https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年01月27日

標的となった国を「内戦状態」に陥らせ、 敵対陣営の“不正義”と“脅威”を煽ることで
現地の親米政権や親米武装勢力への支援などを正当化し

市橋達也の冤罪検証・リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の本質とは? | 憂いの果てに



誠天調書: 冤罪検証 1

誠天調書: 冤罪検証 2

誠天調書: 冤罪検証 3



誠天調書: 市橋達也は冤罪なのか? リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件、は不思議な部分が多すぎる。

誠天調書: 「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 と ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件」、 その冤罪性の共通項。



この周辺の話を読み解こうと思うだけで 間違いなく丸一日は潰れるw
けれども 圧倒的なまでに上質なミステリーを味わえるかの如きな話に巡り合えるも また間違いなく事実だ。
はじめは興味本位でも一向に構わないと思う。
事件の真偽を考える為にも 上記記事が大きく大きく拡散する事を願う。

この 一般庶民へ恐怖と戦慄を決定的に与える事件が 如何に嘘デマ扇動の下で情報工作されてきたか。
そして なぜ情報工作が行われてきたのか?
を 自然に疑う事になる事は間違いないからねwwwwwwwwwww


正直 今回の出版は「しめたw」と思ったね。

植草ミラーマンの事件が 公判が上部審へ移る度に情報工作が小さくなっていった経緯を思えば
下手に工作を図り攻勢へ出る事が 逆に 如何に墓穴を掘るか、
という事を敵も学んでいるはずなのにねwwww

アホだねw
このまま粛々と淡々と 市橋を極刑へと葬り去ってしまう方が簡単だったはずなのにねw
そもそも ネットの日本語圏の片隅の意見なんかは
常に虚構世界の虚無の果てへと消え去るしかない運命だったのにww
ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件 や 三井埠頭事件 と同様にね。


なので
こうしてカウンターは必至なのに迂闊に攻勢へ出た理由は何?
つまり 1.迂闊に攻勢へ出たのか?
あえて 2.迂闊に攻勢へと出ては 威力偵察をしようとしたのか?
それとも 3.別の理由から迂闊にでも攻勢へ出ざるを得なかったのか?
という事なのかな とも妄想した。

1.なら 敵も馬鹿じゃないので 次の手を打ってくるだけになるから 其処を考える。
次の手をも考えているはずなのが2.と3.になる。
2.の場合
twitterやブログなどなどは 猛烈な監視検閲の対象なので その状況は
site:mkt5126.seesaa.net "行動ターゲティング広告" - Google 検索を含めて
ググルのアドセンスそのものが監視道具となっている事は確実な事も考慮すれば、ということにもなるけど
それにしては仕掛けが大きすぎるので コレは あくまで副次的要素か。

3.の場合

http://twitter.com/rirnrin9999/status/30108771648798720
リンゼイさんの父がMI6関係者だったとか
http://twitter.com/jhatajinan/status/30109624187232256
確か、リンゼイパパは自動車教習所の講師だと報じられてましたね。

ビル・ホーカー、ウィリアム・ホーカー、
ニックネームからしてもビルゲイツ→ウィリアム・ゲイツ三世にならう典型的なユダヤ人なんですけど、
MI6かあ、アクターだとは睨んでるんだけれど諜報員すか

アクター - Google 検索
(広義として)役者。演じる人。

ビル・ホーカーとウィリアム・ホーカーの二つ名が有るんですよねw 通名みたいなものでしょうかw

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1432708909
ウエッブメールを使っている市橋はエシュロンをつかえば2時間で逮捕でしょ?リンゼイ親はMI6に捜査協力を頼めばいいのに?
まぁ その話はともかく
http://fd7s6dfjzz9.0catch.com/060419/1175425921.html
【英国人女性殺害】「娘を殺した犯人は日本を侮辱した」 駐日英国大使が被害女性父親の声明発表
 
1 名前:西独逸φ ★ :2007/04/01(日) 20:12:01 ID:???0
千葉県市川市のマンションのベランダで、
英会話学校講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(22)の他殺体が 見つかった事件で、
グレアム・フライ駐日英国大使は1日、東京都内で記者会見し
「日本を愛し、尊敬していた娘を殺した犯人は、日本を侮辱した」
とするホーカーさんの父親の声明を読み上げた。

声明で「犯人は逮捕されなければならず、隠れることは許されない」と訴えた。
また「今も日本と日本の人々を尊敬している」と日本の捜査機関に敬意を払ったうえで
「日本のみなさまが、家族や地域社会の結びつきを非常に大切にすることを承知している。
 犯人を見つけ出すための情報提供にご協力を」としている。

ソース
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070402k0000m040043000c.html
1. 一殺人事件で外交官の公式会見で引き合いに出すは かなり違和感を覚える。
2. しかしその発言には相当な慎重さが有る。外交発言としての言い方に違和感はない。
ということは そういう事なのだろう、としか言いようがないが。
もっと言っちゃえば 主導的な部分ではないが 傍流協力者みたいな感じか。

となれば やっぱり、この話は
アメリカ合衆国国家情報長官 - Wikipedia
アメリカ合衆国国家情報長官 - Google 検索

こっちの話だと思う。

アメリカ合衆国連邦政府において情報機関を統括をする高官である。
インテリジェンス・コミュニティーを統括し、
アメリカ合衆国連邦政府の15の情報機関の人事・予算を統括する権限をもつ。


以前はCIA長官が中央情報長官を兼ね、
インテリジェンス・コミュニティーの統括も行っていた。

しかし、中央情報長官はCIAの長官でもあるため
自分の統括する組織であるCIAの指揮に集中してしまう。

その為に
情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因で
インテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。


国家情報長官はインテリジェンス・コミュニティーの指揮に専念することになり、
CIA長官は中央情報長官からCIA専属の長官となった。

あくまで現場の動きはCIAから切り離されて 外部調整をCIA長官が行う という形になったんだね。

つまりCIA的な活動の現場は 国家情報長官の下で行われている可能性が高い
と俺は考えるんだけどね。

国家情報長官は
大統領と国家安全保障会議の情報顧問であり、
インテリジェンス・コミュニティーと国家テロ対策センターを統括する。

連邦政府の15の情報機関の人事と予算を統括する権限がある。
しかし、各情報機関への指揮権は不明である。


で前任のデニス・C・ブレアはネオコンに近すぎる行動が過ぎてオバマの反感を買ったはずだったのに
その後釜ジェームズ・クラッパーは更にネオコンな人物ってのが
今のオバマ政権のヒラリーの強さ?それとも共和党の強さ? そこは分からないけど

面白いのが
デニス・C・ブレア 2009年1月29日 - 2010年5月28日
ジェームズ・クラッパー 2010年8月5日 -
つまり空白期が有ったんだねw

で ジェームズ・クラッパー就任後の数カ月後に尖閣事件が起きる、きっと偶然でしょうwwwwww


http://sandancekid.blog82.fc2.com/blog-entry-1202.html 2010-07-29

ジェームズ・クラッパーさん。

米情報機関を統括する国家情報長官に指名された元国防次官(情報担当)。

このひとが上院情報特別委員会の公聴会で
「北朝鮮が韓国哨戒艦沈没事件などに続いて再び同国を直接攻撃する可能性がある」と警告したそうな。

一方ではロシアが韓国哨戒艦沈没事件はでっち上げだ、というようなことも言っている。


わたしが腑に落ちないのはこのタイミングだ。


いまや日本、アメリカ、ヨーロッパのどこから経済危機が発生してもおかしくない、
と言われている。
世界恐慌のような世界同時株安なんかが起きる瀬戸際、と言うわけだ。

そういえば第一次世界大戦が終わって世界恐慌が起きた後、
世界は第二次世界大戦に突っ込んでいったっけ・・・。

世界大戦にでもなれば、経済だなんだ、というのは二の次になる。
まずは武器が必要なので武器屋が儲かる。
いろんなものが壊れるのでつぎは土建屋だ。


ジェームズ・クラッパーさんの「北が攻めてくるよ、戦争になるよ」的な発言は、
朝鮮半島情勢が不安定と言われているとはいえ
わたしには唐突に聞こえるし、どちらかといえば「早く攻めてこいよ」と言っているかのようだ。

で昨日もリンクした
2010.07.21 ネオコンに近いクラッパーが国家情報長官になれば、東アジアも焦臭くなる

 アメリカでネオコンが勢いを盛り返し、戦争の機運が高まっている。そうした状況を象徴しているのがDNI(国家情報長官)の交代劇だろう。6月に辞任したデニス・ブレアは2001年、米太平洋軍の司令官だったとき、ジョージ・W・ブッシュ大統領を支えるネオコンの「中国脅威論」を公然と否定したのに対し、今回指名されたジェームズ・クラッパー空軍中将はネオコンに近い人物だと言われている。

 2001年9月から06年6月にかけて、クラッパーはNIMA(国家画像地図局、2004年にNGA:国家地球空間情報局へ名称変更)の長官を務めている。つまり、アメリカが「戦時体制」に入ったときから、アフガニスタンやイラクを先制攻撃していく時期ということになる。

 イラクへの攻撃を実現する上で、クラッパーの果たした役割を覚えている人もいるだろう。イラクに「大量破壊兵器」があるという話を広めたひとりなのである。例えば2003年3月、アメリカ軍がイラクを先制攻撃する前に、イラクからシリアへ大規模な車列を衛星が撮影したとしたうえで、禁止された軍事物資を運んでいることは間違いないと断言している。つまり「大量破壊兵器」を運んでいると示唆したわけだ。カール・ローブのようなネオコンは喜んだが、そうした兵器は見つからず、クラッパーの話は間違いだったことが判明している。

 このクラッパーは20日、上院の承認を得るために公聴会へ出席し、「朝鮮が韓国を攻撃する」と主張している。この証言に合わせるように、韓国を訪問中のヒラリー・クリントン国務長官は朝鮮へ新たな制裁を課すと宣言した。その理由のひとつが今年3月に韓国軍の哨戒艦「天安」が沈没した事件。

 沈没事件のあった海域は国境線が画定していないため、軍事的な緊張が続いてきた。昨年10月、朝鮮は韓国の艦船が1日に10回も領海を侵犯していると非難、11月には両国の艦船が交戦し、朝鮮の船に大きな損害が出たと言われている。朝鮮側は国境線は越えていないと主張、国籍不明の艦船を調査して戻ろうとしているときに攻撃されたとしていた。今年1月にも韓国と朝鮮の艦船が撃ち合ったと報道されている。

 そして3月、米韓両軍が合同軍事演習を行っている最中に韓国の哨戒艦が沈没し、韓国政府は朝鮮の魚雷攻撃があったと主張、アメリカ政府も同調している。ただ、この主張に疑問があることは本コラムでも書いた通りであり、この出来事を理由にして軍事的緊張を高めるという展開はイラク攻撃前のネオコンのシナリオを連想させる。そして、あのクラッパーの登場だ。東アジアも焦臭くなってきた。

 アメリカ政府は平和のためと称して戦争を始め、防衛のためと称して侵略し、民主主義のためと称して社会をファシズム化してきた。歴史を振り返れば、抑止力と称している沖縄のアメリカ軍が侵略のために存在してきたことも否定できない。

で 国家情報長官の就任後の数カ月後に あの尖閣事件が起きる、
ソッカー スゴイ グウゼン ダナァwwwwwwwww

俺も昨日のニカラグアのジョン・ネグロポンテの動きを追いかけるまでは気づかなかったけど
こういう強烈な部分がある事を覚えておかないとね。
だから 東京都青少年条例改正は猛烈に進捗して
↓の話こうなるんだろうね。

http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/603.html
江田法相会見 2011年1月25日(岩上安身オフィシャルサイト)
http://iwakamiyasumi.com/archives/5929

岩上安身は、
「不正指令電磁的記録に関する罪」(コンピュータ監視法)について、
民主党は修正案を作成しているにもかかわらず、
なぜ政府案を提出するのか質問しました

(6分25秒から)。

江田法相の回答は、
「勉強不足でお答えできるほどの見解を持っていない」
というものでした。


コンピュータ監視法は、菅政権の本質を如実に表す。
民主党は小泉政権時代、政府案案に反対し、独自の修正案を掲げてきた。

政権交代後、
鳩山政権の時代にも、その姿勢に変化はなかったが、
菅政権になり、今国会で、
表現の自由を損なう危険性のある同法政府案
を そのまま提出する。
法務官僚の言いなり。



法務相、総務相の会見、終了。
江田さんの究極の肩透かしには、面食らった。

ボケ防止のためにも、法案ぐらい読んだほうがいい。
国会始まっているんだし。

今国会に提出する法案を、法務大臣が知らない、
自分の党の修正案もわからないなんて。

7年前から国会を舞台に論議が続いていたのに。

ついに来たか という感じです。
マンガの規制や児童ポルノの規制や著作権規制などの傍流からではなく
法務省側から ネット規制を直接にしてくる その話を菅政権がしてきた。

ネットそのものへの PCそのものへの 治安維持法、でしかない内容です。
案の定 マスコミ新聞テレビ大手メディアが 完全に黙殺してますからね。
January 25, 2011 ちょっとどころではなくやばそう。ウイルス作成罪を盛り込んだ刑法改正案が今期国会に提出される

定義が曖昧すぎる。ざっくり訳そう。


八 これがウイルス作成罪と言われる物

1.人のPCで実行する目的でのプログラム作成又は提供のうち、以下のものが当たる、というもの
イ 操作者の意図に沿う動作をさせず、または意図に沿わない動作をさせるもの
ロ 上の不正な指令を記述した記録
2.1−イのプログラムを人のPCで実行させたものも1と同様
3.2の未遂は罰する

九 これは八の目的でのプログラムの取得と保管を罰する、というもの

さて、問題は「ウイルス」の定義なのだが、「意図に沿わない動作」をするものをウイルスと定義付け、かつこの作成で罪になる。配布ではない。作っただけ。
研究目的は「人の電子計算機における実行の用に供する目的」に入らないので除外、とも言われているが、この辺りはいまいち明確ではないように思う。


では、何が具体的に問題か。

プログラムとは人が書くもので、当然にバグがある。
よって、「意図しない動作」をするプログラムなぞ掃いて捨てるほどあるわけだ。
特にうちのブログに来てくれている方々には馴染みが深いだろうが、
Linuxデストリビューションの数々、OSSソフトの数々はいわゆる「たたき台」や「バグだし」の段階から公開される。
よって、この時点で「人のPCにおける実行の用に供する」に該当するわけだ。
そしてこの段階では「意図しない動作」をすることは多々ある。
セキュリティティ的にも怪しい物で、
まぁぶっちゃけある程度個人情報が漏れたり、セキュリティホール突かれたりすることもなくはない。

これらは全て、当てはめようと思えば当てはめられる。
つまり、人のPC上で使わせるものであればバグの存在が許されないという解釈が容易に成り立ちうる。


まず この話を出してきている
個人とされるニュースサイトやニュー速系2chコピペサイトがが皆無である という事。
そして 間違いなく この話が拡散するにつれて 不思議に
俺が書いたような米ジェームズ・クラッパー国家情報長官の話は
がっつり削られて拡散するのでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これが マスコミ新聞テレビ大手メディアとネットの日本語圏の情報工作のコンボの現場であり
その大元を探る話の為に 俺が ここ十数日にしてきた話が 此処でまとまるのにね。

大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師か その本性が剥がされる話は此処に在る。
この話を如何にするか で そのサイトの本性が間違いなく測れる。


巡回更新が明らかに遅れても 備えておくべきだと思ってね。
おそらく間違いなく来る と思ってたのが どういう形かは分からなかったけど
 ネットの根幹をも管理統制する
そういう動きだと予想していたからね。
敵は 菅は 必ずしてくる、と思ってたからね。
案の定 国会開幕の冒頭から飛び出してきたねぇw


で この話を出して
民主党は駄目→小沢と鳩山兄も駄目 という事を否定しないコンボを出してくる大馬鹿野郎やパラノイアは
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

で 自民も駄目とか言いながら皆の党を否定しない不可思議な連中が
まさに虫の如くいに沸いて出てくるでしょうなぁwwwwwwwwwwwwwwwww


俺が昨日に書いたよね
ニカラグアでアメリカは何をして そういう事をして出世した者達が居る事の意味を問うべきだ ってね。

正規軍を投入する代わりに、
心理戦(住民の懐柔や敵勢力の離反工作)や経済的圧力
そして自国と共通の利益を有する現地人武力勢力への資金と武器の供給など、
間接的手法で対象国政府を敗北へと追い込むことを主眼としていた



ニカラグア内戦にアメリカ側で関与した重要人物も、21世紀に政府の要職へ復帰していた。
コントラの訓練と運用に加えて、左派活動家の身柄拘束や尋問(拷問)など、
中米における数々にCIA工作
に関与したとされるネグロポンテが
同時多発テロから一週間後の2001年9月18日に国連大使へと任命され、
アメリカのアフガニスタンとイラクへの攻撃を国連で正当化させるという「重責」を担ったのである。

そして
イラク戦争の翌年の2004年6月28日からは、フセイン政権崩壊後の駐イラク大使となり
2005年2月17日には初代の国家情報長官へと就任した。



第二次ニカラグア内戦の「影の仕掛け人」とも言えるべきネグロポンテをはじめとする、
当時の秘密工作関係者の「栄転と出世」は、
アメリカ合洲国の対外政策や軍事政策が今なお東西冷戦構造時代と同じ構図

-----
 まず標的となった国を「内戦状態」に陥らせ、
 敵対陣営の“不正義”と“脅威”を煽ることで
 現地の親米政権や親米武装勢力への軍事支援などを正当化し、
 政治的・軍事的状況を 自国に有利な方向へと傾けさせる

-----
の延長線上に築き上げられている事を 何よりも雄弁に語っているのである。


馬鹿で豚にすぎない民衆のままに 幸せな家畜や無自覚な下僕と化し
情報工作を行っては虐殺に加担し続ける行為を、
俺は これから目の当たりにするだろうね。

この目に しっかり焼きつけておくよ。
「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に支配管理統制」する日本の
その無残な現状をね。








話を戻すか

要するに市橋の件も どこからか話が来てるんだろうねw と書こうとして 脱線しちゃったねw

http://twitter.com/rirnrin9999/status/30108771648798720
リンゼイさんに何故行動確認の見張りが必要なのでしょう
http://twitter.com/jhatajinan/status/30129334870085632
リンゼイさんというよりも、
NOVA講師全般に麻薬流通容疑がかかっていたわけです。

07年1月31日にNOVA講師一斉6人逮捕が報じられていますが、
最初は麻布署担当→警視庁組織犯罪対策5課へとも捜査が移動している。
http://twitter.com/jhatajinan/status/30129932826836992
リンゼイさんは行徳駅前の外人バーの常連だと言われていて、
ここで麻薬売買をしているとマル暴が見立てていたとしても不思議では無いわけです。

NOVA六人一斉逮捕→コカイン売買でナイジェリア人逮捕→リンゼイ事件とつながってくる。
市橋達也の冤罪検証・いかにして英会話最大手NOVAは破綻への道を辿ったのか2―2 | 憂いの果てに
06年11月18日 六本木で米国人男性がコカイン大麻所持の現行犯で逮捕される
07年1月31日 警視庁組織対策5課がNOVA講師一斉逮捕。
同年2月14日 経済産業省と東京都のNOVA立入検査。
同年3月7日 NOVA講師にコカインを密売したとしてナイジェリア人逮捕。
同年3月25日 リンゼイ・アン・ホーカーさんが失踪。朝9時45分、行徳駅前喫茶店の監視カメラに店を出る二人の姿が確認される。
同年3月26日 午後にリンゼイ・アン・ホーカーさんの捜索願が出される。
同年3月26日 夜、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件が発覚する。



当方が注目するのは、
”リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件が発覚したのは、
コカインの密売容疑で逮捕されたナイジェリア人の勾留中(捜査中)”であることだ。

勾留は、逮捕されてから おおむね23日間で、
この期間中に検察は起訴か不起訴かの判断をする必要がある。
これにならえばナイジェリア人の拘留期限は3月30日頃になり、
すなわち、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件は、
警視庁組織対策5課がNOVAを捜査する状況下で発覚しているを示している。

そう見ると、
事件当時、NOVA講師に行動確認担当の捜査員が張り付いていても不思議ではないし、
リンゼイさんと彼女の周辺にも行確が入っていた可能性も否定出来ない。

事件発覚に際する素早い立ち上がりも合点が行くのである。
つまり、
「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件発覚時、
 リンゼイさん及び彼女に親しいグループが
 警視庁組織対策5課の行確(行動確認)が入り監視下に置かれていたのではないか」
ということである。

そうなると邪推が好きな俺は、そもそもの「踏み込んだ理由」自体が疑わしい、とすら考えてしまうなぁ。
本当にNOVAからの通報 すら その有無や内容にまで疑いを持ってしまう。


市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1 | 憂いの果てに

市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された2 | 憂いの果てに

市橋達也の冤罪検証・手紙は本当に市橋達也が書いたものなのだろうか | 憂いの果てに

で ここまでデタラメだらけの話が並ぶ中で
市橋達也の手記とやらがデタラメだらけにならない とか思う人は 何を信じて生きているんだろうねw


市橋達也の手記本について。 | 憂いの果てに
市橋達也>
手記本の話は、本山教授のブログでは一切触れられていない。
ということは弁護団は本のことを一切教授に報告していないわけで、
いつ、どこで、幻冬舎が話をつけたのか、全くをもって不可解だ。

市橋達也>
教授のブログによれば、市橋達也はつい最近まで拘置施設の病舎に居た。
箸すら取り上げられるほどで、公判前整理手続き上で裁判官に処遇改善を訴えている。
そんな状況にある中で、もちろん紙と鉛筆の所持は許されていなかっただろう。
本当に本が書けるのか?

市橋達也>
どこで、どうやって、幻冬舎が話をつけたのか。
ちなみに、市橋達也は接見禁止が解かれていない。面会禁止ということだ。

市橋達也>
福田和子にしろ、永山元死刑囚にしろ、手記が出版されたのは服役中の話である。
他方、
市橋達也はまだ初公判さえ開かれていない。
なぜこのタイミングで、あの手記本が出版されたのかを考えるべきだ。
ちなみに捜査当局は
市橋達也の逃亡期間について全く解明出来ていなかった。
小沢西松陸山会事件で
検察官憲からのマスコミ新聞テレビ大手メディアへのリークが
情報工作のためだけの為に行われ続けたのは つい先日の話でもあり それは今も続いている部分だ。

小沢への政治倫理審議会という国会への招致に対し 小沢が拒否を続けた理由は
マスコミ新聞テレビ大手メディアが 散々に報じたはずだ
「公判を控えるので 発言は差し控えたいが故に 出席を拒否する」
とね。

「公判を控える者」の 公判の重大な要素となりかねない部分の情報を先に出版する、
というのは、むしろ法治国家の根幹を揺るがす重大な人権侵害だと思うんだけどね
出版関係者が 弁護団が
それを理解できていないとなれば 致命的な職責への怠慢でしかない。
で な け れ ば 「 詐 欺 」そ の も の だ 。

なに? もしかして
市橋が犯罪者だと 起訴される前に決めつけて良い権利が 何処かの誰かに在るのですか?wwwww
すげぇなぁwwwwwww

少なくとも 公判へ重大な問題を起こしかねないとして
検察側及び弁護側から出版の差し止めの仮差し押さえを即時に出すべきな話ですら有ると思うんだけどw

そういう観点をマスコミ新聞テレビ大手メディアが全くに論じないというのは
テレビのワイドショーが全くに論じないというのは
な れ ば こ そ 「 情 報 工 作 」 と し か 邪 推 し な く な る ん だ け ど
こう思う俺がキチガイなんだろうなぁwwwwwww


市橋達也>
手記本の中で、市橋はホクロをはさみで切り取ったと書かれているらしい。
なのにホクロがあるのは一体なぜか。内容と事実が全く矛盾している。
http://twitpic.com/3t8d2y

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-130.html

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-133.html

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった3
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-135.html

それとも何か?
テレビの生放送は 其処まで瞬時の加工ができるという事になるのかな?w
となれば、テレビから流される映像には 洗脳の意味しか残らなくなるよ?ww


市橋達也>
この手記本が弁護団主導で出版されたものであるならば、信用性は全くない。

この弁護団は、
捜査当局のために供述をでっち上げ、公判で検察有利にするために、
謝罪の手紙をメディアにリークし、市橋達也に極めて不利益に動いている。

そもそも謝罪の手紙は市橋が書いたものなのか?

市橋達也の冤罪検証・直腸測定の記録は隠蔽されていた〜でっち上げられた供述調書〜
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-179.html


市橋達也の冤罪検証・手紙は本当に市橋達也が書いたものなのだろうか
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-166.html




市橋達也>
あの手記本は市橋達也が書いたものなのか?
市橋達也自身が書いたとしても、
何らかの事情があって、書かされたものではないのか?
全くをもって理解に苦しむ。
もちろん当局は手記本の裏付けをするんだろうね?ね?ね?





http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-821.html
都条例といい、宮城の条例案といい、DVDのアクセスコントロール問題(著作権)といい、これといい、もう日本は狂ってきてるね。
憲法が保証する自由は一体どこに行ってしまったのか。

プログラマ、IT業界、ゲーム業界壊滅、なんてことにならないことを祈るばかりだ。
あぁ、まだ可決されてないから望みはあるけどね。あと、まだできること(陳情とか、意見とか、署名とか)もあるかもしれない。その辺は調べてできるだけのことはしていきたいですね。
簡単ですよw

米帝の無自覚な下僕 忠実な下僕 となれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に 末端に切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww

米帝の下僕 すなわち宗教右翼に傾倒すれば 如何なる法案になろうとも不逮捕特権が得られますよw
勿論に末端の切り捨ては日常茶飯事ですけどねwww

米帝
ニホンジンの国家
大和民族系日本人の共同体


米帝に反逆し
(宗教右翼的な)ニホンジンの国家像にも異議を唱える
そういう大和民族系日本人の共同体の住人として生きていこうとする者達は
如何なる理由で有れ 家畜か奴隷としての生き方以外は認められませんよwwwwwww


今回の法案は 単に
大和民族系日本人の共同体の全住人である奴隷や家畜に過ぎない分際で
主人(米帝)や使用人(宗教右翼を軸にしたニホンジンの国家)に対して歯向かったり反逆したりしたら
問答無用で屠殺や虐殺が合法的にできるようする それだけの意味しかない。
それ以外の意味は全くにない。

現実社会の日本を侵略した米帝とニホンジンが
大和民族系日本人の魂の逃げ場にして最後の宿り場である 「ネットの日本語権圏」という虚構世界へまで
その侵略の食指を公然と伸ばしに来た、それ以外の意味は無い。


この虐殺の一手を
そういう日本の現状そのものが 未だに皆目に理解できない人達へ
だから俺は言い続けているんだよね、此処で。

“幸せな家畜”
 や
“無自覚な下僕”
は 自らの子供をすら歓んで虐殺するだろうね。







posted by 誠 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(2) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。