https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年04月13日

何者にも気兼ねせず、自分のアタマで考え発言するブログを目指します。

http://twitter.com/#!/ruta121/status/190367137041362944/
http://twitter.com/#!/ruta121/status/190367137041362944/photo/1/large



http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/738.html
「チーム仙谷」再稼働主導 首相・閣僚4者協議 形だけ(東京新聞)

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/753.html
東京新聞が[日刊ゲンダイ]化して一面で大スクープ! {チーム仙谷} (杉並からの情報発信です)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041190071035.html
東京新聞:「チーム仙谷」再稼働主導 首相・閣僚4者協議 形だけ:政治(TOKYO Web)

俺も此の一面トップを やるな東京新聞 って思っちゃいましたよ。 此処まで書くとは思わなかった。

その理由は 後から知った。



01. 2012年4月11日 11:54:38 : wvwqgu776Y
1面のトップ記事です。
東京新聞は素晴らしい。
「原発の再稼働の報道」は、新聞社の踏み絵になる気配だ。


06. 2012年4月11日 13:35:37 : o3kAbXN6ps
昨日、東京新聞の論説主幹が50代で亡くなられている。
弔いになった事と察します。

07. 2012年4月11日 13:44:41 : 8wUy3kzWwc
昨日、東京新聞の論説主幹が50代で亡くなられている。・


中日新聞:清水美和・本紙東京本社論説主幹死去 :社会(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012041190092237.html
2012年4月11日 09時22分

清水美和氏(しみず・よしかず=中日新聞東京本社論説主幹)10日、すい臓がんのため死去、58歳。名古屋市中区出身。通夜は15日午後6時から、葬儀・告別式は16日午前11時から東京都大田区東海1の3の1、臨海斎場で。喪主は長男和也(かずや)氏。

77年に中日新聞社に入社し、香港、北京両特派員、中国総局長などを経て、中日新聞東京本社(東京新聞)論説主幹。本紙夕刊でアジア情勢を分析、展望した「アジア観望」を連載した。著書「中国農民の反乱」により03年にアジア・太平洋賞特別賞、中国に関する一連の報道で07年に日本記者クラブ賞を受賞するなど、中国問題の幅広い文筆活動で知られた。脱原発などの社論形成にも力を尽くした。


https://twitter.com/kosuke64/status/190517008889155584
清水美和 著中国はなぜ「反日」になったか
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4166603191?ie=UTF8&tag=kosuke64-22&linkCode=shr&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=4166603191&ref_=sr_1_1&s=books&qid=1334257723&sr=1-1
文春から出ていて、しかもこのタイトル。
これだけみるといかにもウヨクっぽい主張が前面に展開された本だと思われてしまうかもしれない。

でもこれは、日中関係をめぐる基本的な事実認識に立ち返ることで、
半ばパターン化したウヨク的論調を打破しようとした、内容のしっかりした本である。

この本は、基本的に中国で反日感情が高まりを見せてきたのは90年代、
江沢民が実権を握る過程で展開した愛国主義キャンペーンが主な原因だ、
という立場をとっている。

ここまでは特に目新しい主張でもでもない。

しかし、この本が凡百の中国バッシング本と違うのはそこからだ。
清水さんは、上記のような中国政府の「変質」を、
さまざまな政府要人の公式発言やメディアの記事、
およびその背景にある複雑な国内の権力関係や国際状況の変化を読み込みながら丁寧に「検証」していく。
そして、そのことによって逆説的に今後の日中対話の可能性を探ろうとしているのだ。

例えば、
最近では日本から要人が訪中すると「戦跡」に連れて行かれて「反省」することを要求される、
というイメージがある。

しかし国交が正常化した直後には、
政府は民間人が南京虐殺の現場を訪問することさえ拒否していた時代があった。

その後も、
トウ小平を始めとした中国首脳の日本への態度は決して「歴史問題」一色ではなく、
冷戦の終結をはさむ微妙な国際情勢の変化をうけて絶えず「ゆれ」続けてきたのだ。

清水さんは、こうした経緯を踏まえたうえで、
政府の愛国主義キャンペーンによる反日感情の高まりは
最近における極端な傾向で、今後も続いていく可能性は少ないだろう、
という見通しを示している。

こういった中国の国内・国際状況双方に目配りの効いた記述によって、
本書は中国政治の入門書としても大変に優れたものになっている。

Amazon.co.jp: 中国農民の反乱 ――隠された反日の温床 (講談社+α文庫): 清水 美和: 本
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%BE%B2%E6%B0%91%E3%81%AE%E5%8F%8D%E4%B9%B1-%E2%80%95%E2%80%95%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%8F%8D%E6%97%A5%E3%81%AE%E6%B8%A9%E5%BA%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE-%CE%B1%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B8%85%E6%B0%B4/dp/4062569590
というのも有るようです。
で俺は まず滅多にニホンでは見ない 其の先を書いている。
この人にも こういう部分を書いて欲しかったね。

誠天調書 2010年01月05日: すべての人々の思いを遂げられる答えが 常にあなたの前に用意されているわけではない。 デフレの主要な原因の一つ  2006年の中国での「農民専業合作社法」の公布
http://mkt5126.seesaa.net/article/137329197.html

今から読み返すと まだまだ俺も少々に書き方が甘いなw とは思いつつ
此処にユダヤイスラエルシオニストが不可思議な介入をしていないのかな? とか妄想してしまう。
なればこそ 其処まで書いて欲しかったな と つくづくに思う。

最近からウチを見ている人達は まぁ そういうのを割り引いて読んでみてください、爆笑できますから。



https://twitter.com/takammmmm/status/190467316830568448
あなたの中国政治内幕本、面白かった。残念です。
訃報:清水美和さん58歳=中日新聞東京本社論説主幹− 毎日jp(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20120411k0000m060069000c.html


https://twitter.com/ten_kato/status/190091775350808576
京新聞清水美和氏を悼む(1):
東京新聞今日の朝刊は一面トップ
「『チーム仙谷』再稼働主導 首相・閣僚4者協議形だけ」
という峻烈な政府批判。
ただならぬ迫力を感じたが、社会面に同紙論説主幹清水美和氏の死亡記事あり。
その最後、「脱原発などの社論形成にも力を尽くした」とある。

https://twitter.com/ten_kato/status/190091848805650433
東京新聞清水美和氏を悼む(2):
一面トップ記事の異様な迫力は、
この名主幹への弔い合戦ならぬ、弔いの言葉の意味が籠められていると思った。
「チーム仙石」は別名5人組。仙谷のほか、枝野、細野、古川、斉藤勁の五名。
再稼働への骨組みを作ったとある。

https://twitter.com/ten_kato/status/190091940316975105
東京新聞清水美和氏を悼む(3):
私は、去年の5月、朝日新聞をとるのをやめた。
そして、東京新聞の講読をはじめた。
きっかけは、当時の某編集委員の果敢な行動を面白く感じたからだったが、
この編集委員には後、失望する。

https://twitter.com/ten_kato/status/190091996487094272
東京新聞清水美和氏を悼む(4):
それに代わって、どうも、この東京新聞の骨格は、
清水美和という女性のようにも思える名前をもつ男性の論説主幹が担っていることがわかった。
今回の死亡の知らせで、
この人が、この間の東京新聞の驚くべき原発報道の頑張りを領導してきたのだったらしいことを知った。

https://twitter.com/ten_kato/status/190092061377167360
東京新聞清水美和氏を悼む(5):
病身とは知らず。これだけの情報のダダ漏れの中で、貴重な情報は、誰にも語られぬ。
死亡記事で知る。そのことの尊さを思う。
この気骨あるジャーナリストのおかげを
蒙って何日か、ストレスの少ない朝を迎えられたと思います。
感謝、そして合掌。



にっと&かふぇ : 頑張れ 東京新聞
http://knitcafe.exblog.jp/15709577/

今朝の訃報欄に、論説主幹の清水美和(よしかず)氏が亡くなられた とありました。
中国を幅広く報道された氏は、脱原発などの社論形成にも力を尽くした、とあります。
弔いかとも思えるような、今朝の東京新聞。



https://twitter.com/golkichi80/status/190200330053623808
残念です。反原発の世論形成に大きな役割を果たされていたのに。
ご冥福をお祈り申し上げます。
"@uesugitakashi: 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。清水さん、ありがとうございました。
⇒清水美和・本紙東京本社論説主幹死去 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012041190092237.html"



http://twitter.com/#!/ruta121/status/190367137041362944/
清水美和様…この記事、大事にとってあります。
東京新聞には遺志をついでおられる方が沢山いると思いますから、
どうぞ安らかにお眠りください。
http://twitter.com/#!/ruta121/status/190367137041362944/photo/1/large

http://twitter.com/#!/lllpuplll/status/190357378175217664
【ご冥福をお祈りします】

「何者にも気兼ねせず報道し、自分のアタマで考え発言する新聞を目指します。
 与党にも野党にも気を使わず、官僚や業界に取り入りません。
 誰の主張であろうと多くの国民の利益にかなうと思えば支持し、背くものであれば反対します。」

(東京新聞、清水美和)





にっと&かふぇ  2012年 04月 11日: 頑張れ 東京新聞
http://knitcafe.exblog.jp/15709577/

この日の東京新聞が どれだけ凄かったか が此処でも分かる。



https://twitter.com/NAOKO_MIZUTANI_/status/190024501264789504
同時期に北京にいたから、
時々お酒を飲んだり、中国について話し込んだり思い出が深い。
残念だ・・。
最初、美しい女性記者だと思っていたら、むくつけきおっさんだったのが今となっては懐かしい。
<清水美和さん死去。

https://twitter.com/NAOKO_MIZUTANI_/status/190026493236219904
清水美和さんは2003年『中国農民の反乱――昇竜のアキレス腱』で、
私は2008年『中国を追われたウイグル人 亡命者が語る政治弾圧』で、
いずれもアジア太平洋賞特別賞をもらった。
清水さんを知る北京時代の友人と「思い出を語る会」をしようと約束した。

https://twitter.com/NAOKO_MIZUTANI_/status/190407791826046977
拙稿、すでにココで読めます。
(研究ノート)水谷尚子著
「『革命的東トルキスタン』紙のタタール人記者 ムニール・イブラギモヴィチ・イェルズィン回想録」
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/ssrc/social/kiyou/kiyou24/24-10.pdf
情報工作に寄らない 非常に真面目な論稿。

https://twitter.com/tibetweeterTYO/status/187357277538369537
右やカルトとつるんでる、日本在住の一部の活動家さんたち。
自分が相手を利用してる と思い込んでる(自分に思い込ませてる)節があるけど 実際は真逆。
その結果、その人一人が一般人にドン引きされるだけ ならまだしも、
自民族全体のイメージを損ね、活動そのものの足を引っ張る。
それでもいいのだろうか。
其れがカルトだもん 其れが宗教右翼カルトだもん、
連中にとっては 其れで良い に決まってるじゃんwww
カルトが「餌」の生命身体の事を心配するとでも?wwww
野口とかいう山登りが好きなサルに そういう事が理解できるとは欠片も思えないけどね



http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/744.html
沢田研二が「バイバイ原発」と熱唱 経産省前テント訪問へ(東スポ)
http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=19269

http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/740.html
現地視察でわかった安全とほど遠い大飯原発の実情  古賀 茂明 (現代ビジネス) 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32288

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/768.html
関電大飯原発再稼働問題:現状で“おおむね”適合と嘯くペンギンマンは嘘を息するように吐く奴らしい(憂き世の日々に埋もれて)
http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2012/04/post-1412.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/385.html
制御されている私たち 原発推進の内なる空気 金原ひとみ(東京新聞)

http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/823.html
「それでもあなたはまだ”受信料”を払い続けますか?」 〜腐れNHKの”醜悪さ”が益々増長〜(暗黒夜考)



http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/783.html
森ゆうこ議員インタビュー書き起こし・・・再稼働:まるで原発事故が無かったかのような「推定につぐ推定」相変わらずの安全神話
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1476.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/754.html
「小沢氏と天敵NO2の仙石氏が和気あいあい」と、言わなければならない民主党内の亀裂 (かっちの言い分)
http://31634308.at.webry.info/201204/article_11.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/737.html
小沢、政治生命かけて野田と戦う!輿石“花見”で宣言


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/715.html
ここにも一つのの熱い友情がある。 日刊ゲンダイ 全面意見広告 小沢一郎を激励する市井の会 羽田元首相

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/709.html
小沢一郎暗黒裁判〜「検察と大メディアがひた隠す32件の重大疑惑」週刊ポスト2012/04/20号
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11219159501.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/721.html
4月10日 最高裁事務総局が小沢検審起訴の首謀者!実行犯手嶋検審第一事務課長を異動させ匿う! (一市民が斬る!! ) 
http://civilopinions.main.jp/2012/04/410.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/734.html
小沢氏は存在しない罪状で起訴されている? (ハイヒール女の痛快日記)
http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-996.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/749.html
小沢裁判:マスコミの無責任という罪(徳山勝)
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?m=0&i=12

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/752.html
4・26小沢判決「無罪」 永田町に走る (日刊ゲンダイ) 
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5497.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/719.html
[小沢事件] 水谷建設「裏献金1億円」の真相 (日刊ゲンダイ) 
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5490.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/789.html
4月12日 最高裁事務総局よ!イカサマ見え見え!これで小沢有罪判決出したら暴動が起きるぞ! (一市民が斬る!!) 
http://civilopinions.main.jp/2012/04/412.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/758.html
小沢一郎と他の政治家の違い 2012年4月11日 政経徒然草
http://haru55.blogspot.jp/2012/04/blog-post_3593.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/755.html
鳩山のイラン訪問 そんなに間違ったことか (日刊ゲンダイ) 
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5499.html
元外務省国際情報局長の孫崎享氏がこう言った。
「まずホルムズ海峡が封鎖されれば最も被害を受けるのは日本です。だからイランとの協議は日本として当然やるべきです。米国は訪問自制を求めていたようだが、彼らは英仏独中ロと一緒にイランと協議している。行くなというなら、日本もこの協議に参加させるべきで、参加させてもらえないのだから、日本が独自協議するのは当たり前です」

鳩山を首相辞任に追い込んだ09年の普天間基地移設問題の報道といい、今回のイラン訪問の報道といい、日本の新聞テレビは、米国がちょっと文句を言うと、たちまち思考停止して、米国ベッタリになる。日本の外務省ともども、米国のポチだ。

いっそのことワシントンに引っ越した方がいいんじゃないのか。



http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/717.html
鳩山イラン外交に対する孫崎享氏の意見 {Tweetまとめ} (by qsatoh)

http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/771.html
鳩山批判は対米追従既得権益層の危機感の表れ(陽光堂主人の読書日記)
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-591.html

http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/825.html
「鳩山外交」を読み解けぬ天声人語と社説のから騒ぎ (朝日新聞 読後雑記帳) 
http://60643220.at.webry.info/201204/article_3.html

http://ameblo.jp/tanpakumeisi/entry-11220013683.html
ルーピー鳩山が、逆賊を激怒させる。偉大なる宇宙人だ! 無明道|播州武侯祠遍照院 現在別院 {政治向け}
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1159.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/770.html
PAC3配備「意味ない」元官房副長官補(沖縄タイムス)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120412/plc12041214190019-n1.htm
民主・小沢元代表、PAC3の配備は「ナンセンス」 2012.4.12 14:18
 民主党の小沢一郎元代表は12日昼、国会内で開いたグループ会合で、北朝鮮が「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイル発射に備え、政府が迎撃用の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を石垣島(沖縄県石垣市)に配備したことについて「(北朝鮮の)ロケットは何の予告なしに来るわけで、何日もかけて(PAC3を)運ぶのはまったくナンセンスだ」と苦言を呈した。

 日本の対北朝鮮外交に関しては「日本は半島の情勢についてもっと大きな発言権、影響力を行使してしかるべき立場だ」と指摘し、「国際政治の中では、日本の影響力は西側の同盟国からほとんど評価されていない」とも述べた。




http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/750.html
本日、小泉「偽装」改革が終焉する [田中康夫 にっぽん改国] 
http://www.nippon-dream.com/?p=7834

スロウ忍ブログ@Blogger: 民自公3党が国民新党の“郵政改革法案”の代替案として提出した“郵政民営化改正案”が衆院本会議を通過。参院へ。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/3.html




魔法使いハンター「ねこた」 : マンガみたいな展開になってきたなぁ
http://lakudagoya.exblog.jp/18087028/
塩野七生の十字軍騎士物語に書いてあったんだけど、
宗教家が民衆を焚きつけて わざわざイスタンブールまで棄民を連れて行って、
獰猛なセルジューク・トルコが支配してたアナトリアの大地に
何十万人もの水飲み百姓や下層民や犯罪者を解き放って、
トルコ兵に襲われるがままにして全滅させた話も
いわば人間の間引きとも言えるかな。

まぁ主催した連中は違うけど、やってる事は同じだな。




https://twitter.com/DWMK_fujita/status/190312782288269312
オーストラリアには原発がありません。
建設計画が上がったとき、反対運動を始めたのはたった3人だったそうです。
横断幕を持つ3人の後ろには誰もいなかったのです。
その中の一人の言葉がとても印象的でした。
「『私一人が行動しても何も変わらない』と思うことが、世の中が変わらない原因だ」と。






posted by 誠 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。