https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年11月18日

TPP とは北方領土や在日米軍と同じ構造で、ニホンジンのコッカのニホンに属する連中こそが最も欲しがっている。

米国版「決められない政治」 (田中良紹の「国会探検」)
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/11/post_323.html
アメリカ大統領選挙は接戦を制してオバマ大統領が再選された。
現職大統領の再選は通常の事だが、
しかしオバマの場合には4年前の期待値が高すぎ、それに足を取られて再選が危ぶまれた。
「チェンジ」に期待した国民が期待した分失望を味わったのである。

それでもオバマが勝利できたのは共和党に大きな問題があった と私は思う。
かつての共和党は予備選挙の段階までは宗教保守派の熱烈な選挙運動を取り込んで利用したが、
一般の国民を相手にする本選挙ではイデオロギーを抑え中道に寄る姿勢を鮮明にした。

ところが民主党のクリントン大統領は
「ニュー・デモクラット」と称してリベラル色を抑え、共和党の主張である「小さな政府」を標榜した。
すると その頃から共和党は更に右へシフトをしてしまった。
「伝統的価値観」に基いて中絶禁止や同性婚の反対を強調し、
ティーパーティなど草の根運動を通してオバマの政策を「社会主義」と攻撃した。

しかし保守イデオロギーを出し過ぎれば一般の国民には受け入れられない。
共和党の大統領候補に選ばれたのは穏健な中道派のロムニーであった。
それでも共和党は宗教保守派にも一定の配慮をしなければ大統領選挙を戦えない。

その間に民主党支持者を固く結束させたオバマ陣営の戦術に敗れた。

2000年の共和党ブッシュ対民主党ゴアの選挙では、
共和党のブッシュ陣営が「マイノリティに優しいブッシュ」という演出を凝らし、
有権者人口の1割を占めるヒスパニックを取り込もうとした。

しかし今回の選挙では右派の主張を取り入れたロムニーが移民に厳しい立場をとり、
ヒスパニックはオバマを支持する事になった。
白人人口が減少しマイノリティが増大するアメリカで、共和党は路線を検証し直す必要がある。
とはいえ 誠天調書 2012年11月17日: 極東は核で燃えているか? で書いたミシシッピーバーニングの頃から
“20世紀のイデオロギーの残滓”の先へ進む事 として見る場合に
2.民主主義という政治的成熟 の方だけが先行して進んでいるので
1.大衆社会の経済的社会的成熟 は完全に置き去られている
理由は簡単だ
“一神教で文明人”な欧州を母体として規範としながら
USAは“一神教で蛮族野蛮人”なので
欧州の青い血の如き 1.大衆社会の経済的社会的成熟伝統 が根付くには全く歴史の時間が足りない。
そんな状況下では 1.大衆社会の経済的社会的成熟伝統 の為の政策が霧散するだけなのは
無意味な景気対策を繰り返すニホンジンのコッカのニホンと非常に似た結果しか生まない。
 
アメリカでは間もなく減税策が失効し、予算も強制削減される「財政の崖」が迫っている。
まずオバマ大統領は この問題へ取り組まなければならない。

オバマは4年後に共和党に政権を奪還されないような政権運営を心がけるだろうが、
その際カギとなるのは共和党が過半数を制した連邦議会下院との「ねじれ」である。

2年前の中間選挙で上院と下院に「ねじれ」が生まれて以来、
議会で法案が成立したのは提出された法案のわずか2%だという。
「決められない政治」がアメリカにも起きている。
政治の機能不全は日本だけではないのである。

もっともアメリカ議会に提出される法案は殆どが議員立法で、
日本のように政府提出の法案を審議する国会と単純に比較は出来ない。

「ねじれ」をどう打開するのかが大統領に求められ、
一方の共和党も4年後の政権奪回を目指して「ねじれ」を利用する事が得策なのかどうかを問われる。

アメリカ政治の「ねじれ」を巡る攻防は、同じ問題を抱える日本政治にとっても参考になる。
ただし それを比較するためには、日本とアメリカの政治の仕組みの違いを若干知らなければならない。

それを少し説明する。

アメリカでは
・上院と下院の「ねじれ」と、
・上下両院はねじれなくとも、大統領と議会が「ねじれ」る場合
とがある。
国民のバランス感覚が選挙に現れ、
一方だけが強くなり過ぎないようにするため「ねじれ」は起こる。
そして「ねじれ」がない事の方が珍しい。

しかし政治が機能しなくなれば国民生活に不利益が生じる。

そこでアメリカでは大統領に「伝家の宝刀」とも言える「拒否権」が与えられる。
議会の決定を大統領は拒否できるのである。

ただし「拒否権」も目的と時期を間違えれば、国民からも議会からも批判を浴びる。

またアメリカは議院内閣制でないため、議員に党議拘束は課せられない。
そこで大統領は反対派の議員を口説いて賛成に回らせる事もできる。

従ってアメリカは日本より「ねじれ」に風穴を開ける余地がある。
そういう政治の技術を使えば 衆参のねじれも対応は可能なのだが
ニホンジンのコッカのニホン の 20世紀のイデオロギーの残滓
すなわち一神教で蛮族野蛮人な厳格な階級序列 から抜け出す意味を問う事が出来ない者達は、
安直な談合へと堕ちる。それは調略に堕ちる という意味でしかないのだが。
もっとも大概の場合は 其処まで思考もする事が欠片も出来ない大馬鹿野郎かパラノイアなだけなのだが。

日本はイギリスと同じ議院内閣制で二院制だが、イギリスに「ねじれ」はない。
貴族院は世襲でしかも何らの決定権も持たないからである。

選挙で選ばれた議員には党議拘束が課せられるため、
選挙で多数を得た与党のマニフェストが議会で否定される事はない。
ただ少数意見を尊重するのが民主主義であるため議会は修正のための議論を行う。

悩ましいのは日本である。
イギリスと違って参議院議員も選挙で選ばれ、
しかも衆議院が決定した法案を参議院が否決すると、
衆議院の三分の二の賛成がないと廃案になる。

そのため衆議院と参議院で多数党が異なると政治は何も決められなくなる。
衆議院の過半数によって選ばれた総理が衆議院の三分の二の賛成がないと自分の政策を実現できない
という仕組みは おそらく世界でも例がない。
イギリス議会で貴族院が機能するのは
 欧州の青い血の伝統 という一神教で文明人の歴史背景を持ちつつ
 1.大衆社会の経済的社会的成熟 が進んだ先で
2.民主主義という政治的成熟 という道を進んだ結果である、それも何百年も掛けて だ。

欧州の青い血の伝統 とは似て非なる歴史を持つ極東の一諸島ならば
如何にして 2.民主主義という政治的成熟 を目指して行くか も また手順が違って行くのは当然であろう。
ただただ民主主義を導入すればバラ色の未来が来るはずも無いし
ただただ民主主義を叫べば楽園な未来が約束されるはずも無い。

一神教で文明人な 欧州の青い血の伝統 とは似て非なる
多神教で文明人の社会共同体の 1.大衆社会の経済的社会的成熟 を先行して果たした徳川政権の江戸時代、
の先で 2.民主主義という政治的成熟 を目指して生きていくのならば
そういう前提条件や他国の状況をも参考にして考えて行くべきであろう。

で 俺は その第一歩として 自分達が何者なのか を明確にさせて、
 多神教で文明人の社会共同体の 1.大衆社会の経済的社会的成熟 を果たした徳川政権の江戸時代
 の先で 21世紀の激しく進んだ情報流通の環境の激変
に則して ネットの日本語圏の下士官層 っていう感じの概念を構築して
 “欧州の青い血の伝統 のように上から”ではなく
 “江戸政権時の下級武士に似て非なる の如きな下から”という感じ
の方が、俺達には感覚的に合っている と思うようになったんだよね。

個人ニュースサイトを更新し続けながら
コミケやニコマスやMMDの構造を眺めながら
宗教右翼カルトへの激しい違和感を覚えながら そして下層民として此の社会共同体で生きて行きながら
そんな風に考えて行きながら ね。



2012/11/15(木) 再選して自信をつけたオバマ米大統領は なぜ日本を無視する行動に出たのか - 新ベンチャー革命
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30878931.html


再選したオバマ米大統領の世界外交から 外される日本

2012年11月13日、米ホワイトハウスは、
オバマ再選後、オバマが20ヵ国の首脳に電話したと発表した
という事ですが、その中に日本は含まれていなかったそうです
( ttp://mainichi.jp/select/news/20121114k0000e030200000c.html )

この発表に焦った日本外務省は、
藤崎駐米大使を通じて、早速、ホワイトハウスと掛けあって
14日、オバマvs野田電話会談が実現したようです。

このニュースから分かるのは、
再選後、二期目を迎えるオバマの外交戦略の優先順位において、
日本は20番目以下である ということです。

日本のマスコミは日頃から日米同盟の重要性を強調し、
野田総理も日米同盟の深化を強調してきました。
日本の外務省に至っては、アメリカ様命のごとく、米国に入れ込んでいます。

にもかかわらず、オバマの対日関心は極めて低いという事実が ここに露呈しました。



考えられる理由は以下の通りです。
(1)
権力を持たない野田総理を、既にオバマは野田総理を見放している。

(2)
もはや黄昏日本は二期目オバマの外交戦略の重点的な対象国ではない。

(3)
オバマは極東外交で 日本より中国を重視していることを中国首脳に示すため、
故意に野田総理を無視した。

本ブログでは、上記3つの理由は どれも当てはまるのではないかと推察します。

オバマは日本に関心のないことが露呈しましたが、
これは、外務省の対米外交に問題があるからでしょうか。

本ブログでは、オバマの対日認識の本音を、
 日本は米国戦争屋に私物化された属国という認識であり、
 アンチ戦争屋のオバマにとって、日本は半ば敵国だった
とみなしています。

ただし、オバマ一期目の政権では、
米戦争屋エージェント・ヒラリー・クリントン国務長官がオバマ政権の外交担当だったので、
結果的に、ヒラリー経由の対日外交が展開されていたに過ぎません、
だから、これまでオバマが 日本を半ば敵国として扱っていた ことが表面化しなかっただけといえます。

オバマは個人的に藤崎駐米大使も日本の外務省も快く思っていないはず

既出の藤崎駐米大使は、悪徳ペンタゴンの代表官庁・外務省の人間ですから、
当然ながら、親・戦争屋の大使であり、アンチ戦争屋のオバマとは相いれません。
オバマは そのことを よくわかっているでしょう。
だから、オバマは、ヒラリーとのみ交流してきた藤崎大使
(『非常にムカツク!反・国益官庁・外務省』2009年12月26日
  http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/5622909.html )
を快く思っているわけがありません。

極論すれば、オバマから見て、
ワシントンDCの日本大使館のみならず、その上部組織である日本の外務省も
すべて、米戦争屋一色に見えるのではないでしょうか。

その証拠は
2009年8月、オバマの核廃絶戦略を陰で妨害していたのが、日本の外務省 という事実、
そして、
2009年11月、政権交代直後の日本を訪問したオバマの広島訪問を妨害した張本人が日本の外務省 という事実
が存在します
( 『オバマの核廃絶戦略の足を引っ張っているのは日本?』2009年8月11日
  http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/132190.html

  『2009年オバマの広島訪問を妨害したのは外務省(=米務省)だったとは、広島市民よ怒れ!』
  2011年9月28日http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/26729434.html )


日本の指導層が米国戦争屋一色である限り、オバマ新政権は日本を無視する

オバマ政権第一期は、
米戦争屋のオバマ政権内代弁者・ヒラリーの政権入りを受け入れざるを得なかったので、
米戦争屋に私物化された日本にもオバマ政権は一定程度には関与してきました。

しかしながら、今回の選挙で、
オバマ陣営は米戦争屋(親イスラエル・ネオコン含む)にも勝利したのです。
( 田中宇の国際ニュース解説“ユダヤロビーの敗北”2012年11月12日
  http://tanakanews.com/121112israel.htm )

したがって、再選で違う方向性へ進もうとも出来るオバマは、
外務省を含む日本の指導層の 米戦争屋との癒着から脱却できない限り、
日本に対して、冷淡になるのではないでしょうか。

そして、再選後のオバマは早速、日本を無視する行動に出たと言えます。

米国覇権のダイナミックな交代を全く読めない どころか むしろ反オバマを公然とする外務省は、
そして、米国の日本大使館は、今後、どのように対米外交を進めるつもりなのでしょうか。

そういう意味合いで、オバマ政権にとって、とんでもない日本大使だった藤崎氏の後任へ
わざわざ佐々江氏を選ぶという意味も有るのですが
( 日刊ゲンダイ“外国人に通じない新駐米大使 佐々江賢一郎の貧しい英語力”2012年11月7日
  http://gendai.net/articles/view/syakai/139510 )
日米外交は大丈夫でしょうか。
まぁ だから
最高裁長官の竹ア博允が 小沢裁判の判決直前に わざわざ渡米した のに小沢が無罪になった訳で。
その辺を 石原とか橋下の当人達が分かっているとは思えない からこそ、
インテリジェンス(笑)な皆様は お元気ですか? って俺は言っちゃう訳で。



2012/11/16(金) TPP交渉参加表明で米オバマ新政権に尻尾を振ったつもりの野田総理:中国重視のオバマにハシゴを外される可能性が大 - 新ベンチャー革命
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30885313.html
もし日本政治に対する選挙民が居るのならば
関心は、景気回復、消費増税、震災復興、原発問題、そしてTPPくらいでしょう。
TPPに関心が高いのは、やはり農家です。

米や小麦などの関税が撤廃されたら、日本の農業は壊滅することが見えています。
JAがTPPに反対するのは当然です。

一方、米国市場に依存するグローバル日本企業で構成される経団連などは、TPP賛成ですから、
日本のTPP参加を巡って、国論は真っ二つです。

われら選挙民は、経団連を支持するか、JAを支持するかの二者択一を次期総選挙で迫られます。

米大統領オバマの再選が決まり、11月14日深夜、
野田総理はオバマと10分間の電話会談を行って、TPP交渉参加表明を行ったと報道されています。

そこで、今回の年内総選挙はTPP選挙とも言われています。
15日、JAは早速、TPP反対決起集会を開いています。
そして、500万人のJA関係者に向かって、
次期総選挙ではTPPに賛成する候補者に投票しないよう呼びかけました。
こうして並べながら
此の観点が全く報じられない という情報流通を眺めれば
どういう風に糸が引かれているのかはバレバレな訳で。

一期目とは違う再選の決め方をさせたオバマ へ
尚に そのような尻尾を振ることしか能のない野田総理のTPP認識は、
2010年11月に行われたAPEC横浜にて議論された中国抜きのTPPそのままなのではないでしょうか( 『日本のTPP加盟:エンバーゴ(兵糧攻め)の国家リスクあり』2010年10月29日
 http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/19914670.html )。

しかしながら、
今の段階でのオバマ再選以降の近未来のアジア太平洋地域における
米国の外交戦略は大きく異なってくるのではないでしょうか。

今後、二期目の米オバマ政権とポスト胡錦濤の中国習近平・新政権の外交が
どのように推移していくのか、現段階では不確実です。

しかし一方で、今、はっきりしていること、
それは前回に書いたように、再選後のオバマの対日関心は決して高くないということです。

アジアへの輸出を増やして、米国内雇用を改善したいオバマ新政権にとって、
輸出先として万年不況の日本市場より、高成長の中国市場の方が魅力的なのは明らかです。

そこで、来年早々、オバマ新政権は、
同じく新政権となった中国・習新政権にアプローチするのは間違いありません。

オバマ新政権は、これまでの米戦争屋政権と違って、
対中仮想敵国視を大幅にトーンダウンさせるはずです。

その証拠に、既に布石を打っているオバマ政権は
2014年リムパック(環太平洋合同軍事演習)には、中国を参加させると表明しています
( 『米国防長官重大発言:環太平洋合同軍事演習リムパック2014に中国を招待?自民・民主の親米右翼、日米安保マフィア、石原都知事、ネットウヨ、マスコミも真っ青!』2012年9月20日
  http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30489123.html )。

米国覇権主義者にとって、まさに“昨日の敵は今日の友”なのです。

このリムパックは、元々、アジア太平洋地域において、
中国やロシアや北朝鮮など共産主義国家を仮想敵国と見立てて軍事演習する趣旨のものですから、
ここに中国を参加させるというオバマ政権は、
かつての米戦争屋系米政権とは180度、異なるとみなすべきです。

にもかかわらず、
米戦争屋に戦後67年も牛耳られてきた悪徳ペンタゴンの日本人指導層には、
米国のアジア太平洋戦略の転換が なかなか理解できないようです。

悪徳ペンタゴン外務省官僚に翻弄されている
と推測される野田総理も対米認識の転換ができていないと思われます。

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)および
そのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログのNo.576の注記をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29279243.html

20世紀のイデオロギーの残滓 ニホンジンの右手と左手の美味しい美味しい生活
の 其の下僕として生きて行く事しか知らない者達は、
・忠犬ポチとなる
・忠犬ポチを批判しながら“飼われる犬”として生きて行く道から外れる事が出来ない
そのカルト構造の厳格な階級序列を根底から覆す という事が出来ない哀れな者達だ。

精神的には自立している?w
ガキの寝言は「よかったね- よちよち」で返すしかないよね。

https://twitter.com/kagiwo/status/269449401091649537
福田康夫ってのは、自民党清和会とは思えぬ、ものすごくまともな政治家だったと思う。
当時、アメリカの住宅公社に100兆からのカネを貢ごうとしていた
「現・みんなの党代表の渡辺喜美」をうまく大臣から引きずり下ろしたりね。
同じ選挙区だった三宅雪子も、福田康夫の悪口はないもんな。


https://twitter.com/kagiwo/status/269589164960403456
石原と橋下なんて、所詮は統一教会系のお仲間だからw 本人たちの意志で動いてはいないw
もちろん、もっと統一教会に どっぷりな安倍晋三&自民党清和会も もちろん同じ穴のムジナだしなw

で こういう流れの後に この辺りを読むと なるほどね と思う。

http://desuperado.seesaa.net/article/301497935.html
https://twitter.com/kagiwo/status/267355340859916288
2011/11/11(つまり野田が解散の話を出す前)
解散するのは首相の権限だって話があるわけだが、
それの法的解釈がなんて話も どうでもいい話で、
要は 野田が解散する、少なくとも解散って方向で政界の「表層」とマスコミが喚きだす
ってのは、あいつらの裏にいる連中で、なんらかの方向が決まったってこと なんだと思うがねえ。

https://twitter.com/kagiwo/status/267358588836646912
で、その解散がらみで あのTPPのことが浮上してきていると。
これはむちゃくちゃアヤシイ。
ちょっと考えてみりゃ分かる事だが、本当にTPPなんぞをやりたけりゃ、
慎太郎がやってるみたいに「政策なんて些細なことだ!」とスローガン並べ、
ヤバい連中を勝たせてから しれっ とやると思わん?

https://twitter.com/kagiwo/status/267359467979550720
言いたくはないが、TPPに関しては、
既に 野田政権と外務省の側からは交渉参加表明がされている状態にある。
日本が参加するかどうか、は
それなら、例のACTAのごとく、隠れてこっそりやれば、連中の目的は達成できる気がするんだけどね。
ならば
 解散話の直前に野田と仙石と岡田と前原の居る民主党に言いださせて言い出していて
 解散話の後は やたらと維新と石原とだけ言って TPPは言いださなくなった
それは何故か?


https://twitter.com/kagiwo/status/267382201459568640
先日、ヒラリーのババァが
「中国は20年後に最貧国になる!」
「国家のトップがカネ持って逃げてる!」
なんて抜かしてた。

https://twitter.com/kagiwo/status/267391606439682048
連中の次の作戦は、
橋下や慎太郎なんかを持ち上げてるように、
ヒロイズム煽って、首をすげ替えて
ってことなのか で いきなり解散
気味が悪いとしか言いようがない。
おまけにマスコミ新聞テレビ大手メディアは
解散前はTPPの争点化を言いながら 解散後は何故か争点化させようとしない。
この時点で気味が悪いと書くのは 良い勘をしている とも言えるかもしれない。


https://twitter.com/kagiwo/status/267395385037819904
マスコミ連中が言うところの第三極(小沢、亀井、鈴木宗男系を除いたカスども つまり石原と橋下)だが、
これを本当に勝たせるつもりなら、年末から年始の解散総選挙って流れは 本当は有り得ない。

https://twitter.com/kagiwo/status/267395960223719424
でもって、
TPP争点化による民主党と“マスコミが言うところの第三極”が合流するという話だが、
そういうシナリオ書いてるヤツがいる として
それに野田が乗っかる気でいるのならば 救いようのないアホとしか言いようがない。
TPPが持ちだされて選挙になったら民主は確実に崩壊するし、
そもそも民主に乗っかって自滅するバカも 本当は そう居ないはずだ。

https://twitter.com/kagiwo/status/267397493166338048
そうなると、流れは自公の復権ってことになるわけだけど、
ここでTPPの争点化を持ち出したら、ごまかし てこっそり賛成作戦も取りづらいだろね
もとより、ISD条項の問題や、すでに交渉の余地がないことは自民が突っ込んでた話だ。
http://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html

https://twitter.com/kagiwo/status/267400210966249472
つまり、この時期(野田が解散を言う前の段階 つまりオバマが再選した直後)
TPP争点の解散総選挙という話が出てきたってことは、
民主党崩壊が進むだけでなく、TPP自体が暗礁に乗り上げる可能性が高いように思えるんだよね。

それで安心していいってことではないが、
いったい なにが起こってるんだろうと不思議に思うわけだ。
それは前述したよね 良い読みをしているよね。

https://twitter.com/kagiwo/status/267401226839281665
自民が主張するように、本当に年内に選挙が行われたら、
政党助成金の絡みとかも考えると、民主党にとって ものすごく不利に働くわけだ。
それでいながら、まだ年内に間に合うタイミングで民主党から解散の話って、恐ろしく不気味だよね。

https://twitter.com/kagiwo/status/267401692151177220
なんというか、野田が逃げたくなるような なんかがある んじゃないか、
さもなければ、即刻解散カード切るようにバックから要求されているのではないか、
なんて 穿った見方もしてしまうわけなんだけどねえ。
この件、見たまんまではないような気がするな。
あくまでも感覚だけどね。
ほんと 良い勘をしている。
その答えが オバマ再選だったんだね。


オバマ大統領:20カ国・地域と電話協議 野田首相はなし
http://mainichi.jp/select/news/20121114k0000e030200000c.html
毎日新聞 2012年11月14日 11時06分(最終更新 11月14日 11時19分)

米ホワイトハウスは13日、オバマ大統領が再選を受け、
ロシアのプーチン大統領やアフガニスタンのカルザイ大統領らと同日電話協議したと発表した。
オバマ氏は再選後、20カ国・地域の首脳らと電話協議したが、野田佳彦首相とはしていない。

藤崎一郎駐米大使は8日の記者会見で
「電話か会談か、できるだけ早い機会に意思疎通が図られるようにしたい」
と話していた。

オバマ氏は電話協議で、2期目もそれぞれの国との関係を強化していく考えを伝達。
ロシア大統領府によると、プーチン氏はロシア訪問を招請し、オバマ氏は訪露の用意があることを確認した。(共同)


2012年11月6日(火)
 オバマ再選が決まる

2012年11月7日(水)〜2012年11月10日(日)
 そういえばTPPの争点化の話が大きく出てたね

2012年11月12日(火)
 野田佳彦首相は年内に衆院解散に踏み切る意向を固め、民主党の輿石東幹事長に 伝える。

2012年11月13日(水)
 未だオバマから野田への電話が無し

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121113-00000022-jij-pol
首相動静(11月13日)

 午前6時47分、斎藤勁官房副長官、三谷光男、大串博志両首相補佐官が公邸に入った。 午前8時1分、全員出た。同21分、公邸発。同23分、国会着。同24分、院内大臣室へ。同31分、閣議開始。
 午前8時48分、閣議終了。同53分、同室を出て、同54分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委員会開会。
 午後0時1分、衆院予算委休憩。同2分、同室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後5時、衆院予算委散会。同1分、同室を出て、同2分、院内大臣室へ。同5分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後5時21分、輿石氏が出た。同22分、同室を出て、同23分、国会発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。同27分、岡田克也副総理、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相が入った。
 午後5時57分、全員出た。同58分から同6時10分まで、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長。同17分、山井和則民主党国対委員長が入った。
 午後7時2分、山井氏が出た。
 午後7時10分、執務室を出て、同11分、官邸発。同12分、公邸着。
アジア大洋州局 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%A7%E6%B4%8B%E5%B7%9E%E5%B1%80

杉山晋輔 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%B1%B1%E6%99%8B%E8%BC%94
明らかに傍流 なんで このタイミングに? 予習かねぇ?w


2012年11月14日(木) 首相動静
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012111400101&g=pol
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前10時から同24分まで、三谷光男、大串博志両首相補佐官。
 午前11時48分から午後0時2分まで、自見庄三郎国民新党代表。
 午後1時4分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後1時26分、輿石氏が出た。
 午後2時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院第1委員室へ。同3時、党首討論開始。
此処で解散を出す
 午後3時49分、党首討論終了。同50分、同室を出て、同52分、院内大臣室へ。
 午後4時5分、同室を出て、同8分、衆院第15委員室へ。同15分、衆院財務金融委員会開会。
 午後6時23分、衆院財務金融委を途中退席し、同24分、国会発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。同28分、政府・民主三役会議開始。
 午後7時5分、政府・民主三役会議終了。同6分から同12分まで、輿石民主党幹事長。同17分、執務室を出て南会議室へ。同18分から同27分まで、西田恒夫国連大使ら国際機関大使会議の出席者による報告。斎藤勁、芝博一両官房副長官同席。同28分、同室を出て執務室へ。
 午後7時41分、北村滋内閣情報官、下平幸二内閣衛星情報センター所長が入った。同46分、下平氏が出た。同56分、北村氏が出た。同8時6分から同26分まで、自見国民新党代表。
 午後8時36分、執務室を出て、同37分から同38分まで、報道各社のインタビュー。「なぜあさっての解散を決めたのか」に「もともと『近いうちに』というのは常識的なところで判断しようと思っていた」。同39分、官邸発。同40分、公邸着。
 午後11時40分から同50分まで、オバマ米大統領と電話会談。
 15日午前0時半現在、公邸。来客なし。(2012/11/15-00:47)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121115/t10013498941000.html
野田総理大臣は、アメリカのオバマ大統領と14日夜、電話で会談し、日米同盟を一層、深化・発展させていくとともに、世界経済の減速への懸念や、アジア太平洋地域の安全保障の問題などを念頭に、両国が緊密に連携して取り組んでいくことを確認しました。

野田総理大臣とオバマ大統領の電話会談は、オバマ大統領が再選されたあと初めて行われ、およそ10分間にわたって意見が交わされました。
この中で野田総理大臣は、再選に改めて祝意を伝えたうえで、「今後も、オバマ大統領とともに、日米両国間の課題のみならず、アジア太平洋地域やグローバルな課題に取り組んでいきたい」と述べました。
これに対し、オバマ大統領は「野田総理大臣とはすばらしいパートナー関係を築いてきた。引き続き、世界が直面する課題の取り組みで緊密に協力していきたい」と述べ、日米同盟を一層、深化・発展させていくとともに、世界経済の減速への懸念や、アジア太平洋地域の安全保障の問題などを念頭に、両国が緊密に連携して取り組んでいくことを確認しました。
また、野田総理大臣が、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、交渉参加を目指す日本の立場に変わりはない考えを伝えたのに対し、オバマ大統領は、TPPへの日本の関心を引き続き歓迎する考えを示しました。
オバマにしてみれば TPPなんか どっちでも良い なんだろうなぁ。
献上品として来れば それはそれで良し、来なくても それはそれで良し、なんだろうね。

ただ
 TPPを献上したいポチ連中 と TPPで掠奪をしたい連中 がニホンジンのコッカのニホンには巣食って居る
からねぇ。 それだけの事だよね。

こうして並べて眺めると
 首相討論で解散を出した後でオバマvs野田の電話会談 で 野田がTPP参加っぽいを言う って…
 むしろ完全にオバマへ喧嘩を売ってるも同然
だよね。
当人の野田が自覚しているかどうか は俺の知る所ではないが。
未だに野田は 嵌められた という事が分かってないんだろうなぁ。

野田は比較第一党を目指す とか言いながら おそらく三十人でも生き残れば良い と踏んでいるんだろう、
此処で解散をして 自民党の野田派 として生き残れば良いとかね。

ところが実態は 民主完全壊滅を狙っての解散劇 を演じさせられたならばこその
やれ その後の石原だの橋下だのが有る訳で。
 野田を罠に嵌めた連中は 民主を更に壊滅させた穴を石原や橋下に食わせよう
 それは 自公でもなければ 勿論に国民の生活が第一でもない
と画策している、のが ここ数日の情報流通を眺めれば露骨に分かるね。

オバマからの連絡が無い段階で TPPを民自公で作る という手に見切りをつけて
野田を切り捨てる という算段に入る、それに釣られた自公が乗せられる。
で TPPを隠しての石原と橋下 を出す。

これってさぁ
 どう見ても ユダヤイスラエルシオニスト な人達は お元気ですか?
としか言いようがないじゃん。


そういう観点をこそ読みきらせようとしない って事じゃないのかなぁ。



https://twitter.com/kagiwo/status/269289608775356416
いまだにヤラれてる実感ない人っているんだなー。
そういう話になると、結局、自分の責任で、政治なんか関係ないって言い出すヤツもいる。
個人に対する政治の影響が決して小さくないこと、
その政治を変える選択権を持ってるってことに全く気づいてないのは哀れとしか言いようがないがねえ。

ネットに深く接続せず 朝日新聞を隅から隅まで読んで 自分だけは大丈夫
とか言い出す中高年の人達は 哀れ だよね。

だから俺は 馬鹿で豚にすぎない一般民衆 という言葉を使う。
けれども、其れでも俺は 一緒に彼らと生きて行く道を決して諦めない。

宗教右翼カルト のように飼い 喰い殺していく、のではなく。
旧式左翼 のように マイノリティを自認して 切り捨てて行く、のではなく。


元社民系で ロビイングで接点の有った枝野が官房長官になった途端に結婚して故郷へ帰る
という“不思議な顛末”の この人は
だから どうしても どうしても 国民の生活が第一 とは言わない。

ttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20121116/1353071830
ネトウヨ的老人の言説とか - カマヤンの燻る日記

先に述べた同業者の人々 ttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20121116/1353067397 は、
「地元の人の中では善人の部類なのだが、政治の話題になるとネットウヨクと同じことしか言わない」
全員60歳以上の地主な人々 ttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101110/1289397484 だが、
自民党への評価はわりと低かった。とくに原発政策への評価が。
ほほお、じゃあ今回の選挙は、自民党は それほどは伸びないかな。
と此処まで書きながら
“不思議に”小沢系を攻撃し続けた昔 と全く同じ書き方を続けて 国民の生活が第一 は言わない。
不思議 不思議

この同業者の人々は、
「政治の話題になるとネットウヨクと同じことしか言わない」
全員60歳以上の、地元では地主な人々だが、
「尖閣諸島問題に関係する『外交問題』」と「日教組」というキーワードになると完全にネトウヨ化する。
同行していた60歳過ぎの千葉県の老婆は それが特に酷かった。

彼らは個々の政策・政治トピックの相互の関連性を理解していない
一つの政治トピックは その政治トピックだけで完結している。

原発とか雇用とかの話題の時は「リベラルな」言説を彼らはコピーする。

他の政治トピックについて語る時は完全に断絶して
「ネトウヨ的トピック」の時だけネトウヨ的に「神経症的に」噴き上がる。

彼らは
「(尖閣諸島問題・北朝鮮問題・従軍慰安婦問題を焦点とする)外交問題」

「(「日教組」をキーワードとする)「教育問題」を語るとき、過度に感情的になり、
事実を無視して「ネトウヨ的な物語」を語りだす。

この「ネトウヨ的物語」を共有しているという意味において、
彼らの中で安倍晋三と石原慎太郎への評価が高い。

彼ら、ネトウヨ的老人を観察して思ったのだが、
「外交問題」と「教育問題」は
彼らにとって「その話題だけで独立した物語」になっていて、
彼らの内面の知識で 他の政策議題とは独立している。

ちょっと言葉が巧くないので別な言い方をしてみる。
「教養」と「雑学」の違い、というものがある。
「教養」は情報が系統立ててあるので、一つの事柄から他の事柄に適切に思考・情報が発展・展開する。
「雑学」はそれだけで情報が途絶して他の事柄とつながらない。
「ネトウヨ的言説」とは、「雑学」に分類される。
別な言い方をすると、他の政策議題、たとえば雇用とか経済とか、
そういうものと決して接続しないことによって成立している。

他の政治議題・政治課題と接続できない
政治トピックとしての「外交問題」「教育問題」の「ネトウヨ的偏見」を刷り込まれた人は、
その話題については「感情的・情緒的に噴き上がる」というところまでセットで刷り込まれている。
其れを俺は 観念論として説明する事で 宗教右翼カルト と規定し
あえて民族を分断してでも 異民族として規定すべき とまで言ってしまった方が早い
とまで書いている、極論も承知で。

この「刷り込み」を持った人が、
たとえばネット老人になった場合、他の議題を語っているときは正常であっても、
「外交」「教育」を語るとき、「ネトウヨ的物語セット(情緒の噴き上がりセット付)」を語り、
相手に「この激情に同感するのが当然である」という態度を要求する。

しかしながら
この「ネトウヨ的な物語セット」は他の政治課題との練られた知見を欠くことで成立しているので、
物事を深く見ている人からの軽蔑を当然に被る。

同時に この「ネトウヨ的な物語セット」は情緒の噴き上がり付であるから、
同じ「ネトウヨ的な物語セット」を持っている人からの非理性的な情緒の噴き上がりを喚起する。
これで同じ方向性での情緒興奮共同体というものが出来あがっていく。

この集団は自省能力を欠くことで成立している
宗教右翼カルト の一言でしかないわな。
オウムや創価学会との違いが何処に有るのかと。
そう思えばこそ俺は、
一神教と多神教 と 文明人と蛮族野蛮人 という区分けの表現を使う事にしたんだよね。
そう考えて行けば行くほどに
むしろ今まで 此の観点を旧式左翼が何故に 徹底的に突っ込んでいかなかったのか
が疑問な位なんだよね。

この「ネトウヨ的な物語セット」への粘り強い反論がなされることは
国益に適い、この「ネトウヨ的な物語セット」に非理性的共感していることは売国行為であるのだが、
「ネトウヨ的物語セット」は売国的思考を愛国の名の下に伝染させるというミーム(文化)を持っていて、
老いも若きも思考の浅い人は そのミーム(文化)にけっこう侵されるので、さて面倒くさいことである。
其処まで論理展開をさせておきながら、
 相も変わらずに 訳の分からない ミーム(笑) とやらなカタカナ文字を使って
 虚栄心を満たす事を優先しては、
 結局に 国益(笑) という宗教右翼カルトへの迎合を最後には果たす、
まさに「ニホンジンの右手と左手」な訳だ。20世紀のイデオロギーの残滓から抜け出せないままな訳だ。

だから俺は 其の先へ独力で歩んでいかなければならなかったんだけど
まぁ そういう意味では 独力で歩む道を教えてくれた というのも有りますので感謝もしてますが。



2012年11月15日 違憲総選挙の行方 (田中良紹の「国会探検」)
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/11/post_324.html
選挙は現行の憲法違反の状態のまま行われ、選挙結果は やはり違憲になる。
裁判所が選挙無効の判決を出す可能性も全くないとは言えない。

選挙無効になれば違憲選挙に踏み切った民主党だけでなく、
違憲状態のまま早期解散を迫った自公両党の責任も問われる事になる。
国民は無効になるかもしれない総選挙を
民主、自民、公明が3党合意で仕組んだことを腹に収めて投票に臨まなければならない。


2012年11月17日 戦闘教師「ケン」 激闘永田町編: いざ総選挙へ
http://kenuchka.paslog.jp/article/2572192.html
内閣不信任案を受けての解散なら いざ知らず、
違憲判決が出ている中での総理の一存による解散・総選挙は明らかに憲法違反である。

違憲状態の認識を有しながら、定数是正を行わないで総選挙をやるのだから、
もはや確信犯といって良い。
とはいえ、解散の行為そのものは誰にも止められないので、我々としては戦場に赴くのみである。

解散に前後して民主党からは離党者が続出しているが、今のところ私が予測していたよりも少ない。
あまりに事態が急展開して、対応し切れていないのだろうし、
展望もないまま離党するわけにもいかない ということなのだろう。

しかし、案の定立候補そのものを辞退する人が出てきて、
民主党としては空白区が出るままになっている。

離党者・辞退者は今後も増えるだろうし、
空白区では地方議員も誰も動かないと思われるだけに、
民主党は まともに選挙を戦えるのか疑問である。

解散の本会議後に行われた両院議員総会も出席者は半分強程度に止まり、
続くマニフェスト策定のための会議に至ってはガラガラだったという。

現職議員(正確には衆院はすでに前職)たちの士気は相当に落ち込んでいると見て良い。

だが、解散直前に官邸から得た情報だが、野田総理としては、
「このタイミングでの総選挙のみが(民主)単独過半数を得られる唯一の時だ」
という認識に基づいて解散に踏み切ったという。

いや、野田氏は もうちとマシな認識力を有しているのかと思っていたが、
どうやら投票日まで圧勝を信じて疑わなかった自民党の安倍氏や麻生氏の同類だったらしい。

官邸というのは情報を集積しなければならない場所であるにもかかわらず、
現実には よほど都合の良い情報しか集まらない空間になってしまっている らしい。
インテリジェンス(笑)は トラトラトラ 奇襲に成功せり とか自画自賛しているのかしらね。
中身を見れば 大本営というよりもノアの箱舟と言った表現の方が的確でしかないのだが。


さて、私も残務整理をして来週には地元入りして準備に邁進する。
「解散」と聞けば自然とアドレナリンが上がるのは常の通りだが、
一方で これほどやる気の出ない選挙もないような気がする。

もちろんボスは党内の良識派、
オリジナルの民主党の理念を守ろうとしているだけに、
ボスのために全力を尽くすのは当然だ。

しかし、民主党を支えることが、
この国や世界を良くするとは思えない中で選挙に臨むのは辛いことである。
私などで この体たらく なのだから、
真面目に選挙をやるものなど 本当に僅かなのではなかろうか……

https://twitter.com/nanachan77/status/269441814984003584
『国民の生活が第一』東京7区 中田兵衛候補者(豊島区議) 
日時:11月20日(火)17時から、渋谷ハチ公前で演説。
小沢塾出身
※何もない所から出馬です。
 民主党の長妻の刺客としての立候補です。
 みんなで応援してください


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-605.html
ラ・ターシュに魅せられて 「維新? 減税? みんなで太陽? これじゃ・・第3極じゃなくて、第3帝国じゃないですかね・・」 小沢一郎
インテリの弱さということがある。
これは・・
インテリには、なまじっかな知識があるために・・
それにとらわれてしまい、
それはできないとか・・
それはどう考えても無理・・
だと思い込んでしまって、
なかなか実行に移さないという一面を言った言葉だと思う・・。

マズした政経塾。
ここに集う人たちを表現する言葉で
よく言われるのが、コレ。
口先ばかりで社会経験が乏しく・・
組織を動かせない頭でっかちの集団・・。

間違ってはいないのですが・・
もっと判りやすいエピソードがございます。

あまりに
口先三寸バカりなので・・
ディヴェートじゃ・・
いつまで経っても決着がつきません。
そこで・・
スポーツで勝負しようってことになりました。
ここでも・・
真夏だってのに
「オレの得意種目はスキーなんでスキーで決着つけよう!」
なんて言い出すのや・・
「種目はなんでもいいけど・・ルールは? ハウス? ローカル? オフィシャル?」
理屈っぽいヤツまで・・。 (苦笑)
でもって、決まったのは・・
サッカーです。
ボールを蹴ってゴールに入れるだけだから
コレなら揉めないだろうってことで始めたのですが・・
全員が全員・・ボールを持ったが最後、
パスなどするそぶりはこれっぽちも見せず、
ひたすらゴール目指しちゃう。 (笑)

ボール持ってないときは
「シュートチャンスだ! オレにボール寄越せ!」
なんて言ってたヤツも・・
ボール持った瞬間、
周りを無視して、ゴールに向けて一直線。 (笑)
なかには・・
味方までフェイントでかわそうとするヤツまで・・。 (笑)
そのうえ、
誰もゴールキーパーなどやろうとしないものですから・・
ゴールは、がら空きです。 (苦笑)
サッカーにならないから・・
じゃあ野球にしたら? ってことで・・
9人ずつ分けたまではいいのですが・・
今度は打順で大喧嘩。 (笑)
みんながみんな・・
「オレが4番だ!」 (笑)
コレじゃ・・野球になりません。

野球やサッカーなら・・
笑って済ませることも出来ますが・・
国民生活がかかった政治の場でも・・
こんな調子でやってるのですから・・
もはや、ドジョウの余地 (苦笑)
ございません・・。

サッカー同様・・
周りの仲間が・・
次々と討ち死にしようが
自分の目的に向かってまっしぐら。 (笑)
周りの連中などには・・目もくれません。 (苦笑)


その目的はただ一つ・・。
選挙で残った30人で・・
自公第3極右・・政権に食い込むこと。 (笑)

ただまあ・・ そう上手く行くでしょうか。 (苦笑)

オリーブの木構想は・・

この期に及んで・・
石原「オザワなんかと一緒にやるわけないだろ! バカヤロー!」
カメラの前で こんなこと言ってる大ばか者・・。

このオトコのせいで・・
第3極右・・
略して、第3帝国と・・
我々と・・分かれての戦いとなります。

気弱な地上げ屋にとっては・・願ってもない展開です。 (笑)

あ〜良かったぁ・・。
こんなヤツとは・・
どうやったって・・
一緒にやれません。 (笑)

スッキリしました。

コレで・・
比例900万票!
小選挙区含めて・・
50名当選に向け、全力で取り組めます。 (笑)

「一人で500万票集めるオトコ」 は、
政権復帰に向け・・
300小選挙区で詳細に情勢分析をして・・
最適・最善の候補者を擁立します。

「エッ!? 擁立は100人じゃなかったの?」
いえ、残念ながら・・
我々の候補者は、100名に届きません・・。 (苦笑)

では、なぜ300小選挙区?
ここがミソです。 (笑)
「一人で500万票集めるオトコ」 にとって
空白区はございません。 (笑)

今回は・・
500万票じゃ足りません。 (苦笑)
900万集めなきゃならないのですから・・
そりゃ大変な忙しさです。
なんとしても・・
自公政権に戻してはいけません!

小沢

「政治とは生活である」と・・常日頃から思っています。

現代社会は複雑で
国際政治・・国際経済・・地球環境問題など
政治の対象となるテーマがたくさんあります。

しかし・・
それらの問題は枝葉であり
一生懸命考えなければいけないのは・・
どうやってみんなが豊かに幸せに・・
そして安全に暮らせるようにするか・・ということなのです。

私はこれこそが・・政治の原点と思っています。

このことが・・
私のエンジンであり・・
エネルギーなのだと思います。
目先の利益と妥協してしまっては・・
何の為に政治家となったのか が 分からなくなります

私はもう一度・・
やり直す意味を強く込めて
「国民の生活が第一」という新党をつくりました。

マニフェストがあってもなくても・・
我々が目指しているものは
党名に表れており・・逃げも隠れもできません。

国民の皆さんには、
再度信じて頂き・・
我々に・・
挽回のチャンスを頂きたいと思っています・・。


オバマ再選で速攻でTPP: デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/301497935.html
さて、何があるんでしょうね?

TPPとは国家主権を失う事。
TPP自体、諸手を上げて賛成してる方々も一般でおります。
政治なんて、どーせろくでもないから興味無しって言いながら、テレビばっか見てる人とか。
しっかりと伝えていかなくちゃいけねーです。

オバマ再選で速攻でTPP指令が飛んだカルト国家ジャポン。
しかも、献上される側は“どっちでも良い むしろ献上されなくても良いよ”なオバマへと変わったのに
尚も
 どうしてもTPPを献上して そういう「オバマ」と「ニホンジンのコッカのニホン」の間に入って
 国家主権の上へと君臨して美味しく略奪をしたい
という意図を持っている連中が居る訳ですよ。

そういう連中ほどに 国粋主義的民族主義を叫びながら売国奴をして行く という訳ですよ。

凄いよねぇ そこいらの勧善懲悪なRPGすら真っ青の極悪非道だよね。
しかも それを遂行して行こうとする連中は 自分達がウツクシイで正義とか信じ切っているんだから
ぶっちゃけDQの大魔王な連中の方が可愛く思えてくるよ。
大概にDQの大魔王な連中は 少なくとも人道的では無いという方向性を自覚はしているからね。

人間でありながら 人道的という旗を餌にして人を食い殺していく って外道にも程が有るよね。

なんか統一教会がアタフタしている的な発言をチラリホラリと見受けるんですが、
末端はそーだろーけど、本体はしっかりと基軸通貨利権様、戦争屋様に真っ直ぐですね。
そら こんだけの大仕掛けをする為には
 末端がアタフタしつつもキチガイナ金切り声を上げて万歳突撃をする方が囮と陽動には丁度に良い
だからね。
石原と橋下なんかが その典型だよね、当人達が 何処まで分かっているか は知る理由も必要も無いけど。


解散表明の前の
自民党の安倍晋三総裁は11日のテレビ朝日の番組で、
衆院解散の時期について「11月22日より遅れても、
(投開票が)12月24日のクリスマスイブということはあり得る」
と述べ、1週間程度のずれ込みはやむを得ないとの考えを示した。

その前の日の12月23日は、FRBが米国と結んだ貨幣発行権契約の切れる日ですね。

これからも親方様の言う通りに致します的な発言でよろしいですか?

大企業は、出来上がった技術を小出しにする。
カネの塊達のお仕事は、パンデミックを造る事。

さぁて、四方八方な情報が銃弾が飛び交いますわな。


https://twitter.com/tutinoue/status/269797089645588481
 平成24年11月15日(木)持ち回り閣議案件閣議案件 | 資料集 | 首相官邸ホームページ
 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2012/kakugi-2012111501.html
ちゃっかり 地方公務員の労働関係に関する法律案 等を閣議決定している。
官僚は閣議決定させて動くからなあ。。総理変わっても。。

https://twitter.com/tutinoue/status/269797467674009600
 2012/11/15-22:52 時事ドットコム:「閣議決定は甚だ遺憾」=公務員改革法案−地方6団体
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012111501081&g=pol
公務員労組は喜びそうだけど、知事会などは反発。

https://twitter.com/tutinoue/status/269797905915846657
この閣議案件も、当日には、ネットに出なかったと思う。
衆議院の議案でも、法文自体が、公開されていないものもあった。
間に合わないはずがないので、事実上、秘密保全

火事場泥棒を 沢山にしているよね。

2012年11月17日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012111702000112.html
解散に紛れ審査制度変更 電気代再値上げ簡略化
 経済産業省は十六日、家庭向け電気料金を一度値上げした電力会社が三年以内に値上げを再申請する場合の審査項目を、これまでの六分の一に減らして簡略化すると発表した。経産省はこの日、制度変更に必要な電気事業法の関連省令を改正。省令は施行された。

経産省は省令の改正を「ここ数日で決めた」(担当者)という。当面は九月に値上げした東京電力だけが新制度の対象だが、衆院の解散に紛れる形での制度変更に利用者から不満が出そうだ。

新制度で電力会社が値上げを再申請できるのは、原発の再稼働が想定通り進まず、代替として使う火力発電所の燃料費が増えた場合など。従来は(1)値上げ後、三年間の人件費が一般企業並みに削られるか(2)競争入札の導入など経費削減の努力をしているか−など六十項目の審査が必要だった。

一方、新制度は最初の値上げ申請から三年以内なら「人件費などは審査済み」とし、確認事項を燃料費など九項目に絞った。

東電の九月の値上げの算定根拠は、来春の柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が前提だが、原子力規制委員会の安全基準は来夏につくられる見込みで、来春の原発再稼働は困難。東電が再値上げを申請する可能性は高い。
詐欺師連中は嬉々として 大量虐殺と民族浄化をしてでも略奪を繰り返し続ける
って ハッキリと分かるよね。

連中を見てると ヒトラーですら可愛く見える。


http://desuperado.seesaa.net/article/300324209.html
金融屋達は、今のままでも特に問題が無い。
ソコに直結するような奴等が大阪に陣を張った。
今の内閣(霞ヶ関高級官僚)も資本直轄。

いずれ株価的なもので、下落必死の東日本。

FRBが米国と結んだ貨幣発行権契約が今年12月23日で切れる。

日本の資産が紙くずになる前に奪いたい使いたい連中と、
紙くずになってから買い漁り借金蟻地獄へ誘いたい連中と。

貢ぎ方は、戦争で銃で核ですか?
貢ぎ方は、薬で食物で核ですか?

金融屋だけがノアの箱舟に乗ろうとした時の方が原発が火を吹きそうですね。
まぁ、何が出るかはこれからの動き次第だろうけど、
「正義」という名のカルトが大手を振って進軍してくるのは、あとどれくらいなんでしょうね。


情報収集をしているだけでも、心が磨り減ってきます。

現場で戦う人達は、それだけでも大変なのに情報を集め 外へ出しています。

フクシマ最前線なんかは、想像を絶します。

土のうえサンがツイートしてました。
「ネットは、補給線でもある」と。
だけど正直、何もかも間に合うような気がしません。

ただ、殿によって、「時間稼ぎ」が出来る とゆうことです。
このカルト国家ジャパンから逃げれる人は、やっぱり逃げて下さい。

僕は、目に入って逸らす事が出来なくなりました。
カネがねーので物理的にも無理ですがw
「このままでは死ぬぞ」という現実が追いついてくる時には、逃げる事は叶いません。

先に繋げる為にも、殿を自分が出来る範囲で、と思っています。
(間違ってても責任なんかとらねーけど シラネーケドw)

命を賭けたところで、ほんのコンマ何秒の時間稼ぎだろうけど。
まぁ、今の自分の力じゃソレも適いませんがw
俺なんかはさ
ここで偉そうな事を書いてる割には そんなチョットの偉そうな事すら出来なくて
所詮の 身の程を弁えれば とか思っちゃうんだよね。














https://twitter.com/kibakoichi66/status/268937365903532032
ああこれはスゴいです
RT @Boppo2011: 現在から24h以内の世界のM4超地震について見てみると、
またもや地球の丸さを考慮した直線上に見事に並びました。
前回ご紹介では7割でしたが、今回は9割です。絶対に何かあると予感。
http://photozou.jp/photo/show/2590969/160216165


https://twitter.com/desupehannari/status/268283358851788800
アンチウィルスソフトMcAfee開発者、殺人容疑で起訴 13.11.2012,
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_13/McAfee-kaihatsusha-satsujin-yougi/
中米カリブ海の島国ベリーズの政府当局はコンピューターのアンチウィルスソフトMcAfeeの開発者ジョン・マカフィ氏の捜査を開始した。取調べは氏の隣人ゲオルギー・フォル氏殺害事件の目撃者として行われる。AP通信が伝えた。
52歳のゲオルギー・フォル氏は日曜朝、頭部を撃ちぬかれた状態で、北部の街サン・ペドロの二階建ての自宅で発見された。ある住民の証言によれば、同氏は隣家のマカフィ氏の飼う犬の吠え声がうるさいと苦情を述べていた。

ベリーズ国民安全省の報道官によれば、67歳のマカフィ氏には何らの容疑もかかっていない。報道官によれば、マカフィ氏を家にとどめておくことはできなかったため、捜査という形式を取ったにすぎない。一方、ラジオ局FoxNewsの報道によれば、ベリーズ内務省の報道官は、マカフィ氏は既に最も疑わしい容疑者であると考えている、という。

ジョン・マカフィ氏は世界最大のアンチウィルスプログラムMcAfeeの開発会社の創設者、またエキセントリックなヨガの師範として知られている。

今年4月、マカフィ氏は、武器の不法所持および麻薬製造の疑いで警察の家宅捜索を受けた。しかし容疑の全ては否認された。


https://twitter.com/bonaponta/status/269628528117567489
政権が遠隔操作ウィルスに感染してしまった責任は国民にはない。
RT @2chradio: 産経「失敗の責任を民主党だけに押しつけるわけにはいかない。選択したのは国民自身だ。そして国民を駆り立てたのは・・」
http://2chradio.com/arc/dqnplus1353090511.html

https://twitter.com/takeharasinichi/status/269614220000260096
国民を駆り立てたのはマスゴミだった。
重ね重ねあつかましい。 このやろうって感じだ!

https://twitter.com/bonaponta/status/269531072335843328
今の政権政党や当選した議員はウィルス対策をしてないウィンドウズみたいなもの。
いずれ国民の意思を反映した政権ができても松下政経塾とか官僚というウイルスから感染させられてしまう。
ウィルス耐性のある議員を見つけないと当選後に180度反対なことをやりはじめる。


https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/269471925280067584
石原氏と橋下氏が都内で会談し、維新の政策を太陽の党が丸呑みする形で、17日にも合流を発表する見通し、
と報じられた。維新側は「連携は政策の一致が条件」という姿勢を崩さず、
昨日、記者会見までした減税と太陽の合流の約束は「ほご」に。
一夜にして梯子を外された減税が政策で譲歩するか。
俺は 2週間で と予想したが 1日で裏切る、カルトの下僕な連中は外道そのものだな。

https://twitter.com/bonaponta/status/269654605519007744
アンケートのアルバイトがあって、その書き込みを見るかぎりB層など日本にはいない。
どんな情弱な老人や子供でも現状を正確に把握してる。
この国民はバカではない。
バカが選んだ政治家がバカやってる ようにマスゴミが劇場型のウソで撹乱してるだけだ。
誰も騙されてないよ。
だと良いけどね。
どっちにしても そういう情報戦を如何に戦っていくか だからね。


https://twitter.com/cmk2wl/status/269649145722204160
すごいな。@japanwings @namasekiyan さん、あなたはすごい方ですね。
あなたが これまでに捕まえた痴漢は、8ヶ月に8人、であっていますか?
被害者の女性も知人を含まない8人と考えてよろしいでしょうか?

https://twitter.com/desupehannari/status/267921814129352704
毎日クッタクタになっている今の現場。アルミ工場。
きっつい薬品使いまくりだろーから、
ヘドロのような油の中に入ったら、軽い火傷のようになって手足が炎症してる。
ヒリヒリするし痒い。。。

https://twitter.com/desupehannari/status/267922935040311296
その工場もしっかりとSCADAシステム。
何年か前に箱を新設した時にシーメンスからの外人さんがプログラムしに来てたな。
その敷地の隣に火力発電やらあるんだけど、
電気タリネー詐欺の時にトラブルで止まったんだったっけ。
今の現場から早く開放されたい。


https://twitter.com/desupehannari/status/267926754335784960 11/12
昨日、福井の三国に岩上サンやらが来てアッツイライブをしてたそうなんだが、
知った頃には、終わりかけ(涙)
10人くらい呼んで行きたかったな。
絶対に誘う奴に話をしたら「勿論行く」と言ってくれたんだけど、
「岩上って誰?」と言われました。
わはw

https://twitter.com/gaitifujiyama/status/266591644223143936
『よく子供だましって言うでしょ?
 でもね子供って一度でも疑い出すともう信じてくれない。
 逆に大人は最初は信じてくれないけど、一度信じてくれると多少の粗が見えても信じ続けてくれる。
 我々からすると子供より大人騙す方が簡単だな』
昔、知り合いの手品師に聞いた話。手品に限った話じゃないわね

https://twitter.com/desupehannari/status/266518784355991552
今更ながらのツイッターデビュー
使い勝手がワカランw
PCならjanetterを導入すべし 使い勝手とサクサク感が雲泥の差だから。
スマホは持ってないので俺も分かりません、
なので とりあえず精神論を説いておきます 頑張れ とw
あ ただワケワカランと言ってきた知人へは https://twitter.com/mkt5126/b をブックマークでもしておけば
とだけ教えていってます。
後は使って行くうちに覚えて行くだろうけど
入口が 其処 ならば、簡単には負け戦の情報戦にはならないだろうからねw


https://twitter.com/opasou/status/269416043544453120
そういや東京新聞だけど、最近どうにも不満が残る。
そりゃ100%信じてはいないけど、やっぱり「生活」隠しっぽい臭いがするんだ。
東京新聞でコレだから、他新聞やテレビは もっと なんだろうけど。
東京新聞、「生活」枠を せめて あと少し確保してくれないかな。
気持ちは分かるw

そのギリギリの中で アレだけの事を書いてくれている そういう構成をしてくれている。
ギリギリの中で頑張っているのは分かる。
俺は ならばよし と思っている。 俺の中で 東京新聞は35点/100点満点かな。
朝日とか読売は1点/100点満点と思えば 充分に まだマシ だからね。
日刊ゲンダイは60点/100点満点くらいかな。

なので 朝日と一緒に東京新聞と日刊ゲンダイを並べて置く ようにしている。
それだけでも まだマシ だと思うし、そういう事を一つ一つ積み重ねて行くしかない。


2012年11月17日 東京新聞:嘆いても変わらない 政治部長 高田昌也:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012111702000095.html


昨年三月十一日の東日本大震災以来、初めての衆院選が来月十六日に行われる。多くの方々が亡くなり行方不明となっている地震と津波の被害。いまだ収束していない東京電力福島第一原発の事故。今まで信じていた原発や長大な防波堤の安全神話は崩れた。3・11で、当然と思っていた価値観が覆り、政党も連動するように十五もの政党が乱立。混沌(こんとん)とした中、私たち有権者は難しい選択を迫られている。

「原発はいらない」と多くの人が首相官邸前のデモに集まった。今までのように政治に任せておけないという気持ちの表れだ。3・11後に生まれた「変えよう」という動きだ。しかし、政治は何も変わらない。野田佳彦首相は、反対の声をよそに関西電力大飯原発を再稼働させた。さらに、削減できる歳出をカットする前に消費税を上げることを決め、復興予算とは名ばかりのでたらめな税金の使い方が次々に明るみに。政治と私たちの思いは離れるばかりだ。

「投票したい候補者、政党がない」という話をあちこちで聞く。民主党への期待は政権交代三年で、失望に変わった。自民党に支持が戻るかといえば、世論調査では「支持政党なし」が三割以上を占め、最大の支持を集めている。3・11以前の社会をつくってきた自民党にも期待はできないということだ。一度の政権交代で「投票したい候補者、政党がない」状態に陥った。

しかし、嘆いていても何も変わらない。私たちにできるのは、各党、各候補の主張をよく読んで、本当に実現できることを言っているのか、うそはないのかを考えることだ。本当に原発をゼロにするのか、税金を目的通りに使うのか。もう政党、政治家にお任せの政治はやめよう。

百パーセント自分の考えと一致する政党を見つけることは難しい。決してムードに流されずに、自分で考えて、よりましな選択をする。その判断材料を紙面で提供していきたい。来月十六日に必ず投票してもらうために。


国民の生活が第一
今の俺は そう言い続けるよ。




http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/888.html
2012-11-16 三宅雪子氏、野田首相の千葉4区から立候補へ!! (見るべきほどのものは見つ)
http://mamishigemoto.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/133.html
2012/11/17 三宅雪子の評判 千葉四区ならば『止めない 行け』 (たむごんの白熊ニュース) 
http://portirland.blogspot.jp/2012/11/miyakeyukiko-no-hyoubann-tiba-4-ku.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/892.html
2012/11/16 三宅議員、野田首相の千葉4区に立つ。当選間違いない。 (かっちの言い分) 
http://31634308.at.webry.info/201211/article_12.html

http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/897.html
野田首相へ「刺客」 生活・三宅雪子氏、千葉4区で出馬  公認34人を発表 国民の生活が第一

http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/141.html
三宅雪子氏、「首相と戦えと命受けた」


http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/893.html
三宅雪子  どんな妨害にも、ネガティブキャンペーンにも負けません!/「国民の生活」三宅雪子氏、(日刊ゲンダイ)
http://gendai.net/news/view/98382

http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/137.html
「生活」三宅雪子氏が「うそつき」野田佳彦氏を倒す (植草一秀の『知られざる真実』) 
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-c064.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/114.html
2012年11月17日 菅直人氏が有楽町駅前で演説したがブーイングの嵐
管「原発で最も無責任なのは、・・・・」
民衆「オマエダー! おまえだー!」



http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/857.html
新党きづな元代表 内山晃、あえて生活党に移籍せず亀井静香らと新党か?

http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/879.html
民主の福田衣里子氏が離党の意向 「みどりの風」に入る方向

http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/908.html
この国 破滅の選挙になりそう この解散総選挙は終わりの始まり (日刊ゲンダイ) 




時間も体力も無いので とりあえず更新するのみ。




posted by 誠 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。