https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年05月22日

長いナイフの夜

RT @Godonof
昨今の情勢をつらつら眺めて行くうちに、思う所あって「長いナイフの夜」について調べている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C
posted at 04:00:49
これを ウツクシイ とするか キチガイ沙汰 とするか、で 其の人の生き方や価値観や美意識が計れる。
・ウツクシイ と言うのが一神教で野蛮人
・ウツクシイけどキチガイ沙汰 とするのが 一神教で文明人 や 多神教で野蛮人
・キチガイ沙汰 とだけで終わってしまう のが 下士官層の居ない多神教で文明人の社会共同体

それはともかく、俺も気になった。
そういう事件が有った事は知っていたけど 詳細を読んだ事は無かった。



長いナイフの夜 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C
という名称って何なんだろう? と むしろ疑問に思う。
っていうか ↓ のリンクが無いのね

長いナイフの夜 (小説) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
小説の題名かぁ。 

ハンス・ヘルムート・キルスト - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88

http://www.h2.dion.ne.jp/~yacinema/Wehrmacht/contents/honbun/prologue/prologue5.htm
長いナイフの夜


http://narazumono20-21.seesaa.net/article/232920619.html

http://royallibrary.sakura.ne.jp/ww2/yougo/nagai.html


もう一つ
事件名は、
 5世紀ウェールズでのザクセン人傭兵による、
 ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)
に ちなむ。
の話が 気になった。
すぐに見つけられなかったので。

ザクセン人 サクソン人 ブリテン島の歴史 等々で調べても イマイチに分からなかった
そもそも5世紀のブリテン島の歴史は 良く分かって無い だと記憶していた。

帝政ローマ末期 ラインの向こうの野蛮人なゲルマンに押されまくるようになったローマ帝国は
407年にローマ軍団がブリテン島から完全に撤退をする、
撤退する というよりも 内部の権力闘争を優先して統治を放棄しただけ という
一神教で野蛮人な性癖が丸出しとなっただけ なのだが。
なので 此の場合の撤退と言う のは 転進と言う意味 な内実に等しい。

その後のブリテン島の5世紀の歴史は アーサー王の“伝説” という形になっている。
そういう人物が居た という事になっているが 完全確定では無い つーか 殆ど証拠は無い ので
どうしても“伝説”と歴史の境目に有る。 邪馬台国よりはマシか。


http://www.vivonet.co.jp/rekisi/a10_england/norman.html
407年、ついにローマはブリタニアを放棄し大陸に引き上げた。
ローマが撤退すると、残されたケルト人が小国家を作るが、
デンマークや北ドイツにいたゲルマン人の一派アングロサクソン人の進入が相次いだ。

一時ブリトン人の伝説の王アーサーが侵略者を押し戻すが、
7世紀頃にはアングロサクソン人の7つの王国(七王国:ヘプターキー/Heptarchy)が
イングランドを支配した。
彼らの言葉が英語の基礎となった。

追われたブリトン人は、西部のウェールズや南西部の不毛地帯コーンウォールに移り住んだ。
また、海に逃れたブリトン人は、小ブリタニア(フランスのブルターニュ地方)に移り住んだ。
ブリテン島は、小ブリタニアと区別して大ブリテン(グレートブリテン)と呼ばれるようになった。


http://www.ne.jp/asahi/gwyns/garden/history-england1.htm
帝国末期に、辺境から皇帝の名乗り兵を上げる自称皇帝が何人も現れました。

キリスト教を容認したことで有名なコンスタンティヌス1世も、
ブリテン島中部のヨークで皇帝へ名乗りを上げています。

406年12月に
凍結したライン川を渡ってゲルマン諸族が大挙してガリア地域に押し寄せてきました。

混乱したガリア地域を制圧するため、
ブリトン人ローマ兵が、407年にコンスタンティヌス3世の名乗りを上げ
ブリテン島に残っていたローマ軍の正規兵を勝手に引き連れて大陸へ渡り 撃退はしました。
しかし その後に 正規兵がブリテン島へ戻る事は有りませんでした。

ここから、ブリテン島はローマの支配から離れてゆくことになります。

ローマ軍とは
・ローマ人(ローマ市民権を持つ者 此の時代の頃は 極めて多民族性が強くなっていた)
 で構成される正規兵
・非ローマ人(ローマ市民権を持たない者 此の場合に現地登用をしていた)
 で構成される非正規兵
の2種類が居て
・最前線で戦うのが正規兵
・補助的な任務に従事する非正規兵
という役割分担が為されていた。

非正規兵は現地登用をして「25年の満期除隊をするとローマ市民権が貰える」という形式により
共同体をローマ人と現地人が一緒に担う を構築していた。

けれども正規兵は こうして権力の道具に使われる事も多かった。

ホノリウス とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%9B%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9
ローマ帝国西帝。在位393‐423年。テオドシウス1世の次子。父帝の生前,すでに正帝に挙げられていたが,統治の実権は後見役のスティリコが握り,スティリコ処刑(408)後は,オリュンピウスや将軍コンスタンティウスらが実力者となった。その治世には,ゲルマン諸族のライン渡河(406‐407),西ゴートによるローマ市略奪(410)などゲルマンの災禍が深刻化し,簒奪帝の相次ぐ興亡,ブリタニアにおける実質的な支配権喪失など危機的状況が続いたが,ホノリウスは主体的行動力・気力を欠き,ラベンナの宮廷を離れることはほとんどなかった。

410年
皇帝ホノリウスはブリタニア属州の放棄を宣言し,ここにローマン・ブリテン時代は終わった。

結局に 正規兵を戻す どころか もうブリテン島は維持できない として放棄をしてしまう。
こうなると 元々にブリテン島への民族大移動を続けていた
 北部のピクト人、
 アイルランドのスコット人
 大陸からゲルマン系のアングル人、サクソン人
の連中を押し止める兵が居なくなる。

そうは言っても ブリテン人 だって 為すがままのはずが無い。
という訳で
 残された非正規兵な補助兵の者達が 奮戦を始めたのではないか?
 其の話の先に アーサー王の伝説 が生じた
という説を俺も考えている。


アーサー王 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E7%8E%8B
アーサーの歴史性を証明する、信頼できる初期の史料は非常に乏しい。

そのため現代の多くの歴史家がローマ影響下時代のブリテン島の歴史叙述でアーサーを除外している。
歴史家トーマス・チャールズ=エドワーズは、
「現段階では、アーサーという人物はいたかもしれない、としか言いようがない。
 歴史家としてアーサーを評価することは不可能である」
としている。

このような見方が最近の比較的一般的な見解である。


ギルダス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%B9
ギルダス(Gildas、494年または516年生-570年没)は6世紀、イングランドのケルト系キリスト教の高位僧。

年代など不確実な点も多いが、
史料の少ない七王国時代の同時代史としての情報を現在の我々に提供している。

ギルダスの『ブリトン人の没落』は、直接に歴史事項を書かれていたわけではないが、
歴史学者から非常に重要なものとしての位置づけをされている。

これは この時代の同時代人の近いブリトン人として書かれた、
5世紀、6世紀を記した現存する資料としては唯一のもの
 である。

通常この書物が書かれた時代は540年代の内とされていたが、
現在ではもっと早い時期のもの、すなわち6世紀初頭以前、の可能性もある事が分かっている。

この書に書かれた描写、国土が侵略者に荒らされ、腐敗、堕落した指導者の無法さ
といった描写は何世紀もの間学者たちの間で現実にあった事であるとして受け入れられてきた。

後世の人々はこの時代に蛮族がローマ人の築いた文明を侵略、破壊したと当然に思っていたし、
またこの時徹底的な破壊がイングランドにロマンス語が根付かなかった理由付けにもなった。

すなわちローマの支配を受けていたはずのイングランドが
ラテン語とは言語学的にそれほど近い関係でない英語を話すようになった理由の説明もできた。

しかしながらギルダスが このように描写した意図として
 旧約聖書の預言に即して同時代の出来事を書いており、
 決して後代の資料のために書いたものではなかった
事は留意しなければならない。

ギルダスはハドリアヌスの長城を記述しているが、非常に不正確な描写をしており、
また彼の伝えたい事とは関係ない詳細は記述されてはいない。

そのような短所は見受けられるが、
『ブリトン人の没落』は中世の資料としてだけではなく、
6世紀から現存しているブリテン島で書かれた数少ない資料として
イングランドの歴史としても重要なものである事には変わりない。

またギルダスは著述の中で、彼の生まれた年にバドン山の戦いが起こったと書いている。
カンブリア年代記には彼の死は570年とされている。
しかしティゲルナッハ年代記(Annales of Tigernach)には569年となっている。
厳格な一神教の下僕からすれば ローマとブリテンという多神教の関係 だけでも邪悪に見えるだろうし
その後の混乱の時代を考えれば 如何なる書き方をするのか? は
311以降の極東の一諸島の情報流通を知る者ならば 簡単に想像できると思う。


http://www.ne.jp/asahi/gwyns/garden/history-england1.htm
5世紀初め頃にローマ正規軍がいなくなった後のブリタニアは、
北部のピクト人、アイルランドのスコット人の侵攻に苦しんでいました。
その頃から、大陸からゲルマン系のアングル人、サクソン人がブリテン島に来始めたとされています。

 敵に対抗する為に 敵のサクソン人を傭兵を雇う ということもしましたが、
 これは大陸からサクソン人の侵入を許すきっかけにもなった

ともいわれます。

こうして 5世紀から6世紀にかけて、
大陸からアングル人、サクソン人を中心としたゲルマン系諸族がブリテン島へ渡り、
先住者のブリトン人と争いながら しかし定着をしていきます。

ローマン・ブリテン(ローマ文化を背景としたブリテン)は、
このような状況の中で徐々に失われていきました。

アーサー王伝説の最も古い原型は この頃のあると考えられています。
サクソン人の侵入と戦うブリトン人のローマ兵 という像です。



しかし、それを裏付ける資料は少なく、真偽のほどは定かではありません。

文字による記録がない混乱の時代が どうなっていたのかを知るのは難しく、
文字文献に頼る歴史学において この時代は、文化の灯火が消えた暗黒時代とされてきました。

つまり
5世紀ウェールズでの
 ザクセン人傭兵による、ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)
に ちなむ。
この話に繋がる背景が見えてくる。



http://aitech.ac.jp/~yoshiga/WALES/HISTORY.html
5世紀初頭、ローマがウェールズから撤退すると、
ヴァイキングが海岸地帯を襲撃し、サクソン人が東方より迫って来た。

このサクソン人に対し、
 ブリトン人の王アーサーがバドニクスの丘で大勝利を収め、
 サクソン人の来寇をくい止めた
という伝説が生まれた。

しかし実際のウェールズのブリトン人は
577年のディラムの戦いと616年のチェスターの戦いで敗れ、
同胞であるコンウォール地域のブリトン人や北イングランド地方の北ブリトン人との関係を絶たれてしまった。


http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-shibu/sub2.htm
ローマ軍が撤退したというニュースは直ぐに広がり、
早速に北方よりスコット族やピクトン族が攻め込んできた。

ブリトン人の首長達は
この侵略にたいして大陸のサクソン人やアングロ人の部隊を傭兵として雇い対抗した。

アングロ・サクソンの兵は強く、たちまちピクトン族を打ち破った。
しかし、今度はこのアングロ・サクソンの部族が戦争が終わっても引き上げようとしなかった。

それどころか、次々と大陸から渡ってきてブリトン人の土地を奪っていった。
そしてブリトン人とアングロ・サクソン人の間に激しい戦いが繰り広げられていった。

このような戦いの中で 各部族には英雄が生まれていった。
中でも有名なのが ブリトン側の英雄、アーサー王である。



彼にまつわる遺跡はウェールズやイングランド各地に点在する。
しかし、あまりに有名となりその名声が神話や神懸かり的な話となった為に
実在の人物ではなく伝説上の人物の如く誤解されている。

しかし最近の研究ではアーサー王、もしくは王に類した人は実在し、
その優れた軍事的才能sで数々の勝利を収め、
約半世紀に渡ってアングロ・サクソンの侵略を跳ね返していたと考えられている。

これらアーサー王等の英雄の頑張りも空しく、
アングロ・サクソン人は徐々にイングランドの平野部を征圧していき、
土着のブリトン人をウェールズのやコンワォール地方へ押し込めていった。

一部ブリトン人は海を渡り、今日のフランス・ブルターニュ地方へ逃げ延びていった。
この地方が現在も小ブリタニア( Little Britain )と呼ばれ、
イギリスの( Great Britain )と相対している。


こうして読む限り
 5世紀ウェールズでの
 ザクセン人傭兵による、ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)

とは アーサー王の伝説 もしくは 其れらに近いは何かの話 なのだろう
という推察は出来る。
 ブリテンを守ろうとする者達は敵をも味方にして戦うも その「味方にした敵」に裏切られる
という事が起きた背景が見えてくる。


http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/briship/page006.html

http://www.sonicteam.com/arthurpedia/ka/ka_32.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A_(%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9)

http://blog.goo.ne.jp/qwer0987/e/bce2398dfac910b438c8b28f74697fae


ただ アーサー王とナチスを結ぶ直接の線 となると 簡単に思いつくのは 聖杯伝説 くらいだが
それだと よっぽどにドーデモイイな話 となりそうだしなぁw



http://yaplog.jp/aimi1123/archive/169
長いナイフの夜 はアーサー王伝説について(本編じゃなくて)調べたら出てくると思います。
書きにくいんだもん。
簡単にいえば自分の頂点のために約束を破る話。

「長いナイフの夜〜アーサー王伝説前夜〜」
統合しても 三日坊主

血判押しても 拭いとれ

口は信用するな

表理由を振りかざし

合理に合えば 同志と契約

信用交渉承諾条約

特別に見下すため 握手を払いのける

ブーツに収められた約束

勝利への確信

「さあ、サクソンよナイフを抜け」

そういう話が有ったんだろう というのは見えてくる。
そんな風に調べていくと、これは 欧州における故事の表現の一つ なのかな、なんて気がしてきた。


http://wikipedia.qwika.com/en2ja/Night_of_the_Long_Knives_(original)
(元の) 長いナイフの夜
長いナイフの夜 名前はある Monmouth のGeoffrey に与えた(多分 外典) 虐殺の イギリス チーフテン ジュート、 角度 そして Saxon 傭兵 a 修道院 (または多分 Stonehenge) ソールズベリー平原 カリフォルニア。 460。

従来 図 Vortigern、 高いイギリス王に似合ったかだれがによって英本国の放棄の結果として ローマ帝国、 角度そしてSaxons をからの誘った ドイツ 解決するため ケント として侵略を離れて保護の方法 Picts そして Scots。 解決者、 但し、 数で育った、 そして論争が支払に起こった時、 彼ら自身をイギリスの村を空襲し、独立した確立し始めた 王国。

長いナイフの夜、 Monmouth のGeoffery に従って、 a で起こった 宴会 現代日 Wiltshire 表面上にシールa に整理した 平和条約、 の譲与があるようにかどれ Essex そして サセックス と交換 近親結婚 間 ケントのRowena、 Saxon のチーフテンの娘 Hengest、 そしてVortigern 。 言われる、 物語はおそらく宴会で着かれた角度及びジュートを含んでいる"Saxons" が- - 武装したことを主張する、 意外イギリス、 虐殺されたかだれが。 様々にVortigern 彼自身は逃亡者だけとして記述されている、 そして St. Abbas。

歴史的 これらのでき事か人の何れかの存在はある 推測的。 原文の証拠は弱く、で始まる 第7 世紀。
↑これ “「英語のwikipedia」の曖昧さの回避の項目”の和約だよね、
と思って 此処から追い掛けたら ようやくに出てきた。

 ↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Night_of_the_Long_Knives_(original)
Night of the Long Knives (Arthurian) - Wikipedia, the free encyclopedia

 ↓
Long Knives(アーサー王の)の夜−ウィキペディア、無料の百科事典
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9OaWdodF9vZl90aGVfTG9uZ19Lbml2ZXNfKG9yaWdpbmFsKQ==,qfor=0

Long KnivesのNightは、ジェフリーが5世紀にソールズベリー平原でアングロサクソンの傭兵によって現地の英国の族長の(おそらく出所の怪しい)裏切りの殺害に伝えた名前です。イベントはウェールズ語のブラッドy Cyllyll Hirion(「Long KnivesのTreachery」)として知られているようになって、サクソンの裏切りの突出した象徴になりました。


 ↓
ジェフリー・オブ・モンマス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%B9

ジェフリー・オブ・モンマス (Geoffrey of Monmouth , 
ウェールズ語表記:Gruffudd ap Arthur または Sieffre o Fynwy , 1100年頃 - 1155年頃)は、
イングランドの聖職者、中世イングランド史家。

アーサー王伝説の語り手の一人として知られる。
彼の作品の殆どは歴史を題材としたロマンチックなフィクションである。

ジェフリーは著作『ブリタニア列王史』の中で、ウェールズ地方モンマスシャー州のカーリアン(en)について度々言及しており、また自らをGalfridus Monumetensis(ジェフリー・オブ・モンマス)と名乗っていることから、モンマスと何らかの縁があった人物とみられている。しかし彼にウェールズ語の知識は殆どなく、彼がウェールズ人か、あるいはウェールズ在住のノルマン人の子孫という証拠は見つかっていない。また、ノルマン征服と共に来英し南ウェールズに定住したブリトン人の出身とする学説もある。
ジェフリーの作品は、全てラテン語で描かれた。

マーリンの預言
『マーリンの預言(英語版)』(Prophetiae Merlini)は、1135年以前に書き始めたとされる。この話に登場するマーリンは、ウェールズの伝説に登場する賢者ミルディンがモデルといわれる が、当時のジェフリーは伝説についてさほど知らなかったとみられている。ウェールズ語以外で始めて描かれた預言者マーリンの物語は、数世紀後に出たノストラダムスの大予言と同じように広く知られ、信じられてきた。


ブリタニア列王史
ジェフリーの最も知られた代表作は、『ブリタニア列王史』(Historia Regum Britanniae) である。彼はこの本について、「イギリスの全英雄について整然と記したブリテン語の古書」を翻訳したものだと主張しているが、今日その内容の殆どは、幾つかの神話や古書を基に、ジェフリー自身が創作した物語と考えられている。このことは既に12世紀のウィリアム・オブ・ニューバーグ(en)が、「(ジェフリーが)戦士ヴォーティガーンや彼以降の英雄たち、またアーサー王やその後継者について描いた物語は、一部は彼自身、一部は他の者(ジェフリーが参考とした本や神話)によって創作されたものである」と看破しているとおりである。

物語はトロイのブルータスによる最初の移住に始まり、紀元前5世紀頃のレイア王の物語、紀元前1世紀のクノベリヌス王の物語、ユリウス・カエサルのブリタンニア侵攻、5世紀後半のアーサー王の伝説、7世紀のグウィネズ王(英語版)・カドワラドルス(英語版)の死などが描かれてゆく。

一部で囁かれた偽書説に反して、『ブリタニア列王伝』の物語は、後世の歴史書に事実として頻繁に引用された。


マーリンの生涯
また、ヘクサメトロス形式で書かれた詩『マーリンの生涯』(Vita Merlini)には、よりウェールズの伝説に近い形でマーリンが登場する。この本の中でマーリンは、「森のマーリン」や「スコットランドのマーリン」と呼ばれ、見捨てられ、悲しみに打ちひしがれて狂った森の老人として描かれる。『マーリンの生涯』は一般には出回らず、この詩がジェフリーの作品であるという記述は13世紀の一書籍に見られるに過ぎないが、構成や内容などの特徴から、彼の作品であるとほぼ断定されている。


ミルディン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3
ミルディン(ミルディン・ウィルト, Myrddin Wyllt)は、中世ウェールズの伝説に登場する予言者とも狂人ともいわれる人物。あるいはラテン語風にメルリヌス・カレドニス(Merlinus Caledonensis )とも。
時期的に、ミルディンはアーサー王より後の時代に活躍した人物だが、
後世において、アーサー王伝説に登場するマーリンのモデルとして重要な人物とされる。

ミルディンは6世紀のブリテンに存在したらしい。
おそらく西暦540年ころに生まれ、
双子の姉妹、グェンディーズ(Gwendydd、あるいはGwenddydd)がいたと言われている。

573年のアルスレッドの虐殺を経験したミルディンは発狂し、
森を住みかとして動物たちと暮らすようになった。

彼はそこで予言の力を得たと言われている。

また、ミルディンは自分の死を予言していたと言う。
その死に方とは、「墜落死する」、「貫かれて死ぬ」、「溺れ死ぬ」というものであった。
この奇怪な予言は、最終的に成就することになる。

羊飼い達が崖でミルディンを駆り立てたところ、
ミルディンは転落し、漁師が放置していた杭に体を貫かれ、
そして頭が水中にある状態で命を落としたのである。

この予言は、いくつかのバリエーションが見られ、
他の魔法使いにも同種のエピソードが残っている。

ミルディンの墓はツイード川の周囲にあると考えられているが、その辺では何も見つかっていない。

モンマスの著作

近代において描かれるマーリン像は、ジェフリー・オブ・モンマスにより始まった。
モンマスの『マーリンの予言』(Prophetiae Merlini)は
ウェールズの人物であるミルディンの予言を集めたものであるが、
著作中ではこの予言者の名前はマーリンとされている。

モンマスは『マーリンの予言』を『ブリタニア列王史』に反映させている。
だが、『ブリタニア列王史』では、若干に設定が異なっており、
マーリンはミルディンが生きていたころより時期的に数十年ほど前、
ブリテンの王がアウレリウス・アンブロシウスやアーサー王だった頃の人間としている。

また、モンマスは
アンブロシウスに起源をもつ逸話と、
モンマス自身が創作したと思われるエピソードを追加している。

後々、モンマスはさらに『マーリンの生涯』を作成した。
この書物はミルディンについて初期のウェールズの伝承とアルスレッドの戦いを題材にしており、
これら事件はマーリンがアーサー王と関わりを持った以後の出来事だと説明している。

しかしながら、『マーリンの生涯』は
『ブリタニア列王史』におけるマーリン像を覆すほど知名度を得ることはなく、
『ブリタニア列王史』のマーリン像が後世に大きな影響を与えることになった。


アンブロシウス・アウレリアヌス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%82%B9
アンブロシウス・アウレリアヌス
(Ambrosius Aurelianus、ウェールズ語:エムリス・ウセディグ, Emrys Wledig)
は5世紀ごろアングロ・サクソン人と戦ったブリトン人の指導者。
『ブリタニア列王伝』などの文献に登場する。
また、ペンドラゴンとも呼ばれる。

学者の中には、
アンブロシウス・アウレリアヌスはベイドン山の戦いでも軍を率いて戦ったと考える者がいる。
アーサー王のモデルとなった人物ではないかと考える者もいる。

9世紀初めに書かれた『ブリトン人の歴史』では英雄とされている。

ギルダスは著書、『ブリトン人の没落』では殆ど個人名を表記しないのだが、
アンブロシウス・アウレリアヌスは例外的に名前が表記されている。

特に、5世紀の人物についてはアンブロシウス・アウレリアヌスのみが名前が記載されているのである。
サクソン人の攻撃を生きのびた人々はアンブロシウスの指揮下に集まったと推測されている。

彼の両親は皇族だったと思われており、以下のような記述がある。
(アンブロシウスは)この凄まじい嵐を生きのびた、
おそらくは唯一のローマ人である。
彼の両親は紫色を着用していたが、それによって殺されてしまった。
彼の子孫は、現代においては祖先(avita)より偉大さにおいて かなり劣るようになってしまった。

このギルダスの記述により、
アンブロシウスの祖先はローマ貴族であり、おそらくはローマ帝国の領土の どこからかやってきた、
というより現地でローマ化したブリトン人であったと考えられる
が、それを証明できる史料はない。

また、ギルダスが
 戦争において「神の助けで」勝利したと記述している
事から 、アンブロシウスはキリスト教徒であったとも考えられている。

また、戦争に関して言えば、
 生き残った人民から武装した軍隊を組織し、
 初めて侵入者であるサクソン人から勝利を奪った、
 しかし、この勝利は決定的なものではなかった。
史書には、「あるときはサクソン人が、あるときは市民(ブリトンの住民)が勝利した」とある。

上記の記述は、多くの学者にとって議論の対象になった。
第1に、ギルダスがアンブロシウスの家族について、
「紫色の衣服を着用していた」と記述した点である。
可能性は低いが、
テオドシウス家(テオドシウス1世などが所属)、
あるいはコンスタンティヌス3世(en:Constantine III (western emperor))の親戚・血縁だった
と考えられなくもない。

古代ローマ貴族は身分を証明するため、紫の帯とともに服を着ていたからである。
そのため紫への言及が、貴族階級出身の根拠となるのかもしれないのである。

また、ローマ軍団の上官である司令官(トリブヌス・ミリトゥム)も紫色の帯を着用していた。
そのため、アンブロシウスの家族について紫が記述されているのは、
軍についてを表している可能性もある。

さらに、「紫」は「血」を表す婉曲表現であることが示唆されており、
「紫色を着用していた」は苦難にあったことを表現していると解することも可能である。

第2の論点は、「祖先」(avita)という語の意味である。
「avita」は通常の場合は「祖先」を意味するが、
ギルダスは特に「祖父」を意味する言葉として使う傾向がある。
そうだとすれば、アンブロシウスは世代的にベイドン山の戦い以前の人間と言うことになってしまう。
この期間の情報が不足している事から、正確な解答は得られていない。

『ブリトン人の歴史』では、アンブロシウスの伝説について断片的な記述がある。
そのうち、もっとも象徴的なものは
第40章から42章で語られる「アンブロシウスの要塞」であり、
アンブロシウスの他、ヴォーティガーンや2匹の竜が登場する。

この伝説は、
ジェフリー・オブ・モンマスによる創作を加えた形で『ブリタニア列王史』においても収録されている。
こちらでは、アンブロシウスはウェールズで知られていたマーリンの伝説と混同されており、
土着のブリトン人が侵入者であるサクソン人・ノルマン人に勝利を治めることを予言させている。

そこで、モンマスは「アンブロシウス」の名前をコンスタンティヌス3世の息子にも与えている。
そのアンブロシウスには、
兄弟にコンスタンティン2世と、ウーゼル・ペンドラゴンがいる
という設定になっている。


ブリトン人の歴史 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
『ブリトン人の歴史』(ブリトンじんのれきし、ラテン語: Historia Brittonum)とは、
英国アングロサクソン朝の七王国時代に編纂された、
先住民のケルト系ブリトン人が国を支配していた時代についての歴史書。
原書は828年後まもなく成立。伝ネンニウスの著。
アーサー王伝説に関する最古級の資料として珍重される。

従来出版されてきた編書・訳書では伝ネンニウス作としてきたが、
これに関しては疑問符が持たれており、
近年では作者不明の著書として扱う傾向が顕著になっている
(#作者と年代の特定の節は後述する)。

原作の手稿は、11世紀以降、40点ほどの写本に現存する。

この作品はまた、アーサー王に関する具体的な内容を求められる最古の資料としても重要視され、
アーサー王が戦ったという十二の会戦を記録する
(うち二つの会戦は『カンブリア年代記』で年代が特定される)。

『ブリトン人の歴史』の作中では、
伝説のアーサーは一介の「軍の指揮官」 (dux bellorum) または「戦士」(militis) にすぎず、
「王」とされてはいない。

アーサー「王」伝説

『ブリトン人の歴史』では、
アーサーは王とされず、軍事指揮官であり、身分もそう高くはない
と説明されている。

編者モムゼンの分類では、アーサー本人に関する記述は、たった一章(§56章)のみである。
だが広義的にみれば、
作中に登場する「マーリン・アンブロジウス」(§42章)(もっとも「マーリン」の名は使われないが)や
もちろん、ヴォーティガン王(§31-49章)も、立派なアーサー王伝説の重要人物らである。

アーサー王の戦い
56章にアーサー王が関わったとされる12の戦いを並び立てた詩の要訳と思われるものがあるが、
いくつかはアーサー王との関連性が はっきりとしない ものもある。

アーサーが、ブリテン島の諸王と総力をあげたなかにくわわり、
サクソン人と戦ったのもこの頃である。

より高貴な者も幾多あるなか、アーサーが12回において軍事総統(dux bellorum) に選ばれ、
同じ回数において勝者となった。

最初におもむいた会戦はグレイン(Glein)川河口にて。

第2、第3、第4、第5の会戦は、これとは別の川、リンヌイス(小国)(Linnuis)にある、
ブリトン人の呼び名でドゥブグラス(Dubglas)という川のそばだった。

第6はバッサス(Bassas)川。第7はケリドン(Celidon)の森でおきた、
ブリトン人が「カト・コイト・ケリドン(Cat Coit Celidon)」と呼ぶ会戦だった。

第8はグルニオン(castello Gunnion; Gurnion castle)城ちかくだったが、
ここでアーサーは自らの肩に聖処女、神母の御神像を掲げ、
イエス・キリストと聖マリアの御力を通じてサクソン人たちを敗退せしめ、
彼奴等をまる一日追討し大殺戮をおこなった。
近代の解説者は、アーサーの盾にマリア像が掲げられていたという意味であるはずを、
ウェールズ語では「肩」と「盾」の単語が近似するため取り違えのだ、と考察している。


第9はカイル・レオン(Cair Leon)と呼ばれる「レギオンの都市」。

第10はトリブルイト(Triburuit)川。

11回目は我々がカト・ブレギオン(Cat Bregion)と呼ぶ会戦で、
ブレグオイン山(Breguoin; 異本ではアグネト山 Agnet)で行われた。

12回目は最も激戦で、アーサーがベイドン山中まで突破したであった。
この会戦では940人が、神以外の何者も手を借りず、彼のひとりの手で斃された。

ブリトン人は、これらすべての会戦で勝利した。
全能の神の思召しに抗がう力などないゆえに。

− 56章

ここに書かれる戦場は、ほとんど場所の特定ができていない。
コイト・ケリドン(英語版)は、スコットランド南部をかつて覆った広大森を指すとされる。
グルニオンとはウィンチェスターの事ではないかとしばしば指摘される。
「地域(レギオン)の都市」が指すところとしては
現イングランド北部のチェスターないしウェールズ南部のカーレオン(Caerleon)だと思われている。
ブレグオインとは英語に直すと「白き丘」、
すなわちダービーシャーのホワイト・ピーク(White Peak)の可能性が挙げられている。
バドン山についてはイギリス国内でいくらでも候補が挙がっている。


ブリタニア列王史 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%88%97%E7%8E%8B%E5%8F%B2
此の史書は 歴史書としての独立した価値が無い。
1136年頃にジェフリー・オブ・モンマスが
ラテン語で書いたブリテン(グレートブリテン島)に関する偽史書とされている。
その時代の歴史で補強することも可能だが、ジェフリーの記録は甚だ不正確である。
しかし、中世文学としての価値はある。
レイア(リア王)と3人の娘たちの話のわかっている限りで最古のヴァージョンがこれに含まれ、
また、非ウェールズ語圏にアーサー王伝説を紹介した。


コンティアヌス2世(コンスタンティヌス3世)(Constantine III) - 実在の西ローマ帝国皇帝(統治:407年 - 411年)。
・コンスタンス(Constans II) - 実在の西ローマ帝国簒奪者(在位:407年 - 411年)。
・ウォルティギルヌス(ヴォーティガン)(Vortigern) - ローマが去り、ブリテン人の王が権力を取り戻す。ヘンギストゥス(ヘンジスト、Hengest)とホルサ(ホーサ、Horsa)に率いられたサクソン人を傭兵として招くが、サクソン人たちはウォルティギルヌスに対して蜂起する。以後、ブリテン人とサクセン人との戦いは続く。
・ウォルティメル(Vortimer)
・ウォルティギルヌス(復位)
・アウレリウス・アンブロシウス(アンブロシウス・アウレリアヌス) - ウォルティギルヌスの子。
・ウーテル・ペンドラゴン - その弟。魔術師メルリヌス(マーリン)が補佐。
・アルトゥールス(アーサー) - ウーテルの子。サクソン人を破る。アルトゥールスは北ヨーロッパの大部分を征服し、平和の時が訪れる。ローマ皇帝ルキウス・ティベリウス(Lucius Tiberius。架空の人物)がブリテンに対してローマに貢ぎ物をするよう要求する。アルトゥールスはルキウスをガリアで破るが、甥のモードレドゥス(モルドレッド)がアルトゥールスの不在中に王位を簒奪する。アルトゥールスは帰国し、モードレドゥスを殺害。しかし自分も傷つきアヴァロンの島に運ばれる。

義経伝説を追っかけてる気分になってきたw

アーサー王伝説(物語編)(1/5)
http://www3.ocn.ne.jp/~kenro/history/arthur_story/1.html
物語のあらすじは大まかには こんな感じ。
他にも色々と読んでみたが、かなりエグいよね。
勝ったもん勝ち 勝てば官軍 みたいな意味合いの話が多い。
俺達な感覚の 英雄とか勇者とか という観点からすると違和感を覚えやすい。

なぜならアーサー王の伝説 とは
 その元が 多神教で文明人のローマ社会とブリテン人 に依るモノだとしても
 伝承と編纂が 一神教で野蛮人 や 一神教で文明人 によって伝えられてきた
という観点を欧米人が当然に感覚的な理解を出来ないまま に 今へ伝えているからである。

これでは 極東の一諸島の大多数の者達の美意識 すなわち 多神教で文明人 からすれば
かなり違和感を覚えるモノとなる。 


http://www3.ocn.ne.jp/~kenro/history/arthur_story/5.html
遠征中に摂政として残してきた甥のモルドレッド
(実は近親相姦で生まれたアーサー王の息子でもあった)が王位を奪い、
グウィネヴィアを妻にしようとしているとの知らせが入る。

アーサーは強行軍で引き返し、
ソールズベリ平原で、異教徒であるサクソン人と手を組んだモルドレッドに戦いを挑む。
この凄惨な戦いの末、酒倉長リュカンとグリフレット(ジルフレ)を除く全員が死んだ。

そして、モルドレッドはアーサーに致命傷を負わせ、アーサーはモルドレッドを殺す。
『ランスロ=聖杯物語群』作者不明、13世紀)

此の話は 何か別の事象を象徴する話に思える。
5世紀ウェールズでのザクセン人傭兵による、
 ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)
に ちなむ。

ローマ軍という正規兵 と ブリテン人という補助兵 という共同戦線で防衛を担ってきた が
ローマの力の低下に伴う権力闘争で ブリテン人だけで防衛を担わざるを得なくなる。

多民族の共同体なローマとしてのブリテン島での歴史は この時点で数百年に及んでいた、
つまり防衛を担う軍が多民族で構成される が 自然で普通な感覚となっていたとしても不思議ではない。

だからこそ 敵でも有るサクソン人で有ろうとも自軍に使う も普通な感覚だったのだろう。
多神教で文明人 という感覚を持つ者達ならば「将棋の感覚」になるからね。
そういう感覚からすると「アーサー王 と 円卓の騎士達」というのは
現在の欧米の感覚とは全く別の視点で見えてくるモノが有る なんて思ったりもするんだよね。
武田信玄の統治 徳川幕府の統治 にも似た印象を受ける。

しかし 相手は 多神教で野蛮人 もしくは 一神教で野蛮人 である。
力が均衡 もしくは 相手の方が力が上回っている場合、どうなるか?

こんな事を考える。
「多神教で文明人」からすれば「将棋の感覚」なんだけど
「多神教で野蛮人」もしくは「一神教で野蛮人」は「チェスの感覚」なんだよね。

しかも「多神教で文明人」は
「裏切り」や「一線を越える悪逆非道を用いる」をしても勝つという選択肢を使う事が出来ない。

だけど「多神教で野蛮人」もしくは「一神教で野蛮人」は
「裏切り」や「一線を越える悪逆非道を用いる」をしても勝つという選択肢を使う事が出来る。
むしろ それが当たり前 と考える。


・5世紀ウェールズでのザクセン人傭兵による、
  ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)
 に ちなむ。

・遠征中に摂政として残してきた甥のモルドレッド
 (実は近親相姦で生まれたアーサー王の息子でもあった)が王位を奪い、
 グウィネヴィアを妻にしようとしているとの知らせが入る。

 アーサーは強行軍で引き返し、
 ソールズベリ平原で、異教徒であるサクソン人と手を組んだモルドレッドに戦いを挑む。
 この凄惨な戦いの末、酒倉長リュカンとグリフレット(ジルフレ)を除く全員が死んだ。

 そして、モルドレッドはアーサーに致命傷を負わせ、アーサーはモルドレッドを殺す。
 『ランスロ=聖杯物語群』作者不明、13世紀)

つまり そういう事なのだろう。


Category:アーサー王伝説に関する文学作品など - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E7%8E%8B%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%87%E5%AD%A6%E4%BD%9C%E5%93%81%E3%81%AA%E3%81%A9
此処に 長いナイフの夜 は無い。

http://en.wikipedia.org/wiki/Night_of_the_Long_Knives_(original)
Night of the Long Knives (Arthurian) - Wikipedia, the free encyclopedia

 ↓
Long Knives(アーサー王の)の夜−ウィキペディア、無料の百科事典
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9OaWdodF9vZl90aGVfTG9uZ19Lbml2ZXNfKG9yaWdpbmFsKQ==,qfor=0


伝統に従って、ボルティゲルン(その人は英国からのローマの撤回に続く英国人の高位の帝王になりました)はHengistとHorsaの下のアングロサクソン人がThanet島に住みつくのを許します。彼は、ピクト人とスコットランド人による侵略に対する傭兵として、彼らのサービスと引きかえに彼らにさらなる準備を提供します。しかし、彼らが彼らの数を増やすのを許して、彼らにより多くの土地を下付することに、移民はボルティゲルンを操ります。そして、結局ケント全員を含みます。


http://www.asahi-net.or.jp/~aw2t-itu/enghist/enghistbckgrnd.html
449年にアウグストゥスより数えて46代目の皇帝マルキアヌスがワレンティニアヌスと共に7年間[ローマを]統治した。
その時、アングル人とサクソン人の種族がヴォルティゲルンの招きを受け、
三隻の軍船でブリテンにやって来た。

そして彼[ヴォルティゲルン]の命により、
その島の東側に居住するよう場所を与えられた。
見かけは、この島国のために戦ってくれることだったが、彼らの真意はこの国を征服することだった。
はじめは、北からやって来た敵を攻撃し、サクソン人が勝利を得た。

そのことと、この島の土地の豊かさ、またブリトン人のだらしなさが故国に報じられると、
もっと強い兵士を乗せた もっと大きな船がやって来て、
現地で既にいる分隊と一緒になることで、無敵の軍隊を作り上げた。

新参者たちはブリトン人から彼らの間に土地をもらい、彼らの敵のため、
祖国のために敵と戦うことが条件であった。
その条件のために、土地の人たちから、報酬を受けることとなっていた。

彼らはゲルマン民族の三つの強大な部族からの者たちだった。
すなわちサクソン族、アングル族、そしてジュート族である。
ケントの人々とワイト島の住民はジュート族の出である。

現在オールド・ザクセンと呼ばれている地域からは東サクソン、南サクソン、そして西サクソンの民が来た。
ジュート人の王国とサクソン人の王国の間にあった土地、
すなわちアングル人の土地からは、
東アングル、中部アングル、マーシア、そしてハンバー川の北側の土地である
ノーザンブリアの国の人々がやって来た。
彼らの故郷のAngulus と呼ばれる土地は、以後今日まで、不毛の土地となっている。

それはVortimer(ボルティゲルン王の息子)の終わりの後に起こりました、そして、彼の軍隊によるHengistの復活の後、彼らは間違った会議を要求しました、そのため、彼らは彼の軍とともにボルティゲルンに悲しみを働かせるかもしれません。賛成に、平和(永久の友好が彼らの間にあるかもしれません)を求めるために、彼らは使節を行かせました。それで、彼自身彼の身内で生まれつきの年上と一緒のボルティゲルン‖[問題を思って、そして、彼らが何をするかもしれないかについて、慎重に思いました。Andは、同じことです]、意見は彼ら全員とありました‖彼らが和解しなければならない、そして、彼らの使節が戻って、その後会議を招集したどちらの側ででも英国人とサクソン人(Brittones et Saxones)が武器なしで一体となって一緒に来なければならないように、友好が封をされなければならないように。

そして、各自が彼の靴の中央で彼の足の下に彼のナイフ(artavum)を隠さなければならないと、Hengistusは彼の家庭の全体に命令しました。『私があなたに大声をあげて、「Eu nimet saxas」を言うとき、そして、(ねえ、あなたの剣を引いてください!)、それから、あなたの靴の底からあなたのナイフ(cultellos)を得て、彼らに襲いかかって、強く彼らを背景にして立っていてください。そして、彼らの王を殺さないでください、しかし、彼が我々の手から受け戻されなければならないことが我々によりよいので、私が結婚で彼に与えた娘のために彼を押収してください。』、彼らが一緒に会議に持ってきたAnd(そして、サクソン人)は親しみやすい方法で話してwolvish方向で一方考えていました、そして、社交的に、彼らは人(すなわち英国人のそばのサクソン人)のそばに人を座らせました。Hengistus(そのことを彼は言いました)は、意見を述べました、

そして、ボルティゲルン王のすべての300人の年上は、虐殺されました、
そして、彼だけは収監されて、鎖でつながれました、
そして、彼は魂(すなわち生命)の身代金のために、彼らに多くの地方を与えました、
それはEst Saxumです、Sut saxum[Middelseaxanは、
彼らがどれに名をつけたかについて、他の地区で彼のものの下で制御します。]

事件は現代のウィルトシャーで晩餐会で行われました。そして、平和条約に調印するために表面上準備されました。そして、それはエセックスの譲渡とローウィーナ、サクソンの族長ヘンゲストの娘とボルティゲルン間の近親結婚と引きかえのサセックスである場合がありました。物語は、それを主張します「サクソン人」 − どちらが、アングレスとJutesを多分含むでしょうか − 彼らの身体に彼らの長いナイフ(seaxes)を隠して、用意を整えた晩餐会に到達しました。豪華な食事の間、命令の伝えられた語で、彼らはナイフを引いて、彼らの隣に座っている武器を持たない英国人を殺しました。ボルティゲルン自身は助かりました、しかし、彼のすべての部下はグロスターの屠殺された(Eldol以外は)アールでした。そして、その人は逃げました。これらのイベントまたは人のどれの歴史の存在でも、推測的です。しかし、火のない所に煙は立たぬ、そして、古代の吟遊詩人の歌(それは話の歴史と話しを記録するために決意されました)はこの地獄のイベントの正確さのすべて証言します。


Modern significance  現代の重要性

ブラッドy Cyllyll Hirionとして、イベントはウェールズの国家意識で強力な象徴性を持って、まだ持ちます。19世紀のウェールズでは、ウェールズで教育に関して英国のコミッショナーの報告を参照するために、学期ブラッドy Llyfrau Gleision(『青書のTreachery』)は造り出されました。そして、1847年に議会青いカバーで発表されました。そして、それはウェールズ語への攻撃とウェールズの人々に対する中傷と広くみなされました。レポートの影響の1つは、数世代のためのウェールズの学校とウェルシュspeakers.の数のそれに伴う減少からのウェールズ語の除外です


Long KnivesのNightがナチスドイツで激しい政治的な追放のために使われて後であった名前、ヒトラーはいつの力を無効にしました社1934で。英国のハロルド・マクミラン首相が「策略をめぐらす時」で彼の内閣の7人のメンバーを解雇したとき、それも軽薄に使われました。それは、カブール(アフガニスタン)で1841年11月にアレキサンダー・バーンズの暗殺に言及するのにも用いられました。


カナダでは、語が1981年にカナダの憲法の本国送還に関して、ケベック初日レネ・レベスクによって使われました。(その時間前に、カナダに対する最終的な憲法上の権限はイギリスにありました)。まず最初に、10の地方の初日の8つは、憲法を本国へ送ることに反対でした。妥協はレベスクの不在で打ち込まれました、そして、10(異議を唱えているケベックだけ)の9つはそれに同意しました。


「長いナイフの夜」 とは 「Night of the Long Knives (Arthurian) 」という意味でも有る。
その概要が ようやく分かったね、
そして こっちに戻る。


突撃隊 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%81%E6%92%83%E9%9A%8A
国家社会主義ドイツ労働者党の準軍事組織。
制服の色から「褐色シャツ隊」とも呼ばれた。

突撃隊はナチス党集会の会場警備隊が改組されて創設された。
初期の頃はエルンスト・レームの斡旋により
義勇軍から流れてきた者を多く受け入れたため、
党から独立的な準軍事組織であった。

ナチスの政権掌握直後の1933年には補助警察となり、政敵の弾圧にあたった。
しかし突撃隊は下層民も多い大衆組織であったため、社会主義的な思想を持つ隊員が多く、
国防軍などの保守勢力との連携を深めるアドルフ・ヒトラーにとって厄介な存在となっていった。

1934年6月末から7月初旬にかけて親衛隊(SS)が
レームをはじめとする突撃隊幹部を粛清した、
これが「長いナイフの夜」と呼ばれる。

レーム時代

ヒトラーやレームは党勢拡大のために入隊希望者を無制限に受け入れ、
彼らに食事や宿舎の提供を行った為に
世界恐慌の影響で巷にあふれかえる失業者がナチスや突撃隊に続々と参加した。
こうした者は反資本主義的で革命的な政治的急進派が多く
その革命志向な隊員達は「制服は褐色だが中身は赤い」としてステーキに例えられていた。

国軍との対立

突撃隊は国軍とも対立を深めていた。
軍と突撃隊は1933年5月に協定を結び、突撃隊と親衛隊と鉄兜団は国防省の管轄に入ることになっていた。
国軍からのスタッフの手も借りて
フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガー突撃隊大将の下に突撃隊員の訓練が行われ、
国軍へ送りだしていた。

しかし やがてレームは東部国境守備隊の指揮権を要求し、
またその武器庫を管理下に置こうとしたため、国軍と対立を深めた。

もともとレームには
貴族階級が中心の国軍 に替わって
突撃隊を国民軍として正規軍にする という構想があった。

突撃隊は1934年春には300万人以上の人員を擁するようになっていた。
うち武装兵士が50万人いた。

ヴェルサイユ条約で陸軍兵力10万人に限定されていた国軍にとって脅威となる存在であった。
一方ヒトラーは政権の維持のためには国軍の支持が不可欠と認識しており、
再軍備は国軍を持って行うと決め、レームの国民軍構想を却下していた。

ヒトラーは1934年1月2日にレームに対して友情とこれまでの功績への感謝を強調した私信を送った。
その中で安全保障は国軍に任せるべきであることを婉曲に指摘した。

しかしこの手紙の真意を理解しなかったレームは2月初めに
ヴェルナー・フォン・ブロンベルク国防相に対して国家安全保障は突撃隊の任務とする書簡を送った。

この書簡を見たブロンベルクは
「レームは全ての国防組織を突撃隊の傘下にして国軍をただの訓練機関にしようとしている」
と結論し、ヒトラーに処置を要求した。

2月末にヒトラーの仲介で国防省においてブロンベルクとレームが協定を結んだ。
国軍が唯一の武装兵力であり、
突撃隊はその補助のため国境地帯の警備や予備訓練を担当することが取りきめられた。
しかしレームの反発は大きかった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C
突撃隊(SA)はナチス党の私兵部隊であり、
ヴァイマル共和政時代には共産党の私兵部隊「赤色戦線戦士同盟」などを攻撃していた。

ヴェルサイユ条約で兵器保有制限を課されていたドイツ正規軍「国軍(Reichswehr)」からも
予備の右翼政党の武装組織 として期待され、武器などの供給を受け、かなりの武力を保持していた。

ナチスの党勢拡大とともに突撃隊も巨大化していき、
ナチス党が政権を掌握した1933年には突撃隊は総員400万人を有していた。
うち武装兵士が50万人いた。
これは正規軍の5倍にも及ぶ数であった
(ヴェルサイユ条約によりドイツ正規軍は10万人に限定されていた)。

1931年以来、突撃隊(SA)を指導していたのは突撃隊幕僚長エルンスト・レームであった。
レーム以下突撃隊員の多くがナチスの政権掌握後、突撃隊を新たな正規軍とする事を望み、
それに関する独自の構想も持っていた。

レームはヒトラー内閣で自らが国防大臣として入閣できる
と信じていたが、期待に反して当初彼は閣僚には加えられなかった。

ヒトラーへの失望が大きかったレームは、
公然と「第二革命」を唱えてヒトラーや軍部を攻撃するようになった。
レームの政敵であるヘルマン・ゲーリング指揮下のゲシュタポは、
レームを徹底的に監視し、その反ヒトラー的言動を逐一ヒトラーに報告した。

ヒトラーは長年の同志であるレームを粛清することは避けたいと考え、当初はレームの懐柔を狙った。
1933年12月1日に無任所大臣として閣僚に加えたり、勲章を与えるなどしていた。
しかしレームと突撃隊の独自路線を抑制するには至らなかった。

1934年代になるとレームのヒトラーへの攻撃的姿勢は更にあからさまになった。
部下の突撃隊員達も各地で「第二革命」を叫び、
プロイセン的な価値観やユダヤ教・キリスト教などのドイツの伝統的宗教を盛んに攻撃し、
軍部などの保守層と敵対した。

元々に彼らは街中で暴行をふるっていたのでドイツ国民の評判も良くは無かった。
この部分↓は 長いナイフの夜 - Wikipedia では曖昧な説明となっている。
その他にも 何故か詳しい話 何故か詳しく無い話 が不思議に選別されている。

突撃隊問題に曖昧な態度をとるヒトラーに粛清を決意させるため、
ヒムラー、ハイドリヒ、ゲーリングらは突撃隊の「武装蜂起計画」をでっち上げることとした。

1934年4月下旬から5月末にかけてハイドリヒは
レームと突撃隊の「武装蜂起」の証拠の収集・偽造を行った。

そして1934年6月はじめ頃から それらがバラ撒かれて、突撃隊「武装蜂起」の噂が流れた。

レームを中心とした突撃隊一派がヒトラーや軍部に対して反乱を企てているというデマが流れた。
事態を重く受け止めたパウル・フォン・ヒンデンブルク大統領は
「ヒトラーが処置を下さない場合には大統領権限で戒厳令を布告して軍に処置を下させる」
とヒトラーに通告した。

首相権限の形骸化を恐れたヒトラーがついに粛清を決意したものとみられる。
しかしレーム自身には反乱の意志はなかったとされ、
プロイセン州首相ヘルマン・ゲーリング、
親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラー、
親衛隊諜報部(SD)長官ラインハルト・ハイドリヒ
の三名がレームの反乱計画を捏造したのが真相であるとされる。

6月25日までにはヒトラーはブロンベルクにレーム以下突撃隊幹部を粛清する旨を伝え、
国軍もその準備に入った。

6月30日に会議を行うとして突撃隊幹部をバイエルン州バート・ヴィースゼー(de)に召集、
同日にヒトラーはバート・ヴィースゼーに赴いて粛清の陣頭指揮を執った。

ベルリンでもゲーリング、ヒムラー、ハイドリヒらの指揮によって粛清が執行された。
レーム、ハイネス、シュナイトフーバー、エルンスト、フォン・デッテンなどの突撃隊幹部が粛清された。
これが長いナイフの夜と呼ばれる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0
6月28日にヒトラーは
 リューマチ療養でバイエルン州バート・ヴィースゼー(de)にいたレームと連絡を取り、
 そちらで6月30日に会議を行いたいので突撃隊幹部を集めて置くように

と指示した。
突撃隊幹部は疑うこともなく召集に応じた。

6月30日午前6時30分頃にヒトラーは、
レーム達が就寝中の
バイエルン州バート・ヴィースゼーにある突撃隊保養クラブ「ハンゼルバウアー」へ押し入った。

ヒトラーはレームに拳銃を突きつけ、「エルンスト、きみを逮捕する」と述べた。
この時ヒトラーは親しみをこめた「きみ(Du)」の二人称を使っている。
レームは反逆を否定したが、ヒトラーは服を着るよう命じてすぐに部屋を出ていった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C
レームの部屋に押し入った。
ヒトラーはビックリして飛び起きたレームに拳銃を突きつけて「裏切り者」と言い放った。
レームは即座に否定したが、
ヒトラーは「逮捕するから着替えろ」と命じて後を部下に任せて部屋から出ていった。

6月30日が終わっても
突撃隊幕僚長レームはいまだミュンヘンのシュターデルハイム刑務所に投獄されたまま生かされていた。
アドルフ・ヒトラーが唯一お互いに「お前(Du)」と呼びあう仲の同志であるレームの処刑には
最後まで躊躇をしていた。
しかし7月1日正午前にはヒトラーもゲーリングとヒムラーの説得に折れ、ついにレームの処刑を決意した。
ダッハウ強制収容所所長テオドール・アイケに連絡し、
レームに一度自決の機会を与えたうえで処刑するようにと命じた。


「長いナイフの夜」と呼ばれる粛清によって
200人以上の突撃隊幹部が殺された。

其のドサクサに紛れて ナチ党の政敵 や 党内の反ヒトラー分子 らも捕えられて
法的手続きを経ることなく処刑されている。


粛清された人物にはミュンヘン一揆を鎮圧した騎士グスタフ・フォン・カール元バイエルン州総督やナチス左派の元指導者グレゴール・シュトラッサー、陸軍中将クルト・フォン・シュライヒャー元首相などがいる。

これによって親衛隊の超法規的措置の前例が生まれ、
また国防軍はナチスに対して完全な協力を約束することになった

結局に話は 此処へ行きつく。

そういう連中、 もっとハッキリ言えば「一神教で野蛮人」な連中は
“自分達の聖戦の為にならば 裁判なしの死刑でも合法でウツクシイ”
という 美意識や価値観や生き方をしている のは 昔も今も東でも西でも変わらない性癖である。

「一神教で文明人」や「多神教で野蛮人」も
“自分達の聖戦の為にならば 裁判なしの死刑でも合法でウツクシイ な場合も有る”
という 美意識や価値観や生き方をしている のは 昔も今も東でも西でも変わらない性癖である。

「多神教で文明人」だけが
“自分達の聖戦の為であろうとも 裁判なしの死刑でも合法でウツクシイ とは思えない”
という 美意識や価値観や生き方をしている のは 昔も今も東でも西でも変わらない性癖である。

「欧米史観」や「ニホンジンのコッカのニホンの歴史(笑)」には
こういう区分けで人類史を見分けていく方向性の手法が殆ど使われない。

俺からすれば
 こういう区分けで歴史を眺めてこなかった「知識人」は
 何を根拠にして自分達の自尊心を維持しているんだろうね
としか思えなくなるんだよね。




男色、乱暴、酒乱など評判の悪かった突撃隊幹部の粛清に市民の反応は冷静で、
ニュースは おおむね好感をもって伝えられた。
情報工作とは何か? を知っている者達からすれば
この文章そのものすら 嘘デマ扇動 と分かるよね。

長いナイフの夜で粛清を受けたのは上層部が中心だったが、
事件は若い下級隊員たちを震え上がらせるのに十分な効果があった。

事件後、大きな反発もなく突撃隊の力は削ぎ落とされていった。
ヒトラーの指示によりルッツェは
ベルリン親衛隊指導者クルト・ダリューゲ親衛隊中将へ
ドイツ東部の突撃隊の解体と再編を依頼することになった。
ダリューゲによって突撃隊最高指導部(OSAF)の主要な政治部門は全て解体され、
またその財産を提出させられた。


戦後のニュルンベルク裁判において突撃隊は起訴された6組織の一つとなった
(他にヒトラー内閣、ナチ党指導部、参謀本部、親衛隊、ゲシュタポ)。

この裁判で親衛隊とゲシュタポとナチ党指導部は「犯罪組織」と判決されたが、
しかし突撃隊は
「特殊な場合に置いて突撃隊の若干部隊は戦争犯罪や人道に対する罪の遂行に使用されたが、
 その成員が一般に犯罪行為に参加していたとかまたは知っていたということはできない」
とされて有罪判決を受けなかった。





・5世紀ウェールズでのザクセン人傭兵による、
  ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)
 に ちなむ。


・遠征中に摂政として残してきた甥のモルドレッド
 (実は近親相姦で生まれたアーサー王の息子でもあった)が王位を奪い、
 グウィネヴィアを妻にしようとしているとの知らせが入る。

 アーサーは強行軍で引き返し、
 ソールズベリ平原で、異教徒であるサクソン人と手を組んだモルドレッドに戦いを挑む。
 この凄惨な戦いの末、酒倉長リュカンとグリフレット(ジルフレ)を除く全員が死んだ。

 そして、モルドレッドはアーサーに致命傷を負わせ、アーサーはモルドレッドを殺す。
 『ランスロ=聖杯物語群』作者不明、13世紀)


・ヒトラーとレームは
 お互いに「Du」(「お前」「きみ」などと訳される。親しい間柄で使う二人称)で呼ぶことが許されていた
 ごくわずかな人物の一人だった。

 1934年6月28日にヒトラーは
  リューマチ療養でバイエルン州バート・ヴィースゼー(de)にいたレームと連絡を取り、
  そちらで6月30日に会議を行いたいので突撃隊幹部を集めて置くように
 と指示した。
 突撃隊幹部は疑うこともなく召集に応じた。

 6月30日午前6時30分頃にヒトラーは、
 レーム達が就寝中の
 バイエルン州バート・ヴィースゼーにある突撃隊保養クラブ「ハンゼルバウアー」へ押し入った。

 ヒトラーはレームに拳銃を突きつけ、「エルンスト、きみを逮捕する」と述べた。
 この時ヒトラーは親しみをこめた「きみ(Du)」の二人称を使っている。
 レームは反逆を否定したが、ヒトラーは服を着るよう命じてすぐに部屋を出ていった。

菅直人 とは如何なる人間か?
というのを思い出す。



http://www.h2.dion.ne.jp/~yacinema/Wehrmacht/contents/honbun/prologue/prologue5.htm
長いナイフの夜


1934年に連立で政権を獲得したヒトラーだったが
 連立政権で有るが故に
 発足した内閣へナチ党から入閣できたのは二人に過ぎなかった、
しかし最も枢要なポストでも有った。

内務大臣をフリックが、
無任所大臣とプロイセン州の内務大臣をゲーリングが兼ねた。

ナチ党はドイツ全領土の3分の2にあたる広大な領域で警察を支配できた。
ゲーリングは反ナチ派の警官を免職し、
ナチ党員やSS、SAのメンバーを警察幹部に据えていく。
更に4万人のナチ党員を補助警察官にする事を承認した。

またゲーリングは
ベルリン警視庁の小さな一部局を秘密警察部として再編するよう命じ、
これが後の”ゲシュタポ”の母体となった。

ゲーリングはこの様な警察力を背景にして、
武装蜂起の計画を察知したとの名目で
共産党本部のカール・リープクネヒト・ハウスを襲撃した
コレを皮切りに、次々に共産党員を逮捕していった。

一方ヒトラーは中央党との交渉を故意にサボタージュすることで再び総選挙に持ち込み、
ナチ党の支配を完全なものとするべく画策していた、
3月5日に予定された投票日の一週間前に起きた「国会議事堂放火事件」は、
ナチ党へ更に大胆な行動に出る口実を与えた。

この事件を共産党の反撃と見て取ったゲーリングは、夜明けまでに4千人に上る人々を逮捕した。
共産党員だけでなく多数のナチ党の反対派が姿を消した。

事件の翌日、ヒトラーはパーペンと共に86歳のヒンデンブルグ大統領を尋ね、
″緊急法令″に署名するよう求めた。

・出版と集会を制限する、
・郵便、電信電話業務について検閲と盗聴の権限を与える
というもので、共産党の蜂起に対処する為の、″超法規的措置″を求めるものであった。

ヒンデンブルグがその文書に署名した瞬間、ドイツはヒトラーの手に落ちた。

この法令と同時に発布された捕捉命令は、憲法が廃止されドイツが非常事態に置かれた事を意味し、
この緊急法令によってナチ国家の仮借ない抑圧体制が始まるのである。

ナチ党は これらの新しい権限を握って
更に何千人もの共産党員や多くの社会民主党、自由党員を逮捕した。

「国会議事堂放火事件」 と その後のナチ党の一方的な処刑などの弾圧
そして 徹底的な大宣伝劇 を続けたが、
1934年3月5日の選挙で得票率は43.9パーセントしか無く、
議席は288に伸長したとは言え、またしても過半数に達しなかった。

ヒトラーは権力を維持するために またもや中間諸党との連立を余儀なくされる。
しかし これ以上中途半端な妥協を続けていく気が もうヒトラーに無かった。

ヒトラーは臨時国会において″全権委任法″による4年間の独裁権を要求し ″授権法案″を提出した。
法案成立に必要な票数は 議会の2/3つまり66パーセントの賛成票だった。
そして 徹底的な暴力を背景にしたナチ党の暴政を前にして 反対したのは社会民主党だけだった。

法案は441対94という圧倒的大差でもって可決した。

最後にヒトラーは、
何らかの重大な変更を行う場合は大統領と相談する事を条件に、
拒否権を持つ大統領のヒンデンブルグから同法の承認を取り付けた。

ここに至り ヒトラーの前に横たわる障害は二つしかなかった。

ヒトラーは労働組合とそれを支持母体とする社会民主党を禁止し、
労働組合を″ドイツ労働戦線″という組織に改編する事で無力化した。

こうしてナチの前に立ちはだかる大きな脅威は ただ一つ、「軍部」だけしか残されていなかった。
此の時の「軍部」とは すなわち「ドイツの国軍」と「ナチ党の突撃隊」である。

ブロンベルグの国防相としての最初の仕事の一つは、
かつて彼の下で参謀長をつとめたヴァルター・フォン・ライへナウ大佐を東プロイセンから呼び寄せ、
国防局(国防省における国防軍の事務局)長官の地位に就けることであった。

ヒトラーの再軍備計画の前提として、
ライへナウはまず21個師団の最大動員兵力を平時編制兵力としてだけでなく、
重砲及び戦車を受け入れられるような態勢にしておかなければならなかった。

このためライへナウは1933年、
クルップに命じて農業用トラクターの開発という擬装の基に計画的な戦車生産に着手させ、
最初の戦車5輌が届くと戦時生産能力やコストについての研究が開始された。

既にヒトラーは徴兵制度の導入を計画していたが、
現時点において国軍は既存の志願兵に頼らざるを得ず、
国軍の将軍達はSA(突撃隊)やNSKK(ナチ自動車輸送部隊)、SS(親衛隊)などを
国防軍の兵員補充の主要母体とするしかなかった。
つまり 国軍が突撃隊を吸収する という形の 軍政の一本化 が進み始める。

次第に規模を増す一方だった突撃隊は 1933年の末の段階で既に公的な政府機関として認められていた、
突撃隊長のエルンスト・レームは閣僚のポストを与えられていて、国防会議への参加も許されていた。

この様な状況を国軍が快く思っていなかったのは当然の事だが、
ヒトラーが政権を取る事で状況は逆転する。
国軍が突撃隊をし気化に置く形になって行ったのだから
国軍の将校がヒトラー政権を支持し始めるのは当然の成り行きだった。

今までは東部国境防衛に不可欠な戦力として軍に容認されていた突撃隊だったが、
ヒトラーが政権を取った今となっては むしろ仕事が殆どに無くなっていった。

1934年2月1日、そうした突撃隊の状況を踏まえての
今後の去就に関して「国軍」と「レームの突撃隊」の双方の意見の対立が ついに大きく表面化する。

突撃隊の最善の配置替えは国防軍指揮下の市民兵とする事だ、
という国軍の意見に対するレームの反対提案は将軍達が呆気に取られるものだった。

レームの提案は
 突撃隊が国家防衛の任務を国防軍から全部を受け継ぎ、
 “国軍は その兵士の訓練を付託される に留まる”
というものであった,
国軍が到底受け入れられるものではなかった。

ただしヒトラーが どちらを選ぶかは明白だった。
政権を獲得して既にその目をベルサイユ体制の打破と強国ドイツの復活へと向けていたヒトラーにとって
必要なのは、まともな戦争のできる職業軍人と将軍達であり、突撃隊では無かった。

2月28日、ヒトラーは国防軍と突撃隊幹部による会議を招集し、
レームとブロンベルグを前に協定書を取り出した。

ヒトラーは、
・突撃隊が国境防衛の義務を遂行するため当面は予備的軍事訓練を継続する
・武器を保持する者は唯一に国防軍だけである
と明言した。
また協定書には突撃隊の役割は訓練のみに限定され
最終的に国防軍の指揮下に入るべき事が明確に規定されていた。

軍は祝杯をあげた、
国防大臣フォン・ブロンベルグは、
 国軍は突撃隊に劣らずアドルフ・ヒトラーに忠誠を誓わなくてはならない
と決心して、ナチの鷲と鍵十字を軍の記章に組み込む事を決定した。

この決定に対し
国防軍の中でもフォン・マンシュタイン大佐を筆頭に異議を唱える者も少なからずいた。
しかし この瞬間から
 ワイマール体制下で″共和国軍″と呼ばれていた軍
はヒトラーの軍門に下ったのである。

そして再軍備を経た後、
ヴェアーマハト(第三帝国下のドイツ国防軍)へと変貌をとげ、
類まれなる精強さを世界に知らしめる事になる。

一方、ヒトラーの決定に怒り心頭に達していたレームは
退席した後に部下の前でヒトラーに対する反乱を公然と口にして息巻いていた。
それを耳に入れたヒトラーだが、静かに機が熟するを待った。

レームの思想はナチ党本来の思想とは同床異夢だった。

ヒトラーとレームが主張した共産主義者の打倒という第一の革命が成った今、
レームは 第二の革命として貴族、財閥など上流階層を倒すべき とするものだった。
この思想は レームが極貧階層から上がっていった陸軍将校であり、
その成長過程で貴族や財閥など上流階層を憎悪の対象してみてきた事を考えれば不思議なことではない。

そしてレームは450万人にならんとする突撃隊を
 ドイツ陸軍に代るもの
とする考えを抱き、その頂点に君臨しようとしていた。

しかしヒトラーは ヴェルサイユ体制を打破して失われた領土を回復する為にも国防軍を必要としていた。
だからこそ失業状態を解消し、産業を奨励し、再軍備を進めてゆく計画が有り
これは どんな事があっても妨害されてはならない と決心していた。

街頭の戦い ではなく 本当の戦争をする のに、職業軍人に無視されては話しにならない。
ヒトラーが 突撃隊を国防軍へ吸収させる を選択するのは必然だった。

そしてドイツ陸軍の根幹はプロイセン軍人であり、
その将校団の中核はプロイセンの土地貴族(ユンカー)出身者であった。
彼らを一掃してしまったらドイツ軍とは呼べず、それはもはや存在しないに等しい。

事ここに至って どの点においても レームの思想 と ヒトラーの考え は合致していなかったのである。

レームの思想へ 全ての突撃隊員が共鳴していた訳ではない。
レームが 其の思想の為にこそ と何年間も鍛え訓練してきた のだが
その革命は起こりそうにも無かった。

 ヒトラーが権力を握ったのだから 其れを助けた突撃隊つまり自分達の果たした役割 を考えれば、
 今度は 公務員としての働き口 や 軍での新しい地位を与えて貰えるはず
と突撃隊に属する者達は単純に考えていて、
実際に突撃隊が国軍に吸収される という「昇格」が行われていった以上は
“街頭の戦い”としての突撃隊は全体に落日的な雰囲気が漂い始めていた。

“本当の戦争”という道筋だけが 情報工作も功を奏して 次第に色濃くなる一方となった。

これらの事が しかしレームには全く見えていなかった。
レームは突撃隊の力を誇示すべく、大集会を開き、
パレードを催して″第二革命″の必要性を激烈な調子で説いていた。

とはいえ 
ここまで親しき友として接してきたヒトラーからすれば
レームの失脚そのもので得られる損失は小さく無かったはずであり、
此の段階でレームが失脚する事 によって 最も恩恵を得る のは
親衛隊(SS)指揮官のハインリヒ・ヒムラーだった。

親衛隊も この時点で約8万人の勢力に膨れ上がっていた、
それでも尚に、組織的にはレームの突撃隊の一部とされていた。

ヒムラーは部下のラインハルト・ハイドリッヒを使い、
文書偽造、情報屋、恐喝等手段を選ばず あらゆる方法でもって謀略を開始した。

ここに至り突撃隊がいつ何時に反ナチ勢力の温床となりかねない
とヒトラーはヒムラーによって“気付かされる”。

突撃隊には前皇帝の長子ヴィルヘム皇太子が居た。
軍の忠誠が今でこそヒンデンブルグ大統領に向けられているとはいえ、
この老人が死んだ場合その忠誠が皇太子に向けられるのではないか
という恐れまでをもヒムラーは掻き立てる。
その上レームは君主主義者であった。

そして ヒトラーは死期の迫った老大統領から
 国軍と突撃隊の緊張状態が これ以上に続くようであれば
 戒厳令を布告し 国の統制権を国防軍の手に委ねる決意がある
と会見で告げられた。

しかし そんな事になれば国軍としての権力と権威が一気に強力となってしまう。
国軍の根幹はプロイセン軍人であり、将校団の中核がプロイセンの土地貴族出身者達なのだから
帝政としてのドイツを復活させようするかもしれない。
そういう事は可能である と示してきたのは 他でも無いヒトラー自身だった
しかし それでは
完全な独裁を狙い 私兵としての国軍を必要とするヒトラーの野望 も水泡に帰してしまう。

だからこそ それにも増してヒトラーが気がかりとなったのは
 レームが、450万人の突撃隊をけしかけて 国防軍と共に
  ヒトラー打倒して排除する → 帝政ドイツ+民主ドイツ な立憲君主のドイツ を目指す
という行動の可能性だって起こす可能性が有る という「想像」だった。
この 妄想にも等しい「想像」 が、
誰の どのような話から“ヒトラーの思考となっていったか”は 推察するしかない。

だが 結局に
 もはやヒトラーにとってレームの粛正はどうあっても避けては通れないもの
と 何故かなっていた。






「バドニクスの丘」の検索結果 - Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%B8%98

ベイドン山の戦い - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84






RT @AmboTakashi
世界中で震源の浅い地震が頻発している件。震源の深さ1キロから5キロまでの超浅い震源の地震が、異常なまでに起きてます。これ、絶対何かやっていると思います。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/21/6817567
posted at 04:00:42


RT @tentama_go
遠隔操作事件で、以前には見つからなかった「雲取山のUSBメモリ」が発見されたそうです。江の島の猫の首輪から見つかった記録媒体とほぼ同じ内容が記録されてるそうで、現容疑者がいたとされる周辺の再捜索で発見された様子
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130521/crm13052112100013-n1.htm
posted at 04:01:06


RT @Kamikaze_Kamui
遠隔操作事件で公訴棄却要求 「PC特定せず違法」 - 47NEWS(よんななニュース)
ttp://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052101002240.html
片山氏に対する検察側による今回の一連の対応は、「人権侵害」以外の何ものでもない。日本の司法は完全に崩壊しており、これは誰の身にも起きうる話
posted at 04:01:15


RT @RodinaTP
『ペリー日本遠征記図譜』より。昔からねえ…
  「ある階級」すなわち
  「日本の下層民は、大抵の東洋諸国民よりも道義が優れているにもかかわらず、
   疑いもなく淫蕩な人民」
  と記されている。
  「その淫蕩性は実に嫌になるほど露骨であるばかりでなく、不名誉にも汚れた堕落を現すもの」
  と断じている。
posted at 04:02:17


RT @RodinaTP
なんだと!西洋の価値観様に従わないとは、おまえは明治政府の敵だな!
@HYamaguchi
エッチなのはいいと思います!
RT @RodinaTP
エッチなのはいけないと思います!
posted at 04:02:21


RT @RodinaTP
ウィリィィィィィィィィ! キリストの教えを規範として合理と論理で組み立てられた西洋文明こそ地球を統べる唯一の価値!ウォォォォン!── ハァハァ、心にも思っていないことを言い続けるのは疲れるのでこれでやめます…
posted at 04:02:25


RT @kiraramaron
元日本ハム選手、2年前の下半身露出で逮捕 
ttp://www.sanspo.com/geino/news/20130521/tro13052114150005-n1.html
現場に残された体液から難波容疑者を特定した。
←2年前の事件が今になって特定?…これで採取された?→
警察が国民のDNAデータを集め始めている? 
http://news.livedoor.com/article/detail/6545255/
posted at 04:10:00


RT @kiraramaron
雲取山から記録媒体発見 江の島猫の首輪のものとほぼ同じ 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130521/crm13052112100013-n1.htm
合同捜査本部が今月中旬に改めて現場周辺を捜索したところ、
メールに添付された写真と同じ形状の記録媒体が見つかったという
←何故逮捕から三ヶ月も経った今月中旬に改めて捜索したのですか?
posted at 04:12:09


RT @kiraramaron
PC遠隔操作:雲取山で記憶媒体発見 
http://mainichi.jp/select/news/20130521k0000e040187000c.html
今月16日に捜索したところ、見つかったという。捜査幹部は「当時、凍結していた部分は確認していなかった」と説明している
←4月14日には捜索可能だった!→
http://digital-nature-photo.com/?p=6130
posted at 04:12:14


RT @kiraramaron
雲取山から記録媒体発見
ttp://sankei.jp.msn.com/region/news/130521/tky13052112130000-n1.htm
今年1月1日…現場の写真なども添付されていたが、合同捜査本部は記録媒体を発見できず…
1月5日「私が埋めたのものは拾われたか飛ばされた」
←別記事では「凍結して掘れなかった部分の土に埋まっていた」…おかしくない?
posted at 04:12:21


RT @kiraramaron
雲取山から記録媒体発見
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130521/tky13052112130000-n1.htm
1月1日…合同捜査本部は記録媒体を発見できず、
写真がネット上から引用された形跡があったことなどから、
真犯人が捜査攪乱を狙った疑いが浮上していた。
←春になってから(片山氏ではない)真犯人が埋めたとしか思えない!
posted at 04:12:24


RT @yjochi
自分は、かつて、
警察側の、発見できなかったという真犯人へ向けたトラップではなかったか
と推理したことがあった。
ここに来て発見とは不可解。
→PC遠隔操作 雲取山から記録媒体発見 江の島猫の首輪のものとほぼ同じ(産経新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000544-san-soci
posted at 04:12:31


RT @kiraramaron
4月14日に雲取山を登山した方のブログ
→ http://digital-nature-photo.com/?p=6130
凍結していませんけど…何故、今月になって捜索したのですかね?
posted at 04:12:39


RT @kiraramaron
犯人に次の行動をおこさせる目的で確保していながら「発見できなかった」と虚偽の発表をしていた
とすれば「今回の再捜索で発見された」(ことにした)このUSBメモリに
証拠能力はあるのだろうか?
このドラマを思い出した…偽証法廷
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-51423
posted at 04:12:46


RT @yjochi
<PC遠隔操作>雲取山で記憶媒体発見
http://bit.ly/14M7EPv
posted at 04:12:54


RT @jhatajinan
PC遠隔操作事件 犯行声明メールの通り、雲取山て?記憶媒体発見
http://www.fnn-news.com/cgi-bin/fnnmenu/chgPage.cgi?url=news/headlines/articles/CONN00246451.html
posted at 23:39:23


RT @jhatajinan
警察の一斉捜索をなめんな。誰かが片山祐輔逮捕後に埋めたんだろうが、変な展開だな。
posted at 23:39:25



RT @Yu_TERASAWA
ルーシー・ブラックマン事件でも、同一場所の2回目の捜索で遺体が見つかっています。
RT @nekoarmynekogun 狭山事件の「鴨居から万年筆」(古) RT @寺澤 1月に捜索したときに見つからず、
今月、改めて捜索したら見つかった
というのが、いかにもヤラセ臭いと思いませんか
posted at 23:39:28


RT @jhatajinan
すごく言いたいことを言ってくれた。
posted at 23:39:32


RT @jhatajinan
ルーシー・ブラックマン事件では、織原城二が逮捕された後、半年以上経過してから遺体が発見された。
織原は殺人と死体遺棄の嫌疑を掛けられていたが、
そもそも死体がなければ当該犯罪が成立するわけがなかった。
そして、警察は被害者の遺体が発見されるまで別件逮捕を繰り返して檻の中に閉じ込めていた
posted at 23:39:35


RT @jhatajinan
織原に対しての別件逮捕は下劣を極めた。
織原自身の趣味であったハメ撮りビデオの相手を警察が探し出し、
相手に織原を訴えろと詰め寄り立件していったのである。
それは九件に及び、その殆どが売買春であったが、金銭的折り合いが付いていたことは隠し通され、
警察は捏造もした。
posted at 23:39:38


RT @jhatajinan
ルーシー事件当時、
織原城二は北新地の商業ビル(未完成)のオーナーであり、青年実業家であった。
RCCとトラブっていたり、拘置所で書いたノートにはロスチャイルドと意味深に書き殴られていたりする。
つまり、はめられたのだ。
posted at 23:39:42


RT @thatta0529
身内には大甘の捜査権力。
@tetsumah
遠隔操作事件、片山さんとはえらい違い。
RT @saibankatuhisa
<富山放火殺人>元警部補、処分保留 殺人容疑では釈放(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000061-mai-soci
はあ? 証拠不十分? ありえない。
posted at 23:43:26




RT @kiraramaron
世界一危険な“竹やり作戦”/福島第1原発3号機 作業員が語る
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-20/2013052014_01_1.html
「連日、100人近い人間が3号機に張り付いている。
 東電のホームページには登場しない、『陰の作業チーム』だ。ほとんどが偽装請負だ」
と労基法違反の事実も指摘←監督署は何してる?
posted at 04:14:03


RT @kiraramaron
フクイチにも入るべき!
→労働基準監督官は臨検監督や行政指導を行う行政官なのですが、
 同時に特別司法警察員としての身分をもっています。
 したがって監督官は会社の行為が悪質だと判断した場合、
 自身の判断で経営者などを送検することができます。 
http://d.hatena.ne.jp/kmayama/20120126/p1
posted at 04:14:06


RT @kiraramaron
消費者負担 長引く恐れ 動かぬ原発の維持費、電気料金に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013052102000122.html
原電は断層を認めず再稼働を主張しているため、維持費を取りやめる動きは見られない。
←原電は維持費を取り続けるために断層を認めず再稼働を主張している…ということですね。
posted at 04:14:09


RT @kiraramaron
全国民に専用サイト開設構想 自民IT戦略案
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051801001793.html
提言案では、厳格な情報管理に向け秘密保全法の整備も掲げた。
←こっちがメインなんでしょ!
posted at 04:14:40


RT @kiraramaron
安倍総理「成長戦略第2弾スピーチ」 
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0517speech.html
(先端実証「規制ゼロ」)自分が実験台になるから、とにかくやらせてほしい。
そんな「モルモット精神」にあふれる企業に、大きなチャンスをつくりたいと思います。
←モルモットになるのが国民というオチでは?
posted at 04:17:55


「国民一人一人に専用サイトを開設し、
 年齢や家族構成などに応じて必要な行政情報を個別提供する自問党のIT戦略案」
って激しく民業圧迫をさせるだけ。
充分に供給が足りている所への過剰な公共事業はアベノミクスの夢想 からも真逆となる。
まさか此の程度の事も分からないまま発表したのかな。
posted at 04:25:20


“「twitterかブログを強く推奨する」 をして 其処へ政府広報を配信する を大きく発表する”
の方が、遥かに公金拠出を極めて押さえながら の 民需活性化な経済成長の底を支える のにね。
幾らなんでも経済学を馬鹿にしすぎている って何故にエコノミスト(笑)は言わないんだろうね。
posted at 04:29:49


RT @AmboTakashi
徳洲会の危機
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52033223.html
posted at 04:31:14


1.
・2013年05月21日 徳洲会の危機
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52033223.html
・2010年05月10日 誠天調書 あの時に そして今 何が起きているのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/149188037.html
posted at 04:36:53


2.
・誠天調書 2011年01月19日 司法官憲を使ったコイズミ恐怖政治と徳之島の政治情勢 を絡めて読み解けば、全く別の側面が出てくる
http://mkt5126.seesaa.net/article/181408622.html
posted at 04:40:19


3.
・誠天調書 2013年02月06日 コイズミカイカクという詐欺で郵貯や簡保を陵辱しまくった連中は 其の快楽殺人の味が生涯に忘れられない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/319050193.html
posted at 04:41:06


RT @ho9107sei
忘れもしないリソナBKの増資インサイダー事件。
当時の無能東証理事長西室泰三が安倍政権下で今度は日本郵政社長となる。

@xciroxjp りそな問題。
インサイダー疑惑を追及した植草一秀教授が痴漢冤罪。
りそな担当の会計士=自殺。
りそな脱税問題を追う国税調査官=手鏡覗きで逮捕。
posted at 04:44:10


RT @xciroxjp
りそな問題。
インサイダー疑惑を追及した植草一秀教授が痴漢冤罪。
りそな担当の会計士=自殺、
りそな脱税問題を追う国税調査官=手鏡覗きで逮捕、
りそなから自民党へ融資急増スクープ記事を書いた朝日記者=東京湾で溺死。
竹中は犯罪者である。安倍内閣も仲間…
posted at 04:44:13


RT @desupehannari
麻生と郵政と新日鉄 2013/5/19 
http://desuperado.seesaa.net/article/362302263.html
デスペのはんなり日記
posted at 04:45:16


2005年、飯島と亀井が郵政を巡っての勃発をした。
飯島勲は、一石二鳥より上を狙う。
一つのスピンで複数のスピンを作る。
https://twitter.com/desupehannari/status/298802839889784832
posted at 04:49:55


2013/02/05  アベノミクスとは何か?そしてジャパンハンドラー達の次の作戦とは?? velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/02/05/6713106
小泉進次郎グループ = 「マイケル・グリーン友の会」
posted at 04:50:57


RT @desupehannari
多分、信じてなんかない 2013/5/19 土のうえのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8643734.html
posted at 04:53:24


RT @opasou
「オゾンホール 気候変動」で検索。
http://www.nies.go.jp/kenkyusaizensen/200811/200811.html
国立環境研究所の論文みたいだけど、気温と偏西風の変化について触れている。
InDeepさんの記事
http://oka-jp.seesaa.net/article/362264473.html
を読み現在世界中で異常気象と。すべてフクイチ起因なのではと。
posted at 05:03:01
核利用による放射性物質の拡散 と 大気の大規模な変動つまりオゾン層の問題 
なんてのは もっと普通に調査が進んでも当然な分野なのにね。



RT @rantac
首都直下地震の発生時、自衛隊11万人投入へ 読売新聞
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130519-OYT1T01007.htm
「改定のポイントは、」「米軍との連携を盛り込んだ点。」
自衛隊の作戦計画では、米国要人の安全確保が、第一優先なのでしょうね。
posted at 05:03:08


RT @desupehannari
「日本政府を信じているなんて信じられない。ロシアも信じたばかりに大変な事になった」 樋口新一【職業:Truthseeker】
http://06020596.at.webry.info/201305/article_18.html
posted at 05:03:24


RT @ryo_cain
多分、信じてなんかない - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8643734.html
信じてないでしょうねw
神だろうがなんだろうがカネの為なら利用し、いらなくなれば切り捨てるんじゃないでしょうかねえ
悪魔より質が悪いな…
posted at 05:11:46


RT @ryo_cain
個人的記録資料。 2013年04月の報道から。 - nYoの どうにも、真実が気になる。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/28141328.html
posted at 05:12:28


RT @ryo_cain
個人的記録資料。 2013年05月の報道から。 - nYoの どうにも、真実が気になる。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/28144387.html
いろいろ妄想できて楽しい資料をありがとうございます
posted at 05:12:32


RT @ryo_cain
マイナンバー法とは別枠、医療情報は独自「ID」で管理 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8643514.html
言い訳せずに国民管理法に名称を変えたらいいのに… そのうち海外へ行くのも難しくなりそう
posted at 05:12:38


RT @ryo_cain
思い出せるものが、消えていく。。 - 土のうえ のブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8648785.html
posted at 05:12:40


RT @ryo_cain
スロウ忍ブログ 総務省がビッグデータの個人情報保護を検証する「第三者機関」の創設を示唆。
http://surouninja.blogspot.com/2013/05/blog-post_1849.html
統制管理して税金も使うって特権階級様達は考えることが違うぜ
posted at 05:12:52


RT @ryo_cain
厚労相 医療費などの一律削減行わないw - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8649430.html
posted at 05:13:27


RT @ryo_cain
社団法人農林水産先端技術産業振興センターと 独立行政法人 農業環境技術研究所 - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8656039.html
他人のカネだと思って好き放題に使ってくれてやがりますね
posted at 05:13:32


RT @ryo_cain
戦闘教師「ケン」 激闘永田町編 歪なる保守主義・上
http://bit.ly/12IQ6Ut
posted at 05:13:36


RT @ryo_cain
誠天調書:だから 小沢は日ロ交渉を急がなかった。
http://bit.ly/18cuKkw
思慮深いというか我慢強いというか何考えて毎日過ごしているか小沢氏に聞いてみたい
たまに映像見てると微動だにしない時あるから置き物かと思っちゃうよw
posted at 05:13:41
落合の監督時代。


RT @ryo_cain
その他の事項経費? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8662223.html
posted at 23:29:08


RT @ryo_cain
平成 23 年度決算の概要 - 参議院  - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8661845.html
posted at 23:32:33


RT @ryo_cain
velvetmorning blog 実際に水道民営化した(フランスのヴェオリア社)松山市はどうなったのか?
http://bit.ly/10lzNd5
保守(笑)ってなんだろう
posted at 23:33:05


RT @Meretseger2
乙武は関連法案が何か出されそうになったら騒ぐけど今はTPPと児童ポルノ禁止法かな
posted at 23:35:57


RT @sihouhappou
で、乙武はバリアフリーの徹底とかで「建築・土木屋利権」「それらの機器販売」そして、「行政の天下りの再構築」のために徹底的に利用されるだろう。 それこそが「障碍者の社会復帰や社会生活を阻害」している。つまり、障碍者にとって乙武ほどの「害者」はいないという事なんだ。
posted at 23:36:34



声に出して読みたい 機動警察パトレイバー 2 the Movie
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2140.html





posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

永遠に成長をし続ける だけを希求するようなキチガイ連中は 不健全に存在し続ける だけとなる。

https://twitter.com/henna_ikimono/status/337198135757660161
当たり判定ゼロ モバマス経済学 〜たとえ日銀が許しても、バンナムはデフレを許さない
http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/517/



http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/559/
・モゲマスは、
いよいよ脱スタドリ・脱エナドリが進みつつあるかなという感じ。

かつて信長が茶器という新しい価値を創りだして武将の欲を土地から茶器に向かわせたように、
スタドリ以外の新しい価値を生み出さないとスタドリ経済圏は もう飽和状態にあるかな という感。
円とリンクしているだけに、MMOみたいに青天井インフレというわけにもいくまい。



当たり判定ゼロ 無課金で上位報酬までたどり着いたPの話
http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/562/


当たり判定ゼロ 5年後のシンデレラガールズ
http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/560/


当たり判定ゼロ ゲーム業界各社決算まとめ - 2013年春
http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/563/

健全に栄枯盛衰を繰り返し続けるねぇ。
永遠に成長をし続ける だけを希求するようなキチガイ連中は 不健全に存在し続ける だけとなる。



RT @tutinoue
7.各特別会計の積立金等の状況(平成20年度決算処理後)
http://www.the-naguri.com/kita/image/140-1.pdf
193兆8400億円

posted at 23:21:05


RT @tutinoue
平成23 年度決算の概要 決算委員会調査室
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf
23 年度における17 特別会計50 勘定を単純合計した特別会計
歳入決算総額は409 兆9,236 億円(対前年度5.9%増)、
歳出決算総額は376 兆4,631億円(同9.1%増)
 
posted at 23:21:09


RT @tutinoue
平成23 年度決算の概要 決算委員会調査室
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf
剰余金:剰余金率は8.2%、
一般会計への繰入れは2兆円
計剰余金は33兆4,604 億円

posted at 23:21:12


RT @tutinoue
平成23 年度決算の概要 決算委員会調査室
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf
平成23 年度特別会計歳入歳出決算 積立金残高合計1,675,647(単位:億円
 
posted at 23:21:17


RT @tutinoue
一般会計と17 特別会計の歳入歳出決算を単純合計した国の財政規模は、
総額ベースで
歳入が519 兆9,031 億円(対前年度6.6%増)、
歳出が477 兆1,785 億円(同 8.4%増)である 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf

posted at 23:21:20


RT @tutinoue
特別会計間の入繰り等 重複して計上さ れている額を除いた純計ベースでは
歳入263 兆6,161 億円(同7.3%増)、歳出223 兆6,149億円(同11.1%増)となっている。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf

やっぱり増税いらないよ、これ。。
posted at 23:21:23


RT @tutinoue
今の資料は
「平成 23 年度決算の概要 - 参議院 決算委員会調査室」
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2013pdf/20130201003.pdf

この資料見て増税賛成する議員は、完全に裏切り者だと思うなあ。。
posted at 23:21:28


RT @tutinoue
平成23年度決算(食料安定供給特別会計
http://www.maff.go.jp/j/budget/2012/pdf/23kessan-syokuryo.pdf
調整勘定と、国債整理基金と主要食糧及輸入飼料買入費等財源他勘定

に突っ込んでくれないかな?
エクセルで見えない。
posted at 23:21:32



RT @HaruYauchi
極めて普通に生きてきたつもりなのに
いつの間にか公安刑事に付け回される日々を送っている。
posted at 23:54:11

RT @greatful_pet
落一棚生
落線頭死
磊断傀去
磊時儡来
posted at 23:54:14

RT @greatful_pet
ってことや。
posted at 23:54:19

押井守監督的なもの「生死去来、棚頭傀儡、一線断時、落落磊磊」
http://oshii.seesaa.net/article/11523859.html

posted at 23:55:28


RT @hiranokohta
飯島参与が帰国したら間髪いれずに日本海にミサイルぶち込む北朝鮮は、なんつうかあれだよ、家族から誰も相手にされなくなった引きこもりがぶうたれてたら、親戚のオッサンが「生きてるかー」って声かけたので、目を輝かせて壁ドンしてる。
posted at 00:46:48


RT @soleilhnfr
今日の朝日一面に、安倍内閣の支持率が65%に上昇したと書かれている。
橋下慰安婦発言で、維新支持票が自民に流れたと言いたいのだろうが、65%は怪しい。
それが本当なら、19日のさいたま市長選で、なぜ自民党県連幹事長ほどの要職にあった候補が完敗したのか?
posted at 11:30:03






RT @NakamuraTetsuji
昨日の「生活の党」小沢一郎代表定例記者会見の文字起こしです。
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20130520

個人的には小沢代表が
「最近、維新がかなり自民党とスタンスが似ているということは国民もかなり知り始めてきました」
と明言したことは我が党の立ち位置を示していると思います。
posted at 23:17:37


RT @kiyowanajiageya
「公務サボって1日中twitter? アタシはね! 市長の責務なんかより・・自分のメンツのほうが大事なんですよ!」 橋下徹
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-623.html
posted at 00:04:14


RT @kiyowanajiageya
"公務なし" を理由に "2日間" 登庁しなかった橋下徹。 その間ナニしてたかというと・・1人ポツンとスマホに向かい・・tweet連射!そして連射 (笑) 戦場で戦う兵士の休息方法を・・必死で考えておりました。 大阪市民は・・心優しい市長をもって・・お幸せです。
posted at 00:04:50


RT @kiyowanajiageya
日本維新の会 西村真悟衆院議員。 この人・・西村信仰・・と呼ばれるくらい、一途な妄想に取り付かれた人。 タクシー乗っても・・"オレは右翼だ! 左によるな! 左折はするな!" 目的地行くのに・・直進か "右折" だけ。 料金払うコッチは・・たまったもんじゃございません。 (苦笑)
posted at 00:05:11


RT @kiyowanajiageya
「売春婦はまだ日本にウヨウヨおるぞ!韓国人・・反撃に転じた方が良いと思う。ワタシ今日大阪に帰りますが・・大阪の繁華街で "お前! 韓国人慰安婦やろ!?" と言ってやろうかと・・」17日午後 日本維新の会代議士会にて西村真悟衆院議員 自爆テロ決行です (笑)
posted at 00:05:14


RT @kiyowanajiageya
極右だよ! 全員集合! 「慰安婦は必要なんです!」 恥下徹 「韓国人はみな売春・・」 西村信仰 「美しい国づくりのため、国防軍作ります! 募集したんじゃ集まらないから・・30歳以下は徴兵制でかき集めます! 参院選ヨロシク!」 アベのリスク
posted at 00:05:19


RT @yuta0320zisi
きっと安倍教信者の皆さんが嫌いであろう鳩山ー小沢の方が年次改革書を突っぱね、特別会計を廃止しようとし、非正規労働の規制強化をしようとする等よほど自主独立に近かったんじゃないかい?安倍様のやったことはtppで年次改革書を全力で進め、財務省の言う通りに増税し、日中朝関係を破壊しただけ
posted at 03:49:20


RT @youjin7423
還元セール禁止の法案?アベノミクスとかはしゃいでるのはほんの少数…消費税アップ、電気代値上げ、物価値上げ、スーパーのセール名の意味まで制限、家庭に対して全く優しくないのはなんで?ステージでSPをバックに歌って浮かれてるのは誰?
posted at 03:53:40


RT @KKnagomi
「NAFTAの拡大版であれば企業の主権を国家と同等にするISDS条項などで日本の法の支配の崩壊もありえる。TPP協定によって日本国民は生活の安定が奪われる可能性は極めて大きい。しかし安倍首相はそれが国益であり世界の繁栄だというのである」
http://www.nnn.co.jp/rondan/tisin/index.html
posted at 03:53:46


RT @yuta0320zisi
タダほど高いものはない。この言葉はワクチンによく似合う。政府が推進するのだから、タダだからと言って何も考えず打つと、麻痺等の後遺症、最悪の場合死に至るほど副作用は強烈である。地元の大名じゃないんだから民のことなんて大切にしてくれないんだって3・11から学んだらどうですか?
posted at 03:53:52


RT @touhokujinKTTT
小沢一郎代表「従軍慰安婦発言は非常に暴論であり受け入れがたい」 | 生活の党
http://www.seikatsu1.jp/activity/party/act0000064.html
posted at 03:54:00


RT @tentama_go
安倍首相が改憲しようとしている新99条の“国民”には“メディア”も入りますので、政権は非常時には完全なメディアコントロールも可能。大政翼賛会まっしぐら・・・
posted at 03:54:16


RT @ipin61
「安倍が自衛隊のユニフォームに着替え、731機に乗り親指を立てて(戦果を上げたというシグナル)、ご満悦だったこと、が問題」<安倍政権は、中韓だけでなく欧米にも危険視されている:カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2087.html
posted at 03:54:22


RT @ikeda_kayoko
夕べのNHKBSのニュース、日銀がお金をじゃぶじゃぶ刷る→ただでさえ投資先を見つけられない銀行は、水道・有料道路等を財政難の自治体から買い取りたいファンド等(外資を含む)に貸す→公共インフラが営利目的の主体の所有に→めでたしめでたし。これがコンセッションって…なんの悪夢ですか?
posted at 03:54:26


RT @desupehannari
現状の適当なまとめ  JAXAと国家総動員法 2013/5/17
http://desuperado.seesaa.net/article/361777199.html
デスペのはんなり日記
posted at 03:54:43


RT @mentamentamenta
「インスタントラーメンを食べ過ぎると身体に悪いよ」「甘いものの取りすぎはよくないよ」「たばこはガンになるからだめ!」というのに、「福島では放射能が漏れているが健康には一切影響はありません」と言えるのが不思議。少なくともタバコよりもやばそうに思うんだけど。
posted at 03:54:50


RT @AmboTakashi
マイナンバー制度が衆院通過 報道されない関連株の異常高値 と イギリスの現状
http://ooruri777.seesaa.net/article/361799832.html

posted at 03:56:29


RT @ikuansokuonases
株式会社ムサシは安倍晋三の親父が株主だった。と
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=275575&g=121204
posted at 03:56:43


RT @AmboTakashi
【衆議院選挙疑惑】不正選挙確定か!?野田・千葉4区とどめの衝撃グラフ!野田前首相の得票率は驚きの93.7%!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-231.html

posted at 03:58:16


RT @AmboTakashi
日本たばこ産業(JT) 畑の基準値を、前年の土壌1157ベクレル/Kgから2226ベクレル/Kgに緩和
福島県内の耕作農家が20戸増え377戸となった。セシウムの基準値は引き続き、100ベクレル/Kg。
http://merx.me/archives/34522">merx.me/archives/34522
posted at 03:58:18


RT @GobyIresbrow
民主党が大笑いな反省会をやって、橋下氏が、あの発言をして大騒ぎ
っていうのは、自民党への誘導しかないじゃんか。。 他
の複数の目的と絡めてね。。
posted at 04:23:20


RT @koji0taka4
やっぱり、テレビはやらせの宝庫。
http://t.co/7bRbPOWzcu
posted at 04:24:49


RT @black_kuroda
どの記事でも、最後に
「だが裏にはiPhone導入への布石という意味合いもありそうだ。」
ってつければ日経の記事になるよ!

posted at 04:24:58


RT @tentama_go
稲田朋美特命相への児童ポルノ法改正絡みの質問とその答弁。
稲田氏
「所管外なのでコメントは控え。
表現の自由というのは非常に憲法上のたいへん重要な権利だと認識しているが、
表現の自由といえども全て無制限というわけではないとも思う」
http://getnews.jp/archives/339659
posted at 04:25:25


RT @GobyIresbrow
TPPに反対のポーズをしてた稲田議員。。 
議員が嘘をつくことに対して、「表現の自由は全て無制限」な自民党なのにねえ。。
posted at 04:25:27


RT @oki_fujiwara
デーブ・スペクターに言われて橋下徹が「反省」とのことで、
ますますデーブ・スペクター=NSAエージェント説が強化されていくばかり。
posted at 04:26:13







RT @kawauchihiroshi
1号原子炉建屋撮影映像の冒頭に出てくる、
4階天井にあるパックリと口を空けた、機材を出し入れする5m四方の大物搬入口。
蓋の5.7m四方1.5tの鉄板が吹き飛んでいる。
即ち4階で水素爆発の可能性を示唆。 アーカイブ YouTube
http://youtu.be/KyQgX-1ef1c
posted at 04:36:04


RT @kawauchihiroshi
わたしが撮影した福島第一原子力発電所1号原子炉建屋の映像の特徴は、
私の横で私の質問に答えてくれている東電の部長さんの音声が録音されているところ。
明日には、ビデオのダイジェスト版に音声の部分を字幕にしてアップします。
posted at 04:36:08


RT @kawauchihiroshi
因みに4階で、水素爆発が起きていたとすれば、
4階に水素が滞留する可能性は、非常用復水器の蒸気ラインが地震で損傷した可能性が高い、
ということになる。
posted at 04:36:11


RT @GobyIresbrow
「非常用復水器」の蒸気ラインが地震で損傷した可能性。
つまり、津波ではなくて地震で 冷却水がアウトになる可能性がある。
これを 認めされば、
「津波対策」でOKよ!と、言い逃れしている政府、電力会社に
「日本は地震国で原発そのものが危険」
と はっきり言うことができる。
posted at 04:36:17


RT @GobyIresbrow
フツーに考えても、本体よりも、まわりの管の方が地震に弱そう。。
ただ、捜査の証拠調べみたいにやらないと、言い逃れされてしまうから
こつこつやってくれているんだよね。
posted at 04:36:21


RT @GobyIresbrow
あんなに、南海トラフとか煽って、インフラ利権のためにお金つかってるのに、
原発や、核施設だけは、耐震だのでOKというご都合主義。。
posted at 04:36:24


RT @kawauchihiroshi
福島第一原子力発電所 一号機原子炉建屋内撮影映像【字幕付き】をアップ致しました。
http://youtu.be/VQseY5NDJbY
posted at 04:36:36


RT @GobyIresbrow
3分18秒ごろ
川内氏
「もしかしたら大物搬入口の蓋はしまっていた可能性があるということですね」
東電
「はい」 
RT@kawauchihiroshi1
福島第一原子力発電所 一号機原子炉建屋内撮影映像【字幕付き】をアップ致しました。
http://youtu.be/VQseY5NDJbY
posted at 04:36:39




RT @egg_rice
大規模な太陽フレアが4回連続で発生し、
エックス線強度が100倍以上に。
大規模停電や通信・放送衛星の障害も(5/16 情報通信研究機構、産経新聞)
 独立行政法人 情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:坂内正夫)は...
http://bit.ly/19zJGrQ
posted at 05:06:40


RT @GobyIresbrow
太陽フレアがーーーーー!って、
新聞に出てたけど、わざとやるんじゃないのかな?
この頃、電気系統の事故多いもんね。 電車とか。。
posted at 05:07:14


RT @desupehannari
人工衛星を大気圏外まで運ぶロケット。
このロケットの心臓部となるエンジンの研究・開発を行っているのが角田宇宙センターです。
http://www.jaxa.jp/about/centers/kspc/index_j.html
まぁ、フレア騒ぎそのままである。
posted at 05:07:17


RT @desupehannari
旧式サヨク系は、ハシゲにニシムラに猛烈アタック中でつか? プロレスは、楽しいでつか? 
posted at 05:07:21


RT @desupehannari
数年後、自衛隊改め「復活・大日本帝国国防軍」で射撃訓練をしている自分の姿を見るでしょう。 樋口新一
http://06020596.at.webry.info/201305/article_15.html
posted at 05:08:18


RT @takec1068
「「もう議論は十分だ。とにかく実行に移す」と述べ、規制改革を強力に推進する考えを表明した」
いやいや、議論のないままに押し付けようとしてるだけ。
「世界で勝つ」首相が成長戦略第2弾を発表(日本テレビ系(NNN)) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130517-00000063-nnn-pol
posted at 05:09:12

RT @takec1068
ほんと勘弁してくれ・・・
posted at 05:09:15

RT @takec1068
日本が世界一になるとか、世界で通用するとか、ほんと どうでも良いんで、
俺たちの生活を少しでも良くしてください。
それで中国に負けようが韓国に負けようが どうでも良いんです。
そういうことがやりたいなら余所でやってくれって何回に言えば・・・
日本を変えるより、あんたが出てった方が早いよw
posted at 05:09:17

RT @takec1068
英語で話せてグローバルな人材、グローバルな人間関係!
どうでもいいわ。
そういうのはできる人が余所でやってください。
俺は日本語しかわからないし、それで不自由してないんです。
それより隣の家の息子さんが就職できないんです、なんとかしてください。
posted at 05:09:27

RT @takec1068
隣の息子さんが、英語ができないせいで就職できない、グローバル化に対応できてない、自己責任だ。
とでも言うのなら、
なおさら今から英語できるようにさせるより、日本語で働ける環境を この国に用意してくださいよ。
posted at 05:09:35


RT @takec1068
不自由してるとしたら、言語じゃなくて生活なの。
なんだ一言で終わった。俺のアホ
posted at 05:09:43


RT @tokuisaki0313
参院選。これで維新の会への投票がなくなり、相変わらず民主への投票が激減する状況の中で、
この減少する分を自民・公明に渡してしまっては何にもならない!
ここは、生活・社民・みどり・緑、が選挙協定を結ぶべきだ!
特に衆院選で大量落選の憂き目をみた生活の党議員の大量出馬・大量復帰を願う!
posted at 05:09:54


RT @takec1068
野党が連携しないからこんなカード切られちゃうんだよ。
posted at 05:09:57


RT @takec1068
票を自民に集め始めるということは、警戒の証でもあるのかな。
維新を使ってまで民主の票をそぐ必要性を感じなくなったこと、
維新の右傾化により自民の票を削ぐ可能性のほうが高まった
なんかも考えられる。
どちらにせよ、相手は打てる手を打ってきてると捉えるべきなのかねぇ。
posted at 05:10:06


誠天調書 2013年05月16日 多神教の神学
http://mkt5126.seesaa.net/article/361661148.html
posted at 05:11:19



RT @namiekuwabara
チェルノブイリより有名になったからな。
本日の1枚。5/20 【世界で描かれている日本の風刺画(原発・放射能汚染)】
国旗を変えなきゃだね ってゆー。

posted at 04:30:53


RT @t_ishin
日本がやったことは悪い。世界各国がやっていたからと言って正当化はできない。しかし世界が日本だけを、異常な人種扱いするのは不当でアンフェアだ。日本は当然だが、戦場での性で女性を活用したアメリカをはじめとする世界各国も皆同じように反省し、二度と繰り返さない決意を示すべきだ。
posted at 05:27:37

RT @tako_ashi
「世界が日本だけを異常な人種扱い」してる事実なんてないと思うけど、あるんだとしたら、そりゃあんたのせいだよ。RT @t_ishin 日本がやったことは悪い。……しかし世界が日本だけを、異常な人種扱いするのは不当でアンフェアだ。……
http://bit.ly/13A58gf
posted at 05:27:41

RT @moi0101
小田嶋さん、年上の方に失礼とは存じますが、「あんたみたいなのが日本を貶めてるんだよ」と本気で思います。
RT @tako_ashi @t_ishin 「世界が日本だけを異常な人種扱い」してる事実なんてないと思うけど、あるんだとしたら、そりゃあんたのせいだよ。
posted at 05:27:45

RT @tako_ashi
おそらくあなたの言う「日本」と私が住んでいる「日本」は別の国なんでしょうね。
RT @moi0101 小田嶋さん、年上の方に失礼とは存じますが、「あんたみたいなのが日本を貶めてるんだよ」と本気で思います。
RT @tako_ashi @t_ishin 「世界が日本だけを……
posted at 05:27:50

RT @bokuhamoudamepo
別の日本ってなに?この世界には日本は一つしかないんですが。おそらくあなたの住んでる地球と僕が住んでいる地球は別の惑星なんでしょうね。
posted at 05:27:58


「日本人と日本」(笑) という150年に続く詐欺と詐術、
其の根幹からの再構築をし直さないままだから 論理の袋小路に陥る。
ニホンジンの右手と左手 な 20世紀のイデオロギーの残滓 の 典型的な自慰行為そのもの。
俺なんかは とっとと新国号を作っちゃった方が早い って言うだけ。
posted at 05:31:34
ニホンジンのコッカのニホン に未練なんかは欠片も無い。


RT @onodekita
慰安婦云々の前に、原爆投下じゃないのか。 どう考えても。
posted at 05:33:11













RT @tutinoue
ま、全部だけど。。 借りた方の責任を見えなくするために。。
posted at 23:55:32


RT @tutinoue
租借地
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%9F%E5%80%9F%E5%9C%B0
貸した国には潜在的な主権が存在するが、実質的な統治権は借りた国が持つ。
立法・行政・司法権は借りた国に移る。
グァンタナモ・ベイ バイコヌール。。
イメージはこんなんかな? 
posted at 23:55:33




RT @kadoduke
建物の間から 煙突の様なもの が見えた
http://t.co/EUAVOEfZzL
posted at 23:56:36


RT @kadoduke
築地本願寺 本堂脇の講堂前の窓越しに 電通(右の建物) が見える
http://t.co/HtFRUdNJgG
posted at 23:56:44


RT @kadoduke
本日の作業終了 明日もここだ
焼却炉らしきものを使用していたら 一体何を燃やしているのか 訊いてみたい
しかしだ 銀座にほど近い 築地本願寺 に 焼却炉 か…
posted at 23:57:01


RT @kadoduke
築地本願寺 煙突の全景 どうも焼却炉の煙突ではない気がする 解らない
http://t.co/1H2fOCc9yZ
posted at 00:02:58




posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

レ・ミゼラブル と マイナンバー。 自分より「下等な生き物」が死ぬのは仕方が無い、だから殺しても正当化される。

RT @tutinoue
今の状態って、
戦争を負けることが分かって、将校や官僚だけ先に本土へ帰って
置いていかれた満州の人達と同じだよね。
「負けさせる」から護送船団で守るのは、財閥企業だけで、後は置き去りで。
いや、もっと酷いな。
利用するつもりだから。
posted at 04:52:14
馬鹿で豚にすぎない一般民衆 を
・被曝地という強制収容所へ取り残し 囚人を番号で呼び 奴隷として活用する
・被曝した家畜の餌を与えながら 働きの悪い奴隷は家畜へ転用する
・奴隷に階級を与え管理運用をもさせる。
それが 経済効率の良い ウツクシイなコッカ の姿 なのだからね。

全ての命を一つのカネとする それが人類補完計画。




RT @GobyIresbrow
子宮頸がんワクチン:被害者家族「国はしっかり検証を」
http://mainichi.jp/select/news/20130516k0000m040143000c.html
posted at 03:14:14


RT @GobyIresbrow
<子宮頸がんワクチン>副反応 未報告例も調査(毎日新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000007-mai-soci
posted at 03:14:16


RT @FIFI_Egypt
?子宮頸がんワクチンで調査 厚労省、接種は中止せず ※この短期間の実施で副作用発生件数は1968件。
副作用の映像も見ましたが、生活に支障が出るレベル。何の利権が絡んで中止ができないのか?
今後、薬害訴訟が相次ぐのではないでしょうか?
ttp://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051601001338.html
posted at 03:14:20


RT @itoshunya
子宮頸がん予防ワクチン極めて個人的な意見ですが。仮に接種対象の娘がいても現在の厚生労働省や医学会の体制では接種は選択しない。
その理由はメリットデメリットを比較した時に、それらを客観的に証明する十分な情報がないし直ちに生死に関わる様な感染症でない。
子どもを危険に近寄らない予防原則だ
posted at 03:14:30


RT @dub314
子宮頸癌ワクチン。小学校6年生から高校1年生までの女子に対し、副作用があっても打ち続けるそうだ。
既に300万人以上が接種し、1900人以上の副作用報告の中で、300人以上の重篤な副作用報告がある。
未知なワクチンを見切り発車はどうなのだろう?
予防で苦しむ現状、見直す必要があるよね。
posted at 03:14:39


RT @toshi2133
2009年パンデミック騒ぎのあった新型インフルエンザはカナダで10人にも満たない重篤患者が出ただけで接種中止になったはず。
日本は何人どうなったら中止になるのか、基準も明確でない。
安全の基準を明確にすることが必要。
薗部・岡部は子供の命をどう思っているのか?
この二人が被害者を出す。
posted at 03:14:43


RT @hatatomoko
HPVワクチン副反応検討会終了。接種中止は議題になったが中止せずの結論。被害者連絡会の報告無視。
「全員意見を」との座長発言にもかかわらず最後は2人(GSKから金銭受領)しか意見表明せず結論。
ワクチン有効性について検診の資料・議論が一切ないのも問題。
検討会のあり方をまず検討すべき。
posted at 04:46:58


RT @GobyIresbrow
子宮頸がんワクチン副作用の例
http://mainichi.jp/select/news/20130516k0000m040143000c.html
症状が激しい時は足が勝手にばたついたり睡眠中に無意識に起きて歩き回ったりした。
月に症状が改善して登校を再開したが、再び痛み出したため3月中旬から休学。
歩行時は車椅子が必要だ。
posted at 04:47:03


RT @GobyIresbrow
子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)の副反応報告状況について
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000020b41-att/2r98520000020b99.pdf
ちょっと古いデータみたいだけど。。 副作用の種類がすごく多い。
posted at 04:47:05


RT @GobyIresbrow
ガーダシルによる犠牲者の記録ー 抄録 Guard your children against Gardasil !  
http://satouclk.jp/victims/cat17/
訳してみて驚くのは脳神経障害(てんかん、麻痺)の多さです。
それらは恒久的な障害となってしまうようです
posted at 04:47:10


RT @GobyIresbrow
サーバリックスは、グラクソスミスクライン ガーダシルはメルク社みたいだね
http://web177.net/index.php?gardsil%20risks
posted at 04:47:14


RT @GobyIresbrow
この間は、ノバルティスの血圧の薬叩かれてたし、、なんか業界であるのかな?
posted at 04:47:20


RT @GobyIresbrow
まさか、国民の安全のために報道するとは思えないので。。
posted at 04:47:24


RT @GobyIresbrow
2012年03月08日 「武田はグローバルリーダーに」
子宮頸がんの原因とされるヒト・パピローマウイルス(HPV)の全てをカバーするワクチンの
特許権を理化学研究所から導入(前臨床中) 
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2012/03/08-5755.html
これかもね。
posted at 04:47:29


RT @GobyIresbrow
ワクチン接種の副反応で痙攣が多いのはどうしてだろう 
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001sig7-att/2r9852000001siho.pdf
そのせいで後遺症としててんかんが残るなら、あの運転免許の話も、マッチポンプになるなあ。。
posted at 04:47:34


RT @sobtomk
ワクチン副作用報告1900件超 子宮頸がん
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051601001744.html
posted at 04:47:49











RT @masakarinuts
若い人は軍隊で教育されるといい、とか言うオジさんオバさん自身は
、映画フルメタルジャケットのハートマン軍曹がやるようなシゴキに耐えられるのかね。
自分はムリだ。だから子供達にもそんな目に遭わせたくない。
所詮は他人事だから勝手なこと言うのだろうね。
posted at 03:55:37


RT @touhokujinKTTT
自分の周りで9条改正だの核武装だの徴兵制だの尖閣だの竹島だの北方領土だの言ってる奴
って大体『自分は徴兵されないだろう』と思ってる『年輩』だわ。
話してて腹立つわ。
posted at 04:37:30


RT @masakarinuts
「徴兵制が始まってもいい、働かない人間を鍛えなおせばいい」
←強者の代弁者へと成り果てた弱者の見本。:樋口新一【職業:Truthseeker】
http://s.webry.info/sp/06020596.at.webry.info/201305/article_14.html
posted at 03:55:39




RT @wolvesknow
東電の勝俣や清水が、上野動物園で、檻に入れられてて、
子どもたちが、ばかたれーとか言いながら、エアガンで撃ちまくる、という夢なら見たが。
posted at 04:32:27


RT @sihouhappou
私はアベや高市とか竹中の子供から親まで山手線の鉄橋に吊るされて、一人一人吊るし落されるたんびに民衆が大歓喜する夢なら見ました。
posted at 04:32:34


RT @miyabinasekai
自分も見たいw
posted at 04:32:39


RT @wolvesknow
@sihouhappou なんて、ステキな夢を。笑 正夢だといいですね。
posted at 04:32:49


RT @sihouhappou
ステキすぎですが、起きた時は汗びっしょりでした。 民衆と言うのはげにも恐ろしいものだな
と思うと同時に「正夢」になりかねない この情勢というのがもっと恐ろしいです。
posted at 04:32:55


RT @wolvesknow
きちんと、返信しなければ、なのだが、酔ってて考えがまとまらない。
あ、バスチーユに向かった民衆とか、恨みを残さないため一族郎党を皆殺しにした中国の支配者とか、そんなのが浮かんできた。が、まとまらぬ。。。
posted at 04:33:04





RT @takec1068
2013年05月16日 ロシア業界の怖さについて‐ロッキード事件は日ソ関係から 戦闘教師ケン激闘永田町編 http://kenuchka.paslog.jp/article/2650329.html

実のところ、「ロシア政治」を専門とする御用学者たちは
本来「ソヴィエト政治」の専門家であり、
冷戦構造の意識と利権(政府との癒着)を そのまま引き継いでロシア政治を語っているため、
そもそも公正な視点など望みえない。

私の対ロシア認識を裏打ちするものとなり、自分の見立てを補強し、確信させるに至った。
なお、安倍総理の訪ロについては すでに解説した通りである。
http://kenuchka.paslog.jp/article/2647977.html


私の周囲には私を日露議員外交の事務方にしようと動いて下さっている方もいるのだが、
私自身は勘弁してほしいと思っている。

最近になって日露関係に興味を抱いた人たちは、日本で日露外交に関わることのリスクを知らない。
いや、鈴木・佐藤事件を知らないはずもないだろうが、「あれはあれで終わった」と思っている人が殆どだ。
だが、それは全く甘い。

ソ連でも、
1920年代の粛清はレーニン暗殺未遂に始まり、30年代の大粛清はキーロフ暗殺に始まった。
日本でも鈴木・佐藤事件の後、外務省におけるロシア・スクールは徹底的に排除され、
いまやロシア課は対米追従の踏み絵を踏まされたものが懲罰的に配属される部署と化しているのが実情で、
完全にルーチンの仕事をするだけになっている。


だが、歴史的には鈴木・佐藤事件などまだ「かわいい」部類に入ってしまう。
日露外交史における最大の粛清はロッキード事件だと言われているからだ。

一般的にはロッキード事件を陰謀論として捉えるものの間では、
「日中をやったから」とか「アメリカに根回ししないで(非米系)中東諸国から石油を買い付けたから」
などと説明されることが多い。

しかし、ロシア関係者の間では
「日ソ平和条約交渉に手を付けたから」
というのが隠れた定説となっている。

田中角栄は
1973年秋に西欧諸国を歴訪した後、10月にソ連を訪問、
鳩山一郎以来17年ぶりの首脳訪問・会談を実現した。

日本側は田中首相、大平外相、新井外務省東欧第一課長、
ソ連側はブレジネフ書記長、コスイギン首相、グロムイコ外相が出席。
4度に渡る交渉で共同声明の文案が検討され、平和条約交渉の再開が確認された。
1.双方は、第2次世界大戦の時からの未解決の諸問題を解決して平和条約を締結することが、両国間の真の善隣友好関係の確立に寄与することを認識し、平和条約の内容に関する諸問題について交渉した。双方は1974年の適当な時期に両国間で平和条約の締結交渉を継続することに合意した。
(日ソ共同声明、モスクワ、1973年10月10日)



共同声明と平和条約交渉に際し、日本側は
「第2次世界大戦の時からの未解決の諸問題」
の中に北方領土問題が含まれるかどうか確認しようと試みるが、
ソ連側は頑なに
「領土問題は一連の国際協定と条約によって解決済みであり、日ソ間に領土問題は存在しない」
とのスタンスを固持する。

3度目の交渉に至り、田中総理は
「これでは共同声明は出せない。我々は共同声明を出さないまま帰国する」
と最後通牒を突きつけると同時に、
「但し、この我々の最終案に同意するなら共同声明にも承諾する」
と述べた。
ソ連側は別室で一時間に渡り協議した後同意、直後に協議が再開され、共同声明に至っている。


ディプロマシーで俺も良くやったなぁw そういうのをw
というか コレが外交だよね



この時、田中角栄が
「未解決の諸問題のうち、最も重要な問題は四島、
 すなわち歯舞、色丹、国後、択捉であることを確認したい。
 諸問題の中に、四つの島が入っていることを確認するか」
と、4本の指を突き出すと、
ブレジネフは渋々「ヤーズナーユ(承知している)」と答えるが、
角栄がさらに「それでは弱い。イエスかノーか、ハッキリ確認願いたい」と迫ると、
ブレジネフは「ダー」と肯いた、とされる。
これについては、ブレジネフは「ダー」と呟いただけ、あるいは肯いただけとする説もある。

後に角栄は、
「ブレジネフはなかなかのもんだよ。まぁ、領土返還は平和条約を結んでからだな」
と語っている。

他方、グロムイコはその回顧録などで田中角栄を「タフネゴシエイター」と認め、
学歴も無い中で自民党の頂点に上り詰めた手腕を高く評価、
平和条約交渉を再推進するために不可欠の存在だとした。


今の ニホンジンのコッカのニホンの外交 をして そしてTPPを考えれば
 どう見ても単なる降伏文書にしか見えない
と だから俺は書くんだけどね。


当時、ソ連は中国と深刻な対立に陥り、米中が国交を回復させるに至って絶縁状態に近くなった。
西欧諸国とはチェコスロヴァキア介入の影響で緊張が続いており、
ソ連は第二次世界大戦終結以降、最大の危機を迎えていた。

ソ連指導部としては、米中を牽制するためにも東アジアに楔を打ち込む、
あるいは安全保障上の担保を確保することが至上命題であり、
田中角栄からのアプローチは「願ってもない幸い」だった。

しかし、逆にアメリカからすると、
せっかく心血注いで米中国交を回復させ、
アジアにおける対ソ包囲網が完成しようとしている時に、
「ポチ」がノコノコとソ連に赴いて仲良くしようのだから、
「のび太のくせに生意気だ!」となるのは当然だった。

ロッキード事件は田中内閣が総辞職した後に発覚するが、
その政治生命に致命傷を与え、
その後角栄が日ソ交渉に関係する機会は二度となかった。

そして、外務省は
今日に至るまで田中・ブレジネフ会談の記録を秘匿し続けており、
日ソ平和条約案の検討がなされたこと自体を否定し続けている。


非常に面白い。
小沢が安倍政権などのTPP外交を否定的に言いだすのは
こういう事を知っているからだろうね。

其れを踏まえた上での 先日の安部-プーチン会談を考えると
 安倍が如何に釣り餌にされているか
としか俺には思えないんだけどね。

対日包囲網を自ら造り出す安倍はバカ丸出しで有るし
ニホンジンのコッカんニホンという古代のカルト宗教に溺れるキチガイ集団は どうしようもなく病的だ。

posted at 04:42:16


RT @takec1068
一般的にはロッキード事件を陰謀論として捉えるものの間では、
「日中をやったから」とか「アメリカに根回ししないで(非米系)中東諸国から石油を買い付けたから」
などと説明されることが多い。
http://kenuchka.paslog.jp/article/2650329.html
posted at 04:42:19


RT @takec1068
しかし、ロシア関係者の間では「日ソ平和条約交渉に手を付けたから」というのが隠れた定説となっている。 http://kenuchka.paslog.jp/article/2650329.html
それだけ田中角栄が稀有な政治家だったって証左でもあるよなぁ・・・
日中関係でもアメリカの先をいってキレさせたり・・・・
posted at 04:42:22



RT @NakamuraTetsuji
B層の原資料です
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
RT @izki_toyama 6.3号の雑誌「プレジデント」のこの記事が面白い。政治があまりにも、B層を気にしすぎです。
https://pbs.twimg.com/media/BKTHW4xCMAAuB7S.jpg
posted at 04:45:14


RT @takec1068
コミュニケーション戦略フォーカスガイド
@これまでの構造改革の成果をしっかりと伝えること
※構造改革のうち、ネガティブに捉えられているそれ、との類推を極力避けるとともに、可能な限り、それを想起させないこと
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
posted at 04:45:17


RT @takec1068
A旧来型話法ではなく、可能な限り「客観的第三者」発話を利用、それを味方化した発信に。
Bターゲットの理解促進に即した新しい媒体・ビークルを検討する。
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
いまもしっかりやられている気もするなw
posted at 04:45:20


RT @takec1068
メディア戦略@ フライヤー(折込チラシ)で形成する価値 今回提案したいフライヤーは、
「構造改革通信」ないし「なるほど構造改革新聞」等、
構造改革全体をわかりやすく伝達する「新聞」もしくは「情報誌メディア」の啓太を取ることが重要
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
posted at 04:45:23


RT @takec1068
新聞本誌ではなく、フライヤーとすることの価値
@メディア接触率 A可搬性(ポータビリティ) B実績 C経済効果
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
posted at 04:45:26


RT @takec1068
メディア戦略A
@内閣府提供テレビ番組における対談の放映
  そこが知りたい構造改革
A内閣府提供ラジオ番組における対談の放映
  小泉首相ラジオ演説 等の既存提供番組での効果的な露出で、メディアミクスを図るとともに・・・・
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
posted at 04:45:31


RT @takec1068
コンテンツ戦略 竹中大臣と佐藤雅彦氏による、ダイアローグ第二弾
「(なるほど、郵政)民営化ってそういうことだったのか会議」
仮称 ・客観的第三者(権威&信頼性)による、もっとも平易化されたコンテンツ配信
http://tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf
posted at 04:45:34


RT @takec1068
このころの自分は完全にこの戦略に まんまと騙されていたわ。
posted at 04:45:38

・新聞に書いて有った
・テレビで そう言っていった
・ネットに有った ←今ココ
其の程度の水準の情報流通に負けるのは
古今東西に問わずに社会の圧倒的大多数を構成する“馬鹿で豚にすぎない一般民衆”の普通の事象でしかない。
だから そういう電通の宣伝の技術の下僕へ簡単に陥る。 
資金も人脈も人材も技術も 豊富に有る、ならば どうやって逆転させる?

だから俺は 根底から覆す つもりなんだけどね。
いや 冗談抜きに。




RT @kengo_man
田中康夫のニコ生で、
民主党の反省会の日、プロレス会場へ足を運んで観戦していたのが、あの野田佳彦だった
ということを知り、もう只々呆れてしまいました。
民主党を粉々に粉砕し、玉翠解散でジミンの圧勝を許した そもそもの原因が野田であるのに、
まさかプロレス観戦やってたとは・・・
posted at 04:45:51


RT @surouninja
どうやらSkypeのインスタントメッセージがMicrosoftに閲覧されている様だね。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/skypemicrosoft.html
posted at 04:46:12


RT @GobyIresbrow
そして、この「ドワンゴ」の取締役も、麻生太郎の甥、麻生巌という人でした。
つまり、「ニコニコ動画」も「ドワンゴ」も、巨大な麻生グループの元に置かれていた、ということ。
http://mfsgt.com/asoutarou_musuko/
posted at 04:46:35


RT @tutinoue
戦時中に行われた特攻が、
志願を建前にして始まったにもかかわらず、いつしか自発的志願だけでは要員が不足するようになり、
志願を強要する(言語矛盾)ようになり、
志願するまで兵士を軟禁、あるいは罵倒するといったことが常態化した。
敢えて言えば今日の「リストラ室」が似ているかもしれない
posted at 04:49:11


RT @tutinoue
参議院 内閣委員会 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/koho/183/nittei/ni1100063.htm
マイナンバーや、道交法も審議されています。中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
posted at 04:49:28


RT @tutinoue
総務委員会も、マイナンバー関連法案
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/koho/183/nittei/ni1100064.htm
環境委員会は 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/koho/183/nittei/ni1100073.htm
ですね。
https://twitter.com/tutinoue/status/334250637934088192
posted at 04:49:32


RT @tutinoue
生活の党 新潟選挙区  参議院議員森ゆうこさんの ブログ  両院協議会
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2013/05/post-3985.html
posted at 04:49:38


RT @kokkai_live
参内閣委は道交法改正法案(参先議)を全会一致で可決。
芝博一さんが付帯決議を提出。
無所属の糸数慶子さん(今夏沖縄改選)も提出者に。
これで、本会議で代表質問が済んでいるマイナンバー法案が審議できます。
posted at 04:49:54


RT @tutinoue
マイナンバーとプライバシー:識別子と超過リスク
http://www.sakimura.org/2012/10/1829/

性質の違う識別子を統合してしまうと、名寄せに関して大きな超過リスクが生じる。
連携のコストは非常に安く、超過リスクを正当化することにはならない。
したがって、税・年金共通番号はスジが悪い。
posted at 04:50:41

いつもの理系の人の文章の如くに、極めて「文節や単語」の選択が甘い。というか悪い。
だから説得力が落ちる。
誤字脱字に気を付けているのだろうが
「変換の甘さ」から生じる「説得力の甘さ」等々には何故か気付けない。
それは 東大の名誉教授だろうと市井のモノで有ろうとも ほぼ全くに同じ傾向に有る。

散々に そういう文書を読み漁ってはコピペしまくってきた俺は そういう「性癖」も見えてきてしまう。

そういう「知性の高さ」 と そういう「説得力」の高さ は平等に生じるモノでは無いんだけど
理系の思考しか出来ないくせして“自分の頭が悪いはずは無い”者達は
大概に ほぼ全く同じ傾向の文章を書く。

まぁ 俺が校正してコピペすれば良いだけ なんだけどね。 いつもの如くに。
だけど 其の程度 な人達は
よく「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」へ責任を転嫁できるなぁ と いつも思う。



2010/12/13 無情社会と番号制度〜ビクトル・ユーゴー「ああ無情」に見る名寄せの危険性
http://www.sakimura.org/2010/12/686/
このジャヴェル警視の超能力、

(1) 何十年たっても絶対に忘れない。
(2) 超人的な探索能力を持っている。

は、実はインターネットの特性そのものなのだ。

人は忘却する動物。
それが許しに繋がる。
人はそれを前提に行動する。

だがインターネットは忘れない。

ヴィクトル・ユーゴーの「ああ無情 (Les Miserables)」の
主人公の1人のジャン・ヴァルジャンは、
若き日に飢えから一切れのパンを盗み投獄される、
出所後に神父の赦しと愛に触れ更正し、
名前と姿を変えて聖人のようになって、社会に貢献し、人々を救い、生きていく。

もう一人の主人公のジャヴェル警視は 人並み優れた正義感と能力を持った超人で
(1) 何十年たっても絶対に忘れない。
(2) 超人的な探索能力を持っている。
という超人的能力をもって、ジャヴェル警視は
「法の正義」に基いては 繰り返しジャン・ヴァルジャンを奈落へ落としてゆく。

これに、
(3)「見える不変の汎用番号」の配布と使用
を加えてみよう。
これによって、「過去の私」と「現在の私」、「職場の私」と「プライベートの私」などの名寄せが
ごく簡単になってしまう。
まさに、だれでもジャヴェル化計画の完成である。

「ああ無情」のジャヴェル警視のように忘れない人を非情といい、その被害を無情という。
インターネットへの、「汎用不変番号」に代表される識別子の不注意な導入・利用は
インターネットを誰でもジャヴェル化する。
そして、そこに現れるのは「無情国家」なのである。


2011/01/01 無情社会と番号制度〜ビクトル・ユーゴー「ああ無情」に見る名寄せの危険性(2)
http://www.sakimura.org/2011/01/1897/


ジャン・ヴァルジャンの「娘」であるコゼットには 婚約者にして夫となるマリウス が居た。
その後にマリウスとコゼットが結婚した後、
ジャン・ヴァルジャンは、
 実は自分はコゼットの親ではなく 育てただけ で、
 しかも自分は元徒刑囚である
ことを打ち明ける。

その結果、ジャン・ヴァルジャンはマリウスに打ち捨てられる。
そして、マリウスはコゼットの持参金の出所にも疑いを持ち、それを調べ始める。
もちろん、断片的な情報しか手に入らない。
が、それらを繋ぎ合せて彼はある「事実」を手にする。

・財産は、昔微罪を犯したが更生し、
 ビジネスで大成功し、病院を建て学校を開き、病人を見舞い、孤児を引きとって育てるなど、
 その地方の守り神となり、市長にまでなったマドレーヌ氏のものであった。
・ところが、ジャン・ヴァルジャンはマドレーヌ氏の旧悪の秘密を知っていて、その人を告発し捕縛させ、
 その捕縛に乗じてマドレーヌ氏のものである50万フラン以上の金を引き出した。
 この引き出し事件は、銀行員から直接聞いているので確かだ。
・さらに、ジャン・ヴァルジャンは私怨によって、ジャヴェル警視もピストルで殺害した。
 これは、自分がピストルの音を聞いているので確かだ。

だが事実は違う。
マドレーヌ氏=ジャン・ヴァルジャンだからだ。
よってジャン・ヴァルジャンはマドレーヌ氏の財産を奪ったわけではない。

ジャヴェル警視も
 殺害されそうになっていたところを
 ジャン・ヴァルジャンの機転によって命を救われている
である。

しかし、マリウスの集めた断片的な「事実」では、
まるで真実とは異なる結果しか出てこなかったわけだ。

調べた時に断片的な「事実」が出てくる
というのも また「インターネットの特徴」なのである。

「真実」とは事実の一側面でしかなく
部分的に抜き出せば 「真実」と「事実」は 大きく違う見方をさせてしまう
という事は少なくない。
インターネットは その危険性を常に孕んでいる。

物語は物語らしく、偶然にも真実を伝える使者が現れるかもしれない。
しかし現実では、そんな都合の良いを期待が出来ない。

レ・ミゼラブルの最終章のタイトルは「極度の闇、極度の曙」である。
ああ無情 の レ・ミゼラブル では、曙を迎えて物語は終わる。

2011年は日本では「国民ID制度」が、
アメリカではNS-TIC(信頼できるサイバースペース上のアイデンティティに関する国家戦略)が
大きな進展を見せそうである。
これらの制度が、技術・制度・教育の対策をバランスよく進め、
われわれに曙をもたらしてくれることを祈念してやまない。


2011年1月1日 http://gihyo.jp/lifestyle/column/newyear/2011/national-id-prospect?skip
この制度の導入によって,年間1兆円の特需が恒久的に続く
などといって,株価が上がる企業まで出る始末だ。

この「番号制度」,
番号を人に振って行政効率をあげると共に,
必要な人に必要な援助を差し伸べよう
という大変に結構な話だ。

IT戦略本部の電子行政に関するタスクフォースなどを見ている限りでは,
分野別の利用番号と,名寄せのキーとして使う番号を峻別して,
後者は見えない番号にするというような妥当な形で進んでいる。

ところが,それを取り巻く報道などを見ると,
そうではなくて「見える不変の汎用番号」を人に振ろうという話が散見される。

私自身,業務効率化のために「不変の番号」を導入するのにはやぶさかではない。
だが,名寄せによるプライバシー侵害などの副作用を生むから,それは見えてはいけないし,
必要ならば変更も可能でなければならないと思っている。

しかし,この脅威,なかなか一般にはご理解いただけないようだ。

曰く「プライバシーの脅威と批判されても……。番号制がもたらす脅威とは具体的にどのようなものか?」

この問題,なにも「番号制度」に限ったものではない。
普段に私達が使っている 「番号」や「アドレス」に関しても 「共通と“なってしまう”」 。


http://www.sakimura.org/tag/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc/
マイナンバー : .Nat Zone

マイナンバーは、秘密にした方が良いのか?
http://www.sakimura.org/2013/03/2005/
あ、(4)国家による監視というのもありましたね。
でも、そこら中に監視カメラやらNシステムがある状態で番号が増えたから
といって そんなにリスクが増えるもんですかね。

(フロリダ州オーランドにて)

民主党精魂頃の文章と比べると 全体的に随分と引き気味ですなぁw それも処世術なのでしょう。
あの高木博光が噛んでいる段階で もう分かりやすいアレですけどね。

千葉市に住む俺も 自分が集団ストーカーを実体験する前ならば 話を甘く書いたりもするだろうけど、
 ブログを書く
たった それだけで とっても不思議 不思議 になるんだからね。

それに俺自身は“馬鹿で豚にすぎない一般民衆”の中の一匹でしか無いから
 国産牛の識別番号の如くに 屠殺 を前提にした話
としか思えないんだよね。

屠殺を指示する側 と 屠殺を実行する側 と 屠殺をされる側
では 識別番号へ対する感情が全く違う と思うんだけど、
頭の良い人達が 其の辺りの感情を理解できない というのもまた とっても不思議 不思議だよね。

結局に
 “馬鹿で豚にすぎない一般民衆”を大量虐殺して民族浄化をする事へ対し
 心の底から反対が出来ない
な程度の者達は その性根や性癖が最後には出るよね。
自分よりは「下等な生き物」が死ぬのは仕方が無い、という価値観や美意識がね。



RT @kurieight
戦争に負ける と知ってて言えなかった。
経済が続かない と知ってて言えない。
放射能で死ぬ と知ってて言えない。
posted at 04:52:35
“其れが理解できない「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」が悪い”とか 俺は思う事すら今はしない。
馬鹿で豚にすぎない一般民衆 に何が出来る? 出来る訳が無いじゃん。

そういう啓蒙が出来なかった俺の無能が悪い。
そういう情報流通を拡大できなかった俺の無力が悪い。
己の力量不足が最大の原因と考えて もう「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」や他者へ責任転嫁が出来ない。



RT @tutinoue
世界の真実の姿を求めて! 郵便局、空港、社会保険庁、検察情報は外資IT企業が握っている。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-date-201006.html
アジアの「軍事管理者」アクセンチュアは、
日本人全員の指紋、パスポートの顔写真、住所、氏名の「入手」が目的である。
posted at 04:51:15


RT @tutinoue
総務省 平成22年12月24日 「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドラインに基づくSLA参考例」及び「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン第1.1版」の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_01000009.html
posted at 04:51:20


RT @tutinoue
ASP・SaaS は、おおまかにいうと クラウドのことで、医療情報を クラウド化するのに、まんなかに大きな機関を作ろうという話のようでした。
posted at 04:51:23

もう やりたい放題だな


RT @h_hirano
NTTドコモがLINEと提携。最も提携しにくい相手と提携とは!?
記事を読むと、ドコモ端末上にLINE画面を新設。登録した友だちのボタンを置き、ボタンを押すだけで電話がかけられるようにする。
しかし、通話は有料。
きわめてオジサン的発想といわざるを得ない。ドコモの戦略は何か狂っている。
posted at 04:38:32


RT @GobyIresbrow
個人情報集めに決まってるじゃん!
posted at 04:38:36





RT @tutinoue
「国際的な子の奪取に関するハーグ条約関係裁判例についての委嘱調査」報告書 2011年5月24日 日本弁護士連合会
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/hague/pdfs/hokoku_h23_03.pdf
あるいは、返還例外事由についても、「なじん だ」「同意・追認」「異議」「重大な危険」の認定には必然的に解釈を伴う
posted at 04:51:26


RT @tutinoue
平成18年11月27日 内閣府民間資金等活用事業推進室 「PFI 事業に係る民間事業者の選定及び協定締結手続きについて」 PFI 関係省庁連絡会議幹事会申合せについて
http://www8.cao.go.jp/pfi/pdf/181127kanjikai.pdf
当該事業を適切に実施できる能力を有する民間事業者のみに~入札
posted at 04:51:31


RT @tutinoue
民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の改正案は、16日の内閣委員会で始まるようです。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
posted at 04:51:34


RT @tutinoue
民間資金活用資金推進室 
http://www8.cao.go.jp/pfi/index.html
PFI手法を活用した震災復興案件の募集について
http://www8.cao.go.jp/pfi/fukkou_ankenboshu2013.html
今回の案件募集は、平成25年度予算成立後、速やかに調査・検討を開始できるように予算成立前に募集手続きを行うものです
posted at 04:51:37


RT @tutinoue
平成24年9月20日 復興庁 内閣府 PFI手法を活用した震災復興案件等の支援対象案件の選定について 
http://www8.cao.go.jp/pfi/hisaichi/ankensentei.pdf
 日本PFI/PPP協会 電通 とか。。
posted at 04:51:40


RT @tutinoue
第4回PFI推進会議 平成24年11月30日開催(持回り開催)
http://www8.cao.go.jp/pfi/kaigi/kaigi_shiryo_01.html
参考資料1 各省庁におけるPFI推進の具体的取組 [PDF形式:101KB]
http://www8.cao.go.jp/pfi/kaigi/shiryo_04-s1.pdf
posted at 04:51:43


RT @tutinoue
省庁が考えるPEIに出来る事業
http://www8.cao.go.jp/pfi/kaigi/shiryo_04-s1.pdf
上水道施設、医療施設、社会福祉施設 卸売市場、農業集落排水施設 関西国際空港及び大阪国際空港 国管理空港等 鉄道 港湾 警察施設 (公立学 校、国立大学法人、Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業
posted at 04:51:47


RT @tutinoue
あらゆる物が検討されていますが、今の法案では、官民でファンドを組んで、出資し、優先株劣後債の組み合わせで15年後には株式を処分することになっているので、民営化されちゃうことになります。
posted at 04:51:51


RT @tutinoue
民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.cas.go.jp/jp/houan/183.html
は こちらからご覧になれます。
マスコミは殆ど報道していない。危険です。
posted at 04:51:57



RT @tutinoue
GDPが年率で3.5%上がると1面で見出し。
そりゃそうだろうよ。
我が家では、今までと同じく食料の買い物に行くと、みんな値上がりしていて元の予算じゃおさまらない。
確実に3,5%以上 食べもの高くなってる。
posted at 04:52:07


RT @tutinoue
小麦と、油が上がると、何でも高くなるか、サイズダウンしてる気がする。
ペット飲料も、洗剤も 容量減ってるし。。
posted at 04:52:11


RT @ompfarm
今夜のニュース9でも「高級車が売れている」と景気回復報導。
600万の車を誰が気前よく買うのかって、そりゃ高額所得層の株バブルでしょうに。
参院戦に向けて、アベノミクスのデフォルメをマスコミが始めたようですね。
posted at 04:52:19


RT @tutinoue
本当のお金持ちが買うのは、貴金属、土地でしょう。
あらかじめ時期を教えてもらった債券とか。。(笑) 
おこぼれなんてあるわけがない。忙しくなるだけで。。
posted at 04:52:22


RT @kiraramaron
このタイミングで…
 http://www.asahi.com/politics/update/0515/TKY201305150587.html
 生活保護費、8月分から減額へ 2年で6.5%カット 
引き下げが終わると、国の生活保護予算は今より年670億円(6・5%分)減る。
「物価下落」を主な根拠として挙げている。
posted at 04:52:31


RT @tutinoue
5月17日 12時31分 Reading:生活保護法改正案など閣議決定 NHKニュース
http://nhk.jp/N47W68zW
posted at 23:55:35


RT @tutinoue
自治体の調査権限を強化し、受給者を扶養できない
と答えた親族に対して理由の報告を求めることができるようにする
とともに、不正受給に対する罰則を
「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げ、
不正分の返還金を4割加算
posted at 23:55:39


RT @tutinoue
産主義っていうのは、イズムをお題目にかかげた、私有財産の奪取および私物化だと思っていたけど、
今、行われているのは それ だと思う。
お題目は、「減災」だの、「不正受給を防ぐ」だの、「公共のため」だの、、。
出してくる法案、こんなのばかり。
posted at 23:55:43




RT @buriifumiso5
【参考資料】トリチウム トリチウムについて その1
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/what_is_tritium_01.html
本格稼働なれば、毎年2000兆Bq以上のトリチウムが液体や気体の形で環境に放排出されることは確実だ。私は青森県北部、津軽海峡を挟んで北海道最南端部はもう人の住める場所ではなくなると思う。
posted at 04:38:59


RT @tutinoue
【福田昭のセミコン業界最前線】 放射線とコンピュータと福島原発事故
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/20110324_434507.html
ガンマ線(X線)は、PCやサーバーなどの筐体はもちろんのこと、半導体チップの樹脂でも完全には遮へいできない。
posted at 04:51:08


RT @tutinoue
【福田昭のセミコン業界最前線】 放射線とコンピュータと福島原発事故
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/20110324_434507.html
使用済み燃料から放出するガンマ線を閉じ込めないと、
電子機器はもちろんのこと、そもそも、人体への危険性が減少しない
posted at 04:51:11




RT @touhokujinKTTT
太陽フレアといい、何かめちゃくちゃ『怪しい』んすけど。
→ http://www.cnn.co.jp/fringe/35032144.html
ケプラー宇宙望遠鏡が故障、太陽系外惑星探査に暗雲
posted at 04:34:26


HAARP Magnetometer
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi
期間を 1month にして見ていくと、HAARPが少しヤバい感じ。
posted at 04:37:17


RT @touhokujinKTTT
またまた発生時刻が8時46分 八戸沖の地震ですが。 velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/16/6812433
posted at 04:37:46



RT @desupehannari
原発ッつー名の核地雷が。。。関東には、GWに砲爆・・・放流したけど。
んんん、最悪、衆参選挙しなかったりしてね。。。出来ない状況ってね。。
posted at 05:00:33


RT @o_sh
安売りの準備。
RT @HEAT2009
日本郵政。
成長戦略の柱だった新規業務は、TPP交渉に絡んで米国の批判を浴び、認可見通しが立たない。
収益増加見込めずコスト削減も一巡するため、14年3月期連結純利益は前期比約4割減 
ttp://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASFS15033_15052013EE8000
日本郵政、最高益5627億円 13年3月期 2013/5/15

日本郵政が15日発表した2013年3月期の連結純利益は前の期比20.0%増の5627億円だった。07年10月の民営化以降で最高益。4期ぶりの黒字になった郵便事業が業績を押し上げた。ただ、グループ全社が減収となっており事業環境は厳しい。今期の純利益は4割減る見通し。15年秋を目指す株式上場計画にも影響が出そうだ。

郵便事業の純利益は311億円。昨年の衆院選に伴う郵便部数増や配送見直しなどのコスト削減が寄与した。ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険も2桁の増益だった。ただ、取扱郵便物数や保険契約減少に歯止めがかからず、売り上げに当たる経常収益はグループ全社で減った。
まさに息を吐くように嘘デマ扇動を吐く、日通の破綻処理が終われば こんなもん であり
・コイズミカイカクが如何にキチガイ沙汰な強奪劇でしか無かったか
・民主党政権の時の亀井が金融相が如何に良かったか
の証明でしか無い。
其の事を言わない日経の意図がミエミエ。
つまり タイミングを図って必ず 郵貯の強奪を仕掛けてくる だろうね。

此の事を想定する事は あまりにも簡単な話でしか無く
 安倍政権の発足直後に郵政の話を真っ先に考える
は 当然の作戦級の判断 でしかないよね。
あの時に少しでも 情報収集をして頂けた人達が居た事は 本当に助かります。

ただ俺のように頭が悪い人間では どうしても限界が近い。
本当に知性の高い人達 は 何を根拠にして自分を保っているんだろうね。


成長戦略の柱だった新規業務は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に絡んで米国の批判を浴び、認可取得の見通しが立たない。
そもそも必要も無いのに始めた理由が 天下り先の確保 や 三井系の強奪だけ な話を何故か言わない。
収益増加が見込めずコスト削減効果も一巡するため、14年3月期の連結純利益は前期比約4割減の3500億円となる見通しだ。
そもそも そんなに利益を過剰に出す理由 が無い。
何故に公共性の高い事業が利益を過剰に出す必要性を求めるの?
其れこそ民業圧迫そのものだよね、バカジャネーノ。
よく 日経 という名前で 此の記事が出せるね。
日経と書いて 極悪非道な詐欺師 と 読む、と子供へ伝える事は 何一つに問題が無いよね。


政府は郵政株の売却収入を復興財源に充てる計画だが、
民間投資家が中長期の成長戦略を示せない郵政株に投資するかは不透明な状況だ。
そもそも 其処への民間の投資も要らないし だから売却も不必要。
とはいえ そんな事を日経が言ったら 皆の党の御題目が消滅するねw
やる事 為す事 の全てが馬鹿の丸出し。
カネ カネ カネ カネ と貪る事 と カルトの教条 だけで生きているから
キチガイ丸出しで生きている自分達 へは 全くに理解が及ばないんだろうね。




同日公表したゆうちょ銀行の13年3月末時点の国債保有額は約138兆2000億円で、前年同期末に比べて約6兆7000億円減った。低金利の長期化で、収益を確保するため外国証券や短期社債などの運用額を増やしたという。
消えたね。
posted at 05:00:55


RT @desupehannari
郵政やらカンポやら、ココも日本国債問題で表に出るわね。
posted at 05:00:57


RT @desupehannari
ミサイル的な発想を考えると、日本海側じゃない気がするんだな。
放射能ほったらかしの東北、フクイチへ〜みたいな。。。
posted at 05:01:16


RT @desupehannari
フレアフレア五月蠅ねーなw 核でオゾン層に穴空けたんだっつーの。
まぁ、太陽光(放射線)が強くなるのは、マチガイねーんだけどさ。
マグマの動きだなぁ。。 それを助長させる為の人工爆破もかましてるし。。うぜー。
posted at 05:01:23


RT @desupehannari
福島、宮城で頻発する 人工地震 の何かを隠す為な気もするが。。。
http://desuperado.seesaa.net/article/344125965.html
posted at 05:02:40


@nYo_bettycat530
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/14/6810347
インドのテレビ番組らしいのですが、津波爆弾(ツナミ・ボム)についてやっています。velvetmorning blog 2013/05/14
posted at 05:07:57



誠天調書 2013年05月15日
何故に2013年のプロ野球で本塁打が増えたのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/361322432.html
posted at 00:50:02


RT @takec1068
なぜできた?巨人25年ぶりライトゴロ 長野2週間前から「狙おう」(スポニチアネックス) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000072-spnannex-base
0―0の2回2死満塁、投手・グライシンガーの強烈な当たりが一、二塁間を破る。前進守備を敷いていた右翼の長野は猛チャージ。捕球すると、内野手のような小さなモーションであえて一塁へワンバウンド送球。巨人では88年呂明賜(ロ・メイシ)以来25年ぶりの「ライトゴロ」を完成させ、先制点を防いだ。「チャンスがあればと思っていた。(打者が)投手の時には前に守るので。狙ってワンバウンドを投げました。たまたまですよ」とうなずいた。

打者が一塁まで到達するタイムは4・20秒を切れば平均以上とされる。グライシンガーはこの時、4・48秒かかった。ただ、このビッグプレーはグライシンガーの油断だけでは生まれなかった。通常、満塁で右前打が出た場合、一塁手はカットマンとして中継の位置へ動く。しかし、長野とロペスは2週間前から「狙おう」と話していた。直前にもマウンドに内野陣が集まった時、ロペスへ「ホセ!」と呼び掛け、身ぶりでライトゴロ狙いを指示。だからロペスは「打たれた瞬間、迷いなく一塁ベースについた」。原監督も「予想、準備というものが生んだプレー」と評した。

▼巨人・大西外野守備走塁コーチ(長野の右ゴロについて)打者が投手で、外野手がチャージしている時はあるよ、と昨年から話していた。準備がしっかりできていた。
こういうプレーへの準備ができている状態ほど怖いものはない。原巨人は手強いと痛感する。
posted at 04:41:53


RT @takec1068
がんばりすぎないようにしながら、自分が苦痛を感じない程度にがんばることは怠らないのが、自分なりの「長く頑張り続ける」秘訣かなと思っている。今日もぼちぼちといきまっせ
posted at 04:42:09




RT @takec1068
ノーブラ女子が増えている!?ノーブラで外出OKが29.3% | 「マイナビウーマン」 woman.mynavi.jp/article/130512…
posted at 04:42:31


つーかブラとは「胸を隠す物」ではなく「胸を吊るす物」なので。
posted at 04:45:01

RT @GobyIresbrow
wwwww いいえ。 ブラは胸を「盛る」モノです。
posted at 04:37:01


RT @GobyIresbrow
男は、きっと別の使い道があるんでしょうから。。
posted at 04:37:04


http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=msie7&p=%E5%A4%A7%E8%83%B8%E7%AD%8B%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
posted at 04:38:22


RT @kawauchihiroshi
フォローしていただいたら、フォローを御返しする。
そして、双方向のコミュニケーションが生まれる。
現職時代には、忙しくて気付かなかったことに気付く。
皆さん、ありがとうございます。
posted at 04:38:50


RT @kawauchihiroshi
ツィートの過去ログって、どのくらいまで遡れるのだろう?
posted at 04:38:53


RT @nasukoB
「わたしはなんでこんなにバカなんだろう」
「もっと賢く生きられるんじゃないか」
…もしかしたら、こういう「理想の賢い自分」自体が幻影なのかもしれませんね。
http://d.hatena.ne.jp/nasukoB/20130216/1361004890
posted at 04:41:21


RT @nasukoB
過去に生きるか、未来に生きるか考えてる - なすこ置き場 (id:nasukoB)
http://d.hatena.ne.jp/nasukoB/20130516/1368719116
posted at 04:41:24


RT @GobyIresbrow
「今に通用する能力」が高い人は、未来の自分のエリアを広げることができるかもしれんけど、
「今に通用する能力」が、結構に「人の分を奪うことにたけている」になってるから。。
あるいは、「脳内エリアの拡大」か。。。
posted at 04:41:51


“一面的な方向からだけ見た「頭の 良い悪い」では判断できない人達”を見つけるのは
それ程に難しい事ではない、と思う。
人には良い面も悪い面も有る。その多面的な視点 その多様性を受け止めていく。
つまり ソレは頭に被る物 という人をも受け止めていくべきであろう、と俺は思う。
posted at 05:05:39




posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

世界で初めて“津波の被害を受けた原発”は、2004年のスマトラ沖地震の時のインドのタミル・ナードゥ州カルパッカムのマドラス原子力発電所

https://twitter.com/mkt5126/status/335124483159511041
@nYo_bettycat530 @taru_eito
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/14/6810347
インドのテレビ番組らしいのですが、津波爆弾(ツナミ・ボム)についてやっています。: velvetmorning blog 2013/05/14

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/335650674962477056
@mkt5126 @taru_eito お疲れ様です。
この動画 https://www.youtube.com/watch?v=odn_mqAdL3E
友人に解析をお願いした所、タミル語(インド南部やスリランカで使用)を話している為に
・・・理解できませんでした。 泣) 
誰かタミル語が分かる人いないかなぁ・・・

https://twitter.com/mkt5126/status/335761208529534977
ありがとうございます。
少しでも可能性が有る人を と思って いきなり話を振ってしまいました。
其処まで分かるだけでも俺からしたら絶対に不可能なので本当に助かります。
そちらも大変な事が多いと思いますが ボチボチと頑張ってくださいね。
本当に ありがとうございました。

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/335775718300598272
タミル語だとのことですので、
これが公用語になっているスリランカ人orシンガポール人なら理解できる様です。
また何か分かれば、追ってご連絡します。
いつも情報有難う御座います。有り難いお言葉感謝です。ボチボチと頑張ります!

タミル語としても
それすら俺には皆目に分かりませんでしたから、ネットを通じて 瞬く間に情報が先に進みますよね。
タミル語はシンガポールでも公用語 というのも 中々に面白い話です。


https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/335650674962477056
@nYo_bettycat530 私は聞き取れませんが
文字からするとタミル語ではなくテルグ語じゃないかと思います。
インドのアーンドラ・プラデーシュ州の言葉です。

https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/335935196874539008
早う御座います。ミスってました。
同じドラヴィダ語族のうち、テルグ語のようです。
先ほど、私も文字の確認をしたらテルグ語で確定のようです。(内容については・・・)


ほうほうw それならば更に話は面白いのですが。
↓この話と絡めながら考えていってみたりすると なんて思ったりもした。



http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2178.html
2011年3月15日6時56分の福島第一原発4号機の爆発および火災 とされる映像は
どこにもない とされていた。

しかしインドのSNAHAチャンネル9だけが秘密裏に配信していた。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=gDXEhyuVSDk
映像を見て分かる
煙の上がった高さが爆発した1号機と3号機に比べて低く、かなり爆発の規模も小さい。

このことから、2011年3月15日6時56分の4号機爆発は
水蒸気と熱湯が5階から垂直に吹き上げていたと考えられる。

このようなことが起こる可能性があるのは、
通常の原発の状態ならば 使用済み燃料プールか原子炉 と推測できる。
しかし使用済み燃料プールは壊れていなかった。

なので 蓋の開いた原子炉から白煙の噴出が起こった という仮説も立てられる。

2011年3月15日6時56分の福島第一原発の4号機の原子炉に核燃料が入っていた
という仮説に対しては あまりにも様々な状況証拠が提示されてきている。
もっとも 此の爆発の説に対しては その後に

誠天調書: 2011/3/15は何が起きたんだろう? 福島第一原発で、南関東の首都圏で、千葉県の北西部で。
http://mkt5126.seesaa.net/article/288906990.html

フクイチ4号機ミステリー なぜか14本増えていた新燃料 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-452.html


フクイチ4号機ミステリー 4階の爆発地点を特定する | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-348.html

フクイチ4号機ミステリー 米軍が鎮火した4号機の火災、いや通常の意味での火事など起こっていなかった | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-341.html

福島第一原発4号機4階で、一体何が行われていた?? | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-317.html

福島第一原発4号機ではいったい何が行われていた? 2 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-336.html
兵器級プルトニウムは「生モノ」である。時間と共に劣化していく。
ミサイルの核弾頭に有る「兵器級プルトニウム」は「生モノ」である、時間と共に劣化していく。
其の交換作業を請け負える場所は 世界中でも そう多くないだろう。


フクイチ4号機ミステリー 消えた548本の謎を解く | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-340.html

フクイチ4号機ミステリー・比較的崩壊熱の高い核燃料?? | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-354.html

フクイチ4号機ミステリー 一原発作業員の話 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-370.html
4号機が定期検査入りしていたことを前提に話しているのであれば、
フクイチ4号機が営業外に運転しようとしていた とも読める。
炉心に装着されていたとするならば、
使用済み燃料プールよりも炉心上部で強い熱源が感知されていることも、
使用済み燃料プールの貯蔵本数が変遷していったことも 合点が行く。

フクイチ4号機ミステリー 311当日に4号機に居た原発作業員 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-372.html

フクイチ4号機ミステリー・4号機の核燃料は誰のもの?? | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-384.html

2012-08-10 世界の真実の姿を求めて 福島福島原発4号機破壊の謎→なぜ使用済み燃料プールに未使用燃料体64体が余分にあったのか?
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2171.html




https://twitter.com/jhatajinan/status/239498169577246720
槌田氏によれば四号炉の底を映した写真は捏造だという。
海水で濁っているはずなのにあそこまで鮮明に映るのはありえないと。

https://twitter.com/jhatajinan/status/239499412265656320
四号機は、
フクイチ事故で唯一浸水を免れた2.4号機兼用の非常用ディーゼル発電機で、
311直後炉内の燃料棒を全部抜き出して使用済み核燃料プールに移した後建屋を爆破したのだろう
と睨んでいた。
しかし、今度の岩田氏の発見でもう一度548本の行方を考えなければならない。
やはり炉内か。


https://twitter.com/jhatajinan/status/241188984007577600
あのね、フクイチ4号機は311、翌4月半ばまでに一度臨界していたことは確かなんだよね。
http://megalodon.jp/2011-0608-0018-03/www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/pdf/04-accident.pdf
からのキャプチャ。
ヨウ素出てるでしょ。131。炉内か。燃料プールか。
http://yfrog.com/klgh0usj


https://twitter.com/jhatajinan/status/241213668199653376
2011年4月12日、四号機の使用済燃料プールでヨウ素131が検出されている。
四号機は使用済燃料プール、原子炉ウェル、DS(機器仮置き)プールは通じていた。
311でゲートが破壊。
使用済燃料プールか炉内かはさておき、
4月12日までにヨウ素131が生じる何かが起きたのは確かなことだ。

世界の真実の姿を求めて  福島原発4号機は極秘プルトニウム製造施設か? → 「福島原発4号機の鉄骨むき出し」は高速増殖炉「もんじゅ」ナトリウム爆発事故と同種の原因か?
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2062.html

高速増殖原型炉もんじゅのナトリウム漏れ事故と原因究明のあらまし
http://www.jaea.go.jp/04/monju/category05/mj_cause/mj_accipanf/accipamph11.html

・中性子の速度を減速させず、吸収も少ないので効率のよい高速増殖炉ができる。

・高い温度(約880度)まで沸とうしないので、軽水炉のように圧力をかける必要がない。

空気中に含まれる酸素、炭酸ガス、水分と反応しやすい性質をもっています。
温度が高い液体ナトリウムが空気にふれると酸素と反応して黄色の炎をあげ白煙をあげて燃えます。

また、湿りけ(水分)があると、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)をつくると同時に水素を発生します
(空気中の水分はわずかなので発生する水素も少なく容易に爆発することはありません)。
しかし、水にふれると激しく反応して水素を発生し、
水素が空気中の酸素と反応して爆発することもあります。

このような危険があるので水や蒸気、空気にふれないように厳重に管理する必要があります。

http://www.atom-library.jnes.go.jp/H13_8_3.pdf
液体ナトリウムの最高温度は沸点である880℃を超えない

 ↓

2012-08-17 世界の真実の姿を求めて なぜ福島原発4号機の建屋の壁に8メートル四方の穴が開いたのか?
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2177.html

原子炉とDSピットに隠された高熱の燃料体を冷却しなければならなかった。

原子炉とDSピットに高熱の燃料体が残っていた。
高熱の燃料体を何としても冷却しなければならない。

しかし 液体ナトリウム漏れの火災 という極めて特殊な火災が起きている。

・消火や冷却
・“公式には4号機の原子炉の中には入っていないはず”核の燃料の搬出
には、高所(建屋の5階)へ行かなければならない。
対策を練っている時点では、建屋の屋根は崩壊していなかった。

つまり 未だ崩壊も爆発もしていない4号機の建屋に穴を開けなければならなかった。

屋根、建屋5階、建屋4階のいずれかに穴を開ける。
どこに穴を開けるべきか?
いかにして穴を開けるべきか?
東電や自衛隊や米軍の 英知を結集した結果、決まったのが、建屋4階の8m四方の穴だった。

5階や屋根に爆破で穴をあければ、
・瓦礫が原子炉や使用済み燃料プールに落ちること
・液体ナトリウム漏れの火災の更なる炎上
を恐れたのではないか?

穴を開けた方法は
弾薬が搭載されていないミサイルのような武器を使ったのだはないか?
“ヒドラジンを各所で注水に混ぜての隠蔽工作”は だから必要となる。

2011年3月15日6時14分、
2号機の爆発の時と同時に行う事で隠蔽をするように
4号機の建屋4階への穴を開ける爆破作業が行われた。

しかし塩化ナトリウムの反応の方が大きく 更なる炎上と爆発が始まる。
冷却 や 核燃料の搬出 どころでは無くなり、6時56分に4号機の建屋が崩壊した。



4号機の爆発映像が無い というのは 情報工作の面が圧倒的に強いんだろうけど
1. ヒトラジンが混ざった爆発物を使った爆破作業
2. 空気に触れただけで燃え始める液体ナトリウムによる炎上と爆発
  (水を掛ける は消火どころか更に爆発が起きる。消火作業の基本は 自然鎮火を待つ しかない。)
  が その後も繰り返し起き続けた。
だからこそ まぁ どれが爆発よw というのが有るのかもね。

そして その液体ナトリウム火災の温度は “火災としては低温”という特殊な火災
なので 核燃料が不完全核爆発へ至るか否か は何とも言えない。

それよりも


誠天調書: 核燃料が“高温で炎上し続けてしまう”は メルトダウン以上の超高線量な放射性物質の放出が起きる。
http://mkt5126.seesaa.net/article/295181698.html
・液体ナトリウムの燃焼とは?
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=03-01-03-04
ナトリウムの安全性(1次系ナトリウム) (03-01-03-04) - ATOMICA -
ナトリウムの燃焼は、
見た目は化石燃料の燃焼より ずっと穏やかなものであり、
 大きな炎を挙げて多量の熱を放出する油火災の様相
とは 大きく異なるものである。

福島第一原発4号機の内部の焦げが少ないのは 液体ナトリウム火災で有るが故に “「炎」自体は小さい” からである。
ただし燃焼温度そのものが低い訳ではない。
500〜700〜800度には達する。 ただし880度は越えない。

それは 激しくセシウム気化を促す へ達する高温ではあり
そのまま“核燃料が自ら温度を上げていってしまう”状況へと至ってしまう かもしれないし
そうなれば 金属ナトリウムの小爆発の連続 や
いずれ 核燃料そのものの不完全核爆発 もあるかもしれない。

いずれにせよ
 【核燃料そのものが800度に近い温度で焼かれ続ける】
 という極めて特殊な状況が起きれば
 “未曾有の超高線量の放射性物質の放出が起きる”

という可能性は 充分に考えられるのではなかろうか?


比較的に高温状態だった核燃料が
外界へ剥き出しのままに「炎上という更なる活性化」が加えられた時 
どういう放射性物質の拡散を行うのか?

「2011/3/15に関東地方を襲った放射性物質の降下」という惨劇は 2号機から と言われている、
けれども 「“建屋が崩壊していない”2号機の状態」 からすると、どうにも腑に落ちない。


誠天調書: 福島第一原発テロ事件で大量に放出された放射性物質のウラン(α線)やセシウム(γ線)が なんらかの化学変化を起こす事は当然に想定すべき事ではないのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/319279021.html


http://blog-imgs-51.fc2.com/o/u/j/oujyujyu/08191_20120819193804.jpg
大摩邇(おおまに) : なぜ3月15日6時56分に福島4号機の屋根が崩壊したのか?
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1713349.html


テレビカメラで爆発が撮影された1、3号機と違い、何故か4号機は爆発の目撃者もいない。
原子力安全委員会の関係者は
「どの仮説も検討すると あり得ない という結論になる。
 いつ壊れたかすら特定できていない」
という無茶苦茶な話を口にする。

しかし4号機の爆発映像は確実に撮られている。
では、なぜ放映もされず、現在に至っても流通しないのだろうか?

その福島第一原発4号機の爆発映像は
画面背景は中東らしき、アラブ風の文字、背景だったが、
見慣れたアルジャジーラ放送局のマークは無く、
一体、中東のどの国のものか判別がつかなかった。

在日外国人の協力で分かったのだが、その文字はカンナダ文字ではないか、という。
カンナダ語とは、南インド4州の一つ、カルナータカ州の公用語である。
カンナダ文字とアラビア文字は、日本人には区別しにくい。


映像の撮られたアングルや位置関係から推測すれば、
どうやら地元、福島中央テレビによる撮影に思える。

福島中央テレビで撮影された4号機の映像が、
日本国内では一切放送されずに、
インドに混在する600チャンネルの一つ、地方の個人テレビから放送されていた。

福島には福島中央テレビと福島テレビがあり、
福島中央は日本テレビ、福島テレビはフジテレビをキー局とするFNS系列だ。
情報統制により原発事故に関して放送を制限していたテレビ局だが、しっかり映像は撮っていた。

4号機爆発映像は、
日本はおろか、アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、中国、韓国など、全世界でまったく放送されない。
しかし、その映像は確かに存在していたのだ。


報道統制が、どうして南インドのテレビ局だけには規制不能だったのだろうか。

インドの600程度と思われる放送チャネル数だが、実はインド政府も把握していない。
しかも、インドは多言語国家で、
ヒンディー語のほかに、ウルドゥー語、パンジャーブ語、タミル語、テルグ語などのチャンネルがあり、
個人放送局の数は無数にあり、全く把握が出来ないのだ。

在日インド人に取材しても
「多分、700くらい」
「ケーブルTVが一般的だから、1000チャンネルはあるかも」
という具合で、全く分からないのが現実だ。

言語も大別すれば、ヒンディー語、ウルドゥー語、パンジャーブ語、タミル語、テルグ語だが、
少数民族語も多数存在し、個人放送局では、そんな言語も使用されているらしい。


世界でただ一つ、4号機の爆発映像を流せ、しかも現在まで削除されずに存在しているのには、
もう一つ理由があった。
どこから放送されているか、住所、放送発信場所が全く掴めないのだ。


テレビグループの本部はムンバイにあるらしい。
しかし、大半は中央インドが拠点だが、
チャンネル9だけは南インド、アーンドラ地方のSNEHAとしか分からないのだ。

このアーンドラ地方の公用語はテルグ語で、
調べてみると、実際、あの4号機爆発映像ではテルグ語が使用されていた

アラビア文字、インドのカンナダ文字さえ区別できない平均的日本人では、完全にお手上げである。
インドのカンナダ文字とテルグ文字との僅かな差は、全く判別できなかった。

日本在住のインド人さえ識別しにくく、しかも個人放送局に近いSNEHAチャンネル9という理由で、
あの鉄壁の監視、規制から逃れることが出来たと思われる。

日立GEニュークリアエナジー株式会社が福島4号機で行っていた作業の秘密



カルナータカ州 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%AB%E5%B7%9E

カンナダ語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%80%E8%AA%9E

http://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%AB%E5%B7%9E
ドラビダ民族は,インド・アーリヤ民族と並ぶインドの二大主要民族である。
南インド4州(タミル・ナードゥ,カルナータカ,アーンドラ・プラデーシュ,ケーララ)を中心に居住し,
タミル語,カンナダ語,テルグ語,マラヤーラム語などのドラビダ語族の言語を話し,
その人口はインド総人口の約25%を占めている。


http://indo-minami.blogspot.jp/2011/06/blog-post.html
南インドの解説
南インドは
アーンドラ・プラデーシュ州、
カルナータカ州、
ケーララ州、タミル・ナードゥ州、
ラクシャドヴィーパ連合区、
パーンディッチェーリ連合区
を含む地域を指し、インド全体の面積の19.31%を占めています。

南インドの居住者は、自分達をドラヴィダ人だと考えています。

言語:タミル語、テルグ語、カンナダ語、マラヤーラム語
(インドでは28の公用語が認められています。)

南インド料理:米飯が主食。たくさんのスパイスとハーブを使って調理したカレーや野菜。

アーンドラ・プラデーシュ州

公用語:テルグ語


インドで面積が4番目に大きい州で、5番目に人口が多い州です。アーンドラ・プラデーシュ州は歴史的に"インドの米作地帯"と呼ばれています。収穫物の77%以上はお米で、2006年には1,779万6千トンのお米が生産されました。州の中で一番大きな都市はハイデラバードです。

州の料理:米飯が主食。アーンドラ・プラデーシュ州の料理は辛く、バラエティ豊かなピクルスが有名です。

http://3.bp.blogspot.com/-5i-viWceA0s/Tg2KznchLVI/AAAAAAAAABg/FFbUEeZZdcg/s1600/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%2592.jpg


カルナータカ州

公用語:カンナダ語

カルナータカ州の州都はバンガロールです。バンガロールはインドのシリコンバレーとして知られており、多くの一流有名IT企業がバンガロールに進出しています。

州の料理:米飯が主食。マサラ・ドーサやイドリなどが有名。

http://3.bp.blogspot.com/-8nPXnu_kdjw/Tg2LQQ4ubMI/AAAAAAAAABo/G185XtKmwgE/s1600/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%2593.png



http://ameblo.jp/daivamprema/entry-11201305081.html
ウガーディ(テルグ語圏とカンナダ語圏のお正月)

http://www.jetro.go.jp/world/asia/in/regional/pdf/14.pdf
インド・28の州と各語

1. ジャンムー (アォル) カシュミール 州
カシュミーリー語(400万人)・ウルドゥー語

2. ヒマーチャル・プラデーシュ 州
ヒンディー語・ネパール語

3. パンジャーブ 州
 パンジャビー語(2300万人)

4. ハリヤーナ 州
ヒンディー語

5. ウッタラーンチャル


6. ウッタル・プラデーシュ 州
ヒンディー語(3億3700万人)

7. ラージャスタン 州
ラージャスターン語

8. グジャラート 州
グジャラーティー語(4000万人)

9. マッディヤプラデーシュ 州


10. チャッティースガル


11. ビハール 州


12. ジャールカンド


13. パシュチミー バンガール(西ベンガル) 州
ベンガリー語(7000万人)・ネパール語

14. オリッサ 州
オリヤー語(2800万人)

15. マハーラーシュトラ 州
マラーティー語(62000万人)

16. アーンドラ・プラデーシュ 州
テルグ語
(6600万人)

17. カルナータカ 州
カンナダ語(3200万人)


18. ゴーアー 州
コーンクニー語(170万人

19. ケーララ 州
マラヤーラム語(3000万人)

20. タミルナードゥ 州
タミル語(53000万人)


21. シッキム 州
ネパール語(人口の約8割が使用)

22. アッサム 州
アッサミー語(1300万人)

23. アルナーチャル・プラデーシュ 州


24. ナガランド 州


25. マニプル 州
マニプリ語(120万人)

26 メーガーラヤ 州


27. トリプラー


28. ミゾーラム州


http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/money/banknote/p07_india/rs_100_back_b_m.jpg
100ルピー紙幣の裏側の左側には準公用語が それぞれの文字で見られる。
(ちなみに何のことはない、100ルーバイ (タミル語でルピーのこと) と書いてあるだけ。)

上から順に:

アッサミー語(アッサム州)とマニプリ語(マニプル州)

グジャラーティー語(グジャラート州)

カンナダ語(カルナータカ州)

カシュミーリー語(ジャンムー・カシュミール州)

コーンクニー語(ゴア州)

マラヤーラム語(ケーララ州)

マラーティー語(マハーラーシュトラ州)

ネパール語(シッキム、西ベンガル州)

オリヤー語(オリッサ州)

パンジャビー語(パンジャーブ州)

サンスクリット語(雅語・宗教などで使います)

タミル語(タミルナードゥ州) 

テルグ語(アーンドラ・プラデーシュ州)


ウルドゥー語&スィンディー語(ムスリム系インド人が使います)



タミル語
http://www10.gencat.cat/pres_casa_llengues/AppJava/frontend/llengues_detall_print.jsp?id=632&idioma=13
言語の地位
ヒンディー語と英語はインドの公用語である、さらにヒンディー語は国語である。
憲法は次の22言語を認め(≪憲法の言語≫と呼ばれる)、
インド共和国を構成する28州内でこれらは併用公用語である (サンスクリット語をのぞいて)。
アッサム語、ベンガル語、ボド語、ドグリ語、グジャラート語、ヒンディー語、カンナダ語、カシミール語、コンカニ語、マイティリー語、マラヤーラム語、マニプリ語、マラーティー語、ネパール語、オリヤー語、ウルドゥー語、パンジャーブ語、サンスクリット語、サンタル語、シンディー語、タミル語、テルグ語。

タミル語は、タミル・ナードゥ州、ポンディシェリ連邦直轄地域で公用語としての特質を持ち、グジャラート州 である程度の法的認知がある。

スリランカの公用語は、シンハラ語、タミル語、英語である。さらにシンハラ語、タミル語は国語である。

タミル語は、マレ−語、中国語、英語と並んで、シンガポ−ルの併用公用語のひとつである。

マレ−シアの公用語と国語はマレ−語である。英語は公用語の特徴をもたないが、議会で使用可能なことからもわかるように、非常に権威ある言語とされる。教授言語はマレ−語, 英語, タミル語、中国語(中国北京語)である。現地語は何の法的認知されていない。

公用語(スリランカ, シンガポ−ル), 彼らのテリトリ−内での公用語(インド), 法的認知 (マレ−シア)。

タミル語(68,000,000人の話者)は、テルグ語(76,000,000人)、カンナダ語(35,000,000人)、マラヤーラム語(35,757,100人)とともに、現在広く普及しているドラビダ系言語のひとつである。

インド・アーリア民族の移住以前、ドラビダ系言語は、古くからインド全域で話されていた。 現在インド・アーリア(またはインド・ヨーロッパ)語族系言語 (ヒンディー語, ベンガル語, マラーティー語, ウルドゥ−語, グジャラート語等) はインド人の74%に話される、一方、残る約24%にドラビダ系言語は未だに話し続けられている。スリランカではタミル民族は人口の18%を構成し、シンハラ民族(74%), −インド・アーリア(インド・ヨーロッパ)系言語を話す−の次に、2番目の言語共同体である。

9世紀、タミル語とマラヤーラム語は同一言語−両方言話者からタミル語の名称で呼ばれた−の方言であったことから、ドラビダ系言語の中でタミル語は、特にマラヤーラム語に近い。タミル語とマラヤーラム語の分岐プロセスは13、14世紀になって始まった。

タミル語方言には, adi dravida, aiyar, aiyangar, アラバ, burgandi, カスバ, コンガル, コラバ, コルチ, マドラシ, パリカラ, pattapu bhasha, スリランカのタミル, マレ−シアのタミル, ティガル, ハリジャン, sankethi, hebbar, tirunveli、maduraiが挙げられる。

タミル語の社会的階級言語(社会のある階級に用いられる話し方)は、非常に異なるので、話し方からその人が属する階級がわかることがあるほどである。

タミル語には広く普及する3つの主要なバリエ−ションのスタイルがある。古典文学言語(caṅkattamiḻ)、近代文学言語(centamiḻ)、近代口語体(koṭuntamiḻ)である。どのフォ−ムを使うかは、そのときの状況によるが、異なるフォ−ム間では、意思疎通が阻害される。

インドでは口語体(koṭuntamiḻ)は、標準語化しつつあり、 一般的に映画、劇、テレビ、ラジオで使われる。スリランカでは近代標準語は、ジャフナ方言に基づいている。その異なるフォ−ムの中で、筆記タミル語は広く普及している。

2001年の報告によると、1,863の新聞がタミル語で出版されている。

タミル語には二千年以上の伝統文学があり、2004年に古典言語と宣言されたインド初の言語である。


タミル・ナードゥ州 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A5%E5%B7%9E
主にタミル語が話されている地域を含む州である。ポンディシェリ連邦直轄地域(プドゥッチェーリ連邦直轄地とも)、ケーララ州、アーンドラ・プラデーシュ州、カルナータカ州に隣接し、南東側にはポーク海峡とマンナール湾を挟んでスリランカ民主社会主義共和国がある。面積 13 万km2、人口 6,211 万人(2001年の国勢調査による)。州都はチェンナイ(旧マドラス)。

インド全土の中でもかなり工業が盛んである。また、外資の直接投資額がインド内で三位であり、対インド総額の9.12%を占める。インドの中で最も都市化が進んだ州(2001年国勢調査では43.86%)でもあり、タミル・ナードゥ州の都市人口は全インドの人口の6%、全インドの都市人口の9.6%を占める。

カールパッカム原子力発電所、ネイヴェーリ褐炭公社、ナリマナム天然ガス田が、燃料とエネルギーを供給している。また風力発電による電力生産は全インドの55%を占めている。

チェンナイは「南インドの玄関口」と呼ばれる。ソフトウェア産業のインド内第二の拠点であり、大規模な情報関連産業団地を有する。



カルナータカ州 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%AB%E5%B7%9E
公用語 カンナダ語

州都ベンガルールは、インドにおける急成長を見せる経済と技術進歩の最前線である。

州都のバンガロールは、航空宇宙産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んである。特に情報技術産業については「インドのシリコンバレー」の異名を持ち、カルナータカ州電子技術振興公社により多くの情報技術産業団地が設置されている。また、インド科学研究所(IISc)・インド経営研究所(IIM)などの高等教育機関も置かれている。

この他、マイソール、マンガロール、フブリ・ダールワール(フブリ(英語版)及びダールワール(英語版))にも、情報技術産業振興のため産業団地が建設されている。


アーンドラ・プラデーシュ州 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%B7%9E
公用語 テルグ語、ウルドゥー語

州都のハイデラバードはインド内第五の規模の都市である。インドにおける情報技術産業の成長、いわゆる「ブルーチップ革命 Blue Chip Revolution」の波に乗り、ハイデラバードでも情報技術産業が育成され、市内に展開する関連企業の数はインド全土で一、二を争うほどになり、「サイデラーバードゥ」(Cyber + Hyderabad) と呼ばれることもある。また、製薬の中心地でもあり、インド10大企業の半数がこの州にある。


http://www.jetro.go.jp/world/asia/in/regional/pdf/3.pdf
アーンドラ・プラデーシュ州


テルグ語 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B0%E8%AA%9E
ドラビダ語族に属する言語。
インド南東部で広く話されており,アーンドラ-プラデーシュ州では州公用語。
インドではヒンディー語に次いで話者が多い。
州外のタミル・ナードゥ州のマドラス市やマイソール市,それに 東南アジア諸国にも話者をもつ。


マドラス管区 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B9%E7%AE%A1%E5%8C%BA

チェンナイ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A4



テルグ語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B0%E8%AA%9E
テルグ語は、名詞の格変化を表現するのに、すべての名詞の単数形・複数形に適用される決まった接尾音節を加える。この接尾音節は日本語の「格助詞」に似ている。そのため、インド・ヨーロッパ語のような屈折言語というより、日本語や、アルタイ諸語の言語に似ており、膠着語に近い。複数形を厳密に区別しなければならない点を除くと、日本人には理解しやすく修得しやすい文法構造である。

多数の方言に分化して、20世紀になるまで、共通語の試みも、自然的な収束もなかった。
また、20世紀になって、ようやく共通語化が進められたが、それでも方言分化があり、逆に後退しているようにも見える。
英語や近隣のドラヴィダ語などを話者が併用するため、膨大な使用人口を持ちながら、消滅へと向かっている可能性があり言語的求心性が弱く、標準化も進んでいない。

テルグ語の話者は、南インドの大穀倉地帯に住み、米を主食とするので、文化的に日本に似た面もある。日本語で「稲」「米」「ごはん」が、独立した単語としてあるのと同様に、テルグ語でも、これらは独立単語である。米一粒一粒に女神が宿っているとされ、そのため、米一粒一粒も、大事に扱わねばならないという文化がある。米はまた繁栄の象徴で、常に複数で表現される。


どっちにしても
いわゆる経済成長するとか言われるインドの拠点になりやすい都市が
そのインド南部の その3つの州には有り、
そうなれば 情報が流れていく経路が生じる可能性は高まる という推測は立てられる。

4号機の爆発 人工地震と津波 という番組が流された背景から
色々と妄想できる事は少なくないかな。






タミル・ナードゥ州カルパッカムのマドラス原子力発電所
は “不思議なwikipedhia”にて中身が書かれていない
「マドラス原子力発電所」を作成中 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

Madras Atomic Power Station - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Madras_Atomic_Power_Station
 ↓
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9NYWRyYXNfQXRvbWljX1Bvd2VyX1N0YXRpb24=

Kalpakkam - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Kalpakkam
 ↓
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9LYWxwYWtrYW0=

こっちには 両方とも細かい記述が有るねぇ
2012年に、多発性骨髄腫(ガンが核放射線によって受ける場合がある骨髄の珍しい形)に、一部の従業員の死亡とKalpakkam核施設の彼らの扶養家族が起因すると、Atomic Energy部は、初めて認めました。9人(KalpakkamでマドラスAtomic Power駅で働いている3人の従業員を含む)が1995〜2011年に多発性骨髄腫と骨ガンで死ぬと、DAEは認めました。この情報は、2011年10月からInformation(RTI)問合せに、右翼に応じて明るみに出ました。DAEは、以前information.[1つ]のすべての前の要請を妨害しました
ほほう、色々と書いてありますなぁ。



クダンクラム原子力発電所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80
で僅かに記述が有るだけである 相変わらず 不思議不思議 である。

この海岸地帯は、
インドでも12,407人が死亡した2004年のスマトラ島沖地震に伴うインド洋大津波の被災地であり、
家を流された住民が現在も500棟の避難住宅で暮らしている。

また、北東約550kmにあるマドラス原発では、
その際冷却用の取水ポンプが津波で使用不能となる事故を起こしている。



計画当初から反対運動は行われていたが、2001年に地元出身の元大学教授ウダヤ・クマール氏らによるNGO団体、PMANE(People's Movement Against Nuclear Energy)が設立されることにより更に活性化した。特に2011年の福島第一原子力発電所事故以降に1号機が試験運転を行ったことでより多くの住民が運動に参加した。 8月以降連日1万人以上が参加し、津波と地震に対する安全性評価や、環境影響評価の開示などを求めて、集会、デモ行進、女性たちの道路封鎖、無期限ハンストなどが行われた。[1]9月22日、ジャヤラリター州首相は「住民の合意があるまで稼働させない」と表明し、シン首相に原発稼働断念を求めた。

しかし、2012年3月19日州首相は方向転換を発表し、稼働を許可、原発周辺地域を武装警官隊で封鎖し、物資の搬入を禁止、メディアの報道規制も行われた上、PMANE幹部への逮捕状を出した。23日にはデモなどを行った住民665人が逮捕された。その後、高等裁判所が「封鎖解除、物資搬入許可」の緊急判決を下し封鎖は解除されたが、抗議行動は続けられた。

2012年6月初めには国外からも22カ国175団体(一次集約21カ国168団体)の賛同による「インド・クダンクラム原発に反対する人々への弾圧に対する抗議声明」がインド政府、タミル・ナードゥ州政府、インド原子力発電公社に提出された。

2012年9月10日には約1,000人が参加したデモ隊に警官隊が発砲、1人が死亡、9月16日には約200人が警察に拘束されるなど弾圧が強まる中、原子炉に核燃料を入れる作業が9月19日から始まったと報じられた。 2012年9月25日には連帯の思いを伝えるため訪問した日本人3人が、入国を拒否され強制退去させられている。

311以降のインドにおける反原発運動が 特に苛烈となった理由を 俺も深く理解して無かった。

http://www.asyura2.com/0403/genpatu2/msg/673.html
2005年3月22日 スマトラ沖地震の大津波は インド南部タミル・ナードゥ州カルパッカムのマドラス原子力発電所も襲った

大津波は「想定外の天災」(クリシュナムルティ所長)だった。
「施設に被害はなく放射能漏れもなかった」(同所長)は、
高速増殖炉の建設現場付近で女性作業員が一人、
隣接する宿舎部分で雇員や家族ら三十七人が死亡した。

一時は百人以上の作業員が水死したとの情報が流れるなど周辺住民の不安は根強い。

津波被災後、外国報道機関として初めて同原発を訪れ、当時の様子などを追った。
州都チェンナイの南約八十キロ。海岸線に面した敷地に
二十二万キロワットの原子炉二基が建ち(一基は補修中)、
商業用としてはインド初の高速増殖炉(五万キロワット)一基を建設中だ。

津波の襲来を受けた昨年十二月二十六日午前九時すぎ。
コントロール室の警報が鳴り海水の異常を知らせた。
計器を見ていた担当者が、ほぼフル稼働していた一基を手動で停止。
所長ら関係者が続と現場に駆けつけたが、
海面に近いポンプ室が浸水しただけで被害はなかったという。

敷地は海面から約六メートルの高さに位置し、
コントロール室など主要部分は更に二十メートル以上高い施設に設置されており
「次の津波にも問題ない」と関係者は口を揃える。

高速増殖炉予定地では当時、約百メートル四方の大きな掘削現場で約百五十人が作業中。
責任者のプラバト・クマルさんは
「海岸近くの塀が波で押し倒されたのを見て無線機で作業員に避難を呼び掛けた。
 海水が一角だけから流れ込んだので逃げる時間が十分あった。幸運だった」
と振り返る。

被災後、将来の津波やサイクロン(台風)被害に備えるため増殖炉の床面を約一メートル高くし、
海側の壁の補強も決めた。海岸には高波対策として、既に三万五千本の植樹を行った。

だが、地元で核兵器反対運動を続けるスリラマンさんは
「百五十人が生き埋めになったとの情報もあった。
 放射能漏れを指摘する人もいた。当局は情報公開が不十分だ」
と不信感を募らす。

クリシュナムルティ所長は
「いろんなうわさが出回ったことは知っているが根拠はない。事実を隠す必要など何もない」
と疑惑打ち消しに懸命だ。

津波の後、同原発から数キロの海岸で、
八〜十世紀ごろに津波とみられる自然現象で沈んだ石造寺院が姿を現し地元で話題になった。

スリラマンさんは
「原発が同じように水没の運命に見舞われないと言えるのだろうか」
と、予期できない災害への不安を口にした。
(カルパッカム共同=古池一正)


ttp://nucnuc.at.webry.info/200502/article_6.html
2005年12月26日のスマトラ沖地震による津波が
インドの原子力発電所に与えた被害も調べてみました。(ちょっと古い情報ですが)

スマトラ沖地震により、インド国内でも東海岸を中心に津波による多大な被害が出ました。
インドで東海岸にある原子力発電所は、
マドラス1・2号機,IGCARのFBTRとPFBR,
クダンクラム1・2号機の計6基ですが、
このうちクダンクラムは建設中であり、マドラス発電所とPFBRが津波の被害を被りました。

マドラス原子力発電所
 1号機:改造工事のため停止中。
 2号機:津波発生当時、通常運転中。
     12月26日朝:海水ポンプ建屋への海水流入を感知してタービンが停止。
              これに伴い、原子炉を緊急停止。
     12月29〜30日:インドの原子力規制委員会(AERB)のメンバー5名が原子炉建屋,
               タービン建屋,海水ポンプ建屋,制御室や防波堤他、主要設備全て
               を点検し、異常のないことを確認。
      1月 1日:原子炉起動。
      1月 2日:系統への送電開始。


インディラ・ガンジー原子力研究センター(IGCAR)
 FBTR:海岸線から離れており、津波は到達せず。
 PFBR:建設中の現場に津波が到達。掘削したピットに海水が流入し、作業員1名の死亡を確認。
 再処理施設:津波が到達するも、大きな被害はなし。

--------------------------------------------------------------------------------

参 考
・インド原子力発電公社(NPCIL)(マドラス発電所所有)プレス
http://www.npcil.org/pressrelease.asp
・インディラ・ガンジー原子力研究センター(IGCAR)(FBTR,PFBR他所有)ニュースレター
http://www.igcar.ernet.in/lis/igcnl.htm
・その他海外の原子力情報誌

--------------------------------------------------------------------------------

なお、緊急停止したマドラス2号機や、工事中だった同1号機だけではなく、
他の(海岸から離れた)原子力関連施設についてもAERBが現場確認を行い、
放射性物質の漏えいや設備の異常のないことを確認したと、海外紙は伝えています。

ところが、毎日新聞等の一部国内メディアは、
現地住民の不安や、現地ジャーナリストの感想だけを伝えています。
そして、最も重要な部分である、
 規制機関であるAERBが安全確認を行った事実
は全く伝えていないのです。

毎日新聞は一体何故、AERBやNPCIL,IGCARを取材しなかったのでしょうか? 
これは明らかに偏向した報道であり、非常に残念なことです。

毎日新聞記事
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/01/09/20050109ddm002030132000c.html
↑この記事で「ジャーナリスト」とされている「シュリ・ラーマン」氏は、別な意味で有名なようです。
調べると 更に面白い。

2005年1月04日 スマトラ沖震災でインドの核施設に何が起こったか
http://www.asyura2.com/0403/jisin11/msg/921.html

核施設に何が起こったのか、明らかにされない津波被害(インド)
=================================
今回の津波が襲った地域には、原子力発電所を含む核複合施設があります。
インド、チェンナイ(マドラス)近郊のカルパカムです。

当局は人的被害だけで、施設にはなんの損傷もなかったと発表していますが、
すべての施設の状況を報告することはせず、見学も一部の施設しか認めていません。

放射能漏れの事実はなかったのか、
施設内で死亡した人の死因はなんだったのか、
明らかにされていません。

報告者のシュリ・ラーマンは、
今後長期にわたって緩慢な核被害が進行するおそれがあると言っています。
なおインドには、13基の稼動中原子炉と再処理工場など多数の核施設があります。

                        (TUP/池田真里)

津波とインド南部の核の恐怖 シュリ・ラーマン トゥルースアウト/レポート
2005年1月2日日曜日 インド、チェンナイ発

===================================

南部インドの臨海都市、チェンナイを、二重の災厄――津波と核の恐怖が やっと通りすぎたところだ。
(訳注:チェンナイはマドラスのタミル語名)

12月26日日曜日、チェンナイを襲った津波は、漁村を破壊し幾多の家々と人命を押し流した。
津波はまた、市のはずれの海岸部、カルパカムにある原子力発電所の一部に殺到した。
(訳注:カルパカムは、チェンナイから南へ80キロいったところ)

当原子力発電所の被害の全貌が明らかになるまでには、なお時間を要するだろう。
いや、そのような当局の公式報告を待っても無駄かもしれない。
しかし、詳しい調査をしなくても、
カルパカム核複合施設と津波が極めて恐ろしい組合わせであることはわかるはずだ。


この恐怖のコンビのうち核については、今のところ2つの理由で、詳細な報告はあり得ない。

まず第一に、原子力発電所を取り巻く防災上の秘密主義を穿つことは容易でないこと。
第二の理由(こちらの方が重要だ)は、
放射能漏れの恐れである。
押し寄せた水に浮かぶ死体や瓦礫を捉えるように、カメラは放射能漏れを捉えることはできない。

ヒロシマとナガサキより さらにゆっくり進行する核の惨事が起こりうる。
環境運動家たちは、この20年ほどカルパカムの核複合施設の影響について、
あまり急激な被害としては語ってこなかった
(訳注:主として、近隣の海洋汚染が問題とされてきた)。津
波によって、事態はそんなものではなくなったと思われる。

津波直後に おざなりに出された当局の報告は、当核複合施設には全く被害はなかったと断定している。
さらに強い調子で、いかなる放射能漏れもなかったと否定している。

しかし、この当局報告でさえ、
 近辺には かなり大きな漁村があり、
 施設の職員が住むカルパカム全地域で津波の破壊的被害があった
ことを認めている。

津波の災害直後に、
職員の住宅地区で少なくとも60人、
その他の地区で約250人の死亡が報告されている。
当局の報告による死者数は、その後も増え続けているが、実際にはさらに多いと思われる。

核複合施設について、当局は何の懸念も表明していない。
カルパカムの核複合施設とは、
加圧水型重水炉2基、実験炉1基、再処理施設、
建設中の高速増殖炉原型炉(2004年10月にインド首相によって「国家に捧げられた」)
(訳注:2003年9月に閣内経済問題委員会によって建設承認された)からなる。

当局は、重水炉のうち1基は
津波以前に「配管の交換」のために運転停止され、
もう1基は、冷却装置へつながるポンプ室へ大量の海水が侵入したことが確認された段階で、停止された
(後者は、7日後の2005年1月2日、日曜日に運転を再開した)。

この関連では、実験炉も含めて、再処理施設と集中廃棄物管理施設については
とくに何も触れられていない。
つまり、複合施設のもっとも重要な放射能関連施設について、安全の保証は発せられていないのだ。
インドの核当局が、この種の報告で、うっかり言い忘れることなど考えられない。

当局は、津波による職員の死を隠すことはできなかった。
当核複合施設は、教会で礼拝中に押し流された設計技師をはじめとして、
地区内に点在する500戸の家々の中から怒濤に連れ去られた人々まで、
何十人もの研究員、技術員を失った。

それにしても、施設内でおぼれ死んだ(と言われている)女性作業員は どうなったのか。
突堤の廃液排出口で仕事をしていて行方不明とされている男性作業員二人は どうなったのか。

このような事件を問題にし続けてきた医師のグループ、
「安全な環境のための医師たち」は、
何年もカルパカムの施設自体の危険性と立地の危険性について声を上げ続けてきた。

カルパカムと周辺地域で熱心に健康調査を続けてきた、グループのV. プガツェンディーは、
 なぜ この地での放射能漏れが、あり得ない話ではなく現実なのか、
を語っている。

彼の指揮下で行われた調査によると、
この地域での骨と血液のガン出現率は、
2003年5月から10月の7カ月間(原文ママ)に
年齢15歳から50歳までの集団で、人口2万5千人当たり3人になる。
1年間で同一年齢集団10万人に対して1.7人という通常の数字と比べると、
放射能汚染の結果であるということがわかるという。

同グループのR. ラメシュは、目下進行中のもう一つの危険を指摘している。
津波の結果、沿岸部において「地盤沈下」が、必至であると予測されるというのだ。

彼はまた、高速増殖炉の位置が海抜わずか3メートルから5.6メートルであるという事実を強調している。
5メートルから12メートルもの津波がのしかかってくる破壊力の恐ろしさを考えたら、
核施設がどうなるか絵空事でなく恐ろしい現実として思い浮かべることができるだろう。

高速増殖炉建設に対する反対は以前からあった。
もともと、計画反対派の主張は、高速増殖炉建設計画は、
沿岸規制ゾーンとして指定されている地域に、環境に害を及ぼす建設物を建てることを禁止した
1991年制定の法に違反しているというものであった。
当局の反発は、横暴をきわめたものであった。
法の適用範囲から原子力発電所を除くという法改正である。

カルパカムは、インドの海岸部の環境を危機にさらしている多くの原子力施設の一つにすぎない。

つまり当然に インドにおける反原発は非常に根強い。


http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-04-20

インド:反原発デモで1人が死亡 福島第1事故で高まり
毎日新聞、2011年4月19日

【ニューデリー杉尾直哉】
インド政府が世界最大の原発建設を予定する同国西部ラトナギリで18日、
計画に反対するデモ隊が一部暴徒化し、警察の発砲で住民1人が死亡、数人が負傷した。
反対運動は数年前から起こっているが、
福島第1原発事故をきっかけに運動は高まりをみせ、死者が出たのは初めて。

住民が反対するのは、ジャイタプール原発(原子炉6基、出力計990万キロワット)計画。
完成すれば東京電力の柏崎刈羽原発を抜き、世界最大となる。
原子炉はフランスが提供する。

デモ参加者が19日、毎日新聞に語ったところによると、
予定地近くに18日、住民ら約700人が集まり、一部が重機などを破壊した。
警察が警告射撃し、警棒で女性や子供の参加者を殴ったため、
デモ隊が暴徒化し、投石などで警察側にもけが人が出た。
デモ隊の数十人が拘束された。
19日も商店などが閉められ緊張が続いているという。

ムンバイの反原発活動家らによると、
現地は良好な漁港でマンゴーの特産地としても知られる。
原発予定地が海岸に近く、福島第1原発の事故以降、地震・津波を恐れる声が高まっているという。

計画では、約700ヘクタールの敷地に職員の居住区などを含めた「原発パーク」を築く構想。
約2300世帯が立ち退きを要求されたが、
反対の住民が多く、補償金を受け取ったのは約30世帯にとどまっている。
営業運転開始時期などは未定。

http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20110420k0000m030031000c.html

福島第一原発の事故を受けてもインドの原発推進政策は不変と政府首脳が強調していたのとは裏腹に、
この事故の報道はインド国内の操業中の原発及び建設予定地周辺の住民にも伝わっており、
これまでにもあった反対運動にも拍車がかかっているようである。

今回の事故で図らずも露呈してしまったことは、
@原子炉が密集していると、そのうちの1基で事故が発生するだけで周辺の原子炉にも影響を及ぼし得ること、
A核保有国にならなくても、相手国の原発にミサイルを撃ち込めば核保有国になるのと同じ効果が得られること
 (テロの場合も同様)
等である。

現在インドで建設中の原子炉は次の6基である。
−タミルナドゥ州クダンクラム(2基)、
−ラジャスタン州ラワットバータ(2基)、
−グジャラート州カクラパール(2基)

さらに今回問題となったマハラシュトラ州ラトナギリにあるジャイタプール原発の新規建設も含め、
次の6箇所で新規の原発建設計画がある。
−タミルナドゥ州ティルネルベリ、
−マハラシュトラ州ラトナギリ、
−アンドラプラデシュ州スリカクラム、
−グジャラート州バーヴナガル、
−ハリヤナ州ファテハバード、
−マディアプラデシュ州マンドラ

グジャラートやマハラシュトラ、それにラジャスタンもパキスタン国境からは近いし、
グジャラートといったら2001年の大地震を思い出させる。
地震多発地帯での原発立地が反対派の大きな抵抗を呼ぶポイントとなっている。

逆に東海岸沿いに立地するタミルナドゥやアンドラプラデシュ州の原発は、
まあないとは思うけれどスマトラ沖地震津波以上の大津波が来た時に大丈夫か
という心配はあるかもしれない。

ところで、インドには稼働中の原発が どれくらいあるのだろうか。気になって調べてみたことがある。

http://sanchai-documents.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_5ee/sanchai-documents/IndiaNukePlants.jpg


インドで稼働中の原発は6ヵ所、19基存在する
(上図と数が合わないのは、地図作成時と現在との時間差によるものと思われる)。
実は最初に調べてみようと思ったきっかけというのが、
僕がまだインドに駐在していた2009年に起きたカルナタカ州カイガ原発の放射能漏れ事故だった。

この原発は同州北部沿岸部にあり、
その近くに知り合いがいたので、「大丈夫か」と問い合わせるメールを送信したので よく覚えている。
当時はインドに原発が存在すること自体が意外だったのだが、
その後2010年春に訪れたアンドラプラデシュ州スリカクラムにも原発建設計画があると聞き、
これは結構ぬ身近なところでも原発が存在しそうだと感じた。

インドは計画立案をする高級官僚は とても頭が良いと思うが、
実際に原発の建設や操業を行なうのは こういう人たちではない ので、
安全基準のマニュアル通りに作業を行なわない作業員がけっこういても不思議ではない と思う。

万が一トラブルが発生した場合でも、放射能防御服や放射線計測機器など十分揃っていない可能性があり、
目に見えないから作業員が危ない処理をやって被曝してしまうリスクは かなり高いだろう。
中央の頭の良い人々が思っているほど末端で作業をやっている人々は ちゃんと動かない。
だから、政府からは勇ましく原発推進が叫ばれていても、周辺住民は不安を感じることが多いのだろう。

実際大事故には至っていないけれど、
カイガ原発の事故以外にも、
重水型原子炉からの水漏れは
1992年にコタ原発(ラジャスタン州) タラプール原発(マハラシュトラ州)、
1999年にはカルパッカム原発(タミルナドゥ州)で起きている、

デリーから近いところでは、ナローラ原発(ウッタルプラデシュ州)で1993年に火災が発生し、
核燃料棒の部分溶融スレスレまで行ったという事故があり、
国際原子力・放射線事象評価尺度でレベル4と評価されたことがあるらしい。

福島第一原発の事故と絡めたインドの原発推進政策への懸念を表明している雑誌の記事を
もう少し読み込んで、いずれ追加でご紹介してみたいと思う。

"Is India a Nuclear Time Bomb?"
India Today, March 19, 2011
http://indiatoday.intoday.in/site/story/japan-tsunami-earthquake-radiation-what-india-needs-to-learn/1/132787.html


2012年10月24日 結局こうなるしかない、原発推進の血塗られた末路 インドの原発反対運動 − 津波被害を受けたインド
http://www.tanpoposya.net/wp/?p=1941
2012/9/25のチェンナイ空港で空港警備員は
日本からクダンクラム原発反対運動を取り組む住民との交流に向かった三人に
「クダンクラムに反対する国際請願に署名したな?
 あなたの名前も乗っていたぞ。
 つまりあなたは反原発だということだ」
と浴びせた。

到着ロビーに待機し、飛行機から降りてくるや行く手を遮られ、
別室に連れて行かれてなされた事情聴取、その後に「国外退去処分」。

その理由は
「1948年施行の外国人令の第6節で規定されている行動に外れた行いを取る可能性があるので、
 できるだけ早い航空便で国外に追放する」
すなわち好ましからざる人物というわけだ。

既に3人の日本国内での活動までも調べられており、背後に大きな国家機関の意思を感じる。


(ここまでノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局の報告より)


9月10日にはクランクラム原発をめぐり
建設現場周囲に集まった市民に対して治安当局が発砲し1名が死亡した。
それでも13日には1500名の市民により、
海側から原発包囲行動が取り組まれ、決してひるんではいないことを示した。

クダンクラム原発反対が大きく広がったのは言うまでも無く福島第一原発事故を見たからだ。
原発がどういうものか、1000の言葉よりも現実に起きた事故が物語る。
今も続く15万人の人々の避難生活。
ひとたび原発が事故を起こせば土地も住まいも失う現実を前に、
原発を止めることを決意した人々がインドにも大勢いた。

クダンクラム原発は100万kw原発を2基建設中だ。
炉型はいずれも「VVER1000」というロシア製加圧水型軽水炉。
チェルノブイリ原発事故以後設計に欠陥がある
として当時の東ドイツなどの原発が問題とされた「VVER440」の改良型で、
同時に規模も大きくなっている。


津波被害を受けたインド

クダンクラム原発が立地されたインド南部のタルミナド州は
2004年のスマトラ島沖地震(M9.2)の際に津波被害にあっている。
市民が福島第一原発事故とダブって見るのは当然だ。

実際にインドのマドラス原発は津波により被害を受けており、
津波により被災した原発の第一号である。


インドの原発も多くは海岸地域に立地している。
津波想定が殆ど無いのも日本と同じ。
同時にサイクロンの高潮対策も不十分。
これまでは軍事機密でもあった原子力は
インド社会において安全性議論はされてこなかった。


http://blog.zaq.ne.jp/daishizennikeikenna/article/135/

インドの国内資源は、石油が不十分で石炭は東部にしかなく水力も北部ヒマラヤ渓谷に偏在している。

かたや、ウランは低品位のものしか発見されていないものの、
トリウムはその数倍の資源量を有するといわれる。

ウランの精錬はインドウラン公社が、トリウムの生産はインド希土類公社がそれぞれ担当している。
これらの原子力資源を利用して、最終的にはトリウムサイクルを確立するという独自の開発政策を推進している。

・第一段階で、ウラン燃料を国産化しそれを使う天然ウラン重水炉を建設し発電とプルトニウム生産を図った。このためにカナダの重水炉CANDUの技術導入を選び、すでに発電炉技術と再処理プルトニウム生産技術は確立している。

・第二段階は、得られたプルトニウムを使う高速増殖炉を建設し発電とプルトニウム生産を行うとともに、国産トリウムを照射して再処理し新燃料物質であるウラン-233を生産する。現在はこの途中段階にある。

・最終段階は、ウラン-233を使う増殖炉(新形重水炉AHWRなど)を建設し発電とウラン-233生産を進めることで、トリウムサイクルを確立する。

高速増殖炉の研究開発では、
1972年に国産実験装置(二酸化Pu燃料)を完成し、
1985年にフランスと同型の1.3万kW高速増殖実験炉FBTR(U・Pu混合炭化燃料;Na冷却)が臨界に達した。
2011年にはチェンナイ市郊外の原子力研究センターで50万kW級高速増殖原型炉PFBRが運開の予定であり、
今後も同シリーズの炉を4基建設する計画がある。
これらの燃料体については、ムンバイ市郊外の原子力研究センターで研究用を、
ハイデラバード市の施設で発電用を製造している。【高度情報科学技術研究機構’07.10】

http://blog.zaq.ne.jp/daishizennikeikenna/img/img_box/img20120611084034623.gif


世界の原発開発の初期には発電システムの中心を軽水炉が担い、
多くの先進国ではそれを踏まえたU→Puサイクルを基本とする
燃料の加工・再処理・廃棄インフラを整備したため、
Thサイクルの研究開発を重点化した国はインドくらいになった。

しかし’90年代に入ると、
核拡散抵抗性,核廃棄物発生量の低減化,超ウラン元素の核変換への対応
など従来とは異なる観点からThの特性が再評価されている。

特に現在のU→Puサイクルは、核不拡散上の監視管理のためには放射能が低いことが障害となっているが、
ThサイクルではThの照射により生成するU233が共存する娘核種による高いγ線を同伴する。
このため取扱いが技術的に難しくなり転用検知にも有効に作用することから、
Thサイクルの核拡散抵抗性が注目されている。

またU→Puサイクルでは、
高レベル廃棄物中に長期にわたって存在する超ウラン元素の放射線毒性が強いことが問題になっている。

Thサイクルでは、添加する燃料の選び方で廃棄物発生量の低減が可能であることが注目されている。
【日本原子力産業協会’10.01】


http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=751045
インドのクダンクラム原発増設計画、ロシアからの融資確定
2012/08/01 18:58

インド原子力公社(NPCIL)はこのたび、ロシアと南部タミル・ナードゥ州にあるクダンクラム原子力発電所3、4号機の増設計画に関する低金利融資議定書に調印した。総工費3200億ルピー(約4540億円)中、1700億ルピー(約2412億円)をロシアからの融資で賄う。原発はロシア型PWR(加圧水型原子炉)と言われる出力100万kWのロシア型加圧水型原子炉(VVER)を使用する。

クダンクラム原発はインド原子力公社がロシアの原発建設企業アトムストロイエクスポルトの援助を受けて建設しているもので、1、2号機の建設工事はロシアの国営原子力企業ロスアトムが請け負った。同原発は11年12月からの商業運転を予定していたが、インド南端部のクダンクラムはスマトラ島沖地震の被災地のため、東京電力 <9501> 福島第1原発事故を受け地元の反対運動が活発化。商業運転の開始が伸びていた。ただ、近日中に稼働を開始する予定という。



http://blog.livedoor.jp/stop_hamaoka/archives/12531345.html
「スマトラ沖地震・津波の教訓」村田光平 村田氏は東海学園大学教授(元駐スイス大使)。「原発震災を防ぐ全国署名」の顧問でいらっしゃいます。



http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-20/2012082002_04_1.html
2007年1月にまとめた報告書によると、
保安院、原子力安全基盤機構(JNES)や東電などの電力会社が2006年に合同で立ち上げた
「溢水(いっすい=水があふれること)勉強会」は
06年6月に福島第1原発4、5号機を調査。

建屋外の非常用海水ポンプや発動機のかさ上げなど
「想定津波」への対策しかとっていない実態を掌握しました。

「勉強会」は、米国の規制当局がキウォーニー原発を調査し、
配管破損による建屋内部の「溢水」が
「特に電気機器にかなりの損傷を与える可能性がある」
と指摘したことを重要視。

インドネシア・スマトラ島沖大地震の津波で
インドのマドラス原発の非常用海水ポンプが水没し運転不能になった
ことを受け、日本の原発の「現状を把握する」ために調査を始めました。


東電側も、高さ14メートルの津波が襲えば建屋内への浸水で電源喪失し、
「原子炉の安全停止に関わる電動機、弁等の動的機器が機能を喪失する」と認めました。

「勉強会」はまた東電側から、
・タービン建屋やサービス建屋の入り口が水密性の扉ではなく、
 非常用ディーゼル発電機の吸気口も敷地からわずかの高さしかない、
・非常用海水ポンプは原発の敷地レベル(海抜13メートル)より低い
 海抜4・5メートルの屋外に設置されており、
 当時5号機で想定されていた5・6メートル超の津波が襲えば
 「1分程度で電動機が機能を喪失する」
という説明を受けていました。

保安院は「勉強会」の報告にもとづき、具体的な津波対策の検討を東電に要請しました。
しかし東電は、建屋入り口の水密性確保などの対策をとりませんでした。
これが、今回の重大な事故を招いたのです。

事実上認める

事故後、東電は「必要な対策をとらなかったという事実はありません」とする見解を発表(5月16日)。しかし、その中で「万一非常用海水ポンプが津波で冠水し機能を失ったと仮定しても(中略)空冷の非常用ディーゼル発電機が設置されているため、建屋敷地レベルに津波が到達しなければ全電源喪失には至らないと考えていました」と述べ、必要な対策をとらなかったことを事実上認めました。

東電は「勉強会」第3回会合(06年5月11日)で提出した資料で、「想定外津波」への対策に言及しつつ、「リスクとコストのバランスを踏まえた検討が別途必要」だと、利益と安全をてんびんにかける姿勢を示していました。08年には、貞観地震(869年)と同規模の津波が襲う可能性を知りながら、その後も十分な対策をとりませんでした。

日本共産党の吉井英勝議員は3日の衆院経済産業委員会で、福島原発事故は、「勉強会」で津波の影響が想定されながら保安院や東電が利益優先で対策を怠ったことが引き起こした人災であり、「不作為の責任が問われる」と批判しました。枝野幸男経産相は「もっと対策をとっておけば、こうした重大な事故に至らなかったのではとの指摘は真摯(しんし)に受け止める」と答弁せざるをえませんでした。


http://www.47news.jp/47topics/e/229297.php

保安院によると、勉強会は04年のスマトラ沖地震で海外の原発に津波被害が出たことを受け、保安院の呼び掛けで電力数社が参加して設置。06年8月に「福島第1原発に14メートルの津波が襲った場合、タービン建屋に海水が入り、電源設備が機能喪失する可能性がある」との文書をまとめていた。
 保安院は、こうした情報が電力会社の社内で共有されているかは確認していなかったという。

 この問題をめぐり、東電の勝俣恒久会長は14日、国会が設置した福島第1原発事故調査委員会で、保安院がまとめた文書が社内の伝達ミスで経営陣に伝わっていなかったと証言。「(文書が上層部に)届いていれば、対応が図れたかもしれない」と述べた。

枝野幸男経産相は15日の閣議後の記者会見で「上層部に伝わっている、伝わっていないは問題ではない。電力会社の代表が参加し、そこで共有された認識は、それぞれの事業者内部で共有されるのが前提だ」と批判した。

東電の08年の試算では、第1原発の1〜6号機で海抜8・4〜10・2メートルの津波を想定。敷地の一部では最高で15・7メートルまで津波が駆け上がるとの結果も出ていた。震災の津波では実際に14〜15メートルまで海水が到達した。(宮崎雄一郎)

◎海外の実例知りつつ放置 インド原発で津波被害 

2004年のスマトラ沖地震でインド南部にあるマドラス原発では、津波でポンプ室が浸水するトラブルが起きていた。冷却用の取水ポンプが津波で使用不能となった東京電力福島第1原発事故の約6年半前。国や東電は海外の実例を知りながら、有効な対策を取らず放置した。

津波に襲われたマドラス原発は22万キロワットの原発2基のうち1基が稼働中だった。警報で海面の異常に気付いた担当者が手動で原子炉を緊急停止した。冷却水用の取水トンネルから海水が押し寄せ、ポンプ室が冠水。敷地は海面から約6メートルの高さ、主要施設はさらに20メートル以上高い位置にあった。

東日本大震災で大津波に襲われた第1原発は、海沿いに置かれたポンプ類や地下の重要機器が浸水。原子炉冷却機能を喪失し、事故を招いた。東電関係者は「社内では津波に弱いとの共通認識だったが、まさか大津波が襲うとは思っていなかった」と話している。(鎮目宰司)

(共同通信)2012/05/15 13:08


http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/211.html
日本共産党の吉井英勝衆院議員、「3・11福島原発事故に責任を負うべき者にその自覚がないことは許されない」
小泉内閣の時代の2004年12月に、インドネシア・スマトラ沖で巨大な地震・津波が発生しました。“同規模の地震や津波が日本の老朽化した原発を直撃したらどうなるか”という観点から、地震、津波(「押し波」も「引き波」も含めて)、全電源喪失などの問題を系統的に取り上げてきました。

たとえば2006年3月1日の衆議院予算委員会第7分科会で津波の問題を取り上げた時、広瀬原子力安全・保安院長(当時)は「スマトラ沖地震による津波にとりましても、インド洋沿岸に設置されております原子力発電所も影響を受けた」「津波で被害を受けたインドのタミールナルド州で開催されたIAEAのワークショップに参加し、被害を受けた原発の現地調査やスマトラ島の被害報告などの情報収集を行っております」と答弁しています。これはインドのマドラス原発で津波の「押し波」によって、冷却用のポンプが使用不能になったということを把握していたということです。

私は、この答弁を受けて、「押し波の波高が10mとかもっと高い場合もある。水没に近い状態で原発の機械室の機能が損なわれる」ことを指摘するとともに、「引き波」の時に原発停止後の核燃料を冷却し続ける機器冷却系に必要な冷却水を取ろうとしても、海水面が冷却水の取水口の下にまで下がると冷却不能になるという問題も提起しました。

巨大地震に老朽化した原発が耐えられるかという問題を、実証実験するのに使用できる香川県多度津町にあった世界一の大型振動台を使って、使用して放射化している原発機器を振動台に乗せて実験した例はあるかと質問すると、広瀬原子力安全・保安院長は、「多度津を使った試験は21件あるが、老朽化したものについての実証試験は行っておりません」と答えました。小泉内閣の手で「行革」の名の下、今治造船へ倉庫用地として、310億円の装置を2億7700万円でこっそり売却されていたのです。

当時の二階経済産業大臣は、地震・津波問題に、「最悪の事態を考えても考えすぎということはない。省を挙げて真剣に取り組むことをお約束申しあげる」と言いましたが、東京電力が無視したのか、総理大臣を先頭に内閣が無視したのか、大臣答弁を官僚がサボタージュしたのか、結局、対策はとられることなく3月11日を迎えました。

2005年12月には小泉内閣に質問主意書を出していて、上に書いた多度津の施設を売却するべきでないことを質していましたが、地震対策を無視して翌年度に売却しました。

安倍晋三内閣に代わった後の2006年12月13日にも質問主意書を出しました。私が「高圧送電鉄塔が倒壊すると、外部電源が得られなくなるのではないか」と質したのに対して、閣議決定して返ってきた答弁書では、「外部電源系は、2回線以上の送電線により電力系統に接続された設計となっている」「外部電源からの電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である」と答えました。

また、「核燃料棒の崩壊熱を除去するためには、機器冷却系電源を確保できることが、原発にとって絶対必要である。現実には自家発電機事故で原子炉が停止するなどバックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか(スウェーデンのフォルクスマルク原発で、ディーゼル発電機とバッテリーを組み合わせた内部電源が2系列で事故を起こしたことを踏まえての質問)。」と問いました。これに対して「必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた例はない」「フォルクスマルク原発とは異なる設計となっていることから、同発電所と同様の事態が発生するとは考えられない」という答弁書でした。

「地震で送電鉄塔の倒壊によって外部電源が得られない状態が生まれ、内部電源もフォルクスマルク原発のようにディーゼル発電機もバッテリーも働かなくなった時、機器冷却系は働かないことになる。こうした場合の安全性について検討しているか」と問うたことについても、安倍内閣の答弁書は、「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全性については、審査指針に基づき審査、確認しているものであり、ご指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期している」と答え、私がさらに「崩壊熱を除去出来なかったら、核燃料は焼損するのではないか」と質すと、「原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している」と胸を張って答弁書を書いていたのです。

原発を停止しても、圧力容器の中の核燃料棒は崩壊熱を出し続けますから、核燃料棒が冷却水から頭を出さないようにさせることが重要です。そうしないと、冷却できなくなって核燃料棒の被覆管のジルコニウムが、1200℃を超える位から水と反応して水素が発生し、さらにもう少し温度が上がると被覆管が溶けて、中に閉じ込めている放射性ヨウ素などが外部に放出することになります。さらに2800℃位で核燃料そのものが溶けて、セシウム、ストロンチウムなどからプルトニウムに至るまで、外部に放出されます。

そんなことは東電の技術者はもとより、官邸に詰めていた技術者も分かっていたはずです。それなのになぜ圧力容器内の圧力を下げて、消火栓ラインなどからでも冷却水を注水するラインの形成に即座に取り組まなかったのか、冷却用の純水が不足したら目の前の海水を注水してでも冷やすことをしなかったのかが、大変不思議なことです。

同じように津波の被害を受けた、宮城県の東北電力・女川原発では、5系列の外部電源のうち4系列は壊れました。しかし、生き残った1系列で機器冷却系を動かすことに成功して、約10時間後には「冷温停止」(冷却水の圧力と温度が1気圧、100℃以内)となりました。

福島第一原発では電源がなくなってしまった分、余計に時間はかかったとしても、海水注入などで冷やし続ければ、メルトダウンと建屋の爆発とは食い止めることができた可能性はあります。

なぜ、それができなかったのか。東電は海水注入による廃炉を恐れたこと。何とか海水注入を遅らせて、冷温停止に持っていくことで福島第一原発という利益を上げる資産を残したがったことがあると思います。

もう一つは、原子力災害対策本部長をはじめとする官邸が、3月11日の午後3時42分に「全電源喪失」の報告を受け、直ちに東京電力に対して早期に圧力容器内の減圧と海水注入を含む緊急対策を取らせきらなかったことがあると思います。

政治家に原発の知識がなくとも、原子力安全委員会や、原子力安全・保安院とサポートする原子力安全基盤機構(JNES=ジェイネス)や各機関の技術参与などが、知恵と技術を結集することはできたはずです。しかし、そういう仕組みを作らないで、ずるずる事態が最悪の状況に進んで行ったことや情報公開が極端に弱かったことなど、「国会事故調報告」などの各種報告書の指摘も踏まえて解明が必要でしょう。

1999年のJCO事故では、企業の責任者が「執行猶予付きで懲役4年」と刑事責任を負いました。

しかし、福島第一原発事故の場合は、刑事責任も民事責任も問われないままです。本来なら3・11以前の「不作為の責任」を自覚しなければならない人や、3・11以降の事故対応の誤りに責任を感じなければならない人たちが、開き直って、このことに触れるマスコミなどをネットで攻撃したり、「名誉棄損だ」と訴訟を起こしたりしています。「昔から脱原発だ」と、自分を売り込むことに熱心な人もいます。

いまだ原発事故が収束していないことや、避難を余儀なくされている16万人を超える人々の苦しみを考えているとはとうてい思えません。全く許しがたいことです。これでは政治が国民から信頼されず、政治不信から極端な過激主張やファシズムが台頭してくることが心配です。

私は、原子核工学を学び、真空技術や宇宙開発から化学プラントに関わりを持ってきた技術屋出身の政治家として、湯川秀樹先生らが説いてこられた「科学者・技術者の社会的責任」を果たすという立場から、再生可能エネルギーの爆発的普及をめざし、同時にそれが農林漁業や中小企業の力と結び付いて、原発に依存しないエネルギー構造となり、地域経済の持続可能な発展のために頑張っていきたいと思います。

(2012.11.9)
Copy from ( http://www.441-h.com/message.html )


見方を変えれば
 軽水炉の原発の重大事故は“あえて起こす”には 津波だけでは不十分
という事が分かった人達が居る可能性もある訳だ。

大地震 + 大津波 + 送電鉄塔の東海 + サイバー攻撃 が有れば陥落をする
と 攻撃を仕掛ける側が作戦を練っていた なんて考えるのは俺だけかなぁ。


インドのタミルナド州カルパッカムのマドラス原子力発電所が
2004年のスマトラ沖地震の津波で 世界で初めて“津波の被害を受けた原発”となった以上は、
だからこそインドにしてみれば とくに原発が多い南部の地方にしてみれば
・311と福島第一原発
・津波と原発の関連性
・そして人工地震と津波と原発
に対して非常に関心が強くなるのは自然な話でしかない。

今回の動画の背景に有るモノが何なのか?
動画の中身が分からない以上は 何とも言えない部分も多いけど
インドにおいても 原発と津波と人工地震 を考える人がいるのは自然な話ではあろう。
それを阻止しようとする核テロリストな連中もまた 国境を越えて其処に居るのもまた良く分かった。


100ルピー紙幣にはガンジーの肖像画が描かれていたり とか
インドにおける反原発の苛烈さの記事も読んだり をしたが、
その規模を人口比で考えれば
極東の一諸島における反原発の規模が決して小さいモノでも無い事が分かる。

俺はね、
やっぱり人間社会を構成するの圧倒的大多数は古今東西を問わずに馬鹿で豚に過ぎない一般民衆
だと思っている。

だから 後は
 その地方なりの生き方が有る 以上は、
 其れに合致した しかも状況や環境の変遷に合わせて適宜に改変を施して行けば良い
そう思うんだよね。


そうそう、

選民向けノアの方舟なのか。チェンナイ日本人街5万人計画
http://museindia.typepad.jp/2012/2012/05/%E9%81%B8%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%96%B9%E8%88%9F%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E8%A1%97%EF%BC%95%E4%B8%87%E4%BA%BA%E8%A8%88%E7%94%BB.html
な話が2012/01の頃に流れたよね

12°33′27″N 80°10′30″E - Google マップ
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=12%C2%B033%E2%80%B227%E2%80%B3N+80%C2%B010%E2%80%B230%E2%80%B3E&lr=lang_ja&um=1&ie=UTF-8&sa=X&ei=EgaZUY2sDs3PlAXjtICQBQ&ved=0CAsQ_AUoAg
タミルナードウ州のカルパッカムのマドラス原発 から マドラス→チェンナイへと名前を変えた都市へは
50kmな程度しか離れていない。
其処へ ノアの箱舟で辿り着く先を作る かぁ
カルトの住人の頭の中って 色々と斜め上を行く よね。




http://www.japan-india.com/pdf/forum/40-1.pdf

http://www.japan-india.com/pdf/backnumber/58-1.pdf

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5yZWRpZmYuY29tL25ld3MvMjAwNS9qYW4vMDdpbnRlcjEuaHRt
No tsunami effect on nuclear plant 原子力工場に対する津波影響でない
January 07, 2005 2005年1月7日
http://www.namasuteindia.com/sumatragenpatsu.html
Was a tsunami taken into consideration when the Kalpakkam nuclear power reactors were being built?
Kalpakkam原子力原子炉が造られていたとき、津波は考慮に入れられましたか?

No, tsunami was not taken into consideration. Nowhere in India people had thought a tsunami could strike the Indian coasts. But we had taken into account the worst cyclonic storm surges. Before a cyclone hits, a storm surge comes. We had provided for the worst cyclone that could hit the coast looking at historical statistics.
いいえ、津波は考慮に入れられませんでした。インド人々のどこにも、津波がインドの海岸をたたくことができると思いませんでした。しかし、我々は最悪のサイクロンに似た暴風による高潮を考慮しました。サイクロンが打つ前に、暴風による高潮は来ます。我々は、歴史の統計を見ている海岸を攻撃することができた最悪のサイクロンの準備をしました。

What kind of earthquakes did you take into account when the final designs were made?
最終的なデザインが作られたとき、あなたはどんな地震を考慮しましたか?

All earthquakes don't cause tsunamis. Certainly we didn't take into account earthquakes of a magnitude of 8 or more. While planning, we take more into account the earthquakes on land. We thought the fault line near Indonesia is quite far away from the Indian coast. Also, historical statistical data didn't suggest that a magnitude of 9 is a possibility and we didn't anticipate it.
すべての地震によって、津波が起きるというわけではありません。確かに、我々はマグニチュード8以上の地震を考慮しませんでした。計画の間、我々は土地でより地震を考慮に入れます。インドネシアの近くの断層線がインドの海岸から全く遠く離れていると、我々は思いました。また、歴史の統計データはマグニチュード9つが可能性であることを示唆しませんでした、そして、我々はそれを予想しませんでした。


ふ〜んwww 色々と面白いねぇwww

an earthquake of magnitude 9 will have to be taken into account. The mean return period of earthquakes of these magnitudes will be calculated. If something is likely to happen in the next thousands years we take that into account.
マグニチュード9の地震は、考慮されなければなりません。これらの大きさの地震の中間の戻り段階は、計算されます。何かが次の数千年に起こりそうであるならば、我々はそれを考慮に入れます。

「Kalpakkam nuclear power plant Madras tsunami」の検索結果 - Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=Kalpakkam+nuclear+power+plant+Madras+tsunami



http://www.sify.com/topics/Kalpakkam.html
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5zaWZ5LmNvbS9uZXdzL3dpbGwta3VkYW5rdWxhbS1lbmQtY2hlbm5haXMtZGFya2VzdC1ob3VyLXNvb24tbmV3cy1jb2x1bW5zLW1rcWQ1MWhiY2dlLmh0bWw=,qfor=0
2012年10月16日


http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5tb25leWNvbnRyb2wuY29tL25ld3MvYnVzaW5lc3Mva2FscGFra2FtLXBsYW50LXNhZmV0c3VuYW1pLWdvaV8xNTgyNjcuaHRtbA==

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5oaW5kdXN0YW50aW1lcy5jb20vSW5kaWEtbmV3cy9DaGVubmFpL0thbHBha2thbS1hdG9taWMtcG93ZXItcGxhbnQtZ2VhcmVkLXVwLWZvci1DeWNsb25lLU5pbGFtL0FydGljbGUxLTk1Mjc5Ni5hc3B4

核テロリストは全く同じ言い方をするんだね。
で 結論を書くと。


2013年01月01日 UFOから「津波爆弾」まで…ニュージーランド公文書館に眠る珍文献 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2918453/10040699
その一つが、「プロジェクト・シール(Project Seal)」の名の下にニュージーランドと米国が極秘で進めていた、核爆弾に比肩する破壊力を持つ「津波爆弾」の開発計画に関する文書だった。

■一定の成功を収めていた「津波爆弾」

 この計画が始動したのは1944年6月で、太平洋諸島のサンゴ礁を爆弾で吹き飛ばす任務についていたある米海軍幹部が、爆破により時に巨大な波が生まれることから、津波を引き起こす爆弾を作れるかもしれないと着想したことがきっかけだった。オークランド(Auckland)北方沖で行った実験の結果、科学者たちは同計画が実現可能であるとの結論に達し、沖合いで10回の大きな爆発を起こせば、沿岸部の小さな町を飲み込むことができる高さ10メートル程度の津波を生み出せると試算した。しかし小規模実験の成功にもかかわらず、計画は45年の早い時期に中止されたという。

このほか公文書館が収蔵する奇妙な文書の中には、軍や民間のパイロットなどからニュージーランド国防省の元に寄せられた無数のUFO目撃情報に関するファイルがある。その多くは空を移動する謎の光を見たというものだが、「空飛ぶ円盤」や「(古代エジプトの王)ファラオのマスク」をかぶった宇宙人、「地球外文字」の例とされる図形を描いたスケッチなども含まれている。

 ニュージーランドで最も知られているUFO遭遇例は1978年に南島のカイコウラ(Kaikoura)沖でテレビ局の撮影スタッフが録画した「奇妙な光」だ。だが宇宙人ハンターたちにとって残念なことに、これについて軍は、船舶からの光が雲に反射したり、金星が変則的な見え方をするなどの自然現象として説明がつくと結論している。



NZ沖で行われ成功した秘密実験。 英国のテレグラフも報じる richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_24.html

津波爆弾の実験がニュージーランド沖で行われた。プロジェクトシールがテレグラフに掲載|donのブログ
http://ameblo.jp/don1110/entry-11523043859.html
このプロジェクトは1999年になってようやく機密指定が解除されたそうだ。報告書はサンディエゴのScripps Institution Of Oceanography Libraryにあるというので、さっそくこの図書館のサイトに行って検索してみた。しかし残念ながらダウンロードはできず、図書館に実際に足を運ばないと利用できない状態にあることが分かった。

この計画は1947年にマスコミにリークされ、広く報道された。


Tsunami bomb - Wikipedia
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9Qcm9qZWN0X1NlYWw=,qfor=0


http://ameblo.jp/kototamaimakoko/entry-11523012154.html
インドのニュース映像のようですが、「津波爆弾」のニュースに311津波の映像が使われています。
プロジェクト・シールの話の紹介に311の映像を使っている という事のようです。


「プロジェクト・シール」英原文
http://jmatome.blog39.fc2.com/blog-entry-349.html
「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。
ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功した…。」

2005年に公開された「地震を使った対日心理戦争計画」なる米軍機密文書には、以下の記載があります。

「第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、
「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシュミレーションを繰り返した」という。
ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のことである。」

そして、1944年12月にはM7.9の「東南海地震」、45年1月にはM6.8の「三河地震」が発生し、
それぞれ数千人の犠牲者を出したのです。

前者では、三菱重工業や中島飛行機といった米軍が標的とする軍需工場が壊滅的な打撃を受けました。
「観測史上最大規模の大地震」だと当時の米国新聞は報じています。15メートルの津波を伴ったそうです。

1957年の「国際地球観測年」には、核兵器を使って人工地震を起こし、地球の構造を探ろうとする提案がなされ、
その実施の是非を巡った国際的な議論がなされています。朝日新聞などの新聞記事が残っています。

核兵器を使って人工地震を起こす技術は、新聞に掲載されるほど「当たり前」に存在する技術なのです。
50年以上前に検証の済んでいた「陳腐な旧式の大量破壊兵器」だったのです。

さて、2011年3月11日、東北の沖合でとてつもなく巨大な地震が発生し宮城や福島、岩手などで甚大な被害が発生しました。


プロジェクトシール」の英原文
http://www.wanttoknow.info/documents/project_seal.pdf



http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1768530.html
地震兵器に関する米国公文書
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/earthquakeweapon/PSYCHOLOGICAK%20WARFARE%20EARTHQUAKE%20PLAN%20AGAINST%20JAPANESE%20HOMELAND.pdf


米OSS「戦略事務局」(CIA「中央情報局」の前身)作成機密文書
URL http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/earthquakeweapon/haarp.html
日本人の間に集団ヒステリーとパニックを起こすのに大きな歴史的役割を果たしてきた2つの顕著な要素がある。
それは、「火事」と「地震」である。

この2つが経済的にひどく追い詰められた時に起こると、その後に社会的混沌が続いた。
今や我々は、経済的な問題が既に日本国内に存在することを知っている。

また「火事」は、現在我々の大規模な爆撃により適宜起こされている。

今我々が利用すべきものが一つだけ残されている。それは「地震」である。

「日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦」 p.10/14より抜粋


プロジェクトシールを知る
http://pbs.seesaa.net/article/192147438.html
プロジェクト・シール(別名津波爆弾)はニュージーランド軍部が破壊的な津波を作る兵器を開発しようとした計画である。この兵器は1944年から1945年にかけてオークランド沖のワンガパラオアで実験された。

7ヶ月余りの間に4千回も爆発実験が行われたという。爆発は核エネルギーを使用したものらしい。

このプロジェクトは1999年になってようやく機密指定が解除されたそうだ。報告書はサンディエゴのScripps Institution Of Oceanography Libraryにあるというので、さっそくこの図書館のサイトに行って検索してみた。しかし残念ながらダウンロードはできず、図書館に実際に足を運ばないと利用できない状態にあることが分かった。

この計画は1947年にマスコミにリークされ、広く報道された。

核エネルギーによる津波発生はアメリカとイギリスが計画していたようです。



UFO騒ぎは津波兵器のことを民衆の頭から消すための工作の可能性もある。

もはや津波兵器の存在自体を否定することはもはや無理であることをご理解いただきたい。

1997年には、クリントン政権に共和党から参加し、国防長官の職にあったウィリアム・コーエンが
記者会見中に、電磁波を利用した気象兵器、地震兵器についてはっきり言及している
(「they can alter the climate, set off earthquakes, volcanoes remotely through the use of electromagnetic waves.」)。
http://www.defense.gov/transcripts/transcript.aspx?transcriptid=674
国防総省のウェブサイトにある資料

地震兵器、津波兵器は確かに存在すると考えざるを得ない。


http://ameblo.jp/tsukiyonosanpo/entry-10882079457.html
1944年から1945年にかけてオークランド沖のワンガパラオアで実験された。

1947年にマスコミにリークされ、広く報道された。

プロジェクト・シール(別名津波爆弾)は
ニュージーランド軍部が破壊的な津波を作る兵器を開発しようとした計画である。
この兵器は1944年から1945年にかけてオークランド沖のワンガパラオアで実験された。

7ヶ月余りの間に4千回も爆発実験が行われたという。

ニュージーランドの沖合いで実施された実施では30メートルを超える津波の発生に成功した。


そして
1944年12月にはM7.9の「東南海地震」、
45年1月にはM6.8の「三河地震」が発生し、15メートルの津波を伴い、
それぞれ数千人の犠牲者を出した。
前者では、三菱重工業や中島飛行機といった米軍が標的とする軍需工場が壊滅的な打撃を受けた。

「観測史上最大規模の大地震」と当時の米国新聞。


「仮説 巨大地震は水素核融合で起きる」山本寛
http://ameblo.jp/tsukiyonosanpo/entry-10882055120.html

・GPSによる精密観測によりプレートに歪みが蓄えられていないことが明らかになったこと
・震源が断層に沿って帯状に存在するのではなく一点である
 といった従来のプレートテクニクス理論の明らかな矛盾点
から始まっている

中部地方でのダム建設と地震の記録から高い相関関係が見つかったため
岐阜県の徳山ダムは2008年4月に満水になったので地震が発生する可能性を予測。

松代群発地震におけるヘリウムガスの発生、
阪神淡路大震災時に観測された地震に同期して発生する怪光現象、
などにも触れている。

山本寛さんは、国立名古屋大学工学部航空科を卒業後、名古屋大学大学院工学研究科航空科修士課程修了。つまり日本の大学・大学院教育で最高峰クラスの、航空エンジン技術の研究をしている。

1966年(昭和41年)にヤマハに入社。
ヤマハUSAの技術部長、日本のヤマハのモーターサイクル事業部の技術部長、品質管理室長などで活躍した。
そしてヤマハのエンジン技術陣は、実はトヨタのエンジンを作っていたのである。
これはあまり公には知られていない。

2000年に定年退職。そして国立静岡大学非常勤講師を歴任。


言説や生い立ちを辿ると、メディアで無視され続けた無名の天才だという事がわかる。


https://twitter.com/jhatajinan/status/329950515121250304
J−PARK~スーパーカミオカンデのニュートリノライン。
http://t.co/uY6hPunssF

http://twitter.com/jhatajinan/status/329949155076222976
茨城県東海村にある世界でも1、2位を争う高エネルギー加速器から
岐阜神岡のカミオカンデに向かって大量のニュートリノが連日に発射されている。
群馬県南部、栃木県北部、もっと言えば岐阜、長野、茨城県北部、頻発する地震の震源は
ニュートリノ照射の周辺で発生している。無関係だろうか。

https://twitter.com/jhatajinan/status/329951779552911360
栃木県北部の地震→http://goo.gl/k2QlYを遡って行くと
2008年8月28日。群馬県南部→http://goo.gl/ExT9Pは2008年8月31日。
他方で東海村のJPARKが完成したのは2008年9月である。
見事に被ぶっている。

https://twitter.com/jhatajinan/status/329952278121426944
つまり、東海村のJPARCからニュートリノがスーパーカミオカンデに向かって照射され始めた頃から
栃木県北部、群馬県南部の地震が記録されるようになるのである。
これは はたして偶然だろうか。

https://twitter.com/jhatajinan/status/329954532861808640
ちなみに、東海村のJPARCの機構長だった菅原寛孝は
『核兵器消滅計画』という論文を本気で書いている。
なにしろ、
 ニュートリノが放つ中性子により核兵器を過早爆発させ、無力化できる
と豪語しているのである。
この話は 色々と繋がってくる。

https://twitter.com/jhatajinan/status/329957125159804928
花崗岩にニュートリノを当てちゃやばいでしょ。なぜって、花崗岩の中にはウランがある。

https://twitter.com/jhatajinan/status/329975840718860288
ニュートリノが核兵器を発見する。
http://japanese.ruvr.ru/2013_04_28/112007344/

https://twitter.com/jhatajinan/status/335341484024922114
どうしても解せないのは活火山47山の中に富士山が入っていることだ。
富士山は休火山と習った。
なぜ、富士山がいつの間にか活火山の仲間入りしたのか。聞いてないわ。
http://yfrog.com/nyc0tfp

https://twitter.com/jhatajinan/status/335344057586941952
藤井敏嗣東大名誉教授は
「富士山は過去3200年で約100回噴火しており、300年も休んでいるのは異常事態。
 前兆から噴火まで場合によっては数時間と短いため、迅速に避難するための訓練が必要だ」
と指摘する。
http://on-msn.com/14wap7y

https://twitter.com/jhatajinan/status/335344396583202816
前兆から噴火まで数時間。。。避難する訓練とか、必要なくね?
そこにいちゃいけないわけなんだわ。ってことでしょ、富士山周辺。

https://twitter.com/jhatajinan/status/335344811479539712
前兆から噴火まで数時間。。。前兆から噴火まで数時間って、せめて一日くらいは欲しいよね。


とりあえず その辺り↑までの話 と この辺りの話↓とを いずれ まとめてみたいな。

http://www.ailab7.com/log/eqlog1011-1020.html
 ↓
ANS観測網・大地震予知観測ネットワーク
http://www.ailab7.com/index.htm








超入門・タミル語
http://homepage1.nifty.com/yamuna/tonchinkan/class/tamil/top.html
Q.タミル語を勉強するのは難しいのですか。

タミル語は見慣れない文字を使うので,最初はとまどいます。
サンスクリット語など,インドの古典語を学んだ人にとっても,
語彙も文法も異なるので,若干なじみにくいかも知れません。
でも,文の構造は日本語に近く,主語+目的語+動詞の形をとりますので,
日本人には親しみやすい面も持っています。

Q.日本語の起源はタミル語だという説があるようですが,本当ですか。

私は言語学者でもタミル語の専門家でもないので,
YesともNoとも,きちんとした根拠を示して答えることはできませんが,
感覚的には日本語とタミル語は かなり違うという印象を持っています。
学会の大勢は否定的のようです。


大野晋 - Wikipedia クレオールタミル語説への批判
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%99%8B#.E3.82.AF.E3.83.AC.E3.82.AA.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.82.BF.E3.83.9F.E3.83.AB.E8.AA.9E.E8.AA.AC.E3.81.B8.E3.81.AE.E6.89.B9.E5.88.A4

大野晋 - Wikipedia クレオールタミル語説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%99%8B#.E3.82.AF.E3.83.AC.E3.82.AA.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.82.BF.E3.83.9F.E3.83.AB.E8.AA.9E.E8.AA.AC

タミル語入門1 これほど日本語に近いとは知らなかった
http://blogs.yahoo.co.jp/nakamushyh/29272859.html
此処のコメントも 分かりやすい工作員が湧いている。
実際の 言語学的な学説そのもの などは俺に分かるはずもない。

ただ どうにもファビョり方そのものは 宗教右翼カルトなニホンジンのコッカのニホンな連中そのものでしかなく
ならば そういう事なのだろう という事が、まず念頭へ置く事となるよね。


俺の大雑把な印象からすれば 言語的な共通項は少なくない というのは確実に有ると思うんだよね。
なのに 語源 とか言い出すと、途端にファビョりだす。
【自分達こそが 「はじめに言葉ありき」 の選民である】
という 一神教で野蛮人の典型的な反応だよね。
カルトの狂信的な下僕は 何処へ行っても どんな時も 似たような脊髄反射をする。


大野晋の説については比較言語学の方法上の問題から批判が多い。主な批判として、以下のものがある。

村山七郎『日本語 タミル語起源説批判』(1982)[21]
比較言語学者の風間喜代三による批判(1983)
大野1981年『日本語とタミル語』に対し、風間喜代三は批判を行った。その後、比較言語学者やタミル語学者を始めとしたほとんどの言語専門家は、大野の説に批判的である。
2000年の『日本語の形成』において大野は、音韻、語彙、文法の三点において、日本語はクレオールタミル語であるという説を提出した。同書は、風間喜代三の語彙対応に関する批判については、指摘された語彙を削除もしくは変更している。
比較言語学者の観点では大野説が比較言語学の正統的方法に従っていないことを批判している。特に、歴史性を捨象して単語比較を行っている点が問題視されている。

家本太郎・児玉望・山下博司・長田俊樹「「日本語=タミル語同系説」を検証する―大野晋『日本語の起源 新版』をめぐって」 (1996)。

こうして眺めると 神道の神学 をせずに 妙に己が正当性の強調の方へ走りだす って
思いっきり「厳格な階級格差」だけに固執する カルトの狂信性そのもの だよね。

神学として進めば 少しは文明人な方向性へと進むのに 微塵にもせず、
詭弁と詐術の理論武装に精魂を傾けているようにしか見えないよね。
仮に学術的には正しいとしても どうにも不思議なファビョり方をする人達が混ざるよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%94%B0%E4%BF%8A%E6%A8%B9
長田俊樹 - Wikipedia
共編著(山折哲雄)
『日本人はキリスト教をどのように受容したか』(日文研叢書17、1998年)
ふ〜んw
古代の言葉を扱う人に こういう共著が有るのね。



http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06tamiru_go_to_nihonn_go.html
大野は日本語とタミル語が同系であるという、その証拠として次の5点をあげている。
 1.すべての音素(a/i/u/e/oなどの母音やk/s/t/n/h/m/y/r/wなどの子音のこと)で
  音韻の対応がある。
 2.対応する単語が基礎語を中心に500語近くある。
 3.文法上、ともに 膠着語 に属し、構造的に共通である。
 4.基本的な助詞・助動詞が音韻と用法の上で対応する。
 5.歌の五七五七七の韻律が共通に見出される。
語源とするか否か は別にしても 此の共通項そのものは 中々に興味深い話では有るよね。
と同時に
 だからと言って カルトの狂信性を剥き出しにするまでに攻撃を加える
のもまた変な話に思える、つまり 宗教右翼カルトの性癖が丸出し と俺は言う訳だ。



大野晋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%99%8B
は それなりな言語学者の様だ。
著作も多い、研究熱心なのだろう。

狭山事件脅迫状の鑑定

1963年5月に発生した、埼玉県狭山市における女子高校生誘拐殺人事件(いわゆる狭山事件)の
検察側証拠として提出された脅迫状について、
東京高裁控訴審と第2次再審請求の2度にわたり筆跡鑑定を行い、
 脅迫状の筆跡及び文章が逮捕時の被告の稚拙な日本語能力では不可能なものである
と分析し、事件を冤罪であると断じたとされる。

しかし正式には、分析の結果そうした可能性を示唆したのみで、
決定的に本人ではないと断言したものではない。
いやいやいや なるほどねぇ、と掘り下げると面白いねぇ。
何故に攻撃されやすいのか? とかね。



同時代の作家で親交の深かった丸谷才一は、
「最高の日本語学者だった。音韻にも文法にも詳しく言語を文明全体と関連させてとらえた。
 日本語という謎を解く事を志し、粘り強く成果をあげた。」
と評している。

評伝
川村二郎著『孤高:国語学者大野晋の生涯』(東京書籍、2009年)ISBN 978-4-487-80355-2


著作の代表作には
1990年(平成2年) 『光る源氏の物語』により、芸術選奨文部大臣賞を受賞。
1994年(平成6年):『係り結びの研究』で読売文学賞受賞。
1999年(平成11年):『日本語練習帳』が190万部を超えるベストセラーに。同年、井上靖文化賞受賞。
がある。


日本語練習帳より
http://www.interq.or.jp/rabbit/shiro/maku2land/edu-kenshuu(nihonngo).htm
言ってる事に間違いはないけど、専門的すぎて 実務的じゃ無いんじゃね?w
ただ 地道に真面目に取り組んできた人なんだな という印象が逆に分かる。


大野晋 「係り結びの研究」 - 関心空間
http://www.kanshin.com/keyword/10534753
知性は高い人だったのに 説得力が追いつかない人だったように思える、惜しい人だったんだな。

普通の文は終止形結ぶに対して、
ゾ・ナム・ヤ・カの下の活用語は連体形で結ぶ。
コソの下の活用語は已然形で結ぶ。
それらは強調表現に用いられる。
それが普通にいう係り結びである。

しかし、現代語に見られないその現象が、なぜ古典語にだけ行われたのか。
それは本来どのような起源、どのような性格をもち、どうして強調に使われ得たのか。

その点については学校文法で教えられることはない。
今日の日本古典文法の研究書もその問題を取り上げることは殆ど無い。

係助詞は
・疑問詞を承けるモ・ゾ・カの群、
・疑問詞を承けないハ・コソ・ナム・ヤの群
に二分される。
と同時に、それが現代のとの対立に連続する。

俺なんかは 説得力を増す→文章の表意的な印象も考える をするので
例えば上記の場合なんかは 「」で囲む をして分かりやすい表意的な印象効果を狙う をしたりする。
こういうのは
 作文技術における 表記の印象へ対する“マンガの技術の応用”
なんだろうね。
真面目な言語学者だと こういう事はしないのかもしれないが。


・疑問詞を承けない・・・助詞としての「ハ」
・疑問詞を承ける・・・助詞としての「ガ」

これは まさしく係り結びの内部の構造的な対立の一部を継承するものではないか。
それは現代日本語の構文法の基礎として広く各種の表現に参与している。

しかし「ハ」と「ガ」の対立が文法の基礎的な構造として働くに至ったのは、そんなに古いことではない。
室町時代の末から、江戸時代に入ってのことである。

「ハ」は係助詞として古来の伝統的用法を保つている。
しかし「ガ」は、本来、係助詞ではない。格助詞であった。

したがって「ハ」と「ガ」の対立といっても、
「ハ」と「ガ」は全ての点でプラスとマイナスの関係にあるわけではない。

「ガ」は元々に体言と体言との間に入る格助詞であった。
「ガ」は その性格の尾を現代語にも引いている。

だから「ハ」と「ガ」とを対照しても、簡単に綺麗には対応せず、
「ガ」は、かなり異質の要素を含んでいる。・・・


係り結びとは、単に特定の助詞と文末の呼応の関係だけをいうものではない。
係り結びの内蔵する「構造」は、
日本語の「文」の作り方、
あるいは日本人の、物事を把握する思考形式の根本にかかわる表現方法である。


・「主語-述語」によって文が成る
という英語・ドイツ語風の原則とは別の原理が日本語にはある
のだといま私は思っている。

このことを根本に据えれば、
 日本語の文法は、
 日本人にとって、たやすく把握される学問になる
のではないだろうか。

日本語の作文技術 を 根幹から組み直そうとした人なんだね。

実務へ至る よりも 学術へ進んだ人 なんだね。
俺なんかは 現場な実務ばっかり なんだけどさw
もっとも この人の最前線は 学術の現場 だったのだろう。


タミル語とミッシングリンク
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06tamiru_go_to_nihonn_go.html

注目するのは2.の 
日本語とタミル語に対応する単語500語 の中にある「農耕に関する言葉」
である。

新しい文化や技術が日本に押し寄せた場合
すなわちラテン文化がフランス地方に押し寄せたように、
それは新しい単語や語彙、文法体系を持ち込んだはずである。

このようなことは、例えばコンピューターなどの分野で現代の我々もイヤというほど経験させられている。

これと同様なことが、
たかだか、旧年代観でいえば2500、600年前、
新年代観で言えば2800〜3000年前に、
本格的な水田稲作農耕文化が渡来した時に、
北部九州で引き起こされていたに違いない

と考えるのである。

しかもそれは、
 自然循環系の生活文化を 農耕という人為的な生活文化に一変させたほどに
 強大で劇的な影響力を持つものであったのだから
 当然に言語にも計り知れないほどの影響を与えた、
 すなわち基層言語の根幹に影響を与え
 新しい語彙を大量に受け入れたに違いない

と どうしても感覚的に思うのである。

農耕技術を この日本列島に持ち込んだ人達が
在地の縄文人に技術や知識を伝えたり、農作業への使役ないし協力を求めたとき、
彼等は彼らの農耕用語を現地語(縄文語)に織り交ぜながら使ったはずである。

水田稲作農耕の伝播経路の地域に、
より具体的にいえば、
 北部九州よりやや早い時期に水田稲作を受け入れ、
 北部九州への直接の伝播元となった南部朝鮮に、
 日本語の農耕用語と起源を同じくする語彙が残っているのではないか、
このような想定は誰でも可能であろう。

大野晋は、「日本語の起源」の著作の中で
「対応語と物の世界−稲作の始まり」という一項を設け、
「農耕に関する言葉」を
 ・ 日本語とタミル語に共通するものとして27語 、
 ・ 日本語と朝鮮語に共通するものとして9語 、
 ・ 日本語、朝鮮語、タミル語の三言語に共通するものとして5語
を提示している。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/noukou_kannsuru_kotoba.jpg

これほどの数の稲作農耕に関する言葉を提示しえたのは、大野晋が初めてだと思う。
このことだけでも高く評価されてしかるべきだと考える。

だけど ニホンジンのコッカのニホンの狂信的な宗教右翼カルトの下僕達の場合は
 これでは チョウセンガー とは言いにくくなってしまう、
 という事になっちゃう 自分達の教条 の方が大切
な反応を示したんだろうねw
ネトウヨの反応は そういうモノだからねぇ。
そういえば ネットゲリラ って、此の方面で不思議な話をしていたねw


上表の日本語に対応する朝鮮語は計10語であるが、
そのうち7語が“農具を主とする道具”に関するものである。

このことは次のような事情を推測をさせる。

弥生時代の水稲農耕文化は、落葉樹林型と照葉樹林型の二つの重なりにある。
・「落葉樹林型」は、朝鮮半島南部から玄界灘沿岸に伝わり、弥生文化の骨子となった。
・「照葉樹林型」は照葉樹林帯を貫いて一歩遅れて伝播した
 水稲主体の文化で、弥生文化の肉になったといってもよい。

この弥生文化規定の観点から、上の表を見ると、
「農耕にかかわる言葉」のうち、
耕作地や作物、食品など多くの農耕用語がタミル語から取り入れられているのに、
一部の道具に係る用語は朝鮮語起源(おそらく長江中・下流域〜山東半島起源)となっている。


ここでは とりあえず大野のタミル語説を無視して
稲作文化の伝播との関連を考えると、次のように解釈される。

水田稲作の第一波・朝鮮南部からの農耕文化が、
高度に完成した包括的な水田稲作農耕の技術を伝えたことは間違いない。

しかし当初は、農耕土木や農具など水田稲作を行うに当たっての
必要最低限の具体的な“技術や道具”が特に重要であったと考えられる。

次に少し遅れて直接伝播した長江中・下流域からの水田稲作文化は、
水田稲作の源流だけに限らず照葉樹林文化を基盤として発展した文化体系を持っていた。
しかも照葉樹林文化は、すでに縄文時代に西日本に伝播し根付いていた。

すなわち北部九州ないし西日本人にとって、大変受け入れやすい性格を持っていた。

したがって、この第二波の水田稲作文化は第一波を凌駕し、
日本の稲作文化に現在に至るまで深く根付いてきた。

こうした時系列推移が考えられる中、
農耕生活文化の大半の用語が第二波の言語から取り込まれて現在に至り、
第一波の言語は農具などの技術的な用語を残すのみとなった。
なるほどね。
俺なら ついでに 出雲文化と邪馬台国の文化 を重ねちゃったりもするかな、
それはまた別の機会に。


大野は、
・南インドのタミル地方から遥々7,000キロを越えて伝来したタミル語を
 基層言語である縄文語が受け入れ、同化した
という雄大な、というより奇想天外な構想を説明するのに、
言語学だけにとどまらず“南インドの文化と弥生文化”がパラレルに展開していたこと
をもって、その根拠としている。

それは新年代観を反映させるとさらに明確となる。
南インドの巨石時代と日本の弥生時代は3000年前、同時期に始まり、

 @粟作・稲作の農耕が行われていた。
 A墳丘墓・土壙墓・箱式石棺に加え、支石墓や甕棺墓まで存在する。
 B土器に多種類の同じグラフィティ
 (考古学用語で、壁・土器などに刻まれた古代の絵画や文字)が彫りこまれている。
 C青銅器・鉄器が同時に使われていた。
 D機織が始まった。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/graffiti.jpg
が平行して存在した。

大野が提示している その歴史的な流れの図
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/minamiinndo_nipponn2.jpg

其れを修正してみると こうなる
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/minamiinndo_nipponn2.jpg

なぜ日本と南インドに ほぼ同時代、共通する文化が存在するのか。
大野は自ら質問を用意しそれに答えている。
(「日本語の起源−私の説に対する質疑」p223)


Q タミルと日本の間に両者の言語の仲介地となるような場所があるか。
タミル語は確実に朝鮮語にも約400の対応語を残しているとしている。
表はそのうち農耕にかかわる単語で且つタミル語、日本語、朝鮮語に共通するものである。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/tyousenngo_tamirugo2.jpg
南インドの文化が遥々日本に影響を与えたとすれば、
同時に朝鮮半島に影響を与えたとしても不思議ではない。
ただ朝鮮半島が日本列島と同時に同じ言語の影響を受けたという証明に過ぎない。

甕棺墓とは
幼い子供を葬るときに、しばしば各地で使われる墓制である。
日本でも縄文時代から存在するし、東アジアや東南アジア各地で見られる。
しかし大人の墓制としての甕棺墓は必ずしも普遍的ではない。

日本列島でも北部九州の、それも福岡・佐賀両平野に一時 的に存在しただけである。

しかし弥生前期末となって、突然に北部九州平野部に出現し、
弥生中期中葉に最盛期を迎え、その後弥生後期には衰微してしまう。

一つの集団墓地には甕棺墓が数百〜数千の規模で埋まっている。
 
これと同様の甕棺墓群が南インドでも見られる。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/minamiinndo_kamekann708.jpg
南インドのアミルタマンガラム遺跡とムトラパレオン遺跡

南インドの甕棺は、インド巨石時代のはじめ、紀元前1,000年ごろから南インド全体に広汎に存在し、
たとえばタミル州南端に近いアーディチャナルールという所には、何万という甕棺の原がある。
アミルタマンガラム遺跡も、数百規模の甕棺墓群がある。

俺はね、稲作文化の 伝播の細かい経路 や 時期や時代の特定 には 殆ど興味が無い。
それよりも
 稲作文化という生活様式を激変させ続けた新技術が東アジアを席巻した
という内容の方に興味が有る。

 コンピューターやネットが人類の生活様式を激変させ続ける新技術が
 俺の目の前で どのように動いているか?
にならば 俺も身に覚えが有るからね。

そういう意味合いで
・稲作文化の伝播 其の技術革変の経過 と 生活様式と文化の再編 が
 中央アジアから東アジアに激動の時代を与えたで有ろう
という事は 容易に想定できる と思うんだよね。

その意味合いを前にすれば 
 稲作文化の 伝播の細かい経路 や 時期や時代の細かい特定
の話は
 幾つもの要素が大きく重なり合っていくモノ
 単純な一つの話の流れだけでは説明しきれないモノ
って思うんだよね。




http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/ja_tamiru_to_missing_rink.jpg
渡部忠世や王在徳、佐々木高明、安田喜憲、佐藤洋一郎等の説を要約すると

 渡部忠世・・・稲作はアッサム雲南センターで発生し、四方に広がったことを明らかにした。

 王在徳・・・・河姆渡遺跡などの発掘を通じ
        稲作は長江中・下流域で発生し、次第に周辺へ広がったとする説を提示した。
        今や主流である。

 佐々木高明・・アッサム雲南センターを含む東亜半月弧を設定し、
        そこから照葉樹林文化が日本列島に伝来したとした。

 安田喜憲・・・寒冷化という気候の変動が、黄河方面の畑作牧畜民の何波にも亘る南下を招き、
        長江の稲作漁撈民を侵略した。
        その結果、長江の民族集団は逃避し、四散することになったことを明らかにした。
 佐藤洋一郎・・稲作の長江中・下流域発生説ををイネのDNA分析から証明した。

多数の学者の考えを融合し、まとめて図示すると次のようになる。

http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_06/ine_no_dennpann_no_yousu.jpg

大野晋のタミル語説は、数多くの稲作農耕用語を提示してくれたことによって、
東アジアの広域に亘る文化伝播の構図が一層に明らかとなっている。
且つ日本語の中の稲作語彙の起源を微かに示してくれた と私は高く評価している。


民族性を「血」に求める者達は ニホンジンの起源 とか言い出す。
 自分達の優越性を一つでも多く見出したい
 異民族や異教徒や異端の劣悪さを一つでも多く見出したい
そういう一神教で野蛮人の性癖を考えれば まぁ必然的な話でしかないよね
んな事は俺達にはドーデモイイでしかないんだが。

俺は民族性を血に求めない、だから「起源」よりも「今の生き方や価値観や美意識」を重要視する。
“異民族や異教徒や異端 との優劣”よりも “己が生き方を如何に磨くか”を重要視するよね。
むしろ
 “異民族や異教徒や異端と どうやって仲良くなるか”
 まで頑張って考えていこう
とか思っちゃうよね、ある意味ではキチガイ沙汰でもあるがw
だけど 此れが俺達に自然で普通な生き方だよね。 カルトの下僕は皆目に理解できないだろうけど。


だから俺なんかは こう書く。

誠天調書 2012年05月18日: 情報流通の流れを読み解く意味を教えて啓蒙して行く、正岡子規の100年後に生きる者達が進むべき道を行く。
http://mkt5126.seesaa.net/article/270483050.html

正岡子規は「口語による文章を書く事の一般民衆への普及」を実際に果たした。
情報流通の新たな第一歩を切り開いたのが正岡子規だった。
大野晋は語学の根幹を調べつくし手から再構築を図り情報流通の新たな一歩を進もうとしたんだろうね、
俺はネットから進もうとしている。
たった それだけの話だ。





posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

貴方って「不幸な私」が好きなんだわ。

「日本国憲法・前文」と自民党の「日本国憲法改正草案」
http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/9391452.html

衆院憲法審査会 前文を巡り議論
http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/9391593.html

「緊急事態条項」
http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/9430449.html
2013/05/23に、衆院憲法審査会で「緊急事態条項」についての論議があります。
これは抽象的なものでなく、自民党は昨年、「緊急事態条項」を具体草案として作成しています。
自民党は、「第9章 緊急事態」の条項を、第98条、第99条として新設しています。

その内容は、酷いものです。
これが、23日にも、各党で論議され、参院選で自民与党が勝利した場合、
この草案に従って、憲法が改正されます。

以下、全文掲載します。

第9章 緊急事態

(緊急事態の宣言)

第98条 内閣総理大臣は、わが国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
4 第二項及び前項後段の国会の承認については、第60条第二項の規定を準用する。この場合において、同項中「30日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。

(緊急事態の宣言の効果)
第99条 緊急事態の宣言が発せられた時は、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。

2 前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。

3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第14条、第18条、第19条、第21条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。

4 緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。


・・・・・・・・・・・・・・・これを読んで、あなたはどう思いましたか?
もし、あなたが「憲法審査会」に出席できるとしたら、あなたはどんな意見を発言しますか?


自民党「日本国憲法改正草案(現行憲法対照)」(平成24年4月27日決定)
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
今に決める事なの?


俺が
「ニホンジンのコッカのニホンすなわち『日本人と日本』を根底から否定して 新国家設立を目指すべき」
と言う話と同水準だよね。
つーか だから俺も言い続けているんだけどさ。

一神教で野蛮人なカルトの教条主義を叫べば叫ぶほどに 
多神教で文明人な者達は 「引く」 だけだよね。

女の口説き方を知らない馬鹿が“如何にして女を扱っているか?”を推察するには
とても分かりやすい話に該当するかと思うんだけど、
俺が こうまでも簡潔明快に書いても カルトの住人の理解の範疇を超える話 となるのだろう。

カルトの性癖は一生涯に治らない、知性の高低に関係が無く
その本質は「即時入院措置が必要な水準の 重度の精神疾患」でしかない。
もっとも、
俺達を
・“おとなしく屠殺されるまでは献身的な奴隷”が良い家畜
・“不服従な奴隷 で 屠殺へも徹底抵抗する”が悪い家畜
と区分けするような連中は
多神教で文明人の美意識や価値観や生き方をこそ「気が狂っている」と感じるのだろうけどね。


そして
憲法改正の話は結局に ABCDE兵器に対して竹槍で戦う な思想が根幹に有る。
だから「この機会に」なんだろうけど、
そんな事よりも“如何に「多神教で文明人」として戦うか?”の方が よっぽどに有効だと思うけど。
つまり 被曝へ対抗する健康増進 を促進する方が 戦略的にも先決 だと思うけどね。




RT @tutinoue
国土交通省 平成24年10月12日 
http://www.mlit.go.jp/report/press/port01_hh_000120.html
「仙台湾」として国際拠点港湾に位置付けることとしました。
posted at 04:52:46


RT @tutinoue
平成25年3月15日 港湾法の一部を改正する法律案について
http://www.mlit.go.jp/report/press/port01_hh_000128.html
posted at 04:52:49


RT @tutinoue
観光立国の実現による日本経済再生に向けた提言 平成25年4月18日 自由民主党政務調査会
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf095_1.pdf
国際会議参加者やVIPなどを対象としたファーストレーンの設置
posted at 04:52:52


RT @tutinoue
どこかで、国際会議の時の港湾での入国手続きの迅速化というのを見たような気がするんだけど。。
荷物のチェックとかを簡素化するのかなあ。。
posted at 04:52:54

「観光立国」とか言いながらカネモウケだけが主目的 と あまりに見え透いているから 誰もマトモに動かない。
全てのカネを一つにして掠奪をしやすいようにする が マヌケなまでにミエミエなので 萎えるだけとなる。

多神教で文明人の社会共同体への還元が目的 では全くに無く
一神教で野蛮人な狂信的カルト集団への収奪だけが主目的の「罠」なのだから
そういうマヌケな罠へも陥る だけのモノしか来ない。

つまり 全くの真逆 だよね。
「多神教で文明人」としての「観光立国」ならば 『被曝を隠さない』なのにね。

俺達は 被曝の下で生きて 被曝の下で死ぬ。
其の有るがままを見て欲しい、そういう「観光価値」ならば 今でも充分に有るから。


宗教右翼カルトなニホンジンのコッカのニホンな連中は
自分達が如何に負け続けてきたのか? が どうしても理解できない。
俺ならば そういう反面教師が居るからこそ と簡単に答えが出せるだけだ。

だから コレは知性だけの問題では無い、
生き方や価値観や美意識を如何に眺めるか? という 視点の変え方でしか無い。
“自分の頭が悪いはずは無い”な人達は 何を根拠にして自分を保っているんだろうね。

支配者層である狂信的な宗教右翼カルトな異民族の 核攻撃 ABCDE兵器 そして権力の暴虐によって
大量虐殺と民族浄化が徹底的に続けられている。
それを受ける被支配者層の民族は それでも平和だけを愛して生きている。
自分達が屠殺さ掠奪され絶滅されようとも 平和を愛して生きていく事だけは絶対に捨てない。
この被支配者層の社会共同体に通底する美意識や価値観や生き方 こそが最大の「観光資源」の根幹である。

此処まで説明すればこそ 観光 を促進させようとする者達も奮い立つ事が出来る。
ただただ万歳突撃や特攻はウツクシイ とキチガイカルトの教条を並べたてるしか出来ない連中は だから負け続ける。

ニホンジンのコッカのニホン とは 極めて能力が劣る集団でしかない。
そんな「日本人と日本」(笑)に しがみ付く理由って何か有るのかなぁ?w

それこそ 狂信的で盲目的な信仰 しか無いよね。
アレを カルト 以外に呼称するのは むしろ難しいと思うんだけどね。






誠天調書 2012年01月29日: 大量破壊兵器、としての D (digital) と E (Environmental Modification)
http://mkt5126.seesaa.net/article/248950904.html

誠天調書: IT系などサイバー攻撃をDigitalのD兵器(stuxnetなど) と 環境改変兵器をEnvironmentaのE兵器(人工地震やHAARPなど) は、 ABC兵器に続く「禁止すべき兵器」と何故に言わないのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/262312494.html

2008年7月26日 プレートテクトニクス理論の先駆的研究で世界に知られたNY州立大の都城秋穂名誉教授が森林公園で行方不明・転落死で発見される
http://www.asyura2.com/07/jisin15/msg/299.html

2008-07-26 都城秋穂先生ご逝去
http://d.hatena.ne.jp/kimura-gaku/20080726/1217039520
20世紀世界を席巻した日本の地質学、地球科学の最大の巨星の一人が去ったことは本当に残念でならない。
また、彼の視野は、専門の岩石学にとどまらず極めて広く、戦後一貫して、科学論の分野においても常にリーダシップをとりつづけ、学界に大きな影響を与えた。不幸にも学界における政治論争の一方の極に押しやられ、多数の中で、一見、孤立するようになったが、その論理の明晰さは相手のそれではなかった。若者に支持者が多かった。私のいた大学でも、都城さんに対峙する学派が圧倒的であったが、私たちは読み続けた。焚書坑儒的事件も発生したりした

2009-09-14 地質学の巨人 都城秋穂の生涯 第1巻 都城の歩んだ道:自伝
http://d.hatena.ne.jp/kimura-gaku/20090914/1252964185
戦後の長い間、罵詈雑言が飛び交う中で、冷静に意見を述べることが如何に大変であったか、との歴史がある。

歴史的背景の理解なくしては、なかなか難しいかもしれないが、そのこともかなり配慮して記されている。
ただ人によっては、この歴史の見方は、自虐史観だというかもしれない。

2009-09-30 地質学の巨人 都城秋穂の生涯 第2巻 地球科学の歴史と現状
http://d.hatena.ne.jp/kimura-gaku/20090930/1254328880
1950~1960年代の地質学界は、第1巻で紹介されているように、(第三巻がより壮烈との予告がある)激烈な論争の中にあった。
当時の社会の争乱もあり、論争の手法が成熟していないこともあり、冷静さの欠いた、罵倒と怒号が飛び交うかのごとき激しいものであった。
その論争の主題の一つに、岩石学をめぐる物理化学論争と、本巻で展開されている「歴史主義」をめぐる議論があった。

「歴史主義」を主張する鉱床学の講義では、突然、まず毛沢東の「矛盾論」を読ませるところから始めるのである。
その先生らの学位論文は、マルクス主義のことばで埋め尽くされていた。
まぁ そういう時代だったからね。

「土台と上部構造」として金鉱床の成因を考えよ。歴史的発展の結果としての地殻を捉えよ。安易に物理化学へ流れるな、というのである。
とにかく、頭を真っ白にして露頭を観察せよ、というわけである。
偏見をなくし、頭を真っ白にする方法がある。
それは、「弁証法」を身につけることだ、というのである。
私も専門学部へ来る前の一般教養として、史的唯物論、唯物弁証法くらいは知っている。
なにせ学生運動の時代、そんなことは一般常識なのである。
宗教右翼カルトと旧式左翼 という20世紀のイデオロギーの残滓は
其れを明確に理解できない者達の病原菌なので、
大概の者達は無自覚なまま“自分の頭が悪いはずは無い”として
其の病魔に負けている自分にすら気付けない。

当時の状況を知る俺からしても 其の気持ちは分かるとしても
冷静に という言葉を使っちゃう段階で、もはや21世紀の者達からすれば
残念ながら 甘い と思っちゃうけどね。

とはいえ 当時は苦労しただろうからなぁw

今では、複雑系の科学における、
たとえば「進化とはなにか」「不可逆過程」「相転移」「創発」「臨界」などは
議論の中で極めて科学的に当たり前に議論されていることに共通する概念である。

自然科学では誰一人として、それらをマルクス主義による弁証法の優位などとはいわない。

総合的視点と還元的視点という対象として見れば、総合的視点に近い。
私が専門を学びはじめた時代は、
物理化学論争、歴史主義をめぐる議論は過去のものであったが、
克服されておらず、
同質の議論がプレートテクトニクスを巡って熱く展開されていた。
出版されたばかりの都城秋穂の著作、英語版「変成岩と変成帯」に対する焚書坑儒まがいの事件も頻発した。

私は、都城秋穂の論調は、低レベルの論争が「止揚」された圧倒的優位にあると認識し、
一定数の教員と学生の側が「歴史主義」の負の遺産の呪縛の中に置かれてはいたが、
それでもプレートテクトニクスの展開に積極的に身を置くようになった。

そんな時代背景を考え、なおかつ今からほとんど半世紀前の著作としてみた時に、
今でも捉えておくべき基本的視座が本巻には明確に述べられている。

地球科学、地質学と物理化学の関係、その科学の構造と法則。

歴史科学としての地質学ををどう捉えるか。

地球科学における地域、個性と一般の関係。

検証さえ得ないストーリーの展開をどう考えるか。

ーーーーーー

逐一あげるときりがないほど盛りだくさんである。
いずれそのうち時間をかけて、私なりの議論と意見を記す機会を持ちたいと思う。

時代背景の理解なしに、今の若者が、これを読みこなすのは大変かもしれない。

しかし、この第二巻は歴史の一場面として理解する上の名著であり、
冷静にオブラートに包みながらも激しく、地球科学と地質学をめぐる独創的な議論が展開されている。

ここまでかける人は1世紀に一人いるかいないかである。
次に登場するのはいつになるのであろうかと思う。

70年代以降の複雑性の科学の勃興、
地球システム科学の科学の勃興前夜の生みの苦しみの時代の著作なのである。

私も何度か、このブログでも、地球科学における科学方法論や哲学的議論の貧困を記した。
そのような議論の活発な時代は、科学も前へ進む。
若者達も、根本まで立ち入った、活発な議論を、是非展開して欲しいと思う。
こう書いてくれる人が居る事は 本当にありがたいですからね。

ただ こうしてコピペする時に漢字や文節を大量に添削や修正をしなくちゃならない という段階なのは
論争をする とか云々の段階以前なのですよね。
東大の教授でも“その程度の水準”なのは311以降においては もはや論ずる価値すらない 程度の話なので
まぁ ドーデモイイ なのですが。

とにかく 高卒な程度の俺は 俺なりに歩くだけだ。



2011/04/25 玉木先生を悼む 海を往く者/ウェブリブログ
http://ukmto.at.webry.info/201104/article_25.html
玉木賢策先生は、海洋地質学の権威で、その名を知らぬものは居ない。

だがあまり研究者然としておらず、どちらかというと国際機関の行政官のような印象を受ける。
地質調査所を振り出しに東大の海洋研究所へ移られ、
助教、教授となり、海洋資源などの研究を進められていた。

外務省の委託で2002年から国連の大陸棚限界委員会委員を務めており、
国連海洋法条約に基づいて各国の200海里を超える大陸棚の延長申請を審査しており、
日本も200海里を超える大陸棚の延長申請を大陸棚限界委員会に提出して審査を受けている最中
なのに、逝去されてしまった。

・・・元深田サルベージ建設の清水信夫氏も亡くなられていたとは。海洋村はどこまで人が減るのだろう。

外務省:玉木賢策 大陸棚限界委員会委員(外務省参与)の逝去について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/23/dmt_110407.html
1.玉木賢策大陸棚限界委員会委員(外務省参与)が出張中のニューヨークで逝去されたとの報に接し,悲しみに耐えません。御遺族に対し,日本政府を代表して哀悼の意を表します。

2.玉木委員は,海洋地質学,特に海洋底変動学の分野における国際的な第一人者としての知見を活かして,9年間にわたり,大陸棚限界委員会の我が国選出の委員として,国連海洋法条約に基づく大陸棚限界の設定を通じての海洋秩序の構築とその発展に多大な貢献をされました。

3.玉木委員の生前の御功績を偲び,心から御冥福をお祈りするとともに,謹んでお悔やみを申し上げます。

玉木賢策 大陸棚限界委員会委員
1.
東京大学海洋研究所教授を経て,東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター長,教授。2002年に大陸棚限界委員会の委員に選出され,以後2期(2002年〜2007年。2007年〜現在まで),計9年間大陸棚限界委員会委員を務める。我が国の海洋研究分野の第一人者。2010年3月より,外務省参与。
2011年4月5日22時37分(現地時間。日本時間4月6日11時37分),ニューヨークの病院にて逝去。享年62歳。

2. 大陸棚限界委員会
各国の大陸棚延長申請を審査する目的で,国連海洋法条約によって設置された委員会で,海洋地質,地球物理,水路学等を専門分野とする21名の科学者で構成。委員は,同条約締約国会合における選挙で選出。

https://nationalgeographic.jp/nng/article/20110712/277345/index6.shtml
2009年10月10日から10月30日までJAMSTECの「よこすか」と「しんかい6500」を用いた「インド洋熱水探査航海」(正式な航海番号はYK09-13 Leg 1)でのワンシーンから紹介しました。

本航海は、東京大学大学院工学系研究科附属エネルギー・資源フロンティアセンター、センター長である玉木賢策教授を首席研究者とする国際研究チームによって行われました。

玉木賢策先生は、長年インド洋における新たな熱水活動調査研究に多大な貢献をされ、そのリーダーシップにより、ようやく見つけた熱水活動の兆候を基に、この航海で2つの熱水域を発見するという成功を導きました。


「都城秋穂 地震 震源の深さ」の検索結果 - Yahoo!検索

「玉木賢策 地震 震源の深さ」の検索結果 - Yahoo!検索

地球科学 すなわち地球全体を総合的かつ多面的分野で複合的に考えていく、
その一つ一つの基礎研究の積み重ね が戦術級 ならば
其の多面的かつ複合的な積み重ねの先が戦略級 とも言えるかな。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%A7%91%E5%AD%A6
地球科学 - Wikipedia
地球科学(ちきゅうかがく、英: earth science あるいは geoscience)とは、
地球を研究対象とした自然科学の一分野であり、
近年では太陽系に関する研究も含めて地球惑星科学(英: earth planetary science)
と呼ぶ事も多くなってきている。

また日本では、ほぼ同義で主に高等学校での科目名や大学での学科名としての
「地学」という呼び名が一般的に用いられてきた。

地球科学は、
地球磁気圏から地球内部の核に至るまで、
地球に関するあらゆる学問を総称した名称であり、
内容は地球の構造や環境、歴史などを目的として多岐にわたる。

地球に関する研究は、石炭の発掘などの実用的な目的の中で、
地層の層序や堆積構造などを解明する地質学が発達したことに始まるが、
自然史学的な色彩が濃かったために、比較的進歩は遅く、
20世紀になってようやく地球に対する認識が大きく進展して、
プレートテクトニクスの発見などの飛躍を見せた。

しかしながら地球に関してはまだ解明されていないことが多く、
まだ本格的な研究は始まったばかりと言っても過言ではない。

地球科学あるいは地球惑星科学は、ひとつの学問体系というよりは地球に関する様々な学問分野の総称であり、
地質学・鉱物学・地球物理学・地球化学などに細分化されているのが現状である。

またその研究対象も、分野によって大気圏・表層環境・生命圏・地球内部・太陽系など多様である、
最近では これらの相互関係に重点を置いて
地球全体をひとつのシステムとして捉え
総合的に研究しようとする地球システム学(惑星システム学)が提唱されている。

シムアース と シヴィライゼーション と シムシティ を同時に考える
なんてのは俺からしたら別に 普通な話 でしかないんだけどね。


「金鉱床 成因」の検索結果 - Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%87%91%E9%89%B1%E5%BA%8A+%E6%88%90%E5%9B%A0
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%87%91%E9%89%B1%E5%BA%8A%E3%81%AE%E6%88%90%E5%9B%A0

鉱床学とは
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Rmin_EG.html


地下(Underground、Subsurface)の資源(Resource)となる物質を多く含む岩石(Rock)を
鉱石(Ore)と呼ぶ。

鉱石が集まった場所を鉱床(Ore Deposit、Mineral Deposit)と呼ぶ。

鉱床について、
それらの資源となる物質が濃集したメカニズム(Concentration Mechanism)を解明するための学問が
鉱床学(Economic Geology、Ore Geology)である。
従って、資源の探査(Exploration)や採掘(Mining)のためには必須の学問であり、
また資源となる物質の性質等も明らかにする学問であるから
選鉱(Dressing)や製錬(Smelting)にとっても重要である。
ただし、化石燃料(Fossil Fuel)関係では、
単なる鉱床学という名称は一般的に用いられないようである。

資源となる物質が濃集するには、液体状態(Liquid State)が最も効率が良い。鉱石は異常な岩石(Abnormal Rock)であるが、岩石の一種であるから、岩石の成因(でき方)(Rock Genesis)に類似させて考えれば、液体状態は『マグマ(Magma)』と『熱水(Heated Water、Hot Water、Hydrothermal)』である。これらは、火成作用(Igneous Activity)に伴って生成する。マグマの場合、普通の岩石を形成するのはケイ酸質(Siliceous)のマグマ本体であるが、鉱石を形成するのは水を主とする揮発成分(Volatile Constituent)の多いマグマである。一方、熱水の場合、このようなマグマに含まれていた水も存在するが、一般的にはマグマの熱によって熱水〔または場合によっては水蒸気(Water Vapor)も〕となった地下水(Groundwater)の循環(Cycle)によって鉱石が形成される場合が多い。熱水〔地表付近では温泉水(Hot Spring Water)とも呼ばれる〕は地下の岩石に含まれる物質を循環の間に溶かし込む。そして、地表部の低温・低圧条件下で、鉱石となるような物質を沈殿させる(Precipitate)。地下の割れ目(Fracture)などが熱水の通路(Passage)として適しているために、そのような場所に鉱石を沈殿させることが多い。いわゆる、鉱脈鉱床(Vein-type Deposit)である。目立った通路が無く、散点的に広範囲に存在すれば、交染鉱床(Disseminated Deposit)となる。

鉱床は、このように形状(Form)で分類されることもあるが、普通には鉱種(Ore-type)別〔元素(Element)別〕に分類される(Classify)ことの方が多い。例えば、金鉱床(Gold Deposit)とか、鉄鉱床(Iron Deposit)とか、銅鉱床(Copper Deposit)とかである。これは、研究者が特定の鉱種を対象に研究することが多いためである。

また、鉱床学は英語ではEconomic Geology(直訳すれば経済地質学)とされていることからも判るように、資源の開発(Exploitation)において経済的に採算がとれるかどうかが重要である。

なお、実際の開発(Development)のための学問は資源工学(Resource Engineering)などと呼ぶ。

以下 非常に細かく図を伴いながら記されている。
「プレート・テクトニクス」の理論が如何に 鉱床学 経済地質学 資源工学 へ用いられているか、
とても良く分かる。

ウラン鉱床の種類 (04-02-01-03) - ATOMICA -
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=04-02-01-03

日本財団図書館(電子図書館) 「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00824/contents/158.htm

20世紀 とは 膨大な資源を掘り出して使う→つまり売れる という時代だったからね。
其処に「一神教で野蛮人」の美意識や価値観や生き方が重なった先ならば どういう事象が起きるのか?

地学と経済学と哲学 政治と金融と歴史 文化と思想と医学と物理化学と
そして「一神教の神学」ではなく「多神教の神学」を までをも含めて多面的かつ複合的に語りだす、
だけど そんな事は 21世紀のネットの時代 ならば、別に普通のことじゃね?
それとも何か? 俺は「冷静」じゃ無いのかな?


どっちにしても 海洋関係 地質関係 地震関係 な人達は、
業務に関わる以外の所で不思議な死に方をする確率が非常に高い不思議な職種ですね。




知性の高さと説得力の高さ が必ずしも一致しないのは当然の話でしかない。

311以降に 様々なモノを調べていくと
 理系の人達の 文章力の無さ から来る 説得力の稚拙さ
に いつも苦労する。
それは市井の者達から最高学府の人達まで一貫して変わらない。

単語の選択の甘さ 漢字の変換の甘さ 文節の区分の甘さ それらの先に生じる説得力の低さ
を 彼ら自身が殆ど理解できていない、とても幸せなのだろう。
 何を以って 自らの知性へ対する自負や自尊心を保つ根拠としているのだろう?
と いつも疑問に思う。 やはり彼らは とても幸せなのだろう。





http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=en&prev=hp&rurl=translate.google.com&sl=en&tl=ja&u=http://www.globaldirt.org/map/index.html&usg=ALkJrhg4Hc8qK3r642SGJa25adc5Qd_-HA

Date/Time: 2011-04-09 T22:25:40-0500
CPS: 46812.48
Latitude: 37.691838
Longitude: 140.686818
K40: 0
Co57: 0
Co60: 0
Ga67: 0
Tc99m: 0
l125: 0
l131: 0
Ba133: 0
Cs137: 0
lr192: 0
Tl201: 0
Ra226: 0
Th232: 0
U233: 0
U235: 0
U238: 0
Pu239: 0
Am241: 367.62
飯舘村のデータ
cps表示で 此処まで速攻でデータを出しているトコが有ったんだね。
CPSは一秒間あたりの放射線の計数率で 1CPS=60CPM CPMは一分間あたりの放射線の計数率


http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-569.html

http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/case_study/
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1_table_j.pdf
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1_suppl.pdf

http://www.mikage.to/radiation/info/info0006.html

http://web.archive.org/web/20110921151421/http://take4.no-blog.jp/blog/2011/06/dp802i_36c2.html

http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-569.html
J705γβという中国製GM管があります。感度は10cps/μR/sです。まずは単位をcps/mR/hにしてみます。
10cps/0.001mR/(1/3600)h
10cps/3.6mR/h
2.8cps/mR/h

次に、cpm/μSv/hにしてみます。
1mR = 1000μR = 10μSv とすると、
0.28cps/μSv/h
16.8cpm/μSv/h

これの意味は、
「1μSv/hのγ線(コバルト60)を照射したら、1分間に16.8カウントする」
です。

さらに単純化すると、
1分間に1カウントしたら0.06μSv/h。
1分間に2カウントしたら0.12μSv/h。
1分間に3カウントしたら0.18μSv/h。
1分間に4カウントしたら0.24μSv/h。
1分間に5カウントしたら0.3μSv/h。


SBM-20 というGM管も見ておきましょう。こちらの感度は132cpm/μSv/hです。ということは、

1分間に1カウントしたら0.0076μSv/h。
1分間に2カウントしたら0.015μSv/h。
1分間に3カウントしたら0.023μSv/h。
1分間に4カウントしたら0.03μSv/h。
1分間に5カウントしたら0.038μSv/h。

J705γβに比べて、きめ細かくSvが上昇します。
つまり、感度が高いということです。


Am241: 367.62 cps
1秒間に367.62 1分間に22057.2 1時間で132,3432
アメリシウム241とは何か、どこから来たのか: 院長の独り言

http://onodekita.sblo.jp/article/48008908.html
MOX燃料は、燃料に含まれる核分裂性物質であるプルトニウム241が
保管中に核分裂しないアメリシウム241へ変化していく

http://www.cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/24.html
半減期 433年

崩壊方式
アルファ線を放出して、ネプツニウム-237(237Np、212万年)となる。ガンマ線が放出される。



http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/9224298.html
Pu-241が崩壊してできるAm-241はガンマ線で測定することが可能です。
崩壊時にはα線を放出して その後はγ線を放出し続ける という事かな。
Puを知る上でAm-241はとても重要な放射性物質です。
これまでに一度だけ自然環境に存在するAm-241のガンマ線を検出したことがあります。
それは30年以上前のことで、ビキニの土からです。


<環境試料の測定と測定結果について:報告 馬場利子>(「測定室だより」第12号より)
http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/GALLERY/show_image_v2.html?id=http%3A%2F%2Fimg5.blogs.yahoo.co.jp%2Fybi%2F1%2Fdd%2F3b%2Fueda_beck%2Ffolder%2F483985%2Fimg_483985_9224298_0%3F1366993099
測定結果のスペクトルに セシウムのピークが見られない結果 があります。

この原因は NaIシンチレーション式の測定器では、
土などに、核実験や過去の原発事故で排出したウラン系、トリウム系の放射性物質核種が多く存在し、
それを独立して測定することができないNaIシンチレーション式の測定器 NaI検出器では、
図の左側にある幾つかの放射性物質のピークに引っ張られて、
セシウムの電気的位置が揺らいでカウントしてしまうためです。

そういう事を含めて 上記では Am241: 367.62 cps が計測されている、
と俺は考える、だって 測定器メーカーの直接の測定だからね。
検出されているのは α線 γ線 α線+γ線 の どれなのか、まだ分からない。



http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
アメリシウム
原子番号95でアクチノイド元素に属する

241Amについて暗記しておきたい事項は、
・半減期432年
・アメリシウムはα線放出源であり、煙探知器に利用される
・中性子源: 
 
241Am - 9Be
 
241Amから放出されるα線と9Beの核反応により中性子を生成する。

9Be(α,n)12C : 9Be + 4He(α) → 12C + 1 0 n + γ

γ線も発生するため、γ線の遮へいが必要である
・241Amから放出される59.5keVのγ線:厚さ計、密度計、硫黄計、XRFのγ線源
 硫黄計は低エネルギーが利用される
  透過型:アメリシウムの59.5keVのγ線
  励起型:55Feから放出されるMnの特性X線(5.9keV)
・241Am, 210Po, 226Raのα線、90Sr, 85Krのβ線は静電気除去装置に使用される
・γ線は対外計測法で使用される肺モニターに使用される。
 239Puから放出される51.3keVの特性X線、241Amから放出される59.5keVのγ線が使用される

ラジウムのα線も同様に中性子源として利用される
  226Ra-9Be中性子源:9Be + 42He(α) →126C + 10n(4MeV) +γ(γ線の遮へい必要)

226Ra - 9Be

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%22cps%22+am241&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

2009/5/28 http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/32495151.html
イラクに転がっていた劣化ウラン弾のサーベイメータによる実測値として、
β線が12,000 cps 、α線が12 cpsという値が公表されている。
http://www.llrc.org/du/duframes.htm

日本国内の通常の場所では、
窓の直径5cm程度の一般的なβ線用GM管サーベイメータのカウント率は0.7〜1.2 cps程度となり、
花崗岩に当てると2.0〜3.1 cps程度になる。

311以前は こういう話なんだよね。




http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/433.html
2011/04に米国民間会社が測定した福島の土壌汚染:大量のウラン233,235,238とコバルト57,60


http://satehate.exblog.jp/16869651/
2011/09 八王子でアメリシウム検出 Am-241 74 Bq/kg

http://blogs.yahoo.co.jp/snow_world_nine/14090901.html
2012/03/08 放射線医学総合研究所(千葉市)は、東京電力福島第1原発から北西や南に20〜32キロ離れた福島県内の3地点で、事故で放出されたとみられるプルトニウム241を初めて検出したと、8日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」の電子版に発表
バカジャネーノ の一言しかないよね。


http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1_suppl.pdf
台湾では通関時に コンテナの表面の線量が0.2μsv/hを要求している。

産総研:放射線計測の信頼性について
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/case_study/

表面汚染の検査に良く用いられる大面積端窓型GM計数管の場合での考察
換算表(PDF:45KB)
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1_table_j.pdf

換算方法の解説(PDF:156KB)
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1_suppl.pdf

大面積端窓型GM計数管の表示値を放射能面密度へ換算する式
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_2.pdf

平成17年度 2005年度 クリアランス制度の整備に関わる調査報告書
http://www.jnes.go.jp/content/000010385.pdf
当時は原発のダクトのフィルターですら この程度の数字なのね。

今の数字を考えれば 俺達を殺す いいから死ね と言ってるようなもんだよね。





https://twitter.com/artand1973/status/336076488791162880
台湾にユニクロが進出したとき、あっという間にサビ残で労働局に摘発されたんだよね。
だからユニクロだけの問題と言うか、日本の労働行政の問題
http://www.mynewsjapan.com/reports/1607
ユニクロ 「離職率3年で5割、5年で8割超」の人材“排出”企業 05/06 2012

http://www.logsoku.com/r/news/1324593614/
1 : 名無しさん@涙目です。(生田神社)[] : 2011/12/23(金) 07:40:14.89 ID:HpfuX3An0 BE:3250958786-PLT(12000) ポイント特典 [1/1回(PC)]

台湾のユニクロ、従業員の超過労働で罰金

昨年台湾に上陸し大変な人気を集めている日本の衣料品メーカー「ユニクロ」(UNIQLO)が、
従業員の超過労働で台北市政府から2万台湾ドル(約5万円)の罰金を科されることとなった。

台湾では、10月から12月にかけて長期のバーゲンセールが行われる。
台北市政府労工局は、超過労働が発生しやすいこの時期に合わせ労働実態調査を実施、
ユニクロの販売員の労働時間は基準を大幅に上回る1日15時間にのぼっていたとしている。

台湾ユニクロの担当者は、正式な通知を受け取っていないとしてコメントを控えているが、
台北市政府では、改善が見られない業者には引き続き罰金を科し、また責任者の氏名などを公表していくとしている。

今回の調査では、ユニクロのほか、スペインのファッションブランド「ZARA」や高級ブランド店の
「CHANEL」なども罰金の対象となった。台湾の流行衣料品やブランド店などでは近ごろ、
台湾の消費者に加えて中国人旅行客など海外からの旅行者も重要なターゲットとなっており、
年末の繁忙期も近くなりフル稼働が過ぎてしまったようだ。

http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201112130010





http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/887.html
2013年05月20日 さいたま市長選も、安倍ツーショット候補敗れる 内閣・政党支持率はホンモノか?(世相を斬る あいば達也) 
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/ec07f1d2dbf609426d1d510c0e1f0c3d



http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/915.html
2013年5月25日号〈メディアに嫌われた男の告白〉 小沢一郎(生活の党代表)インタビュー 「マスコミは最大の既得権益者」 週刊ダイヤモンド 


http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/904.html
参議院選出馬の若狭勝弁護士、「法律実務家としての魂」はどこに? (郷原信郎が斬る)
http://nobuogohara.wordpress.com/2013/05/20/%e5%8f%82%e8%ad%b0%e9%99%a2%e9%81%b8%e5%87%ba%e9%a6%ac%e3%81%ae%e8%8b%a5%e7%8b%ad%e5%8b%9d%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%80%81%e3%80%8c%e6%b3%95%e5%be%8b%e5%ae%9f%e5%8b%99%e5%ae%b6%e3%81%a8%e3%81%97/


http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/863.html
2013年5月17日 支援者のみなさまへ 衆議院議員 石川 知裕 
http://www.tokachi-ishikawa.com/diary/2013/05/17/%E6%94%AF%E6%8F%B4%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%B8-2/


http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/789.html
検察も信用できない、裁判所も信用できないって、いったいどうゆう国なんだ!:山口一臣氏」 (晴耕雨読) 

http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/909.html
2013/5/20 ついに彼は狂ったか とんだ虚妄安倍首相のやっていること (日刊ゲンダイ) 


http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/833.html
5月20日(月) 円安は日本企業にとって何のメリットもない (週プレNEWS) 


http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/861.html
2013年5月19日 岸信介を裏切るアベノミクス  田中 良紹 
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20130519-00025053/




http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/628.html
2013年5月20日 日本原子力発電(原電)、原子力規制委員会の調査チームの専門家に個別抗議 (東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052090070218.html
 

http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/642.html
四千万人が「極度の危険」に入ることを政府は知っていた (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7129601.html



http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/203.html
自衛官募集協力 褒章推薦で内部告発(東京新聞:こちら特報部)

自衛隊の不正に対する内部告発の記事、良く出てきたな。
そしてコメントが爆笑だった。

01. 2013年5月20日 23:13:54 : sIFkxh0qhc
どこの軍隊でも裏切り者は死だよ。それが常識だ。内部告発が許されるのは軍隊以外の話だ。

03. 2013年5月21日 11:27:14 : RATpiZ8w7A
多分そーかのアルバイトだろう
位的に高いのかもしれんねそいつ

04. おじゃま一郎 2013年5月21日 19:24:37 : Oo1MUxFRAsqXk : G9JvFkmCzU
>自衛官募集協力
二級市民募集。頭の悪い君たちは、社会的に成功することありませんので
お国のために命を捨てましょう。

だけど大丈夫です。日本は憲法で戦争しない国なので。自衛隊にい入れば
一生気楽に暮らせます。

阿修羅へのコメント に コレは完全に逆効果、というよりも 自爆がウツクシイ に等しいよね。
 こんな馬鹿どもを飼っている
は 百害あって一利なし だよね。 

情報関係を統括している連中は
 単なるキチガイを飼っている
という状況を どう考えるつもりなんだろうね。
大東亜戦争から全く成長していない どころか 露骨に退化してるじゃん。
まさか まだコレでも勝てる とか口にしていないよね。

カルト構造の 上部や下部で どんな事が起きているのか?
あまりにも見えるだけ なので 正直つまんない。





http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/114.html
今度の参議院選で自民党が大勝利したら、それなりの覚悟が必要


http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/911.html
2013年5月20日 参院選で安倍自民党を大勝させると日本は終わる (植草一秀の『知られざる真実』) 
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-6cc7.html




http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/883.html
2013-05-20 不正選挙追及は命懸け (陽光堂主人の読書日記) 
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-983.html




http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/896.html
野党総崩れとインターネット政党待望論
何を今更にw
ならば 何故に成立できないのか? を 自分の言葉で説明する方が先でしょうねw

せいぜいに
 目覚めていないから 民度が低いから 民主主義が成熟していないから
な言葉しか出てこないだろうねw


・そういう事を言いだす連中の無能と無力
・“そういう事を言いだす連中の無能と無力”の遥かに上を行く“多神教で文明人の社会共同体”
だからだよ。

チョットだけ知性が有る な程度なくせして
チョットだけ色々と知っただけ な程度のくせして
ニホンジンのコッカのニホン と “多神教で文明人の社会共同体” の差異を自らの言葉で紡ぎだせない程度なくせして
“多神教で文明人の社会共同体”の一般民衆が動かせる と思っているの?

宗主国サマ や ニホンジンのコッカのニホン な 宗教右翼カルトが動かしているのは
「馬鹿で豚に過ぎない一般民衆」なだけで、
“多神教で文明人の社会共同体”の一般民衆が動かせている か どうかも分からないの?

その程度の 自らの人間的な卑小さ を踏まえた上で無ければ
“多神教で文明人の社会共同体”なんかは 到底に動かせるはずもないよね。


https://twitter.com/kikko_no_blog/status/337191204460576768
・10万人のファンが握手券ほしさに20枚ずつCDを買ってトータル200万枚セールスしたアイドルグループを「国民的アイドル」と呼ぶこと、
・野党がグダグダだから仕方なく「どちらかと言えば自民党を支持」に丸を付けた世論調査結果を掲げて「安倍政権の支持率70%」とか報じること
って同レベル
そして
・自分だけは頭が良い → 頭の悪い者達が悪い → 世の中が悪いのは自分のせいじゃない
ってのも 同じ水準の話だよね。

俺は 己が身の丈に出来る限りの事をしている。
政党を創れるか否かは分からないけれども 支持基盤を厚くして確実にして行く を俺はしてきた。

知名度に頼らず リンクに頼らず 検索に頼らず つまり“風頼みにしない”をしてきた。
全くに後ろ盾も何も無い俺には それしか手が無い。
カネも無い 人脈も無い 能力も力量も無い 知性も無い、
だけど 何とか出来る事をしたい へ対して俺なりに 考えて 考えて 考えて 此処に居る。

だから俺は政党の云々ではなく、戦略目標は 階層を と言ってきた。
其れを掲げた先の作戦目標として 政党を と言うのならば堅実な考え方だ。

戦術と作戦と戦略 という言葉を 戦争反対で否定する ような者達は結局に
万歳突撃はウツクシイ という言葉で 戦争を賛美する者達 と さほどに変わらぬ水準な生き方しか出来ていない
そんな自分を どう思うのだろう?
他者からしたら どんな風に映るのだろう?




かんなぎ 5巻
「貴方は 幸せが天から降ってくるのを待っているだけなんだわ。
 顔がカワイくて スタイルも良くて 頭だって悪くない。
 体は健康 家は裕福。
 コレで 恵まれていない って言えるの?

 高級メロンを抱えながら「わたし飢えているんです」って言ってるみたいに
 聞こえるのよね。
 なーんか 貴方って。

 あぁ そっか!
 貴方って「不幸な私」が好きなんだわ。

 もしかして自分の事を「閉じ込められたお姫様」って思ってたんじゃない?」


俺は此処から出られないマヌケそのものだ。
ただ それでも 俺の出来る限りの事はしたい そう思っているんだ。






http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1820827.html
2003/05/17 2001年からテレビ東京ほかで放送されたテライト制作のテレビアニメ「地球少女アルジュナ」は311以降の全てが警告されていた
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11531873296.html
■アニメの中で様々な問題提起を。

「原子炉はリスクが大きすぎるわ。
 それに、建設コストや核廃棄物の保管を
 含めれば、ほとんど採算が取れない。」

「現に欧米では原発の建設を中止したり廃止したりする国がある。」

「15年、たった15年前に、バブル弾ける前の、
 この国が一番豊だと言われた頃の電力消費量に戻すだけで、
 原発を一つ残らず無くせるのに・・・・」

「それとも真夏の2週間、冷房を我慢するか・・、
で も、たったそれだけに事が私達には出来ない・・・。」

遺伝子組み替えは危険だ

薬はゴミから作られる

農薬や化学肥料は化学兵器から生まれた

薬を必要とする病気は少ない

虫は野菜の肥料で太りすぎた部分を食べてくれる

環境は人間が心から必要なモノを選別すれば守られる

2つの大きなテーマが物語の基調をなす。

1つは
地球と人との関わりであり、2000年頃に注目されていた環境問題のうち
以下のようなトピックが扱われた。

農薬、遺伝子組み換え作物、酸性雨
抗生物質配合飼料、薬剤耐性菌
原油分解細菌、遺伝子汚染、プラスチック製品
原子力発電所、放射性廃棄物
異常気象 土壌汚染、海洋投棄

もう1つの大きなテーマは、
人の言葉と思考・感情と行動の不一致や不自由さ、伝わりにくさとされている。

相手の心が、たとえ文字となって読めても、
相手の真意はまったく読めていなかった、
と いうような展開が少ない話数の中で繰り返される。


世界を支配するには武器を使うより、
種や食糧を独占する方が遥かに効率的だからな。
た-だでさえ換金作物の過剰な輸出入で 互いの国土は荒廃している
というのに
 ‥不当に安い-価格と‥自由貿易と言う名のもとに‥
全てが正当化されようとしている。

所詮 自由貿易と-いう言葉は
一人勝ちしようとした国家や多国籍企業が生み出した幻想にすぎんのにな

(-動画内のセリフより)


posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。