https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年02月17日

一人の家畜を屠殺したら どれだけの利益が得られるかをも計算しながら 核攻撃を続ける。

http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/37983835.html
インフレ・ターゲット、インフレ目標、
この無意味で英語らしい間抜けな言葉の意味をわかって報道してるのかどうか、
新聞・テレビの横文字オタクたちに聞いてみたい。

国民の生活を安定させるのが目標であって、
インフルエンザの弟を目標にするなんて記事やニュースは、
これはタミフルが売れるだけのことで、
そんな記事を見て・・・ほ〜、なるほど! ・・・って株価が上がってるのは、
周旋屋から見ればナンデヤネン。

日銀も政府もマスコミも、ワザとそういう語句を使ってわかりにくくしてるだけだろう。
風が吹けばカツラ屋が儲かるようなもんで、禿頭だけの解釈と方策でしかない。
国民には関係ない、マニアックな一部の連中どもの自己満足。

・・・国民の生活に直結する大事なお話です!
と、言い出しっぺだけが騒いでる茶番だろう。
なるほどw
インフレターゲットの話は インフルエンザの話の弟分な程度でしか無い と。
誰か座布団を一枚あげてくださいw


インフレやらデフレやら、景気・不景気の定義も、そろそろ変えた方が良いだろう。
飽きっぽい俺なんかは、そういう文言を聞くと、動物園の猿山のキ〜キ〜しか思い浮かべない。

正しく先を見ることも出来なかった連中が ただただ言い争っているようなもんで、
だからどうしたんだ? 足の爪と指の爪、どちらにしても切って手入れが必要。
 
政府や日銀は上場企業の株価が大幅に下がると困る。
見栄張りは長い目でモノを捉えることをしないし、国の政策ミスだと言われることが一番カッコ悪い。

その陰で自分たちだけが儲かるようにと、その場しのぎの政策を連発する・・・
世界中の国々でやっていることだ。
その為ならFRBのように自らが紙幣を印刷して自国債の買主になるようなことも平気でやるわけだ。

詐欺みたいな方策は いろいろ取るが、やってることはそんなとこ。
そうやって銀行に金を回して景気が上昇しているように見せるが、
その金は内情が火の車の銀行から社会に出回ることもない。
従業員はクビを切られ、給料も大幅にカット、
それでも株価だけは上がってゆく摩訶不思議さには慣れっこになってるが、
決算期の今の時期は特にそういうカビの生えた手法をとってくる。

不健康このうえない趣味嗜好は、アメリカ仕込みのタレで喰らうんだそうな。
消費が落ちて行ってる最中に、増税と物価高? 笑わしてくれる園児のお遊戯。

知恵も能力も無いなら、何もしないほうが、よほどお利巧さんなのではないかな?
カルトの政治 よりも 卑弥呼の占いの政治 の方がマシだよねw
アメリカ国民は文字通りのサンプル・モルモットだった。
中国は3000年の歴史だと言うが、
我が国は奥秩父の方に行くと1万年以上も前の縄文人の住居跡があちこちにある。

我らの祖先は大陸からわざわざやってきたという通説、
これは大陸の血を分けた連中が勝手にホザイテ来てるだけのことで、
元々ここにいて、逆に大陸に出掛けて行っていった可能性だって充分に有る。

自国のことを卑下し、卑しくも民を操作し、調子をこいてる連中は
いずれ その歴史をからの反撃を思い知らされることになるだろう。

どこぞの歴史の浅い国の国民とはワケが違う。
我慢に我慢を続け、その上で怒らせたら世界一おっかない民族でもある。
切腹や串刺し曝し首、その他の戦国時代の怖ろしい出来事を思い返せばわかることだ。

そこまで気がつかない連中は、
もはや明治以前の日本の記憶を、おかしな教育によって頭の中から無くしてしまってるんだろうよ。

アメリカ建国と日本建国、これが同じだと勘違いしている者も多すぎる。
物事を学ぶ には果てが無いよね。

 ↓ ↓

https://twitter.com/#!/kamitori/status/169015194633252864
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/38048380fe46be75e51a5bfbd1bb6412
宇沢弘文・内橋克人著「始まっている未来」2009/10/15  東京大学名誉教授の経済学者 宇沢弘文


http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/5ed5cea14cf40fa3e9252965c67892f1
日本には素晴らしい経済学者がおられます。宇沢弘文先生です。 - 杉並からの情報発信です

宇沢弘文先生は今年82歳。
米国滞在が長くミルトン・フリードマンがいた新自由主義の総本山シカゴ大学で経済学部教授として
フリードマン理論に反対する「新古典経済理論」を研究し教鞭をとられていた方です。

長年の研究成果に対して1997年に文化勲章を受賞されています。

宇沢弘文先生は日本人経済学者の中でノーベル賞に最も近い学者と言われていますが、
なぜか日本では一般的に知られていません。

なぜならば先生は「日本は米国に搾取されている植民地である」と公然と主張されているからです。
現在の日本の大苦境の原因は
米国に強要され実行された「無駄な公共投資630兆円」である
と主張されているからです。

日本の大手マスコミは意図的に先生の主張を報道しませんし経済学者は無視しているからです。
著書「始まっている未来」の中の「日本の植民地化と日米構造協議」の部分を
下記に転載しますので是非お読みください。

【宇沢弘文・内橋克人著「始まっている未来」より抜粋】

▼ 日本の植民地化と日米構造協議 (P41−P45)

宇沢

日本の場合、占領政策のひずみが戦後60年以上残っている。
アメリカの占領政策の基本政策は、日本を植民地化することだった。
そのために、まず官僚を公職追放で徹底的に脅し、占領軍の意のままに動く官僚に育てる。

同時に二つの基本政策があった。

一つはアメリカの自動車産業が戦争中に自らの利益を度外視して国のために協力した
という名目をつくって、戦後、日本のマーケットをアメリカの自動車産業へ褒美として差し出す。

もうひとつは農業で、日本の農村を、当時余 剰農産物に困っていたアメリカとは競争できない形にする。

ポスト・ベトナムの非常に混乱した時代を通じて、
アメリカは経常赤字、財政赤字、インフレ―ションの三重苦に苦しんでいたが、
とくに対日貿易赤字解消に焦点を当てて、円安ドル高是正を迫ったのが、1985年のプラザ合意でした。

しかし、その後も、
日本企業は、徹底的な合理化、工場の海外移転などによって
高い国際競争力を維持しつづけて、アメリカの対日貿易赤字は膨らむ一方だった。

そこでアメリカ議会は「新貿易法・スーパー301条」を制定した。
これは、もっぱら日本に焦点を当て て、強力な報復・制裁措置を含む保護政策の最たるものです。

それを受けて、1989年7月に開かれた日米首脳会談で、
パパ・ブッシュ大統領が宇野首相に迫ったのが、「日米構造協議」の開催でした。

それは、 アメリカの対日貿易赤字の根本的な原因は、日本市場の閉鎖性、特異性であるとし、
経済的、商業的側面をはるかに超えて、
社会、文化など含めて日本の国のあり方全般にわたって「改革」を迫るものでした。

日米構造協議の核心は、日本のGNPの10%を公共投資にあてろという要求でした。
しかも その公共投資は決して日本経済の生産性を上げるために使ってはいけない、
全く無駄なことに使えという信じられない要求でした。
それを受けて、海部政権の下で、
10年間で430兆円の公共投資が、
日本経済の生産性を高めないような形で実行に移されることにになったのです。

その後、アメリカから、それでは不十分だという強い要求が出て、
1994年にはさらに200兆円追加して、
最終的には630兆円の公共投資を経済生産性を高めないように行うことを
政府として公的に約束したのです。

まさに日本の植民地化を象徴するものです。


ところが、国は財政節度を守るという理由の下に地方自治体に全部を押し付けたのです。
地方自治体は地方独自で、レジャーランド建設のような形で、
生産性を下げる全く無駄なことに計630兆円を使う。
そのために地方債を発行し、その利息の返済いは地方交付税交付金でカバーする。

ところが、小泉政権になって地方交付金を大幅に削減してしまったため、
地方自治体は第三セクターをつくったものは多く不良債権化して、
それが自治体の負債となって残ってしまったわけです。
630兆円ですから ものすごい負担です。
その結果、地方自治体の多くが、厳しい財政状況にあって苦しんでいます。

日本が現在置かれてい る苦悩に満ちた状況をつくり出した最大の原因です。


内橋
押しつけられた地方財政の赤字、それを住民への行政サービスの削ぎ落としによって埋め合わさせる。
「みせしめの夕張」が必要だったわけですね。


宇沢
そういう政策を見ていると、
日本は完全に植民地というか・・属国ならまだいいのです。
属国なら一部ですから。植民地は完全に搾取するだけのもです。
それがいま大きな負担になっていて、救いようのない状況に陥っているわけです。

社会的共通資本の いろいろな分野、特に大気、教育、医療が徹底的に壊されていくことに対して、
たとえば内橋さんが ずっと正論を20年も主張されているときに、
同僚の経済学者たちが それを揶揄したり批判したりする流れがあるのは、
私は経済学者の一人として黙ってみていられない。

経済諮問会議も制度的な問題があるのではないでしょうか。
首相自らが諮問し、首相自らが議長の諮問会議で議論して、答申を出す。
それを首相自らが 議長の閣議に出されて、自動的に決定され、政府の正式な政策となる。
ヒットラーが首相となって権力を握ったときと まったく同じ方法です。


内橋
官邸独裁ですね。
世界で初めて「生存権」をうたい、
もっとも民主的とされたワイマール憲法のもとでヒットラーが生まれました。
政治的独裁の危険に通じます。

いま、先にも触れました経済学者の中谷巌氏が
市場原理主義からの「転向」「告白」「懺悔」の書を発表し、話題になっておりますが、
気になるところもありますね。

アメリカでは競争万能の市場原理主義が社会の激烈な分断と対立をもたらしました。
「喉元をかき切るような競争」のはてに共同体が崩れていく。
そこで失われた絆とか人間信頼の輪を取戻し、社会統合を回復すべき、
と唱えて登場したのがネオ・コンと呼ばれる「新保守主義」でした。

中谷氏は
今回の著作「資本主義はなぜじかいしたのか」(2008年集英社インターナショナル刊)のなかで、
「古き良き日本」を回復すべき、と説いておられるように見えます。

昔の日本企業には人間相互の信頼とか絆があった、
自分たちのやってきた規制緩和万能、市場原理主義が それを破壊したので反省している、
そういった筋書きです。

だから、古き良き日本型経営に戻ろう、と。そういうお気持ちなのでしょう。
ですが、かつての日本は企業一元化社会であり、官僚絶対優越社会でした。
企業に対してロイヤリティー(忠誠心)を差し出し、
献身を誓わなければ排除され、排除されれば社会的にも排除される。
そういう企業一元支配社会には 本当に人間的な絆があったのか。

そうではないでしょう。
規制緩和、市場原理主義という幻想から、今度じゃ古き良き日本的経営という幻想へ。

願わくば、幻想から幻想へと飛び跳ねる思想転向ではないことを、説井祈りたい気持ちです。


安政の大獄(英米の圧力に屈し、日米修好通商条約締結後に起きた明治維新までの一連の流れ)を
なのに日本の第一の開国と位置づけた時点で、菅直人は売国政治家であることが窺い知れる。
外圧に屈し、国体の姿を変えさせられる事を彼は「開国」と捉えるのだから阿呆である。

この恥を決定的にしたのが菅直人が第二の開国と位置づけた「敗戦」である。
米国に完膚なきまでに叩きのめされ、東京大空襲で10万人、広島・長崎に原爆を投下され、
その上で「開国」させられたのに、
嬉々として屈辱の歴史を受け入れた菅直人は、最期にダボス会議で、
TPPが第三の開国だとまで口走った。

売国奴でしか無い菅直人の言葉が逆に全てを物語っている
その全てが、外圧による我が国の敗北と云う事をもだ。

第一、第二の歴史的事実には多くの検証が必要だろうが、
日本を世界の先進国(英米)が包囲する形で起きた部分も多く、
一概に当時の指導者を糾弾する事が妥当かどうか判断がつかない部分がある。

しかし、
それでもTPPを通してアメリカの完璧な統治国となる選択をもって 開国 とまで言う
のは狂気そのものでしかない。


第一、第二の不平等条約が締結された状況には、日本の後進性 弱小性が歴然としていたので、
ある意味では致し方ない締結事情も存在したである と仮にしよう。

しかし、今回の米国の統治国家に成り下がるTPP協定は、
自ら飛び込む不平等条約である点で、狂気の選択だ。

ビデオニュース・ドットコムで、ノーベル経済学賞に最も近かったが、
反米的で受賞を逃したと言われる東大名誉教授・宇沢弘文氏のインタビューは
歴史を遡りながら、TPPの不平等性を語っている。

2011年02月26日 自由貿易を考えるシリーズ2TPPは「社会的共通資本」を破壊する - ビデオニュース・ドットコム 
http://www.videonews.com/on-demand/511520/001690.php

マスメディアが嫌う学者こそ真実を語っている。
否、米国の思惑を指摘する学者にこそ、真実に迫る論理性を見いだせる。

是非、視聴する事をお勧めしておく。

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加に反対する超党派の国会議員らが、
「TPPを考える国民会議」を設立した。
代表世話人を務めるのは、東京大学名誉教授の宇沢弘文氏だ。
「TPP参加で日本は本当に幸せになれるのか」を考えるシリーズの第二弾は、
宇沢氏がTPPに反対する理由を聞いた。

宇沢氏は、1970年代の著書「自動車の社会的費用」で、
当時の日本の高度経済成長の牽引役だった自動車が社会に与えるコストの大きさを指摘するなど、
「社会的共通資本(Social Common Capital)」の重要性を一貫して主張してきた。

社会的共通資本とは、
ゆたかな経済・すぐれた文化・人間的な魅力のある社会を持続的に維持する山、川、森林などの自然環境や、
道路や鉄道など社会的なインフラ、教育や医療、ジャーナリズムなどの制度資本を指す。
これまで経済学に組み込まれてこなかった自然や社会環境の価値を、共通財産として位置付ける考え方だ。

宇沢氏は、TPPが謳う無条件の自由貿易は、
各国が持つ固有の社会状況を無視して、全ての国を同一のルール上で競争させることを前提とするもので、
これは社会的正義に反すると主張する。

その上で、あらゆる貿易障壁を撤廃すれば全ての国が得る利益が増大する
という自由貿易の基本的な考え方には、生産手段の完全な私有制などいくつもの前提条件があり、
それは現実には存在しない反社会的な条件であることを忘れてはならない
と言う。

宇沢氏はまた、
自由貿易の思想的背景となっている市場原理主義の危険性にも警鐘を鳴らす。

市場原理主義の思想のもとでアメリカはベトナム戦争時、
「限られた予算で多くのベトコンを殺す」ために
一人のベトコンを殺すのに何ドルかかるかを数量化した「キル・レシオ(kill ratio)」なる概念を導入し、
これを最小化する政策を目指したこと

からも分かるように、
市場原理主義はもっぱら効率だけを追求し、
社会的共通資本の破壊という自由貿易が持つ外部性を一切無視する。
それがTPPの源流にある間違った考え方だと宇沢氏は指摘する。

さらに宇沢氏は社会的共通資本としての農村や農業の重要性を強調し、
農業政策は個々の農家を対象にするのではなく、
農村をコモンズ(社会的共通資本)の一つと位置付け、
これを村落単位で守っていく必要があると言う。

TPPを「第三の開国」と位置づける菅首相について
宇沢氏は、「一国の総理として考えられないこと」と酷評する。

それは宇沢氏が、
第一の開国を、治外法権を認め関税自主権を放棄し、
最恵国待遇をアメリカに与えたことで その後の日本を長きにわたって苦しめた日米修好通商条約の締結を、
第二の開国を、敗戦からの経済復興のかたわらで、
日米安保体制を通じて日本が「アメリカの僕」と化していく過程を指すと考えるからだ。


フクシマを ヒロシマ・ナガサキと同列に例え 其れを攻撃と考えれば、
TPPに絡んだ国で不思議な事象が起き続けた先で東日本大震災が起きた事について
直前に俺とかが予言した事などは 別に不可思議な事でも何でもない とは思うんだよね。

こっちは 核の焦土作戦 すら覚悟している。
だから 其れを踏まえた攻撃すら有る と考えておくのも
だから無駄じゃないと思うんだよね。

そういう事を見越して
大量虐殺と民族浄化への徹底抗戦の為の内戦 と考えての対応を考察していく事もまた
あながち無駄じゃないと思うんだよね。

150年に積もった膿は 150年に懸けて取り除く それ位に考えていかないとね。
俺自身が幸せに生きていけるか否か よりも そういう事よりが上位に有る
とか言いきっちゃうと 流石にアレなので
まぁ とりあえず其れなりに頑張るよ 位に言っておこうと思う。



警察、検察の大量天下り先ですから、捜査に手心は常識です。身内に甘い。@sedzir:@egg_rice:@chan_dora: 原発爆発したのに業務上過失で書類送検にもならない。
やっぱ どう考えても原発の取り扱いは治外法権に間違いないですよね。
すなわち軍需産業だってこと。決定。

https://twitter.com/#!/ryu3go3/status/169010107642953728

今は 必死にババ抜きが行われているのに 
其のジョーカーを握ったまま 強いカードを持っているとか思いこんでいる奴は もう救い難い馬鹿である。
其のジョーカーがヤバい と思っていても、
そういうカードを切り捨てられないような処世術しか持ち合わせていない奴も かなり救い難い。

家畜や塵芥なレベルな連中は
何がジョーカーなのかすら分かっていない この期に及んで分からない。
なので やっぱり救い難い。

実際問題として 配られているカードの殆どは事実上のジョーカーでしか無い んだけど
その中で 見た目のジョーカーだけが悪い としては
手札の全部を家畜や塵芥へ押しつけては逃げ切ろうとしている連中が居る。

何がジョーカーなのかすら この期に及んで分からないままに
押し付けられたのが「事実上のジョーカー」でも 安く手札が増えては歓ぶ、そんな家畜や塵芥は
最後にジョーカーが始末される「正義が回復された」な道化を見せられては大喜びをするだろうなぁ、
やっぱり救い難い。

配られているカードの殆どは事実上のジョーカーでしか無い そういうババ抜きが繰り広げられている、
とか考えながら フクシマの惨劇を眺める→連中のババ抜きを眺める のも一興かもしれない。




http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11164312996.html
円高介入で公金がドブに。昨年10月の円高介入10兆円規模
10兆円あれば震災復興費用に回すことが出来た。
こうして日本は欧米諸国のカモにされて、
死ぬ気で働いて収めた日本人の血税がドブに捨てられている。

https://twitter.com/#!/ishi2011t/status/169048642211155968


東電会見のあと、東電サイドと初の話し合い、その後、ニコニコ側とこれまた初の話し合い、今、事務所に戻る。話し合いの焦点は、ネットのみ代表カメラ一台、という規定。動画撮影を伴うメディア(テレビ、海外メディア)は、カメラのみでなく、音声も一名認められている。

https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/169061995281252352




https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/169134110034501632
株主や経営者はどうしているのだろう。
RT @komatsunotsuma: モンサントは従業員にはGM食品を食べさせない | カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1108.html


同じグローバリストのサルコジ大統領でさえ、
モンサントのGMOトウモロコシに反対の意を表わしているのです。

モンサントはフランス市場に遺伝子組み換え種子を導入することを諦めました。
http://enzai.9-11.jp/?p=8072

いっときは、「遺伝子組み換えを受け入れない国に対しては、貿易戦争を仕掛ける」と
ヤクザまがいの恫喝を仕掛けていたモンサントですが、
http://seetell.jp/24471

あまりの反対に、とうとう観念したのか、いまや東電と肩を並べる世界最悪の企業は、
「ヨーロッパに遺伝子組み換え農作物を導入する」ことを断念したです。
http://seetell.jp/25317

それも、そのはず、
モンサントの工場の社員食堂では、遅くとも1999年の時点で、
遺伝子組み換え食品の危険性を認知していて、
社員向けの食事には提供していなかったのです。

以下、グリーンピースの報告です。

モンサントの従業員は遺伝子組み換え食品を食べない
Monsanto Employees Don’t Even Eat GMOs
greenpeace 2012年2月10日

遺伝子組み換え食品で暴利をむさぼっているグループのひとつ、モンサント社が、
社内の売店や社員食堂では遺伝子組み換え食品の使用を禁止しているという話が巷を駆け巡っています。

モンサントは、飢餓から人々を救う、というポリシーで、
貧困国に遺伝子組み換え食品を絶えず押し付けているわけですが、
まさに その遺伝子組み換え食品を、モンサントの従業員には(食堂などで)出していない、
ということがFriends of the Earthによって、1999年、暴露されたのです。

このことは英国のインディペンデント紙の1999年の記事に ちゃんと書かれてあります。


http://www.independent.co.uk/environment/gm-food-banned-in-monsanto-canteen-737948.html
モンサントの社員食堂ではGM食品を提供することが禁止されている
GM food banned in Monsanto canteen


(イングランドの)バッキンガムシャー州ハイウィコムにあるモンサントの製薬工場内にある社員食堂を運営している会社は、従業員に提供する食事には遺伝子組み換え食品を一切使用していないと、Friends of the Earthは報告しています。
http://www.foejapan.org/en/

その社員食堂に張り出された告知によれば、グラナダ・グループが所有するサトクリフ・ケイタリングは、「私たちのレストランで提供するすべての食べ物に、遺伝子組み換えダイズと遺伝子組み換えトウモロコシを使わないことを決定しました」というのです。

「消費者である従業員のみなさまに、私たちが提供する食べ物が確かなものであると実感していただくために、上記のような手順を踏むことにしました」と従業員たちに告知したのです。

モンサントは、自分たちの立場を確認しました。

「はい、そのとおりです。私たちは選択を信じています」とモンサントの広報担当、トニー・クーンビーは言います。

「モンサントの農業生産工場の従業員たちは、遺伝子組み換え生産物を食べることができて幸せだと感じています。
……レストランの告知では、(遺伝子組み換えダイズと、遺伝組み換えトウモロコシ以外の)いくつかの製品には遺伝子組み換え生産物が含まれているかもしれません。
……なぜなら、従業員たちは、噴霧される農薬などの化学薬品の量が少ない食べ物を食べることができて幸せであると感じているからです」
とトニー・クーンビーは言います。

モンサントは自社の農薬については寛容なため、工作を加えられた作物には、少ない農薬でこと足りると言っています。

しかし、批評家たちは、確かにモンサントの農薬を使えば、使用する量自体は少なくなるかもしれないが、その農薬が環境に与える影響は計り知れないほど大きいものであると言っています。

Friends of the Earthの食の運動家、エイドリアン・べブは、
「大衆は、遺伝子組み換え成分に対する懸念を、はっきりと表明しました。
今、モンサント自身の仕出しを提供している会社でさえ、この新技術に対して確信を持っていないようです」
と語った。

モンサントは遺伝子組み換え食品は無害である、と、ことあるごとに主張していますが、
それはまったく証明されていません。

仮に、もし遺伝子組み換え食品が無害であるなら、
なぜモンサントの社員食堂が、
外部の「サトクリフ・ケイタリング」の仕出しによって賄われているのでしょう?

なぜ、モンサントの社員食堂で出される食べ物から、
遺伝子組み換えダイズとトウモロコシは除外する、
という決定を通知したのでしょう?

…………

モンサントが、「社員食堂で遺伝子組み換え食品を使用しない」という決定を下したことによって、
自分のところの従業員たちには、遺伝子組み換え食品を食べるか、食べないか
という「選択」の機会を与えていないことが はっきりと確認されたことになるのです。

これは事実上、
モンサントの従業員には遺伝子組み換え食品を食べさせない、
ということを確約したことになります。

その一方で、モンサントは「我々は選択を信じる」と言っているのです。


(管理人:
 モンサントの言う「選択」とは、
 遺伝子組み換え食品を食べるも食べないも、消費者の自由ですよ、
 と表面上は、「食の選択肢」が広がったように言っていますが、
 その実、暴力的な拡販活動によって大地を再生不能なまでに汚染し、
 農家を自殺に追いやっているのです)

しかし、モンサントの言う「選択」は、世界中の農家には適用されないのです。
たいていの場合、農家は、モンサントが種子の市場を支配してしまっているので、
遺伝子組み換え作物を植える以外に道は残されていないのです。

ひとたびモンサントの種子が地面に植えられれば、そこから悪循環が始まるのです。

農家は、もはや選択の機会を持ってはいません。
そして、ひとたび遺伝子組み換え種子が環境中にばら撒かれれば、
コントロールすること不可能になります。

個々の種子が風に乗って飛ばされ、雨水によって押し流されたりして、
農家が遺伝子組み換え種子を植えるつもりのない土壌にまで根を張ってしまうかもしれないのです。

マンハッタンの法廷で行われた最近の抗議では、
アメリカの農家は汚染によって、農地から遺伝子組み換え種子を取り除くことは、
もはや不可能だろうと言われました。

モンサントが、従業員に遺伝子組み換え食品を食べさせないようにして、
実際のところ、従業員から「選択」という権利を奪っています。

それなら、どうして私たちには、その同じ権利を与えられないのでしょうか?


(管理人:
 モンサントは、結局、
 「遺伝子組み換え食品を食べたい」という従業員の「選択の自由」を奪っていることになります。
 レストランでは食べさせないのですから。

 一方で、一般の消費者の「遺伝子組み換え食品を食べたくない」という意思を無視するかのように
 スーパーマーケットには、モンサントの遺伝子組み換え食品を並べて、
 遺伝子組み換えではない食品を食べることを困難にしていることは、「選択の自由」を奪っている、
 と言っているのです。
 モンサントの言っていることは矛盾しているのです)

農家が故意に遺伝子組み換え作物を栽培していないとしても、
朝食用のシリアルやチキン・ナゲットのような、
子供に供されているアメリカの加工食品の90%以上が、
遺伝子組み換えによって汚染されてしまっています。

伝えられるところによると、
あるモンサントの営業所の従業員は、作物に噴霧する殺虫剤の量が少ないほうを望ましい
と考えているので、遺伝子組み換え食物を喜んで食べていると言います。

しかし、遺伝子組み換え作物の使用量が増えるにつれ、
より広範囲に集中的に殺虫剤が使われるケースが増えていき、
このことが環境や、非ホジキンリンパ腫や先天的欠損症のように
人間への健康に、はるかに大きなリスクをもたらしているのではないか
という疑いがあります。

モンサントが農家へ行っているセールストークは、
雑草の管理にかかる費用を単純化、節約することによって、労働を減らし、貯蓄を増やすことを約束する、
というものです。
彼らは今でも、そのようなセールストークを使っています。

実際は、遺伝子組み換え作物が、
健康問題や、生物多様性と環境に関する問題、雑草が抵抗力をつけたこと、
などの問題を誘引していることから、
現実は異なっていることが分かったわけです。

遺伝子工学を発展させ、食物を企業がコントロールし、殺虫剤と除草剤がいくら信頼性があろうとも、
そこには解決策はないのです。

そうすると何があるでしょう?
エコ農業です。

それは安全で実現可能なことです。
それは今起こっています。
未来の農業のために支援してください。


で こういう話になる


そういうモンサントでさえ「選択の自由」を言っているのに、
日本の政府は、「食べて応援しよう!」と言い続ける。
世界から見ると、これは完全に異常な話なのです



ヨーロッパは、モンサントを撃退したようです。
ただ、グローバル企業というのは、とても執念深いのです。

モンサントが
「遺伝子組み換えを受け入れない国に対しては、貿易戦争を仕掛ける」とヨーロッパの国々を恫喝したように、
国際問題に発展しかねないようなことを平気で言える背景には、
アメリカの議会にモンサントの元幹部や、息のかかった議員が潜入していて、
モンサントに有利な法案を書いてきたからです。

アメリカ議会は、そういう意味で、グローバル企業(国境なき多国籍企業)に
もう半分以上は、乗っ取られているといっていいでしょう。
(日本も、そうなっています)




together & die together?
いっしょに食べて、いっしょに死のう?



TOKIOというグループは、ダッシュ村で有機農業をやっていた連中。
この中の山口達也は白い防護服を着て除染をやっていたタレント。

このCMを見て、放射能に無知な母親に育てられた子供が、
放射能に汚染された食べ物を進んで食べるようになってしまったら、
彼らに殺人罪を適用できる法律を探すでしょう。

タレントへの淫行で何度も法廷に立たされているジャニー喜田川のジャニーズ事務所からは、
3.11震災直後からスマップがACジャパンのCMに出演で、あれほど不評にもかかわらず、
まったく懲りないヘンタイです。

あのCMは、私たちの税金を使って流されているのです。


放射能は、モンサントの遺伝子組み換え食品と同じです。
今はわからないけれど、時間の経過と共に必ず異常が出てくるものです。

日本の政府は、地元の住民でさえも、
その必要性に疑問符を投げかけている除染作業を利権化することに必死で、
福島の子供たちを避難させず、福島の農業を救うなどといって、
さらに除染の必要性を国民に強く印象付けようとしているのです。

すべて、官僚の利権になります。

だから、日本の官僚は、世界中から批難されても、こんな破廉恥なCMでさえ一生懸命流すのです。


細野豪志は、福島の子供たちの命を犠牲にして、
いまや官僚とIAEA、原発メーカーのためだけに働いています。
この男は詐欺師です。
二度と、国政の場に立たせないようにしなければなりません。
社会経験のない世間知らずのボーヤではダメだ ということです。

モンサントを撃退したヨーロッパの小国の気概が日本の政治家、官僚にあるでしょうか?
まったくありません。ゼロです。

それどころか、モンサントと長期契約を結んで、
広く南米などへもモンサントの危険な農薬を販売しようと画策している住友化学の会長、米倉弘昌は
真っ青でしょう。

さらに米倉弘昌は、経団連会長として、
原発の早期再稼動を野田政権に「おねだり」している老醜です。

これを応援しているのが野田政権です。
野田佳彦が首相でいる限り、「モンサントは日本にウェルカム」とやって、TPPを推進するでしょう。

彼は完全に精神異常です。
でなければ、前代未聞のバカです。


野田政権の連中は、本当に放射能で脳がやられたのです。
一刻も早く幽閉する必要があります。
でなれば、この国を本当に破壊してしまうでしょう。

私は、冗談で書いているのではありません。


で だから橋下で良い みんな維新の党で良い とか言い出せる家畜や塵芥へ
投票用紙を渡したからと言っては 民主主義が成熟した なん歓ぶのが宗教左翼カルト

生粋の詐欺師そのものでしか無い宗教右翼カルトは もっと狡猾に
1.一番に下っ端の どうしようもなくドアホウな三下な連中をフクシマへ特攻させる
2.そいつらを餌にして 戦闘員レベルなチンピラに反原発を言わせる
3.そんな事も読み切れない家畜や塵芥を混乱させて 最後に橋下という餌で一網打尽に食い殺す
という詐欺をしているだけなのに
自分だけは「オレ オレ オレだよオレ」な詐欺に引っ掛かるはずがないとか思いこんでいる連中ほど
馬鹿馬鹿しい位に この情報戦争の餌食と成り果てている。

馬鹿に付ける薬は無い。
俺は自分が馬鹿だと思うからこそ 付ける薬が無いならば「頑張るしかない」をしているだけだ。




https://twitter.com/#!/fkmild2011/status/167965606308622336
マスコミや政府の偽報道  消費税は、日本にしか存在しない悪税
http://journalism-blog.at.webry.info/201202/article_3.html
欧米       付加価値税 = Value Added Tax (VAT) 
              生活必需品以外、にかける税

日本 (旧)    物品税
             生活必需品以外、にかける税
 
日本 (現在)  消費税 = Consumption Tax
             生活必需品、 にかける税

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それを、日本政府やマスコミは
欧米のVATを消費税と翻訳している
日本国民をだましている、

海外のVATは、国民が生きていくうえで、必要なものからは、税金はかかっていない
Valueのあるものから税金をとっているだけである

消費税とは、首絞め税である。

水を飲ませてくれ。と死にかけている人にも、税金を払えと。
米をいっぱいだけ、食べさせてくれ、、と懇願する貧しい人にも、税金を払えと、
寒さで、凍え死にそうな人に、暖をとる水道光熱費からも、税金を払え。。
自宅を買うにも税金を払えと。

こんな悪税は、世界中、どこにも、ない。


それを、日本のマスコミや政府は、物品税と似た税金の、海外の付加価値税(VAT)のことを
消費税、と訳している、とんでもない、偽りで、国民をだましている

これほど、国民をだましている、偽りの誤訳はない

意図的な誤訳 であり、ごまかしているのである。

消費税なんて、悪税は、世界中、どこにも、存在しない、

基本的人権を無視している と思う。


「南半球の多くの地域では、
 新自由主義はしばしば「第二の植民地略奪」と呼ばれる。
 第一の略奪では土地から富が奪われ、第二の略奪では国から富が奪われた」

「ショックドクトリン」より。
日本も、第二の植民地略奪にさらされてすでに久しい。
公共領域の解体と民営化という名の公共財の叩き売り。

https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/169158675074785281




http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11163928265.html
新自由主義政策を推し進めれば進めるほど、落ちこぼれの貧乏人が増えます。格差拡
大政策だから当然だ。貧乏人は政府が救済しなきゃならないが、政府は税金集めて運
用されているので、原資に限りがある。そこで増税なんだが、新自由主義経済では金
持ち優遇なので、カネを持っている人からは取り立てられない。落ちこぼれ寸前の貧
乏人から増税して、ますます落ちこぼれを増やす。以下ループ。というのが現実で
す。史上空前の利益をあげた企業の法人税を減税して、消費税増税しようというんだ
から、日本も同じですね。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2012/02/post_1059.html


橋下氏が議論に強い理由の一つ 論理的でない突飛な発言にあり (NEWSポストセブ
ン)
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/232.html

_______________________

※公務員の給料を下げるというのはよいかもしれない。
しかしそれだけで橋下に白紙委任状を与えるのは危険だろうと言うこと。
是々非々で個別の政策を確認したい。
つーか「俺がガンダムだ」って言ってるだけの男の話へ耳を傾ける時間と労力が そもそもに無駄だと思う。
言い換えれば「俺がガンダムだ」って言ってるだけの男の話に耳を傾けた段階で 既に負け。
どうせ もう正体が判明したんだから
下士官層の側から罵倒するには もう少し方向性を変えないといけないかな とも思う。

俺なら こう言うかな。
「橋下が存在し続けるだけで 真っ当な日本語を話す人々の人口が激減し続ける」


https://twitter.com/tsutun/status/169338578097287168
日本では確かに戦時中も大勢の民や末端の兵が死んでも何とも思わない節があった。
同盟国のドイツは
ヒトラーの独裁下でも空襲に備えて連合軍の昼夜を問わぬ爆撃に晒されていても
日本よりも民間人の死者が少ない、
ましてや兵を犬死にさせるような特攻兵器なんて無い。

其れが宗教右翼カルトの聖戦思想だからなぁ

https://twitter.com/biwaud/status/169350710381641729
明治以降の考え方・やりかた自体に大きな問題があるのは当然ですが

https://twitter.com/tsutun/status/169354650871533568
生まれや階級の差もあったようですね、
華族や軍需産業の子息が兵隊にも行かずに国内の安全な地で安穏としてたそうですね

https://twitter.com/tsutun/status/169355572976693248
日露戦争の203高地攻略がまさにそうですね、突撃のみの無謀な作戦が屍の山を築きました

https://twitter.com/tsutun/status/169357683017777152
綺麗な水と豊潤な大地に澄んだ空さえあれば 民を育む事が出来ていた、
国が滅んでも 社会共同体は何があっても滅びない はずだった。
今は その真逆の方向へ進んでいる。

綺麗な水と豊潤な大地に澄んだ空に、すなわち豊かな自然よって 豊かな民を育む事が出来ていた
そんな社会共同体を滅ぼしてでも
宗教右翼カルトな一神教にして蛮族野蛮人のコッカを何が何でも滅ぼさせない。

その為に橋下が必要なのだ という話でしか無いからね。

宗教右翼カルトな一神教にして蛮族野蛮人 という集団が
今後とも美味しく生きていく為に 橋下 というピエロが必要、
という話でしか無いからね。

詐欺師の集団にとって 自分達に都合の良い道化師ほど便利な道具は無い からね。
そんなピエロの戯言なんかは 真に受けるだけ時間と労力の無駄でしか無い。



https://twitter.com/cosmonut1997/status/169366137816088577
人口削減計画はネット上でも色々と噂されてましたからね
ニホンジンという 宗教右翼カルトの信者は国民として認める 出身の地域すら問わない。
宗教右翼カルトへ強く帰依するような より狂信的な信者は厚く優遇される。

多神教の信者であるが故に 宗教右翼カルトへの帰依には其処までの興味を示さないような者達は
ニホンジンよりも下の待遇しか与えられない、まさに人間以下 家畜奴隷 という訳だ。

その異端にして異教徒でしかない家畜奴隷が蜂起しつつある、
神に選ばれし者達 皇国の名の下に生きる者達 にしてみれば言語道断な話でしか無い、となる訳だ。
なればこそ 家畜奴隷は十把一絡げにして大量虐殺と民族浄化させ カンミンゾクという奴隷を輸入すれば良い。
というキチガイ沙汰すら正義とか叫びだしては 其れが「ウツクシイ ニホン」になる なんて話となる訳だ。



社会共同体 ≠ 国家
被支配者層の民族 大和民族系日本人の共同体 ≠ 支配者層の民族 ニホンジンの国家
多神教にして文明人の共同体 ≠ 一神教にして蛮族野蛮人の国家

そして
一神教にして蛮族野蛮人な宗主国 英米帝とユダヤシオニストイスラエル


江戸幕府政権から権力を簒奪した明治政権官僚機構とは 如何なる思想的背景を持っているのか?
大東亜戦争後の 此の極東の一諸島の支配統治体制は 如何なる思想的背景で成り立っているのか?

分かってしまえば そんなに難しい話でも無いんだけど、
橋下の如き道化師の詐術にすら勝てないような者達にとっては
「新自由主義」と「降り注ぐ放射能」の差異も 理解できないままに等しく神の教えと思えるのでしょう。
俺からすれば
「新自由主義」も「降り注ぐ放射能」も 大量虐殺と民族浄化の為の攻撃としか映らないんだけどね。




http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/37970564.html
バーナンキが現代の世界の首脳と称する連中を代表するように、
住宅部門の回復だの不動産市場の回復だのだの叫んではいるが、
そこに住まう人が安穏と落ち着き暮らすことが出来るならば、
古かろうが狭かろうが汚かろうが、価値さえ無くとも何も問題ない話であり、
その価値を上げないと困ってしまう連中が居るのならば そもそも困ってしまえば良いだけの話なんだが?

 不動産屋の俺だが、なんかおかしなことを言っているのかな?

住宅・不動産の価値は、その住まう人それぞれであって良いわけだし、
なにも勝手に需要と供給だのと嘯いて、価額を弄って遊ばれるゆえんもない。



年金福祉に減税優遇措置?
そんなもな〜 ゼニカネの話であって、
国民が もっと違った価値観で生きるようになれば
余計な金などなくても良い、貧しくとも幸せは沢山ある。

いや貧しいという価値そのものがゼニカネだけで生きる連中のことを指すようになれば、
そういった強い態度で生きるようになれば、
いまのユーロ圏の財政難の国々の民のように、開き直って強くなるんだろう。

経済? 金融? 世の中が回転しなくなれば皆が困る?
本当に困るのは誰だ?
首脳と称するマガイモノたちは最後は困り果てる。

ゼニカネで価値観を語ること以外の 豊かな心の深さを含めた話が出来ない程度に人間が小さい
そんな者達は、絶望し厭世感に苛まれ、自害でもしてしまえば良いがな?

了見の狭い、視野の行き詰まった変態エリートもどき達の価値観は 既に考古学の域に達している。
そして
橋下の あの程度の詐術すら見分けられないままに
国粋主義的民族主義を口にしながら自分の頭が悪いはずは無いとかいう風に政治を語り出す者達ほど

処女や童貞の頭デッカチばかりが
役人・政治家・ニュースキャスターやら新聞記者になってしまうと、
ちょっと尻を撫でたりするくらいでセクハラだのどうのと大騒ぎ。
なにも知らない小学生に警察手帳を持たすようなもんで、
そりゃ〜おかしな世の中にもなってしまうがな。

処女や童貞からチョット位に出る程度の頭デッカチな懐の浅さしか無い連中が
個人とされるニュースサイト群やニュー速系2chコピペサイトをした所で
ちょっと尻を撫でたりするくらいでセクハラだのどうのと大騒ぎ。
んな話の中身を 俺から言わせてもらえば そんなのは
 なにも知らない小学生に警察手帳を持たすようなもん
でしかないから、そりゃ〜おかしな世の中にもなってしまうがな と言うしかなくなる。


189 名無しさん@毎日が日曜日 New! 2012/02/11(土) 21:23:22.12 ID:Bdko5wro
俺しょっちゅう思うだけど
あくまでバイトなのにさあ 正社員の並みの労働を求めてくるとかおかしくね?
と いつも思うだけどおかしいだろ。


190 名無しさん@毎日が日曜日 sage New! 2012/02/11(土) 22:12:57.66
ID:vQhexxAU
社畜
「お客様から見たら正社員もバイトも関係ないだろ。
 給料貰ってんだからプロ意識持って働けよ」


191 名無しさん@毎日が日曜日 sage New! 2012/02/11(土) 23:13:06.21
ID:EkI92IrV
>>189
経営者は「働かせてやってる」「金を恵んでやってる」だから
あえて先に階段を降りた俺はね
自分の生き方は後悔ばっかりだけど 納得もしているよ。
目の前の戦場を 自分なりに頑張って戦っていくしかない、それだけだよね。


1 やるっきゃ騎士φ ★ New! 2012/02/13(月) 07:49:16.37 ID:???
歯に衣着せぬ言動で知られるサントリーホールディングス(HD)の佐治信忠社長。
2月8日の決算発表の席上、政財界に苦言を呈し、“本音の論客”としての存在感を見せつけた。

大阪市内で行われた平成23年12月期連結決算の発表会見で、
佐治社長は経常利益率(売上高に占める経常利益の割合)が
目標の10%に到達できていないことに言及。
「経営者は物価を上げなければならないと唱えながら、懸命に安売り競争をしている。
 結局は経済が良くならないので、消費者のためにならない。
 もう少し利益を出し、税金を納めて社会に還元する経営姿勢に転じていくべきだ」
と持論を展開した。

その上で
「『自由競争で勝ったらいい』という時代は終わった。
 経営者は、国のため、世界の人々のために
 どうしたらいいかを考えなければならない」
と強い口調で訴えた。

日本の日銀に相当する米連邦準備制度理事会(FRB)が2%のインフレ目標を導入したが、
「国内でも必要。1%台では足りず2%は最低の数字」
と金融政策に注文をつけた。

消費増税の論議については
「将来的には15%ぐらいにしなければ社会保障は成り立たないが、景気が悪いときの増税は問題」
と厳しく批判。
代替案として、相続税を一定期間、ゼロにすることで
「若者にお金を使ってもらう施策が必要。
 官僚には『損して得を取る』という発想がない。
 これまで税金を上げれば、そのまま税収が増えるという考え方で失敗してきた」
と期限を区切った減税による市場活性化を唱えた。

また、佐治社長は
企業向け電気料金を4月から平均17%値上げする方針を打ち出した東京電力にも苦言を呈す。
「東電にも事情はあると思うが、
 あれだけの事故を起こして、当たり前の顔をして値上げしますというのは遺憾。
 自らのコスト削減努力など、説明責任が欠如している」
と厳しい表情をみせた。

大阪市の橋下徹市長については
「直接会ったことはないが、積極的で行動力があるのは政治家として頼もしい。
 変えるべきものはどんどん思い切って変革してほしい」と評価。
その一方で
「すべては不易流行。歴史や伝統、文化など不易の部分は大事にしてもらいたい」
と述べ、橋下改革の波に翻弄される大阪フィルハーモニー交響楽団や文楽協会などを擁護した。

22 名刺は切らしておりまして New! 2012/02/13(月) 08:10:35.97 ID:8yXEs4jk
相続税減税は金持ちにしか恩恵ない上、将来の相続税を減らす先食いでしかない
口当たりのいいこと言ってるが所詮自己保身。

29 名刺は切らしておりまして sage New! 2012/02/13(月) 08:25:24.25 ID:5SpS6cUk
消費税上げてもいいから、寿不動産を息子に相続税なしで相続させろってか?

34 名刺は切らしておりまして New! 2012/02/13(月) 08:35:40.80 ID:zrK8/Gdy
大企業は連結財務を駆使し赤字部門子会社を引き入れて実質法人課税免れている
作為をやめて法人税をしっかり払って国に貢献すればよい。
御託並べる前にやれ。
馬脚を晒しまくるだけの大馬鹿野郎が よく公衆の面前にツラを出せるよね。
自分は馬鹿です、と叫ぶ蛮勇を評価しろという事なのかな?w
残念ながら この社会共同体の一般民衆に根付く伝統は 慎み深さ なんでね。
国家とか言う前に
自分のトコの足下から見直すべく コンビニのバイトを数年にしてから話をし直さないと
更に馬鹿を晒すだけになるだろうけど、
まぁ 単なる宗教右翼カルトの狂信的な信者に人間の言葉が通じるはずも無いか。



http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11164053788.html
天木
 「普天間基地固定化は許さない」事を掲げて闘った仲井真知事・佐喜真市長連合の卑怯さ。
 もともと県内移転を容認していた二人が 選挙の時だけは 断固反対 と言って戦う。
 これでは選挙にならない。

https://twitter.com/#!/ngc3333/status/169003560103714816
マスコミ新聞テレビ大手メディア や ネットの情報 の表層を見た程度で
世の中を知った気になっている連中は 今日も幸せそうでしたね。

そういう詐術が繰り返された150年間からの転換を図ろうとしての内戦なのだから
一朝一夕で どうにかなるはずも無い。
この情報戦争を如何に戦っていくか?という観点をしていかないとね。


宮台慎司@デイキャッチ
「原発都民投票、通るかどうかは二の次。
 こういう過程を経験することで民主主義へのトレーニングになる、
 つまり民度が上がるの事が大切。
 議会にとっても住民の監視を意識せざるを得なくなり緊張関係が成立する。」
これぞお任せする政治から参加する(引き受ける)政治へ。

https://twitter.com/#!/sfjoe/status/167956060039163905
キレイ事ばっかり言ってますなぁw

間違っては無いけど 極めて不正確な話でしか無い。
家畜が投票用紙を持ったからと言って人間に変身できるとでも?
塵芥が投票用紙を与えられたからといって人間へ変身できるとでも?
現状からすれば、其の程度では 民度が上がる と口にしてしまう段階ですら無い。
沖縄の選挙 野田の政治 が衆愚を証明してきているけど、そういう事は無視ですか?

また
家畜や塵芥が「住民による監査」をした所で 解決の道が本当に進むと思う?
という事も 沖縄の選挙 野田の政治 という衆愚が証明してきているよね。

そういう段階ですら無い現状を踏まえて なおキレイ事だけを口にする事など 俺にはできない。
宗教左翼カルトの教条は その先の段階を語ろうとしない それ以前の話を語ろうとしない。

宮台は自分の懐へ入るカネという目的の為に都合の良い言葉として 綺麗事を弁説するだけ であり
其の程度の話にすら負ける者達は ほぼ間違いなく宗教右翼カルトにも結局は勝てない。
掌の上で踊らされているだけだった20世紀のイデオロギーの残滓でしか無い自分達を
未だ認められないんだろうね。

まだ人間ですら無い者達を 其れでも人間へ導く道を切り開く、に必要なのは 投票用紙 では無い。

投票用紙の意味を満足に理解できないままに 其の権利を行使させてしまう事は
むしろ益よりも害の方が大きい。
家畜や塵芥のままでしかないのに もう人間になれた と思いこんでしまうことの弊害の方が極めて大きい。
幼稚園児に選挙権を与えるようなモノでしか無い。

だから、そういう連中ほど 橋下の道化 に勝てないままなのに なお
 投票用紙を使う自分は 成長した人間だ
とか根拠も無く信じ込むだけの話となる。
それが衆愚が始まりでしか無い事へなんかは 微塵にも理解するまでも無く ね。


一足飛びに 家畜や塵芥が人間へなれるはずも無い。
こういう事を一つ一つ教え込んでいく
まさに調教に等しいような「啓蒙」を積み重ねていく事でしか
政治の技術としての民主主義 の成熟は果たせない。

政治に魔法は無い、政治に近道は無い。
近道と思われる手法の その殆どは「見たいと思う現実しか見ていない」だけの話でしか無い。

俺は 150年を掛けて積みあげていくしかない と考えている。
「原発都民投票は民度を上げる道具となりきれない可能性も有る、
 むしろ衆愚を深める道が更に切り開かれてしまう危険性すら有る。」
という可能性をも口にする事だけが“政治の技術としての民主主義 を成熟させる道の一歩”であり
単純に 民度を上げる とか言い出してしまうは、其の弊害の方が大きい。

その責任を 宮台は如何に取るつもりだろうね、是非に お聞きしたいモノだ。




https://twitter.com/#!/ytsuji2001/status/168937380848480257
日本最大の日雇い労働者が暮らす街、釜ヶ崎(大阪市西成区萩之茶屋)の西成労働福祉センター
そこから紹介された「宮城県女川町 10トンダンプカー運転手 日当1万2千円 30日間」の求人
に応じた労働者2名が、連れて行かれた先は福島県の東電福島第一原発。

2011/05/14 だまして大阪・釜ヶ崎から福島原発へ労働者送り込む
http://phototech.asablo.jp/blog/2011/05/14/5861889


地獄へ落ちろ
@cmk2wl:
「首都圏はもう平時に戻っている」と言っているが江戸川区の線量は明らかに高い
という追及に(中川恵一)「確かに高めだが安全だ」。
「文科省が1ミリシーベルト基準を20mSvに引き上げたのには賛成か反対か」
という質問には答えず、打ち切って逃げました。”

https://twitter.com/#!/mama_pino/status/168969804747767808


03. 2012年2月14日 11:57:20 : 3n5DSZKqVs
まあ、なぜか普段居ない米空母が3/11に日本で待機してたらしいからね。
アメリカ市民を助けるために居たといわれている。
まあ、この投稿も頭の隅に残してアメリカを疑ってもいいんじゃないだろうか?

http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/156.html

>冷温停止状態は維持されている
ばーーーーーーーーーーーーかっ

http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-2848.html



http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11165335168.html
せっかくローカルパーティーとして「大阪維新の会」が誕生したんだから、
まずはじっくり大阪都を完成させて、政治というもののをOJTで体験してから、国政に打って出る
というのならまだわかる。
いきなり国政目指すなんて。アホちゃうか。志士たちもお祭りムードで使い捨てにされてしまうのね。

https://twitter.com/#!/bilderberg54/status/169408842969518080 アルルの男・ヒロシ
あれ?w この人は橋下を助けたいの?wwww 不思議だねぇ?wwwwwwwwwwwww

これを読むか読まないか,信じるか信じないか,考えるか考えないかで,日本人の進む道は大きく変わるし,日本の未来も大きく変わる,それくらい重要なメッセージだ. 堕国論 V|週刊・上杉隆|ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/154…

https://twitter.com/#!/molokyu/status/169404830094340097
あららw 97%の事実 2%の事実と嘘デマ扇動の混在 1%の完全なる嘘デマ扇動
という手法を使う 上杉隆が高度な情報戦をも使いこなすスパイ だと疑わないは
随分とオメデタイなぁ とは思うけどね。


誠天調書 2011年12月25日: 堕ちよ と言うくらいなら、まぁ此処で其れなりに頑張るよ って俺は言うかな。
http://mkt5126.seesaa.net/article/242210117.html









新聞社にとって裏金づくりは簡単。
たとえば販売局のM局長が昵懇の販売店に裁量で多額の補助金を支給する。
その金をバックしてもらって、ポケットへ。

https://twitter.com/#!/kuroyabu/status/169417619970072576


千葉産のイワシを
わざわざ輸送費かけて山口で売ってるってことは、よっぽど仕入れ値が安いってこと。
「食べて応援」がボロ儲けのためだけ だってことを認識すべきだ。

https://twitter.com/#!/arumatik2180/status/169419740874412032


ニュースで復興宝くじの話題。
当選金と経費を引いた残りが被災地に という。
経費が天下りの高給、バカ高い事務所代となっていたのは記憶に新しい。
法的なことは別に、こんな時くらい経費は印刷代、現場人件費など最小限にとどめ、
銀行も利益を取らず、天下りも給料返上して被災地に送ろうと思わんのかな?

https://twitter.com/#!/maido_osaka/status/169416225384964099



https://twitter.com/#!/TriggerJones42/status/169444744156557312
検事が証拠を隠すのも、もとをたどれば公判に自信がないからだと思う。
全部カードを見せて、文句が出たら「よっしゃ、ぢゃ、証人尋問で勝負だ!」でいいんだよ。
証人尋問ってむちゃくちゃ怖いけど、そこが醍醐味。
いや、僕が優れた公判検事だった とは決して言わないけどね。

元検事の市川寛と申します。
検察問題以外の雑多なツイートもしておりますので、ご容赦のほどをお願い申し上げます。
http://twilog.org/TriggerJones42


https://twitter.com/TriggerJones42/status/169630124331909120
検事時代の話ばかりで情けなくもあるが、今でも尊敬する弁護人はたくさんいる。
僕は、反対尋問の技術は全て弁護人から教えてもらったと思っている。
自分の証人がぼろぼろにされ、しかも異議も出せない場面を目の当たりにしては
「いや〜、素晴らしい」
とほれぼれしたものだ。
駄目じゃんw
で、僕も盗ませてもらった。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169630694136487936
妙な表現だが、法廷で争点がばっちり合致した公判というのもやる気が出た。
相撲の立ち会いのように、検事と弁護人が頭を「ガツッ」とぶつかるような公判。
予想した争点を争ってもらえるというのは、自己弁護かもしれないけど、
こっちもちゃんと弱点を出したからだと思って気持ちが良かった。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169631133909266432
「争点」というのは事実に限らない。自白事件にも絶対に争点がある。
そういうところも「ガツッ」とぶつかると、ちょっと綺麗事かもしれないけど、
きっと被告人のこれからの人生に何かしらプラスになるのではないかと思って公判をやっていた。
「あとは裁判官、よろしくお願いします」
みたいな気分。
そういう裁判なら良いんだけどね

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169631792142368768
争点が「ガツッ」とぶつかった公判だと、心なしか裁判官も燃えてくれた気がする。
おそらく わかりやすいからだと思う。
そんな公判では裁判官も こちらが「そりゃそうだ」と思う介入尋問、補充尋問をしてくれる。
適正な判決が出てくれれば それでいいんだ。
例え検事の「負け」でも。
いや、これホント。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169632533938577408
「適正な判決が出ればいい」と思えるようになるまで7〜8年はかかった。
それまでは、
自分が未熟だったこともあって、「負けたらどうしよう」という ねじ曲がった根性に支配されていた。
刑事裁判、とくに検事に勝ち負けなんかない。
適正な判決を出してもらうのが検事の職責だと思う。
理想論ですけどね。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169637506504081409
よく思い出したら、適正な判決ならいいと思えるようになったのは10年以上検事やってからでした。
訂正します。すみません。
駄目じゃんww  でも こう言う人なら俺も いい と思う。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/169635110478557184
綺麗事ばかりだからちゃんと白状しておくが、
自分は「適正な判決なんだからいいぢゃねぇか」と思っていても、
上司が「どうして負けたんだ」という意味合いの難癖をつけてくるから
検事ってのは面倒くせぇ仕事なんだ。
「適正」なのに、表面上は「負け」だといかんのですよ。

 ↓

https://twitter.com/crusing21/status/169673386967044096
あまり期待できそうにない。
RT @googlenews_pol: 検察改革、部下が上司の資質評価 - 岩手日報
http://bit.ly/zm68HY 2012-02-15 14:21:38

https://twitter.com/keisukekudou/status/169690488306270208
でもエリートコースの人は出世するよね。
いずれ形骸化というか形になるとしても内実は無い のではないか?

不必要、理不尽な指示は…上司の資質 部下が評価 検察人事に新制度 ― スポニチ Sponichi Annex 社会 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/15/kiji/K20120215002638090.html

https://twitter.com/keisukekudou/status/169690488306270208
上司の資質 部下が評価 検察人事に新制度 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/15/kiji/K20120215002638090.html
村木さんをやれと言ったのは検事長ではなかったか。
高検以上は無傷でいいのかい。
組織マネジメントの本質は官庁も民間も同じ。
企業コンサルタントの助言でも仰いだらどうなんだ?
っていうか こんな話はさ
 コンビニのバイト や 土建の現場の仕事 で生きていく
というのを数年にでもやれば見えてくる話だと思うけどねw

どんだけ 甘ったれた生き方をしていたのかなぁ なんて思っちゃうけどね。
少なくとも
法律を学ぶだけの知性が有る者達ならばこそ
下層民の仕事の現場でこそ見えてくるモノも有る だろうにね。


https://twitter.com/TriggerJones42/status/170097553315086337
TLに被疑者ノートという言葉がちらほらあるが、僕は初回接見の際は必ず持って行く。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170100958527897600
初回接見の印象で、
被疑者ノートを入れる必要はないかなと思っても、
被疑者には
「ノートを持っているなら、
 取調でヘンなこと言われたら、その日のうちに、日付と中身を書いておいて」
とは頼んでいる。



https://twitter.com/TriggerJones42/status/170102576631648256
「世界」3月号の「見えてきた検察の犯罪行為」(江川紹子さん著)を読んだ。
特捜部経験がない僕でも「まぁ、そうだろうな」と見当がつく検事たちの行動、言動が多く、
リアリティがあった。
ただ、一つだけ理解できなかったのは
「特捜検事ってのは、なんでこうもめそめそ泣くんだ?」
ということ。

え? そんなに泣きが入ってるの?w

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170103202144985088
前田検事の改ざんの報告をする検事とか、それを聞いた副部長だかが、とにかく泣きまくる。
大坪・佐賀公判の傍聴ツイートを拝見していたときからずっと思っていたが、
彼らが流した涙の意味はなんなんだろう。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170103690009653249
僕の経験では、
後輩の新任検事が被害者調書をとっているときに思わずもらい泣きしたという話しか聞いたことがない。
僕はそれを聞いて「検事が被害者と一緒に泣いて何になる?」と意地の悪い思いを抱いたものだ。
僕自身は、どんなに痛ましい事件の被害者・ご遺族の話を聞いても もらい泣きしたことはない

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170103969614540803
もらい泣きするくらいなら、
どうやって裁判官に同じ思いを持ってもらうか、そのための知恵を巡らせるのが検事ってもんだ。
検事の涙なんぞはクソの役にも立たない。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170104338566496257
しかし、件の特捜検事どもは、被疑者や参考人を取り調べている最中に泣いたならまだしも、
改ざんがバレてすったもんだしている時に泣いてる。
はっきり言わせてもらうが、僕は特捜検事のメンタルはどこかおかしいんぢゃないかと思った。
泣くのはいいとしても、泣く場面が違うだろうと。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170104889773539328
最大限彼らに同情すれば、
日頃の業務で少しばかり頭がおかしくなってしまってるから、
こういう場面になると、ずっとずっと抑圧してきた何かが一気に噴き出して、
それが泣くということになるのかなと思った。
泣いてる検事の立場に自分を置き換えて読んだが、僕なら絶対に泣かない。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170108167324319744
改ざん事件後の大阪特捜部の検事たちは、
決裁官も含めて異常なまでに感情的な行動、言動が目立つ。
泣く、怒鳴りつける、怒鳴り合う。
これが検事の職場か?と首をかしげざるを得ない場面がたくさんあった。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170108594187014144
僕の経験では、まずい事態を報告するときは、
内心はおろおろしていても、表面的には落ち着き払って報告したものだ。
そうでないと報告にならない。
聞いた上司も瞬間湯沸かし器みたいに すぐに怒った人はいなかった。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170109197294379009
怒った上司もいたけど、正確に表現すれば怒ったのではなく「叱った」んだよね。
どっちにしてもこっちは嫌だったが、それだけの理由があるんだからしょうがない。
それでも大阪特捜部の連中のような集団ヒステリーまがいの場面は、
僕の検事時代には見たことも聞いたこともなかった。

https://twitter.com/TriggerJones42/status/170111284887568384
まぁ、前代未聞と言えば
それだけの「まずい事態」だから、百戦錬磨の特捜検事たちも狼狽したのかもしれないが、
それにしてもお粗末とは思った。
ヒラ検事はまだいい。
だが、副部長や部長が泣いたり怒鳴ったりしているようでは、高が知れてる部署だなと思った。

妬みぢゃないですよ。
妬む価値なんかない。

普通に「日本人」と思う人達からすれば あまりに異様な価値観で動く状況をして
俺は其れを もはや異民族と見なすしかない と言い続けてきた。
ニホンジンの感性を持つ者達の集団 にしてみれば 慎み深さという表現をすら詐術の道具に利用している
という風にしか見えない。

つまり
槍玉に挙げられている現場の検事の連中にしてみれば
・なんで自分達だけが こんな目に合わなければならないんだ
・上の連中こそが主犯だ と 其れでも言えない
・泣く事で自己保身を図る
としか俺には映らないんだけどね。

そういう連中の下衆な性根を読み解こうとしない限り その詐術に勝てないまま隷属され続ける。
この戦争は そういう部分を読み解く という意味の戦いでもあるんだよね。




2月17日 日本は重大な局面を迎える: 植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-cc96.html
「小沢氏に報告し了承を得た」との記述がある石川知裕衆議院議員の供述調書を証拠採用するかどうかが判断される。
 
 東京第五検察審査会が小沢氏を「虚偽記載」の共謀共同正犯の疑いで起訴したのは、この石川氏調書の任意性を認めたからである。「任意性」というのは、調書にある署名をした人物の意思に基づいて作成された調書であるのかどうかを指す言葉だ。
 
 ところが、昨年12月15日に開かれた公判で、この石川氏調書について東京地検が作成した捜査報告書に重大な虚偽記載があることが判明した。
 
 東京地検は小沢氏に対する検察審査会の審査要請に対応して、この調書に関して石川知裕氏に事情聴取を行った。その事情聴取に関して田代政弘検事は、捜査報告書に次のような記載を行った。
 
「私(石川知裕氏)が『小沢先生は一切関係ありません』と言い張ったら、検事から、『あなたは11万人以上の選挙民に指示されて国会議員になったんでしょ。小沢一郎の秘書という理由ではなく、石川知裕に期待して国政に送り出したはずです。それなのに、ヤクザの手下が親分を守るためにウソをつくのと同じようなことをしたら、選挙民を裏切ることになりますよ。』と言われたんですよね。これは結構効いたんですよ。堪えきれなくなって、小沢先生に報告し、了承も得ましたって話したんですよね。」
 
 東京第五検察審査会は、田代政弘検事作成のこの捜査報告書を受けて小沢氏に対する起訴相当議決を行ったとされている。つまり、捜査報告書は石川氏調書の任意性を強く裏付けるものになっている。
 
 このことから、石川氏による「小沢氏に報告し了承を得た」との供述の任意性が認定できると判断し、小沢氏の共謀共同正犯が成り立つと判断したとされているわけだ。
 
 これが昨年12月15日後半で全面的に覆された。
 
 田代政弘検事作成の捜査報告書に重大な「虚偽記載」があることが判明したのだ。判明した決め手になったのは石川氏が密かに収録した録音テープだった。検察による事情聴取に際して、石川氏はその内容を密かに録音した。佐藤優氏のアドバイスによる盗聴だった。
 
 この録音テープには、田代政弘検事作成の捜査報告書にあるようなやり取りは存在しなかった。つまり、田代検事はまったく事実無根の内容を捜査報告書に記載したのである。
 
 しかも、これが、検察審査会が起訴相当議決を行う決定的理由になったのであるから、田代検事の「虚偽記載」の罪状は極めて重い。



さらに、昨年12月16日の公判では、元大阪地検特捜部検事の前田恒彦氏の証言が行われた。前田氏は村木厚子厚労省局長に対する冤罪事件で、証拠のフロッピーディスクを改ざんした罪で実刑判決を受けて、現在服役中の人物である。
 
 この前田恒彦検事が多くの重大証言を行った。
 
 重大証言のポイントは以下の三点だ。
 
1.東京地検は小沢氏に対して「見込み捜査」を行っていた。東京地検は小沢氏が裏金を受領しているとの見込みに基いて巨大な強制捜査を繰り返し、その過程で、「これは検察と小沢氏の全面戦争だ」と発言していた。
 
2.実際の捜査では小沢氏が裏金を受領していないことを裏付ける多数の証拠が得られ、この証拠資料ファイルが作成された。
 
3.しかしながら、検察は、小沢氏の裏金疑惑はシロであることを示す証拠資料集を隠蔽し、検察審査会にも提出しなかった。
 
 つまり、検察が組織ぐるみで、小沢氏に対する検察審査会による起訴相当議決が示されるように誘導したとの疑いが濃厚になったのである。
 
 
 
 東京地検は1年以上にもわたる強制捜査の果てに、小沢氏に対して不起訴決定を示した。これを不服だとして再審査請求があり、東京第五検察審査会が審査を行ったとされている。
 
 東京地検は検察審査会に対して、なぜ小沢氏を不起訴にしたのかについて説明する責任を負う。したがって、地検は検察審査会に対して、小沢氏がシロであることを裏付ける証拠資料集を開示して、説明する必要がある。
 
 ところが、東京地検は検察審査会に対して、逆に、小沢氏がシロであることを裏付ける証拠資料集を隠蔽したのである。
 
 そして、それだけでなく、石川氏に対して行った事情聴取に関して、事実無根のでっちあげ「虚偽記載」満載の捜査報告書を提出したのである。



まさに、国の根幹を揺るがす検察巨大不祥事である。
 
 全国紙が連日1面トップで報じる必要がある重大事案である。
 
 ところが、メディアがこの最重大事実をまったく報道しない。
 
 したがって、一般国民は、この重大事実の詳細をほとんど認知していない。
 

【送料無料】日本の独立
販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する



 これだけの状況証拠がそろっているのであるから、東京地裁が石川氏調書を証拠採用することはまず考えられないが、重大な関心をもって2月17日後半を注視する必要がある。
 
 証拠採用請求が却下されれば、事実上、小沢氏の共謀共同正犯を裏付ける証拠は存在しなくなる。
 
 残るは、小沢氏が法廷で証言した証言内容の信ぴょう性について、裁判所がどのように判断するのかになるが、心象のみで有罪判決を示すことは、さすがに暗黒裁判所の誉れ高い東京地裁も躊躇せざるを得ないのではないか。
 
 この意味で、裁判はいよいよ重大な局面を迎えつつあるのだ。



「(小沢さんの検察審査会)何故?米沢さんが、一回目の審査補助員になったかはわからない?」「弁護士が誘導した可能性もある!」by・山下幸夫弁護士。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51996744.html



ムネオ日記 http://www.muneo.gr.jp/html/diary201202.html
2012年2月13日(月) 鈴 木 宗 男

13時から元開発局港湾部長の裁判。
今日が初めてだが次回3月28日、次が5月16日と日程も決まった。

検察のシナリオ・ストーリーにのせられ、誘導により偽証してしまった港湾部長に同情しながらも、
真実・真相を解明すべく、私は闘って行く。

最初から鈴木ありきの事件と言われている。
「官製談合」という言葉を巧みに駆使し、事件を作り上げて行った。

村木局長事件でも明らかなように、検察は外堀から攻めて、本丸に入っていく。
私に不利な供述をさせ調書を作る。
正しくない恣意的・意図的な調書を鵜呑みにして判決を下す。

裁判官が はたして本当に公平、公正か。
最近の多くの冤罪を見るとき、
権力に打ちひしがれ声を出せない人、発信できない人の為にも、
声なき声を代弁する上でも、私の役割は重いと考える。

日本一の最強コンビと言われる、弘中惇一郎・佐藤博史両弁護士に、全幅の信頼を寄せ、裁判を進めて行く。


100℃超える直前に温度計ぶっ壊して うやむや化したのは
住民の避難する口実潰しと原発再稼働のため。
https://twitter.com/#!/kenshimada/status/169091260617981954
まぁ 冷温停止な状態をしている とか言ってる連中の話は 馬鹿馬鹿しすぎるだけ なんだが
んじゃ 今は どういう状態なのか?
 臨界が常時に起こり続けている それでも為す術なし
と言うだけで 大体の説明にはなるよね。


https://twitter.com/kazu1961omi/status/169944312665223169 山口一臣
民主党は党エネルギーPTとやらで原発再稼動の容認を決めたそうだ。
「原発再稼動なしには今夏、電力不足に陥る可能性がある」というのだ。
イラン石油の削減も要因の一つという。
座長の大島章宏議員
「今冬は国民の協力と電力会社の頑張りでしのげそうだが、今夏は確証が持てない」
アホか?
https://twitter.com/tony_shikaku/status/169956378490839043
もうここまでくると民主党って日本の政党史に残るほど民意を裏切った政党だな。
ここまで権力に寄り添う様をみると、酷いを通り越して哀れだ。
墜ちるところまで墜ちるがいい。

宗教右翼カルトへ堕ちた連中が民主党を攻撃する場合
 と
あくまで政治の内実を見つめ直してから民主党を攻撃する場合
には 厳然たる違いが有るんだけど、
宗教右翼カルトへ堕ちた連中は その差が永遠に分からない。

ま 勿論に、
大会戦や戦後処理の時に 親分が如何に上手にまとめるか、へ異論を唱える気は欠片も無い
と先に言っておく。
誠天調書:2011年12月01日
 信じた奴が傷つくリスクを負う のは覚悟の上だろ。

 お前を認めた人間が
 お前に焼かれようが喰われようが
 俺が お前に文句を言う筋合いは何処にもねぇよ。

 俺は何時だって 俺の為にやってるんだ、
 文句あっか?
なればこそ 下士官は目の前の戦場の最前線では自分の戦い方をし続けていくのみ だ。
むしろ 親分が戦っている事を信頼すればこそ、
こっちも こっちで しっかりと地に足を付けて戦える訳だ。





https://twitter.com/youarescrewed/status/167599689317883904
2/23にモスクワで、20万人規模の親プーチンデモ計画。
http://themoscownews.com/local/20120209/189439446.html


http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11164948156.html
2012/02/14(火) ソロス逮捕劇? ちいさい話だ。

『ジョージ・ソロスの逮捕をプーチンが許可!』
以前、グルジアのシェワルナゼ前大統領は、ロシアのTV討論番組に出て、
「グルジアの政変がジョージ・ソロス氏によって仕組まれた!」
と名指しで非難したことがある。

プーチンも、ロシアの政変と国家分裂を狙う「反プーチン反乱デモ」の実態
(背後でソロスがカネを出していた)

ジョージ・ソロス逮捕命令! これは当然だ。(プーチンから見れば…)

http://grnba.com/iiyama/







posted by 誠 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。