https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年02月29日

世界中で頻発するテロ を起こしている連中が居る、そんな事が出来る連中は あまりに簡単に分かる。

誠天調書 2011年11月27日: stuxnetの特集 ドキュメンタリーWAVE「21世紀の戦争・サイバー攻撃の恐怖」- NHK BS1
http://mkt5126.seesaa.net/article/237130210.html

誠天調書 2011年11月29日: 島津論文
http://mkt5126.seesaa.net/article/237609107.html

誠天調書 2011年12月03日: Android Carrier IQ キーロガー、stuxnet と NSA と イスラエルとモサド と ググル と Android 、イスラエル モサド CIA マグナBSP SCADA PLC stuxnet。
http://mkt5126.seesaa.net/article/238336829.html



スロウ忍ブログ: 内部告発サイト(笑)「ウィキリークス」が米民間情報会社「ストラトフォー」の電子メール500万件を公開開始。既に公開された情報にはイランとイスラエルに関する情報。
http://surouninja.seesaa.net/article/254482412.html
既に公開されたメールには、
イランやイスラエルに関するもの等があるとのことだが、
此のタイミングでのリーク開始は余りにも怪しい。

イスラエル・シオニストの影がチラつくウィキリークスだが、
同サイトによる今回の動きは、
最近イランの核兵器開発の可能性を否定した米英帝勢力に対する報復である可能性が高そうである。

同サイトは今後、米英帝勢力に都合の悪い情報だけを抽出、公開する心算ではないかな(プ
逆の可能性も有ります。
そもそもアメリカの政府 そしてCIAそのもの自体が
 ヤンキー米国プロテスタントとユダヤイスラエルシオニスト の鬩ぎ合いの渦中に有る
と考えれば ウィキリークスも その渦中の中に有る存在 呉越同舟 玉石混交 と俺は思っている。

そして
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00001044-yom-int

ウィキリークス、「影のCIA」のメール公開

読売新聞 2月27日(月)22時21分配信
 【ロンドン=佐藤昌宏】内部告発サイト「ウィキリークス」は27日、米民間情報会社「ストラトフォー」の電子メール500万件以上の公開をインターネット上で開始したと発表した。

 同社は「影のCIA(米中央情報局)」とも呼ばれ、世界の安全情報の分析などを行っている。顧客には有名企業などが名を連ねている。既に公開されたメールにはイランやイスラエルに関するものなどがある。

 同社のメールを巡っては、国際ハッカー集団「アノニマス」が昨年、同社のサーバーに侵入し、電子メールを盗み出したことを明らかにしている。

最終更新:2月27日(月)22時21分
読売が不思議に排除した情報は コレで有る。
御連絡ありがとうございます。


 ↓

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3dpa2lsZWFrcy5vcmcvZ2lmaWxlcy9kb2NzLzE4NTk0NV9yZS1hbHBoYS1zMy1nMy1pc3JhZWwtaXJhbi1iYXJhay1oYWlscy1tdW5pdGlvbnMtYmxhc3QtaW4uaHRtbA==

 ↓

ヤフ翻訳
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3dpa2lsZWFrcy5vcmcvZ2lmaWxlcy9kb2NzLzE4NTk0NV9yZS1hbHBoYS1zMy1nMy1pc3JhZWwtaXJhbi1iYXJhay1oYWlscy1tdW5pdGlvbnMtYmxhc3QtaW4uaHRtbA==,qfor=0

Stratforのメールの中にstuxnetに関係する内容が含まれている。
バラクとは イスラエルのエフド・バラク副首相 兼 国防相 の事かもしれない。分かんないけど



2012年2月27日月曜日に ― WikiLeaksが、世界的な知性ファイルを発表して、切り出した ― テキサスからの500万通以上の電子メールは、「世界的な知性」会社Stratforの本部を置きました。 電子メールは、2004年7月と12月下旬の間で2011の年代を示します。 彼らは、諜報出版者として面しているが、秘密の情報部を米国国土安全保障省、米国海兵隊員と米国防御情報部を含む大きな会社(例えばボパールのダウ・ケミカル、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、レイセオンと政府機関)に提供する会社の内部の働きを明らかにします。 電子メールは、情報提供者、決定的構造、支払いを洗浄している技術と精神的な方法のStratforの網を示します。


Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、イランで軍用品爆発を歓迎します

Email-ID 185945
Date 2011-11-14 15:40:05
From bokhari@stratfor.com
To alpha@stratfor.com
List-Name alpha@stratfor.com

私は、それがOSを打つ時だけ、我々が何かを信じていなければならないと言っていません。
私の点は、前方へ一つのソース・レポートが原因で生じることです。 我々
完全にそれ、しかし、問題が確証である退去は、そうしてはいけません
関連した何か、OSで現れます。

午前9時30分に11/14/11の上で、フレッド・バートンは書きました:

一回の洞察を確保する情報部以外のはい
それから、それは、それを信じているために、悪名高いOS前例1によって補強されます
同じ源は両方ともに対して責任があります、あるいは、おそらく、煙があります
それは、火を示します? ない限り、我々はものを信じていない傾向があります
OS。 最高の情報が、日の光であることを決してでなく見ます。 私は、より慎重です
それがOSであるとき、 ... もしもちろんでなければ、我々はそれを植えました。

p.s. 我々がユダヤ人の前にイラン人を信じているかもしれないために、私は怒ります。

cc: APAC、JINSA。

午前8時21分に11/14/2011年に、カムランBokhariは書きました:
我々が単に一つの部分も受け入れることができない知性実体として
真実としての洞察。

午前9時10分に11/14/11の上で、フレッド・バートンは書きました:
敵の線の後のゲリラ・アクション。
我々がIzziesがつくるイランを待つことを戻したと思う、
我々がちょうどまわりに予測する彼らの無能でCIAのようにある爆弾
何でも。

INSIGHT Iが誰でも割引した先週を掲示したことを確認してください。 どうして
そのOSで我々軽食我々の歯? 機関が存在する知性
源を持ってください。 それは、我々がそうであることです。

午前8時06分に11/14/2011年に、カムランBokhariは書きました:
主要な軍事施設を透過して、爆発を引き起こすことは、そうであります
全く異なる球技。 それを言わないことは、起こることができません。 しかし、我々
彼らが可能であるstuxnetをしたので、それを引き受けることができません
同様にこの爆発をすることで。 それは、能力の大きな飛躍です。

From: "Sean Noonan"
Sender: alpha-bounces@stratfor.com
Date: Mon, 14 Nov 2011 08:03:34 -0600 (CST)
To: Alpha List
ReplyTo: Alpha List

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

それは、明らかにそうしません。 千遠心分離機を見てください。 お願いします
2件のstuxnet分析を再読してください。
そこで、israelにそれにaliyah'dを持つ十分なiraniansは、彼らです
見ているpersianを簡単に訓練することができました、話しているfarsiが、行くために、騙します
賛成にイランに、破壊して、捕えられないでください。 私は、それを知りませんこの
起こる、そして、私は、間違いがないと仮定しません、しかし、
気付かれずにこうするそのまさしくその全力。 キーは、新人採用です
ベースの上の人間のエージェント。 これは、stuxnetで明らかにされました、
それが知らずにあったかもしれないけれども、


From: "Kamran Bokhari"
Sender: alpha-bounces@stratfor.com
Date: Mon, 14 Nov 2011 07:59:47 -0600 (CST)
To: Alpha List
ReplyTo: Alpha List

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

はいは、こんなに本当にありそうもないようです。 '79年は、異なる全体でした
現実。 セキュリティ完備の施設は、置かれたロックされたダウンを持ちます。



From: Abe Selig
Sender: alpha-bounces@stratfor.com
Date: Mon, 14 Nov 2011 07:45:14 -0600 (CST)
To: Alpha List
ReplyTo: Alpha List

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

まだおよそ20,000人のユダヤ人が、イランにいます(テヘランとEsfahan
主に) しかし、私見ながら、彼らは非難されることを非常に恐れます
イスラエルのスパイは、イスラエルにあまりに実際に援助します。

午前7時32分に11/14/11の上で、ショーン・ヌーナンは書きました:
ああ。 棒が言ったように、彼らは代理をよりたぶん使います。 しかし、もしも
特別な作動力は、気付かれずにしばしば動きます。

ヘリコプターに乗って入ることとしての彼らの、思って、彼らの考える
境界を横切っている一団の季節労働者に加わること。

多くが、あったものです、それほどそれほどもうでなく、イランで騙す
それはそうです、そしてその人は、私は調子を補充します。



From: "Kamran Bokhari"
To: "Alpha List"
Sent: Monday, November 14, 2011 7:11:15 AM

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

洞察を下で見てください。


From: Sean Noonan
Sender: alpha-bounces@stratfor.com
Date: Mon, 14 Nov 2011 07:10:06 -0600 (CST)
To: Alpha List
ReplyTo: Alpha List

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

どんな特別攻撃隊?


From: "Kamran Bokhari"
To: "Alpha List"
Sent: Monday, November 14, 2011 6:39:07 AM

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

特別攻撃隊がイランの奥深い所で動かせるイスラエル人に、方法は役立ちました
見つけられることなく?


From: Sean Noonan
Sender: alpha-bounces@stratfor.com
Date: Mon, 14 Nov 2011 05:54:41 -0600 (CST)
To: Alpha List
ReplyTo: Alpha List

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

私は同意します。 ここの議論は、それです支持者
通常兵器による戦争は石油価格を望む人です−しかし、それです
本当にとても単純な? 他の経済効果はどうですか? 賛成に
長いものとして、この議論によって、イスラエル、それは重要でありませんどんな方法
それがイランを決めて、背中 ― 私はこれに同意します。 しかし、
この人にはある信頼は、公的に見えません。 それ(私)によって
ダガンが1年前言っていたもののすごい観察と方法静けさ
リーダーがそうであったイスラエル人。 突然、彼らは本当に押しています
出てください、そして、ダガンがそれでない間、彼の線はとても従前通りです
戦争は間違いです、そのイランは分けられる必要はありません
で。 私は、市民を解釈しようとするのが本当に好きでありません
声明、しかし、私は、何かがここにある、そして、そんな訳さと思います
私は、これを押し続けます。


From: "Chris Farnham"
To: "Alpha List"
Sent: Sunday, November 13, 2011 7:22:52 PM

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

以前に入れられるフレッドが直視される必要があるという情報を、私は考えます
全くまじめな話、ここでは。

どんなにそれが置かれたとしても、洞察はかなりの範囲のようです
なにかの理由またはもう一つのために向こう、そして、現在中で遊ぶ
我々が見ているもの。

以下の下の洞察:
下記が彼のものをはっきりさせるために尋ねられた源は、それを述べます核兵器
基盤は破壊されました。 ソース反応:

軍隊が滅ぼしたクルド人と協力してイスラエル特別攻撃隊
主にイランの弁護側のために使われるほとんど地下施設でない
そして、核研究プロジェクト。

マスコミの報道にもかかわらず、そして、どんな市民に対してでも
知識、シリアへの攻撃がそうである大きいイスラエル人のプロモーター
軸インド-ロシア-トルコ-サウジアラビア。

軸US-ドイツ-フランス-中国は、明らかなものからそのような攻撃に対してあります
理由。 多くの人々は、ロシアがイスラエルの1つであるということを知りません
最大の軍のパートナーとインドは、イスラエルの最大のクライアントです。
イランとイスラエルの直接の対立が勃発する、ロシア、そして、
サウジアラビアは、価格を上げている油の上で、利点がつきます。
他方、中国とヨーロッパは、離れることになっていますから
対立の結果としてのオイルショック。 イスラエルの計画に基づきます、
イランへの攻撃は、わずか48時間続くが、そうです
破壊的なイランは報復するか、回復することができないために、そして、
政府は落ちます。 そのハマスを信じているのは難しいです、あるいは、
ヒズボラは、この対立に関係しようとします。

多くが押していて、イスラエルを予想しているオープンなメディアで
イランへの大きい攻撃を開始してください。 イスラエル人が持つ均一なもしも
能力は、そして、無線で攻撃、海と、そこで、土地に準備ができている

この点で核開発計画を攻撃する必要ででなくある
特別攻撃隊は、それのかなりの部分を破壊しました。

イランへの大きい攻撃がすぐに起こるならば、攻撃はそうします
政治的なおよび油理由と核兵器でないのを持っていてください。 また、それはそうであります非常に
イスラエル人が攻撃を始めると思っていて難しい

彼らは、他の国またはもしもイランのための契約者の役をします、あるいは、その
代理は、最初を攻撃します。 新しい国連報告で現すもので
イスラエル人には、イランの代理の世話を理解するゴーサインがあります

ガザと現在イランを見ている全世界をもつレバノン。 私
我々がむしろこれらの正面でエスカレーションを予想しなければならないと思ってください
イランへのイスラエルの攻撃より。

午前8時09分に11/7/11の上で、クリス・ファーナムは書きました: ああ、何? イスラエルはそうしました
すでに、イランのprog/infraを破壊して、こんなにすべての存在です
人々が経済を忘れるように、ヨーロッパ人によって設計されます
危機?!

いつ、そして、どのようにイスラエル人が破壊しました行われて下に地面?
理由は、我々が圧力の大多数の増加を見るということです

イスラエル(つまり、人々の口からまっすぐな)から来る、そして、
米国(例えばWaPoのオルブライト)から?

誰でも、これがヨーロッパ人にそうさせることができたことを実は認めます
ユーロ危機(彼らがそうであった何か)を忘れてください

1年以上の?!のために日ごとを経験すること
我々は、いったい信憑性をこのアイテムのものであると考えますか? 私は、そうしません

これがどんな可能性がある逆情報目的にかなうことができたかについてさえ見てください。

コード: IL701
出版: 背景のために
帰属: 何もない
ソース説明−確信的なイスラエルのスパイ
ソース信頼性: 静かなテスト
アイテム信憑性: 試されてない
ソース・ハンドラー: フレッド

彼はどの程度レポートのそれをイスラエル人と考えるかについて、源は尋ねられました
イランに対して軍事攻勢を準備していました。 反応:

私は、これが牽制であると思います。 イスラエル人は、すでに滅ぼされます
基本の週のすべてのイランの原子力基盤

前。 現在の「イランを爆撃しましょう」キャンペーンは、そばにいるよう命令されました

衆目をそらすEUリーダー彼ら自宅で
財政的な問題。 また、それは以後よく米国の代表選手となります

パキスタン、ロシアと北朝鮮は、レポートに記載です。
このキャンペーンの結果は、ガザへの大きい攻撃です
そして、レバノンとシリアのヒズボラに対する攻撃。



From: "Reva Bhalla"
To: analysts@stratfor.com
Sent: Monday, 14 November, 2011 11:52:04 AM

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

わあ、それはとても暴露的な声明です。 イスラエル人(私
それから、それがまたバラクでさえあったと思っていてください)製作された非常に類似したコメント

同様にStuxnetニュースに続くこと。
THe全体『私は、行っていません
我々がそれ、しかし、素敵だった男の子をまねたと公的に認めてください。』
我々が我々が知る限り詳細を配置している部分を必要とすると、私は思います

起こったことの、そして、どこで、そして、中で穴を強調する
事故理論。私は、制約の上で我々の評価を考えます

イランのサイトへのイスラエルの攻撃は、保ちます。 それは、破壊活動運動です
大部分の資産が集中されているところ、作ります
イスラエルのためのたくさんの戦略的で戦術的な感覚と取引のUS
イランがこのステージにあって


From: "Ben West"
To: "alerts"
Sent: Sunday, November 13, 2011 2:40:06 PM

主題: Re: [アルファ]S3/G3* ISRAEL/IRAN−バラクは、軍用品を歓迎します
イランの爆発

国防相による面白いコメント。

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5i28MvYyqR9sGxc2cZ4U1QlPPQFLA?docId=CNG.93c1b5af9b6cb71a17bf389563809eb2.a1
イスラエルは、イランで致命的な爆発を歓迎します
(AFP) –2011年11月13日
エルサレム − イスラエルのエフド・バラク国防相は、日曜日にイランの選り抜きの革命防衛隊のベースで致命的な軍用品爆発を歓迎して、よりそのような事件を望みました。

「私は、爆発の範囲を知りません」と、彼は軍のラジオに話しました。そして、事件について尋ねられました。 「しかし、彼らが増えるならば、それは望ましいでしょう。」
大砲とミサイル部隊を開拓した上級将軍が、テヘランの西の郊外の上のMalardの町の近くで、Bid Ganehで土曜日の爆風の中で殺されると報告される17のGuardsの一つであると、イランは以前に言いました。

爆発(イランは事故であると言いました)が「弾薬は倉庫の取り出されて、適切なサイトの方へ外に動かされていました」し起こると、警備員スポークスマン指揮官Ramezanシャリフは、言いました。
イランを防衛するために1979年のイスラム革命の後準備されて、イスラム共和国のミサイル・プログラム(イスラエルを襲うことができる2,000キロメートル(1,200マイル)の射程のShahab-3ミサイルを含む)を担当して、Guardsはあります。

その中距離ミサイルに適合するために核弾頭の開発の方へ働いたとしてテヘランを非難している新しい国連核番犬報告の公開以来、土曜日の爆発は、イランの国際的な非難の中に来ました。
軍隊の可能性のイランが核施設にぶつかると警告されて、イスラエルの当局は、前週を呼びます。



https://twitter.com/dblanchard/status/173930293546328065
Interesting email conversation re: possible Israeli sabotage in Iran, and stuxnet from Stratfor emails

以下に関する面白い電子メール会話: イランでのありうるイスラエルの破壊活動とStratfor電子メールからのstuxnet


https://twitter.com/JasonLeopold/status/173996865384230915
This stratfor email suggests Israel was responsible for stuxnet

このstratfor電子メールは、イスラエルがstuxnetに対して責任があったことを示唆します


https://twitter.com/Ylan/status/173949779989106689
Stratfor: Israel had agents in place in Iran for Stuxnet

Stratfor: イスラエルには、Stuxnetのためにイランに適所にエージェントがいました


https://twitter.com/mikko/status/174025156820348928  http://mikko.hypponen.com/
Wikileaks releases a batch of emails stolen from Stratfor, including this one mentioning Stuxnet

Wikileaksは、Stuxnetに言及しているこの人を含むStratforから盗まれる束の電子メールを公開します


https://twitter.com/chuliso/status/174260245491744768
Comandos israelís habrían destruido la infraestructura nuclear en tierra de Irán, según Stratfor (CÍA en las sombras)


イスラエル司令部は、イランの地球で、原子力基盤を破壊しました、Stratforによって(CO。色合いで)

http://www.laproximaguerra.com/2012/02/wikileaks-israel-destruyo-las.html
29 de Febrero de 2012
イスラエルが数週間土地で全部の核基盤イラン語を破壊したと、あなた/彼らが断言するイスラエルの知性の源に言及して、グループ反秘密Wikileaksは、世界的なセキュリティStratfor(CIAへのliagada)のアメリカのサインの電子メールを示します。

USA(今週の月曜日にWikileaksによって出版されたGlobal Stratfor Intelligence)に、本部がある会社の電子メールによると、力イスラエル人の指揮は、クルド族の反乱軍の助けを借りて、土地のイランの全部の原子力基盤を破壊しました。

グループWikiLeaksは、日陰でCIAと比較された諜報Global Stratfor Intelligenceの私企業の電子メールの500万通以上のそれらを発表し始めました。 あなたの盗まれた電子メールの公表が沈黙への意図で、会社に脅迫するために、Stratforの当局は言いました。

電子メールでは、彼/彼女がDefenseコメント担当大臣のものの上で尋ねられたイスラエルの知性の源にとって、イスラエルのエフド・バラク国防相、「なんてより多くで、あなたが2011年11月にテヘランの近くのRevolutionary Iranian Watchのベースで少なくとも17人まで殺したより不可解な爆発の後よいでしょう。

その瞬間には、イランは爆発が事故であると断言しました、USA(あなたが言ったリチャード・シルヴァースタイン)のブロガー以外の、そのイスラエルは脳でした。

私「これが気が散ることであると思っていてください。 イスラエル人は、最後の週に地球のイランの全部の原子力基盤をすでに破壊しました」、あなたはイスラエルの源を言いました。 キャンペーンは、イランを砲撃します」と、自宅で財政的な問題の市民の注意を逸脱させるために、あなたはEUのリーダーによって命じられました。」
48時間

電子メールに従って、ロシアはイスラエルからの軍の主なパートナーの1人です、そして、インドはイスラエルからの主要なクライアントです。

イスラエルとイランの間の直接の対立の場合、ロシアとSaudiaアラビアが石油の価格の増加の利益を得ると、あなたも主張しました。 他方、そのようなイベントが行われるならば、中国とヨーロッパは損害を受けるでしょう。

イスラエルの計画に従って、情報筋(48時間最後までもちこたえるだろうイランへの攻撃)を、あなたは主張しました、しかし、テヘランから政府の落下が好きになるイスラム共和国のために、あなたはとても有害でしょう。

電子メールはメッセージを送ります、コンピュータ海賊によって盗まれて、あなたの加入者の間でフォーチュン500の会社があるStratforとして、彼らは有名な会社のためにデータをデリケートなソースに、そして、情報部の集会の暗い世界に関するスロー光に公開することができました。

発表された電子メールの一部はそうでありました偽造してまたは不正確を含むために変えました、そして、いくつかは本物でありえます」、あなたは会社に関する公式声明を言いました。

コンピュータ海賊はつながりました非常に組織化された、あなた/彼らが会社電子メールの約100人の従業員の通信を盗んだと、ハッカー・アノニマスのグループは年の初めに言いました。 市民がStratforの活動についての「事実」を知るように、あなたがデータを発表する予定だったと、グループは言いました。


英語の読めない俺では コピペが精一杯。
イスラエルのエフド・バラク副首相 兼 国防相
 と
Stratfor
 と
stuxnet
 と
イランの核施設に居る クルド人と協力するイスラエル特別攻撃隊
が どのように繋がっているのか 俺には良く分かりません。



アノニマスが盗み出した民間情報会社ストラトフォーの電子メールをウィキリークスが公表しはじめ、民間CIAのきわどい実態が浮かび上がった - 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202270000/


ストラトフォーは政府機関などの内部で働いている人間を雇い、情報源としているようで、ロシアの弾道ミサイルに関する機微な情報を入手しているほか、2009年にはゴールドマン・サックスの重役だったシーア・モレンツとストラトフォーのCEOジョージ・フリードマンとの間で、ストラトフォーの情報網を利用したファンド設立についてやりとりされているようだ。

 1970年代の前半、アメリカでは情報機関が秘密裏に実行していた破壊工作の一端が明らかにされた。自分自身も秘密工作の中枢にいたウィリアム・コルビーCIA長官が実態を明らかにしたのである。本ブログでも何度か取り上げたOPCの存在やベトナム戦争での村民皆殺し作戦、フェニックス・プログラムが明らかになったのもそのときだ。マインド・コントロールを研究開発していたプロジェクト、MKウルトラも知られるようになった。このコルビーをパージし、後釜に座ったのがジョージ・H・W・ブッシュである。

 1970年代になるとCIAでは内部告発を不可能にする仕組みを築き上げ、上院議員としてこの問題を追及していたフランク・チャーチも1981年に急死、そのころから情報活動の「民営化」が進んでいる。アフガン戦争やイラク戦争では傭兵会社(民営化された特殊部隊)の存在が注目されたが、情報機関でも似た現象が起こっていたのである。

 イランへの武器密輸とニカラグアの反革命ゲリラ支援が問題になった際、民間CIAの存在もクローズアップされた。これが「エンタープライズ」。その後も情報活動の「民営化」は進み、外部の巨大資本と政府機関は一体化しつつある。公的な機関が巨大資本に侵食されているようにも見える。ストラトフォーもそうした「民間CIA」の一部なのだろう。



Pictures of The Day: STRATFOR
http://newssourceinfo.blogspot.com/search/label/STRATFOR

STRATFOR が どういう存在なのか 此処で雰囲気が掴めるかと思います。



http://wikileaks.org/gifiles/docs/211021_re-alpha-re-sending-with-source-code-insight-israel-convo.html
 ↓
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3dpa2lsZWFrcy5vcmcvZ2lmaWxlcy9kb2NzLzIxMTAyMV9yZS1hbHBoYS1yZS1zZW5kaW5nLXdpdGgtc291cmNlLWNvZGUtaW5zaWdodC1pc3JhZWwtY29udm8uaHRtbA==,qfor=0
Re: [alpha] RE-SENDING WITH SOURCE CODE - INSIGHT - ISRAEL - Convo with an IDF intel officer - IL200

Re:[アルファ]RE-SENDING WITH SOURCE CODE−INSIGHT−ISRAEL−IDF情報役員と一緒のConvo−IL200


Sourceは、現在IDFの少佐である大学からの旧友です
知性。 何年もお互いを見ませんでした。
非常に隠したがる彼らがそうするもの;
正確に私がしていたことをかなり怪しいと思うようでしたイスラエルで。 ちょうど少し面白くて、あまり草分け的な何もない観察。

- 私が早くから「アラブ春」という我々の会話(私)において語を使用したとき、
非難されました。 「それをアラブ春と呼ばないでください。 我々は、それを呼びます
私が働く大変動』。」 私がそれを説明しようとした一般的に我々
同様にそれをアラブ春と呼ぶことをあざ笑ってください、私は孤立したので、それが私でした、
恐ろしいアラブ族はどうかについて、もう一つの講義を聞くことができました。 イスラエル人
ほとんど最も素敵な人々でありません。

- IDI(イスラエルDefense Intelligence)のOpsecは、かなり極端なようです。 もしも
あなたは、この人に電子メールを送ろうとすると、あなたは1ヵ月(最低)の間後ろに聞いていません
- 通常さらにより長い。 理由はそうであります、反対、ウェブサイトはそれです
パスワードは、職場で許されます。 内部のcommsだけのための電子メール。


IDF  イスラエル 国防軍 (Israel Defense Forces)
IDI   Israel Defense Intelligence


ヘブライ語? 分かんないけど

stuxnet ≪ Tikun Olam-תיקון עולם: Make the World a Better Place
http://www.richardsilverstein.com/tikun_olam/tag/stuxnet/
 ↓
http://www.richardsilverstein.com/tikun_olam/2011/05/31/pentagon-readies-cyber-weapons-as-part-of-u-s-arsenal-considers-foreign-cyber-attack-as-act-of-war/
以下の2つの記事は、私からbejesusを脅かします。 ペンタゴンがアメリカ・サイバー戦争資産を従来の軍の目録に融和させたと、ワシントン・ポストは報告します。 それで、爆弾イラクまたは他のどの敵の目標にもジェットを送るかもしれないちょうどその時、我々は現在Stuxnetのようなサイバー虫を使用することができます、そしてそれは、同じように致死ファッションで、以下をつくる際に主役を演じたと、米国は考えられます:
アメリカ合衆国がコンピュータ戦争に従事する方法を合理化するために、ペンタゴンは、サイバー武器とツール(敵の重要なネットワークを破壊することができるウイルスを含む)のリストを開発しました。

能力の機密扱いのリストは、数ヶ月間使用中で、CIAを含む他の機関の承認を得たと、機密プログラムを記述するために匿名の状態について話した軍当局者は言いました。 リストは、敵に対して使用されることができる承認された武器または「火事」のペンタゴンのセットの一部をなします。

「それで、タンク、M-16またはコンピュータ・ウイルスであるかどうかにかかわらず、あなたがそれを使うことができるとき、それはそう、あなたがそうすることができないとき、我々がそれを使用する方法を理解することができる同じ規則(あなたが使うことができて、使うことができないもの)に従いそうです」と、上級軍当局者は言いました。

承認された能力の正式な構造へのサイバーテクノロジーの統合は、おそらく何年も軍のサイバー教義で最も重要な操作上の発展であると、上級軍当局者は言いました。
そして、あなたが方法について愚かな小さい頭を心配させないように、そして、我々が大きい中国のダムまたはイランの核植物の不作、潜在的に殺人的十または何十万もを引き起こすとき、あなたはそうする必要はありません。 我々の大統領は、それを全く順調にします
たとえば、軍隊が外国のコンピュータ・ネットワークを透過して、後で起動することができるサイバー・ウイルスを残す大統領の認可を必要とすることを、フレームワークははっきりさせます …
新しいフレームワークの下で、たとえそれが交戦(言われる軍当局者)の状態の間、使われたとしても、大統領が認可する場合だけ、Stuxnetのような武器の使用は起こることができました。 どんなサイバー武器の使用でも、脅威と比例していなければならなくて、不当な副次的損害を負わせる必要がなくて、民間人への被害を避けなければなりません。

それで、それが配備される前に、Stuxnet虫(ありそうであるように、それをニューヨークタイムズはイスラエルとの近い協同において開発されて描写しました)は大統領の承認を必要とします。 大統領がジョージ・ブッシュのような誰かであるかもしれないとき、それは我々を慰めると思われます?
そして、目標とされた暗殺に対するオバマの熱意があれば、なぜ、彼が知っていて、イランの核施設の中で荒廃をもたらしているStuxnetをよいと思ったと、我々は仮定してはいけませんか? はい、Stuxnetは誰も殺さなかったように見えます。 しかし、線はどこに、殺すサイバー武器とそうしないものの間にありますか? そして、方法は、あなたがその線を横切らないと保証することを缶詰にします(本当にあなたがそうしたくないならば、 … どちらが、もう一つの質問を起こしますか)? どのように、Stuxnetが原子力設備を無効にして、放射能の大量のレベルへの付随する一般人の露出で福島スタイルの炉心溶融の原因となるだけでないと、あなたは保証しますか?

この新しい戦略的な教義が主に防御の目的のためのサイバー方法の使用を強調することは、わずかに励みになるだけです。 しかし、誰が、防御的であることと不快であることを定めることになっていますか? イランのNatanzとBushehr植物を働かなくすることは、防御的ですか? 明らかに、米国はそう思います、あるいは、それはプロジェクトに参加しませんでした。 しかし、虫がイラン人を殺したならば、どうですか? それで? 誰かが傷つけられるならば、イランが核兵器(彼らが1になろうとしているならば)を得る日付をわずかに遅らせることがイラン人を死傷させることを正当化する防御の行為であると、我々は主張しますか?

ニューヨークタイムズは、同じ物語の著しく異なる研究法をとります。 ペンタゴンが戦争行為である一般人の命を危険にさらす米国に、どんなサイバー攻撃でも布告する新しい軍事ドクトリンを準備していると、それは報告します

アメリカ合衆国へのサイバー攻撃を阻止するために正式な戦略を作成しようとして、ペンタゴンは、外国からのコンピュータ攻撃が軍事行動に終わる場合がある戦争行為と考えられることができるとすぐに断言している新しい戦略を出す予定です。
数人の当局者 … どんなアメリカの大統領でもいろいろな反応を考慮することができたことを公的に示唆してください − 経済制裁、報復的なサイバー攻撃または軍事攻撃 − 重要なアメリカのコンピュータシステムが攻撃されるならば、 …
新しい軍事戦略 … サイバー攻撃がより伝統的な戦争行為に等しいと思われることができたために、露骨になります。 ペンタゴンは、それを広範囲にわたる民間人への被害を脅かすどんなコンピュータ攻撃とでも宣言しています − たとえば、電源をカットするか、病院と非常用の応答機ネットワークを降ろすことによって − 攻撃性の行為とみなされることができました。

そしてそれは面白い質問を起こします。 明らかに、ここで行われるならば、Stuxnet攻撃は米国が軍事的に応えるかもしれない攻撃性の行為と考えられるでしょう。 それがそうであるならば、それから、イランは関係のためにイスラエルを攻撃して正当化されますか? そして、ちょっとどのように、特定の国があなたへのそのような攻撃を開始したということを、あなたは証明しますか? あなたは、確実性のどんなレベルを必要としますか?

もちろん、我々はそれにStuxnetの「ギフト」を与えるためにイスラエルへのイランの攻撃を許しません。そして、それはイランが報復しなかった(まだ)理由です。 それで、これは、サイバー戦争に関して作動している2セットの規則があることを意味します: 1セットは我々のような大きい人々のためです、そして、もう一つはイランのようなより小さい、非力な人のためです。 我々を殴ってください、そして、我々はキングダムCome(そうすることができるならば)にあなたを打ちます。 よくそれほどでなく、イランを襲ってください。 どのように、あなたは偽善をつづりますか?


「Israel Defense Intelligence stuxnet Fukushima Mossad Stratfor」の検索結果 - Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=Israel+Defense+Intelligence+stuxnet+Fukushima+Mossad+Stratfor



http://semit.wordpress.com/2012/02/13/eksplosion-sarer-to-ved-israelsk-ambassade/
Eksplosion sårer to ved israelsk ambassade
動画あり
 ↓
2012.02.14 インドとグルジアのイスラエル大使館近くで自動車に爆弾が仕掛けられて負傷者が出ているが、グルジア政府は米国のイラン攻撃に参加する可能性が指摘されている - 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202140000/
イランと石油取引を継続する としているインドで
イラン自身が事件を起こすとは、常識的には考えられない。

2012.02.15 タイでも爆弾事件があったのだが、グルジアやインドとは背景が違うという指摘があり、黒幕はイランだというイスラエル国防相の叫びを相手にする人は少なそうだ - 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202150000/
事件を受け、イスラエルのエーウド・バラク国防相は早速、イランが黒幕だと非難しているのだが、
事件の背景はまだ不明。
反射的に出た言葉に過ぎず、確たる根拠があるわけではないようだ。
息を吐くように嘘を吐くのは 一神教にして蛮族野蛮人なカルト連中の性根そのもの。

2012.02.16 イランでの科学者暗殺はモサドとイランの反政府武装グループが実行したという報道があった直後、イランへの制裁を拒否していたインドで爆弾事件があった不思議 - 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202160000/
こうした状況の中でイラン政府がインドで爆弾事件を起こすとは考えにくい
とインド政府も考えているようで、15日にはイランを名指しで非難することを拒否している。
犯人を特定する証拠は何もないという主張だ。
きわめて常識的な発言なのだが、常識を無視させるのがアメリカやイスラエル

日本政府なら簡単に屈服するのだろうが、そうした圧力にインド政府は抵抗している。



2012年2月28日 http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=25992
シリア大統領、新憲法を発布
シリアの新憲法に関する国民投票で、賛成多数により、アサド大統領がこの憲法を発布しました。

シリア新憲法の国民投票は、26日日曜、シリア全国で実施されました。
シリアの国営サナ通信は、シリア政府の発表により、この憲法が、参加者の90%の賛成により、承認されたと伝えました。
さらに、新憲法の国民投票の投票率は、57%だったとしています。

シリアの人々がこの国民投票を歓迎している中、反体制派はこの投票に疑問を投げかけ、人々にそれをボイコットするよう求めていました。
アサド大統領は、27日月曜夜、新憲法を発布し、「この憲法は本日より実施される」と強調しました。

シリアでの国民投票は、1年に及ぶ暴力的な衝突の末に実施されました。
シリアの新憲法は、複数政党制により、バース党の50年の統治が終了し、さらに大統領の任期が2期14年に制限されます。
さらに、新憲法では、社会、経済、政治の各活動における女性の参加の権利が保障されており、
市民は、信条を自由に表明し、平和的デモを実施する権利を有すると明記されています。
シリア政府は、3ヶ月以内に複数政党制を導入した議会選挙を実施することを約束しています。

新憲法は、アサド大統領が約束した改革計画の一部となっています。
シリアは2011年3月中旬から、情勢不安を抱えてきました。

各報道によりますと、シリアでの暴力により、治安部隊2000人以上を含む多数の人々が死亡しました。
シリア政府は、法律違反者、破壊者、武装テログループを、情勢不安の要因であるとし、
この混乱は外部から計画されていると強調しています。



http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/?func=diary&act=view&d_date=2011-04-02&d_seq=0001&targetdate=201104
2011.01.19 イラン核施設ウイルス感染 米、イスラエル関与か 「スタクスネット」に感染か 日本軍事情報センター Japan Research Center Of Military affairs
http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_730.html


誠天調書 2011年11月27日: stuxnetの特集 ドキュメンタリーWAVE「21世紀の戦争・サイバー攻撃の恐怖」- NHK BS1
http://mkt5126.seesaa.net/article/237130210.html

誠天調書 2011年11月29日: 島津論文
http://mkt5126.seesaa.net/article/237609107.html

誠天調書 2011年12月03日: Android Carrier IQ キーロガー、stuxnet と NSA と イスラエルとモサド と ググル と Android 、イスラエル モサド CIA マグナBSP SCADA PLC stuxnet。
http://mkt5126.seesaa.net/article/238336829.html

SCADAは 脆弱性しか無い と言っても全く言いすぎではない位に スカスカのガバガバ状態。
おまけに stuxnet系ウイルスは亜種も含めたら 個人で防げる状態は完全に飛び抜けた状態

→つまり誰でも無自覚なテロリストとさせる事が出来るw

こんな状況が放置され続けている? で フクシマの惨劇が起きる?
そら 向こうに居る連中は誰?w って事になるでしょうよww


誠天調書 2011年04月01日: 敗戦の日
http://mkt5126.seesaa.net/article/193532204.html
俺が知る限り ネットの日本語圏で最も早く 福島第一原発テロ事件とstuxnetを結びつけた人は
アノニマスに関わる人だったんだね、今更に気付く俺はマヌケにすぎる。

で 今回の話は

・更に強くイスラエルとstuxnetを結びつける話となる。
・アメリカの情報系 というより 政治と軍事に関わる様々な場所で
 ユダヤイスラエルシオニストに汚染させられている現状が更に浮き彫りとなった。
・というか状況証拠から考えれば 世界中の 政治と軍事に関わる様々な場所で
 ユダヤイスラエルシオニストに汚染させられている現状が更に浮き彫りとなった。
 
統一系なネトウヨは今も昔も猛烈に 創価公明を誹謗中傷し罵倒しまくる。
政治 行政・司法・立法に入り込み 影響力を行使する。
それに必要な人材として 特に忠誠心と狂信的な信仰心を持つ者達を先に英才教育によって育成し 
 徹底的に本性を隠して潜入させ秘かに任務を実行する
という事例が あまりに後を絶たない事を
統一系なネトウヨは今も昔も猛烈に 創価公明を罵倒する時に晒しまくってきてくれた。

ただ 時に其の舌鋒が鈍る、自公連立でヤクザ的な接近を謀っている時は 特に其れが顕著だw
けれども共に一神教カルト、まぁ仲良くし続けられるはずも無いw
という訳で よくよく考えてみると その手法って



イスラエル諜報特務庁 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E8%AB%9C%E5%A0%B1%E7%89%B9%E5%8B%99%E5%BA%81
情報収集、秘密工作(準軍事的な活動および暗殺を含む)および対テロリズム活動、逃亡している元ナチス戦犯やテロリストの捜索などをおこない、その焦点はおもにアラブ国家などの敵対国にむけられ、組織の拠点は世界のいたるところに存在する。モサッドは、「民間のサービス」という名目でスタッフはすべてイスラエルの徴兵システムの一部としてイスラエル国防軍に採用されるが、軍隊の階級を使用しない。また、それらのうちの多数は士官である。世界各国に在住するユダヤ人の人脈もある。

局員の採用に非常に神経をつかっていることでしられ、採用の対象となった人物がスパイとして適格か否かを判断するまで平均3-4年という時間をかける。採用の対象となった人物は知能・知性を中心に、品性、社交性、思想、体力などありとあらゆるデータを徹底的に精査されるという。

つまり
 イスラエル諜報特務庁のMossadという
 一神教にして蛮族野蛮人なカルトへの 狂信的なまでの信仰心と忠誠心が徹底的に篤い者達が
 様々に姿を変え 色々な所へ入り込んでいる
という話と内実は全くに変わらない訳で。 


彼ら一神教カルト同士は常に犬猿の仲である、仲が良くなるはずも無い。
だけれども 
 一神教にして蛮族野蛮人なカルトへの 狂信的なまでの信仰心と忠誠心が徹底的に篤い者達が
 様々に姿を変え 色々な所へ入り込んでいる
ような連中は 必要と有らば 適切に状況判断が出来る位に知性などが優秀な者達で有る可能性が高い。

つまり 家畜や奴隷を食い殺し 略奪と暴虐の限りをする そんな仲間が必要となれば
眉を1_も動かさずに手を握り合うだろう。

ましてや
 家畜や奴隷を守る 略奪と暴虐は許さない という文明人的な生き方をする異端や異教徒
が居れば、迷うことなく 一神教にして蛮族野蛮人同士は手を結ぶであろうし、
更に必要と有らば 何の躊躇も無く徹底的に裏切ることも有るだろう。

一神教にして蛮族野蛮人にとって「通じる信義」とは
同じ宗教の下に生きる者達の中 だけである。

家畜や奴隷を食い殺し 略奪と暴虐の限りをする は当然のこと、
という価値観を前提にして 手を繋ぐ時が有っても
あくまで 極めて一時的な話 でしかなく、
如何に効果的な結果を導く為に裏切れるか という計算を常にしている、一切に表情へ出す事も無しにね。


福島第一原発テロ事件におけるstuxnetとは どういう事象なのか?




誠天調書 2012年02月25日
http://mkt5126.seesaa.net/article/253918053.html
表に出ない だから名が公然と広まって知られては困る
  ・自分でモノを考える 詭弁は使わない そもそも詭弁を使う状況は作らない
  ・B三下な戦闘員やA戦闘員@名の有る怪人A 幹部クラス名の有る怪人の上部に位置する
   という訳ではない。
   上部へ位置する という事が表面化する事を避ける。責任回避が最優先になる。
  ・その上で 結局にカネモウケだけを優先とする為にならば
   眉一つ動かさずに沈黙のまま状況に合わせて動く。

50%の事実 50%の沈黙


本当に分かっていて なのに あえて何も言わない
そういう者達の方が本当の意味では怖い。
俺は そう考えている。
下手に言い出しているような奴は 所詮に その程度だ。
船中八策? バカジャネーノw

必要な事だけを 必要なだけ言う、
其の差配を的確に計算する が どれだけ凄い事か?

普段から表に出ない よって下手に煙幕を張る必要性もない
だから名が公然と広まって知られては困る、
けれども なお必要と思われるだけを 自分の頭で考えながらし続けている者達が
特に 最も手強く 最も怖い。
絶対に余計な事を言わない。

こういう者達にとっては、カルトの教条主義も 単なる支配統制の道具の一つでしか無い。
欠片も其の思想に溺れていないだろうね。
カルトの下僕や信者を前にすれば 状況によっては見事なまでに演技をする事も辞さないだろう、
むしろ大概が沈黙のまま拍手や握手をするだけだろうが。


俺なんかでは とてもじゃないが太刀打ちできない。
此処で チマチマと三下な戦闘員を蹴散らしていくのが精一杯だ。

正直に言って 俺が今後とも無事に生きていける自信は本当に無い。
此処まで書いてしまえば本当にヤバイだろうね。

でも最近は、俺以外でも そういう方向性が分かってくれる人達も増えてきている。
其の時が来たら か細い線だけど そういうモノが作れて残せて良かったなぁ って思うだけになりそうだ。
っていうか そう思っているからこそ此処まで書くんだけどね。


俺より年上の 自分の頭は悪いはずが無い と何の根拠も無く思いこみながら
一切にネットへ繋がらない生活をし続ける者達を眺めると 手遅れ という言葉しか浮かんでこない。

俺より年下の 自分の頭は悪くても何の問題が有るのかすら分からない ままに
ネットへ繋がる意味すら理解できないままに生活し続ける者達を眺めると
 本当に まだ間に合うのか?
と どうしても考えてしまうから、やっぱり 手遅れ という言葉が浮かんでしまう。


崖を転がり落ちて致命傷を負っている瞬間に
崖の底へ叩きつけられる末路をすら想定してから逆算をして生き残る道を考えても
途中で死んでしまったら元も子もないw

でも俺なんかは 大した人生を送ってこなかったし これからも送れそうにないから
崖の底へ叩きつけられる末路をすら想定してから逆算をして生き残る道を考える
みたいな事を此処で言うだけだ、まさに自慰行為そのものw

まぁ もしかしたら何かの意味が後から有るかもしれない そうなったら良いな、って祈りながらね。


「תיקון עולם」の検索結果 - Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%D7%AA%D7%99%D7%A7%D7%95%D7%9F+%D7%A2%D7%95%D7%9C%D7%9D

本当に全く意味が分からないんだけど 検索結果が気になったので 置いてみる。



2012年02月25日 スロウ忍ブログ: イランが核兵器製造を決断したことを示す確実な証拠が無いと米情報機関が判断しているとのことだが。
http://surouninja.seesaa.net/article/254070031.html
2012年2月24日)の米紙ニューヨーク・タイムズによると、
イランが核兵器製造を決断した事を示す確実な証拠は無いと米情報機関が判断しているとのことである。

どうやら米英帝勢力とシオニスト勢力との間で内紛が生じている様だね(プ


世界からの非難の的になることを恐れる米英帝勢力としては、
今後に起こりうるイラン攻撃は
あくまでもイスラエルのシオニスト勢力による単独行動であって、
手前らは一切無関係だということにでもしておきたいのだろう。
早い話が“裏切り”である。

そして、米英帝勢力による“裏切り”の理由としてもう一つ、
財政難でイラン侵攻のためのリソースが不足しているというのもあるのではないかな。
まぁ ここら辺は今後、傀儡国家や傀儡組織(ヤクザやマフィア)辺りからの
カツアゲの状況次第で変わって来そうだが。


2012年02月03日
イスラエルが今春にもイランを攻撃するとの見方を固めたパネッタ米国防長官。
http://surouninja.seesaa.net/article/250237841.html

イスラエルが実際に行動に移した際、
「イスラエルが勝手におっぱじめた」
とでも言い訳をする心算だろうか。


スロウ忍ブログ: 米財務省が、山口組と司忍組長、ナンバー2で傘下の弘道会の高山清司会長に対し、米国内の資産凍結等の経済制裁を発表。オバマ政権による国際犯罪組織に対する初の具体的措置。
http://surouninja.seesaa.net/article/253786501.html
米政府は、証拠隠滅のためにも手前等が戦後日本統治のパシリとして使ってきたヤクザを
さっさと切り捨てたいのだろうが、
やるなら全てのヤクザを対象にすべきである。

今回の措置を見ると、山口組と傘下の弘道会だけに狙いを定めた経済制裁であり、
米政府に都合の悪い組織だけを対象にした尻尾切りにしか見えない。


まさか、
小泉進次郎との関係が取り沙汰されている稲川会だけは華麗にスルーする
心算じゃないだろうな(プ

2011年10月22日 スロウ忍ブログ: 自民党の田中和徳(神奈川県第10選挙区)が稲川会系フロント企業にパー券を販売していたことが、産経新聞の調べで判明する不思議。
http://surouninja.seesaa.net/article/231583288.html


スロウ忍ブログ: 自民党の統一教会のプリンス「安倍晋三」が一神教カルト保守と親和性の高い「大阪維新の会」の政策を評価。
http://surouninja.seesaa.net/article/254327009.html

一神教カルト保守と言えば、同勢力を背後から操るシオニスト勢力が、
自らを切り捨てようとする米英帝勢力に対する交渉カードとして、
日本国内の一神教カルト保守の反米化を煽っている様に見えるね。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1329479045/

【イスラエル】 来日中のバラク副首相兼国防相、原爆資料館を見学 自国の核の表示には立ち止まらず通り過ぎる [2/17]

1 :七難八苦φ ★:2012/02/17(金) 20:44:05.08 ID:???
イスラエル副首相が原爆館見学 「悲劇繰り返さぬよう」

来日中のイスラエルのバラク副首相兼国防相が17日、広島市を訪れ、同市の原爆資料館を見学した。
原爆慰霊碑に花を手向け、原爆ドームも視察した。

バラク氏は前田耕一郎館長の案内で資料館を見学した後、
「避けることのできなかった多くの悲劇の一つだ。
 しかし一人一人が人間としてさまざまなことを学び、
 悲劇が再び起きないように努力すべきだ」
と述べた。質問には応じなかった。

イスラエルは事実上の核保有国とされ、
原爆資料館は、ストックホルム国際平和研究所の資料に基づき
イスラエルの保有する核弾頭数を80と表示している。

バラク氏は、自国の核の表示には立ち止まらず通り過ぎた。

2012/02/17 14:05 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021701001704.html

【イスラエル】 NHK単独インタビュー バラク副首相兼国防相、イランの核施設への先制攻撃も辞さない姿勢を示す [2/16]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1329394405/
1 :七難八苦φ ★:2012/02/16(木) 21:13:25.29 ID:???
イスラエル イラン攻撃辞さず
2月16日 19時10分

日本を訪れているイスラエルのバラク国防相は、NHKの取材に対し、
核開発を続けるイランに対して国際社会が一層、制裁を強化する必要があるとして、
日本にもイランからの原油の輸入を大幅に削減するよう求める一方で、
制裁が効果を上げなければイランの核施設への先制攻撃も辞さない姿勢を示しました。
日本を訪れているイスラエルのバラク副首相兼国防相は、16日、
都内で、NHKの単独インタビューに応じました。
バラク国防相は、イランが15日、ウラン濃縮の効率を上げる新型の遠心分離機を開発したと発表するなど、
核開発を推し進めていることについて、「世界を欺いて核武装に向かっている」として、強い警戒感を示しました。
そのうえで、欧米がイラン産原油の輸入禁止などの制裁を強化していることを歓迎し、
「日本も欧米と足並みをそろえて制裁を強化すべきだ」と述べ、
日本に対してイラン産の原油の輸入量を大幅に削減するよう求めました。
さらに、イスラエルがイランの核施設への先制攻撃に踏み切るのではないかという懸念が広がっていることについて、
「今は制裁の効果を見極める時期だ」として慎重な姿勢を見せる一方で、
「イランの核武装は断じて受け入れられず、それを阻止するためにはあらゆる選択肢を排除しない」と述べ、
制裁が効果を上げずイランが核開発を断念しなければ軍事行動を起こす可能性を改めて示唆しました。
バラクが 日本の どういうカルトを取り込もうとしているのか?
という観点で考えると
 反核 → 反原発 → さて どういう人達が特に叫びまくっている?w
ってな感じで 丸分かりだと思うんだけどね。

俺が ニホンジンというカルトの右手と左手 宗教右翼カルトと宗教左翼カルト
という観点をも含めて書き続けてきたのは
そういう意味でもあるんだけどね。

そういう意味で考えれば
 ユダヤイスラエルシオニストの情報戦の能力は極めて高い
と改めて思い知らされる。
すげぇな、って唖然とするレベルの高さだよね。

まぁ 自衛隊内の裏切り者 在日米軍内の裏切り者 という存在が あからさまに分かっているから
そういう事なんだろう とは思うんだけど
実際に こうも目の当たりにすると 愕然とする。
勝てる気が全くしない。
敵ながら其の見事さに感服してしまう。

絶対に侮ってはならない、とは言っても やっぱ無理かなぁ。



スロウ忍ブログ: 自民党・憲法改正推進本部が憲法改正原案に天皇カルト保守色の強い内容を明記。首相による「緊急事態宣言」(笑)で国民総奴隷化も。
http://surouninja.seesaa.net/article/254538163.html
同原案には首相が緊急事態を宣言した際、国民が国の指示に従う義務も盛り込まれているとのことだが、売国政府が自作自演の緊急事態を創り出すことで、ドサクサ紛れに国民を総奴隷化、大量虐殺することも可能となる危険な原案と謂えるだろう。

より具体的に言うなら、例えば、原発事故が発生した際に、“オクニノタメ”(今なら“キヅナノタメ”かw)などと国民を煽り立てて徴兵し、放射能ダダ漏れの原発へ“神風特攻”させることも可能となるということである。

悪役レスラー=“北朝鮮”にミサイルの一発や二発を日本海に向けて発射して貰って、緊急事態宣言し、国民を徴兵(無償労働者化)するという詐術も考えられるね(プ

何れにせよ、此れでは完全に戦前の天皇カルト日本に逆戻りである。


2012/02/25 12:24
猪瀬直樹東京都副知事が原発作業員不足の際に、国民の徴兵について言及したらしい。
http://06020596.at.webry.info/201202/article_38.html

@Portirland
猪瀬直樹東京都副知事が原発作業員不足の際に、国民の徴兵について言及したらしい。
http://portirland.blogspot.com/2012/02/blog-post_6757.html


もし、徴兵となれば
真っ先に 原発推進派の方々とそのご子息が
フクイチの事故現場に向かうのだろうか?

そして、無関心層やB層は このときはじめて、
自分や 自分の子供が 事故現場の作業員として
働かされることを知り・・・
その時では もう何もかも 既に遅いということになる。

治安維持法まがいの法案。
TPPという不平等条約。
大本営発表ばかりのマスコミ。
そして 徴兵制。

これは いつの時代の話だ?

家畜や塵芥を助けたいけど
奇声を挙げてカルトの下僕と化しては崖の向こうへ真っ先に飛び出したがる者達を
止める事は流石に難しい。
悪いけど、そういう連中を先に見せつける事で 其れを眺める者達を助ける、とするしかない。

ウチの 小沢西松陸山会事件や福島第一原発テロ事件 の記事をマトモのリンクもコピペもできなかった
右の柱の上の方に居る者達が 見事な反面教師になっている事を 俺は利用させてもらってきたけど
これからも充分に利用させてもらうしかないと思う。

悪いけど
 ウツクシくコッカの為に先に死ぬことが 反面教師になる という意味も理解できないだろうから
俺は 全く別の意味で涙を流すと思うよ。


戦争というものは、欲深き為政者が国民から富を巻き上げるために仕組むイベントである。
先の大戦で、国民の多くが家族や資産を失ったわけだが、
其の影で着実に資産を膨らませていった連中(天皇カルト勢力と配下の多国籍企業)も居る
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054048773/surouninja-22/ref=nosim/

ということを決して忘れてはならない。
彼らの焼け太りは決して偶然ではなく、必然なのである。


2012年02月26日 スロウ忍ブログ: 米軍兵士によるコーラン焼却事件を受けて反米デモが拡大するアフガニスタンで、国際治安支援部隊の米軍士官2人が射殺される。タリバンが犯行声明。
http://surouninja.seesaa.net/article/254183338.html
先日(2012年2月20日)アフガニスタンの米軍基地内で
米軍兵士がコーランを焼却した事件を受け、
同国では抗議の反米デモが拡大していたわけだが、
其れに対し米政府は、異例の“謝罪外交”を展開している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000093-mai-int

<アフガン>駐留米兵のコーラン焼却 各地で抗議デモ拡大

毎日新聞 2月25日(土)22時59分配信
 【ニューデリー杉尾直哉、ワシントン白戸圭一】アフガニスタン駐留米兵が20日、米軍基地内でイスラム教の聖典コーランを焼却したことへの反発がアフガン各地で広がり、抗議の反米デモが拡大している。住民の反発に便乗する形で旧支配勢力タリバンが「駐留米軍を攻撃せよ」と暴動をあおっており、米国が模索するタリバンとの和平交渉や、14年末までに計画している治安権限の完全移譲の実現を困難にしている。

 デモは25日、アフガン東部ラグマン、ナンガルハル両州と北部クンドゥズ州で起き、鎮圧に当たった治安部隊との衝突などで少なくとも3人が死亡した。クンドゥズではデモ隊は州政府庁舎や国連施設を襲撃した。デモは5日連続となり、一連のデモの犠牲者は少なくとも28人となった。

 過去にも米国の牧師が「コーランを焼く」と宣言して一部地域で暴動が起き、国連機関の職員らが殺害されたことがあるが、今回は実際に聖典が焼かれ、映像が繰り返しテレビで放映されたことで、国民の怒りが爆発した。アフガンは敬虔(けいけん)なイスラム教国であり、地元記者は「聖典焼却は許されない。暴動は広がる」と話した。

 怒りの矛先はカルザイ政権にも向いており、デモではタリバンのシンボルの白い旗を持つ参加者もいる。政権の腐敗に不満を抱いてきた国民にとって、聖典焼却は政権による「米国追随」の結果とも受け止められている。カルザイ大統領は「デモは住民の権利だ」と述べ、非暴力の抗議を容認して事態を沈静化したい意向をにじませた。

 デモはパキスタンにも飛び火している。今のところイスラム急進派などによる抗議にとどまっているが、パキスタンはコーランやイスラム教の預言者ムハンマドの権威をおとしめる行為を「死刑」と定めており、激化する可能性がある。

 これに対して、米国は異例とも言える「謝罪外交」を繰り広げている。パネッタ国防長官は焼却の事実が明るみに出た翌日(21日)、即座に謝罪声明を出し、オバマ大統領もカルザイ大統領に謝罪の書簡を送った。今回の問題が駐留米軍の撤収計画など重要政策に影響を及ぼすことを恐れているためだ。

 オバマ大統領は書簡で、焼却は「故意ではなかった」と釈明しながらも、関係者の処分の可能性に言及した。

 アフガン駐留米軍は米国の巨額財政赤字の元凶と見られており、再選を目指すオバマ大統領は、アフガン社会の反米感情が高揚して、撤収の前提となる治安情勢が不安定化することへの危機感が強い。

タリバンの背後に居ると思しき米英帝勢力の中の 軍産複合体とユダヤイスラエルシオニストにとっては、
紛争こそが“飯の種”である。

今回の事件は、
オバマ米政府とアフガニスタン政府が和解することを何としても阻止したい
同勢力によるマッチポンプの悪寒である(プ


世界中で 同時多発テロを起こしている連中が居る と考えれば、
そんな事が出来る連中は あまりに簡単に分かる な話でしか無いと思うんだけどね。

そしてオバマは一貫して そんな気は無い である。
ブッシュや共和党連中とは 明確に一線を引いている。

こんなにも馬鹿馬鹿しい位に話は簡単なのにね。



スロウ忍ブログ: DRAM世界3位のエルピーダメモリ社が会社更生法の適用申請。半導体市場を一社寡占状態へと誘う不思議な力。
http://surouninja.seesaa.net/article/254402225.html
此れにより、DRAM市場で現在45%もの占有率(世界首位)を持つ韓国サムスン電子が
今後、更に寡占を加速させるであろうことは想像に難しくない。

エルピーダはDRAM4位の米マイクロン・テクノロジー<MU.O>との資本・業務提携も模索していたが、
マイクロン会長兼最高経営責任者(CEO)だったスティーブ・アップルトン氏が
2月3日に飛行機事故で急逝し

交渉への影響が懸念されていた。

2012/01/05 エルピーダが資金支援要請、取引先に400億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120104-00000979-yom-bus_all

2012/02/02 エルピーダ社長「1カ月内に経営再建計画」
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E2E0E29D958DE2E0E2E0E0E2E3E08698E0E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

2012/02/03 米マイクロンCEOが墜落死、エルピーダとの提携交渉に影響も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K26Q20120204?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29

2012/02/23 臨時株主総会にて1500億円の減資と新株発行枠2倍(8億株)へと拡大との発表
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0224&f=business_0224_125.shtml



少し気になるのは、
同社が1ヶ月以内の経営再建計画を発表した翌日(2012年2月3日)、
資本業務提携を進めていた米マイクロン・テクノロジーCEOが飛行機事故で墜落死し、
提携交渉に影響を与えたと思われることである。

偶然にしては余りにも出来過ぎだろ。

国防にも関わる半導体技術が特定の多国籍企業に独占される
というのは余りにも危険な事なのだが、
政府が今後、エルピーダを どの様に後始末するのかは注目に値する。

と同時に、
有形無形のエルピーダ社の資産を巡って、
何処からともなく湧いてくるであろうハゲタカの動きにも要注目である。

売国野田政権の事だから、
多額の血税が投入されたエルピーダ社を
米英帝勢力だかシオニスト勢力だかに二束三文で叩き売るのではないか
と気が気でないわけだが。

処で、
今後寡占を加速させるであろうサムスン電子の
その背後にイスラエル・シオニストの臭いがプンプンするのだが、
きっと気のせいだろうな(プ
まさに、これもまた 同時多発テロ と考えれば、何の違和感も覚えない話でしかないよね。



スロウ忍ブログ: 金融庁がAIJ投資顧問を金商法違反(投資家の利益に反する事実)で1ヶ月の業務停止命令と業務改善命令。同社が大手企業等から委託された年金資産は既に9割目減り。
http://surouninja.seesaa.net/article/253829911.html

同社が顧客から預かり、運用していた約2000億円もの資産は、
既に大半(約9割)が溶けてしまっており、
現時点での資産残高は200億円程度になってしまっているとのことである。

同社の顧客には、
安川電機やアドバンテストといった大手企業や、
京都府建設業厚生年金基金や埼玉県トラック厚生年金基金といった年金基金等も名を連ねている様だが、
残念ながら彼ら年金加入者(従業員等)の受給年金は、多かれ少なかれ目減りすることになるだろう。


“年金”や“保険”と名の付くものは全て詐欺と見て間違いない。
仮令(たとえ)其れが“国民年金”の様な“公的”なものであっても同じことだ。
資金の運用者と其の取り巻き連中が人様のカネで飲み食いするための仕組み、
其れが“年金・保険”なのである。

“万が一のため”とか“将来のため”とか言う決め台詞は単なる釣り餌だから(プ

営利目的の運用会社が態々社畜の将来のために善意で運用してくれるわけないだろ、
常識的に考えて(プ


給与所得者が毎月がっぽり盗られている年金保険料は、
組合や運用者(笑)といった“汗水流さずに飯を食う人々”の生活を支えるために使われているのである(プ



スロウ忍ブログ: 愛知県東浦町が2010年10月の国勢調査で人口水増し不正。市制移行による自治体職員の給与アップや地方交付税増額狙いの悪寒。
http://surouninja.seesaa.net/article/254230678.html
東浦町が市制移行を狙って不正をした可能性が高そうである。

国勢調査というのは、市制移行や地方交付税交付金の算定基準となることから
、自治体職員が手前らの待遇アップ、又は厚遇を維持するため、
調査実施時に せっせと不正を働く可能性が高いのである。

国勢調査の年になると、
地方自治体が其の場凌ぎな移住政策に力を入れてみたり、
自治会や町内会などのパシリ組織を総動員して調査票集めに必死になるわけだが、
此れは住民のためなどでは断じてなく、
地方交付税の嵩増しや市政移行による役場の小役人共の給料嵩上げが主目的だから(プ

一方、市制へと移行した場合、住民に対する行政サービスは逆に悪化する傾向にある。

要するに態々(わざわざ)市制へと移行して得するのは結局の処、公務員だけだということだな(プ



https://twitter.com/supercream1965/status/174604798686011393
政治家は資金で企業は脱税で個人は痴漢でそれぞれ冤罪で痛めつけるのが官僚の手口だが、
かなり知れ渡ってきた。
政治資金規正法はズルズルの法律なので、いくらでも突っ込めるし、
脱税は見解の相違という伝家の宝刀で何とでもイチャモン付けれる。
痴漢はコレが酷くて被害者役を用意しておいて騒げば終了






posted by 誠 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。