https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年10月07日

日本の一般民衆へ大規模無差別自爆テロを仕掛けてくる連中の論理

今日のところは 小沢裁判の方は他の人に任せます、
無罪以外は有り得ない そもそも裁判そのものが成立できないレベルの話の内容なので。
では そういう事を仕掛けてくる連中とは 如何なる事をしてくる連中なのか
という事を俺は書いた方が良いかな、とも思ったので。



秋葉原無差別殺傷事件をケーススタディする 〜もう一人の加藤智大が現場にいたはずだ。〜 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-328.html
犯人として逮捕された加藤雄大には死刑が下された。もう既に終わった事件である。
加藤雄大が逮捕されて、解決してしまっている事件なのである。

秋葉原の無差別テロは、「誰でも良かった」なんて解せない動機で、

実質刃渡り13センチのタガーナイフで、返り血も浴びずに加藤雄大一人が17人を殺傷した
と みんながみんなに思っている。

警察が加藤を取り押さえる写真を見ている人は多いだろう。
もの凄い違和感を感じていたんだけど、其れが何なのか 当時の俺は指摘できなかった。
なるほど 其処に有ったんだね。

だがアレだけの死傷者を出しながら あの色の服を着た加藤は返り血を全く浴びていない
うん、そういえば 其処が かなり不自然な写真だったよね。

そして その事を突っ込むマスコミ新聞テレビ大手メディアや
個人とされるニュースサイトやニュー速系2chコピペサイトは皆無だったね。



この事件は、
『加藤智大一人で17人もの人々を殺傷することが可能である』
という立証命題の解明を忌避している。

事実に関する裏付けが全くなされないまま、感情論が加藤智大に極刑を下したのである。


犠牲者の一人は胸部貫通が死因である。

31歳男性胸部貫通刺創・死亡  東京都立墨東病院

刃渡り13センチのチープなタガーナイフで成人の胸部を貫通させることができるだろうか。

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/d0124640_18294657.jpg
加藤が所持していたナイフ。

事実上の通り魔殺人で 短い刃渡りの武器を使用している場合
貫通の殺傷は 加害者と被害者の双方が無理だわな。
ヤクザの一人一殺のテロ つまりオウムの村井秀夫の刺殺とは 殺害の方向性が違うからね。



http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/1213022812.jpg
いわゆる当時にマスコミ新聞テレビ大手メディアが大々的に報じた取り押さえの写真

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/img_1558118_42495263_0.jpg
同じ方向での一般人が撮った写真

 ↓
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/201110051447119cd.jpg
つまり 加藤智大が逮捕された場所 というのは
被害者が一人、倒れこんでいなければならない場所であった。

警官と対峙する加藤智大。
スクープとしてお茶の間に何回も流れた加藤智大が逮捕される瞬間の写真。

対峙する二人の奥に被害者は倒れ込んでいるだろうか。
それはおろか、
17人を殺傷した暴漢の逮捕劇がリアルに目の前で繰り広げられているにもかかわらず、
周囲は全く無関心なのである。

合成された写真だとしたならば説明が付く。

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/d55b65e7b40fd954f1072fd28050349a.jpg


ただし、現場から消したかったのは倒れこむ被害者の姿ではないだろう。

本当に消したかったのはなんだ?
報じられたことが全て真実なら、なぜ、当局は写真を合成する必要があったのか。




犯行時間はたった三分である。
犯人は、タバコを一本吸い切らないうちに、17人を殺傷したのである。
タガーナイフを片手に見るからにひ弱な加藤雄大が17人を殺傷できるだろうか。


現場では、事件当時、銃声のような二発の爆発音が目撃されている。

刃渡りの長いサバイバルナイフを手に持ち、返り血を浴びた小太りで団子鼻の男が、
秋葉原の現場で目撃されている。

この事件は”もう一人の加藤雄大”の存在無くしては語れない。
裏返せば、もう一人の加藤雄大がいてこそ成立する事件である。


この事件以降、
ネット規制、タガーナイフ規制、個人監視の外堀を埋めるのに都合が良い法案が即可決した。


あえて言う。なぜ、複数人犯行の可能性を疑わないのか。

誰かを消すために細工された写真を報道陣に公開した警察の意図はどこにあるのか。

昨今のデモ映像や写真から、
公安とおぼしき者達の動きを つぶさに追ってきている人達は少なくない。
ウチも そういう記事を多く拾ってきたよね。

つまり紛れ込む私服の公安を警戒するからこそ デモの中に潜む様々な者達を観察する という方向性となる。
写真や動画を 誰もが撮ってはネット上へ出てくる今の時代になってこそ
隠れて蠢いていた者達が如何に現場で動いていたか が炙り出されようとしている。

そういう者達を見て行けばこそ この150年に続くカルトの時代の
表で蠢いている者達と裏で蠢いている者達 の連動性の向こうも見えてくる。



https://twitter.com/jhatajinan/status/121663224562192384
この中に、本当に消したかった人がいます。
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/d55b65e7b40fd954f1072fd28050349a.jpg
ヒントは右下です。
その人は加藤智大の公判記録に一度も出てきていません。
逮捕現場にいたにも関わらず存在が消されています。
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/201110051451402b8.jpg
小太りで団子鼻の男です。


組織的犯行の匂いを消すためではなかったか。

刃渡りの長いサバイバルナイフを持ち、返り血を浴びていた
という、小太りで団子鼻の男は、加藤智大と同一人物なのだろうか。

3分という、タバコを吸い終わるかどうかの時間に、
加藤智大が右手に持つタガーナイフで、胸部貫通させることが可能か?

他にも五本、計6本のナイフを携帯していた。
どれも実質刃渡りは似たようなものである。

そして、跳ねられた五人の内一人は跳ねられ且つ刺されて亡くなっている。
犠牲者の内、一人に対し、息の根を止めるように刃を向けているのである。
本当に、「誰でも良かった」、からなのだろうか。

そして、こうした凄惨な犯行を返り血を一滴も浴びずになし得ることが可能なのだろうか


この事件は目撃証言のみで作られた事件である。
だから皆、加藤智大の単独犯行だと刷り込まれている。

加藤智大本人が”刺したのは三人”しか認めていない。

少なくとも、嘘を付くと偽証罪で罰せられる法廷で三人以外に刺した記憶がありません、
と証言し、
三人以外の被害者の傷が加藤智大によるものだという裏付けがなされないまま、
目撃証言のみで単独犯行と認定し死刑に処したのである。


もう一ついえば、加藤智大が警官と対峙した時、銃は抜いていなかった
と証言しているのに、
合成写真では銃口を向けている。

こうした矛盾は加藤智大の嘘によるものか。

少なくとも、死刑を視野に入れた裁判で延命のための嘘を付くことに、理由はない。
あるとすれば、延命ではなく、
守るべき者と自分を天秤にかけて、墓場まで持っていく決心をしたのである。



秋葉原無差別テロは加藤一人の単独犯行である
という立証命題の事実の裏付けが忌避され、感情論に終始したのちに死刑判決が下され、
すべての幕を降ろした。

裁判が感情論に終始したのも、
加藤が認めなかった他の被害者の刺創が、加藤の所持していたタガーナイフで説明できなかったからである。

この裁判の話の時に感じていた違和感の一つは 其処に有ったんだなぁ。



秋葉原無差別テロ事件は
もう一人の加藤智大の存在に言及してこそ真相究明に近づけるのである。

例えば、
加藤智大と全く同じ格好の犯人がもう一人現場にいて、
小太りで団子鼻の返り血を浴びた犯人は加藤智大とは別人に見えるけれど、
服装が一緒だから同一人物であろう
という推測が加藤智大の単独犯行たらしめたのではないか。


もう一人の加藤智大とは、まさしく加藤智大と同じ服装をした、もう一人である。




611原発やめろデモ会場に撹乱者として現れた
もう一人の加藤智大を見過ごすことは簡単である。

ただの考え過ぎだ、と嘲笑すれば済む話である。

秋葉原事件と同じ6月第二週の週末に、人々が集うために解放された場所で、
脱原発以前の問題で激昂し、刃物を使わせたら日本一の俳優に食って掛かった撹乱者は何者なのだろうか。

石原さん、原発作るなら都庁の隣に作れ!by中山一也(611新宿・原発やめろデモ) | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-326.html

鈴木邦男は膝蹴りを入れたのか??w611新宿原発やめろデモ会場でのもめ事 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-327.html

611原発やめろデモで
中山一也氏が「なぜなら日本人は誇れる民族であるからですよ」とアジるが、
其処へ対し どこからか『何が 誇れる民族だ、バカ』と誰かが野次った
と かろうじて動画の後半部分は聞きとることができた。
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111004054740444.png
野次ったのは青線で囲ったのが輩である。
売り言葉に買い言葉で中山一也氏に向かっていったのも この輩である。

脇目もふらず、中山一也氏に掴みかかる勢いで向かっていった。
二人の間にデモ主催者側であろうステージ周辺にいた数人が割って入らなければ、
暴力沙汰に発展したのは間違いない。

右翼を正当化するような愛国発言にキレたのだろう とは推察が容易にできる。
ただ、『国会議事堂に突っ込むぐらいは朝飯前だ』という人間テロ兵器の挑発を口にする者に対し
其処へ乗る無謀さは 本来ならば頂けるものではないはずだ。
スピーチの内容を理解できれば、丸腰で近づくなんて空恐ろしいことだ理解できるし、
いくらカチンときても其処の場で喧嘩を買う相手ではないことぐらい肌で感じると思うのだが。
ならば何故に そんなオカシナ行動を、その男は あえて為そうとするのか?
撹乱者である。

一つの目的をもって蜂起した一般人の士気を削ぐために、用意された工作である。
原発事故の敵は日本政府と東電である。
この未曾有の原発事故を目の前にしても、
なんだかんだ理由をつけては原発稼動を続けさせようとする経済界である。
この明確な巨敵を前に、本来は右翼も左翼も無いのである。

右翼を肯定する中山一也氏の発言が端を発した後に現れた撹乱者の登場によって、
ステージ脇で始まった小競り合いは、
デモ逮捕者救済を呼びかける女性のスピーチの最中も続けられることになる。


撹乱者がステージ周辺で揉め始めてすぐ、画面右から姿を現したのが、新右翼一水会顧問、鈴木邦男であった。

611原発やめろデモ会場のステージ裾で小競り合いは続けられた。

デモ主催者側を巻き込んだ、右翼(新右翼)VS左翼(外国人)の小競り合いである。

鈴木邦男は小競り合いのさなか、膝蹴りをお見舞いしているようにも見えるのである。
もちろん、足元がもつれて、もたれかかっているだけのようにも見える。靴が脱げた可能性もある。
しかしながら、誰かを抑えこみ、膝蹴りを食らわせているようにも見えるのである。

611脱原発デモの会場で始まった小競り合いの、その発端となった輩は、
どうやら反日本民族のスタンスのようだ、という推測は誰もが思いやすいだろう。

日の丸を携えた右翼青年(鈴木邦男の連れ)が登壇するや、手にしていた紙の束を投げつけた。
鈴木邦男の膝蹴り疑惑はその後の出来事なのである。

脱原発に右翼も左翼もない。

なのに、「右翼対左翼」の構図への演出。
本質から目を背けさせる目くらまし。

このような内部撹乱工作は、公安、シオニストの いつもの手である。
デモ隊の士気を削ぐ目的だと思われる。

ところで、撹乱者の格好にちょっとした違和感を覚えていた件であるが、
ちょっとした違和感の正体は、どうやら、コレである。


黒いアンダーシャツの上にクリーム色のシャツをはおって、
ベージュのズボンを穿き、足元はスニーカー
という、秋葉原無差別殺傷の加藤智大と同じ出で立ちで現れた撹乱者の存在は、
かつての思考実験が呼応する形で ちょっとした違和感として引っかかりを残した。
そう理解している。

そして、目の前に現れた加藤智大と同じ格好をした撹乱者は、
脱原発デモ参加者で埋め尽くした新宿の公園で、こう野次り飛ばした。

「何が誇れる民族だ、ばか」
格好が、全く一緒なのだ。

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/akiba.png

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111004054741cb7.png

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111004054740833.png

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111004090419348.png

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111004090419bb0.png

611新宿原発やめろデモは2011年6月第二週目の週末に行われた。
他方、秋葉原無差別テロ事件は2008年6月の第二週目週末に発生した。

時期的な合致は象徴的であるが、
それ以上に興味深いのは、デモ会場に現れた撹乱者の格好
(黒の肌着の上に袖がだらしないクリーム色のシャツ、ベージュ色のズボンにスニーカー)と
秋葉原無差別テロ事件の加藤雄大の格好は全く一緒なのである。

偶然かもしれない。考え過ぎかもしれない。

しかし、6月第二週目週末に発覚するという時期的な符号、
さらには歩行者天国、デモ会場、両者のシチュエーションの相似が深く結びつけるのである。


前回、前々回エントリーした記事の延長でここまで書き記してきたが、
当方の驚愕と戦慄がうまく伝わったかが心配である。

秋葉原無差別殺傷事件については
かねがね、現場に加藤智大と同じ格好をした人物が現場にいたのではないか と疑っていた。
それは当方が得た一つの答えであった。
そんな中、三年後の6月第二週週末に現れたもう一人の加藤智大に気付いた時の、
その衝撃だけでも伝わってくれたらと思っている。
秋葉原無差別殺人事件が計画的なテロだとして
事件の終息の露骨な予定調和を見れば 公安や官憲が深く関与したオウムのテロに近い性格をしたもの
と想定するのは さほど難しくない話ではあるよね。



秋葉原無差別テロ事件。

この矛盾に満ち満ちた事件の再検証を試みる前に、現場で何が起こったのか?
を克明に描写したブログの記事を紹介する。

トラックが猛スピードで歩行者天国に侵入し通行人を跳ねて止まるまでの一部始終を、
愛三ビル前という正に現場の目の前で目撃したことが綴られている。

一次情報としての事実が散りばめられた、貴重な記事である。参考までに引用しておく。

http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51647569.html
2008年06月08日 23:41(事件当日深夜)

今日は秋葉原で通り魔事件が発生しました。
自分の本当に目の前数mで起きた事件でしたので忘れないようにメモを残したいと思います。

事件が発生したのは12時32分。
ソフマップ本店前の交差点でした。

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/201110051451423fe.png

待ち合わせしていた友人に秋葉原についた連絡をメールで送ったのが32分。
場所は愛三の前手すり側、ダイビル方面からまさに事件の起きた交差点に向かっているところでした。
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111005145142825.png

この時悲鳴を聞き顔をあげると
まさにトラックが次々と人をはねて文字通り吹き飛ばしながら交差点を ほぼ真っ直ぐに通過。
そのまま走りソフマップ本店脇で停止しました。
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/20111005145141fae.png

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/img_1078838_55713582_0.jpg
少なくとも4〜50キロのスピードはでていたように思います。

この時点でトラックから目を離し、
交差点に目を送ると あちらこちらに吹き飛ばされた人達に
警官をはじめとして数人が声をかけていました。

ここで我にかえって少し手が震えながら110番に電話をしはじめたのが33分。

3コール目ほどで女性が「誰か救急車を呼んで」と言うような内容を絶叫し、
それに答えるように別の女性が「今かけてます」と言うような内容を叫んでいました。

ここでまだ繋がらないし何人も110番をかけてもと思い電話を切ったのです。
この時点で ほとんどの人が自分も含めて唖然呆然で身動きとれずにいたのですが、
視界に突然、事件の起こった交差点に向かって車道の真ん中を小走りにスタスタと走る男が目に入りました。
メガネをかけた30はいってなさそうなクリーム色っぽいジャケットを着たこざっぱりした印象の男です。
正直この時点ではバカな目立ちたがりやのおかしな男がいると思っていました。
他に目立って動いている人はいないので吸い込まれるように見ていると・・・

続・秋葉原通り魔事件〜自分で目撃した警官を刺す瞬間
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51647608.html
目立ちたがりやのおかしな男がいると思っていました。
みな呆然とし不思議とざわついているものの少し静かな短い時間、
他に目立って動いている人はいないので吸い込まれるように見ていると…
まっすぐ交差点の真ん中で被害者を見るためにしゃがんでいる警官に向かっていきました。
自分の見た印象では小走りに警官に迫った男が背中をポンポンと叩くようにし、
ここから全速力で万世橋方向に逃げて行く様でした。

私はその時点では悪戯でもしたのかと思っていました。
警官が立ち上がって怒った表情で叫んだ後、しゃがみこんでしまい、
また側にいた別の警官がさらに叫んでいる様子を見て、どうしたんだろと状況がわからずにいました…

ここで突然発砲音が2発ほど聞こえ驚き、
女性の悲鳴とともに交差点から蜘蛛の子を散らすように人が散り、
しゃがんでいた警官が立ち上がった時に初めて、
背中が血で真っ赤に染まっているのがわかり男に刺されたのだと理解できました。

発砲音も多分威嚇射撃によるものかと その時にようやく理解。

男が捕まったかもわからなかったので、
友人に外にでないようにメールを即送信したのが35分。
つまり事件は12時32〜35分のごく短時間に起きたと言えます。

ここで少し落ち着いてたところで、
犯人が逃走した万世橋方面側、ツクモ辺りで友人が待っているのではとぞっとなり、
あわてて交差点から旧ザコン〜アソビットシティ方面に小走りに向かいました。

この途中見えたのは、交差点から見えるラムタラ前あたりに人が集まっていた事、
角を曲がるとアソビット前に男性が倒れ女性が寄り添っている姿と、
路地の一角を大勢が取り囲む様子でした。
(後のニュース映像でこの一角が犯人確保の現場だったそうです)

ここで友人からのメールをみて、
実際は通りをはさんで少し離れたDOS/Vパラダイス側に友人はいるらしい事を確認。
小走りに移動、途中神田明神通りを渡る際に進入してきた2台の乗用車の方
(一台はスポーツカーの男性、もう一台は軽自動車のご夫婦)に
この先で事件が起こっているのでUターンしたほうが良いと伝えつつ道路を横断。

ソフマップ(旧ヤマギワソフト)の裏手で友人と電話連絡がとれて、
12時41分に合流することができました。


こうして落ち着いてから書き起こしてみましたが、
正直自分はなにもできませんでした・・・

目の前で何mも吹き飛ばされる被害者をみてパニックになるだけ、
できたのはせいぜい自分と友人の事を考えることぐらい。
冷静になってみるといざという時にはなにもできなかったことに・・・

http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51647569.html
1. 質問ですが 2010年08月04日 15:14
>視界に突然、事件の起こった交差点に向かって車道の真ん中を小走りにスタスタと走る男が
とありますが、この男(加藤被告と思われる)は
どのあたりから「交差点に向かって」走ってきたのですか?
地図なんかあると、助かりますが。(^^;


3. なだまさき 2010年08月24日 18:38
遅くなりましたが回答を
ソフマップ本館・マクドナルドの
前の道路(神田明神通り)を挟んで向かいがわ
愛三の前・手すり側に立った状態で

視線は多数の被害者が倒れていた交差点中央、
その視界の右側(アキバブリッジ方向から)
から交差点中央にむかって犯人が走っていき

まさに視界の中央で警官を刺し
視界の左側(中央通り秋葉原駅方向)へ消えていくところを見ていました

最後のコメントは極めて興味深い。
ブログ主は、
『加藤智大は暴走トラックから降りて人々を切り刻んだのではなく、
 全く予期せぬ方角から現れた』
と自らの立ち位置をハッキリさせた上で暗に示している。


此処で今回の記事は終わっている、
ちなみに その時のウチの記事は
http://mkt5126.seesaa.net/article/99901577.html
一連の逮捕写真 は 日テレの速報動画(逮捕シーンを含む)を見ると本物のようだけど
となると 負傷の警官 って どのタイミングで怪我をしたんだ?
と既に報道へ違和感を覚えていたんだよね。



秋葉原通り魔殺傷事件 多チャンネルのNHKがさっぱり役に立ってない件: 天漢日乗 2008-06-08
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/06/nhk_c3b4.html
これ今から振り返ると むしろ情報統制と考えれば、逆に自然な話に思えるんだよね。
だって よくよく考えてみると この時も今も
どういう順番で斬って刺して回ったのか? という部分が殆ど解明されていないままだからね。


秋葉原通り魔  事件発生現場の様子 - アキバBlog
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50670762.html


今更だからこそ では当日に何が起きていたのか の詳細を検証した方が良いのかもしれないね。
当時だと 情報工作の嵐の前には勝てない可能性も高かっただろうからね



報道と違う印象の瞬間〜事件現場数mでの目撃
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51647816.html
奇声をあげ、笑いながら人を刺して回ったとの報道もありましたが、
警官を刺す瞬間まで声や奇声を上げているようには全く感じませんでした。

警官を刺して人ごみの中に突っ込んでいった後は分かりませんが、
少なくともその時点で背中を刺されるまで警官も気づかないぐらいでしたから・・・
単独犯では無く 二人犯でも無く
複数犯による同時多発テロ説を取った方が 説明が付きやすい気がしてきた



秋葉原通り魔事件・・・事件の印象がだいぶ違う
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51648015.html
報道では交差点で次々と刺しながらもどってきたとのことでしたが、
愛三のところ手すり側から見ていましたが警官を刺すまで気づきませんでした…
交差点の被害者は ほとんどトラックによるもののはずです。


また事件の印象がだいぶ違うのは、報道陣や警察があつまってきた時には
すでに交差点周辺にいた他の車両はほとんど走っていってしまった後だということ。

記憶しているだけでも黒っぽいぶつけられた跡のあるワゴン。
女性が乗っていた乗用車。
ほかにもたくさんいた乗用車が画面にいないだけでこんなにも印象が変わるのかと・・・

発砲音についての報道もないし・・・

秋葉原通り魔事件・・・事件の印象がだいぶ違う、追記
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51648344.html
ジグザグ運転、蛇行運転しながら交差点で次々と人をひいていった
との報道もありましたが、
実際には対向車線に ある程度の車(ワゴン車、乗用車、タクシー等)が存在したため
それほど蛇行はしていませんでした。
スピードも出していましたし・・・
どちらかといえば車の端にぶつけて角度が変わった程度の感じです。

また自分の印象では報道にあるように犯人が奇声をあげて切りまくったので、
交差点にいた人々がパニックを起こしたというよりも、
2回ほど聞こえた発砲音と それに続いた悲鳴で逃げまどったのが正しかったと思います。

実際あの人ごみの中では犯人が次々と人を刺したところを見えたのはごく一部の人では・・・

私のいた位置や交差点のソフマップ本館側の人達は
多くの人が壁になり全ては見渡せなかったと思います。
秋葉原通り魔事件・・・発砲音がなかったことに・・・
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51650656.html
やはりマスコミ報道の中では発砲音はなかったことになっているようです。

自分には聞こえたのですが聞き間違いだったのでしょうか・・・
もちろん頭が真っ白になり、
手すり越しとはいえ、犯人が すぐそばを通ったのに奇声をあげた様子どころか
行動を犯人の背中側からみていたのに、ナイフも見えた記憶がない・・・

一部証言にあったトラックを降りて
次々と轢いた人間をめった刺しにしたシーンも気づかない?
ていうか本当なのか・・・
馬乗りになってなんて証言されていた人もいるし、
飛行機みたいなカッコで両手を広げて走ったのにも気がつかない、
蛇行?といっても神田明神通りの狭い片側車線で真っ直ぐ走っているように感じたり、
・・・ていうことは発砲音も・・・

発砲音についてはブログで書かれている人がほとんどなく、
自信がもてませんが少なくとも、
警官が刺された後、犯人が万世橋方面の人ごみに突っ込んでいった後、
体感時間で2〜3秒ほどで少なくとも2回ほど大きな発砲音もしくは爆発音が
聞こえたのは間違いなかったと思います


秋葉原通り魔事件の目撃情報補足@〜どんな位置から事件を目撃したか
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51672612.html
http://livedoor.blogimg.jp/nadamasaki/imgs/4/e/4e696198.jpg
通り魔事件後、初めて秋葉原にいってまいりました。
実際に事件を目撃した際の位置からの視線の方向の画像です。

このときの視線の方向に黒いワゴン車や女性の乗った乗用車、タクシーなど数台の車越しに
ものすごいスピードで次々と人を吹き飛ばしていく光景がひろがっていました。
この時 悲鳴を聞き顔をあげると
まさにトラックが次々と人をはねて文字通り吹き飛ばしながら交差点を
ほぼ真っ直ぐに通過。
そのまま走りソフマップ本店脇で停止しました。
少なくとも4〜50キロのスピードはでていたように思います。

秋葉原通り魔事件の目撃情報補足A〜視線の移動〜
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51672620.html
http://livedoor.blogimg.jp/nadamasaki/imgs/c/1/c123f576.jpg
トラックの移動に合わせて視線を移動させていった際の視線の方向です。
このほぼ中央でトラックは停止しました。

停止後すぐに視線を交差点中央にもどすと次々と停車していた車が交差点を離れ、
次第に事件現場の悲惨な全体像があらわになってきました。

秋葉原通り魔事件の目撃情報補足B〜容疑者が警官を刺した瞬間の視線の方向
http://blog.livedoor.jp/nadamasaki/archives/51672628.html
http://livedoor.blogimg.jp/nadamasaki/imgs/e/b/eb865c2b.jpg
ちょうど画面中央に警官がこちらからみると背中を向けた格好でしゃがみこんで
トラックに轢かれた被害者の一人の救護をしている様子をみていると画面の右側方向より
視界に突然、事件の起こった交差点に向かって車道の真ん中を小走りにスタスタと走る男が目に入りました。
メガネをかけた30はいってなさそうなクリーム色っぽいジャケットを着たこざっぱりした印象の男です。
正直この時点ではバカな目立ちたがりやのおかしな男がいると思っていました。
他に目立って動いている人はいないので吸い込まれるように見ていると…


まっすぐ交差点真ん中で被害者を見るためにしゃがんでいる警官に向かっていきました。
自分の見た印象では小走りに警官に迫った男が背中をポンポンと叩くようにし、
ここから全速力で万世橋方向に逃げて行く様でした。
私はその時点では悪戯でもしたのかと思っていました。

警官が立ち上がって怒った表情で叫んだ後、しゃがみこんでしまい、
また側にいた別の警官がさらに叫んでいる様子を見て、
どうしたんだろと状況がわからずにいました…

ここで突然発砲音が2発ほど聞こえ驚き、
女性の悲鳴とともに交差点から蜘蛛の子を散らすように人が散り、
しゃがんでいた警官が立ち上がった時に初めて、
背中が血で真っ赤に染まっているのがわかり男に刺されたのだと理解できました。

発砲音も多分威嚇射撃によるものか と その時にようやく理解。

画面左側の人ごみの中に男が消えていき しばらくした後に
爆発音が一回、その後また1〜3秒ほど後に もう一発の爆発音が聞こえ
女性のキャーというような叫び声と男性の内容が聞き取れない大声から
パニックが始まり画面左側に固まっていた集団から蜘蛛の子を散らすように
事件現場の交差点周辺から ほとんどの人間が散っていきました。

これが私の通り魔事件を目撃した際の視線の動きをあわせた補足説明になります。
昨日事件後初めて秋葉原に行きましたが、
実際に当時の現場がいかに犯人と近かったのか、生と死を分けたものはなんだったのかと考えさせられます・・・



http://cache.baidu.jp/jp?word=%C7%EF%C8%7E%D4%AD%3B%9Fo%3B%B2%EE%84e%3B%A5%C6%A5%ED%2C%ED%98%B7%AC&url=http%3A//49497%2Ediarynote%2Ejp/m/%3Fpage%3D1&p=b479c64ad69f0af908e29e784605&user=baidujp
この秋葉原無差別テロ事件については、
宮崎勤事件やオウム事件にくらべて、あまりにも言及されている本が少なすぎる。

それは、本書で吉岡忍が言うように「この事件には謎がない」と感じられるからだ。
宮崎事件のときは、「おたく」について、
またオウムについても多くの教典や雑誌、教団の歴史など、
参照するものが山ほどあって、それを掘り起こしているだけで興味深い書物が成立した。

この事件の犯人、加藤が残したのはネットの書き込みだけ。
その書き込みの背景もありきたりなものだった。

ただ、吉岡忍は、こう続ける。
「短絡といえば短絡、底の浅い事件である。どこにも謎はない。そう見える。
 けれども、結果は重大で凄惨だった。
 このあっけらかんとした短絡、底の浅さにこそ、この事件の現代的意味がある」
いろんな視点から本書は書かれているが、
とくに内田隆三の文章は、通り魔と無差別殺人について書かれたもので、
不意をつかれて視界がひらかれた思いがした。

あと、浅野智彦の次の文章は、なるほど、そういうことなのか、と腑に落ちた。
「『恋人』や『モテ』について語るものが人を殺し、
 『戦争』を語るものが幅広い連帯のきっかけを提供する。これは重要な教訓ではあるまいか」
よくよく考えてみると あの犯行予告の書き込みは本物なの?
情報工作を仕掛けてくる連中の存在が在る以上 何事も安直に信じて良い情報とも言いきれない。
むしろ 額面通りに受け取ってしまうは情報工作を仕掛けてくる連中の思う壺 というのは
今まで散々に味わってきている。

情報工作が有るからには 其処には隠蔽したい何かが有る。
少なくとも 殺傷の順番が殆ど全く解明されていなく あの写真には違和感が多すぎる の2点が有れば
其処に 何故なのか? を問い直す必要は有るだろうね。



http://hiro-tokyo-nagasaki.de-blog.jp/syumiyuyu/2008/06/post_cbec.html
日曜日のお昼にアキバを歩いていたら、ものすごい数の人だかり。
というか、人だかりに自分が入り込む前に、
お腹の部分が赤く染まった男性が路上で倒れているのを先に目撃して鳥肌がたった。

ドラマの撮影でもなく、ブラウン管の向こう側で起こっているわけでもなく・・・、今目の前に数人の人が路上で倒れて人工呼吸されていたり、パトカー・覆面パトカーが猛スピードでホコテンを突っ切ってきたり、「応援願います」が連呼されている現場に居合わせた。



http://www.youtube.com/watch?v=wbGXZLtLM64
アキバ通り魔逮捕映像
見た人も多いだろう この動画
で こういう時に強いのが良くも悪くも やはり阿修羅だ

検証 「秋葉原 刺殺事件・犯人逮捕の瞬間」映像
http://www.asyura2.com/08/social6/msg/110.html


序言

秋葉原通り魔事件は明らかに作られたもので,
加藤智大容疑者は ほぼ間違いなく無実であろうことを検証します


第1章 あらためて返り血をまったく浴びていない加藤智大容疑者を確認

秋葉原の事件では,死者7名・けが人10名のうち
トラックではねた3人以外の14名はナイフで刺したことになっています。

14名もの人間をナイフで突き刺した人間に一滴の血液もその人間に付着しないことはありえないでしょう。



http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/612.html
http://1.bp.blogspot.com/-KeGgiYKeFj0/TihXwlXsLDI/AAAAAAAAB3M/G9zpDQnhqKU/s1600/Sankei%2B-%2Bchubby%2Bman%2Bgetting%2Bblood.jpg
産経の記事の画像
見出しは 秋葉原通り魔事件 馬乗りになって 返り血を浴びながら・・・衝撃の瞬間
本文はググればコピペが沢山に出てくる。

「犯人は返り血を浴びながらナイフを振りかざした」。
白昼、秋葉原の歩行者天国を襲った通り魔事件。目撃者が衝撃の瞬間を語った。

東京都大田区のフリーター、真保力太郎さん(19) 
「加藤智大容疑者は小太りで、トラックから出てきた後、
はねられて倒れた人に馬乗りになって、胸から腹にかけて何度も刺し、
返り血を浴びていた。刺された人はうめき声のようなものをあげていた

周囲も『ワー』『キャー』と声を上げていた。容疑者は次々と同じようなことをしていった」 

二男(10)と訪れていた所沢市の会社員(48) 
「犯行直後は、横断歩道の近くに3人ぐらい、20メートルほど離れた路地に
 1人が血を流して倒れ、うめいていた。
 あわてて周囲の人たちが、 一生懸命に人工呼吸をしていた」 

こら複数犯だな。

http://unkar.org/r/occult/1264748569

3 :本当にあった怖い名無し:2010/01/29(金) 16:10:43 ID:KvQhdXYU0
368 :YY:2008/07/12(土) 00:09:58 ID:114FgqC60
秋葉原の件、陰謀の証拠はないけどさ。
もしこれが陰謀だとしたら簡単ジャン。超簡単。

目撃者がグルwそんな必要ない。
実際に動くのは、加藤とプロの軍人(元)で
顔が加藤と似ている人物A の二人でOK。
(出来れば、逮捕した警官がグルの方がいい)

加藤はドラッグかなんかで操り人形。
レンタカーを借りたり、ダガーナイフを購入したのは、加藤本人。

で、真犯人Aが"白い背広"を着て加藤の借りたトラックに乗って犯行を行う。
まったく同じダガーナイフで刺しまくり。
で、路地かあるいは、事前に用意した建物なんかに飛び込んで、
"白い背広"を着た加藤と入れ替わる。
加藤はそのまま呆然と歩いていると警官がやってくる逮捕。

目撃者がいても、顔なんてそんなに正確に覚えてないし、
白い背広が目に付いてそっちばかり記憶。

加藤の犯行時の顔を映した映像はない。
で、加藤が犯行を自供。事件終了。

これで、加藤の白い背広や手に一滴も血が付いてないことが合理的に説明できると思う。


370 名前:そろそろ日本テロだね 投稿日: 2008/07/12(土) 10:36:41 ID:4UdNazKI0
秋葉原殺傷事件の犯人は加藤じゃなくて、別人だろうね。
17人も刺しているのに、血が全く付着してないんだから。
そんなことが出来る人はいない。
逮捕時の加藤の あのフラフラした酔っ払いのような弱々しさ。
とてもあんな凶暴なことをやった直後の人間には見えない。

なるほど 加藤当人へは薬か。
そう言われてみれば、
逮捕の時の映像の弱弱しさは まさに薬漬けにさせられた人間の動作そのものだよね。


秋葉原事件の被告、被害者に謝罪の手紙【Jcastニュース】
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/392.html
事件については、「記憶がほとんどない」とするが、
「やったことに間違いはない。すべて私の責任であり、私の罪は万死に値するもの。
 当然死刑になると考えます」
などと書かれていたという。

加藤被告本人は、4人をダガーナイフで刺殺したににも拘らず、
一滴の返り血も浴びていなかった件は完全スルーですかね。

2009/11/11 17:13


で 映像の不可思議さの話に戻る。


http://www.asyura2.com/08/social6/msg/110.html

身体・衣服にまったく血液の痕跡がない加藤容疑者の全身像
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7085.jpg

左手がまったくきれいな加藤容疑者
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7086.jpg

右手がまったくきれいな加藤容疑者
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7087.jpg

加藤容疑者が落としたとされるまったく血液が付着していないナイフ
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7088.jpg

もうこれは,お笑いとしか言いようがありません。
こんな矛盾だらけの映像を流しても,
マスコミ人・評論家の誰一人も声を上げる姿が現在の日本なのです。

さすが阿修羅w こういう時は完膚なきだなw
第2章 音声入れ替えをしていない映像の不自然さ

まず,筆者があらためて秋葉原事件の映像を見直して,再確認したこと。

 秋葉原通り魔 確保の瞬間 The moment of arrest
 http://jp.youtube.com/watch?v=ddi3QLZauAU

この映像を見て・聴いて,「おかしい!!」と感じる点。

1.
繰り返しになりますが,加藤智大容疑者は,直前に何人もナイフで刺して,
しかも死者まで出すほどしっかりナイフを人間に突き刺していることになっています。
なら,どうしてこの映像に写っている加藤智大容疑者に
≪身体・衣服に大量の返り血の痕跡≫
がまったくないのでしょうか?

2.
この映像の音声で,
カメラマン(石渡裕二カメラマン 日テレ・テクニカル・リソーシズ)と思われる声
「はい,はい,はい,…」は何を意味するのか?(01:02〜01:57)
筆者には,遠隔地にいる誰かから
≪撮るべき映像の指示を受けている≫
ようにしか取れないのですが。

もしそうなら,通常のテレビ取材ではありえない
≪取材対象の遠隔指示≫
は何を意味するのでしょう?
携帯電話で,日テレ関係者に単に事情を説明していたとも解釈できますが,
それならば,カメラマンのほうが多くを喋っているはずで,
ほとんど「はい,はい,はい,…」としか喋っていない状況は明らかに不自然でしょう。


1.に関しては,第1章で,静止画でも確認しましたが,
他の多くの方が述べられている通り明らかにおかしい点です。

2.には驚愕の事実が隠されています。


第3章 「ニュース」は作られる
この「はい,はい,はい,…」をまずいと考えたであろう日テレ関係者が音声を編集した動画があります。

 【詳細版】秋葉原 刺殺事件・犯人逮捕の瞬間
 http://jp.youtube.com/watch?v=OCWPprvL4I8

00:27までは,上記「秋葉原通り魔 確保の瞬間 The moment of arrest」と
同じ映像・音声が使われています。
そのあと,「はい,はい,はい,…」の音声が入っている一部の映像をカットして,
おそらく場つなぎで,町の様子を写した映像に切り替えています。

そして,重要なのは
00:57〜00:58
00:58〜01:52
です。00:57〜00:58では,「すみません,はい,はい」という声が聞き取れます。
短時間なので誰も気がつかないだろうと思ったのでしょう。

して,驚愕の「00:58〜01:52」
なんと音声がすっかり,入れ替えられていて「はい,はい,はい,…」が みごとに消されています。

この「はい,はい,はい,…」を消した理由として推測できるのは,
(1)
単に「はい,はい,はい,…」という声がみっともないので,もっと緊迫感のある音声に入れ替えた。
(2)
筆者が考えるように,事情を知っている日テレ関係者が揉み消しのために音声を入れ替えた。
でしょう。

仮に(1)であるとしても,章題「『ニュース』は作られる」には間違いはありません。



第4章 隠された映像 〜 二人の日テレ関係者の証言と映像の奇妙な関連と非関連

A.【証言】秋葉原事件・カメラマンが見た一部始終
http://jp.youtube.com/watch?v=PmLQieI7Zzc
B.容疑者撮影のカメラマンが証言 秋葉原殺傷
http://www.news24.jp/111268.html

これらの映像では,「たまたま現場に居合わせた」二人の日テレ関係者が証言をしています。

日本テレビ技術統括局 秋元乾太郎局員
日テレ・テクニカル・リソーシズ 石渡裕二カメラマン

A.「【証言】秋葉原事件・カメラマンが見た一部始終」では,
秋元乾太郎局員はこの動画の 01:47〜3:30,04:19〜07:14
石渡裕二カメラマンは,03:33〜04:03
で証言しています。

B.「容疑者撮影のカメラマンが証言 秋葉原殺傷」では,
石渡裕二カメラマンだけが証言しています。

動画については,石渡裕二カメラマンが撮ったのは間違いないようですが,
静止画については,両名のどちらが撮影したのかはっきりしませんが,
どちらにしても,Aは奇妙な番組構成になっています。

静止画が どちらの人間によって撮影されたか,両名は行動も共にしていたか否かで
次のような場合が考えられます。
(1) 両名は行動をともにしていて,静止画は秋元乾太郎局員,動画は石渡裕二カメラマン
(2) 両名は行動をともにしていて,動画・静止画とも石渡裕二カメラマン
(3) 両名の行動は別で,静止画は秋元乾太郎局員,動画は石渡裕二カメラマン
(4) 両名の行動は別で,動画・静止画とも石渡裕二カメラマン
(行動を共にしていたかもしれないと考えられる根拠は,Aの秋元乾太郎局員の証言によります
 (02:26「私と同僚はですね…」。
  また,Bで石渡裕二カメラマンは事件初期から目撃したと証言しています))


(1),(3)の検証
静止画と動画は,映像を見る限り時間的に きれいな分断があり
(はじめ何枚かの静止画→加藤容疑者が取り押さえられたところから動画),
もし秋元乾太郎局員が撮影装置を持っていたのなら,
一枚くらいは取り押さえ後のシーンは別角度の映像として使われた可能性が大きく,
(1),(3)は実際には考えにくい。

(2)の検証
Aの映像の内容から言えること…プロのカメラマンなら,
事件発見直後から映像を撮るのが当然であり,
最初の静止画が,路地で容疑者と警官が対峙する静止画というのは不自然に極まる
としか言いようがありません。
(トラックが歩行者天国に突っ込んで警官が救護に向かった時からのことを
 ≪秋元乾太郎局員≫が証言しています(01:53ごろ))

Bの映像の内容から言えること…
B の動画で石渡裕二カメラマンは,
トラックが歩行者天国に突っ込んでいく所を証言しています。

さらに,
「デジカメで犯人を撮影しながら
 『刃物持っているからみんな逃げてください。』と叫びながら走っていました」
と驚くべき事実を語っています。

Aの映像では,秋元乾太郎局員が主に証言しており,
なぜ実際に撮影した石渡裕二カメラマンの証言が少ないのか不審に感じるところです。

(4)の検証
 (2)の考察と変わるところはありません。


ここまでの観察で,はっきりしたことが一つあります。

路地に逃げ込むまでの犯人の姿が
デジカメに撮影されているはずなのに,
公表されていないことです。


また,はっきりとは言えないのですが,
Aの映像で,秋元乾太郎局員の証言だけが主に取り上げられているのは
何かしら不自然な感じがします。

第5章 推論

以下はあくまで推論です。

日テレに「秋葉原で何かが起こる」と垂れ込みがあり,2名の関係者が秋葉原で待機。
そこへ本当に とんでもない事件が起こり,慌てた二人は,通行人に「逃げろ。逃げろ」とも叫びまくる。
カメラマンは用意したデジカメで事件の最初から,動画で撮影。
カメラマンは同時に局の管理職に電話するが,事情をあらかじめ知らされていた管理職は,
「ここを写せ。あそこは写すな。」とアレコレ指示をしてくる。

訳のわからないカメラマンは,ただ言うとおりに「はい,はい,はい,…」と返事をする。

特ダネを持った二人は局に戻り,動画を編集するよう担当者に渡す。

編集担当者はトップ方面から伝わってきた管理職の指示により,ヤバイ動画は全部ボツ。
加藤容疑者が真犯人とフレームアップできるシーンだけ動画で放映許可。

ただし,不自然な音声に気がつかなかった初期には,
「はい,はい,はい,…」の音声が入ったシーンを放送してしまった。
後の番組では,音声の改変指令が飛んだ。

ヤバイシーン=そこには加藤容疑者とは体格も服装も違う,
返り血を全身に浴びた真犯人が写っているのであった


現場へ行った局員と派遣カメラマンは訳がわからないが,
とにかく何だか有名になったようで喜んで局のインタビューに答える。

この推論の弱点…もし真犯人がいるのなら,
どの時点でどうやって,加藤容疑者と入れ替わったのか?
何の証言もなく推論できるネタがないことです。


第6章 事件の背景
神戸酒鬼薔薇事件,首都圏サリン事件,米国9.11同時多発「テロ」,
…と同類の警察国家体制構築を狙う何者かによって仕組まれた事件なのでしょう。



http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/314.html
最初は25歳暴力団と報道された。投稿者 azumijunko 
NHKによって権利者削除された動画では
25歳の暴力団と名乗った と


http://jp.youtube.com/watch?v=f3PXPhDNfvs
目撃者は灰色の背広といっているが 
警視庁はベージュの服の男の身柄を確保と。
並べて突いていっただけで一気に5人心肺停止?
プロじゃないの?


ナイフを持った画像アリ ナイフに血はついてない。
ナイフは小さめ 一撃で命を奪えるほどのものか?
うろたえているというカンジ

仙台でアーケードにトラックで突っ込んで死傷者を出した通り魔事件では
レンタカー会社の賠償責任が問われ 有罪判決がでた。  
あー そういえば そうだったね。
あくまでレンタカーの保険の範囲の話で 刑事的責任は関係無く
轢かれた人達への賠償は そっちからも出たんだよね。
そのニュースを見た時
なるほどね あくまで被害者や遺族への補償を最優先にするのか とは思ったんだよね。

なのに この件では そういう話を聞かないね?w 不思議w
で 産経の記事の画像に戻って

http://1.bp.blogspot.com/-KeGgiYKeFj0/TihXwlXsLDI/AAAAAAAAB3M/G9zpDQnhqKU/s1600/Sankei%2B-%2Bchubby%2Bman%2Bgetting%2Bblood.jpg

「犯人は返り血を浴びながらナイフを振りかざした」。
白昼、秋葉原の歩行者天国を襲った通り魔事件。目撃者が衝撃の瞬間を語った。

東京都大田区のフリーター、真保力太郎さん(19) 
「加藤智大容疑者は小太りで、トラックから出てきた後、
はねられて倒れた人に馬乗りになって、胸から腹にかけて何度も刺し、
返り血を浴びていた。刺された人はうめき声のようなものをあげていた

周囲も『ワー』『キャー』と声を上げていた。容疑者は次々と同じようなことをしていった」 

二男(10)と訪れていた所沢市の会社員(48) 
「犯行直後は、横断歩道の近くに3人ぐらい、20メートルほど離れた路地に
 1人が血を流して倒れ、うめいていた。
 あわてて周囲の人たちが、 一生懸命に人工呼吸をしていた」 


真保力太郎 という名前の者については こんな話も有る

http://aas.ula.cc/s3.cgi/-6-1+.Ouu!mail=sage/toki.2ch.net/archives/1213630084/539
539:名無しさん@お腹いっぱい。 :sage:2011/08/24(水) 05:50:47.31 ID:??? 秋葉原通り魔事件の目撃者「真保力太郎」について

東京都大田区のフリーター、真保力太郎さん(19) 
「加藤智大容疑者は小太りで、トラックから出てきた後、
 はねられて倒れた人に馬乗りになって、胸から腹にかけて何度も刺し、
 返り血を浴びていた。
 刺された人はうめき声のようなものをあげていた。
 周囲も『ワー』『キャー』と声を上げていた。
 容疑者は次々と同じようなことをしていった」 


http://unkar.org/r/newsplus/1242803093  2009年5月20日
【社会】 ネットで知り合った女子高校生を脅して銀行口座を作らせ、振り込め詐欺。男ら2人逮捕

ネットで知り合った女子高校生を脅して銀行口座を作らせ、
振り込め詐欺を行っていたグループの男ら2人が逮捕された。
逮捕されたのは、会社役員・松野優一容疑者(35)と、アルバイト・真保 力太郎容疑者(20)。

2008年4月の大田区と2008年6月の秋葉原で
共にトラックによる衝突事件が2回起こっている。
2つとも2tトラックである。

そして目撃証言に出ている「真保力太郎」は両方を目撃して かつマスコミへ証言をもしている。
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1209021415/
【社会】歩道に車、7人重軽傷 トラックと衝突 銀行玄関も壊す
1 :ヘビおんな物語φ ★:2008/04/24(木) 16:16:55 ID:???0
二十四日午前八時四十五分ごろ、
東京都大田区東六郷二の第一京浜(国道15号)の交差点で、
二トントラックと乗用車が衝突、
乗用車は歩道に乗り上げ、三井住友銀行六郷支店にぶつかった。

歩道にいた同区のホームヘルパーの女性(50)が頭の骨を折って意識不明の重体、
男女五人が骨折などの重軽傷を負って病院に運ばれた。

警視庁蒲田署は、自動車運転過失傷害などの現行犯で、
トラックを運転していた康貴三容疑者(59)=葛飾区細田五=と、
乗用車の会社員内山寛之容疑者(28)=大田区大森西五=を逮捕した。
内山容疑者も軽傷を負った。

調べでは、品川方面から来た乗用車が、
対向車線から交差点を右折しようとしたトラックと衝突し、乗用車が歩道へ乗り上げた。
同署の調べに対し、両容疑者は「相手に気付いていたが、ぶつかるとは思わなかった」
と それぞれ話しているという。

(>>2に続く)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008042402006234.html

2 :ヘビおんな物語φ ★:2008/04/24(木) 16:17:11 ID:???0
現場は、京急本線雑色駅近くの交差点で、事故当時、駅を利用する通勤客が多くいた

前部と右側が壊れた車は、歩道上で自転車を下敷きにしたまま止まっていた。
京急雑色駅に近い現場は、銀行正面玄関のガラスが半分割れ、曲がった自転車が数台置かれているなど、
事故のすさまじさを物語っていた。

「乗用車がクラクションを鳴らしたが、よけきれなかった」。
近くに住む会社 員清水秀一さん(30)は、事故の瞬間、銀行前の歩道で信号待ちをしていた。
目の前で、トラックが右折しようとしたところに車が衝突。自分のすぐ脇を突
っ切って銀行にぶつかった。「トラックは一時停止しなかった」という。

飲食店従業員の真保力太郎さん(19)は、仕事帰りに事故を目撃
「車がすごいスピードで直進してきた。
 バーンとトラックにぶつかり、横断歩道や歩道の人、自転車を次々はねた。
 どっちが悪いか知らないが、あんなスピードでは避けようもない」と話した。

近くで板金店を営む鈴木新治さん(64)は
「救急車もまだ来ていなくて、歩道にけがをした女性が横たわっていた。
 警察官らが車を持ち上げて下敷きになった人を助けようとしていた」
と事故直後の様子を振り返った。
で今回の6月の秋葉原(千代田区)で起きた事件をも目撃できたのか。
これは偶然だろうか。


トラックで突っ込んでから、殴り込むやり方は暴力団抗争で何時も行われるやり方である。
加藤智大は逮捕直後、25歳暴力団と名乗った。
発砲音を聞いたという証言が別の目撃者のブログにも出ている。

だがその事実はマスコミは報道していない。謎は深まるばかりである。



そして2009年5月に真保 力太郎は逮捕されている
http://unkar.org/r/newsplus/1242803093
・ネットで知り合った女子高校生を脅して銀行口座を作らせ、振り込め詐欺を行っていたグループの男ら2人が逮捕された。

逮捕されたのは、会社役員・松野優一容疑者(35)と、アルバイト・真保 力太郎容疑者(20)。

2人は2008年1月、ネットで知り合った当時16歳の女子高校生を脅すなどして
都内の銀行で口座を作らせ、通帳などをだまし取った詐欺などの疑いが持たれている。
松野容疑者らは、この口座を使って還付金詐欺を行い、
2008年6月、埼玉県の男性に30万円余りを振り込ませたとみられていて、
警察は、このほかにも、この女子高生が作ったほかの口座など、
複数の口座で振り込め詐欺を行い、これまで500万円以上をだまし取っていたとみて調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090520/20090520-00000543-fnn-soci.html
普通に三下ヤクザの下っ端チンピラですね。

その若造が 2トントラックが通行人へ突っ込む事件を2ケ月間に2度も目撃して
なおかつ2度ともマスコミから証言の取材を受けて報じられている。

そら ものすごい偶然ですなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



http://unkar.org/r/occult/1264748569
9 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2010/01/29(金) 20:40:05 ID:IEeQX+KqO
でも確かに返り血とナイフに血が着いてないのはおかしいよね

11 :本当にあった怖い名無し:2010/01/29(金) 22:32:18 ID:KvQhdXYU0
実際の逮捕時の加藤と目撃証言の加藤が違う。


20 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 12:29:08 ID:OxXMANEL0
ナイフに血が付いていないよ?
着替えると言っても、
車を降りてから2分で逮捕されていると新聞には書かれていた。
7人殺したのは30秒だそうだ。
あんなナイフで。
腸もはみ出していた被害者が居るそうな。


22 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 13:04:52 ID:OxXMANEL0
30秒で7人も殺せる? どうやって?
血の付いたナイフが発見されないとおかしい。
返り血を浴びていた証言と異なる。
着替えて、手を洗う時間も無い。
秋葉原の防犯カメラの映像が出てこないのはおかしい。
そこに犯人が写っている筈じゃないのか?


32 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 19:32:13 ID:UowxNQ0y0
30秒で7人ておかしすぎるだろ
しかもヒョロヒョロのあんなやつが…
単独犯の可能性は薄いな


37 :本当にあった怖い名無し:2010/02/01(月) 00:00:25 ID:USDQbI0t0
あの捕り物劇の芝居くささ。
加藤が犯行の事を覚えていないのも当たり前だ。
NHKなぞ、犯行の事を覚えていないと言う事を取り除いて、
私がやったのは間違えないを強調していた。


14 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 00:01:14 ID:X49pAGVKO
犯人が加藤じゃないとして、真犯人は何のために殺したんだ?
やっぱり無差別殺人?


17 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 09:47:40 ID:OxXMANEL0
>>14
一般人を犯罪者に仕立て上げ、みずから自滅したようにしたてあげるカルト宗教が
存在するよ。
にしては官憲公安の絡んだ計画性の臭いが強すぎる、
そういう側面が有ったとしても 無差別だけで話を終わらせる訳にはいかないよね



こういう話も有る。
http://anond.hatelabo.jp/20080611051211
元記事ttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=835026617&&owner_id=16171945は存在しない
この記事の信憑性よりも 以下の部分の話が気になる

脈があるのに死亡扱い。なぜ?START法でのトリアージの 黒タグ は あり得ない
http://anond.hatelabo.jp/20091118141741

と重ね合わせて↓を読み そう言えば当時 搬送の順番で変な話が有ったな というのは思い出した。
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/314.html
NHKのニュースによると被害者たちは≪30分以上≫現場に放置された

事件発生から≪30分後に≫NHK職員によって撮影された映像が流されていました。
不思議なのは,被害者たちがまだ,現場で介護されていたことです。

みなさん,ご存知のように救急救命医療では,
1分でも早く病院に運んで適切な治療を受けさせることが,
患者の救命率に直結します。

秋葉原という,交通至便,病院がたくさんある大都会で,
なぜ被害者たちは30分以上も現場に放置されたのでしょう。

30分間も瀕死の状態で放置されて死んでいくのは
さぞかし無念であったろうと思います。
また,助かった方も「なぜ,すぐに病院に運んでくれないの?」と苦痛の中で呻吟したことでしょう。

実に怪しいです。
これが,日本を治安国家・警察国家に誘導するための仕組まれた「事件」なら絶対に許せません。
あり得るね。
確かに
平成時代に起きた無差別殺傷事件としては
7年前の同じ日に発生した大阪教育大学附属池田小学校の児童殺傷事件に次ぐ惨劇。

という狂信的宗教性をも感じるけど。

この件は調べれば調べるほどに
官憲公安が極めて計画的に深く関与したテロ事件である可能性が濃厚になってくる。

では誰をテロの標的にしようとしたのだろうか?
此処まで計画的なのだから完全な無差別とは考えにくい。

コレに近い情報統制を感じるのが
誠天調書 2011年01月26日: 「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 と ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件」、その冤罪性の共通項。
の ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件 なんだよね。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件などと比べれば 加藤には女の絡みの臭いが無さそうに見えて
翻って考えれば いわゆるアキバ系の電波男の論理性が 事件直後は猛烈に注目を浴びたよね。
そういう観点では 全くに男女の関係が無関係とも言い難い。



トラックで撥ねられる(5人、死亡3人・負傷2人)

74歳男性 - 左背中刺創・死亡(東京慈恵会医科大学附属病院)
19歳男性 - 腹部打撲・死亡(国立国際医療センター)
19歳男性 - 死因不明・死亡(三井記念病院)
20歳男性 - 腰の痛み・軽傷(白鬚橋病院)
19歳男性 - 擦過傷・軽傷(三井記念病院)


ナイフで刺される(12人、死亡4人・負傷8人)

21歳女性 - 失血・死亡(東京医科歯科大学医学部附属病院)
47歳男性 - 背部刺創・死亡(東京女子医科大学病院)
33歳男性 - 背部刺創・死亡(駿河台日本大学病院)
31歳男性 - 胸部貫通刺創・死亡(東京都立墨東病院)
43歳男性 - 背部刺創・重傷(聖路加国際病院)
53歳男性 - 腰・重傷(東京医科歯科大学医学部附属病院)
24歳女性 - 肺・重傷(東京医科歯科大学医学部附属病院)
53歳男性警察官 - 胸部刺創・重傷(東京大学医学部附属病院)
27歳男性 - 背部刺創・軽傷(日本医科大学付属病院)
54歳男性 - 右胸刺創・重体(日本医科大学付属病院)
30歳女性 - 腹部刺創・重傷(聖路加国際病院)
28歳男性 - 右前腕切創・軽傷(東京厚生年金病院)


この内容を見ていくと 斬っての傷ではなく 刺しての傷が大半となっている。

刃物での惨劇は2〜3分の出来事だとして
斬っていく のならば大量の者達の殺傷も可能になるだろうけど
刺していく というのは とてもじゃないが素人が それだけの短時間に可能な話ではない。

極めて熟練した殺人の技能を持った者 でなければ
その短時間でコレだけの数の者達を次々と“刺して回る”というのは絶対に不可能だ

佐世保の事件も 秋葉原の事件も 大量殺人でありながら
真犯人は殺人のプロの技能を持った者の可能性が高く そして冤罪性が高く 強力な情報統制が敷かれ
そして続報は極端に先細る傾向となる。


さて この話は何処まで追いかけられるかな?







ゴビンダ・マイナリは無罪
http://w3sa.netlaputa.com/~gitani/index.htm#govinda
検察側は、犯行時間を97年3月8日午後11時半以降としているが、
当時、同居していたネパール人男性が
「9日午前0時ごろに電話し、ゴビンダさんと話をした。
 午前1時ごろに帰宅するとゴビンダさんが自室にいて、3時ごろに二人で寝た」
と証言した
という。

佐野氏によると、この元同居人は「警察に口止めされた」とも話した。


警察は、取り調べの際に男性に暴行を加え、その後は一転して厚遇したという。
不法就労を承知の上で、金融会社に就職の斡旋まで行ったというのだ。

佐野氏は
「(冒頭略)警察による暴行と就職斡旋は、ほぼ事実と確認できた。
 特に、斡旋されたという金融会社の対応は不自然だった。

 客を装って最初に接触したときには
 『(会社の存在を)どこで知ったのか』と執拗に問いただし、
 二度目に連絡した際にはもぬけの殻となっていた。

 警察は、そこまでするのかと背筋が寒くなった」と振り返る。

なるほど、東電OL殺人事件で
ゴビンダの同居人だった男は 帰宅時間の口止めを不法就労での逮捕を盾に暴行と脅迫をされて
警察が斡旋するような金融機関へ就職した後に消された という訳だ。
背景が丸分かりだねぇwwww

其処までするのが宗教右翼と核テロリストの性質を色濃く持つ官憲の通常業務であり
それが日本の この150年での普通の出来事 なんだよね。

平和に生きている とか思っていた人達の甘さが これからも更なる地獄を造るだけか







http://c.2ch.net/test/-/newsplus/1317912911/
876:名無しさん@12周年 10/07(金) 14:01 Wiv+CPFf0 [sage]
大熊町出身の友人が、原発事故で かなりの死者が出ていると聞いたが、
4月に一度、福島に戻った時は、持たされた線量計が直ぐに鳴ったと話していた。

また、ベント決死隊の4隊の内、3隊は死んだらしい
4隊目の人は家族持ちだったから、何とか助かったらしい。
ベント決死隊の話は聞いていたけど 詳細は全く知らなかった。


432 :名無しさん@12周年:2011/09/04(日) 07:53:03.41 ID:RvDw4bou0 [4164ポイント]

・メルトダウン報告を受けた。東電からもベントしたいと。
  ↓
・海江田ベント指示(12日1時)
  ↓
・東電なかなかベントできず。
  ↓
・3時にベント命令。菅の原子視察決定。(「ベントでも安全」のパフォ)
  ↓
・東電、それでもベントできず(ベント弁の電気系統がダメになっていた)
  ↓
・菅、現地で怒鳴りつける。
  ↓
・東電、手動で弁を開ける覚悟


471 :名無しさん@12周年:2011/09/04(日) 07:56:34.64 ID:0LxCMJBn0 [3392ポイント]
>>432
それ以前に、事故を過小評価して 民間東電で対応できると菅が判断した点。
そのため電源喪失時のベント決死隊が遅れて
結果、水素爆発を起こした。

民間に社員に氏ねという判断はできんよ。

509 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/09/03(土) 08:09:03.51 ID:snWwBKUn0 
東電のヤツラは逃げ出そうとしてたじゃないか


521 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 08:19:06.33 ID:3SfD3wSb0
>>509  
あれは直接関係のない職員を退避させただけであって、東電も総員退避をしようとしていたわけではない。


555 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 09:17:58.29 ID:WozFgJyi0
菅のミスの一つは
民間に全て任せようとして 米軍への核処理を最初は全て断ったこと。  
結果、電源喪失で ベント決死隊も即には組めず 結局は水素爆発が起きた。  



政府ベント指示?
6時14分:首相自衛隊のヘリで現場に向かう
7時11分:原発に到着、
免震 重要棟で「ベントはまだか」
吉田所長「決死隊を作ってやります」と回答
8時過ぎ:首相 原発を後に 吉田所長ベントを命じる。(国民への連絡は?)


福島原発の格納容器の圧力を下げるため、弁の開放(ベント)を指示したが実施されず、
東電に「何で実施されないのか」と何度も問い合わせたのに、
そのたびに「わからない」という返事が戻ってきた。

菅前首相が翌日未明、福島原発に乗り込み、吉田昌郎所長に自らベントを指示、
所長は「それでは決死隊を編成します」と応じた
、と言うのです。

「決死隊を編成します」という吉田所長の言葉には、
現場の人間は命を賭けるのだ、それを理解しなければ承知しないぞ、
という意味が込められています。

http://unkar.org/r/atom/1300042606
8 :名無電力14001[sage]:2011/03/14(月) 04:02:50.54
(今回の福島原発による爆発で)経緯まとめてくんない?

1 地震時ECCSは作動→とりあえず臨界は止まる。
2 津波で予備電源とモーター冷却不能
3 あくまで緊急用のECCSによって格納容器温度と圧力上昇でパンパンに。
4 圧を下げたいけれどstuxnetで もう一つの予備電源を含めたと電源系の全てがダメ、
 結局むき出しになった炉心が一部溶融→セシウム検出、
 高温で制御棒が水蒸気と反応金属酸化物と水素ガスに変化。

5 多分決死隊が突入、
 何とか格納容器に一番近いバルブ解放(ベント)
 →水素漏れ(+想定内程度の放射性物質も漏れ。)


6 おっとり刀で水注入しようと思ったら
 漏れた水素が原子炉建屋内で ほどよく酸素と混合→引火→建屋の壁吹っ飛ぶ
 →これまでの経緯から最悪の事態を想定

7 取り敢えず調べてみたら格納容器は壊れてなかったみたいで、
 圧も多少下がり放射性物質の漏れも緩和

8 ここまで来たら廃炉決定にして最悪の事態だけは避ける。
 取り敢えず海水ぶちこんで更に念のためボロンもぶちこみ冷却+中性子吸収で
 万が一にも臨界は阻止、最悪の事態避ける。
こう書けば、
ベント決死隊を無理矢理に組ませた菅の命令は どっちにせよ無駄となっただけ
という 大東亜戦争における特攻隊と寸分の違いも無い結果なんだよね。

こういう観点を徹底的に追求しないままに特攻隊を賛美できる人達って
特攻隊を無駄に使った連中の言い訳を賛美しているようなもので
ドアホウとしか言いようが無いとは思うんだけどね。

 ↓
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/248.html 2011.4.13
共同通信

平成11年の東海村臨界事故で「決死隊」として放射線を浴びながら臨界を止める作業をした男性
13日までに共同通信の取材に応じ、「私たちの事故よりはるかに深刻」と第1原発の作業員たちを思いやった。

2人の被曝(ひばく)死者を出し、
当時「日本の原子力史上最悪」と呼ばれた事故は11年9月30日、
茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)で起きた。

男性は決死隊に志願。
「自分の会社が起こした事故だから当然と思った」。


「思うように手が動かず、生きた心地がしなかった」。
長く長く感じたが、男性が実際に作業をしたのはわずか3分。
それでも20ミリシーベルトを超える放射線を浴びた。

新聞やテレビで逐一、第1原発事故の推移を見守っている。
「作業員も疲労しきっているだろう」と思いやった。
でも こんなベタ記事一つでも共同通信は 猛前と息を吐くように嘘デマ扇動を吐く

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-25.html
被曝治療83日間の記録〜東海村臨界事故〜
東海村臨界事故での3人の被爆量は

大内さん 推定16〜20シーベルト 被曝から83日後に死亡
篠原さん 推定 6〜10シーベルト、 被曝から211日目後に死亡
横川さん 推定1〜4.5シーベルト 3ヶ月後に退院し、生存

生き残った三人目は隣の部屋にいたのであり、被曝時に作業をしていたわけではない。


JCO社員56人のうち50ミリシーベルト以上が十数名で、最高は230ミリシーベルト(0.23シーベルト)。
株式会社ジェー・シー・オー (JCO) は、
1979年、住友金属鉱山が全額出資して設立した株式会社。
原子力発電用の核燃料製造における中間工程を請負い、
独自技術の溶媒抽出法にて六フッ化ウランを二酸化ウランへ転換加工する事業を行っていた。
現場作業員との差が あまりにも大きい。
ただ こういう会社は露骨に天下りの標的になる会社だよなw

孫受け曾孫受け当たり前の多重な下請けの先のピンハネの先で現場作業員が実際には作業しているのは
福島第一原発でも証明されているしね



現場作業員達は
臨界を止めるための水の抜き取り、ホウ酸水の投入のための決死隊として志願され、
選ばれた


その時に誰が危険な作業をやるかということは当時に問題となったとおりだ。

事前に不妊症になる可能性大などの説明が行われて独身者はハズされた。
相当な特別手当が支払われたと推定される。


http://www.geocities.co.jp/wallstreet/1795/datugenpatu/990930rinkaijiko.htm
精製して濃度の高いウラニウムが ある程度の量が集まると核分裂の連鎖反応が始まり
熱と膨大な中性子線とガンマ線を出す。
そのため集める量を処理作業の中で厳密に規定している。

東海村の会社ジェー・シー・オーの核燃料加工工場で臨界事故に達したということは、
ウラン235が核分裂をおこしたということだ。
更に溶液が かなりの高温になり一部は揮発したと思われる。
その際に核分裂生成物も周辺に撒き散らされたことになる。

朝日新聞などでは静かに放射線だけ放出していただけなのに31万人に屋内待避要請は間違いだ
と報道していましたが、全くのデタラメです。
目を覆うばかりの退廃報道です。

臨界事故を止めた18人の作業員も決死隊として
何も準備せず会社のためと突撃させられた。
この事故を起こした会社の構造が そのまま表れています


JCOの氏原誠・東京事務所長は3日夜の記者会見で、
大量に被ばくした3人の作業員は、事故を起こしたウランの溶解作業について、
これまで同様の作業をしたことがなく、いずれも初めてだったことを認めた。
これまで福島第一原発では
放水にホウ酸を混ぜて投入して 再臨界を止めようとする事態が幾度となく繰り返し起きている。

いずれにしても 決死隊が突入し再臨界を止める特攻をしている。
しかし その事を大東亜戦争と重ね合わせて評価する宗教右翼は皆無だ。
結局に宗教右翼の神風賛美は
カルトの上部構造が犯した重大な過ちを隠蔽する為に精神論へと矮小化する詐術に過ぎない、
そういう事は 一寸でも調べれば こうして何度でも簡単に分かる話でも有る。



これから先は更に陰惨な内戦が待っている。

宗教右翼の攻撃は 特攻をカルト構造の維持の為に使うだろう。
すなわち 本来において反原発に右も左も無いのだが、
宗教右翼のカルト構造が その権益を維持する為だけに反原発への攻撃を辞さない事は
デモの検証をすることで散々に証明されてきた、
末端の三下で使い捨てな下僕が何を考えるかどうか なんかは当然に一切に関係なく ね。

つまり大規模な反原発のデモの時に
宗教右翼の色を消した不可思議な大規模無差別テロの特攻が間違いなく起きるだろうね。
偽装の方法は 秋葉原無差別テロで その一つの手法を見たよね。



宗教右翼の賛美する特攻とは カルト構造の権益の維持の為にのみ使われる、
全く以って馬鹿馬鹿しい話でしかない。
だけれども その特攻が これからは核攻撃と一緒になって一般民衆へと襲い掛かるであろう。
核テロリストは それすらも美しいと言い出す。

価値観が違う という事が理解できない哀れな子羊達は おそらく一緒になって
大規模無差別テロな核攻撃を 嬉々として一緒に繰り広げ始めるだけだろう。
つーか既に今も 現在進行形で
無自覚なままに大規模無差別テロな核攻撃を嬉々として一緒に繰り広げているけどね 


小沢裁判において
詐術でしかない情報を
上意下達で垂れ流すだけの連中はカルト構造の下僕でしかないし、
昂然と否定できないままな者達は哀れな子羊でしか無い。

馬鹿で豚に過ぎない一般民衆の全てへ こういう情報の取捨選別を期待する方が間違っている。
なればこそ
・上意下達で垂れ流すをせず
・昂然と否定をする
をしてこそ ようやくネットの日本語圏の下士官層の一員となれる。

この程度の情報流通の概念論をすら構築しないままにニュースサイト論とか言ってた餓鬼どもは
餓鬼であるが故に己が罪深さも理解できないドアホウなんだろうがね。
という事を 2009年3月3日から今尚に理解できずに実践もできない者達は
自身がカルトの下僕として一般民衆へ特攻を仕掛けている事実も 欠片として理解はできないだろうがね。



自身で言葉を綴れなくても
リンクを取捨選択し まとめて そして羅列する順番を構築する事で
情報の流れを演出する技術こそが 個人ニュースサイトを運営する者の技術でもあろう。
そんな事も理解できず また実践できないからこそ
RSSにも負ける サルにも劣るマヌケを晒すだけとなるのだ。
サルを集めるだけのアクセスを集めて悦に入って歓んでいるのならば
そのサルにすら笑われているだけ自身の愚かさも自覚はできないだろうがね。

だから日本の一般民衆へ大規模無差別自爆テロを仕掛けてくる連中の論理に勝てず
自身が日本の一般民衆へ大規模無差別自爆な情報テロを仕掛ける一員に過ぎない という自覚もできない。




俺は 俺なりに、情報流通の結節点でも在る此処で これから頑張る、それだけだ。









posted by 誠 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。