https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年07月04日

「ぼくの村の話」尾瀬あきら  脱原発の話には切り離せない話なのに、ネットの日本語圏では不思議に周知されないマンガ。 「連中は 如何なる残虐行為でもする」を今に伝える。

http://8403.teacup.com/tokaiama/bbs/20861
(無題) 投稿者:末席 投稿日:2012年 6月27日(水)

●もうデモが止められないのは、
 原発再稼動阻止という核(中心)の周りに、自民政権下で行われた日本歴史上最大の
 詐欺である年金使い込みに代表される事件に代表される生活者をヌケヌケと騙し抜く
 システムの肥大化に国民=生活者が、実生活でも、心理的にも、耐えられなくなった
 =当たり前の真実を認識したからである。
 カラクリが分かってしまったら、分からない状態に戻ることは無いのだ。
 45000人までいってしまったら、どんなに巧みな文章やテクニックで妨害・阻止
 を企んでも、どうしようもない。
 (巨大災害=地震、台風、竜巻などや大事件など、起こせば別だが・・。)

★原発再稼動阻止・核廃絶・消費税増税阻止・政官業学メ(メディア)が巣食う
 天下り(ワタリ)システムの根絶等に対する鬱憤のエネルギーが、どのくらいなのか
 想像することもできない。津波が包含するエネルギーのようなもの?

★誠天調書氏が指摘されるカウンター・クーデターについて、十二分に注意・警戒し、
 通称“紫陽花革命”を坦々と粛々と成長深化させなければならない・・のではない
 か・・。


http://mkt5126.seesaa.net/article/276914159.html
誠天調書 2012年06月24日: “週末だけ政治家”は 直接民主政の一人となるべく、また政治の中枢へ集い始めるだろう。 貴族政で美味しい思いをしてきた連中は、これから「民主政を偽装してきた罪」が問われ直す事を 必死に隠蔽しようとするだろう。
2012/06/22の時、上から「手を出すな」の指示が警視庁から間違いなく出ていたね。
となれば カウンタークーデターを狙っている可能性が高い と判断できる。
必ずしてくるだろうね いつのタイミングか は分からないけど。

だから 首相官邸前という場所での あの数が武器になる。
それを口実にして官憲が止めに来たら 間違いなく血を見る、
その段階で どちらが先に手を出したかに関わりなく 官憲へ指示を出した側が負けになる。

直接民主制を そのような馬鹿な話で止めに入った事 それ自体が全世界へ周知されれば
その為政者の末代までの恥となる。
直接民主制とは数こそが武器だからね。

そういえば G20での野田の話 妙に少なかったね。
あの時 既に 完全に相手とされてなかった んだろう。

さて カウンタークーデター として 何をしてくるかな?
画策を謀る という事は間違いなくしているだろうからね。
盧溝橋と同じか それとも 全てを一気に抹殺に行くか、
俺は あくまでガンジー主義を貫くべき と強く言っておく。


 先の野田ソウリお膝元、千葉デモでは、市内に落ちているカンなどを拾いながら
 柔軟粛々独特な行進が行われていた。(・・・ある意味、ビビった。びびる大木。)




http://www.zkaiblog.com/hi06/22530
大江志乃夫著「戒厳令」(岩波新書)を読んだのは、高校生のときだったと思う。
二・二六事件に興味を持ち、青年将校や北一輝に関する本を読み始めたころだ。

この本を読み、二・二六事件は皇道派側を考えるだけでは足りないと気づいた。
二・二六事件が皇道派青年将校のクーデターであることは間違いない。
しかし、皇道派のクーデターは、武力鎮圧の意思表示によって打ちのめされる。
つまり、カウンターパンチをくらって腰砕けになった。

対抗勢力のクーデターを鎮圧する形で
自らのクーデターを成就することをカウンター・クーデターという。

本書でカウンタークーデターの概念を知り、衝撃を受けた。
クーデターを起こした責任は皇道派に負わせ、
武力を背景とした政権の掌握という果実は統制派が得る。
統制派側が そこまで見越して皇道派を挑発していたとしたら恐ろしい。

それほど洞察力に優れた統制派が、なぜ、展望もなく日米開戦を主導したのか不思議だ。
(永田鉄山の死により、統制派から洞察力が失われたということか?)
二・二六事件以後の統制派について、本書がどのような評価をしていたのか、
30年以上前に読んだ記憶は蘇ってこない。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC
カウンタークーデター(反クーデター)

あるクーデターに対抗する形で起こすクーデター。
二度のクーデターによってライバルの有力者を消す事
 と、
前のクーデターを悪者にして、自己の政権を正当化しやすくなる
ために、より巨大な権力の掌握が可能である。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
二・二六事件 - Wikipedia
事件の裏には、陸軍中枢の皇道派の大将クラスの多くが関与していた可能性が疑われるが、
「血気にはやる青年将校が不逞の思想家に吹き込まれて暴走した」
という形で世に公表された。

この事件の後、陸軍の皇道派は壊滅し、東条英機ら統制派の政治的発言力がますます強くなった。

事件後に事件の捜査を行った匂坂春平陸軍法務官(後に法務中将。明治法律学校卒業。軍法会議首席検察官)や憲兵隊は、黒幕を含めて事件の解明のため尽力をする。

2月28日、陸軍省軍務局軍務課の武藤章らは厳罰主義により速やかに処断するために、緊急勅令による特設軍法会議の設置を決定し、直ちに緊急勅令案を起草し、閣議、枢密院審査委員会、同院本会議を経て、3月4日に東京陸軍軍法会議を設置した。法定の特設軍法会議は合囲地境戒厳下でないと設置できず、容疑者が所属先の異なる多数であり、管轄権などの問題もあったからでもあった。特設軍法会議は常設軍法会議にくらべ、裁判官の忌避はできず、一審制で非公開、かつ弁護人なしという過酷で特異なものであった。匂坂春平陸軍法務官らとともに、緊急勅令案を起草した大山文雄陸軍省法務局長は「陸軍省には普通の裁判をしたくないという意向があった」と述懐する。

東京陸軍軍法会議の設置は、
皇道派一掃のための、統制派によるカウンター・クーデターとしての一手で有った。


相沢事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%B2%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6
永田が殺されたとき大川周明は
「小磯がバカだからこんなことになった。あの書類さえ始末しておけば永田は殺されずにすんだものを……」
と嘆息したという。

社会民衆党の亀井貫一郎は、
「永田の在世中、議会、政党、軍、政府の間で、
 合法あるいは非合法による近衛擁立運動についての覚書が作成され、
 軍内の味方はカウンター・クーデターを考えていた。
 だから右翼は右翼でクーデターを考えてもよい。どっちのクーデターが来ても近衛を押し出そう
 と、ここまで考えていたということが永田が殺された原因のひとつ」
ということを述べている。

永田鉄山 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E9%89%84%E5%B1%B1
麻布歩兵第3連隊長を勤めた後、昭和5年(1930年)に陸軍省軍事課長となる。
さらに南次郎陸軍大臣の下で、国家総動員法の策定に関わる。
昭和7年(1932年)に陸軍少将に昇進。

昭和8年(1933年)6月、陸軍全幕僚会議が開催され、
会議の大勢は「攻勢はとらぬが、軍を挙げて対ソ準備にあたる」というにあったが、
参謀本部第二部長の永田一人が反対し、
「ソ連に当たるには支那と協同しなくてはならぬ。
 それには一度支那を叩いて日本のいうことを何でもきくようにしなければならない。
 また対ソ準備は戦争はしない建前のもとに兵を訓練しろ」
と言った。
これに対し荒木貞夫陸軍大臣は
「支那を叩くといってもこれは決して武力で片づくものではない。
 しかも支那と戦争すれば英米は黙っていなしし必ず世界を敵とする大変な戦争になる」
と反駁した。
対支戦争を考えていた永田は、対ソ準備論の小畑と激しく対立し、
これが皇道派と統制派の争いの一つでもあった。

昭和9年(1934年)に陸軍省軍務局長となる。
同年8月、国府津に池田純久、田中清、その他数名の腹心を集めて会議を開き、
永田が従来指導していた経済国策研究会を通じ、
昭和神聖会に働きかけ、上奏請願に導き、国家改造に伴って戒厳令を布き、
皇族内閣を組織するという計画を練った。

同年10月、陸軍の主張を政治、経済の分野に浸透させ、
完全な国防国家の建設を提唱する『国防の本義と其強化の提唱』という陸軍パンフレットを出版した。

「永田の在世中、議会、政党、軍、政府の間で、
 合法あるいは非合法による近衛擁立運動についての覚書が作成され、
 軍内の味方はカウンター・クーデターを考えていた。
 だから右翼は右翼でクーデターを考えてもよい。
 どっちのクーデターが来ても近衛を押し出そう
 と、そこまで考えていたことが永田が殺された原因のひとつ」
ということを、社会民衆党の亀井貫一郎が語っており、
永田、東条、富永、武藤、下山ら陸大閥(一夕会)の一部が、
亀井、麻生らを通じて近衛を担いで革新内閣を実現し、
革新官僚と連絡をとって革新政策を実現しようとした。

そのために軍内反対派の皇道派を追放し、部内秩序を乱す青年将校を弾圧しようとした。

統制派のカウンター・クーデターは
『政治的非常事変勃発ニ処スル対策要綱』という具体案にまでなっていた。

永田らは機密費を使って、真崎悪玉説を流布し、
岡田啓介総理大臣は真崎を軍から追放することを内閣の最高方針とした という。

同年11月に士官学校事件が起こる。
村中孝次大尉、磯部浅一一等主計をはじめ青年将校らは、
これは、我々を陥れる辻政信大尉と片倉衷少佐による陰謀であり、
永田が暗躍しており、真崎教育総監の失脚を目論む統制派の陰謀である、
と主張した。

青年将校らの政治策動を封じるために、少なくとも真崎大将の教育総監は退いてもらわねばならない
という議論が、武藤章中佐や池田純久中佐といった統制派を中心に起こり、
「多少の波乱があっても、それを覚悟しても断行せねばなるまい。波乱といっても大したこともあるまい」
という結論に達した。
そこで永田軍務局長は陸軍大臣林銑十郎大将に真崎大将転補のことを相談すると、
林陸軍大臣は真崎大将の転補を断行することを決意した[6]。

昭和10年(1935年)7月15日の異動において真崎甚三郎教育総監が更迭された事が、
あたかも永田の暗躍ないし陰謀によるものであり、統帥権の干犯である
と皇道派に喧伝され、それを真に受けた歩兵第41連隊付の相沢三郎中佐は、
同年7月19日に有末精三中佐の紹介により永田に面会し辞職を迫る。
同年8月12日、その相沢に軍務局長室で斬殺された(相沢事件)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%B2%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6
相沢事件 - Wikipedia
1931年に三月事件、満州事変、十月事件が起こり、
日本陸軍においては統制経済による高度国防国家への国家改造を目指す統制派が
革新派の青年将校や皇道派と対立し、
1934年11月の士官学校事件、
1935年7月の皇道派の真崎甚三郎教育総監の更迭により、反対派を一掃しようとした。

1934年(昭和9年)12月31日の夜、
士官学校事件の背後に永田鉄山がいると判断した相沢は、
「こんど上京を機に永田鉄山を斬ろうと思うがどうか」
と大岸頼好大尉に相談したが、大岸が反対し断念した。

1935年(昭和10年)6月、
林陸相と永田軍務局長の満洲・朝鮮への視察旅行中、磯部浅一、村中孝次、河野寿は
永田を暗殺しようとした。

8月12日午前9時30分頃陸軍省に到り、相沢は
一番尊敬していた山岡重厚整備局長を訪ね、
談話中に給仕を通して永田少将の在室を確かめた後、
午前9時45分頃、軍務局長室に闖入して直ちに軍刀を抜き、永田を殺害した。

永田暗殺によって統制派と皇道派の派閥抗争は一層激化し、
皇道派の青年将校たちは、後に二・二六事件を起こすに至る。

永田が筆頭であった統制派だったが、その後、東條英機が継承した
石原莞爾らと対決を深め(石原は予備役となり)やがて太平洋戦争(大東亜戦争)に至る。

企画院総裁だった鈴木貞一は戦後、
「もし永田鉄山ありせば太平洋戦争は起きなかった」、
「永田が生きていれば東條が出てくることもなかっただろう」
とも追想していた。
今一度 コレを
http://www.zkaiblog.com/hi06/22530
二・二六事件が皇道派青年将校のクーデターであることは間違いない。

しかし、皇道派のクーデターは、武力鎮圧の意思表示によって打ちのめされる。
つまり、カウンターパンチをくらって腰砕けになった。

対抗勢力のクーデターを鎮圧する形で自らのクーデターを成就することをカウンター・クーデターという。
本書でカウンタークーデターの概念を知り、衝撃を受けた。

クーデターを起こした責任は皇道派に負わせ、
武力を背景とした政権の掌握という果実は統制派が得る。
統制派側がそこまで見越して皇道派を挑発していたとしたら恐ろしい。

それほど洞察力に優れた統制派が、なぜ、展望もなく日米開戦を主導したのか不思議だ。
(永田鉄山の死により、統制派から洞察力が失われたということか?)


http://www.furuyatetuo.com/bunken/b/36_nippon_fasizum_ron/4.html



満州派 (朝鮮労働党) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B4%BE_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%85%9A)

8月宗派事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%88%E5%AE%97%E6%B4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6


粛軍クーデター - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9B%E8%BB%8D%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC


春生門事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%94%9F%E9%96%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

露館播遷 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E9%A4%A8%E6%92%AD%E9%81%B7


ドミニカ国際連合事務総長代表使節団 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AB%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BA%8B%E5%8B%99%E7%B7%8F%E9%95%B7%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3
1961年に独裁者的な大統領のラファエル・トルヒーヨが暗殺されて以降、
ドミニカ共和国は政情不安定な状態が続いていた。

1962年にフアン・ボッシュ・ガビノが大統領となるが、
その急進的な社会制度改革には反発もあり、
クーデターやカウンタークーデターが繰り返された。

軍部も分裂し、内戦状態に至った。



http://blog.livedoor.jp/akiyama_kenichirou/archives/51993921.html
海軍軍法会議は、5・15事件被告人に、軽い刑で済ませたのか。

5・15事件軍法会議で判士長(裁判長)を勤めた高須四郎海軍大将(後、1F司令長官など:海兵35期)によると、
「死刑にすると、被告人らが同じ思想の人間から偶像として祭り上げられ、
 海軍の亀裂が決定的になる恐れを感じた。
 そのため比較的、軽い刑とし、海軍部内の分裂を避けた」
という。

高須大将(裁判時は大佐)は、後に
5・15事件を指示する派閥
(艦隊派が多い。陸軍でいう皇道派)、
これに対立する派閥
(陸軍でいう統制派とはニュアンスは異なるが、条約派と呼ばれるグループ。米内、山本、井上の三提督が有名)、
どちらのグループからの会合はもちろんのこと、県人会などの派閥的な匂いのするものは、
一切、顔を見せることなく、断り続けたからという。
顔を見せることで、なにがしかのメッセージとなることを避けるための配慮であろう。

つまり5・15事件判決は、政治的配慮、海軍部内の組織を守るため、
被告人将校らを、比較的、軽い判決で、そのまま処分、海軍から放逐、幕引きをはかったものだ。

今風の言葉で言えば、“スルー”したといっていいだろう。
この事件、判決以降、海軍は、政治的事件に関与した人は、事件化したそれはすくない。
(後、高木惣吉少将、神大佐が主導した東条総理暗殺計画などは別として)
事件の処理により、海軍の意思統一がはかられたからである。


他方、陸軍の2・26事件はどうか。
事件前から、陸軍部内では、
皇道派青年将校によるクーデター計画を既に掴んでいたことは、もはや明らかである。

では、なぜ陸軍の統制派は黙っていたのだろうか。

(青年将校らに)クーデターを起こさせて、
これをきっかけに皇道派、ひらたくいえば対立するグループを追い出したかったからである。
いわゆるカウンタークーデターである。

こうした腹芸ぶりは、ヒトを絡めて戦う陸軍軍人ならではの真骨頂だろう。
もちろんクーデターという、内ではなく、外に向けての動きをする青年将校もまた
陸軍軍人らしいといえばらしい。


海軍が引き起こした5・15事件では、兵を私兵化することなく、自分たちだけで事を成したが、
2・26では、多少の差はあるものの、指揮官たる青年将校の人柄に従って参加した兵
(とくに安藤大尉の部隊などそう)も多数いる。

しかし、2・26は、天皇の怒りを買い、
結果、青年将校らは首謀者ほぼ全員が死刑判決を受けた。

それ以後 2・26事件の将校の思想に近い者達の多くは、中央から退けられ、
主流派(統制派)と非主流派(皇道派)の派閥対立のもとでの軍経営を終戦まで行うこととなる。



http://desuperado.seesaa.net/article/277226318.html
2012年06月25日 官邸前で再稼働反対デモ : デスペのはんなり日記
http://mkt5126.seesaa.net/article/276714393.html

誠天調書さんも中で言及してるが、体制側のカウンタークーデターが心配ですね。
最近、首都の街中で銃を持った自衛隊の行進なんかもさせてましたし。

土の上のブログ  2012/6/24(日)  ○官邸前デモ  メチャメチャ悪いヒトになって考えてみる
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5494745.html
すごく悪いヒトになって、ノダ総理を動かせるとしたら、


「大飯原発は、この夏は動かさないと、発表させる」
  ↓
「消費税法案を通して、小沢派を追い出す」
   ↓

「事実上、大連立して、マイナンバー、秘密保全法、共謀罪」など、法律を通しまくる。」
   ↓
 
もちろん、この間、原発が動いていないから、電気が足りないなどと言って、わざとあちこちで、停電を起こす。そうすれば、電力株が下がるので、外資はやすやすと、株をゲットできる。
    ↓
 
「官僚が通したい法案が全て通し、TPPにも参加し、特例公債や、指揮権発動でも、スキャンダルでもかまわないですが、内閣不信任案を通して、解散させちゃう。あるいは、任期満了までやらせてもいい」
   ↓

「再び、やはり、電気が足りないとして、原発を動かす宣言をする」
    ↓

その時には、ダウンロード刑罰化、取調べの可視化の陰に隠れた共謀罪、通信傍受などの法案が通っているので、ネットでの拡散は、難しくなってくる。新型インフルなどが、「流行しているとされれば」 たちまち出禁ですから。デモもできない。
     ↓

 で、官僚、既得権者、天国は続く。

オウムが、今、再び騒がれている。
 これも、要注意項目だと思います。
 わざわざ、VX ガス製造?なんて書く!?


誠天調書: 2011年12月09日
http://mkt5126.seesaa.net/article/239475522.html
>ホント 内戦とは陰惨なモノだね。
実弾が飛び交わないと実感できない人ばかりですねぇw
それじゃあ遅いんですが…。

Posted by 通りすがりの海防艦 at 2011年12月10日 07:06

誠天調書 2012年02月10日: 公務員が4月2日に退職すると、基本給が上がり退職金が増える。業務の都合というわけではない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/251450600.html#more

誠天調書 2011年09月09日: 「フクシマの惨劇」の全ては “核テロリストと愉快な仲間達”の美味しい生活を1000年に存続させる為だけに起きている事象でしかない
http://mkt5126.seesaa.net/article/225087988.html

誠天調書 2012年05月23日: 人の世は数千年前も今も 大して変わらない。古代の人々の圧倒的大多数は 日食と魔法の区別が満足に出来なかった。
http://mkt5126.seesaa.net/article/271099771.html


2012年07月03日 伊賀市でアルミニウム工場爆発: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/278692990.html
ミナルコ株式会社
「アルミニウム粉では我が国最古の歴史を持ち」だ、そうです。

ROCKET PROPELLANTS

助燃
[ロケット]
気象衛星・通信衛星

ロケットの助燃ですか。

口すっぺーですが、核弾頭ミサイル宣言と取れるような政府の憲法改正後ですなw
速攻で狙われてまんがなw
ん、たまたまですか?

とりあえず、コーヒー吹いてしまったので、メモしました。


メモ 三井グループ: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/278289775.html

劣化ウランの使い道 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5197475.html

平成22年度放射性廃棄物管理状況を見て思うこと。 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5200842.html


すごいですね。 5日間で 9兆使っています。1年間の 消費税収入 に近い金額を、5日間で使ったことになりますね。  - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/2871529.html

核武装論者の今後。。 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/3855906.html

戦争を始めたい人たち - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/3867029.html

ファシストを作る10のステップ - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/2874336.html


2012年06月26日 軍事化があからさま・・・: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/277405505.html
●外務省企画官、情報漏えい疑惑で自殺か:2012年6月25日(月) 11時36分
ttp://hicbc.com/news/detail.asp?cl=j&id=5064062

外務省の47歳の男性企画官が、今月20日、千葉県内で死亡しているのが見つかりました。この企画官は機密情報を報道機関に漏らした疑いがあるとして外務省から事情を聴かれていたということで、警察は自殺とみています。

死亡しているのが見つかったのは、海上保安庁から外務省第二国際情報官室に出向していた47歳の男性企画官です。

警察などによりますと、企画官は、今月20日、千葉県茂原市内の民家で死亡しているのが見つかり、警察は自殺とみています。死亡する前、企画官は周囲に対し、「情報漏えいの関係で懲戒処分を受けそうだ」などと話していたということです。

政府関係者によりますと、企画官は、「中国が北朝鮮に軍用車両を輸出しているのを日米韓の3か国が把握しながら公表を見送っていた」などとする今月13日の一部報道に関連して、情報を漏らした疑いがあるとして外務省から事情を聴かれていたということです。

この企画官は、海上保安大学校を卒業後、海上保安庁に入り、去年4月から外務省に出向、国際テロや核不拡散に関する情報収集を担当していました。

企画官の死亡について、JNNでは事実関係の確認を求めたのに対し、外務省はコメントしていません。
自殺じゃねーだろ、ボケ。
権力に逆らえばもちろんなんですけど、
こういった事に遭う人の大体が
橋渡し役だったり、ある情報の交差点にいる方ですよね。
まぁ、脅しもね。

海上保安庁から外務省ですか。
核不拡散に関する情報収集を担当じゃなくて、核拡散ですね。

外務省の47歳の男性企画官が亡くなったのは、原子力の憲法の改正と改正宇宙機構法が成立した20日ですね

>「中国が北朝鮮に軍用車両を輸出しているのを日米韓の3か国が把握しながら公表を見送っていた」
取って付けた感じな話にしか見えませんがw

そして日米韓の済州島南部海域での軍事演習が今月の21日からでしたね。
https://twitter.com/#!/himurotakasi/status/93189382462382080
濃縮ウラン輸入先、米73%、仏18%、英8%。
日米原子力協定では日本は半永久的に米からウランを輸入することになっている。
脱原発で不要となっても輸入は止められない。
いまもウランは輸入され、代替のLNGと二重の負担になっている。
協定を破棄する考えのない政権は この事実を隠蔽している。

日米原子力協定
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/05/02/1320751_006.pdf

やはり日本の原発は核開発目的だった!米政府 日本の軍事プルトニウム備蓄を支援・容認!開発担当窓口は電力各社(米NSN) 
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/220.html

日本が原子力の平和利用の名の下に、核兵器の材料となる軍事級のプルトニウムを70トンも備蓄するのを手助けしていた

日本政府は1969年、トップレベルで、
「必要とあらば、外国からどんなに圧力をかけられようと、 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」
秘密決定していた

日本が米英の再処理施設に委託して
使用済み核燃料から抽出したプルトニウムを日本まで輸送する
も同時に認められた

日米プルトニウム協定でも、日本側の窓口を電力各社が担う

東芝・佐々木則夫社長「原発輸出ほぼ計画通り」2012.1.17 21:11
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120117/biz12011721110036-n1.htm

−−ヨルダンやベトナムなど4カ国との原子力協定発効が予定される
「原子力協定は原発輸出に向けたステップであり、歓迎だ。国内勢はすでに原発2基をベトナムから受注しているが、福島第1原発の事故を受け、より安全なものを総合的に提供していきたい」

−−4カ国以外で期待される国は
「一番は中国だ。中国では2基を受注、米国でも4基を契約している。1基の計画があるフィンランドは価格、条件が折り合うか次第。子会社の米ウェスチングハウスの新型原子炉『AP1000』は、米国での採用に続き、英国、チェコでも有望だ」

−−平成28年3月期に原発事業で1兆円の目標を掲げる
「福島第1原発の事故で規制がどう変わるかわからないし、歴史的な円高も響いている。ただ、狙っている市場については、計画に遅れは出ていない」

東芝ら、米国のウラン濃縮会社USECと出資契約を締結

東芝では、これまで カザフスタンのハラサン鉱山プロジェクト への参画、 カナダのUranium One のウラン権益の取得、原子燃料の製造を行う 英国Springfields Fuel(SFL) の事業獲得、 ロシアのTechsnabexport(TENEX) との原子燃料分野における協力など、フロントエンド事業強化を進めてきた。

世界の主要なウラン鉱床位置図
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/04/04020102/06.gif
http://desuperado.up.seesaa.net/image/06-thumbnail2.gif
北朝鮮どころか、中国も貧弱なのに驚いた。
節電は完全にやらせで 電力は普通に足りている。

つうか電気は流しそうめんみたいなもんで、
別に我々がすくうのセーブしても作った分は流れて行くんだから関係ないでしょっていう。
蓄電池作れば食べなかった分のソーメンつうか電気も蓄えられるし超効率いいんだけど、
それをやっちゃうと発電所が儲からなくなるから作らない。

そもそも原子力発電って必要なかったというか、他の発電方法で全然よかったでしょ?
の問いには即答でイエス。勢いで作っちゃっただけで別に原子力である必要はゼロ。
いっときの石油枯渇デマとかで焦って勢いでつくってしまい58基になっちゃった

原子力は国内で作れるとかいうけどウランは全部輸入だし、あの棒みたいなやつも全部輸入。
日本は組み立てるだけ。そしてもう20年分のウランを買ってしまっているので引くに引けない。
来年さらに20年分を追加で買う計画があり実現すれば40年分ストックができることになる。

日米韓の済州島南部海域での軍事演習が今月の21日からでしたね。

核兵器工場ジャポンから安全な東アジアへのウラン航路確保の為の演習?www

冷戦時代の再構築、冷戦っつーのはプロレスな訳だからしっかりチャイナにも核が行く訳でw

上海サスーン銀行おお儲かりしますですか?



なので、やっぱり麻薬も一緒ですよねw

で、東芝が既に20年分のウランの輸入契約をしていて、
その上今年20年分の輸入を契約するようなんですが、、、
政府のゴーサインは、この夏の計画停電、突発停電なんかによる電気タリネー詐欺の後ですかね。

>ところが、設置法の付則という形で、より上位にある基本法があっさりと変更されてしまった。設置法案の概要や要綱のどこを読んでも、基本法の変更は記されていない。
>法案は衆院通過後の今月十八日の時点でも国会のホームページに掲載されなかった。これでは国民はチェックのしようがない
原子力の憲法がこっそり変更したように、シラヌマニでしょーな。


https://twitter.com/onodekita/status/217251298158968833
原発輸出をしたあとにできる使用済核燃料は、
日本が責任を持って処理するらしい。
よくもまあ、そんなことが言えたものだ。


https://twitter.com/FATE_SOSEI/status/218243563178303488
もう これ以上、核廃棄物の処理を未来に残し続けることに加担したくない。
だから廃炉の決断を求めます。
廃炉への計画を進め、できるだけ安全な廃炉雇用を生んで欲しい。


https://twitter.com/nakayamamikio/status/218290881386647553
こんな当たり前の事に1年以上過ぎて気づくなんて。
こんな恐竜頭に危機管理などできるはずがない。
RT @you_arenowhere 東京電力:原発輸出事業から事実上撤退/事故対応を優先
http://mainichi.jp/select/news/20120628k0000m020118000c.html
核テロリストと愉快な仲間達は 全く撤退する気ゼロ どころか
実質国営化 という詐術を使って 東電を“飛ばし”の為のトンネル企業へと転用する
そういう更なる詐欺が現在進行形だよね。

息を吐くように嘘デマ扇動を繰り返す連中は 絶対に治らない。
あらゆる詐術を永遠に繰り返し続けてでも 自分達の美味しい生活の維持が第一 を永遠に繰り返し続ける。




血液製剤などからの内部被ばく セシウムは、心臓に溜まる。: デスペのはんなり日
http://desuperado.seesaa.net/article/277868350.html
献血 輸血 血液製剤 というルートでの内部被曝の話は、華麗にスルーか。

大気の汚染。大地の汚染。海の汚染。
水の汚染。食物の汚染。
国内だけでもエライ事が今も起きていて、食にばっかり目がいきがちだけど、
産業、工業製品の汚染も深刻ですよね。

規制を緩めたおかげで、チェルノ由来の海外汚染モノも入ってきてるし・・・。
幾らでも内部被曝の出来る状況だしな。。。
内部被曝を知らぬ顔を決めて 汚染された血を広げてる事それ自体、あまりに大問題なんですけどね。

>拡散する前にどっかで被曝者の血を集めてねーかな。
日赤製薬会社の血液製剤の行方が広すぎて、よく分かりません。
生物兵器チックな妄想をしてたんですが。。。
冷戦再構築状態の世界において、列島は、素敵な実験場ですし。。。

イロイロな用途があるだろうけど、被害の全容がが大きすぎて よく分かりませんでしたw

最後に最近CMが増えたって誰かが言ってた「子宮頸がんワクチン」のnews。

●子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120627-OYT1T01109.htm?from=main5
子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。

注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。

 同省は、症状は注射の痛みや恐怖によって神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。

(2012年6月28日07時23分 読売新聞)
流石www
注射針のせいにしてるwww


2012年05月29日 ワクチンの話多いね
http://desuperado.seesaa.net/article/272412857.html


有事を起こしたいけど、カネがない。ジャポンよ我に貢げ。2012年02月04日
http://desuperado.seesaa.net/article/250331214.html
「日本に住む皆様へ、あなた達は“貢がされる当事者”なのですよ」
誘導する為の変なドラマ(事件)が起きそうですな。


2012年07月03日 無名であることの無限の力: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/278595392.html
カローラ2に乗ってや今夜はブギーバックのオザケンが書いている「うさぎ」より

よく「有名人は影響力を利用して社会を変えるべき」とか言いますが、
それは「有名であること」も「社会」も よく知らない人が言うことだと僕は思います。
きつい言い方になりますが、言う人がいないようなので言っておきます。

本当の力は、無名であることの中に、無限の大きさにあります。

本当の巨大な権力者達を見て下さい。
彼等は静かに、無名でいます。
少なくとも、自分から有名になろうとはしていません。


先週、地元の知り合いの新聞記者さんに文句を言ったばかりなんだが、
当たり前なんだが地元newsはしっかりスルーですたね。

まぁ、NHKで少し流れたみたいなんですが、ウチの家族も近所の人達も知りませんでしたね。

傑作なのが このツイート
http://mobile.twitter.com/YY_papa/status/216374725117616129
@YY_papa 昨日の反対運動が読売系列ではほとんど報道されていません。
読売新聞の東京本社のに聞いてみました。
「当社の主義主張に合わない行動なので掲載しない判断をした。
 当社としては認められない行動であった」
という、何か恐ろしくなる回答をいただきました。
主義主張に合わないものは掲載しない

先々週のデモに関してのツイートだったと思うんですが、、、
流石、ゴミ売りwww

些細な事で逮捕されるかもしれませんし、怖いですよね。

これらに参加した人達は、よく分かっていて、
にらみ合ってる、顔を突き合わせている機動隊は ただの仕事だから「本当の敵」じゃないって。
原発問題は何にせよ、
福島の収束と、地獄のような放射能(ガイガーカウンターがないと分からない)の中で暮らしている人達を
何とかしないといけない。
逃げれる人達は、もう脱出した。

で、大飯原発前デモで分かった事が一つ。

原発に繋がる道を封鎖したら、牧野聖修経済産業副大臣が「船」を使った
とゆー事。
つまり「何か」あった時は 確実に後手へと回されちゃうんですね、大飯原発はw

大飯3号起動 原発の国民理解ほど遠く (2012年7月2日午前7時26分)福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/35528.html

政府や政権党内にも「依存」「脱依存」の二項対立が存在し、無責任発言が立地自治体を混乱させ続ける。東電は事故調査最終報告書で、原因を「想定外の津波」と強調し自己保身に走る。事故収束も損害賠償もままならず、放射能汚染禍で「難民」化する住民らの怒りを買っている。他電力会社も事業が硬直化している。原子力委員会は原子力政策大綱の改定作業で、電力など推進側だけを集めて原案情報を漏らした問題が発覚、急ぐべき作業を中断した。

巣くう癒着と隠蔽(いんぺい)体質。事故から1年4カ月、何が変わったのか。電力供給地と消費地に対立の構造さえ生じさせた。原子力行政が立ち行かず、原発停止で地域経済が窮迫する県や地元は、新たな「人災」に直面している。原子力規制組織の発足が大幅に遅れ、全国原発の再稼働スケジュールは全く見えてこない。原子力防災指針も示されない。こうした中での大飯原発起動は孤軍状況を呈している。

必要なのは明確でぶれない原子力政策だ。政府はエネルギー・環境会議で2030年までの中長期的エネルギー政策について、原発比率を0%、15%、20〜25%とする三つのシナリオを提示した。国民的議論を経て8月中に電源構成の政策をまとめるという。選択肢により高速増殖炉もんじゅや使用済み核燃料の処理法など核燃料サイクルの位置づけが大きく変わる。

>明確でぶれていない「原子力政策」
口すっぺー感じがしますが、「核兵器政策」ですね。
このあいだのJAXAの平和目的削除とかねw

キタチョーが衛星の打ち上げしたらミサイル開発だ、と鼻息荒かったねw
ミサイルも衛星も 開発手順が一緒ですからねw

核の憲法改正と合わせれば、素敵な核弾頭ミサイル装備とナンだったら打ちまっせ宣言ですからねw

で、いろんなもんに隠れて、先週イロイロと福島第一が騒がしかった。
○福島第一1号機、建屋内で過去最大の線量計測
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120627-OYT1T01115.htm?from=top
東京電力は27日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋地下で、建屋内では過去最大の放射線量となる毎時1万300ミリ・シーベルトを計測したと発表した。

作業員の年間被曝(ひばく)限度である50ミリ・シーベルトにわずか約20秒で達し、約6分で嘔吐(おうと)などの急性症状が出る。廃炉に向け、建屋地下では汚染水の漏えい場所の特定や修復が必要だが、東電は「作業員が入れるレベルではなく、ロボットを使った難しい作業になる」と話す。

計測は、配管が通る1階の貫通口から内視鏡と線量計を入れて実施。地下階には、格納容器下部の「圧力抑制室」があるが、カメラでは損傷は確認できなかった。汚染水の深さは約5メートルで、線量は地下階に入った段階で約30倍の毎時625ミリ・シーベルトにはね上がり、汚染水の水面近くで最高を記録した。2、3号機の建屋地下階の10倍以上の線量になる。東電は「1号機は炉心損傷が最も深刻で、放射性物質が地下に多く流れ込んだ」と分析する。

2012年6月27日23時03分


即死系ですね。
決死隊は不可能とゆー事を告げるnewsです。
(前からっちゃあ、前からだと思うんだけど)

その少し脇で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012063001000741.html

東京電力福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止した問題で、東電は30日、予備として設置されている別系統の冷却装置も起動できない状況にあると発表した。プールの温度は急上昇していない。東電は原因を調べている。

冷却装置は同日午前6時25分ごろ、システムの異常を知らせる警報が鳴って自動停止した。本来なら予備の装置を使って冷却を再開させるが、何らかの原因で起動できなかった。

30日午後4時現在のプールの温度は35・8度で、1時間当たり約0・26度上昇している。
福一4号機の壁取り壊し工事の後ですか、そーですか。
http://mobile.twitter.com/kunivoice/status/217523419527393281 谷岡郁子 (@kunivoice) 2012/06/26 16:43:19
福一4号機の壁取り壊し工事。粉塵が飛んで付近の皆さんにご心配をかけているようです。保安院に連絡しました。すぐにモニタリングをして調査すると共に東電に注意してくれるそうです。結果も連絡してくれるとのこと。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/10657479.html
カレイドスコープ 4号機プールの冷却は応急措置、共用プールからも大白煙
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1392.html

日々坦々資料ブログ バックアップの電源が失われた 福島4号機の恐怖
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6240.html

https://twitter.com/_J_H_R_/status/219079330364530688
あー4号機かなりヤバイよね。
みんな水は100℃にならないと沸騰しないから蒸発もしないとか考えてないよね?
試しに洗面器にマジックで一本線引いてそこまで水を入れてしばらくほっといてみて?
水温何度かな?気温は何度かな?洗面器の水位はどうなるかな?

https://twitter.com/bonaponta/status/219659819634790400
Ray Masalas氏によれば、4号機が解体作業中に冷却パイプを壊したのは間違いないらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=HcQ6ajI6M4E

https://twitter.com/Jfkapny/status/219735483427717120
煙がずっと出ているみたい。嫌ですね〜:
視野から消える過程、ふくいちライブカメラ今日午後5〜6時の2倍速再生動画に
http://www.youtube.com/watch?v=Gjx3O5SWv80

コレらが ほぼ同時期に起きましたか そうですか。

どうして そんな急いで懸命に しかも隠れて ドサクサに紛れて
福島第一原発4号機の解体作業はするんでしょうなぁ?


ラジオを聞きながらの仕事なので、地震速報も聞くんだが、
先週、宮城、福島、千葉が多かったな。
(7月1日、2日は、小沢の動きを知ってか知らずか、岩手で地震が起きてるね。)

4号機は1号機のスピンかな(十分困る話だけど)。
事実上「決死隊不可能」newsが躍り出たんだから。


逆でしょ。1号機のは4号機スピン として 実際は何処から?w

http://matome.naver.jp/odai/2134069561317963001
2012年06月26日 消費税法案騒ぎの裏で ひっそりと福島第一原発4号機が解体作業 - NAVER まとめ


http://matome.naver.jp/odai/2134112024148554201
相当ヤバい事になってるのに話題度が低い福島原発の原子炉 - NAVER まとめ
http://webcache.googleusercontent.com/search?hl=ja&q=cache:bpbjm9KMYigJ:http://matome.naver.jp/odai/2134112024148554201%2Bhttp://matome.naver.jp/odai/2134112024148554201&lr=lang_ja&ct=clnk


さて、原発全基停止から大飯が動き出して、
政界じゃ、小沢が動いたね。




またまた311な館山沖地震M5.4ですが。。 : contemporary navigation
http://ccplus.exblog.jp/18306950/

狙われた千葉県@ - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5241688.html

狙われた千葉県A - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5255601.html




誠天調書 2012年06月27日: 政治家として意思を表明できる機会には興奮と喜びを感じる
http://mkt5126.seesaa.net/article/277493159.html
https://twitter.com/tony_shikaku/status/217523960714244096
意外だったのは田中眞紀子の賛成票。
どうせなら原口も これくらい潔く賛成票入れればよかったのに。

田中良紹の「国会探検」追い詰められているのは誰か 2012/6/25
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/06/post_304.html
田中良紹も 分かっていて全てを書いてないねw

というか あえて俺も書かなかったけど
これ位の政局は想定の範囲内でした。
だから申し訳ないけど“敵を騙すには まず味方から”を担って頂く可能性もある とは思ってました。

ただ
 そういう兵卒が より多くに 最前線で奮戦してくれればしてくれるほど 小沢が十全に戦える
というモノだと俺は考えてます

あえて俺も 適当に誤魔化しながら更新してきた。


 ↓
2012年06月26日 消費税増税衆議院可決: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/277428567.html

 ↓
2012年7月3日 スロウ忍ブログ@Blogger: 民主党は、消費税増税関連法案に反対した鳩山由紀夫・元首相を党員資格停止処分6ヶ月。野田首相の任期切れに伴う党代表選(9月末)への出馬は不可能に。国民が選んだ小沢・鳩山の民主党は消滅へ。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/07/69.html
民主党は本日(2012年7月3日)、
消費税増税関連法案の衆院採決で反対した鳩山由紀夫・元首相を党員資格停止処分6ヶ月とする処分を決定した
とのことである。

此れにより鳩山には、
野田首相の任期切れに伴う9月末の党代表選への投票資格が無くなり、出馬も出来なくなる。

詰まり、
“政治主導=脱・官僚主導政治”や“民主党マニフェスト”の実現を掲げていた小沢・鳩山の影響力が
民主党内で粗(ほぼ)消滅したも同然となる一方で、
松下政経塾系カルト保守系国賊議員が更に増長し、
自公政権コピー政策が次々と実行に移されることになるということである。


 ↓
2012年07月02日 小沢が離党です。とりあえず、50人。: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/278575514.html
http://mobile.twitter.com/kagiwo/status/219742317823795200
@kagiwo 自民がそれに乗ればヤバいですよ。そんときは国民の抵抗にかかってますよ。
すでに内戦状態なんでしょうがないです。
@takutaku56123 教えてください。
不信任案に野田が総選挙を選ばず退陣すると、前原内閣なんてものができるのですか?
これってヤバくないですか?

http://mobile.twitter.com/kagiwo/status/219750571345850368
@kagiwo 同感。
内閣不信任案が可決した瞬間、民主党完全崩壊の可能性が高いと思います。
自民だって民主に手を貸す真似はしないと思うけど、ゼロじゃないですからね。
@Joha_woodcraft マスコミは驚喜だろうけど、野田辞任、前原擁立はギャンブル。
民主自体が木っ端みじんでしょう、その時は。

http://mobile.twitter.com/kagiwo/status/219755462525063168
@kagiwo 今後の処分の行方で だいたいの展開が見える。
造反者の処分に躊躇すれば、本当は反対の民主参院が荒れ、強行すれば民主党全体が割れる。
谷垣は自民内の立場的に強硬路線しかねえだろ。
解決法、参院採決を公明と組んで蹴飛ばし、野田が総辞職するくらいだ。
もはや野田と谷垣は詰んでいる

昔から 戦術の基本 挟み撃ち


 ↓
http://kenuchka.paslog.jp/article/2497476.html
もっとも象徴的なのは官邸で、
総理周辺の議員や補佐官たちは、一体改革法案の採決を前にして、
「造反者は20人程度、最大でも30を超えることはない」
と豪語していたが、
実際には棄権を含めて70人からの「造反者」が出た。

私のボスに対する採決前日の最終報告は、
「青票を入れそうなのは45〜55人だが、今少し増える可能性もある」
というものだったことを鑑みても、官邸の楽観ぶりが伺える。


また、今回の離党届についても、官邸の読みは、
「離党届を出すのは20人以内、最大でも25を超えることはない」
というものだった。
実際には50人の離党者を出しており、今後もパラパラと離党していくものが出そうだ。

この手の読みの甘さは為政者に良くあることで、
07年の参院選における安倍氏や09年の総選挙における麻生氏なども、
あれだけ報道などで「自民不利」と報じられていたにもかかわらず、
自らの勝利を信じて疑わなかったという。

あるいは、日中戦争が本格化の様相を呈してきた折り、
陸軍の杉山大臣は昭和天皇に「事変は2ヶ月程度で片付きます」と奉答していたし、
独ソ戦を前にしてヒトラーは「(バルバロッサ)作戦は5カ月で終了する」と豪語していた。

そして、野田総理は今もなお、
「一体改革は党内の支持を受けており、
 何とか成立させて実行すれば、国民からの支持も回復する」
と本気で信じているらしい。


組織のトップには往々にして、
情報が予め取捨選択されて、不利な情報が切り捨てられて上がってこない傾向があり、
各種の報道を敵方の陰謀として退けてしまう。

その背景には、
「官邸に上がってくる情報こそが最も精度が高く、選び抜かれたものである」
という過信がある。

情報というものについて、
常に敏感であり続けると同時に、懐疑的でなければ、容易に誤った情報に瞞されてしまう。
上位にあるものこそが心がけなければならない点であろう。

もっとも
今回の小沢派の離党について、
党内の野田=前原派や菅派は「さっさと出て行け」の大合唱だったが、
中間派も極めて冷淡な態度のものが多く、
「連中が出て行けば、少しは静かになる」
くらいの感覚でいるようだ。

しかし、それは非常に浅薄であろう。

離党したのは、人数的には小沢派の半分以下に過ぎなかったが、党内バランスは激変するからだ。

政策的には、
「反増税」「脱原発」「反TPP」「政治主導」「対米依存脱却」を志向していた勢力が
ほぼ瓦解することになる。

今後は、
野田=前原派による「増税」「原発推進」「TPP加盟」「官僚主導」「日米同盟強化」といった路線が
ますます強化されてゆくだろう。
これは自民党と ほぼ同じ路線であり、国家官僚に従属する大政翼賛会と何ら変わらない。

近い将来、中間派、特に左派・リベラル系の議員たちは絶望に晒されるであろう。
ホント、「バカばっか」

案の定、内閣と与党執行部は「TPP加盟」を決断したらしく、連合に「事前通告」したという。



http://desuperado.seesaa.net/article/278575514.html
○小沢氏離党「大変いい」=達増岩手知事 時事ドットコム
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012070200849

岩手県の達増拓也知事は2日、民主党の小沢一郎元代表らが離党届を執行部に提出したことについて、
「民意にしっかり応える政党ができていくということで大変いいことだ」と述べた。また、
「こういうことになった以上、今まで以上に力を入れて一緒にやっていきたい」
と述べ、小沢氏の行動に同調する考えを示した。
県庁内で記者団の質問に答えた。 
(2012/07/02-18:57)




石頭 と クリア脳の 悲劇 @ - 土のうえ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/5600752.html
管理人の家には、多くの人が訪れます。

仕事につながるお客様ならいいんですが、
おおかたは、近所の人が お土産を持ってきてくれたり、回覧持ってきて、お茶を飲んだりしていきます。
昔、PTAをやっていた関係で、若い人も時々来て
「ウチでゲーム取り上げられたから、10分でいいから、PC見せて」
なんてこともあります。
まるで、田舎の縁側のごとき状態なんですが、以前よりは減りました。

先日、年配の方が数人いらして、原発再稼動の方に話を持っていったときは、
全員、「原発が止まっていたこと」を知らなかった。
電気料金が、原価総括方式であることも、
原発から出る放射性物質と原爆症とも、結びついていないようでした。

ですので、心臓はみな丈夫そうなお年よりだったので、
チェルノブイリの子供たちの映像をPCで、少し見せてあげました。
「お孫さん、大丈夫?」
みなさん、愕然としてました。

ただ、それ以前に、
息子が失業してしまって、
とか
お嫁さんが来ない。
とか
孫が出来ない
という話になってしまい、記憶してくれているかどうかは疑問です。
ま とりあえずは それで良いんじゃないでしょうかw

そうすると、1人の女性が
「実は、お嫁さんが、大阪から返って来ない。コレが理由だったかもしれない」
と、あとでこっそり、教えてくれました。

こういう方たちは、
「見せれば、ある程度考えてくれる」
から、まだいいんです。

店頭パソコンの勝利です(笑)


困るのは、チェルノブイリの映像を見ても
「それは、チェルノブイリだからでしょ!」
「日本は、医療が進んでいる」
「4号機のプールの冷却装置が故障したんだって」
というと、
「そんなのは、修理すれば済むことだ」
で、ひたすらに、「日本の技術力」とやらを信じてるんですね。

一概には言えませんが、
来客の中でも、40代後半から50代の男性の方に多いです。
しかも、けっこう、成功している裕福っぽい感じで。。


虐待されつづけたお子さんが
「親というものは子供が可愛いものだ。
 だから、こんなことが現実であるはずはない」
と、人格が分裂していく例があるそうです。

長い時間、
「経済は成長していくもの」
「モノが多いのが豊かなことだ」
「自然も、現在の問題も、努力で克服できる」
「自然は、征服する物。 人間は、自然に勝つ」
みたいなことを吹き込まれていると、
虐待され続けた子供が、親は子供が可愛いはずだ、という前提で、人格障害を起こしてしまうように、
「吹き込まれた前提」に対して、それと反する現実に 対処できない。

こういう方たちを説得するには、どうしたらいいんでしょうね? 
 
簡単なのは、その方たちの上司からオトすことでしょうね。
多分、指示に従います。
 
次は、奥様、お母様、彼女、娘さんなどの、柔らかな戦略ですかね。
機動隊員に話しかけたあの女性たちのごとく。。
女性の方たちが、機動隊員? 警備員? に向かって
「アンタ達。 自分のアタマで考えぇ。
 アンタら、何かあったら、最前線やで。
 弾除けにされるんやで。
 息子みたいな年だから、言う(ゆう)けどな。
 自分のアタマで考えぇ」
と、言っていたのが、印象に残りました。
戦時中に、多くの母達が、言えずに飲み込んできた言葉でしょうね。


ある奥さんから、の話で
ご主人の健康診断で肺に影が見つかった そうです。

思い出すと、
 3月12日か13日に、草野球に行った。
 止めたんだけど、言うことをきかなかった。
 自分が病気のフリをしてでも、「行かないで」と言えばよかった。
という話を聞きました。

その後に
 主人の性格をよく知っているので、本当に病気になったとしても、
 自分が草野球に行って被ばくしたなんて認めないだろう、
とも言ってました。

それほど頑固なのです。

あんまり、認めないんだと思いますが、
こういう方たちは 自分の過去の間違いなんて知らないフリをして、
さも“『自分が元から そう思っていたか』のごとくに豹変する”こともあるそうです。
実は被曝の話も東電の話も核と原発の話も そうなる可能性があります。
そこまでマヌケに頑固だという事は そこまでマヌケに自尊心だけが高い
という事なんだよね。


そういう時は、とりあえず
「おっしゃるとおりですねえ。」
と、ニコニコしてればいいんだそうです。
女性の力ですね。
「妙に、進んだ所もあるし、優しいんだけど、
 中身が、男尊女卑っていうか、やりにくいったらありゃしない。
 けど、クセを 飲み込んだら すごく扱いやすいのよ〜!」

そういう感じで 女性を味方につけることの大きさ を分かっている文春とやらは、
だから ああいう手紙のデマ記事 を出してきたのですが。


フランス革命でも、
最初は王家を守っていた軍隊が敗色濃厚と見てか、自分も平民だったからか、
形勢が本当に変わると次々と革命へ加勢していった、
という話もあります。

現状の極東の一諸島では石頭層が、
家庭では父親であり、
会社では上司であり、
町会やら、消防団で、主力を占めている
というのが、大変な弊害 の一要素にもなっています。

「日本は借金で財政赤字だ」
「原発がないと電気が足りない」
「事故は、日本の技術で、なんとかなる」
なんて話を信じている。

この悪しき重しとなっている層を、
説得できるだけのデータ、事例、利得を 提示してくれないと、
感覚的に、増税、原発、基地、憲法改正などを
身の危険として感じ取り反対する人たちの運動が
この「悪しき重し」たちのせいで、大きくなれません。

デモに行きたいけど、上司が
反対署名したいけど、夫が
そういう活動してみたいけど、大学にばれると就職が

こういうので、
どれほど「国民との約束を守りたい」議員さんたちが助けを得られないでいるのでしょうか?

石頭の説得材料を、ココロある議員は全員で出して欲しいものですね。
あと、ネット内の、ココロある有能な方々も。。ぜひ、期待しています。



https://twitter.com/kagekineko/status/216738588593881088 志茂田景樹
やはり脱原発のドイツは凄い、太陽光で原発22基分の発電に成功だって、
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/201206240000/


https://twitter.com/nakayamamikio/status/216845934527647744
『大飯原発、
 警報作動は計26回 送電設備2カ所で』
関電で他に32回、大気のゆらぎが原因− 
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012062401001855.html
大気のゆらぎwww 言い訳には もう少し説得力を持たせろよw
大飯原発、操作ミスで警報作動 運転員、電源切る ttp://www.47news.jp/CN/201206/CN2012062801001646.html




https://twitter.com/8bit_HORIJUN/status/216857321207365635
ロサンゼルスから南におよそ100`離れた場所にあるSan Onofre原子力発電所が再稼働問題に揺れている。
電力会社エジソンが運営する このSan Onofre原発では
今年1月、大飯原発で使われているものと同型の水蒸気発生装置に不具合が発生。
配管に欠陥が見つかり2号機と3号機が停止中だ。

https://twitter.com/nakayamamikio/status/216859198074527744
サンオノフレ原発と大飯原発はどちらも三菱重工です。


https://twitter.com/kazumyagu/status/216845936444452865
そもそも日本がこんな事態になったのは、
原発利権にどっぷりつかった奴らが、再生エネルギーにシフトするチャンスを先送りにしてきた結果だ。
決して、反原発のせいではない。

https://twitter.com/wakas_agi/status/216800586258055168
このニッポンという国はね、
原発を爆発させた上に、
そのために自宅に住めなくなった人たちを
何ヶ月も体育館に押し込めてダンボールの囲いの中に住まわせていたんだよ。
1年以上過ぎた今でも、使わなくなった学校の教室に住まわせて平気でいるんだよ。
犯人たちには以前と変わらない暮らしをさせながら。

https://twitter.com/m_pokorin/status/217388715268509696
調べれば分かります。
知ろうとすれば情報は得られます。
嘘も沢山あるけれど、
惑わされない力も養われます。
根気よく知っていくことを諦めないで。


https://twitter.com/RESISTANCE_K/status/217272719752957952
デモに参加できる人は声を上げよう。
逃げることが出来る人は逃げる。
署名でもいい。
危険な物を買わない事でもいい。
学校や自自体への呼びかけでもいい。
知り合いに伝えることでもいい。
全てアクション。
行動してる人は皆 戦っている。
無関心が一番の罪だ。

https://twitter.com/ykabasawa/status/218281731864801281
行っても行かなくても結果は同じという意見もある。
確かにそうかもしれない。
それ程に簡単な話ではないことも皆が分かっている。
だからこそ 過去にない形を起こして、可能性を模索したい とも思っている。

https://twitter.com/streunendekatze/status/218275517315559425
東電新幹部、福島県庁訪問。まるで茶番だ。
原発事故が起きてから幹部が変わるのは、3回目。
完全に責任を曖昧にし、賠償から逃れるのはミエミエ。
一方、佐藤雄平。
被害者面しているが、すべて自分がすべきことも東電に丸投げ、
東電の賠償が入っても県の財貨に、被災者には何もない。
[中通り通信]

https://twitter.com/anmintei/status/219438482362343424
埼玉県などに全町避難している双葉町の井戸川克隆町長は大飯原発の地元に対し
「交付金のため働く場のためという気持ちは分かるが
 我々は交付金で建てた施設を全部置き去りに裸一貫で避難している。
 もう福島の事故を忘れたのか。わびしさを感じる」
と話した.
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000m040089000c3.html

https://twitter.com/MinamisomaOyama/status/217564238422605825
富者に優しく、貧者に厳しく。
原発に甘く、被爆者に冷たく。
米中に頭を垂れ、国民を足蹴にする。
早く主権者たる人間になりたい!
“@bem:
 はっきり言えることは、消費税が導入されて22年。
 その税収は総額224兆円。そして減額された法人3税は208兆円、ということです。

https://twitter.com/nakayamamikio/status/218663999825395713
政府は、たかが10万人だとか、人口の1%にもならないと思ってるかもしれないが、
参加したくてもいろいろな事情があって実際に参加できるのは数百分の1だってことを忘れている。
10万人の何百倍もの人たちが怒っているんだ。

https://twitter.com/itoshunya/status/218817466447560705
官邸前のデモから帰った小学生の息子が、
福島であれだけの事故が起きて原発がコントロール出来ないのが分かっていながら動かすのは犯罪だ
と言っていた。
そういえば息子は官邸前で「再稼働犯罪!」と声を上げていた。
子どもには、馴染みのない「稼働」の言葉より、まさしく理解しやすい「犯罪」なのだ。


https://twitter.com/nakayamamikio/status/218829135412334592
事故が起きても被害の責任は取らない。
福島原発が地震で壊れた事を認めず、原因は津波としながら防潮堤のない大飯原発を安全と騙る極悪人。
『野田首相、原発事故の責任を取らないと閣議決定』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120629-00000301-kinyobi-pol

https://twitter.com/nakayamamikio/status/218833776241938432
これほどの国民の声を『大きな音』としか感じない野田首相は頭がイカれている。
人間性の欠片も感じない。
そんなイカれた首相が大飯原発は安全ですと言っても信用できるはずがない。
野田氏こそ『官僚の文書の音読機械』じゃないか。

https://twitter.com/nakayamamikio/status/219431991962112000
日本の政治は民意に背いて大飯原発再稼働と消費税値上げを強行した。
マニフェストを破り、
国民の声を『音』と侮辱し、
放射能情報を隠蔽し、
放射能を意図的に拡散し、
子供を被曝から守らなかった。
民主党と自由民主党の『民主』は党名詐欺だ。

https://twitter.com/Libertygranny/status/219576362778886144
大飯の様子を見ていました。
フランス、イギリスアメリカなどなど諸外国のメヂアが反原発を取り上げ、
70%の国民が反対していることも取り上げています。
今や独裁政治日本と烙印を押されてしまったと感じます。

https://twitter.com/nakayamamikio/status/219587733591560192
国民の声を音だと侮辱し、
民意に背いて大飯原発再稼働と消費税値上げを強行する政府は
一部権力者が動かす独裁政権。
放射能情報を隠蔽して国民を被曝させ、子供も守らない。
まるでテロ組織。
選挙で勝てば何をしてもいいのか。良心はないのか。

https://twitter.com/kamitori/status/219564054547677184
千葉県と茨城県の掃除機のチリから放射性物質(NHK)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120702/k10013252681000.html
比較的高い濃度の放射性セシウムが検出され、調査を行った生活協同組合は
「乳幼児がいる家庭などではこまめに掃除をすることが大切だ」
と指摘。
何周遅れの話をし始めるつもりなんだろうね

https://twitter.com/nakayamamikio/status/219586469029871618
関東の一般家庭で掃除機から高濃度セシウムが検出される汚染国家日本。
それなのに危険な大飯原発を4年後の安全対策まで地震と津波が来るなと祈って動かす馬鹿国家。

https://twitter.com/shitakeo_cs137/status/219587243063513088
「千葉県流山市の1つの家庭で2万201ベクレル、
 茨城県牛久市の1つの家庭で1万4531ベクレルと、
 焼却灰埋め立ての際の国の基準、8000ベクレルを上回る値が検出」

https://twitter.com/anmintei/status/219969924095934464
日本の法律や規則は、その陰に、権限を持つものが、隠れるために作られている。
規則通りやった、と言い訳するために。
だから、あんなにも、複雑怪奇で意味不明なのだ。
しかも、法や規則に触れた場合にも、「立場上、仕方なかった」と言い訳して逃げる。 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012062802000125.html
東京新聞:検事不起訴 身内に甘すぎる処分だ:社説・コラム(TOKYO Web)


https://twitter.com/kamitori/status/219896866148597761
【手塚治虫インタビュー】 『ぼくも原発に反対です!』
http://www.laputa-jp.com/school/teduka.html
「ぼくも原発に反対です。はっきりそう書いてください!!」



https://twitter.com/streunendekatze/status/220091885027471361
7月3日の放射能高線量測定地域【大熊町】*単位はμSV、()内は前回比。
夫沢三区地区 35.33(0.8)
小入野地区公民館 27.93(0.34)
夫沢二区地区 22.07(0.59)
大熊町小学校 18.26(0.09)

https://twitter.com/streunendekatze/status/220091963947495424
7月3日の放射能高線量測定地域【浪江町】*単位はμSV、()内は前回比。
小丸集会所 26.85(0.66)
昼曽根屯所 15.14(0.17)
陶芸の杜 14.68(0.46)
大柿郵便局 13.67(0.25)

https://twitter.com/streunendekatze/status/220095719053336576
浪江町の馬場町長、東電に怒り
原発事故の直後に浪江町に通報すべきだったことをしなかったとして、
東電に理由などについて回答を求めていたが、
東電は「まだ確認の途中」といいかげんに答えた事に、馬場町長の怒りが爆発!
現在2回目の会議ちう。
[中通り通信]

https://twitter.com/nakayamamikio/status/220105465491750912
原発事故で いまだに多くの福島県民が これほどにも高い放射線量の被害に苦しんでいるのに、
周囲は あまりにも無関心だ。話題にさえならない。
まるで原発事故が遠い過去の出来事かのような風潮に無性に腹が立つ。
政府の策略の成功だろうか。


大飯原発デモに行ってきた - メルセゲルのブログ
http://d.hatena.ne.jp/mytestdone/20120703/1341302633

大飯原発デモのバリケードから歩いて10分、ノーガードの裏口 - メルセゲルのブログ
http://d.hatena.ne.jp/mytestdone/20120703/1341303135

【福井発】 大飯原発が再起動した日、機動隊が攻め込んできた : 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004612

【福井発】 祭りのノリ「命を守れ」 原発停める新しい闘い : 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004618

大飯原発再稼働開始と6.29首相官邸前抗議15万人の映像集 : contemporary navigation
http://ccplus.exblog.jp/18291797


http://ccplus.exblog.jp/18283949
2012/06/29首相官邸前の大飯原発再稼働反対抗議ですが、先週とは比べ物にならない位の凄い人でした。
まさに、桁が違うというのはこのこと。

筆者が現場に到着したのが、7時40分頃
その時点で、官邸周辺は、
見えている範囲だけで国立競技場で行われるサッカーの代表戦を上回る人出でした。
ということは、その時点で6万人以上は確実に居たということです。

累計合わせれば、10万人は軽く突破していたと思います。
主催者側の発表の15万人〜20万人というのも、それほど誇張ではないと思います。
警視庁発表の17000人というのは、鼻で笑える数値ですね。

今回のデモ、かつてのデモとは全く様相が異なっているようです。

それは、参加している90%以上が一般の人で、ほとんどが会社帰りの普通の人であるということです。
会社帰りの人が同僚と飲みに行く替わりに首相官邸前に来た。
あるいは、首相官邸前に行ってから、これをネタに飲みに行く。
そういう感じであるということです。

一番似ているのは、ワールドカップサッカーの際の日本代表の試合の時の街の様子と極めて似ています。
あの体験は、私達にとって極めて有効だったと思います。


http://desuperado.seesaa.net/article/278595392.html
イロイロと熱い夏になりそうなんだが、
とりあえず、友人誘って、デモに行こかな。

ビール片手にイカ丸焼きでw
「真面目」は息継ぎしんどいのでw

今年の夏祭りは、そんな感じでw



そして今日の話は こちらを

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%85%92
夏子の酒 - Wikipedia
というマンガが有る。
ドラマにもなったので知っている人も少なくないだろう。
作者の尾瀬あきらは「夏子の酒」の直後のマンガこそ 実は もっと衝撃的なモノを書いている。
当時に俺は 極めて強い関心を持って読んでいたマンガだった。


尾瀬あきら - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E7%80%AC%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89
ぼくの村の話 - 『モーニング』(1991年 - 1993年)

成田空港建設に伴う三里塚闘争を、
農民側の視点で1960年代の候補地策定から東峰十字路事件発生直後までの闘争を、
作者の入念な取材を基に辿った作品。
エピローグで、1990年代の円卓会議と政府の謝罪が行われたことが描かれている。

「ぼく」は作中のストーリーテラーで実質的な主人公の押坂哲平とされており、
彼が小学5年生から高校1年生へ成長する間の出来事を、
連載時点で成人(30歳代)となっている彼が回想する形で物語が展開されている。

連載当時、御料牧場の風景などを1970年代に刊行された写真集を参考に模写したものがあり、
著作権者に対して許諾を取らず無断で掲載したことが問題となった。
これはNHKのニュース番組でも報道された。単行本では出典が明記されている。

本作は前作『夏子の酒』と異なり講談社漫画文庫化はされていない。
単行本は再版されずに絶版となったが、
復刊ドットコムの投票結果などから2008年にコミックパークでのオンデマンド出版による再版が実現している。
当時 内容の凄さ その題材であるが故に 不思議な攻撃を受けまくったからこそ
俺は とても強い関心を持って読み続けた。

不思議に 再販すらされない経過を辿る にまで至る、その内容を 今となって探すは 結構に難しい。

http://www008.upp.so-net.ne.jp/ozex/sakuhinsyu02.html
ぼくの村の話

「ぼくの村」は千葉県成田市にある三里塚という所です。
この村にある日突然、なんの断りもなく空港建設の計画が国によって決められます。
「夏子の酒」を描いている時に ふと観たドキュメンタリーで、
この村の おっかあたち が わが身を鎖で木に縛りつけて抵抗するシーンがあり、
それを観て、涙が こぼれました。
そして次は絶対この話を描くと決めました。
ヒットはしませんでしたが この作品で得たものは、自分の身に余るものでした。

この作品は入手困難となりました
ダウンロード販売のみで再販されている。

検索を掛けると
目も当てられないほど下品で愚劣なコメントの数々。2 | 憂いの果てに
の如きモノが大量に出てくる。
つまり このマンガ 尾瀬あきら の ぼくの村の話 が
如何に 「そ う い う モ ノ」だったのかを 逆に知らしめてくれる。

ちなみに やはり不思議にwikipediaの項目も無い。 非常に分かりやすいですなぁ。

それ故に検索は
それ以上に激しい工作と操作が行われていることすら
誰にでも即座に分かる状況である。

「連中は そこまでする」という事を絶対に忘れないで欲しい。
仕掛けてくる時は 一切に容赦も無く ここまでする。

不思議な経緯を辿り 不思議に連載が打ち切られざるを得なくなり
バブル直後に描かれる という其処まで昔でもなく
夏子の酒という極めて有名なマンガの直後に描かれたのに
ここまで不思議に周知が進まない ネットの日本語圏でも内容が知られる事が極めて難しい
それが "ぼくの村の話" "尾瀬あきら" というマンガがである。

21世紀の今 2010年代の今だからこそ 是非に読むべきマンガとなっている。
旧式左翼や宗教右翼カルト というフィルターの先に有るモノは
全てに今の眼前そのものへ必ずに通じるモノだからね。

そして やはり相変わらずに
サブカル系に強いはずの個人とされるニュースサイト群やニュー速系2chコピペサイトは
絶対に このマンガへ触れない。

相も変わらぬ カルトの狂信的な下僕そのものなくせして
こういう記事をリンクして行けば免罪符に出来る とか不思議に信じているんだろうねぇw

ttp://news.yastoro.com/archives/5642737.html
相当ヤバい事になってるのに話題度低い福島原発の原子炉 (かーずSP)
小沢西松陸山会事件の発生以来に 宗教右翼カルトの狂信的な下僕達は
今尚に 己が残虐行為が如何なる惨劇を生みだしているのか? が全くに理解できていないのは
あまりに明白である。 哀れな者達だ。


http://twitter.com/usachanko/status/214360099362324480
役人とか企業とか、一度決めたことは絶対に曲げないよ。
ってセリフが、三里塚闘争を描いたマンガ「ぼくの村の話」にあった。

http://twitter.com/Troopicalismoo/status/218667414173384706
反原発を叫ぶ友人達に「ぼくの村の話」を読んでもらいたい。
三里塚闘争を描いた漫画なのだが、きっと何かしらの力になると思う。

http://twitter.com/FTR_achaco/status/219443415845306369
漫画『ぼくの村の話』を読んだ時、
これほどはらわたの煮えくりかえる漫画は無いと思った。
必死で「空港反対!」と叫ぶ農民を機動隊が無慈悲に排除していく。
やがて先祖代々の田畑は国によって強制収用され、
ブルドーザーで削られ変わり果てた姿になってしまう。
いまの脱原発運動と通じるものがある。


ぼくの村の話 (1) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_001

ぼくの村の話 (2) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_002

ぼくの村の話 (3) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_003

ぼくの村の話 (4) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_004

ぼくの村の話 (5) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_005

ぼくの村の話 (6) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_006

ぼくの村の話 (7) - 立ち読み・試し読み(20ページ無料)|コミックパーク
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_AKC00135_007


ttp://d.hatena.ne.jp/maxima/20080702/p3
尾瀬さんは 極めて「農民」寄り、「農民」視点で書いている。

だが当時の農民が頼れる組織というのが、
結局に中核派や第四インターなどのいわゆる過激な連中しかなかったのも事実で。
当時の並み居る野党は早くに手を引き、
政治の場での、話し合いでの解決が望めない状況に陥ってしまったのです。

で、この闘争が どういう顛末かを未来に生まれたオイラは知っているんで、
はっきり言って読んでてつらいんですよ。

結末がどうなるかわかってなかったら、
農民たちが不当逮捕されたり機動隊に殴られたりするような悲惨な場面でも
「ああ、カタルシスのための前フリだよな」
で納得して読み進められるんですが。

この漫画は、そういう意味でのカタルシスはないです。
砦も地下壕もばあさんの民家もみな、
代執行という名の暴力のもとに破壊、蹂躙、駆逐、舗装されてしまう。

村のなかも、反対派と条件派(国の言う補償金や代替地などの条件で折り合って、土地を売った人)とで
分断され、かつて互いに信頼しあっていたコミュニティは影もかたちもなくなってしまう。

つらいからこそ、目をそむけてはいけないことなんでしょうけれど。

この国の お上体質というか、
上が決めたことは国民がいかに理不尽でいかにムダだらけだと思っても
ある種のあきらめ・無気力的な対応でもって結局に流されて
そのまま押し通されてしまうところを、
まざまざと意識せざるをえません。

……つか いまだにその構図は変わってないしな。

ただまあ、成田空港問題が過激派がらみの文脈で語られることが多いなか、
徹底して農民視点で、それこそ減反などの農業政策にまで触れながら書いた部分は、
もっと評価されていいと思います。


http://blogs.dion.ne.jp/yuize/archives/7186635.html
1978年5月21日、成田空港が開港している。

地元農民は土地を失うことや騒音問題から反発を強め、
「三里塚・芝山連合空港反対同盟」を結成し過激な反対活動を展開した。
これに新左翼の一部が加わり、反対運動は過熱していった。






尾瀬あきら「ぼくの村の話」 - こんなんみっけ
http://blogs.yahoo.co.jp/y_sirais/11865311.html

米軍普天間飛行場の移設問題に関し、
官房長官が「法律的にやれる場合もある」と発言したときに、
真っ先に脳裏に浮かんだのが成田闘争でした。

成田三里塚
ここには天皇家の御料牧場があり、
その周りには多くの農民が暮らしていました。
まぁ そういう事です。
天皇という支配統制の道具の下に居る連中は言う事を聞かない方がオカシイ
という理屈が猛然と働いたんですよ。
天皇ですら道具でしかないカルト集団の連中の邪な涎のままに動いている それだけなんですよね。



ここに成田空港建設の話が持ち上がります。

これに対し住民たちは反対運動を起こします。
しかし国は強制代執行を発令、暴力で住民を排除。
やがては死者もでるなど、過激な闘争に発展しました。

当時、この模様は毎日のようにニュースなどで報道されていました。

http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/59/42/y_sirais/folder/241236/img_241236_11865311_1?1291326510
国にとって、もはや住民は子供だろうが老人だろうが、
すべてが敵だった。
小学生も警棒で殴られた。


http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/59/42/y_sirais/folder/241236/img_241236_11865311_2?1291326510
先祖代々、村を見守ってきた大木を伐採しようとする国。
これを阻止するために木に登り反対する女性たち。
彼女たちを木の上に残したまま、重機は大木を押し倒す。
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/59/42/y_sirais/folder/241236/img_241236_11865311_3?1291326510
このほかにも、
自らの命と引き換えに死んでいった青年の実際の遺書など、
当時の国が行った悲惨な実態が忠実に描かれています。

連載当時、単行本化されましたが、
それ以後は一度も一般書店に並ぶ形での復刻はなされていません。

おそらくは何かしらの圧力がかかっているのかな?

今の政党も、当時の政党と同じ道を歩もうとしているのでしょうか。
元々は隣の富里に作られる計画だったのですが、住民の反対運動が巻き起こり、
急転直下で成田三里塚に決定されました。
三里塚の人たちは、朝起きたら自分たちの土地に空港が出来ることになっていたということです。

三里塚の農民は、ほとんどが開拓農民だったので、
国はお金を渡し、代替地を用意すればすぐに移住してくれると思ったのでしょう。

この作品が連載されている時でも、それなりの圧力がかかっていたらしいです。
2010/1/28(木) 午後 6:58 [ ヌクヌク ]
それはネットの情報流通の流れ 其の痕跡を見れば
何処の どういう集団の連中が どういう意図を持って工作や圧力などなどの暴虐をしてきたか
今となっては丸分かりである。
宗教右翼カルトが如何に動きまくっていたか 丸分かりである。


ヌクヌクさん>
やっぱり当時から…ねぇ…
2010/1/28(木) 午後 7:29


成田空港建設を巡る三里塚闘争を描いたマンガ「ぼくの村の話」(尾瀬あきら)を読む その1
http://plaza.rakuten.co.jp/wakubuku/diary/201202230002/


成田空港建設を巡る三里塚闘争を描いたマンガ「ぼくの村の話」(尾瀬あきら)を読む その2
http://plaza.rakuten.co.jp/wakubuku/diary/201202270002/


成田空港建設を巡る三里塚闘争を描いたマンガ「ぼくの村の話」(尾瀬あきら)を読む その3
http://plaza.rakuten.co.jp/wakubuku/diary/201203010002/


成田空港建設を巡る三里塚闘争を描いたマンガ「ぼくの村の話」(尾瀬あきら)を読む その4
http://plaza.rakuten.co.jp/wakubuku/diary/201203080002/


「ぼくの村の話」復刊を: 不条理日記 
http://himadesu.seesaa.net/article/9234755.html

夏子が色男に射止められて「夏子の酒」の連載が終了し、
しばらくしてから同じ作者による新連載が始まった。
第一回目から期待して読みはじめたのだが、
ただの農村の少年の生活がテーマなのかなあ?と興味を失いかけた。

ところがラストの数ページ。 こういうシーンとなる。

ある夜半、
主人公の「哲平」がクラスメートの「真由」と、
夜な夜な駆け回っているという幻の「白い馬」を見るために「御料牧場」に忍びこんでいたとき、
自宅では「哲平」の祖父がぼんやりテレビを見ていると、驚愕のニュースが流れた。
「・・・次のニュースです。かねてより千葉県旛田郡冨野村・蜂谷町に建設が予定されながら、
 住民の根強い反対運動にあって暗礁に乗りあげた形となっていた新東都国際空港は、
 今日の加藤首相と友名千葉県知事の会談の中で・・・
 空港予定地を千葉県茂田市三野塚に変更するとの結論に達しました」

「この急転直下の三野塚案はその理由として
 冨野の反対運動が治安問題にも発展しかねないこと
 また羽田空港の能力が限界に近づいていることなど・・・」

祖父の表情は見る間に緊張していった。
「ぼくらが白い馬を見た日――
 ぼくらの知らない人たちが
 ぼくらの村をつぶすことを話しあっていたんだ」

言うまでもなく「冨野村」は「富里」、
「新東都国際空港」は「新東京国際空港」、
「加藤首相」は「佐藤首相」、
「茂田」は「成田」、
「三野塚」は「三里塚」をもじったものである。

「この話か・・・!」
武蔵野線のドアにだらしなく寄りかかって読んでいたのだが、
思わず鳥肌が立ってきたことを憶えている。

このマンガは成田闘争について全く知らなかった俺にとって
(もちろん現在でも知っているとは言えないが)、格好の入門書になった。

このマンガは単に農民や学生が国家権力と戦う姿を描いているだけではなく、
貧しさから土地を手放さざるを得ない農民、
事情から「条件派」に鞍替えせざるを得ない農民の苦しみも描かれている。

戦後に三里塚を開拓した農民の苦しみは、
(俺が思っていたような)空港さえ阻止すれば解消するような単純なことではなかったのである。

また農民を追い詰めることに苦悩しながら土地収用を進めざるを得ない公団職員の葛藤は圧巻だった。

http://himadesu.seesaa.net/article/9628129.html
成田空港を利用するたびに、
なんであんな遠くに首都圏在住者のための国際空港を作ったのか?
と疑問に思う。

俺は成田に行くときは京成スカイライナー(片道1920円)を利用しているが、
年間数千万人があの空港を訪れることによる経済的損失は莫大なものではないか?
羽田がパンク状態だったそうだが、なぜ成田に作らなければならなかったのか?

だいたい「羽田がパンク状態だった」というのが そもそもに一種の錯覚だったのであるが。

「新東京国際空港」の建設地が成田に決定する以前は、
近くの富里村に建設する予定だったが、地元農民の強硬な反対によって撤回された
(富里村は成田市三里塚のような開拓農村ではなかった。
 政府には、三里塚の事情が空港建設を容易ならしめるのではないか
 という身勝手な見通しがあったのである)。

驚いたことに茨城県の霞ヶ浦の一部を埋め立てて建設する構想もあったという
(これも地元の反対と、地質調査によって適さないことが判明し撤回)。
東京や埼玉、神奈川に在住の人で霞ヶ浦に行ったことのある人なら、
あそこがどれだけ遠いか分かるはずである。

そもそも、富里や霞ヶ浦や成田よりも
ずっと都心に近い横田や厚木の広大な土地が
どこかの国の軍隊に占拠されている不条理に向き合うことが先ではないか?

しかし当時も現在も変わらぬ
日本の病的なアメリカへの追従が、
あのような馬鹿げた土木工事を行わせてしまったのである。

・・・成田闘争は1966年の計画発表の当初から激しく展開し、
ガキだった俺もテレビのニュースで岩山大鉄塔を巡る攻防などを興味深く見守っていた。
そういう俺にとって1978年3月26日の事件は血が騒ぐものだった。

開港を4日後に控えた その日、
空港反対の活動家のグループが成田空港の管制塔に侵入・占拠し、内部の設備を徹底的に破壊した。
しかし開港は1ヶ月と20日間遅延しただけだった。
恐らくは関連する業者が不眠不休の体制で修理を行い開港に間に合わせたのだろう。

ガキのころは想像することはなかったが、
今にして思えば、作り上げたばかりの物を破壊され、
大至急もう一度作り直さなければならないとは、
精神的なショックもただ事ではなかっただろう。

たとえば管制のための監視操作卓、計器類も破壊されたであろうが、
俺は以前その方面の仕事をしていたので、この復旧がどれだけ大変か想像がつく。
まず組み上げるだけでも大変である(俺は組立ラインの経験はないが)。
そしてランプ、スイッチ、計器類の動作試験を行い、
それから現場とのインターフェース試験を全点やり直さねばならないではないか!
こんな大変な作業を1ヵ月と少々でやり遂げた技術者の方々の奮闘には頭が下がるものである。
といっても あの事件は溜飲の下がるものであったことに変わりはない

当時、このニュースに狂喜している俺を「頭が狂ったのか?」と叱った父も、
「こんなゲリラ事件ばかり起こるところに空港なんか作らない方がいいかも・・・」
と呟いていた。

この事件より前のことだが、
新聞に「19××年、成田空港建設断念、残るは廃墟のみ」という一コママンガが載っていた。
当時(70年代後半)、表向きはともかく胸のうちではみんな成田空港建設をウザく感じていたように思う。
残念ながら実質上アメリカの属国とも言える この国の政府が
建設を強行した空港は完成してしまったのだが。
(ちなみに この国のアメリカとの異常な関係は、
 民間航空機に横田空域という屈辱的かつ極めて危険な航空路を強いている)
「1960年代に入ってから、羽田空港の狭隘化ということがますます主張されることになり、新しい首都圏の国際空港の立地を求めるという動きが活発化していった。その背景には、民間航空の拡大ということがよく挙げられるが、基本的には軍事目的が主たる要因であった。とくに、アメリカがヴェトナム戦争の泥沼に入っていく過程で、兵員、武器輸送の中継地としての重要性がとみに高まっていったということが、羽田空港狭隘化の主な原因だったのである。1967年頃には、米軍チャーター機の羽田空港での離着陸回数は月200機に上っている。

個人的な次元のことになるが、私もこのことを身を持って体験したという苦い経験をもっている。当時、私はシカゴ大学で教えていたが、ヴェトナム戦争の拡大にともなって、家族を日本に帰して、年に何回か、シカゴに出掛けるという生活をしていた。ところが、羽田からシカゴへの直行便には必ず、大ぜいのアメリカ兵たちが乗っていた。アメリカ軍がヴェトナムでジェノサイドともいうべき残忍な虐殺をおこなっていたときで、乗り合わせたアメリカ兵の一人一人が不気味な雰囲気を撒き散らしていた。どの便にも民間人はほんの少数であって、私たちは息をのんで、シカゴに着くまでの十数時間を恐怖におののきながらすごしたのであった。私はそれ以来、現在にいたるまで飛行機に乗るたびに、ヴェトナム戦争の頃のことを思い出して、当時の恐怖感が甦り、飛行機に対して強い嫌悪感をもたざるをえない」
(岩波新書216 宇沢弘文/著「『成田』とはなにか 戦後日本の悲劇」P-74〜75より)

アメリカの行ったベトナムなどへの侵略戦争は、
ベトナムの民衆を虐殺し続けるだけではなく、
この国の農民の土地を強奪し空港を建設させ、
現在でも首都圏の人間に負担を強いることにも繋がっていった
と言えるだろう。

成田空港など作らせてはならなかったのである。
成田空港を利用することもある身だが、
反対運動を続けていた農民、活動家たちを支持する。

また、わずか二ヶ月弱開港を遅らせたに過ぎないが、
管制塔を破壊した活動家たちに対する個人的な共感は捨てられない。

ところで彼らの刑期は終わっているが(一名は自殺)、民事上の追及は終わっていなかった。
彼らに賠償を要求していた空港公団は今年7月5日、
時効の直前になって彼らの財産や給料に対する差し押さえの手続きを行うという暴挙に出た。
法的には問題のないことだが なんとも納得しがたい仕打ちである。
宗教右翼カルトらしいヤクザの暴虐そのものである。
宗教右翼カルトと旧式左翼の因縁が如何なる事か分かる。

しかしかつての活動家仲間や、「旗旗」などのブログにてカンパを集める呼びかけが行われ、
わずか4ヶ月で1億300万円のカンパが集まり、
今月2005年11月11日、元活動家らが国土交通省を訪れ賠償額を完済した。
カンパしなかった俺がいうのもなんだが、おめでとうございます


http://www.media-paradigm.co.jp/~hatoma/10_cd_books/ozeakira1.html
尾瀬あきら氏インタビュー(2001.12.08 神田「新八」にて)

----三里塚のことを漫画にしたのはいつ?
 『夏子の酒』のあとです。『夏子の酒』のときも、お酒のことをなにも知らなくて入っていってやってくうちに、「あ、これは米作りの話だから、お米のことを勉強しなくちゃいけないな」と。そうすると村のことも勉強しなくちゃいけない。要するに農業を勉強していくうちに、暗い気持ちになってきちゃったんですよ。そんなときにたまたま三里塚のドキュメンタリーを見て、思わず目頭が熱くなって、「これはひょっとしたらなにかあるんじゃないか。次はこういうのを描きたい」っていって、いきなり三里塚に。おもしろかったですけどね。

----取材が大変だったのでは?
 ちょうどね、シンポジウムが成田であったんですよ。公団と三里塚反対同盟の初めての話し合い。1年間やったんですけど。たまたまその時期とぶつかって、非常にいい勉強になったし取材にもなったんです。初めて三里塚、成田の問題が民主的に取り扱われた、素敵な1年だったんですけどね。そこで知り合ったいろんな人たちの話を聞くと、外から入ってきた人たちの視点も非常におもしろかった。そういう人たちのレクチャーを受けて。

----外から入ってきた人たちの影響力は? 各地のいろんな運動を見ていると、メリットデメリットがいろいろあるようですが。
 外から入ってくるというところからは絶対に逃れられない部分っていうのがあると思います。僕が知っているのは、三里塚の映画をつくった小川紳介っていう助監督。ずっと長くいるんだけど、お百姓さんとすごく親しくなった部分と、「やっぱり自分はそうじゃないんだ」っていう疎外感を内側に持っているんですね。あったかい気持ちと寒い気持ちを両方持ちながら歩いて行くっていうのが、外からやってきた人間なんじゃないかと。それがすごくよくわかったんですけどね。いつまでたっても孤独感は抜けない。どんなに親しくしても、友情とかも充分に感じているんだけど、ふっとそういうのが出てくるときがありますね。だから鳩間でも、鳩間を動かすのが外から来た人たちの力が大きい、でもやっぱり鳩間の人間になれないっていう……。



未だにネットの日本語圏ですら 殆ど中身を知る事が出来ない
「ぼくの村の話」尾瀬あきら を 見る機会が有れば 是非に触れて欲しい と思う。
余談にはなるが この件も置いておこう。



鳩間島(はとまじま)
http://imagic.qee.jp/sima4/okinawa/hatomajima.html

『子乞い・沖縄孤島の歳月』(森口豁[もりぐちかつ]著)という本は
鳩間島を通して過疎の問題を取り上げたノンフィクション作品です。
人口の減少によって存続が危ぶまれる島の小・中学校。そして廃校を食い止めた里親制度。
社会から切り離されそうな地域と社会に背を向ける子供達の話は、
日本全体が抱える問題でもありました。


2005年にTV放映されたドラマ「瑠璃の島」(日本テレビ)
2001年 - 2004年に連載された漫画「光の島」(尾瀬あきら作・ビッグコミックオリジナル連載)は、
『子乞い』森口 豁が原作になっています。


瑠璃の島 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%91%A0%E7%92%83%E3%81%AE%E5%B3%B6


森口豁『子乞い』読了 「瑠璃の島」原作 - 花咲くよもやま話
http://blogs.yahoo.co.jp/forsythiasuspensa/3375974.html

書評:尾瀬あきら『光の島』(漫画、全8巻)(原作:森口 豁『子乞い』)
http://blog.livedoor.jp/tatsu_vuw/archives/1042923.html

「光の島」鳩間取材で来県/漫画家・尾瀬あきらさん - 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-103446-storytopic-86.html

『光の島』を読む (NewsAttic.com)
http://newsattic.com/d/hl/guang_nodao_wodu_mu.html


森口 豁|やいま×インタビュー - やいまねっと
http://jaima.net/modules/celebrity/index.php?content_id=12

活性化に必要なのは島の自覚とアイディア
結局沖縄全体に言えると思いますが、離島のハンディというのが決定的にあるということ。

農作物にしても肉も魚も、これだけどんどん外国から流れ込んでくる時代に、離島の離島では、かりに働ける人間がいたとして、じゃあ何かをつくって、それを市場まで送り出してものが食えるような体制になるかといえば、まず無理でしょう。

そうすると、手っ取り早く観光ということになるでしょうが、ここまで高齢化しちゃうと、じゃあ観光でやろうかといっても動ける人もいないし、そう考える意欲すら難しいですよね。

島が小さいということは、行政とか都市とか中央とかから島が忘れられていくというのが現実だし、だから人口100人に向けての視点というのが未だに島の人たちの願望であるし、しかし、もう自助努力だけじゃあ活性化しないだろうという部分があるだけに、辛いですよね。

森口
観光客が増えてはいるけど、民宿が2軒から5軒に増えて売店の品物が少しは売れるようになったのが変化で、他はほとんど変わっていませんよね。逆にまた、そういう島だから、わりと良質な観光客が集まる島ではありますね。

里子にしたって、島に子どもを受け入れることができるような世代がいなくなったら、いくら来たいという子がいても、もう駄目になってしまう。子どもが来ることによって学校も廃校にならないで、それが多少なりとも島の活気に繋がっているのであれば、5年先10年先は受け入れ先は大丈夫だろうかとか地域で考えていかなきゃいけないけど、みんな高齢化して、じゃあ里親になれる若い世代が増えつつあるかというとそうじゃないですよね。

学校の百年誌に書いたのですが、80年代の初めからこの20年あまり、次から次へと子どもたちがやって来て、その子どもたちが島に来て自分を取り戻してまた帰っていくわけですよ。これはいったい何なんだ、というのを島が自覚して、体制を整えたらどうだろう、と。

また、産業に代わるものとして、季節的なものでもいいんだけど、老人ホームのようなものをつくって受入体制をつくる、当然学校の生徒もそういう施設を使えるようにする、そこで老人と子どもの触れ合いというのもできて、お互いにいいんじゃないか。雇用も拡大する。…そういうことを鳩間でやっていくと面白いんじゃないかと思いますね。そういう施設に国が助成していく制度があるはずだから、そういうのを活用して。

なにしろ鳩間には‘本物の癒し’があるわけですから…。


島人と観光客・移住者の落差 鳩間島から見えるもの@
http://jaima.net/modules/readings/index.php?content_id=14

政治や行政が動いている感じは欠片も無いな。
所詮に沖縄はアメリカの植民地の下で ニホンジンのニホンの支配統制の下で
離島の少数の者達は今も平然と切り捨て続けてきている訳だ。


というわけで そういうのを色々と踏まえた上で
ようやくブログでは更新をした この人のを読むと非常に感慨深い。


主催者発表数と警察発表数とか - カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20120630/1341076699

https://twitter.com/kamayan1192



「連中は 如何なる残虐行為でもする」

其の時が来たら 必ず叫びだすだろう
“ネットが悪い”とね。 “ネットの日本語圏の下士官層 が悪い”とね。
事実上の戒厳令 事実上の非常事態宣言 を利用して
大量虐殺と民族浄化を冷酷に仕掛ける準備は整っている。

https://twitter.com/kiraramaron/status/220354687273144320
アラブの春は絶賛!
RT @Inakamon_jiji: 政府もツイッターの影響力を無視できなくなったか、
今朝の朝ズバでもNHKでも、暗に「ネットで繋がる危険な運動家達の策動」的な放映ぶりだ。
アホばか民主党政府のことだ、
こうなると、ツイッター規制法案が出てきても不思議はないぞ。


その阿鼻驚嘆を無視して
宗教右翼カルト そしてニホンジンの右手と左手の構図は
そうやって平然と一般民衆を裏切って自分達だけ美味しい生活を掴み取っていくだろう。

過去の経験を今に伝えてくれず
それどころか むざむざと死ぬ者達を冷酷に見届ける。
まぁ それが陰惨な内戦そのものだ。

哀しいね。








http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/387.html
2012年07月02日 天木直人のブログ
http://www.amakiblog.com/archives/2012/07/02/
国民の大多数が反対する消費税増税がなぜ強行されるのか。
福島原発事故の収束さえも出来ない中で原発再稼動がなぜ強行されるのか。
沖縄住民を危険にさらす米海兵隊の輸送機オスプレイが住民の反対を押し切ってまでなぜ強行配備されるのか。
野田佳彦という凡庸な政治家がなぜ首相の座にとどまっていられるのか。
そんな凡庸な政治家がなぜここまで反国民的な政策を強行できるのか。
そんな野田首相を財界やメディアはなぜ支持し続けるのか。
そんな野田首相の間違った政治を真っ向から批判する政治家がなぜ小沢一郎一人しかいないのか。
正しい事を主張する小沢一郎がなぜこれほどまでに人格攻撃されるのか。 不当起訴されるのか。
なぜメディアがこぞって小沢一郎を叩くのか。

まともな日本国民であれば、どう考えてもおかしいと思うはずだ。
殆どの 個人とされるニュースサイト群やニュー速系2chコピペサイト群 は
そう思わないようですけどねw だからカルトの狂信的な下僕と言いきっちゃうんですけどね。



http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/403.html
要するに、「本件4億円」等は、実務上及び帳簿体系上“ありえない”ことが判明しました。


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/376.html
「小沢一郎を消せ」と命じた本当の黒幕は誰か?〜鳥越俊太郎氏×長谷川幸洋氏〜週刊ポスト 2012/07/13号 http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11292056542.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/425.html
離党届提出についてのご報告  参議院議員 森ゆうこ 
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/07/post-34e2.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/431.html
財務省主税局と国税庁で一貫して税制改革に携わり、「税と社会保障の一体改革」と「国民総背番号制」を唱え、今の消費増税案の礎を築き上げ、国税庁長官まで上りつめた大武健一郎氏(65)に脱税疑惑が持ち上がった。大武氏の妻・満里子さん(61)が、12冊にも及ぶ夫の現職時代の"黒革の手帳"(1986〜96年の間)を持参し、週刊朝日に告発したのだ。

 中にはビッシリと小さい文字で、小泉純一郎、安倍晋三両元首相ら自民党議員、菅直人前首相、仙谷由人政調会長代行、大蔵省出身の藤井裕久元財務大臣、松本龍元復興相ら民主党議員との面談などのスケジュールや、毎日の感想などが克明に記されていた。

 そして、夫が国税庁長官に就任した2004年までの銀行預金の通帳のコピー、確定申告書控えなどの物証を添え、満里子さんはこう訴えた。

「手帳にあった現金メモの記述は、家に残されていた確定申告音の控え、納税通知書、通帳記載額と照らし合わせても、正確でした。3年間だけで1千万円近くを過少申告し、"脱税"していた疑いが濃厚です」

 税制2課長時代の92年の手帳には講演料、勉強会謝礼など給与外所得(雑所得)と思われる記述があった。合計すると、457万円分になるが、その年の確定申告額は約188万円しかなかった。同様に、93年も360万円分、94年も350万円分が確定申告されていなかった。

 さらに、確定申告されなかった手帳に記された現金メモには興味深い記述があった。

<92年3月14日藤井ひろひさ:5万円><93年10月27日安倍晋三:5万円><94年7月5日松本龍:10万円)など政治家からのものだ。

「故・渡辺美智雄元外務大臣からは92〜94年に計30万円を受け取ったようなメモがありました。夫は家で元外相を"渡辺みっちゃん"と呼び、『今日、ほめられたよ』などとよく自慢していました。政治家の方々からもお小遣いのような現金を頂いていたんだなと驚きました」

 政治家たちは本誌の取材に対し、「20年ほど前のことであり、資料もなく、記憶にもありません」(安倍事務所)、「全く知らない話」(当時は渡辺美智雄氏の秘書だった渡辺喜美議員事務所)などと答えたが、松本氏は事務所を通じ、

「大武氏へ10万円を現金で支払ったのは事実です。当時のスケジュール帳にも同様の記載がありました。松本本人も渡した記憶はあると話していましたが、名目はハッキリ覚えていません。恐らく、勉強会のお車代だと思われます......」

 とコメントした。



http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/449.html
大阪日日新聞の社主論説 「いまこそ、小沢氏に期待する」  
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1185.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/422.html
マスコミは小沢新党を失敗のように言うが、小沢新党は大躍進すると確信した。 (かっちの言い分)
http://31634308.at.webry.info/201207/article_2.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/413.html
「カラスが鳴かない日はあっても 小沢が叩かれない日はないやね」鈴木宗男 週刊ポスト 2012年7月13日号http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/640af97bbd8eacd76d56c06179e583d4


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/428.html
小沢一郎は悪魔なのか 分裂しろ野田と闘う小沢を支持の選挙民 (日刊ゲンダイ) 
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6242.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/369.html
小沢新党の発足と共に、こんなはずでなかった民主党の凋落が加速する。(かっちの言い分) 
http://31634308.at.webry.info/201207/article_1.html


鳩山元首相に党員資格停止6ヵ月 「どちらが造反なんだ」 : 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004623






posted by 誠 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。