無自覚な下僕と化し
情報工作を行っては虐殺に加担し続ける行為を、
俺は これから目の当たりにするだろうね。

この目に しっかり焼きつけておくよ。
「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」する日本の
その無残な現状をね。








話を戻すか

要するに市橋の件も どこからか話が来てるんだろうねw と書こうとして 脱線しちゃったねw

http://twitter.com/rirnrin9999/status/30108771648798720
リンゼイさんに何故行動確認の見張りが必要なのでしょう
http://twitter.com/jhatajinan/status/30129334870085632
リンゼイさんというよりも、
NOVA講師全般に麻薬流通容疑がかかっていたわけです。

07年1月31日にNOVA講師一斉6人逮捕が報じられていますが、
最初は麻布署担当→警視庁組織犯罪対策5課へとも捜査が移動している。
http://twitter.com/jhatajinan/status/30129932826836992
リンゼイさんは行徳駅前の外人バーの常連だと言われていて、
ここで麻薬売買をしているとマル暴が見立てていたとしても不思議では無いわけです。

NOVA六人一斉逮捕→コカイン売買でナイジェリア人逮捕→リンゼイ事件とつながってくる。
市橋達也の冤罪検証・いかにして英会話最大手NOVAは破綻への道を辿ったのか2―2 | 憂いの果てに
06年11月18日 六本木で米国人男性がコカイン大麻所持の現行犯で逮捕される
07年1月31日 警視庁組織対策5課がNOVA講師一斉逮捕。
同年2月14日 経済産業省と東京都のNOVA立入検査。
同年3月7日 NOVA講師にコカインを密売したとしてナイジェリア人逮捕。
同年3月25日 リンゼイ・アン・ホーカーさんが失踪。朝9時45分、行徳駅前喫茶店の監視カメラに店を出る二人の姿が確認される。
同年3月26日 午後にリンゼイ・アン・ホーカーさんの捜索願が出される。
同年3月26日 夜、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件が発覚する。



当方が注目するのは、
”リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件が発覚したのは、
コカインの密売容疑で逮捕されたナイジェリア人の勾留中(捜査中)”であることだ。

勾留は、逮捕されてから おおむね23日間で、
この期間中に検察は起訴か不起訴かの判断をする必要がある。
これにならえばナイジェリア人の拘留期限は3月30日頃になり、
すなわち、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件は、
警視庁組織対策5課がNOVAを捜査する状況下で発覚しているを示している。

そう見ると、
事件当時、NOVA講師に行動確認担当の捜査員が張り付いていても不思議ではないし、
リンゼイさんと彼女の周辺にも行確が入っていた可能性も否定出来ない。

事件発覚に際する素早い立ち上がりも合点が行くのである。
つまり、
「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件発覚時、
 リンゼイさん及び彼女に親しいグループが
 警視庁組織対策5課の行確(行動確認)が入り監視下に置かれていたのではないか」
ということである。

そうなると邪推が好きな俺は、そもそもの「踏み込んだ理由」自体が疑わしい、とすら考えてしまうなぁ。
本当にNOVAからの通報 すら その有無や内容にまで疑いを持ってしまう。


市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1 | 憂いの果てに

市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された2 | 憂いの果てに

市橋達也の冤罪検証・手紙は本当に市橋達也が書いたものなのだろうか | 憂いの果てに

で ここまでデタラメだらけの話が並ぶ中で
市橋達也の手記とやらがデタラメだらけにならない とか思う人は 何を信じて生きているんだろうねw


市橋達也の手記本について。 | 憂いの果てに
市橋達也>
手記本の話は、本山教授のブログでは一切触れられていない。
ということは弁護団は本のことを一切教授に報告していないわけで、
いつ、どこで、幻冬舎が話をつけたのか、全くをもって不可解だ。

市橋達也>
教授のブログによれば、市橋達也はつい最近まで拘置施設の病舎に居た。
箸すら取り上げられるほどで、公判前整理手続き上で裁判官に処遇改善を訴えている。
そんな状況にある中で、もちろん紙と鉛筆の所持は許されていなかっただろう。
本当に本が書けるのか?

市橋達也>
どこで、どうやって、幻冬舎が話をつけたのか。
ちなみに、市橋達也は接見禁止が解かれていない。面会禁止ということだ。

市橋達也>
福田和子にしろ、永山元死刑囚にしろ、手記が出版されたのは服役中の話である。
他方、
市橋達也はまだ初公判さえ開かれていない。
なぜこのタイミングで、あの手記本が出版されたのかを考えるべきだ。
ちなみに捜査当局は
市橋達也の逃亡期間について全く解明出来ていなかった。
小沢西松陸山会事件で
検察官憲からのマスコミ新聞テレビ大手メディアへのリークが
情報工作のためだけの為に行われ続けたのは つい先日の話でもあり それは今も続いている部分だ。

小沢への政治倫理審議会という国会への招致に対し 小沢が拒否を続けた理由は
マスコミ新聞テレビ大手メディアが 散々に報じたはずだ
「公判を控えるので 発言は差し控えたいが故に 出席を拒否する」
とね。

「公判を控える者」の 公判の重大な要素となりかねない部分の情報を先に出版する、
というのは、むしろ法治国家の根幹を揺るがす重大な人権侵害だと思うんだけどね
出版関係者が 弁護団が
それを理解できていないとなれば 致命的な職責への怠慢でしかない。
で な け れ ば 「 詐 欺 」そ の も の だ 。

なに? もしかして
市橋が犯罪者だと 起訴される前に決めつけて良い権利が 何処かの誰かに在るのですか?wwwww
すげぇなぁwwwwwww

少なくとも 公判へ重大な問題を起こしかねないとして
検察側及び弁護側から出版の差し止めの仮差し押さえを即時に出すべきな話ですら有ると思うんだけどw

そういう観点をマスコミ新聞テレビ大手メディアが全くに論じないというのは
テレビのワイドショーが全くに論じないというのは
な れ ば こ そ 「 情 報 工 作 」 と し か 邪 推 し な く な る ん だ け ど
こう思う俺がキチガイなんだろうなぁwwwwwww


市橋達也>
手記本の中で、市橋はホクロをはさみで切り取ったと書かれているらしい。
なのにホクロがあるのは一体なぜか。内容と事実が全く矛盾している。
http://twitpic.com/3t8d2y

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-130.html

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-133.html

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった3
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-135.html

それとも何か?
テレビの生放送は 其処まで瞬時の加工ができるという事になるのかな?w
となれば、テレビから流される映像には 洗脳の意味しか残らなくなるよ?ww


市橋達也>
この手記本が弁護団主導で出版されたものであるならば、信用性は全くない。

この弁護団は、
捜査当局のために供述をでっち上げ、公判で検察有利にするために、
謝罪の手紙をメディアにリークし、市橋達也に極めて不利益に動いている。

そもそも謝罪の手紙は市橋が書いたものなのか?

市橋達也の冤罪検証・直腸測定の記録は隠蔽されていた〜でっち上げられた供述調書〜
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-179.html


市橋達也の冤罪検証・手紙は本当に市橋達也が書いたものなのだろうか
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-166.html




市橋達也>
あの手記本は市橋達也が書いたものなのか?
市橋達也自身が書いたとしても、
何らかの事情があって、書かされたものではないのか?
全くをもって理解に苦しむ。
もちろん当局は手記本の裏付けをするんだろうね?ね?ね?





http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-821.html
都条例といい、宮城の条例案といい、DVDのアクセスコントロール問題(著作権)といい、これといい、もう日本は狂ってきてるね。
憲法が保証する自由は一体どこに行ってしまったのか。

プログラマ、IT業界、ゲーム業界壊滅、なんてことにならないことを祈るばかりだ。
あぁ、まだ可決されてないから望みはあるけどね。あと、まだできること(陳情とか、意見とか、署名とか)もあるかもしれない。その辺は調べてできるだけのことはしていきたいですね。
簡単ですよw

米帝の無自覚な下僕 忠実な下僕 となれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に 末端に切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww

米帝の下僕 すなわち宗教右翼に傾倒すれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に末端の切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww

米帝
ニホンジンの国家
大和民族系日本人の共同体


米帝に反逆し
(宗教右翼的な)ニホンジンの国家像にも異議を唱える
そういう大和民族系日本人の共同体の住人として生きていこうとする者達は
如何なる理由で有れ 家畜か奴隷としての生き方以外は認められませんよwwwwwww


今回の法案は 単に
大和民族系日本人の共同体の全住人である奴隷や家畜に過ぎない分際で
主人(米帝)や使用人(宗教右翼を軸にしたニホンジンの国家)に対して歯向かったり反逆したりしたら
問答無用で屠殺や虐殺が合法的にできるようする それだけの意味しかない。
それ以外の意味は全くにない。

現実社会の日本を侵略した米帝とニホンジンが
大和民族系日本人の魂の逃げ場にして最後の宿り場である 「ネットの日本語権圏」という虚構世界へまで
その侵略の食指を公然と伸ばしに来た、それ以外の意味は無い。


この虐殺の一手を
そういう日本の現状そのものが 未だに皆目に理解できない人達へ
だから俺は言い続けているんだよね、此処で。

“幸せな家畜”
 や
“無自覚な下僕”
は 自らの子供をすら歓んで虐殺するだろうね。





posted by 誠 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(2) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。