https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年06月05日

壯心不已 そして 歌以詠志。

https://twitter.com/taru_eito/status/209397017049444352
ある女性(54)は「昨年12月半ばに見かけ、どこかで見たことがある顔だと思った。指名手配のポスターを見て菊地容疑者だと直感し警察に連絡したが『証拠は?』と聞かれ、取り合ってもらえなかった・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120603-00000069-mai-soci
捕まえる時期じゃなかった・・・ってこと?

https://twitter.com/taru_eito/status/209395477001670656
オウム高橋克也(53)、菊地直子(40)両容疑者についての懸賞金倍増、1千万円に 警察庁
http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201202020133.html
今年の2月に引き上げられてたんですね・・・

https://twitter.com/bonaponta/status/209404045906022400
ほんとうは昨年逮捕できたのだが、それではオバちゃんに報奨金を払うことになる。
なのでオバちゃんを無視。その後報奨金を倍増、そして逮捕。
1000万円はどこにいくのか?
こういうのを調べてたら黒木昭雄氏が不審死したというのか。
まさに終末の徴。



https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/209120536280834048
『日本の原子力発電とCIAの関係』  2012/6/1 18:17 ウォールストリートジャーナル
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/11650/

誠天調書 2011年08月12日: 東電企画部は闇の世界に関わるセクションである
http://mkt5126.seesaa.net/article/219778049.html

https://twitter.com/jhatajinan/status/209126498936958976
岐阜の幼稚園教師殺害の容疑者として知人男性が逮捕された。
容疑は死体遺棄容疑である。
死体を墓地に埋葬しない行為が死体遺棄であって、
殺意を持って人を殺した容疑である殺人容疑では逮捕状は取られていない。
早くも容疑を認めたという。
殺人の直接証拠がない状態での自白は強要された可能性がある。

https://twitter.com/jhatajinan/status/209132133392977921
岐阜幼稚園教師殺害に関して違和感を覚えることが一つ。
財布の中からキャッシュカードがなくなっているのだが、現金が残されていたということだ。
被害者は左胸を一突きで失血死しているから
キャッシュカードの暗証番号 を 拷問にかけて番号を聞き出して という話とするには違和感が残る。
現金の引き出し の方が むしろ偽装かも。

https://twitter.com/jhatajinan/status/209128011553976321
岐阜の幼稚園教師殺害に関して どうしても切り離せないのが、
その直前に発覚した浦安看護師殺害である。
両事件の被害者は、左胸を一突きされ失血死した。
たった一突きである。
浦安の件に至っては、掛け布団の上から左胸、心臓を射抜いている。
一発で獲物を仕留めることができるのはプロしかいない。


https://twitter.com/jhatajinan/status/209253018783330305
菊池直子ですか、そうですか。

https://twitter.com/jhatajinan/status/209253712588312576
相模原市内だってね。

https://twitter.com/taru_eito/status/209256430711226368
オマーン戦 日本の勝ちがみえてきたとこで爆弾娘が出頭・・
さて 全てが脚本通りなのはミエミエw

http://www.asahi.com/national/update/0603/TKY201206030274.html
〈オウム真理教の事件に詳しいジャーナリストの江川紹子さんの話〉 生きていてよかった。逃走して捕まらなかったために有名人になってしまったが、事件全体を見ると、たいした存在の人ではないと思う。教団と離れていて、信仰への考え方も変わっているだろう。まだ若いのだから、知っていることを話し、過去のことをきちんと清算してほしい。
ならば 逆 という事だね。

https://twitter.com/jhatajinan/status/209254482360545281
そういえば平田はどうなったんだ?
今年の1月以降、全く何も報じられていないのだけれど。

消去法で色々と考える、
 此の話の肝は創価公明かな?
とか俺は思う。

それ以前に陽動なのは間違いないけど。
コレで隠れて何かをする には最適な囮となる。




https://twitter.com/jhatajinan/status/209373824888737792
時事ドットコム:オウム菊地容疑者を逮捕=サリン生成「間違いない」−相模原で発見、同居?男も確保
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012060400007
 1995年に起きた地下鉄サリン事件で、警視庁は3日、特別手配されていたオウム真理教の菊地直子容疑者(40)の身柄を潜伏先の相模原市内で確保し、殺人容疑などで逮捕した。同庁によると、菊地容疑者は「サリンの生成に関わっていたことは間違いありません。ただ、当時は何を作っていたかは分かりませんでした」と話しているという。
 捜査関係者によると、菊地容疑者は「仕事は会社員。男と2人で暮らしていた」と説明。同居していたとみられる男が3日夜、神奈川県警大和署に出頭した。男は40歳とみられ、警視庁は逃走を手助けしたとみて犯人蔵匿容疑で調べる。2人は数年にわたり同居していたという。
 逮捕容疑は95年3月20日、教団元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(57)らと共謀し、東京都内の地下鉄でサリンを発散させ、12人を殺害して、多数を負傷させた疑い。
 菊地容疑者はサリン生成を手伝ったとされ、警察当局は同年5月に特別手配。都庁に爆弾入り小包が送り付けられた事件などでも逮捕状が出ていた。
 警視庁によると、3日午前に「(菊地容疑者に)似た女がいる」と情報提供があり、相模原市内の戸建て住宅で捜査員が張り込んでいたところ、午後8時前に女が1人で帰宅。捜査員が「菊地か」と聞いたところ、「はい」と答え、本人と認めた。右目の下にほくろがある特徴が一致し、指紋で本人と確認されたという。(2012/06/04-01:35)


https://twitter.com/jhatajinan/status/209374057643245569
『間違いない』とは創価で美人局にあったコメディアンの決め台詞。
ここに全てが集約されている。

長井秀和 テレビを全く見ない俺に 其の名は瞬間的に出なかったw

https://twitter.com/natsu_yuki_blog/status/209374680434475009
記憶障害を起こす脱法ハーブか。大麻系なら合成で作り得るかも。今度は大麻叩きに転嫁か。
“@860majp: 停止した後にアクセルを踏み続けるなんて本当におかしい。
 @jhatajinan: http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-425.html
 大阪ミナミの暴走事故と祇園暴走事故の類似点

https://twitter.com/mkt5126/status/209379924560183296
政局が動く直前での この一手は、
宗教系なヤクザへの 動くな という言葉も含んでいるような気がするんですよね。
余計に動いたら 何かが出てくるぞ みたいに感じるんですよね。
それなりに意味ある駒を動かしてきた時は 一つだけの意味で動かしている とは考えずに
色々な意味合いが含まれている と俺は考えてしまう。 そんな単純な連中じゃないだろ とね。


http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-427.html 
ターゲットを一発で仕留める技術。 憂いの果てに


2012/04/30 (無編集)「時任三郎」が訪れた放射性廃棄物の最終処分場「オンカロ」 フィンランド - Togetter
http://togetter.com/li/295581


http://8910.teacup.com/higasiuti/bbs/14682
オンカロ(onkalo)閑人閑話110726

オンカロとは北欧フィンランドの首都ヘルシンキの北西250kmにある、
バルト海のオルキルオト島に作られつつある「地下岩盤特性調査施設」のことである。

オンカロには「隠された場所」という意味があるらしい。
これは 世界でただ一つの放射性廃棄物の地下処分場の予定地である。

2004年に工事が始まり、
計画は地下520mまで掘る予定だが、
今年4月現在440mまで達した。
操業開始は2020年、100年後の2120年まで使用予定。
その後は厳重に封鎖される。10万年後までの安全を見込んでいるという。

放射線量は時間とともに指数関数的に減ってはいくが消え去ることはない。
放射線量の影響が実質的になくなる一応の目安として半減期の20倍の時間を採用してみよう。
この時の放射線量の量はおよそ100万分の1になる。(1/2x1/2x,,,,と1/2を20回かける)

福島第一原発から放出された
ヨウ素131であれば半年、
セシウム137であれば600年、
プルトニウム239ならば50万年で100万分の1となる。

原発を運転すると燃料のウランから長短様々の半減期をもつ放射性物質が出来てしまう。
この後始末が 実に厄介である。
原発で使い終わった燃料の中の放射能の害を無視しても良い状態になるまで保管管理しておかなければならない。
ヨーロッパではこの「待ち時間」を10万年とみなしている。
オンカロは この目的のために作られつつある。

参考文献。石橋克彦編「原発を終わらせる」岩波新書2011年7月20日発行より。


https://twitter.com/jhatajinan/status/209619098357862400
そうか、だから瑞浪か!
RT @bonaponta 岐阜県人って瑞浪にオンカロ作られてるなんて知らないと思うし、
オンカロが何か判らないだろうな。
RT 瑞浪超深地層研究所(岐阜県のオンカロ)
http://www.jaea.go.jp/04/tono/shisetsu/miu.html http://www.jaea.go.jp/04/horonobe/shisetsu.html

https://twitter.com/jhatajinan/status/209620064708730880
そう、被害者の車が乗り捨てられてたのが瑞浪市役所なんだけれど、オンカロから2キロ離れていない。
RT @bonaponta え?あの事件

https://twitter.com/jhatajinan/status/209625940215603201
岐阜幼稚園教師殺害事件の主要現場と、瑞浪オンカロをグーグルマップにプロット。
なぜ、犯人が瑞浪市役所に被害者の車を乗り捨てたのか、朧気ながらに見えてくる。
http://yfrog.com/ob3bxzpj

https://twitter.com/jhatajinan/status/209628533490855936
さっきのマップに説明を補足。
http://yfrog.com/nyu45sej


岐阜県瑞浪市明世町山野内1-64 にある「瑞浪超深地層研究所」の件は
誠天調書 2011年11月13日
http://mkt5126.seesaa.net/article/234901858.html

にある記事を読むしかない、
説明しようが無い 惨状だけが有る のが分かる。
そして



誠天調書 2012年05月23日
http://mkt5126.seesaa.net/article/271099771.html

誠天調書 2012年05月24日
http://mkt5126.seesaa.net/article/271261068.html
https://twitter.com/bonaponta/status/205143203391881217
劣化ウラン弾は、
劣化ウランに少量のモリブデンとチタニウムを混ぜて、
高温を発するマグネシウムで焼き固めると金属状に変化する。

https://twitter.com/bonaponta/status/205144199631351809
劣化ウラン弾を製造するときにはねマグネシウム使うんだよ。
東濃ウラン鉱床と動燃の試掘。
兵器工場を1つずつ潰されてるのかしらね。

東濃ウラン鉱床 動力炉核燃料事業団

劣化ウランの使い道 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5197475.html


高密度性・高強度性を利用した用途(劣化ウラン弾も参照のこと)
アメリカなど一部の国では戦車砲の徹甲弾や装甲材として用いられている。通常用いられるタングステン等よりも特性的に優れているためである。さらに、廃棄物と見なせば原材料のコスト的にも有利である。ただし、加工費はタングステンのそれを大きく上回っておりトータルでのコスト的なメリットは高くない。

〔劣化ウラン弾とは〕
http://www.ne.jp/asahi/aso/eco/NoWarNoDU/uran-dan/uran-dan.htm 劣化ウランに少量のモリブデンとチタニウムを混ぜて、高温を発するマグネシウムで焼き固めると金属状に変化する。これを主に戦車の装甲を貫通させる徹甲弾の弾芯に用いたものが劣化ウラン弾である。

ここで、マグネシウム、モリブデン チタニウム、を使うんですね
ウラン濃縮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%BF%83%E7%B8%AE

濃縮法
供給流としてウランガスを用いる場合、ウランを完全に気化させなければならないが、気化に必要な温度(約3,800℃)を維持することは技術的に困難である。そこで、ウラン金属をフッ素 (F) と化合させ、六フッ化ウラン(UF6)とすることで、およそ57℃で気化させることができる。

六フッ化ウラン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%95%E3%83%83%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3

六フッ化ウラン(ろくフッかウラン)は、化学式 UF6 で示される化合物。常温では固体だが約 56.5 ℃ で昇華して気体になる。
空気中の少量の水分と反応してフッ化水素 (HF) を放出する。

フッ化水素
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E5%8C%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0 
 
フッ化水素(フッかすいそ、弗化水素、hydrogen fluoride)とは、水素とフッ素とからなる無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。水溶液はフッ化水素酸 (hydrofluoric acid) と呼ばれる。フッ酸とも呼称される。毒物。

フッ化水素は、蛍石(フッ化カルシウム CaF2 を主とする鉱石)と濃硫酸とを混合して加熱することで発生させる

溶媒としての性質

さらに純フッ化水素に1mol%の五フッ化アンチモンを加えたものは H0 = -20.5 という超酸としての性質が現れる。

ガラスとの反応
フッ化物イオンの高い求核性によるケイ素原子との強い結合形成と、ケイ酸骨格へのプロトン化の相互作用により、ガラス等に含まれるケイ酸 SiO2 と反応して、ヘキサフルオロケイ酸 (H2SiF6・nH2O) を生じ、これらを腐食させる。この反応は、半導体の製造プロセスにおいて重要である。
フッ化水素は、工業的には、別の方法で作るようですが、
「六フッ化ウランは空気中の少量の水分と反応してフッ化水素 (HF) を放出する。」
というのが少し気になります。

 「PFOS含有廃棄物の処理に関する技術的留意事項」の改訂について 平成23 年3月
 環境省廃棄物・リサイクル対策部 適正処理・不法投棄対策室
 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/haitai/sanpai/documents/110401_pfos1.pdf#search='

環境省でも、フッ化水素の処理のガイドラインを出していますが、
あることが おおっぴらにされていないの劣化ウランからの排出分 となると、どうなんだろう?
毒性
ヒトの経口最小致死量 = 1.5 g、または 20 mg/kg(体重あたり)。スプーン一杯の誤飲(9%溶液)で死亡の事例もある[6]。
皮膚に接触すると、体内に容易に浸透する。フッ化水素は体内のカルシウムイオンと結合してフッ化カルシウムを生じる反応を起こすので、骨を侵す。濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われる。生じたフッ化カルシウム結晶の刺激によるものである。また、浴びた量が多いと死に至る。これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、しばしば重篤な低カルシウム血症を引き起こすためである[7]。この場合、意識は明晰なまま、心室細動を起こし死亡する[8]。

なお、歯科治療にては、人工歯(義歯)の製造工程にフッ化水素が使われる一方で、虫歯予防にフッ化ナトリウム (NaF) が使われることがあり、注意が必要である。実際に、両者のとり違いによる死亡事故が報告されている[9][10]。皮膚に接触した場合の応急処置としては、直ちに流水洗浄し、グルコン酸カルシウムを患部に塗布する。

詳しい症状がこちらに。。
http://www.j-poison-ic.or.jp/ippan/O13300_20080616%E6%A6%82%E8%A6%81.pdf

ちなみにサリンは。。
http://www.umin.ac.jp/chudoku/sarin_s/sarin_B.htm
【軽 症】
眼      縮瞳,眼痛,視界がぼやける
       目の前が暗い),結膜充血,頭痛
鼻      鼻汁
呼吸器    呼吸困難,咳,胸部圧迫感
消化器症状  嘔気,嘔吐,下痢
筋      脱力感,筋攣縮
精神     不安発作,不眠
【重 症】
   (上記症状に加えて)
       呼吸停止,全身筋攣縮,痙攣
       意識障害,尿失禁・便失禁
あまりのおそろしさに脱線してしまいました。

劣化ウランといえば、もうひとつ。。

 2012年2月10日金曜日 東芝 新型加圧水型原子炉「AP1000TM」 ビルゲイツ テラパワー(TerraPower)」
 http://nagiwinds.blogspot.com/2012/02/tmterrapower.html 
 http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/3169387.html

 進行波炉
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E8%A1%8C%E6%B3%A2%E7%82%89 

(しんこうはろは、原子炉の一方式である。 第4世代原子炉の一つとされる
 燃焼原理は、ウラン238(劣化ウラン)に1個の中性子を衝突させると、ある割合でウラン239(核分裂性ウラン)が生成され、それがβ崩壊してネプツニウム239に変化して、さらにβ崩壊してプルトニウム239(核分裂性プルトニウム)となる。( β崩壊によって飛び出した中性子は次のウラン238に衝突して連鎖反応が進行する。) その過程で生成される熱エネルギーを利用するというもの。 

スターターとして、劣化ウランを使うのですね。

トリウム原発の方は、スターターとして、プルトニウムを使うということでし た。


トリウム原発を推進したい方たちにとっては、劣化ウランよりは、プルトニウムが欲しい。
しかし、武器を作って儲けるためには、劣化ウランも、持ち続けたい。
劣化ウランを使って、責任を取らなくても良いように「上手に病人を増やしたい」。
あまり知られていない化学兵器を使って、テロを起こして、ファシズム国家 にしたい。
 
1%のみなさんの考えそうなことだと思いませんか?


 ↓
2012/6/4 平成22年度放射性廃棄物管理状況を見て思うこと。 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5200842.html

今回は、特に、単なる印象でしかありません。
なるほど。
でも 色々と追いかけていくと そういう事になるよね。
俺も なんとなく感じてはいたんだけど こうして並べて頂けると
 やっぱり 
という話になっちゃうんだよね。

ありがとうございます、本当に良い記事です。

https://twitter.com/Actio_edit/status/209275055966924800
これで再稼働?? 
「電力会社が原子炉メーカー三菱重工にストレステストを依頼、
 保安院はデータの分析を三菱重工のOBが多いJNESに依頼、
 意見聴取会には三菱重工から多額の寄付金をもらって大学で研究している委員が3人も」 http://bit.ly/xKrQ8H


この極東の一諸島で起きている 被支配者層にしてみれば攻撃としか映らない戦争 とは
代理戦争 つーか ヤクザの抗争 つーか そういう事をしている連中は
足下で踏み潰されるムシケラの事などは ドーデモイイ になるんだろうね。
戦争をしている連中にしてみれば
 ムシケラが如何に死ぬか で戦争の手法を変える
という気などが起きるはずも無いからね。

で そういう戦争をしている同士 の下でカルトの牧場の代理人をしている連中は
今日も好き勝手砲台に暴走しまくっていた。
食用作物か食用家畜にも劣る“社会の圧倒的大多数を構成する馬鹿な一般民衆”を食い殺し続ける。

千葉県に住む俺は 今日も千葉県警のリンチを見ました。
よってたかって 一般民衆を“嬲りモノ”としていました
あの美浜区の住宅地でのネズミ捕りが一般民衆へのリンチ以外のなんだというんだろうね。

せめて俺は
 自分達の隣人も この内戦を生き延びて欲しい
と思い、だから 一般民衆に近い場所で 出来る限りの事をしたいんだよね。


 ↓

資料 岐阜  水道水@
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5078953.html

資料 岐阜A 水に異物、鉄さびの可能性 各務原市学校給食センター
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5074871.html


 ↓

2012/6/4 ウラン 岐阜県 水道 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5194535.html


岐阜県  首都機能移転? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5196544.html

2011年
11月25日 愛知 行方不明キャバクラ嬢の自動車発見

2012年
5月10日 岐阜 幼稚園教師の 自動車発見
5月12日 岐阜 幼稚園教師の ご遺体発見 
5月21日 愛知でに行方不明キャバクラ嬢の遺体が福井で発見
5月22日 岐阜 マグネシウム工場爆発
5月23日 多治見市脇之島町6丁目 KDDI ケーブル通信障害 
5月26日 学校給食センターで水に異物 岐阜 各務原
6月1日 幼稚園教諭殺害 知人の建築士逮捕 愛知

瑞浪超深地層研究所
東濃地科学センター  http://www.jaea.go.jp/04/tono/index.htm


そういえば、昨年紀伊半島で 台風での水害がありました。
三重県でも 
熊野川下流の紀宝町
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%AE%9D%E7%94%BA
が、大きな被害を受けました。

あれも 上流のダム(日本原電)が、放流時期を誤った人災ではないか? という意見もありました。



http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5196544.html
スロウ忍ブログ@Blogger  さま
http://surouninja.blogspot.jp/
がよく書かれているような、
 シオニスト勢力、米英勢力みたいな争いが
 日本国内で、激化している
んでしょうか?
ますます、恐ろしいことになってきているようですね。

http://ameblo.jp/tanpakumeisi/entry-11269115542.html
米英勢力は、シオニスト勢力への仕置きのために、福井を福島にする。

そう、福井で生贄を作るために、関電は、原発を再稼動する。

その魔術師の一人が「橋下」である。



2012年6月5日 スロウ忍ブログ@Blogger: 野田内閣改造で、防衛相に森本敏・拓大教授を起用。民間人と称した元防衛・外務省官僚。野田傀儡政権の制御権はシオニスト勢力から米英帝勢力へ。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/06/blog-post_05.html

2012年6月5日 巨悪を隠蔽でなく立件する指揮権発動は正当: 植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-29c0.html


小川前法相:指揮権発動を首相に相談  - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5209713.html
 
指揮権発動を決意するも、野田総理に相談して断られた小川敏夫前法務大臣。そのせいで更迭された(?)小川前大臣の勇気ある辞任会見を無駄にはしない!
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209577838670659584

ねつ造捜査報告書について指揮権発動を決意:小川前大臣「きちんとした形で対応しなければ、国民の信頼は回復できない。いいかげんな形で幕引きすることがある、そのように国民から受け止められれば、国民からの信頼回復は遠のいてしまう。検察の信頼回復を何としてでも実現したいという思いだった。」
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209579043643850754

不起訴という報道について小川前大臣:「客観的資料を見れば分かることだが、捜査報告書の中身、捜査状況の録音を詳細に見てみれば、記憶違いではないと誰しもが思うんじゃないかと思う。逆に、捜査報告書と録音をインターネットで流出しているようだから、それを見れば判断できると思う。」
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209579744142962688

小川敏夫前法相が、ねつ造捜査報告書問題についてきちんと対応しない検察当局に対して「指揮権発動」するという英断を決意したのは、国民の皆さんが「検察官が犯罪を犯したのに、何もなかったかのようにしようとしているのはおかしい!」という声をあげ、行動したからだと思う。
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209580924738879488

検察の信頼を取り戻すために「指揮権発動」という重大な決意をし、それを小川前法務大臣は野田総理に相談した。だが、野田総理はそれを承認せず、小川前大臣を更迭した。 野田総理がもはや国民の側に立っていないことは明らかである。
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209583052370882560
 
つまり、
 野田総理が、財界、官僚、米国、世界資本、などの1%の側 の下僕でしかない、
と明らかになったわけですね。

で、NHKは、華麗にスルーしたらしい。
菊池直子、オウムさまさまですね。(苦笑)

小川敏夫前法相の指揮権発動決意について、news23は短く報じたが、野田総理に拒否されたことには触れなかった。 知り合いの記者から連絡あり。本気で指揮権の発動が「政治の捜査機関への不当介入」と信じている記者たちが多いことに驚いたと。 検察、法務官僚の教育が行き届いているらしい

aika‏@aika2711
@moriyukogiin 今回の陸山会事件は、司法・準司法(検察)のほうが、政治に不当に介入していました。

Nao Nakamura‏@uuor
@moriyukogiin 自分達マスコミの政治への不当介入にすら自覚のない人達ですからね。。。

モア船長‏@captain_more
@moriyukogiin ぶっちゃけ現行法だと国民が検察を間接的にコントロールする唯一の方法なんですけどね、指揮権って。

https://twitter.com/moriyukogiin/status/209653146920816640


指揮権発動は法務大臣の専権事項。小川前法相は野田総理に相談せず発動すればよかったのだ
 https://twitter.com/moriyukogiin/status/209653523263143937


 ↓
田中良紹(たなか・よしつぐ)の国会探検 裁かれるのは日本の民主主義
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/03/post_294.html


検察にしろ、裁判所にしろ、官僚にとっては、指揮権さえツールなんです ね。
 
 一審で小沢氏の無罪が出て、もう新しい証拠は無い。
 元々が、でっちあげなんですから。
 検察や、裁判所の不正は、次々、ネットで追求されてきている。
 検察が指揮権発動を、ツールとして匂わせても、不思議ではありません。

指揮権を発動したらしたで、
 小沢氏は、ずっと、グレーのまま
マスコミは 叩き続けることが出来ます。
つまり 検察、裁判所の、問題を、
 指揮権発動した政治の問題
へ擦り替えることができます。 

また別の見方をすれば
 野田総理が拒否した
というのが事実なら、民主党内の小沢氏支持の議員の反発を招くこととなり、
小川法務大臣の発言で、野党の攻撃材料ができ、どうしようもない野党が浮かび上がれる。。。
 野田総理の拒否
には、検察などを追及することを止めさせるな。
という、圧力があったのかもしれませんが。


ただ一点、此処で書き残しておく事は
 検察、裁判所が弱くなると、
 強くなるのは、警察

という可能性の話です。 


今度の法務大臣は、次の選挙にはもう出ない と宣言しておられる方のようで、
だから ツールとして のみで指揮権発動を使ってくる可能性もありますね。

AKB選挙とか初音ミク祭り、東電OL事件の再審判断 勝俣氏の事故調の出席 とか、
そういうモノと絡めて
 大飯原発稼動、TPP参加を餌にした
 米国への非関税障壁、ダウンロード刑罰化、
 そして消費税増税。
まったく、悪知恵というのは、困りますね。

その流れで行くからこそ この話になるわけで。


2012年6月4日 スロウ忍ブログ@Blogger: 2ちゃんねる運営が一部のコピペブログ管理人と関係者に対し、2ch著作物の利用を禁止。ネトウヨのデマの拡散が原因か。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/06/2ch.html
この話は1秒で中身が分かるじゃんw
「ひろゆきは 痛いニュースやネトゲリラへは突っ込まないのね?w」
それだけ。
どこまでネットの住人がナメられているか としか俺には思えなかったね。



http://fallen-angel.rulez.jp/blog/archives/2012/06/2ch_5.html
とうとう糞アフィブログに2ch本体から警告が来たみたいですね!
しかも警告出してるのはひろゆき、
って、お前は2ch運営から離れたんじゃなかったのかよ!?(笑)
それに、まとめサイト問題は数年前にも一度騒ぎがあった筈だけど、
結局の所
上納金を収めてれば お咎め無しだったよね?
今回も同じなんじゃないの?


本当に糞アフィブログが死んでくれれば万々歳だけどね。
まだ大喜びするのは早いと思う。
要する、単なる情報ヤクザ 其のカルト構造の下衆な本性「下部の切り捨て」なだけじゃん。
新聞本体が販売店へ「押し紙」を押し付ける、という話と 何か違うの?w

不思議な後ろ盾が居るネトゲリラへは一指も触れず
つまり モノホン には何故か欠片も触れないw

"痛いニュース" "Copyright c livedoor All Rights Reserved"で検索すれば
突っ込まないトコへは そういう“不思議な”後ろ盾が在る のは一発で分かるけど
何故か誰も口にしないし 検索は不思議に避けられるw  “不思議に”ウチが全然に上へ来ないw


 ↓

http://www.asyura2.com/0406/bd36/msg/887.html
2004年9月01日 ひろゆきの父が赴任した甲府税務署へ
 ↓
2ちゃんねるに対し、マルサ動く…「息子(ひろゆき氏)は関係ない」と、国税局職員の父
http://d.hatena.ne.jp/syuminoonna1991/20070201/1170318785
これまで夕刊フジでも報じてきた通り、西村氏の父親は現役の東京国税局職員。
定年を間近に控え、関東のある税務署で税務相談室長を務める。

先月30日に直撃したところ、
頭髪こそ薄いが目元や唇は西村氏そっくりの父親は「はい」と応じたものの、
「息子さんの滞納の件で」と言い終わらないうちに「そのことだったらもういい」と遮った。
なおも「成人とはいえ、お父さんの仕事上、問題では」と食い下がると、
「いいから。 息子は関係ない」と記者を制して歩き去った。

西村氏の個人会社2社は本店を両親が住む実家に置いており、
両社の延滞分の通知は実家に届いているとみられる。
ずさんな納税の一方、西村氏の懐事情は巧みに覆い隠されている。

2Chに出される広告の代金は、
西村氏の個人会社、2Chの実務を仕切る“黒幕”とされる
「ゼロ」(札幌市)、
「マリオネットコーポレーション」(東京都新宿区)などの広告代理店に入り、
2Chのデータを送受信するサーバーの使用料として
直接、米サンフランシスコの「PIE」など国内外の会社に振り込まれる仕組みだ。

西村氏自身が「自分が居ようが居まいが(2Chは)回る」と説明するサイクルの中、
どの経路から西村氏に億単位の金が流れ込むかは謎に包まれ、債権者の差し押さえを困難にしている。
このため、国税では徴収部とは別立てで、
「マルサも金の流れに関する情報を集め始めた」 (前出の国税関係者)とされる。
西村氏が取締役を務める
「未来検索ブラジル」(東京都渋谷区)、
「ニワンゴ」(中央区)
などの関係会社も含め、今後、調査の手を広げていくとみられる。


2012年03月27日 2ちゃんねる運営会社はペーパーカンパニーか、取締役が2ちゃんねるを知らず - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20120327-packet-monster-paper-company/


で 嘘デマ扇動か本当か知らないし ソースも全く無いけど こういう話が出回るし
【2ch潰し】税務署勤務の公務員、ひろゆき氏の父親が年度末で退職に追い込まれていた!
痛いニュースは平然と こう書いていた
2012/03/07 痛いニュース(ノ∀`) : 警庁、2ちゃんねるを強制捜査…「2ちゃんねるはネットの健全性損なう」 - ライブドアブログ
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1700617.html

まぁ全部が連動しているわけですなぁw

ひろゆきも 所詮はカルトの下僕な駒の一匹に過ぎない。
食用作物や食用家畜の雇われ管理人な程度でしかない。
さて では如何なる連中が その向こう に居るでしょうなぁw という話でしかない訳で。
まぁニヤニヤしてましょうかね。


https://twitter.com/dear01228/status/209613628683452416
あーまじかーもう作業員が足りないんだねー。
"@datugennohi: “福島原発事故 - 作業員は海外から?ブラジルで原発作業員の募集広告が話題に”
 http://nuclear2ch.blog39.fc2.com/blog-entry-1164.html"

https://twitter.com/chan_dora/status/208490924240670720
生活保護者叩きみてると、原発作業員足りないのかなぁ…
って思えて仕方がない。
沢尻エリカの薬物の話をしながら  ヘルタースケルターとプラセンタの臓器売買な第3部の話はしない
とっても素敵な情報ヤクザ連中は 今日も
食用作物や食用家畜にも劣る人間を食い物にして笑いが止まらない。



https://twitter.com/bonaponta/status/209473340111462401
再稼動する大飯原発3号機と4号機はMOX燃料を燃やすみたいだけど、
どの国の会社から輸入してるのかも分からない。
関西中部地方を放射能汚染するかもしれない核燃料の配合を公開すべき。
自分が どんな燃料のどの成分で くたばるのか、せめて納得したい。

http://www.wise-uranium.org/efac.html#FUELFABLWMOX
食用作物や食用家畜に 収穫や屠殺を選べる権利など 絶対に無い

https://twitter.com/bonaponta/status/209495459482435585
後藤政志(元東芝、原子炉格納容器設計者)
「MOX燃料はウラン燃料に対して有毒であるだけでなく、融点が低く溶けやすい。」 
http://goo.gl/PM4ci

https://twitter.com/bonaponta/status/209498646578855936
仏アレバ社はオーガスタ近くのサバンナリバーの核実験場
( http://en.wikipedia.org/wiki/Savannah_River_Site )の
核爆弾を核燃料に加工するプラント建設に既に何十億ドルも投じていた。
http://enformable.com/2011/09/areva-in-secret-talks-with-japan-for-spent-nuclear-fuel-from-fukushima-daiichi/

https://twitter.com/bonaponta/status/209503315187343360
「核弾頭を転用したMOXは熱くなりすぎて冷やすに高コスト。
 12%しか再利用できない。従来の原子炉では危なくて燃やせない。」
と言ったのはロバート・アルバレス氏で
エネルギー省長官のシニア・アドバイザーでジョン・グレン前議員の補佐をしていた。

https://twitter.com/bonaponta/status/209508845020647425
アルバレス氏。311の半年前に
「大量に余っている兵器級プルトニウムを燃料として再利用しようという意図は尊敬に値するが、
 装備が不十分で、構造的に変更できない原子炉でMOX燃料を使うアイデアは理にかなってない。」
と警告していた。
http://goo.gl/PM4ci

https://twitter.com/bonaponta/status/209509952354664448
ポンコツ原発で核弾頭を転用したMOX燃料を燃やすのは やめろ と、仏も米も言ってたのか。
誰か暴走する陸軍をとめてくれ。

https://twitter.com/bonaponta/status/209511003321405441
ウラン燃料で設計した原発にMOX燃料は使えない。
熱や圧力に原子炉や配管が耐えられない。
地震以前の問題。
http://www.nisa.meti.go.jp/oshirase/2012/02/240215-2-1.pdf

生き方どころか死に方も選べない、
それが極東の一諸島で暮らす圧倒的大多数の被支配者層の民族の現状なんだよね。
せめて祈る事で恍惚となって苦しまずに死ねる権利がある、それだけ。

反省と後悔を何度も繰り返していく そんな失敗を何度も繰り返すマヌケな俺は、
だから 考えて生きていき 考えながら死んでいくよ。




考えるということ - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5133865.html
技術の無い工作員さんは、技術が無いので、
材料をなるべく手を加えないで出すように、依頼人に指示を受ける。
よって、同じ文言を多数の人に吹っかけたり、乱暴だったりして
すぐブロックされたりする。(笑)

技術のある料理人だと、依頼人から(オーナーから)
「今日は、ちょっと安い材料でやってくれ」
「マーガリンをバターに見せかけてくれ」
など言われると、
調理法や、香辛料で工夫して、材料の問題点をお客さんへバレないようにする
そうすれば自分の評価も上がる、良い給料や美味しい餌が貰える。


もっとワルだと、保険をかける。
依頼人から(オーナーから)言われる前に
「お客様の健康を考えて、バターをマーガリンに変えました。」
とか、言っておく。
お客さんは、幸せに騙されて、高いお金を払う。

そんな技術のある工作員だと、依頼人から(オーナーから)
「これだけは気づかれないように、上手く書いてね」
「コッチの方向に誘導よろしく」
なんて言われても、
その前に言われなくても 先に回って忖度して
「(世間の民さんが、お怒りの方向は、○○であろう。)
 その歴史的な××らしい
 (などなどのハナシを持ってきて、もっと酷い状況を臭わせれば、この辺は隠せる だろう)」
とか、
「(こんな昔のことは、皆さん知らないだろうから、)
 これも、〇〇の責任
 (にしてしまえば、此方は隠蔽しつつ情報誘導できるなあ)」
なんて、もっともらしい御意見を提示して、読み手や視聴者を一時的に納得させ そして誘導させる
のは朝飯前になっちゃいますね。 

後になって、責められても、
「あの時は、知らなかった」
などなどで済む言い訳の保険は当然に含めておきながら、です。
それが 情報ヤクザ。

考える技術を上達させるには???

学校で、「どう思いますか?」と、センセイが質問する。
それで、生徒が間違うと、笑われる、でも用意された答え は教えられる。

生徒の側が 全く別の解き方を、おずおずと言い出したりすると、
「でも、こっちの方が効率的だから、公式だから、」
とか言われてしまう。

工作や、家庭科の縫い物は、みんな「キット」できてしまう事が前提ですが
余った材料や切れ端で別のおもちゃを作ること さえ「授業とはならない」のです。

 
で、社会に出れば、
「意見を言ってみろ」 
と言われれば まだ良い方で、
意見は取り上げられることは殆ど無く、
仮に 本当に良い意見 を下から出したとしても 上や横で横領されたりもする。
 
「派遣に口はいらない。耳だけあればいい」(指示に従えばいいの意か?)
との話もあったそうです。


つまり、小さい時から、
自分で組み立てた考えを言い、その考えに対して
「よく考えついたね。 すごいね。
 でもね、それだと、○○な問題が起きちゃうかもね。
 どうしたら良いのか、また考えてきてね。」
という、言葉のような
「よくできたね。おいしいよ。
 でも、もうちょっと こうした方がいいかな?また作ってね」
と、笑わずに、面倒くさがらずに、付き合ってくれる
「料理における 付き合い始めたばかりの冷めていない恋人の言葉を届けてくれる」
みたいな人が、いないんですね。
まぁ 甘いっちゃあ 甘い話では有るが。言いたい事は分かる。

「参考にする」がありそうで ない 「考える」
 

料理ですと、いくらでも 本、雑誌などで、作り方、レシピ出ています。
ハンバーグが作りたいと思えば、おそらく数え切れないくらいレシピが出てくるでしょう。
それを参考に、繰り返して自分のレシピが出来てくるわけです。

「考える」についても、
「仕事が進む考え方」とか 「こう考えるとラクになる」的な本は たくさん出ていますが
考えて結論を出す方法じゃなくて
「こう考えると、上手くいきますよ」
ということで、実用的な というか 俗に言う「How to」本は在りますが、
そういう場合は 誰かにとっての都合の良い考え方 だったりして
「自分の考え方を構築していく」に繋がるんでしょうか?

というか、こういう考え方もあるんだ〜! と思って
自分の中において “別の”一種のパターンとして蓄積していこう と思いながら読まれているんでしょうか?

そのあたり、は、疑問。
まず 無理でしょうw
で、ツイッターなどネットでの可能性


自分の周りは、頭がちがちの人間ばっかり。
リア友に言ったら、ナニマジメなこと言ってんの?wwwww

そういうような自分の不安、心配、考えたことでも、
ネットの中へ投げれば、
「そうそう」とか「それだけじゃ、まずいんじゃない?」とか「こういう話もあるけど、知っていますか?」
という反応が返ってきます。

もちろん、優しい言葉だけはないし、引っ掛けられるワナもありますが
読み続けることで、これは、ネトウヨ、これは、営業、これは大物工作員 では?
と、分かるようになってきます。

考えて言葉にして出す。
→反応が返ってきて、新しく知ったことを付け加えて また考えて、言葉にして出す。
→反応が返ってきて、また考える。
のくり返しで、考える体験ができるいいチャンスかも。。?


ネットが出てくる前は、テレビ、新聞、ラジオ 記者クラブ連合軍の一方向しか、情報は出てこなかった。

つまり、
記者クラブが光をあて、知らせたくない所は黒く伏せて上映して
視聴者、読者へ狭い方面での情報のみを知らせていたわけです。

ネットが出来て、普通の個人から、団体、フリージャーナリスト、色々な人が、
いわば、記者クラブが黒く伏せた所に、光を当てて 知らせてくれるようになりました。

ネットでの情報の出し手は、
自分の知らせたい方向に光を当てて、(現場 情報)を見て、
自分というフィルターを通して、自分という鏡から、発信します。

ですから、同じ事件、情報を見ても、それを発信する人によって、見解が変わるのは 当然です。

少し話は逸れますが
自由報道協会ができた時、管理人は思わず、
マスコミ、記者クラブから は、真逆な方向からの発信拠点が出来る! と、期待してしまったのですが、
その後に、それは自分が「二極化の分かりやすさ」に陥っていたことに気がつきました。 

自由報道協会には、自由報道協会が、光を当てたい角度と、反射したい 角度があり、
上杉氏にも、自分の光を当てる角度と、フィルターと、反射する鏡があり、
一般の人にも、発信者の数だけ、光を当てる角度と、フィルターと、反射する鏡があるわけです。

今は、
マスコミを含めて、様々な方向から反射される光(情報) から
自分の中で 像を結ぶ という能力が必要とされていると思います。

情報流通の元を考えるに、
何故に 光 だけではないのか?
何故に 反射した光 をも考えるのか?
 
光とだけしてしまうと、送り手が一つと限定されて見てしまうからですね。

同じように光を当てているはずなのに、
フィルターを通して反射(情報発信)されると、
反射されていない情報も在ることに気がつく場合もある。

そこから、送り手の鏡の角度を見る なんて考え方もあるわけです。
俺が子供の頃に見たNHKのドキュメンタリーだったと思ったけど
誠天調書: 20世紀を生き残れた という勝者の成功体験を持つ者達の甘い夢
http://mkt5126.seesaa.net/article/203281988.html

誠天調書 2010年08月09日: 理非なき時は、鼓を鳴らし、攻めて可なり。  昔の人は いい事を言ったぜ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/158921404.html
何十年か前かの夏に 南海の島への戦時の遺骨収集をする人のテレビ番組を観た。

その島で死んだらしい人 の息子による 名も知れぬ膨大で無数の遺骨 の収集作業。

どれが父なのか そもそもに本当に亡き父は此処に居るのか それすら分からぬままに
その男は頭蓋骨の一つを手にして泣き崩れて こう語った。
「死者の言葉は常に多面的だ」
俺は その言葉を 今もずっと心に残している。

人の所業の多面性を理解できない者は 大多数からの尊敬を受けない。

物事の一面性のみを口にしては無理矢理に敬意を得ようとする者は
その安直さしか理解できない者の信奉を得るのみであろう。

この差異を理解できない者は 自らの愚かさをも理解できないだろうね。
本多勝一は 事実と真実 という言葉を使い分けた。
 「真実」という単語は 心情へ訴える事を主目的にした単語、とまで言った。
 その上で なお「事実」という単語ですら主観的なモノでしか無い と口にした。
 だからこそ 客観的事実 などという言い回しは
 「真実」という単語と同じ 心情へ訴える事を主目的にした言葉でしか無い とも言った
色々な話の先では そんな感じになったと思う、もう忘れちゃったけどw

いずれにせよ なればこそ俺も
 俺の言葉を一文字たりとて信じるな
と先に言って それでもなお自らの足では先に行こう としている。

情報を咀嚼し 自分の血肉にして そして自分の足で歩く。
「我は何処から来て 何処へ行こうとしているのか」
という話は哲学の世界だ。
そして 哲学と宗教の境目を明確にさせない のが宗教勧誘や詐欺詐術の十八番である。

ソフィーの世界は流し読みしただけだし 哲学を学校で学んだことも殆ど無い俺だけど
自分なりに勉強してきた事 と 社会経験の中から学んできた事 の両方を
己が中で上手に再構築していく作業、其れが こうして書く事 だったような気がする。

日記を付けた事は無い俺だけど 食べる物も無く路上に居た頃でも チラシの裏へ何かを書いていた。
こんな話を思い出した。



http://goldberg1227jp.blog96.fc2.com/blog-entry-362.html
石徳林(せきとくりん)字が徳林。名は不明
安定郡の人(??〜??)

〜経歴〜
隠者。
寒貧(かんぴん)という異名を名乗っており、これは現代の「素寒貧」という言葉の語源である。

若い頃、長安で学び方術に興味を持ち、そのことから隠遁することを考え始めた。
その後、石徳林は意図的に人と会うことを避け、
出仕の招きも断り、痴人を装い乞食のような生活を貫いたという。

と、これだけ書くと三国志に散見される、
 なぜ事績が伝わっているのか、
 そもそも意図的に人を避けていた人物の生涯を誰がどうやって聞き出したのか、
全くわからない謎の人物である。

現代にも生き残った「寒貧」という言葉の響きが、強く印象に残り独り歩きしたのだろうか。
蒼天航路では
権力者の曹操が人材として拾いあげようとしたが拒否する 乞食で「寒貧」な石徳林の話 が有る。

その直前 曹操は腹心中の腹心 荀ケ を失っている。
しかも 荀ケの死は不明 なおかつ 曹操と荀ケは政務上の意見の違いが有った。

http://ngelas.jugem.jp/?eid=31
曹操は荀ケが死んだ時に
「荀ケは唯一、自分に服従する者でも、服従しない者でも無かった」
と。

荀ケは正史の中では、曹操陣営にとって かなりの重要人物だったのに
詳しい死因は全く書かれてないんですよね。
これは、明らかにおかしいです。
その死に何かがあったと考える方が当然でしょう。

この死についての解釈は、
これまで たくさんの三国志でそれぞれ独自の解釈などもあったようですが、
この蒼天航路では荀ケの自殺という結果でした。

しかし、ただそれだけではない。
曹操の言った、「荀ケは荀ケであれば良いのだ」という言葉に悩む荀ケ。

荀ケは何を思ったのか。そして、曹操は何を思ったのかなって。
曹操にとって、荀ケはただの腹心では無いのです。

曹操は漢の丞相です。
しかし、それでもこの二人には考えかたの違いがありました。
唯才の求賢令を出した曹操。
荀ケはね…、やはり譲れないと思うんですよ。
やはり、これが荀ケという人間であり、荀ケたる所以なんでしょうから。

で 石徳林の話
http://www.h2.dion.ne.jp/~soutenko/338hito-yonde.html
若いころ、長安で学者の欒文博に学び、「詩経」「尚書」の研究に専念した。
動乱を避けて漢中に移り、「老子」の研究に励んだが、再び長安に戻った。
生業につかず、妻子もなく、着のみ着のままで暮らし、自ら「寒貧」と号した。

http://shrimpdragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-6a72.html
石徳林とは、素寒貧という言葉の由来になった裸一貫で無一文のおっさんである。

隠者と言えば聞こえはいいが、
作中では、ただの汚いホームレスとして描かれている。
中国風の神仙でもなければ、孔明のような野に埋れた賢人というわけでもない。
ホントに ただの汚いおっさん。頭にはハエが旋回してる(笑)

対して曹操は、
乱世に覇をとなえ、戦場に興じ、酒色に耽るだけでなく、
琴棋書画、詩歌歌賦、およそ人の営みの生み出した文化風物の粋すべて平らげんばかりの怪物。
まさに人の性の権化としてある。

その曹操が、シンプルライフのホームレス石徳林と反りが合うわけもない。
石徳林から見たってそうだ。

石徳林は、
 人の先へ立たない生き方をする。
 質素で何も持たず、何にも執着せずに、つつましくでも気ままに生きていきたいんだ、
 放っておいてくれ、
と曹操を無言で突っぱねる。

才覚あるものを野に置いておくことを許さず、どんな手を使ってでもプレーンにせずにはいられない
そういう性分の曹操も、石徳林には、まるでこっちからお断りだと言わんばかりに言い放つ。
「おれとは まるで違う」
本当にそうだ。まるで二人はまるで対極。
どうしようもない。
二人の無言の対話は 完全な物別れに終る。

曹操
「いい気なもんだ」
と 時間が惜しいとばかりに立ち去ろうとするが、
「心腹の友に少し似ていると思った」
とも言う。

それに対し 裸の大将さながらの隠者が最後に呟く。
石徳林
「『~龜雖壽,
  猶有竟時。
  騰蛇乘霧,
  終爲土灰。
  老驥伏櫪,
  志在千里。
  烈士暮年,
  壯心不已。
  盈縮之期,
  不但在天。
  養怡之福,
  可得永年。
  幸甚至哉,
  歌以詠志。』
 これは あんたの作の詩か?

 私は 三つの宝 を手にして死ぬ。
 その為に生きている。」

  人を慈しむ心
  何も持たぬ暮らし
  人の先に立たぬ生
            ----老子

曹操
「俺とは全くに違う。」
石徳林
「だが自分が生きる力に一点の疑問も抱いたことが無い、その点では同じだ。」
そして
曹操は別れ際に「貫けよ 寒貧」とだけ言う
石徳林は「お前もな 奸雄」とだけ答える。


寒貧こと石徳林。
名誉、家族、その他もろもろを捨て去り、三つの宝を求める男。

その宝というのは中々に手にするのは難しいもので、形としては残らないものばかり。
清貧ですね。心が満ち足りているならば他には何もいらない。
その境地に達するのは おそらく自分には芽生えてはこないだろうけど、
寒貧こと石徳林は そうした生き方を貫く。

権力の頂点へ立つ曹操とは およそ相容れない生き方ではある。
けれども、この二人ともが 自分の生き方 その力 を疑わない。

曹操と寒貧、此の時より後で会うことはないだろうし、この二人の辿る道は違うけども、
一瞬でも交われたことで 互いに思いを新たに生きる
と描きたかったのでしょう。

http://www.h2.dion.ne.jp/~soutenko/338hito-yonde.html
三つの宝の話、印象的でした。

寒貧こと石徳林は
「人をいつくしむ心」
「何ももたぬ暮らし」
「人の先に立たぬ生」
を持ってだけ生きて それだけで死ぬ、を貫こうとしていた。

時の最高権力者の曹操が 直々に人材として登用しようと出向いても、寒貧な石徳林は見向きもしない
「―いい気なものだ」までの曹操の独白を見ると、
寒貧を通して荀ケに小言をいってるように見えました。

魔王なんて呼ばれて恐れられてはいた曹操だが、
 民へ安定した生活を享受させることが「人をいつくしむ心」、
 全てを掌握できる権力を持ちながら、私利のために乱用しないことが「何ももたぬ暮らし」、
 力を持ちながら帝位へだけは就こうとしないことが「人の先に立たぬ生」、
その全ては曹操と石徳林では全く同じだった ということではないでしょうか?

見えにくいが、見える人には見える曹操の性質。
寒貧が言ったのか、荀ケが言わせたのか、
石徳林の「だが同じだ」の言葉の直後に、
・曹操は、寒貧な石徳林 と 荀ケが重なって見える
・そして荀ケを失ってから瞳に光を失う姿で描かれた曹操の瞳
 に一瞬だけ一コマだけ光が取り戻されて描かれる
という風に 十分な説得力があった という事のようですね。


http://www.h2.dion.ne.jp/~soutenko/338hito-yonde.html
寒貧は姓を石、字(あざな)を徳林というそうです。
つまり曹安民みたく名は不詳みたいです。

三輔に住み、長安の欒文博という、門弟数千人を抱える学者のもとで勉強したそうです。
「詩経」「尚書」に専念し、門弟の中では "最もひっそりとして寡黙であった" と記載されています。

馬超・韓遂の乱により関中が動乱に陥った時に、寒貧は漢中に移ります。
そこで寒貧は "全く生業を営まず、妻子を養うこともなかった。" とあります。

同時に " 常に「老子」五千字と種種の「内書」を読み、夜も昼も吟誦していた。" とも記載されており、
寒貧の心には厭戦と究学が同居していたように見受けられます。

ところが、曹操軍の侵攻により、漢中にも動乱が訪れます。
寒貧は人々について長安に帰還するのですが、
痴人のようになり二度と人と面識を持たなかったそうです。

その様子を『魏略』は こう記します。
"食事は美食を求めず、冬も夏もつねに破れた木綿をつづり合わせた衣服を着ており、
 身体は風にも耐えぬ感じで、目は何も見ていない様子だった。"
まさに蒼天の彼ですね。

寒貧は、貧しい町の小さな家に独り住まいをし、親戚も無かったそうです。

ただ、こんな記載もありました。
" 人が彼に衣食を恵んでも受け取ろうとしなかった。
 郡県では、彼が独り身で貧窮なことから、日に五升の米を支給したが、
 食事が不充分なので、いくらか乞食をして歩いた。
 食物を乞うても余分には受け取らなかった。"
ここらへんに寒貧の思想を感じます。蒼天でいうと3つの宝でしょうか?

『魏略』は続けます。
"人がその姓と字を尋ねても、やはり言おうとしなかった。
 その結果、彼を呼んで寒貧と言ったのである。"
つまり何も口を聞かないホームレス風の男を、
町の人は "スカンピン" という仇名で呼んだのですね。

『魏略』は最後にエピソードを2つあげて寒貧の記載を終えています。
" かねてから石徳林と旧知であった者が、
 出かけて石徳林を慰問すると、その度に膝をついた。
 そのことから 人は石徳林を阿呆ではない と考えた。

 車騎将軍の郭淮は気概を示して彼に呼びかけ、
 その望むことを質問したが、やはり口を聞こうとしなかった。
 郭淮は そこで乾肉・乾飯と衣服を与えたが、その衣服は受け取らず、
 乾肉一升と乾飯一升を受け取っただけだった。"
車騎将軍に対しても この態度....。

寒貧、貫いてます。


だから蒼天航路で こう描かれる
http://ngelas.jugem.jp/?eid=31
曹操にとって、荀ケは ただの腹心では無いのです。
一番の最初に 曹操の軍師になる と言って曹操の下を訪れた、あの日から。
奸雄の曹操 王佐の才の荀ケ、二人には たくさんの事があり、ここまできました。
いまや、曹操は時の最高権力者です。

しかし、それでも この二人には考えかたの違いがありました。
荀ケはね…、やはり譲れなかったんですね。
やはり、それが荀ケという人間であり、荀ケたる所以なんでしょうから。

それでも、荀ケは曹操の為に居た、と思う。
王佐の王は曹操だったかどうかは荀ケにも分からなかったみたいです。
けれど、後のエピソードですけど 曹操は荀ケを心腹の友、とも言った。


石徳林と曹操は 別れ際の時に、
心腹の友と見間違えた という石徳林へ曹操は言った、貫けよ寒貧! と。
それに対し石徳林が言った、あんたもな奸雄! と。

その言葉が 自分的には、
 曹操が荀ケへ、荀ケが曹操へ それぞれに言ったみたい
でした。

俺が小沢を見る視点は そんな感じな部分もある。
俺は俺で、此処で生きる。小沢も 小沢を貫いてほしい。


情報の先で生きる その哲学を語る。
結局は そういう事なのかなぁ とか俺は思ったりもしなから、此処へボチボチと書いている。


http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5133865.html
集合知 という言葉がありますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%9A%84%E7%9F%A5%E6%80%A7
ちょっと難しい概念ですね。

ネットで、いろいろな意見が積み上がって、
より良い解決法あるいは何かへ結びつく というのも、あり なんだとは思いますが
どちらかと言えば、個人→ネット →個人→ネット というように
知は、個人に、集積していくのではないか?という気もしています。

その集積したものを、どう活かすのか?
それが、あまり考えられていないのが実態ではないかと。。

身近な議員さんに 蓄えた情報を伝える というのも良いかもしれません。

意見なんて言いにくいリアルな世界でも、
不安、不満が充満している今なら、一人、二人、理解者が増えるかもしれないですよね。

今回は、考えることを巡っての思いつきでした。

 
管理人は、料理は,大の苦手です。(ご想像のとおり)
だから、材料ばかり集めてるんですよね。
俺は俺なりに頑張る と此処で言ってきた。
結局に俺は それ以上でも それ以下でも無い。


ユリウス カエサル
 私の手で 自由にした人々が再び私に剣を向けることになるとしても
 そのようなことに心を煩わせたくない。
 何にもまして私が自分自身に課しているのは自らの考えに忠実に生きることである。
 だから他の人もそうであって当然と思っている。

けれども俺は 馬鹿で豚にすぎない一般民衆の傍らで生きている。
 私の手で 自由にした人々が再び私に剣を向けることになるとしても
 そのようなことに心を煩わせたくない。
 何にもまして私が自分自身に課しているのは自らの考えに忠実に生きることである。
 だから他の人も そうであって当然と思っている けれども
 それよりも先にする事が有る。
つまらない事象に 心どころか何もかもを煩わせてしまう“馬鹿で豚にすぎない一般民衆”へ
その言葉は届かない どころか 詭弁と詐術の道具になってしまう。
知性の高い者への手紙の上での言い回し なら ともかく
戦時下 での その言い回しは あまりに危険だ。



著者のことば|塩野七生『十字軍物語』〈全4冊〉|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/309635/05.html
いま なぜ十字軍なのか。
日本人は何を知らなければならないか。


二十一世紀の今なお、世界情勢の多くは、キリスト教世界とイスラム世界の対決によって動いている。
しかし日本は、このどれにも属していない。
にもかかわらず、影響を避けることはできない状態にある。

ならばこの二つの世界の、
今に至るまでの一千年にもわたってつづいている対決の歴史を振り返ってみるのも、
この二つの大波をかわし乗りきっていくうえでの一助になるのではないかと考えたのだった。

「わたしは常に、自分自身の想いに忠実に生きてきた。だから、他の人もそうであって当然だと思っている」
(ユリウス・カエサル)
これが、古代のローマ人の考えた「寛容」だった。

だがその後は、当然ではない中世に入る。
私は この中世を、まず初めに『ローマ亡き後の地中海世界』と題して二冊にまとめた。
キリスト教世界とイスラム世界に分れた時代を、「海賊」をキーワードにして描いてみたのだった。
そして第二の試みのキーワードは「聖戦」。
となれば、描き出す対象は十字軍になるしかない。

『ローマ亡き後の地中海世界』でのテーマは、
南ヨーロッパのキリスト教徒と北アフリカのイスラム教徒の対決にあったが、
『十字軍物語』四部作では、北ヨーロッパのキリスト教世界と中近東のイスラム世界の対決になるだろう。

そして、もしも あなたに、これらを読みつづける好奇心と忍耐があるとしたら、
そのときには あなたも考えると思う。
この二つの一神教の世界に比べれば、わが日本の多神教の文明も捨てたものではないね、と。

このことに納得いって初めて、われわれ日本人は、
キリスト教徒とイスラム教徒の間に立っての、説得力をもつ仲介者になれるのではないか
と思っている。

部外者は、当事者たちの長い歴史を知って初めて、
彼らの「想い」を共有しながら その調停に乗り出せるのであるから。


塩野七生
甘いわ 塩野七生w  片腹が痛いわ。
極東の一諸島へ帰ってきて この地で生きて この地で死ぬ をしてから言いなw

カエサル寛容の限界を超える 核攻撃 の下での生老病死をも胸一つで越えざるを得ない
にまで覚悟が要求される者達へは、そんな高尚な言い回しなど もはや価値となりきれない。

多神教と一神教 共同体と国家 の言い回しを長年にしてきながら
極東の一諸島における現場を見捨ててきたからこそ
そういう当事者とは無縁な言い回しが可能なんだろうね。

こっちは その現場で生きている。
核攻撃の下で生きる大量虐殺と民族浄化の毎日で暮らす へまで至った者達へ 寛容 を口にするは、
あまりに あまりに 酷 だ。
その 寛容を という言い回しは
戦時下では 社会を構成する圧倒的大多数“馬鹿で豚にすぎない一般民衆”への詐術と詭弁 にしかならない。

戦争が終わってから 聞き直すよ。

だから俺は、とりあえず 聞くだけ聞いとく それだけになる。
ネットの日本語圏の下士官層の中でも 情報流通への対応が特に身に付いた者達 だけが
そういう 寛容 という概念の意味も心に留めておく 程度にするべきだろう。


曹操の詩
http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/soso.htm
 「歩みて夏門<(かもん)>を出ずる行<(うた)>」
神亀雖寿  神のごとき亀は寿<(いのちながし)>と雖<(いえど)>も
猶有竟時  なお竟<(おわ)>る時有り
騰蛇乗霧  騰<(のぼ)>る蛇は霧に乗れど
終為土灰  終<(つい)>には土灰と為る
驥老伏櫪  老いたる驥<(うま)>(名馬)は<(うまや)>に伏すとも
志在千里  志<(こころざし)>は千里に在り
烈士暮年  烈士<(れっし)>は暮年にも
壮心不已  壮心已<(とどめ)>あえず
盈縮之期  盈<(なが)>きと縮<(みじか)>きの期<(さだめ)>は
不但在天  但<(た)>だ天のみにあらず
養怡之福  怡<(よろこび)>を養い福に之<(ゆ)>けば
可得永年  永き年を得<(う)>べきなり
幸甚至哉  幸は甚<(はなは)>だしく至れる哉<(かな)>
歌以詠志  歌いて以<(もっ)>て志を詠<(よ)>まん


http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/shi3_07/gushi53.htm
歩出夏門行  神龜 壽なりと雖も

~龜は  壽じゅなりと雖いへども,
猶ほ  竟をはるの時 有り。
騰蛇とう だ は  霧に乘ぜども,
終つひに  土灰どくゎいと爲る。
老驥らうき  櫪れきに伏せども,
志は  千里に在あり。
烈士  暮年 ぼ ねんに,
壯心  已やまず。
盈縮えいしゅくの期は,
但ただに  天のみに 在らず。
養怡やう い の福は,
永年えいねんを 得うべし。
幸かう 甚はなはだ  至れる哉,
歌ひて以て  志を詠えいず。


※~龜雖壽:霊妙不可思議な亀は、長生きであるといわれるが。
 ・~龜:伝説上の霊妙不可思議な亀。長寿の亀。
 ・雖:…ではあるが。(…と)いえども。
 ・壽:長生き。長寿。

※猶有竟時:それでもなお、終わるとき(死ぬとき)がある。
 ・猶有:なお…がある。
 ・竟:〔きゃう;jing4●〕終わる。尽きる。

※騰蛇乘霧:(伝説の)空を飛ぶ神蛇は、霧に乗って(龍のように勢威があるものの)。
 ・騰蛇:〔とうだ;teng2she2○○〕古代伝説の空を飛ぶ神蛇。=螣蛇〔とうだ;teng2she2○○〕。
 ・乘霧:霧に乗る。

※終爲土灰:結局は(死んで)ちりぼこりとなってしまう。
 ・終爲:結局は…となる。ついには…となる。
 ・土灰:〔どくゎい;tu3hui1●○〕ちりぼこり。

※老驥伏櫪:(しかしながら)年老いた駿馬は、馬屋に臥せっていても。
 ・驥:〔き;ji4●〕すぐれた馬。駿馬。
 ・伏:〔ふく;fu2●〕ふせる。しりぞく。
 ・櫪:〔れき;li4●〕馬小屋。また、飼い葉桶。馬屋のねだ。

※志在千里:その志は、(壮年の時と同様に)遥か遠くにまである。
 ・在千里:遥か遠くにある。

※烈士暮年:気性が強く節義を守る男は、晩年になっても。
 ・烈士:気性が強く節義を守る男。 ・暮年:晩年。老年。

※壯心不已:雄大な志は、やむことがない。
 ・壯心:雄大な志。壮士。大志。
 ・不已:やまない。

※盈縮之期:長短ある寿命も。
 ・盈縮:〔えいしゅく;ying2suo1○●〕世の中で活躍することとひっこむこと。

※不但在天:(それを定めるのは)ただ天(の手)にだけあるのではない。
 ・不但:ただ…のみならず。
 ・在天:天にまします。天にある。

※養怡之福:(自らが)和らぎよろこぶ幸福を培うように心懸ければ。
 ・養怡:〔やうい;yang3yi2●○〕和らぎよろこぶように気をつける。

※可得永年:長寿を得ることができるのだ。
 ・永年:長寿。
 ・可得:得ることができる。
 ・永年:長寿。

※幸甚至哉:はなはだ幸いの極みであることよ。
 *「幸甚至哉,歌以詠志」の聯は全章を通じて末尾に出てきており、
  必ずしもこの聯の前までの部分と、意味上の強い繋がりがあるとも謂えない。
  この部分は、韻もふんでいない。
 ・幸甚:はなはだ幸いである。
 ・至:極みである。最も…である。
 ・哉:…であることよ。…しよう。…かな。感嘆の語気を表す。

※歌以詠志:歌うのに志をうたうことをもってしよう。
 ・歌:歌う。動詞。
 ・詠志:志をうたう。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1379791243
歩出夏門行の詩のこの一節には前にある「老骥伏枥」と繋がります。

「老骥伏枥 志在千里」で「老いた駿馬は馬小屋に伏すも志は千里にあり」となります。
駿馬は、たとえ老いて馬小屋にあっても志は千里を駆け巡っている
ということです。

そして「烈士暮年 壮心不已」で「烈士は暮年にも壮心やまず」となります。
男児たるもの、年老いたからといって熱い気持ちを止められるものではない
ということです。

大雑把に訳すと

 寿命の長短は必ずしも天によって
 決められているわけではない。

 体をいたわるなどを心がけることによって、
 思いがけない長寿を得ることも可能である。

といったところです。

この頃は「天命」という言葉があるように。
「人の寿命は天によって定められており、
(人間が)それを覆すことはできない。」
という考えが支配していました。

そんな時代に
「寿命なんて心がけ次第で変えられる。」
なんて、天をも恐れぬ大胆な発言です。

それをキッパリ言い切る。
さすが「千年に一人の大才」
曹操です。


作者の曹孟徳は
この詩を詠んだ時点で確か40代半ば〜50代頭といった年齢のはず。

当時の 医療レベル・食糧事情を含む栄養状態などからくる出生率・死亡率などを考えると
1800年前の50歳といえば既に「老境」といっていい年齢です。

その彼が1・2行目で
「この世の生きとし生けるもの全ては
いつかその寿命を終えるときがやってくる。」
と詠い、
しかし3・4行目で
「身は老いても心まで老いてはいない。」
と詠む。

5・6行目では
当時の寿命に対する考えに真っ向から逆らうかのように
「寿命の長短は天が決めるものではない。
 そんなもの心がけ次第で変えられる。」
と詠み
最後の7行目前半で
「このような境地に至ったことはこの身の幸いである。」
と、自分の心境を述べる。そして最後の

「歌以詠志」

これを私は
「さあ、皆よ私は己の思うところを詠んで、歌い上げた。
 皆もそれぞれ思うところを詩にのせ、
 歌ってみるがよい!」

と、理解しました。

そう、これは作者曹孟徳自身が
「俺はまだ老いていない!
 まだまだ、これからだ!」
と、自分自身を奮い立たせ、
まわりの部下たちをも奮い立たせている
「詩」というより「決意表明」
なのです。

あくまでこれは捉え方のひとつです。
この考え方を他の方の押し付けるつもりはありません。

感じ方は一人ひとり自由なのですから・・・・・。


2012/1/24


下層民の俺も 俺なりに生きていく それだけだ。


https://twitter.com/ettahinin/status/209275592527446016
いっちょ 『特定危険指定暴力団』 と名乗ってライブしてみようか #誠天調書

https://twitter.com/ettahinin/status/209276953369387008
いろいろ下らない事を考えている俺だ。先のツイート 『特定危険指定暴力団』 と云う音楽活動名ね。
『宗教法人 特定危険指定暴力団』って云うのもいいな。
いや 俺は そういうのをしないですねw
ここで 自分の中に在るモノをチマチマと磨いていくのが精一杯です。
弱い俺は そういう戦い方しか出来ないです。

でも そういう戦い方 ならば それなりに頑張ろう とも思ってます。

曹操は1800年前から21世紀の俺へ ブログを書け って言ってるような気がするw
俺は、うるせーや 言われなくたって書くわ、って応えるよw

曹操が曹操なりに詩でライブをするならば 俺は此処で俺なりにブログを積み重ねる、なだけだよね。







posted by 誠 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。