https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年06月07日

東京電力などなどを経由して流れてくるカネを受け取って情報流通をする連中が 流さない情報とは?

俺はね、情報に余計な抑揚は不要 だと思っている。
ニホンジンの右手と左手の残滓から逃れられない連中ほど そういうのが好きみたいだけどね。



https://twitter.com/lokomama1/status/209987322802999297
ホルムアルデヒド事件、「政府規模での隠蔽」があった
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/1d1b0ad129d7bb3124c97b573f9f7153
何となく報道をみて「おわった」と思っている方も多いだろうが、
総理官邸、内閣官房、厚生労働省、国土交通省、東京電力が絡む
壮大な「隠蔽工作」が行われていた。

さて関東大断水、
検出されたホルムアルデヒド前駆物質の特定からその流出ルートまで、
極めて異例のスピード解決・・・
この件の情報流出経緯には、大きな違和感を覚えて いろいろ調べていたのですが、
DOWAの背景と、先生からの高濃度放射性物質検出の情報で
ようやく全ての辻褄が合いました。
 
正直はじめは、「ここまでやるのか!?」と驚きましたが、
嘘で固められた原子力政策を考えれば この位はあたりまえ、
やはりこの国は依然として戦時下にあるのだという現実を再確認しました。
また盛大な欺瞞工作とスピン報道でしたね。

一連の騒動の核心はもちろん、
原発稼働ゼロの微妙なこの時期に、
”いかに放射能にスポットを当てずに済ませるか”
という点での 利根川水系の放射性物質(今回はおそらくセシウム)による高度汚染 の情報の封じ込め、
それに伴う浄水場の取水制限でしょう。

これが東電、政府、マスコミが目指した最終ゴールです。



ターンオーバー(turnover:湖水大循環)」
 
水は4℃の時に体積が最低に、比重が最大となります。
湖沼の水温は春から秋の間、表層ほど暖かく、深くなるに従って冷たくなります。

ところが その温度変化は直線的ではなく、
ある水深を境に急激に温度が低下する“サーモクライン(水温跳層)”と呼ばれる壁のような層を作って、
それを挟んだ表層と深層の水の循環交流が無くなります。
 
また、標高の高い湖では、
冬になると温度層が逆転して、深層には4℃の温かい水が、表層にはそれより冷たい軽い水が分布し、
明確なサーモクラインは作らないものの、
やはり表層と深層の水の交流は無くなります。

湖に流れ込んだ枯れ葉など有機物は、湖底で微生物に分解され、
そこに低酸素で富栄養な汚い水のエリアを作ります。
 
しかし、いくら風や流入河川が湖に対流を起こしても、
サーモクラインに阻まれて、湖底の汚い水が表層まで運ばれることはありません。
同じことは、
比較的水に溶けにくく、すぐ泥や有機物と結合して沈澱してしまうセシウムにもあてはまると思います。
 
ところが、年に2回その安定が崩れます。
 
湖の表層温度が上昇する早春と、温度が低下する晩秋のわずかの期間、
サーモクラインが消え、湖の表層と深層の温度差がなくなくなるのです。
その時期に強風などで湖水に強い対流が起こると、
湖底の汚い水が一気に撹拌され、ちょうど湖全体がシェイクされた状態になります。
 
その状態をターンオーバー(湖水大循環)と呼びます。
釣りに行ってこれに出くわすと、
昨日までの爆釣がウソのように、当たりひとつなくなります。


  
今回の本当の舞台は関東の水がめ、矢木沢ダム(奥利根湖)です。
広大な原生紅葉樹林を水源に持つ人造湖で、
釣り人からは“日本のカナダ(!?)”などと呼ばれて親しまれています。

しかしその一方、早川マップを見ても判るように、
周囲はセシウムホットスポットの山々に囲まれています。

秋の紅葉〜落葉により、セシウムをたっぷり付着させた落ち葉は、
さまざまルートで大量に湖に入り、矢木沢ダム湖の底に蓄積されているはずです。
 
実際、湖底の泥からセシウム2900bq/kgを検出と発表されてますが、
個人的には そんな生易しいものではないと思ってます。


なるほどね、釣りをしている人 ならばこその視点でしたね。

矢木沢ダムの水位、放流量など公式データを2005年まで遡って調べてみました。
 
基本的に、ダムは水を溜めてナンボであり
ダムは通常、冬季や夏場の渇水期、豪雨などのイレギュラーな事態を除いて、
年間を通じて貯水率90〜95%を目標に水を溜め込み、
それを超えると一気に放流して目標値まで水位を戻す…を繰り返しています。
 
しかし、今年はそのパターンに大きな変化が見られました。
この春、雪解けに水の流れ込みは3月下旬から始まりました。
それまで40%程だった貯水量も約1ヶ月で ほぼ満水となり、
4月26日からは下流への放流が開始されます。
 
ところが通常であれば、水位を下げるため“一気に”放流するところなのですが、
今年に限って、放流量を93立方m/分にぴったり固定した定量放流を始めたのです。
こんな放流方法は前代未聞です(6年間限定、とのことですが)。
  
放流量を変える時も、少しずつ、数時間は間隔を開けてから行っており、
きわめて慎重に放流量をコントロールしている様子が伝わります。
まるで大量放流を恐れるかのように…。
 
何とか99%台に維持された貯水率ですが、
降雨の影響で5月3日からじわじわと上昇を続け、ついに100%を突破します。
これも、極めて異例で危険な事態のはずなのに、
相変わらず放流量は93立方m/分に固定されたまま、
当然、水位はさらに上昇を続けます。
 
貯水率が104%を越えた5月5日朝9時、耐えきれずに放流量を増やしますが(200立方m/分に固定…)、
まる1日後に貯水率が99%まで下がると、すぐ95立方m/分に戻してしまいました。
 
5月7日22時、放流を一時中断、以降は水位に関係なく、
10-15時間間隔で放流と停止を繰り返すサイクル放流に切り替わりました。
この方式も異例です。

さて、ここでホルムアルデヒド関連の時系列を再確認しておきましょう。
 
5月15日:春日部で検出
5月17日:埼玉県から群馬水道局へ連絡
5月18日:埼玉行田浄水場で取水停止、千葉上花輪、北千葉浄水場取水停止
5月19日5時:千葉の取水制限解除、
   同14時(読売):原因をヘキサメチレンテトラミンに特定、ルートも烏川に絞られると報道。

5月21日18時(NHK):汚染源、源因物質は依然特定できず。
5月22日:埼玉県ヘキサ‥に絞り取扱い工場調査を開始
5月24日:厚労省、正式にヘキサ‥に特定、流出量も推定
5月25日:DOWAハイテックが廃液処理を産廃業者に依頼、それが烏川に流出したことが判明

DOWAと産廃業者は過去に取引関係にはなかったそうですが
今年5月になって初契約、5月10日に問題の廃液が引き渡されています。
そして、数日以内に処理され、烏川に放流された模様です。
慌ただしいですね・・・。 この辺りは後述に。

矢木沢ダムに話しを戻します。
 
5月16日9時、
サイクル放流から再び定量放流に戻すが、5月17日21時放流を一時停止します。
 
5月18日13時、
雨によ流入増加で貯水率が上昇、またまた93立方m/分で定量放流を開始、
だんだん下流が騒がしくなってきました。
 
同23時、
下流の薗原ダムが放流を開始、わずか17時間で貯水率を94%から23%まで減らします。
 
やや遅れて下久保ダム、渡瀬遊水池も放流開始、
ホルムアルデヒド希釈のため利根川水系の流量を倍増させたとアナウンスされました。
それに呼応して満水の矢木沢ダムも大放流を開始……しません。
  
矢木沢ダムが放流量を増やし始めるのは5月19日14時、
最終的に放流量240立方m/分、貯水率96.2%で5月20日5時、放流は一度止まります。
 
5月21日4時、ついに矢木沢ダムが本気モードで放流を始めました。
翌日22時までぶっ通し!、貯水率を76.3%まで落としてようやく静かになりました。
 

私が昔よく釣りに行った中禅寺湖では、
例年5月上旬からターンオーバーが始まり約1ヶ月続きます。
より標高の低い矢木沢ダムでは、おそらく4月下旬頃からだと思いますが、
なにせ道路の開通=解禁なので、私たちには確認出来ません。
ちなみに、今年の奥利根湖(矢木沢ダム)の解禁は5月11日でした。
 
利根川ダム管理事務所によれば、
今年は例年より融雪が遅れ4月中旬以降本格化した、
とあります。
気象データでも、4月10日頃から最高気温が15℃を越える日が続き、
それに比例して矢木沢ダムへの雪代の流入も増えています。
雪代は冷たいため、当初は湖の表層に留まりますが、
表水温の上昇に伴って徐々に深いところまで流れ込むようになります。
ターンオーバーの始まりです。
 
4月22.23日にまとまった雨が降り、24.25日には晴天で20℃まで気温が上昇、
おまけに24-26日までは連日10m以上の強風、間違いなくここですね。
汚染された湖底の泥と、やはり汚染された落ち葉で濾過された雪解け水…
 
4月26日には
間違いなく矢木沢ダムの湖水は強烈なセシウムシェイクになっていたはずです

(さらに5月4-5日の豪雨と、5-6日の台風並みの強風はトドメだったでしょうが…)
 
矢木沢ダム周辺の汚染は周知の事実ですから、
定期的な水質チェックはしていたはず。
ダム関係者はともかく、
報告を受けた東電や役人連中はさぞ驚いたと思います。
(湖沼学の基礎知識なぞ持ち合わせていないでしょうからね)。
運悪く、同時期に矢木沢ダムは満水となりました。
安全のために湖水を放流しなくてはなりません。
 
苦肉の策が、例の定量放流です。
あわよくば下流のダム放流で希釈され、うまく誤魔化せるかもしれない…。
流量を変えたり、間歇的に放流したり、試行錯誤の跡が見られますが、
その後のホルムアルデヒド騒ぎからすると、
それだけでは難しいと判断されたのだと思います。
 
ダムは満水、
もし集中豪雨でも起きれば緊急放流しなければならないが、
そうなったら水質検査をクリアできず
“放射性物質”を理由に取水制限しなくてはならなくなる…かも。
それだけは絶に対困る!
 
・・・しかし、頭のいい奴がおりました。
 
『有毒物質を理由に浄水場を止めてるスキに、
 他のダムと併せて一気に矢木沢ダムを放流すれば、
 安全なレベルまで水位を落せないか?(実際は厳密にタイムラグを計算してですが)』
 
もしかしたら、このシナリオは予め用意されていたのかも知れませんが、
実際に作戦を発動するには如何せん時間が足りません。
本来なら、自分達の足跡を残さない、きれいな仕込みでいきたいでしょうが、
それは やはり無理でした。

で 発覚して話が大きくなった訳で、
仕方なく 過去に不祥事を起こした身内 を利用して
いつも通りの手順での情報操作を使います。 

それがヘキサメチレンテトラミンとDOWAハイテック。
会長が内閣参与で経団連理事、東電の経営・財務調査委員
なんて分かりやすいのでしょう。
 

原子力ムラの頂点のひとつ、読売新聞のフライング記事も味わい深いです。
高崎金属工業に関しては、嵌められたとも思いますが、
借金で首が回らなくなっている可能性もアリます。
 
かくして、
“日本の”水質基準を“わずかに”越えるホルムアルデヒド“生成”を理由に、
複数の浄水場を閉鎖、まんまと矢木沢ダムの放流が成功しました。

ホルムアルデヒド検出についてのニュースで、社名が出ましたね。
埼玉県本庄市の金属加工メーカー「DOWAハイテック」は、
DOWAホールディングスの子会社のようです。
DOWAホールディングス代表取締役会長について調べてみました。

Wikipediaより
吉川 廣和(よしかわ ひろかず、1942年 - )は日本の実業家。群馬県生まれ。
DOWAホールディングス代表取締役会長兼CEO。内閣府参与。
『吉』の字は正確には上の『士』が『土』。

来歴

群馬県立高崎高等学校を経て、1966年、東京大学教育学部を卒業後、同和鉱業に入社。同社新素材本部長、常務取締役、代表取締役副社長等を経て、2002年、代表取締役社長に就任。2006年、後任に河野正樹を指名し、自身は会長に就任。2010年3月、行政刷新会議民間委員に就任(稲盛和夫の後任)。2011年5月、政府の東京電力に関する経営・財務調査委員会委員に就任。

内閣府参与、日本鉱業協会会長、日本銅センター会長、日本経団連理事、各種政府審議会委員なども務める。

…政府の東京電力に関する経営・財務調査委員会委員、だそうですが…。

原因物質のヘキサメチレンテトラミン(HMT)を流したとされる
産廃処理会社「高崎金属工業」の赤穂好男社長は
「HMTが入っていたとは聞いていない。知っていれば処理を断った」
と語った、とのこと。

DOWA社とは今回が初めての取引。
赤穂社長らによると、高崎金属工業の設備ではHMTの処理は出来ないが、
廃液受け入れ前に、運搬会社とDOWA社は設備を確認した、
ということです。

DOWA社とは今回初めて取引…。ますます怪しいです。

もし、放射能汚染を隠すためだったとしたら、
それが明るみに出れば。



関東北部利根川支流からの有害化学物質検出の怪:ケムトレイルか - 新ベンチャー革命
2012年5月20日 http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29422900.html

2012年5月19日の千葉県北西部緊急断水事件:放射能隠しと疑われている政府・自治体は徹底的に真相究明すべき - 新ベンチャー革命
2012年5月23日 http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29453609.html

3.11事件以来、まったく信頼できない能天気日本政府:2012年5月19日の千葉県北西部広域断水事件と2012年5月24日の青森県東方沖地震の震源疑惑 - 新ベンチャー革命
2012年5月27日 http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29471921.html

自分の身は自分で守るしかない:危険極まりない日本の水道水の実態 - 新ベンチャー革命
2012年5月27日 http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29491369.html

サッカーとオウムで 関東の水道は完全に駄目だった という話をも隠そうと必死だよね。

ただ、今更に RO逆浸透膜を導入もしてなかった人達は「残念だけど」としか言いようがない。
屠殺される事に自覚の無い家畜へは 何を言っても届かない からね。

食用作物にも劣る人間へ啓蒙をし続ける不毛さ を覚えない日は無い。
不毛さに負けて 安易な生き方へ流れて 其処で止まってしまった先人達 の先に今が有る。

俺の道が正しいという確信などは無い、
だが 先人達と同じ轍を踏まない 位の事は考える。

植物へ水をやりながら「大きくおなり」と声を掛け続けること
ハムスターへ餌をやりながら「元気になるように」と声を掛け続けること
と似たようなことでしかない。
そういうシーンが「動物のお医者さん」にも有ったけど
だからと言って その不毛さの前に屈してしまっては 元も子もない。
そうしてハムテルは獣医になったんだしねw

この極東の一諸島の病魔を治していく のならば そういう事の一歩一歩の先にこそ在る、
と俺は考えながら 俺なりに歩くだけだ。




日本民主党内の「米国戦争屋の“危険な”ペット」を防衛大臣に就任させない為に ギリギリの阻止しているのは誰か - 新ベンチャー革命
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29575930.html
今回の内閣改造人事の目玉は防衛大臣人事であり、そのポストに森本敏氏が抜擢されました。ネット情報によれば、野田総理の本命・五百籏氏に辞退されたので、森本氏に棚ボタ式に回ってきたようです。

森本氏は前原氏や長島氏など、「民主内の米国戦争屋の“危険な”ペット」を防衛大臣に起用しないための
ビンのフタに利用されている
とみなせます。

そのためか、「自民内の米戦争屋“危険な”ペット」石破氏が さっそくクレームつけていました。
このクレームは米戦争屋の日米安保マフィアのクレームを代弁しているとみなせます。

現在の民主党内で、前原氏とか長島氏を防衛大臣にすることが如何に危険かを知り抜いているのは
やはり小沢氏の側しかいません。

2009年政権交代以降、野党・自民は民主政権の防衛大臣人事に難癖をつけてきましたが、
彼らの背後には日米安保マフィアが控えていることがミエミエです。
今回も同じですが、民主の歴代総理は総理が交代しても、
防衛大臣ポストに
なぜか日米安保マフィアの手先である前原氏や長島氏を就けないようにしてきた
と思われます。

この事実から、野田総理の背後に、
日米安保マフィアによる民主政権への介入をギリギリのところで阻止している人物が
民主内 もしくは その周辺 に存在するとみなせます。
それが小沢氏なのか、それとも、誰か別にいるのか判然としません。

今回の防衛大臣人事に表向き決定権をもつ野田総理を背後から動かしているのが財務省であることは、
今では子供でも知っている話です。
ただ財務省は 日中戦争にも防衛省の暴走にも興味ないのでしょう・・・。
あ なるほどw
財務省は 其処まで日本軍に喰いこまれていない可能性がある という事も意味するのね。
其れは其れで凄いけど 全く尊敬も出来ないw

だからと言って こちらの味方か という話では全くない訳で、
要するに 日本軍と財務省は相互不可侵に近い同盟関係 という 敵対はしないけど 味方もしない。

つーか、互いに喧嘩はしたくない 敵にはしたくない、という関係が感じ取れるね。
日本軍と財務省が喧嘩したら、それは それは 大変に面白いんだけどね。



2012年6月6日 日本経済新聞の消費増税絶賛御用記事特集: 植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-6897.html


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-560.html
内閣改造も行われました。
まったく関心が無かった改造ですが、
驚いたかたも大勢いらしたのではないでしょうか。
気弱な地上げ屋も驚きましたよ。
ナニに驚いたかって?
森本

そりゃもう・・
この人の防衛大臣就任しかないでしょう?(苦笑)

国家の安全保障という・・
最重要機密を扱う機関の長に・・
この人を据えるセンス。
最悪です・・。 (笑)
この人はですね・・。
まったくアドリブが効かない人です。
意外に思うかも知れませんが、
歳の割には、結構キレやすい性格です。
国会答弁大丈夫なのでしょうか。
自民党・・
特に、清和会に近いですし・・
「民間人で何が悪いんですか!? 郵政だけが民営化じゃありません! 自衛隊だって民営化すべきです!」
こんな答弁にもお目にかかれるかも知れません。
極めて短い期間でしょうが・・
楽しみな人選です。 (笑)


contemporary navigation : 航空自衛隊出身の防衛大臣誕生とオウムの菊池直子逮捕
http://ccplus.exblog.jp/18121513/
サッカーやってる時に、オウムの菊池直子逮捕ってテロップ出ましたけど、
情報操作のセオリー通りですね。

ちなみに、潜伏していた場所もセオリー通りで、地図上で前から気になっていた場所とピッタリ一致。
米軍のキャンプ座間から相模川の土手沿いに県道511号線がありまして、その終点が津久井湖。
なるほど。
まあ、人工地震って言ってるやつは、オウムってことにしたいんでしょうよ。

http://ccplus.exblog.jp/17203829/
オウム信者出頭の影に隠れて六ヶ所村が動き出した!!

http://ccplus.exblog.jp/17553376/
千葉東方沖地震 小川信行変死 松本サリン事件

http://ccplus.exblog.jp/17568273/
地下鉄サリン事件とは何だったのか??新たな疑問

っていうか、別人だろ。
似た人が居ると通報とありますが、全く似てないじゃないですか。

森本敏

防衛大学校本科卒業(電気工学専攻、第9期生)。
1965年(昭和40年)に航空自衛隊に入隊する。
1977年(昭和52年)に外務省アメリカ局(現在の北米局)安全保障課に出向する。
1979年(昭和54年)に航空自衛隊を除隊して、外務省に正式に入省する。

1980年(昭和55年)にタフツ大学のフレッチャー法律外交大学院の修士課程を修了する。

外務省情報調査局企画課安全保障政策室長、
外務省大臣官房領事移住部領事移住政策課長、
野村総合研究所主席研究員
などを歴任した。

在ナイジェリア日本国大使館参事官、
外務省情報調査局企画課安全保障政策室長などを経て、
外務大臣官房領事移住部領事移住政策課長を最後に
1992年(平成4年)2月20日に退官する。
普通にスパイじゃね?w
1992年(平成4年)に野村総合研究所主席研究員(2001年3月退職)。
1995年(平成7年)より慶應義塾大学・慶應義塾大学院にて非常勤講師を兼任する。
1997年(平成9年)より中央大学・同大学院にて客員教授(2002年退任)。
1999年(平成11年)より政策研究大学院大学(2003年退任)、
聖心女子大学非常勤講師を兼任。2000年(平成12年)より拓殖大学国際学部教授。
2005年(平成17年)より同大学海外事情研究所所長兼同大学院教授(現職)。
というか 退官後の経歴が 笑うトコ なのでしょうか?
いや 天下り的とかスパイ的とかいう意味では無くって 学歴的に考えて という意味でね。


2003年(平成15年)2月「イラク問題について米国の立場と行動を支持する声明」を新聞で発表、
イラク戦争を肯定的に評価する立場から産経新聞紙上で論を展開し
これにより2004年(平成16年)第20回正論大賞を受賞している
(イラク日本人人質事件の際には自己責任論を説いた)。

親米保守とみなされる一方で、
「自由と民主主義」を大義名分とし、
それを武力によって導入しようとイラク戦争へ突き進んでいったブッシュ政権について
「アメリカは気が狂れているのではないか。」
との批判をおこなった。

また、他の産経新聞系保守派とは一線を画し、
ポスト小泉に一番ふさわしい人物として、安倍晋三ではなく福田康夫を推すなどした。
なるほど そういう人物なのね。
安全保障研究者として、政府審議会等に有識者として参加することもある。
小泉政権下で有事法制・国民保護法が制定された折には、
有識者として、「都道府県国民保護計画」の取りまとめに大きな役割を果たした。

また、朝まで生テレビやたかじんのそこまで言って委員会などのテレビ番組に出演し、
「集団的自衛権は合憲である」
との立場に立って自衛隊や防衛政策について論評している。

ますます そういう事だね。
アメリカの下僕では有っても 非ユダヤイスラエルシオニスト側ではあるから、印象としてはヒラリーに近いかな。


日本の有事体制を作ってきた人でもある。

まず、懸念されるのが、自衛隊の文民統制という基本である。
森本氏は、防衛大出身の自衛隊の制服組である。
自衛隊を自衛隊が管理することになる
森本氏は、「自衛隊の直接的な指揮権を持っているのは首相だから、問題無い」と言っているようだが、
は野田首相の父親も自衛隊出身なのである。


航空自衛隊出身というのも気になる。
通常、日本の自衛隊は、陸上自衛隊の幕僚長が統合幕僚長であるのが慣例だった。
しかし、今年の1月、統合幕僚長は、航空自衛隊出身の人がなった。

さらに言うと、航空自衛隊の航空総隊司令部は、現在米軍横田基地の内部にある。
航空総隊(こうくうそうたい、ADC:Air Defense Command)とは、
航空自衛隊の戦闘機部隊および高射部隊、警戒管制部隊などの防空戦闘部隊を統括する組織である。

また航空支援集団・航空教育集団・航空開発実験集団・航空自衛隊補給本部と共に
航空自衛隊の5個メジャーコマンドを構成している。


航空総隊司令部は横田飛行場に所在する
その地下にあると噂されているシェルターには作戦指揮所が設けられており、
有事の際は戦闘機部隊、高射部隊および各地のレーダーサイトなどとリンクしたシステムによって
航空総隊司令官が部隊の指揮を執る

司令官・副司令官は空将であり、幕僚長(空将補)がこれを補佐する。

ミサイル防衛では、
航空総隊司令官が内閣総理大臣及び防衛大臣からの「弾道ミサイル等の破壊措置命令」や
防衛出動等の命令を受けた場合は、
海上自衛隊のイージス艦をも含めたBMD統合任務部隊の指揮官を兼務する。
これに関連し、
航空総隊司令部は2011年7月1日に航空総隊副司令官職を新設した他、
アメリカ軍との防空・ミサイル防衛の情報共有・連携強化を通じて、
実質的な防空作戦能力の向上を図ることを目的として
2012年3月21日に府中基地から在日米軍横田基地内に移転を完了した。


司令部は、通常幕僚長の下の組織なはずなのに、
この司令部は、別系統であり、実質幕僚長の上に存在しているようだ。


さらに言えば、この司令部を統括しているのは、311当時、三沢基地に所属していた人物である。

東北地方を統括する航空自衛隊は、
 北部航空方面隊 - (司令部:三沢基地)
なぜ311が東北だったのか??
見えてきますね。

でも、今は既に 日本の航空自衛隊の司令部は横田基地の中にある わけですよ。

ひでぇ  完全に植民地以下 属国以下 奴隷以下の扱いじゃん。
国粋主義的民族主義を叫ぶ連中は 何を見ているんだろうね?


で、311に派遣されたのが、この部隊
災統合任務部隊

自衛隊において、最大規模のJTFとなったのが、東日本大震災への災害派遣に際して編成された"災統合任務部隊"である。3月14日の防衛大臣の命令(自行災命第6号)[3]により、東北方面総監の指揮下に各方面隊・中央即応集団・自衛艦隊・航空総隊などから部隊が集められた。東北方面総監指揮下であったことから、災統合任務部隊-東北(Joint Task Force-TOHOKU,JTF-TH)と呼称されている。君塚栄治陸将がJTF-TH指揮官となり、司令部は、東北方面総監部を増強して運用した。初の三自衛隊が組み入れられたJTFであり、災害派遣された海上自衛隊部隊(海災部隊)は、JTF-TH下に横須賀地方総監が指揮を取り、航空自衛隊部隊(空災部隊)は同様に航空総隊司令官が指揮を取った。また、司令部にはアメリカ軍のトモダチ作戦との調整のため、日米調整所も設置された。JTF-THは災害支援規模の縮小に伴い、7月1日に大臣命令(自行災命第11号)[4]により、解組している。

また、福島第一原子力発電所事故の原子力災害派遣に際して、3月17日の防衛大臣の命令(自行災命第8号)[5]により、JTFとしての原子力災派部隊が編成されている。これはJTF-THとは別個の部隊であり、中央即応集団司令官を指揮官に、中央特殊武器防護隊のほか、海空の支援部隊を組み入れている。こちらは、8月31日の大臣命令[6]により、解組している。

このほか、南関東直下地震が発生した場合にJTFを編成し、災害派遣を行う計画が公表されている。23区内で震度6弱以上、または神奈川県・埼玉県・千葉県において震度6強以上を観測した場合、東部方面総監を指揮官にし、自動的にJTF(災首都圏統合任務部隊)の編成準備が開始される[7]。海自部隊は横須賀地方総監、空自部隊は航空総隊司令官の下に集められ、JTFに兵力が差し出される。地震発生から7日目で10万人規模の兵力を投入する計画である。

横須賀地方隊(よこすかちほうたい、JMSDF Yokosuka District)は海上自衛隊の地方隊のひとつ。主要部隊は神奈川県横須賀市にある横須賀基地に配備されている。艦艇部隊は、第41掃海隊が配備されている。海上自衛隊に5つ編成される地方隊のうち、最大の規模をもつ。

海上幕僚監部、自衛艦隊司令部、護衛艦隊司令部その他、地方隊に属していない部隊の後方支援等を担当する。また、観音埼礼砲台で外国軍艦に対して礼砲を実施する。

こちらは横須賀です。

自衛隊が、どれだけ米軍の指揮下になっているのかが分りますね。


http://surouninja.blogspot.jp/2012/06/blog-post_05.html
森本がシオニスト勢力側ではなく、“米英帝勢力側”の代理人だと言うことである。

米英帝勢力による日本支配というのは、
 オバマ米政権とシオニスト勢力の妥協案
みたいなものなのだろう。

まぁ何れにしても、
防衛省や外務省(しかもアメリカスクール)に関わった元官僚が防衛相に任命される。

今後、日本を支配する主体がシオニスト勢力から米英帝勢力に完全に移行する
と仮定すると、日本の原発行政にも次の段階が見えてくる。
其れは、米英帝勢力の推す次世代原子炉(トリウム原発等)の導入である。

米英帝勢力は今後、日本の“脱原発”の動きを封じる一方で、
兵器級プルトニウム製造工場となり得る既存の原発を稼働させることも阻止し、
手前らの推すトリウム原発を押し付けてくるのではないか
と俺は予想している。

脱原発とは そういう意味ではユダヤイスラエルシオニスト系でも有る。
ただし ユダヤイスラエルシオニストは脱核兵器では全くに無い。
・敵を滅ぼす事に核兵器を使う事も厭わない
・なので下僕が 単純に原発を持つ のは どっちでも良い
・けれどもユダヤイスラエルシオニスト自身は脱原発
なんだよね。外道だよね。

アメリカ側になれば
・共和党とニホンの自民党
  核抑止力の為に核を持つ 原発大賛成で核生産も大賛成
・オバマ民主党
  核は削減する でも 全廃は出来ないから新型原発を  

ところが そういう間で綱渡りをする話が
・脱原発
・脱核兵器
となる。

如何に難しい綱渡りが強いられているか?
小沢一派の難しい綱渡りが 此処からも読み取れる。
なので 多少に道がズレようとも「ならばよし」と俺は言うつもりだ。





http://ccplus.exblog.jp/18121513/
新しい防衛相の森本氏は大阪府豊中市出身

311当時の国家公安委員長である中野寛成は、大阪府豊中市の地元政治家である。
CIAに援助されて結成された民社協会で松下政経塾である。

キッシンジャー米国務長官が仕掛けた911チリクーデターで、
合法的な選挙で決定された政府を軍事クーデターで奪い、
軍政を敷いたピノチェト政権を絶賛した
それが この民社協会である。

 http://ccplus.exblog.jp/14526946/
 もう一つの911 チリクーデターとチリ地震の深い関係

 http://ccplus.exblog.jp/14543393/
 311地震と福島第一原発事故は、どこまでが人為的なのか?

311が起きて、経済復興特区に指定された宮城県の知事は、村井嘉浩
防衛大出身で陸上自衛隊から宮城県知事になっている。
これまた松下政経塾というわけです。

で、この宮城の経済特区の構想を練っているのが、野村総研でしたよね。
内閣の機能強化って何ですか??


http://ccplus.exblog.jp/18105712/
茨城県南部地震とATSとFEMA 原発再稼働

http://ccplus.exblog.jp/18088365/
産業復興機構 福島リカバリ株式会社 あおぞら銀行 サーベラス KKK

 ↓

http://ccplus.exblog.jp/18120922/
茨城のモンサント実験農場と竜巻とTPPの関係



http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/feature/index.php?cat=599&author=54
遺伝子組み換え技術の開発で世界最大手の米モンサント社。世界380カ所に事務所を展開するバイオテクノロジー分野の多国籍企業、いわゆるバイオメジャーだ。その日本法人、日本モンサント社の実験農場は茨城県南部の田園風景の中にあった

 大人の背丈ほどの金網や高さ約3メートルのネットに囲まれ、入り口には「関係者以外立ち入り禁止」の看板。責任者の男性が現れ、案内してくれた。
 約0・8ヘクタールの農場はトラクターで起こされ、6月の種まきを待つばかりだった。除草剤をまいても雑草だけ枯れて作物は枯れない組み換え大豆などを育て、生態系への影響を調べる。これまでにも害虫に強いトウモロコシなど、さまざまな組み換え作物が実験栽培され、法が定める環境基準をクリアしてきた。
 組み換えのトウモロコシや大豆、菜種などを、加工食品の原料や家畜の餌として多く輸入しているが、日本での商業栽培はない。ただ法的にみれば、しようと思えばできる作物はたくさんある。
  □  □  □
 「今すぐ栽培してもらえるとは思っていません」。東京にある日本モンサント社バイオ作物情報部の佐々木幸枝課長は言った。安全性に不安を感じたり、組み換えでない作物との交雑を心配する人がいるからだ。
 でも同社の山根精一郎社長は「10年後も今と同じだったら、日本の農業は再生できなくなりますよ」と指摘した。組み換え技術を使えば農薬をまく手間やコストを減らすことができるし、減農薬という付加価値も高まる。「高齢化と担い手不足に悩む農村の役に立てると確信しています。農家を回るとニーズをひしひし感じますよ」
 支局員として里山で見聞きしてきた農村の姿が頭に浮かび、組み換え作物栽培が遠い世界の話ではないような気がした。それが農村を元気にする唯一の手段なら…の話だけれど。
  □  □  □
 佐々木課長がぽつりと漏らした。「私たちは海外で組み換えに反対する人から、痛烈な批判を浴びているんです。『種子の流通を支配している』って」 
組み換え種子を農家に毎年買ってもらうため、
栽培後に種を採らないよう農家と契約を交わす。
契約違反をした農家を裁判所に訴える

こともある。こうした企業戦略への批判だという。
 
種を採っても芽が出ないよう遺伝子操作した
ターミネーター種子(自殺する種子)≠フ登場

を心配する声もある。「一般的に理論はあるが研究はしていない」(佐々木課長)とはいえ、仮に現実になれば、それこそ種子の支配≠ノつながりかねない。だから根強い不安があるのだろう。

佐々木課長は「巨費を投じた研究成果なのに、DVDの不正コピーのように種を採られたら企業はつらい。顧客利益だけでなく企業利益も大事。双方が得をするWin Winの関係≠ナいたいのですが…」。
世界的に組み換え作物の作付面積は右肩上がり。昨年は25カ国の計1億3400万ヘクタールで、日本の国土の3・5倍。最大の栽培国の米国では大豆の作付面積の92%、トウモロコシでは80%が組み換えだ。山根社長いわく「企業が強引に買わせたわけでなく、組み換えのメリットが農家に受け入れられた結果です」。

ニーズが高まれば、企業は次々と技術を生みだすだろう。日本の穀物も組み換え作物に取って代わられるかどうかは、農家次第なのかもしれない

恐ろしい。

これ、茨城県稲敷郡河内町にあるんだそうです。

ここでふと思い出したのですが、
米韓合同演習『マックスサンダー』作戦が始まる前日、
茨城で竜巻の被害がありましたよね。

 http://ccplus.exblog.jp/17932045/
 気象操作?? 茨城で竜巻 他 突然の嵐 

 http://ccplus.exblog.jp/17945755/
 交通事故とGPSと情報統制と竜巻の関係


についても参考に

竜巻って、広範囲に物質を運びますよね。
竜巻って、広範囲に物質を運びますよね。
そう考えると、このモンサントの実験農場の意味が分ってくるわけですよ。

モンサントの遺伝子組み換え種子が広範囲にバラまかれてしまったのではないか??
で、モンサントの種子Gメンがやってきて訴訟を起こし、農場を奪い取っていくというわけですね。

 http://ccplus.exblog.jp/16055629
 TPPとは、モンサントと住友化学による遺伝子組み換え食品で日本を支配するための道具である

 http://ccplus.exblog.jp/16125410/
 フランスのテレビ局が制作したモンサントについてのドキュメンタリー

アメリカの農場での
遺伝子組み換え作物の割合は、
とうもろこしや大豆で
既に80〜90%に達しています。
なぜ、こうなってしまったのか??

少し前に私達は
アメリカの大農業地帯で、
竜巻が頻繁に発生しているのを見て来た
と思います。

要するに、これは偶然では無いのでしょう。


思えば、気象兵器(E兵器)が初めて実戦投入されたのは、
ベトナム戦争にけおけるオペレーションポパイ。(ポパイ作戦)

そして同時に行われたのは、
BC兵器=モンサントやダウ・ケミカルによる
4800万リットルもの枯れ葉剤の散布=ランチハンド作戦でした。
(ランチとは、大農場や大牧場のこと。)

http://ccplus.exblog.jp/15673658/
月着陸と気象操作と枯れ葉剤の関係。アームストロング、オペレーション・ポパイ、ランチハンド作戦


やられた、そういう事か。
E兵器+BC兵器 を こういう風に使ってきてたのか。
何かある と予測していたとはいえ まだまだ俺も甘いなぁ と痛感させられる。

これで
 モンサントの遺伝子組み換え と 放射性物質 の どちらがガンの原因なのか
その因果関係の特定は極めて難しくなった。

生き方どころか 死に方も選べないし、
如何に殺されるか 如何に屠殺されるか 如何に収穫されるか すら選べない。

これが 人 という意味らしいですよ。


 ↓
2012年05月29日 さうさう: 超スーパー地震雲。静岡
http://takehariy.seesaa.net/article/272434754.html


2012-06-06 contemporary navigation : 法務大臣に就任した滝実のオドロクべき経歴とは??
http://ccplus.exblog.jp/18126481/

 ↓
2012-06-07 contemporary navigation : 千葉東方沖地震と阪神淡路大震災とオウムを結ぶ線
http://ccplus.exblog.jp/18132395/






http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-560.html
先日の司法改革案。
なかなか良い出来・・でしょ?(笑)
「取り調べ可視化」 が入っとらんじゃないか!?
苦情もございましたが・・
当たり前のハナシは書かないのがグルメブログのしきたりです。 (笑)

司法制度改革のハナシのあとに・・
ちょうど良いタイミングで、法務大臣の交代がございました。
小川敏夫
何千人のかたが、グルメブログをご高覧になってるか・・
存じませんが、間違いなく言えるのは・・
このかたのことを最も良く知ってるのは、
この気弱な地上げ屋だってこと。 (苦笑)
このかたの、行動分析の第一人者を自負しております。 (笑)

そうした観点からみますと・・
このたびの、指揮権発動騒動。
この人の性格と行動様式を知る人間からすると・・
お笑い三文芝居・・そのものです。

そもそも、指揮権ってのは・・
総理大臣が発動するものではなく、
法務大臣の権限で行うものです。
「了解が得られなかったからやりませんでした」
ってもんではなく
「了解得られませんでしたが、私の権限で発動し、その結果・・罷免されました」
というものです。
だよねぇw
必死でゴマ擦ってたくせに・・
ギリギリ当選しちゃうと、
途端に・・
菅直人
この人のグループに舞い戻っちゃう。 (苦笑)

行動が見苦しいバカりでなく・・
性格も見苦しいのは、ご承知の通りです。

とはいえ 使えるモノは何でも使いましょう とは思う。
つーか それ位にしか使い道がない人だしw


「指揮権発動」発言の真相 小川敏夫前法相直撃インタビュー | 「日々担々」資料ブログ
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5996.html
小川氏
「・・・架空部分はこの一節だけではない。
 この部分に関わる報告書2ページ以上にわたるやりとりが全て作り話。
 『記憶違い』というのは、どう弁解しようとも通用しません」


東京新聞はエラい! バカバカしい増税推進改造"無視"の快挙 | 「日々担々」資料ブログ
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5999.html
1面トップに原発関連記事

「内閣改造が翌日の新聞で1面トップに載らない
 というのは、政治取材40年の経験でも記憶にありません。
 びっくりしました」
こう言うのは、政治評論家の野上忠興氏。
きのう(5日)の東京新聞は、
新内閣のメンメンの顔写真を2面に追いやり、
1面トップには原子力安全委の隠蔽体質を追及する記事が掲載されていた。
自民党にスリ寄るためのバカバカしい改造など重大ニュースじゃない、ということか。

朝日、日経、読売、毎日と全国紙が揃って、「自民党と談合せよ」という論陣を張る中、
最近の東京新聞の“独自路線”は光っている。

きのうは社説も内閣改造を「消費増税と取引する愚」とケチョンケチョンにけなし、
〈再改造が消費増税を進めるための環境整備というのは納得できない〉
〈政治主導や地域主権、生活第一などの理念をも反故にするのなら民主党に存在意義はない〉
と、自民党と同化していく民主党に警鐘を鳴らしていた。

「権力の腐敗や暴走を批判するのが新聞の本来あるべき姿です。
 ところがいまや風前のともしび。
 東京新聞は、『新聞はかくあるべき』という見識を見せています」
(野上忠興氏=前出)

戦う姿勢に拍手だ。


https://twitter.com/IWJ_ch1/status/210330736618778624
森議員
「現場の若い記者が悩んでいる。
 私が資料を見せると『すいません、私はマスゴミでした…』と言って帰っていった。
 まともな記事を書こうとした記者もいたが、上に潰された」



http://surouninja.blogspot.jp/2012/06/66201266.html
寛仁親王の妃と言えば、麻生太郎の妹の信子である。同妃も又、麻生太郎と同様、カトリック信者だと云われている。
2006年10月29日 (日)
『天皇のロザリオ』(上巻)
http://yasuraoka.cocolog-nifty.com/toma/2006/10/post_057b.html

麻生和子の娘の麻生信子もまたカトリック信者という。彼女は、三笠宮の第一皇子寛仁(ともひと、通称、ヒゲの宮様)と結婚した。和子の息子の麻生太郎氏は、国会(03年11月26日の参議院予算委員会)で、三位一体の改革について、答弁する時に、「三位一体の改革」の三位一体は神学用語であると述べ、自分を「敬虔なカトリック」と言ったことがあった。







2012-06-02 去年311の時の千葉劣化ウラン延焼の証拠を捜しています!?|wantonのブログ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11266733751.html

2012-06-03 311千葉チッソ・劣化ウラン燃焼の重要証拠か!?|wantonのブログ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11267604003.html
地震によるコンビナート火災(千葉県市原市コスモ石油)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031120550186-n1.htm
マスコミ新聞テレビ大手メディアの映像写真で
使用済核燃料の保管庫と思われる場所を映した映像写真は一つもないんだよね。
完璧なまでに 一つも出てこないんだよね。
そら不自然ってもんでしょうよw



http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/23193329.html
http://www.youtube.com/watch?v=SRUpJ3CAcYA
0:00 1度目の爆発
1:36 2度目の爆発
2:52 3度目の爆発
3:44 4度目の爆発

http://www.youtube.com/watch?v=QXUYg5bz7vY

岩国三井化学工場の爆発 と そっくりだな。

http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/23193329.html
保管庫と思われる
周囲の建屋の屋根も壁も全て焼け落ち
柱の鉄骨がアメ状に ぐにゃぐにゃに曲がってる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%AC%E9%89%84
建築材としての鉄の融点は1500℃以上


様々な火の温度
http://www3.u-toyama.ac.jp/kihara/chem/fire/ondo2.html
都市ガス
 1700℃〜1900℃くらいです。
 ガスコンロやガスバーナーの炎の温度もこのくらいです。
 LPGでは1900℃近くです。


油やガスを吹き込む炉  
 熱が速くとらえられるので、平均は1400〜1600℃と案外低くなります。
 しかし、拡散炎で燃えている炎の薄い層は、
 短時間ながら2000℃以上になることもあります。


アセチレン
 よく知られたガスのうちでは最も高温の炎をつくります。
 空気中で2300℃、酸素で燃やすと3000℃に達し、
 溶接バーナーとして使われます。


http://www.hiroshima9.com/suibaku/suibaku.html
原子爆弾と水素爆弾の違いを説明します。
ひとくちに言うと、原子爆弾は「核分裂」であり、水素爆弾は「核融合」です。

原子爆弾は、ウラン235やプルトニウムの核が分裂するときに生じるエネルギーを利用していますが、
水素爆弾は逆に、水素の核が融合する、つまりくっつく時に生じるエネルギーを利用した爆弾なのです。

水素核を融合させるには、
水素ガスの温度を1千万度以上に、または圧力を地球の大気圧の1千億倍にしなければなりません。
1千度ではなく、1千万度なのです。

鉄が溶ける温度は「たった1,200度」であり、
溶鉱炉のなかでも「2,000度」ぐらいですので、
溶鉱炉の温度の5千倍の温度が必要なのです。

そんな超高温は、普通では考えられないし、自然ではつくることもできないから、
地球上にある水素核は融合することはない。
だから水素核が融合してエネルギーを放出することなど、一般的には起こらないのです。

では水素爆弾はどうやって核融合を起こさせるのか? という疑問が生じます。
石油を燃やしたところで発生する温度は1千度以下であり、
火薬を爆発させても、とても1千万度というような超高温にはなりません。

そこで使用されたのが、実は「原子爆弾」なのです。
水素核を融合させるために、原子爆弾の核分裂反応から生じる高温・高圧を利用しているのです。

つまり水素爆弾の仕組みは、ウラン238でできた爆弾容器のなかに
「水素」(正確には「重水素化リチウム」)があり、
その水素を核融合させるために原子爆弾も入れられています。

まず、原子爆弾が爆発(核分裂)し、
その爆発によって生じる1千万度という高温と高圧によって水素が核融合を起こしてエネルギーを発生し、
そのエネルギーが他の水素核にも再度核融合を生じさせる核融合の連鎖反応が生じ、
大きなエネルギーを生み出すのです。

さらに、
これらの爆発によって生じた高温・高圧は、容器となっているウラン238にも核分裂を起こさせ、
ウラン235の核爆発、
水素爆弾の爆発、
ウラン238の核爆発
という3回の爆発が生じることになりますが、
これら3回の爆発は1秒の何万分の一という瞬時に発生しますから、殆ど同時に爆発することになり、
原爆の何千倍もの破壊力をもった爆弾になるのです。
ではウラン235やウラン238などなどが それなりなだけに不完全な爆発をさせるだけの場合は?w


2011/10 http://www.pref.chiba.lg.jp/shoubou/jouhoukoukai/shingikai/documents/2-7taishintaisaku.pdf
28P
千葉の五井のコスモ石油タンクの爆発炎上では
・2011/03/11の14:46の地震では タンクの支柱が破損しただけ 
とある。
ただし ちなみに支柱が破損したタンクは一つだけ、
定期検査の為に その364番タンクだけはLPGでは無く水が入っていた為に
地震の振動に対しLPGよりも重い水に対し 支柱が重さに耐えきらなくなった。

その後の
・15:15の茨城県沖の地震の震度4でタンクが倒壊し
 近接する複数の配管が破断や亀裂を生じLPGが漏洩し拡散した

となり その後LPGに着火した とあるが 着火の原因が書いていないし
31Pにても 着火の原因については特定できず とある。
そんな無茶苦茶な報告書が有るか?

一度でも着火してしまえば 周囲のタンクも爆発炎上の誘爆をした とある。
まぁ其れは良いだろう。

ただ この一連の話は マスコミ新聞テレビ大手メディアで大きく流されましたか?w
何故に 大きく情報流通されなかったんだろうね?
不思議に 誰も知らないような話になったんだろうね?

そこには こういう話も有る。
爆発による飛散物・爆風などにより丸善石油化学およびチッソ石油化学の構内で火災が発生
近隣の車両や船舶や建屋のガラスなどが破損。

ググルのマップを見れば 周囲に火災が広まったのは分かるんだけど
それは LPG拡散による とは書いていない。
あくまで飛散物と爆風だ。
では その場合に タンクの爆発炎上から消防が危険と判断し避難をした のは分かる。
ならば
 タンクから離れた「使用済核燃料の置場」 の横の大きな建屋の炎上 への消火活動
は どうだったのだろうか?



“中性子線の飛び交うなか、皆様いかがお過ごしでしょうか?”|wantonのブログ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11268681857.html

311千葉劣化ウラン延焼の証拠に寄せられた情報まとめ|wantonのブログ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11269435872.html


http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/23070814.html

http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/im000317.PDF
2000/03/17 中性子と被曝について 今中哲二
JCO事故による被曝の特徴は、中性子による被曝が中心だった。


http://ameblo.jp/prje/entry-11052912960.html
2011/10/18NHKニュース9

放射線医学総合研究所が開発した放射線測定装置で都内を車で計測走行時のパソコン画面キャプチャ

http://stat.ameba.jp/user_images/20111019/18/beautiful-japan/2a/75/j/o0800045011557427619.jpg
before 3.11→ 4 nSv/h

http://stat.ameba.jp/user_images/20111019/18/beautiful-japan/2c/42/j/o0800045011557427618.jpg
after 3.11→ 0.9286cps × 60(cpm/cps) = 55cpm = 464nSv/h


という訳で こっちの話へは突っ込みたくなかったけど
やはり いずれは進まざるを得なくなると は思っていたんだよね。
早川教授や小出教授などなどの頑張りを利用したかった と この話は 両立しきれないからね


2012年05月13日 さうさう: そんな生易しいものではありません
http://takehariy.seesaa.net/article/269720479.html

2012年05月23日 さうさう: 早川先生にブロックされてしまったらしい。
http://takehariy.seesaa.net/article/271221997.html

2012年05月28日 さうさう: 早川さんは言っていることはかなり正しいのだが、そろそろ
http://takehariy.seesaa.net/article/272143969.html

2012年06月04日 さうさう: それはないだろ早川さん
http://takehariy.seesaa.net/article/273360175.html



信用できる人達も とある禁忌の前では口を閉ざす。
間違いなく α線と中性子線 に関する情報は禁忌(タブー)とさせられている。

もう少し言えば
 人工地震の先における津波の瓦礫の汚染とは 福島第一原発から由来しないモノが含まれる
この観点も ほぼ禁忌に近い。
他にも禁忌は山ほどあるけどね。

しかも それらの禁忌は 更なる奥に有る禁忌への入り口でしかない。

分かった気になっている人達は その時点で負けている。
ただただ俺は何も分かっていないから
 信用できる人達をも 其処まで頼らずに
として 俺は俺なりにボチボチと頑張る、それだけだ。





2012年05月30日 さうさう: 六歳と三歳の甲状腺がん・・・
http://takehariy.seesaa.net/article/272586082.html






posted by 誠 at 06:30| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。