https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年05月31日

成熟した“多神教で文明人の社会共同体”に生まれ育った俺は

TweetsWindの仕様変更で 表示が非常に見にくくなった ので此方も仕様を変更する必要が出てきた。
退化 とは こういう事を言うのだろう。
おそらくスマホでは崩れる可能性が大だと思う。


https://twitter.com/mkt5126/status/339856237174874112
TweetsWindの仕様が変更になり 誠天調書のtwitter表示も変更せざるを得なくなりました、
横長表示のままだと 見栄えが非常に悪くなってしまいました。
スマホだと崩れている気がしてなりませんが
仕方が無いので しばらくは こんな感じにして様子を見ます。





2013年05月28日 素粒子実験施設(J-PARC)での放射能漏れ事故-核分裂反応で金が蒸発: J-PARCとはどんな施設か。私もさっぱり知識がありません。 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68526180.html




放射性物質の拡散した方向と種類 J-PARC東海村放射能漏れ事故5/29公表資料より - みんな楽しくHappy♡がいい♪
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3017.html




「茨城東海村大学院生等4名2ミリシーベルトの内部被ばく。連絡は警報から36時間後。モニタリングポストの異常あり」日本原子力研究開発機構公表資料&NHKニュース時系列
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3009.html



「安全装置は1日10回ぐらい毎日止まるんです、だから経験から再起動」5/27モーニングバード書き出し・J−PARC55名の被ばく検査結果資料・東京新聞社説
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3010.html



<保存してるよ!>放射放出事件・東海村J−PARCがネットから消した資料
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3013.html



どんな放射性同位体が飛び出したの? 東海村J-PARC(日本原子力研究開発機構)事故
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3015.html



武田邦彦 (中部大学): 【緊急】東海村の放射性物質放出
http://takedanet.com/2013/05/post_6811.html

武田邦彦 (中部大学): 【緊急】政府、文科省、NHKは直ちに行動しなければならない
http://takedanet.com/2013/05/nhk_d6cf.html



茨城県の東海村の実験施設の事故について 5/28武田邦彦氏(音声文字起こし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3016.html
当初、1万ベクレル以下と想定された報道だったのに 1000億ベクレルを超える可能性がある



https://twitter.com/TOHRU_HIRANO/status/339722570842652673
茨城東海村で放射能漏れ。酷いね。
「原子力機構は南西方向に1000億ベクレルの放射性物質が漏れたと明らかにした
http://mainichi.jp/select/news/20130526k0000e040121000c.html)」
よく考えると、福島原発からは今も、毎日「2億4千万ベクレルが漏れてる」のだけど、
その何百倍もの放射性物質が東海村から2013/05/15に漏れた事となる

https://twitter.com/stmatthew70/statuses/338575326911291392
福島第一からは 毎時1000万ベクレル、(毎日2億4000万ベクレル)、
茨城の事故では 1000億ベクレル放出。 
あれ?あれ?あれ?大きい事故と違いますか?

https://twitter.com/kakiaki1005/status/339589119351070721
茨城県東海村J−PARC事故。南西方向に1000億ベクレルという事は、こういうことだよな。 http://twitpic.com/ctyggp

http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/775910617.jpg

https://twitter.com/kakiaki1005/status/339750432970768384
事実は全て闇の中です。ただSPEEDIを持っている文科省は知ってると思います。
ちなみにこのブログ(http://ameblo.jp/taro-gtr/entry-11536862422.html)によると
24日午前9時板橋区では線量の上昇があるようです。
RT @plankton0331: 我が町、足立区もはいってるんじゃない?

千葉市は あんまり変わらなかった気がする。
 焼却場から風下側の数km〜十数kmの先ならば
 その半分程度の数字 0.20μsv/h が常時に出る可能性も高い
という事は散々に俺が確認している。
風の動き は 常に大きく変わり しかも降下する先となると その数字を掴む事は非常に難しいが
・千葉市の新港焼却場は 一年間を通じて風向きが固定されやすい
・焼却場の煙が確認できる冬季
・しかも雨が降る事で煙が降りてきやすい
等で 常に確認をしてきた。

今回の被曝地は 2011/03/15の時の被曝地でも有るから
元々に0.20μsv〜0.40μsvが出ても いつもの事 となってしまうだろう。
しかも状況的に 瞬間的にしか検出されない可能性 が低くない。
更に降下する先の特定 となれば 把握は極めて難しいだろう。
そういう事の訓練を俺は昨年末から個人的に繰り返してきたから 良く分かる。

いずれにせよ ニホンジンのコッカのニホン以外ならば非常事態宣言が必ずに発令される事態だった と断言できる。
そういう数字で有ろう。
また核が堕ちた である。

こういう事を何故か一切に踏まえない群馬大学教授は御元気なのであろうか? 別にドーデモイイなのだが。


http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338094416550035456
郡山市と同程度の汚染です。RT @jrmmnisi: 茨城県東海村の放射性物質漏れ、被害を受けた方は大丈夫なのかな。「施設の汚染は最大で1平方センチあたり約40ベクレル」という見た目の数値にころっと騙されかけたけど、すんごい数字よね。1平方メートルあたり40万ベクレルの汚染

http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338429339299364864
福島第一原発からいま漏れている放射能は、2年前に漏れた大量の放射能に埋没するのと同じ意味で、茨城県東海村の研究所から先週漏れた放射能は埋没する。無視してよい。

http://twitter.com/HayakawaYukio/status/338428446864719873
茨城県東海村の研究所から放射能が漏れた事故。数億ベクレルらしい。それくらいは、福島第一原発からいまも毎日漏れてる。2年前に大事故があったばかりのいま、それくらいの汚染追加は誤差に埋没する。

凄いねぇ、もう本性を隠そうともしないんだね。


何が起こっているのでしょう?|タローホリウチ日々のブログ
http://ameblo.jp/taro-gtr/entry-11536862422.html
5月24日午前9時現在「板橋区」の室内計測での数値です!
場所は東側窓辺ソファベット上、窓は開放です。
http://stat.ameba.jp/user_images/20130524/10/taro-gtr/13/12/j/t02200392_0515091712550266460.jpg
これは 誤作動では無い数字の可能性が有る と俺は思う。
現在迄通常グリーンサインでした。
ちなみに我が家の昨年末平均「0.06〜0.09」と言う数値でした。

世の中で何が起こっているんでしょう?TVとか無いので分かりません(笑)
でも僕等に公表無く何処かで何かが起こっている気がします。
国の偉い方!知識の有る方々!僕達はどうしたらいいのですか?
教えて下さい!普通に生きて行く術を御指南下さい。
もっと税金が必要なら、もっと働きます!
アイディアが必要なら皆で知恵を搾ります!
国民の団結が必要なら掲げる国旗の下に集ります!
「事なかれ」に僕達を見捨てないで下さい。
見捨てるどころ
 「日本人と日本」という言葉そのものが
 そもそもからして詐欺と詐術の道具でしか無い
のだから、そういう話から始めなければならない時期に来ているんだよね。
俺達は家畜で奴隷でしか無い とするのが「日本人と日本」を口にする連中の正体なんだからさ。



https://twitter.com/kakiaki1005/status/339752034179895296
東海村J-PARCの事故で思う事は、
今回の事故は自民党政権下で起きたと言う事です。
仮に前民主党政権だったらどうだったでしょうか?
今回の事故は、今のところ全く完全に隠蔽されてます。
やはり、自民党の方が前民主よりも、政権運営や隠蔽が上手いのです。

https://twitter.com/kakiaki1005/status/338283966970859520
福島原発事故による年間1mSV以上の汚染面積は、チェルノブイリ事故よりもずっと広い。
やっぱり4機も爆発していると、例え偏西風で大部分が海に流されても、圧倒的なパワーだな。
チェルノブイリを遥かに越えているよ。
http://twitpic.com/ct3r3b
http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/774478055.jpg

というかね、やっぱり2011/03/15の放出量が チョット桁違いに過ぎる、
あの放出量を 4号機の火災を抜き説明しようとする 方が どう考えても論理矛盾すると思うんだよね。


https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339957761053978624
緊急時に、プラントデータのバックアップが有るのか無いのか を、日本中の全ての号機について聞きました。
その解答です。
http://kawauchi-hiroshi.net/images/topics/img/20130530_925858833_FilePath_1.pdf
不思議なことですが、福島第1原子力発電所の1・3・4・6号機だけが、データのバックアップが無いのです。

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339914164413812736
データが、地震から津波の間に抜けています。
非常用電源でデータが録られていた にもかかわらず、です。
そして、その理由はプリンターが「紙詰まり」でデータのバックアップもない、というのが理由です。
因みに、バックアップが無いのは福一だけです

https://twitter.com/tutinoue/status/339969241421852672
2012-04-09 07:17:43 『F1事故(事件)は津波?・・・1』
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11218064933.html
[ これは昨年三月十一日15時42分に福島第一原発の前所長だった吉田昌朗氏が、
 特定事象の種類が全交流電源喪失と想定される原因が地震と明記]
の書類の写真

https://twitter.com/tutinoue/status/339970323644555264
元を辿ったら、表示されなくて、【魚拓】 http://gyo.tc/Eajy 中を開けても エラーとなる。
だから、しっかり電源喪失の理由が地震と書かれた報告書の写真の載ったブログを探した。
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11218064933.html
→ http://stat.ameba.jp/user_images/20120409/08/masaya1015/fb/fc/j/o0512049011905605451.jpg
2011年3月11日15時42分
福島第一原発の前所長だった吉田昌朗氏が
経産大臣、福島県知事 地元である大熊町長、双葉町長へあて通報したものです。

この中で注目すべきことは、
 特定事象の種類が全交流電源喪失と想定される原因が地震
と明記されていることです。

311つまり2011/03/11の14:46の大地震とされるモノは起きてます。

吉田前所長が通報した時間との差は約1時間です。
さて、この一時間に福島第一原発では何があったのでしょうか!

まず上げられるのが
 地震でも津波で他では一切に倒壊が無かった送受電鉄塔なのに
 何故か此処だけ倒れた 福島第一原発の受電鉄塔の倒壊 です。
この倒壊は津波によるものではありません。そもそも津波は到達していません。

なのに 津波が原因 津波が原因 と何故に連呼をしたのでしょうか?

https://twitter.com/tutinoue/status/339991409048305664
『一号機の炉心溶融の引き金は津波だったのか!』
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11221040229.html
東電や政府は津波説を前面に出していますが、これは明らかな間違いであるとおもいます。
← 地震による配管破損は大飯原発ストレステストで考慮されてない?

https://twitter.com/tutinoue/status/339992174462640128
『福一1号機の配管損傷は地震によるもの』
http://amba.to/QzOA2P
1号機の原子炉建屋4階で作業したいた下請けの作業員さん数名が同階での出水を認めています
この出水は燃料プールのスロッシング(振動による溢水)ではない ので
 配管損傷によるもの 
と考えざるを得ない

メモ  電源喪失  - 土のうえ のブログ - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8713211.html

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339405909379907585
事故後2年以上たっても、
現場検証さえできない、放射線量の高い、水素爆発により破壊され尽くした原子炉建屋内部映像。
多くの国民の皆さんは、建屋の中も片付けられていると思っている方が多いのではないか?
現場の真実を知って欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=VQseY5NDJbY

https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339398136017596416
(再送)地震での配管損傷の可能性を示す、
福島第一原子力発電所 一号原子炉建屋内撮影映像【字幕付き】をアップ。
私の質問に対し、建屋4階での水素爆発の可能性を東電部長が解説。
http://www.youtube.com/watch?v=VQseY5NDJbY


https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/339757245103493120
規制委員会が福島第一原発の現場へ入るらしい。彼らが、どうコメントするか、注目したい。


弁財天: J-PARCがやってた実験は核兵器の点火実験か? update3
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/jparc_radiation_leak_accident

金の標的にレーザーを当ててNIFが失敗したので
J-PARCは陽子ビームを当てる。
どうせ中には重水素とトリチウムのガスカプセルが入ってたんだろ。
どう見ても 単なる「核兵器の点火実験」ですな。
バカ国家。

意図的に実験に失敗することで
レーザー核融合による新型の核兵器の点火実験を世界にアピールとか?


実験で一番に被曝した大学院生は
 何の為の実験か?
理解してたとは思えないな。

大学の研究室で院生の先輩が一酸化炭素中毒で死にかけた事故を思い出した。
ただ上に言われて闇雲に実験してるだけだったと思うぞ。
原発作業員の派遣会社舎弟問題もあるけど、大学院生の奴隷被曝労働も問題だなと思う。

貧乏な国立大学の大学生や院生を
報酬や家を餌にしてムラへ呼び込むところから御用学者への入り口は始まっている。

エリートコースだとか高い倍率の就職難関を乗り越えたとか
そんな口車に乗せてムラへ誘ってる。

本当はエリートではなく 被曝奴隷 で
倍率もウソで 落ちたヤツは1人もいないとか。


J−PARCが消した資料はこれ
https://pbs.twimg.com/media/BLWHjo-CMAAWH53.jpg
このリストを見れば
 核兵器の点火実験を大学院生に奴隷被曝労働にして やらせていた
ということが明白になるからな。


ニホンジンのコッカのニホンな一神教で野蛮人の性癖が丸出しだよね。
核実験は奴隷にやらせる、其処までするのが 狂信的なカルト集団 だからね。

連中にしてみれば
 貴重な人材は守らなければならない
 家畜奴隷は 奉仕する為に存在できるだけ「ありがたい」と思え
 これは聖戦で 神の国の崇高な道である
とか何とかな話なんだろうね。


 東日本に住む 馬鹿で豚にすぎない一般民衆の全てが 単なる強制収容所の家畜奴隷な存在でしか無い
とする性癖で動いている連中が どの辺りに居るのか?
其の自覚の有無 の以前にそういう性癖で政治を動かそうとする連中が居る
という段階で 大量虐殺と民族浄化は起きる。

掠奪と凌辱の快感が忘れられないような即時入院措置が必要な水準での病的な精神異常者が支配統治を担う、
それがニホンジンのコッカのニホンであり 「日本人と日本」の本質である。

もう 此処まで書かなければ間に合わない。
此処まで書いたならばこそ 其の先が見通せるようになる。

だから 他の人が書けるか否かを問う その前に俺は とっとと書いて進むだけだ。



「自分たちで過小評価しておいた放射線のリスク評価を用いて、「科学的」には因果関係が証明されないからその被害は原発の放射能が原因ではない、と被害を切り捨てる」 朝日新聞 2013/05/26 朝刊一面 福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」 : 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68578140.html


「原子力空母はCO2を出さないからエコ」、「安全、安心は金」-女性の原発推進団体(WiN)の活動報告から: 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/68620214.html


掠奪と凌辱で生計を立てて育った者達は
 人を殺し 異性を犯し 身ぐるみを剥ぎ 其の血の海の上で踊り狂う
 それは神の導きと言う“お墨付き”も得ている
が日常なので 其れが自然で当然 としか考え無くなる
それが 一神教で野蛮人 の美意識であり 価値観であり 生き方である。

其れは 適者生存 弱肉強食 とか言い出して一定の正当性を認めながら
自分達は違う とか都合の良い言い方をして逃げる のが 一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 である。


自分達が殺されても野蛮な行為は出来ない
という マヌケなまでの平和主義者 が多神教で文明人の 美意識であり 価値観であり 生き方である。

もう これは完全に民族が違う と言いきって良いだけの差異が有る。
だから俺は そういう意味合いでの民族意識を掲げた方が良い と考えたんだよね。

 一神教で野蛮人な「日本人と日本」という狂信的な宗教神権国家なカルト集団の異民族支配からの
 極東の一諸島の圧倒的大多数を構成する多神教で文明人の社会共同体の被支配者層の民族の【独立】を掲げる
を俺は書くんだよね。





2013年05月27日 戦闘教師「ケン」 激闘永田町編: 国会機能の充実と効率化に向けて
http://kenuchka.paslog.jp/article/2653634.html

国会審議による法案修正が前提となるため
政権党における閣法の事前審査は自粛されなければならない、
国対での取引のような審議外での法案協議は
最小限に止められなければならない。


例えば、「ダウンロード違法化」においては、
与野党間の内部協議で事前に調整された法案が用意され、
無審議で即採決されたため、
国会の議事録に一行も審議が残らない結果
となっている。


このことが国民の議会に対する強い不信を生んでいることに、
国会議員や政党は あまりにも鈍感ではなかろうか。
ネットを経由して動画を観る人は全員が 2年以下の懲役か200万円以下の罰金 が科せられる。
それがダウンロード刑事罰で有り 現状では逃れられない。

なのにニコニコは法案成立時に殆ど無反応だった という共同正犯である。
掠奪と凌辱はウツクシイ行為 という性癖で生きている連中が何処に居るのか?
まだ説明が必要なのかなぁ。





https://twitter.com/tanaka2527/status/339773644840517633
でも反原発の人達が言っている健康被害も無いし、葬式なんて増えてもいないし、WBCで過度に被爆している人っていまだに出ていないんですよね。どうしてでしょう私には反原発の人が嘘を言っているようにしか思えませんが。

https://twitter.com/mkt5126/status/339811071210708992
1. 癌が肉体を蝕んでいく過程を直接に観察し続けた事が無い
→癌で死んだ人間は居ない。
2. 放射性物質が肉体を蝕んでいく過程を直接に観察し続けた事が無い
→放射性物質で死んだ人間は居ない。
3. 児童ポルノ法で殺される人間を自分は知らない
→児童ポルノ法は問題が無い。

1+1=+2すら理解できない者へ 其れ以上の方程式を理解させえる事は極めて困難だ。
そういう者達へは SOEKSを持って飯館村へ行く事を勧めたい。


https://twitter.com/kakiaki1005/status/339776250774188032
僕は好きな言葉があるんですわ。
ダスティンホフマンの映画だったと思うんですが、父親が息子に話しかけるセリフ。
「世の中は嘘だらけなんだ。だからお前は好きな嘘を選んで生きていけばいい」
僕はこれでいいと思いますよ(´∀`)

其れで良いと思う人 は 其れで良い、「ならばよし」だ。
ただし 俺は 其の先へ行く。
あくまで一人で進む、それだけの話だ。




http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/396.html
2013年5月27日 亀井亜紀子議員が3月25日に「エクソン・フロリオ条項」に言及!! (神州の泉)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/05/post-1a66.html
http://akiko-kamei.home-p.info/2013/04/08/ciuaeueieaiinnaiauaoi/


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/182.html
〈PC遠隔操作事件〉 第1回公判前整理手続きで、弁護人の怒り炸裂  江川 紹子 


http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/113.html
有力ヘッジファンドが予言する日本危機・・ゾッとする崖!読みが間違っていることを祈るばかり!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37842?page=2


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/367.html
「民主党はマニフェストをどんどん投げ捨てるのに2年ほどかかったが自民党の場合は3カ月で投げ捨てた:金子勝氏」(晴耕雨読)


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/380.html
2013年05月27日 クローズアップ現代「中止」? 検察のイヌになり下がった国営放送 (今西憲之) 
http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/28487296.html


http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/441.html
森ゆうこサポーターズ総決起集会 <小沢一郎代表 森ゆうこ議員を後継指名!> 森ゆうこ参議院議員 決意表明 


http://kenuchka.paslog.jp/article/2653020.html
読売新聞、1979年5月31日(木)朝刊 社説「尖閣問題を紛争のタネにするな」
http://kenuchka.paslog.jp/image/yomiuri201979.531s.jpg




2013.05.22 シリアでの戦闘は外国の支援を受けた反政府軍が劣勢で、レバノンから反政府軍への補給拠点も政府軍に押さえられようとしている中、イスラエル軍の動きが活発化 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305220000/


2013.05.27 シリアへの軍事介入に積極的な姿勢を見せる英国はリビアで数百人規模の地上部隊を投入していたが、体制転覆を実現できないシリアでは苦境に陥っている可能性も 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305270000/


2013.05.29 EUの外相理事会で反シリア政府軍への武器禁輸が解除され、マケイン米上院議員がトルコからシリア領内へ入って反政府軍の幹部と会談、反政府軍は少数派殲滅を公言 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305290000/



2013.05.23 米国資本を後ろ盾にグアテマラを支配した軍人のひとり、モントに対する有罪判決が破棄されたが、歴史を偽造して米国支配層の悪行を隠そうとする意志も働いているだろう 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305230000/
グアテマラでマヤ系先住民1771名以上を虐殺した責任者として禁錮80年が言い渡されたが、
わずか10日後の5月20日に グアテマラの憲法裁判所は
そのエフライン・リオス・モントに対する原判決を破棄して差し戻した。

モントは1982年の軍事クーデターで実権を握り、独裁者としてグアテマラに君臨した人物だ、
その後ろにはアメリカの巨大資本が存在した。
つまり彼は傀儡。
グアテマラの場合はユナイテッド・フルーツ
(1970年にユナイテッド・ブランドへ、また1984年にはチキータへ名称を変更)
に支配されていた。


グアテマラでは1944年に選挙が行われて
フアン・ホセ・アレバロが当選、翌年の3月から大統領を務めることになる。
この国では、民主的に選ばれた初の大統領だった。
アレバロの次に選ばれたのがヤコボ・アルベンス・グスマン。
在職期間は1951年3月から54年6月まで。

グスマンが大統領に就任した1951年、
モントはパナマにあったアメリカの軍事訓練施設、SOA(School of the Americas)に派遣されている。
この施設では反乱鎮圧技術、狙撃訓練、ゲリラ戦や心理戦、軍事情報活動、そして尋問法などが教えられ、
「暗殺学校(School of Assassins)」と陰土を叩かれている。
なお、SOAは1984年にパナマを追い出されて米国ジョージア州へ移動、
2001年にWHISECへ名称が変更されている。

ところで、アメリカの情報機関はウォール街と深い関係にある。
アメリカは大戦に参戦した直後、イギリスの情報機関を「師」とする形でOSSを創設した。
初代長官に選ばれたのはウォール街の弁護士だったウィリアム・ドノバン。
このドノバンと親しく、破壊活動を指揮することになるアレン・ダレスもウォール街の弁護士。
アレンは兄のジョン・フォスターと同様、ユナイテッド・フルーツの仕事をしていた。

戦後、OSSはCIAに生まれ変わり、1953年からアレン・ダレスがCIA長官。
この年、ドワイト・アイゼンハワーが大統領に就任している。

そして、グスマン政権を倒すために始められたのがPBSUCCESS。
この作戦で中心的な役割を果たしたフランク・ウィズナーもウォール街の弁護士で、
OPCの局長も務めた。
(当初はOSP。極秘の破壊工作組織で、CIA計画局の中核になり、後に作戦局へ名称変更、
 2005年にはNCSに吸収された。)

リビアやシリアでの体制転覆プロジェクトでも同じだが、
反政府軍を秘密裏に編成して武器や資金を提供、
グスマン政権に対するプロパガンダを開始、
1954年にはアイゼンハワー大統領が軍事蜂起を巨魁している。

クーデター後、グアテマラでは共産主義者の疑いをかけられた数千名が逮捕され、
その多くが拷問を受けたうえで殺害されている。
1960年には、軍事独裁体制に対する軍内部の反乱があり、内戦は96年まで続いた。

ロナルド・レーガン政権もグアテマラの独裁体制を支持、
市民を支える仕組みを根絶するために激しい弾圧を展開した。
レーガン政府の支援を受け、数年間で約10万人が軍に殺されたと言われている。

軍事政権全体では約20万人が虐殺されたともいう。

この時の外見を利用、中東/北アフリカでは「独裁政権」を倒そうと「民主勢力」が蜂起、
それをアメリカなど「西側」や湾岸の独裁産油国、あるいはアパルトヘイト国家のイスラエルが支援する
という形に見せている。

その実態はラテン・アメリカの場合と同じ。

アメリカの巨大資本や、湾岸産油国、イスラエルの利権を拡大するために
傭兵(アル・カイダ)を雇い、ラテン・アメリカの「死の部隊」と似たようなことをさせている。

モントが有罪ならば、そのモントを操っていたアメリカの政府や巨大資本も責任を免れない。
アメリカの支配層は歴史を偽造して逃げようとしている。
ニホンジンのコッカのニホンすなわち「日本人と日本」とは古代のカルト宗教団体の名称でしかない。
150年前に権力を簒奪し掠奪と凌辱の限りを尽くし
65年前に自分達の存続をする為に宗主国サマへ睥睨し傀儡へと変身した、
単なるキチガイ宗教団体の名称でしか無く だから其の教条もまた詭弁詐術の塊でしかない。

一神教で野蛮人という共通項を持つ者達同士だからこそ
ニホンジンのコッカのニホン と 宗主国サマ は 虐殺と凌辱も神の導き として美意識と価値観が共有できる。
後は 強奪品の分配配分の話なだけとなる。

一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 は 其れが適者生存な話と言いながら
自分達だけは正論を言う という詭弁で逃げる。

多神教で文明人は 自分が死んでも野蛮な事は出来ない と マヌケなまでに平和主義者で生きていく。

この美意識や価値観や生き方の相違をこそ言葉にして行かなければならない時期に来ている。

戦う相手 の方向性は同じでも
欧米の庶民には欧米の庶民の歴史や文化や美意識や価値観や生き方に合致した戦い方が有り
極東の一諸島の庶民にも歴史や文化や美意識や価値観や生き方に合致した戦い方が有る。
俺は それを言葉にして行きたいんだよね。



2013.05.25 共通番号制度法が成立したが、これは庶民を管理することが目的であり、庶民から富を搾り取る支配システムに異を唱える人物を探し出し、監視し、排除するための仕組み 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305250000/
住民基本台帳ネットワークでも同じことが言えるのだが、
共通番号制度法でマスコミは「便利さ」と「情報の流出」を語るだけ。

支配層が庶民の個人情報を握るという発想の危険性から目を背けている。
こうした仕組みができれば、勿論、アメリカの支配層も日本人の個人情報を容易に入手できるようになる。

データベースがインターネットにつながっているなら、必ず情報は全世界に漏れる。
犯罪に使われることは不可避だ。

そうした危険性を承知の上で住民基本台帳ネットワークや共通番号制度法を導入する理由はひとつしかない。
庶民の管理。自分たちが儲ける仕組みを維持することが彼らの関心事であり、
その仕組みに反対する人間を見つけ、監視し、反乱の芽を摘むことが大事なのである。

この仕組みが原因で庶民が被害を受けることなど気にしていない。
支配層の情報を隠すシステムは1970年代から整備されてきた。

共通番号制度法が5月24日に参議院で通過、成立した。
「普通の国」なら、こうした法案は「ビッグ・ブラザー」だとして大問題になるだろうだが、
日本ではごく一部の人びとを除き、国全体では大した話題にならなかった。

言うまでもなく「ビッグ・ブラザー」とは
ジョージ・オーウェルが1949年に書いた小説『1984』に出てくるキャラクター。
オーウェルはソ連を批判する目的で書いたようだが、
実際はアメリカやイギリスで現実化して、日本も両国を追いかけている。

『1984』を書いた当時、オーウェルは極秘機関「IRD」に協力していた。
この機関をイギリス外務省は1948年、プロパガンダを含む工作を実行する目的で創設している。
ソ連の影響がイギリスの左翼へ及ばないように、IRDはイギリス労働党を支援していたとも言われている。


監視システムという点で言うと、
1947年あるいは1948年にUK(イギリス)とUSA(アメリカ)で結ばれ調印された協定
「UKUSA(ユクザ)協定」が重要だろう。

これは調印日も不明確なもので、イギリスのGCHQとアメリカのNSAが中心。
GCHQは1942年に設立されているが、
NSAが創設されたのは1952年、
NSAの前身であるAFSAも1949年、
協定が調印された後ということになる。

GCHQにしろ、NSAにしろ、存在自体が秘密にされていた。

NSA長官が議会の委員会へ初めて呼び出された1975年になってからであり、
GCHQの名前が初めてメディアに登場したのは1976年のことだ。
それまでNSAは「No Such Agency」、
つまり、そんな機関は存在しないと表現されるような存在だった。


1976年にGCHQの存在をタイム・アウト誌で明るみに出したのは二人のジャーナリスト、
イギリス人のダンカン・キャンベルとアメリカ人のマーク・ホゼンボールだ。
その記事が原因でホゼンボールは国外追放になり、キャンベルはMI5(治安機関)の監視下に入った。

数年後、キャンベルはタイム・アウト誌のクリスピン・オーブリー記者と
電子情報機関の元オペレーターを取材、この3名は逮捕された。

オーブリー(Aubrey)、元オペレーターのベリー(Berry)、そしてキャンベル(Campbell)
の頭文字をとって「ABC事件」とも呼ばれている。

そうした弾圧を跳ね返し、キャンベルは電子情報機関の暗部を暴き続けた。
1988年にキャンベルはECHELONの存在を明らかにしている、
だが彼の調査を日本のマスコミは完全に無視していた。


ECHELONに関しては、1996年にニッキー・ハガーが詳しい本を出し、
その後、ヨーロッパ議会も報告書『政治的管理技術の評価』を公表している。
日本でこの問題が取り上げられるのは、それからしばらくしてから。
しかも、内容に問題がある。

ヨーロッパ議会の報告書ではECHELONなどの電子技術を管理システムの一部としてとらえ、
そうした技術を使った監視システムのターゲットは
反体制派、人権擁護の活動家、ジャーナリスト、学生指導者、少数派、労働運動指導者、政敵
などになる可能性が高いと指摘している。

ところが日本ではカネ儲けという視点でだけ取り上げていた。

TPPでも言えることだが、
日本のマスコミは支配の問題を「国対国」、しかも「カネ」という切り口で語ろうとする傾向が強い。

「西側」でファシズム化が急速に進んでいることに危機感を抱かず、気にかけていない。
「支配階級対被支配階級」、
アメリカで好まれている表現を使うと「1%対99%」の対立が問題なのだが、非常に無視されている。


一方、アメリカでは不特定多数の個人情報を集めて分析するシステム「PROMIS」が
二つの意味で1980年代から話題になっている。
ひとつはシステムの能力、
もうひとつはアメリカ司法省が このシステムを横領した疑いが強まったこと。

PROMISの優秀さ(庶民にすれば恐ろしさ)は日本の検察も認めていて、
法務総合研究所は資料を1979年と80年に「研究部資料」として公表している。

この当時、アメリカの日本大使館に一等書記官として勤務していたのが原田明夫であり、
PROMISを開発したINSLAW社と実際に接触していたのは敷田稔である。
原田は後に法務省刑事局長として「盗聴法」の法制化を進め、
事務次官を経て検事総長に就任、敷田は名古屋高検検事長を務めている

また、横領の問題では1987年に破産裁判所が司法省の不正行為を認める判決を出し、
連邦地裁も1989年に原判決を基本的に維持する判決を言い渡している。
1992年には下院の司法委員会が破産裁判所や連邦地裁と基本的に同じ結論の報告書を出した。

後に巡回控訴裁判所や最高裁は逆の判決を出しているが、
破産裁判所、連邦地裁、そして下院司法委員会が司法省の横領を求めた事実は消えない。

こうした出来事を日本のマスコミは無視している。


2013.05.26 共通番号制度によって日本人の個人情報が集中管理されるようになれば、米国の情報機関も容易にデータを入手できるようになり、それだけ日本を支配しやすくなる 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305260000/
第2次世界大戦の直後、イギリスとアメリカの支配層は
世界規模で電子的に情報を収集する作り上げたが、
1980年代に入ると、不特定多数のターゲットに関する情報を分析するシステムが実用化された。
当然、ターゲットには人間も含まれ、人々は「ビッグ・ブラザー」に支配されるようになった。

アメリカの場合、公的な情報を統合するだけでなく、
 銀行口座(資金の出し入れ)の内容、
 クレジット・カードのデータ、
 住宅ローンの支払い内容、
 投薬記録、
 航空券や劇などのチケット購入記録を監視、
 最近では電子メールの内容
までもが全て記録され、
 インターネットでアクセスしたサイトに関する情報、
 あるいはGPSを利用して個人の動きを追いかける
ことも可能になっているようだ。

2012年11月、デービッド・ペトレアスCIA長官が辞任している。
伝記作家との浮気が原因だとされているが、
 電子メールの記録
が決定的な証拠になったという。

ペトレアスは陸軍大将のCIA長官、ペトレアスの伝記を書いていたポーラ・ブロードウェルは
軍情報部に所属していた陸軍中佐。
ふたりとも情報のプロであり、通信傍受に関する知識を持っていたはず。
当然、それなりの対策を講じていたと考えられるのだが、それでもバレている。
もはや 一般人は丸裸 ということだ。

それだけ監視技術が進歩しているということだが、
そうした技術の開発に「民間企業」が関わっている。
1980年代からアメリカでは軍や情報機関の「アウトソーシング化」が進んだ結果だ。

そうした流れを生んだひとつの理由は、
1970年代半ばに行われた議会による調査。
・フランク・チャーチ上院議員を委員長とする
 「情報活動に関する政府の作戦を調査する特別委員会」(チャーチ委員会)
・オーティス・パイク下院議員を委員長とする「情報特別委員会」(パイク委員会、当初はネッジ委員会)
が中心的な役割を演じた。
こうした議会の調査を回避する手段として「民営化」を推進したと考えられている。

前回に書いた情報の収集/分析システムのPROMISだが、
INSLAW社から奪ってから司法省は情報機関へ渡す。
それにトラップ・ドアが組み込まれ、ハドロン社という「民間」の企業を介して
各国政府、国際機関、あるいは金融機関へ売られている。
そうした中に日本の政府機関や銀行も含まれている可能性が高い。

ハドロン社を経営していたのはアール・ブライアンという人物だが、
このブライアンやロバート・マクファーレンからイスラエルの情報機関もPROMISを入手し、
独自にトラップ・ドアを組み込んで全世界に販売していた。
イスラエル版を売っていたのがミラー・グループの総帥だったロバート・マクスウェルの出版社。

その会社ではジョン・タワー元米上院議員も働いていた。
マクファーレンと同じようにタワーもイスラエルの手先だったということである。
1989年にジョージ・H・W・ブッシュ大統領はタワーを国防長官候補として選んだ、
しかし結局に承認はされていない。
その理由の一つは此処にある。

アメリカの国民監視システムは国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)を中心に開発されているが、
そこには戦争ビジネスなどが繋がっている。

イスラエルの場合は軍の情報部隊である8200部隊が中心になっているようだが、
この「部隊出身者」が数十の会社を興し、
一部はアメリカの株式市場に上場されるほどの規模になっている。

こうした企業との取り引きは避けた方が安全だろう。


住民基本台帳ネットワークにしろ、共通番号制度にしろ、
アメリカやイスラエルの情報機関が活動しやすい環境を整えている
という側面があることも忘れてはならない。

日本のエリートなら、アメリカ支配層から命令されて整備している可能性も小さくはない。
日本人はアメリカの支配層から監視されることになると考えるべきだろう。
つまり
 マイナンバーという家畜管理法の関係なデジタル土建を受注する企業は
 CIA傘下およびにユダヤ資本 と見なされても全くに致し方ない
という話になる。
そういう連中が 国粋主義的民族主義を口にするは 完全に詐欺そのものでしかない、
しかも 酷くマヌケな である。

如何なる強奪と掠奪をしても許されて
その結果として如何なる凌辱が起きても何一つに問題が無いとされる、
そういう方向性 とは何か?

俺は そういう連中の生き方や価値観や美意識を言葉にしていく。
俺達は真逆の生き方や価値観や美意識をして行く者達だからね。








http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005896190.html
【野球のツボ】なぜ村田を外した?原監督の目指す野球とは

巨人・原監督の「非情采配」が話題になっている。26日のオリックスとの交流戦での村田の起用法だ。初回の守りで村田はバルディリスの打球処理を誤り、エラー。相手に先制を許すきっかけを作った。さらに、その裏の2死一、二塁の場面では3球三振。原監督は即座に交代を告げた。

原監督は試合後、報道陣の質問にこう答えた。「心技体ともに準備ができていないという判断のもと、こういう用兵になりました。準備不足と判断しました」。主力を1イニングで見切りをつけたことには賛否両論あるようだ。「こういう起用だと選手が委縮する」「懲罰的な選手起用ではないか」という声も聞いた。

私はこの日、現場で取材したわけではないが、状況と監督コメント、そして原監督がこれまで取り組んできた野球観も含めて考えると、「原監督らしい決断をした」と評価している。

監督の仕事とはバントとかのサインを出したり、投手の交代を決めるだけではない。一番大事なことはチームとしてどんな野球を目指すのか、それを選手、スタッフに浸透させることだと考えている。

原監督は「戦う準備ができていない選手は使わない」という明確なメッセージと、村田交代という中で、チームに発した。生え抜きと移籍組、ベテランや若手という区別をつけることなく、筋を通すのが原監督のスタイル。生え抜きには甘く、移籍組には厳しく、ではチームは戦えないことは、原監督が最も理解しているはずだ。

監督として通算で10年目を迎えた原監督。対戦相手を驚かすような奇策でアピールするタイプではなく、戦い方はオーソドックスだ。常勝を求められる巨人にあっては、勝利という同じ目標に選手を向かせることが何よりも優先される。選手の方も原野球は理解した上でプレーしていると思う。

「当たり前のことを当たり前にやる。そのためにも準備をおろそかにしてはいけない」。セではトップを独走している巨人だが、原監督自身が「勝負はそんなに甘いものではない」と思っているからこそ、村田交代を決断したのだと分析している。(前WBC日本代表コーチ)

◆高代 延博(たかしろ・のぶひろ)1954年5月27日生まれ、58歳。奈良県出身。智弁学園−法大−東芝−日本ハム−広島。引退後は広島、日本ハム、ロッテ、中日、韓国ハンファ、オリックスでコーチ。WBCでは09年、13年と2大会連続でコーチを務めた。

2013年5月28日


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005894560.html
村田に“愛の無視”原監督「何も言わないよ」

無言の叱咤(しった)だ。巨人・原監督は前日のオリックス戦(東京ドーム)で初回の第1打席凡退後に交代を命じた村田について「(きょうは)何も言っていないし、言わないよ。今年は真のファミリーになったのだから」と話し、「愛の無視」で奮起を促した。

ジャイアンツ球場での全体練習。原監督はグラウンドで、あえて村田と接触しなかった。40スイングで6本の柵越えを放ったフリー打撃の最中も、指揮官は中堅奥でストレッチを続けた。距離を置いたのは前日の非情交代から続く、期待の裏返しの行動だった。

26日のオリックス戦。村田は初回、2死走者なしからバルディリスのゴロを失策し先制点につながった。直後の攻撃では2死一、二塁から3球三振。原監督は試合後に報道陣には「心技体ともに準備ができていなかったという判断」と説明したが、村田には交代理由は告げなかった。

移籍1年目の昨年も9月7日のヤクルト戦(神宮)で2回の守りで交代、帰宅を命じた。その際は「またあした、元気に会おうじゃないか」と声をかけ、翌日に丸刈りになって現れた村田の頭を「いいね」と撫でた。だが今季は立場が違う。直接的なフォローを避けたのは、チームの一員と認めたからこそ。「彼は大切な位置づけにいるんだから」と期待を込めた。

練習を終えた村田も「何も話しませんよ。ノーコメントです。あしたから頑張ります」と言葉少な。非情采配が交流戦5勝4敗1分けと勝ち切れないチームに、危機感をもたらした。

2013年5月28日


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/28/kiji/K20130528005898330.html
原監督反省「選手を迷わせている もう少し大胆に作戦を」
巨人の原監督は「見せ場をつくれないまま終わってしまった」と完敗を認めた。

5月に圧倒的な強さを誇る杉内がまさんの5失点。「らしくない点のとられ方」と誤算だったことを口にしたが、それ以上に交流戦に入り、5勝5敗1分けと思うように勝ち星が伸びないことを気にしていた。

「私を含めてコーチ、スコアラーが選手を迷わせているのかもしれない」と指揮官。普段対戦のないパ・リーグのチームに対し、データに振り回されているのではないかという疑問を投げかけたものとみられるが、「もう少し大胆に作戦を。分かっていないのに分かっているような指示はダメ」と、自らに言い聞かすように反省した。

2013年5月28日




http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20121227/bbl1212270741001-n1.htm
永渕洋三は、人気漫画「あぶさん」のモデルとして知られるが、
1968年には12試合に登板。
ただし投手としては結果が出ず、外野手一本になった69年に首位打者を獲得した。
外山は1971年に5勝(11敗)の一方で、3本塁打を記録、その後は野手に転向した。
さすがの三原監督も、二刀流スター誕生までは成功していない。

阪急などを率いた西本幸雄監督(故人)も、左腕エースだった梶本隆夫(故人)を二刀流で起用している。
今では考えられないが、
ダブルヘッダー第1試合は「3番・投手」第2試合は「3番・一塁」で出場させたことがある。
とはいえ、梶本の場合は戦力不足をカバーする苦肉の策だった。
一塁と外野は“副業”で、
投手として歴代9位の254勝を記録し、2007年には野球殿堂入りしている。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/cobecobe/article/204
大谷くんですが、先発じゃなく、6、7回あたりのセットアッパーの方が生きそうです。
困った時に“投げてもらえる”好投手がスタメンにいるのって強みですよね。
今季の広島の戦い(延長など)を見てて、特に思います。(汗)
https://twitter.com/kkcohki/status/314704915614273536
日ハム大谷、157キロか…。打撃センスは文句ないから、とりあえず7番ライトで使って
8、9回どっちかにDH解除してセットアッパーかクローザーで使えば ほぼ毎日に使えるんじゃない?
そろそろ 此の話もするか。 野球が好きな人なら すぐに気付く話だしね。
おそらく今はまだ 日ハムが話を出すのを禁止させているのだろうw

昔と違い投手の分業制も進んだ今では 中継ぎを如何に用意するか が大きな課題となる。
此の場合に パリーグ日ハムの大谷の「二刀流」を活用するとなると DHの問題が有る。

指名打者 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%90%8D%E6%89%93%E8%80%85
チームは必ずしもDHを起用しなくてもよい、
しかし起用しなかった場合には、その試合途中からDHを再度に起用することが出来ない。
だから逆に、DHを試合中に解除して守備の9人のみにするというメンバー変更も可能である。
このときも再度DHを起用することは出来ない。

DHとは権利 なんだよね。
つまり捨てることも可能となる。

投手の分業制が進んだセリーグの試合で 特に選手層が厚い巨人では非常に多い事だが
終盤に投手の打順を9番から移動させる事が多い。

前のイニングで最終打者や其の前の選手の所へ投手や守備要員を入れる をすれば
投手へ打席が回る可能性を少しでも先延ばしに出来る。
この方式を使う形になれば
DHの権利を捨てても投手を打席に立たせるかの可能性を大きく減らす事が出来る。

この手法を使う事で、試合の終盤に入り 投手が継投をして行く時は
事実上にDHを使う状態と変わらぬ状態を作る事が可能となる。

だからDHを採用するパリーグで DHの権利を捨てても という使い方も可能では有る。

投手の分業制が進んだからこそ 投手と打者の二刀流に意味が出てくる
という可能性を おそらく野球関係者の多くは気付いているだろうけど、
ただ 実際に実現可能か と言うと そら中々に難しいのもまた誰もが分かる。

投手の分業制は野球を大きく変えた 一昔前では考えられない事だけどね
ならば 投手と野手の二刀流 もまた 次代の先を大きく変える話になるかもしれない。
俺は そういう意味で注目をしている。


・指名打者は打順表の中でその位置が固定されており、DHの打順位置を変更することはできない。

・先発出場したDHは少なくとも一度、打席を完了しなければならない。

・打席を完了した後か、相手チームの先発投手が降板した後に、
 DHへ対して代打や代走を起用することもできる。
 この代打者または代走者は、それ以降のDHとして、退いた打者の打順を引き継がなければならない
 (このルールは1982年から適用)。

・ただし、DHとして起用された選手が怪我などによって退場する場合には、特例として代打が認められる。

1982年8月12日、近鉄バファローズ対阪急ブレーブス戦
阪急の上田利治監督はこの試合の近鉄の先発投手を読み切れず(実際には左腕投手の鈴木啓示が先発した)、指名打者に投手の山沖之彦を偵察要員として起用し、1回に山沖に打順が回ると右打者の河村健一郎を代打に送ろうとした。だが上記ルールによって打者交代が認められず、山沖がそのまま打席に立つ羽目になった(山沖は三振)。


2010年4月10日、千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズ戦
ロッテの指名打者として福浦和也が第一打席に入ったが、自打球で負傷退場。神戸拓光が代打に起用され、本塁打を打った。


2011年5月20日、オリックス・バファローズ対広島東洋カープ戦
広島の野村謙二郎監督は先発の指名打者に投手の今村猛を偵察要員として起用してしまい、メンバー表交換の際にオリックスの岡田彰布監督に指摘されて初めて気付いた。上記ルールにより代打は認められないため、今村は2回表の第一打席に立ち、犠牲バントを成功させた。次の打席では石井琢朗が代打に出された。

・DHの選手に替わり、投手が打席に立っても構わない。
 ただし、その時点でDHは消滅する。投手が試合開始から打順に入っている場合も同じである。
西武ライオンズは1990年10月11日の対近鉄バファローズ戦と1992年10月10日の対日本ハムファイターズ戦でスターティングメンバーから投手を打順に入れた。どちらも西武がリーグ優勝を決定した後で、指名打者制が使えない試合が発生する日本シリーズ対策として行なったものである。対近鉄戦では工藤公康と渡辺智男、対日本ハム戦では渡辺久信、潮崎哲也、石井丈裕が打席に入った。

・DHの選手が塁上に出た場合、投手が代走に出ても構わない。ただし、その時点でDHは消滅する。

・DHの選手を守備に就かせることもできるが、その時点でDHは消滅する。
 代わりに退いた選手の打順は、投手が引き継がなければならない。
 DHだった選手の打順は変わらない。
1991年5月29日、近鉄バファローズ対オリックス・ブルーウェーブ戦 - オリックスの指名打者で起用された石嶺和彦が9回表に代走が出て退き、その代走の選手が守備についたため、その裏から登板したドン・シュルジーが6番の打順に入った。延長戦突入後の11回に打席に入ったシュルジーは決勝本塁打を放った。指名打者制の導入後、パ・リーグの投手が打った初めての本塁打であった。

・投手が投手以外の守備位置へ移った場合、その時点でDHは消滅する。
 投手だった選手はDHの打順に入り、DHは退いた形となる。
 新たに登板した投手に対してはDHを使用することができない。

 従って、DHが消滅し投手が打順表に入る場合、
 原則として投手の打順は、打順表の空いたところを引き継ぐこととなり、打順の組み換えは認められない。 ただし投手に関係する守備位置交代を含めて、同時に2人以上の選手の交代を行った場合、
 新たに打順表に入る選手の打順は、投手の打順も含めて監督が打順を指定する。

この辺りの話は これから出てくる事になるだろう。
ちょっとニヤニヤして待ってみようと思うw






シミュレーションゲームの効用‐リスクテイクと全体最適 戦闘教師「ケン」 激闘永田町編 2013年05月29日
http://kenuchka.paslog.jp/article/2654206.html
相変わらずに話が面白すぎる。
こういう風に話を構築できる人が居るのは本当に心強い。
ウォーゲーム・シミュレーションゲームを始めて早や30年になるが、
最近はとみに「仕事に役に立っている唯一の趣味」という確信を抱いている。
この確信は私だけのものではなく、同好の士の多くが同様のことを感じている。

特に私と同世代の人間の多くが、一定の責任を担ったり、人を使ったりする立場に立つようになったことが、
一層その思いを強くしているのだろう。
他称では女子高生という事だが そう言われて見ると俺もSLG歴は30年以上かもしれない。
ほぼ同時にTRPGも始めていた という人は殆どに居ないだろうけど。
俺の場合はSLGとTRPGは両輪なので どちらかだけ では無い。

そして其の先に様々なサブカルや電算処理が有るので
なので俺の場合 仕事へ役に立つ という意味ですら無く
生き方そのものへ深く根ざしたモノ という感覚になる。
分けて考える類でも無い 生活 として常に一部が全体へ関わる。

私自身は責任ある立場でも、人を使う立場でもないのだが、
主権を行使する国会議員を補佐するものとして、
議員の情勢認識や政治的判断・決断を支える任を担っているだけに、
事務員としての秘書ではなく、指揮官と参謀のような関係を強く意識している。

では、その「役に立つ」理由、
つまりゲームをすることで得られる効能とは何なのか。
それはどうやら「リスクテイクして決断することの経験値」、
つまり「確信をもってリスクをとり、決断する」こと、
そして「目先や局所の利益ではなく全体・長期的な利益を見る視点」なのではなかろうか。

国産ゲームのデザイナーとして最長老にあたる鈴木銀一郎氏の方法論、
いわゆる「銀一郎イズム」は山崎雅弘氏の定義を拝借すると、

・プレイヤーの視点を「後世の歴史家」ではなく、「当時の軍事指導者」とする。
・当時の軍事指導者が抱えていた不安、問題意識、ジレンマなどの要素をデザインに盛り込む。
・当時の軍事指導者が有していた裁量権を最大限プレイヤーに反映させる。

ということになる。
「後世の歴史家」は、
現場の当事者よりもはるかに多い情報と歴史的結果を知った上であれこれ論評するが、
実際の当事者は非常に情報が限られている上に、
置かれた状況、資源、人間関係などによって思考や判断の多くが拘束・限定される。

結果を知る後世の人間からすれば、「どんだけバカなんだ?」と思われる決断も、
当事者としては合理的な判断に基づいていたケースは少なくない。

前者の「どんだけバカ?」という万能主義的な視点は ただの評論家のそれに過ぎず、
そこから学べることは多くない。
可能な限り当事者と同じ立場・視点に立ち、情報量や情勢認識、
そして各種のジレンマ(状況、資源、人間関係)を共有して
初めて決断者としての知見が得られるのではなかろうか。

私の記事でも、

・イラク大量破壊兵器に見る政治決断の限界 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2631430.html
・ソ連のアフガニスタン介入における意思決定過程 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2646254.html
・経済予測は難しい〜歴史評価の難しさ 
http://kenuchka.paslog.jp/article/2624295.html

などを始め多くの分析に「銀一郎イズム」が反映されている。

イラクにおけるアメリカ、
アフガニスタンにおけるソ連、
そのどちらも今日の人間の多くは「最初から確信をもって侵略した」と考えているが、
それは結果を知ってしまっている者が断定あるいは断罪しているに過ぎず、
その視点から学べるものは少ない。


だが、我々は日々仕事の上で、
あるいは個人的な事柄に際しても何らかの決断が求められることが多く、
その決断に際しては
やはり限られた情報と資源の中でコスト・リスクとベネフィット(利益)を比較して、
全体状況を鑑みながら何らかの結論を導き出す必要がある。

例えば、千円の本を買う際に、
コスト(金額)とリスク(期待した内容ではないかもしれない)
 と
利益(読んで役に立つ)を緻密に考える
ものは稀だろう。

5千万円の家を買う際には散々に悩むだろうが、そんなのは一生に一度くらいしかない。
一般的な生活でコスト計算やリスク計算をする機会は実は少ないのだ。

だが、こうした計算は
ある程度の熟練(経験値)が無いと判断の基準(データ)が少ないため、
結局のところ
 損なのか得なのか、
 やった方が良いのか やらない方が良いのか
分からなくなることが多い。

シミュレーションゲームでは、
限られた情報や条件の中で、コスト(兵力)とリスク(失敗した場合の影響)と効果を考えながら、
常に間断なく決断が求められる。

10対1での攻撃を躊躇うことはまず無いが、
2対1や3対1での戦闘はリスクと効果の判断が難しくなる。

場合によっては、損害を覚悟して1対1での戦闘を仕掛けねばならないこともあるし、
リスクや全体状況を考慮して4対1の戦闘を諦めることもある。

また、近隣の攻撃を諦めて戦力を集中し、2対1を4対1にしてから攻撃することもある。

こうしたコストとリスクを計算して「やるやらない」の決断を何時間も間断なく続けることが、
計算データを積み重ねると同時にコストとリスクの意識を習慣として固着させるものと考えられる。

とかく日本社会ではリスクヘッジ(回避)ばかりが強調され、
小さい頃からあらゆる場面で「失敗しない」ことが求められる傾向があり、
「リスクをとる」という意識や習慣が どうしても身に付きにくい。

スポーツ界を見れば分かりやすい。
日本の場合、野球では守備、サッカーではパス、バスケではディフェンス
といった練習は常に攻撃よりも重視される。

「リスクをとらないと勝てない」
「アクションには常にリスクを伴う」
は当然のことなのだが、
リスクヘッジを至上とする文化の下で育った日本人は、
よほど意識しないとリスクが取れない。

この傾向はどうも下の世代になるほど顕著なように見受けられるが、
それは その上の世代がそう仕向けている側面も否めない。
まず
とかく日本社会ではリスクヘッジ(回避)ばかりが強調され
というのは
・億劫 
  知性的に分からないから
  経済的余裕が前提に有るから
他にも色々と理由が有り 其れが複合的に折り重なっては居るのだろうけど 大概が「億劫」でしかない。

俺の場合どうだろう?
¥500のマンガを買う事にすら 命の危険性 との費用対効果が問われる下層民の生活しか知らないので
そういう局面ですら 様々なSLGやTRPGの思考で積み重ねてきた思考が入り込む。
それ以上はしないけど それ位はする、もまた億劫という意味でも有ろうが。

「リスクを取らなければ生き残れない」
「リスクを取らなければ生き残れる」

残り¥10000で一か月を過ごす なんてのがザラな俺からすれば
¥500のマンガを買う事にすら「リスク」にはなる、だけど
「リスクを取らなければ生き残れない」
とは思わない
「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」
という思考が先に来る。
此の社会共同体で生きていく という者達の生き方や価値観や美意識が そういうモノなのだと思う。
それが「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」なんだよね。
決して「リスクを取らなければ生き残れない」では無いんだよね。
其れが悪い事なのかなぁ?

「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れない」とは どういう事なのだろう?
“生き残れない”だから“リスクを取っても良い” というのを どうにも俺は馴染めない。
そういう美意識や価値観や生き方 とは 違う世界観で存在してきたから、と今なら強く思える。

「“其れ以上の”リスクを取らなければ生き残れる」という生き方をしてきた者達は
「リスクを取らなければ生き残れない」という生き方が理解できないのは 至極に当然の事でしかない。
だから リスクを取る位ならば“死ぬ” となる。
とんでもなく平和主義者だ。
すっごく馬鹿だ とは思うけど 平和主義者として称賛はしても良いんじゃないかなぁ、とも俺は思う。
其れが悪い事なのかなぁ。

俺は そういう美意識 そういう価値観 そういう生き方 が俺達だと思うんだ。

リスクを取る とは 攻撃をする という事だよね。
リスクを取らない とは 攻撃をしない という事だよね。
野蛮人が 攻撃をする という話を リスクを取る という詭弁詐術で正当化する は散々に見てきた。
俺は 攻撃をしない という話が 文明人の美意識や価値観や生き方である と だから言い出そうと思った。

そういう平和主義者な美意識や価値観や生き方を 知性の高低に関わらずに共通意識として認めあえる
って、俺は とんでもなく凄い事 だと思っている。

だから俺は
 知性の低い者達へ そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”より以上を求める気が無い。
其れ以上を求める方が マヌケで不合理な話だ。

そして
 知性の高い者達へは そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”を詐欺詐術へ利用しない をして
その上の事を考える必要性が責務として生じる と俺は考えてきた。
ならば「リスクを取る」の範囲は おのずと限定されるよね。

まさか
 「知性の低い者達の そういう“平和主義者な美意識や価値観や生き方”」を
 「リスクを取る」の範囲に入れる
なんて事はしないよね。

そして
 古今東西を問わずに人間社会の圧倒的大多数場馬鹿で豚にすぎない一般民衆である
事もまた 今更に説明不要な話だ。
そういう話の先を億万に積み重ねてきた先に俺は
 リスクを取る位ならば“死ぬ”となる すっごく馬鹿な とんでもなく平和主義者、
 そういう俺達は 「日本人と日本」と対極に有る 多神教で文明人な者達である
と書き綴ってきたんだよね。

日本 という言葉を もう俺は殆どマトモに使わない。
少しでも使うと もうロクな事にならないw



もう一つ重要な視点は「全体最適」である。

例えば、民主党政権は常に近視眼的で、
鳩山氏の支持率が下がれば引きずりおろし、
一年とたたずにマニフェストを撤回し、
予算が足りなくなると消費増税を強行、
消費増税を強行するために小沢派を放逐、
「約束を守るため」に自爆解散に及んだ。

これらは ことごとく その場を凌ぐために行われたわけだが、
結果的には どれも民主党にとってマイナスとなり、敵を利するだけに終わった。

民主党には全体像や戦略を見渡せる指導者が小沢氏を除いておらず、
その小沢氏を排除して、個別に局所ごとに最適化を果たしていったところ、
次々と全体のバランスが崩れ、収拾がつかなくなってしまった。

シミュレーションゲームでは、常にマップ全体を見渡して、
勝利条件を見定た上で自分が持つ兵力を適切に配分し、
効率よく戦闘を進めなければならない。

仮に一か所の戦闘で大勝利したり、敵の大型戦艦を撃沈したところで、
別の戦線が破られてしまったり、自軍の根拠地が陥落してしまっては元も子もない。

民主党のマニフェストで言えば、
「できること」「できそうなこと」「できないこと」くらいに分けた上で、
どこにどれだけの政治的資源・戦力を投入すれば実現可能なのか
といった全体のバランスや中長期的な構想が どこにも無かったことが最大の問題点だった
(後で分類したものの完全に手遅れとなった)。

現在の右派にしても、
中国に対して威勢こそ良いものの、
仮に尖閣で地域紛争が起こり、一回の海戦に勝利して尖閣諸島を一時的には保持できるとしても、
中国市場を失い、台湾海峡が封鎖されたままの状態でどこまで日本が生き延びられるか
という視点は どこにも無い。

ちなみにエネルギー自給率は
原発が稼働していない日本は5%、
中国は80%以上になる。
まして、日本はロシアや朝鮮半島とも緊張状態にある。

こうした視野の狭さや近視眼性が日本を ますます低迷させている。

国会議員や秘書、あるいは国家官僚は英語なんぞではなく
シミュレーションゲームこそを必須科目に据えるべきである。

私も新党結成して党員・幹部教育に従事する際には推進したいと考えている。
英語とか 馬鹿にも程が有る「ダンス」を必修にする必須課目にする は
単なる愚民化が主目的なのは誰にでも分かると思うけどね。
「ゲームの授業」の方が よっぽど良い と思うけどね。
小学生へ向けても 国会議員や秘書や官僚へ向けても ね。

じゃ 何が良いかな?
正直に言って もう具体案を出しても良い時代だと思うんだよね。
「ゲームの授業」とは何をするのか? ってね。


この記事へのコメント

確かに日本人はリスクをとる事が出来ない為に失敗を恐れて集団主義的なり、はみ出した人間を排除する
という非生産的な行動をとってしまいがちですが
これはとても危険な事だと思います(私もそのせいで排除されてきたので)
其れは賛否の両方が有る どちらとも言えない。

やはりこれからはリスクをとる事を恐れず個性を大切にする教育が必要だと思います。
完全に罠へと嵌まっている典型的な人だよねw
個性を大切にする のもまた 其れの応じた人へ であり
“万民に「個性を大事にする」”を言いだした先の詐欺が「ゆとり教育」 だった事を もう忘れたのかなぁ。

「リスクを取る」とは “どのような人々”が “どのような範囲へまで”に として適用すれば良いのか?
其の根幹に必要な考え方とは 如何なるモノなのか?
そこまで徹底的に掘り下げて考える事も無く 安直に「リスクを取る」な言葉に踊らされるは
郵政民営化 な話と大差は無く 大概に“自分の頭が悪いはずは無い”な者達である。
俺は そういう者達を総じて「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」とは称しているけど。


そして戦略シュミレーションは是非に日本の教育へ取り入れて欲しいです
(多分に小学生はめちゃくちゃハマると思う)

Posted by ドーベン・ウルフ at 2013年05月29日 19:36
コピペをすると その助詞の使い方 文節の使い方 に SLGとしての計算が出来ているか が見えてくる。
鬱陶しいから もう改変をしてコピペをしてしまうけど。

言葉を記す 文章を記す という行為の先で 如何に説得力を駆使できるか?
の計算を日常的に出来ていないままに“「リスク」を取る”とか口に出来る者達は
 「郵政民営化は素晴らしい」と言う者達 と 大差が無い事を口にしている自分達
を区別できているんだろうか?
カジノを推進したい連中 と 如何なる違いが有るのだろうか?
詐欺師ってのは どういう詐術詭弁を口にするんだっけ?

俺なら恥ずかしくって そんな事は口に出来ない。


ならば俺は「リスクを取らない」という者達を揶揄しない。
ただ「リスクを取る」と「リスクを取らない」の区別をして
其れが如何なる美意識や価値観や生き方から生じるモノなのか?をまで口にしたい。


https://twitter.com/mojimoji_x/status/340089466641330176
人間の本質が分かったらしい賢者の方は、頑張って新しい宗教でも立ち上げてください。
RT @kazukazu721: 所詮、人間の本質がわかってないんですよwwそういう生き物なんですよ。特に弱い人間ほどそういう権力もったり絶対的な立場になると、強権を振るいたがる。
多神教で文明人の宗教とは何か?を書き綴っている俺は
新興宗教を立ち上げているようなモノなのかもしれない。
一神教で野蛮人なカルト集団の「“ウツクシイ” 大量虐殺と民族浄化」に対抗しようとすれば必然的に
多神教で文明人の宗教集団とは何か?を模索していく道になる とは思うんだけどね。

ただ
 20世紀のイデオロギーの残滓 から どうしても抜けきれないままに“自分の頭が悪いはずは無い”な人達が
 一神教で文明人 もしくは 多神教で野蛮人 の手法で対抗しようとしている自分達
な様子に 俺からは映るんだよね。
それこそが 戦略的な大間違い としか俺には思えないんだけどね、
戦術的または作戦的には間違って無かったとしてもね。

だから俺は 「日本人と日本」の言葉そのものすら否定する という根幹をも口にする。
其れは戦略的な意味で と俺は考えている。


俺は
右寄りな民族自決 と 左寄りな革命思想 の両方の先で
「日本人と日本」そして宗主国サマからの【独立】を掲げてきた。
こう書くとオウムと殆ど同じだね。

ただ だから俺は教祖になりたくないんだ。
あくまで 情報流通の下士官層の構築 こそが【独立】の道である と考えてきた。

むしろ
 何故に 知性の高い人達が この程度の簡単な事を口にしないんだろう?
と いつも不思議に思う。
俺なんかは知性が低い、ゲームも弱いよ、
だけど この程度の至極に当然で簡単な論理構築は
“自分の頭が悪いはずは無い”な人達ならば 一瞬の内に分からないはずが無いんだよね。

一神教で野蛮人 の頚木を抜けた先が、一神教で文明人 や 多神教で文明人 では
結局に意味が無いと思うんだよね。
だけど
 無宗教とか口にするは一神教で野蛮人の詐術に負けているだけ
 という事すら気付けないままに 何十年も歪な知性を育てていった人達
は もう徹底的に洗脳されきってしまった自分自身すら理解できないのだろう。
それは 狂信的なカルト信者の脱会を試みるに等しい難事 だよね。

もう何度に この様な事を書いてきただろう。
そういう自問自答を どれだけ繰り返してきただろう。

俺は このブログを外部記憶保存として使う としてきて それなりに良かったなぁ と思う。
其の機能性を殆どに活用できていないけど 其れなりには俺自身の知性を昇華できたかな とは思う。
20世紀のイデオロギーの残滓から抜け出し 其の先を進む道を 自分で考え 自分で歩いて 此処まで来た。

成熟した“多神教で文明人の社会共同体”に生まれ育った俺は
其の先で生きていきたい と心の底から思う。
だから更新をし続けるんだ。






willreplicaのブログ:二元論における対義語・反対語についての個人的メモ【13-05-26】
http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1821554.html
ぐるぐる回りに回っているのが分かるw だけど
 そういう論理構築を自らの内側で何度も反芻してから 其の積み上げた上へと進んでいく
を億劫にして しないままに
安直なまま人の言葉の上に乗っかる だけでは 単なる信者と化す からね。

俺が欲しいのは 人材 であり 其の階層 なんだよね。
だからこそ 俺が教祖となる気は微塵にも無いし
むしろ とっとと俺なんかを越えていく人達 は普通に当然に出てきて当り前としか思っていない。


《いじめ》と同じで、サークル・ゲームみたいに
損な順番が回ってくれっばアウトということで…。
これを《正義の勝利》と勘違いさせるところに意味があるのよ。
ノセられた人たちは「ビバ・レボリューション」なわけで…。
https://twitter.com/xtraheavy/status/338502748897169408

久しぶりにそのフレーズを聞いた。
懐かしいというよりもあれからずいぶんと「遠くなった」なぁと。

>これを《正義の勝利》と勘違いさせるところに意味があるのよ。
教祖に肩入れしてる信者だと
そいつ自体が教祖ファンネル(←パクつい)として鉄砲玉に早変わり。
そして教祖が敵認定した標的に向けて一斉に放出される。

二元論や対義語に反対語は物事を「相対化」する時は便利な概念だと思うけど
その二元論で比較するための土台すら溶解してるのが今の現状ってことか。

つーかそもそも「正義」って何?「勝利」って何だろう?
その概念と枠組みに囚われてると「二項対立」に落とし込まれるだけの罠にしか見えないし

それに「左」や「右」など強引に二分割して型にはめておいて
その間隙をぬっては甘い汁を吸って寄生してる奴らがいるって話じゃないの?
まぁ昔から続いてる支配者?の王道なんだろうけど。

そんなに あの極右与党と同化してまで多数派とやらになりたい のかね。

……というか ゆっくり考える時間も無くて
身近に相談できる人もいない のかもしれんし。

それにマスコミ以降の2chや2chまとめなどの2次ソース?から垂れ流される
加工された遺伝子組み換え情報を
流動食のように休まずに摂取し続けてるだけなのかもな。

無気力・無関心になった俺がアニメやゲームネタで絡め取られたように。


 橋下の慰安婦ネタの情報流通の拡大へ安直に乗っかる
が正に「術」に「嵌まった」結果なのです。
絶対的な悪を演出させ、
それ以外の物の見方の全てを 感情的に排除する様に仕向けて 問題の本質から視点を逸らそうとしている、
アメリカンプロパガンダの狙い通りです。
https://twitter.com/ats4u/status/338069810380423168

これが極東の一諸島に住む人たちの美徳に付け込んだ情報工作の一つ例ってとこか。
まぁ これもウヨサヨの二元論はめ込みと一緒。


こうやってバジルさん(と敵対方面)から歩いてくる人を見ていると
日本のひとは情緒まで文部科学省検定済みに見えるのい。
検閲済みの感情で検閲済みの悪態をつく。なんというオモロイ国だろうw
https://twitter.com/gamayauber01/status/338326603161554944


いつもホントにすんません。勝手に改変

@gamayauber01:
こうやってバジルさん(と敵対方面)から歩いてくる精神汚染されたニホンジンを見ていると
ニホンのひとは情緒まで
 ニホンジンコッカの行政である文部科学省の
 「思想検閲基準を合格した検定済みの商品」
に見える。
親米傀儡国家内で規格化された「検閲済みの感情」で「検閲済みの悪態」をつく。
なんというオモロイ国だろうw



2013.05.28 日本のテレビが生んだタレント、橋下大阪市長は外国特派員協会における記者会見で、論点のすり替えと子どもの論理で逃げ切ろうとしたようだが、結局恥の上塗り 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305280000/


「ダブルバインド」「善悪二元論」
「スケープゴート」「偽装批判」
「ショック・ドクトリン」「毒りんご」…知らないとやられる。
「彼ら」の洗脳手法: まとめ http://p.tl/Kkiv #TPP 
https://twitter.com/KKnagomi/status/338503661607075841

カタカナじゃ一目でわからんし変換するのが面倒なのでとりあえず出来るところまで。


「ダブルバインド」
→「二重拘束」なのか。個人的には「二重矛盾」って感じなんだけどな。まぁいいやどっちでも。

「善悪二元論」
→「罪と罰」も追加で。と言うよりも「二元論」そのもの。

「スケープゴート」
→「生贄」もしくは「身代わりサンドバッグ」

「偽装批判」
→「悪そうな奴ほどだいたい友達」というか「スパイ同士の自作自演」

「ショック・ドクトリン」
→紹介にある「惨事便乗型資本主義」でいいんじゃないの?

「毒りんご」は保留。

スケープゴート - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%88


スケープゴート(scapegoat)は、「身代わり」「生贄(いけにえ)」などの意味合いを持つ聖書由来の用語。
「贖罪(しょくざい)の山羊」等と訳される。

原義

原義としてはヘブライ聖書において、
贖罪の日に人々の苦難や行ってきた罪を負わせて荒野に放した山羊を指した。

比喩

現在の意味はこのやや宗教的な意味合いから転じて、
不満や憎悪、責任を直接的原因となるもの及び人に向けるのではなく、他の対象に転嫁することで、
それらの解消や収拾を図るといった場合のその不満、憎悪、責任を転嫁された対象を指す。
簡単な使われ方として、事態を取りまとめるために
無実の罪を着せられた「身代わり」や、無実の罪が晴れた場合の「冤罪」などが存在する。

政治の一つの手法として使われる意味合いとしては、
方針や主義に不利益とされる小規模な集団や
社会的に弱い立場の人間をスケープゴートとして排除するなどして、
社会的な支持や統合を目的とするといったものもある。

具体的には、第二次世界大戦中のナチスが行ったホロコースト(この言葉も聖書からきている)は、
ユダヤ人をスケープゴートの対象としたものであることが挙げられる。
また、ユダヤ人は上述のホロコースト以外でもあらゆる時代や地域で差別を受けているため、
スケープゴートとして犠牲になるまえに、他の地域へ移住することによって難を逃れることもある。

心理学の一つの用語としても存在する。
特に精神分析学や社会心理学において、人は無意識のうちに、
不満や不快を覚えると、不快感やルサンチマンなどを他者に対して抱く。

このような現象はあらゆる集団で発生しうるものであり、
そうした不快感を押し付けられたり被られたりした個人は、その特定の集団内においてスケープゴートとなるのである。
それ故、スケープゴートとして犠牲者になるまえに、上述のユダヤ人の移動行動のように適切な対処を行わなければならない。


関連項目

山羊
ヨム・キプルのアザゼルの羊
贖罪
旧約聖書
生贄
人身御供
身代わり王

ユダヤ人ですか。
ならキリストはどういう扱いなんだろ??不思議
そもそもユダヤ人という一神教で野蛮人な存在は 歴史上では常にカルトな存在として忌み嫌われてきた。
特に オリエントな多神教で野蛮人〜古代ローマな多神教で文明人の社会が広く成立する時代となっては
一神教で野蛮人なユダヤ教と言うカルトが如何に迫害を受けるか は
21世紀の極東の一諸島に住む人間ならば 感覚的に理解できる とは思うけどね。

その古代ローマ時代の先で
 イエスが上手にコピペ改変して 一神教で文明人なキリスト教が生じた
と俺は考えている。
だから欧州中世では


キリスト教徒
ユダヤ教徒
其れ以外の人間 家畜奴隷


そういう一神教の階級序列が生じ そういう美意識の先でヒトラーの虐殺の正当化も起きる、
と 肉食の思想で書かれている事を俺は拡大解釈してしまっている。
多神教で文明人な美意識からすれば ユダヤ教もキリスト教も一神教 なので
単純には イマイチに差異が分からない というのも至極に自然で当然な反応だと思う。



胴体は一神教野蛮人で首が宗派の違い というヒドラだかキメラだかケルベロスだか の お話。

ヘラクレスのヒドラ退治みたいに
頭を切り落とせば また生えてくる現状 が今のいんぼー論の問題点。
だから胴体の急所をぐさりとやらないとね
https://twitter.com/lanekota/status/337880574272368640

ああ、ヒドラやケルベロスは、
どの頭が餌となるヌッポン人に食らいつくかで揉めている。
これがキリスト教とイルミちゃんの戦いよ
https://twitter.com/lanekota/status/337883390713929728

この辺は誠天さんが「宗教右翼カルト」という語句でまとめて括っちゃったのと
それを言っちゃうと二元論()で話が終わってしまうから今は置いとく。

敵を定義する よりも俺は 自分達を定義する 自分達とは何者なのか? の話をも だからするんだけどね。

敵を定義して 自分達の足下をロクに見ないまま なのが 一神教で文明人 や 多神教で野蛮人 の限界
なのかな なんて考えている。


No.21488 コブラの名ゼリフランキング - コピペ運動会
http://copipe.cureblack.com/c/21488


602 名前:Classical名無しさん[sage] 投稿日:10/11/17(水) 15:40 ID:86J1.1WQ
コブラの名ゼリフランキング

1位 神か・・・最初に罪を考え出したつまらん男さ
2位 できるかだって!? オレがオリンピックにでれば金メダルでオセロができるぜ
3位 まじめになっちゃだめだ そのほうが上手くいくんだ
4位 当ててみろ ハワイへご招待するぜ
5位 なーにが最終兵器だ そのために死んだ二人のグラマー美人のほうがよほど価値があったぜ
6位 俺には幸せな結婚生活なんて似合わないさ 夜は素敵だろうが 昼間はたいくつだ
7位 そうか俺の誕生日か すっかり忘れてたよ なんせ生まれたのは随分と昔の事だからね
8位 オレは探検家さ もっとも獲物は女性専門だがね
9位 お祈りの時間くらいは待ってやるぜ 誰だって死刑囚にはやさしいもんさ
10位 待たせたなボーイ 道がこんでてな

コレも嫌いじゃないけど 俺はスパイクの方が好きかな。

http://www.geocities.jp/triwingslc20/m_cb.html
「俺は運がいいわけでも、腕がいいわけでもないんだ。」
「じゃ、何が?」
「気風がいいのさ」


https://twitter.com/Meretseger2/status/339514610904358912
人間や哺乳類の共通特性を「日本人だから悪い」とか言う人達を
こう何度もみかけるのは、なんなのだろう

https://twitter.com/Meretseger2/status/339809279634718720
なにかにつけて「日本が悪い」を連呼する人達が
自分=日本人の経験した情報を次の世代に伝えてるとは思えない

https://twitter.com/sihouhappou/status/340123375785623553
「裏切られた」「騙された」という奴は
それ以上に人を『無自覚的』に「騙したり」「裏切ってきた」から言うセリフであって。
自覚的に「騙したり・裏切ったり」と思っていた奴は「またか」程度にしか思わない。
別に良い事ではないのだけどね。

どちらにしても
・不誠実な人間は 他人の誠実さを信用できない  魔法の国ザンス
・アラゴルン「素朴な者達は 本当の危機や恐怖や心配を知らないままだから素朴で居られる」  指輪物語

市井の者達のマヌケさを信じる方が 俺の言葉を信用するより まだマシかもね。
己が信用を得る事を主目的として更新し続けているのではなく
俺は 俺が出来る事を模索する為に更新をしている という意味合いの方が明らかに強い。

だから此処で意図的に嘘を言っている可能性だって否定できないよね。
人の多面性は一言で評する事が難しい。


誠天調書 2012年02月14日: 目の前の環境や状況の変化に応じて 自力で適切に昇華させていく事が肝要だと思う。
http://mkt5126.seesaa.net/article/252282831.html
何を基準にするかで「善」も「悪」も意味が全く異なる。
唯一神から地へ堕とされた「ルシファー」とは何なのか
を考えると 自立したオトナなのではないか と思えてくる今日この頃。
自立できりゃ一神教の存在意味も無くなるからね。

簡潔明瞭を旨とする教条主義にすがる者達 からすれば、
 地を這ってでも懐の深さを持って生きていこうと思う
なんてのは 悪魔の仲間に見えてくる罠w

人の多面性を考えれば
 神も悪魔も一側面でしかないままな事をも胸一つで収めて なお人として生きていく
なんてのは、この多神教で文明人の社会共同体で生きていたら 自然に分かっていくはずなのにね。



そんなにタカってどうするの? - 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8712700.html










posted by 誠 at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。