https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年05月31日

成熟した“多神教で文明人の社会共同体”に生まれ育った俺は

TweetsWindの仕様変更で 表示が非常に見にくくなった ので此方も仕様を変更する必要が出てきた。
退化 とは こういう事を言うのだろう。
おそらくスマホでは崩れる可能性が大だと思う。


https://twitter.com/mkt5126/status/339856237174874112
TweetsWindの仕様が変更になり 誠天調書のtwitter表示も変更せざるを得なくなりました、
横長表示のままだと 見栄えが非常に悪くなってしまいました。
スマホだと崩れている気がしてなりませんが
仕方が無いので しばらくは こんな感じにして様子を見ます。





2013年05月28日 素粒子実験施設(J-PARC)での放射能漏れ事故-核分裂反応で金が蒸発: J-PARCとはどんな施設か。私もさっぱり知識がありません。 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68526180.html




放射性物質の拡散した方向と種類 J-PARC東海村放射能漏れ事故5/29公表資料より - みんな楽しくHappy♡がいい♪
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3017.html




「茨城東海村大学院生等4名2ミリシーベルトの内部被ばく。連絡は警報から36時間後。モニタリングポストの異常あり」日本原子力研究開発機構公表資料&NHKニュース時系列
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3009.html



「安全装置は1日10回ぐらい毎日止まるんです、だから経験から再起動」5/27モーニングバード書き出し・J−PARC55名の被ばく検査結果資料・東京新聞社説
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3010.html



<保存してるよ!>放射放出事件・東海村J−PARCがネットから消した資料
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3013.html



どんな放射性同位体が飛び出したの? 東海村J-PARC(日本原子力研究開発機構)事故
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3015.html



武田邦彦 (中部大学): 【緊急】東海村の放射性物質放出
http://takedanet.com/2013/05/post_6811.html

武田邦彦 (中部大学): 【緊急】政府、文科省、NHKは直ちに行動しなければならない
http://takedanet.com/2013/05/nhk_d6cf.html



茨城県の東海村の実験施設の事故について 5/28武田邦彦氏(音声文字起こし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3016.html
当初、1万ベクレル以下と想定された報道だったのに 1000億ベクレルを超える可能性がある



https://twitter.com/TOHRU_HIRANO/status/339722570842652673
茨城東海村で放射能漏れ。酷いね。
「原子力機構は南西方向に1000億ベクレルの放射性物質が漏れたと明らかにした
http://mainichi.jp/select/news/20130526k0000e040121000c.html)」
よく考えると、福島原発からは今も、毎日「2億4千万ベクレルが漏れてる」のだけど、
その何百倍もの放射性物質が東海村から2013/05/15に漏れた事となる

https://twitter.com/stmatthew70/statuses/338575326911291392
福島第一からは 毎時1000万ベクレル、(毎日2億4000万ベクレル)、
茨城の事故では 1000億ベクレル放出。 
あれ?あれ?あれ?大きい事故と違いますか?

https://twitter.com/kakiaki1005/status/339589119351070721
茨城県東海村J−PARC事故。南西方向に1000億ベクレルという事は、こういうことだよな。 http://twitpic.com/ctyggp

http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/775910617.jpg

https://twitter.com/kakiaki1005/status/339750432970768384
事実は全て闇の中です。ただSPEEDIを持っている文科省は知ってると思います。
ちなみにこのブログ(http://ameblo.jp/taro-gtr/entry-11536862422.html)によると
24日午前9時板橋区では線量の上昇があるようです。
RT @plankton0331: 我が町、足立区もはいってるんじゃない?

千葉市は あんまり変わらなかった気がする。
 焼却場から風下側の数km〜十数kmの先ならば
 その半分程度の数字 0.20μsv/h が常時に出る可能性も高い
という事は散々に俺が確認している。
風の動き は 常に大きく変わり しかも降下する先となると その数字を掴む事は非常に難しいが
・千葉市の新港焼却場は 一年間を通じて風向きが固定されやすい
・焼却場の煙が確認できる冬季
・しかも雨が降る事で煙が降りてきやすい
等で 常に確認をしてきた。

今回の被曝地は 2011/03/15の時の被曝地でも有るから
元々に0.20μsv〜0.40μsvが出ても いつもの事 となってしまうだろう。
しかも状況的に 瞬間的にしか検出されない可能性 が低くない。
更に降下する先の特定 となれば 把握は極めて難しいだろう。
そういう事の訓練を俺は昨年末から個人的に繰り返してきたから 良く分かる。

いずれにせよ ニホンジンのコッカのニホン以外ならば非常事態宣言が必ずに発令される事態だった と断言できる。
そういう数字で有ろう。
また核が堕ちた である。

こういう事を何故か一切に踏まえない群馬大学教授は御元気なのであろうか? 別にドーデモイイなのだが。


http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338094416550035456
郡山市と同程度の汚染です。RT @jrmmnisi: 茨城県東海村の放射性物質漏れ、被害を受けた方は大丈夫なのかな。「施設の汚染は最大で1平方センチあたり約40ベクレル」という見た目の数値にころっと騙されかけたけど、すんごい数字よね。1平方メートルあたり40万ベクレルの汚染

http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338429339299364864
福島第一原発からいま漏れている放射能は、2年前に漏れた大量の放射能に埋没するのと同じ意味で、茨城県東海村の研究所から先週漏れた放射能は埋没する。無視してよい。

http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338428446864719873
茨城県東海村の研究所から放射能が漏れた事故。数億ベクレルらしい。それくらいは、福島第一原発からいまも毎日漏れてる。2年前に大事故があったばかりのいま、それくらいの汚染追加は誤差に埋没する。

凄いねぇ、もう本性を隠そうともしないんだね。


何が起こっているのでしょう?|タローホリウチ日々のブログ
http://ameblo.jp/taro-gtr/entry-11536862422.html
5月24日午前9時現在「板橋区」の室内計測での数値です!
場所は東側窓辺ソファベット上、窓は開放です。
http://stat.ameba.jp/user_images/20130524/10/taro-gtr/13/12/j/t02200392_0515091712550266460.jpg
これは 誤作動では無い数字の可能性が有る と俺は思う。
現在迄通常グリーンサインでした。
ちなみに我が家の昨年末平均「0.06〜0.09」と言う数値でした。

世の中で何が起こっているんでしょう?TVとか無いので分かりません(笑)
でも僕等に公表無く何処かで何かが起こっている気がします。
国の偉い方!知識の有る方々!僕達はどうしたらいいのですか?
教えて下さい!普通に生きて行く術を御指南下さい。
もっと税金が必要なら、もっと働きます!
アイディアが必要なら皆で知恵を搾ります!
国民の団結が必要なら掲げる国旗の下に集ります!
「事なかれ」に僕達を見捨てないで下さい。
見捨てるどころ
 「日本人と日本」という言葉そのものが
 そもそもからして詐欺と詐術の道具でしか無い
のだから、そういう話から始めなければならない時期に来ているんだよね。
俺達は家畜で奴隷でしか無い とするのが「日本人と日本」を口にする連中の正体なんだからさ。



https://twitter.com/kakiaki1005/status/339752034179895296
東海村J-PARCの事故で思う事は、
今回の事故は自民党政権下で起きたと言う事です。
仮に前民主党政権だったらどうだったでしょうか?
今回の事故は、今のところ全く完全に隠蔽されてます。
やはり、自民党の方が前民主よりも、政権運営や隠蔽が上手いのです。

https://twitter.com/kakiaki1005/status/338283966970859520
福島原発事故による年間1mSV以上の汚染面積は、チェルノブイリ事故よりもずっと広い。
やっぱり4機も爆発していると、例え偏西風で大部分が海に流されても、圧倒的なパワーだな。
チェルノブイリを遥かに越えているよ。
http://twitpic.com/ct3r3b
http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/774478055.jpg

というかね、やっぱり2011/03/15の放出量が チョット桁違いに過ぎる、
あの放出量を 4号機の火災を抜き説明しようとする 方が どう考えても論理矛盾すると思うんだよね。


https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339957761053978624
緊急時に、プラントデータのバックアップが有るのか無いのか を、日本中の全ての号機について聞きました。
その解答です。
http://kawauchi-hiroshi.net/images/topics/img/20130530_925858833_FilePath_1.pdf
不思議なことですが、福島第1原子力発電所の1・3・4・6号機だけが、データのバックアップが無いのです。

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339914164413812736
データが、地震から津波の間に抜けています。
非常用電源でデータが録られていた にもかかわらず、です。
そして、その理由はプリンターが「紙詰まり」でデータのバックアップもない、というのが理由です。
因みに、バックアップが無いのは福一だけです

https://twitter.com/tutinoue/status/339969241421852672
2012-04-09 07:17:43 『F1事故(事件)は津波?・・・1』
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11218064933.html
[ これは昨年三月十一日15時42分に福島第一原発の前所長だった吉田昌朗氏が、
 特定事象の種類が全交流電源喪失と想定される原因が地震と明記]
の書類の写真

https://twitter.com/tutinoue/status/339970323644555264
元を辿ったら、表示されなくて、【魚拓】 http://gyo.tc/Eajy 中を開けても エラーとなる。
だから、しっかり電源喪失の理由が地震と書かれた報告書の写真の載ったブログを探した。
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11218064933.html
→ http://stat.ameba.jp/user_images/20120409/08/masaya1015/fb/fc/j/o0512049011905605451.jpg
2011年3月11日15時42分
福島第一原発の前所長だった吉田昌朗氏が
経産大臣、福島県知事 地元である大熊町長、双葉町長へあて通報したものです。

この中で注目すべきことは、
 特定事象の種類が全交流電源喪失と想定される原因が地震
と明記されていることです。

311つまり2011/03/11の14:46の大地震とされるモノは起きてます。

吉田前所長が通報した時間との差は約1時間です。
さて、この一時間に福島第一原発では何があったのでしょうか!

まず上げられるのが
 地震でも津波で他では一切に倒壊が無かった送受電鉄塔なのに
 何故か此処だけ倒れた 福島第一原発の受電鉄塔の倒壊 です。
この倒壊は津波によるものではありません。そもそも津波は到達していません。

なのに 津波が原因 津波が原因 と何故に連呼をしたのでしょうか?

https://twitter.com/tutinoue/status/339991409048305664
『一号機の炉心溶融の引き金は津波だったのか!』
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11221040229.html
東電や政府は津波説を前面に出していますが、これは明らかな間違いであるとおもいます。
← 地震による配管破損は大飯原発ストレステストで考慮されてない?

https://twitter.com/tutinoue/status/339992174462640128
『福一1号機の配管損傷は地震によるもの』
http://amba.to/QzOA2P
1号機の原子炉建屋4階で作業したいた下請けの作業員さん数名が同階での出水を認めています
この出水は燃料プールのスロッシング(振動による溢水)ではない ので
 配管損傷によるもの 
と考えざるを得ない

メモ  電源喪失  - 土のうえ のブログ - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8713211.html

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339405909379907585
事故後2年以上たっても、
現場検証さえできない、放射線量の高い、水素爆発により破壊され尽くした原子炉建屋内部映像。
多くの国民の皆さんは、建屋の中も片付けられていると思っている方が多いのではないか?
現場の真実を知って欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=VQseY5NDJbY

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339398136017596416
(再送)地震での配管損傷の可能性を示す、
福島第一原子力発電所 一号原子炉建屋内撮影映像【字幕付き】をアップ。
私の質問に対し、建屋4階での水素爆発の可能性を東電部長が解説。
http://www.youtube.com/watch?v=VQseY5NDJbY


https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339757245103493120
規制委員会が福島第一原発の現場へ入るらしい。彼らが、どうコメントするか、注目したい。


弁財天: J-PARCがやってた実験は核兵器の点火実験か? update3
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/jparc_radiation_leak_accident

金の標的にレーザーを当ててNIFが失敗したので
J-PARCは陽子ビームを当てる。
どうせ中には重水素とトリチウムのガスカプセルが入ってたんだろ。
どう見ても 単なる「核兵器の点火実験」ですな。
バカ国家。

意図的に実験に失敗することで
レーザー核融合による新型の核兵器の点火実験を世界にアピールとか?


実験で一番に被曝した大学院生は
 何の為の実験か?
理解してたとは思えないな。

大学の研究室で院生の先輩が一酸化炭素中毒で死にかけた事故を思い出した。
ただ上に言われて闇雲に実験してるだけだったと思うぞ。
原発作業員の派遣会社舎弟問題もあるけど、大学院生の奴隷被曝労働も問題だなと思う。

貧乏な国立大学の大学生や院生を
報酬や家を餌にしてムラへ呼び込むところから御用学者への入り口は始まっている。

エリートコースだとか高い倍率の就職難関を乗り越えたとか
そんな口車に乗せてムラへ誘ってる。

本当はエリートではなく 被曝奴隷 で
倍率もウソで 落ちたヤツは1人もいないとか。


J−PARCが消した資料はこれ
https://pbs.twimg.com/media/BLWHjo-CMAAWH53.jpg
このリストを見れば
 核兵器の点火実験を大学院生に奴隷被曝労働にして やらせていた
ということが明白になるからな。


ニホンジンのコッカのニホンな一神教で野蛮人の性癖が丸出しだよね。
核実験は奴隷にやらせる、其処までするのが 狂信的なカルト集団 だからね。

連中にしてみれば
 貴重な人材は守らなければならない
 家畜奴隷は 奉仕する為に存在できるだけ「ありがたい」と思え
 これは聖戦で 神の国の崇高な道である
とか何とかな話なんだろうね。


 東日本に住む 馬鹿で豚にすぎない一般民衆の全てが 単なる強制収容所の家畜奴隷な存在でしか無い
とする性癖で動いている連中が どの辺りに居るのか?
其の自覚の有無 の以前にそういう性癖で政治を動かそうとする連中が居る
という段階で 大量虐殺と民族浄化は起きる。

掠奪と凌辱の快感が忘れられないような即時入院措置が必要な水準での病的な精神異常者が支配統治を担う、
それがニホンジンのコッカのニホンであり 「日本人と日本」の本質である。

もう 此処まで書かなければ間に合わない。
此処まで書いたならばこそ 其の先が見通せるようになる。

だから 他の人が書けるか否かを問う その前に俺は とっとと書いて進むだけだ。



「自分たちで過小評価しておいた放射線のリスク評価を用いて、「科学的」には因果関係が証明されないからその被害は原発の放射能が原因ではない、と被害を切り捨てる」 朝日新聞 2013/05/26 朝刊一面 福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」 : 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68578140.html


「原子力空母はCO2を出さないからエコ」、「安全、安心は金」-女性の原発推進団体(WiN)の活動報告から: 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68620214.html


掠奪と凌辱で生計を立てて育った者達は
 人を殺し 異性を犯し 身ぐるみを剥ぎ 其の血の海の上で踊り狂う
 それは神の導きと言う“お墨付き”も得ている
が日常なので 其れが自然で当然 としか考え無くなる
それが 一神教で野蛮人 の美意識であり 価値観であり 生き方である。

其れは 適者生存 弱肉強食 とか言い出して一定の正当性を認めながら
自分達は違う とか都合の良い言い方をして逃げる のが 一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 である。


自分達が殺されても野蛮な行為は出来ない
という マヌケなまでの平和主義者 が多神教で文明人の 美意識であり 価値観であり 生き方である。

もう これは完全に民族が違う と言いきって良いだけの差異が有る。
だから俺は そういう意味合いでの民族意識を掲げた方が良い と考えたんだよね。

 一神教で野蛮人な「日本人と日本」という狂信的な宗教神権国家なカルト集団の異民族支配からの
 極東の一諸島の圧倒的大多数を構成する多神教で文明人の社会共同体の被支配者層の民族の【独立】を掲げる
を俺は書くんだよね。





2013年05月27日 戦闘教師「ケン」 激闘永田町編: 国会機能の充実と効率化に向けて
http://kenuchka.paslog.jp/article/2653634.html

国会審議による法案修正が前提となるため
政権党における閣法の事前審査は自粛されなければならない、
国対での取引のような審議外での法案協議は
最小限に止められなければならない。


例えば、「ダウンロード違法化」においては、
与野党間の内部協議で事前に調整された法案が用意され、
無審議で即採決されたため、
国会の議事録に一行も審議が残らない結果
となっている。


このことが国民の議会に対する強い不信を生んでいることに、
国会議員や政党は あまりにも鈍感ではなかろうか。
ネットを経由して動画を観る人は全員が 2年以下の懲役か200万円以下の罰金 が科せられる。
それがダウンロード刑事罰で有り 現状では逃れられない。

なのにニコニコは法案成立時に殆ど無反応だった という共同正犯である。
掠奪と凌辱はウツクシイ行為 という性癖で生きている連中が何処に居るのか?
まだ説明が必要なのかなぁ。





https://twitter.com/tanaka2527/status/339773644840517633
でも反原発の人達が言っている健康被害も無いし、葬式なんて増えてもいないし、WBCで過度に被爆している人っていまだに出ていないんですよね。どうしてでしょう私には反原発の人が嘘を言っているようにしか思えませんが。

https://twitter.com/mkt5126/status/339811071210708992
1. 癌が肉体を蝕んでいく過程を直接に観察し続けた事が無い
→癌で死んだ人間は居ない。
2. 放射性物質が肉体を蝕んでいく過程を直接に観察し続けた事が無い
→放射性物質で死んだ人間は居ない。
3. 児童ポルノ法で殺される人間を自分は知らない
→児童ポルノ法は問題が無い。

1+1=+2すら理解できない者へ 其れ以上の方程式を理解させえる事は極めて困難だ。
そういう者達へは SOEKSを持って飯館村へ行く事を勧めたい。


https://twitter.com/kakiaki1005/status/339776250774188032
僕は好きな言葉があるんですわ。
ダスティンホフマンの映画だったと思うんですが、父親が息子に話しかけるセリフ。
「世の中は嘘だらけなんだ。だからお前は好きな嘘を選んで生きていけばいい」
僕はこれでいいと思いますよ(´∀`)

其れで良いと思う人 は 其れで良い、「ならばよし」だ。
ただし 俺は 其の先へ行く。
あくまで一人で進む、それだけの話だ。




http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/396.html
2013年5月27日 亀井亜紀子議員が3月25日に「エクソン・フロリオ条項」に言及!! (神州の泉)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/05/post-1a66.html
http://akiko-kamei.home-p.info/2013/04/08/ciuaeueieaiinnaiauaoi/


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/182.html
〈PC遠隔操作事件〉 第1回公判前整理手続きで、弁護人の怒り炸裂  江川 紹子 


http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/113.html
有力ヘッジファンドが予言する日本危機・・ゾッとする崖!読みが間違っていることを祈るばかり!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37842?page=2


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/367.html
「民主党はマニフェストをどんどん投げ捨てるのに2年ほどかかったが自民党の場合は3カ月で投げ捨てた:金子勝氏」(晴耕雨読)


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/380.html
2013年05月27日 クローズアップ現代「中止」? 検察のイヌになり下がった国営放送 (今西憲之) 
http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/28487296.html


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/441.html
森ゆうこサポーターズ総決起集会 <小沢一郎代表 森ゆうこ議員を後継指名!> 森ゆうこ参議院議員 決意表明 


http://kenuchka.paslog.jp/article/2653020.html
読売新聞、1979年5月31日(木)朝刊 社説「尖閣問題を紛争のタネにするな」
http://kenuchka.paslog.jp/image/yomiuri201979.531s.jpg




2013.05.22 シリアでの戦闘は外国の支援を受けた反政府軍が劣勢で、レバノンから反政府軍への補給拠点も政府軍に押さえられようとしている中、イスラエル軍の動きが活発化 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305220000/


2013.05.27 シリアへの軍事介入に積極的な姿勢を見せる英国はリビアで数百人規模の地上部隊を投入していたが、体制転覆を実現できないシリアでは苦境に陥っている可能性も 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305270000/


2013.05.29 EUの外相理事会で反シリア政府軍への武器禁輸が解除され、マケイン米上院議員がトルコからシリア領内へ入って反政府軍の幹部と会談、反政府軍は少数派殲滅を公言 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305290000/



2013.05.23 米国資本を後ろ盾にグアテマラを支配した軍人のひとり、モントに対する有罪判決が破棄されたが、歴史を偽造して米国支配層の悪行を隠そうとする意志も働いているだろう 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305230000/
グアテマラでマヤ系先住民1771名以上を虐殺した責任者として禁錮80年が言い渡されたが、
わずか10日後の5月20日に グアテマラの憲法裁判所は
そのエフライン・リオス・モントに対する原判決を破棄して差し戻した。

モントは1982年の軍事クーデターで実権を握り、独裁者としてグアテマラに君臨した人物だ、
その後ろにはアメリカの巨大資本が存在した。
つまり彼は傀儡。
グアテマラの場合はユナイテッド・フルーツ
(1970年にユナイテッド・ブランドへ、また1984年にはチキータへ名称を変更)
に支配されていた。


グアテマラでは1944年に選挙が行われて
フアン・ホセ・アレバロが当選、翌年の3月から大統領を務めることになる。
この国では、民主的に選ばれた初の大統領だった。
アレバロの次に選ばれたのがヤコボ・アルベンス・グスマン。
在職期間は1951年3月から54年6月まで。

グスマンが大統領に就任した1951年、
モントはパナマにあったアメリカの軍事訓練施設、SOA(School of the Americas)に派遣されている。
この施設では反乱鎮圧技術、狙撃訓練、ゲリラ戦や心理戦、軍事情報活動、そして尋問法などが教えられ、
「暗殺学校(School of Assassins)」と陰土を叩かれている。
なお、SOAは1984年にパナマを追い出されて米国ジョージア州へ移動、
2001年にWHISECへ名称が変更されている。

ところで、アメリカの情報機関はウォール街と深い関係にある。
アメリカは大戦に参戦した直後、イギリスの情報機関を「師」とする形でOSSを創設した。
初代長官に選ばれたのはウォール街の弁護士だったウィリアム・ドノバン。
このドノバンと親しく、破壊活動を指揮することになるアレン・ダレスもウォール街の弁護士。
アレンは兄のジョン・フォスターと同様、ユナイテッド・フルーツの仕事をしていた。

戦後、OSSはCIAに生まれ変わり、1953年からアレン・ダレスがCIA長官。
この年、ドワイト・アイゼンハワーが大統領に就任している。

そして、グスマン政権を倒すために始められたのがPBSUCCESS。
この作戦で中心的な役割を果たしたフランク・ウィズナーもウォール街の弁護士で、
OPCの局長も務めた。
(当初はOSP。極秘の破壊工作組織で、CIA計画局の中核になり、後に作戦局へ名称変更、
 2005年にはNCSに吸収された。)

リビアやシリアでの体制転覆プロジェクトでも同じだが、
反政府軍を秘密裏に編成して武器や資金を提供、
グスマン政権に対するプロパガンダを開始、
1954年にはアイゼンハワー大統領が軍事蜂起を巨魁している。

クーデター後、グアテマラでは共産主義者の疑いをかけられた数千名が逮捕され、
その多くが拷問を受けたうえで殺害されている。
1960年には、軍事独裁体制に対する軍内部の反乱があり、内戦は96年まで続いた。

ロナルド・レーガン政権もグアテマラの独裁体制を支持、
市民を支える仕組みを根絶するために激しい弾圧を展開した。
レーガン政府の支援を受け、数年間で約10万人が軍に殺されたと言われている。

軍事政権全体では約20万人が虐殺されたともいう。

この時の外見を利用、中東/北アフリカでは「独裁政権」を倒そうと「民主勢力」が蜂起、
それをアメリカなど「西側」や湾岸の独裁産油国、あるいはアパルトヘイト国家のイスラエルが支援する
という形に見せている。

その実態はラテン・アメリカの場合と同じ。

アメリカの巨大資本や、湾岸産油国、イスラエルの利権を拡大するために
傭兵(アル・カイダ)を雇い、ラテン・アメリカの「死の部隊」と似たようなことをさせている。

モントが有罪ならば、そのモントを操っていたアメリカの政府や巨大資本も責任を免れない。
アメリカの支配層は歴史を偽造して逃げようとしている。
ニホンジンのコッカのニホンすなわち「日本人と日本」とは古代のカルト宗教団体の名称でしかない。
150年前に権力を簒奪し掠奪と凌辱の限りを尽くし
65年前に自分達の存続をする為に宗主国サマへ睥睨し傀儡へと変身した、
単なるキチガイ宗教団体の名称でしか無く だから其の教条もまた詭弁詐術の塊でしかない。

一神教で野蛮人という共通項を持つ者達同士だからこそ
ニホンジンのコッカのニホン と 宗主国サマ は 虐殺と凌辱も神の導き として美意識と価値観が共有できる。
後は 強奪品の分配配分の話なだけとなる。

一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 は 其れが適者生存な話と言いながら
自分達だけは正論を言う という詭弁で逃げる。

多神教で文明人は 自分が死んでも野蛮な事は出来ない と マヌケなまでに平和主義者で生きていく。

この美意識や価値観や生き方の相違をこそ言葉にして行かなければならない時期に来ている。

戦う相手 の方向性は同じでも
欧米の庶民には欧米の庶民の歴史や文化や美意識や価値観や生き方に合致した戦い方が有り
極東の一諸島の庶民にも歴史や文化や美意識や価値観や生き方に合致した戦い方が有る。
俺は それを言葉にして行きたいんだよね。



2013.05.25 共通番号制度法が成立したが、これは庶民を管理することが目的であり、庶民から富を搾り取る支配システムに異を唱える人物を探し出し、監視し、排除するための仕組み 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305250000/
住民基本台帳ネットワークでも同じことが言えるのだが、
共通番号制度法でマスコミは「便利さ」と「情報の流出」を語るだけ。

支配層が庶民の個人情報を握るという発想の危険性から目を背けている。
こうした仕組みができれば、勿論、アメリカの支配層も日本人の個人情報を容易に入手できるようになる。

データベースがインターネットにつながっているなら、必ず情報は全世界に漏れる。
犯罪に使われることは不可避だ。

そうした危険性を承知の上で住民基本台帳ネットワークや共通番号制度法を導入する理由はひとつしかない。
庶民の管理。自分たちが儲ける仕組みを維持することが彼らの関心事であり、
その仕組みに反対する人間を見つけ、監視し、反乱の芽を摘むことが大事なのである。

この仕組みが原因で庶民が被害を受けることなど気にしていない。
支配層の情報を隠すシステムは1970年代から整備されてきた。

共通番号制度法が5月24日に参議院で通過、成立した。
「普通の国」なら、こうした法案は「ビッグ・ブラザー」だとして大問題になるだろうだが、
日本ではごく一部の人びとを除き、国全体では大した話題にならなかった。

言うまでもなく「ビッグ・ブラザー」とは
ジョージ・オーウェルが1949年に書いた小説『1984』に出てくるキャラクター。
オーウェルはソ連を批判する目的で書いたようだが、
実際はアメリカやイギリスで現実化して、日本も両国を追いかけている。

『1984』を書いた当時、オーウェルは極秘機関「IRD」に協力していた。
この機関をイギリス外務省は1948年、プロパガンダを含む工作を実行する目的で創設している。
ソ連の影響がイギリスの左翼へ及ばないように、IRDはイギリス労働党を支援していたとも言われている。


監視システムという点で言うと、
1947年あるいは1948年にUK(イギリス)とUSA(アメリカ)で結ばれ調印された協定
「UKUSA(ユクザ)協定」が重要だろう。

これは調印日も不明確なもので、イギリスのGCHQとアメリカのNSAが中心。
GCHQは1942年に設立されているが、
NSAが創設されたのは1952年、
NSAの前身であるAFSAも1949年、
協定が調印された後ということになる。

GCHQにしろ、NSAにしろ、存在自体が秘密にされていた。

NSA長官が議会の委員会へ初めて呼び出された1975年になってからであり、
GCHQの名前が初めてメディアに登場したのは1976年のことだ。
それまでNSAは「No Such Agency」、
つまり、そんな機関は存在しないと表現されるような存在だった。


1976年にGCHQの存在をタイム・アウト誌で明るみに出したのは二人のジャーナリスト、
イギリス人のダンカン・キャンベルとアメリカ人のマーク・ホゼンボールだ。
その記事が原因でホゼンボールは国外追放になり、キャンベルはMI5(治安機関)の監視下に入った。

数年後、キャンベルはタイム・アウト誌のクリスピン・オーブリー記者と
電子情報機関の元オペレーターを取材、この3名は逮捕された。

オーブリー(Aubrey)、元オペレーターのベリー(Berry)、そしてキャンベル(Campbell)
の頭文字をとって「ABC事件」とも呼ばれている。

そうした弾圧を跳ね返し、キャンベルは電子情報機関の暗部を暴き続けた。
1988年にキャンベルはECHELONの存在を明らかにしている、
だが彼の調査を日本のマスコミは完全に無視していた。


ECHELONに関しては、1996年にニッキー・ハガーが詳しい本を出し、
その後、ヨーロッパ議会も報告書『政治的管理技術の評価』を公表している。
日本でこの問題が取り上げられるのは、それからしばらくしてから。
しかも、内容に問題がある。

ヨーロッパ議会の報告書ではECHELONなどの電子技術を管理システムの一部としてとらえ、
そうした技術を使った監視システムのターゲットは
反体制派、人権擁護の活動家、ジャーナリスト、学生指導者、少数派、労働運動指導者、政敵
などになる可能性が高いと指摘している。

ところが日本ではカネ儲けという視点でだけ取り上げていた。

TPPでも言えることだが、
日本のマスコミは支配の問題を「国対国」、しかも「カネ」という切り口で語ろうとする傾向が強い。

「西側」でファシズム化が急速に進んでいることに危機感を抱かず、気にかけていない。
「支配階級対被支配階級」、
アメリカで好まれている表現を使うと「1%対99%」の対立が問題なのだが、非常に無視されている。


一方、アメリカでは不特定多数の個人情報を集めて分析するシステム「PROMIS」が
二つの意味で1980年代から話題になっている。
ひとつはシステムの能力、
もうひとつはアメリカ司法省が このシステムを横領した疑いが強まったこと。

PROMISの優秀さ(庶民にすれば恐ろしさ)は日本の検察も認めていて、
法務総合研究所は資料を1979年と80年に「研究部資料」として公表している。

この当時、アメリカの日本大使館に一等書記官として勤務していたのが原田明夫であり、
PROMISを開発したINSLAW社と実際に接触していたのは敷田稔である。
原田は後に法務省刑事局長として「盗聴法」の法制化を進め、
事務次官を経て検事総長に就任、敷田は名古屋高検検事長を務めている

また、横領の問題では1987年に破産裁判所が司法省の不正行為を認める判決を出し、
連邦地裁も1989年に原判決を基本的に維持する判決を言い渡している。
1992年には下院の司法委員会が破産裁判所や連邦地裁と基本的に同じ結論の報告書を出した。

後に巡回控訴裁判所や最高裁は逆の判決を出しているが、
破産裁判所、連邦地裁、そして下院司法委員会が司法省の横領を求めた事実は消えない。

こうした出来事を日本のマスコミは無視している。


2013.05.26 共通番号制度によって日本人の個人情報が集中管理されるようになれば、米国の情報機関も容易にデータを入手できるようになり、それだけ日本を支配しやすくなる 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305260000/
第2次世界大戦の直後、イギリスとアメリカの支配層は
世界規模で電子的に情報を収集する作り上げたが、
1980年代に入ると、不特定多数のターゲットに関する情報を分析するシステムが実用化された。
当然、ターゲットには人間も含まれ、人々は「ビッグ・ブラザー」に支配されるようになった。

アメリカの場合、公的な情報を統合するだけでなく、
 銀行口座(資金の出し入れ)の内容、
 クレジット・カードのデータ、
 住宅ローンの支払い内容、
 投薬記録、
 航空券や劇などのチケット購入記録を監視、
 最近では電子メールの内容
までもが全て記録され、
 インターネットでアクセスしたサイトに関する情報、
 あるいはGPSを利用して個人の動きを追いかける
ことも可能になっているようだ。

2012年11月、デービッド・ペトレアスCIA長官が辞任している。
伝記作家との浮気が原因だとされているが、
 電子メールの記録
が決定的な証拠になったという。

ペトレアスは陸軍大将のCIA長官、ペトレアスの伝記を書いていたポーラ・ブロードウェルは
軍情報部に所属していた陸軍中佐。
ふたりとも情報のプロであり、通信傍受に関する知識を持っていたはず。
当然、それなりの対策を講じていたと考えられるのだが、それでもバレている。
もはや 一般人は丸裸 ということだ。

それだけ監視技術が進歩しているということだが、
そうした技術の開発に「民間企業」が関わっている。
1980年代からアメリカでは軍や情報機関の「アウトソーシング化」が進んだ結果だ。

そうした流れを生んだひとつの理由は、
1970年代半ばに行われた議会による調査。
・フランク・チャーチ上院議員を委員長とする
 「情報活動に関する政府の作戦を調査する特別委員会」(チャーチ委員会)
・オーティス・パイク下院議員を委員長とする「情報特別委員会」(パイク委員会、当初はネッジ委員会)
が中心的な役割を演じた。
こうした議会の調査を回避する手段として「民営化」を推進したと考えられている。

前回に書いた情報の収集/分析システムのPROMISだが、
INSLAW社から奪ってから司法省は情報機関へ渡す。
それにトラップ・ドアが組み込まれ、ハドロン社という「民間」の企業を介して
各国政府、国際機関、あるいは金融機関へ売られている。
そうした中に日本の政府機関や銀行も含まれている可能性が高い。

ハドロン社を経営していたのはアール・ブライアンという人物だが、
このブライアンやロバート・マクファーレンからイスラエルの情報機関もPROMISを入手し、
独自にトラップ・ドアを組み込んで全世界に販売していた。
イスラエル版を売っていたのがミラー・グループの総帥だったロバート・マクスウェルの出版社。

その会社ではジョン・タワー元米上院議員も働いていた。
マクファーレンと同じようにタワーもイスラエルの手先だったということである。
1989年にジョージ・H・W・ブッシュ大統領はタワーを国防長官候補として選んだ、
しかし結局に承認はされていない。
その理由の一つは此処にある。

アメリカの国民監視システムは国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)を中心に開発されているが、
そこには戦争ビジネスなどが繋がっている。

イスラエルの場合は軍の情報部隊である8200部隊が中心になっているようだが、
この「部隊出身者」が数十の会社を興し、
一部はアメリカの株式市場に上場されるほどの規模になっている。

こうした企業との取り引きは避けた方が安全だろう。


住民基本台帳ネットワークにしろ、共通番号制度にしろ、
アメリカやイスラエルの情報機関が活動しやすい環境を整えている
という側面があることも忘れてはならない。

日本のエリートなら、アメリカ支配層から命令されて整備している可能性も小さくはない。
日本人はアメリカの支配層から監視されることになると考えるべきだろう。
つまり
 マイナンバーという家畜管理法の関係なデジタル土建を受注する企業は
 CIA傘下およびにユダヤ資本 と見なされても全くに致し方ない
という話になる。
そういう連中が 国粋主義的民族主義を口にするは 完全に詐欺そのものでしかない、
しかも 酷くマヌケな である。

如何なる強奪と掠奪をしても許されて
その結果として如何なる凌辱が起きても何一つに問題が無いとされる、
そういう方向性 とは何か?

俺は そういう連中の生き方や価値観や美意識を言葉にしていく。
俺達は真逆の生き方や価値観や美意識をして行く者達だからね。








http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005896190.html
【野球のツボ】なぜ村田を外した?原監督の目指す野球とは

巨人・原監督の「非情采配」が話題になっている。26日のオリックスとの交流戦での村田の起用法だ。初回の守りで村田はバルディリスの打球処理を誤り、エラー。相手に先制を許すきっかけを作った。さらに、その裏の2死一、二塁の場面では3球三振。原監督は即座に交代を告げた。

原監督は試合後、報道陣の質問にこう答えた。「心技体ともに準備ができていないという判断のもと、こういう用兵になりました。準備不足と判断しました」。主力を1イニングで見切りをつけたことには賛否両論あるようだ。「こういう起用だと選手が委縮する」「懲罰的な選手起用ではないか」という声も聞いた。

私はこの日、現場で取材したわけではないが、状況と監督コメント、そして原監督がこれまで取り組んできた野球観も含めて考えると、「原監督らしい決断をした」と評価している。

監督の仕事とはバントとかのサインを出したり、投手の交代を決めるだけではない。一番大事なことはチームとしてどんな野球を目指すのか、それを選手、スタッフに浸透させることだと考えている。

原監督は「戦う準備ができていない選手は使わない」という明確なメッセージと、村田交代という中で、チームに発した。生え抜きと移籍組、ベテランや若手という区別をつけることなく、筋を通すのが原監督のスタイル。生え抜きには甘く、移籍組には厳しく、ではチームは戦えないことは、原監督が最も理解しているはずだ。

監督として通算で10年目を迎えた原監督。対戦相手を驚かすような奇策でアピールするタイプではなく、戦い方はオーソドックスだ。常勝を求められる巨人にあっては、勝利という同じ目標に選手を向かせることが何よりも優先される。選手の方も原野球は理解した上でプレーしていると思う。

「当たり前のことを当たり前にやる。そのためにも準備をおろそかにしてはいけない」。セではトップを独走している巨人だが、原監督自身が「勝負はそんなに甘いものではない」と思っているからこそ、村田交代を決断したのだと分析している。(前WBC日本代表コーチ)

◆高代 延博(たかしろ・のぶひろ)1954年5月27日生まれ、58歳。奈良県出身。智弁学園−法大−東芝−日本ハム−広島。引退後は広島、日本ハム、ロッテ、中日、韓国ハンファ、オリックスでコーチ。WBCでは09年、13年と2大会連続でコーチを務めた。

2013年5月28日


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005894560.html
村田に“愛の無視”原監督「何も言わないよ」

無言の叱咤(しった)だ。巨人・原監督は前日のオリックス戦(東京ドーム)で初回の第1打席凡退後に交代を命じた村田について「(きょうは)何も言っていないし、言わないよ。今年は真のファミリーになったのだから」と話し、「愛の無視」で奮起を促した。

ジャイアンツ球場での全体練習。原監督はグラウンドで、あえて村田と接触しなかった。40スイングで6本の柵越えを放ったフリー打撃の最中も、指揮官は中堅奥でストレッチを続けた。距離を置いたのは前日の非情交代から続く、期待の裏返しの行動だった。

26日のオリックス戦。村田は初回、2死走者なしからバルディリスのゴロを失策し先制点につながった。直後の攻撃では2死一、二塁から3球三振。原監督は試合後に報道陣には「心技体ともに準備ができていなかったという判断」と説明したが、村田には交代理由は告げなかった。

移籍1年目の昨年も9月7日のヤクルト戦(神宮)で2回の守りで交代、帰宅を命じた。その際は「またあした、元気に会おうじゃないか」と声をかけ、翌日に丸刈りになって現れた村田の頭を「いいね」と撫でた。だが今季は立場が違う。直接的なフォローを避けたのは、チームの一員と認めたからこそ。「彼は大切な位置づけにいるんだから」と期待を込めた。

練習を終えた村田も「何も話しませんよ。ノーコメントです。あしたから頑張ります」と言葉少な。非情采配が交流戦5勝4敗1分けと勝ち切れないチームに、危機感をもたらした。

2013年5月28日


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005898330.html
原監督反省「選手を迷わせている もう少し大胆に作戦を」
巨人の原監督は「見せ場をつくれないまま終わってしまった」と完敗を認めた。

5月に圧倒的な強さを誇る杉内がまさんの5失点。「らしくない点のとられ方」と誤算だったことを口にしたが、それ以上に交流戦に入り、5勝5敗1分けと思うように勝ち星が伸びないことを気にしていた。

「私を含めてコーチ、スコアラーが選手を迷わせているのかもしれない」と指揮官。普段対戦のないパ・リーグのチームに対し、データに振り回されているのではないかという疑問を投げかけたものとみられるが、「もう少し大胆に作戦を。分かっていないのに分かっているような指示はダメ」と、自らに言い聞かすように反省した。

2013年5月28日




http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20121227/bbl1212270741001-n1.htm
永渕洋三は、人気漫画「あぶさん」のモデルとして知られるが、
1968年には12試合に登板。
ただし投手としては結果が出ず、外野手一本になった69年に首位打者を獲得した。
外山は1971年に5勝(11敗)の一方で、3本塁打を記録、その後は野手に転向した。
さすがの三原監督も、二刀流スター誕生までは成功していない。

阪急などを率いた西本幸雄監督(故人)も、左腕エースだった梶本隆夫(故人)を二刀流で起用している。
今では考えられないが、
ダブルヘッダー第1試合は「3番・投手」第2試合は「3番・一塁」で出場させたことがある。
とはいえ、梶本の場合は戦力不足をカバーする苦肉の策だった。
一塁と外野は“副業”で、
投手として歴代9位の254勝を記録し、2007年には野球殿堂入りしている。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/cobecobe/article/204
大谷くんですが、先発じゃなく、6、7回あたりのセットアッパーの方が生きそうです。
困った時に“投げてもらえる”好投手がスタメンにいるのって強みですよね。
今季の広島の戦い(延長など)を見てて、特に思います。(汗)
https://twitter.com/kkcohki/status/314704915614273536
日ハム大谷、157キロか…。打撃センスは文句ないから、とりあえず7番ライトで使って
8、9回どっちかにDH解除してセットアッパーかクローザーで使えば ほぼ毎日に使えるんじゃない?
そろそろ 此の話もするか。 野球が好きな人なら すぐに気付く話だしね。
おそらく今はまだ 日ハムが話を出すのを禁止させているのだろうw

昔と違い投手の分業制も進んだ今では 中継ぎを如何に用意するか が大きな課題となる。
此の場合に パリーグ日ハムの大谷の「二刀流」を活用するとなると DHの問題が有る。

指名打者 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%90%8D%E6%89%93%E8%80%85
チームは必ずしもDHを起用しなくてもよい、
しかし起用しなかった場合には、その試合途中からDHを再度に起用することが出来ない。
だから逆に、DHを試合中に解除して守備の9人のみにするというメンバー変更も可能である。
このときも再度DHを起用することは出来ない。

DHとは権利 なんだよね。
つまり捨てることも可能となる。

投手の分業制が進んだセリーグの試合で 特に選手層が厚い巨人では非常に多い事だが
終盤に投手の打順を9番から移動させる事が多い。

前のイニングで最終打者や其の前の選手の所へ投手や守備要員を入れる をすれば
投手へ打席が回る可能性を少しでも先延ばしに出来る。
この方式を使う形になれば
DHの権利を捨てても投手を打席に立たせるかの可能性を大きく減らす事が出来る。

この手法を使う事で、試合の終盤に入り 投手が継投をして行く時は
事実上にDHを使う状態と変わらぬ状態を作る事が可能となる。

だからDHを採用するパリーグで DHの権利を捨てても という使い方も可能では有る。

投手の分業制が進んだからこそ 投手と打者の二刀流に意味が出てくる
という可能性を おそらく野球関係者の多くは気付いているだろうけど、
ただ 実際に実現可能か と言うと そら中々に難しいのもまた誰もが分かる。

投手の分業制は野球を大きく変えた 一昔前では考えられない事だけどね
ならば 投手と野手の二刀流 もまた 次代の先を大きく変える話になるかもしれない。
俺は そういう意味で注目をしている。


・指名打者は打順表の中でその位置が固定されており、DHの打順位置を変更することはできない。

・先発出場したDHは少なくとも一度、打席を完了しなければならない。

・打席を完了した後か、相手チームの先発投手が降板した後に、
 DHへ対して代打や代走を起用することもできる。
 この代打者または代走者は、それ以降のDHとして、退いた打者の打順を引き継がなければならない
 (このルールは1982年から適用)。

・ただし、DHとして起用された選手が怪我などによって退場する場合には、特例として代打が認められる。

1982年8月12日、近鉄バファローズ対阪急ブレーブス戦
阪急の上田利治監督はこの試合の近鉄の先発投手を読み切れず(実際には左腕投手の鈴木啓示が先発した)、指名打者に投手の山沖之彦を偵察要員として起用し、1回に山沖に打順が回ると右打者の河村健一郎を代打に送ろうとした。だが上記ルールによって打者交代が認められず、山沖がそのまま打席に立つ羽目になった(山沖は三振)。


2010年4月10日、千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズ戦
ロッテの指名打者として福浦和也が第一打席に入ったが、自打球で負傷退場。神戸拓光が代打に起用され、本塁打を打った。


2011年5月20日、オリックス・バファローズ対広島東洋カープ戦
広島の野村謙二郎監督は先発の指名打者に投手の今村猛を偵察要員として起用してしまい、メンバー表交換の際にオリックスの岡田彰布監督に指摘されて初めて気付いた。上記ルールにより代打は認められないため、今村は2回表の第一打席に立ち、犠牲バントを成功させた。次の打席では石井琢朗が代打に出された。

・DHの選手に替わり、投手が打席に立っても構わない。
 ただし、その時点でDHは消滅する。投手が試合開始から打順に入っている場合も同じである。
西武ライオンズは1990年10月11日の対近鉄バファローズ戦と1992年10月10日の対日本ハムファイターズ戦でスターティングメンバーから投手を打順に入れた。どちらも西武がリーグ優勝を決定した後で、指名打者制が使えない試合が発生する日本シリーズ対策として行なったものである。対近鉄戦では工藤公康と渡辺智男、対日本ハム戦では渡辺久信、潮崎哲也、石井丈裕が打席に入った。

・DHの選手が塁上に出た場合、投手が代走に出ても構わない。ただし、その時点でDHは消滅する。

・DHの選手を守備に就かせることもできるが、その時点でDHは消滅する。
 代わりに退いた選手の打順は、投手が引き継がなければならない。
 DHだった選手の打順は変わらない。
1991年5月29日、近鉄バファローズ対オリックス・ブルーウェーブ戦 - オリックスの指名打者で起用された石嶺和彦が9回表に代走が出て退き、その代走の選手が守備についたため、その裏から登板したドン・シュルジーが6番の打順に入った。延長戦突入後の11回に打席に入ったシュルジーは決勝本塁打を放った。指名打者制の導入後、パ・リーグの投手が打った初めての本塁打であった。

・投手が投手以外の守備位置へ移った場合、その時点でDHは消滅する。
 投手だった選手はDHの打順に入り、DHは退いた形となる。
 新たに登板した投手に対してはDHを使用することができない。

 従って、DHが消滅し投手が打順表に入る場合、
 原則として投手の打順は、打順表の空いたところを引き継ぐこととなり、打順の組み換えは認められない。 ただし投手に関係する守備位置交代を含めて、同時に2人以上の選手の交代を行った場合、
 新たに打順表に入る選手の打順は、投手の打順も含めて監督が打順を指定する。

この辺りの話は これから出てくる事になるだろう。
ちょっとニヤニヤして待ってみようと思うw






シミュレーションゲームの効用‐リスクテイクと全体最適 戦闘教師「ケン」 激闘永田町編 2013年05月29日
http://kenuchka.paslog.jp/article/2654206.html
相変わらずに話が面白すぎる。
こういう風に話を構築できる人が居るのは本当に心強い。
ウォーゲーム・シミュレーションゲームを始めて早や30年になるが、
最近はとみに「仕事に役に立っている唯一の趣味」という確信を抱いている。
この確信は私だけのものではなく、同好の士の多くが同様のことを感じている。

特に私と同世代の人間の多くが、一定の責任を担ったり、人を使ったりする立場に立つようになったことが、
一層その思いを強くしているのだろう。
他称では女子高生という事だが そう言われて見ると俺もSLG歴は30年以上かもしれない。
ほぼ同時にTRPGも始めていた という人は殆どに居ないだろうけど。
俺の場合はSLGとTRPGは両輪なので どちらかだけ では無い。

そして其の先に様々なサブカルや電算処理が有るので
なので俺の場合 仕事へ役に立つ という意味ですら無く
生き方そのものへ深く根ざしたモノ という感覚になる。
分けて考える類でも無い 生活 として常に一部が全体へ関わる。

私自身は責任ある立場でも、人を使う立場でもないのだが、
主権を行使する国会議員を補佐するものとして、
議員の情勢認識や政治的判断・決断を支える任を担っているだけに、
事務員としての秘書ではなく、指揮官と参謀のような関係を強く意識している。

では、その「役に立つ」理由、
つまりゲームをすることで得られる効能とは何なのか。
それはどうやら「リスクテイクして決断することの経験値」、
つまり「確信をもってリスクをとり、決断する」こと、
そして「目先や局所の利益ではなく全体・長期的な利益を見る視点」なのではなかろうか。

国産ゲームのデザイナーとして最長老にあたる鈴木銀一郎氏の方法論、
いわゆる「銀一郎イズム」は山崎雅弘氏の定義を拝借すると、

・プレイヤーの視点を「後世の歴史家」ではなく、「当時の軍事指導者」とする。
・当時の軍事指導者が抱えていた不安、問題意識、ジレンマなどの要素をデザインに盛り込む。
・当時の軍事指導者が有していた裁量権を最大限プレイヤーに反映させる。

ということになる。
「後世の歴史家」は、
現場の当事者よりもはるかに多い情報と歴史的結果を知った上であれこれ論評するが、
実際の当事者は非常に情報が限られている上に、
置かれた状況、資源、人間関係などによって思考や判断の多くが拘束・限定される。

結果を知る後世の人間からすれば、「どんだけバカなんだ?」と思われる決断も、
当事者としては合理的な判断に基づいていたケースは少なくない。

前者の「どんだけバカ?」という万能主義的な視点は ただの評論家のそれに過ぎず、
そこから学べることは多くない。
可能な限り当事者と同じ立場・視点に立ち、情報量や情勢認識、
そして各種のジレンマ(状況、資源、人間関係)を共有して
初めて決断者としての知見が得られるのではなかろうか。

私の記事でも、

・イラク大量破壊兵器に見る政治決断の限界 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2631430.html
・ソ連のアフガニスタン介入における意思決定過程 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2646254.html
・経済予測は難しい〜歴史評価の難しさ 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2624295.html

などを始め多くの分析に「銀一郎イズム」が反映されている。

イラクにおけるアメリカ、
アフガニスタンにおけるソ連、
そのどちらも今日の人間の多くは「最初から確信をもって侵略した」と考えているが、
それは結果を知ってしまっている者が断定あるいは断罪しているに過ぎず、
その視点から学べるものは少ない。


だが、我々は日々仕事の上で、
あるいは個人的な事柄に際しても何らかの決断が求められることが多く、
その決断に際しては
やはり限られた情報と資源の中でコスト・リスクとベネフィット(利益)を比較して、
全体状況を鑑みながら何らかの結論を導き出す必要がある。

例えば、千円の本を買う際に、
コスト(金額)とリスク(期待した内容ではないかもしれない)
 と
利益(読んで役に立つ)を緻密に考える
ものは稀だろう。

5千万円の家を買う際には散々に悩むだろうが、そんなのは一生に一度くらいしかない。
一般的な生活でコスト計算やリスク計算をする機会は実は少ないのだ。

だが、こうした計算は
ある程度の熟練(経験値)が無いと判断の基準(データ)が少ないため、
結局のところ
 損なのか得なのか、
 やった方が良いのか やらない方が良いのか
分からなくなることが多い。

シミュレーションゲームでは、
限られた情報や条件の中で、コスト(兵力)とリスク(失敗した場合の影響)と効果を考えながら、
常に間断なく決断が求められる。

10対1での攻撃を躊躇うことはまず無いが、
2対1や3対1での戦闘はリスクと効果の判断が難しくなる。

場合によっては、損害を覚悟して1対1での戦闘を仕掛けねばならないこともあるし、
リスクや全体状況を考慮して4対1の戦闘を諦めることもある。

また、近隣の攻撃を諦めて戦力を集中し、2対1を4対1にしてから攻撃することもある。

こうしたコストとリスクを計算して「やるやらない」の決断を何時間も間断なく続けることが、
計算データを積み重ねると同時にコストとリスクの意識を習慣として固着させるものと考えられる。

とかく日本社会ではリスクヘッジ(回避)ばかりが強調され、
小さい頃からあらゆる場面で「失敗しない」ことが求められる傾向があり、
「リスクをとる」という意識や習慣が どうしても身に付きにくい。

スポーツ界を見れば分かりやすい。
日本の場合、野球では守備、サッカーではパス、バスケではディフェンス
といった練習は常に攻撃よりも重視される。

「リスクをとらないと勝てない」
「アクションには常にリスクを伴う」
は当然のことなのだが、
リスクヘッジを至上とする文化の下で育った日本人は、
よほど意識しないとリスクが取れない。

この傾向はどうも下の世代になるほど顕著なように見受けられるが、
それは その上の世代がそう仕向けている側面も否めない。
まず
とかく日本社会ではリスクヘッジ(回避)ばかりが強調され
というのは
・億劫 
  知性的に分からないから
  経済的余裕が前提に有るから
他にも色々と理由が有り 其れが複合的に折り重なっては居るのだろうけど 大概が「億劫」でしかない。

俺の場合どうだろう?
¥500のマンガを買う事にすら 命の危険性 との費用対効果が問われる下層民の生活しか知らないので
そういう局面ですら 様々なSLGやTRPGの思考で積み重ねてきた思考が入り込む。
それ以上はしないけど それ位はする、もまた億劫という意味でも有ろうが。

「リスクを取らなければ生き残れない」
「リスクを取らなければ生き残れる」

残り¥10000で一か月を過ごす なんてのがザラな俺からすれば
¥500のマンガを買う事にすら「リスク」にはなる、だけど
「リスクを取らなければ生き残れない」
とは思わない
「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」
という思考が先に来る。
此の社会共同体で生きていく という者達の生き方や価値観や美意識が そういうモノなのだと思う。
それが「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」なんだよね。
決して「リスクを取らなければ生き残れない」では無いんだよね。
其れが悪い事なのかなぁ?

「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れない」とは どういう事なのだろう?
“生き残れない”だから“リスクを取っても良い” というのを どうにも俺は馴染めない。
そういう美意識や価値観や生き方 とは 違う世界観で存在してきたから、と今なら強く思える。

「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」という生き方をしてきた者達は
「リスクを取らなければ生き残れない」という生き方が理解できないのは 至極に当然の事でしかない。
だから リスクを取る位ならば“死ぬ” となる。
とんでもなく平和主義者だ。
すっごく馬鹿だ とは思うけど 平和主義者として称賛はしても良いんじゃないかなぁ、とも俺は思う。
其れが悪い事なのかなぁ。

俺は そういう美意識 そういう価値観 そういう生き方 が俺達だと思うんだ。

リスクを取る とは 攻撃をする という事だよね。
リスクを取らない とは 攻撃をしない という事だよね。
野蛮人が 攻撃をする という話を リスクを取る という詭弁詐術で正当化する は散々に見てきた。
俺は 攻撃をしない という話が 文明人の美意識や価値観や生き方である と だから言い出そうと思った。

そういう平和主義者な美意識や価値観や生き方を 知性の高低に関わらずに共通意識として認めあえる
って、俺は とんでもなく凄い事 だと思っている。

だから俺は
 知性の低い者達へ そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”より以上を求める気が無い。
其れ以上を求める方が マヌケで不合理な話だ。

そして
 知性の高い者達へは そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”を詐欺詐術へ利用しない をして
その上の事を考える必要性が責務として生じる と俺は考えてきた。
ならば「リスクを取る」の範囲は おのずと限定されるよね。

まさか
 「知性の低い者達の そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”」を
 「リスクを取る」の範囲に入れる
なんて事はしないよね。

そして
 古今東西を問わずに人間社会の圧倒的大多数場馬鹿で豚にすぎない一般民衆である
事もまた 今更に説明不要な話だ。
そういう話の先を億万に積み重ねてきた先に俺は
 リスクを取る位ならば“死ぬ”となる すっごく馬鹿な とんでもなく平和主義者、
 そういう俺達は 「日本人と日本」と対極に有る 多神教で文明人な者達である
と書き綴ってきたんだよね。

日本 という言葉を もう俺は殆どマトモに使わない。
少しでも使うと もうロクな事にならないw



もう一つ重要な視点は「全体最適」である。

例えば、民主党政権は常に近視眼的で、
鳩山氏の支持率が下がれば引きずりおろし、
一年とたたずにマニフェストを撤回し、
予算が足りなくなると消費増税を強行、
消費増税を強行するために小沢派を放逐、
「約束を守るため」に自爆解散に及んだ。

これらは ことごとく その場を凌ぐために行われたわけだが、
結果的には どれも民主党にとってマイナスとなり、敵を利するだけに終わった。

民主党には全体像や戦略を見渡せる指導者が小沢氏を除いておらず、
その小沢氏を排除して、個別に局所ごとに最適化を果たしていったところ、
次々と全体のバランスが崩れ、収拾がつかなくなってしまった。

シミュレーションゲームでは、常にマップ全体を見渡して、
勝利条件を見定た上で自分が持つ兵力を適切に配分し、
効率よく戦闘を進めなければならない。

仮に一か所の戦闘で大勝利したり、敵の大型戦艦を撃沈したところで、
別の戦線が破られてしまったり、自軍の根拠地が陥落してしまっては元も子もない。

民主党のマニフェストで言えば、
「できること」「できそうなこと」「できないこと」くらいに分けた上で、
どこにどれだけの政治的資源・戦力を投入すれば実現可能なのか
といった全体のバランスや中長期的な構想が どこにも無かったことが最大の問題点だった
(後で分類したものの完全に手遅れとなった)。

現在の右派にしても、
中国に対して威勢こそ良いものの、
仮に尖閣で地域紛争が起こり、一回の海戦に勝利して尖閣諸島を一時的には保持できるとしても、
中国市場を失い、台湾海峡が封鎖されたままの状態でどこまで日本が生き延びられるか
という視点は どこにも無い。

ちなみにエネルギー自給率は
原発が稼働していない日本は5%、
中国は80%以上になる。
まして、日本はロシアや朝鮮半島とも緊張状態にある。

こうした視野の狭さや近視眼性が日本を ますます低迷させている。

国会議員や秘書、あるいは国家官僚は英語なんぞではなく
シミュレーションゲームこそを必須科目に据えるべきである。

私も新党結成して党員・幹部教育に従事する際には推進したいと考えている。
英語とか 馬鹿にも程が有る「ダンス」を必修にする必須課目にする は
単なる愚民化が主目的なのは誰にでも分かると思うけどね。
「ゲームの授業」の方が よっぽど良い と思うけどね。
小学生へ向けても 国会議員や秘書や官僚へ向けても ね。

じゃ 何が良いかな?
正直に言って もう具体案を出しても良い時代だと思うんだよね。
「ゲームの授業」とは何をするのか? ってね。


この記事へのコメント

確かに日本人はリスクをとる事が出来ない為に失敗を恐れて集団主義的なり、はみ出した人間を排除する
という非生産的な行動をとってしまいがちですが
これはとても危険な事だと思います(私もそのせいで排除されてきたので)
其れは賛否の両方が有る どちらとも言えない。

やはりこれからはリスクをとる事を恐れず個性を大切にする教育が必要だと思います。
完全に罠へと嵌まっている典型的な人だよねw
個性を大切にする のもまた 其れの応じた人へ であり
“万民に「個性を大事にする」”を言いだした先の詐欺が「ゆとり教育」 だった事を もう忘れたのかなぁ。

「リスクを取る」とは “どのような人々”が “どのような範囲へまで”に として適用すれば良いのか?
其の根幹に必要な考え方とは 如何なるモノなのか?
そこまで徹底的に掘り下げて考える事も無く 安直に「リスクを取る」な言葉に踊らされるは
郵政民営化 な話と大差は無く 大概に“自分の頭が悪いはずは無い”な者達である。
俺は そういう者達を総じて「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」とは称しているけど。


そして戦略シュミレーションは是非に日本の教育へ取り入れて欲しいです
(多分に小学生はめちゃくちゃハマると思う)

Posted by ドーベン・ウルフ at 2013年05月29日 19:36
コピペをすると その助詞の使い方 文節の使い方 に SLGとしての計算が出来ているか が見えてくる。
鬱陶しいから もう改変をしてコピペをしてしまうけど。

言葉を記す 文章を記す という行為の先で 如何に説得力を駆使できるか?
の計算を日常的に出来ていないままに“「リスク」を取る”とか口に出来る者達は
 「郵政民営化は素晴らしい」と言う者達 と 大差が無い事を口にしている自分達
を区別できているんだろうか?
カジノを推進したい連中 と 如何なる違いが有るのだろうか?
詐欺師ってのは どういう詐術詭弁を口にするんだっけ?

俺なら恥ずかしくって そんな事は口に出来ない。


ならば俺は「リスクを取らない」という者達を揶揄しない。
ただ「リスクを取る」と「リスクを取らない」の区別をして
其れが如何なる美意識や価値観や生き方から生じるモノなのか?をまで口にしたい。


https://twitter.com/mojimoji_x/status/340089466641330176
人間の本質が分かったらしい賢者の方は、頑張って新しい宗教でも立ち上げてください。
RT @kazukazu721: 所詮、人間の本質がわかってないんですよwwそういう生き物なんですよ。特に弱い人間ほどそういう権力もったり絶対的な立場になると、強権を振るいたがる。
多神教で文明人の宗教とは何か?を書き綴っている俺は
新興宗教を立ち上げているようなモノなのかもしれない。
一神教で野蛮人なカルト集団の「“ウツクシイ” 大量虐殺と民族浄化」に対抗しようとすれば必然的に
多神教で文明人の宗教集団とは何か?を模索していく道になる とは思うんだけどね。

ただ
 20世紀のイデオロギーの残滓 から どうしても抜けきれないままに“自分の頭が悪いはずは無い”な人達が
 一神教で文明人 もしくは 多神教で野蛮人 の手法で対抗しようとしている自分達
な様子に 俺からは映るんだよね。
それこそが 戦略的な大間違い としか俺には思えないんだけどね、
戦術的または作戦的には間違って無かったとしてもね。

だから俺は 「日本人と日本」の言葉そのものすら否定する という根幹をも口にする。
其れは戦略的な意味で と俺は考えている。


俺は
右寄りな民族自決 と 左寄りな革命思想 の両方の先で
「日本人と日本」そして宗主国サマからの【独立】を掲げてきた。
こう書くとオウムと殆ど同じだね。

ただ だから俺は教祖になりたくないんだ。
あくまで 情報流通の下士官層の構築 こそが【独立】の道である と考えてきた。

むしろ
 何故に 知性の高い人達が この程度の簡単な事を口にしないんだろう?
と いつも不思議に思う。
俺なんかは知性が低い、ゲームも弱いよ、
だけど この程度の至極に当然で簡単な論理構築は
“自分の頭が悪いはずは無い”な人達ならば 一瞬の内に分からないはずが無いんだよね。

一神教で野蛮人 の頚木を抜けた先が、一神教で文明人 や 多神教で文明人 では
結局に意味が無いと思うんだよね。
だけど
 無宗教とか口にするは一神教で野蛮人の詐術に負けているだけ
 という事すら気付けないままに 何十年も歪な知性を育てていった人達
は もう徹底的に洗脳されきってしまった自分自身すら理解できないのだろう。
それは 狂信的なカルト信者の脱会を試みるに等しい難事 だよね。

もう何度に この様な事を書いてきただろう。
そういう自問自答を どれだけ繰り返してきただろう。

俺は このブログを外部記憶保存として使う としてきて それなりに良かったなぁ と思う。
其の機能性を殆どに活用できていないけど 其れなりには俺自身の知性を昇華できたかな とは思う。
20世紀のイデオロギーの残滓から抜け出し 其の先を進む道を 自分で考え 自分で歩いて 此処まで来た。

成熟した“多神教で文明人の社会共同体”に生まれ育った俺は
其の先で生きていきたい と心の底から思う。
だから更新をし続けるんだ。






willreplicaのブログ:二元論における対義語・反対語についての個人的メモ【13-05-26】
http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1821554.html
ぐるぐる回りに回っているのが分かるw だけど
 そういう論理構築を自らの内側で何度も反芻してから 其の積み上げた上へと進んでいく
を億劫にして しないままに
安直なまま人の言葉の上に乗っかる だけでは 単なる信者と化す からね。

俺が欲しいのは 人材 であり 其の階層 なんだよね。
だからこそ 俺が教祖となる気は微塵にも無いし
むしろ とっとと俺なんかを越えていく人達 は普通に当然に出てきて当り前としか思っていない。


《いじめ》と同じで、サークル・ゲームみたいに
損な順番が回ってくれっばアウトということで…。
これを《正義の勝利》と勘違いさせるところに意味があるのよ。
ノセられた人たちは「ビバ・レボリューション」なわけで…。
https://twitter.com/xtraheavy/status/338502748897169408

久しぶりにそのフレーズを聞いた。
懐かしいというよりもあれからずいぶんと「遠くなった」なぁと。

>これを《正義の勝利》と勘違いさせるところに意味があるのよ。
教祖に肩入れしてる信者だと
そいつ自体が教祖ファンネル(←パクつい)として鉄砲玉に早変わり。
そして教祖が敵認定した標的に向けて一斉に放出される。

二元論や対義語に反対語は物事を「相対化」する時は便利な概念だと思うけど
その二元論で比較するための土台すら溶解してるのが今の現状ってことか。

つーかそもそも「正義」って何?「勝利」って何だろう?
その概念と枠組みに囚われてると「二項対立」に落とし込まれるだけの罠にしか見えないし

それに「左」や「右」など強引に二分割して型にはめておいて
その間隙をぬっては甘い汁を吸って寄生してる奴らがいるって話じゃないの?
まぁ昔から続いてる支配者?の王道なんだろうけど。

そんなに あの極右与党と同化してまで多数派とやらになりたい のかね。

……というか ゆっくり考える時間も無くて
身近に相談できる人もいない のかもしれんし。

それにマスコミ以降の2chや2chまとめなどの2次ソース?から垂れ流される
加工された遺伝子組み換え情報を
流動食のように休まずに摂取し続けてるだけなのかもな。

無気力・無関心になった俺がアニメやゲームネタで絡め取られたように。


 橋下の慰安婦ネタの情報流通の拡大へ安直に乗っかる
が正に「術」に「嵌まった」結果なのです。
絶対的な悪を演出させ、
それ以外の物の見方の全てを 感情的に排除する様に仕向けて 問題の本質から視点を逸らそうとしている、
アメリカンプロパガンダの狙い通りです。
https://twitter.com/ats4u/status/338069810380423168

これが極東の一諸島に住む人たちの美徳に付け込んだ情報工作の一つ例ってとこか。
まぁ これもウヨサヨの二元論はめ込みと一緒。


こうやってバジルさん(と敵対方面)から歩いてくる人を見ていると
日本のひとは情緒まで文部科学省検定済みに見えるのい。
検閲済みの感情で検閲済みの悪態をつく。なんというオモロイ国だろうw
https://twitter.com/gamayauber01/status/338326603161554944


いつもホントにすんません。勝手に改変

@gamayauber01:
こうやってバジルさん(と敵対方面)から歩いてくる精神汚染されたニホンジンを見ていると
ニホンのひとは情緒まで
 ニホンジンコッカの行政である文部科学省の
 「思想検閲基準を合格した検定済みの商品」
に見える。
親米傀儡国家内で規格化された「検閲済みの感情」で「検閲済みの悪態」をつく。
なんというオモロイ国だろうw



2013.05.28 日本のテレビが生んだタレント、橋下大阪市長は外国特派員協会における記者会見で、論点のすり替えと子どもの論理で逃げ切ろうとしたようだが、結局恥の上塗り 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305280000/


「ダブルバインド」「善悪二元論」
「スケープゴート」「偽装批判」
「ショック・ドクトリン」「毒りんご」…知らないとやられる。
「彼ら」の洗脳手法: まとめ http://p.tl/Kkiv #TPP 
https://twitter.com/KKnagomi/status/338503661607075841

カタカナじゃ一目でわからんし変換するのが面倒なのでとりあえず出来るところまで。


「ダブルバインド」
→「二重拘束」なのか。個人的には「二重矛盾」って感じなんだけどな。まぁいいやどっちでも。

「善悪二元論」
→「罪と罰」も追加で。と言うよりも「二元論」そのもの。

「スケープゴート」
→「生贄」もしくは「身代わりサンドバッグ」

「偽装批判」
→「悪そうな奴ほどだいたい友達」というか「スパイ同士の自作自演」

「ショック・ドクトリン」
→紹介にある「惨事便乗型資本主義」でいいんじゃないの?

「毒りんご」は保留。

スケープゴート - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%88


スケープゴート(scapegoat)は、「身代わり」「生贄(いけにえ)」などの意味合いを持つ聖書由来の用語。
「贖罪(しょくざい)の山羊」等と訳される。

原義

原義としてはヘブライ聖書において、
贖罪の日に人々の苦難や行ってきた罪を負わせて荒野に放した山羊を指した。

比喩

現在の意味はこのやや宗教的な意味合いから転じて、
不満や憎悪、責任を直接的原因となるもの及び人に向けるのではなく、他の対象に転嫁することで、
それらの解消や収拾を図るといった場合のその不満、憎悪、責任を転嫁された対象を指す。
簡単な使われ方として、事態を取りまとめるために
無実の罪を着せられた「身代わり」や、無実の罪が晴れた場合の「冤罪」などが存在する。

政治の一つの手法として使われる意味合いとしては、
方針や主義に不利益とされる小規模な集団や
社会的に弱い立場の人間をスケープゴートとして排除するなどして、
社会的な支持や統合を目的とするといったものもある。

具体的には、第二次世界大戦中のナチスが行ったホロコースト(この言葉も聖書からきている)は、
ユダヤ人をスケープゴートの対象としたものであることが挙げられる。
また、ユダヤ人は上述のホロコースト以外でもあらゆる時代や地域で差別を受けているため、
スケープゴートとして犠牲になるまえに、他の地域へ移住することによって難を逃れることもある。

心理学の一つの用語としても存在する。
特に精神分析学や社会心理学において、人は無意識のうちに、
不満や不快を覚えると、不快感やルサンチマンなどを他者に対して抱く。

このような現象はあらゆる集団で発生しうるものであり、
そうした不快感を押し付けられたり被られたりした個人は、その特定の集団内においてスケープゴートとなるのである。
それ故、スケープゴートとして犠牲者になるまえに、上述のユダヤ人の移動行動のように適切な対処を行わなければならない。


関連項目

山羊
ヨム・キプルのアザゼルの羊
贖罪
旧約聖書
生贄
人身御供
身代わり王

ユダヤ人ですか。
ならキリストはどういう扱いなんだろ??不思議
そもそもユダヤ人という一神教で野蛮人な存在は 歴史上では常にカルトな存在として忌み嫌われてきた。
特に オリエントな多神教で野蛮人〜古代ローマな多神教で文明人の社会が広く成立する時代となっては
一神教で野蛮人なユダヤ教と言うカルトが如何に迫害を受けるか は
21世紀の極東の一諸島に住む人間ならば 感覚的に理解できる とは思うけどね。

その古代ローマ時代の先で
 イエスが上手にコピペ改変して 一神教で文明人なキリスト教が生じた
と俺は考えている。
だから欧州中世では


キリスト教徒
ユダヤ教徒
其れ以外の人間 家畜奴隷


そういう一神教の階級序列が生じ そういう美意識の先でヒトラーの虐殺の正当化も起きる、
と 肉食の思想で書かれている事を俺は拡大解釈してしまっている。
多神教で文明人な美意識からすれば ユダヤ教もキリスト教も一神教 なので
単純には イマイチに差異が分からない というのも至極に自然で当然な反応だと思う。



胴体は一神教野蛮人で首が宗派の違い というヒドラだかキメラだかケルベロスだか の お話。

ヘラクレスのヒドラ退治みたいに
頭を切り落とせば また生えてくる現状 が今のいんぼー論の問題点。
だから胴体の急所をぐさりとやらないとね
https://twitter.com/lanekota/status/337880574272368640

ああ、ヒドラやケルベロスは、
どの頭が餌となるヌッポン人に食らいつくかで揉めている。
これがキリスト教とイルミちゃんの戦いよ
https://twitter.com/lanekota/status/337883390713929728

この辺は誠天さんが「宗教右翼カルト」という語句でまとめて括っちゃったのと
それを言っちゃうと二元論()で話が終わってしまうから今は置いとく。

敵を定義する よりも俺は 自分達を定義する 自分達とは何者なのか? の話をも だからするんだけどね。

敵を定義して 自分達の足下をロクに見ないまま なのが 一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 の限界
なのかな なんて考えている。


No.21488 コブラの名ゼリフランキング - コピペ運動会
http://copipe.cureblack.com/c/21488


602 名前:Classical名無しさん[sage] 投稿日:10/11/17(水) 15:40 ID:86J1.1WQ
コブラの名ゼリフランキング

1位 神か・・・最初に罪を考え出したつまらん男さ
2位 できるかだって!? オレがオリンピックにでれば金メダルでオセロができるぜ
3位 まじめになっちゃだめだ そのほうが上手くいくんだ
4位 当ててみろ ハワイへご招待するぜ
5位 なーにが最終兵器だ そのために死んだ二人のグラマー美人のほうがよほど価値があったぜ
6位 俺には幸せな結婚生活なんて似合わないさ 夜は素敵だろうが 昼間はたいくつだ
7位 そうか俺の誕生日か すっかり忘れてたよ なんせ生まれたのは随分と昔の事だからね
8位 オレは探検家さ もっとも獲物は女性専門だがね
9位 お祈りの時間くらいは待ってやるぜ 誰だって死刑囚にはやさしいもんさ
10位 待たせたなボーイ 道がこんでてな

コレも嫌いじゃないけど 俺はスパイクの方が好きかな。

http://www.geocities.jp/triwingslc20/m_cb.html
「俺は運がいいわけでも、腕がいいわけでもないんだ。」
「じゃ、何が?」
「気風がいいのさ」


https://twitter.com/Meretseger2/status/339514610904358912
人間や哺乳類の共通特性を「日本人だから悪い」とか言う人達を
こう何度もみかけるのは、なんなのだろう

https://twitter.com/Meretseger2/status/339809279634718720
なにかにつけて「日本が悪い」を連呼する人達が
自分=日本人の経験した情報を次の世代に伝えてるとは思えない

https://twitter.com/sihouhappou/status/340123375785623553
「裏切られた」「騙された」という奴は
それ以上に人を『無自覚的』に「騙したり」「裏切ってきた」から言うセリフであって。
自覚的に「騙したり・裏切ったり」と思っていた奴は「またか」程度にしか思わない。
別に良い事ではないのだけどね。

どちらにしても
・不誠実な人間は 他人の誠実さを信用できない  魔法の国ザンス
・アラゴルン「素朴な者達は 本当の危機や恐怖や心配を知らないままだから素朴で居られる」  指輪物語

市井の者達のマヌケさを信じる方が 俺の言葉を信用するより まだマシかもね。
己が信用を得る事を主目的として更新し続けているのではなく
俺は 俺が出来る事を模索する為に更新をしている という意味合いの方が明らかに強い。

だから此処で意図的に嘘を言っている可能性だって否定できないよね。
人の多面性は一言で評する事が難しい。


誠天調書 2012年02月14日: 目の前の環境や状況の変化に応じて 自力で適切に昇華させていく事が肝要だと思う。
http://mkt5126.seesaa.net/article/252282831.html
何を基準にするかで「善」も「悪」も意味が全く異なる。
唯一神から地へ堕とされた「ルシファー」とは何なのか
を考えると 自立したオトナなのではないか と思えてくる今日この頃。
自立できりゃ一神教の存在意味も無くなるからね。

簡潔明瞭を旨とする教条主義にすがる者達 からすれば、
 地を這ってでも懐の深さを持って生きていこうと思う
なんてのは 悪魔の仲間に見えてくる罠w

人の多面性を考えれば
 神も悪魔も一側面でしかないままな事をも胸一つで収めて なお人として生きていく
なんてのは、この多神教で文明人の社会共同体で生きていたら 自然に分かっていくはずなのにね。



そんなにタカってどうするの? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8712700.html








posted by 誠 at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

餓死者を見習え。 もっと勤勉な奴隷となれ。 その家畜としての最後の時も更なるカネモウケへ貢献しろ。

RT @AmboTakashi
共通番号制度によって日本人の個人情報が集中管理されるようになれば、米国の情報機関も容易にデータを入手できるようになり、それだけ日本を支配しやすくなる。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305260000/
posted at 03:52:14


RT @tetuo64
母子が餓死してる横で、ホワイトカラー層は色々と充実した人生か。なんだろうな、なんだかな。ダメだ、気分悪い。
posted at 03:52:53


RT @gloomynews
共同◆大阪2遺体の部屋、母のメモか 食事させてあげたかった
http://goo.gl/umRe4
「北区天満で母子とみられる2人の遺体が見つかったマンションの部屋から
 「もっとおいしい食事をさせてあげたかった」
 という趣旨のメモが見つかった」
「餓死したとの見方を強めている」
posted at 23:45:09


RT @na_hirata
このように生活困窮している方なら誰でも生活保護を利用することができる、
それは当然の権利であり、恥でも何でもないというメッセージを国中に広めなければ
同じ事件は起こり続ける。 
−大阪2遺体の部屋、母のメモか 食事させてあげたかった -
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052701001664.html
posted at 23:45:16


RT @kafuka2010
「タレントの不正受給をゆるすなー」

不正受給じゃなかった 「受給基準を厳しくしろー」

餓死者が出る 「餓死者を見習えー」←new!!
posted at 23:45:34


RT @isa_kent
大阪市の餓死事件を受けて気になって調べてみた。
税金の申告漏れは「3年間で『2兆円』以上」なのに対して、
生活保護の不正受給額は「年間約1200億円」です。
僕の中では「やっぱりな」という数字。
どちらを厳しく取り締まるべきかは明白なんだけど、弱者を責めることしかしないのが今の日本。
posted at 04:15:13


RT @akirainada123
税の問題をあげるなら、グローバル企業の合法的税逃れこそ追求さるれるべきだと思います。
posted at 04:15:19


RT @mojimoji_x
イラク戦争の時、
ありもしない大量破壊兵器なんかより、タックスヘイブンの方が
よほど世界に対して破壊的な影響をもたらしてるよなあ、
って思ったわ。
posted at 04:15:23


RT @amekomori
片山さつき議員@katayama_s
この母子の死に加担したのだという認識はありますか?
私には関係無いことと思っていますか?
片山さつき議員が率先して生活保護のネガティブなイメージを煽った結果で、また犠牲者が出ました。
国会議員ともなると言葉で人が殺せるんですね。
posted at 04:50:49


RT @amekomori
母子2人の遺体が見つかった大阪市北区天満のマンションの部屋から
「子どもにもっと良い物を食べさせてあげたかった」
という趣旨のメモが。
室内には食べ物が殆ど残っていなかった、餓死した可能性が高い。
@katayama_s 先生は生活保護を恥だと仰ってましたね。
この母子は立派ですか?
posted at 04:50:52



RT @ryo_cain
小麦は、安くならないの?C 資料 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8692400.html
posted at 03:53:33


RT @ryo_cain
小麦は安くならないの? D 売買価格差 25,216 万円? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8693096.html
posted at 03:53:37


RT @tamaru503
「在日凶悪犯罪者名簿 警察庁公安課流出資料
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=papakiti1&articleId=10933182500
なぜ彼等は、日本人を殺すのか… ようやく解った。
posted at 03:54:13

RT @sihouhappou
典型的な「流出させ資料」ですね。
こんな思考に「偏差」いれさせようとする資料が「意図的に流さない訳がないでしょ」。
そもそも、公安一課・二課や三課と付き合っていたら。こんなの簡単に憶測つくしね。
奴らは ほんとうにっ、ほーんとうにっ質が悪いよ。
posted at 03:54:18


RT @nanamin1974
★超人気(『ラブひな』『ネギま!』)漫画家(赤松健氏)が警告「TPPはアキバ文化を滅ぼす」
http://bit.ly/10UiX49
posted at 03:54:42


RT @untitled_skz
「警報を切って換気扇を回し自分たちが被曝しないようにして一般社会に放出したのだから、開発機構は直ちに解散しなければならない」(武田邦彦)。
RT @StopGP
武田邦彦 (中部大学)【最重要】早急に日本政府は日本国民を守れ!
http://takedanet.com/2013/05/post_d2ce.html
posted at 07:09:07


誠天調書 2013年05月28日 東海村 レベル5。 それは ウツクシイ の末路。
http://mkt5126.seesaa.net/article/363630379.html
posted at 07:10:53


RT @stmatthew70
福島第一からは 毎時1000万ベクレル、(毎日2億4000万ベクレル)、
茨城の事故では 1000億ベクレル放出。  (あれ?あれ?あれ?大きい事故と違いますか?)
posted at 07:12:44


RT @bonaponta
ハドロン加速器て急に止まらないの? やばくね、
posted at 07:14:03


RT @bonaponta
核兵器研究中に被曝したので娘たちに先天的な影響がでたったこと?
それとも衣服に付着して家の中に放射性物質を持ち込んじゃったのかな?
posted at 07:14:26


RT @bonaponta
貧乏な国立大学の大学生や院生を報酬や家を餌にしてムラに呼び込む
そこからして御用学者への入り口は始まっている。
エリートコースだとか就職の高い倍率の難関を乗り越えたとか
そんな偽の口車に乗せてムラにいざなってる。
本当はエリートではなく被曝奴隷で倍率もウソで落ちたヤツは1人もいないとか。
posted at 07:14:34


RT @pinkuaroe
レベル7の事故を起こして2年もたたないうちにレベル5かもとか。
そんな中で再稼働するために必死ってどうよ。
posted at 07:14:51


RT @YuriHiranuma
J-PARC ハドロン実験施設における作業者の被ばくについて
http://j-parc.jp/ja/topics/HDtrouble20130527.pdf
55人のうち33人が被ばく。 WBC以外に、何か検査や治療はしているのか?
アイダホでプルトニウムが漏れた時は、色んな検査をして肺に被ばくを認めてた。治療もしてた。
posted at 07:15:02


RT @YuriHiranuma
2011年11月8日のアイダホ国立研究所でのプルトニウム漏れ事故報告書
http://www.hss.doe.gov/sesa/corporatesafety/aip/docs/accidents/typea/INL_AI_Report_11-08-2011.pdf
59ページ目 バイオアッセイ:16人の被ばく者全員を肺カウンターで測定。
2人に0.73と1.3nCi Am241を検知。キレート剤で治療。尿・便の検体も収集。
posted at 07:15:05


RT @bonaponta
そりゃそうでしょ。六ヶ所再処理工場を本格稼動させるとアルカイダ来るからね。
日本だとチューカク派系アルカイダってことになるのかしーら。
→再処理工場 稼働時期は不透明
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130527/k10014868321000.html
posted at 07:15:15


RT @bonaponta
リビアのカダフィが飼っていたテロリスト(イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM))が
野放しになってしまいアルジェリアやマリやニジェールでテロを起こしてることになってる。
はいはいそうかもしれませんね。
でも、そのアルカイダはウラン鉱山とか核関連施設に執着するの?
posted at 07:15:28


RT @kenkatap
リビアから入国か ニジェールの自爆テロ犯 【産経 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130526/mds13052610490000-n1.htm
▼ニジェールでフランスの原子力大手アレバが運営する施設などで23日起きた自爆テロで⇒
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013052400730&g=int
▼仏特殊部隊投入▼テロリスト2人を殺害したと述べた
posted at 07:15:32


RT @bonaponta
ニジェールのアレバ鉱山へのテロ攻撃は仏特殊部隊が常駐しているにも関わらず2013年2月3日にも発生。
アルリットのテロ攻撃の前にもアレバのエージェントが仏軍の兵隊を乗せた3台の4x4軍用車両を目撃してる。
仏特殊部隊を制圧できるアルカイダって何よ。
posted at 07:15:35


RT @bonaponta
2010年9月にもアルカイダのイスラム系マグレブ(AQIM)がアルリットのアレバ従業員7人を誘拐。
Areva au Niger et l'uranium d'Arlit | Geopolis
http://geopolis.francetvinfo.fr/areva-au-niger-et-luranium-darlit-12195
posted at 07:15:39


RT @bonaponta
4x4軍用車両の写真。こんなのが3台いたのにアルカイダのAQIMの方がつおい。
http://www.militaryfactory.com/armor/4-wheeled-vehicles.asp
posted at 07:15:43


RT @bonaponta
世界のムラのリーダたちはニジェールのImouraen鉱山の延期の「埋め合わせ」に
2013年1月13日3500万ユーロを支払ってる。
←ニジェールで起きてることはよくわからんけど。
 なんとなく核弾頭ダウンブレンド派(米)とウラン採掘濃縮派(仏)の抗争なのだとおもーう。
posted at 07:15:47


RT @bonaponta
今さらマイナンバーなんて別の番号を振っても混乱するだけ。
マイナンバーに名寄せするシステムでも作るのか?
日本は悪の枢軸らくし
遺伝子にマイナンバーを振ってしまうレトロウィルスとか、
フケや髪の毛から個人特定できるDNAデータベースを作るとか
他の発想はできないのか。
posted at 07:15:58


RT @bonaponta
マイナンバーそのものより、個人を認証するプロセスのほうが重要だと気付かないからアホなんだわ。
番号を振るというよりその都度個人を認証した電子証明書を発行するシステムの方が意味あるだろうな。
posted at 07:16:01


RT @bonaponta
マイナンバーもこのままだと特許庁システムのような失敗を再び繰りかえすことになるだろ。
つかシステムは偽装で予算を裏金化するのが本当の目的かもしれない。
posted at 07:16:06


RT @bonaponta
マイナンバーと聞いて思い出してしまうのがTSOLのイポ表。 弁財天
イポ表とは
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/%EF%BD%B2%EF%BE%8E%EF%BE%9F%E8%A1%A8%E3%81%A8%E3%81%AF
posted at 07:16:11


RT @ompfarm
昨年の総選挙で圧倒的に自民が勝利したはずなのに、地方の首長選で保守系候補の敗北が相次いでいるね。
さすがに地方選はムサシの管轄外ということかな。
posted at 07:17:40


RT @rirnrin9999
創価、今は後藤組のケツがなくなって住吉に近いんだってな。こえーな
http://www.nikaidou.com/archives/37112
やっぱりね そうだろう。
posted at 07:18:47


RT @vagabond28
なんか二階堂って週刊誌の編集者とか が よく見るんだって?
そら週刊誌が売れないわけだよね(^_^)
posted at 07:18:50


RT @AmboTakashi
郵政民営化でTPP推進の竹中平蔵が候補者を選んだ日本維新の会、
その暴力団の息子のサラ金の弁護士の橋下の 従軍慰安婦フィーバー が何なのか見えてきますよね。
TPPやモンサントという一般市民の本当の敵の脅威から目をそらせるための左側へのパスです。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/28/6825719
posted at 23:23:38


RT @AmboTakashi
小泉純一郎の父親の小泉純也は、日米安保条約を結んだ時の防衛庁長官で、
東京大空襲や朝鮮半島への無差別爆撃を指揮したカーチルルメイに勲章を上げた男。
小泉純一郎は、郵貯の350兆円を米国に捧げようとし、息子の進次郎は、もちろんTPP推進。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/28/6825719
posted at 23:24:03


RT @reselmer
<保存してるよ!>放射放出事件・東海村J−PARCがネットから消した資料  みんな楽しくHappy?がいい♪ 
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3013.html
posted at 23:25:04


RT @_zeroko_
神奈川県なんて こんな感じだよ
http://t.co/GXT0NjMp8h
posted at 23:25:41


RT @chan_dora
あはは、7年前の年金記録システムぐずぐずのまんまなのも、安倍総理じゃん。
もう見えてる見えてる。マイナンバー制。税金の無駄だよだよ。
http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/430.html
posted at 23:25:49


RT @agitadashi
来週月曜発売の『週刊プレイボーイ』は必読。
児ポがらみで取材を受けたのだけれど、
単純所持について海外の事例を取材しているライター氏から聞いた話は 衝撃的だった。心底に震えた。
この法案は絶対に潰さなくてはならない。
もうアニメや漫画に関わる人たちだけの問題じゃない。恐怖政治そのものだ。
posted at 23:26:14


RT @WATERMAN1996
太平洋戦争での敗北が日本の官僚組織の欠点総集編だと思う。
問題は、何が悪かったのかを反省しないので同じ失敗を繰り返すこと。
posted at 23:26:17


RT @tetuo64
アルファベットがそんなに偉いのかよ
posted at 23:26:30


RT @riko0058
極右の安倍晋三が映画リンカーンを観賞したというのは笑える。
リンカーンは、紆余曲折の果てとはいえ、奴隷を解放するための「憲法改正」に貢献したわけだが、
安倍のほうは新たな「奴隷」を作ってそれを戦場に送るために「憲法改正」へ勤しんでいるわけだ。
憲法を改正すればいいってもんじゃない。
posted at 23:26:45


RT @MxIxTxBx
超人気(『ラブひな』『ネギま!』)漫画家(赤松健氏)が警告「TPPはアキバ文化を滅ぼす」
http://bit.ly/10UiX49
「同人誌だけではない。
 コスプレイヤーも原作の著作権を侵害していると通報されたり、
 場合によっては警察に逮捕されることも起こり得る」
posted at 23:26:53


RT @GobyIresbrow
韓国の原発2機、不良部品のため停止
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_28/114423269/
停止させられたのは「シン・コリ2号機」「シン・ウォルソン1号機」。
posted at 23:27:35


RT @kalihi_
乙武や橋下が手練手管を使って、
自己主張を通していても「有名人だから」とか「かわいそうだ」とか擁護するくせに、
庶民が市役所の前で自己主張すると「何様のつもり?」となる、
その有名人崇拝主義?やめてくれ。
posted at 23:28:13


RT @takeshiminami
児童ポルノ禁止法改定の真の目的は何か? 単純所持禁止、マンガ・アニメ「調査研究」への懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000092-zdn_n-sci
posted at 23:28:22


RT @torinoniku
本澤二郎の「日本の風景」(1309) <ミャンマーと安倍利権外交>
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52033890.html
posted at 23:28:31


RT @torinoniku
山本太郎氏、参院選出馬を表明 「ひとつになってTPP、原発を止めたい」
http://tanakaryusaku.jp/2013/05/0007182
posted at 23:28:47


RT @taru_eito
国連科学委員会が結論「福島原発事故による健康被害なし」 陽光堂主人の読書日記
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-989.html
posted at 23:28:56


RT @nYo_bettycat530
秋場龍一のねごと 2013年5月28日火曜日 原発事故後、東大放射線医療研究室の専門医たちは妻子を九州や関西に避難させていた
http://akiba1.blogspot.jp/2013/05/blog-post_28.html
posted at 23:29:09


RT @torinoniku
【主張】誰も批判しない日本政府による2兆3千億円のODA債権放棄〜ミャンマー会談を受 けて--本山勝寛
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369667307/
※しかしミャンマーへは いつも大盤振る舞いだな。
こういうのを見て財政危機なんてインチキと思わないアホな国民も問題。
posted at 23:29:18


RT @equlibe
副島さん自体が、
 「覇権アメ」「属国日本論」その他で、リバータリアニズムは行きつくところはアナーキズムだ
と とっくに言っている。これはリバータリアニズムの究極の命題である。
posted at 23:31:04
その程度のカタカナ文字を適宜に変換できない 程度の知性な者達が「究極の命題」とか言い出してもなぁ。


RT @takeharasinichi
「どうすれば良くなりますか?」答えは簡単だった。
権威マゾの治療をしてください。自分の中にある「権威」を克服してください。
エライ、偉くないとしてきた自分のイメージを取り消してください。
実はこれが大変に難しい。感情を注いできたからだ。
posted at 23:31:39


RT @tanakaryusaku
私は橋下徹さんが遊郭の顧問弁護士だったことを責めているのではない。
「料理組合の顧問弁護士だった」と、海外メディアを相手にうそぶく態度が許せないのである。
http://tanakaryusaku.jp/2013/05/0007176
posted at 23:31:07


RT @h_hirano
イタリア人記者の質問を引き継いだのはジャーナリストの田中龍作氏。
「飛田が売春の街であることは大阪のマセた中学生でも知っている。なぜ、詭弁を弄するのか」
と迫ったが、
橋下氏は飛田料理組合の「料理」を強調し、違法なことをすれば捜査機関が適正に処理すると逃げた。
イメージは最悪である。
posted at 23:31:19


RT @keiseizaiminn
民主主義とは何か?
基本的人権を擁護することが、国の最も重要な機能のひとつ。
生活保護費の支給は生存権の保障、政府の義務
民主主義国においては、立法者や政府ではなく、国民に主権がある。
民主主義は、教養と知識のある一般市民 に依存する。
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-principles1.html
posted at 23:31:42
「“教養と知識のある”“一般市民”」に“依存する”
へぇw それは面白いw

っていうかね
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-principles1.html
って何?

http://aboutusa.japan.usembassy.gov/ は 後ろがgovなのでアメリカの公的機関なのが分かる。
検索を掛けるとアメリカ大使館っぽいんだが 俺が見た時は入れなかった。
どうやら今は
http://208.131.143.216/j/jusaj-translations.html
→ http://208.131.143.216/j/jusaj-principles1.html
となっているようだが 此処には「“教養と知識のある”“一般市民”」に“依存する”が書かれていない。
不思議な話だね。




民主主義の原則
概要:民主主義とは何か

「民主主義(デモクラシー)」の語源は、ギリシャ語の「デモス(人民)」である。
民主主義国においては、立法者や政府ではなく、国民に主権がある。
世界各地の様々な民主主義制度には微妙な違いがある
しかし民主主義政府を他の形態の政府と区別する一定の原則と慣行が存在する。


・民主主義とは、市民が直接、もしくは自由選挙で選ばれた代表を通じて、権限を行使し、
 市民としての義務を遂行する統治形態である。

・民主主義とは、人間の自由を守る一連の原則と慣行である。
 つまり、自由を制度化したものと言ってもいい。

・民主主義は、
  多数決原理の諸原則、
  個人および少数派の権利
 を組み合わせたものを基盤としている。
 民主主義国はすべて、
 多数派の意思を尊重する一方で、
 個人および少数派集団の基本的な権利を熱心に擁護する。

・民主主義国は、全権が集中する中央政府を警戒し、政府機能を地方や地域に分散させる。
 それは、
  地域レベルの政府・自治体が、
  市民にとって可能な限り身近で、対応が迅速でなければならない
 ことを理解しているからである。

・民主主義国は、
  言論や信教の自由、
  法の下で平等な保護を受ける権利、
  そして政治的・経済的・文化的な生活を組織し、
  これらに全面的に参加する機会
 などの基本的人権を擁護することが、国の最も重要な機能の一つであることを理解している。

・民主主義国は、全ての市民に対して開かれた、自由で公正な選挙を定期的に実施する。
 民主主義における選挙は、独裁者や単一政党の隠れみのとなる見せかけの選挙ではなく、
 国民の支持を競うための真の競争でなければならない。

・民主主義は、政府を法の支配下に置き、全ての市民が法の下で平等な保護を受けること、
 そして市民の権利が法制度によって守られることを保障する。

・民主主義諸国のあり方は多様であり、
 それぞれの国の独自の政治・社会・文化生活を反映している。
 民主主義諸国の基盤は、画一的な慣行ではなく、基本的な諸原則の上に置かれている。

・民主主義国の市民は、
 権利を持つだけでなく、政治制度に参加する責任がを持つ。
 その代わり、その政治制度は市民の権利と自由を保護する。

・民主主義社会は、寛容と協力と譲歩といった価値を何よりも重視する。
 民主主義国は、全体的な合意に達するには譲歩が必要であること、
 また合意達成が常に可能だとは限らないことを認識している。
 マハトマ・ガンジーは こう述べている。
 「不寛容は、それ自体が暴力の一形態であり、真の民主主義精神の成長にとって障害となる。」

- Bureau of International Information Programs "Principles of Democracy" -

異論の挟みようが無い。

となると 上記のコピペだか言葉は何? って思ってしまうよね。

嘘デマ扇動な情報戦の攻撃を仕掛けてくる側は 如何なる性癖や性格なのか?
其の戦術や作戦や戦略を推察し、
だからこそ それを超える戦術や作戦や戦略を考える をしなければ勝てるはずもない。
正しい事を1万回に言えば世の中が良くなるのかい?w それじゃネトウヨと変わんないでしょ?

と 此処まで書いて
 では そういう情報戦の最前線の罠を見分ける技術は
 一般民衆に期待できるのか?
という話になる。

だから
・その答え を用意しつつ
・嘘デマ扇動な情報戦の行使掛けてくる側の性癖 とは違う道を提示する
とは
「“教養と知識のある”“一般市民”」に“依存する”
という “「厳格な階級格差」が有る のに 其れを隠蔽する詐術” ではなく
情報流通の下士官 すなわち “緩やかな階級格差 を あえて明確に書く”をして
馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 とまで 今は書く。

その僅かの階級格差な程度の コミケの一般参加者よりは重い“サークル参加な程度の責務”を負う、
とは如何なる事なのか?
それが極東の一諸島における民主主義へ対する文化的背景の根幹である。
コレは 天皇が や 国家が などと言う宗教右翼カルトの教条とは一切に関係が無い。

其処まで書く をしないままに、民主主義が とか言う人達って
その大概が「お前は大丈夫か?w」な水準である事にすら自覚が無い。
もっとも それ以外の殆どは パラノイア でしかないし、
その大馬鹿野郎とパラノイアを除いた後は「詐欺師」しかいない。

20世紀のイデオロギーの残滓なニホンジンのコッカのニホンの右手と左手 は その程度の者達しか居ない。
大馬鹿野郎とパラノイアと詐欺師 で割り切れてしまう程度な存在でしか無いから
「日本人と日本」(笑)は底の浅く しかも中身が中空となる。

その程度の話でしかない ので俺なんかは「言及する時間と労力すら無駄」とすら感じる。
“その程度”と見下しては軽蔑する相手へ 感情は動かない。
ムシケラの鳴き方 に学術的な研究対象としてより他に覚える事は無い。

だから俺は とっとと先へ行く と書く。




こうして並べると 見えてくる。
自分達が何者なのか? どういう美意識を持って どういう生き方をして どういう価値観をするのか?
をも考え直す、
つまり もはや「日本人と日本」や「民主主義」等々な根幹の言葉すら再構築の対象でしかない
事を 言外にして逃げていては もう間に合わないんだ。

posted at 23:39:22


RT @kuminchuu
「遺伝子組み換え不使用」という表示を見かけないのはなぜか知っていますか?
日本の豆乳は「遺伝子組み換え大豆」の混入を5%まで許し、「不使用」と表記できる。
韓国は3%、EUは0.9%。 そもそも「日本製は安全」という根拠は全くない。
http://t.co/fMQSgQ1OHI
posted at 23:39:38


RT @surouninja
安倍政権がインドとの原子力協定締結に向けた交渉を再開する方針とのことだが。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_21.html
posted at 23:44:04


RT @surouninja
先月(2013年4月28日)の訪露の際、安倍首相が“2対2フォーマット”での定例会議開催をロシアに提案した様だね。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/201342822.html
posted at 23:44:10


RT @surouninja
ソフトバンクによるスプリント・ネクステル買収をカリフォルニア州当局が認可するも連邦通信委員会(FCC)は依然審査中。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/fcc.html
posted at 23:44:14


RT @surouninja
多国籍企業の租税回避地となっているアイルランドで政府が税制の抜け穴を無くすことを検討。多国籍企業の租税回避行為の阻止に動き出した先進諸国。 #OECD #アイルランド #グーグル #アップル #スタバ #アマゾン surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-p…
posted at 23:44:19


RT @surouninja
麻生財務相が先週(2013年5月23日)の株価暴落の一因として超高速取引(HFT)があるとの見方を示したとのことだが。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/2013523hft.html
posted at 23:44:28


RT @beltempo8
【栃木県内原木シイタケ生産者、15%90人が廃業意向 原発事故出荷停止要因、県調査】
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20130526/1052927
「選択式で「今後の生産予定」を尋ねたところ、
 23%が(廃業や当分の間を含め)「生産をやめる」と答え、44%が無回答」
posted at 23:45:25


RT @takec1068
「いずれの事業も町中心の運営。
 「外部の事業者に任せても売電収益などが都市部に流れるだけ。
  地方はエネルギーを自給して自立することが重要」と町担当者は力を込める。」
再生エネで電力自給、梼原町の現状 :福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowerplantfuture/42822.html
posted at 23:45:44


RT @takec1068
「再生エネルギー導入そのものを目的化するのではなく、地域のなりわいや自然の再生を含めた取り組みが重要」
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowerplantfuture/42822.html
posted at 23:45:49


RT @takec1068
再生可能エネルギーに詳しい新妻弘明・東北大名誉教授は、買い取り制度の“早いもの勝ち”を問題視。「大資本に有利な制度で経済性だけが追求され、地域にメリットが及んでいない」と指摘する。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowerplantfuture/42822.html
posted at 23:45:56



RT @takec1068
前高知県梼原町長 中越武義(なかごし・たけよし)さん 自然エネルギーで、町づくり(1/3) - フロントランナーセレクション
http://doraku.asahi.com/hito/runner2/120403.html
posted at 23:46:01


RT @takec1068
この町は住民の環境意識が非常に高い。住民の思いや力を、行政がしっかり受け止め実現しようとします。
町民には「町にやってもらいたいことを言うな。あんたたちがやれることは何があるのか」と聞いています。
http://doraku.asahi.com/hito/runner2/120403_02.html
posted at 23:46:07


RT @takec1068
生活に必要なものは町がしっかりやる。町民ができることは町民が自発的にやる。
行政と町民が一体となって町を支えるのです。
ゴミが落ちていれば町民が自主的に拾う。ゴミが見えないのはそのためです。
http://doraku.asahi.com/hito/runner2/120403_02.html
posted at 23:46:13


RT @takec1068
自然エネルギーで、町つくりの事例(高知県梼原町)・・・リーダーの資質
http://blog.goo.ne.jp/nonasi8523/e/d9d995f5c8d320a38ea93bf8b7432d2a
posted at 23:46:17


RT @takec1068
2013年05月27日 国会機能の充実と効率化に向けて
http://kenuchka.paslog.jp/article/2653634.html
posted at 23:46:21


RT @photon2039v2
無線LANの電波はホントに無害? ルーターのそばでは植物が育たないという実験結果が注目される
http://rocketnews24.com/2013/05/28/333762/
posted at 23:46:30


RT @ryo_cain
小麦は安くならないの?E 食料安定供給特別会計 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8699376.html
posted at 23:50:32


RT @ryo_cain
小麦は安くならないの?F食料安定供給特別会計 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8699882.html
posted at 23:50:36


RT @ryo_cain
小麦は安くならないの?G 食糧証券 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8700338.html
マネーゲームに使われているのかな
いろいろ見てるとこんがらがってきて、ただでさえ頭悪いのに大変です…
posted at 23:50:42


RT @ryo_cain
ジェットコースター株価とアベノミクスの関係
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-d3df.html
posted at 23:51:20


RT @ryo_cain
NATO(実質アメリカ軍)こそが本当のテロリスト (目覚めはじめたアメリカ兵) velvetmorning blog 
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/26/6823758
posted at 23:51:31


RT @seikatsu1pr
【2013年5月27日】小沢一郎代表 定例記者会見
http://youtu.be/mGk0BD0BxxA?a
posted at 23:52:39


RT @pptsc
生活の党:東京都議会議員選挙における推薦決定:生活の党
http://www.seikatsu1.jp/activity/party/act0000069.html
posted at 23:52:59


RT @pptsc
小沢一郎 森ゆうこを後継指名
参院選森ゆうこ決起集会
http://youtu.be/jiDKWfDmPEc
posted at 23:53:02


RT @nak4680
小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男  平野貞夫 (著)
「小沢の懐刀」が明かす小沢一郎の過去と現在、そして今後の最終戦略。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%91%E3%82%8C%E3%81%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%BB%85%E3%81%B6-%E3%80%8C%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%9C%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E6%88%A6%E3%81%84%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%94%B7-%E5%B9%B3%E9%87%8E%E8%B2%9E%E5%A4%AB/dp/4781608736/
http://t.co/LWxJfAg5Pz
posted at 23:53:57


RT @tomoyakitada
【小沢氏】
『小泉政権以来、力のある企業は成長したが、10年間で国民の収入は10%減り、負担は上がった。
 政治は一部の企業のものではない』
『安倍内閣の本質は以前の自民党政治そのもの。われわれがしっかりすれば必ず国民の支持が戻ってくる』
http://jp.wsj.com/article/JJ12744553676296553871419066039942200397791.html
posted at 23:54:04




誠天調書 2013年05月29日 「アベノミクス」と「国債 債券」の市場
http://mkt5126.seesaa.net/article/364266303.html
posted at 04:08:21


RT @sihouhappou
「グローバル」と抜かす奴は最も「閉鎖的な空間で生きてきた奴」しかいない。
posted at 04:11:34


「本物の “グローバル”な金融市場に居る人」の話を聞くと、似非な連中との差がハッキリ出てくるよね。
posted at 04:15:01


RT @nagahirogolf
毎年発展途上国の債務を免除し続けているのは、「巣」の事情。
国際連合世界食糧計画 (WFP) 、
国際連合開発計画 (UNDP) 、
国際連合児童基金 (UNICEF) 、
世界銀行 (IBRD) 、
アジア開発銀行 (ADB)
と天下りの関係。
天下りの環境整備が一番。
posted at 04:16:03


RT @tutinoue
27.05.2013, 12:34 ベトナムのブロガー 「民主主義の自由を悪用した容疑」で逮捕
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_27/114342169/
posted at 04:16:16


RT @tutinoue
26.05.2013, 23:02日本 ミャンマーの債務およそ2000億円免除
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_26/114301704/
2000億とか、一戸建てが 10000軒 建てられるんじゃないか?
外国にだけ気前が良い援助 を見るたびに思う。
posted at 04:16:21


RT @kiyowanajiageya
日銀による、空前の金融緩和策は・・強力な刃となってデフレを切りつけたが
・・やがて、近い将来・・その刃は、自身に向かって切りかかるだろう。
空前の金融緩和策は、中央銀行による政府財政赤字の穴埋めだと受け止められている
posted at 04:16:59


RT @yamaoka425
株暴落、長期金利急騰、各市場大荒乱高下、日銀の人為的市場操作
と国民に景気が良くなると思い込ませる心理操作は 参院選まで もたないかも。
強い経済とか強い農業などと、裏付のないかけ声だけで期待感を煽る政治は1年と持たないのでは。
弱い中小企業や弱い生活者を大事にしてゆくのが政治の王道である
posted at 04:24:04


RT @nagahirogolf
「国債整理基金特別会計」は、吐き気をもよおしますね。
貸付金 7,290,831 9,236,628
他会計繰戻未収金 1,047,161 994,460 は病的。
利子及割引料 10,134,045 10,148,413 はキチガイ沙汰。
運用益はみなし。
posted at 04:25:14


RT @nagahirogolf
運用収入 32,085 41,556 
配当金収入 27,365 29,269 もみなし。
一般会計からの受入一般会計からの受入 7,890,186 8,081,247 がないと回らない。
食糧管理特別会計は、政府短期証券(1年以内に償還、しかも借換証券も可能)
posted at 04:25:17


RT @tutinoue
あれは、「みなし」てるだけなのか。。
posted at 04:25:20


RT @tutinoue
「独立行政法人における運営費交付金の状況について」 - -
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8664013.html
← これも、粉飾だったのかあ?(涙、涙。。)
posted at 04:25:28


RT @tutinoue
今頃、必死で穴埋めを。。しているわけがなくて、
「予算つけましたから、どうか私の豊かな老後をお願いしますね。。」
とか 持ち逃げ状態よねえ。。きっと。
posted at 04:25:32


全ての特別会計の中身も、2009政権交代の直前に「基金」への“飛ばし”を更に加速させたから、
其の帳尻を合わせるのが「財務省の理財局の国庫課」<
https://www.mof.go.jp/exchequer/exchequer_cash_management/index.htm
の仕事とか?
裏帳簿を付けているのは此処かも?
管理しているのは主計局な気もするけど。
posted at 04:38:12


・理財局(Financial Bureau)
財務省
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=HQdzNnRLKhUJ&p=%E7%90%86%E8%B2%A1%E5%B1%80+%E5%9B%BD%E5%82%B5%E8%AA%B2&u=www.mof.go.jp%2Fabout_mof%2Frecruit%2Fmof%2Ffunctions%2Fgyoumue.htm
・財務省理財局
http://globe.asahi.com/feature/110221/02_1.html
「理財局の仕事は、長い目でみた資産や借金の管理に責任を持つことだ。」
特別会計の裏帳簿も此処に有るかな?
posted at 04:43:23


RT @hatatomoko
アベノミクスの成長戦略は原発再稼働・原発輸出・TPP等々。
最悪だ。 生活の党は「原発ゼロの成長戦略」。
高効率火力(LNG・MACC/最新型石炭火力)の
国内外での全面展開や電池3兄弟(太陽電池・燃料電池・蓄電池)推進!!
TPPは日本の成長戦略ではない。アメリカの成長戦略なのだ。
posted at 04:45:38


RT @moriyukogiin
政治は一部の人たちのものではない。「政治とは生活である。」
posted at 04:45:53


RT @aomori15
社民党青森県連が選挙区で平山の推薦を決定して頂いたことに感謝。
同時に、社民党全国比例候補へのできる最大限の支援も行い、お互いの相乗効果を高める。
posted at 04:46:07


RT @tutinoue
(平成25年3月22日)
「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための
 消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法案」
の閣議決定について 平成25年3月22日 公正取引委員会
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/mar/130322.html
posted at 04:46:31


RT @tutinoue
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する 法案及び理由
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/mar/130322.files/130322joubun.pdf
第七条 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(第二十条及び第二十条の六の規定は〜特定事業者の規定に違反する行為については、適用しない
posted at 04:46:35


RT @tutinoue
第三条特定事業者は、平成二十六年四月一日以後に特定供給事業者から受ける商品又は役務の供給に関し て、次に掲げる行為をしてはならない。消費税の転嫁を拒むこと 消費税の転嫁に応じることと引換えに〜
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/mar/130322.files/130322joubun.pdf
えっ? 7条で3条免責? 
posted at 04:46:41


RT @tutinoue
新旧対照条文 内閣府の所管の特例
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/mar/130322.files/130322shinkyu.pdf
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/tk20120330g.pdf
「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための
 消費税法等の一部を改正する等の法律案」
の価格の表示の仕方について内閣が相談に乗るんだって
posted at 04:46:49


RT @kiraramaron
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=10
posted at 04:47:51


RT @tutinoue
衆議院本会議 公報
http://www.shugiin.go.jp/itdb_honkaigi.nsf/html/honkai/nittei20130528.htm
民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する法律案
(内閣提出 含め8本。 また法案が通ってしまう。。
posted at 04:47:55


RT @tutinoue
株式会社海外需要開拓支援機構法案
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130315001/20130315001.html
平成25年度予算: 500億円を計上 (財投特会
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130315001/20130315001-3.pdf
いわゆるフールジャパン w 機構を作って金を流すのが目的の法案だわね。

posted at 04:47:59


RT @tutinoue
参議院TV 
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php">
民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第6号)
内閣委員会
もう、衆議院で採決したのか? この法案、禁止ワードみたいだね。

posted at 04:48:05


RT @tutinoue
株式会社海外需要開拓支援機構法案 (クールジャパンw) この法案、乗っ取りだよ。
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130315001/20130315001-5.pdf
民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律も噛んでるから、
国費投入して著作権を財界にプレゼントするんだわ。

posted at 04:48:09


RT @kazu_okajima
「お知らせ~生活の党・千葉県総支部連合会設立~」
僕は政治活動としては、現在、生活の党の千葉県第3区総支部の総支部長です。
県内では他に2区に黒田雄、
11区に金子健一
と それぞれ前衆議院議員、
8区に姫井由美
http://simplog.jp/pub/tw/5038847/25
posted at 04:48:57


RT @mayowan
戦争中は原爆や焦土作戦できたけど、表面上同盟国になったから気象兵器に代わっただけの話。
posted at 04:49:41


RT @abehiromi1
生活に困る人を こんなに苦しめる社会 が、子どもにとって幸せな社会であるはずがない。
posted at 04:49:51


RT @wolvesknow
文語体でブログを書くと評判になるレベルで失われた思考力と表現力。
posted at 04:50:35


RT @sihouhappou
「ニホンコク」というキチガイ集団は「このシマの住人」を虐殺することに命かけているようですな。
で、暴動まで至りそうになったら
「銃解禁」と「安楽死法」を通して「社会不安の捏造」と「薬物で自死させる」わけですね。
posted at 04:50:39












RT @sihouhappou
児童ポルノ法やACTA・マイナンバー法案というのは典型的な「言論弾圧」、
だけど「言論弾圧を認識させない為の情報工作」も同時に起きる。
それが「更なる社会不安を創り出す事」である。
「アフリカ」の紛争地域を見てごらん、「言論弾圧」以前に「己の命すらままならない」。
殺す側な「カルテル」連中は必ず行っている。
posted at 04:51:06


RT @rkernel
どうして日本では、下品で、品性の無い、野蛮に見える人達を公人にして置くのか。
軽薄マスコミが 囃し立て、衆愚に導いているように見える。
日本の美しい文化が 嘆いているのでは?
posted at 04:51:17
「日本の“美しい文化”」ですかw
未だに「日本人と日本」(笑)へ未練が有るんだw
普通さ 此処までキチガイな相手へならば愛も恋も冷めると思うんだけどね。
そこまで感情を残すとなると
 救いようのない大馬鹿野郎 か 変態的な性格
って周りは思うよね。
そこまで 執着するような人達 ってのは
通常の場合に“自己制御の能力の欠如”と評価されるモノなんだけどねぇ。



RT @tkchmsysh
原発がないと経済がダメになるんじゃなくて、あるからダメになるんですけど。
posted at 04:51:26


RT @tk_takamura
改正児童ポルノ禁止法、単純所持の罰則は1年以下の懲役刑か100万円の罰金。もはや治安維持法。
http://blog.livedoor.jp/yukehaya/archives/51944066.html
posted at 04:55:43
元々に気が狂っていたヤクザ が 流石に逃げ出そうとする女を脅迫し 更に凌辱し続けようとする
な話と何処が違うんだろうね?



RT @GobyIresbrow
米空軍機 沖縄島沖で墜落
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_28/114411105/
posted at 04:56:01


RT @GobyIresbrow
ロシア国防相、事故を受けてMi-8ヘリの運用を停止
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_28/114458086/
posted at 04:56:08


RT @GobyIresbrow
マスコミに載らない海外記事 福島原発の放射性降下物の脅威とその隠蔽は継続中
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/dw-3966.html
posted at 04:56:30


RT @GobyIresbrow
2013年5月3日(金曜日) アメリカ国民の78%は「NO!TPP」
http://www.yamabiko2000.com/modules/wordpress/index.php?p=335
posted at 04:56:38


RT @KussanY
【モンサント】妊婦さんの胎内、そしてへその緒をテストしたところ、害虫のみを殺し、人体には影響がないと「言われて」いた、遺伝子組み換え植物中の有害物質は、妊婦と胎児の血液中に流れていることが発見されました。
http://blog.sq-life.jp/toni/log/cat151/005356.shtml
カナダの研究チーム報告の和訳
posted at 04:56:55

RT @tetuo64
そんなことだろうと思っていたよ。
posted at 04:56:57


RT @KKnagomi
民意などマスコミに容易く操られてしまうのが「地域共同体や中間団体が解体された、アトム化した個人の時代」の特徴だと思う。そしてここを批判する人をほとんど見かけないんだけど、政治学者とか息してんのか?マスコミによる政治のショー化を批判し偏向報道を是正させろ。放送法違反で国が壊れていく
posted at 04:58:53


RT @KKnagomi
地方から反TPPのデモが起きて欲しいと思い、まず自分らで熊谷で反TPPデモを仲間と実行し、それから数回北関東で反TPPデモがあった(毎回中心となる人が違ったりするのがいいところ)。でも全国的には反TPPの地方のデモはまだまだ少ないと感じています。無党派でも自分でやろうぜ!
posted at 04:58:56


RT @KKnagomi
ネット上からどうリアルに落とし込むかが頭の痛いみんなが四苦八苦しているところ。少なくとも周囲の人に雑談・小話程度にでもTPPの危険性を伝えるのに向いている、「伝播力のある話題」を探していくことは喫緊の課題だと思います。特にビジネスマンのオッサンにすっと伝わるネタは鍵でしょうね。
posted at 04:59:00


RT @KKnagomi
日経読んでるオッサン連中にTPPについてビビらせるにはどうすればいいのか…もう少し「届く言葉」を模索しないとまずいでしょうね。運動というのも相手をみてメッセージを放たないと逆効果。貧乏くさい雰囲気で格差社会反対と言われ、スッと心に染みる層と、拒否る層がある。まずはここから…とかね
posted at 04:59:07


RT @KKnagomi
正直、去年の秋頃には全国的にTPP反対の嵐になってて俺はめでたくツイッターやめて仕事に集中している予定だったんだよw なぜこれだけ大きな問題なのに、国民の怒りがこれっぽっちなのか。表現しなければ伝わらない。結局、国民を裏切る心理的ハードルがガン下がりじゃねえか。なめられまくり。
posted at 04:59:12


RT @KKnagomi
戦争が終わったあと、マスコミは「我々は騙されていたんです!」とばかりに方向転換したけど、
どうせ今回も同じなのだろう。

マスコミや官僚や財界はともかく、批判精神の足りない学者達も今は許せない。
マスコミの偏向報道に関し、学者や或いは法曹界は民主主義の危機と捉えて声明を出して欲しい。
posted at 04:59:18
この情報流通の激変の状況を未だに理解できない者達 ならば 今更に何を期待するの?
批判精神?w という言葉で 此の言葉の持ち主の病魔が透けて見えるね。
此の情報流通の激変を前にして ならば 適宜に適応した言動を自ら担っていく ではなく
未だに批判精神な程度で 何か問題が解決するの?
随分と お花畑な頭の中だねぇ



RT @KKnagomi
「失業した瞬間にポッと新しい仕事につく」のがTPP推進派の考え方。
まともに考えたら「んなわけねーだろヴォケ」としか言いようのない話。
農業やめたらコンビニバイト? 非正規雇用労働者?
土地を捨てて都会へ行くの? 家族や地域の関係は?
失業を基本的にナメているのが推進派の基本。
自殺も増えるわ。
posted at 04:59:29


RT @nYo_bettycat530
『福島第1原発20km圏内の海水と海底土からプルトニウム239、240が検出』
http://amba.to/11usdSn
posted at 04:59:57


RT @nYo_bettycat530
スーパーマーケットで汚染された魚介類が慢性的に流通――マダラとサメからセシウム(週刊金曜日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130527-00010001-kinyobi-soci
posted at 05:00:13


RT @nYo_bettycat530
県、放射線データを保存せず | 県内ニュース | 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/201303107092
posted at 05:00:20


RT @xciroxjp
NHK【福島県内の「警戒区域」全てなくなる】28日午前0時に警戒区域が解除され、放射線量に応じて新たに2つの区域に分けられました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130528/k10014886041000.html
住民の帰還を目指す?えーっ!?全然意味分んない
http://t.co/nxD52xVRgN
posted at 05:00:27
大量虐殺と民族浄化がウツクシイとなる性癖 な連中の感性を、
一生涯に「生理的な“好き嫌い”」だけで判断して生きていく存在すなわち女性は
「意味が分からない」という言葉で逃げる、事が当然としか思う生き方しか出来ないからね。

もっとも
大量虐殺と民族浄化がウツクシイとなる性癖 すなわち 快楽殺人による連続殺人
という即時入院措置が必要な水準の 極めて重度の精神障害 の内実を
 女性に理解が出来る
なんて事は 微塵にも期待するはずもない けどね。



RT @nYo_bettycat530
メモ。

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/339008404402077699
福島事故、明確な健康影響ない 国連科学委が甲状腺被ばく調査 2013年5月27日 21時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052701002345.html

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/338979668818542592
『福島県で行われている内部被爆調査で7割超の市町村が4歳未満は対象外とされていた』 http://amba.to/13RMO2r

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/338973506358362112
福島市にIAEA機関 日本人職員が常駐 2013年5月27日 18時59分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052701002059.html

原子放射線の影響に関する国連科学委員会 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%80%A3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

国際原子力機関 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2

posted at 05:01:04


RT @nYo_bettycat530
福島事故、明確な健康影響ない 国連科学委が甲状腺被ばく調査 2013年5月27日 21時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052701002345.html
posted at 05:01:08


RT @nYo_bettycat530
「東京五輪」会場候補地から最大で800Bqのセシウム! - とある原発の溶融貫通(メルトスルー)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7141322.html
posted at 05:01:19


RT @nYo_bettycat530
「南西方向に1000億Bqの放射性物質が放出された」 原子力機構 - とある原発の溶融貫通(メルトスルー) http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7141358.html
posted at 05:01:28


RT @nYo_bettycat530
福島双葉町の避難区域二つに再編 住民帰還、見通し立たず 2013年5月27日 17時51分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052701001932.html
posted at 05:01:37


RT @nYo_bettycat530
千葉県水道局 東電に2億3800万円請求 - とある原発の溶融貫通(メルトスルー)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7142982.html
posted at 05:02:03


RT @shiraiGP
【遺伝子組み換え作物がもたらす取り返しのつかない「ツケ」】 本日(5月27日)発売「週刊プレイボーイ」にインタビュー記事が掲載されてます。 「GM食品から逃れることは、これからますます難しくなります」ぜひお読み下さい。 <
http://t.co/obQp91rkfh
posted at 05:05:58


RT @sihouhappou
いい加減「共産党」という名前を捨てて、「自民下請け党」に名前を変えたら?
posted at 05:06:26


RT @AmboTakashi
米軍の犯罪を満天下に晒すべき
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-988.html
posted at 05:06:50


RT @sihouhappou
つうか、軍隊という時点で「犯罪組織」でしかない。
あとさぁ、ドヤ顔で「一人殺せば殺人鬼・千人殺せば英雄」とか言うの止めてくんない。
所詮、人殺しは人殺しでしかないのに
その前提の上で「大義や正義」を語れよ。
そんな言葉が「普遍的な倫理感」なら、もう人類は滅んでるわ。
posted at 05:06:53


RT @sihouhappou
「クールジャパン」と言う時点で「全くクールじゃない」。
せめてさ、「hentaiにっぽんぽん」位は言おうぜ。
posted at 05:07:09


RT @_daigo_1202
今回の選挙は勝たなきゃ意味がない。選挙は勝ちに拘る。これが、俺の考え。揺るがない。
だから、連帯できない あの党は どうもよく思えない。それが、俺の思ったこと。
いや、多くの人が感じ、思ってはず。
だって、俺らの命が懸かってんだよ。
未来が懸かってんだよ!
綺麗事を言ってる場合じゃねんだよ。
posted at 05:07:26


RT @onodekita
福島県いわき市現地ルポ‐医師も薬剤師もいなくなった
http://www.yakuji.co.jp/entry22462.html
「市北部の一部に屋内退避指示が出た影響で、
 いわき市全域が危険という風評が瞬く間に拡大。
 医療を支えるはずの医師、薬剤師が相次いで避難する事態」
巧妙に書いてあるが、医療関係者は内実を知っている という訳だ。

posted at 05:07:40


RT @sihouhappou
DAIGO氏も宇都宮先生の言葉もありがたいのだけど。
根本的に「不正」ができる状態下では どうしようもないのだよね。
生活保護もそう、
両親や兄弟が補助できない と 「被後見人」 とかの話を絡ませる辺りで
【「新興宗教団体」が絡めば“「生活保護を受けられる」ようにする”】も有るだろうね。
つまり特権の聖域化だ。
posted at 05:09:07


RT @precrione
岸信介を裏切るアベノミクス(田中 良紹) - Y!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20130519-00025053/
posted at 05:31:25


RT @tutinoue
主 な 国 庫 資 金 の 流 れ(概念図)平成22年4月現在
https://www.mof.go.jp/exchequer/summary/09.pdf
posted at 06:26:44


フクシマの放射能とフレアの影響 その連動性と助長するもの 隠すもの 2013/5/23  デスペのはんなり日記
http://desuperado.seesaa.net/article/363181177.html
posted at 06:29:12


RT @kawauchihiroshi
事故後2年以上たっても、
現場検証さえできない、放射線量の高い、水素爆発により破壊され尽くした原子炉建屋内部映像。
多くの国民の皆さんは、建屋の中も片付けられていると思っている方が多いのではないか?
現場の真実を知って欲しい。
http://youtu.be/VQseY5NDJbY
posted at 06:30:32



RT @uekusa_kazuhide
連投1 5月29日付ブログ記事「『対米従属という宿痾』刊行と「日本が進むべき道」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-0393.html
メルマガ第580号記事「参院選前に生活・共産・社民・みどり・民主党首会談開催を」
http://foomii.com/00050
より一部転載
posted at 23:21:59


RT @uekusa_kazuhide
連投2 6月7日に新著が上梓される。『対米従属という宿痾』(飛鳥新社)(消費税込み1470円)
http://goo.gl/RiEp8
鳩山由紀夫元首相、孫崎亨氏と私の3名による共著。
posted at 23:22:04


RT @uekusa_kazuhide
連投3 はじめに 鳩山由紀夫 第一章 本当に安倍政権でよいのか 第二章 鳩山政権の真実 第三章 三つの領土問題 第四章 日米関係に戦後史の正体≠探る 第五章 曲解された鳩山イラン訪問 第六章 アベノミクスで日本経済は復活する おわりに 孫崎亨 あとがき 植草一秀
posted at 23:22:07


RT @uekusa_kazuhide
連投4 出版社サイトの解説文 TPP参加、原発推進、沖縄基地固定化、消費大増税… 国民が求めた、主権者目線の改革はなぜことごとく潰されるのか? 「米国・官僚・財界・政界・大マスコミ」が一体となった既得権構造と闘うための「真実の情報」と知恵を結集。
posted at 23:22:14


RT @uekusa_kazuhide
連投5『対米従属という宿痾』の出版を記念して、トークイベントが開催されることになった。 《第126回紀伊國屋サザンセミナー》 『「対米従属」という宿痾』(飛鳥新社刊)発売記念トークイベント 「日本が進むべき道」
http://goo.gl/dJg71
posted at 23:22:20


RT @uekusa_kazuhide
連投6 講師 鳩山由紀夫 (元首相、前衆議院議員) 孫崎享 (ベストセラー『戦後史の正体』著者) 植草一秀 日時2013年6月30日(日) 19:00開演 (18:30開場) 会場紀伊國屋サザンシアター (紀伊國屋書店新宿南店7F) 料金1,500円 (税込・全席指定)
posted at 23:22:22


RT @uekusa_kazuhide
連投7 5月30日(木)10:00よりチケット発売・電話予約開始》 ■前売取扱(店頭販売) キノチケットカウンター (新宿本店5階) 紀伊國屋サザンシアター (新宿南店7階) ■電話予約・お問合せ 紀伊國屋サザンシアター03-5361-3321
posted at 23:22:28


RT @uekusa_kazuhide
連投8 私たちはいま、「日本が進むべき道」を、もう一度じっくりと考え直すべき時期に立ち至っている。世の中の動きがあまりにも目まぐるしく、主権者である国民にじっくりとものを考える時間が付与されていない。
posted at 23:22:32


RT @uekusa_kazuhide
連投9 2009年に実現した主権者政権は、わずか8ヵ月余りで破壊された。そこから日本政治の凋落が始まった。2012年、安倍政権が誕生し、この「浮かれムード」のなかで参院選が挙行され、日本が日本でなくされてしまう危機が迫っている。
posted at 23:22:42


RT @uekusa_kazuhide
連投10 私たちは、もう一度2009年の政権交代実現の原点に立ち帰り、この国が進むべき道を見つめ直し、路線を修正する必要がある。日本がいま直面している危機を乗り越えるには、考えを共有する人々が、立場や小異を乗り越えて、大同団結する必要がある。(了)
posted at 23:22:46


RT @Godonof
チャーチルの演説 「我らは断じて降伏しない」
http://bit.ly/Ze8ynz
posted at 23:22:56


RT @AmboTakashi
昭和19年 隠された東南海地震 人工地震の証拠 消されたNHK元アナウンサー夫妻
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/5f1a790b7c71d93d480a9ada8c727dff
posted at 23:24:19


RT @AmboTakashi
南海トラフ地震がまるですぐに起こるかのようにどこもかしこも報道していますが「ユダヤ米軍が1944年12月南海地震で使った海底の穴を再利用して、また核兵器による人工地震を起こします。」という予告なのでしょうか?
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_238.html
posted at 23:24:23


RT @AmboTakashi
最高裁の犯罪と不正選挙は、権力悪用の東西の正横綱と言った趣である。小沢事件によって権力の犯罪があからさまに国民に見えるようになった。同じように世界の権力悪用も世界中の人々に見えるようになった。
http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ryuubufan/view/20130529/1369824619
posted at 23:24:40


RT @AmboTakashi
報道されなかった不正選挙の手口と背後関係の隠れた内幕。 自公、維新、みんなの党らはムサシ、総務省が動き、不正選挙をしないと選挙には勝てない!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/364369578.html
posted at 23:29:02


RT @touhokujinKTTT
1216歪選挙で手に入れた偽権力で必死に情報統制・言論弾圧・庶民監視の法を作っています。 一般庶民の仲間・同士達よ。 かなりヤバいぞ!まじで殺されるぞ! 『未来』が無くなるぞ! ほんとに『政治とは生活である』なんだよ!
posted at 23:29:18


RT @AmboTakashi
ロシア地球物理学研究所副所長「24日のオホーツク海地震は超巨大地震の前兆」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-297.html
posted at 23:29:32


RT @kikutomatu
世の中には、自分が不幸だと思いそれを誰かのせいだと考える人がいる。そう言う人は、幸せそうな人には反感を持ったりする。それと考え方や感性の違う人には我慢がならないようだ。やたらと絡む。そんなことをしても意味ないのに。
posted at 23:31:17


posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

「アベノミクス」 と 「国債 債券」の市場

誠天調書: 東海村 レベル5。 それは ウツクシイ の末路。
http://mkt5126.seesaa.net/article/363630379.html
の続きかな、違うかもしれないけど。
というか 最近に知りたい事 の話へまで 少しだけ届いたかな。



小麦は安くならないの?E 食料安定供給特別会計 (独)農畜産業振興機構 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8699376.html


小麦は安くならないの?F食料安定供給特別会計 積立金、剰余金の言い訳編- 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8699882.html


小麦は安くならないの?G 食料安定供給特別会計と食糧証券 裏帳簿がある筈です - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8700338.html


2009政権交代の前に見たかった記事。
俺では辿りつけない場所への記事を書いてくれる人は 本当に嬉しい。

食糧証券 食糧債券 かぁ
言葉は知っていても 其れが意味する入口へすら 俺は辿り着いていなかったから 本当に嬉しい。


政府短期証券とは|金融経済用語集
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/bond/bon068.html

食糧証券 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E9%A3%9F%E7%B3%A7%E8%A8%BC%E5%88%B8

TBとFB
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2048/bond/point5.html

国庫短期証券とは|金融経済用語集
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/bond/bon041.html


国庫短期証券 〜 インフォバンク マネー百科
http://money.infobank.co.jp/contents/K500312.htm

コンベンショナル方式 〜 インフォバンク マネー百科
http://money.infobank.co.jp/contents/K500181.htm


大和証券/用語集/価格競争入札コンベンショナル方式
http://www.daiwa.jp/glossary/jpn/00908.html

 ↓
自治体の資金運用 歳計現金の保管 積立金の運用
http://www.jfm.go.jp/financing/pdf/support/H23/jinzai/110922_koborebanashi.pdf



たとえば こういう記事を読む。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0DY0XD20130517

あります。[東京 17日 ロイター] - 来週の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利は0.07%を中心に上下する展開が見込まれている。準備預金の積み初期段階で一定の調達需要が示される可能性があるが、日銀の異次元緩和を受けて資金余剰傾向は不変なため、金融機関の資金調達意欲は限られる見通し。国庫短期証券 入札は21日に2カ月物、23日に3カ月物と相次ぐが、日銀の積極的な買入を支えに落札利回りは低下余地を模索する見通し。
無担保コール翌日物金利の予想レンジは0.065%─0.080%。  3カ月物国庫短期証券の利回りのレンジは0.090%─0.010%。

来週の資金需給は、20日が国債発行要因で大幅に不足するが、21日以降は大きく変動する日は少ない。当座預金残高は20日に64兆円台に減少した後、21日以降は60兆円台後半で推移し、国債買入れなどのオペ動向次第で4月17日の過去最高(69兆7200億円)更新も視野にに入る見通し。

コール市場では準備預金の積み期前半で金融機関の潜在的な資金調達ニーズは底堅いが「これだけ当座預金残高があると、早めに積みを進めるインセンティブが働きにくい」(国内金融機関)として、無担保コール翌日物金利は0.07%を中心に0.065─0.075%のレンジで上下するとみられている。

国庫短期証券は、日銀による積極的な買入期待を背景に利回り低下を探る展開が予想されている。15日の1年物国庫短期証券入札では、国債市場の混乱を受けて最高落札利回りが0.1001%と昨年6月以来の0.1%台を付けた。日銀が異例ともいえる1年物の共通担保資金供給を通告して長めの金利上昇をけん制する姿勢を示したため、16日の3カ月物入札では最高落札利回りは0.0982%と0.1%割れで着地した。

流動性低下を背景に相場変動率が高まった国債市場混乱の影響を受けやすいが「日銀が断固として1年以下の利回りをおさえ込む方針を明確にしたことで、国庫短期証券は利回り低下余地を探る動きになるのではないか」(国内証券)という。21日の2カ月物、23日の3カ月物の入札はいずれも0.09%台での決着が予想されている。

ユーロ円3カ月金利先物はレンジ相場が継続する見通し。不安定な展開が続く国債市場動向の動きに神経質になりやすいが、原資産のTIBORがこう着感を強め、金先独自の手掛かりに欠けているためだ。中心限月2013年12月限は99.760─99.770を中心に推移する見通し。

波乱材料を見つけるとすれば、21─22日の日銀金融政策決定会合。政策変更なしがメーンシナリオで「急激な金利上昇を招きかねない一段の円安を政府・日銀とも望んでいないのではないか」(国内金融機関)との見方が出ている。一方で、これまでの日銀の政策運営を踏まえると、「日銀がサプライズを狙って何を打ち出してくるか、総裁が会見で何を発言するのか、わからないという警戒感がくすぶっている」(国内金融機関)という。

http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0E81M620130528
[東京 28日 ロイター] - 〔金利マーケットアイ〕


<15:10> 翌日物の加重平均0.07%前後か、固定金利オペが札割れ
無担保コール翌日物の加重平均レートは0.07%前後と前日(0.072%)に比べて小幅低下する見通し。初の70兆円台に増加する高水準の当座預金残高を受けて資金余剰感が一段と強まり、金融機関の資金調達圧力は限られた。日銀が実施した共通担保資金供給(全店、固定金利方式)は、応札額が3170億円と入札予定額8000億円に届かず札割れ。1カ月物の札割れは13回連続。ユーロ円3カ月金利先物は期先にかけて弱含みに推移したが、出来高は低水準。


<14:25> 国債先物142円10銭付近、宮尾日銀委員の講演に反応限定
国債先物は小動き。中心限月6月限は142円10銭付近で推移している。

日銀の宮尾龍蔵審議委員は28日午後、都内で行われた講演で、長期金利の動向について「債券市場の動きを丹念に点検し、市場参加者と密接な意見交換を行いつつ、弾力的なオペ運用を行っている」と述べた。  

三菱UFJモルガン・スタンレー証券・債券ストラテジストの稲留克俊氏は、宮尾委員の講演で、1)国債買入によるイールドカーブ(利回り曲線)全体引き下げ効果の撤回、2)金利上昇の要因として景気改善や欧米金利上昇の指摘、3)物価目標2%の柔軟性──などに言及した点が注目されるとしている。もっとも「黒田日銀総裁の22日会見に沿った内容で、円債への影響も限られるだろう」との見方を示した。


<12:51> 20年債入札結果は低調、国債先物は142円割れ  財務省が午後零時45分に発表した20年利付国債(表面利率1.6%)の入札結果によると、最低落札価格は98円60銭、平均落札価格は98円81銭で、最低落札価格と平均落札価格の開き(テール)は21銭と前月債と同じ。また、応札倍率は2.54倍と前月債(3.68倍)を下回り、2012年8月債以来の低水準。 市場では、最低落札価格が市場予想を下回り「低調な結果」(外資系証券)と受け止められた 国債先物は午後寄り直後、円安・株高に振れたことに加えて、低調な入札結果を嫌気して下げ幅拡大。中心限月6月限は一時前日比53銭安の141円90銭と2営業日ぶりの142円割れ。


<11:15> 翌日物0.065─0.07%中心、レポGC低下基調

28日午前の短期金融市場では、無担保コール翌日物は0.065─0.07%中心での取引。主な取り手は地銀、信託など。大手行は0.065%付近での出合い。当座預金残高が過去最高規模に膨らむ中、資金需要は限定的で、レートは0.07%から低下方向となった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCも低下基調。T+1レートは0.08%を下回る方向。前週に相次いで打たれた日銀オペがレートの低下要因。

ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。足元の中心限月2013年12月限は前営業日比変わらずの99.760。


<11:05> 国債先物は反落、長期金利0.860%に上昇    国債先物は反落で午前の取引を終えた。27日の米債券市場がメモリアルデーで休場だったため、手掛かりが乏しく、序盤は模様眺めとなった。その後は日経平均株価の推移を慎重ににらみながら、きょう実施される20年債入札に絡んだヘッジが優勢となった。1.7%クーポンへの期待があっただけに、1.6%の143回リオープンで決着したことをやや不安視する声が聞かれた。現物債は各ゾーンで利回りに上昇圧力がかかった。先物主導で中長期ゾーンが弱含み。市場で入札順調と判断し利回りが低下していた20年債利回りも終盤にかけて調整地合いとなった。   国債先物中心限月6月限の前引けは、前営業日比16銭安の142円27銭。長期金利は同2.5bp高い0.860%に上昇。


<10:38> 20年債入札は1.6%クーポンで決着、「1.7%期待の向きは様子見も」の声  財務省がきょう入札を実施する20年利付国債(143回リオープン、1兆2000億円、2033年3月20日償還)のクーポンは前回債から0.1%引き上げられ1.6%となった。入札に関して市場では「1.7%クーポンを予想する声が多かっただけに、やや不安な面はある。業者は143回債をショートにしているところがあると思われるが、投資家にすれば新発債への期待があった分、様子見となるところが出てきそうだ」(外資系証券)との声が聞かれた。


<10:05> 20年債は逆行高、入札順調想定で先回り買い
20年債が逆行高。20年144回債は前営業日比0.5bp低下の1.660%で推移。他のゾーンの利回りに上昇圧力がかかっているが、20年債の利回りは小幅だが低下している。市場では「入札を順調と判断した一部投資家の先回り買いが見られる」(外資系証券)との声が聞かれた。   <09:30> レポGC低下基調、ユーロ円金先は動意薄    レポ(現金担保付債券貸借取引)GCは低下基調。T+1レートは0.08%を下回ると見られている。市場では「前週に相次いで打たれた日銀オペがレートの低下要因。国庫短期証券の需給も引き締まる方向となっている」(国内金融機関)との指摘が出ていた。

日銀は、朝方の定例調節で即日実施のオペを見送った。無担保コール翌日物金利は0.065─0.07%中心での取引。主な取り手は地銀、信託など。大手行は0.065%付近での出合い。当座預金残高が過去最高規模に膨らむ中、資金需要は限定的で、レートは0.07%から低下基調にある。

ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。足元の中心限月2013年12月限は出合っていない。


<09:18> 20年債は底堅い、一方で長期金利は上昇
20年債は底堅い。20年144回債は前営業日比横ばいの1.665%での寄り。市場では「1.7%クーポンを視野に入れている市場参加者が多くなっているため、もう少し調整がほしい場面」(外資系証券)との指摘があり、先回り買いをけん制する声が聞かれた。国債先物は下落幅を広げている。入札絡みのヘッジに加え、続落でスタートした日経平均株価が一転反発地合いとなっていることに反応した。短期筋の戻り売りもみられるとの声が一部で聞かれる。先物主導で、10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比1.5bp高い0.850%に上昇。

<09:03> 国債先物がマイナス圏に沈む、20年債入札前のヘッジも  国債先物がマイナス圏に沈む。6月限は小幅続伸で始まったが、「20年債入札に絡んだヘッジが優勢になっている。一方で、日経平均株価が続落でスタートしたことで、一方的に売り込む地合いにはなっていない」(国内金融機関)との指摘が出ていた。足元の6月限は前営業日比9銭安の142円34銭近辺で推移。


<08:48> 国債先物は小幅続伸でスタート、20年債入札控え上値重い
国債先物は小幅続伸でスタート。6月限の寄り付きは前営業日比3銭高の142円46銭。27日の米債券市場がメモリアルデーで休場だったため、「手掛かりが乏しく、序盤は模様眺めとなっているようだ。前半は前日に大幅安となった日経平均株価の展開をにらんだ取引となるだろう」(国内証券)との見方が出ていた。また、きょう実施される20年債入札に絡んだ動きが、前引けにかけて出てくることが想定されており、「ヘッジなどから調整地合いとなる可能性もあり、上値が重くなる場面もありそうだ」(同国内証券)との声が聞かれた。


<08:31> 翌日物0.065─0.07%中心、資金余剰感強くレートは低下基調
無担保コール翌日物は0.065─0.07%を中心に取引されている。主な取り手は地銀、信託など。大手行は0.065%付近で出合っている。市場では「当座預金残高が過去最高規模に膨らむ中、資金需要は限定的で、レートは0.07%から低下基調にある」(国内金融機関)との見方が出ていた。

日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は72兆4000億円、準備預金残高は59兆2000億円程度となる見込み。


<07:14> 翌日物は0.065─0.07%中心か、当預残は過去最高の72.4兆円見込み
無担保コール翌日物は0.065─0.07%を中心にした取引となりそうだ。28日は国からの地方への貸付金が出るため財政面で余剰、さらに日銀オペのスタートで当座預金残高は初の70兆円台乗せとなり、資金余剰感は一段と強まる見込み。市場では「当座預金残高が過去最高規模に膨らむ中、資金ニーズは限られるだろう。ただ、レートそのものは下限にあるため、低下余地は乏しく、大手邦銀で0.065%、地銀や信託で0.07%を中心にした取引になりそうだ」(国内金融機関)との見方が出ていた。    27日の加重平均金利(速報ベース)は、前営業日比0.001%低い0.072%だった。    日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は27日に比べて4兆4000億円増の72兆4000億円程度になる見込み。残り所要積立額は5500億円。


こんなのが検索で引っ掛かった これは2001年頃の記事と思われる。
ただし 色々と学べる点も少なくない。

http://fp.st23.arena.ne.jp/jgb.htm
日本の国債の仕組み

https://twitter.com/ushikuma
どっかで見たこと有る気がするけど もう忘れたw

http://fp.st23.arena.ne.jp/
あくまで投資家へ向けの有料情報の人だけど それ以外も中々に面白かった。
本当の 国債のスペシャリストの人 みたいだね。


日本国債の歴史年表
http://fp.st23.arena.ne.jp/history2010S.htm


ネットで調べる経済指標
http://fp.st23.arena.ne.jp/EI.html

臨機応変(日々の債券市況)
http://fp.st23.arena.ne.jp/hitokoto.htm

臨機応変(日々の債券市況) 2013年4月
http://fp.st23.arena.ne.jp/hitokoto/h1304.htm

臨機応変(日々の債券市況)過去ログ
http://fp.st23.arena.ne.jp/hitokoto-log.htm


若き知
http://fp.st23.arena.ne.jp/keio.htm

若き知 2013.4
http://fp.st23.arena.ne.jp/keio/k1304.htm

若き知(過去ログ)
http://fp.st23.arena.ne.jp/keio-log.htm


こういう本物の人の話は とても参考になる。
2013.4以降の動き へ 国債から眺める人の言葉は とても興味を深く覚える。


2013.4.9「4月5日の債券相場の乱高下の要因」

4月4日の日銀による異次元の大胆な金融緩和は、円安・株高・債券高を演出したものの、5日の債券市場はいったん高値をつけながら急落するなど、非常に荒れた展開となった。長らく債券市場を見てきたが、これほどの値動きはあまり記憶にはない。この動きを見る限り、日銀の大胆な金融政策の影響により、今後の国債市場への流動性や市場機能(価格発見機能)の低下への懸念も出てきているように思われる。

債券市場は他市場に比べて、いわゆる手口情報が表に出ることはない。債券市場の取引は債券先物などを除いて、業者と投資家が直接売買する店頭取引が中心である。その際、いわゆる業者と呼ばれるプライマリー・ディーラーを中心とした証券会社などは、投資家との具体的な取引を口外してはいけない、いわゆる守秘義務を負っている。このため、ある程度はそれぞれの債券の値動きなどからそれを推測しなければいけないが、それを前提の上で5日の債券市場の動きを再確認してみたい。

4日決定された日銀の量的・質的金融緩和の導入を受けて、4日の引けあと10年債利回りは0.425%と2003年6月以来の過去最低利回りを更新した。これまでの10年債利回り、つまり長期金利の最低は2003年6月11日につけた0.430%であった。この日に30年債利回りは0.960%、20年債利回りも0.745%に低下しており、これがそれぞれの過去最低利回りだと思われる(私の手元の記録上)。

日銀は4日の夕方に具体的な国債買入の方法も発表し、超長期債も含めて大量の国債買入の構図がはっきりした。基金による国債買入は残存1年から3年までのもので毎月2兆円程度を購入していたが、それを加味しても、大きく増えるのが1年から10年までのところであり、超長期債についても発行規模を考慮すると日銀による購入の影響は大きくなる。ただし、1年以下の部分についてはさほど大きくはなかった。

4日の東証でのイブニング・セッションでは146円44銭の高値引けとなり、LIFFEの円債先物の清算値も146円44銭と買い進まれていた。このため5日の債券先物は買いが先行し、4日の15時の引けからは34銭高の146円38銭で寄り付いた。10年債も0.375%と4日に記録した過去最低水準0.425%を大きく更新しての出合いとなった。

寄り付き後、債券先物は146円41銭まで買われたが、4日のイブニング・セッションでつけた146円44銭には届かなかった。イブニング・セッションは形式上は翌営業日の約定分に加わるため、5日の高値は146円44銭となり、これが過去最高値として記録に残るのかもしれない。

10年債利回りも急低下し、0.4%を割り込み一時0.315%まで低下した。超長期債もショートカバーなどの動きも入ったのか、20年債、30年債ともに1%割れに。20年債利回りは0.845%に低下、30年債利回りは0.925%に低下した。これまでの記録は2003年6月11日につけた30年0.960%、20年0.745%であれば、30年債は過去最低利回りを記録したことになる。

黒田東彦日銀総裁は5日午前の衆議院議運委員会で行われた所信聴取で、金融緩和策の出口戦略について語るのは時期尚早だが、出口のリスクについても検討したい、と述べた。これについては、ほとんど相場には影響はなかったと思われる。

債券相場は次第に上値が重くなった。円安・株高の進行もあったが、買われた要因が同じである以上は、この株高が影響したことも考えづらい。このタイミングで債券が売られた最大の要因は、あたりまえではあるが、高値にあったための利益確定売りであったとみられる。

債券先物は10時頃には146円を割り込み、5年債は0.140%、10年債は押し戻されて0.4%台に。1%を割った超長期ゾーンも戻り売りに押され、1%近辺に。この下落のひとつのきっかけとして、10時10分にオファーされるとみられた日銀による新方式の国債買入がなかったためとの見方がある。これはきっかけにはされた可能性はあるが、主因ではないと思われる。オペがないとの理由でその後の暴落を招いたならば、今後の債券相場は日銀のオペの有無で乱高下しかねない。新方式が前日夕方発表されたばかりで、翌日にそれを期待して買い込むような投資家がいるとは思えない。ただし、このあたりは日銀も神経質になったとみられ、7日の日経新聞一面には、日銀の新方式の国債買入は今週スタートするとの記事が掲載されていた。

後場の債券先物は145円65銭で寄り付き、その後に相場が急落したわけだが、その要因として12時45分に発表された流動性供給入札結果が低調であったためとの見方もある。たしかに市場実勢に比べて低調な結果であったかもしれないが、5日の債券相場の急落は値動きや出来高を見る限り、超長期債主導ではない。ちなみに今回の流動性供給入札は対象が20年債、30年債であった。つまりこれも高値警戒が強まっていたところでのひとつの不安要因にされたに過ぎない。

それではなぜその後の債券先物は2度のサーキットブレーカーが発動されて、2円94銭安の143円10銭まで下落し、10年債利回りも0.620%まで急落したのか。ここで注意すべきは、ここにきてほとんど動きをみせていなかった中期ゾーンの動きであった。特に5年債利回りが0.210%まで上昇していたのである。ここを最も注目すべきかと思われる。

4日の日銀の異次元緩和では、超過準備への0.1%の付利は温存された。これは当座預金残高を維持というか増加させるためには必要であるためと思われる。つまりここが中短期ゾーンの利回りのひとつの下限となりうる。このため5年債はその0.1%近くで張り付いていたのだが、それが何故0.2%台にまで利回りが上昇したのか。

ここで考えられるのは、日銀の大胆緩和を期待して、いわゆる噂で買って事実で売るというスタンスで望んでいたと思われる投資家の存在である。さらに10年債や30年債の利回りは2003年6月の水準以下に低下していたことで、その後のVARショックの経験者であれば、ここはいったん売っておきたい水準ともなりうる。

超過準備の付利撤廃がなかったことや、短期債の日銀の購入額は減少することで、ある程度のポジション調整を行わざるを得なくなったところが、期初の売りなど伴って、中期ゾーンあたりまで入ったとの観測もあった。どうやらその売りは、日本相互証券の出来高などを見る限り、10年債あたりまで入っていたとみられる。

そこそこまとまった売りが5年債を主体とした中期ゾーンから、10年債に入り、その結果、7年債に連動する債券先物も急落したものと考えられる。もちろん先物にはヘッジ売りも入った結果、サーキットブレーカーが発動したと思われる。ただし、一部投資家の押し目買いも入ったことで、引けにかけて買い戻され、債券先物は144円02銭で引けており、10年債利回りも0.5%台に低下した。

5日の債券相場の乱高下で注意すべきは、さすがに高値警戒が出たこともあるが、今後は日銀が国債発行額の7割を購入し、それが長期債や超長期債にも波及することで、量的緩和政策時代には短期市場で、基金による国債買入の影響で2年債あたりまでの市場で起きていたような、市場機能の低下が起こりうることである。つまり流動性が低下し、その分、価格の振れが大きくなる懸念があることを、5日の債券相場は示していたように思われる。それとともにここからのさらなる利回り低下にも限度があることを暗示させるような動きであった。

2013.4.8「債券先物のサーキット・ブレーカー制度」

4月5日の債券先物取引では、債券相場の急落により2度のサーキット・ブレーカー制度が発動された。8日にも債券先物中心限月の6月限は5日の清算値144円02銭から1円上昇したことで、サーキット・ブレーカー制度が発動された。

サーキットブレーカー制度は一定の値幅で動いた際にアイロンが過熱を防ぐために自動的に電源を切るように、先物の売買を一時中断する仕組みである。債券先物の中心限月が発動基準に該当した場合に、中心限月だけでなく他の限月も含むすべての限月取引において、取引が一時中断される。この場合の値幅制限の基準値段は、前場からイブニング・セッションまで前営業日の清算値となる。第一次値幅は上下1円、第二次値幅は上下2円となり、最大値幅は上下3円となる

サーキットブレーカーによる一時中断は、14時35分以降(半休日は10時35分以降)には行われない。また、一時中断を実施した限月で、同じ基準に再度値が付いた場合もサーキットブレーカーは実行されない。

東京証券取引所「サーキット・ブレーカー制度」
http://www.tse.or.jp/rules/tdex_plus/circuit-breaker.html


2013.4.7「日銀の異次元の緩和策、量的・質的金融緩和」

結果として、すでに時代遅れの理論ともされたマネタリーベースと物価との関係を試す、壮大な実験が日本で行われようとしている。民間銀行にとり日銀に国債を売った資金は、現金の伸びが予想されていないなか、ある程度日銀の当座預金口座に留め置かないと、マネタリーベースを倍に増やすことなど難しい。日銀の当座預金に巨額資金を積み上げることで、どのような経路を通じて、CPIが前年比2%になるのであろうか。始まってしまった以上は、この壮大な実験がうまく行くことを祈るほかない。失敗したら副総裁の辞任どころでは済まなくなる。


2013.4.13「債券市場の混乱にやっと手を打ってきた日銀だが」

30年国債の入札日というぎりぎりのところで、日銀はVaRショック以来で、規模は震災直後のオペに相当するというシグナルオペを通じて債券相場の下落を抑えにかかった。これはこれで多少なり効果はあるかもしれない。しかし、異次元緩和による影響はこれからが本番となる。日銀は短期市場に対する精鋭達は揃っているかもしれないが、長期・超長期債市場はある意味未体験ゾーンとも言える。もちろん金融政策そのものもこれまでと180度変わってしまって現場はかなり混乱していることも想定される。過去にはシグナルオペにより効果は出たかもしれないが、既存の手段では対応に限界も出てくる。異次元の金融政策には、あらたな次元での債券市場対策も求められる。ただし、ここまで次元が異なってしまうと、日銀の対応にも限界が出てくることも確かである。


2013.4.15「日銀の異次緩和による国債市場への影響」

4月4日に新体制となった黒田日銀が打ち出した大胆で次元の異なる緩和策は、コアCPIの2%という物価目標に対して、2年程度の期間を念頭に置いて、早期に実現するため、マネタリーベース(現金通貨と日銀の当座預金残高)および長期国債・ETFの保有額を2年間で2倍程度とし、長期国債の平均残存年数を現行の2倍以上にするというものである。つまり、その中心となるのが大規模な国債の買入によるマネタリーベースの倍増であり、またイールドカーブ全体にわたって引き下げようというのが中間的な目標(総裁会見より)となっている。

国債のイールドカーブ全体の低下を促すことを目的に、長期国債の保有残高が年間50兆円に相当するペースで増加するよう買入を行う。長期国債の買入対象を40年債を含む全ゾーンとし、買入の平均残存年数を現状の3年弱から国債発行残高の平均並みの7年程度に延長する。この結果、毎月の長期国債のグロスの買入額は7.5兆円規模(これまでは3.8兆円程度、4月の買入予定額は6.2兆円)になる。2013年度の長期国債のカレンダーベースの発行予定額は126.6兆円となっており(年間発行額156.6兆円から短国の30兆円を差し引いたもの)、7.5兆円の12か月で88.7兆円をグロスで日銀が購入するとなれば、毎月の発行額の70%を買い入れることになる。

これについては総裁会見の際に記者から日銀が「池の中の鯨」となる懸念が示されていた。それに対して黒田総裁は次のように答えている。

「国債の価格形成に一番重要なのは、おそらくストックの話だと思います。ストックでは、7割などということには到底なりません。従って、市場に大きな歪みを生じることにはならないと思います。」

これは少し違うのではなかろうか。国債価格の形成には流通している国債の金額が大きく影響している。

「これまでのいわゆる資産買入等の基金では、残存期間 1〜3 年の国債を買ってきましたが、その際も、実は、グロスの買入れ額は発行額の7割に達していました。今回やろうとしていることは、いわば全てのゾーンに拡げてやっていこうということであって、これまで以上に市場金利の形成をそれぞれのゾーンでやり難くすることは意図していません。」

ほとんど現金に近い状態となっていた1〜3年債と長期債、さらには超長期債の流動性にはあきらかに違いがある。現実に日銀が超長期債も購入するのではとの観測が出てからの超長期債の値動きは不安定となり、4日以降も一時20年債、30年債が1%を割り込んでから、急落するなど流動性がかなり意識された動きとなった。いわゆる流動性リスクプレミアムがオンされたような状態となった。

その反対にこれまで日銀が大量に購入していたことで、市場機能が低下して利回りが低位安定していた中短期債については、一部期待のあった超過準備の付利が撤廃されなかった事に加え、今後の日銀の短期債の購入額が不透明となったこともあり、これまで市場機能(価格発見機能)が低下していた中短期債の市場機能がいきなり回復し、2年債や5年債の利回りが大きく上昇した。

大手銀行による5年債を中心とした売りが5日と10日に入ったとみられ、それがさらに相場の変動幅を大きくする結果となった。この売りの理由は推測する他はないが、歴史的水準にまで利回り低下したことや、期初というタイミングなど含めて、中期ゾーン主体に銀行あたりからとみられる利益確定売りが入ったと思われること。さらに短期債含めて、超過準備の付利が温存されたことで、引き下げもしくは撤廃を意識されて利回りが低下していた分が戻されたこと。これまでは基金による買入などは中短期債主体に行われ、市場機能が低下していたところ、買入の主体がもう少し長めの期間のものに移った結果、中短期債の価格発見機能が息を吹き返して上昇した面もあったとみられる。10日の中期債の売りについては、リスク管理手法の影響なども指摘されていた。

この動きに対しては日銀は、11日に対策を講じた。午前中に初の1年物の共通担保資金供給(全店、固定金利)オペ1.5兆円をオファー。午後にも1年物2兆円と、1か月物8000億円の計2.8兆円をオファーし、1日の供給額としてはオファーベースで4.3兆円と、震災後の2011年3月23日の計5兆円の規模に迫った。期間や金額を見てもいかに日銀が危機感を抱いていたかがわかる。

さらに市場参加者からの要望もあった長期国債買入れのオファー日程も公開した。あくまで11日の発表分は翌日の分だけではあったが、これで買入のスケジュールが読めないことによる不安定さはなくなるかもしれないが、事前の価格操作への懸念も残ることになる。

4日にはエコノミストを集め、11日には市場参加者との意見交換会も開催された。11日は初回という意味合いもあってか銀行や生損保、証券会社などの役員または執行役員が対象となるそうである。その後、現場担当者との会合が開催されるであろうことが予想されるが、今後の鍵ともなるのが市場との対話となる。

大胆な金融緩和により債券市場では流動性リスクを意識した動きが出た。これが信用リスクに波及することはなかったものの、将来はそのリスクが顕在化する可能性がないとは言えない。

4月4日の日銀による量的・質的金融緩和の導入に際しては、政府の意向を強く反映したものではあったが、目的は当然ながら財政ファイナンスではなくデフレの脱却であった。ところが、打ち出した政策を見ると、これまでフィスカル・ドミナンス(財政従属)ではないことを示すために設けていた自らの制限を取り除いていた。

すでに形骸化はされてはいたが、日銀保有の国債残高が日銀券の発行額を上回らないという銀行券ルールがそのひとつであった。さらに資金供給のための通常の国債買入(通称、輪番オペ)は発行年限別の直近発行2銘柄を除いていたが、そのルールも撤廃した。基金による国債買入はこれが適用されていなかったが、今後は2年債だけでなく、5年債、10年債などもこの制限なしに買入が可能になる。

4月4日の決定会合後の公表文では、わざわざ「長期国債の買入れは、金融政策目的で行うものであり、財政ファイナンスではない」と明記している。明記することで財政ファイナンスではないことを示したとの見方ができる一方、明記せねばならないぐらい危ない橋を渡っていることの現れとの見方も一部にあった。

今後もし日銀が財政ファイナンスを行っていると捉えられてしまうと、今度は流動性リスクプレミアムだけでなく、財政プレミアムがオンされてしまう懸念があり、日銀はそれに対してもはっきりとした歯止めを見せることも必要となってくると思われる。

今後の国債の動きには債券市場関係者ぱかりでなく、幅広く関心が高まる可能性がある。日銀の異次元緩和による国債市場の混乱を理解するには、国債そのものの理解も必要になる。そのためにはぜひ、本日出版された拙著「アベクロ政策と国債問題 [Kindle版]」をぜひダウンロードしていただけるうれしい。前作「アベノミクスを理解するための日銀入門[Kindle版]」と同様に牛さん熊さんの会話形式で読みやすくなっている。ぜひご一読を。

2013.4.16「日銀は物価見通しを1.5%以上に上方修正だとか」

12日のブルームバーグによると、日銀は26日に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2014年度の消費者物価指数(生鮮食品を除く)前年比上昇率の見通し(中央値)を0.9%から1.5%以上に上方修正することを検討していると伝えられた。

以前にも指摘したが、日銀がコアCPI生鮮食品を除いた消費者物価指数見通しを上方修正することを「検討している」という表現はおかしい。

日銀は、4月および10月の政策委員会・金融政策決定会合において、先行きの経済・物価見通しや上振れ・下振れ要因を詳しく点検し、そのもとでの金融政策運営の考え方を整理した「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)を決定し、公表している。1月および7月の金融政策決定会合では、その直前に公表された「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)以降の情勢の変化を踏まえたうえで、先行きの経済・物価見通しを評価した「中間評価」を公表している。(日銀のサイトより)

この展望レポートでは、政策委員の大勢見通しが発表される。実質GDP、国内企業物価指数、消費者物価指数(除く生鮮食品)の予想数値が「各委員から出され」、それを集計したものが発表されている。新聞などで日銀の見通しとして発表される数値は、この予想値の中での政策委員見通しの中央値となる。

日銀の政策委員(総裁・副総裁・審議委員)がそれぞれ予想値を出すわけであり、それが「検討」されることは形式上はありえない。政策委員も他の委員がどのような数値を出すのかを事前に知らされるようなことは、ないはずである。

とはいえ、政策委員を含めて、コアCPI見通しを上方修正することを検討せざるを得ない状況にあるのは確かである。

日銀は2%という物価目標を設定したが、この2%とは消費者物価の前年比上昇率となる。もちろんこれはコアCPIとも呼ばれる消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年同月比の数値である。

1月に公表された展望レポートの中間評価では、2013年度と2014年度の見通しがすでに示されている。コアCPIについて2013年度は+0.3〜+0.6<+0.4>、2014年度は+2.5〜+3.0<+2.9>となっている。

2014年度の数値については消費税率が2014年4月に8%、2015年10月に10%に引き上げられることを織り込んでいる。消費税率引き上げが現行の課税品目すべてにフル転嫁されることを前提に、物価の押し上げ寄与を機械的に計算した数値、消費者物価では2.0%を加えたものを出している。そこで、各政策委員は消費税率引き上げの直接的な影響を除いたベースの計数を作成しており、それは+0.5〜+1.0<+0.9>となっている。

日銀が決定した物価目標の2%には、当然ながら消費税率引き上げの直接的な影響は加味していない。そうでなければ消費増税だけでそれが簡単にクリアーされてしまうことになる。

4日の予想を超えた大胆な金融緩和、「量的・質的金融緩和」が全員一致で決定されたのをみると、政策委員は10月から上乗せした数値を示す可能性は十分ありうる。さらにメンバーも9人中、3人が入れ替わるため、その分、予想数値に変動も起きよう。その結果、2014年度の消費増税の影響を除いた数値が、どこまで引き上げられるのかが焦点となる。

そこで日銀は、2014年度のコアCPIの見通し(中央値)を1月の0.9%から1.5%以上に上方修正することを検討するそうである。しかし、足下の2月のコアCPIは前年比マイナスの0.3%であった。これをどのようにして上昇させるのか。繰り返しとなってしまうが、その経路がかなり不透明である。

4日に量的・質的金融緩和の導入し、コアCPIの2%という物価目標に対しては、2年程度の期間を念頭に置いて、早期に実現するため、マネタリーベース(現金通貨プラス日銀当座預金)および長期国債・ETFの保有額を2年間で2倍程度とし、長期国債の平均残存年数を現行の2倍以上にする。

それは良いがそれによりどのような経路を通じて、CPIが上昇するのか。国債のイールドカーブの低下を促すのも目的のはずだが、5日以降の国債市場ではいったん低下したイールドカーブは長いところを中心に上昇している。いっときの債券市場の混乱との見方もできるかもしれないが、日銀の国債買入は国債の流動性にマイナスの影響をもたらす懸念もある。国債に日銀が購入し、金融機関はその資金を0.1%のつく当座預金に積み上げるとして、それで実態経済にどのように波及するのか。その実験は2001年から2006年の量的緩和である程度実証済みではなかろうか。

新たにメンバー入りした総裁と副総裁はさておき、4日の異次元緩和は全員一致であり、その流れからは審議委員も予想の修正をしてくることが予想される。これまでの予想から情報修正するとなれば6人の審議委員はどのような説明をするのか。たしかに1月に比べてさらに円安や株高は進み、ムードは変わってきているのは事実ではあるが、それで2年後にコアCPIの2%にするのは可能なのか、消費税の影響を加えれば4%もの上昇となってしまうが、このあたり詳しい説明を聞いてみたい気がする。

2013.4.17「2013年2月の米国債の国別保有残高」

米財務省が発表している米国債国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES、http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt)によると、2013年2月の日本の米国債(短期債含む)保有残高は1兆971億ドルとなり、1月の1兆1039億ドルからさらに減少した。日本の米国債保有額は2012年10月まで増加し、1兆1319億ドルまで増加していたが、11月以降は減少傾向にある。

これに対してトップの中国は1兆2229億ドルと、1月の1兆2142億円からさらに増加させている。これは1年以上ぶりの高水準となるようである。中国による米国債保有額は昨年頭打ちとなっていたが、昨年10月あたりから再び増加傾向となり、昨年12月以降は1兆2000億ドル台で推移している。この結果、保有額ではトップの中国と2位の日本の差が拡大している。

上位10か国は次の通り(単位、10億ドル)。中国(China, Mainland)1222.9 、日本(Japan)1097.1、カリブ海の金融センター(Carib Bnkng Ctrs)286.7、ブラジル(Brazil)260.0、石油輸出国(Oil Exporters)257.2、台湾(Taiwan)188.2、スイス(Switzerland)185.8、ベルギー(Belgium )184.9、ロシア(Russia)162.1、香港(Hong Kong)143.2。

米国債は米景気の改善も意識され、昨年12月上旬あたりから2月上旬まで下落基調となっていたが、2月は底堅い動きとなり、後半にかけては切り返してきている。米10年債利回りは2月に入り一時2%台に上昇する場面もあったが、その後1.9%割れとなった。

米債3月にかけて再び下落し、10年債利回りは再び2%台をつけた。しかし、キプロスへの懸念の強まりなどを背景に、その後切り返してきた。4月に入ると日銀は大胆な金融緩和策を決定し、日銀は大量の自国の国債を買い入れる。この決定後の日本の債券市場は不安定な動きを見せてきている。またFRBは出口を探る動きを見せ始めてきており、このあたりの動向も米国債投資に多少なり影響を与えてくる可能性はある。

2013.4.18「日銀の当座預金残高が70兆円規模に」

日銀の当座預金残高が17日の速報ベースで69兆7200億円となり、過去最高を記録し約70兆円近くとなった。下記データもどうやら毎日チェックしておく必要がありそうである。

資料、日銀当座預金増減要因と金融調節(毎営業日更新) http://www3.boj.or.jp/market/jp/menu.htm

2001年3月から2006年3月まで続いた前回の量的緩和の際には、この日銀の当座預金残高が目標とされ、最終的には30〜35兆円が目標とされていた。当時のこの目標に比べて、すでに倍の規模になっている。そういえば岩田規久男日銀副総裁は、就任前のどこかのサイトのインタビューにて、「インフレ率を2%にするためには、日銀当座預金を昨年末の約40兆円の倍、70〜80兆円にすべきだ」と述べていた。日銀の大胆な異次元緩和で、すでにその目標値はほぼ達成されているようなのだが。それはさておき、ここにきて当座預金残高が大きく伸びた要因は、4月4日の日銀の量的・質的金融緩和の導入による効果、というよりも、それ以降の債券相場の乱高下が影響していたと思われる。

5日の債券相場の乱高下にはこのコラムでも、また拙著「アベクロ政策と国債問題[Kindle版]」でも触れていたので、そちらを読んでいただきたいが、債券先物市場では5回に及ぶサーキット・ブレーカーの発動があった(5日に売りで2度、8日に買いで一度、10日のイブニング・セッションで売りで一度、12日のイブニング・セッションで売りで一度)。

これに対して日銀が取った手段は、オペによりまず中短期の金利の跳ね上がりを抑えようとするものであった。

中短期ゾーンの利回り上昇に歯止めを掛けるべく、11日の午前中に「初の」1年物の共通担保資金供給(全店、固定金利)オペ1.5兆円をオファーした。これはいわゆる「シグナルオペ」であった。「10時10分に打つのは普通は先日付本店オペなので、つまりは通常のタイムスケジュールを逸脱したオペという意思を示すオペ」(ベテラン市場参加者談)で、これは10年前のVaRショック、つまり国債の急落時にも実施されていた。2003年8月27日にオファーされた「手形オペ9か月」がそれであった。

シグナルオペとは聞き慣れない用語であったかもしれないが、これは日銀がシグナルオペだと言っているわけではなく、短期市場での参加者が、何かしら日銀の意思を感じるオペであると思われるのでシグナルオペと呼んでいるものである。

実は12日金曜日にも日銀は共通担保資金供給(全店、固定金利)を1.5兆円打ってきた。つまりシグナルオペを打ってきたのだが、この際には黒田日銀総裁の講演内容に目が向いて、債券市場では何となくスルーされていた感があった。

シグナルオペは15日、16日も続くなど連日、日銀は積極的な資金供給を行った結果、16日までに合計11兆円以上の供給(日経新聞)を行ったのである。これにより、日銀の当座預金残高が予想以上のピッチで増加したのである。

それで何か物価に影響を与えるような結果が出ている気配はあるのであろうか。17日の日経新聞のやさしい経済学では「期待や予想に働きかける政策の効果をどこまで理論的に示せるかは難しい課題」として、「どんな効果が出るのかは、実行してみないとわからない面が強い」と結んでいる。

いわゆるブタ積みと呼ばれる、現金を見せてやる気を起こさせる作戦については、過去に経験済みながら、その額を極端に大きくさせるのが、今回の異次元緩和である。それでさっそく債券市場には動揺が入るなど、日銀が予想していなかったであろう事態が早速発生している。日銀がリフレ的な政策にこれまで踏み込まなかったのは、それによるトランスミッション・チャンネルがはっきりしなかった事に加え、その副作用についても考慮していたためと思われる。今後はそのあたりが試されることにもなる。とにかく実行してみないとわからない政策なのだから。

2013.4.19「日銀の国債買入方式の修正」

日銀は4日に決定した量的・質的金融緩和策(QQE)における国債の新たな買入について、市場参加者の意見を取り入れ、買入方式を一部修正し18日の夕方に発表された。

量的・質的金融緩和策では、長期国債の保有残高が年間約50兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。毎月の長期国債のグロスの買入れ額は7兆円強となる(国債には償還があるため、その分も考慮しての買入額)。これにより日銀が保有する長期国債(残存1年以上の国債)は2012年末が89兆円となっていたが、それが2013年末に140兆円、2014年末に190兆円まで引き上げられる。

長期国債の買入対象を40年債を含む全ゾーンとし、買入の平均残存年数を現状の3年弱から国債発行残高の平均並みの7年程度に延長する。この結果、毎月の長期国債のグロスの買入額は7.5兆円規模(これまでは3.8兆円程度、4月の買入予定額は6.2兆円)になる。2013年度の長期国債のカレンダーベースの発行予定額は126.6兆円となっており(年間発行額156.6兆円から短国の30兆円を差し引いたもの)、7.5兆円の12か月で88.7兆円をグロスで日銀が購入するとなれば、毎月の発行額の70%を買い入れることになる。

この具体的な買入方式については、金融政策決定会合の公表文には書かれておらず、決定会合後の夕方に、「当面の長期国債買入れの運営について」が日銀金融市場局から発表された。まさに突貫工事で作成したとの印象である。

4日の夕方にはエコノミストなどが日銀に集められたが、ここでは新政策への説明が中心となり、集まった市場参加者もこれにより具体的に市場にどのような影響があるのか、はかりあぐねていたのではなかろうか。その影響は翌5日に現れ、債券市場は史上まれにみる乱高下となったが、日銀が発行額の7割も買い入れることによる国債市場の機能低下への懸念が大きな要因となった。このあたりについて日銀も2009年のイングランド銀行による量的緩和時の英国債市場の混乱などから、ある程度の想定はあったのかもしれないが、あまり準備が進んでいたわけでもなさそうであった。

11日にはあらためて市場参加者との対話の強化を図ることを目的に、「市場参加者との意見交換会」が開催された。しかし、参加予定者は金融調節取引対象先、機関投資家など市場参加者ではあったものの、初回ということもあってか役員クラスが集められた。5日以降の債券市場の混乱ぶりを見る限り、早めに実務者レベルでの会合をもつべきであったとは思うが、それが開催されたのは17日となった。

4月17日に「市場調節取引実務担当者との意見交換会」が開催されたが、ここでは1回当たり1兆円程度で4月に5回、5月に6回実施する予定となっていた国債買入について、市場への影響が大きいため、出席者からは、金額を小さくして高い頻度にした方が良いとの意見が多かった(ブルームバーグ)。これを踏まえて18日に日銀はあらためて「当面の長期国債買入れの運営について」を発表したのである。

ここでは4月と5月分について発表されたが、このうち5月分を見てみると、修正前は6回で合計7兆4400億円予定の国債買入であったものを、修正後は16回で7兆5000億円程度となった。修正後は原則として2つの残存期間区分を同時にオファーすることになり、つまり16回の半分の8回、オペが入ることになる。

金額についても修正前に比べてそれぞれの年限に幅を持たせ、相場状況等に合わせて裁量の余地を持たせた格好となっている。たとえば残存期間1年超5年以下は修正前の5月合計3兆円が3〜3.5兆円に。残存期間5年超10年以下も修正前の3.4兆円が3〜3.5兆円に。残存期間10年超、つまり超長期債は当初の8000億円が、8000億円〜1兆2000億円に何げに上方修正されていた。

残存期間1年超5年以下については、残存期間の区分を細分化して同時にオファーすることがあるとしており、これは2年債あたりに集中する可能性を配慮したようである。

買入対象銘柄の残存期間が重複する利付国債の入札日(流動性供給入札を含む)には、原則オファーしないことも明記された。これはつまりカレント物の流動性に多少なり配慮するとともに、「財政ファイナンス」と受け止められることを防ぐ狙いがあるそうである(19日の日経新聞)。あまりしっかりとした歯止めのようには思われないが。

日銀は大胆な緩和策を講じ、それによる国債市場の混乱を目の当たりにし、次々と手を打ち、債券市場もやや落ち着きを取り戻してきた。そんなところに、今回の国債買入方式の修正発表も市場は好感した格好となった。しかし、池のなかのクジラはクジラである。債券市場の混乱がこれで完全に払拭されるとも思えない。

2013.4.19「2%の物価上昇の道筋とリスク」

日銀の宮尾龍蔵審議委員は、4月18日の岐阜県での講演において、2%物価安定目標への道筋を示した。それによると、

1.海外経済の正常化は、わが国の輸出・生産の回復基調を後押しし、企業収益を高めます。

2.基調的なリスクオンの継続と米国長期金利の緩やかな上昇により、さらには日本銀行の強力な緩和策により、資産価格や為替レートを含む金融環境は緩和した状態がサポートされます。

3.それらは企業の設備投資や構造変革など前向きな動きを後押しし、潜在成長率の緩やかな上昇をもたらします。

4.持続的な景気回復期待のもと、家計の消費支出も堅調に推移し、需給ギャップの改善を伴いつつ物価は徐々に上昇します。

5.この間、人々のインフレ予想も徐々に高まり、こうしたもとで、2014年度中には消費者物価上昇率は 1%程度を超えて高まっていきます。

最初のポイントは、世界経済の安定化、それによる世界経済の回復基調をまず背景に上げている。二番目の基調的なリスクオンの継続という言葉からも読み取れるが、リーマン・ショックや欧州の信用不安という大きなショックの後退により、世界経済の回復が日本経済にも影響を与えるとしている。

リスクオフからリスクオンの動きに変わって何が起きたかと言えば、円安である。もちろんイタリアやスペインの国債利回りの低下などもあるが、急激な円高の修正が入った。そこにタイミングよく、安倍政権の登場により円安の流れが加速させ、米国の株式市場の上昇などもあり、東京株式市場は大きく上昇した。積極的な金融緩和への期待が、資産バブルのような状況を生み出した結果、資産価格が上昇した。

ここまでは確かに現在の動きの解説となる。問題は4月4日に異次元緩和と呼ばれた緩和を行って、企業の設備投資をどのようにしたら前向きにさせられるのか。人々のインフレ予想も徐々に高まり、こうしたもとで、2014年度中には消費者物価上昇率は 1%程度を超えて高まっていくとしているが、これは異次元緩和がなくても、世界的なリスクの後退での影響で、可能であったのではなかろうか。

そもそも安倍首相や、岩田副総裁のこれまでのコメントを考えれば、特に海外要因等にたよらずとも、マネタリーベースを大胆に引き上げれば物価は上がると言っていなかったか。実際、すでに日銀の当座預金残高は岩田氏が2%の物価上昇に必要と言っていた70〜80兆円に届こうとしている。これですでに2%の物価上昇は可能となる状態にいるということになるのではなかろうか。

少なくとも宮尾委員は世界経済を取り巻く環境の改善、日本の景気回復とともに物価上昇をもたらすことを可能にするとの認識と思われる。日銀の金融政策はこのように流れを押すことは可能かもしれない。しかし、岩田氏の過去の発言からは、日銀の当座預金残高を倍にすれば、物価を上げられるとしている。そのために日銀は発行額の7割もの国債を買い入れる結果となっている。何かおかしくはないだろうか

「先日の金融政策決定会合における議論を通じて、長期国債の大規模な買入れと年限長期化といった施策は、イールドカーブ全体に一段と強力な下押し圧力を掛けるという点で、これまでの私の提案を上回る強力な緩和効果が期待できると判断し、後述するコストやリスクも勘案したうえ、「量的・質的金融緩和」の導入に賛成することとしました。」(宮尾審議委員)

確かに異次元緩和を受けてイールドカーブは一時大きく低下し、10年債利回りは0.315%、20年、30年の利回りは1%割れとなった。しかし、その後イールドカーブはそこから跳ね上がっている。日銀が国債を大量に買い入れることで国債市場の機能に影響を与えかねないとの懸念も出て、国債市場は乱高下した。長期金利は日銀が操作できるものではないことは、これを見ても明らかであろうし、ここからのイールドカーブの低下にどれほどの意味、というか効果があるのか。このあたりも説明していただきたい気がする。

イールドカーブの低下により企業・家計の借入負担を軽減するとの説明はあったが、すでに長期金利は世界最低水準にまで沈んでおり、その恩恵はすでに十分に得ている。何といっても恩恵を受けているのは日本政府であろう。企業は借り入れどころか自己資金が豊富なところも多い。
わはw

銀行や機関投資家などのポートフォリオ調整により、国債投資から銀行信用やリスク資産への投資にシフトする、との期待も述べているが国債とリスク資産での市場規模は桁が違う。日銀がそもそもリスク資産の買入額に比べて、国債買入額を極端に多くしたのはそのマーケット規模が大きな理由であったはずである。

今回の措置は「期待」への働きかけを重視しています、とも宮尾委員は指摘している。「2%の消費者物価上昇率を目指すシナリオが道筋に沿って徐々に実現していくと、それを人々が実感して先行きの見通しに対する信頼を強めます」とあるが、その理論的な背景となっている日銀の当座預金残高と物価の上昇の関連性をどのように見たら良いのか。すでに70兆円に達しようとしている当座預金残高で、どのような働きかけが物価にされているのか。むしろここが聞きたいところである。そこをはっきり説明してくれなければ、その期待なるものはいずれ懸念に変化してくる可能性がある。

「大規模な国債買入がもたらす金利を起点とした全般的な波及ルートと、通貨量のコントロールを新しく導入して、インフレ予想へ働きかけるルートを同時に追求することで、デフレ脱却に向けた強いメッセージを示し、政策効果をより高めようとする枠組みと理解できます」(宮尾審議委員)

大規模な国債買入がもたらす財政ファイナンスへのリスク波及ルートと、通貨量のコントロールを導入しても効果なかった前回の量的緩和時と同様にインフレ予想に働きかけることはかなわず、資産バブルを促進し、それが崩壊してしまうという結果にはなるまいか。
此の段階で こう書く人が居たんだね。
本物の現場の人 って 容赦が無いw だよね。
本物のエコノミスト ってのは 良い意味でも悪い意味でも こういう人なんだろうね。
俺は あるがままに高く評価するけどね。


2013.4.22「3月の債券市場における投資家の動き」

4月22日に日本証券業協会は3月の公社債投資家別売買高を発表した。3月20日に日銀の黒田総裁、岩田副総裁、中曽副総裁が就任した。異次元緩和への期待も強まっていたなかで、投資家は果たして国債を主体に債券市場でどのような運用をしていたのか気になるところである。

短期国債を除くベース、つまり1年以上の残存期間の国債について、都銀は7921億円の買い越しとなっていた。地銀は4137億円の買い越し、信託銀行は3兆2110億円と3兆円を超える大幅買い越しとなっていた。農林系金融機関も3750億円の買い越しに。

生損保は1兆221億円の買い越し、投資信託も5347億円の買い越しとなっていたが、海外投資家は1191億円の売り越しとなっていた。

都銀は買い越しに転じ、信託の買い越し額もさらに大きくなっていたが、年限別の売買にはそれぞれ偏りも見えていた。

それを国債の投資家別売買高でみてみると、都銀は長期債を2兆7924億円も買い越していた半面、中期債を1兆8525億円売り越していた。超長期債は1562億円の売り越し。ちなみに都銀は2月も中期債を売り越して中期債を買い越し、ただし超長期は買い越していた。都銀による長期債の2兆7924億円の買い越しは、2004年4月以降のデータのなかでは最高の買い越し額となっていた。

信託銀行は前年限で買い越しとなっており、超長期債を1兆1181億円、長期債を7683億円、中期債1兆1663億円のそれぞれ買い越し。円安株高の進行に伴うパッシブ系の年金運用者などからのリバランスの買いが、中期ゾーンを含めて引き続き入っていたものと思われる。

農林系金融機関は超長期を2557億円買い越し。生保も超長期債を9265億円の買い越しに。

外国人は長期債を1兆4540億円売り越していた半面、中期債を1兆1724億円買い越していた。2月も金額はこれよりは少ないが、やはり外人は長期債売り、中期債買いをしていた。

短期債の売買高をみると、外国人がこの月も13兆8073億円の買い越しとなっており、外投資家による短期債の買い越しは継続していた。

3月の債券相場を振り返ってみると、日銀総裁候補の黒田東彦氏は4日の衆議院運営委員会の所信聴取で、デフレ脱却へ向け可能なことは何でもやると表明し、長期の国債も購入対象として検討すべきだと述べた。4日の債券先物はこの発言を受けて上昇し、145円32銭の高値引けとなり、12月11日につけた過去最高値を更新した。5日も債券に買いが入り10年債利回りは0.6%割れに。8日の30年国債入札は順調な結果となったが、一部の投資家が直接大量に応札した可能性があり、このため債券相場は一時大きく買われた。

12日の5年国債の入札は無難な結果となったが、20年国債の入札は低調な結果に。しかし、超長期債の売りも限定的であった。むしろ中期ゾーンの買いがいったん止まり、超長期債や長期債には投資家の買いが入った。このあたりで都銀が中期債から長期債に入れ替えていた可能性がある。

ユーロ圏財務相会合ではキプロスへの財政支援と引き換えに全ての銀行預金への課税を決めたことを受け、キプロス政府は16日に全銀行口座からの引き出しを制限する預金封鎖を開始した。この異例の措置に市場は動揺した。15日の米10年債利回りは2%割れとなっていたこともあり、18日の現物10年債利回りは再び0.6%割れに。20日に日銀の黒田東彦総裁、岩田規久男副総裁、中曽宏副総裁が就任したが、大胆な金融緩和の期待も強く、特に長期、超長期債に買いが入った。21日に債券先物は145円75銭まで上昇し、連日で債券先物の最高値を更新した。

このように3月の債券相場は、超長期債には信託銀行や生保、長期債には都銀や信託銀行からの買いが入っていた。中期債は信託銀行などからの買いは入るものの、都銀による売りにより上値が抑えられた格好となっていた。

2013.4.24「イタリアの2年債利回りが過去最低になったことの意味」

4月22日の欧州市場では、イタリアの2年国債の利回りが一時1.208%まで下げ、ブルームバーグによるとデータ集計を開始した1993年以来の最低を記録したそうである。23日には1.2%を割り込みさらに記録を更新し、10年債利回りは2010年11月以来の4%割れとなった。

22日の日本時間の夕方に、イタリアの2年債利回りが過去最低になったとの記事が出ていたが、これを見て一瞬目を疑った。ドイツやベルギー、オーストリアとかの2年債利回りではなく、イタリアの2年債利回りが過去最低を記録したのである。これは欧州のリスク後退を示す、大きな象徴的な出来事ではあるまいか。

ブルームバーグによるとイタリアの15年債利回りも4.23%と2006年12月以来の低水準となったそうである。2006年末と言えば、ギリシャ・ショックどころか、リーマン・ショック以前の水準である。

2010年1月に欧州委員会がギリシャの財政に関して統計上の不備を指摘し、ギリシャの財政状況の悪化が表面化した。ギリシャの格下げ等も伴いギリシャの国債が急落したのが欧州の信用不安の発端である。

それがポルトガルやスペインを経て、イタリアに波及した。ユーロというシステムの維持が可能かどうか試されることになった。その意味ではイタリアの金利、つまりイタリア国債の価格の動きが、ユーロの安定度を測るひとつの目安ともなっていたはずである。

そのイタリア国債の利回りが低下し、2年債に至っては過去最低水準まで低下したという。これはつまりユーロ圏というシステムへの不安とともに、信用不安もかなり後退してきたことの現れと言えるのではなかろうか。

日本ではアベノミクスの登場と、黒田日銀による異次元緩和に浮かれ、このあたりの状況についてあまり関心はなさそうだが、そもそも昨年末あたりからの急激な円安と株高の根底には、欧州の信用リスクを中心とした世界的なリスクの後退がある。その流れをアベノミクスへの期待が加速させ、ヘッジ・ファンドなどが仕掛けやすい環境を形成したとみられる

株価の上昇については、日本株ばかりでなく米国株式市場でもダウ平均が過去最高値を更新してきた。これには日米欧の中銀による積極的な資金供給策による影響ばかりでなく、世界経済の回復期待があろう。それも欧州のリスクの後退が背景にあると考えられる。

今回の円安・株高の要因としてアベノミクスがどの程度関与しているのかを具体的に計ることは難しい。ただし、アベノミクスだけで今回の円安・株高が生じたとみて、その効果に絶対の信用を置くこともどうかと思う。このあたりは冷静な分析も求められる。

ちなみにイタリアに限らず、スペインやポルトガルの国債が今回買われた背景には、ECBの利下げ観測に加え、日本の生保や年金による買いが今後入るとの期待感もあろう。しかし、少なくとも期待感が不安感を打ち負かしている環境そのものの要因を理解することも重要かと思われる。

2013.4.25「矛盾だらけの異次元緩和」

日銀の当座預金残高が17日に69兆7200億円となり、過去最高を記録し約70兆円近くとなった。岩田規久男日銀副総裁は、就任前のインタビューにて、「インフレ率を2%にするためには、日銀当座預金を昨年末の約40兆円の倍、70〜80兆円にすべきだ」と述べていた。

4月4日の金融政策決定会合で決めた量的・質的金融緩和策では、マネタリーベースが、年間60〜70兆円に相当するベースで増加するよう金融市場調節を行うとしていた。年間60〜70兆円というのはマネタリーベースの増加ベースとなり、2012年末のマネタリーベースの実績138兆円規模が、2013年末が200兆円、2014年度が270兆円となる。

岩田副総裁の発言が正しいとすれば、このピッチでのマネタリーベースの増加(増加分の殆どは日銀当座預金)では、インフレ率は2%どころではなく跳ね上がりかねないのではなかろうか。

それ以前に既に日銀の当座預金残高が、昨年末の倍近いところまできているが、それで何かしら物価上昇に波及しうる兆候が出ているのであろうか。タイムラグはあるにせよ。

アベノミクスの登場以降の円安・株高がその大きな兆候だという人もいるかもしれない。これには「期待」への効果は確かにあったかと思うが、それは果たしてマネタリーベースの増加が影響していたものなのか。そもそもどれだけの人が日銀の当座預金残高に関心を持っていようか

日銀はコアCPI生鮮食品を除いた消費者物価指数の2%という物価目標に対して、2年程度の期間を念頭に置いて、早期に実現するとしている。26日に発表される展望レポートでは、2年後に2%の物価目標が達成しうるという予測が示されると予想される。

2年で2%の物価上昇は達成できるのかとの質問に対して、宮尾審議委員は会見で次の発言を繰り返していた。

「今回、私どもは2年程度の期間を念頭において、2%の物価安定の目標をできるだけ早期に実現するために今回の「量的・質的金融緩和」というパッケージを決定し、実行に移したということです。」

まったくこれは答えになっていない。
会見前の講演ではその道筋を示してはいたが、そのポイントには、世界経済の安定化、それによる世界経済の回復基調を背景にあげている。リーマン・ショックや欧州の信用不安という大きなショックの後退により、世界経済の回復が日本経済にも影響を与えるとしている。つまりは異次元緩和があっての2%の物価上昇という前提になっていない。

宮尾審議委員を含めて、六名の審議委員が26日の展望レポートでコアCPIの予想を大きく引き上げたならば、その理由の説明が求められる。宮尾委員の会見では、記者から2%の目標は2年程度で達成できるという事に関し、「宮尾審議委員が何故ここでご自身の考えを述べないのか、よく分かりません。」ともコメントしている。この点についての説明責任も審議委員には求められるはずである。

さらにこれまでの日銀の考え方を踏まえた上で、今回の異次元緩和がどのように物価に波及するのかの経路について、日銀プロパーであり、これまでの日銀の政策にも携わってきた中曽副総裁の意見も聞きたいところである。

債券市場にも異次元緩和の影響が及んでいるが、すでに生保や年金、地方の金融機関などが国債投資を減少させるとの見方も強まっている。それでなくても国債発行額のうちこれまでの4割弱から7割強を日銀が買い入れることで、債券市場の実質的な規模が縮小し、参加者も減少するとなれば、その機能低下による影響も考えておく必要がある。

高橋是清は日銀による国債引受を行ってはいたが、それは当時の国債の流通市場が整備されていなかったこともあり、日銀はいったん引き受けた国債を銀行に売却していた。今回、日銀はあくまで買い入れるだけが目的となっている。国債の市場機能を低下させて、その結果、イールドカーブは全体に低下するどころか、いびつな動きになりかねない。それでどのように実態経済に働きかけられるのか、このあたりの説明もほしいところである。

2013.4.26「債券市場の動揺の理由」

リフレ的な政策を全面に打ち出した安倍政権によるアベノミクスは、その一本目の矢の仕上げとして日銀に大胆な金融緩和を要求し、それを自ら選んだ黒田日銀総裁が実行に移した。

これにより、人々の期待が高まったことは事実であろう。円安・株高もあり、日本はデフレから脱却して明るい展望が開けるとの認識も拡がっている。日銀や政府の景気判断も上方修正され、景気の気に働きかけていると。リスクを犯しても大胆な政策を打ち出せば状況は打破できる、との期待が強まっているが、果たしてそのリスクとは何なのか。

ここはもう少し冷静に物事を見ておく必要もある。今回の政策で、果たして誰か痛手を被ったであろうか。等価交換と言う言葉がある。何かしら大きな作用を行えば、何かしら副作用が生じる。ところが、今回のリフレ政策は一見、どこも痛手を被ったようなところはない、ように見える。だからこそアベノミクスが受け入れられ、本屋にはその関連書籍のコーナーも出来ている。Win-Winで皆ハッピーというのはどこかおかしくはなかろうか。

4月4日の異次元緩和後の国債の動きが気になる方も、債券関係者以外にもいるかもしれない。それとも円安傾向が続き、株価が上がっている状況が続く限り、アベノミクスは効果が出ており、多少の債券市場の動揺など意識する必要はない、と考えている方の方が多いのか。とにかく債券市場の動揺は何かしらの兆候を示していた可能性がある。もちろんそれは発行額の7割も中央銀行が自国国債を買い入れるという、大胆な政策が国債の需給面に影響を与えたためであろうが、投資家が引いたのは、果たして流動性の問題だけであろうか。

今回の日銀の異次元緩和の目的は、2%の物価上昇としている、そのための政策の中心にあるのは、より長い期間の国債の大量購入である。これにより国債のイールドカーブ全体を押しつぶし、さらに国債を買い入れることによる大量の資金供給により日銀の当座預金残高を一気に引き上げようとするものである。ただし、それで本当に物価が動くという保証があるわけではない。現実に当座預金残高は昨年末の倍近くに膨らんでいるが、物価に影響が及んでいる気配はない。もちろん円安の影響により今後は物価が多少なり上昇してくることは予想されるが、当座預金残高が直接物価に影響したわけではない。欧州リスクからの急激な円高の反動による円安でもたらされたものである。

今後、物価が思うように上昇しなかったならば、期待感が先行している市場からは更に大胆な政策が要求されよう。その結果、さらなる国債買入増額となれば、それは国債市場の流動性をさらに低下させかねず、市場機能が失われるリスクが生じる。それとともに財政ファイナンスとの認識が強まる可能性がある。もちろんそれは政府の意向次第ではあるが、もし消費増税が先送りされるなどすれば、その認識を強めさせかねない。

高橋是清による日銀引受は、たしかに途中まではうまくいった。デフレからも脱却したが、その出口政策に失敗し、二・二六事件で高橋是清は暗殺され、国債の日銀引受という打ち出の小槌はさらに振られることになり、戦後のハイパーインフレを生む。それを反省して財政法では日銀による国債の直接引き受けは禁じられることになった

今回の異次元緩和は日銀による国債の直接引き受けではないとしているが、日銀券ルールは撤廃し、より長い期間の国債を大量に買い入れ、直近発行銘柄の買入も可能にするなど、自ら財政ファイナンスではないとするために置いておいた標識を撤廃した。超長期債の動揺は、このあたりの漠然としたリスクも意識してのものとも言えるのではなかろうか。
この人は出来る限りに政治の話はしない。 だから消費税増税の話はしない。
そういう意味で こう書いて頂けている のは大変にありがたいです。

そして こう書く

2013.4.26「日銀の政権交代」

2013年3月20日、日銀では政権交代が行われた。もちろんこれは選挙によるものではなかったが、いわゆる日銀理論をベースとした政策から金融政策のレジーム・チェンジ(体制転換)が行われ、いわゆるリフレ政策をベースにした政策に転じることになった。

長きに渡る政権がひっくり返されたといえば、2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙における民主党の政権奪取が連想される。民主党は単独で総議席の3分の2に迫る308議席獲得と圧勝し、鳩山内閣は当初70%を超す高い支持率を得てスタートした。

参考までに安倍内閣の支持率は、読売新聞社によると4月12〜14日調査分で74%、前回3月15〜17日の72%をこえるなど高い支持率を示していた。アベノミクス効果による円安・株高等がかなり意識されていると思われる。安倍内閣の支持率は昨年12月の内閣発足直後から毎月上がっており、4回連続の上昇は、毎月調査を始めた1978年以降で初めてだそうである。安倍内閣が日銀との連携を強化して、成長を重視した経済政策を進めていることを評価する人67%に上り、日銀が決めた大規模な金融緩和策を「評価する」は54%と「評価しない」の30%より多かったそうである(読売新聞)。

この調査結果を見ると、どうやに日銀の政権交代による期待については、評価しているむきは多いものの、54%という数字は「いや、ちょっと待てよ」とみている人もそれなりに多いことを示しているように思われる。

アベノミクスは三本の矢というが、一本目の次元の違う大胆な金融緩和という期待に負うところが大きい。リフレ政策を全面に打ち出して、円安・株高を加速させ、それが支持率アップにも繋がっているのは確かであろう。今後の安倍政権の支持率の行方は、実は日銀の政策とその効果にかかっているという見方もできよう。

そうであれば、日銀の政権交代によるレジーム・チェンジの効果を見定める必要がある。それには今回の自民党が政権を取り返した事例よりも、2009年の民主党が政権を握った際のレジーム・チェンジの際の状況が参考になるのではなかろうか。

黒田日銀のマニフェストに掲げた大きな目標は2%の物価目標を2年で達成するというものである。しかし、これは日銀理論をベースとした政策から見ると、非常に達成が難しいものとなる。そのために打ち出した政策はこれまでの路線上にあるものながら、量を極端に大きく見せるものとなった。これでどのようにして目標達成を可能とするのか、その具体的な道筋は示されていない。さらに債券市場を混乱させるなどの副作用も出ており、日銀はまずそのための火消しに走ることになった。

民主党が政権を握った際には、官僚との関係がかなりぎくしゃくしたと言われる。同様の事態が今回の日銀内部で発生する可能性もある。それでもアベノミクスへの期待感が維持している間は良いかもしれないが、物価目標達成に向けて今後はいろいろと問題が表面化することも想定される。今後CPIは回復すると予想されているが、足下CPIは3月の全国で前年比マイナス0.5%にいる。アベノミクス登場が昨年11月だとすれば、すでに半年経過しているが、期待感が物価に働きかけている様子は見えていないのが実情である。

そもそも物価さえ上げれば何とかなる的な発想に問題はないのか。物価上昇への道筋含めて、日銀にはその説明が求められる。そこで適切な答えが出なければ、期待が失望に変わる可能性もある。円安・株高は海外要因に助けられているというか、海外要因が根底にある。世界的なリスクの後退とそれによる景気回復への期待である。そこに日米欧の中央銀行の超緩和策が後押ししている。

海外要因による円安や世界的に株高にブレーキが掛かると、アベノミクスへの成果が問われる。その際に注目されるのは、日銀の金融政策となろう。今回の安倍政権への政権交代により、ルビコン川を渡り、パンドラの箱を開けてしまった日銀が、今後はどのような政策をとるのか。果たしてレジーム・チェンジした金融政策への支持はどこまで続くのか。非常に興味深い。

2013.4.30「異次元緩和後の日本の投資家の動き」

4月25日に財務省は4月14日〜20日の対外及び対内証券売買契約等の状況を発表した。これによると、この期間の対外債券(中長期債)投資は8626億円の資本流入超となっていた。つまり日本の投資家は外債を買っていたのではなく、差し引き8626億円売っていたということになる。その前の週も3328億円売り越しとなっており、これで6週連続の売り超しとなっていた。

4日の異次元緩和により、日銀は国債のイールドカーブ全体の低下を促すことを目的に、長期国債の保有残高が年間50兆円に相当するペースで増加するよう買入を行う。長期国債の買入対象を40年債を含む全ゾーンとし、買入の平均残存年数を現状の3年弱から国債発行残高の平均並みの7年程度に延長する。この結果、毎月の長期国債のグロスの買入額は7.5兆円規模(これまでは3.8兆円程度、4月の買入予定額は6.2兆円)になる。2013年度の長期国債のカレンダーベースの発行予定額は126.6兆円となっており(年間発行額156.6兆円から短国の30兆円を差し引いたもの)、7.5兆円の12か月で88.7兆円をグロスで日銀が購入するとなれば、毎月の発行額の70%を買い入れることになる。

これまで超長期債の主たる買い手となっていた生保・年金、さらには一部海外投資家等は利回りの低下もさることながら、流通市場の縮小もあり、今後は日本国債への投資を縮小することが予想され、欧米の海外市場では思惑的な買いも入っていた。しかし、現実には日本の投資家は外債を買うどころか、むしろ欧米の債券の利回り低下で利食い売りを出していたと思われる。

いわゆる機関投資家は、そう簡単に年度の運用計画を修正することはできない。4月4日の異次元緩和を受けて、すぐに外債投資の比重を高めると言った動きはしてこない。ただし、債券市場に動揺が見えるなどしたことで、今年度の運用計画そのものを白紙にし、あらためて計画の練り直しを行ったところも多かったようである。

すでにいくつかの生保の運用の見直しが発表されているが、そのほとんどは確かに国内債を抑制し、外債を積み増すというものではあるが、それほど大きな修正ではなかった。これは為替リスク等もあるが、そもそも欧米の主要な国債利回りがかなり低下しているという事情も影響していると思われる。

ちなみの14日から20日の対内債券(中長期債)投資は1993億円の流出超に、前の週も1763億円の流出超となっていた。短期債も流出増となり、異次元緩和を受けていったん海外投資家は円債を売ってきているようである。こちらは、4月4日の異次元緩和以降の日本の債券市場の荒れ具合を見て、ポジションを減らしてきたと思われる。

いずれにしても、それほど大規模な資金の移動が生じているわけではないものの、今後は日本の国債の流通市場が日銀の介入により、縮小することが予想され、投資家もそれに備えた動きをせざるを得ない。国債市場の機能低下も予想され、それが異次元緩和の導入以降の超長期債市場に現れている。この動揺は時間とともに収まるかもしれないが、今後は以前ほど国債市場が安定するとは考えづらい。不安定な市場となれば、それだけ市場参加者も神経質になりかねない。つまり長期金利が何かのきっかけで跳ね上がりかねないという環境になりつつある。このあたり、政治家や日銀関係者は、言動に細心の注意を払う必要もあろう。

2013.5.1「アベノミクスは資産バブルが目的なのか」

「マネタリーベースの伸び率は大幅に上昇しているが、マネーサプライの伸び率に大きな変化までは窺われていない。経済活動の活発化に結びつく形でマネーサプライが増加するためには、財政政策の運営と効果に依存している面もあるが、少なくとも、金融仲介機能の回復などによって金融政策の効果波及経路が確保され、民間部門の資金調達行動が活発化することが前提となる。」

これは2002年12月に発表された日銀のレポート「金融政策運営に果たすマネーサプライの役割」のなかの一文である。作成は日本銀行企画室となっている。これがリフレ派のいうところの日銀理論とされるものなのかもしれないが、このレポートにもあるように「1980年代後半のバブルの生成期にはマネーサプライと経済活動との関係が一旦みえにくくなった」とある。

ここで面白い資料がある。4月27日に新聞各紙に載せられた、静岡県立大学教授・内閣官房参与である本田悦郎氏が書かれた本「アベノミクスの真実」広告をご覧になった方も多いのではなかろうか。

この本は安倍総理の公認本ともなっている。本田悦郎氏は財務省出身だが、安倍氏のアドバイザー的な存在であり、アベノミクスの三本の矢のうちの大胆な金融政策、つまりリフレ的な政策を推し進める上で、かなり影響力を持った人物とみられ、内閣官房参与の肩書きがそれを示している。

問題となるのは、その広告にあったデフレ脱却のメカニズムという図である。これは日銀の異次元緩和のトランスミッション・メカニズム(波及経路)をなるべくわかりやすく説明したものと思われる。ここで日銀の金融政策の働きかけが、いきなり投資家にきている。「緩やかなインフレ期待形成」により、実質金利が低下し、円安・株価上昇・不動産価格の上昇を促すとしている。そこから企業部門に働きかけていくとしている。

これはアベノミクスの効果を図で示すために、あえて円安・株高を強調したかったのかもしれないが、金融緩和で株高や不動産価格の上昇を招くというのは、前回のバブルを招いたときの政策と同様である。これについては日銀の上記レポートにもあったように、1980年代後半のバブルの生成期にはマネーサプライと経済活動との関係が一旦みえにくくなったことをどのように説明するのであろうか。

もうひとつ面白い資料がある。19日に発表された「アベノミクスとは何か 〜日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題〜」という題の麻生財務相の講演内容である。これは非常のわかりやすく説明がなされている。

「安倍晋三首相は、大学時代にアーチェリーの選手だったそうです。このため、アベノミクスを、三本の矢の組み合わせと言うのは、彼にぴったりなわけです。私はアーチェリーの選手ではありません。私はクレー射撃の選手で、1976年のモントリオールオリンピックで日本代表を務めました。ですので、私は矢ではなく、バズーカ砲だと呼んでいます。」

なにげにオリンピック代表となったことをアピールしているように思われるが、どうやらバズーカ砲の名付け親は麻生財務相であったようである。

それはさておき、「あなたがデフレーションを経験したことが無いからです。それがどんなものか、少しお話しましょう。」として日本のデフレを説明している。ちなみにこれは米ワシントンDCでの講演である。

「全ては1990年代初頭に資産バブルが崩壊したときにはじまりました。」

「結果として、多くの銀行や企業の資本が毀損しました。銀行は自分たちの不良債権の圧縮にしか関心が無く、企業は負債の返済しか考えていませんでした。」

「日本企業は、将来の成長につながる新たなアイディアや製品に投資するよりも、賃金カットでコストをぎりぎりまで引き下げることを選びました。」

「お金の価値は、モノに対して相対的に徐々に上がりました。政府以外のほとんど誰もが投資したがらぬということで、成長は減速しました。こうして根深い悪循環となり、デフレーションはしつこいものとなりました。」

外人向けということで、非常にわかりやすくバブル崩壊によるデフレ生成の様子をまとめている。この説明にはまったく違和感がない。違和感があるとすれば、まず本田教授が、異次元緩和のトランスミッション・メカニズムでいわゆる資産バブルが目的であろうかとの説明である。それは結果として再度バブル崩壊のリスクを伴うのではなかろうか。

そして麻生財務相の説明が正しいとすれば、バブル崩壊とその後のデフレの要因は日銀の緩和不足にあるものではなく、銀行が融資をしぶり、企業もコスト削減を選択し、投資を抑制したことにある。そうであるのならば、まず必要なのは企業が将来の成長につながる新たなアイディアや製品に投資する環境作りであろう(つまりは二本目・三本目の矢か)。そのためには金融緩和よるフォローも重要であり、マインド変化も必要ながらも、タカハシノミクス(高橋是清の政策)のような大きなリスクを犯して金融政策に極度に依存する政策で良いのかは甚だ疑問である。しかもその当初の目的が資産バブルの生成であるのであれば、それがマネーサプライを通じて物価に波及するというトランスミッション・メカニズムにも疑問が残る。それで2%の物価目標が本当に達成可能なのであろうか。


2013.5.2「日銀の展望レポートより」

4月26日に日銀は経済・物価情勢の展望(展望レポート)を発表した。展望レポートとは「先行きの経済・物価見通しや上振れ・下振れ要因を詳しく点検し、そのもとでの金融政策運営の考え方を整理した」(日銀)ものであり、4月および10月の政策委員会・金融政策決定会合において決定し公表される。

1月および7月の金融政策決定会合では、その直前に公表された展望レポート以降の情勢の変化を踏まえたうえで、先行きの経済・物価見通しを評価した「中間評価(中間レビュー)」を公表している。このため4月の展望レポートの予測数値は1月のものと比較されることになる。

今回の展望レポートでは、分量そのものが減少するなどの変更があったが、予測そのものに大きな変更がふたつあった。

これまでの政策委員の予測値は、「実質GDP」、「国内企業物価指数」、「消費者物価指数(除く生鮮食品)」の3つが示されていたが、今回からは「国内企業物価指数」が除かれ、「実質GDP」、「消費者物価指数(除く生鮮食品)」のふたつになった。国内企業物価指数は歴史ある経済指標であり、総務省が出しているCPIとは異なり、日銀が出しているものではあるが、注目度はCPIに比べて低下しており、ふたつに絞ることにしたものと思われる。

もうひとつの変更点は、見通し期間を1年間延長したことである。このため今回の見通し期間は2015年度までとしている。これは2年後の物価目標2%に対する日銀の予測をあらためて示すためと思われる。

見通しには2012〜2015年度の政策委員の大勢見通しが使われているが、これは全員の見通しのなかで、最大値と最小値を1個ずつ除いて示したものである。さらにそのなかで政策委員見通しの中央値が注目されている。

2013年度の消費者物価指数(除く生鮮食品)、つまりコアCPIの委員の大勢予測中央値は1月時点の見通しの+0.4%から+0.7%に引き上げられた。2014年度については消費税引き上げの影響を除いたケースでは、1月の見通しの+0.9%が+1.4%になった。そして2015年度については+1.9%となっていた。

この引き上げ理由はいまさら説明するまでもなく、異次元緩和の効果があるとして引き上げたものであろう。ちなみにこの数値は年度の平均を示しており、2年後のコアCPI(消費税の影響除く)はプラス2%をほぼ達成しているとの見通しといえる。

2015年度のコアCPIの大勢見通しの最低値は+0.9%、そして全員の見通しの最低値は+0.8%となっていた。つまり最低2人の委員が1%には届かないとの予測をしていたことになる。これについて、2015年度までの見通し期間の後半にかけて、2%に達する可能性が高い、との表現に佐藤委員、木内委員が反対したそうであり、1%以下の予測を出したのも両委員であったと思われる。

今回の展望レポートには下記のような表現もあった。

「中長期的な予想物価上昇率については、市場参加者やエコノミスト、家計を対象とした調査など、足もと上昇を示唆する指標がみられる。債券市場関係者に対するサーベイ調査をみると、昨年末以降、中長期の予想物価上昇率は高まりつつあるほか、固定利付国債と物価連動国債の利回り較差から求められるブレーク・イーブン・インフレ率をみても、足もとはっきりと上昇している」

たしかに中長期的な物価予測は、ここのきての円安・株高とその背景となっている欧州リスクの後退と世界経済の回復期待も相まって、やや上方修正されたかもしれない。しかし、エコノミストの多くは2年後の2%の物価上昇には懐疑的であり、それをエコノミストでもある佐藤委員、木内委員も示したということになる。

ブレーク・イーブン・インフレ率については、レポートの脚注にもあった点に注意すべきである。

「わが国の物価連動国債の市場規模はピーク時の8兆円強から最近は3兆円台半ばにまで縮小しており、国債発行残高全体に占める比率も1%を下回るなど、市場の流動性は顕著に低下している。このため、ブレーク・イーブン・インフレ率の変動には、市場参加者の予想物価上昇率の変化に加え、物価連動国債の流動性プレミアムの変動も無視できない影響を及ぼしている可能性が高く、解釈にあたっては十分留意する必要がある。」

日本の物価連動国債は現在発行が停止されている。流通しているものは非常に限られたものになっており、そこから導き出されるブレーク・イーブン・インフレ率はあくまで参考程度にしかならない点にも注意すべきである。

そして残念ながら債券市場を見る限りにおいて、中長期の予想物価上昇率は高まってなどいない。もし物価が本当に上がると市場参加者が本気で考えているのであれば、長い期間の国債は買われるのではなく、もっと売られてしかるべきである。

2013.5.7「債券市場は落ち着きを取り戻したのか」

債券市場は超長期債主体に流動性低下への懸念が強まっての利回り上昇、中短期債はアンカーとして盤石の基盤が崩れての利回り上昇等が起きてはいたが、入札そのものはまずまず無難にこなしたように思われる。

流動性が後退すると業者もポジションを持ちにくくなるが、それぞれの入札の際の応札倍率はそれなりにしっかりしていた。これはプライマリー・ディーラーを中心にリスクはあるものの応札に応じたところが多かったためと思われる。ただし、その顧客への販売はそれなりに苦労していたとの観測もあった。

投資家もオファーとビッドの大きさに戸惑いながら、さらに異次元緩和で年度の運用計画そのものの変更をせまられて動くに動けない状況にいたためであろう。さらに板が薄いどころか、一時なくなるような状況下、なかなか手が出しにくい面もあったことも事実かと思われる。ただし、国債の入札状況と、その後の債券相場を見る限り、それなりに買い手もある程度は存在していたと思われる。

5月1日の10年国債の入札が注目されたが。これを無難にこなしたことにより、とりあえず債券市場は落ち着きを取り戻したかに見える。ただし、いったん動きが鈍くなった相場が続くと膠着相場が続くように、いったん大きな波乱が起きると、潜在的に動きやすい状況が続く。つまり何かのきっかけで相場が大きく動きだす。そのようなリスクをまだ秘めている。

国債市場を腕力で動かそうとした日銀が、市場にしっぺ返しを食らった格好となったが、それでも入札は淡々とこなしている。しかし、それで市場参加者の不安が後退したわけではないことも確かである。

2013.5.8「超長期国債先物取引が2014年4月に再開か」

4月4日の日銀の異次元緩和により、国債発行額の7割強も買い入れる日銀という池の中へのクジラの進出で、国債の流動性への懸念が特に超長期債市場で強まったことで、一時超長期債のオファーとビッドが拡大、というよりビッドがなくなるような状態に陥り、債券市場の乱高下の大きな要因ともなっていた。超長期国債先物で、ある程度のヘッジが可能となれば、このような状況も緩和される可能性がある。

2013.5.9「アベノミクスと高橋是清」

「アベノミクスとは何か 〜日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題〜」という題の麻生太郎財務相の米ワシントンDC講演には下記のような発言も記されている。

「確かに、日本は長きにわたるデフレーションを経験した唯一の国ですが、それはあくまで戦後の歴史について言った場合です。戦前まで振り返ってみて言わねばならんことは、日本は、デフレーションからの脱却をやってのけた数少ない国のひとつであったという事実です。」

「ジョン・メイナード・ケインズが『一般理論』を出版したのは 1936年です。しかしそれ以前の1930年代初頭に、日本でケインズ経済学的な政策を行った人物がいます。それが高橋是清です。彼は 20世紀初頭に財務大臣を 6度、総理を1度務めました。」

「彼は、まさに、いま私たちがしていることをやって日本を救いました。大胆な金融緩和と財政出動がデフレーションのスパイラルを止めました。今日の私たちのように、彼も大胆かつ迅速に行いました。まさに、「衝撃と畏怖(shock and awe)」の政策でありました。ルーズベルトは、高橋からインスピレーションを受けたと言ったと言われますが、それほどのものであったのです。我々の先輩にデフレーションからの脱却に成功した人物がいると思うと、勇気づけられます。我々も、彼の後に続きたい、そう思います。」(財務省「アベノミクスとは何か 〜日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題〜」より)

1929年7月に金輸出解禁の方針を掲げた浜口内閣が成立し、緊縮財政への転換と国民への倹約の呼びかけを行い、1930年1月に旧平価により金輸出を解禁した。しかし、旧平価に対し円がとくに弱かった時期に金本位制への復帰が発表されたため、物価と輸出が急速に低下し、大量の金が輸出解禁とともに海外に流出し、アメリカから始まった世界恐慌の影響も受けて国際収支も悪化し、日本の景気は急速に悪化することになり、デフレーションに陥った。

1931年9月にイギリスが金本位制を離脱、同年12月の犬養内閣の成立にともなって高橋是清が蔵相に就任すると、直ちに金輸出が再禁止され、1932年1月には「銀行券の金貨兌換停止に関する勅令」の公布施行により、金兌換が停止され、日本は金本位体制から離脱し、日本銀行券の兌換も原則として停止された。

金本位制を離脱したことにより、金の保有量に制約されずに積極的な財政政策を行いやすくなり、大量の国債発行による公共事業や軍事への投資が可能になる。ただし、当時の国債市場は未整備であり、「当時の国債発行は、民間金融機関が引受けシンジケート団を組成して引き受けるか、郵便貯金等を原資とする預金部が引き受けるかたちが中心であり、多額の国債を速やか、かつ円滑に消化する方法はありませんでした」(2011年5月の日銀白川総裁の講演より)。

このため大量の国債発行を円滑に進めるために高橋是清が取った手段が、日銀による国債引受であった。ただし、高橋是清の存命中の日銀引き受けは、売りオペを前提として行われたものであり、日銀は速やかに引き受けた国債の市中売却を進め、日銀による国債の保有残高やマネタリーベースが大きく増加した訳ではなかった。

高橋財政期に為替レートが円安になったことも、デフレ脱却に繋がったわけであるが、これについては金本位制から離脱することによって、金本位制の下で人為的に割高に設定されていた固定為替レートが是正されたことによるものである。金本位制から離脱する前に経済そのものがアク抜けしていたことも日本の景気回復の要因とされている。このあたり、アベノミクスによる円安と似ている面がある。

高橋是清は日銀総裁も経験している。むしろ副総裁のときの日露戦争の戦費調達のための海外での国債発行を成功させたことのほうが有名であったかもしれない。高橋是清はいまで言うところのハト派であり、高橋財政の際にも公定歩合の引き下げを行い、日銀の通貨発行限度額の引き上げも実施している。これは「適正量の通貨供給」を目的とした。つまりマネーサプライの増加である。利下げにより国債の利回りそのものも低下し、当時とすれば低利での国債発行を可能にさせている。

アベノミクスと麻生財務相の言うところのタカハシノミクスには、たしかに類似した面もあるが、外部環境には大きな違いもあった。その大きな違いのひとつに国債市場がある。未整備であった高橋是清の時代に比べ、現在の日本の国債市場は世界最大規模となっている。高橋是清の政策は日銀による国債引受という禁じ手を使ったものの、その目的はマネタイゼーションというよりも、金解禁による円安や低金利政策等による景気回復にあった。それに対してアベノミクスは日銀による国債引受という禁じ手は形式上は使っていないものの、昨年11月の安倍自民党総裁の輪転機発言にみられるようなマネタイゼーションを意識していた面もみられ、それに市場が「衝撃と畏怖」を感じた。現実に日銀は国債発行額の7割強をオペで買い入れることになった。

今後、アベノミクスによりいったいどのようなことが起きるのか。それを占う上でも、タカハシノミクスを相違点等含めて、あらためて見つめ直す必要がありそうである。


2013.5.17「国債の利回りが大きく動いた理由」

15日に10年国債の利回り、つまり長期金利が0.920%に上昇した。5年債利回りも0.455%に上昇している。10年国債の利回りは4月5日に0.315%まで低下しており、そこからは約3倍に。5年債利回りは3月上旬に0.1%近辺にあり、そこからは約4倍となっていた。ちなみに昨年12月にスイスの10年債利回りは0.36%近辺まで低下しており、それまでの世界の長期金利の史上最低を記録していたが、4月5日に日本の長期金利がその記録を塗り替えたことになる。

これほどまでに国債の利回りが大きく動いた理由は何なのか。ちなみに10年国債の利回りは長期金利と呼ばれる。国債の利回りが低下するということはすなわち国債価格が上昇することであり、国債の利回りが上昇すればすなわち価格は下落するということになる。

4月4日の日銀による異次元緩和により大きく変わったのが国債を売買する流通市場、つまり債券市場であった。特に4月5日の債券市場で、10年債利回りは0.315%まで低下したあと、0.620%まで急上昇した。まれに見る相場の変動であった。債券価格で言えば急騰後、急落したことになる。ではなぜこのタイミングで国債は売られたのか。

実は米国でも量的緩和を実施した際に、米国債はやはり下落していた。これは期待で買って事実で売るという、相場の格言が生かされたような動きであった。つまり、FRBは量的緩和をするぞとの期待で買い進まれていたが、実際にそれが決定されると、むしろ利食い売りが入ったのである。さらに将来のインフレも懸念されて30年債など、特に長い期間の国債に売りが入った。

4月5日の日本の国債市場も同様に、異次元緩和で国債が買われたところに利益確定売りがぶつけられた側面があったと思われる。この日の20年債、30年債ともあっさりと1%割れとなっていたが、2003年6月にやはり1%割れとなったあたりで相場が急反転したこと(VaRショックと呼ばれる国債急落)も思い出されたのかもしれない。この日は特に中期ゾーンから長期ゾーン主体に売られており、銀行主体の売りであったかと思われる。横浜銀行の寺沢辰麿頭取は横浜で開いたアナリスト説明会で、残存期間5年以上の国債はすべて売却したと話したと報じられたが、同様の動きをした銀行もほかにあったものと推測される。

4月8日に今度は超長期債が大きく下落している。これは日銀という池の中のクジラの存在が大きく意識されたと思われる。それでなくても超長期国債の流動性はあまり高くない。その超長期債を含めて、日銀が国債発行額の7割を超える額を買い入れることで、あらためて流動性が意識されてきたものと思われる。

その後は次第に相場は落ち着きを取り戻すかに見えたが、5月10日のドル円の100円突破が意識されて、あらためて銀行などが中長期債に売りを持ち込み、先物へのヘッジ売り等もあり相場は再び急落した。4月5日以降の相場変動を受けて、銀行などはリスク管理上、ある程度の相場の動きにより、リスクを減らさざるを得なくなっているとみられ、それで売りが売りを呼ぶような展開となってしまったものと思われる。

今回の債券相場の下落は、異次元緩和により大きな価格変動が生じ、さらには国債の流動性低下も意識されたことで、いわゆる債券の価格変動リスクと流動性リスクが意識された売りと言える。債券から株や外債への資金シフトが要因といったわけではないと思われる。

問題となるのは、これ以外のリスクも意識されているかどうかということである。つまり、債券市場関係者は日銀の異次元緩和により本当に物価が上がると思って、国債を売っているのか。これについては日銀が物価上昇に向けた経路に長期金利の低下という項目を入れている限り矛盾がある。ただし、ポートフォリオ・リバランスへの影響は円安・株高もあり意識されようが、それで果たして経済は上向いてそれが物価上昇に繋がるのか。日本の1〜3月期GDPは年率3.5%の高成長となっていはいたが、設備投資は低迷しており、いまのところそれも疑わしい。

さらに債券には価格変動リスクと流動性リスクとともに信用リスクというリスクが存在する。日銀の異次元緩和による巨額な国債買い入れは実質的な財政ファイナンスとの見方もある。しかし、財政ファイナンスはあくまで政府側の意向・態度次第である。また国債の直接引き受けでもない。欧米の中銀も同様に巨額の国債を買い入れているが、それを財政ファイナンスとはみなされてない。このような点からみれば、そのリスクは意識されていたとしても、それにより日本国債を売っているというわけではないと思われる。

今回の日本国債の下落がどのタイミングで止まるのかは、結局、相場が落ち着いていわゆるボラティリティの低下、つまり価格変動が収まり、銀行などのリスク許容度の回復を待つ必要がある。それにはまだ時間が掛かることが予想される。

2013.5.20「わかりやすい金融政策とわかりにくい結果」

黒田日銀総裁は4月12日の講演で、「量的・質的金融緩和」の実施に当たっては、先ほど申し上げたように、市場や企業、家計に対する「わかりやすさ」という点も意識しましたと語った。

「日本銀行や先進国の中央銀行は、短期金利の低下余地が乏しい中で、非伝統的な政策として、バランスシートを拡大する政策を行っています。こうしたバランスシート政策の効果についての評価は概ね固まってきました。それは、中央銀行が市場から国債やその他の資産を買い上げることで、市場から金利変動などに伴うリスクを吸い上げ、長期金利の低下を促したり、資産価格のプレミアムに働きかける効果だということです。」

4月4日の異次元緩和以降の国債市場での動き、それによる長期金利の動向を確認すると、日銀は市場から価格変動リスクや流動性リスクを押さえ込むどころか、そのリスクを拡大させている。長期金利の低下は確かに当初は促し、4月5日に0.315%まで低下した。ところが当日に0.620%まで上昇した上、5月15日には昨年4月以来の0.9%台に上昇している。

ただし、資産価格のプレミアムに働きかける効果との面では、円安による株高があり、確かに働きかけは成功しているかに思える。

「同じ金額であっても、短期の国債を買うのと、満期の長い国債やETFなどのリスク資産を買うのでは、効果は全く違います。」

短期の国債を買う と違う 満期の長い国債を日銀が買う  ことにより、超長期国債の値動きがおかしくなった。それでなくても流動性の比較的薄いところにも日銀の買いの手がさしのべられた結果、流動性低下というあらたな問題が浮上した。

「買入れの平均残存期間を、現状の3年弱から国債発行残高の平均並みの7年程度に延長しました。これまでのような短めの金利だけでなく、イールドカーブ全体の金利低下を促すことにより、経済・物価への働きかけを強めていくためです。」

結果としては日銀の買い入れにより、むしろ若干とはいえイールドカーブの上昇を促すことになったが、これで経済・物価にどのような働きかけが成されるというのであろうか。

「日本銀行が長期国債を大量に買入れる結果として、これまで長期国債の運用を行っていた投資家や金融機関が、株式や外債等のリスク資産へ運用をシフトさせたり、貸出を増やしていくことが期待されます。これは、教科書的にはポートフォリオ・リバランス効果と言われるものです。長期国債の買入れの平均残存期間を思い切って延長したのは、この効果を意識したものです。」

これについては最近のマスコミでも、国債から株への資金シフトということで報じられているため、見た目はそのような動きとなっているが、そもそも実際にこのようなポートフォリオ・リバランスが日本の機関投資家で大規模に起こりえるのか。ここにきての円安・株高はポートファリオ・リバランスというよりも、円高調整により株がかわれやすくなっていた地合のなか、米国の株式市場の上昇などにも促された結果と思われ、資金シフトが要因だとは思えない。

「これまでの常識を超える規模の(国債の)買入れですので、「整斉と」とはいかない可能性があります。もともと金利低下を促すための措置ですから、市場に対するある程度の影響は不可避ですが、それでも、できるだけ円滑に進めたいと思います。そのためには、金融機関による積極的な応札など、市場参加者の協力が欠かせません。日本銀行では、市場参加者との間で、金融市場調節や市場取引全般に関し、これまで以上に密接な意見交換を行う場を設けることにしました。先週以降、様々な市場関係者との間で、こうした取り組みを始めています。」

たしかに当初は市場との対話を進めることがまずは重要だと思っていたが、どうもその対話方法がちぐはぐである。対話というよりも説明、相場がおかしくなれば力づくで対応しているかに思える。そもそも長期金利の低下を促すという経路がおかしくなっているにもかかわらず、円安株高による資産価格の上昇により、日銀の異次元緩和はいかにもうまく行っているように見えるが、現実には長期金利は低下どころか大きく上昇しているという事実をどのように説明するのか。物価が上がるのを見越しての長期金利の上昇であれば問題ない、と言うのであれば、どのような経路で物価上昇を促すのかについて新たな説明も求められる。21日、22日の金融政策決定会合後の総裁会見ではこのあたりの説明を伺いたい

2013.5.21「異次元緩和受けて誰が国債を売買していたのか」

日本証券業協会は5月20日に4月の公社債投資家別売買高を発表した。日銀は4月4日の金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和の導入」を決めたことをきっかけに、債券相場は乱高下していた。この際に投資家がどのような動きを見せていたのか、これによりある程度把握できるかと思われる。

最大の売り手は都市銀行となっていた。中長期債主体に売り越しており、売越額は2兆7971億円。これを国債の投資家別売買高でみると、超長期は1513億円の売り越し、長期は1兆5005億円の売り越し、中期は1兆517億円の売り越しとなっていた。3月の都銀による長期債の買越額が2兆7924億円となっており、期が変わり、異次元緩和による一時的な利回り低下もあり、利益確定売りを入れたものと思われる。

ほかに売り越していたのは農林系金融機関で、7865億円の売り越しに。こちらは超長期を2981億円売り越し、長期を3175億円売り越し、中期は328億円買い越しとなっていた。

買越額が大きかったのは、地方銀行(+1兆8852億円)や信託銀行(+1兆6261億円)、その他金融機関(+1兆4601億円)となっていた。地銀は超長期を1346億円、長期を9065億円、中期を4832億円、それぞれ買い越していた。信託は超長期を4189億円、中期を1兆2047億円買い越していたが、長期は2625億円の売り越しに。その他金融機関は中期債を1兆812億円買い越していた。

生保・損保は2413億円の買い越しに止まっていた。超長期は574億円の買い越し、長期は2629億円の売り越し、中期は2572億円の買い越しに。生保による超長期債の買越額が1000億円を割り込んだのは、2009年5月以来となる。生保による超長期債の売買高は4月以前と比較して落ち込んだわけではないが、4月5日に20年債、30年債の利回りは1%割れとなり、いったんは戻り売りも入れたものと思われる。

外国人は7157億円の買い越し。超長期を6428億円買い越し、長期は1兆2809億円のこちらは売り越し、中期債は1兆3621億円の買い越しとなっていた。超長期債の最大の買い越しは この外国人であった。

2013.5.23「奇襲に成功したアベノミクスと高橋財政の違い」

アベノミクスがスタートしたのは、衆院解散が正式に表明された2012年11月14日とされる。この日を境に円安の動きが加速され、日経平均が上昇トレンド入りする。安倍首相誕生への期待から円安・株高が急速に進むことになる。

市場に対する奇襲攻撃が開始されたのは、11月16日の衆院解散の翌11月17日における熊本での安倍自民党総裁の街頭演説であった。安倍総裁は、衆院選後に政権を獲得した場合、金融緩和を強化するための日銀法改正を検討する考えを重ねて表明した上に、建設国債をできれば日銀に全部買ってもらう。新しいマネーが強制的に市場に出ていくと述べた。さらに同日の山口市での講演では、安倍総裁は、輪転機をぐるぐる回して、日本銀行に無制限にお札を刷ってもらう、と発言したのである。

これ以前に、安倍自民党総裁は政権奪還後、政府と日銀はアコードを結び、インフレターゲットを設定する。目標達成までは無制限な対応を行い、もし政策目標達成できなければ、日銀には説明責任を求める。さらに日銀法改正も視野に入れている旨を示唆していた。政府と日本銀行が政策協調してデフレ脱却をして円高を是正し、経済を成長させていく新しい成長戦略を前に推し進めて行かなければいけません、との発言もあった。

11月17日の発言の前までは、「インフレターゲットの設定」、「日銀法改正も視野」、などリフレ派の影響がみられる発言をしていたが、あくまで野党党首であり、当時の民主党政権との政策の違いを強調するための発言と私自身は受け取っていた。

ところが、衆院が解散されたとなれば、次期首相の可能性が極めて高くなることで、そのタイミングで、財政ファイナンスを意識させるような発言が飛びだしたのである。まさにこれは結果からみて見事な奇襲作戦と言えた。

その作戦を具体化したのは2013年3月20日に日銀総裁に就任した黒田東彦氏であった。日銀での経験のない黒田氏が、早期に安倍政権の意向に沿った金融緩和を決定するのは、難しいのではとの見方がある一方、臨時会合を開いて早期に実施するのではとの一部の期待もあった。実際には4月3日、4日の通常会合を視野に安倍政権の意向に答えるかたちで密かにあらたな金融緩和策が練られていたようである。

4月4日の金融政策決定会合で決められた異次元緩和と呼ばれる政策は、市場の予想を大きく上回るものとなった。リフレ派の意向をそのまま具体化したようなものとなり、市場に対しては「真珠湾攻撃」の如く、さらなる円安・株高という結果をもたらせた。

このアベノミクスで起きたようなことが、1931年12月にも起きている。犬養内閣の成立にともなって高橋是清が蔵相に就任、直ちに「金輸出が再禁止」された。12月13日の金輸出禁止のニュースを受け、これを好感した14日の東京株式取引所は買い物殺到で整理がつかず、15日から17日は休場せざるを得なくなった。

金輸出禁止に加えて、円安政策をとったことから、外為市場では円が急落。金本位制を離脱したことにより、金の保有量に制約されずに積極的な財政政策を行いやすくなった。当時の国債市場は未整備であり、大量の国債発行を円滑に進めるために高橋是清が取った手段が「日銀による国債引受」であった。これは積極的な財政政策にともなう巨額の国債発行を行いやすくさせるための手段との位置づけであった。

いわゆる高橋財政と呼ばれたこの政策により、円安・株高が進み、景気も一気に上向くことになる。

ここで注意しなければいけないのは、高橋財政には経済に直接働きかける手段があったという点である。つまり金本位制に縛られ、円安政策も財政政策も取れず、緊縮財政で景気が極めて低迷していたところに、金本位体制という障害を取り外すことで、効果的な政策を取ることが出来た。高橋蔵相への期待もあったことで、期待に働きかけた側面も否定はしないが、期待のみで高橋財政によるデフレ脱却が可能となったわけではない。

これに対してアベノミクスで行った手段は、財政ファイナンスを意識させるような金融政策により、円安・株高を進めることにあったと思われる。ただし、いまのところはデフレ脱却による円高修正というよりは、円高修正によるデフレ脱却を進めるという格好になっている。

高橋財政も景気が底打ちしていたタイミングであったことで、景気回復を加速させた面があった。アベノミクスによる円高修正も根底には、欧州のリスク後退による円高修正がすでに入っているなかで、円安の動きを加速させた。米国の株式市場も世界的なリスク後退もあり、過去最高値を更新するなどしたことも東京株式市場の上昇の背景となっている。

問題となるのは、高橋財政にはその後の景気回復やデフレ脱却に向けてのトランスミッション・メカニズム(波及経路)がはっきりしていたが、アベノミクスはそこが極めて曖昧となっている点である。もちろん日銀の異次元緩和だけで、2年間で2%の物価上昇が確実だというのであれば問題はないのかもしれないが、本当にその理論は正しく、副作用はないのか。過去日銀が、ここまで大胆な政策を講じなかったのは、その効果への疑問とともに副作用にも目配りしていたからではないのか。奇襲には成功したアベノミクスだが、成果が問われるのはこれからであり、高橋財政のような具体的なデフレ脱却への波及経路が示されないと、円安・株高を加速させただけの政策ともなりかねない。

2013.5.24「長期金利が1%に上昇した背景」

5月23日の債券先物は1円安の140円90銭で寄り付きとなった。1円安ではあったものの、寄り付き時点ではサーキット・ブレーカーは発動せず(当該値段以外で5分間取引が成立しない場合ではなかったためか)、その後141円01銭に買い戻された。その後再び140円90銭まで売られ、8時53分にサーキット・ブレーカー発動し取引が10分間停止した。解除後に140円70銭まで下落、その後買い戻しが入り141円台を回復。さらに東京株式市場の急落もあり、債券先物は142円74銭まで急上昇し、大引けは142円51銭となった。

現物債は10年債主体に動きがあり、23日の朝方に10年328回の利回りは1.000%ちょうどまで上昇した。つまり日本の長期金利が昨年4月5日以来の1%台となったのである。その後、債券先物の買い戻しにも影響され、10年債利回りは0.825%まで低下した。

今回は23日に日本の長期金利がなぜ1%まで上昇したのかについて見てみたい。もちろんヘッジファンドなどによる仕掛け的な動き(債券売り)があったためとも言えるが、ここにはいくつかの要因も重なっていたと思われる。そのひとつはFRBの動向とそれによる米債への影響であった。

5月22日にバーナンキFRB議長は、上下両院合同経済委員会で証言を行い、「経済の勢いを示す徴候がさらに増えなければ緩和ペースを縮小させることはできない」と述べ、時期尚早の金融引き締めは、景気回復をリスクにさらす恐れがあるとの認識を示した。

ところが、証言後の質疑応答で、景気指標の改善が続けば債券購入のペースを減速させる可能性があると指摘。この日は4月30日〜5月1日に開催されたFOMC議事要旨も発表されたが、複数の議員が、早ければ6月にも資産購入を減額したいとの意向を示していたことが明らかになった。

FRBが早ければ6月にも「出口」というか「正常化」に向けた動きをはじめる可能性が出てきた。もちろんこのためにはあらためて雇用の改善等を確認する必要がある。ただし、世界的なリスク後退とそれを背景とした動きは、米国株式市場にも現れており、ダウ平均やS&P500種株価指数は過去最高値を更新してきた。22日、23日のダウ平均は続落となったが、それほど大きく下落したわけではなかった。

バーナンキ発言等を受けて22日の米国債券市場で米債は下落し10年債利回りは2.02%と2%台に乗せた。23日の米10年債利回りも2%台を維持していた。これを見てもあらためて世界的なリスク後退による「超低金利時代の終焉」が意識されてきたものと思われる。これも今回の日本の長期金利が1%をつけたひとつの要因と思われる。

22日の日銀の金融政策決定会合で金融政策は現状維持となった。現状維持との見方が多かったにもかかわらず、これを受けて債券は下落した。債券市場の動揺に対して何らかの政策を期待するむきも一部にあったようである。

黒田日銀総裁の会見では、「債券市場、ボラティリティ高く十分注意が必要と警戒を示し、国債買い入れ頻度やペースの調整など弾力的にオペ行う、年間50兆円の買い入れペース変えず、その中で弾力的に対応」との説明があった(ロイター)。特にあらたな対策等が講じられるわけではなさそうである。

総裁からは「長期金利は短期金利のように中銀が完全にコントロールすることはできないが働きかけはできる」との発言もあった。「量的質的緩和による金利低下圧力の下、長期金利が跳ね上がることは予想していない、長期金利の上昇は物価上昇や景気回復期待の要素ある」とも述べた。どうやら自らの政策が債券相場の流動性に影響を与えた面などは置いといて、あまり危機感は意識していないようにも受け取れた。

黒田総裁は「長期金利上昇、今の時点で実体経済に大きな影響及ぼすとは見ていない」ともしており、1%程度は許容範囲なのかもしれない。しかし、その速度や価格変動幅はもう少し意識すべきではなかろうか。

「景気や物価の回復期待、日銀のプレミアム圧縮効果を相殺して長期金利上げることもあり得る、実質金利はたぶん下がっている」との発言もあった。今回の長期金利の上昇は、インフレ予想もいくぶんかあるかもしれないが、市場参加者による日銀への信認への揺らぎなどが影響していた可能性もある。

債券市場参加者は国債から他の資産に振り向けるというアロケーションなどよりも、日本国債そのものに内在するリスクが異次元緩和で炙り出されてくる懸念とかを意識している可能性もある。日銀がパンドラの箱を開けてしまい、国債市場を安定化させていた基盤が緩み始めたとの見方もできるかもしれない。長期金利は1%をつけたあと急低下した。しかし、一度1%をつけた以上、長期金利はあらたな水準に移行してくる可能性もありうる。


2013.5.25「23日の市場の動きと今後への不安」

5月23日の東京市場の動きは、記録にも記憶にも残るものであったと思われるので、少しまとめておきたい。

異変がまずあったのが債券市場。債券先物は寄付から前日比1円安と急落した。FRBが早ければ6月にも「出口」というか「正常化」に向けた動きをはじめる可能性が出てきたことで、22日に米国の長期金利が2%台に乗せたことがひとつの要因。22日の日銀金融政策決定会合後の黒田総裁の会見で、長期金利の上昇についてはそれほど懸念してはいないと認識され、これも嫌気されての債券売りであったと思われる。

債券先物は141円01銭に買い戻され、その後再び140円90銭まで売られて、8時53分にサーキット・ブレーカー発動し取引が10分間停止した。現物債は10年債主体に売られ、10年328回の利回りは1.000%ちょうどまで上昇した。つまり日本の長期金利が昨年4月5日以来の1%台となったのである。

FRBの出口が意識された外為市場では円安ドル高が進み103円台に。この円安もあって、23日の東京株式市場は買いが先行し、一時前日比300円を超す上昇となり、日経平均は16000円手前まで上昇した。

この一連の動きから、海外ヘッジファンドなどは103円台の円安と、それによる日経平均先物買い、同時に債券先物の売りを仕掛けていた可能性がある。22日の日米の中銀トップの発言は債券の売り材料ではあったが、先物のストップ安を誘うほどのものではなかったと思う。先物とともに現物はベンチマークの10年債主導の動きであり、メガバンクなどの動きが主導していたようにも思えず、海外投資家の仕掛け的な動きの可能性が高かったのではなかろうか。

債券は売り一巡後は買い戻され、日経平均は16000円手前で買いは止まり、上値が重くなった。動きがあったのが10時10分で、日銀はシグナルオペと言える1年物共通担保資金供給(全店、固定金利方式)を午後ではなく午前中にオファー、さらに国債入札日(流動性供給入札)にも関わらず国債買い入れ(残存期間1年以下と1年超5年以下)をオファーした。このシグナルオペに債券先物は反応し、債券先物は買い戻しが加速、反対に日経平均先物は戻り売りに押され、中国の5月製造業PMIの低下などもきっかけに下げ幅を拡大させた。

午前中のタイミングで、朝方の債先売り・株先買いのポジションをひっくり返してきた可能性がある。株式市場では次第に売りが売りを呼ぶような動きとなり、反対に債券は先物や10年債主導で、一気に上昇し142円台に。ただし、超長期債は14時以降はほとんど出合いなく、まさにディーリング相場となっていた。

日経平均先物は震災後の2011年3月15日以来のサーキッド・ブレーカーが発動し、結局、前日比1143円安と2000年4月以来の大きな下げ幅となった。

債券先物は142円74銭まで買い戻されて、大引けは61銭高の142円51銭。現物債は10年債が一時の1.000%から0.825%まで戻った。5年債は0.455%から0.355%と0.1%も当日中に利回りが低下した。以上が23日の債券と株の動きであった。

この株式相場の下落に対し、甘利明経済再生担当相は閣議後の会見で、「アベノミクスは順調に進展しており、また日銀は市場との対話を総裁自らが実践している」との認識を示した。

果たしてアベノミクスは順調に進展しているのか。さらに日銀は市場との対話を総裁自らが実践しているのか。このあたり、やや疑問を抱かざるを得ない。

アベノミクスの大きな柱となる金融政策で行おうとしているのはデフレからの脱却である。デフレからの脱却期待で長期金利が上昇との見方もあるかもしれないが、異次元緩和で物価が上昇している兆候はいまのところ見えていないし、市場参加者も2%の物価上昇には自信が持てないでいる。物価連動国債から算出されるBEIは流動性はほとんどなく、それを参考にするのはやや無理がある。日経新聞によると5月の民間エコノミストの経済予測平均で、2015年1〜3月期の消費者物価上昇率は消費税率上げの影響を除いて前年同期比0.6%の上昇となったそうである。6月に消費者物価指数は前年比プラスに転じるのと観測だが、これは異次元緩和の影響というよりも円安による影響が大きい。

アベノミクスが順調に進展しているように見えているのは、あくまで欧州の信用リスク後退を背景にした円安と米国株の上昇の影響なども受けた株高に負うところが大きく、アベノミクスが順調に進展していると言うよりは、順調に株高が進展してきたとみたほうが良い。

日銀は市場との対話を総裁自らが実践しているとの見方も疑問を抱かざるを得ない。むしろ総裁と債券市場参加者の間には距離が出来ており、それが長期金利の上昇を招く要因のひとつになっている。日銀はシグナルオペなどを使って、長期金利の急激な上昇に対応しているが、これも小手先の手段でしかなく、総裁と市場との距離が縮まらない限り、そしてアベノミクスとそのための異次元緩和に対する市場参加者の不安が取り除かれない限り、長期金利を押さえ込むことは難しくなると思われる。


2013.5.28「日銀の国債買い入れの意味とは」

4月26日に開催された日銀の金融政策決定会合の議事要旨が27日に公表された。黒田日銀総裁の「量的・質的金融緩和と金融システム」という26日の講演内容も日銀のサイトにアップされたため、こちらを含めて特に国債や長期金利に関する部分を見てみたい。

「量的・質的金融緩和」導入後の債券市場では、直後にやや振れが大きくなる局面があったが、その要因を日銀の政策委員は次のように分析を行っていた。

「複数の委員は、当初、市場は、金利の押し下げにつながる大規模な国債の買入れと、金利の押し上げにつながる「物価安定の目標」の早期実現への強い姿勢とが相反するものと受け止めて動揺した可能性があると指摘した。」(4月26日に開催された日銀の金融政策決定会合の議事要旨より)  この説明は一見そうかな、と思えるものの需給要因とファンダメンタルズ要因、テクニカルの要因が混在しており、それは分けて見ておく必要があるのではなかろうか。

日銀の大規模な国債買い入れは、国債の需給面からは当然ながらプラス要因となる。年度の発行額の7割強も日銀が購入するとなれば大量の国債発行も問題はなくなる。注意すべきはこれまでも国債は円滑に消化されてきたということである。日銀が購入額を増やさねばならないほど、国債の買い手がなくなっていたわけではない。日銀の購入額は年間発行額の7割とはいえ、700兆円という発行残高からみればそれほど大きくはない。ただし、債券の流通市場では主に新規に発行される国債を中心に売買される。売買市場で本来流通するはずの国債が日銀に吸い上げられてしまい、こちらも円滑に売買されていた債券市場の機能低下が懸念された。

ファンダメンタルズ要因としては、金利の押し上げにつながる「物価安定の目標」の早期実現については、エコノミストなどの今後のCPI予想等を見ても明らかなように、それが可能とみている金利関係の市場参加者は少ないと思われる。ただし、2年後に2%の消費者物価指数の上昇を本気で日銀が考えているのであれば、今後もかなり無理な金融政策を打ってくる懸念が残る。その手段がさらなる国債の買い入れであったり、リスク資産であったりすれば、それは財政ファイナンスとの見方が強まり、日銀への信認そのものへの揺らぎも予想される。むしろ、こちらの不安が大きかったのではないかとも思われる。

4月5日に10年債利回りが過去最低の0.315%まで低下したことによる利益確定売り、しかも期初でありある程度の益固めの売りを、将来への不安もあって行ってきた投資家がいたとみられる。メガバンクなどの売りも入ったと予想され、その規模も大きく5日に相場が乱高下し、ボラティリティの増加がさらなる売りを誘うようなテクニカルな要因も加わって悪循環も起きた。それはいったん収まったかに見えたが、5月10日以降再び急落し、長期金利は一時1%に上昇した。この国債の下落については、ドル円の100円突破がひとつのきっかけになった。債券先物の出来高や建玉が5月10日以降、大きく膨らんでおり、市場参加者の不安心理が残るなか、海外のヘッジファンドなどによる仕掛け的な売りが、結果としてチャートも意識した相場急落の要因になったと思われる。

「何人かの委員は、「量的・質的金融緩和」が効果を十分発揮するためには、政策意図の丁寧な説明や適切な金融市場調節などにより、市場の安定を確保する必要があるとの認識を示した。」

政策意図の丁寧な説明と言っても、イールドカーブ全体の低下を促しての物価上昇シナリオは、この長期金利の上昇により説明が困難になりつつある。それに対して円安・株高を強調しての物価上昇の説明となれば、あれだけの巨額の国債買い入れの必要性が疑問視される。もしマネタリーベースを増加させるのであれば、長い期間の国債を無理に買わなくても当座預金残高の増加は可能であったはずである。

黒田総裁は講演で、波及経路について「長期国債やETF、J−REITの買入れによって、「イールドカーブ全体の金利の低下を促し、資産価格のプレミアムに働きかける効果」、「ポートフォリオ・リバランス効果」、「物価安定の目標の早期実現を明確に約束し、これを裏打ちする大規模な資産買入れを継続することで市場や経済主体の期待を抜本的に転換する効果」を指摘した。

最初の経路はすでに絶たれつつあり、2番目もそのような動きはあまり見えていない。つまりは三番目の期待に期待する政策については、円安・株高というひとつの結果を招き、効果ありとの見方もできるかもしれない。円安・株高を促進させた面は認めるが、そもそもそれを仕掛けやすい地合に転じていたことも忘れてはならない。実質的な効果というよりも、アナウンスメント効果を意識して期待に働きかけるとすれば、国債の巨額買い入れの必要性があったのか。アナウンスメント効果であれば、その効果がそれほど長くは持続するとは思えない。ここにきての株価の乱高下により、異次元緩和からの円安・株高、それによる物価・景気の上向きへのパスにも疑問符が付きはじめている。


昨今に起きている事は何なのか?
其の一側面を説明してくれている。
本当に ありがとうございます。

では どうなるのかな?
大体の絵図は見えるけど ド素人である俺では言葉で説明が殆ど出来ない、困ったなぁ。





posted by 誠 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

東海村 レベル5。 それは ウツクシイ の末路。

さて何から書き始めよう。
とりあえず 公開を止めていた記事 を公開します。


https://twitter.com/mkt5126/status/338372586956283904
誠天調書 2012年06月13日: ならば どんな連中が渡邊泰子や内田元亨や國松孝次や加藤紘一や山崎拓 そして小沢一郎を標的にするのだろう? 不思議な事件や事故や事変やテロの向こうでは どういう連中が蠢いているのだろう?
http://mkt5126.seesaa.net/article/274795559.html


https://twitter.com/mkt5126/status/338350695713472512
結構に俺のブログの更新 の周辺作業では 良く在る問題なんだけど、
「自分の更新内容を覚えていない」 という問題が生じる。
その為の外部記憶保存としてのブログなんだけど、
時に 「更新を途中で止めて そのまま忘れてしまう」 すら有る。
うpしたつもりで すっかり忘れていた もある。

https://twitter.com/mkt5126/status/338372242436157440
という訳で 記事を書いた当時は
ゴビンダ・マイナリ裁判も 小沢裁判も まだ決着して無かったので
記事の公開は止めておいたんだけど、
すっかり俺も忘れてましたので これから公開します。
そういうのは結構に在るんだよね、更新を止めておいて 俺自身も忘れちゃっていたりする のもね。

https://twitter.com/mkt5126/status/338373059620765697
誠天調書 2011年07月22日: 何故に渡邊泰子は消されたのか?死後も徹底的に貶められたのか? だって、彼女は政治的な爆弾となる恐れがあったからね。
http://mkt5126.seesaa.net/article/216024133.html
少しだけ追記。

未だに 何故ゴビンダ・マイナリが無罪となったのか? が分からない。
如何なる白でも黒という宗教右翼カルトのキチガイ連中 ならば 獄中暗殺を仕掛ける方が早い
と俺は考えていた。

同時に 何故に小沢が無罪となったのか? も分からなかった。
あそこまでの不正選挙 を予測できなかった俺の甘さだった。

なればこそ どうしても 何故ゴビンダ・マイナリが無罪となったのか? が今も分からない。
無罪放免をする 理由が無い。
どうしても憶測より以上が無い、其の先の一手が どうしても読めない。

ならばと思い 此の記事を書いた。


誠天調書 2013年05月22日: 長いナイフの夜
http://mkt5126.seesaa.net/article/363208128.html

大変に失礼ながら非公開コメントを一部だけ抜粋させて頂きます。
私の見立ては
 ハシ、元都知爺→レーム シュトラッサー兄弟
 ネトウヨ、在特会、→SA、フライコール
 自民、安倍政権→ナチス、ヒトラー政権
 飯島→ヒムラー
 お米の国→国防軍
て所が精々でしたから、
まさか語源からアプローチして「菅直人」に繋げるなんてw

其の見立て は 大筋では良い感じ
 特に「飯島→ヒムラー」 や 「お米の国→国防軍」 がw
として、だとしても ゴビンダ・マイナリが無罪放免という一手 は考えられない。

だから、ならば そういう事なのだろう という当時も思った結論を今も書かない。
ただ 記事は公開しておこう と思った。
もう少ししたら あと幾つかの非公開記事も公開しようと思う。




http://mkt5126.seesaa.net/article/229713059.html
誠天調書 2011年10月10日 「東電OL事件と陸山会政治資金規正法事件に共通する構図」郷原信郎
http://www.comp-c.co.jp/pdf/111005.pdf

 ↓

誠天調書 2012年06月08日: 「東電OL殺人事件」もしくは「東電女性社員殺人事件」の被害者の渡邊泰子は 何故に消されなければならなかったのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/273980987.html

 ↓

誠天調書 2012年06月10日: 「小沢事件」と裁判、「東電OL殺人事件」もしくは「東電女性社員殺人事件」と「ゴビンダ・プラサド・マイナリ裁判」の経過、そして「大津事件」。
http://mkt5126.seesaa.net/article/273982842.html

 ↓

誠天調書 2012年06月13日: ならば どんな連中が渡邊泰子や内田元亨や國松孝次や加藤紘一や山崎拓 そして小沢一郎を標的にするのだろう?  不思議な事件や事故や事変やテロの向こうでは どういう連中が蠢いているのだろう?
http://mkt5126.seesaa.net/article/274795559.html


 ↓

誠天調書 2012年06月14日: 黙って静かに屠殺と収奪と凌辱をされ続けていれば良いんだよ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/274955355.html

 ↓

誠天調書 2012年11月10日: 東電OL殺人事件では 冤罪か否かの話よりも、もっと隠したいのは 渡邊泰子が普通の女性とした場合の特定の交際相手の男性は誰か という話ではないのか? だから 売春婦説の強調 こそが その情報工作の第一義の目的だったのではないのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/301005200.html


 ↓

誠天調書: 2012年11月08日 東電Ol殺人事件という計画的暗殺事件における被害者の渡辺泰子を「売春婦では無い」ならばこその観点で考えていく。
http://mkt5126.seesaa.net/article/300678340.html


 ↓

誠天調書: “東電OL殺人事件の 別の犯人を冤罪で生贄にして更に積み上げる”為にも 売春婦説が覆っては困る。
http://mkt5126.seesaa.net/article/301144489.html




誠天調書 2012年09月25日: 西炯子「娚の一生」4巻。  東電OL殺人事件 東電女性社員殺人事件 の渡辺泰子への鎮魂歌、と俺は勝手に思い込む。
http://mkt5126.seesaa.net/article/294085085.html



誠天調書 2012年10月29日: 何故に このタイミングでマイナリが無罪となったか? という事象が、むしろ俺には“極めて不可解”と映る。
http://mkt5126.seesaa.net/article/299434796.html

誠天調書 2012年11月07日: 俺が執拗に311直後からstuxnetや東電OL殺人事件の先を追い続ける訳は。
http://mkt5126.seesaa.net/article/300282071.html

誠天調書 2013年02月05日: せめて 良い夢を見てね と祈るしか俺には出来ない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/318861368.html

誠天調書 2013年04月03日: なにもかもが東電OL殺人事件の頃と酷似している。
http://mkt5126.seesaa.net/article/353733926.html

311直後に俺は 東電OL殺人事件を強く突っ込んだ方が良い と考えた。
戦術的にも 作戦的にも。


そして もう一つ 俺にとって不可解なままの話が有る。
オウム と 核 の関係性である。


https://twitter.com/asakura_heitei/status/210981680503209984
 石原慎太郎の四男がオウム真理教の幹部、
 江川紹子の内縁の夫が統一協会の幹部、
という話の事実確認はしていない が
 サリン事件は 統一協会のスパイがオウムに潜入して実行させた出来事
との説に我は納得する。
だから 江川は原発批判はしないが、オウム取材&批判は展開する。
其の話に繋がって

1994年4月28日 羽田内閣発足
1994年6月30日 羽田内閣退陣 
1994年7月12日 國松孝次 警察庁長官就任
1995年1月 阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
1995年3月30日 國松孝次警察庁長官の狙撃事件
1996年6月 東電 勝俣恒久 取締役企画部長へ就任
1996年12月10日 内田元亨(うちだ げんこう) 自宅浴室で突然逝去
1997年2月 核燃料サイクル了承の閣議決定 電力11社プルサーマル全体計画の発表
1997年03月19日 渡邉泰子(わたなべやすこ) 渋谷区円山町にて絞殺死体で発見。
1997年4月 新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法が成立 地熱発電が国庫補助の対象から外れる

2002年10月 東電 勝俣恒久 社長へ就任
2005年3月 北大が島村英紀を「業務上横領」で札幌「地検」に告訴
2005年8月 北大「資格も無しに海底地震計を売った」と「詐欺罪」で札幌「地裁」へ損害賠償を民事提訴
2006年2月 島村英紀への家宅捜索・逮捕・連行

コレの背景を考えながら

北朝鮮による日本人拉致、オウム真理教、そして福島第一原発事故を結ぶ点と線 1 蓮池透が『北朝鮮にいる拉致被害者を力づくで奪還せよ』と主張し続けた意味。 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-472.html


北朝鮮による日本人拉致、オウム真理教、そして福島第一原発事故を結ぶ点と線 2 蓮池透の東電での経歴。 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-473.html


北朝鮮による日本人拉致、オウム真理教、そして福島第一原発事故を結ぶ点と線 3 オウム真理教は日本各地の原発に信者を200人以上、潜り込ませていた。 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-474.html


と考えれば

オウム特別手配犯の平田の出頭 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-57.html


2011/12/31以降の オウム犯とされる者達の連続出頭 は何だったんだろうか?
どうしても解らない。
分からない けれども 


誠天調書 2013年05月22日: 長いナイフの夜
http://mkt5126.seesaa.net/article/363208128.html

が 少しでも参考になれば良いな とか思いながら更新をした。
外交って取引 なんて言葉も考えながら ね。

ニホンジンのコッカのニホン は異民族の集団なので、
彼らとは外交や外交取引という関係性が必要となる。

多神教で文明人の集団を独立国家として考えれば
一神教で野蛮人な集団「ニホンジンのコッカのニホン」という異国との交渉 は すなわち外交という意味となる。

日本語が通じるか否か ではなく
美意識や価値観や生き方が完全に違う つまり 宗教が完全に異なる集団 なのだから、
同じ国家として単純に一つの中に置く事 が 支配者層と被支配者層という階級序列を創る。
近代民主主義的な話からすれば普通は 連邦制へ移行 という判断が起きる。
宗教右翼カルト という古代のカルト宗教を盲信する連中に そんな判断は完全に理解の範疇を超えるが。


ニホンジンのコッカのニホン とは 外交をする、という話にならざるを得ないんだろうな。
血を流す外交は戦争であり 血を流さない戦争は外交である。
そして外交取引とは 当事者同士が等価と考え無ければ成立できない。
捕虜交換とは そういう事だからね。

なんて事を つらつらと考えてみた。





http://www.seifun.or.jp/seisan_kakou/ryuutuu.html
国内産小麦については、法律の一部改正により、
政府無制限買入制度が廃止され、
平成19年産からは麦の政府買入は制度として無くなり、全量民間流通となっています。

民間流通麦とは、政府を経由することなく
生産者及びその団体 と 製粉企業等の実需者 が売買契約をして流通する取引方法です。
その契約時期は、産地銘柄ごとの播種前契約が基本となっており、収穫の前年に契約が結ばれます。
ただ その「製粉企業等の実需者」は
「政財官 そして 其の上に居る宗主国サマ」によって完全に支配統制が為されているので
これを 全量民間流通 とか言うのは 退却を転進と言う話 と全く同じかと。


外国産小麦については、平成7(1995)年に、ウルグアイラウンド農業合意との関連で、
食糧管理法に代わって「主要食糧の需給および価格の安定に関する法律」が施行され、
小麦は「関税化」され、
政府以外の者が輸入する場合は、「関税相当量(TE)」を支払わなければならないため、
実際の小麦の輸入システムは、今までと大きな変化はありません。

しかし、この法律の一部改正により、政府が輸入する食糧用の小麦については、
今までの一般の輸入方式に加え、一部の銘柄(プライムハード小麦及びデュラム小麦等)を対象として、
既に米穀において導入されている政府との売買同時契約(SBS)方式を導入することができる
と制度が加えられました。
要するに 2本立てになった けど 実態は変わらない。

大東亜戦争の後で宗主国サマが「小麦を買え」と押し付けてきた
→ 「仰るとおりに」と 宗主国サマ→ニホンジンのコッカのニホン→馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 へと流通していった
→ ニホンジンのコッカのニホンな政財官が中間搾取で莫大な不正利益を享受してきた
→ 其のカネを俺たちにも差し出せ と宗主国サマが脅してきた

 ・宗主国サマ→ニホンジンのコッカのニホン→馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 
 ・宗主国サマ→宗主国サマの直接の代理人→馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 
 という2本立てとなった。


http://geocities.yahoo.co.jp/gl/dqcnr071/comment/20130227/1361945585
政府麦

四十二条により、政府は麦等の輸入を目的とする買入れを行うことができる(政府麦)

日本政府は、商社が輸入した小麦を購入した上で、
政府売り渡し価格を製粉会社に提示、
そして引き渡す制度となっている。

製粉会社は、
マークアップと呼ばれる上乗せ金 16,868円/tを政府に支払う、
拠出金 1,530円/tを、農水省OBが中心の組織、製粉振興会に支払う、
ことで、原料を購入する事ができる。

売り渡し価格は、年2回、10%程度の増減幅で見直されている。

1トン当たりの政府からの販売麦価格54,990円/トンの実際の価格は、いくらなんでしょうね

輸入小麦は、
・関税をかけて政府が一括して買い取った物を扱わなければならなかった(政府麦)
 という慣習がありました
・今は改定されて 政府流通麦より以外を取り扱う事が出来るようになった が
 その場合は莫大な関税 +下記の納付金 を支払わなければなりません。
政府流通外の麦

食糧法 第三章 第四十五条により、
政府および政府に委託を受けた以外の者が日本に小麦を輸入する際には、
輸入関税に加え、国内生産農家保護のため麦等輸入納付金を納付しなければならない。

第四十五条三項に基づき輸入
45.20円/kg(小麦 メスリン及びライ小麦)
小麦関税に加え、納付金が、45.20円/kg。 つまり 45.20円/kg=45,200円/トン です。
45,200円/トンを政府に納めても利益が出るって、ことですよね。
おいおい、いったい小麦の値段って、いくらなの?

関税の目的は「国内の小麦生産者を守るため」という名目ですが、
TPPに加盟すると・・・・・・
大資本の法人化とされて奴隷となる が合法となるだけ。
其の価格差の分だけ賃金を引き下げて良い が合法となるだけ。



http://www.seifun.or.jp/seisan_kakou/ryuutuu.html
小麦の流通経路
http://www.seifun.or.jp/2004422.gif
 ↓
小麦粉の流通経路
http://www.seifun.or.jp/200441111.gif


小麦は安くならないの?@ 土のうえ のブログ 小麦取引で潤う天下り法人 農水省は製粉会社から「マークアップ」と呼ばれる上乗せ金(小麦1トンあたり16,868円)を徴収している。
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8668719.html

1. 外国産小麦は農林水産省が一元的に輸入する (実際の業務は商社が行っている)
2. そして製粉会社へ売り渡す
という仕組みになっている。

農水省は製粉会社から
「マークアップ」と呼ばれる上乗せ金(小麦1トンあたり16,868円)を徴収している。

その製粉会社が 国産・輸入物を問わず 農水省から小麦を買い取る際にだが
マークアップ以外に「契約生産奨励金」など「拠出金」と呼ばれる金(1トンあたり1,530円)が
上乗せ加算されている。
年額85億円にも達する小麦の拠出金だが、この金に法的な根拠はない。

農水省から支払いされる先は財団法人「製粉振興会」(東京・中央区)だ。
常勤の役員と職員15人のうち5人が農水省OBという天下り法人だ。

小麦に上乗せされた不透明な拠出金。
ところがその金のうち61億円は、さらに別の天下り法人に流れ込んでいた。
社団法人「全国米麦改良協会」(東京・千代田区)。
常勤の役員と職員10人のうち7人が農水省出身という、これまた天下り法人だ。
理事の年収は約1,600万円(上限)だが、これも一部は小麦の拠出金からだ。

農水省は、業界に文書「契約生産奨励金取扱要領」を出している。
製粉会社は「製粉振興会」に拠出金を支払う。
【その支払いの証明を地方農政事務所でもらわなければ、政府から小麦を買うことができない】
と記されている。


輸入小麦      1トン当たり  16,868円
国産輸入関係なく 1トン当たり   1,530円
              計      18398円

1トンは、1000キログラム
いつも買う1キロの袋で、18円分がマークアップと天下り法人へ流れて行くカネ なのでしょうか?


製粉振興会要覧
http://www.seifun.or.jp/
理事が15人 監事が2人
理事の内、5人が元官僚
そして残りが 農林中金 日清製粉 日本製粉 千葉製粉 の方など。
監事は 日東富士製粉と、昭和産業


平成24年6月30日の貸借対照表によれば
資産合計 4446244693円 

満期目的債券とかで大阪府とか高速道路機構債等持っていまして
合計 時価 4426765000円
あれ?これは貸借対照表に入っていたっけ?


小麦は安くならないの?A 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8669175.html
全国米麦改良協会
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/

役員名簿等
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/kyoukai/meibo/meibo.html

収支計算書総括表平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/kyoukai/kessan/kessan_5.html

事業活動は赤字で、投資活動は黒字なんですけど、
その赤字額と黒字額差額が ぴったり同じ 111,671,763円 

キャッシュ・フロー計算書
平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/kyoukai/kessan/kessan_4.html
A会費・負担金収入 19,066,000円

粉振興会と同様にリッチで、
もう「契約生産奨励金」「拠出金」1530円なんて払って貰わなくても
もう充分に良さそうなもんです。

麦の流通
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/ryuutsuu/ryuutsu.html

民間流通麦の仕組み 平成25年産国内産麦(小麦)の民間流通の仕組み
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/ryuutsuu/25_komugi.pdf

平成24年7月25日 民間流通連絡協議会

1協議会等の構成

2 組織
(1) 実施主体及び開催地
協議会は生産者団体及び実需者団体の共催とし、開催地は東京とする。
円滑な協議を進める観点から、協議会に小麦、大麦・はだか麦別の部会を設置し、原則として部会別に検討するものとする。なお、必要に応じ両部会合同で開催できることとする。
また、協議会の下に作業チームを設置する。

(2) 構成
@ 生産者サイド
全国農業協同組合中央会(全中)
全国農業協同組合連合会(全農)
全国主食集荷協同組合連合会(全集連)、
その他主要な都道府県農業協同組合中央会(県中央会)、
都道府県経済農業協同組合連合会(県経済連)又は全国農業協
同組合連合会都道府県本部(全農県本部)


A 実需者サイド
製粉協会、
協同組合全国製粉協議会(全粉協)、
日本醤油協会(日醤協)、
全国精麦工業協同組合連合会(全麦連)、
全国麦茶工業協同組合(全麦茶)、
全国味噌工業協同組合連合会(全味工連)、
その他主要企業

B 行政サイド(オブザーバー)
生産局、
農林水産技術会議事務局、
社団法人全国米麦改良協会

(3) 事務局
@ 協議会の事務局は、全農、製粉協会、全麦連とする。
A 協議会は、事務局が主体となって運営していくことを基本とするが、民間流通の円滑な実施のため、行政の助言、業務支援を求める。

3価格形成の在り方
(1)入札による方法

目 的
麦の産地別銘柄ごとの透明性のある適正な価格を形成し、民間流通する麦の取引の指標となる価格を明らかにするとともに、播種前契約を基本とする民間取引の円滑な推進を図る観点から入札による価格を基本とする。

2 実施主体
入札の実施主体は、社団法人全国米麦改良協会とし、実施に当たっては業務規程等を定めることとする。

3 入札参加者

(1) 競争原理が適正に発揮され、かつ、売り手・買い手の対等な取引関係をつくる観点から、売り手・買い手の複数化を図る必要がある。

(2) 売り手
原則として県経済連又は全農県本部及び県集連とする。

(3) 買い手
国内産麦の直接実需者及びその団体であり契約の当事者となり得る者とする。
(4) 参加者の登録
入札に参加する売り手と買い手は実施主体に登録する。


3)取引価格の確定

方法
国内産小麦の円滑な流通を確保するため、播種前において入札又は相対により形成した価格に、その後の輸入小麦政府売渡価格の変動に応じ価格の事後調整を実施する。
これに、収穫及び検査を経て明らかになった等級間格差、包装形態による格差、品質評価基準に基づく価格差(プレミアム及びディスカウント)等を加算又は減算して取引価格を確定する。


5品質取引

(1)基準等の設定
1 品質評価基準及び品質目標
(1) 品質評価基準
品質評価基準は、品質取引の指標として使用するものであり、生産者の栽培技術等により改善が可能な品質評価項目及び実需者が製品の品質の安定等に必要とする品質評価項目について設定する。

(4) 価格差
品質評価基準に基づく価格差は、麦種別、用途別に協議会で決定する。


2 品質取引の実施買い手は、売り手と品質取引の項目及び価格差について協議の上、合意を得た事項について契約に盛り込む。

国産小麦は民間になった というのは、ここ一ヶ所になったってことなんでしょうか?
入札もここで、売り手と買い手も 決まっていて、
相対取引の価格差も ここが決めている。
「国内産小麦の円滑な流通を確保するため、播種前において入札又は相対により形成した価格に、その後の輸入小麦政府売渡価格の変動に応じ価格の事後調整を実施する。」

これでは競争なんて起こるはずはないですね。

国内産麦(大麦・はだか麦)の民間流通の仕組み
平成24年7月25日
民間流通連絡協議会
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/ryuutsuu/25_omugi.pdf
こちらも同様でした。
袋の値段まで決まっているようです。

麦のバラ流通の概況
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/bara/bara.html

(3) 施設別・形態別のばら流通概況
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/bara/bara1.pdf
17 年産のばら扱いを施設別にみると、カントリーエレベーターによるものは
616,400 d、ライスセンター等によるものは283,900 dである。
また、形態別には、純ばらは557,700 d(総ばら扱い数量に占める
比率62 l)、フレコン(ハードコンテナを含む)は342,600 d(38 l)が見
込まれている。


カントリーエレベーター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
1964年、農林水産省がモデル事業としてアメリカ合衆国のカントリーエレベーターに範を取った施設の導入を始めたのがきっかけ。ただし内情はそれまで整備が進められてきた調製後の貯蔵施設を持たない「ライスセンター」の進化版であり、米穀の乾燥、調製、貯蔵の三種の役割を担い農家の労働環境を改善する目的で設置が進められたものである。


ライスセンター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC
ライスセンターとは、もみの荷受から乾燥・もみすり・選別・出荷という4段階に行う収穫施設である。
カントリーエレベーターを比べると小型乾燥機が並んでいる。貯蔵施設が備えていない。

設備の違いなんですね。
でも、バラ流通も しっかり把握されていることになります。
助成金の概要と単価等
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/jyoseikin/jyoseikin.html

1 品目横断的経営安定対策
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/mugi/jyoseikin/joseikin01.pdf

平成19年から 

(販売収入の上に)

○数量当たり単価A・1等:2,110円/60s
○全国一律単価、3ケ年固定単価
○支払額=単価×その年の生産量


○面積当たり単価27,740円/10a
  (全国の平均的単収と同一水準の市町村の場合の
   単収であり、実際の支払は市町村ごとに異なる)
○支払額=単価×16〜18年の生産実績平均(ha)

その年の収入が過去の平均収入を下回った場合に、
減収額の9割を補てん
ガチガチの中間搾取が鉄壁に構成されている供給システム 
農家にとってはどうなんでしょう?
小麦de起農日記 最近、凹みっぱなしというお話
http://yatimata-misojyi.blog.so-net.ne.jp/2012-08-03

例えば、小麦、初めての出荷の喜びもつかの間、
JAから概算で振り込んで置きましたからとの連絡で、
期待に胸を膨らませながら、JAに記帳に行った。

結果、なんと60kg当たり約400円しか振り込まれていないではないか。
これは、きっと戸別所得補償制度で、補ってくれるのだろう
と、在住地の市役所に問い合わわせた結果、さらに厳しい現実が待っていた。
「この制度は、米の補償が最優先で、小麦にまで手当できるのは、来年になります。
 保障額も10a当たり2万円は、でると思いますが、
 それ以上になるかどうか、現段階では分かりません」
というではないか。

1年間苦労して育て上げた自慢の小麦が、10a当たりで、22,000万円にしかならないというのである。
----小麦は、10a当たり5俵つまり300kgが平均の生産量であるので、
JAは、400円×5=2千円で買い取ったということ。

ちなみに生産コストを紹介すると、10a当たり、
(1)畑の借料、1.5千円/年、
(2)種子代3,750円、
(3)肥料代、約8,000円、
(4)農薬等で、合計すると、10a当たり32,000円
---これには、機械代や労務費は含まれていない。---
ということで、
 毎年、1万円の赤字が出る
ということが、現実の話として、分かってきたからである。

平成25年2月27日
農林水産省
◎輸入麦売渡価格の改定 
政府売渡価格は、5銘柄平均で54,990円/トン


農家では60キロで400円 1トンで6600円?
補助をいれると10アール2万円の約3倍だから6万くらいにはなりますが
それでもコストが回収できないんですね。

あれ?
米麦改良協会では

「(2) 売り手
原則として県経済連又は全農県本部及び県集連とする」

3)取引価格の確定
方法
国内産小麦の円滑な流通を確保するため、播種前において入札又は相対により形成した価格に、その後の輸入小麦政府売渡価格の変動に応じ価格の事後調整を実施する

だから、農協は1トン6600円くらいで買って。。??

入札者と応札者で 54,990円/トンと決められた価格の間で利ざや取るの?
小麦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%82%AE
日本政府は、商社が輸入した小麦を購入した上で、政府売り渡し価格を製粉会社に提示、引き渡す制度になっている。
製粉会社は、マークアップと呼ばれる上乗せ金 16,868円/tを政府に、拠出金 1,530円/tを、農水省OBが中心の組織、製粉振興会に支払うことで、原料を購入する事ができる。
後から行く補助金は、価格に上乗せした分だし。。


小麦は安くならないの?B 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8675038.html

行政刷新会議 規制・制度改革委員会 「集中討議」 〔第3日〕平成24年11月29日(木)

【農林漁業分野C】 国家貿易制度(麦)の見直し
http://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/meeting/2012/togi/agri/121129/item1.pdf

規制・制度改革委員会 集中討議 第3日(午前) 出席者名簿

【委員会構成員】
委員長 岡 素之 住友商事株式会社相談役
委員長代理 大室 康一 三井不動産株式会社特別顧問
市川 眞一 クレディ・スイス証券株式会社
チーフ・マーケット・ストラテジスト
大上 二三雄 エム・アイ・コンサルティンググループ
株式会社代表取締役
【専門委員】
本間 正義 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
柴田 明夫 株式会社資源・食糧問題研究所代表

麦の国家貿易について 平成24年11月 農林水産省

6p 小麦の国境措置

一次税率
無税

二次税率
55円/kg
〔252%〕※

○ 枠内
・カレント・アクセス数量(574万トン)
・国家貿易(輸入差益の徴収)
○ 枠外
高水準の関税
小麦の国境措置

(※WTO農業交渉上の換算値)


枠内輸入(国家貿易)
(カレントアクセス数量は574万トン は、 輸入(国際)価格にマークアップ(45.2円/kgを上限)を乗せたものが政府売渡価格

枠外輸入
(平成23年度)
2,230トン  は、 輸入(国際)価格に 55円/kg〔252%〕※の関税を乗せた価格


※従価税換算値:252%(注)WTO農業交渉(’00〜)において、非従価税の関税削減幅を決定するために、基準時(’99〜’01)の輸入価格及び国際価格を基に算出された数値。
全部に関税がかかっているわけじゃないのね。
2本立てなのが分かる。

マークアップは1キロ45.2円 1トン で、45200円上限?
関税は1キロ55円 1トン 55000円?
ジェトロ
麦類の輸入手続き
http://www.jetro.go.jp/world/japan/qa/importproduct_01/04M-010880

種類や性状等によって関税分類も税率も異なります。

I. 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(食糧法)
麦のうち、小麦と大麦・はだか麦(法3条1項)、メスリン・ライ小麦、およびこれらを加工し又は調製したもの(同施行令1条に定める小麦粉やでん粉その他の加工調製品、同施行規則一の告示に定めるもの)は「主要食糧」として政府が輸入を管理しています。(ライ麦、オート麦などは対象外)
政府以外の者これらの麦類は一定の関税を支払えば基本的に輸入可能ですが、国内生産者保護のため、政令や規則で定める一部の例外を除き、農林水産大臣が定めて告示する額に、当該輸入に係る麦等の数量を乗じて得た額を政府に納付する必要があります(法34条 、45条)。
従って必然的に輸入の届出も義務付けられています(法35条、令9条、規則22条)。
なお、政府が輸入する場合、商社を通じて直接輸入する方式と予め実需者(買い手)と商社(売り手)が輸入銘柄、輸入港、輸入時期等を選択できるSBS方式(売買同時契約:Simultaneous Buy and Sell)があります

・決められた分量 を国が貿易する小麦は関税無し、
 ただしマークアップなどによって無理矢理に供給価格を引き上げる
・それ以外の麦などに関税が掛かる。供給価格を無理矢理に引き上げる。

関税で守られている農家っていうのは、幻想みたいです。
「農家を守る」という御題目が全くに機能していない
なのに 無理矢理に供給価格を引き上げる をしている
のだから そうとも言える。

完全に機能不全 なのに莫大なカネが流れて 天下りに群がる連中は美しい生活を送れる。
それを口実にしたのが
 コイズミカイカクの更なるピンハネを寄越せ
 TPPが入り込んで俺たちにも分け前を寄越せ
だからね。

そら 中間搾取に更なる余計なカネが加算される とだけになるから
其の後始末は
・最後に供給される側の 馬鹿で豚に過ぎない一般民衆
・最初に供給する側の 国内小麦農家
となるだけの話になる。 とてもウツクシイ話だね。


今、マークアップが正確にいくらなのかわかりませんが、
資料にある上限の45200円だとすると、
先ごろに決めた小麦売渡価格 54,990円のうち、小麦の輸入価格は 1トンあたり 9790円?
大体そんな金額でしょうね。
vol.3 小麦の流通|小麦な生活|コムギケーション倶楽部
http://www.comugication.com/komugilife/vol3_ho.html
マークアップ制度
平成7年まで開かれたガット(WTO)・ウルグアイ・ラウンドの農業合意で、日本への輸入小麦に対して適用される「マークアップ」(二次的な関税)の限度額が国際的に取り決められた。輸入麦の政府売渡価格に上乗せされるマークアップは、経営所得安定対策の経費(国内産麦の生産振興)及び輸入麦の売買を行うために必要な政府管理経費に充当されている。
資料:農林水産省の資料をもとにコムギケーション倶楽部が作製


木下製粉 #307 TPPを考える・・・その@  @2011.11.21
http://www.flour.co.jp/01_update/v301_325/na307.html
つまり そのままでは内麦は売れないので、
内麦には100円/kgの補助金をつけて実売価格は50円/kg程度となっています。

一方、30円/kgで買い付けた外麦は、運賃等の諸経費が3円、そして更に17円を上積みし、
製粉会社への販売価格は50円/kgとなって内麦とほぼ同じ価格になります。

この差額の17円/kgはマークアップといって、内麦の補助金の原資になります。

つまり外麦500万t分のマークアップは17円×500万t=850億円になり、
一方内麦の補助金は100円×100万t=1000億円となり、
両者は ほぼ相殺します(実際は少し足りませんが)。

このように小麦の世界の問題は その中で解決しましょうということで、
この方式をコストプール方式と呼んでいます。
2011年では、1キロ17円 1トン17000円 だったみたいです。

農水省の資料では、キロ3円の港湾使用料のような感じのものは輸入代金に含まれていました。
1トン 3000円ですね。


だけど商社などは、
 安いときに、円高で買って 高く売る
というのを
やっていますし、
 東電の電力料金も円安のときの燃料の輸入費を計算していた
ということですから、
ここでも、儲けをとられている可能性が大きいですよね。 

価格は輸入時によって変動する けど、マークアップは1年固定という記事もありました。

マークアップや関税など国内の農家を保護する
という話で取られていて それが価格に上乗せされている
だけど 現実の農家さんのブログ だと全く足りないようです。
○面積当たり単価27,740円/10a
 (実際の支払は市町村ごとに異なる
という文言がクセモノで、
こんなにもらえる農家など 実際は少ないのかもしれません。

ただ そもそもの御題目として
 マークアップは そういう補助に足りるように設定されている
はずなのです。
何故こういうことが起きているのでしょう?
どこか別の所に行っているのでしょうか?

天下り法人も、他に沢山ありそうですよね。


平成21年度 農林水産省の決算の概要
http://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/kessan-gaiyou.pdf

歳入
単位百万円       歳入予算額   収納済    歳入額差引額
麦管理勘定          688,418    314,012    △ 374,406

歳出
歳出予算現額   支出済歳出額  翌年度繰越額      不用額
  689,055         307,826         -          381,228 



平成23年度 農林水産省の決算の概要
http://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/23kessan-gaiyou.pdf

歳入
単位百万円         歳入予算額   収納済    歳入額差引
                  563,534      370,009    △ 193,525

歳出
歳出予算現額    支出済歳出額  翌年度繰越額      不用額
    574,191        366,303   -              207,888

と 不要額が出ています。しかも繰越しはありません。
収穫量を決めて作付けをして、予算立てをしているのでしょうから
こんなに不要になるのは、なんとなく不自然です。

買い叩いているのでは?
次からは食料安定供給特別会計を見に行きたいです。


小麦は、安くならないの?C 資料 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8692400.html
農林金融2012・12 貿易自由化と日本農業の重要品目 - 農林中金総合研究所
http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1212re2.pdf
日本農業において米は最も重要な作物であり,11年度において857万トン生産し,稲作経営体は117万ある。米は関税化されたが,二次関税率が高いため,米の輸入はミニマムアクセスの枠内にとどまっている。小麦の自給率は11%であるが,北海道,北関東,北九州では重要な作物である。

米国主導で進められているTPPの参加国のほとんどは農産物輸出国であり,輸入国である日本とは利害が異なっている。TPPでは関税撤廃が原則であり,重要品目への打撃が極めて大きく,これを直接支払いで補償することは困難である

麦類
日本人は麦類から13.4%のカロリーを摂取しており,麦は米と並ぶ重要な穀物である。小麦は9割を輸入に依存しているものの,国内でも75万トンを生産しており,大麦も17万トン生産している。特に小麦は,北関東,北九州などでは水田の裏作として,北海道では輪作作物の一つとして重要な作物であり,日本国内で小麦と大麦の生産を一定程度維持しておく必要がある。


ウルグアイラウンド合意に基づく関税化と関税率削減(95〜00年)
ウルグアイラウンドにおいて,日本が農業に関して約束(合意)した内容は,以下の通りである(第5,6表)。

小麦,大麦
・輸入数量制限を廃止し関税化する。
・ アクセス数量分
(注4)
については国家貿易を維持し,輸入差益(マークアップ(注5) )を徴収する。
・ アクセス数量を超えた分の関税率(二次税率)は6年間で15%引き下げる。

(注4) ウルグアイ・ラウンドでは,関税化した農産物について最低限のアクセス機会の提供を行うことを合意し,基準期間(1986〜88年)の輸入数量が国内消費量に対して,@ 5 %以下だったものは,国内消費量の3 〜 5 %を最低輸入機会(ミニマムアクセス)として提供,A 5 %以上のものは,その現行輸入数量(カレントアクセス)の維持,を約束した。
(注5) マークアップとは,輸入を行う国家貿易企業が徴収する輸入差益のことであり,日本では,米・麦については農林水産省,
乳製品については農畜産業振興機構が輸入差益(マークアップ)を徴収し,内外価格差を調整している。

(5) FTA推進路線への転換とドーハラウンド(2000年以降)
FTAはWTOの最恵国待遇原則と矛盾する側面があるため,WTO協定(第24条)では「実質的に全ての関税を撤廃する」ことを条件としているが,一定の範囲内で例外も認められている。そのため,日本はこれまで締結した全てのFTAにおいて重要品目を例外にしており,関税撤廃の比率は
84〜88%程度になっている。
逆に言うと,重要品目を例外にできるような国とのみFTAを締結してきたのであり,重要品目を除外できない可能性の高い米国,豪州,ニュージーランドとはFTAを締結していない。しかし,米国や豪州がこれまで締結してきたFTAは自由化率が非常に高く,米国が主導しているTPPでは例外品目がごくわずかになる可能性が高い。

95年に食管法が廃止されて新食糧法が制定されたが,小麦については「新たな麦政策大綱」(98年)に基づき00年産から民間流通に移行して国産麦の政府買入はなくなり,同時に輸入麦に対するマークアップ収入を原資とする麦作経営安定資金が導入され生産者に対して助成金が支払われるようになった。07年度から経営安定対策に移行したが,11年度からは畑作物の所得補償交付金となっている。転作小麦に対しては,10年度は「水田利活用自給力向上事業」として35千円/10aが交付され,11年度からは「水田活用の所得補償交付金」に衣替えされた。

e 輸入制度
(a) 小麦
食管制度の時代には,小麦の輸入は政府(食糧庁)が一元的に行っており,輸入した小麦を製粉企業に一定の価格で売り渡すという方式が続いたが,ウルグアイラウンドの結果,95年度より小麦は関税化され,関税を支払えば誰でも輸入できることとなった。しかし,関税の水準が高く設定されているため(55円/kg),関税を払っての輸入はほとんど行われていない。
また,カレントアクセス分については国家貿易が維持されたため,基本的には従来と変わらず製粉企業は政府が一元輸入した小麦を購入している。

関税割当枠内の小麦の輸入は無税であるが,政府は一定のマークアップ(上限45.2円/kg,実勢20円/kg)を上乗せして輸入した小麦を製粉企業に売却している。輸入小麦の輸入価格と売渡価格との売買差益は,経営安定対策や戸別所得補償の交付金や政府管理経費に充当されている。ウルグアイラウンド合意上のカレントアクセス数量は,01年度以降574万トンで維持されている

TPPは米国の利害が前面に出ている米国のアジア戦略であり,日本がTPPに入って得られるものは少ない。日本は安易にTPP交渉に参加すべきでなく,21世紀の国際経済秩序の再構築を視野に入れながらアジア諸国との連携を深め,米国に依存しない日本独自の外交戦略を展開すべきであろう。
麦関連のところだけ引用しましたが、今までの経緯が、米、
砂糖、豚肉、乳製品などについても書かれていますので、ぜひ、ご覧になって見てください。
(財)製粉振興会ホームページ
http://www.seifun.or.jp/
小麦・小麦粉の生産・加工などの流れ
http://www.seifun.or.jp/seisan_kakou/ryuutuu.html
生産者から委託を受けた者 が、
実質は原則として県経済連又は全農県本部及び県集連
という風に売り手、買い手 輸入業者など参加者が、決まっている状態でしたよね。

ただ
小麦の国内生産量は、不安定ですが 僅かに増える傾向となっています。
ところが小麦の輸入量は、毎年に確実な増大をしています。
妙ですね。

それは ともかくウルグアイラウンドを受けて 改正された法などなど です。
麦の箇所を抜いてコピペしましたが、
 「全国を通じて一個に限り、米穀安定供給確保支援機構」を作り
 米穀価格形成センターを作る
そんな 焼け太り法案でも有った という事も分かりました。
主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律
(平成六年十二月十四日法律第百十三号)
最終改正:平成二三年六月二四日法律第七四号
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H06/H06HO113.html

麦等の輸入を目的とする買入れ及び当該麦の売渡し)

第四十二条  政府は、麦等(麦その他政令で定めるもの及びこれらを加工し、又は調製したものであって政令で定めるものをいう。第五項及び次条から第四十五条までにおいて同じ。)の輸入を目的とする買入れを行うことができる。

2  政府は、前項の輸入を目的とする買入れに係る麦を、随意契約により売り渡すものとする。ただし、農林水産大臣が随意契約によることを不適当と認める場合には、入札の方法による一般競争契約又は指名競争契約のうち農林水産大臣が選択する競争契約により売り渡すものとする。

5  第三十条第二項の規定は、第一項の麦等の買入れについて準用する。
 注 
 第三十条  政府は、米穀等(米穀及び米穀を加工し、又は調製したもの であって政令で定めるものをいう。以下この章において同じ。)の輸入を  目的とする買入れを行い、及び買受資格者に対し当該米穀の売渡しを  行うことができる。
 2  政府は、必要があると認める場合には、前項の米穀等の買入れを  他に委託することができる。
 

(輸入に係る麦等の特別な方式による買入れ及び売渡し)

第四十三条  政府は、麦等の輸入を行おうとする者及び当該輸入に係る麦等の買受けを行おうとする者の連名による申込みに応じて、当該輸入に係る麦等を買い入れることができる。

2  政府は、前項の規定により買い入れた麦等を同項の買受けの申込みを行った者に対し、当該申込みに応じて売り渡すものとする。

3  第一項の規定により買い入れた麦等を前項の規定により売り渡す場合の価格は、国際約束に従って農林水産大臣が定めて告示する額を、当該麦等の買入れの価格に加えて得た額を超えてはならない。

4  第一項の規定による麦の買入れ及び第二項の規定による当該麦の売渡しは、麦の適切な供給を図るため、需給見通しに即して行うものとする。


(準用)
第四十四条  第三十二条の規定は麦等の売渡しについて、第三十三条の規定は麦の売渡しについて準用する。この場合において、同条第一項中「第二十九条から前条まで」とあるのは、「前条、第四十二条及び第四十三条」と読み替えるものとする。

 注 
  (米穀等の輸出を目的とする売渡し)
   第三十二条  政府は、特に必要があると認めるときは、米穀等     の輸出を目的とする売渡しを行うことができる。
   2  第三十条第二項の規定は、前項の米穀等の売渡しについて      準用する。

(麦等の輸入)

第四十五条  麦等の輸入を行おうとする者は、国際約束に従って農林水産大臣が定めて告示する額に、当該輸入に係る麦等の数量を乗じて得た額を、政府に納付しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。

一  第四十二条第五項において準用する第三十条第二項の規定による政府の委託を受けて輸入する場合

二  第四十三条の規定による連名による申込みに応じて行う政府の買入れ及び売渡しに係る麦等を輸入する場合

三  国内の需給及び価格の安定に悪影響を及ぼすおそれのないものとして政令で定める麦等を輸入する場合

2  第三十四条第二項及び第三項の規定は、前項の納付金について準用する。


附 則 (平成一五年七月四日法律第一〇三号) 抄
秘密保持義務に関する経過措置)
第四条  第一条の規定による改正前の主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(以下「旧食糧法」という。)第四十八条第一項に規定するセンターの役員又は職員であった者に係る旧食糧法第四十九条第一号に掲げる業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない義務については、この法律の施行後も、なお従前の例による

小麦は安くならないの? D 売買価格差 25,216 万円? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8693096.html
参考統計表
http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/mugi_zyukyuu/pdf/toukei.pdf

7p
7 麦加工食品の輸出量の推移

参考)大臣証明制度による麦加工食品の輸出量の推移

平成21年には 192,753トン 小麦粉輸出している。
加工したマカロニスパゲティは 606トン
ビスケットは、1,032トン

注:1)大臣証明制度は、輸出貨物の製造に使用される原材料等を輸入する場合、食糧法及び関税暫定措置法の規定に基づき農林水産大臣の証明を受けることにより、関税相当量(納付金及び関税)が免除される
制度である。

こちらの資料には、平成23年の輸出量が出ています。
農林水産省 麦の需給に関する見通し 平成2 4 年3 月
http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/mugi_zyukyuu/pdf/24_mitoushi.pdf

19P
参考2) 麦製品の輸出動向

(参考2) 麦製品の輸出動向
麦製品の輸出量のうち、その大部分を占める小麦粉の輸出量は、
近年、主要輸出先国の製粉技術の向上や現地製粉工場の立上げ等により減少傾向で推移しています。
平成23年の輸出量は、円高による影響や東電福島第一原発の事故に伴う諸外国の輸入規制強化により、前年に比べて2.4%減少しています

平成23年度  小麦粉 191,480トン

輸出相手国上位 5カ国は

香港
シンガポール
ベトナム
台湾
タイ

麦の民間貿易輸入 (加工貿易輸入
http://www.zenfun-orosi.jp/14.html
国内の製粉企業等麦加工業者が、輸出用小麦粉等輸出貨物製造に使用される原材料である麦等を輸入する場合、食糧法及び関税暫定措置法の規定に基づく大臣証明を受けることで、関税相当量(納付金及び関税)が免除される制度を利用した輸入方法。小麦の年間輸入数量は約50万トン弱
ということで、加工食品は カレントアクセス外の輸入 のようです。
協定があるから、カレントアクセス内の小麦は使えないのでしょうか?

参考統計表
http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/mugi_zyukyuu/pdf/toukei.pdf
36P

5 政府買入価格と政府売渡価格の価格関係の推移

(1)外国産食糧用小麦
(単位:円/トン)

    政府買入 政府売渡   政府管理   コスト逆ざや 売買価格差
昭35 26,119    36,627      1,826       8,682      10,508  

平15 27,506     48,065      4,815      15,744      20,559  

平21 31,170     56,386      2,128       23,088     25,216

こちらを見ると、年々 逆ざや、売買価格差が大きくなっています。
それは そうでしょうw
ただ「状況へ適切に対応した 補助金や交付金の額の増額」は出来ているのでしょうか?
それも、疑問です。
それは官僚の職務の範疇を超える可能性が極めて高い。
政治判断が必要になる場合が生じる可能性が高い。
しかも きめ細かい政治配慮や政治判断が 絶対的に必要となる。
上記の期間の昭和35年〜平成21年の政治を支配してきたのは自民党である。
半世紀の間も 何をしてたの?

もっと端的に言えば
1 食料安定供給「特別会計」という箇所を聖域にし続けてきた自民党政権
2 そういう「特別会計の聖域」を「カイカクという御題目」で略奪したがっているだけな宗主国サマの下僕達が居る
3 1も2も「そーじゃねーだろ」として 国民の生活が第一を掲げる小沢
という話になるんだよね。

で 小沢が頑張る と 大地震が起きたり 核が落ちたり となる、不思議 不思議。


44p
(2)食料安定供給特別会計(食糧管理勘定)の損益の推移

麦管理勘定は
平成21年に1201億の利益で、
麦管理に884億使い、
314億を輸入麦っで、2億を輸入飼料で利益を得て、
国内麦はゼロ?
という数字になっています。
これは、輸入でこの会計が利益を上げているということ?
農林水産省 麦の需給に関する見通し 平成24年3月
http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/mugi_zyukyuu/pdf/24_mitoushi.pdf
28p
3 国内産麦に対する支援
@数量払(品質加算含む)
A面積払(営農継続支払)
  前年産の生産面積に基づき交付2.0万円/10a

29P
(2)水田活用の所得補償交付金
水田で麦を生産する農業者に対しては、畑作物の所得補償交付金に加え、水田活用の所得補償交付金として、主食用米並みの所得を確保し得る水準の交付金(35,000円/10a)を直接交付することとしています。さらに、主食用米の裏作麦を含めた、戦略作物(注)による二毛作に対して15,000円/10aの支援を行うこととしています
等級とランク、種類によって、けっこうな金額の補助金が出ていますが、
実態は このような高額は農家さんには渡っていない のかも知れません
 小麦は安くならないの?B
 http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8675038.html
食料安定供給特別会計
平成21年には、 381,228 百万円
平成23年には 207,888 百万円
の不用額を出しています。

上記資料で見たような
 1トンあたり 25,216 万円の差益
が出るような、価格設定は必要なんでしょうか?

これまでの長い長い前提条件を踏まえた上で 食料安定供給特別会計に、突入します。
(平成20 年度
1 10 0.食料安定供給特別会計
http://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/fy2010/tokkai2207_15.pdf

食料安定供給特別会計の仕組み
食料安定供給特別会計では、国民への食料の安定供給を図るため、貸付金の償還金、納付金、米麦売払代収入及び一般会計からの繰入れ等を財源として、農業経営基盤の強化のための事業、水田・畑作経営所得安定対策に係る交付金の交付に関する事業、食糧の需給及び価格の安定のための事業を実施しています。


食糧安定供給特別会計とは
1 調整勘定 として 自由にカネを出したり入れたりする事が出来る
2 だから農林水産省は「やりたい事業」の方へ、カネを回す事が出来る
3 余らせたカネは「国債整理基金」へ吸い込まれたりすることが出来る

と、感じるんです。

つまり、
・国内小麦農家を保護するためと称して、マークアップを高く設定したり、
・本来に農家に行く分を 買い付け、補助金の両方を値切ったりもして 天下り法人が給与にしたり、
・一部企業に貸し付けたり 農地の集積事業や土地改良事業にも使っているんじゃないか?
・そういう自由に使える資金が欲しいために、高く設定しているのではないか?
と、思うのです。
国債整理基金や日銀まで出てくるので、ややこしいのですが、
次回、下記の資料について、書きたいと思います。

安倍政権となって最近、
輸入荷物のコンテナの重量確認や、追跡を刷るようにした法案が通ったり、
あるいは、
港湾法の改正で、「特定〇〇事業者」というお得意のえこひいきのできる法案、
公共施設の民営化の法案
が出ています。

輸出入拡大ばかりを進める背景には、
 輸出入にまつわる「差益」が 国内流通より“誤魔化しやすい”から大きい
 簿外のいわゆるブラック経済も、輸出入という国をまたぐことで 利益が大きくなる
のかもしれません。
というか その法案の向こう側に居るのが“どういう連中”なのか? がイマイチに掴みきれなかったんですが
なるほど そう考えると分かりやすいかもしれないですね。

・自公政権 という安倍政権
・安倍と麻生 の安倍政権
・宗主国サマとニホンジンのコッカのニホン の安倍政権
支配者騒動氏は 上手に談合をして “テメェ勝手に設定した お互いの「聖域」”には踏み込まない、
其のツケは 被支配者層へ押し付けるだけをする では完全一致している。

それが ウツクシイ の本質であり正体である。
俺は其れを 性癖 と呼ぶ。





willreplicaのブログ:とある電脳の情報流通からの障がい者差別禁止法と成年後見制度 【13-05-23】 公明党と創価学会と法曹界と選挙 と コイズミ自公政権とロースクール と 乙武 と 情報工作 と 政治工作 の関係。
http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1821155.html




弁財天: 東海村のレベル5な被曝事故 そのJ-PARCがやってた実験は核兵器の点火実験か? 2013/05/25
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/jparc_radiation_leak_accident



「茨城東海村。連絡は警報から36時間後。モニタリングポストの異常あり」日本原子力研究開発機構公表資料 時系列
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3009.html

初期の動きは此処に詳細が有る。


2013年05月23日 小5の子が書いた手紙から「ふつうの子どもが産めますか?」の写真を分からないように改竄した朝日新聞出版: 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68232821.html


よく読みますと、希望の4行目に
*ふつうの子供を産みたいです。
とあります。
しかし此の一文が 転載をしたはずの雑誌 では省かれています。

原文
http://ameblo.jp/ami-amita/entry-11075737798.html
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013052304.jpg
 ↓
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013052305.jpg

AERA掲載の写真
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013052308.jpg
確かに改竄しています。
小学生の作文を写した写真の画像を加工してまでの 明らかに意図的な工作 をやっており、
どのような言い訳をしても許されない行為です。


読売が 核兵器はウツクシイ と言っても絶賛される、
そんなキチガイな宗教右翼カルトの集団の一つがニホンジンのコッカのニホンだからね。
明らかに 美意識や価値観や生き方 が俺達とは違うよね。
あまりにも違いすぎる。

それを 同じ「日本人と日本」で一括りにしてしまう から どうしようもなく問題が大きくなっていく。
古代のカルト宗教を盲信して狂信する人達は「日本人と日本」だろうけど、
俺なんかは んなことドーデモイイと心の底から思うし そういう人の方が圧倒的に多い。

「日本人と日本」という言葉が そもそもからして詐欺と詐術の言葉でしか無い、
と俺じゃなくったって考える人達が出てくるのは 特にネット時代になればこそ時間の問題でしか無くなる。

俺はね、其処に道標を立てたかったんだよね。其の先に旗印を立てたかったんだよね。
その為に区分けを始めたんだよね。


「一神教で野蛮人」 宗教右翼カルト ユダヤ教 ニホンジンのコッカのニホン キリスト教右派
「一神教で文明人」 近代民主主義な欧米の観念論
「多神教で野蛮人」 中華思想
「多神教で文明人」 極東の一諸島の圧倒的大多数を構成する一般民衆

以前に
誠天調書 2013年05月16日: 多神教の神学
http://mkt5126.seesaa.net/article/361661148.html
という記事を書いた、
そして コレを思いだす。


誠天調書 2013年03月19日: ――とーちゃん、『すくわれた』か?
http://mkt5126.seesaa.net/article/348170896.html


http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1812417.html
ねー、ねー、おじいちゃん。
ぼくたちって『ひばく』してるの?
ねー、ねー、おばあちゃん。
何で原発なんか建設しちゃったの?
ねー、ねー、おじちゃん。
ぼくたちが大人になったら原発なくなるよね?
ねー、ねー、おばちゃん。
わたしたち丈夫で健康な子ども産めるかな?
大人一同…。絶句
https://twitter.com/Takaoyohey/status/313350273076690946

……?? 何で絶句するんだろうね?? まぁいいけど
それこそが戦後の経済のみで突っ走ってきた結果で一つの集大成だろう。

その子供たちからすれば
軽蔑とか もうそんな激情的な感情すら湧かないと思うよ。
たぶんヒト以外のけがわらしいモノとしての
無表情で冷めた認識しかされないと思うけど
本当にそれでいいの??
それでもいいのなら まぁ それでいいんじゃないのかな?







                                 .         _ --‐‐‐‐- 、    /  , -
                                        , イ  .,、  l、  、 ` - r´, - '´
                                 .     rィ .r /./ ヽ_,|-キ |、   ヾ、` ̄ `フ
                                      ネ/ /イ!7   ヽ=、 、!ヽ .|  '、    >
                                     `!! /r´5ハ    fひハヽ ヽl  _. l`` - ゝ
                                       l/| l!{:::ソ    ゝ:::リ l! `´r ヾ
   とーちゃんな、いくさにとられて しんだんだ。   .      |  `"     ` ´    / i  }
                                 .     {    _,,,........     レ /
                                       '、   i     }    r- '
                                 .       ヽ、 ヽ _ .ノ   /  `ヽ、
                                         /` - .,...,....... - .f ヽ   ;‐‐`
                                         へ.r、.| ノ  _,, イ'、 ヾ` ヾ
                                               ∠_,'ニ - ' ´rヽ、
                                          /       |:.:.:.ヽ
                                 .         ,イ         |:.:.:.:.:.ヽ
                                          /:l          |:.:.:.:.:.:.:.ヽ




 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l       ,,;i'"\ ゙';; , |
'´i;;l.l   ヽ....__ノ      .l| ゚  \ ´"|
:::|:::||    ヽ           !;;`ー-,,';;;;\ |
::|ニ||               i   j::::::::ヽ|
:::|ニ|                _  ノ  .i::::::::: ソ
'ッ,,l.l            セ´、/シ'   /:::::/,"',,,
'' ;; "';,、;;             〃/ ヽ  "'''';;,,
,;;';;;''''';;,,'' -=ニニニニニニ..‐. y/ ' "'',,  l..:::::.....;,''
'' ''' ,,, ''';;'';;;,;,,、   、     //i ' ,  _ "; \::::,;;''
,,;;;'';;''" ,, ";;;;'';;;;;`i     .//::::l ' `'i `'''‐-ゝ,,_
,;;;''''    "'';;,, ;;'';;l、ニ≡イ'':..:::.::ノ ` ';; i -....___ /
 ,, ,,    ,, "'',, ;;";┴ヒ'7:::..::/  ''  i |   //






.         i   ,.......-‐‐‐-.......,   , ,
.       ヽ、| .,..::':::;:::::::::; 、::、::::::::`':.、 / /
       ,...-v':::;:'::ィ::;イ::/ ヾ::i、:i:::i::::、:'、/
     ,...::'~::::::;';'::,t:A;.'、!/   ヾ!,';l';-!::::i:::';:::`'::..、
.    '‐/:::::::::ィイ::イ!ri'O;;.i   "iO;;、tlヾ:|::::}、:::::::::、'、
     '‐''!:/l/!' ''l { lllll !    l.lllll }. i ' r‐、 '.、;-ヾ     ひとをころしたら、じごくにおちるってゆーだろ?
      '  .{ { |  `'''´    `''''´   i`.!   ゙
        `'-.!            i´ノ
        /::',    ,' ̄ ̄ヽ    .,'ヾ、            じごくできりきざまれて、かまゆでにされるって。
.       '-:::::::;'ヽ、  ' ‐‐‐‐'  , 、':::::::`、
        !‐;:/  ` 't- ... - r '"  '、:; 、!`'  
          '   ,..:'、     !、    '
           , '  ヾ`;ー.......':)、       
         /ヽ      ̄  ヽ               よつばな! それはいやだから、おまいりにきた!
        , ':::::::i          i:、     
       ,.'::::::::::::!          i::',
.      /::::::::::::::i           .i:::'、   
      /:::::::::::::::;'           |:::::',
     'r‐-.、:::::::i         ,.'   !::::::',  
.     /  /-、/          , '   |; ‐「
    /  / |  :.:.:.:.:....    /    .i  i   
    /  / .|  :.:.:.:.:.   /      |  |
    /  /  |  :.:.:.:.:  /    ,...;'  |.  |
.  ,'   ,'.  |    /    ./::;'   |  |
.  ,'   ,'  |    '      '::::::::'     !  |




                  /
               / /
                / /..-─== ─-..,,
        ,,.....-─‐-ァ'"   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.、        r
.    ,...‐ "  :.:.:.:.:.:イ,:r:.: :.: ,r  ,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:\    /
.  r' ァ":.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:/:.;.イ_,.イ,イ:.:./ ヽ:.:. i :.:.:. :.:.ヽ /   r '
  //:.:.:.:.:.:,:.:/:.イ/:.:.;r /´!/l:> .l:./   ヤ:.:.l:.:.: i  :.:.ヘ_ ,,r ´
    ´ア:./,ォ"/イ ./i:/,.r.レ'‐"、 .レ    l-:A、:.i:.l.    l":.:.` '‐ 、
     ソ/  〃l:.:イ lr´r.f )`ヽ        _V l:.:トl:.:ヽ:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
.     "   .f レi l  {:.llllllリ:.リ     ,ィ-r 、ヾi リヽ:.!:.:.:リ、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
          ! .ナ   ゝ_ ノ      f:.l`iilハ.:} .l!ハ:.:ll:.:/ ヽ:.:、:\ヽ 、`
         `{                ',:.lllllソ:.リ } l:/lrく    ヽ 、、ヾ
         ,....!            `ー " ノ  lr ヽ i
      , ィ:.´:.:.ヘ     / ‐ .. ,,_         ノ リ .ノ           ――なぁ、ぼーさん?
    ,r"r:.:.:.:.:.:.:.:.>、   {      ̄リ      __ ..../
     イ:.;イ:.:.:./  >、 ヽ      ノ      /''‐-...,
     /ーr〃, イ:::f 丶、 ` ー‐ "   ,. へ :.:.:.:.:.:.ヾ`ヽ
       , r "::::::::::ヽ   ` '' ─ ァ '' "ヽ   \:、:.、-r ヽ
     ,.ィ"::::::::::::::::::::::::\    / ノ::::::::::::丶   ヾヾ
   /::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::丶-‐ "::/ヽ:::::::::ヽ



        ,. r ´  ,. r ´三三:::::::::::三三:::::::::::::::三三:::::::::::\)}
   r―――´  ,、r ´三三:::::::::::::::三:::::::三三:::::::::::三三三三::::\
__ヽ ○ _,.< ` 、三三三 三:::::::::::::::三三:::::::::::::::三三三三ノ≧
;;;;;;;;;;;;;;;`: : : : ,;;> 、  ` ー 、三::::::::::::::::::::::::::三:::::::::::::::三,.:::r' 二>´
ヽ;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : :/ ` 、   ` ー ---------- ― ´  ,. ィフ ´
 };;;;;;;; : : : : : : : : :{    `。 ー -, ____ ,. - ィ - ‐。´ / {
} ;;;;;;; : : : : : : : : ∧       /: : : : : : : : : ' ' ' {;;; _ = = ,'
, ;;;;;; : : :  : : : : : `====: :三: : : '     |!! ´  ,.  '
ヽ ;;;      : : : :ニ二二二 ̄ ≧〃       {`' , '   '
  ;;;;   u           し´         ヽ,     ;
                             /    |
                        ,. ---,ノ    |
         ,. .,_    し       {ニ- ,r/ -、  /j
        r´T  `           ^>ー  ノ   /`
        く `ゝ、            ´_ ,.、ー´  /
         ∨ , `'ー ´ ̄`ー―=,‐´ー    /
           ` ー'―‐`―'―  ̄








                    ――とーちゃん、『すくわれた』か?





              _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
          ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.
     ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ
  '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ
  , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ
 / /  `;;:::::,,''        '´:::::::::::::::::::::::::::::::〃シ  l
 i i. <  ;;::::;   u         ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、
 ! ト 〈  ''::;              ´            /
 、ヽ`ー 、.l !                       __/
 :ヽ、ー゙'´ ,、      U            ィ, ´, ´ ,,
 "'',,  ̄ 、、ヽ                    ,У、 ",,
 、 ,,""ッ, ヾ.、        // ̄, ̄二ニニニニチ./ ,:.:.:.,i  '',,
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、  ヾー´ ̄ ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ    / /:.:.::.:.i| ,,''




                  その時、僕は――何も口にすることができなかった。






誠天調書 2011年03月26日: 東日本は腐海に沈む、腐海のほとり で生きるとは。 幼き者達ほど短命に しかも残酷に終わる人生しか残されていない、を教えなければならない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/192525861.html
311直後に 此処までをハッキリと言わなかった者達が 今更に何を言う気なんだろうね?
だから「絶句する しか出来ない」という己が卑小な立ち位置を まず踏み直す
事から始めるしかないんだけどね。

「311から一カ月も経っていない“311直後”だからこそ そこまで言い切っては 其の先をも語り出す」
俺は ネットの時代だからこそ その速さ が必要だと考えてきた。
ネットを利用する知識人(笑)は そういう意味での「ネット」を如何に考えているんだろうね?

その結果が 新興の階層 と 官邸前 だったのにね。

今更に言いだすような知識人(笑)が無意味だとも言わないけどさ。
先端技術を駆使できない者達が如何に負けて行くか、を無能な俺はイヤという程に味わっている。
其処まで考えればこそ もう俺は とっくに「独力で歩くしかない」を選択してきただけだ。


 宗教右翼カルトが進む道とは真逆に等しい道を歩く
そんな俺からすれば
 20世紀のイデオロギーの残滓を超えられない知識人(笑)を なんで待っている必要が有るの?w
という感情しか残らない。
俺は とっとと先へ行くだけだよ、温故知新を胸に収めながらね。

そして そんな俺を超えて行く者達が 無数に其の先へと進むだろう。 「和して同ぜず」に。
其処で俺は「ならばよし」と言うまでだ。



正しいかどうか 分かるもんか。
そもそも多神教の判断基準からすれば 絶対的な正義なんて無い という当り前の話だし
こんな事は俺が言う前に 俺の周囲の人達の殆どの圧倒的大多数は
 肌感覚で何となく分かっている
な事も 俺は知っている、其処で生きているからね。

俺はね
では そういうモノの正体とは何なのか? を此処で探って行こうとしてきた。
近そうで遠い そんな言葉を 沢山の書物 沢山のネットの情報 沢山の様々な情報媒体 から掻き集めてきた。

宗教右翼カルトの言葉 様々な宗教や哲学の言葉 様々な社会や政治や経済の言葉 様々な理系の言葉
そういうモノを 此の外部記憶保存を利用して再構築してきた。

ローマ人の物語を読みながらな当時の疑問は、
 多神教で文明人のローマ社会はラインの向こうの野蛮人 と呼んだ
 ニホンジンのコッカのニホンな連中がカンコクガーやチュウゴクガーやキタチョウセンガーな と呼ぶ話
の違いは何処に有るんだろう? だった。
その答えを幾ら読んでも どうしても俺は納得できなかった。

ニコマスやMMDのコメントが荒れにくいのは何故なのだろう?
コミケが何故に 高い秩序水準を維持しながらサブカル産業の心臓として機能し続けているのだろう?

ネトウヨや宗教右翼カルトの下僕達が攻撃的で排他的なのは何故だろう?
統一教会とオウムと創価学会の違いは何? 俺からしたら どれも単なるカルトでしか無い。
ならば そもそものニホンジンのコッカのニホンというモノを「単なるカルト」と規定してしまえば?
明治政権官僚機構と宗主国サマ って何?

塩野七生は 一神教と多神教 文明人と野蛮人 という言葉を多用しながら
特定の場所では掘り下げて書く という事をしながら、
「一神教と多神教」「文明人と野蛮人」という言葉を
俺が納得できるまでに掘り下げて書く事をしなかった。

だから俺は 俺自身の言葉で掘り下げて行こうと思った。
そう思えばこそ 文明の生態史観 銃・病原菌・鉄 地獄の思想 肉食の思想 が必要になった。


俺の本棚は 思えば幼児期の頃から「カオス」だったなw
アレは「フラクタル」ではないw 完全に「カオス」だった。
今は「フラクタル」かな、他者からすれば「カオス」でしか無いように見えてもね。


ほら親が マンガは駄目 とか言うでしょ。
だったら俺は って いわゆる学習系のマンガを読破しまくって行ったんだよね。
ほぼ当時に有る本屋や図書館や図書室に有る そういうのは完全読破していったな。
社会 理科 の類別を問わず 読破した後も 徹底して何度も何度も繰り返し読み込んでいったな。

その合間に
戦争物しかも独ソ戦とか政治経済外交歴史の話をディプロマシーをするような大人の横で聞かされてきた
をしながらに、チョット過ぎたら もう あらゆるマンガジャンルの本を読むようになって行ってたんだから
頭の中が雑然たる事この上ない となるのは もう必然だったと思う。

その経過の中途にゲームの思考が強く混ざり込む。
けれども元々にRPGとSLGを幼少期から擦り込まれてきた俺からすれば
その計算処理を電算で高度化する は単なる経過の話でしか無かった。



「一神教で野蛮人」 宗教右翼カルト ユダヤ教 ニホンジンのコッカのニホン キリスト教右派
「一神教で文明人」 近代民主主義な欧米の観念論
「多神教で野蛮人」 中華思想
「多神教で文明人」 極東の一諸島の圧倒的大多数を構成する一般民衆


こういう言葉を並べて考えられるようになった事を 俺は 俺へ対して「ならばよし」と思っている。
コレが正しいかどうかなんて 分かるもんか、知ったこっちゃない。
ただただ 大体そんな感じ で 書き綴っていく。


多神教に神学 って無いよなぁ、
せいぜいにメガテンとかポケモンとか そういうモノの派生の先での民間思想な程度にしか無いよなぁ、
もっとも俺だって 其の程度 だが。
ただ 神学 となると 一神教しか普通は聞かないよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E4%B8%80%E7%A5%9E%E6%95%99

いまいち意味がつかめません。

「一神教」「多神教」とは神学上の神々のシステムのことであって、
「信仰」という個別の宗教実践行為とは別の次元に属する分類だと思うのですが。

神に祈りを捧げる時は、それは当然祈りを捧げるところの神格しか意識しないでしょうけど、
それはごく自然な実践であって、
あえてそこに「システムとしての一神教」を認めるのは難しいのではないでしょうか?
ごくごく単純にして当り前で素朴な疑問 だよね。




「一神教は本当に問題か」(宗教と暴力1)、「補い合う多神教と一神教」(宗教と暴力2)、『読売新聞』(東京版)2004年11月29、30日、夕刊
http://www.kohara.ac/essays/2004/11/20041129.html
だいたい そういう袋小路の結論に陥る よねw もはや意図的にw 詭弁と詐術の嵐だよね。
だからこそ冒頭部は面白い。
「一神教と多神教」。

2004/10/30の京都市の同志社大学で、公開講演会(主催・同大一神教学際研究センター)が行われた。
演台に立ったのは宗教学者の中沢新一氏と小原克博・同大教授(神学)。
二〇〇一年の9・11テロ以来、勢いを増してきた「一神教批判」を検討しよう誤魔化そうとする狙いがあった。
中沢新一が居るんだから ねぇw


イスラム原理主義者によるテロ。イスラム教とユダヤ教の対立によるパレスチナ問題。
ブッシュ米大統領によるイラク戦争の強行。
現代の世界の主な戦乱・暴力は、全て一神教を信じる人々が引き起こしているのではないか。
他の神を排する一神教の考え方が、現代の暴力の要因ではないか。
こうした意見の高まりが、背景にはある。

講演で小原教授は、「一神教こそ元凶」とする言説が、実際に国内でいかに隆盛しているかを指摘した。
〈「文明の対立」が語られている。
 背景にあるのはイスラム、ユダヤ、キリスト教など、神の絶対性を前提とする一神教の対立だ。
 (中略)
 いま世界に必要なのは、全ての森や山には神が宿るという原初的な多神教の思想である〉
(朝日新聞・二〇〇三年元日社説)
〈イスラム教、ユダヤ教、キリスト教は、結局、一元論の宗教です。
 一元論の欠点というものを、世界は、この百五十年で、嫌というほど叩き込まれてきたはずです。
 だから、二十一世紀こそは、一元論の世界にはならないでほしいのです。
 (中略)
 バカの壁というのは、ある種、一元論に起因するという面があるわけです〉
(養老孟司「バカの壁」)

ほかにも、
梅原猛氏や岸田秀氏、
坂村健氏のユビキタス理論なども〈多神教的価値〉を強調している事実が明らかにされた。

中沢氏によれば、人類は旧石器時代から、超越性・抽象性を目指す一神教へ向かう傾向と、世界を具象的に表現しようとする多神教的な傾向を共に持っており、両者は対立せずに補い合ってきた。
例えば、多神教的なイメージの強いアメリカ先住民でさえ「たった一人の神がこの宇宙を創造した」とする一神教概念を持っていることや、ヒンドゥー教シヴァ派には「一」と「多」で成り立つ「一」という高度な一元論的概念があり、ヒンドゥー教も単純な多神教とはいえないという。
馬鹿だろ コイツはw
宗教とは生き方や価値観や美意識を指す んじゃないのかい?
お前が言ってるのは「神学」で有り
宗教と神学 宗教と哲学 を切り離せないままに語り出すのが宗教学者なのかw
オハナシニナラナイわな、そら工作員に使われるわw
「日本が世界に対して発信するのに『多神教・日本』では出発点にならない。
 もっと根源的なところから語らなければならないのではないか」
と中沢氏は締めくくった。

なら 俺は根源的に言ってやるよ。

日本人と日本 という言葉が既にして詐欺と詐術でしかない。
「一神教のクニ な ニホンジンのコッカのニホン」は そら『多神教・日本』では出発点にならないわなw

多神教として とは どういう事なのか?
それは 現在の支配統制 までをも徹底的に追及しなければならない のだから
911当時に 其の程度にしか言及が出来なかったのは まぁ百歩に譲って として、
311を超えて ネットの時代を超えて な現状において
「一神教と多神教 という概念 を軸にした憎悪の応酬へ言及が無い“マスコミ新聞テレビ大手メディア”」
ってのは 大変に興味を深く感じますねw

ただ 面白い事は言ってくれたので 利用させて頂きます。


中沢氏によれば、
 人類は旧石器時代から、
 超越性・抽象性を目指す一神教へ向かう傾向、
 世界を具象的に表現しようとする多神教的な傾向
を共に持っており、両者は対立せずに補い合ってきた。

例えば、
 多神教的なイメージの強いアメリカ先住民でさえ
 「たった一人の神がこの宇宙を創造した」とする一神教概念を持っている
 ヒンドゥー教シヴァ派には「一」と「多」で成り立つ「一」という高度な一元論的概念
 なのでヒンドゥー教も単純な多神教とはいえない
という。

コレ 多神教の神学 だよね。
書き直してみよう



・超越性・抽象性を目指す一神教へ向かう傾向、
・世界を具象的に表現しようとする多神教的な傾向
を共に持っており、両者は補い合ってきた。

・アメリカ先住民の宗教観には
 「たった一人の神がこの宇宙を創造した」とする一神教概念が有る。

・ヒンドゥー教シヴァ派には「一」と「多」で成り立つ「一」という一元論的概念も有る。

つーか 其の段階で多神教 じゃんw
一神教的“概念” って言い回しは  爆発的“事象” と 良く似てるねぇw

メガテンやポケモンを知っている人間からすると
 お前は何を言ってるんだ 何を今更に言ってるんだ
となるんじゃないかなw

詭弁詐術とは どういう場所で どういう風に そして如何にして行われるか?
カルトな連中は 如何にして情報工作と人民統制を謀ってきたか?

ならば俺は 其の根幹から話をして行こう と思ってきたんだよね。


https://twitter.com/tetuo64/status/338659865146826752
法を「法だから正しい」と思考停止してる人、多いね。


・「一神教で野蛮人」 宗教右翼カルト ユダヤ教 ニホンジンのコッカのニホン キリスト教右派
教条=法 だよね。
・「一神教で文明人」 近代民主主義な欧米の観念論
教条=法 では社会が混乱しまくるだけなので
教条を「戒律」として 法と切り離して強制させていく
という方式にして行った

・「多神教で野蛮人」 中華思想
“教条=法”では社会が混乱しまくるだけで
“教条を「戒律」として 法と切り離して強制させていく”のも多宗教で多神教な人間社会では難しいので
その「多宗教で多神教な人間社会」の個別の中だけで成立できる「掟」を強制していく、
だから「戒律」よりは強制の範囲が狭く 強制力も緩い。

俺はね 儒教や老荘思想 を宗教と考えている。
中華思想は哲学の領域とされているが 俺は宗教と考えている。
一神教で無ければ宗教では無いのかい?


「多神教で野蛮人」からすれば「儒教」や「老荘思想」は
“「一神教で野蛮人」から「思想」や「哲学」と認められた”という欧米侵略からの懐柔策では無いのかな?w

多神教で文明人な生き方を と考える俺からしたら
「儒教」も「老荘思想」も「宗教」に映るんだよね。

「多神教の宗教」としての「儒教」や「老荘思想」等々の中華思想は
「一神教で文明人」の「戒律」よりも緩い「掟」を宗教としている、
そう考えると 色々に見えてくるモノも多いと思うんだよね。


「儒教」や「老荘思想」等々の中華思想を「宗教」として捉えれば、
だから宗教戦争になる という話へも 色々と繋げられるよね。 
宗教戦争は、当人の自覚が有る で無ければ成立しないのかい?


共産党革命 って
 「多神教の宗教」としての「思想」や「哲学」などなどを「掟」としながら
 「一神教で文明人」の「戒律」にまで昇華させてしまった
 其の先に有るのは「一神教で野蛮人」な「教条=法」となってしまって
 だから大量虐殺と民族浄化となる
なモノなんだろうね。


・「多神教で文明人」 極東の一諸島の圧倒的大多数を構成する一般民衆
「教条=法」「戒律」「掟」 「思想」や「哲学」 
そんな言葉を完全否定はしないけど そんな言葉を持ち出す前に「大体そんな感じ」をする。
俺の目の前の 一般民衆のしている事 って そういう事だと思うんだよね。
「教条=法」「戒律」「掟」 「思想」や「哲学」 が分かっている だから 言動に組み込んでいる
という訳ではないよね。
俺は「ならばよし」って だから思うだけなんだよね。

なのに わざわざ 「教条=法」「戒律」「掟」 「思想」や「哲学」 を詭弁詐術の道具にしてまで
自分達の私利私欲へ利用していく連中が居るんだよね。
「多神教で文明人」の美意識や価値観や生き方からすれば
そんな事を わざわざにする方がオカシイ となるよね。

ただただ素朴で ただただ単純だよね。
だから 馬鹿で豚にすぎない一般民衆 は 詐欺詐術に勝てない。

なればこそ「厳格な階級序列」では無く「緩やかな階級序列」を必要と考える俺は
21世紀の今ならば 情報流通の下士官 という言葉を口にする。
俺は 宗教の差に関係なく ただただ目の前に居る“馬鹿で豚にすぎない一般民衆”の営みを守りたいんだ。



映画 ロード・オブ・ザ・リング のスペシャルエディション とかいうモノを観た。
劇場版は 「編集されて切り落とされた場面」が非常に多い。
そういうモノを加えた大長編となっている。

映画の「旅の仲間」の冒頭部 は かなり違う。
ホビット庄 とは何か?
ホビットとは如何なる生き方をしているのか?
が説明されている。

アレを見た「一神教で野蛮人」ならば『何と堕落した集団だ』と神の御名を叫ぶだろうねw
「一神教で文明人」は「戒律」が足りない とか 「多神教で野蛮人」なら「掟」が不足 とか
そんな話を持ち出す連中も居るんだろうね。 

だけど
 多神教で文明人 という生き方や価値観や美意識を理解する者達が
 其の緩やかな階級格差の上部構造で 秩序の上部を担う
という話もまた 古今東西に理解がされる それほど難しくない話だと思うんだよね。



http://search.yahoo.co.jp/search?p=%22%E5%A4%9A%E7%A5%9E%E6%95%99%22+%22%E7%A5%9E%E5%AD%A6%22&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt


http://www.d-theo.jp/opencource/PDF/kohara050620.pdf


http://www.cismor.jp/jp/lectures/2004/documents/report041030.pdf




政教分離 とはいえ
・「カネの流れ への政治からの介入」を拒否できる特権
・「カネの流れ から生じる政治への介入」が生じる現実
を考えれば カネの流れ という俗界の話を政治の側が放置し続ける は許されない。
なので 狂信的な神権国家のニホンジンのコッカのニホンで政治が機能しない のは当然の話でしか無い。


 多神教で文明人 という堕落した
 しかし それなりに勤勉で それなりに善性で 其れなりに秩序が有る 社会共同体の世界
を守る為には、
「政治」によって「宗教」から守らなければならない。
それが政教分離だ。

政教分離とは 信教の自由を守る為のモノ だけではない。
「“信教の自由を守る為のモノ”という特権を悪用する強者」から 弱者を守る為にも必要な要素でも有る。
其れを実践できない政治家は 無能 である。


教条=法とする 教条=戒律とする 教条=掟とする、
そんな事をしなくても
 大体に勤勉で 大体に善性で 大体に秩序が有る という成熟した社会共同体
は古今東西を問わずに成立可能である。

其れを1億人の規模で示しているのが 俺達でも有る。
どんなに核攻撃を受けても どんなに略奪陵辱を受けても
「平和を愛する」を捨てない者達は 此処に居る。





誠天調書 2010年11月04日
http://mkt5126.seesaa.net/article/168210920.html
結局 げんしけんの大野の言葉の方が よっぽど叡智に満ちている。

大野
「それをやっている人達はもう、世の中にいっぱいいるわけじゃないですか。
 そういう人達は荻上さんにとって敵ですか?

 全員が全員に仲良くなれるわけではありません。
 趣味が合わなかったり 対立する 事などは幾らでも有るでしょう。
 だからこそ逆に 全員を一括りにして嫌うのは無理があります。
 第一それでは 荻上さん自身は どうなるんですか?」

荻上
「だから、私は自分が嫌いなんです…!」

大野
「私は最近 結構に好きですよ、荻上さんのこと。
 語り合いたいと思ってますよ?
 本が出来たら見せて下さいますか?」

荻上
「気が向いたら…」

大野
「はい」

最初は険悪だった2人が 今は こんなに仲良し。

まぁ そんな感じで良いんじゃないかな という話。
敵に寛容になる難しさ よりは 味方に寛容となるは難しくない とは思うんですよね。
それなりに で それなりにですよ きっと。

「従わない連中は異教徒だ 異端だ 裁きの鉄槌を受けよ」
とは言わない その行動も起こさない 寛容さを持つ 胸に収める
その 自己制御の能力 の有無がカルトへ堕ちるか否かの分水嶺なんだろうね。


http://mkt5126.seesaa.net/article/187667756.html
自己制御の能力 の高低の有無を 問う問わない以前の、
そんな
ちょっとした生活の知恵の積み重ね ちょっとした生きて行く上での処世術の積み重ね
其処にある機微を知り 懐の深さを持って生きて行くとは如何なる事か を知っていくこと。

そういう所にこそ カルトの対極が在る、俺は そう思う。
 宗教右翼 宗教左翼 20世紀的イデオロギーの右と左
 新自由主義 創価学会や統一教会などの新興カルト
などなどを胡散臭いと軽視して、
この極東の一諸島の 被支配者層の多神教で文明人な社会共同体の中で
それなりに それなりで 生きて行く事。

そういう所の神髄の中に カルトの対極が在る、俺は そう思っている。
其れが「侘と寂」だと思う。



「一神教で野蛮人」教条=法とする
「一神教で文明人」教条=戒律とする
「多神教で野蛮人」教条=掟とする
ならば「多神教で文明人」教条=美なのかな。

美の感覚は千差万別で 万民の中に万の形が有る。
其れを外から決めつける方が愚かであろう。
好みの問題でしかないのだから。

あくまで個人の内側の問題でしかないのだから。





誠天調書 2011年04月18日: 福島レベル10
http://mkt5126.seesaa.net/article/196340535.html





posted by 誠 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

「政治の技術」へ対する“極めて不可思議なまでの認識の甘さ”

RT @tetuo64
法を「法だから正しい」と思考停止してる人、多いね。
posted at 00:03:04


RT @ikurann
史上最悪の放射能事故を起こした2年後に、レベル5の事故を起こしても国民のほとんどがスルーの日本て完全に終わってるだろ。
posted at 00:03:23


RT @hiro_mmmm
あらあら、完全にボケ老人ですな。 日本経団連・米倉会長が”トンでも発言” ?原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべき」?
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/b227239b4940d56edb4007befe33f213
posted at 00:03:31


RT @youarescrewed
導入が可決した国民総背番号制は、システムを3000億で外資に発注するようだが、米アクセンチュアが、ずいぶん前から、法務省の入管と検察と、宮内庁、公取、財務省のシステム一手に受けており、これらの個人情報はすでに米国に筒抜け。
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-2389.html
posted at 00:04:16


RT @westfur
共通番号で、93の個人情報を管理か。巨大システムだ。2016年1月稼働か。2年半の開発期間。仕切れるプロジェクトリーダーがいるとは思えない。受注したい会社は山ほどあっても、仕切れる会社があるとは思えない。まあ、動かないね、このシステム。特許のシステムも動かせない国なんだから。
posted at 00:04:25


RT @chihointokyo
福島で5μSv表示の映像の時、祭りに20万人訪れる見込みとニュースに流れる|ゆうなのブログ
http://amba.to/12Gh8Ks
☆この映像、狙ったのかミスなのかどっちなんだろう?
posted at 00:04:42


RT @kozou3751
おかしいだろ! ★管区警察局技官を不起訴処分、山形
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130517/crm13051718450018-n1.htm
路上で女性に抱きつき。 ★捜査書類放置の警部補不起訴、時効理由に岡山地検
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013052022045426/
捜査書類を未処理のまま長年放置した。
posted at 00:04:46


RT @westfur
日経コンピュータの「動かないコンピュータ」の格好の標的ができる。もう、取材体制組んでるんじゃないか。 発注の仕様書作れる人間がいるとも思えない。もう既に出来てておかしくはないが、酷い出来だぞ、きっと。仕様書の検証できる人間がいるとも思えない。恐ろしいプロジェクトが始まるぞ。
posted at 00:05:00


RT @hiro_mmmm
最も監視が必要なのは政府だろ。 東京新聞:マイナンバー法 成立 なりすまし被害懸念 第三者委で監視:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013052502000110.html
posted at 00:05:10


RT @osamu9912
清水信次ライフ会長、生団連会長「日本が第二のギリシャ化?とんでもない!日本とギリシャは全く違う。ギリシャは観光と農業の国、日本は世界第一の債権国、国民の金融資産は1500兆円、国富に至っては8千兆円の国、今消費大増税をやる必要性はない」=>その通りだ、直ちに消費大増税を凍結しろ!
posted at 00:07:36


RT @osamu9912
JA全中「TPPは、国のかたちを一変させる極端な交渉であるという懸念が国民の間にあるなかで、安倍総理が極めて前のめりな姿勢で参加表明に踏み切ったことは到底納得できない。全国の農業者と共に、強い憤りをもって抗議する。TPPは聖域なき関税撤廃が原則である、断固反対運動を展開していく」
posted at 00:07:43


RT @KinositaKouta
3.11後、橋本病発症の有名大学女子学生が救急搬送、好酸球湿潤。身近でこの一か月突然死2人、大学生異変。 【ブログ更新】
http://goo.gl/Fq1wr
posted at 00:07:55


RT @iwakamiyasumi
以下、連投。 RT @IWJ_ch6
1、5月22日に開かれた「TPPを考える国民会議」と「TPPを慎重に考える会」の第46回勉強会の報告ツイートを開始。篠原孝氏(衆院議員・TPPを慎重に考える会会長):政府によるTPPの影響試算はナマクラ。
posted at 00:08:38


RT @iwakamiyasumi
連投2 RT @IWJ_ch6
2、篠原氏:どういう前提にするかによって試算結果は変わってくる。政策は、きちんとした数字の裏づけがあってこそ成り立つ。きちんとした数字の裏づけがなく、雰囲気だけで対応を決めていくと大変なことになる。
posted at 00:08:44


RT @iwakamiyasumi
連投3 RT @IWJ_ch6
3、原中勝征氏(日本医師会前会長・TPPを考える国民会議代表世話人):TPPについての日本の温度とアメリカの温度は全然違う。自民党のTPP参加条件を英訳しアメリカで見せたら、一様に驚かれた。
posted at 00:08:51


RT @iwakamiyasumi
連投4 RT @IWJ_ch6
4、関耕平氏(島根大学准教授):先週の金曜日、安倍内閣が第2次成長戦略を発表。その中で「農業所得を10年間で2倍にする」と発表した。我々は、農家の所得にどのような影響があるか独自に試算した。
posted at 00:08:56


RT @iwakamiyasumi
連投5 RT @IWJ_ch6
5、関氏:農水省が試算した20品目のうち、独自に8品目(コメ、小麦、大麦、牛乳・乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵)について試算した。その結果、農家の所得は少なく見積もっても3483億円は減少する試算結果が出た。
posted at 00:09:00


RT @iwakamiyasumi
連投6 RT @IWJ_ch6
6、関氏:農家の5年間平均の生産農業所得(2兆9258億円)が3483億円(11.9%)減るという結果が出た。北海道に限定すると、生産農業所得(3579億円)が559億円(15.6%)減るという結果が出た。
posted at 00:09:04


RT @iwakamiyasumi
連投7 RT @IWJ_ch6
7、関氏:畜産農家の生産農業所得への影響。宮崎県では934億円から54億円(4.7%)の減少。鹿児島県は1146億円から119億円(10.4%)の減少という結果が出た。
posted at 00:09:08


RT @iwakamiyasumi
連投8 RT @IWJ_ch6
8、関氏:コメ農家の生産農業所得への影響。富山県では218億円から57億円(26.3%)減、石川県は187億円から37億円(19.8%)減、福井県は177億円から45億円(25.6%)減という結果が出た。
posted at 00:09:11


RT @iwakamiyasumi
連投9 RT @IWJ_ch6
9、土居英二氏(静岡大学名誉教授):政府試算では、TPP参加で輸出が2.6兆円増、消費が3兆円増、投資も0.5兆円増と試算。一方、輸入が2.9兆円増。結果、実質GDPは3.2兆円(0.66%)増になると試算
posted at 00:09:14


RT @iwakamiyasumi
連投10 RT @IWJ_ch6
10、土居氏:安い外国産食品が入ってくると、スーパーなどに安い商品が並び、消費が増えるというプラスの効果もあるが、その裏返しとして、日本の農林水産業が立ち行かなくなる。
posted at 00:09:18


RT @situryoutteiika
キャボット一族は、この黒人奴隷貿易で得た資金を使い、1823年、麻薬専売会社ラッセル社の創立資金を提供する。ブッシュ大統領一族が監査役を務めるラッセル社は、トルコ製のアヘンを米国に持ち込み販売した。
http://watch2008.at.webry.info/200810/article_1.html
posted at 00:09:26


RT @miyake_yukiko35
内部被ばく30人に=実験施設の放射能漏れ―規制庁(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000102-jij-soci
<放射能漏れ>排気「軽い気持ちで」(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000005-mai-soci
事故にミスが重なり報告遅れ。日々驚くべきことが起きるが慣れてはいけないと思う。
posted at 00:09:38


RT @aomori15
7月から日本はTPP交渉に参加するが、その日程はたったの3日間のみ。重要な決定が11ヵ国で交わされており、自民党が約束した6項目の選挙公約を貫くことは困難。はじめからわかっていることだが…
posted at 00:09:45


RT @egg_rice
東海村の実験施設被ばく 30人に急増、更に増える可能性(5/26 NHK)
茨城県東海村にある日本原子力研究開発機構の実験施設で、装置が誤作動して研究者が被ばくした事故で、新たに24人が被ばくしていたことが分かりました...
http://bit.ly/17aEMWd
posted at 00:10:10


RT @kikko_no_blog
被爆者は4人だけです
→あと2人被曝してました
→あと24人被曝してました
→周辺住民も250人被曝してました
→あと5000人被曝してました
→→あと50万人被曝してました
→でも皆さん安心してください!原発を推進する我らがリーダー安倍首相だけは被曝していません!(キリッ)
posted at 00:22:30


RT @m_pokorin
甲状腺異常が国民病とか踊らされないで。国民病はセンノービョウ。
posted at 00:22:36


RT @ompfarm
景気回復を条件に消費税増税にひた走るアベノミクス、ミャンマー訪問で円借款5000億円の放棄とインフラ整備に400億円の無償資金協力ですって。インフラ整備って、ODAみたいにゼネコンに環流するんじゃないの? それにしても、気前のいい「外遊」だこと。随行企業40社の大名行列のご褒美。
posted at 00:22:46


RT @ompfarm
風疹の大流行で、「血小板減少性紫斑病」の症状の人が大幅に増加。ん? ホントに風疹感染の影響なのか?? 妊娠期感染の「心奇形」といい、被曝影響とかぶる「流行」が怪しすぎ。
posted at 00:23:00


RT @t_wak
自公政権の下、「いわゆる児童ポルノ禁止法」改定と来やがった。性的虐待を受けた子どもの保護をなぜか考えない一方で、被害者の存在しないアニメやマンガを狙い撃つ。学術研究にとっても危険なやり口。
posted at 00:28:41


RT @Angama_Market
日本人は海産物を多く取るから甲状腺疾患にはなりにくいと公言しておいて2年後、公共放送で甲状腺疾患は国民病と発表。この豹変ぶりを目に焼き付けておくべし。
posted at 00:28:51


RT @tetuo64
マスコミがおかしい、という考えを韓国朝鮮へのヘイトへと誘導する2ch
posted at 00:28:55


RT @kelog2010
Appleがアイルランドで課税逃れやってたというが、Amazonなんて日本で課税逃れやってるよな。 「店舗ではない。倉庫だ。」と言い張って法人税を払わない。 そりゃ最初から何でも15%OFFで売れるし、税金をキチンと払ってる国内の一般量販店が踏みつぶされる訳だわ。
posted at 00:29:06


RT @tetuo64
なんでこんな惨めな人生なんだろ
posted at 00:29:10


RT @tetuo64
1%の層、というものがどんなものなのか、まざまざと見せつけられた。ある程度予想していた事だが、彼らには己らが99%から搾取しているという実感が無いようだ…。
posted at 00:29:14


RT @ikarostayuu
今まで散々やってきた事だから、習慣になってるのよねぇ。漏らしたって公表しなけりゃばれなかったし。だから原発関連周辺にはβ線が溜まっているんだねぇ。福一由来ではありませんってか。放射脳になってる日本国民は感覚もなくなったんだろうし。日本病と海外で言われるようになるんだろうねぇ。
posted at 00:29:32


RT @miyake_yukiko35
(お知らせ)「生活の党」機関紙電子版 “創刊第2号”5月10日号配信中。
http://www.seikatsu1.jp/special/organa/index.html
posted at 00:29:38


RT @bonaponta
本当に実験なの?→「原子力機構は、おおむね南西方向に1000億ベクレルの放射性物質が放出されたとする推定値を明らかにした。年間の放出管理目標の100分の1に相当する。」 放射能漏れ:
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130526k0000e040121000c
posted at 00:29:54


RT @Meretseger2
共産党の正体が知られるようになってガス抜きできなくなると、何処に向かうかと言うと高速道路支柱とかにスプレーで落書きが増えてる感じする。たまに反米とかいう落書き混じってるのは、やっぱそうなんだなと
posted at 00:30:19


RT @sihouhappou
明日、暇だから「ほそやん」と一緒に高円寺に集まると言われている誰得会に対して「(米軍・白人の)在日特権を許さない会」と「行動する(このシマの住人の生活を)保守する会」として活動してこようかと思います。
posted at 00:31:51


RT @sihouhappou
暇だから、高円寺の在特会のデモを観察しに行ったのだけど。 まず、公安と機動隊が大量にいて。多分、実際のデモの人数と同じくらい多く。しかも、しばき隊などがいなかったので何もする気になれずとりあえず散歩みたいな形でついていく形となった。
posted at 00:32:13


RT @sihouhappou
↓との具合のように、全く高円寺や阿佐ヶ谷の本当にノンセクトの活動家達が住んでいるようなところには全く来ず。完全に無関係なところをうろついて日章旗や旭日旗を掲げている彼らに「一抹の哀愁」を感じた。 と、同時にいつ右に曲がるか(それが本拠地)期待していたが見事に裏切られた。
posted at 00:32:39


RT @sihouhappou
それで阿佐ヶ谷までついていって歩いて行ったのだが、流石に阿佐ヶ谷まで行ったら右に曲がって駅の方へ行くと思ったが見事に裏切られ。阿佐ヶ谷の駅の方向へ向かわずにその手前でデモ終了という「寒さ」。 結果として、公安三課の優しさと途中の古本屋で得た「吉里吉里人」の第三版だけであった。
posted at 00:32:43


RT @sihouhappou
つうか、中核派を叩きたければ「新小岩」でデモすりゃいいし。革マル辺りにかみつきたければ「早稲田鶴巻町」にいきゃいいのに全くノンセクトの「新左翼」まで「中途半端」に敵対するのは正直、「阿呆」としかいいようがない。サブカルチャー系にまでかみつくとか本当にどうしようもないわ。
posted at 00:32:46


RT @sihouhappou
ほそやん氏曰く、「論理で喧嘩していないから、その奇形児が在特会という形で発生した」と仰られたが「その通り」でその代わり「内ゲバ」してないという側面もあるのだよね。 で、「在特会」というのは「完全一般人」な訳でその一部に「レイシズム」が乗っかっているという「普通の人の集団」である。
posted at 00:32:50


RT @sihouhappou
とりあえず、そのあと高円寺のノンセクトな人達と高円寺であって。話をして楽しかったけどね。 やっぱり、大久保のを見ないとわからないな。 どちらにしろ、「大勝利」と言っている「創価学会」との違いが判らなかった。
posted at 00:32:54


RT @GobyIresbrow
だって、それが目的でしょ? デモとか抗議活動する人たちを「中核派」とか、「革マル」だとか、印象づけて弾圧するつもりなんだから。。
posted at 00:32:57


RT @sihouhappou
↓goby氏の仰るように「枠組み」の中で対立項を無理矢理製造しているのが「在特会」のスタンスなのだろうね。 正直、「高田誠」がどこから「カネ」が来ているのかわからないのだよね。「もしかしたら、工作機関から来ているんじゃねww」と言ったら「民族派の右翼」に否定された。
posted at 00:33:00


RT @sihouhappou
でも、連中が噛み付いている相手というのは「右左関係なく噛み付いている」訳で奴らを指揮している連中は多少の「インテリジェンス」の可能性が至極高い。 「在特会」って、いつ始まりだっけ? 在日特権を許さない市民の会 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A
posted at 00:33:05


RT @sihouhappou
2006年 
http://ja.wikipedia.org/wiki/2006%E5%B9%B4
2007年
http://ja.wikipedia.org/wiki/2007%E5%B9%B4
ふーん、小泉が終わって安倍に政権が移行した時に発生したわけか。
つまり、今の第二期安倍政権となって捨てられ始めているわけだね。
よーできているわなぁー。
posted at 00:33:07


RT @sihouhappou
2007年12月にハシゲが大阪府知事選に出馬している。 で、大阪維新の会の本部は島之内にあってそこはコリアンタウンなのだけど。在特会はそこで「排斥デモ」をしていない。 ハシゲ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E4%B9%8B%E5%86%85
posted at 00:33:11


RT @sihouhappou
大阪DEEP案内 【中央区】大阪コリアタウン 島之内
http://osakadeep.info/2007/08/01/173955.html
つまり、在特会というのは「オウム真理教」と同じにおいがするという事だ。 在特会という因子は「反体制派の括り」と「レイシズムによるガス抜き」、「スピン」そのものなどの情報因子となる。
posted at 00:33:19


RT @sihouhappou
つまり、「在特会にしろ・ハシゲにしろ上にいるインテリジェンスはそれなりの人物であろう」という事は推測つくがその「性癖」により大体「お察し」できてしまうわけだ。 ただ、この「炎上商法」のやり口としては「仕掛けた奴は同じ集団」だろうね。間違いなく。
posted at 00:33:23


RT @Fibrodysplasia
RT>東京の女子大生(木下さんブログ):はじめに、私はこの1ヶ月で訃報を2件聞きました。二人とも突然死。 さらに、周りの学生は咳をしている人が非常に多いです。 急性胃腸炎、風邪はしょっちゅう聞きます。腸閉塞、マイコプラズマなども。 さらに、骨折、じん帯損傷といった話も聞きます。
posted at 00:35:09


RT @Fibrodysplasia
(続)学会で慶応大学の先生方と話す。何名かが咳をしている。乾燥しているから、という。また、目が充血している先生もいた。こすったわけではないという。友人のお母さんも咳をしている。つまり・・・舞っているわけだ。東京が危険地帯であることを再確認した。もちろん、みんな忘れているが。
posted at 00:35:12


RT @Fibrodysplasia
茨城県の東海村では、子どもが風邪をひくと、「白血病かしら」という会話が地元住民でなされたりする。それくらい、被曝による病気が周囲で多いということだ。核関連施設からは、できるだけ離れたところに住むのがいい。度々、おもらしするので、知らない間に被曝させられる。放射性ガスを度々吸う。
posted at 00:35:16


RT @Fibrodysplasia
今までも度々、おもらししている。放射性ガスをこっそり放出してきた。早く、施設の閉鎖を。QT>あの人類史上最悪デタラメ、インチキ原発もんじゅの運営母体、東海村の原子力機構が起こした被曝事故はスリーマイル事故と同じレベル5!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65855814.html
posted at 00:35:19


RT @sihouhappou
在特会が最大の在日特権である、英国・米国・イスラエル大使館と厚木や横須賀基地でデモしないのが実に不思議。
posted at 00:36:08


RT @AmboTakashi
J-PARCがやってた実験は核兵器の点火実験か?
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/jparc_radiation_leak_accident
posted at 02:03:33


RT @kosumosu207
この人事を不思議に思わない国民はいるのだろうか? 日本原子力発電は24日、東京電力の勝俣恒久前会長が日本原電の非常勤取締役を退任すると正式に発表した。後任に東電の広瀬直己社長が就く。6月28日付
http://t.asahi.com/azfg
posted at 02:03:48


RT @gineiden
いいか、よく覚えておくんだ。独裁者は、出現させる側により多くの責任がある。積極的に支持しなくても、黙って見ていれば同罪だ。(ヤン・タイロン)
posted at 02:04:04


RT @gineiden
指導者に対する悪口を、公然と言えないような社会は開かれた社会とは言えない(ユリアン・ミンツ)
posted at 02:04:07


RT @phantomlovers
国防軍作るっていうなら、最初に攻め込みたいとこは霞ヶ関だな。
posted at 02:04:10


RT @gineiden
素面で戦争ができるとは、大した連中だぜ。だから出世するんだな(サレ・アジス・シェイクリ)
posted at 02:04:18


RT @gineiden
権力者と市民が対立したとき、軍隊が市民の味方をした例はすくない。それどころか、過去、いくつもの国で、軍隊そのものが権力機構と化し、暴力的に民衆を支配してきたんだ(ヤン・ウェンリー)
posted at 02:04:30


RT @wolvesknow
ブログ更新しました。 「戦争中、この非国民が!って戦争に反対するものを糾弾していた連中は、玉音放送の後、どうしたのだろう」 樋口新一【職業:Truthseeker】
http://06020596.at.webry.info/
皆様いつも有難うございます。
posted at 02:04:59


RT @nomorewarinasia
これ、すげぇ! 安倍首相のカンペには、「表す」という言葉にルビが振ってあるばかりか、「(水を飲む)」と、水を飲むタイミングまで書かれている! 水を飲むことさえアメリカ裏社会や手下の官僚の操り人形の 日本の総理大臣。反抗するとリンチ
http://bit.ly/16r1TuN
posted at 02:05:28


RT @junzo_kowashi
http://mainichi.jp/select/news/20130526k0000m010063000c.html
自民党の石破茂幹事長は25日、佐賀県鹿島市で講演し「現実と憲法を近づけるようにする」と、参院選に勝利し、憲法96条改正などを目指していくことを強調した。
posted at 02:05:36


RT @mercyjiman
独自の文化風習民俗を破壊され欧米化することを一般的に"経済発展する"と言われている。
posted at 02:05:43


RT @bonaponta
マイナンバーとクレジットカードなど支払い情報とIPv6とGPS座標と顔認証と監視カメラか。もうこれは何回トイレに行ったか監視することも可能になるわな。
posted at 02:05:52


RT @Utsubo2
僕は日本人と言うより、軍隊を信用できないので、日本人なのに、日本人を信用しないのか、と言われても、できないと答えます。
posted at 02:06:08


RT @kikko_no_blog
【今日の大バカ】世界一の借金大国である日本の安倍晋三首相は、世界に向けて「いい顔」をするために、ミャンマーへの約2000億円の対日債務をチャラにした上に、約910億円のODAを約束した。お前が払えよ!このヒョットコ野郎!
posted at 02:06:17


RT @onodekita
CS-137 17Bq/l,
H-3(トリチウム) 120Bq/L
Sr-90 170Bq/l
つまり、セシウムよりストロンチウムの方が濃度が高いってこと。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/intake_canal_130521-j.pdf
http://t.co/VvMoZgHYpP
posted at 02:06:50


RT @onodekita
とくにトリチウムのひどさが目につく。
こりゃあ、アウトだろ。
魚で検出されたセシウムの約10倍のストロンチウム、トリチウムが含まれていると考えていいんじゃ・・
posted at 02:06:54


RT @Ann08111
伊方原発は、プルサーマルだかんね〜。。ここで何かあったら日本終了だ。
posted at 02:08:20


RT @VoiceofRussiaJp
磁気嵐が始まった
http://dlvr.it/3Qc2Bv
posted at 02:08:46


RT @GobyIresbrow
15.05.2013, 18:34チェリャービンスクの現象:隕石が宇宙機器を破壊した
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_15/113394855/
ウラルの上空で爆発したのは隕石ではなく、軌道上で隕石によって破壊された宇宙機器だという。
posted at 02:08:49


RT @GobyIresbrow
隕石って、兵器だったんだ。。
posted at 02:08:53


RT @GobyIresbrow
8.05.2013, 17:42 米国防総省、来るべき人工衛星戦争に備える
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_08/112808163/
これは、新作映画なの?wwww
posted at 02:08:56


RT @GobyIresbrow
彼らの理想は中世かも。。カミサマがー! で、みんな自主規制してくれて、お互い「神の教えに反する」とかを監視し合ってて、寄進、献金してくれた時代。
posted at 02:09:13


RT @GobyIresbrow
7つの大罪「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」は、 いわゆる 「生物的欲求:身体が欲する欲求.生存に不可欠な欲求」を、「制度」の中に閉じ込めるもの。 制度の存続のために。。 しかし、制度を支配する者は、「強欲」を享受している。
posted at 02:09:16


RT @GobyIresbrow
表現規制は 知能的表現を閉じ込めて失わせるもので、ダンス、舞踊、スポーツへの 官の介入は、肉体の内部から湧き上がる表現を閉じ込めるもの。 運動苦手だけど、想像すると耐えられないな。。
posted at 02:09:24


RT @GobyIresbrow
放射能漏れ:電磁石の故障が原因か 被ばく6人に
http://mainichi.jp/select/news/20130526k0000e040121000c.html
1000億ベクレルの放射性物質が放出されたとする推定値 年間の放出管理目標の100分の1に相当する。
← えっ?
posted at 02:09:51


RT @Neo_loliaki
┌○┐
│労|
│基|
│法|
│守|
│れ|
│な|
│い│
│奴│
│が│
│何│
│を│
│守|ハハ
│れ|゜ω゜ )
│る|//
└○┘(⌒)
し ⌒

posted at 02:10:11


RT @GobyIresbrow
昼間、NHKのイギリスの旅の番組。。 イングランド、スコットランドとか4つの区域が、王室や貴族で繋がっているという、イヤミな趣旨の番組だったんだけど。。
posted at 02:10:23


RT @GobyIresbrow
スコットランドの古い城に住んでいる貴族の 食事がすごい質素というか、シンプルなのは、ビックリした。食器や家具は、すごく豪華なのに。。
posted at 02:10:26


RT @GobyIresbrow
もう一ヶ所出ていた、港の町の食事も、シンプル。 本にでてくる「ヨークシャープディング」というのを初めて見た。
posted at 02:10:30


RT @GobyIresbrow
シェットランドフェアアイルセーター
http://www.e-keito.com/401_001.htm
は、毛糸を染めるんじゃなくて、羊の毛の色そのままで模様になるように編むんだそうだ。 
posted at 02:10:34


RT @GobyIresbrow
思ったんだけど、日テレ、「笑ってこらえて」とBSの旅番組で、イタリア取材、使い回ししてない?
posted at 02:10:37


RT @GobyIresbrow
2012.05.23 東京電力が"不確定要素満載"な決算を出した理由(1/2) | ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2012/05/post_65.html
posted at 02:10:45


RT @GobyIresbrow
東電、メガバンク、経産省、支援機構の4者は、電気料金の値上げが決まったものとして"粉飾"を押し通した。東電の業績見通しは、どんなに言い繕おうと、作文でしかない。4者が結託した談合決算である。
http://biz-journal.jp/2012/05/post_65.html
posted at 02:10:49


RT @kzooooo
何度でも言います 自民党は福島県民に「脱原発・全原発廃炉」を約束しました 全世界注目の「フクシマ」の人達にこのビラを配ったのです まさかあれはウソでしたなんて・・・
http://p.twipple.jp/vU8x9
http://p.twipple.jp/uZwts
posted at 02:11:05


RT @ishilinguist
どんな教授がいるのかも知らずに大学進学とか自分には信じられない
posted at 02:11:52


RT @Cristoforou
↓これかなり恵まれた環境にある高校生の発想だと思う。総合大学がない地域の高校生はその時点で行ける大学が限られてくるし、就職がいいかとか学費が安いかとかが大事になって何の先生がいるかとかは二の次でしょう。
posted at 02:11:54


RT @GobyIresbrow
いろんな資格試験とかで、受験資格に、「高校卒業」とか、「短大卒、または、何単位修了」とかあるのヘンだと思う。 その試験のことに関して能力あるかどうかを量るのが、資格試験でしょう?
posted at 02:11:58


RT @ishikitokihiko
「くそ…原発が爆発さえしなければ(東京を離れることも無かったろう)…」というロジックは自分の中に成立しなくはない。 でもそれは「(原発が爆発さえしなければ)原発がもたらし続ける貧困と差別と生命軽視のことごとくに目をつぶって人生を終えていたはずなのに…」でしかない。
posted at 02:12:22


RT @kazu1961omi
やっぱり凄いな。マイナンバー法は。今朝の朝日新聞によると、給料や家族の状況から所有不動産の広さ、入院歴や心神喪失の診断?治療、母子手帳の交付とか実に93項目もの個人情報を政府が一元管理するんだって。こんなに集めて、何に利用するんだ。
posted at 02:12:52


RT @ipin61
だから、不思議なんですよね。核兵器級のウランまたはプルトニウムをどこから調達したのか。
米・英・仏・中・露、もしかして日本?
@hyodo_masatoshi
高度な核能力をもちながら、発電用原子炉を1基も建設・稼働させずにきた。
posted at 02:13:29


RT @hyodo_masatoshi
イスラエルは、百発以上の核兵器、地上発射の核ミサイル、核ミサイル搭載の潜水艦と爆撃機という3本柱の核運搬手段をもつ「核大国」である。しかし、高度な核能力をもちながら、発電用原子炉を1基も建設・稼働させずにきた。それは地上に原子炉を建設すれば軍事攻撃の絶好のターゲットとなるからだ。
posted at 02:13:36


RT @o_sh
院長の独り言: なぜ、子どもの手紙をしかも全くわからないように改ざんするのか。一体誰がこの指令を出したのか。その卑劣さ 
http://onodekita.sblo.jp/article/68232821.html
 「ふつうの子どもが産めますか?」の一文をわからないように改ざんした朝日新聞出版
posted at 02:13:57


RT @bonaponta
東海村の被曝事故ってJ-PARCのハドロン加速器だったのか。中性子線被曝じゃね。中性子てどこまでも飛んでいくんだよな。
posted at 02:14:08


RT @bonaponta
金の標的にレーザー照射する実験。レーザー核融合実験。ローレンスリバモア研究所でNIFが失敗した実験を日本が再実験してる。 東海村J-PARC
http://j-parc.jp/researcher/ja/safety/HDtrouble20130525.pdf

posted at 02:14:11


RT @bonaponta
「間接的点火方式は熱核融合の核兵器の点火によく似ている。
 一段階で核分裂の放射を使い水素の同位体を絞りだし、二段階で強力な爆発を起こす。」
弁財天
ITERという核兵器マフィア update10
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/iter_the_fixer

posted at 02:14:15


RT @bonaponta
金の標的にレーザーを当てる。どうせ中には重水素とトリチウムのガスカプセルが入ってたんだろ。
核兵器の点火実験ですな。バカ国家。

posted at 02:14:18


RT @bonaponta
意図的に実験に失敗することでレーザー核融合による核兵器の点火実験を世界にアピール。
posted at 02:14:25


RT @2012wat
これはさすがに虚構ニュースだろうと思ったらマジだった。きちがい。RT@yamayossi
『福島県が世界中から子供2000人を召集 
佐藤知事「多少被爆しても大丈夫と世界に発信してもらう」』
http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-6594.html
posted at 02:14:40


RT @OccupyJapan12
「勝栄二郎前財務次官がIIJの社長になったのは、マイナンバー制度の受注」毎年のランニングコストは数百億円。IIJの株価が急騰。明らかに消費増税実現のお礼である。自民党に戻すという事はこういうことを許すということ
http://sun.ap.teacup.com/souun/10240.html
posted at 06:20:26


RT @heihei9999
千葉・八千代市長選 秋葉氏が初当選 - MSN産経ニュース やっぱり自公推薦候補が負けました。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130527/chb13052700120000-n1.htm
posted at 06:26:10

東京新聞:市民の声 原動力 八千代市長選 ハコモノ行政「ノー」:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013052802000129.html
ハコモノ行政からの転換を求めて市民グループが推した無所属新人の元市議秋葉就一氏(44)が二十六日投開票の千葉県八千代市長選で自民、公明両党が推した元県議の新人ら二人を破り、初当選した。東京都の道路計画を問う小平市の住民投票は不成立だったが、八千代市民は争点だった開発計画にNOを突きつけた。秋葉氏は「市民の勝利」と話す。(村上一樹)

争点だったのは、三期十年務めた前市長の豊田俊郎氏(60)が進めたハコモノ開発。市内中心部を南北に流れる新川の周辺地区の都市再生整備計画で、参院選出馬に伴い辞職した豊田氏の後継の元県議、服部友則氏(55)=自民、公明推薦=が継続を明言。元市議秋葉氏と元商工会議所副会頭の飲食店経営杉山智基氏(54)が見直しを掲げ、秋葉氏が勝利した。

「私の勝利というより市民の勝利」と、組織的な選挙母体もなかった秋葉氏。草の根選挙の中心は、計画に反対し、子育てや教育の施策充実を求める市民グループ「市民が主役の市政を実現する会」=曽我正男代表(64)。

曽我代表らは二〇一〇年、計画の賛否を問う住民投票条例を直接請求したが、市議会が否決。翌年、秋葉氏も条例案を議員提案したが結論は同じだった。

市長選となったのは、住民らが前市長の失職を求める解職請求(リコール)運動の準備をする最中だった。今回の勝利に、曽我代表は「住民投票やリコール運動を通じ、市民に問題意識が浸透した結果」と感慨深げだ。

低投票率(41・84%)が組織選挙に有利といわれる中での自公の敗北。保守票が割れたことも要因とみられている。ただ、杉山氏は計画見直しを掲げており、見直し派の得票率は今回六割を超えたことになる。

選挙結果について、新川沿いを毎朝散歩するというパート男性(67)は「ハコモノを整備するお金があったら、福祉に回してほしい」。市民らはこんな思いで、足元の民主主義に関心をもつこととなり、今回の結果につながった。

 <八千代市と新川周辺地区都市再生整備計画> 都心から電車で40分余りに位置し、人口19万人のベッドタウン。有権者数は15万人。整備計画は市内中心部を南北に流れる新川沿いの950ヘクタールを対象地域に、道路や公園、図書館、市民ギャラリーなどを整備する大型開発計画。総事業費は71億円。うち20億4000万円を国の交付金で賄うが、残りは市が負担する。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130528/CK2013052802000131.html
八千代市長選で初当選を果たした秋葉就一氏(44)は一夜明けた二十七日、市役所で当選証書を受け取り、正式に市長に就任した。その後に記者団の取材に応じ、中央図書館などを整備する新川地区整備計画について「各事業の最新の進展状況を早急に確認し、それぞれ止められるか難しいかを最終判断したい」と語った。

計画に位置付けられた新川に新たな歩道橋を造る事業は「中止の方向で進める」とし、一部事業の中止を明言した。

落札者がなく不調に終わっている中央図書館の入札は「タウンミーティングなどで市民の意見を聞く機会を早急に設ける」と語った。

少数与党となる市議会運営については「地方議会には与党も野党もない」と指摘。その上で「前市長の大きなハコモノ計画に賛成した議員の方が多く、どこまで見直していけるかきちんと議論を尽くして説明していきたい」と述べた。

副市長ら市幹部の人事に関しては「四月に人事異動があったばかりで、最小限にとどめたい」との考えを示した。

この日午後には、県庁であった市町村長会議に早速出席した。任期は二十六日から四年。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130527/CK2013052702000131.html
投票率は41・84%で前回2012年を6.07ポイント下回った。

参院選千葉選挙区に出馬する前市長豊田俊郎氏の辞職に伴う選挙。
最大の争点となった中央図書館などを整備する新川地区整備計画は、
反対を掲げた秋葉氏が勝利したことで、事実上ストップすることになった。

秋葉氏は選挙戦で、計画に盛られた新川に新たに橋を造る事業を「すぐそばに橋があり無駄」などと主張。「子育て支援や教育、公共施設の老朽化対策に予算を」と訴えた。

服部氏は豊田氏の後継候補として新川計画継続を明言。
杉山氏は計画に反対していたが、ともに保守系で票が分散し、支持は広がらなかった。(村上一樹)

◇八千代市長選開票結果
当 22,126 秋葉就一 無 新<1>
  20,954 服部友則 無 新 
  18,582 杉山智基 無 新
僅差に過ぎるw

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000070-mailo-l12
今夏の参院選千葉選挙区(改選数3)出馬のため豊田俊郎・前八千代市長が辞職したことに伴う26日の同市長選は、前市長の解職請求(リコール)運動をしていた団体や共産党市議などが支援した秋葉就一氏(44)が初当選した。豊田氏の事実上の後継候補で、自民党県連と公明党県本部の推薦を得た前県議の服部友則氏(55)が優位との見方があったため、市政関係者には驚きが広がっている。
 「私の勝利というより一般市民の勝利。4年間で倒れるくらい全力投球するが、行政や議会のチェックを市民にお願いしたい」。秋葉氏は当選後、こう強調した。
 選挙戦は、秋葉、服部両氏と飲食店経営の杉山智基氏(54)の全員新人による三つどもえだった。秋葉氏は新川地区周辺の都市再生整備計画の見直しを繰り返し主張。保守票が分散され、票を伸ばしきれなかった服部氏と杉山氏を尻目に2万2126票を獲得し、次点の服部氏に1172票差で競り勝った。
 服部氏は「敗因は新川の問題を訴えなかった戦略ミス。2年前の市長選で争点になり、決着済みと思っていた」と振り返った。また、服部氏を支援した豊田氏は「3人が拮抗(きっこう)した勝利なので(秋葉氏の主張が)民意の全てとはならない」とけん制。自民公認で出馬する自身の参院選への影響は「首長選は政党間で戦ったわけではない」と火消しを図った。
 秋葉氏は今後、少数与党の議会対策を余儀なくされるが「議論を尽くせば混乱は避けられる。(熊谷俊人市長が初当選した頃の)千葉市でも同じ状況があった」と話す。
 過去に秋葉氏と共に民主党に所属し、旧知の熊谷市長は「秋葉さんの勝利には正直驚いた。議会などへの丁寧な説明や、市民の後押しを受け続ける取り組みが必要。市政運営は私より大変になるのではないか」と予想した。


秋葉就一 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%B0%B1%E4%B8%80

八千代市・市民が主役の市政を実現する会blog 旧「八千代市・市長リコールを実現する市民の会blog」
http://ameblo.jp/dc-yachiyo/

2013年05月20日 【告知】保坂のぶと世田谷区長が秋葉就一候補の応援に来る!!|八千代市・市民が主役の市政を実現する会blog
http://ameblo.jp/dc-yachiyo/entry-11534594980.html
なるほど そういう事か。
ならば応援するのも やぶさかではない。

つーかミラクル保坂伝説は顕在かw
良く勝てたよなぁ、
ぶっちゃけ勝てるとは思って無かった。

想像以上に自公政権の支持基盤が脆くなっていて 不正選挙抜きには勝てなくなっているんだろうね。
言い換えれば 必ず仕掛けてくる と想定は出来る。



http://blogs.yahoo.co.jp/avaroikite/61952995.html 2013/05/28
八千代市のハコモノとは次のようなものだそうな。
『<八千代市と新川周辺地区都市再生整備計画> 都心から電車で40分余りに位置し、人口19万人のベッドタウン。有権者数は15万人。整備計画は市内中心部を南北に流れる新川沿いの950ヘクタールを対象地域に、道路や公園、図書館、市民ギャラリーなどを整備する大型開発計画。総事業費は71億円。うち20億4000万円を国の交付金で賄うが、残りは市が負担する。』(東京新聞の記事@より)
っていうか
 あそこに そんだけのカネを突っ込んで 意味が有るの?
ってのは そう遠くないトコに住んでいる俺でも分かる。
馬鹿にするにも程が有るわな。


典型的なコンクリ政治(ハコモノ政治)だろう。
国(政治家・官僚)が飴(20億4000万円の国からの交付金
これ税金。政治家官僚のポケットマネーと違う)を投げ与える。
総事業費は、71億円だから、
  71-20.4=50.6
で、なんと小っちゃな市の住民は、残りの50.6億円を、
それほど必要としていないハコモノ建設のために税金として払うのだ。

政治家や官僚と癒着した利権集団が背後で舌なめずりしている構図が頭に浮かぶ。
出来上がったハコモノの多くは、金食い虫(維持費が膨大)で、天下りの温床でもある。
住民や国民の希望や意思とは関わりなく、こういう利権がらみの政治が続いている。

これに不満を持つ住民・国民は沢山いると思われるのだが、
そういう住民・国民の思いは表面化しない、
あるいは、政治へ殆ど反映されない。

八千代市の市長選の結果についてある市民のコメントが東京新聞の同じ記事に載っている。
『選挙結果について、新川沿いを毎朝散歩するというパート男性(67)は「ハコモノを整備するお金があったら、福祉に回してほしい」。市民らはこんな思いで、足元の民主主義に関心をもつこととなり、今回の結果につながった。』
もちろん、ハコモノで儲かっている、あるいは、食いつないでいる利権集団の一員
(このなかには、コンクリ業者・資材生産企業家・政治家・官僚などが含まれる)も
立派な日本国の国民であり・各地域の住民なのだから、
彼らの願い、「お願い!! ハコモノをバンバン計画してぇ〜」っていう熱い思いも
一つの民意なのではなりますが。

問題なのは、彼ら利権集団の力が大きく、庶民や一般国民・住民の政治活動が極端に貧弱なことなのです。
オンブに抱っこ、という性向は、利権集団だけでなく、一般国民・住民にも顕著なのです。
八千代市市長選での市民運動の勝利の要因を、東京新聞の記事(@)は次のように書いている。
『曽我代表らは二〇一〇年、計画の賛否を問う住民投票条例を直接請求したが、市議会が否決。翌年、秋葉氏も条例案を議員提案したが結論は同じだった。
 市長選となったのは、住民らが前市長の失職を求める解職請求(リコール)運動の準備をする最中だった。今回の勝利に、曽我代表は「住民投票やリコール運動を通じ、市民に問題意識が浸透した結果」と感慨深げだ。
 
 低投票率(41・84%)が組織選挙に有利といわれる中での自公の敗北。保守票が割れたことも要因とみられている。ただ、杉山氏は計画見直しを掲げており、見直し派の得票率は今回六割を超えたことになる。』

東京小平市では上手く機能しなかった市民の政治意識の高まりが、八千代市では起こった
ということだ。
多くの市民(住民・国民)は、潜在的に、政治の現状への強い不満を持っている。
ただ、
その不満を実際の政治活動、市民(住民・国民)が政治活動を行うところまで高まりにくい
のが日本的な状況なのだ。
この辺りは 間違っては無い が 正解でも無い と俺は思うが、其れは後述する。

小平市で住民投票が不成立になった理由は、東京新聞の記事(A)では次のようになっている。
『投票率は35・17%だった。水口さんは「住民が直接意思を示す住民投票で、成立要件は不適当」と批判。投票率に与えた影響について「道路計画の見直しは必要ないと考える人たちの棄権を誘発したと思う。投票しても成立しないなら無駄だ、という反応もあった」と指摘した。
 住民投票告示後に小林正則市長が行った記者会見で、自ら投票するかどうかを明言しない消極姿勢が投票率を押し下げた可能性にも言及した』(東京新聞の記事A)



市民(住民・国民)同士でも、当然のことながら意見の違いはある。
あってしかるべきだろう。
世界の殆どの国民は、未だに国という枠の縛られ、国同士の対立という民主主義の大敵に振り回され続けている。
国という枠が無ければ、軍事費という無駄遣いや愛国心という権力用語も存在できないのに。
民主主義は、まだまだ遥か高根の花である。

80歳の三浦雄一郎さんに習って、真剣に民主主義を研究し、日々、市民・住民・国民は政治活動に関わる必要があるのだろう。
エベレストに登頂した三浦さんは、80歳である。
日々のトレーニングが どれほど過酷であったことだろう。
其処まで書いておきながら 結局に
 21世紀のイデオロギーの残滓な 旧式左翼の思想の病魔 に侵されている自分にも気づけないまま
というのを こうして晒す人が極めて多い は散々に見ている。

如何に此処から自力で抜け出せる人達が圧倒的に少ないか?
つまり
「宗教右翼カルト と対になっているだけの 旧式左翼」という病魔でしかない20世紀のイデオロギーの残滓
へ独力で気が付く事が出来る人は 事実上のゼロ と俺は考えている。

間違っては無いんだけど 正解でも無い、だから何十年も病魔から抜け出せない。
なのに 自分自身が間違っているはずは無い として 知性とは別のモノが足りない への理解が及ばない。

登山が 正しいか否か だけで成功できるのかなぁ?
「登山における技術」を如何に考えるか? を何故に言葉としないんだろうね?
言ったとしても所詮に「民主主義」としか言わない。

其の「政治の技術」へ対する“極めて不可思議なまでの認識の甘さ”が
 間違っては無いけど正解でも無い
という先へ進む話になるんだけど
 旧式左翼な20世紀のイデオロギーの残滓に溺れる「中二病」な人達は
 自分達が結局には宗教右翼カルトの味方をしかしていない理由
 悪いのは自分達では無く 目覚めない人達が悪い
となる。
でも それって 宗教右翼カルトに目覚めない人達が悪い と何処が違うの?


市長選でボロ負け続きの自民党が都議選で不正選挙を行って全員当選させるようです。 - 不正選挙阻止ブログ
http://blog.goo.ne.jp/heiheihei_9999/e/5d2a155c1e1e6921916ecc1ada86e80b



https://twitter.com/AmboTakashi/status/341528497258393601
今までなら、
都議選と国政選挙の間隔が近いと、
住民票移動が難しいため創価公明が難色を示していたはず。
なのに今回は、そういう話は聞こえてこない。
何故でしょうかね?

何か有る と考えるよね。
そういう政治の戦術を読んで行く、
そこから政治の作戦を見据えて立てていく、
そして政治の戦略を考え直す。
もう 20世紀のイデオロギーの残滓な ニホンジンの右手や左手の政治 だけでは全くに足りない、とまで
だから俺は考えるのに、頭の良いはずの人達は未だに 其処を超える話 を全くに教えてくれない。

己がマヌケを晒してでも独力で言葉を綴って行くしかない
と考えざるを得なくなったのは そんなに変な話なのかなぁ?



RT @heihei9999
朝日新聞デジタル:西尾市長に榊原氏が再選(26日の市長選) - 政治 西尾市でも自民推薦候補が負けました。 不正選挙できなきゃ自民党のボロ負け街道まっしぐらです。
http://www.asahi.com/politics/update/0526/OSK201305260010.html
posted at 06:26:14


RT @heihei9999
土佐清水市長選 泥谷氏が初当選 高知 - MSN産経ニュース ここも自民推薦候補が大敗。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130527/kch13052702040000-n1.htm
posted at 06:26:17

俺は逆かな 創価公明にしてみれば 
http://mkt5126.seesaa.net/article/356229353.html

ttp://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/4a984ed7e8fc74216a072813a299a756

ところで、なぜ、公明党が都議選を国政選と同様に重要視するのか。

宗教上人格の許認可が東京都庁だからだ、というのは たしかにそうでした。
が、これは自公連立政権入りで法律を変え、文化庁に移しています。
非公明系知事(青島幸男さん)が誕生してヒヤヒヤした経験が創価学会にはあるのでしょう。

公明党が都議選を重視する最大の理由は創価学会の関連施設への固定資産課税です。

わが国ではずっと昔から、固定資産税は市町村税です。
東京23区に限っては東京都庁がその事務を代行しています。

固定資産台帳をつくり、税金を集め、区ごとに計算した“地方交付税”を
22区(お金持ち1区はもらえません)に配分します。
日本中で東京23区だけの特別措置です。

なので、宗教法人の礼拝施設ということで
ほとんどタダ同然の「○○平和会館」「○○創価会館」などの固定資産評価を
いまのまま維持するのが公明党に課せられた最大の役割です。


このことは政治部記者も、国会議員も、創価学会員もほとんど知らないと思います。

だからこそ今回は
 事実上の「参院選」と「都議選」のダブル選と創価公明が作戦を立てているからこそ
 もう既に東京は創価公明が集結している
とも考えられるのでは?
だから東京以外の地方選では自公政権が勝てない という現象が起きているのでは?

猪瀬の都議選で あまりにもキチガイな不正選挙をしてしまったので
今回は出来る限りに その手 は使いたくない、となるだろうからね。
となれば 東京以外の参院選は? なんて考えたりもする。

勿論の憶測の話でしかないけどね。



https://twitter.com/heihei9999/status/285658777695428608 2012年12月31日
2013年7月21日は参議院選と東京都議選のダブル選挙が濃厚のようだが、
衆議院選も加えトリプル選挙が有るかもしれないですね。
トリプル選なら、どこぞの宗教団体の工作員や工作資金も足りなくなるハズですが、
奴らもガチンコでやったらボロ負けなのは分かっている
なので、必ず仕掛けてきそう とは思うのですね。



千葉市長選挙は www.city.chiba.jp/senkyokanri/do… 公明 民主 維新 市民ネット などの支援を受けた「“何もしない”いや“宗教右翼カルトの言う事しか聞かない”熊谷俊人」が圧勝。自民は自主投票。 千葉駅前の再開発なんか 利権の巣窟が丸出し なのに 何もしない だからね
posted at 06:35:34


RT @onodekita
東海村なんて、東海原発で盛大にお漏らしされ、JCOでも被害を受けて、フクシマ、そしてJ-PARCか。もう今更、この程度漏れた程度で何を騒いでいる 程度の認識だろ。そして、原子力のトップは、おいしい目をさせていたんだから、今更何を言う。だろ
posted at 09:03:12


RT @tensinkai
手間がかかる精神病の類は、すべて病院と薬で作られているモノです。向精神薬を甘く見てはイケナイ!LSDやコカインより止めにくいのが、向精神薬です。そして、その最大の消費国は、我らが日本です。世界でダントツの麻薬国、それが日本なのです。
posted at 09:06:05



posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする