https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年04月12日

ニホンと米帝とユダヤイスラエルシオニストの核の話の方が間違いなく危険

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00221027.html
福島第1原発事故で、
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の情報を的確に提供せず、被害を拡大させた
として、浪江町は国や福島県に対し、刑事告発を検討していることが、
FNNの取材でわかった。

原発事故の直後、国は、
放射性物質の拡散情報を把握していながら、
避難する自治体に情報を提供せず、福島県もメールで受信していた情報の一部を消去していた。

その結果、浪江町では、多くの住民が放射線量が高い北西方向に避難して被ばくしたほか、
何度も避難先の変更を余儀なくされ、79人が死亡するなど、被害を拡大させたとしている。

浪江町の馬場 有町長は
「刑事罰に値するのではないかというような話もあります。
 そこは、きちっと法的に整理しておきたいとは思います」
と述べた。

浪江町は、国や福島県を業務上過失致死傷などの罪で刑事告発することを検討していて、
5月中にも結論を出す方針。
(04/11 12:19 福島テレビ)

https://twitter.com/jhatajinan/status/189984580097425410




https://twitter.com/bonaponta/status/189931389553094656
フクシマの兵器級プルトニウム開発のリークがはじまった。 http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html

https://twitter.com/bonaponta/status/189932768048848896
東電の兵器級プルトニウムのデリバリサービスが米のリークでバレてしまった。
えっ、ひょっとして、また米から進駐軍が来るの?
http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html
何を今更w

誠天調書 2011年04月09日: 既にGHQは、其処に在る。だから 敗戦処理の日々 となる。
http://mkt5126.seesaa.net/article/194794755.html


311直後に進駐された事へ未だ気付いていない人は 相当にオメデタイという事になると思うんだけどね。
菅直人が如何に大馬鹿野郎だったか という事だよね。



http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html
かなり重い。そして分量も大きい。
開くと大変なので とりあえず全文の自動翻訳を置いておくけど 内容はかなり面白いけど
流し読みを推奨します。理由は後述します


Monju Nuclear Power Plant

アメリカ、慎重に、アメリカの最も秘密の核兵器への日本のアクセスを許可した、その間の設備は、数十億ドルの何十も転送した、価値のアメリカの税は研究を払った、それは、日本が1980年代以来の70トンの核兵器製造可能なプルトニウムを蓄積することを可能にした、ナショナル・セキュリティ・ニュースサービス調査は明らかにします。
これらの活動は、繰り返し日本で兵器計画に転換することができた敏感な核物質のコントロールに関する米国の法律に違反しました。
CIAの報告書によれば、NSNS調査で、アメリカが1960年代以来日本で秘密核兵器プログラムのことを知っていることが分かりました。

中国への100億ドルのリアクター販売を許可した後、米国に分類された技術の転換はレーガン政権の間に始まりました。
日本は、機密技術が潜在的な核敵に売られていることに抗議しました。
レーガンおよびジョージH.W.ブッシュ政権は、機密技術と核物質がそのようなトランスファーを防ぐ法則と条約にもかかわらず日本へ移されることを可能にしました。
高度に、何十億ものドル価値の増殖炉研究の何十と同様に米国エネルギー省のサヴァナ川サイトおよびハンフォード核兵器複合体からのプルトニウム分離中の機密技術も、増殖に対するほとんど保護手段なしで日本に譲られました。
日本人科学者および専門家は、転移過程の一部としてハンフォードおよびサヴァナ川の両方へのアクセスを与えられました。

日本が核兵器を展開させることを差し控えており、米国核保護の傘の下で残る一方、NSNSは国が中国、インドおよびパキスタンより大きな核兵器保有量を構築する材料が組み合わせた十分な核兵器を蓄積することを可能にするために、カバーとして国がその電気的な公益事業会社を使用したことを知りました。
アメリカによるこの慎重な拡散は、オリジナルの核保有国が条約および内部法的な義務にもかかわらず拡散に従事させるイランのような国々による議論をあおります。

ロシア(フランス)、アメリカと同様にイギリスも、政府所有か助成産業になるそれらの武器複合体から世界中の民間の原子力産業を作成しました。
イスラエルは、日本のように、主な受益者で、日本のように、1960年代以来核兵器能力を持っています。
1年前に、人造の悲劇と結合した自然災害は日本北部を滅ぼし、東京(3000万人(住居に適さない)の都市)を作ることに接近して来ました。
核悲劇は日本の近代史を悩まします。
それは核兵器で攻撃された世界の唯一の国家です。

2011年3月に、海岸上で掃かれた津波の後、水素爆発、および福島原子力発電所での3つのリアクターの後の炉心溶解は、地域を横切って放射線を噴出しました。
ヒロシマと長崎上で投下された爆弾のように、日本は、世代の余波に面するでしょう。
サイトのまわりの12マイルのエリアは、住居に適さないと考えられます。
それは全国犠牲ゾーンです。

日本がこの中でどのように核の悪夢を終わらせたかは、ナショナル・セキュリティ・ニュースサービスが1991年以来調査している主題です。
私たちは、日本が2重の使用格計画をしていることを知りました。
公開講座は、国のための無制限のエネルギーを開発し提供することでした。
しかし、秘密コンポーネント、日本が十分な核物質を蓄積することを可能にする無申告の核兵器プログラムおよび短い通知上の主要核保有国になる技術がさらにありました。

秘密努力は原子力計画の中に隠されました、2011年3月11日までにそれ?
地震と津波が福島ダイイチ原子力発電所を圧倒した日?
70メートルトンのプルトニウムを蓄積しました。
秘密爆弾プログラムを隠す民間の原子力のその使用のように、日本は精巧な核兵器運搬システムの開発のためのカバーとして平和な宇宙探検を使用しました。

日本の政治指導者は、彼らの生命へ原子力を許可するように日本の人々に説得することができるかもしれない、ただ一つの方法が、政府と産業の長いラインが軍事の適用を隠したかどうかであると理解しました。
その理由で、一連の日本政府は、無害なエネルギーに変装した爆弾プログラムおよび市民の宇宙計画上で共謀しました。
反語は、もちろん、単に核兵器で攻撃された唯一の国家になるためにだけそのエネルギー将来を安全にするために、1941年に戦争に日本がなくなったということです。

エネルギーは常に日本のアキレウスのかかとでした。
アメリカの通商停止に直面する油の彼女の必要は、日本のパール・ハーバーに対する攻撃を引き起こしました。また、継続的な不足はその戦争中の彼女の敗北における再発するテーマでした。
1つの行為だけが、日本の屈辱のより多くの功績を認められることができました?
核爆弾の原因となった原子の割れるようなもの

今、日本はその同じ原子をそれ自身の目的に向けるでしょう-来世紀へ安定したエネルギー源をよく保証するために、そして、等しく重要、自国が再び敗北の侮辱を受けなかったことを保証するために
日本は核問題に取り組みました、それがエレクトロニクスと自動車産業に取り組んだのと同じ方法。
会社の中核グループが各々、長期利潤可能性を備えた主要課題を与えられました。
その後、政府は、それらの成功を保証するために必要とされる財政で、技術的で、規定する支援がであるものすべてを持ったこれらの会社を育成しました。

戦略は単一の生成に日本を戦後の忘却から経済支配まで連れて来るためにぴかぴかと働きました。
核技術の開発として指定された5つの会社は作らなければなりませんでした、主、1950年代にドワイト・アイゼンハワー米国大統領の平和のための原子力プログラムの下の日本で備品になった従来の軽水炉を越えて大またに歩きます。

日本は、アメリカ人とヨーロッパ人が行っていなかったことを行わなければならないでしょう。
実験の飼育者に商用成功をプログラムさせてください。
それらの傲慢はそれらにをを(それら、できる)確信させました。
というのも、日本人は工業プロセスのマスターでした。
それらはアメリカ人より、よりよい質で、およびより少ないコストで優れている自動車、テレビおよびマイクロチップを生産しました。

原発事故は、ほとんど常にヒューマン・エラーの結果です:
適切な教育かトレーニング、あるいは誰が十分な余剰をインストールしなかったかのない水だらけのオペレーター。
そんなことは日本語ではなくアメリカ人およびロシア人の身にふりかかります。

中国、北朝鮮、インドおよびパキスタンが核兵器システムを開発するとともに、日本と彼女の西側同盟諸国は、急成長する脅威に逆らうという彼らの同盟を強くしました。
1960年代のリンドン・ジョンソン米国大統領と佐藤栄作日本国首相、ならびに数人の後のアメリカ・日本人リーダーの参加の間の非公開会議から、核技術の秘密トランスファーは、常に拡大する東アジアの軍拡競争に対して日本を強化するインターナショナル戦略の一部でした。

この政策は劇的に米国の政策を変更した立法のレーガン政権の間に最高点に達しました。
アメリカは、日本へ送られた米国起源核物質のコントロールを事実上すべて譲りました。
世界と彼女の人々の損害に、日本政府は、その核兵器活動を徹底的に調べることからメディアと歴史家を落胆させるために日本の公の核兵器の有名な憎悪を開発しました。

従って、2011年3月の悲劇まで、日本の核工業は鑑識眼から大部分は隠され続けました。

その、完全な国際原子力機関(世界の増殖保護手段作用)がさらに見て見ぬ振りをした未満で。
非常に何十年間トップシークレットのままである日本の産業のまれな一瞥では、私たちの調査は重大な懸念を投げかけます、に関して、日本、そしてウェスタンの核政策、および冷戦中に、および冷戦の後にそれらの政策を形作った職員。
国際会社と職員は、詐欺を実行するために公の安全性およびセキュリティを犠牲にしました。
それらは、平和な原子力計画を装って巨大な利益を得ました。

第1の日本の核兵器プログラム
1940年代の初めに、人間の歴史で最も血なまぐさい紛争に世界を固定したまま、ドイツ、イギリス、アメリカおよび日本の科学者は原子からほとんど不可解な力の武器を開けようと努力しました。
理論を、現実を荒らす変えるこのレースは、産業戦争を使用して、何百万もの生命を破壊した戦争への秘密サブテキストを形成しました。

理論物理学のエリアでは、日本は彼女のヨーロッパ・アメリカのライバルと同じくらい昇進しました。
彼女は、それらの材料を原子爆弾に変えるために原料および全くの産業超過だけを欠きました。
しかし、日本の戦争遂行機構はとても資源豊富でした。

1940年以来、日本人は、積極的に核分裂連鎖反応の科学を研究していました。
仁科芳雄博士は、原子物理学の彼の戦前の仕事用のノーベル賞に指名されました。
今、爆弾にアメリカ人に勝つために、彼および若手科学者のチームは、リケン(理化学研究所)で辛抱強く働きました。
2年間の予備調査の後に、呼ばれた原子爆弾プログラム、F-行く、1942年に京都で始まりました。
1943年までに、日本のマンハッタン計画が核兵器製造可能高純度ウランを分離することができるサイクロトロンを生産しただけではなく、また、原子の未知の力を解放するために知識を持った原子物理学者のチームを深めました。

アメリカが、それがグランドクーリーダムから電気の毎ワットを取り出して非常に巨大なワシントン砂漠のウラニウム濃縮工場を建造するとともに、日本人は、自分の爆弾を作るために単に制限のある成功と共に、十分な生のウラニウムのために彼らの帝国を磨きました。
日本は支援のためのナチ・ドイツに目を向けました。
ナチ党も核爆弾を追求していました。

しかし、1945年前半までに、連合国がライン上にありました。また、ロシア人はプロシアをとりました。
最後の努力では、ヒットラーは1,200ポンドのウラニウムをどっさり持っていた日本にUボートを急送しました。
潜水艦は到着しませんでした。
アメリカの軍艦は1945年5月にそれを捕らえました。

潜水艦に搭載された日本人の2人のオフィサーが自殺をしました。また、ウラニウムの出荷はアメリカのマンハッタン計画で使用するためにオークリッジ(テネシー)へ転換されました。
ウラニウムなしでは、日本は1発を超えるあるいは2発の小さな原子爆弾を生産することができませんでした。
両方の国々の爆弾プログラムが1944年に完成に近づくとともに、ダグラス・マッカーサー将軍の島伝いに旅するキャンペーンは日本のホーム島に接近して引きました。

B-29爆撃機の艦隊は、東京および他の主要都市の火を降らせました。
Nishinaは、今北朝鮮であるものの中のHungmanの小さな小村に彼の努力を移動させなければなりませんでした。
その動きは日本のプログラムに3か月を要しました。

1945年8月6日に、エノラ・ゲイは、ヒロシマ上の単一の原子爆弾を落としました。
爆破は、来るために70,000人以上を完全に時期と数週間で殺しました、何千、もっと屈しました。
突風の言葉がNishinaに達した時、彼はアメリカ人が賞に彼に勝ったことを直ちに知っていました。

しかし、さらに、彼は、自分の原子爆弾が作動することができたという暗黙の確証をしていました。
Nishinaと彼のチームは自分のテストを準備するために辛抱強く働きました。
ロバート・ウィルコックスおよびアトランタ・ジャーナル・コンスティチューション作家デービッド・スネルのような歴史家は、彼らが成功したと信じます。

ウィルコックスは1945年8月12日にそれを書きます?
長崎爆撃および日本の前の3日が3日後に、個の譲渡に署名しました?
日本はフンナムで部分的に成功した爆弾をテストしました。
その時までに、その努力は単に記号です。
日本は、より多くの武器を生産するかあるいはアメリカにそれらを正確に配達する手段を欠きました。

日本が戦争の後に復興するとともに、ヒロシマと長崎の原爆投下は日本人へのアメリカの不人情と同様に日本の帝国の大望の愚行を表わすために起こりました。
日本の人々は憎悪の中に核兵器を保持しました。
日本のリーダーはその視界を共有しました、しかし、核戦争の捕手の守備位置の上にあったこと、さらに爆弾の戦略的価値への特別の感謝を伸ばした。

戦争が終わるとともに、何千ものアメリカの軍隊が日本を占領しました。
日本に対する核攻撃の後、アメリカは、この力を作る望みおよび能力が世界の至る所で広がるのではないかと心配しました。

ワシントンは、日本が以前に考えられたよりそれ自身の核爆弾にはるかに接近していることを知りました。
日本の核兵器能力の破壊は高い優先事項になりました。

国際的な拡散防止協定の協定に加えて、米国の進駐軍はいくつかのサイクロトロンおよび日本がその格計画を再開するのを妨げる、日本の原子爆弾プロジェクトの他の形跡を破壊しました。
軍隊はF-行くプロジェクトの物理的な残りを倒壊するかもしれませんが、それらは知識Nishinaの巨大な身体を破壊することができませんでした。また、彼のチームは戦争の間に蓄積しました。

始まること、日本の核計画
来たるべき年、その後ろの人たちはF-行きます、日本の原子力計画のリーダーになるでしょう。
それらの最優先事項は核研究が日本で継続するかもしれないことを保証するために十分なウラニウムを備蓄することでした。

戦争、およびそれを終了した原子の突風は、日本の人々に対する強く持続する効果を残しました。
それらは、ヒロシマと長崎の破壊を憎悪しました。
しかし、日本のリーダーシップは、原子力では、外国のエネルギー依存性の代わり(工業時代への彼女のエントリー以来日本を妨害した依存)があることを認識しました。

日本の譲渡で、アメリカはパシフィックで卓越している力になりました。
しかし、その位置はソ連によって中国および成功した核実験で共産主義の勝利で1949年に挑戦されました。
共産主義者は太平洋のものの中でアメリカに挑戦していました。また、日本は、急に敗北した敵から価値のある同盟国まで変わりました。

北朝鮮の軍隊が1952年に南へ群がった時、アメリカは完全に即席でした。
すぐに、貧弱に武装した、アンダー訓練されたアメリカの船舶は、海へのそれらの後部を備えたプサンで囲まれました。
朝鮮戦争中の多くの回の1番目のために、アメリカの軍司令官、ダグラス・マッカーサー将軍、核兵器を使用するためにトルーマン大統領にロビー活動をしました。

それらの武器は日本の島(沖縄)の上に格納されました。
アメリカの軍隊はプサンで絶滅に直面しましたが、アメリカのB29sは中国と朝鮮で標的を爆撃するために走るエンジンで待ちました。
その後、戦争中に、中国の軍隊が朝鮮に入った時、日本から飛ぶ核に積む爆撃機は実際に中国・北朝鮮の領空に浸透するでしょう。
もの(F-103ジェット戦闘機爆撃機)が拒否されました。

朝鮮戦争は日本のための重要な画期的事件です。
その3000年の歴史の最多の屈辱的敗北のわずか7年後に、日本は行なう地面として役立ちました、のために、同じ、軍事、それは彼女を破りました。
日本の自分自身のもの、軍事、その時に、実際に架空でした。

アメリカの軍人として恥をかかせることとして、誰が東京のニッケル売春宿に通ったかは日本の防御が全くアメリカの手にあったという認識でした。
トルーマンが中国のものを備えた核の瀬戸際政策のゲームをするとともに、彼女の第二次世界大戦の敗北を密閉したのと同じ核爆弾に今日本の防御が依存したことは明白になりました。

1950年代の初めに、アメリカは、積極的に原子力ビジネスに関係するように東京に促しました。
核エネルギーの破壊力を目撃して、アイゼンハワー大統領は、厳密な管理の下でそれを維持しようと決心していました。

さらに、彼は、世界が原子を分割する技術上の完全な米国の独占を受理しないだろうということを理解しました。したがって、彼は選択肢を開発しました-平和のための原子力。
アイゼンハワーは、技術的で、経済・モラル支援の形式として日本とインドの原子炉のような資源の乏しい国々を与えました。

その経済とインフラストラクチャーを再建するために固有の資源を欠いて、日本は、その慢性的にエネルギーに飢えた経済のための答えとして原子力に速く変わりました。

アメリカの平和のための原子力プログラムの支援によって、日本は原寸の原子力産業を開発し始めました。
核エネルギー開発で練習するためのアメリカへの科学者の日本の送られたスコア。
国際的なアリーナの足場を回復し、かつ戦争の後にその主権と力を取り戻すのに絶望的なので、日本政府は、喜んで研究所と原子炉に不足する資金調達を費やしました。

日本の戦時経験は、核工業をゼロから構築するために彼女を準備しました。しかし、平和のための原子力で、西洋から完全なリアクターを輸入するほうが安かった。

平和のための原子力はアメリカ人と同様に英国・カナダの核輸出も支援しました。
英国は日本にそのマグノックス原子炉プラントを売って、最初に行きました。
ゼネラル・エレクトリックとウエスティングハウスは、法外な値段で日本にリアクター設計およびコンポーネントを売って、急速に産業の残りを確保しました。

日本の産業は速く他の平和のための原子力国のためのモデルになりました。
優れた若い日本人科学者の世代は核エネルギーの十分な開発にすべて委ねられて、この期間に十分に発達しました。
一旦産業が活性化されたならば、日本はアメリカから独立したそれ自身の核研究を再開しました。
1956年には、アメリカ人に励まされて、日本の官僚政治家は、全核燃料サイクルを開発する計画を作成しました。

概念が単に理論的だったその時に、それ以上ない、原子爆弾より現実は、アインシュタインが1939年にいつルーズヴェルトへの彼の不名誉な手紙を書いたかでした。
理論によれば、従来のリアクターの中で燃えて、新しい「増殖炉」に燃料を供給するために使用される使用済み燃料からプルトニウムを分けることができるかもしれません。
誰もそれをまだ働かせていることができませんでした。しかし、これは技術の時代の夜明けでした。

日本、アメリカおよびヨーロッパの科学者は科学的な前進の可能性に酔いました。
日本の中央の計画者および官僚政治家は等しく熱心でした。
増殖炉計画は、日本がアメリカから輸入した生のウラニウムの最も効率的な使用をするでしょう。
それはアメリカのエネルギー上の彼女の依存から日本を引き離し、さらに、プルトニウムの巨大な備蓄を作成するでしょう?
最も強力で、困難な、爆弾資料を得るために

秘密冷戦核政策
1964年10月に、共産主義の中国はその最初の核爆弾を爆発させることにより世界を茫然とさせました。
世界は驚きによってつかまれましたが、どこにも日本でほど強い感情ではありませんでした。
3か月後に、佐藤栄作日本国首相はリンドン・ジョンソン大統領との秘密会談用ワシントンへ行きました。
佐藤はLBJに異常な最後通牒を与えました:

もしアメリカが日本の核攻撃に対する防衛手段を保証しなければ、日本は核兵器保有量を開発するでしょう。
LBJは、やむを得ず最後通牒によって米国を拡張しました。
日本上の「核の傘。」
皮肉に、佐藤はその後この保証によって日本の非核三原則を確立することができました:
核兵器を所有しないし生産しないことや日本の領域上でそれらを許可しないこと。
政策は、佐藤に平和のためのノーベル賞を得させました。

日本の大衆および世界の残りは、これらの3つの法則が完全には強化されないことを知りませんでした。また、佐藤は、秘密核兵器プログラムが進むことを認めました。
来たるべき年で、何千もの米国の核兵器が日本のポートおよび日本の米軍基地を通り抜けるでしょう。
佐藤のLBJとの歴史的な会合の前にさえ、日本は、日本に格納された米国の核兵器を公式に無視することに静かに合意したことがあります。

日本人政府関係者は紙上に何も下に置かないように十分にそつがありませんでした。しかし、東京駐在の米国の大使エドウィン・O・ライシャワーは、1981年の新聞インタビューでの協定を示しました。
1960年には、日本政府が、核装備のアメリカの軍艦を許可することに口頭で合意しました、日本のポートおよび領海にアクセスします。

いくつかの現在と旧米国および日本人政府関係者は、ワシントン、Takezo下田駐在の元日本の大使を含む大使ライシャワーの解釈を確認します。
1980年代にこれらの問題について尋ねられた時、断固としてそこに否定された日本政府は任意のそのような理解で、それがアメリカより条約条件の異なる解釈をしていたことが「不可解でした」と言いました。
それにもかかわらず、Zenkoスズキ首相が事実を調査するように彼の外務省に命じた後、最上、それはできました、それが協定の書面の記録を見つけることができなかったと言うことでした。

機密扱いが解かれた米国政府ドキュメントは非核三原則をあざ笑います。
書類は、日本政府関係者がアメリカが核兵器を日本のポートへ慣例的にもたらしていたという証拠を無視したことを明らかにします。

アメリカの軍事の計画者は、ジャパンの沈黙を日本の湾へ核兵器を運ぶ暗黙の許可と考えました。
アメリカの航空母艦キティーホーク(横浜で数十年間の間運ばれていたホーム)は、慣例的に核兵器の小さな保有量を運びました。
ジャパンは、さらに米国の軍隊が核兵器の使用をシミュレートした合同軍事演習に参加しました。
これらの意外な新事実は、日本政府の公共政策と核兵器に関するそのアクションの間の2分法を強調します。
1970年代の初め中のジャパンの極めて重要な討論のうちの1つは、核拡散防止条約(NPT)を連結するべきかどうかでした。

条約は基本的に核現状を凍らせました。
5つの核保有国はそれらの兵器製造所を保持しました。その一方で世界の残りは、核兵器を避けることを誓約しました。
100か国以上が条約に調印しました。
数少ない顕著な例外は核の選択を開けたままにしたわずかの状態でした:
インド、パキスタン、イスラエルおよびジャパン。
その討論は、これらの問題に関するほとんどの決定のように、ジャパンで公開討論会中で行なわれませんでした。

しかし、アメリカ人は聞いていました。また、彼らが聞いたものは完全に新しい光にジャパンの核野心を入れました。
中曽根康弘は、日本の防衛庁、およびプロ核政治家の新しい世代のうちの1つのディレクターでした。
即時の核武装を支持していませんでしたが、彼は核兵器を今後開発するジャパンの権利を制限するあらゆるアクションに反対しました。

中曽根は、国家安全保障についての章の中で言った1969年の政策文書の主要な著者のうちの1人でした:
「当分の間、ジャパンの政策は核兵器を所有することではありません。
しかし、それは、常に核兵器を製造する経済・技術的な可能性を維持し、ジャパンがこの問題上の外部の妨害を受理しないだろうよう気を付けるでしょう。」

6年の後の中曽根は、核討論に再び巻き込まれました。
核になる日本の能力および日本の政治で最も大きな賞が危うくなりました?
首相の槌。

中曽根は、外形上NPTを支援することにより首相への彼の上昇を保証しました。
それらが資料、および核兵器使用に理想的に適した技術を含んでいた時さえ、日本の協力の価格は日本の格計画に邪魔をしないジェラルド・フォード大統領の誓約でした。
フォードの保証で、日本は、最後に1976年にNPTを批准しました。

日本の核通商は引き続き衰えませんでした。
アメリカは日本のリアクターに濃縮ウランを供給し続け、使用済み燃料、および日本(増殖炉で将来の使用するためにそれは備蓄された)へ送られたプルトニウムが、ヨーロッパで再処理されることを認めました。


核分裂性物質の普及を止めること
ジミー・カーターが1976年に大統領職を勝ち取った後、彼は、核分裂性物質の普及をコントロールするために侵略主義を設立しました。
ネイビー潜水艦上の元原子炉エンジニアとして、カーターは、プルトニウムと高濃縮ウランに固定された巨大な力を他の世界のリーダーよりよく知っていました。

彼は、私たちの最も親密な非核の同盟国さえの手からそれを維持しようと決心していました?
日本を含んでいること。
カーターは、この政策の十分な理由を持っていました。
日本の1976年のNPTの批准にもかかわらず、翌年、CIAのために行なわれた研究は、1980年の前に核になることができる三国のうちの1つとして日本を指名しました。

日本の人々の核兵器への歴史的な反対だけは日本の配備に反対しました。
他のすべての要因は日本の核保有能力を主張しました。
今ごろはもうのCIA?
またそのもっと隠し立てする姉妹作用、NSA - 日本の側近グループの位置を学習しました。

カーターは、信じられないほどに揮発性の効力プルトニウムが世界安定の上に持つと知っていました。
プルトニウムは核爆弾の成分を得るのに最も困難な単一です。
比較的さえ後方への国々?
またいくつかのテロリスト集団?
さてプルトニウムまたは高濃縮ウランを核兵器に変える技術を所有してください。

しかし、精製プルトニウムあるいは豊かにするウラニウムは非常に困難で高価なタスクです。
カーターは、プルトニウムとウラニウムの普及の制限によって、彼が核兵器の普及をコントロールすることができることを知っていました。
彼は作りました、プルトニウムの普及を防ぐこと、彼の核不拡散政策の基礎。

カーターがオフィスに入り、速やかにコングレスによって1978年の拡散防止行為を押した時、日本人は衝撃を受けました。それはすべてのウラニウムおよびプルトニウム出荷を議会の承認にさらし、日本からの多数の敏感な核技術を閉鎖しました。

カーターは、核兵器を作るために日本が使用することができる核技術あるいは材料を転送しなかろうと決心していました。
その決定は、アメリカの核施設において多いに、同様に不人気でした。
彼がそれらのうちの1人で以来、アメリカの原子物理学者は車引きに多くを期待しました:
知っていた人および了解されている核エネルギー。

カーターの努力は、使用済み核燃料を再処理するアメリカの計画を終了しました。
プルトニウムを備蓄する韓国のことの結果あるいは台湾を心配したので、カーターは再処理をやめました。
彼は、それが朝鮮と同様に日本および中国もにも関する、アジアの軍拡競争あるいは台湾に結びつくだろうと思いました。

カーターの米国核主義は、アメリカの原子物理学エリートに非常に人気がありませんでした。この人は核エネルギーの将来としてプルトニウム・ベースの燃料サイクルを見ました。
彼らは、原子をアメリカの大きな好景気を小屋に入れた問題の解決策と見なしました?
油の石炭、不足およびembargosからの酸性雨。

安く清潔な核エネルギーのほとんど無尽蔵の供給で、アメリカは、世界の問題にされない経済リーダーとしてのその地位を開墾するでしょう。
多数がなかったならば、それはそれさえ越えました。
アメリカが燃料サイクルを完成することができた場合?
核円を完成してください、人間性はすべて核ブートストラップによって上げられるかもしれません。

国中の、およびワシントンのインディペンデンス通りに基礎を置くエネルギー省のフォレスタルの中の研究センターでは、飼育者プログラムへの熱意は宗教のクレッシェンドにほとんど達しました。

増殖炉が世界の核経済を革新した場合、行った、アメリカの核施設中の思考、アメリカはヨーロッパと日本で彼女の同盟国とそれを共有しなければならないでしょう。
科学のまさに基礎は、情報の自由な交換、および彼らのヨーロッパ・日本人同僚と公然と共有されるアメリカの科学者です。
その協力は両方の方法を実行しました。

増殖炉は、画期的な技術的な挑戦であると分かっていました。また、DOEは、ドイツ、英国およびフランスの誤りから学習することを熱望しました。それらのすべてはほとんどアメリカの間その問題に作用していました。
カーターの政策は、プルトニウムに基づいた核エネルギー・サイクルを開発し共有するアメリカの努力を妨害しました。

強力な核兵器および原子力ロビーの無念に、カーターは、新しい原発ルネッサンスについての考えを放棄しました。
カーターの管理は、科学者の間の考えの自由なフローに縮小された核貿易の時代および中断の到来を告げました。

米国エネルギー省の原子力規制委員会およびハリーBengelsdorfのリチャードT.ケネディおよびベンRuscheのような人にとって、制約は完全に承諾しがたかった。
ジミー・カーターの再選敗北は核施設に別の機会を持って来ました。

反転 レーガンは車引きポリシーを弱めます。

最も熱烈な核信仰者のうちの1人はリチャード・ケネディという名のキャリア官僚でした。
不明瞭の中で、元陸軍士官ゆえ、彼は、原子力規制委員会(カーター大統領の核政策への猛烈な反対による経歴に拘留された人質)で労働しました。

1980年にロナルド・レーガンの選挙の後に変更されたそのすべて。
大統領が有効に逆のカーターの核主義にいたように、レーガンの1位のうちの1つは作用します。それは、アメリカがアメリカの友達あるいは敵と民間のパワー・プロジェクトの中でプルトニウムを使用するのを防ぎました。

レーガンは核事務のためにケネディを彼の片腕にしました。
核エネルギーのための無任所大使としての新任地から、ケネディは、彼が軽蔑したカーターの政策の分解を監視しました。
新しい管理は、プルトニウムに対するアメリカ・国際的な信頼を若返らせました。

しかし、カーターの年の1つの遺産は国際的な核通商へアメリカの向こう見ずな跳躍を妨げました。
カーターは1978年にコングレスによって原子エネルギー法を押しました、厳密に制限した徹底的な1片の立法、諸外国は、どのようにアメリカで始まる核物質を輸入し使用することができたか。
法律の下では、コングレスは、国境線を横断した原子炉燃料のすべてのあらゆる出荷を承認しなければなりませんでした。

法律はケネディの自由だった核通商のビジョンにとっての許しがたい障害でした。
したがって、彼はそれの裏をかき始めました。
レーガンの強化の初期の時期で、アメリカの従来で、核戦争作る産業への現金の重い注入が、劇的に増加するとともに、政府は新しい弾頭を設計し、増殖炉リアクターなぞを解決することを試みる原子物理学者への金銭に無理に詰め込みました。

この計画の中心に、DOEのテネシーの風景のクリンチ川谷のオークリッジ国立研究所の実験施設がありました。
ここで、アパラチア山脈の山麓の丘陵地帯では、アメリカの最も優れた科学者は増殖炉を組み立てていました。

技術は信じられない見込みがありました。
それは、力を生成するとともに、使用済み核燃料を以前に純粋なプルトニウムに転換しました。
飼育者は、原子物理学の聖杯(エネルギーのほとんど無限の供給を開く、閉じた燃料サイクル)になりました。
クリンチ川飼育者プロジェクトは最新テクノロジー上にありました、また、レーガンの下では、エネルギー省は金銭でプロジェクトを氾濫させました。

プロジェクトは、1980年と1987年の間に160億ドル・ドルかかりました。
また、その後、それが始まったのと同じくらい急に、コングレスはプログラム寒さを止めました。
国の最良の心およびほとんど無限の予算の努力にもかかわらず、飼育者プログラムは働きませんでした。
また、失敗したのは単にクリンチ川チームではありませんでした。
ドイツ、フランスおよび英国の飼育者プログラムは、さらに実験室内の実験から商業ベースにのった実行まで跳躍をすることができませんでした。

レーガンのフラグが立てられない新しい核兵器に対する、だがeighties(中頃)後退としての関与はだらだら長引きました。彼は、議会の経費削減から軍産共同体のすべての面を保護することができませんでした。
1987年には、コングレスが、クリンチ川の上の資金調達を引きました。
増殖炉を彼らの生活の仕事にした科学者およびエネルギー省の官僚の幹部にとって、それは災害でした。
しかし、失敗および国の支援の不足にもかかわらず、それらは核燃料サイクルについての考えに忠実なままでした。

一方、1か国はまだ強情に飼育者技術を追求していました:
日本。
1987年には、日本の逃走した経済の資源が無限に見えました。
国家が飼育者を経済的に実行可能にすることができたならば、それは日本でした。
しかし、もし日本人の科学者が成功するなら、アメリカ人が終わったところで、それらはスタートする必要があるでしょう。

何が次に起こったか理解することは、アメリカ政府がどのように実際に働くかについての理解を要求します。
管理が4か8年ごとに変わり、コングレス(特に下院)が規則的にその会員を循環させる一方、官僚政治はほとんど単一体の連続性で過ぎ去ります。
官僚政治では、出世第一主義者は、管理を待つ大人気のプロジェクトの後ろに侵すことができます。
コングレスが飼育者プログラムを終了する前に、レーガンは手リチャードT.ケネディの中にその将来を残しました。

ケネディはハリウッド・キャスティングディレクターのワシントン・インサイダーのバージョンのように見えた、と長年の敵デイモンMoglenが言います。
「彼は、煙い奥の部屋で一生を過ごした人に不快に華麗に見えました。また、態度は斡旋収賄の気味がありました。
彼がタマニーホールから出て来るのを見ることができました。」
ケネディの友達はより親切でした。

ベンRusche(NRCの同僚)はケネディの政治的な本能を賞賛しました。
「彼は、政治情勢に、ビジネスにあった多数以上に恐らく非常に内部にまた外部的に非常に順応しました。」
友達と敵対者の両方は、ケネディが方法で立っていたより劣った官僚政治家上に無視したことに合意します。
彼は、それの転送によりアメリカの飼育者プログラムの救済を組み合わせる、完全な人でした、日本への重要部分。

計画は、ワシントンの入り組んだ官僚的なプロセスの横柄な操作を要求するでしょう。
この大きさの技術移転は、多数の機関で何百もの職員の承認を要求します。
しかし、正確に、それが非常に大きく複雑であるので、用心深いインサイダーは献身的な信者の小さな幹部の援助によってチャンネルを通ってそれを保護することができます。
日本との8年間の共同の飼育者開発は、原因に熱烈に専念したたくさんの若手科学者および官僚政治家を作りました。

また、ケネディは、1985年に共産主義の中国への原子炉の販売を許可する、起こりそうもない勝利を強要するコングレスを、まだ豊富に持っていました。

両側に与えること 中国と日本との核の取り引き

1984年には、ウエスティングハウス株式会社が、100億ドルもの大金の価値の中国に原子炉を供給するために取り引きを結びました。
取り引きはアメリカの核工業用の信じられないたなぼたで、アメリカを世界の核通商で支配させるケネディの努力での基礎になるでしょう。

ただ一つの問題はすべての競売人と核機密を共有する中国の底知れない記録でした。
上院議場の苦しいセッションにその後、民主補助院内総務アラン・クランストンは、「ケネディの時計上のレーガン政権は情報を上へ抑えられカバーされて、系統的に保留しました。」と非難しました?
事実上行政部門の全体にわたって知られていた?
どのコングレスが心配で、見つけるかもしれないか。」
中国は既に5人の国際的な核アウトローに核技術を売ったと知られていました:

パキスタン、イラン、南アフリカ、ブラジルおよびアルゼンチン。
1984年までに、アメリカ政府のクランストンおよび大部分は、中国がパキスタンへ精巧な核兵器設計を与えたことを知っていました。
北京は、南アフリカの核爆弾となる濃縮ウランをさらに売りました。
さらにライバル・ブラジルを弓形にする核物質およびイランとの交渉する核協定を売っている間、中国はアルゼンチンの爆弾プログラムでの使用を、重水を売りました。

中国の核拡散実績はほとんど悪くないことができなかったでしょう。しかし、堅い保護手段を協定する代わりに、ケネディは、彼らがどのように好きだったとしても、両側がそれを解釈することができたように曖昧な協定を備えた北京から戻りました。
中国は、拡散防止誓約に署名するか一致することを拒絶しました、アメリカに中国がリアクターに核兵器で使用されるプルトニウムに焼きつけられた燃料を再処理するのを妨げる権利を与えるために

拡散防止交渉のアメリカの側をリードするために、ケネディは1985年6月に北京へ戻りました。
彼は、1番目とほとんど同一だった新しい協定を戻しました。
しかし、100億ドルのプロジェクトは、ワシントンでなかなかなくなりません。また、中国の首相トウ小平のワシントンへの来たる訪問を取り消す脅威は、彼が必要とした開始をケネディに供給しました。

政府が中国の核脅威を含んでいる最良の方法がその主要なサプライヤーになることだったというその議論を促進するとともに、ウエスティングハウスは取り引きを政治家に人気のあるようにした下請けを分配しました。
中国の協定は、管理上の圧倒的破壊力へ、および会社および日本語に資金提供されたシンクタンクにロビー活動をする際にキープレーヤーを待つ潜在的な報酬にもかかわらずケネディの側近グループを鍛造しました、ケネディの円の核は政府で残りました。

今、ラインに関する日本の飼育者プログラムで、ケネディの米国国務省の片腕、フレッド・マクゴールドリック、またDOE契約者ハロルドBengelsdorf、政府の全体にわたる飼育者弟子を呼び集めるでしょう。
それらのゴールは、日本のアメリカの投資の1000分の1未満のための最大の公益事業会社へ160億ドルのクリンチ河川事業のアメリカの納税者に資金提供された技術を移すことでした。

計画は、大部分はビッグファイブの日本の企業で働く日本人・アメリカのコンサルタントによって、既に承認されていました。
主な2つの障害がそれらの方法で立っていました。

米国と国際法は、クリンチ川プログラム(特に使用済み核燃料からプルトニウムを分けるために使用される再処理技術)の中で開発された技術を厳密に制限しました。
また、計画は、船の上の核兵器製造可能なプルトニウムおよび高レベル放射性廃棄物の何百もの国際輸送を要求するでしょう。

1986の初期の時期で、ケネディは、ルイス・ダン(軍備管理軍縮局の中位の官吏)にほとんど毎日会いました。
ACDAには日本との取り引きが残存するかどうか大部分判断する増殖脅威評価を書く契約がありました。
ダンは、核兵器の普及への反対への彼の経歴を委託しました。
しかし、ケネディのように、彼は、核技術を管理する最良の方法が世界の主要な核サプライヤーになることであると信じました。

静かで決定された方法で、ダンは日本の協定のケネディほど強力な主張者でした。
ダンのケネディとの頻繁な会合のレコードは分類され続けます。しかし、ケネディのカレンダーは、2人の間の非常に接近している共同作業を明らかにします。

ダンは、ACDA(フォギーボトムで国務省のオフィスビルに収容された半自律の機関)のもとで働きました。
1週当たり少なくとも3回、ほぼ1年の間、ダンは、ACDAの3階のオフィスからケネディの役員室へ長い歩行をしました。
彼らは、日本へのトランスファーを許可するべきかどうか決定するために、コングレスが使用する脅威評価について何時間も話しました。

ダンが書いた報告書は、1986年の真中に機関広まり、ペンタゴン、CIAおよび原子力規制委員会から即時の懐疑に遭遇しました。
CIAは、核になるために日本が技術および恐らく意志を持っていると何年も警告していました。
米国政府の内部のポピュラーな視界に反して、日本は、核になるために法的権利を放棄したことがありません。

実際、1950年代の初めにさかのぼる一連の政策文書および内部討論では、日本人政策決定者は明示的に核の選択を保存しました。
最も効果的に、1969年に日本政府の最高水準で循環した内部立案ドキュメントは、日本が維持し、必要な場合、発展する、と述べました?(-)
核兵器を開発する技術的および財政手段。
の中で、1つの、わきに不吉、論文は、そうすることを誓いました「外圧は何である、適用された。」
CIAは、1969年の立案紙および示唆された日本が意志およびそれが脅かされたと感じた場合に核になる手段を持っていたという大量の他の証拠のことを知っていました。

1960年代に問題の始めの米国の大統領のもとへCIAが送った報告書は、リンドン・ジョンソンが1965年に佐藤栄作首相にした核の傘約束を支えました。
その機関は、LBJ以来のすべての大統領が日本の核可能性を知っていることを確かめました。
しかし、クリンチ川ハードウェアおよび研究結果のトランスファーのような基本決定が、日本と作り上げられた場合、その警告はめったに官僚政治の作業レベルまで滴りませんでした。


国防総省を口説き落とすこと

CIAは数十年間日本の格計画に懐疑的でした。
CIAとNSAは、彼女の敵をもアメリカの同盟国をも慣例的に盗み聞きしました。
この数年にわたって、CIAは、日本が両方の可能性を持っていると一貫して報告しました、そして?
正しい状況の下で?
核になる意志。
しかし、1987年に、ケネディが日本と核機密と材料の商売を加速するために熱心に押していた時、CIAは事情に疎かった。

皮肉に日本へ核技術を移すことに関して、アメリカで内部審議に関して日本の核可能性に関する最大が最小を知っていることを知っていた作用。
CIAはモニターする外国政府の責任を負います。
それがライバル機関をひそかに見張ることを完全には我慢していない一方、この場合、機関は、日本にクリンチ河川事業を移動させる、ケネディの内部努力に関して、ほとんど何も知りませんでした。
結局、CIAは決定から切り抜かれました。

チーフ相手の役割はペンタゴンが所有していました。
州、DOEおよびACDAは日本と大規模の共同作業に賛成しました。その一方でペンタゴンは、テロリストがヨーロッパと日本の間で運ばれた爆弾等級プルトニウムの海出荷をハイジャックすることができるのではないかと心配しました。

ペンタゴンのキャンプのリードはフレッドIkle(レーガンの格計画のための国防次官)でした。
Ikleのテロ攻撃に対する懸念は純粋でした。しかし、はるかに大きな関心事は、公開討論の表面(それがペンタゴンの外でかろうじて上げられて非常に政治上不人気な主題)の下に潜在しました。
何年も、DODとCIAの情報アナリストは日本が恐ろしい核兵器保有量を開発することができるを信じました。
政府でのほとんどは日本の技術的な能力を疑いませんでしたが、Ikleおよび少数の他のものが日本には核になる政治的な可能性があったというそれらの確信において孤独でした。

ケネディはペンタゴンで1国の同盟国を持っていました。
ジェームズ・アウアーキャプテンは、ディフェンスの長官官房中の日本のオフィサーでした。
彼はすべての事態日本語についてのペンタゴンで最初の権威でした。

アウアーは、横浜で母港を設定された誘導弾フリゲート艦の部隊指揮官として日本で彼のほぼ半分の20年の海軍の経歴を最初に費やしました、そして米国海軍兵学校の日本の等価物で学生として後で。
日本の文化との近い接触に入る多くの西洋人のように、アウアーは転向者でした。
彼は言語を話し、文学を読み、日本の古典的舞曲形式、歌舞伎の鑑定家になりました。
その才能は、日本上の州とエネルギーの部に対して四角に仕切られたアメリカの軍な官僚組織として、1986年にペンタゴンで彼によく仕えるでしょう。

民間の官僚政治家は世界情勢、および特に核エネルギーの分野の中で震動し有能なパートナーとして日本を見ましたが、ペンタゴンの勇士ははるかに暗い見解を持ちました。
朝鮮戦争の時間以来、米軍は、日本を大部分はソビエト、中国語および朝鮮人を寄せつけなかったアメリカの軍人の後部にその法外に成功した経済を建てた居候と見なしました。
どんな証拠も検討された前に、国防省はワシントンで他の主な機関だったより日本の事例に共感的ではるかにそうでありませんでした。

この規則の主要な例外はアウアーでした、この人はさらに傾倒した日本かぶれとして中に正確にいた、ペンタゴンを通って米国-日本合意を押すのを支援する適所。
アウアーの名前が1986年の初めに、ケネディの公式カレンダーに現われ始めます。
ディフェンスの日本デスク・オフィサーとして、アウアーは、提案されたプルトニウム取り引きに関する、書類事務および高官レベルの会議のほとんどすべてを内々知っていました。
さらに、彼は、日本大使館で、および日本の影外務職員局を務めたビッグファイブ企業会社に多くの友達との毎週の接触および同僚に出ていました。

アウアーがケネディまたは日本人にペンタゴンの審議か戦略を漏らしたかどうかは明らかではありません。
ペンタゴンの米国-日本合意に対する主要な関係は、十分に防御することができなかった航路帯に沿った巨大な多量の核兵器製造可能なプルトニウムおよび核廃棄物の輸送でした。

ペンタゴンは、セキュリティ問題についてのケネディに直面しました。
報告書の後の報告書では、国防省は、まさに軽駆逐艦が十分にプルトニウム出荷を保護するかもしれないと結論を下しました。
リチャード槍のような人、20年で、ルイス・ダンのACDA分析に基づいてネイビーの中の経験がケネディによって支配されたそれらの警告と彼の同僚を見つけたように命じます。

パナマ運河を通るただ一つのプルトニウム出荷で、米国-日本合意が力を入力する前に、ネイビーは、その無害通行を保証するために小さな艦隊を展開させました。
オペレーションはイラン・コントラ評判にオーリバー・ノース中佐によって調整されました。
さて、ケネディとダンによってフォギーボトム内にほとんど完全に行なわれた分析の力においては、アメリカは、大量のプルトニウムの何百も許可する準備をしていました。そして、公海を通過する他の核分裂性物質は貨物船上の数人の警官によってのみ保護しました。

フランク・ガフニー、その後、防御のための代理の次官補はほとんど全抵抗のうちの1つとして輸送計画にペンタゴンの反応を呼び戻します。
「私たちがそれらの出荷を保護するであろう単なる方法はありませんでした。
それは私たちの準備を枯渇させるものの多くになるでしょう。
また、日本人は自発的でなかった。また、断固とした攻撃を地球の裏側に止めるのには有能でない。」
Ikleとガフニーが予知したシナリオは、孤独の砲艦さえ退けることができない遅く、貧弱に武装した核輸送船でした。

プルトニウムを満載した船は、世界大戦Ilヴィンテージ駆逐艦どころか武装した速度ボートを捕まえることができるあらゆる国家あるいはテロ組織に左右されるでしょう。
ペンタゴンは、プルトニウムの空輸に賛成しました、しかし、恐らく、衝突証明樽が強打した時、そのオプションは妨害されていました、テストにおいて開いている
グリーンピースはテスト結果を得て、それらをメディアに直線にとりました。
それは、プルトニウムと高レベル放射性廃棄物を飛行機で輸送するペンタゴンの恵まれたオプションを終了しました。

国防省はさらに、日本人が自分の兵器計画の中でプルトニウムを使用するだろうという懸念を持っていました。
CIAを除いて、米国政府の枝は、日本がある日核武装するかもしれないとより堅く信じませんでした。
しかし、核日本は、それが他の機関向けであるのと同じ量のディフェンスのための致命傷ではありませんでした。
共産主義に対する進行中の産業、経済・イデオロギーのキャンペーンでは、日本は恐らくアメリカの最も強い冷戦同盟国でした。

彼女の軍は純粋に防衛で、彼女が、それを使用するために1986年に意志を持ちませんでしたが、ディフェンスの長いメモリは非常に恐ろしい軍事力だった日本をリコールしました。
最高幹部の多くは時代遅れの軍事の家族の出身で、第二次世界大戦中の日本人と戦った父親およびおじがありました。

国務省が日本を巨大な平和主義者と見なした場合、経済エンジン、また、エネルギーは彼女をその大事にされた増殖炉用の代理子宮と見なしました、ディフェンスは、まだ日本を眠れる巨人と見なしました。
しかし、今回は、巨人はアメリカの側にいました。

核装備の日本は、アメリカの軍事の資源を枯渇させるものの多くを取り除くでしょう。
朝鮮でグラウンドの2つの区分を維持する必要、と同様に、ソ連の極東の中国およびミサイル基地に対する防御策としての太平洋の核の武装した船および航空機は、ペンタゴンの主要な使命を落とした?
中央ヨーロッパの平原上の全面戦争の準備をすること。

レーガン政権の戦略は、それを持った、ソ連およびその衛星政権を連れて行って、壊れるまで、ソ連の戦争遂行機構を押すことでした。
より積極的・核装備の日本はこの努力でのすさまじい長所でしょう。

したがって、ディフェンスは戦術上のグラウンド上でプルトニウムの海出荷と戦いましたが、プルトニウムへのその反対および日本への技術移転は単に形式上でした。
アウアーは陰でこの感傷を利用することができました。

1986年の終わりに、ペンタゴンは、不承不承にプルトニウムの海上輸送が主な拡散危険を構成しなかったと述べるダンの報告書を認めました。
ペンタゴンが主導機関ではなかったことをガフニーは説明します、したがって、必死にさらにそれと戦った、州とエネルギーは、恐らく反対を破る支援および恐らくその主な図の経歴野心を集合させることができたでしょう。

サヴァナ川およびハンフォードのシークレット
ペンタゴンは、クリンチ川技術が核兵器での使用に理想的に適していることを知っていました。
プロジェクトの理論的な研究のうちのほとんどはオークリッジ国立研究所で行なわれました。
しかし、実地の研究のハードウェア開発および多くが、エーケン(サウスカロライナ)の近くのサヴァナ川サイト、およびハンフォード、ワシントン、国の他の主な核兵器研究所のうちの2つのプルトニウム分離峡谷で起こりました。

ワシントン州の中の設備は1940年代の初めにマンハッタン計画用プルトニウムを分離するために建造され、1950年代と60年代の新しいサヴァナ川設備の中で広大に拡張しました。
時間によって、クリンチ川プログラムはフル・スイング中だった、プラント、その1位は爆弾の原因となった、それはヒロシマと長崎を倒した、そして、今、水素爆弾弾頭を構築していた、多数の日本語の訪問中の科学者を受理していた、毎年。

プログラムの死去が避けられなくなった時、日本人は多数さえに来ました。
増殖炉はプルトニウム(核兵器においてのみそうでなければ有用な物質)上で走ります。
プルトニウムを産出したどんな技術も定義によれば核兵器プロジェクトでした。
アメリカでは、そのようなプロジェクトは、もっぱら政府によって所有された1握りの核兵器設備に制限されています。

核兵器能力を私有化する固有のリスクを認識するハリー・トルーマン大統領は、民間産業と軍と無関係のアメリカの爆弾プログラムを計画しました。
クリンチ河川事業での最多の機密技術はこれらの遠隔の核予約で収容されました。
また、まさに最初から、日本人産業当局はそれらが何を得ていたか確かめるために米軍基地上に望みました。
米国-ジャパン合意は、日本人・アメリカの科学者が大部分は日本のユーティリティによって資金提供されて、飼育者プロジェクトにともに取り組む協力の5年の期間を要求しました。

目的は、DOEプロジェクト・ディレクタ、ウィリアムBurchがそれを置いたとともに、「球技でとどまる」ことです。
ゲームでとどまると、アメリカはジャパンの規則によって遊ばなければならないでしょう。
また、求められた特定のアイテム・ジャパンは、核兵器プログラムから直接に来ました。

リストの上に、サヴァナ川サイトで収容された精巧なプルトニウム分離ハードウェアがありました。それは、生成の武器プルトニウムを大量に作り出しました。
サヴァナ川は遠心分離機を構築しテストしました、どれ、アルゴンヌ国立研究所でテストして一層の後、Recycleエネルギー・テスト機能(RETF)(使用済み燃料から核兵器製造可能なプルトニウムを分けるための欺いて指定されたプラント)で使用するために日本へ送られました。

RETFは日本の増殖炉計画の中心となりました。
日本人は、自分の高度のプルトニウムを製造するために高容量プラントを必要としました。
プラントが建築中だった間、日本はフランスとイギリスへの精製仕事を収縮しました。
サヴァナ川で軍事のプルトニウムを生産したアメリカの経験は、理想的に日本のプログラムでの使用に適していました。

他の米国武器研究所はさらに日本のプログラムに寄与しました。
ハンフォードおよびアイダホのアルゴンヌ西の研究所は、上陽増殖炉のためのプルトニウム燃料会議の何千もの数時間のテストを行ないました。

日本人科学者は全体にこれらのテストに関係しており、米国核兵器設立の仮想フリーランを持っていました。
日本がいつか核兵器を展開させれば、それが米国-日本合意によって武器使用可能な技術の大規模のトランスファーによって可能になっているでしょう。

エネルギー省と日本の単一体の核エネルギー・ユーティリティ(動燃株式会社(PNC))の間の合意は、原子力開発に反対の禁止の詳細なリストを破りました。
それは、核物質がアメリカの同意のない他の国々へ移されないだろうという日本の保証を提供しませんでした、および、日本が先の米国の承認のないプルトニウムへアメリカの原子炉燃料を再処理しないだろうという任意の保証。

要するに、アメリカは、米国のコントロールをすべて退きました-次の30年の間の日本の起源核物質。
取り引きはさらに車引き原子エネルギー法(再処理あるいはアメリカの核物質の再転移が増殖の危険を増加させてはならないと命ずる米国の法律)を破りました。

特に、合意は、武器目的に任意の転換のアメリカに対する適時の警告を保証しませんでした。
実際、日本はその事故で70キログラムを超える重さの核兵器製造可能なプルトニウムを見失いました、東海再処理工場を悩ました?
20を超える核兵器を作るのに十分です。

単一の協定では、アメリカは、核物質のコントロールを譲り、それが迅速な核配備を防ぐためにいかなる安全係数を持ったとしても、降参しました。
トランスファーの時に、ワシントンと東京の両方の職員は、飼育者プログラムが頼もしく生産するただ一つのものがプルトニウムで、それが、巨大な量、およびプルトニウムがアメリカの核兵器の中で使用したより2倍純粋な形式の中でそれを大量に作り出すであろうことを知っていました。

トランスファーを巧みに計画実行したアメリカの官僚政治家および科学者にとって、それは科学と国際協力のための大成功でした。
常にとともに、核の武装したジャパンの概念はヒロシマと長崎の原子の荒廃に照らして信じるのが難しかった。

ジャパンへの米国の高速増殖炉および再処理技術の大規模のトランスファーに加えて、U.Sジャパン合意は、ジャパンにアメリカから無制限の量の核物質を輸入する権利を与えました、制限のないプルトニウムおよび再転移へそれを再処理する、それ、他の国々へ。

ジョン・グレン上院議員、誰、元宇宙飛行士が知っていたとして、合意の含意を理解するのに十分な科学は、それと猛烈に戦いました。
しかし、ケネディの人々は米議会へそれを送りました、未発表、休日休憩の前の時間だけ。
グレンの支持者のうちのほとんどは既に去っていました。また、彼はただ離れて、合意が通過するのを見ることができました。

アメリカの会計検査院長は直ちに合意を不法と宣言しました。
ジョージH.W.ブッシュ大統領はそれにとにかく署名しました。

米国-日本合意に署名する前に、アメリカは、リクエストごとの基礎上で米国起源燃料からプルトニウムを分けるリクエストを考慮したことがあります。
この合意は、代わりに、プルトニウム分離のためのヨーロッパの指定の施設に使用済み燃料を転送する権限と同様に、日本内の米国起源核物質を再処理し格納する日本毛布重みを添えました。
すぐに、立法が署名されて法律として承認された後、ケネディと彼のチームは十分に報いられました。
ジェームズ・アウアー(ケネディがペンタゴンを過ぎた合意を得るのを助けたネイビー・キャプテン)にとって、それは大きな経歴の上昇でした。

アウアー、日本の産業によって完全に資金提供されたシンクタンクの新しい位置のヴァンタービルト大学で彼のネービーブルー中で保有権のある教授のスコッス織りジャケットと交換された通行の後にすぐに。
マクゴールドリックとBengelsdorfは数年後に政府サービスから退却し、日本の核工業のために個人のコンサルタントとして何十万ものドルを作るそれら自身のビジネスを確立しました。

1988年までに、上院がケネディの米国-日本核合意を批准した時、日本は、プルトニウムを責任ではなく長所と見なした世界のたった数人の国々のうちの1つでした。
ソビエトとアメリカ人は、莫大な多量のこの長命の放射性元素を格納し安全にする方法を考案しようとしていました。
ドイツとイタリアのような場所に、強い公の抗議は、自分の国境の外側のプルトニウムを格納することを政府に強いました。


日本の武器配達プログラム
1970年代までに、日本は積極的に宇宙計画を追求し始めました。
首相生産および技術的な力としての地位を確立するために、日本は彼女の第二次世界大戦の敗北から起きました。

ジェット機時代は宇宙時代に取ってかわりました。また、日本のような世界的強国はそれ自身の宇宙計画をしていなければなりませんでした。
決定、日本ではほとんど常にそうであるとして、情緒的であるというよりむしろ実用的でした。
将来のコミュニケーションは衛星に依存するでしょう。また、戦争は長距離ミサイルで導かれるでしょう。
1969年までに、日本は、短い通知上で核になる能力を維持することを既に決定していました。

スタートから、長距離弾道弾および衛星をターゲットとする能力はその防衛アーキテクチャーの一部でした。
1969年には、日本が国立航空宇宙開発機関(NASDA)を開いて、スペースを積極的に徹底的に調べて、それを豊富に資金提供しました。
機関のゴールはスペースの有用な役割を促進することでした。
日本は月への向こう見ずなレースに興味を持ちませんでした;
それは、コミュニケーションと監視のための衛星を望みました。
また、それは、それらを得る方法を知っていました。

ちょうどアメリカが平和のための原子力の下の日本へ核技術を移したように、アメリカは日本に同様にそのスペース秘密を公開しました。
NASDAは、アメリカの援助を備えたN-I液体燃料打ち上げロケットを開発し、1977年にきく2通信衛星を屋根裏にしまうためにそれを使用しました。
功績は静止軌道に人工衛星を置くためにアメリカとソ連の後に、日本を3番目の国家にしました。

きく2の成功の着手の後、NASDAはテレコミュニケーション、放送、気象モニタリングおよび他の地球観測機能のための様々なユーティリティ衛星を打ち上げるためにN-IIおよびH-IIロケットを開発しました。
H-II(大規模で、非常に効率的な国際的なクラス・ランチャ)は、1994年以来飛んでいます。

H-IIのリフト能力は、大陸横断の範囲への核ペイロードを始める能力に相当しました。
きくIIの最初の成功にもかかわらず、日本の一貫した障害は正確さでした。
アメリカ人およびロシア人さえと異なり、日本人ロケット科学者は、一貫して正確な軌道に衛星を置く能力を欠きました。

きくIIの後継者は、不正確で不安定な軌道の歴史を持っていました。
サービスの10年間の間設計されていたきくIIIは、その軌道を保持しようとするその燃料を消耗し、2および半期だけの後に空から落ちました。
きくIVは、2年未満続きました。

困難な問題に直面した時、科学者がどこでも行うように、日本人は近道を捜しました。
それはソ連の共産主義の衰退に付属しました。
1991年には、科学者が西洋へ逃れたとともに、ソ連のスペースおよびミサイル・プログラムの外見は気密のセキュリティは、広く開いたように投げられました。

混乱上で大文字化された日本のシークレット・サービス、また設計およびSS-20ミサイル・バスのあるハードウェアを獲得した、ソビエトの重大な3番目の段階、その後、最も進められた、準中距離弾道ミサイル。
その3つの弾頭で、SS-20バスは、エンジニアリング宝(日本はそれからミサイル・ガイダンスに関して多くを学んだ)でした。

それらは、ロシアのミサイルから1つのロケットにいくつかの弾頭を置く方法を学習しました。
MIRVingと呼ばれる技術はすべての現代の弾道ミサイル力の鍵です。
1基のミサイルが個々の目標へのいくつかの弾頭を噴出する場合、それに対して防御することが事実上できません。

日本はさらにルナーA月探査(多くの点で大陸間弾道ミサイル・システムに似ている宇宙探険機)を開発しました。
ルナーAシステムは、月に正確に断固とした目標で3つの調査を置くことを目指しました。
技術は、弾道ミサイル適用に直接移動可能です。

多弾頭再突入弾技術をテストしターゲットとすることに加えて、調査は、確固としたエレクトロニクスを生産する日本の能力をテストすることができました。
調査に乗った道具は、月の表面を打ち、岩へ穴を掘るすさまじい圧力に耐えなければならないでしょう。
これは、正確にアメリカがBー2爆撃機のために開発されたB-61-11のようなその掩蔽壕を失敗する小さな核兵器のために完成したのと同じ技術です。

ルナーA使命で完成された技術は、日本に核兵器およびどれとしても世界で複雑化されるような伝達手段を開発するオプションを与えました。


地方関係および早い核大災害
核兵器へのムードは日本で変わっていました。
恐らく、最も効果的なステートメントは、閣僚Hatsumoハダによって発せられました、に、その後、大使館ディナーパーティーの米国大使ウォルター・モンデール。

ハダ(この人はその後中国駐在の大使になった)は、もし北朝鮮が爆弾を得るか、地域的安全保障状況が悪化したならば、日本が核武装しなければならないだろうとモンデールに伝えました。
日本の大衆が教育されなければならないだろうとハダは言いました。しかし、それは問題を示さないでしょう。

この数年にわたるエリアの安定性の脆弱性は、単に中国および北朝鮮の信頼できる核兵器として増加しました。
日本は、それは速く地域で答える準備ができているに違いないと思います。
1980年代の初めに、いつ、彼女のバブル崩壊、日本のカット、多くのエリアの支出上で後ろに。
しかし、それは核エネルギーにそのコミットメントを引き渡しませんでした。

そのエリアでは、それはまだ世界のリーダーでした。
1990年代(東京県の知事)に?本質的に、東京の市長および日本の最も強力な政治家のうちの1人、石原慎太郎、1位は、公然と核兵器保有量の獲得を主張しました。
驚いたことに、一般市民の抗議はほとんどありませんでした。また、知事は大鞘によって再選されました。
まさにそのスタートから、日本の飼育者プログラムは、日本の産業がアメリカ人とヨーロッパ人が行っていなかったことを行うことができたという確信に基づきました?
非常に複雑な飼育者サイクルを安全に有利に実行してください。

その確信は生産における成功の2世代によって育成されて、日本の全国自信に定着しました。
日本の専用で教養のある労働力および品質管理のその特別の商標は、多数の産業でそれを世界のリーダーにしました。
原子力発電はするでしょう、それは信じられました、単に日本の優れた労働者および管理によって可能になったもう1つの成功です。

30年前に、日本の最も厳しい批評家さえ、恐らく、西洋の努力がどこに失敗したかは成功するかもしれないことに合意したかもしれません。
しかし、核工業が任意の他のものとはるかに異なることを一連の核大災害が実証したとともに、その楽観論はすぐに衰えました。
1995年の文珠高速増殖炉および1997年4月の東海再処理工場の両方は、重大で偶然の放射能漏れを受けました;
両方の事故は試みられた隠ぺいの主題でした。

とても実にひどいのは、文珠FBRの放射性のナトリウムの火および漏れでした。
日本の動燃株式会社(PNC)(文珠を展開した政府公団)は、事故に関する公に繰り返し嘘をつきました。
PNCは、事故の原因を示したビデオフィルムを抑えることを試みました:
2〜3概算トンの放射性のナトリウムをこぼした二次冷却系での破裂したパイプ?
最大のそのようなものは高速増殖炉技術の歴史に漏れます。

誤報の公表のために、PNCが与えた理由のうちの1つは、文珠がリアクターのオペレーションを危険にさらす日本のエネルギー計画にとって重要すぎたということでした。
言いかえれば、公の安全性は飼育者プログラムの二次的なものでした。

たとえ12月11日の早朝に福井県職員のグループによる勇敢な行為向けでなかったとしても、PNCの試みられた隠ぺいは恐らく成功していたでしょう。
隠ぺいを疑って、職員はプラントに入り、ビデオテープを安全にしました。
そのアクションは1980年代の初めに福井の敦賀ユニットIリアクターで前の事故の直接の結果として起こりました。

福井県職員は、その不幸を調査することは許されませんでした。
文珠事故が起こった時、職員は遠方に回されなかろようと決心していました、2回目。
機関がそれ自身ビデオを保留しようとすることに関係していたという意外な新事実に続いて、PNC幹部は自殺をしました。

日本の核施設の大問題の真中に、第二次世界大戦が日本の心理へ戻ったので見られない軍事のレスポンス。
1999年の春に、持っていた北朝鮮のトロール船に発砲された日本の軍艦は、日本の水域へそれました。
日本の銃がはじめて戦争の終結以来ずっと怒りの中で発射していた時に、このアクションはそうでした。
純粋な軍事用語では、約束は些細でした。しかし、それが日本の勇士倫理の喚起を記号化したので、北太平洋地域は注意を払いました。

日本に加えて、フランス、ロシアおよびイギリスだけがまだプルトニウムを長所と見なします。
これらの国々は、商用再処理する産業で数十億ドルの何十も投資しました。
アメリカは、ちょうど常に設備を操作することのないサヴァナ川サイトの門の外部で、Barnwell、S.C.の中のそのただ一つの再処理施設を放棄しました。

アーグ岬、フランスおよびSellafield、イングランド、外国の顧客のための使用済み核燃料からのプルトニウムの個別のトンの巨大な政府所有のプラントだけ。
これらの顧客の中で最も大きな人は日本です、どれ、増殖炉を構築するその能力に対する確信にもかかわらず、英国人とフランス語からのプルトニウムの購入に変わりました。
フランス・英国の再プロセッサーが日本に返すプルトニウムは、核兵器の中で使用するように十分に純粋です。また、そのうちのいくらかはウラニウムから来ます、アメリカで採掘しました。

レーガン政権のリチャード・ケネディを押しのけて行かれた米国-日本合意のおかげで、アメリカは、もはやこの材料の輸送および使用に対して影響力がありません。

したがって、日本の災難の原発事故の後、および核兵器を制限し、かつテロリスト集団が核物質を得るのを妨げる努力にもかかわらずさえ、米国起源核物質は、トン単位で日本へまだ送られています。
すべての船の総積載量は、何百もの爆弾用の十分なプルトニウムを含んでいます。

日本の人々は世界の最も熱烈な核兵器相手の一人ですが、日本のセキュリティは核兵器に解決できないほどに結び付けられます。
アメリカの核の傘は、現在日本の中国と北朝鮮のような核の武装した隣人に対する最後の防衛線です。
また、日本のリーダーシップの論理的根拠は、日本を保護するために核の騒ぎへアメリカ人が入って行くだろうという実際の見込みがないということでした。

その領域上に爆発する中国または北朝鮮からの爆弾の可能性で、多くの日本人リーダーが単に望ましいではなく不可欠の核の選択を考慮するために来ました。
リチャード・ケネディは1998年に死に、アーリントン国立墓地で埋められました。

その数年が気楽さの彼の弟子に生きられていた生命を通ったとともに。
しかし、これらの人が大使ケネディのための労働の産物を享受したとともに、それらが作成した政策の現実、とても劇的な方法で外に遊んでいました。

Sellafield核再処理設備はサヴァナ川サイトの英国政府に所有されたバージョンです。
一旦、世界のほとんどの致命的な物質(プルトニウム)の生産に専心的だったならば、核爆弾の重要な成分、数年前まで、Sellafieldは上がっていました、近くの町の血。

世界中の発電所で照らされた原子炉燃料から大人気のプルトニウムを分けるSellafieldの6500人の仕事。
それは危険作業です。
プルトニウムの微視的な粒子は致命的な肺あるいは白血病を引き起こすのに十分です。
Sellafieldはさらに大きな多量の他の放射性廃棄物と同様にトン単位でプルトニウムを生産しました。
サヴァナ川のように、英国のプラントは周囲の環境へ放射線を広げました。

1952年、魚、甲殻類、およびアイリッシュ海およびローカルのハトさえの海産植物以来、極度にSellafieldからの放射性廃棄物で汚染されました。
プルトニウム・プラントは1 10年間で海へ300億リットルの放射性廃棄物をリリースしました。
Sellafieldの再処理する産業の最も危険な結果は、世界の反対側にそれが引き起こすかもしれない軍拡競争です。

それは、英国の核燃料株式会社(BNFL)(Sellafieldを実行する公有会社)が、最高入札者のためのプルトニウムを大量に作り出すからです。
フランク・バーナビ博士(引退した英国の核兵器デザイナー)は、日本へ繰り返し送られたSellafieldで生産されたプルトニウム燃料が核兵器の中で使用されることが十分に純粋だったと言います。
彼は、アメリカとイギリスが構築しており、いわゆるリアクターで作られた、信頼できる核兵器がプルトニウムを類別することを説明します。

前のポールLeavanthal(拡散防止エキスパート)は、Seascaleの人々と言いました、町、最も近いSellafield、無意識に供給されたプルトニウム、それは終了することができた、を上へ、核爆弾の中で、また次のことを非難した「サッチャーの英国政府は行った、それ、英国の仕事の名前の中で。」
大使ケネディの合意は、起こり得るテロ攻撃からプルトニウムを保護することに専心的な政府船によって護衛されることを材料を輸送する船に要求しました。

この言語の意図は出荷を護衛することを軍艦に要求することでした、しかし、国内の日本の圧力に応じて、船会社は、2隻の運送船が互いに護衛することを可能にするようにアメリカ政府、英国の政府および日本の政府に説得しました。

運送船は、太平洋核輸送リミテッド(お金を節約したかった日本の公益事業会社のコンソーシアムによって部分的に所有されるBNFLの子会社)によって所有されます。
日本とフランスの間の進行中の核通商および英国はすぐに型通りになりました。
日本のための大量の米国起源原子炉廃棄物の何千の毎年の出荷は、1995年の春まで大部分は平穏無事でした。

利益を越えて、フランスと英国が日本へプルトニウムを送り続ける別の理由があります。
それらがしなければ、ロシアはするでしょう。
経済用語、需給好意日本のバランス、世界の唯一の重大なプルトニウム買い手に。
核装備の日本の見通しに直面した?
またこれらの国家間の血の歴史を与えられた?
日本のアジアの隣人はアレヴァから買い始めました。フランスの政府は再プロセッサーを所有しました。
これらの出荷は平穏無事ではありませんでした。

福島核災害は核兵器等級プルトニウムを備えた日本で最初の危機一髪の脱出ではありませんでした。
何百もの核爆弾を建造するために十分な不用のプルトニウムで積まれた太平洋のオナガガモが、嵐にチリ人の水域の保護に向かおうとした時、日本は、1995年3月20日にチリ人の海岸を汚染することに非常に近くなりました。

1995年3月20日に、ブレインAxtonキャプテンは海上で彼の40年でより悪い天候を見たことがありません。
彼の軽く武装したトロール船(太平洋のオナガガモ)は、激浪(彼女の弓(嵐で水平に飛び去るスプレー)の上に衝突する40フィートの波)で労働しました。
彼は、南アメリカの先端のホーン岬から南極の強風の真中にいました?
世界で最も致命的な海洋?
しかし、天候はAxtonの問題のうちのたった1つでした。

オナガガモは、オナガガモのホールドの内容に関するチリ人のネイビー砲艦を備えた緊張した孤立に固定されました:
ハイ・レベルのプルトニウムを満載した放射性廃棄物(フランスから日本へのenルート)の28の小缶。
もしオナガガモが倒壊したならば、彼女の有毒積荷は南アメリカの西海岸全体を毒することができるでしょう。
Axtonおよび彼のチリ人のカウンターパートの両方は、災害の可能性を痛感していました。

スプレーおよび土砂降りの雨を通って、Axtonは、チリ人のフラグを翻す砲艦を理解するかもしれません。
チリ人のキャプテンは、オナガガモがチリの200マイルの排除ゾーンに入るのを防ぐことが必要などんな手段も使用することを彼が認められるとAxtonに既に警告していました。
言語はAxtonに明らかでした;
それは、「回転してください。さもないと、私たちはあなたを沈めるか、あるいはあなたを板で囲うでしょう。」と言う最多の丁寧な方法でした。

チリ人の政府は万一オナガガモが落ちたら、それがそうで決意しました、ほど遠くでも、チリ人の経済の大黒柱である南洋漁業から可能。
チリ人の砲艦キャプテンは、警戒チャンネル上の警告を叫び続けました。
彼女がオナガガモに対する射撃態勢を取り上げるために海を通って方法と戦うとともに、彼女のキャプテンは炭壁火災への許可を求めて、サンティアゴへのラジオ上にいました。
それは来ませんでした。

Axtonが賭け事でなくすように、チリ人は、それらの海の底の核廃棄物の積荷を置くところでありませんでした。
海は非常に荒かったので、両方の船は単に浮いてとどまろうと努力していました。
海賊は問題外でした。
チリ人の砲艦は、オナガガモがパタゴニアの海岸の陰の嵐から残存したところで、チリ人の水域へ彼女を継続させる以外ありませんでした。
効果的に、嵐に乱打されたオナガガモが日本の水域2に数週間後に着いた時、東の台風建物で、彼女の日本人所有者は日本の土地から300マイルの嵐をじっと待つようにオナガガモに命じました。

2010年9月に、フランスのアレヴァは、福島ダイイチ原子力発電所でのリアクターナンバー3に最初のプルトニウムに基づいた混合酸化物(MOX)燃料をロードしました。
その数年がますます過ぎるにつれて、日本人リーダーはそれらのプロ軍事・プロ核公告においてより大胆になりました。

2011年3月の津波および核災害につながる週で、船を日本の沿岸警備隊船にぶつけた後、中国のキャプテンが逮捕された後、核装備の日本の問題は非常に公になりました。

英国の新聞とのインタビューで、独立した、東京都知事石原慎太郎は、日本が一年以内に核兵器を開発することができ世界へ強いメッセージを送ることができた、と主張しました。
「私たちのすべての敵:
中国、北朝鮮およびロシア?
すべての親しい隣人?
核兵器を持ってください。
同様の状況で世界には別の国がありますか。
人々はコストおよび他のものについて話します。しかし、実は、外交交渉力は核兵器を意味します。
[国連]安全保障理事会の[永久の]メンバーはみなそれらを持っています。」

石原は伝えました、独立した、衝突(警察が日本の沿岸警備隊船にぶつけたことで非難された中国の船のキャプテンを解放した時、それは終了した)は、アジアで彼の祖国の弱さを露出しました。
「中国は試みていなかったでしょう、Senkakusに手を触れる「日本が核兵器を持っていた場合。」
知事が彼の意見を述べる前の週、北京は、その2011年の国防予算が13パーセント増加されるだろうと発表しました。

日本とさらに緊張を増すことは、中国が世界第2位の経済大国として2011年1月において公式に日本をしのいだということです。

知事は、ロシア(それは第二次世界大戦中に4つの日本語に所有された島をとらえた)から核装備の日本がさらにより多くの尊敬を勝ち取るだろうと言いました。
また、彼は、武器の製造および特価のその構成中のすべての制限を取り除くように国家に助言しました。
「私たちは精巧な武器を開発し、それらを外国へ売るべきです。
アメリカが産業を砕く前に、日本は世界で最良の戦士を作りました。
私たちはそれを戻すことができました。」
日本人国家主義者は、アメリカの占有の間にアメリカによって起草された日本の戦後の憲法が放棄されるよう主張しました。

それは日本を始める戦争を不法にします。
知事がこれらの意見を述べた1か月後に、福島原子力発電所での3つのリアクターが、プルトニウムに基づいた混合酸化物燃料を備えたリアクターナンバー3を含むことを下って溶けました。
初めて、より大きな日本の大衆は、それらの政府と強力な日本の公益事業会社の関係およびそれらの余剰プルトニウムについて重大問題に尋ね始めました。
1年後に、答えより多くの質問が残ります。


編集者注:
ナショナル・セキュリティ・ニュースサービスのための1991年のリポーターの中の始めは、隠密の日本の核兵器プログラムの調査を試みました。
私たちの仕事はこの数年にわたって継続しました。
それは、NSNSに福島ダイイチ原子力発電所で進行中の悲劇を包む、間違った陳述と秘密の理由に対するユニークな洞察力を与えました。
この物語は、NSNSのための現在と元リポーター、仲間およびインターンのチームの仕事を表わします。

Tokyo Electric Power Company Visits Department of Energy Labs
http://www.scribd.com/doc/86829852/Tokyo-Electric-Power-Company-Visits-Department-of-Energy-Labs

2012_04_02sSDIJapan
http://www.scribd.com/doc/87789436/2012-04-02sSDIJapan

2012_04_02satosummit64
http://www.scribd.com/doc/87789420/2012-04-02satosummit64

2012_04_02NIEReportonNucCapabl
http://www.scribd.com/doc/87789396/2012-04-02NIEReportonNucCapabl

2012_04_02JapanUS1985agreement
http://www.scribd.com/doc/87789327/2012-04-02JapanUS1985agreement

2012_04_02JapanNucOutlook
http://www.scribd.com/doc/87789314/2012-04-02JapanNucOutlook


 ↓
https://twitter.com/jhatajinan/status/190059201425453056
なんだかんだ4号機ミステリーの裏付けが着々と進みつつあるような気がする。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2045.html
2012-04-11 世界の真実の姿を求めて まず大飯原発の再稼動がなければ、核兵器の開発はできなくなる

中曽根がアメリカへプルトニウムを輸出した とかいう話は色々と何かと言われていたけど
其の話の周辺の事ですね。
此の話を読む前に とりあえず一つだけ覚えておいて欲しいのが
スリーマイル島原子力発電所事故
1979年3月28日

という 日米の原発と核兵器開発と核兵器級プルトニウムの動きの時系列でのタイミングが
何処で大きく変わったのか という観点を踏まえながらだと理解が早いかもしれない。


 ↓ ↓ ↓
http://ikeda102.blog40.fc2.com/blog-entry-680.html
米政府 日本の軍事級プルトニウム 70トン備蓄を支援・容認
| 瓢漫亭通信 2012.04.10 ここに抄訳があります
米国の安全保障問題メディア 「NSNS」

・20年がかりの調査報道で暴露 米政府 日本の軍事級プルトニウム 70トン備蓄を支援・容認 
・拡散防止の連邦法があるにもかかわらず、増殖炉のテクノロジー・ハードウエアを日本へ売却
・レーガン政権下 CIAが日本政府の核武装秘密決定を確認しながら 
・核運搬手段 日本諜報機関 1991年 旧ソ連 SS20ミサイルの設計図などを入手  
 
◇ NSNS電子版 United States Circumvented Laws To Help Japan Accumulate Tons of Plutonium 
http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html


 ◇ 大沼のソースはENEニュース(NSNS電子版記事で確認)
NSNS: Secret Japan nuclear bomb program covered up using nuclear power industry ― Enough to build arsenal larger than China, India and Pakistan combined
http://enenews.com/report-secret-japan-nuclear-bomb-program-covered-up-by-nuclear-power-industry-enough-to-build-arsenal-larger-than-china-india-and-pakistan-combined

           #

米国の国家安全保障問題専門通信社のNSNS( National Security News Service)は9日、
米国のレーガン政権が
核技術などの国外移転を禁ずる連邦法(カーター政権下、制定の原子力法)をなおざりにし、
日本が原子力の平和利用の名の下に、
核兵器の材料となる軍事級のプルトニウムを70トンも備蓄するのを手助けしていたことを明らかにする、
1991年以来、20年がかりの調査結果を報じた。

それによると、
米側は
 日本が1960年代から核開発の秘密計画を保持しているのを
 CIAなどの諜報活動で確認していながら、
 米国内で頓挫したプルトニウム増殖炉の設備や技術の日本への移転を認める
とともに、
国防総省の反対を抑え込んで、英仏からの再処理プルトニウム海上輸送を容認さえしていた。

この米国による「プルトニウム対日支援」は、
1988年に米上院が批准した日米原子力協定によって承認されたものだが、
NSNSによると、発端はカーター政権時代に遡る。

米海軍の原子力の技術者で、核問題に精通したカーター大統領は、
サウスカロライナ州のサバンナ・バレーやワシントン州のハンフォードの核施設で、
米国が続けていたプルトニウム生産の増殖炉研究を停止する決断を下す
とともに、
核技術・設備の国外移転を禁じる「1978年核非拡散法(原子力法)」を制定した。

これにショックを受けたのは
サバンナ・バレーのクリンチ・リバー増殖炉を中心に
プルトニウム増殖の研究開発をあたってきた米国の原子力推進派。

民主党のカーター政権が倒れた後の共和党のレーガン政権下で巻き返しを図ろうとして、
 核武装を狙って兵器級プルトニウムの備蓄を進めようとする日本側に、
 サバンナ・バレーのクリンチ・リバー増殖炉で蓄積した
 増殖技術や遠心分離器など設備を日本側に売り渡す日米原子力協定の締結
に漕ぎつけた。

レーガン政権による、このプルトニウム対日支援の直接のキッカケは、
1984年の米ウエスチンブハウス社の中国に売り渡し。
これに抗議する日本側を宥(なだ)めるために、
レーガンの「原子力の右腕」と言われた、リチャード・ケネディが工作に動いた。

米国のCIA、NSAは 自前の盗聴など諜報活動により、
日本政府は1969年、政治系のトップレベルで、
「必要とあらば、
 外国からどんなに圧力をかけられようと、
 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」
という秘密決定していたことを知っていたが、
そもそもCIAは この日米秘密合意への関与からは干されていた という。

合意された日米協定は、
 日米の科学者が5年間にわたって研究協力を行ない、
 米国から輸出された核燃料(の再処理)について、30年間にわたり、日本のフリーハンドを認める
という内容。

日本が 米英の再処理施設へ委託して使用済み核燃料から抽出したプルトニウムを日本まで輸送する
ということも同時に認められた。

このプルトニウム輸送については国防総省がハイジャクなどを恐れて
洋上輸送に反対(一時、空輸も検討)したが、
国防総省内の知日派などが動いて、容認されることになった。




NSNSの この調査報道記事は、
高速増殖炉「もんじゅ」の事故などに触れているが、
米国が売り渡した増殖技術、遠心分離機など設備が、
日本でどのようなかたちで生かされ(あるいは生かすのに失敗し)、使われたか(使うのに失敗したか)
までは踏み込んでいない。

しかし、日本の権力者にの核開発(核武装)の明確な意志があり、
そのためのプルトニウム生産のテクノロジー、及びハードウエアを、
国民が知らないところで、ひそかに米側から受けとっていたことは、
極めて重大な問題である。  

NSNSの報道は、
 日本の宇宙開発が核の運搬手段開発の隠れ蓑であり、
 1991年には、日本の諜報機関が
 旧ソ連のSS20ミサイルの設計図とハードウエアに入手に成功している

とも報じている。

NSNSはさらに、
 日米プルトニウム協定でも、日本側の窓口を電力各社が担う
 など、核開発ではなく、あくまで「民生利用」のカモフラージュが施されていた

と指摘している。

 フクイチ事故の陰には、日本政府の裏と表の二重の原子力政策があった!
 フクイチ事故の責任追及は、当然ながら、日本の当局による核開発疑惑の解明へと向かわなければならない。

Posted by 大沼安史 at 07:27 午後


http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2045.html

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/12/29/mainichi-dec29/
12月29日 核兵器に転用できるプルトニウムを保持したいとする国家的欲望がそこにある 小出裕章(毎日)
2011年12月29日、小出裕章氏のコメントが毎日新聞に掲載されました。

▼東日本大震災:福島第1原発事故 「収束は見せかけ」 小出・京大助教が講演 /福岡 – 毎日jp(毎日新聞)
=====
辺野古評価書提出 知事「県外」一層固く
東日本大震災:福島第1原発事故 「収束は見せかけ」 小出・京大助教が講演 /福岡

 京都大原子炉実験所助教、小出裕章さん(62)がこのほど、小倉北区真鶴の真鶴会館で講演し、東京電力福島第1原発事故について報告。野田佳彦首相が16日に宣言した「冷温停止状態」に対し「本来の冷温停止とは似て非なるもの。事故が収束しているように見せかけている」と断じた。

 「原発の廃炉を求める北九州市民の会」の主催。約450人が参加した。

 小出さんは福島県の広大な範囲が汚染された実態を示し「福島原発事故を起こした東電と、運転を与えた国に責任がある」と声を強め「原子力村」の既得権者たちを批判。事故後も原発を推進する理由として「核兵器に転用できるプルトニウムを保持したいとする国家的欲望がそこにある」と指摘した。

 また、節電を呼びかける広報にも、火力と水力の設備容量だけで最大需要が賄えてきた資料を提示。原発再稼働に「地ならし」を進めているとして電力会社と国の姿勢を批判した。【林田英明】

〔北九州版〕



http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-5047.html

多くの日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。

しかし、アメリカはすでに方針を変更しています。
日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許しています。
そのことは、高速炉『常陽』と『もんじゅ』の使用済み燃料を再処理する技術をアメリカは日本に売ったことで明らかです。

これは、大きさが10センチ程度の小さい遠心分離機ですが、使用済み燃料の硝酸溶液から軍用プルトニウムを抽出するために必要な技術です。
軍用プルトニウムを現存の再処理工場で抽出することは、臨界の危険があるのです。
そこで、このように小さい抽出装置が必要なのです。

この軍用プルトニウムの再処理工場RETFが現在東海村の再処理工場の隣に建設中です。



http://moebbs.net/test/read.cgi/22ch/1284562022/
☆アメリカは日本の核を容認する筈がないと言い続ける人達がいる。

たしかに昔はそうだった。
イギリスから買った最初の原発、東海村の黒鉛炉の使用済み燃料の日本での再処理を許さなかった。

カーター大統領の時代には、日本がカナダから重水炉を買うことを妨害した。
兵器級Puの製造を日本にさせないためである。

しかし、最近は違う。
アメリカはもんじゅの建設を認めただけでなく、
そのブランケットから兵器級Puを抽出する特殊再処理工場(RETF)の建設も認めた。

そして、そのための軍用小型遠心抽出器を動燃に販売した。
このRETFが完成すれば、日本はいつでも核兵器を生産できることになった。

☆兵器級プルトニウム239で爆縮型の小型化可能の核兵器が出来ます。



http://www.kageshobo.co.jp/main/syohyou/kakushitekakubusou.html

槌田氏の主張は、アメリカ政府は1970年代までは日本の核開発を一貫して妨害してきたが、
1980年代のレーガン政権以降方針を変更して
常陽ともんじゅのブランケット燃料から軍用プルトニウムを抽出することのできる
特殊再処理工場(RETF)の建設を認めた。

それは、中国の核が強大となり、小型化、多弾頭化が進んだので、
米中の核戦争となった場合にアメリカが核攻撃を受けるおそれがあり、
日本を限定的に核武装させることで、
そのおそれを避けることができるとされている(20−21頁)。

このRETF計画は1995年のもんじゅナトリウム漏れ事故、
1995年の東海再処理工場の火災事故のために建設が中断されてきた。

しかし、槌田氏は、2008年にも予定されているもんじゅの運転再開が実現すれば、
ほぼ完成しているRETFも完成運転にこぎ着け、
軍用プルトニウムの抽出ができることとなるだろうというのである(22−23頁)。

もんじゅが正常に運転されれば、
濃縮率98パーセントの軍用プルトニウムが毎年62キログラムも生産できるという。

そして、もんじゅは発電を目的とするように偽装されているが、
実はこのような軍用プルトニウムを製造することが目的であるとしているのである。

私は、現在の日本政府の具体的な高官が、近い時期に核武装を計画しているという証拠はないと思う。
少なくとも、本書にもそのような具体的な証拠は示されていない。
しかし、槌田氏の指摘は重要である。

発電用としては殆ど意味を為さない「もんじゅ」が、
なぜプロジェクトとして息の根を止められることなく継続しているのか、
そこには発電用原子炉とは異なる目的があるのではないかと疑うに足りる十分な根拠はある。

また、RETFなどという、およそエネルギー政策としては意味のない施設が、
なぜ多額の国家予算をつぎ込んで建設されようとしているのかについても、
納得のできる説明はなされていない。

そして、日本の軍事力がプルトニウムの生産能力、
核弾頭の搭載できるミサイル技術の点で、
核武装の可能な段階に到達していることも否定できない。

昨秋まで政権の座にあった安倍晋三氏や次の政権を狙っているとされる麻生太郎氏らが
かねてからの核武装論者であることも隠れのない事実である。

本書に収められたリストによれば、
野党の中心をなす民主党の中にも13人もの核武装論者が含まれているという。

最近では核武装をテレビで支持していた橋下弁護士が大阪府知事選挙に圧勝する
というゆゆしき事態となっている。

だから、私には槌田氏の指摘する日本核武装論には根拠がないとして切り捨てる自信はない。

すくなくとも、日本の核武装の野望が現実の政権内部にあり、
その計画が現実に進められているかどうかにかかわらず、
その時点の政府高官が核武装をしようとすれば それを可能とする事態を招かないように、
その技術的な前提となる もんじゅの運転再開 を なんとしても食い止め、
また、不必要なRETFの完成運転を食い止めなければならないと考えるものである。


https://twitter.com/jhatajinan/status/190093321580986369
福島第一原発事故で忘れてならないのは1号機が稼働40年を迎え、
さらに10年の稼働が認可された年に起こったということだ。

キタチョウセン ガー とか叫び出すケダモノ達の叫び声 の話なんかは あまりにドーデモイイ話なので
よっぽど
 ニホンと米帝とユダヤイスラエルシオニストの核の話の方が間違いなく危険、
って言い出した方が良いんじゃね?w

情報流通 の こういう観点は今や ごくごく簡単に見いだせる。
でも 救い難い情報弱者 の方が まだまだ社会の圧倒的大多数を構成している事もまた事実だ。

情報を見つけ出し
情報を精査し
情報から分析し洞察し
では 自分が何者か までをも見いだしていこうとする。

俺は そんなチョットした事だけを 此処でしているだけです。




誠天調書 2012年03月10日: 福島第一原発4号機は核兵器製造工場、という禁忌を隠蔽する為の「貯蔵プールが倒壊すると危ない危ない」の喧伝では? だから其の先に有る「stuxnet」も禁忌となるのでは?
http://mkt5126.seesaa.net/article/256708861.html


誠天調書 2011年12月02日: 再臨界しまくってる? もしくは 隠蔽工作をしまくってる? それとも?
http://mkt5126.seesaa.net/article/238176700.html

誠天調書 2012年02月05日: 発電用に使用された原子炉で生じる使用済燃料 と 核兵器製造用に使用された原子炉で生じる使用済燃料 では、プルトニウムの含有比率が違う。福島第一原発の4号機って何だったんだろうね?
http://mkt5126.seesaa.net/article/250465126.html

フクイチで何かあったん? | 憂いの果てに 2012/03/01
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-379.html

誠天調書 2012年02月22日: 現状の原発を世界中から廃棄させて 現状の核兵器は廃絶させて、 でも自分達だけは 新型トリウム原発 → 新型トリウム核兵器 を持っていたい。  その為には「むしろ福島第一原発は爆発しなければならなかった」とする連中は公然と居た。
http://mkt5126.seesaa.net/article/253497805.html

誠天調書 2012年02月23日: せっかく減った人口です、これ以上増やさずに優良な人種だけを残す、それ以外に人類の永遠の平和は望めません。
http://mkt5126.seesaa.net/article/253623003.html

誠天調書 2012年03月09日 プルトニウムですら簡単に検出できるCeBrシンチレータを国産OSスマホへ搭載させたい
http://mkt5126.seesaa.net/article/256329121.html

ってかもう既に抜いたんでない?
本数合わないのはメルト〜のせいってことにするんだろうし。


2011/11/12 フクイチ4号機ミステリー 消えた548本の謎を解く | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-340.html



https://twitter.com/ompfarm/status/189794389999099905
原発という戦後日本をある意味「食い物」にしてきた利権システムの綻びに、
権威と権力を防人にしてのシステム死守の戦いが繰り広げられている。
この戦後統治が作り上げたシロアリの巣を死守するために、
地上には言論の地雷がバラ撒かれ、海には挑発による印象破綻の機雷が漂っている。



https://twitter.com/jhatajinan/status/189998897752580096
しかし、OPKの横川氏が『やっちゃうよ?』といいな神戸にキレるのも分かる。当方はいいな神戸とその周辺を、『向日葵と愉快な仲間たち』でリストアップしているのだが、未だに殺害予告部分を書き起こしてはねちねちと文句を言っている。こいつ、自分がなぜ嫌われているのか一生に気付けないタイプだね
つーか アレじゃ単なるカルトの無自覚な下僕でしょ?w 絡むだけ時間と労力の無駄かとw
ある意味では 哀れな子羊達にはカルトが必要なのですよ、
カルトの下僕である事に悦びを覚える事へすら無自覚なんだから、哀れんであげるしかない。

俺は より上部構造の教えを上手に従うから敬意を受けたい とは全く思わない
己が独立独歩の自分の生き方の道行きに行きながら 賛意を示してくれるんならば「ならばよし」と思うだけだ。
結果として 情報流通の先で情報の果実を捧げられて受け取る事をも有るが
其の事は何一つに特別な感覚を 誰も感じないだろう。

自分の生き方の道行きに反する者達へ罵詈雑言を投げつけた挙句に
自然に敬意を受ける方法をも会得できずに知らないままならば
誰も尊敬はしないよね?w  誰も 何かを無償でしてあげようとは思わないよね。 
カルトの内部の より上部構造の教えを上手に従うから敬意を受けられる、という形式以外はね。

サルのノミ取りの毛づくろい技術とは サル山でのみ成立できる、
地獄への道行きは舗装されている という事をも理解できないサル達の行為を、俺は哀れんでやるだけだ。

んなことに心を煩わせる時間と労力すら 今の俺には惜しい。
だったら 俺は俺として 人としての道行きを模索して行くだけだ。


https://twitter.com/jhatajinan/status/189999173444182018
ね?性格悪すぎるでしょう。

https://twitter.com/potewo/status/190002569521795072
滲み出てますね。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190003138240057344
ああ言いたくなる気持ち分かるよね。
サルやハムスターへ人間的な精神性を問う事など 基本的に俺はハナから期待すらしないですけどねw 

一神教で蛮族野蛮人な集団性は単一線で サルでも出来るが
多神教で文明人の組織論は複層的なので 理解に至れるサルなんかが居るはずもない。

そういうサルは 人の心の機微を理解する事が出来ないまま死ぬから 墓も毛皮も残せない、ただ土に還るだけだ。
まぁ俺だって 墓も毛皮も名も残せないだろうが せめて人の心に残る機微の何かを伝えていきたい。
それで充分だ。




https://twitter.com/free_totti/status/189794994092126208
爆弾低気圧発生原因に関する追加メモ。 
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/5223909.html 
爆弾って名乗ってますからナァ(笑)。

https://twitter.com/kenbor/status/190003484895092736
4/11 17:39地震。
震源地はインドネシア付近、地震の規模(マグニチュード)は8.7と推定。
インド洋の広域に津波発生の可能性。この地震による日本への津波の影響はなし。http://www.jma.go.jp/jp/quake/「気象庁|地震情報」 http://twitter.com/kenbor/status/190003484895092736/photo/1

https://twitter.com/jhatajinan/status/190007407164919809
今日のハイネットはやかましいな。
しかも震源地が斬新だ。
『富山・岐阜県境』『静岡県中部』『群馬県北西部』『徳島県』ふーん。
そういえば ちきゅう号は この前に清水港を出たよね
2012-02-12 contemporary navigation : 『ちきゅう号』が清水港を出港 14日から東南海地震震源域を掘削へ
http://ccplus.exblog.jp/17361146/


「ちきゅう」の掘削能力は10キロと言われていますが、ここでは「7千メートル」となっており、
実際にはそこまで深く掘れないようです。
採掘スピードも、40日で1200〜1400mの井戸を4本ということですから、
一日当たり最大で140m掘ることができるようです。



では
311地震が起きた震源域の海底の深さはどれくらいでしょう??

一連の地震は、日本海溝に落ち込むスロープで起きています。

深さ7キロの海底から1キロ掘り進めれば深さ8キロなわけです。


深さ8キロというのは、四捨五入すれば10キロです。
すなわち、当初の気象庁発表の震源の深さ10キロというのは、
深さ7キロの海底から1キロ掘り進めれば可能なのです。

で、日本各地に、このような穴が既に空いているわけです。
その数3000カ所とも言われています。
これから空ける穴も同じようなものです。
しかも、この穴には蓋が付いています。

地中に圧力をかけて水を注入すると地震が起こります。
その圧力は強ければ強いほど大きな地震が起ります。

深さ7000メートル地点から1キロ掘った穴の蓋を いくつも開けたらどうなるか?
地震が起きるに決まっているでしょう。
海底は、とてつもない水圧だからです。



なぜ、311の後にあれほど多くの余震が起きたのか?
考えれば、プレートテクトニクス理論による地震発生では説明が付きません。

そもそも、プレートテクトニクス理論というのは、
地下核実験の進行と同時期に出て来た理論なので、
それだけとっても怪しいのですが。。

ですが、
マグマが地表に近いところにある場所で、
巨大地震によって生じたひび割れに沿って水が侵入した結果として地震が起きたと考えると、
簡単に説明が付くわけです。

内陸の地震についても、多くは、
地下水や雪解け水などが割れ目に沿って侵入した結果と考えれば、
説明が付きます。


全ての地震が人工的に起爆したとは言ってないのです。
もちろん、穴が空いているが故に人工的に起こされている場所はあると思いますけれども。
犬吠岬沖とか いわきとか。。




当ブログは、
311の本震やほぼ同時に起きたいくつかのM7クラスの地震に関しては、
『ちきゅう号』が掘った穴は使われていないと考えています。

ちきゅう号が掘った穴は、あくまでも事前準備、
つまり、アスペリティの破壊進行をすすめる下準備に使われた
と考えているのです。
なるほどね。
俺も コッチの話に近いかな。でもチョットは関与している とは思っているのが俺。
あくまで ちきゅう号+何か とは考えている。


ちきゅう号を管轄していた、初代海洋開発担当大臣だった公迷党の冬柴氏が、
都合よく亡くなったなのが、偶然だとは、とても思えませんから。
口封じとしか思えません。


核爆弾を海底に仕込むのは、当然プロの軍隊がやるに決まってます。
そうじゃないとバレてしまいますから。

そのため、311地震は、
3月9日、10日のアスペリティの破壊進行よりも、
かなり浅い海域で起きているのです。

その方が、プロの軍隊には穴が空けやすかったのだと思います。
いや 相当数の穴開け工事が必要となったから
その幾つかの掘削工事はちきゅう号が担当した という程度の意味合いでなら 関与はしているけど、
メインの掘削 及び 最後の最後の起爆 を担当したのは別だと俺も思う。

掘削箇所が岩手沖〜宮城沖〜福島沖という連続にして大規模な工事だった以上
おそらく掘削の初期は 民間色の強い「ちきゅう号」、
工事の中期〜後期は別の 軍事色の強い工兵の関係 という感じだったんじゃないかな。


3月9日と10日に起きたM5以上の地震は10回
これを地形図にプロットしていくと、正確に台形になります。

これが、311の本震によって壊れたアスペリティの一つだと当ブログは考えています。

堅い岩を割る時に、一回の衝撃で壊れない岩でも、
まず、あらかじめ、いくつもの衝撃を与えておいてひび割れさせてから、
脇に強い衝撃を与えたら、完全に割れますよね??

これですね誠天調書 2011年02月27日: 「“人為的”地震」を戦術として利用する、という概念を受け入れにくい人達
硬い岩盤でも 幾つもの穿つ穴を築けば 容易に裂ける、というのは
掘削やコンクリート破砕などをした事のある人なら すぐに分かる話だ。
そういう土建現場へ入らない 机上の論理だけで生きていけるエリートサマには分からないかもしれませんが。

311の地震は、そうやって起きているのです。
ですから、311の地震は、3月9日から始まっているわけです。


ここのところを誤解している方が多いようです。
311地震を本当に知りたかったら、3月9日からの地震を調べないとダメなんです。

多くの地震研究者が、誤解しているのは、そこです。

管理人は、3月11日14時46分に地震が起き、揺れが大きくなった瞬間から、
これが人工地震であると思った一人です。

それは、事前に柴田哲孝氏の『GEQ』を読んでいたからというのもありますが、
311がテロに関する日付だったことも関係しています。
それまでに様々な事件を調べていたからこそ、疑いをもったわけです。

そして、それは、まず、3月9日と10日の地震の震源域をマッピングしてみて、確信に変わったのです。
自然の地震で、これほど都合良くアスペリティの破壊は行われないはずだ。
これは、深海掘削ポイントと一致するのではないか?と

津波というのは、有る程に度深さがある海域で起きた地震でないと大きな津波にはなりません。
そして、
自己組織化する波=孤立波=ソリトン=津波というのは、
深さよりも幅が上回らないと起きないのです。

ですから、台形のアスペリティの破壊が進行していた状況で、
その端に強い衝撃が起きた場合、津波になる確率が極めて高いのです。


311の時には、更に、
ほぼ同時に起きた いくつかのM7クラスの地震によって幅広く衝撃が加わっています。
これが結果的に、津波を生んだのだと考えらえます。

311が、計算された津波兵器であったと考えられるのは、そこです。





https://twitter.com/jhatajinan/status/189966024676868096
FNNニュース: リンゼイさん殺害事件
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00221036.html
市橋が丸坊主にしていないところを見ると上訴する気かも。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189969233151672321
東京高裁は「市橋被告の欲望の餌食になり、生命まで奪われた被害者の苦痛と無念は察するに余りある」と述べ、市橋被告の控訴を退けた。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189968348640067584
リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件は市橋達也の犯行ではない。
リンゼイさんはNOVAへの見せしめとして長時間拷問を受け、生きたままバスタフの中に埋められた。
警察がリンゼイさんを発見した時、彼女は生存していた可能性がある。
なのに警察は救急車も要請せず、蘇生措置も行わなかった。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189969351091306497
馬鹿野郎。腐ってるぜ、全く。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189969726452154368
山本宏之弁護士に電話をして、明日11日(水)の判決後のことについて教えていただきました。
控訴するかしないかは市橋君次第だとのことです。
http://naokimotoyama.blogspot.jp/2012/04/11-21213.html
市橋、迷わず上訴しろ!

https://twitter.com/jhatajinan/status/189971809133801472
リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件は誰もが市橋の犯行であり、市橋以外に犯人はいないと思っている。
市橋は全国指名手配され顔写真入れの手配ポスターが そこここに貼られ 懸賞金1000万円の賞金首になった。
しかし容疑は死体遺棄のみだ。
殺人で逮捕状は取られなかった。証拠がなかったからだ。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189973005324124161
死体遺棄というのは、『死体を墓地に埋葬しなかった罪』だ。
墓地埋設法違反であり、おおむね罰金刑に処される、微罪である。
最高で三年以下の懲役しか科せられない。
他方で、殺人は『殺意をもって人を殺めた罪』だ。
市橋の場合、死体遺棄のみでしか逮捕状はとられなかった。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189974171202232320
死体遺棄容疑というのは、殺人容疑も視野に入れて捜査が行われる。
死体遺棄容疑として捜査が行われる過程で、殺人の証拠が見つかり次第、殺人で逮捕状をとる。
仮に殺人の証拠がなかった場合、殺人容疑を立証するには、容疑者の自白しかない。
市橋の場合、ここで言う自白を弁護団が捏造した。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189975529963786240
市橋についている現弁護団は、彼を有罪に陥れるために結成された。
謝罪の手紙騒動にしてもそう。手記本出版騒動にしてもそう。全部弁護団が主導したものだ。
警察は市橋達也の2年7ヶ月の足取りを全くつかめていなかった。
謝罪の手紙や手記本は、その空白を補填するものだ。
弁護をする集団のやることではない。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189977012352454656
警察と検察と弁護人と裁判官が 一緒くたになって罪を認めさせようとすれば 当然に冤罪は生み出される。
とかく足利事件の時の弁護人は悪質で、
すがやさんに容疑を認めろ、認めなければ罪が重くなると、自白を強要した。

https://twitter.com/jhatajinan/status/189980043357851648
死刑が無い英国の両親が『死刑』を求める白人優越での有色人種蔑視。
国際法は対等相互主義で片務義務は無い。
日本でも一人では死刑にも無期懲役にも成らない。
裁判所が外交判断までをも含めての無期懲役とは如何な事でなる?
無期懲役という重罪にする理由が支離滅裂で

https://twitter.com/jhatajinan/status/189981017782751233
当方は、リンゼイさんがイギリスの諜報員だったと見ている。
なるほど、その情報関係に関わる末端の者の一人 としてならば
むしろ その状況証拠を考えれば ごくごく自然な話へは帰結するね

でなければ、
全身アザだらけに一日以上に鈍器で殴りつけられるリンチの挙句に、
半殺しのままバスタブに埋められることの説明が付かない。
いわゆる、見せしめだ。
この犯罪は、市橋達也一人でなし得るものではない。
現に、殺人の証拠が発見されなかったのだから

https://twitter.com/jhatajinan/status/189983143460225024
あくまで想像でしかないのだが、リンゼイさんの父親は諜報機関の人間だと疑っている。
リンゼイさんは この諜報機関に指示を仰いで工作活動していたのではないか。
 その観点では市橋もだ。
 リンゼイさんと市橋は、ある時を境に諜報機関を裏切った という仮説の可能性は?
 だからリンゼイさんは見せしめとして殺害され市橋が犯人に仕立て上げられた?

https://twitter.com/jhatajinan/status/190059666489868288
市橋が上訴したら、もう一回騒ぐ。そしたらマジでお願いするかもしれないです。

https://twitter.com/prisonopera/status/190064740112941057
上訴は当然の権利行使。
「裁判所が外交的配慮した判決」は誤判。
全くおかしいから彼の言い分を聴きに、会いに行こう!
どこの拘置所にいるのかな?

https://twitter.com/jhatajinan/status/190022242623688704
今は千葉刑務所内拘置所から東京拘置所に移ったみたい。
上訴権放棄まで二週間の猶予があり、
刑が確定したあとの行き先は未定だそう。
http://naokimotoyama.blogspot.jp/2012/04/11-21213.html
市橋が上訴したら支援の会は解散。
この人、市橋の面会に行かせないよう色々と頑張ってる。

https://twitter.com/prisonopera/status/190067594680745985
ヘンなの。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190068409483014144
胡散臭いと言えば、主任弁護人の菅野泰。
こいつは裁判員裁判や検察審査会に詳しくて、
千葉県知事森田健作が検察審査会に掛けられた時、告発団体側にいた。
ただしオブザーバー扱い。
結果、森田健作は不起訴。
当方は、菅野泰が森田健作の犬だったと見ています。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190068723325992960
ところで『焼肉弁当完食』と騒がれたことがあったけれど、捏造だったことって知ってます?

https://twitter.com/jhatajinan/status/190070607579328515
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-158.html
拙稿ですが御参考までに。
ところで、市橋達也の逮捕が掲示板で五日前に予告されていたことって知ってました?
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-163.html
これも御参考までに。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190073099515990017
『市橋達也がリンゼイさんを殺害した証拠は“自白以外に”何一つとしてなかった』
ということだけお伝えしておきます。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190075979027329024
事件発覚から逮捕まで、市橋への容疑は死体遺棄だけです。
殺人(強姦致死)では逮捕状は取られなかった。
実際に殺人の逮捕状が取られたのは再逮捕時です。
RT @penate3 物証なの状況証拠なの?

https://twitter.com/jhatajinan/status/190078066888941569
@penate3 死体遺棄の捜査というのは殺人も視野にいれて行われるんだけれど、
通常の殺人事件の場合は証拠が見つかり次第、殺人で逮捕状を取ります。
市橋の場合、結局に逮捕されるまで殺人での逮捕状は取れなかった。
決定的な証拠は何一つに無かったんだから当然です。

https://twitter.com/jhatajinan/status/190078563641339905
なので、この場合に警察と検察が頼りにするのは自白だけで それが今回の殺人の証拠となってます。
けれども市橋の自白は弁護団がでっち上げました。
実際に、市橋達也の自白調書は裁判所が証拠認定していません。
これは、自白調書に本人が押印していないか、自白自体がでっちあげられたかのどちらかです。


https://twitter.com/jhatajinan/status/190022242623688704
リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件が発覚したのは2007年3月26日。
遺族は駐日大使に手記を託し、駐日大使は会見を開き、手記を朗読した。
ここまではいい。
納得いかないのは会見を開いた日時である。
4月1日。エイプリルフールである。
欧米人はエイプリルフールに本気で嘘を付くという。

 ↓
2012-04-10 contemporary navigation : 『ちきゅう号』東北地方太平洋沖地震調査と『メガクエイク』の秘密
http://ccplus.exblog.jp/17741662/


ただ今地震監視中。人工地震と深海掘削の裏側を見る・ccplus(ちきゅう号は米国系の笹川財団の管理だそうです)
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/729.html
まあ、穴は空いてるんでしょう。
2011年4月18日〜19日にはマグロ漁船も行方不明になったことですし。。



シーサーでの更新作業となると重すぎて オハナシニナラナイ んですよね。




posted by 誠 at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。