https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年10月22日

家畜は死しても名が残らない生き方を強要される。

https://twitter.com/JINKOUJISIN/status/127364717529415680
そんなの読む前にキミの安易な思考ロジックが破綻してたことは実証されたじゃんwRT

@jhatajinan:
誠天調書: 「労役」と「カルトの奉仕」の区別が付けられない者達へは何を言っても通じない
http://mkt5126.seesaa.net/article/231390924.html
誠天調書は 人工地震や人造地震を書くキチガイなブログなので
こういう人がコメントで指摘してくれるモノだとばっかり思ってたのですが
安易な思考ロジックが破綻している人には 俺の日本語が難しくって分からなかったかな?
まぁ ウチのコメントへ書き込む という簡単な事も出来ない人へは俺の言い方が大人げなかったね、
ごめんね ぼうや。


http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20111014/1318594824
「議論できない子の特徴」



福島第一原発事故の真相に迫る! 5 〈佐賀県の玄海原発の深刻な脆性遷移温度とECCS作動の危険性〉 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-333.html

工作員は
人工地震や人造地震 と stuxnet を狂ったように否定すると報奨金が高くなるのでしょう。
311直後の阿修羅のコメントが、露骨に そういう傾向だったからねw

彼らも みみっちいカネで動く可哀そうな人達なので この際だし稼がせてあげさせましょうよw
俺なんかは そんな事は お構いなしに この自分の土俵で更新するまでですから。
だからこそウチへのコメントをどうぞ って推奨しているのにね。
TPP不参加を打ち出せば、巨大津波が日本を襲う?!
という記事を書いた時と良く似ている。
本当にやばい、という直感である。

誠天調書様の記事からヒントを得て、スマトラ沖級の巨大津波が日本列島に襲いかかると危惧した通り、
311クライシスが発災した。

311クライシスの二週間前に、記事に書かずにはいられなかった胸騒ぎが、この記事を書かせている。
政治と諜報工作の結節点を結びつけて考えていく という者達が居るはずは無い、
とナメて掛かっていたのでしょうね。連中は。

誠天調書 2011年03月11日: だから地震と津波に注意って言ったじゃん

厳格な教条主義に身を委ねる者がカルトの下僕である以上
自分自身を内側から構築するモノが無い一神教にして蛮族野蛮人な連中は、
そのカルトの序列の中の自分自身の階級へ対し 馬鹿馬鹿しいまでの自尊心を持ち 固執をもする。
よって だからこそ異端や異教徒を蔑む事で自らの自尊心を保てる快感をも味わえる。

多神教にして文明人にしてみれば そもそも序列化が極めて緩やかなので、
必要以上に自尊心を保とうとする事よりも
自尊心を保つには如何なる事をすれば良いのか という自分自身を内側から構築するモノへの探究
が先に自分自身を内側から構築するモノとして考えていく事になる。
そうなると 他者を貶める事は自分自身の価値をも貶める事をも意味するので
まぁ 攻撃したければ御勝手にどうぞ という姿勢になる。

https://twitter.com/jhatajinan/status/127383491481583617
ニコ生の田原×山本討論の件。1つ証拠を発見した。
赤丸で囲った『車でくらすわ』の後、『川辺でくらすわ』とかえしたはずなのに反映されていない。
http://yfrog.com/meqf3p
また確認しようとしたところ、利用期限が過ぎ、見れなかった(T_T)
山本太郎への共感、絶賛、応援のコメントもごっそり消したのか。

https://twitter.com/jhatajinan/status/127383937440948224
一応キャプ。ニコ生のコメントもリアルタイム以外は改ざんされた可能性を疑ったほうがいい。
少なとも当方はそういう目線で見ざるをえない。


今まで 色々と知るには美味しかったので あえて言わなかったけれど
たとえばニコニコニュースを眺めると 面白いように色々な事が見えてくる。

何処から どんな事が どのように指示されているのか?
という事が まさに明け透けに馬鹿馬鹿しい位に見えてくるからねw


よくもまぁ そんな紐を晒したままにしておけるよなぁw と いつも思っていた。
こちらが 諜報を仕掛けてくる側の心理思考までをも考察してくる とは思ってなかったのかねw
だから ナメきってるよね と書いてきたんだけどね。

こういうのはプロファイリングの基本なのかどうか は全くに知らないが
ネットの日本語圏の下士官層をナメきっていたのは間違いないよね。
残念ながら twitterを軸にした膨大な数の「ネットの日本語圏の下士官層」は形成されつつある。

本来その役割を先行して担う者達として
「個人とされるニュースサイト群」や「ニュー速系2chコピペサイト」な者達が居たんだけど、
新世紀の次代を牽引する役柄を自ら放棄するような大マヌケな連中でしか無かったからねw


で、
相手を撹乱し混乱させる事こそを主目的にする者達の戦術を前にして
こちら側が 論理的説得力が有るか否か で更新をする事が目的にした所で
そら戦術的には噛み合わないw
野球場でオフサイドを如何に適用するか の話をしているようなモノだからねw

なれば こちらも
その戦況に合わせて戦術的に情報戦を戦っていく為の更新もしていくのみだ。

連中のように 恥も外聞もかなぐり捨てていくのではなく
あくまで多神教にして文明人の矜持を残しつつね。

つーか俺は“多神教にして文明人”的な生き方を今更に変えられないけどね。


http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11055113655.html
田原総一郎の講演料
http://peacelandia.blogspot.com/2011/01/blog-post_1275.html
資源エネルギー庁と青森県の共催委託料は129万6750円。
その内訳は、ジャーナリストの田原総一郎氏の講演料が110万円

工作員達のように上意下達な攪乱と扇動しかできない者達
と比べれば
こちらの側は 自分の頭で考えて進む者達ばかりである。

詐欺師達のように
 所詮はカネ目当ての下衆な連中の「口実の為の民族主義的国粋主義」の大仰な話
に比べれば
こちらの側は つつましい営みを続ける共同体の住人の生活を ただただ守りたいだけの話である。


カルトな連中にはカルトな連中なりの攻撃手法が有り
其れは結局に大東亜戦争時の頃から進化していない事が分かる。

そういう点を踏まえて こちらの側は戦っていければ良いんじゃないかな とは思うんだ。



そして大変に失礼ながら
どっちにせよ stuxnetが亜種で来てしまえば
其のサイバー攻撃を前にして日本の原発で耐えられるモノは 間違いなく少ないだろうから、
西日本の原発が核兵器として落とされる事態は 既に秒読みの状態と俺は見ているけどね。

其れを どうやって隠蔽するのかなぁ、と考えれば
人工地震や人造地震+津波のコンボは流石にバレバレだし
だから 台風を利用する と思っていたんだけど、
放射性物質のエアロゾル化によって来にくくなっちゃったからなぁw

となればミエミエでも地震+津波のコンボで来る気かねぇ。
何らかの偶発的大規模事件 たとえば謎の挙動をする飛行機や不思議なミサイルが突っ込むとか、
反原発を装ったテロリストが不可思議な自爆テロをするとか、
まぁ 口実は幾らでも作れる罠w


俺の予想では やはり
1 東北か北海道の原発
2 北陸か東海の原発
の順番で 今回に西日本は無いと思うんだけど、
まぁ 連中は真性のキチガイなので 最後の最後は何をするか分からない。
蟲の行動を予測するようなモノだからなぁ。

で その前哨戦として陽動も兼ねて 関東の水源への核攻撃をしている と踏んでいるんだけどね。

核攻撃をされても
カルトの下僕は神の御意志と胸を熱くして涙を流しながら 除染のカネを出せと脅迫を始めるだけで、
家畜奴隷は それでも圧倒的大多数へ死して名も残らない生き方を強要される。



俺は もう少し平和な国で生きていたいよ。

けれども
それでも圧倒的大多数の家畜奴隷は死して名も残らない生き方を強要されている事すら分からないんだから
また核攻撃が再び落ちてきても 其の意味が理解できない、と思うよ。


https://twitter.com/jhatajinan/status/127377921307447296
昔、出会い系のバイトをしていたのだが、
さくら的視点で見る掲示板やTwitter上の工作員には職業的共通点がある。

参照先を提示しても聞く耳をもたない、
興味を示さないのは腰を据えてリンク先の記事を読むことが許されないからだ。

だから、議論も出来ず咬み合わない。ただ汚すのみ。

https://twitter.com/jhatajinan/status/127378206817914880
ただ、やつらはやたらとタイピングが早い。これも職業的特徴だ。
奴隷根性 ってヤツですねw
自分を家畜として繋ぐ鎖の重さ に対し 其れを如何に軽々と操ってるかに根性を使う、
そんな連中は
俺からしてみれば 同じ言葉を使い 近い生活習慣や風習が有ろうとも
価値観を形成する根底が完全に違うので 異民族としか思えない。

家畜奴隷を繋ぐ鎖を断ち切り 上意下達な教条主義に睥睨する存在から脱皮し
自由と責任を負う人として生きる、という近代啓蒙主義の先に生きる人間とは如何なる存在なのか?

やっぱりカルトの下僕とは そんな論議が噛み合うとも思えないよねw


無自覚な奴隷は あまりに哀れな奴隷だ。
“己が奴隷根性を自画自賛する”奴隷に至っては もはや救いようが無いだろう。





https://twitter.com/hirougaya/status/127226890070130688
(烏賀陽大学入試問題)
<日本地理>千葉県のマスコットキャラクターとして登場した赤い犬の名前はどれか。
(1)チューバくん
(2)ナガチョーバくん
(3)チーバくん
(4)キューバくん

https://twitter.com/ettahinin/status/127232590989103104
答え(ω)森田犬作くん


https://twitter.com/ettahinin/status/126990427579629568
高圧洗浄機を使った除染は、放射性物質を他の場所に流すだけなので注意しましょう
http://togetter.com/li/154039

俺(達)毎日のように都内、神奈川のマンションを洗っている。
体調悪くて当たり前。
つーか害ばかりで役に立ってない事ばかりしてしまってごめん。


https://twitter.com/ettahinin/status/126987938956443649
笑い事じゃないけどさ。ただ、俺はモルモットとして生活している。


https://twitter.com/ettahinin/status/126442495340052480
暴力をちらつかせればちったぁ黙るだろ、と お考えの方には申し訳ないが
 「でも、やるんだよ」 
レノン、モリソン、黒木さん等、暴力で片付けられてしまった人達に面目が立たんて。


https://twitter.com/ettahinin/status/124428877853503488
本気で「奴等」俺たちを殺しにきてるんだよね。
しかも「今日の飯どうする〜?」とか云いながら殺しにきてるんだよね。



https://twitter.com/ettahinin/status/123640047240093696
睾丸癌予後検診無事終了。
今回は採血とCT。
いつもはガランとしたCT待合室だが診察希望者多し。
そして今回、何も言っていないのに甲状腺も診てくれた。
確か この人は
311前に検査をしていて311以後も検査をしよう とか言ってたと思ったので
大変に大変に申し訳ないですが 検体として参考とさせて頂ければ とは思っちゃったりもしている。
なので 此処も参考になるかと

 ↓ ↓
お子さんの甲状腺機能検査を: 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/48973077.html
3月16日早朝に宮城県南部から、4歳の男の子をつれて九州に避難されている方が来院されました。
特に原子力関係に知り合いがいるわけでもなく 在日大使館に知り合いがおられるわけでもないのに
このような決断を ごくごく初期に下せた判断力に 正直 感嘆いたしました。
きっと、神のご加護があるのでしょう(最近、このような宗教的な考えになってしまいます)
気持ちは分かるw
さて、甲状腺については、長野県で既に検査が行われています。

この方も検査希望でしたので、
ヘモグラム(白血球、赤血球、血小板)と甲状腺(TSH, fT3, fT4, サイログロブリン)を実施しました。
症状がない血液検査ですので、まことに申し訳ないのですが、自費検査(10,000-15,000円)となりました。

ご本人の了承をいただきましたので、血液データを紹介します。
 まず、お母さんから。(40代女性)
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011101802.jpg
異常は全く認めません。

4歳男の子
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011101803.jpg
これは、説明が必要です。一応検査結果としては、正常範囲といえます
(健診では異常なしでしょう)
ちょっと気になることがありましたので、専門医の先生にコンサルとしました。


 貧血は見られますが、
 小児では正常範囲 (血色素 12.9g/dl ヘマトクリット 37.7%)
 甲状腺機能・・一応正常範囲内
  サイログロブリンは通常1桁。
 32はなにかあった(甲状腺の軽い炎症、首を絞められた)と思えるが、
 それが何かはわからない。
 あったとしてもごくわずかだが、今後は発育状況(発育曲線の乗っていくか)をみていくのが良いと思う。
 気になるなら採血だが、子どもには負担が大きい。
 破壊性甲状腺炎がおこると、もっと高くなるし、fT4も上昇する。
 何ともないと言い切れないが、おおむね心配無用な数字。


3月12−13日に、宮城県南部を放射能がおそっていますので、私もなんともいえません。
その他 記録を取りましょう と色々と書いてある。
その通りだと思う、が 俺は下層民なので そんな余裕すら無い。
俺は自分の体調の記録よりも 別の方向性での更新を 此処では優先してきているからなぁw

喉が結構に痛い。
さて どこまで頑張れるかねぇ。
俺は根性が無いので 自信は全くに無いなw





スロウ忍ブログ: 自由報道協会主催のニコ生小沢一郎記者会見で読売記者が露骨な会見潰し。フリージャーナリストの岩上安身や上杉隆が激怒。
http://surouninja.seesaa.net/article/231332861.html


http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11055113655.html
20日の自由報道協会主催の小沢会見でひと騒動があった。
それは、読売新聞の記者が小沢氏の答えをロクに聞かず、
司会者の制止も無視して延々と質問と持論を展開して会見を妨害。
確たる事実に基づかないで報道するのは大新聞の論説委員だけだと思ったが、
記者までイカれているらしい。

日刊ゲンダイ

http://twitter.com/#!/h_hirano/status/127359538281201665
ただ こんな話も有る
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-488.html
ゴミ売り社会部のキャップ級の記者が、
司会者の制止を無視して質問を続け、少し混乱したようです。
問題の場面を拝見しました。
確かに、こ
の人の質問の仕方はルール違反を問われても仕方無いものです。
ただ、自由報道協会のほうも
楽屋ネタまでネットで公開しちゃうのは、
少し問題なのではないでしょうか。 (苦笑)
言わガミさんや飢え過ぎが・・
この記者を問い詰める姿は、
チンピラやくざのカツアゲシーン見てるようで
不愉快なものではありません。 (苦笑)

特に飢え過ぎ。
「この〜ガキがぁ! なんだぁ!」
なんてほざいてましたが、この記者はオマエより年長です。 (苦笑)

ゴミ売り内部ではどういった反応なのか・・。
ゴミ売り編集局に放つ草の者に尋ねました。

「昨日の小沢記者会見? ウチの人間が暴れたそうじゃない。 もともとアイツは・・"どけ! どけい! ツネ様のお通りだぁ!" って調子で、社内じゃ "恒次が徹" って陰口叩かれてた。 だけど・・どちらかと言うと・・アンチでなく・・オザワ擁護の論調も出さないと公平な報道じゃない・・って主張してたほうだよ。 確か記事にも書いてるはずだよ。 だけど、なんなの? あの言わガミと飢え過ぎって? あんな画(映像)ネットで流しちゃって・・気は確かなのかね?ウチのトップもあれ見て激怒してるよ。 何様のつもりなんだ!? って。 完全に敵に回したね。 今までも、ヤツらはコッチを敵視してたけど・・コッチは無視してた。 でも・・今後は違うと思うよ。」

ウラを取ろうと調べてみました。
確かに・・
草の者の言うとおりです。


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-487.html
全国で6万7000ある政治団体の中には、
政治活動の実態に乏しく、
政治資金の通り道としてしか機能していない団体が数多くある。
献金を受ける側が、政治団体のダミー性について
甘い判断をしたとしても、強く責められない面がある。

摘発の公平性の問題もある。
ダミー団体経由の献金額は小沢代表の団体が突出しているとは言え、
政党別では、自民党サイドの合計額の方が大きい。
にもかかわらず、現時点で自民党側に摘発は及んでいない。

日本の検察は起訴するかどうかに大きな裁量があり、
同種の違法行為が多数あったとき、
どれを選んで摘発するかは検察の一存にゆだねられる。
強力な検察権に恣意的な運用がなかったことを示すには、
起訴の対象を選んだ基準をできるだけ、明らかにするしかない。


これらは全て署名記事です。

言わガミさん。
ああした執拗で威圧的な抗議は、
見せるべきではなく・・
また、見てる者の共感を呼ぶものでもありません。
一言。
「決めたルールでアナタも同意してんでしょ? なら、従ってよ。 今後気をつけてね!」
で良いのです。
それでも守らなきゃ出禁にすりゃ良いだけのハナシで
人相の悪い2人が取り囲んで威圧するハナシではありません。
なんと言っても・・
ゴミ売りのなかでも・・
どちらかと言うと、コッチよりのヤツです。
戦う相手を間違えちゃいけません。 (苦笑)

http://twitter.com/#!/miyake_yukiko35/status/127103817706770434 三宅雪子
朝日は「小沢氏 TPPに前向き」
読売は「小沢氏 TPP交渉参加は早計」
どうして同じ会見で、正反対の報道になるのか。

今回、正しいのは読売。
記事の比較はメディアリテラシーを養う意味ではいいことかと思う。
記者を庇うわけではないが、見出しは(会見にでていない)デスクがつけるとのこと。
という訳で 良くも悪くも痛み分け が今回の結果かなw
それはそれで という感じなのかねぇ。



2011/10/20 23:35 双葉町男児2人、内部被曝3ミリシーベルト 福島県が検査
福島県は20日、東京電力福島第1原発事故を受けた内部被曝(ひばく)検査で、
双葉町の男児2人の内部被曝線量が生涯で3ミリシーベルトと推定されると発表した。
県は「健康に影響が及ぶ数値ではない」としている。

県は2人の年齢を明らかにしていないが「4〜7歳」としている。

原発事故で被曝リスクの高い地域を中心に内部被曝検査を進めており、
今回の2人は、6月27日〜9月30日に検査した13市町村の住民4463人のうちで最高値。
他は2ミリシーベルトが8人、
1ミリシーベルトが6人、
1ミリシーベルト未満が4447人。〔共同〕
昨今の頭の悪い詐欺師でも使わない詭弁だな。
日経新聞は其の説明を一切にしない詐欺会社ですね。

ホールボディカウンター ならベクレル表示もするはず。
ベクレル ホールボディカウンター - Google 検索
わざわざmsvで しかも生涯でと変換する。
なんでベクレルで発表をしないの?w

「生涯で」という数字は 核テロリストが勝手に設定した
成年で50年間 子供で70歳まで生きた場合 という数字。
そのmsvでの発表じゃ 騙す気マンマンってことになるよね。
情報の隠蔽は故意になるよねぇ。
業務上過失致死 では間違いなく済まなくなるよねぇ
間違いなく殺人罪が適用になるよねぇ。

殺し屋にして殺人鬼は 息を吐くように嘘を吐き続けるねぇ。


ホールボディカウンターの測定値を読む:六号通り診療所所長のブログ
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-09-14
ベラルーシの研究機関から、
チェルノブイリ被曝後の状況について、
多くの報告が論文となっていますが、
そこでの測定値は、

概ね体重1キロ当たり5ベクレル以下が問題なしで、
中等度の被曝地域で平均30ベクレル程度、
高度の汚染地域で平均122ベクレル程度

という記載があります。


お子さんの場合15〜20ベクレル以上は注意が必要で、
大人では50ベクレル以上が注意が必要

という記載もあります。
ベクレルの数字を隠蔽して かつ生涯でという詐術を使う。
大量虐殺をしているという殺意が有る事を 認めているようなものですね。

さて そのうち専門家から数字の検証が入るでしょうから まず俺は こう書いておきましょう。


5歳として65年間でセシウム137と134で3msvならば 年間46.2μsvの体内被曝となる。
今回のホールボディカウンターの測定で出た
となると 其処に半減期が過ぎたヨウ素の加算は当然に含まれていないし
β線やα線は当然に含まれていない。

 ↓
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/641.html
爪からウランが検出された。どうすればいい?

ウラジミール氏:ウランもチェルノブイリ事故後人から検出された事はない。

仮に 大雑把に核種比率1/10を適用すれば4.62μsvのβ線やα線の被曝が有る可能性もある訳だ。

ちなみにβ線やα線の体内被曝の場合は×300計算をする位に危険なので
1.386msv/年間相当に危険 のβ線やα線の被曝があるかもしれない と。
おそらく その子は20歳まで生きていられないね。

仮に生涯で1msv以下と書いては有ったけど仮に0.5msvで60年 →8.3μsv/年間と予測して
β線やα線の体内被曝の場合は×1/10で ×300なので 249μsv/年間相当に危険 とか想定できる訳だ。
成長期に この数字の内部被曝を想定するなら絶対にタダでは済まないよね。


屠殺に無自覚な家畜は あまりに哀れだ。
この残虐に極まりない惨い現実を理解できない人達が 心の底から羨ましいと思う。

それでも だからこそ
俺は俺なりに 此処で頑張るだけだ。




甲状腺被曝検診における血液検査の必要性を考える:六号通り診療所所長のブログ
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-10-11
一種の大規模な前向きコホート研究なのですから、
データは多い方が当然良いのです。

血液も採取した方が、
その時点では役に立たなくとも、
血清を凍結保存しておけば、
後から色々な検証が可能となるのです。
仮に10年後に甲状腺癌が見付かれば、
そのお子さんの以前の血液が保存されていることは、
大きな意味を持つのです。
その未来の時点では、
検証可能な遺伝子マーカーのようなものも、
発見されている可能性があるからです。

それをしないのは、
福島県のお子さんに、
将来的にどのような影響が、
生じる可能性があるのか、
そのトータルな影響を考え、
お子さんを守ろうという視点が、
国と福島県にはあまりない、
ということを示しているように、
僕には思えます。


「放射線の人体に対する影響は、
広島の原爆とチェルノブイリの原発事故の検証で、
完全に証明されているので、
それ以外の影響を考慮する必要はない」
という趣旨のことを、
知的な方が真顔で言われることがあるので、
非常に悲しくなるのですが、
そんなことは勿論なく、
放射線の身体に対する影響には、
未だに不明の点が多く存在するのです。

チェルノブイリ後の小児甲状腺癌の増加も、
その当初は、
「そんなことは有り得ない」
と言われたのです。

従って、チェルノブイリの知見以外のことは、
金輪際起こることはない、
という立場に立てば、
超音波検査のみを施行すれば、
必要にして十分と言えますが、
いやいやそれ以外の異常が起こる可能性も皆無でない、
という立場に立てば、
血液や尿の検体を、
被曝地で早い時期に採取し保存しておくことは、
大いに意味のあることなのです。


ただ、もう1つの問題はそのために必要なコストです。

昨日の新聞によると、
1年で2億5千万円の税金が、
この検診等の原資として確保されているそうです。

記事によれば福島県立医大を中心として、
県内各地を今後は巡回するような形で、
超音波検査が行なわれるという方針のようですが、
当初の対象者は5000人弱と書かれています。

頚部の超音波検査の保険点数は350点です。
これは概ね3500円に相当します。
仮に1万人に検査を保険でするとすれば、
その費用は検査代としては、
3500万円ということになります。
しかし、絶対にそれだけで済むということはなさそうです。

果たして検診の費用として、
どれだけの税金が、
何処に流れ込むことになるのでしょうか?

福島県の検診に血液検査の含まれない理由には、
当然それに伴うコストの問題も絡んでいると思われます。

ただ、その前提として、
この検診にどれだけのお金が実際に掛かるのか、
それをもっと節約する方法はないのか、
何処かの誰かがそれで不労所得を手に入れたり、
これ幸いと赤字を補填したりすることはないのか、
そうした点にも僕達は、
もっと厳しい目を向けるべきなのではないでしょうか?

1年に2億5千万円という予算は、
こうした検診としては巨額のものです。
それが本当に将来のお子さんの健康被害の、
予測と予防のために役立つものなのか、
もっと厳しい検証が必要のように、
僕には思えてなりません。

最後に自分のお子さんの被曝について、
ご心配をされている親御さんに僕の言いたいことは、
仮に県や国の指示以外に血液の採取を行なうとすれば、
重要なことはその検体を保存しておくことだ、
ということです。
その検査の主体がNPO法人であれ、
大学や研究機関であれ、
検査会社であれ、
それが最も重要なことで、かつまた、
最も実現の難しいことです。
しかし、たとえば癌センターが旗振りをするような、
大規模な臨床研究では、
当然そうしたことをしているのです。
検体は保存され、
何か新たな知見があれば、
その時に以前の検体が使用されるのです。

やりっぱなしではあまり意味はなく、
今分かることは知れているのです。

しかし、検体を保存しておけば、
将来的に役立つ可能性が高いのです。
ですから、皆さんは是非そうした主張をするべきです。

ただ、残念ながら
診療所では検体の保存は出来ず
検査会社は決してそうしたことはしてくれないので、
非常に無念なことですが、
その点で僕が皆さんのお役に立てることはないのです。

今日は甲状腺の内部被ばく検診の、
検査項目について考えました。
少し気になったので
「血液 保存 病院 許可」の検索結果 - Yahoo!検索
保存血液の供給事業 - Google 検索
http://www.kochi.bc.jrc.or.jp/enkaku/enkaku.htm
我が国で保存血液の供給事業が始まったのは、昭和26年からである。
当時から30年代にかけては売血の全盛時代で、
献血の呼びかけも売血のまえには全く無力でありました。

そのため、供血者の血清肝炎の高率発生など、大きな人道的問題をもたらす結果となりました。

このような事態に対処するため、
昭和39年8月21日 、政府は血液事業正常化のための閣議決定が行われ、
国や地方公共団体は、献血思想の普及と献血者の組織化を図り、
日本赤十字社は献血の受け入れ事業を担うこととなりました。
http://www.pref.kagawa.jp/yakumukansen/kjijou20/1-1.pdf

ついでに コレを置いておこう

http://twitter.com/kiraramaron/status/126672227193192448
BSフジプライムニュースで
山田議員が指摘した「献血もアメリカ製薬会社にとっては障壁」
のソースを検索していたが見つからなかった。

しかし、推認?できる意外なものを発見。
お遍路の菅が唯一の功績とした薬剤エイズ事件で
一方的に非難された元厚生省生物製剤課長郡司篤晃氏


http://twitter.com/kiraramaron/status/126673164167159809
「1962 年、アメリカの赤十字がカンサス市において、総合的な血液事業を計画した時、
 民間の血液銀行から独占禁止法に違反すると提訴されて敗訴してしまった。
 アメリカの独占禁止法は強力で、
 それ以後 非営利団体といえども血液事業を独占することはできなくなった。」
だと。


http://twitter.com/kiraramaron/status/126675036860989441
HIV 問題から何を学ぶべきか 郡司篤晃
http://sleep.cocolog-nifty.com/blog/files/GUNJI.pdf

この文章をフクシマの棄民政策を考えながら読むと、
薬害エイズ事件と菅直人に疑いを持つ。

エイズ自体も生物兵器説があったし、
アメリカの製薬会社だけが いち早く加熱製剤にシフト。


http://twitter.com/kiraramaron/status/126677486422593537
マスコミが叩きに叩いた安部英医師も結局は無罪。
ミステリー小説の定番で「真犯人は一番利益を得ることができたもの」から考えれば
どういう筋書きだったか想像できる。
フクシマの放射性物質臨床調査では山下俊一福島県立医科大学副学長が安部英医師の役回りか?
 ↓
site:mkt5126.seesaa.net 五摂家筆頭の近衛家の現当主、近衛忠W氏 日本赤十字社の現社長で - Google 検索

天皇家 五摂家筆頭 近衛家 近衛忠W  日本赤十字社 社長 - Google 検索

天皇家 五摂家 近衛家 日本赤十字社 - Google 検索

日赤 天皇家 ファミリー企業 - Google 検索

この部分の続きは 次の更新で
つーか ↓ も繋がってはいるけどさ。


東電OL殺害、体表にも「別人DNA」3点
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111021-OYT1T01163.htm?from=tw
 東京電力女性社員殺害事件で無期懲役が確定したネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(45)の再審請求審で、東京高検が追加で行った5点の物証のDNA鑑定の結果、いずれもマイナリ受刑者とは一致せず、被害女性の右胸から検出された唾液など3点は、女性の体内から採取された同受刑者以外の第三者(X)の精液と一致したことが21日、わかった。

 殺害現場に残された体毛のDNA型とも一致しており、女性が事件当日、この第三者と現場で接触した可能性がさらに高まったことになる。再審開始の判断に大きな影響を与えそうだ。

 高検から同日、追加鑑定の結果を伝えられた弁護団は記者会見で、「マイナリ受刑者以外の人物の犯行という弁護側の主張を裏付ける結果で、速やかに再審が行われるべきだ」と述べた。

 高検が3月〜7月に実施した鑑定では、被害者の体内から採取された精液のDNA型がマイナリ受刑者以外のもので、現場のアパート室内に残された体毛と一致した。また、被害者の胸から、マイナリ受刑者(血液型B型)とは異なるO型の唾液が捜査段階で検出されていたことも判明。弁護側は、これらの鑑定結果を「無罪とすべき新証拠」として高裁に提出している。

 今回の追加鑑定は、公判段階で開示されなかった42点の物証のうち、15点について優先して実施されており、この日は、女性の体の表面からガーゼで採取した5点の付着物のDNA鑑定結果が弁護側に開示された。

 弁護側によると、女性の右胸に付着していた唾液と、下半身の2か所から採取された付着物のDNA型が、第三者の精液や体毛のDNA型と一致。女性が事件当日に接触した血液型O型の知人男性のDNA型とも異なっていた。

(2011年10月22日01時36分 読売新聞)
http://twitter.com/#!/kazu1961omi/status/127385616106274816 山口一臣
やっぱ。RT
@TAKEDAmasahiro 東電OL事件、再審へさらに前進。
遺体の付着物を新たに鑑定したところ、右胸部や陰部、肛門周辺の付着物は、
既に鑑定済みの体内の精液とDNA型がほぼ一致。
このDNA型はゴビンダ受刑者とは異なる。
日本は法治国家では無い事は 今更には誰もが分かりきっている事なんだから
再審か否かは 盟神探湯(くかたち)で決めれば良いじゃね?w
何を今更に隠す必要が有るの?w 結果からすれば一緒なんだからさ。







http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20111021-00000028-kyodo_sp-spo.html
NPBが電通に仮処分申請 記録処理めぐり対立


プロ野球記録のデータ処理をめぐり、日本野球機構(NPB)は21日までに、業務を委託している電通が2012年シーズンも引き続きデータ処理を行うよう求めて東京地裁に仮処分を申し立てた。

NPBは1989年から電通に委託して各試合結果やチーム成績、個人の打撃成績などの記録をコンピューターで管理。98年からは公式戦全試合の記録を各球場から入力して試合経過などをオンラインで報道機関などに提供している。NPBはデータ処理の新システムを13年から導入する計画で、電通との業務委託契約を12年限りとするよう申し入れた。

これに対し、電通はコンピューターのリース期限である14年までの3年契約を求め、12年だけの契約には応じられないとしたため、交渉が難航している。

NPB広報部は「裁判所に判断をお願いする」とのコメントを出し、電通は広報を通じて「コメントは控えさせていただきます」としている。

[ 共同通信 2011年10月21日 18:55 ]
力関係が如何に変わってきているのか?w って事だね。





http://news.yastoro.com/archives/4715449.html
http://peacelandia.blogspot.com/2011/01/blog-post_1275.html
 プロ野球セ・リーグは中日ドラゴンズが19日優勝を決め、祝勝のビール掛けが行われたが、球団社長が誰にも相手にされずに一人ポツンとしている場面をTVカメラがとらえていた。

 プロ野球の世界では唯一の無礼講、それがビール掛け。上下関係はどの社会よりも厳しいが、監督もオーナーも社長、先輩後輩も関係ない。

 落合監督が選手たちに囲まれてビール掛けの集中砲火に遭っている瞬間、その近くに一人ポツンと立つ老人の姿をテレビカメラは逃さなかった。

 これが坂井球団社長。落合監督憎さで、坂井社長は9月6日の巨人戦に負けた際にガッツポーズをして喜んだと複数のメディアに報じられている。そのあり得ない行動は複数の人物に目撃されており、当然ながら現場にも伝わった。

 現場の怒りのパワーが優勝の原動力となった。社長が部下の失敗を望むことはあり得ない。選手たちを発奮させるためにそこまで計算してのガッツポーズだった、とここでは皮肉を込めて言っておくことにする。
まあ、経営を考えるのも良いけど、
こうやって現場の気持ちを無視した行動を取っていたら、より経営は悪化するんじゃないかね。

勝てる名将を捨てて、どうやって儲ける?
監督は勝つ為にいるんじゃないの? 
そのチームの強さをアピールして儲けに繋げるのが
球団社長以下のフロントと営業の仕事じゃないの?

自業自得だよ。
現場に嫌われて、今後を捨てるが良いさ。
球団社長以下のフロントと営業の仕事 が無能なので
名古屋のお膝元トヨタなどなどの企業へ 価格の高い年間シートの販売実績を積み重ねられず、
その責任追及を免れるべくマスコミ新聞テレビ大手メディアを使って
「落合が悪い」と詭弁を叫び出させていただけの話。
他の球団やマスコミ新聞テレビ大手メディアも 様々な面で法人系への売り上げが悪いから便乗していただけ。
馬鹿で豚に過ぎない一般民衆は この程度のアホらしいまでの嘘デマ扇動をすら真に受ける。

だからこそ俺は
そういう情報戦へ対して抵抗をする者達をして「ネットの日本語圏の下士官層」を提唱したんだけどね。


更に言えば
法人系へ価格の高い年間シート等を 如何に宗教右翼ヤクザを介して押しつけてきていた連中が居たか、
そういう話を隠蔽しまくりたい連中とは 何処の誰なんだろうね?w
ナベツネ-星野 などなどの繋がりって どういうアレだったっけ?w

右肩下がりの時代に、
右肩上がりの頃と同じ仕事をしていても そら営業実績が伸びるはずもない。
だからといって
 暴力を背景にしたヤクザ営業をしては隠蔽をしまくり続けてきた
なんてのは絶対に許されない。

そういう思想の根底からをも考え直さなければならない時代と直面すればこそ
俺は こうしてウダウダと言葉を積み重ねていくしかない としているんだけどね。 

ま 俺の話なんかは一文字たりとて信じては駄目ですよ。



http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-20286.html
中日落合監督、自分を解任した球団社長との握手拒否wwwwww カナ速
http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/k/a/n/kanasoku/ep320551.jpg
73 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/18(火) 22:28:56.92 ID:e75MTmYc0
この球団社長はどういう心境で握手を求めたんだろうな
「とりあえず、絵的に握手しといたほうが良いよな
 白井オーナーともがっちり握手してるし・・・」
あれっ?!

http://hato.2ch.net/test/read.cgi/base/1318318052/
1 :代打名無し@実況は野球ch板で:2011/10/11(火) 16:27:32.86 ID:EFVRUxU60
8月上旬にはコーチ陣を集め解任の可能性を示唆。
監督自身異変を感じていたのはオーナー報告で契約の話がなかったこと。
白井は続投希望だった。

だが3月に就任した坂井社長と佐藤代表はアンチ落合の急先鋒、それを理解していた。
2人とは開幕以降 話をすることはなかった。白井オーナーも派閥をまとめる力がなかった。
(デイリースポーツ・鈴木記者)


そして白井オーナーはヤクルト戦後の9月26日に発表する予定にしてたのに
圧力でもあったのか、
わざわざ前倒しして大事な対ヤクルト4連戦の前に監督の解任を発表させられる。

コーチの解任も、13連戦初日の10月4日に発表して やる気を削ぐだけでは飽きたらず
首位に立った10月6日にも分けて発表という念の入れよう。

坂井社長は
「4日の発表後、他のコーチ陣から早めに知りたいという要望があった。
 明日きちんと発表するつもりでしたが、一部に伝わって不正確な報道がされるよりはいいので」
などと言い訳しているが、本人にのみ伝えるのと公式発表ではワケが違うだろ。

結局のところ
「落合ドラゴンズにこれ以上勝ってほしくない!」
「優勝してほしくない!」
と 一番願ってたのは他でもない中日球団フロント 坂井社長・佐藤代表 でした、という話。


2 :代打名無し@実況は野球ch板で:2011/10/11(火) 16:40:32.91 ID:qDkDaRDDO
来年の6月にオーナー交代。大島寅夫氏。
坂井社長・佐藤代表は大島派。

18 :代打名無し@実況は野球ch板で:2011/10/12(水) 19:38:33.81 ID:Xa7HQzptP
人気が無くなったのは落合のせいにしてるが
人気が無くなったのはプロ野球全体であり
監督の仕事は勝つこと。
活性化は人気取りは球団が組織的にやればいいこと。


32 :代打名無し@実況は野球ch板で:2011/10/12(水) 21:59:17.50 ID:zHXX4e4p0
企業努力ができない無能フロントと
楽して記事を書きたい無能記者と
コーチに呼んでもらえない無能OBと
落合が気に食わない馬鹿タニマチが
よってたかって落合を追い出す
なんと醜悪で器の小さい奴らばかりなのか
ベースボールスレッド:【野球】セ・リーグ優勝中日、チームがまとまったのは、「負け試合で『アンチ落合』球団社長がガッツポーズを出して」から
http://kyuukaiou.ldblog.jp/archives/1397481.html
連覇の原動力となった事件がある。

ナゴヤドームで行われた9月6日の巨人戦。
3対5で敗れた試合後の関係者通路。坂井球団社長が、なんとガッツポーズを繰り出した。
複数の球団関係者がその光景を目にし、すぐさまチーム内に広まった。

「ウチがひとつにまとまったのは、あのガッツポーズからだよ」と落合監督。
アンチ落合の急先鋒。敗北=落合の汚点。喜ぶ心情は理解できる。
だが、球団社長という立場にあるまじき禁断のポーズは、
フロント不信を招くと同時に、 選手の反骨心を呼んだ。

ある主力選手が言う。
「あり得ないっす。監督のことを嫌いなのは構わない。人間ですから。
 ただ、試合をやってるのは、僕たち選手なんですよ。ガッツポーズなんて考えられない。
 選手をバカにしてるのと一緒ですよ」。
荒ぶる心。ぶつける場所のない怒り。
すべてを戦場でパワーに変えた。

ファンサービスが足りない。野球がつまらない。監督就任後から、外野の声に自問自答を重ねてきた。
「いろいろ言われることには慣れてる。
 ただ、オレは現場を預かる最高責任者として、
 何ができるかを考えたら、勝つことしかないんだ。
 勝って気持ちよく家に帰ってもらう。
 それが一番のファンサービスだろ」。
何を言われようと、オレ流を貫いた。

志半ばでドラゴンズのユニホームを脱ぐ。契約社会。終わりと言われればそれまで。
野球界に生き続けてきた男として、その図式に異論はない。

9月22日の電撃解任発表。
「確かに契約書には、契約が切れる1カ月前までに来年の契約について話し合うとはあるけど、
 発表するとまでは書いてないんだ」。
現場の空気を無視し、選手感情にも配慮せず、
待ったをかけた白井オーナーを押し切ってまで、落合へのクビ切りに執着した球団フロント。

ただ、野球人・落合博満の歩む道を自らで汚しはしない。
「みんなが絶対に優勝するんだ とやってきたんだ。オレも最後まで全力を尽くすよ」。
唯一、成し遂げていない公約。
リーグ優勝&日本一の完全制覇。
誰にも文句を言わせない金字塔を残し、オレ流指揮官は竜を去る。

5:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 10:38:13.11 ID:qehIR6ShP
関連画像
手前で握手してるのがオーナー(落合を監督にして解任要求を突っぱねてた人)
握手拒否されてるのが球団社長、落合解任を必死にやり続けてきてた人


18:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 10:42:07.30 ID:vgYX0Rdq0
>>5
今年のプロ野球界最高の名シーンだな

25:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 10:43:36.01 ID:M5GcPxQ50
>>5
これは男冥利に尽きる
保存させてもらった

874:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 13:09:47.89 ID:F0OfwuV10
>>5
落合を嫌って敵対してるのはいいが、だったら何でここまできて今更に握手を求めるかね
人間として普通に軽蔑されるレベルだろ


36:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 10:45:03.76 ID:jniJXifU0
球団社長が負けて喜ぶって相当根が深いね。
要するにこれって、
球団の勝ち負けよりも自分の立場の方が大事ってことだろ?
チームを愛してない人間が球団社長w


67:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 10:48:46.18 ID:K3xe+9/Q0
スポニチの夫婦対談でも同じこと言ってるな。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/19/kiji/K20111019001850140.html
――大逆転でのリーグ連覇。ターニングポイントは?
博満
「全ては…。まあ、この際だから、言っちゃうけども
 “オレらが勝ってもらっちゃ困る”と思っていた球団幹部が、
 9月の巨人戦でウチが負けた時にガッツポーズしてからなんだ。
 全ては そこから始まった」

信子
「そうなんだよね。みんなそれで逆にやる気を出したんじゃない」

博満
「そういう噂はすぐに広がるからな。
 選手は“なんだオレら、勝っちゃいけないのかよ。何のためにやってきたんだよ”となる。
 “オレらをバカにすんなよ”ってのが一番の火付け役になった。
 そこに9月22日の(退任)発表が重なったんだ」

信子
「あそこから一気に勢いがついたもんね」

博満
「監督、コーチの間では3月の時点で“オレら今年で終わりだよな”って言ってたの。
 “だったら、勝って格好良く辞めてやろうじゃねえか”ってね。
 そういう機運が高まっていたのは事実なんだ。

 それが決定的になったのが9月22日だったってだけのこと」


――その9月22日。電撃退任発表の裏側は?

博満
「オレは選手には一切何も言っていない。
 コーチには今後のこともあるから言ったけどな。

 でも、球団が選手に伝えるというから“それはやめてくれ”と言ったんだ。

 ヤクルトとの4連戦の前に“監督が来年契約しない”なんて、そんな説明はいらない。
 野球に集中させてくれとね」

信子
「球団は“監督から選手に言ってください”と言ってきた。
 でも、“今することじゃない”と断ったんだよね」

博満
「オレは来年契約しないのは構わない。
 その日に“きょう発表する”と言われたのも構わないの。

 でも、なんで その日の夕刊(中日新聞)に載ったのか。
 オレにすりゃ“何それ”ってことだ」

信子
「当事者の意見を聞く前に記事ができてたってことだもんね」

234:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:15:44.16 ID:zKf14YVa0

落合中日監督就任中のセリーグ順位表

    2004〜2011
中日 1-2-1-2-3-2-1-1 平均1.63
東京 2-4-3-6-5-3-4-2 平均3.63
巨人 3-5-4-1-1-1-3-3 平均2.63 
阪神 4-1-2-3-2-4-2-4 平均2.75
広島 5-6-5-5-4-5-5-5 平均5
横浜 6-3-6-4-6-6-6-6 平均5.38

どう見てもぶっちぎりですありg(ry

259:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:19:56.22 ID:FTT6nessO
年間シートが売れないのは球団側の営業不足だろ
落合のせいにするのは筋違い
まぁ球団社長が馬鹿なら球団社員はもっと馬鹿だから年間シートが売れない
そのくらい自覚しろよ


276:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:23:38.66 ID:qehIR6ShP
>>259
>年間シートが売れないのは球団側の営業不足だろ
殆どが企業接待用だから不況で売れなくなるのがあたりまえ。
一般ファンはホーム側の年間シートなんて買えないからなw


284:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:25:35.41 ID:ibgpO0ac0
>>276
>殆どが企業接待用だから不況で売れなくなるのがあたりまえ。
経営が苦しいからっていいたくなくて、
落合が嫌いだから買いたくないっていう言い訳にしたんだな。
球団社長とナベツネ系マスコミは それを口実にして流すだけ。


380:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:44:48.13 ID:YMNbToab0
「落合が不人気で客入らず」を強調する為に
球団がマトモな営業しなかった上に
テレビや新聞記事でそこを大合唱以上に強力な妨害工作
マスコミ新聞テレビ大手メディアの 日常業務が其れだからね。
496:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 12:06:28.70 ID:eRGOQai60
http://www.youtube.com/watch?v=qRO3T9jnmrI
これが本当の落合

513:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 12:12:18.34 ID:zKf14YVa0
>>496
なんなんだこの関連動画は・・・
たまげたなぁ

545:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 12:17:41.71 ID:Ai1Y6/BT0
>>496
陰湿とか暗いとか
大嘘じゃん
マスゴミが作り上げたんだな

553:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 12:18:41.74 ID:WhJJ9R4S0
>>545
そんなの普通にテレビ見てりゃ嘘だとわかるって

425:名無しさん@恐縮です:2011/10/19(水) 11:52:56.13 ID:BKyecSgfO

この球団って1001の監督交代の時からおかしい
山田さんは、最初は続投って言って突然の解任だったし
落合さんだって契約切れってよりも、解任って言ってるようなもんだしな
ファンはネギしょった鴨というくらいの認識しかないんだろう
落合さんが人気ないと言うよりも、球団経営のやり方が悪いんだと思うわ
星野がタニマチにヤクザを引きこんだのが そもそもの諸悪の根源
だという事を報復を恐れて誰も書かないからなぁw



http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111019-851812.html
球団史上初の連覇という偉業を、10ゲーム差を逆転して成し遂げた。
マジック2から3連敗したが、最後は落合竜らしい、負けない野球で引き分けをもぎとった。

9月22日、電撃退任発表から24試合を、15勝6敗3分けで駆け抜けた。
ヤクルトとの首位決戦3時間前という発表のタイミングに、
選手、スタッフからは特別な感情が湧き出した。

怒り。意地。高揚感。普通なら失速する状況で
これらの激情を野球にぶつけられたことが落合竜の すごみ だ。


快進撃の裏には指揮官が見せた「抵抗」があった。
退任発表の日、球団からは記者会見を行うこと、選手に退任を説明することを要求された。
だが、断固拒否した。
試合前、球団首脳が説明しようとすると立ちふさがった。
「今はまだ戦っている最中なんだ。何の区切りでもない。どうか選手にそんなことを伝えないでくれ」
白井オーナーのいる部屋をノックした。直談判して了承を得た。
そして、普段通りに指揮を執った。
選手たちが人生をかける戦いの場を、体を張って守った。

プロは どんな状況でも自分の仕事を全うするのみ−。
指揮官が示したプロの背中は逆転Vへ ひた走る選手たちの道標となっていた。

選手にも、家族にも、動揺する姿は見せなかった。
父として、夫として、監督として、戦う背中だけを見せ続けた。

「オレは選手に好かれようとはこれっぽっちも思わない。良けりゃ使う。悪けりゃ外す。それだけだ」

指導者は選手と食事に行くべからず−。
8年間、不変のルールだ。
選手との間に「情」が生まれないように一線を引いた。

だから退任Vへと突っ走る道中、指揮官のために−と戦った選手はいないはずだった。
落合監督も望まなかった。

だが、なぜだろう。
情を排除したはずの指揮官も、己のために戦ったはずの選手たちも、目にはこみ上げるものがあった。

男たちが長い戦いを乗り越える中でいつしか生まれていた絆。
引いたはずの一線をも越えた深く、重く、強い絆。
その分だけ、こみ上げるものは熱く、とめどなかった。



http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111019-851964.html
「野球って何点取れば勝てるんだ?」
ある時に落合監督から聞かれた。答えがあるはずもない。
すると、こう続けた。
「10点取っても、11点取られたら負けだよな。
 でも相手を0点に抑えれば、1点取れば勝てるんだよ。
 打者なんて、打っても4割届かないんだ。
 だったら、どっちが確率が高い?」

「守りの野球」−。
打撃を極めたがゆえ、その限界を知る3冠王がたどり着いた勝利の鉄則だ。
沖縄のブルペンを倍の広さに改造した。
トレードも、戦力外通告も投手は極力、回避した。

先発野手を決める時、最優先する能力は「守備力」だった。
あの立浪も、中村紀も、外した理由は守備範囲の衰えだった。


守りへの執念が最も表れたのは荒木と井端の二遊間コンバート。
6年連続ゴールデングラブ受賞中の2人を あえて配置転換した。
その真意を今、こう語る。
「あいつら、打球を目で追い始めたんだ。
 それまでは足で追っていたのに、横着しだして、捕れた打球も捕れなくなったんだ」
当人たちも次第に真意を知った。

荒木は言う。
「他の人の目はごまかせても、あの人の目はごまかせない。
 だから、監督に野球をやめろと言われれば、今すぐにでもやめるよ」


落合監督は自宅にかかっている1枚の絵を指した。
「オレは選手の動きを1枚の絵にしちゃうんだ。
 それをずっと同じ場所から見る。
 近くで見るとぼやけるから遠くから眺める。
 そうすると次第に頭や、手があるべき場所からずれてくる。
 そうなれば、その選手はおかしいということだ」。

守りの野球という方法論を、その眼力で磨き続けた。
これぞ落合野球の神髄だと思う。


http://6ch.viewerd.com/m/livejupiter/1318983881/
森祇晶「はっきり言う。これは現場への嫌がらせだ」
この優勝は普通の優勝ではない。

優勝争いの最中に監督、コーチの今季限りでの退団が相次いで発表された。

はっきり言う。
これは現場での嫌がらせとしか思えない。
球団が「勝つな」と言ったのに等しい。

そんな異常事態の中でよく勝ち続け、ゴールしたと思う。

私にも似た経験がある。
西武監督時代の94年、巨人との日本シリーズを戦っている最中に退団報道が出た。

この優勝は球団に対する選手の無言の抵抗であり、
8年間の落合野球を否定されたことに対する現場の意地だろう。

落合監督は中日という地域色の強いチームを
常に優勝争いできるチームに変革した。

そのためには これまでのしがらみ、なれ合いを断つことが必要と考え、
周囲の不興を買っても立場を変えなかった。

それが間違っていなかったことは、8年間で4度のリーグ優勝で証明されている。


日刊スポーツより

 ↓

森祇晶 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%A5%87%E6%99%B6
とても長いが 読んでみて欲しい
引退後は、1975年から1977年は日本テレビの野球解説者を務めた後、1978年から1979年に現役時代から親交のあった広岡達朗監督のもとでヤクルトスワローズのバッテリーコーチ(ヘッド格)。1980年から1981年にはTBS専属野球解説者を務め、1982年から1984年には、やはり広岡のもと西武ライオンズのバッテリーコーチ(ヘッド格)を務めた。ヤクルト、西武コーチ時代には広岡の下、厳しく選手の私生活にまで管理をおこなったため、選手たちに「森CIA」「森KGB」などさまざまな陰口をたたかれるほどの嫌われ役となった。後にチャーリー・マニエルは週刊朝日の野村克也との対談の中で「広岡はいい監督だったがコーチの森は嫌な奴だった」と述べている。森は勝利のために広岡の考えを忠実に実行していたが、グラウンド上で厳しく接することは問題なくても、グラウンドから離れたところまで厳しく管理することは納得いかず、内面的にはつらい仕事であったと語っている。最終的には広岡と対立しコーチを辞任した。

西武コーチ辞任後の1985年は文化放送の野球解説者を務め、1986年に広岡の後任として西武監督に就任。合わせて名前を「祇晶」に改名。

1985年にも優勝したチームを引き継いだだけに、前監督の広岡からは「勝って当たり前のメンバー(選手)が揃っている」と言われ、常勝が義務付けられていた。「当たり前のことを当たり前にやる野球」を掲げ、チームプレーと確率を重んじ、ディフェンスを主体として走塁やバントを多用するなど、基礎を積み重ねた緻密な野球を展開し、9年間で8度のリーグ優勝(優勝を逃したのは1989年のみ)6度の日本一に輝くなど西武黄金時代を築いた。とりわけ1990年から1994年までの5年連続のリーグ優勝はパリーグでいまだに破られていない記録である。この時期にはすでに広岡時代の選手の多くは現役を退いており、育成面でも森の優れた才能が評価されることになった[要出典]。

森ライオンズの野球の凄みをよく示すエピソードはジャイアンツと対決した1987年の日本シリーズ第6戦であろう。この試合、8回裏二死から辻発彦が安打で一塁に出塁した。この二死一塁の場面で、続く秋山幸二はセンターへシングルヒットを放つ。ところがジャイアンツのセンターウォーレン・クロマティの緩慢な返球の間に辻はなんと一気にホームまで駆け抜けてライオンズは得点してしまった。実は森はじめライオンズ側は、クロマティの送球に難がありながら、ジャイアンツがこの送球難に何も手を打っていないことを事前のデータ収集とミーティングで知り抜いていた。その緻密な事前研究を監督の森が選手各人に徹底していたことがこの辻の劇的な好走塁に結びついたのである。このシリーズは事前予想では攻撃力に勝るジャイアンツの優位といわれていたが、この辻の走塁にみられるライオンズの緻密なディフェンス野球が逆にジャイアンツを圧倒し、ライオンズが2年連続日本一を獲得している。

西武監督時代は、厳しい基本指導の一方で選手を前面に押し出し、選手の自由も考慮したのびのびとした野球をやらせる面もあり、選手たちの多くに慕われていた。当時の主力選手の一人だった辻発彦が自著「プロ野球 勝つための頭脳プレー」で語っているところによると、試合でエラーをして落ち込んだ辻のところに深夜、森から気遣いの電話があったり、遠征先や合宿先で選手が食事に満足しているかどうかを気にして尋ねたりということがよくあったという。広岡の監督時代も経験している辻によれば「広岡さんという人は選手をほめるということがそもそもなくてそれが持ち味だったけど、森さんは選手のいいプレーを必ずミーティングでほめてくれた」という。また選手たちがゲームボーイなどの新しい遊び道具に熱中しているのをみると、叱るより前にまず森自身が買ってやってみて、その面白さを自分で体感してから「ほどほどにしなさいよ」というような穏当な理解者の面ももっていた。森は選手の管理について「時代背景というものはどんどん変わっていく。若い選手の時代背景を理解しないままに、『あれをやってはいけない・これをやってはいけない』ということは指導者として絶対に言ってはいけないことだ」と言っている。

 この森のやり方は、管理野球に徹し選手からかなりの批判にさらされた広岡の監督方針と大きく異なったものである。森は、広岡が監督時代に強制的におこなっていた健康食管理も監督就任後すぐにやめさせている。また有名な逸話として、優勝時にチャンピオンフラッグを持って球場を一周するときの様子があげられる。通例ではたいてい監督がフラッグを持って先頭を歩くものだが、森はそれをせず、石毛宏典・辻などの主力選手にフラッグを持たせ、自身は常に列の一番後ろを歩いていた。これは「選手が主役、監督は脇役」のポリシーを森がずっと持っていたことを示している。

 清原和博をルーキーイヤーの年から、周囲の批判に抗してスタメンで使い続けたのは森の強い意向による。コーチ陣や野球評論家の多くは清原を二軍でしばらく鍛えることを主張していた[要出典]。しかし森は清原のスター性からして、華やかな実戦舞台で使い続けた方が延びるというふうに判断した。開幕当初は不振だった清原であるが、次第に森の期待に答え始め、ついに新人王を獲得、プロ野球を代表する選手になっていく。清原は今なおこのときの森の起用を深く恩義に感じており、今でも森とは家族ぐるみでの付き合いが続いている。2005年の森の野球殿堂入りのときは祝賀式にかけつけ、一番に森に対し祝辞を述べている。

 このようにチームは常勝であり、チーム内の不協和音もほとんどなかった反面、観客動員数は伸び悩み、1989年に僅差でリーグ優勝を逃した際に当時のオーナー堤義明から「監督をおやりになりたければどうぞおやりなさい」という言葉を投げつけられていることなどから、球団首脳からの評価は意外に低かったといわれている。

1994年限りで勇退。日本シリーズ対巨人第6戦(東京ドーム・試合開始予定時刻午後1時)開始前の正午前、巨人の親会社である読売新聞社に「西武・森監督辞任」という一報が報じられる(共同通信社による配信)。森は同年限りで辞任することが内々で決定していたが、日本シリーズ終了前に辞任報道が流れるという憂き目にあった。20年前と同様、長嶋が監督として初めて日本一を決め脚光を浴びている中、静かに退任する形となってしまった。

監督辞任に至るきっかけとなったのは1994年10月2日、近鉄に勝ちリーグ優勝を決めた日のことだったと語っている。「晴れがましい祝宴を期待していたら、ただ食べ物が置かれているだけで普段の遠征と変わらない光景であった。優勝を決めても祝福せずに東京に帰ってしまうフロントの態度に怒りを通り越して悲しくなるほど愕然とした。とくに夏場になっても例年なら来るはずの翌年のドラフト、外国人選手の情報が自分の元に降りて来ず、フロントの様子がおかしかったことなどから、今期限りだと覚悟を決めていた」と述べ、あと2~3年自分が我慢をして石毛にバトンタッチする考えも持っていたことを吐露している。


http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20111019/bbl1110191138002-n1.htm
落合監督が一番尊敬するのが、リーグ優勝8回、日本一6回という常勝・西武を築いた森氏。
その森氏の悲願こそ巨人監督だった。
1998年のシーズン中には、第2次長嶋政権の後を受け継ぐ「森新監督内定」報道まであった。

実際、あと一歩だったのだが
「巨人の監督には品格が必要だ。森が監督になるのなら辞めない」
という、長嶋監督の抵抗で続投が決まり、巨人・森監督は幻になった。
長嶋茂雄が 実際は如何なる人物かw という事なんだよね。
横浜監督時代、森氏と落合監督の絆は深まっている。
森監督が、当時は評論家として不遇だった落合氏を
沖縄・宜野湾の春季キャンプに臨時コーチとして招いたからだ。

球界内では
「テレビの解説の仕事もなくなっていた落合を、金銭的に援助してあげようという森さんの思いやりだろう」
と評判になった。

中日の監督に就任後、
中核の森繁和ヘッドコーチ、辻発彦総合コーチら森西武の一員だった面々が入閣したのも偶然ではない。
森氏と落合監督の太いパイプの裏付けだ。

相手の弱点を突く、負けない森野球の継承者が落合監督といえる。

伊東勤 TSUTOMU ITOH Official Website - 落合イズム浸透
http://www.itohtsutomu45.com/2010/10/post-139.html
春のキャンプで落合博満監督は
「ことしは選手に何も言わなくなった。
 みんな自主的にやっている。
 ベテラン連中が率先して引っ張っているのが大きい」
と言っていたのを思い出しました。

就任7年目。「落合イズム」が隅々まで浸透してきたことに手応えを感じていました。

シーズンに入っても、ベンチから指示がなくても選手自らが判断したと思われるプレーが見受けられました。
まさに成熟した大人のチームになりました。

確かに堂上直倫選手ら若手が伸びてきていますが、
主力には谷繁元信選手、和田一浩選手らベテランが多いです。

落合監督は彼らを完全に掌握しているのです。
猛練習をチームカラーで打ち出しつつも、ベテランには調整を一任していました。
こういう扱いは気分が悪いはずがありません。

一方、ベテランにも結果はシビアに求められます。中堅、若手に負けじと練習し、
チームに いい緊張感を生んでいました。
そんな状態がシーズンでも継続されていったのだと思いますね。

落合監督の手法は西武の森祇晶元監督によく似ています。
森元監督もチームに影響力があるベテランと良好な関係を築こうとしていました。

競ったレース展開だと、ベンチとベテランの結束力は強みになります。
中日が優勝するとしたら、この結び付きがあったからということになると思っています。

diary2010/10/13
だから理論派同士の 落合と野村克也は話が合う訳で

古くは こんな記事も有る。

http://blog.livedoor.jp/honeywar/archives/7834845.html
2004年10月09日 森祇晶氏の戦術を継ぐ者
中日優勝特集に沸く、各局のスポーツニュース。
ナゴヤドーム特設スタジオで、落合監督を迎える掛布さんの手には、
謎のボード「5/26」。
なんでも、中日優勝の秘密にかかわる数字らしい。

「これが何の数字かわかりますか?」と話しをぶつける掛布さん。
落合監督はわからない。

実は、
エース・川上憲伸投手が、他チームの開幕投手と対決した回数が
その時点の登板回数26試合中、5試合だけだった、という意味。

中日の開幕投手は川崎憲次郎投手。
けれども川上投手を各チームの開幕投手から外して2番手投手へとぶつける
つまり他チームのエースとローテーションをずらして、
川上投手で確実に勝ちを拾えるようにする戦術だったのだろう、
と掛布さんは推理。

落合監督も その推理が正しいことを認めた。

森氏が横浜の監督を勤めている時期には、
臨時打撃コーチとしてキャンプで野手陣の指導を行っていたほどだ。

テレビ中継で、解説席から森監督に話し掛ける際、
森氏も忘れていたような細かい戦術を褒めちぎって、森氏を困惑させていたこともある。

そう言えば、「ケガ人に関する情報を公開しない」という、今季の中日のチーム方針。
これも、森氏が横浜監督時代に行っていたことだ。


2007/11/02 中日落合監督の決断と手腕を称えたい
http://sns.nikkansports.com/communities/1/entries/show/21924
 中日落合監督は、監督としての才にたけていると思います。最近の監督では珍しいのではないでしょうか。

 楽天の野村監督は別格です。経験も豊富で、野球というものをきちんと若者に伝えています。

 しかし近年の球界全体を見渡すと、少しばかり「監督像」が変わってしまった印象を受けます。これは非常に残念なことです。

 球団が新監督を選ぶとき、よく聞かれるフレーズに違和感を覚えます。「さわやか」「好感度」「生え抜きスター」「人気」。監督による観客動員を狙う球団も多いと聞きます。監督とは、そういう存在なのでしょうか。

 落合監督は、そうした要素とは正反対の存在でしょうね。決して愛想がいいタイプではありません。華やかで絵になるタイプでもありません。何よりマスコミに対し、パフォーマンスをしたりリップサービスをすることもありません。

 選手を育て、チームを把握し、管理する。そういったリーダーとしての役割に黙々と徹しています。同時に、シャイな男ですから「オレはこうやっている」などと、自分の宣伝は絶対にしません。

 それが面白くないマスコミもいるのでしょう。地元マスコミなどで足を引っ張る動きもあると聞きます。しかし、そうした批判に対しても、弁明も言い訳もしません。それが落合博満という男です。

 落合監督という人間はしんが強いんですね。現役時代は「3冠王」を目指し、タイトルや数字にこだわっていました。監督としては優勝、チームの勝利に徹しています。周囲の批判で揺らぐことはありません。

 人間は迷いが生じるものです。頭で分かっても、なかなか徹することができません。その点、落合監督は強いと思いますね。プロ集団のリーダーにふさわしい人物だと思います。

 そもそも日本球界におけるチームリーダー像は、間違ってしまったように感じます。一緒に飲みに行ったり、ゴルフに行ったり。仲良しクラブの中心人物を「リーダー」と称する向きがあります。こうしたとらえ方が、監督に「さわやかさ」や「好感度」を求める傾向につながっているのでしょう。野球を愛する者として寂しく思います。

 近年、外国人監督が増えてきました。翻れば、国内に監督としての人材が不足してきたといってもいいでしょう。その中で落合監督の存在は光っています。

 まだ53歳と若く、これから日本を代表する大監督への道を歩んでいくでしょう。そういう期待感がある監督です。

 そのためには彼のさらなる努力も当然ですが、落合という人物の本質を分かってくれる理解者が必要でしょう。中日の白井オーナーは落合監督を信頼していると聞きますから、心配には及ばないのかもしれませんが。
結局 この辺りの話が そのままに日本の政治の話に直結する訳で。

韓国スワップの話に釣られる連中が
では震災直後に100兆円のカネが消えた話を何故にネトウヨが騒がないの?w
という観点ですら自力で考えられないんだからね。

そういう観点が 被曝の話へも直結するのだから
まぁ自業自得だし 家族子供から自らの手で殺していく悪夢を嬉々として繰り返せば良いと思うよw



つーか上のSNSの記事 森祇晶の本人なのねw やるなぁwwwwwwwwwww



'11/09/23 井端が打ち 荒木が飛ぶ,8回猛攻 5連打4得点 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=h1V5xzrBi7A


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110924-00000007-dal-base  9月24日(土)
 不屈の落合竜が逆転優勝をもぎ取る。中日・落合博満監督(57)が、前日22日の電撃解任ショックをはねのけ、首位・ヤクルトに連勝した。4連勝で貯金は今季最多の9に膨らみ、2・5ゲーム差に迫った。これがオレ竜の真骨頂であり、怨念とも呼べぶき執念の勝ちっぷり。有終の美を飾るべく、まだまだ一気に突っ走る。

 8年間の集大成。落合野球の真骨頂。ワンチャンスを実と成す。2死無走者からの4得点。点が線となり、太さを増す。怒とうの波状攻撃。白星の連鎖を導いたのは、落合野球の申し子たち。荒木、井端、森野…。去りゆく将への思いを体現した。

 池の水面に揺らぐ波紋が幕開けだった。同点の八回、2死。荒木が左線二塁打。続く井端の中前打。前進守備を敷いた敵軍。強肩の青木。辻三塁コーチが腕を回す。本塁を狙う荒木の足を追いかける送球。わずかにそれた。決死のヘッドスライディング。ユニホームを茶色に染めた荒木が、手をパチンと合わせた。

 流れは急加速。森野、ブランコが連続適時二塁打。四球を挟んで代打・堂上剛が右前適時打。二回途中から19人連続で打ち取られ、直前に同点とされた流れを激変させた4得点。勝負は決した。

 「なんでこのタイミングで発表するの?っていう思いはありますよ。でも僕らには試合が待ってる。前に進むしかないんです。監督のために勝ちたいんです」。悲痛な胸の叫び。身を切られるような痛み。自らを育ててくれた恩師への謝意を荒木は激走で示した。

 現場を無視した退任発表は、図らずも一枚岩の結束力を生みつつある。「なんでだという思いは当然ある。でも決まったことはしょうがない。絶対優勝するぞ。コーチを全員集めて、そう言ったよ」。森ヘッドコーチの号令が空気を変えた。

 「やっと選手が動き始めたな」。落合監督が残したワンフレーズ。







http://diamond.jp/articles/-/13752
革命後の国民は本当に幸福になれるのか? リビアの富を奪うために欧米諸国が仕掛けたカダフィ打倒

リビアの今後で不安なのは、
今回の革命で主導権を握ったメンバーの中には外国逃亡組が多数いるということだ。

彼らは よく言えば穏健なイスラム教徒、きつい言い方をすれば欧米かぶれの世俗派である。

・革命の火を放ったのはだれか

今回のリビアの革命で、忘れてはならない疑問点がある。
今後の不安材料に繋がっていくのだが、
そもそも誰が最初に今回の革命の火を放ったのかということだ。

単純に言えば、リビアの民主化を求めた国民、ということになろうが、
そんな単純なものではない。

実は反体制の動きが起こった当初の段階で、
パキスタンの情報部が、イギリス、フランス、アメリカが軍事顧問をベンガジに送り込んだ、
という情報を伝えていた。

カダフィ大佐に嫌われ、
チャドに長い間派兵されていたハリーファ・ヘフタル大佐が
チャドから他のアフリカの国に移動した後、
彼と彼の部隊をアメリカが受け入れ20年もの間バージニアに匿っていた。

そのハリーファ・ヘフタル大佐も内戦勃発と同時期にリビアのベンガジ市に戻っている。
しかし不思議なことに彼の名は、いまだ全くリビアから聞こえてきていない。

イギリス、フランスは反政府派が軍事行動を起こし始めると、
彼らの軍事行動への具体的な支援を始め、
飛行禁止区域の設定に加え、空爆、武器の供与が行われた。

それにアメリカが後発で加わる。
アメリカは無人機を多数送り込み、空爆を実行した。
もちろん偵察衛星や偵察機で集めたカダフィ大佐側の軍の動きも
逐一、反体制側に送られていたものと思われる。


そして最終的には、カダフィ大佐側が追い込まれ、
彼の住居とされていたバーブ・アジージーヤも反政府側によって落とされた。


リビアで起こっている革命戦争に欧米が全面的に介入している。

ここまできて反政府側がカダフィ大佐側によって敗北させられたのでは、
欧米の面子が丸つぶれになるばかりではなく、
戦争に費やした費用が回収できなくなる。

欧米はなんとしても、カダフィ体制を打倒しリビアの富とエネルギー資源を、手中に収めようと考えている。

・植民地と化すリビア

こうした欧米側の考えを裏付けているのが反体制側の要人たちの発言だ。
現在反体制側の代表者となっている、ムスタファ・アブドッジャリール氏は
「リビアに居住していたユダヤ人に帰ってきて欲しい」
と呼びかけ、彼らがリビアの政治活動に参加することを期待している。

彼以外にも、王制時代の閣僚の子息である、アハマド・シェイバーニ氏は
「イスラエルとの協力関係が重要だ」
と語っている。

彼に言わせれば、イスラエルの持つ国際的な影響力を通じて、
新生リビアが国際的認知を受けていく必要があるからだというのだ。


何のことは無い、
イギリスやフランスに加え、
最初の段階からイスラエルやユダヤ人がリビアの革命に深く関係していた、
ということではないのか。

つまり、今回のリビアの革命騒ぎは、
欧米諸国やイスラエルなどが、こぞってリビアの富を奪うために仕掛けたものだった
ということであろう。

そのことをカダフィ大佐は はじめから分かっていたのであろう。
だからこそ欧米に支援される革命派に対し、
徹底抗戦を叫び続けたのだと思われる。

結果的に彼は妥協するタイミングを失い、敗北していくことになった。

この結果、リビアは欧米の新しい形の植民地支配下に置かれることになった。

世界のマスコミはこの勇気あるリビア国民の革命蜂起と成果を称賛する一方で、
かつてアメリカのレーガン大統領が彼に浴びせかけた『狂犬』以上の罵倒をカダフィ大佐に浴びせかけ、
独裁者、血ぬられた男、国民の大虐殺に踏み切った男と評した。

実際にカダフィ体制下のリビアが西側諸国や革命派が主張するように、
非民主的で非自由社会で非統一の国家だったか否かは、
もう少し時間が経過しなければ分からない。

革命派は これらの諸問題の解決を標榜するが、
実はリビアの将来には幾つもの難問と不安が待ち受けているのだ。

個人所得だが、リビアのこれまでのGDPは一人当たり1万4000ドルであった。

リビア国民の個人的な経済状態が今までよりも良くなるか否かが、最も重要な社会安定の要素なのだが、
悪くなると予測する方が正しいのではないか。


その理由は当分の間(一部の専門家の予測では3年以上)、
リビアの石油輸出が革命以前のレベルに戻れないからだ。

95%以上の外貨収入を石油輸出に依存しているリビアにとっては、
この石油輸出が遅滞することは、大きな痛手となる。

そして今回の内戦で破壊された、インフラの再構築に膨大な費用が必要になろう。
そのことが国民の生活に与える影響は、小さくあるまい。



今回のリビア革命を、最初の段階から支援してきたイギリスとフランス、そしてアメリカは、
当然のこととして新生リビア政府に対し 全面協力をした対価を求めるだろう。
もちろん、最初の段階ではこれらの国々はリビアに対し経済支援をするのであろうが、
結果的には、これらの国々によって
膨大なリビアの富が持ち去られるということを忘れてはならない。


そもそもイギリスとフランスやアメリカやイスラエルやユダヤ人がリビアへ乗り込んで行ったのは、
イギリスとフランスやアメリカやイスラエルやユダヤ人が自国経済が破たん寸前だったからではないのか。
リビアの富と石油を支配することによって自国の経済を復興させようとしたのであろう。

こうなると新生リビア政府は、
カダフィ大佐が大金を投入して築き上げたインフラの多くを、
修復できないままで放置せざるを得なくなる。


その中で一番問題になるのは、カダフィ大佐が造り上げたGMR(人間が作った偉大な川)だ。

GMRとはリビア南部の地下水を汲み上げ、地中海沿岸地域に運び、
農業用そして飲料として使うというものだ。

このGMRの補修・手入れができなくなれば、
人口が集中しているトリポリ市やベンガジ市は、
一気に水が無い死の世界に変貌する危険性がある。

カダフィの経歴 リビアの歴史 を一寸でも調べれば
どんだけキチガイ沙汰が起きていたかを想定するのは どんな馬鹿にでも分かる話だとは思うけどね。

未だにネトウヨの韓国スワップの話に釣られるような 馬と鹿の区別もつかない“救いようのない”者達には
欠片も理解できないだろうけどね。

そして イギリスとフランスやアメリカやイスラエルやユダヤ人が
日本の資源「大和民族系日本人の共同体 という人的資源」から 如何にカネを奪い去ろうとしてきたか?
其の尖兵達が如何に詐術と諜報を繰り返してきたか?
俺達の目の前で激しく繰り返される核攻撃とは 如何なる攻撃を意味しているのか?

そして そんなことすら未だに分からない「馬鹿で豚に過ぎない一般民衆」を それでも守るべく
だからこそ「ネットの日本語圏の下士官層」が抵抗をし続けていくしかない、
と俺は書き続けているんだ。

リビアと同じになりたく無ければ ね。


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201110210002/
反カダフィ派や米英仏軍は東電並みの嘘を撒き散らしてきたが、カダフィを拘束後に処刑したことが「素人」の撮影した映像で明確になってきた - 櫻井ジャーナル(私家版):
リビアのムアンマル・アル・カダフィは反カダフィ軍に拘束された後、処刑された可能性が高まった。現場の様子が撮影されていなければ、空爆で殺された、あるいは穴蔵に隠れているところを引き出されて命乞いをしながら死んだというようなストーリーを主張し続けることもできただろうが、今の世の中では無理だった。

 処刑した理由はいくつか考えられるが、最も単純な見方は報復。何しろ、反カダフィ軍の主力はアル・カイダ系の武装集団のLIFG(リビア・イスラム戦闘団)であり、荒っぽいことは間違いない。

 また、口封じだった可能性もある。カダフィはイラクのサダム・フセインと同じようにCIAの協力者だった人物であり、裁判などで証言されては困る人間が少なくない。

 カダフィ体制を潰した理由のひとつはリビアの石油利権、もうひとつはカダフィが支援していたアフリカ中南部諸国の資源利権だろうが、もうひとつカダフィを排除しなければならない理由が指摘されている。石油による収入、保有する金塊を利用し、アフリカでの交易を共通の金貨で決済しようという計画があったようなのだ。西ヨーロッパではユーロとドルの戦いが展開されているようだが、アフリカでも別の通貨戦争が勃発する可能性があったということである。








posted by 誠 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。