https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年06月28日

BMIで脳と義体を如何に結ぶか? ネットで知性と現場を如何に結ぶか?

https://twitter.com/fr_toen/status/352438366144430082
ネット選挙解禁と言っても別に何でもできるようになったなどということはないので、
総務省の解説ページ
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html
などを読んで十分気をつけておくに越したことはないと思う。


ネット選挙解禁(笑) ってのは、選挙期間中の治安維持法による【弾圧の解禁】でしかない。
だって全有権者への言論の自由の停止を明言しているんだからさ。
【選挙期間中に“「表現の自由」の行使”をしたら官憲警察が お前を殺す、でも合法】
というのがネット選挙解禁(笑)である。

なので
 宗教右翼カルトの下僕へは 布教の為の「表現の自由」だけが認められて
 そもそも当然に 人間に「表現の自由」は無い
となる。
それが ネット選挙解禁(笑)の本質である。

小沢事件とは
 権力の恣意的な選別による適用が 次期首相候補筆頭へさえ攻撃として使われる
という ニホンジンのニホンが法治国家では全くに無い事を証明した。
次期首相候補筆頭でさえ 法の下の保護が受けられない のだから
馬鹿で豚に過ぎない一般民衆が合法的に嬲り殺されて葬り去られる なんてのは 日常的に起きる。
それでも尚に【日本人と日本】へ誇りとか言える人達は カルトの下僕 である。


これまでも俺は 選挙期間中に 其れなりな自制をしていた。
ただし これからは“如何なる誹謗中傷と判断されたモノ”も逮捕 と公然な脅迫が合法とされた。
俺は どのように嬲り殺されるんだろうねぇ。

参院選の後に まずは法の恣意的運用で脅迫をしてくるだろうね。
従わなければ殺す とね。


カルトの住人は その大概が、自身がカルトの如何なる下僕へと堕ちているのか を自覚できない。
無自覚なカルトの下僕へ 其のカルト性を指摘すると 烈火の如く怒るし
自覚あるカルトの下僕へ 其のカルト性の排他的で厳格な階級序列 を指摘しても 烈火の如くに怒る。
自分とは全くに違う価値観を強要された と思うから。

「いや それ 普段から お前が俺へ している事なんだけどw」
なんて言おうものならファビョるのみとなる。感情は理性を超えるからねw

俺なんかの普段は 社会政治の話は殆どしない。
たとえば 統一球は2013/04の始めの頃に激変したよ 黙って変えられているよ とか先に話している。
被曝と汚染からは逃れられないよ とか先に一言だけ話している。
余計な事は言わない。 軽く 適当な感じで。 大概は聞き流される。
小沢事件? 無罪に決ってるじゃん ってね。

そんな感じで あえて先に結論をだけ選んで話す とかしている。
すると 大概に「予言」となって 後から現実と化している。

そういう話ばかりに 俺がするので 「予言」が殆ど的中するので
そのうちに俺の話なんかを 自分で考える事なく信じてしまう となる。
その後で サラっと 小沢事件や生活の党の話を混ぜる。

している情報流通の技術は マスコミ新聞テレビ大手メディア と同じだ。
宗教右翼カルトの情報工作と人民統制の技術 の応用でしかない。

ただ
 息を吐くように嘘デマ扇動を吐くか
 そんな事はせずに 多神教で文明人 として生きて行くか
の差異が有るだけだ。



willreplicaのブログ:「毒りんご」で破壊される蒐集物に仮託された世界観と幻想 【13-06-30】
http://blog.livedoor.jp/willreplica/archives/1826279.html


情報戦の現場は 俺の目の前に有る。
誠天調書は その為の道具でしかない、 それ以上でも それ以下でもない。
とても俺の世界は狭い。 だって その程度の力量しか兼ね備えていないからね。
ただ 其の中で 出来る事をしていく。 己が身の丈の ホンのチョット上を目指す。

何年も何年も掛けて啓蒙をしていく とは 信用を得て行く であり 洗脳をしていく とも言える。
ただし 俺からしてみれば こんなのは営業の技術の応用でしかない。

「営業」と「掠奪」「詐欺」の差異が分からない者達を 散々に見てきた。
其の技術に差異が無く 其のカネの流れに差異が無く
だけど俺は 美意識に違いが有る と ずっと思ってきた。


そんな「営業」と「掠奪」「詐欺」の差異が分からない者達 へ何かを言っても大概に届かない。
他の人もしている 掠奪し合うのは当然だろ と言う。

美意識の一線を越えない の線を何処に引くのか?

大量虐殺や民族浄化をしても良いのか?
100人を殺して倒す は駄目でも 1人を殺して消す は良いのか?
自分は美味しい生活が出来て 他者が貧しい生活をする な掠奪や詐欺は、一線を越える所業では無いのか?

自分が貧しくなろうとも 出来る限り多くの者達で上手に生きて行く、な美意識で生きて行くは駄目なのか?
ならば「自分が貧しくなろうとも 出来る限り多くの者達で上手に生きて行く」を口にしながら
裏でマネロンをしてカネを流し続ける者達は本当に居ないのか?


そういえば 千葉市が労役の強要を始めていたね しかもノルマを課していた。
凄いなぁ 奴隷奉仕カはウツクシイ を一般民衆へ本当に始めていた。
被曝と汚染を放置して。
 
千葉中央図書館では 千葉市全域の町単位での放射線量の計測の数字が並んで掲示されていた。
SOEKSを常時に持ち歩く俺からすると
・一回に計測しただけで何が分かるんだろうなぁ?
・ゴミ焼却場な清掃工場の風下側 という流動的に高くなる場所が変わる
  や
 地形などの影響で線量が異常に高くなっている場所
 は無視ですか?
とツッコミどころしかない アレがガラス張りの政治なのか と冷笑しか出来なかった。
アレで 幾らのカネが使われたんだろうなぁ? とね。
あんな仕事で 信用が構築できて給料を貰える人達 は凄いなぁ。

信用が構築できた と勝手に言いだしては暴利なカネを掠奪し続ける詐欺
信用が構築できた と言いだされたら“信じない者達が悪い”として
家畜奴隷と同義に生きる権利だけが許される。

暗黒の中世欧州と言われるキリスト教の世界の厳格な階級序列による
神の聖書を基にして暴利なカネを掠奪し続ける詐欺、
“信じない者達が悪い”として 異教徒や異端は家畜奴隷と同義に生きる権利だけが許される。
歯向かう者達は 魔女裁判で火炙りにされる。

何か違うのかなぁ? 俺は間違った事を言っているのかなぁ?


・一神教で野蛮人な者達 とは どんな集団なのか?
・一神教で文明人 多神教で野蛮人 とは如何なる状態なのか?
・多神教で文明人を掲げる とは何を意味するのか?
俺は更新をし続けた 俺の為だけに言葉を綴り続けてきた。

 カルトとは宗教を指す言葉では無く、集団の状態状況を表す言葉である。
 「一握りの人間が、有無を言わさず 全てを専制独裁的に 支配管理統制する」であり、
 カルトにおける宗教とは 其の口実に利用されるだけの存在でしか無い。
 宗教右翼カルトというニホンジンのコッカのニホンこそが その典型そのもの。

何処からの脱却を目指し 何処への着地点を定めれば良いのか?
一神教で野蛮人なカルト構造からの脱却を目指し 多神教で文明人な美意識を着地点として目指す。
ならば俺は更新をし続ける、まずは俺の為に。カルトからの脱却を明確に掲げて。
其の結果として 他の人達が俺の言葉を如何に考えるか? も思考の範疇の中へ組み入れる。


人は何処から来て 何処へ行くのだろう?
これは哲学の命題だ。

俺にはロクな学歴が無い。
学歴を妄信する信仰のカルト な程度の話からすら脱却できない者達は
欧州の中世の聖書を妄信していた者達を笑えないのだが、
大概の者達は その差異が自らへ如何に投影されるか を認識することが出来ない。

聖書の言葉を無限に解釈し続ける と 自分の言葉で生きて行く の差異を
大概の者達は絶対に理解できないし むしろ理解する必要性も無い。
俺も理解を求めようと思わない。

理解を求める その前に、カルトの言葉では無いモノを届ける。
一神教で野蛮人のキチガイな教条主義 では無い
多神教で文明人の美意識の中の言葉 を俺は届ける。
その為に技術を駆使していく。

そういう意味では 宗教戦争 なのであろう。


一神教で野蛮人な
 CORDSな絆の食べて応援で屠殺して行く
よりも、
俺は
 多神教で文明人を明確に掲げて
 少しでもマシな被曝と汚染への対処法を広範な社会共同体の人々へ伝えたい
と思った。



誠天調書 2011年05月03日: 危険な放射能汚染の状況下でも生き残るには、その1。 狂気の暫定基準値 と その中での栄養摂取法。
http://mkt5126.seesaa.net/article/198947556.html

誠天調書 2011年05月03日: 危険な放射能汚染の状況下でも生き残るには、その2。 その中での栄養摂取法 と 狂気の暫定基準値。
http://mkt5126.seesaa.net/article/199081295.html

核攻撃へ対し全く無知の状態な徒手空拳で挑まざるを得なかった当時の
311から1ヵ月半後に この記事を公開できた 事を、今でも俺は 本当に良かった と思っている。

その為に千葉市稲毛区穴川にある放医研の中へまで行き 本を探した。
俺だけが生き残る為に なんて事を微塵にも考えた事は無かった。
ただただ 少しでも多くの人達を助ける道を と考えただけだ。
あの頃には この記事に匹敵する話をネットで検索で拾う事すら殆どに不可能だった。

学歴も無く 地位も権力も無く ただただ下層に生きる俺に出来る事は 本当に何も無い。
それでも 311直後の徹底的な情報工作と人民統制の嵐を哀しく眺めながら俺は
出来る事は何か? を し続けた、
そして 厳格な階級序列の上部の者達が 如何にキチガイでマヌケな集団でしかないのか? と思うしかなかった。

生き方 価値観 美意識 が根底からして違う者達、としか思えなくなった。
ならば自分達は何者なのか? と考えるようになった。



https://twitter.com/sihouhappou/status/351384705196765184
「日本人が動物にも劣る民族」というのは正しい。
“『日本人』とは「日本」という政府に盲目的に従っている集団”な訳だから。
己で判断せねば生きていけぬ、野生の動物に比べれば相当に劣っている、
これは事実である。

https://twitter.com/HayakawaYukio/status/351520006388977664
福島の住民は、自分たちの生活の場の放射能を自分たちで測って確かめようとなぜしないのだろうか。
行政による測定と発表を鵜呑みにしているのはどういう心理状態なのだろうか。
住民と行政の利害が激しく対立していることに気づいていないのだろうか。

 馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 が 目覚める とか 覚醒する とか 気付く とか
 が自然に起きる
とか本気で思っているの?

本気で思っているのならば バカジャネーノ だし
思っても無いのに口にするのならば あえて単なる詭弁を口にした自己弁護 となる。
どちらにしても 詐欺師 である。
当人に自覚が有るか否かは俺の知る所ではないが。

社会や政治を自分で考える必要が無い ただただ勤勉で ただただ善性で そうして生きて行く。
社会や政治は分離された者達が責務を負っていく。
其れが士農工商という事でしょ。

“極東の一諸島の社会共同体の中の 日々の営みを続ける者達が受け継ぐ伝統”とは
「社会や政治を自分で考える必要が無い ただただ勤勉に ただただ善性に 生きていく。」
という 平和な営みの連綿たる連なりの中に有るモノ を指す。
コレが文明人の営みだ。

そして そもそもの徳川家康からして
 多神教の中の一柱として神格化されて「東照大権現」となって八百万の神となる
な有様なのだ。
一神教の如き 厳格で絶対的な階級序列 が存在しない。
だから そこに“古代のカルト宗教”は一切に関係が無い。

階級序列な封建社会の江戸時代だが
その内実は“人間としては同列”という意味合いでは「階級格差としては曖昧」だった。


http://06020596.at.webry.info/201307/article_3.html
エスキモーは自給自足をして暮らしていたが白人と接触し貨幣経済に巻き込まれ、堕落した。
現在においては
「自身で自身を管理することが出来ない愚かで無知な、保護すべき集団」
と見なされている。
日本も危ない。
ちなみにエスキモーは放送禁止用語。インディアン嘘つかないも放送禁止用語。
https://twitter.com/jikannganai/status/352196803497689088

士-農-工-商の「士」の部分が 明治維新の時にカルト集団へ乗っ取られ
カルト-商-工農 という厳格な階級序列が成立して150年が過ぎた。


平和な統治 国家統治と地方政治の調和 政治と一般民衆経済の適宜な分離
による 爆発的な内需拡大を促したのが江戸時代の経済の本質である。
けれども 租税体系の中心を米本位制に据えたまま だったが故に
政治統治層である“士農工商の「士」”が その矛盾を一身に抱え込む となってしまった。

経済学の父と言われるアダム=スミスが登場する以前に 極東の一諸島で起きていた事 である。
当時の者達に その矛盾の中身が理解できなかった としても致し方ないだろう。
 
米本位制の規制経済の限界を打破できないままな故に“己が疲弊を甘受し続けた徳川政権”の善政の下で
「社会や政治を自分で考える必要が無い ただただ勤勉に ただただ善性に 生きていく」な者達の
圧倒的な内需を作り上げた社会共同体の内需という経済力は 地球上で屈指の力を貯えさせた。

米本位制の頸木が外された後は だから大規模な経済成長をし続けた、
しかも社会共同体の秩序維持の自治が成立しながらに。

カルトは その果実を毟り取っては貪り食う を繰り返してきただけである。
【日本人と日本】と言う詐欺の言葉を使って だ。

士農工商の「士」の部分が明治維新の時に乗っ取られてから150年の間に
簒奪者な連中がした事は、掠奪の隠蔽 だけである。
単なる詐欺である。

【日本人と日本】という言葉そのものが詐欺の道具でしかない。
この150年の“【日本人と日本】という詐欺の道具”を利用するニホンジンのコッカのニホンな連中の政治統治能力
を調べて行くと、人類史上でも有り得ない水準で無能で馬鹿でキチガイである。
そんなモンを どうやって敬えば良いんだろう?


https://twitter.com/kadoduke/status/351523247713550339
例えば
SOEKSなんかで自分の生活圏の放射線量を観測し続ける
→データを役所研究所機関等々に提供するブログ等で発表する
→目を付けられる懐柔される潰される
でもやるしかない、か。。。

ただ発表するだけならばサルでも出来る。
そんなモノは 詐欺の道具となる が関の山だ。
何の為に数字を測るのか? 何の目的で数字を出すのか? 何を目的として政治を口にするのか?
其処まで考えなければ 一瞬の内に詐欺の道具へと堕ちる となる。

俺は政治を口にする だから被曝と汚染の内容を徹底的に調べて書き残し
そしてSOEKSゴミ焼却場の清掃工場の風下側という動く位置の線量を探し続けた。
こんな事を 馬鹿で豚に過ぎない一般民衆が自力で思いついて始められる とは全くに期待しない。

俺は 己が責務として行う とするだけだ。
だから更新をし続けてきただけだ。

“「日本人と日本」という詐欺”を明確に規定させようとしない者達は
あらゆる嘘デマ扇動な情報工作と人民統制を徹底的に繰り返す、息を吐くように続ける。
そうして
 「社会や政治を自分で考える必要が無い ただただ勤勉で ただただ善性で そうして生きて行く」
 な者達の 圧倒的な内需を作り上げた社会共同体の経済力
から富の掠奪を永遠に繰り返し続けようとしているだけである。



https://twitter.com/kadoduke/status/351993040983965696
泥を被ってでも・・・だよなぁ 
つーか今時 泥を被る奴 それも進んで被りに行く奴 って
・・・現世でいい夢見てる見たがっている御方に分かるかな? わっかんねぇだろうな・・・

https://twitter.com/sihouhappou/status/350317701161435137
福島第一原発から数キロ先の「希望の牧場」は311まで平穏無事に暮らしてきた。
その地方社会が崩壊しているのだ。
そして中央は何一つ対策もせずに他の地方の崩壊をも仕向ける政策すらし続けている。
これが「恨み」に「憤怒」に「憎悪」へとならない訳がない!

https://twitter.com/sihouhappou/status/350318236321062915
このシマの住人は
これから
「核・化学物質に汚染された土地で粛々と暮らしながら、日々悶絶しながら生きねばならない」
と  はっきり言う。
「多神教文明人」の社会を 生かさず殺さず飼い馴らす から 崩壊させる ように
と政治社会を造り上げられた。
“「多神教文明人」の社会を活かした 「国民の生活が第一」 として”では決して無い。
この150年間の構造は全て「多神教文明人の犠牲」によって成り立ってきた。


ttp://blog.shadowcity.jp/my/2013/07/post-3067.html
2013年7月2日 自民党、終わりの始まり - ネットゲリラ

大概の政治家は教え込まれるままに政治家になっている
ので、みんなカルト脳です。

左巻きでも、在特会とプロレスやってる話題のヨシフがソレで、スターリンにあやかって名前を付けられたというだけに、生まれついてのカルト脳。馬鹿ですw 
自分の脳味噌でモノを考えられない人間は、右であれ左であれ、みんなカルト脳のお馬鹿さん。

カルトな宗教は、今じゃ宗教は流行らないというので、カルトな資本家に絶賛衣替え中w 
先祖伝来の対米追従ポチ保守に染められたカルト政治家が、それを支持して止まない
という、美しい国、日本ですw

批判するだけならば馬鹿でも出来る。

20世紀までの「民族主義」の限界 を 如何にして言葉にして論理構築するか?
先鋭化に先鋭化をして 国粋主義的民族主義 をする宗教右翼カルト
先鋭化に先鋭化をして 横一直線の世界市民 を叫ぶ宗教左翼カルト 
すなわち一神教で野蛮人な狂信的なカルト集団だ。
其れを都合よく使い分ける が 一神教で文明人や多神教で野蛮人 な程度の連中だ。

だから俺はね 民族主義の先 を 多神教で文明人の社会共同体 として考えたんだよね。
掲げる旗は此処に有る。

カルトな狂信的な集団の教条 を真逆に進めば
それは その教条へ厳格に従う事によって生じる階級格差 の真逆となる。

それは 階級格差を無くす ではなく
厳格な階級格差 を否定して 曖昧な階級格差 なままに、あくまで人間と生きて行く。
フラット化とかイケシャアシャアに言ってた連中が居たけど
其れは20世紀のイデオロギーの残滓から逃れられていないマヌケさを晒しているだけだよね。


・コミケの「一般参加」と「サークル参加」と「スタッフ運営側」の曖昧な階級格差
・ニコニコやニコマスやMMD その他のネットの日本語圏における様々な集団
 等々で自然に生じる曖昧で流動的な階級序列
という「集団の状態」に、俺は「カルトの厳格で専制的な階級序列」の真逆が有る と確信してきた。

此処まで論理構築をして「20世紀のカルトの右手と左手”なカルト」の反対 を書かなければ意味が無い、
そう確信してきた。
だから 其の真逆とは【独立】である とした。

ならば カルト と 独立 の間に有るのが「国民の生活が第一」となる。


結局に「国民の生活が第一」を この期に及んで掲げられない連中は
政治の何たるかが全くに分かっていない 子供か馬鹿かキチガイか なのだろう。
でなければ 脅迫されてカネを掴まされている なだけの素性がバレバレとなる。





1.
誠天調書 2013年01月22日 「投票用“紙”」とはプラスチック製。 つまり廃棄となれば「産廃での資源ごみ」となる。 不正選挙の技術の一つ。 
http://mkt5126.seesaa.net/article/315538690.html
つまり「燃えるゴミ」として簡単に処分できない。
posted at 06:32:14


2.
仮に不正選挙として「期日前投票の用紙」を大量に抜き去ったとして、
投票用紙の材質が厳密には「フィルム」なので、
その処分は「燃えるゴミ」ではなく、「資源ごみ」となる。
ただただ簡単に廃棄処分が出来る物ではない。
posted at 06:36:26


3.
そして厳密な材質は「フィルム」の1000万票が消えたとされる2012衆院選の投票日の
前日の2012/12/14は全国各地で異臭騒ぎが起きている。
全国規模であるが故に その産廃の処分を適当に行う者達が居たとしても全くに不思議ではない。
posted at 07:15:21


RT @sensousoshi
日本全国あっちこっちで、「異臭」が報告されています。
http://bit.ly/VLi9h6
→プラスチックを主原料とする合成紙=投票用紙を燃やしたから。
 http://togetter.com/li/437621#c925574
posted at 07:15:24


http://search.yahoo.co.jp/search?p=%22%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E7%95%B0%E8%87%AD%E5%A0%B1%E5%91%8A%E5%A4%9A%E6%95%B0%22
「"東日本で異臭報告多数"」の検索
http://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/f06fe32e9a2c36daaee7715d43900023
2012/12/14(金)から2012/12/15(土)にかけて、関東や東北から「焦げたような臭いがする」という報告が相次いでいます。
posted at 07:32:53


2012/12/14の金曜夜の丸の内、焚き火臭いするねって忘年会帰りに職場のみんなと話してました
http://tcooo.net/entry/117818.html
「2012/12/15 (土) "異臭"」の検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=2012%2F12%2F15+%28%E5%9C%9F%29+%22%E7%95%B0%E8%87%AD%22
posted at 07:41:23


http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/516.html
2012衆院選投票日の直前に期日前投票を抜き差って焼却? 全国で異臭の報告が相次ぐ
http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/158.html
そして小沢は2012/12/14(金)に官邸前で歪という言葉を使っている。
posted at 07:54:56


http://ameblo.jp/don1110/entry-11434017541.html
2012/12/15(土)は東京でメタンが上昇している? donのブログ
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/007/135633669234713120710_o0590033012338703719.png
投票用紙製造に用いる材料のフェノール、ポリカーボネートは燃やすとメタンが発生する。
posted at 07:58:51


3.
そして材質としては「フィルム」に等しい「投票用“紙”」の1000万票が消えた不正選挙の2012衆院選の
その投票日の直前の2012/12/14(金)〜2012/12/15(土)は全国各地で異臭騒ぎが起きている。
小沢は2012/12/14(金)に官邸前で歪を口にしている。
posted at 08:04:02


誠天調書 2013年01月22日 「投票用“紙”」とはプラスチック製。 つまり廃棄となれば「産廃での資源ごみ」となる。 不正選挙の技術の一つ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/315538690.html
posted at 08:09:29


RT @desupehannari
産廃利権ね。劣化ウランでご存知の実働テロ部隊だけどね。
核も人体もリサイクル。燃やす、埋める。証拠を無くす。
不正選挙と投票用紙と日揮か。。
誠天サンがずっと言ってたのはコレか。目から鱗でした。
posted at 15:34:24


RT @nyantomah
※ナンだか皆、ジミントーが圧勝するってんで意気消沈してるけどさぁ、詰むのはジミントーなんだよ。
ヘタしたら今年中に。ナニかの拍子で長期金利が急騰しちまえば、アウツなんだから。
ゼロ金利に等しい状態からアベノミクスで0.8%まで既に上昇。
もぉ実は坂道を転げ落ちつつある。
posted at 15:36:12


RT @desupehannari
壮大なスピンでもって、壮大な証拠隠滅。それをテロと呼ぶ。
・・・壮大っつー言葉が勿体無いな。ただのキチガイ沙汰だ。
鬼畜キチガイ沙汰なスピンでもって、鬼畜キチガイ沙汰な証拠隠滅。
それが宗教ウヨカルトの聖戦である。
posted at 15:36:14


という訳で 東京都議会議員選挙では上手に燃やした ようなので
記事を公開する事にしました。
上手に分割して分散させて燃やしてしまう がの手配が出来るようになったんでしょうね。





RT @GobyIresbrow
天気がおかしいのは、原発事故で「空の天井の高さ」が、変わって、でこぼこになっちゃったからだよね。
posted at 15:36:18
その具体的な証拠は見つけたけど、
 気象予報士な人達って 普段に何を見ているんだろうね?
と つくづくに思う。
アレをチョット統計に出せば一発だったじゃん な話だった。





2013年の参議院選挙では何処の政党に投票しますか? [投票期間] 2013/06/30 〜 2013/07/31
http://vote1.fc2.com/browse/15105126/1/
posted at 03:36:45


これが本当の自民支持率。ただの10.4%。 生活が49%
https://pbs.twimg.com/media/BOKAI1MCUAAWz3r.jpg
https://twitter.com/heihei9999/status/351984610084802560
posted at 04:19:27


2013/07/02 安倍内閣支持率60%とか言っているにも関わらず、小泉進次郎の地元、横須賀市長選で自公敗北の裏側 velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/02/6884974
posted at 05:49:04


不正選挙疑惑を追求する。東京都議選編 幸福実現党以下にされた原発反対・TPP反対の政党 velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/06/27/6878240
posted at 05:52:30


東京都議選で、なぜ原発反対TPP反対の票が消えたのか? velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/02/6885315
posted at 05:53:23


2012衆院選投票日の前日に何か燃やされているような異臭報告が相次ぐ。
http://golden-kintama.com/blog-entry-1463.html
2012/12/15(土)は東京でメタンが上昇?
http://ameblo.jp/don1110/entry-11434017541.html
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/007/135633669234713120710_o0590033012338703719.png
posted at 06:22:46


大気汚染測定結果ダウンロード 東京都環境局 2012/12のデータ
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/asset/12_12.zip

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/007/135633669234713120710_o0590033012338703719.png
がイマイチ合わない気がする、12/16前は明らかに高い。
というか未だに2013/01までしかデータが無い。
posted at 06:26:55


大気汚染地図情報(速報値)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/bunpu1/p101.cgi
大気汚染測定結果ダウンロード|東京都環境局
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/result_measurement.html
posted at 06:28:40


2012衆院選投票日の前日の2012/12/15はtwitterでも大量の異臭報告がされていた。
しかし今に其れを確認する事は不可能に等しい。
http://mkt5126.seesaa.net/article/160699595.html
誠天調書 twitterの過去ログ検索が常に徹底的に弱いのは おそらく意図的。
posted at 06:53:03


誠天調書 2010年08月26日 Google と USAの国家情報統制 と twitter
http://mkt5126.seesaa.net/article/160699595.html
2010年4月21日 なぜ米国議会図書館は、Twitterの全ログを保存するのか
http://wiredvision.jp/news/201004/2010042122.html
posted at 06:55:00


2013.06.22 トルコ国内の混乱もあり、反シリア政府軍の拠点がトルコからヨルダンへ比重が移動、西側は対戦車兵器、対空ミサイル、化学兵器の扱い方を訓練しているようだ 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201306220000/

2013.06.25 オバマ米大統領は核兵器の先制使用を辞さない姿勢を明確にしたが、アメリカは核兵器を開発した直後から先制攻撃を前提にしてきたわけで、「核抑止力」は虚構 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201306250000/

2013.06.28 反シリア政府軍の戦闘員がキリスト教徒の首を切り、その様子がインターネット上にアップロードされているが、その残酷集団を支援するのが「西側」の諸国 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201306280001/

2013.06.27 NSAの内部告発でオバマ政権が苦境に陥っている中、CIAがヨルダンに武器を運び込み、イスラエルがトルコへ輸送しているようで、8月には攻勢をかける可能性がある 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201306270000/

2013.07.02 そもそも米英両国の電子情報機関が全ての国をターゲットにした監視システムを動かしていることは有名な話で、これまでもEUなどの先進国を含めた多数の国々が米国と共謀していた 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201307020000/


2013.07.01 米英両国の電子情報機関が全ての国を監視対象にしてきた というスノーデンの告発そのものはことは,何十年も前から指摘されてきた事で、大騒ぎするような話ではない。なので更に問題の有る情報監視システムが有る可能性は高い? 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201307010001/

今回に告発されたPRISMとやらの話の先に twitterが全くに出てこないねw 不思議不思議w
おそらくスノーデンが持つ話は 相当に別物だろうね。

ネット上の情報流通をすら情報統制できる とか踏んでいるんだろうなぁ。
ならば俺は 其処から「性癖」を焙り出すだけの話だ。


スノーデンを手引きして出国させた者達が居るのは明白で
一連の話が
 「2期目へ入りCIAとの関係を強化させたオバマ」を窮地に陥れて
 あえて其の逃げ道 次の中東戦争なシリア侵略 を用意している  
というのが明々白々な話でしかない。

その戦費調達の資金源な程度に利用されているだけなのが
 極東の一諸島における家畜奴隷の管理団体のカルトの下僕の集団の仕事
な程度の話である。
今に起きている出来事は初戦に「その程度」の話でしかない。
【日本人と日本】の誇り とか 絆 とか チャンチャラオカシイとしか言いようが無い。


一神教で野蛮人な連中が「優秀」なのではなく、
どこまでも徹底的に卑怯で残虐なだけに過ぎない。
如何にして 卑怯で残虐で を徹底できた者達が、其の厳格な階級序列の上部への階段を昇る。
それが ウツクシイ世界。

ならば俺は 其の逆の 多神教で文明人 を掲げ続ける。



川人光男の 脳の情報を読み解く BMIが開く未来  を読んだら
その資金源に 米国防総省防衛高等研究計画局(DARPA)が有ったようだ。
マネロンされたカネの下は 何処からなのだろうね。

ネロやハドリアヌスやヒトラーが 何故にカルトな者達への弾圧を始めたか?
つまり そういう事なのである。


http://bearhous.web.fc2.com/Symposium/NHK/Robot/index.htm
サイボーグとしての擬体 への脳と身体を結ぶ技術の根幹に有るのがBMIである。

その急速な発展に注目し、巨額の資金を研究に投じているのが、
アメリカ国防総省のアメリカの国防先端研究局(DARPA)である。
サイボーグ技術を使って、人と兵器を結ぶ研究に強力な支援を行っている。

手足の力を10倍にする兵士用パワースーツ。
DARPAは今、脳・コンピュータインターフェイスの技術に最も注目している。

米軍のネットワーク構想、無人システム兵器をネットワークに接続して使おうとしている。
ロボット戦闘機X45、地雷除去や、自動機関銃による攻撃が可能な小型無人戦車ロボットTARON、
イラクで実際に投入されている。

ショエル・デービス研究管理官は
『一歩先の研究をする事で、米国が有利さを保ち、将来性のある活動を行うことを可能にする。』
と、軍事利用への正当性を説明する。
米国でのロボットは軍事ロボットを思い起こしてしまう。
米国の科学者は大なり小なり、DARPAの支援を受けていると云う。

日本のロボット技術は世界のトップを走る。
 産業用ロボットの進化、カメラで形を認識。正しい位置からつまみ上げ、正確に並べる。
 災害救助ロボットの登場。人が入れない災害現場での使用が検討されている。
自動車産業の次には、ロボット産業が浮上してくると思われる。
それも、これまでのエンターテイメントロボットでは無く、サイボーグ型ロボットになると思われる。

産業用ロボットで、ロボットの要素技術を積み上げてきた事は日本の強みになっている。
米国の科学者に会うと 日本のロボットハンドが欲しい と云ってくるのが現実なのだ。

川人光男(ATR脳情報研究所所長)は
日本型の脳・コンピュータインターフェイスを世界に提唱している。

脳に電極を刺すのではなく、
脳の情報をMRIのような装置で外部から明らかにして、情報を取り出そう
という事である。

日本の場合は民生用からスタートするので、
 非侵襲型のインターフェイスで無ければならない
という発想が根底にある。
ただし川人光男は
 研究が進んだ 脳へ針を刺す よりも
「現状の薬」の「精神薬」や「身体に圧倒的な影響を与える薬」の方が よっぽどに危険に極まりない
としている。

ただし 脳へ針を刺す の研究が進んだ という事は、
それだけ もはや精神と知性などの「心」も人類が外部制御を可能に出来る時代へ突き進む すら意味する。



・もし人格脳に関わるとしたら問題は無いのか?
この治療法の最大の特徴は刺激を調整できるところである。一人一人の患者に適した装置のセッティングができる。そのように選択が可能であれば、若し不具合があれば、何時でも元の状態に戻すことが出来る。患者の状態が変化したら、更に調節する事も出来る。患者の希望に合わせて、症状の変化に合わせて選択と調整が出来る。
友人を失った患者の例では、正常に悲しみを感じていたので、病的な悲しみだけを治療することが出来たと思っている。ただ、この治療法は強力であるので、心理学者、神経学者などが揃ったチームでのみ、きちんと規制を受けて行われるべきと思う。適切な方法で治療が行われれば、病気で苦しんでいる多くの患者を救うことができる。うつ病の治療が人格脳に関わるものであるかは未だ分かっていない。

・今、アメリカで急速に進むサイボーグ医療。
脳の中で、その働くシステムが分かった事については機械で調整し、徹底的に治療しようとする動きが広がっている。アメリカで数多くの脳深部刺激療法の実績を持つ病院。クリーブランド・クリニック。プロジェクト・リーダーのアリ・リザイ医師に面会。彼は既に800回以上の手術を行ってきた。毎週3回ほど手術をする頻度である。リザイ医師はこの治療に10年以上前から関わってきた。10年前には、一回の手術に12時間から15時間掛かっていた。今では、今朝始めた手術が既に12時半には終わっている。僅かに4時間である。より早く、より安全に、よりコンピュータ化されて、この治療技術は日々進化している。数年後には私は不要になるでしょう。ボタンを押すことでコンピュータが全て手術をしてくれる時代になるという。
今、アメリカやヨーロッパでは、この治療法が急速に応用範囲を広げている。肥満の抑制、失禁症、脳卒中、更には精神の病、うつ病、強迫神経症、こうした病気で臨床試験が相次いで行われている。

・今後、10年、20年で何を期待するか。どこまで行くのか?
この技術の将来は非常に有望である。これはいわば、脳のペースメーカーであるが、こうした機械を体のいろいろな部分で使うようになる。脳卒中の患者や、運動障害のある人、脳を怪我で損傷した人、更にうつ病、強迫神経症、更に可能性としては統合失調症や自閉症の人など非常に広い範囲で助けることが出来ると思う。過去10年で見られた通り、今後この技術が非常な勢いで進むことは疑い無い。

・脳を何処まで変え、利用してよいのか?
アメリカでは大統領の倫理委員会が設けられ、国をあげた本格的議論が始まっている。研究が急速に進むアメリカに対して日本は、その分野を限定している。脳深部刺激療法は運動を制御出来ない病気と神経の痛みを止める事にのみ保険が適用されている。今後のこうした治療について日本の研究者はどのように考えているのか。
急速に応用が広がる現状について、もう少しはっきりした根拠を持って、しかも試してみるといった臨床への応用ではなくて、もう少し確実な研究計画をもって進めていかないといけない。脳を機械と考えがちになってしまう。それが心も調整できるという錯覚に陥り易い危険性がある。脳機能を調整したから心まで調整できると思ってしまわないだろうか。心は環境で培われるもの。そのギャップを正確に理解して応用していかないと、困ったことになるのではないかと懸念している。片山教授

・身体脳と人格脳の境界はどこにあるのか?
脳がこれまで考えてきた以上にメカニカル的なものを持っている事が分かってきた。機能の一部を機械に置き換えることができたと考えると、心と思われる相当部分がメカニカルなものから構成されていた事が見えているようにも思われる。明らかに病的な原因があれば脳の刺激療法が使えるが、それ以外の場合はいろいろな研究者や社会の方々の同意を得て行わなければならないと思う。いろいろな見方ができると言う側面を持っている。

・人は脳をどこまで変えるのか?
こういう治療を何処までやって良いか。何処までやれて、何処までは許されないのか。その線引きはどのようにして決めるのか。
そこに病気で苦しんでいる患者がいる。助けを求めている患者の助けになる医療であれば、これは許されるのではないか。ロザーノ医師は云う。これは正しい。医師が医師として活動を開始する時の誓いの中の『ヒポクラテスの誓い』の中で一番大事な誓いは、『患者の利益になる事はやる。しかし、患者の不利益になる事は一切行わない。』と云うのがある。これが医者の第一の原則だと云う。この原則の範囲内であれば、幾ら先進的な医療行為であっても許されて良いのではないか。
更に注目すべきは、このようにして人間の中に機械を持ち込んだ時に、人間単独、或いは機械単独とは違うものに両方がなってしまった。人間の脳が機械を使う事で脳が変化を起こした。変化を起こして、その機械を更に巧みに使うように脳自体が変化していく。それと同時に機械が機械単独では出来ない事ができるようになってきた。人工内耳の例で云えば、僅かな電極だけでは聞こえるはずが無いだろうと思われていたものが、その人に聞かせるように機械が進化した。機械+それを使う脳が進化した事で、これまでとは全く違うことをやり始めている。人間の進化は、機械、コンピュータと融合して新しいステージに踏み出そうとしている。人類進化の領域が、もの凄く新しい領域に踏み込んだように感じる。

ブログという記憶の外部保存 から俺は進み始めた。
だから当然に 医療の現場がデジタル技術の最前線の その先を猛然と進む までも容易に想定は出来た。

なのに 人間社会の圧倒的大多数を構成する「馬鹿で豚に過ぎない一般民衆」 は
未だに古代のカルト宗教からすらも全くに脱却できないままだ。

この 圧倒的な齟齬と矛盾を核攻撃を受け続ける下で眺める今の俺 は
だから 其の着地点を 「此処」 に置いて行かなければ己が内側を整理しきれない とも考える。


ブレイン・マシン・インタフェース BMI倫理4原則の提案 - ATR 脳情報研究所
http://www.cns.atr.jp/~kawato/Ppdf/gendaikagaku.pdf


概ね 諸手を挙げて賛同はしたい。
ただし おそらくに 全くに役に立たないだろう。
 一神教で野蛮人な者達の厳格な階級序列という人間社会の構造の話を 理系の者達は皆目に理解できない
からね。
俺の言い回しは 彼らの理解の範疇を超えるだろうからね。
自分達が所詮に悪魔鬼畜の道具でしかない という事が何故か不思議に理解できないだろうからね。

それ故に前述の話は「不思議に 明るい未来だけを賞賛する“不思議な立花隆(笑)”」な話となるので
当然に 以下の話は何故か出てこない。


http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/05s02.html
操作される脳 ジョナサン・D・モレノ 著 2008年9月26日
兵士延長ロボット軍隊に必要な技術のうち、すでに実現されているものもある。
人間の運動に関する意志を、
運動前野(大脳皮質の一部で、運動野の前方にあるのでこう呼ばれる)から機械装置に伝えるのは、
すでに技術的に可能なのである。

CIAの訓練マニュアルには、タイトルにベトナム戦争時代のCIAの暗号名だったKUBARKという語が入っている。この暗号名は一九六三年から使用されていた。大量の心理学的知識と経験がもりこまれたこのマニュアルが、少なくとも一世代のあいだ使われてきたのだ。

威圧的ではないマニュアルのほとんどは、不安にさせることによって効果を発揮する。尋問を受けるという状況自体が、初めて経験する者を不安にさせる。目的は、この効果を強めて家族の感情的・心理的な絆を徹底的に破壊することだ。……この目的が達成されたなら、抵抗力はひどく弱まる。仮死状態、つまり心理的なショックあるいは麻痺状態を示す……時期がある。ひどく傷ついたり、それほどではなくとも傷ついた経験をすることで、このような状態が引き起こされる。それはまるで、被疑者がなじんできた世界のみならず、その世界の中での被疑者自身のイメージまでもが破壊されてしまうごときものだ。…この時点で情報源は……はるかに従順になる。

マニュアルには「奇妙な世界に迷いこんだ」ような感覚であるとも書いているが、これは当てずっぽうな表現ではなく、アメリカの一流の行動科学者たちが綿密な心理学研究を行ってわかったことだ。KUBARKマニュアルが発行される一〇年以上前に、それらの研究は始まっていたのである。

一九五三年、CIA長官、アレン・ダレスが、外国のスパイや兵士をより科学的に扱うと決めた時、既に心理学界では、それに係わるだけの下地ができていた。

 洗脳などに用いられるテクニックが成功するのは、
 人間の弱さを利用して心理的圧力を執拗に与えるからだ、
というのがウォルフヒンクルの結論だった。

まず第一段階として独房に監禁し、自尊心を傷つけて屈辱感を与える看守の扱いに服従させる。
看守は、解放の望みも外部と連絡をとる手だてもないことを捕虜にたたき込む。
長期間立ちっぱなしにしたり睡眠中に繰り返し起こしたり、といった肉体的拷問も行う。
普通ならば数週間も経つうちに穂所の精神は破綻する。

そこで尋問の開始となる。

代理監獄として長期間の拉致監禁が合法的に徹底的に行われる
其れは 人体実験も兼ねている んだよね。
これがウツクシイなニホンの姿そのもの。

そのような「技術」は
遠距離から心理的生理的な過程に影響を与える「サイコトロニクス(精神工学)」兵器
とされ 関心を抱いている者達も多い という報告が上がっていた。

だから 他人の心へ介入する道として提案されたものも登場する、
電磁放射、あるいは「超低周(extremely low frequency/ELF)波が登場する。
アメリカも この手段に興味を抱いた。
一九六〇年代から一九七〇年代の間には、
DARPAやNIH,CIAなど、様々な政府機関が超心理学研究に資金を出していた。

兵器の情報処理能力を高めることに関心をもっているDARPAは、
思考だけでカーソルを動かすようにサルを訓練している企業の一つ、
サイバーキネティクス社へ補助金を交付した。
同社ではブレインゲートというシステムを用いてサルを訓練しているが、
将来的には、コンピューターのRAMなどのメモリーへ人間が直接接続できる事を目指している。

・古典的な「心への作用」を戦術や兵器として使う
・デジタル技術の最先端を戦術や作戦として使う
は両輪であり どちらかだけで存在するモノでは無い。
片方だけで話をするは 詐欺師の技術 か 無知の証拠 でしかない。

軍事機密が 俺の如き馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 に分かる訳が無い。
ただ D兵器やE兵器という呼び名を何故に英語が得意なはずの皆様はしないのか? 等々を考えると
 「“自分の頭が悪いはずはない”な頭の良い人達」や「知識人」は 今日も幸せそうだなぁ
と思うだけだ。



ネット選挙の デマを取り締まる『日本選挙キャンペーン協会』の三浦博史 は、安倍晋太郎の元秘書だった!!
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/21/6786288

2013/07/03 ネット選挙を取り締まる『一般社団法人日本選挙キャンペーン協会』は、情報操作のプロだった。: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/03/6886593


此の話を絡めた部分は 今度の機会に書こう。

川人光男「脳の情報を読み解く BMIが開く未来」を読んで
どう考えても 攻殻機動隊の素子を作ろうとしている としか思えなかったw

脳と義体を如何に結ぶか? に ネット回線をも実験の場にも利用している だった。
脳の情報 と 義体の動き を結ぶ、それはネットの情報流通でも有り
其の端末のデバイスを如何に結び付けるか? でしかないからね。

BMIにも幾つかの種類が有り
針を刺す深くや浅くや少なくか多くか とか 脳波を読み取ったり とか
そして その両方を上手に組み合わせて行く という技術となる。

針を深くに刺すと脳への負担や影響も大きすぎるし 脳全体の情報の動きを読み取りきれない ので
 小さな剣山みたいなモノで少しだけ脳へ接触をする
として 其処に色々な技術を混ぜて行く をしている。
もう完全に 攻殻機動隊の首の後ろに刺すヤツ に近いモノだった。

其のBMIの情報 脳の解明
 と
ホンダのアシモも含めたロボット技術との連動
 と
医療補助としてのサイボーグ技術との連動
等が同時進行をしている。

もう どう見ても 草薙素子が創りたくてしょうがないんだなw である。


ならば俺は その攻殻機動隊の もう一つの重大な命題の
 人は何処から来て 何を為し 何処へ行こうとするのか?
を書いて行くよ。

BMIで脳と義体を如何に結ぶか? を言いだすのならば、
俺は ネットで知性と現場を如何に結ぶか? を書いて行くよ。

人類は
ブログという外部記憶保存の意味を
もう少し真剣に考えるべきだったのかもしれないからね。


「site:mkt5126.seesaa.net BMI」の検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=site%3Amkt5126.seesaa.net+BMI

誠天調書 2009年05月02日 広義の人間機械化  攻殻機動隊の世界は既にして近く また遠い
http://mkt5126.seesaa.net/article/118429406.html

誠天調書 2012年09月02日 「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」 もしくは  「君が代」の歌詞では あまりにカルト色が強すぎる。スマホとBMIの連動は 電脳化の直前 を意味する。
http://mkt5126.seesaa.net/article/289790639.html

誠天調書 2013年05月03日 神経倫理の話 と 情報工作と人民統制の話
http://mkt5126.seesaa.net/article/358607590.html
スノーデン事件が起きた後に↑の記事を読むと 色々と感慨が有る。
この手の話を追っていくと 何故か 軍事系な情報系の話へ行きつく場合が非常に多い。
つまり そういう事なのだろう。







http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa3178716.html
槌田敦著「資源物理学入門」によると次のような記述がありました。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4140014237/

廃炉の処分に伴い放射化された大量の鉄材(核廃物、nuclear waste)に対して、
『第一回原子力平和利用国際会議日本代表団の報告にもあるように、
これらの核廃物は地中に埋めるか、海底に沈めるかすればよいと考えられ、実行された。

だが、このアメリカの底抜けの楽天主義は修正され、
一九六四年以後、海洋投棄を取りやめた。
現在、アメリカの海域で放射能の漏れ出しが続いており、大問題になっているが、
それは、これ以前の海洋投棄によるものである。

日本の場合、相模湾で、
通常の海底土にくらべ三二倍のコバルト60と一二倍のセシウム137が一九七八年に水産庁の調査でわかった。
しかし、科学技術庁は、これを隠し続けていた。

このほど相模湾で放射能を捨てたことがあると認めたものの、
投棄点と汚染点が一〇キロメートル違うから無関係と言い張っている。

千葉館山沖に捨てたという一六〇〇本のドラム缶の場合、
海底が二六〇〇メートルと深いため、科学技術庁は調査不能といっている。
が、アメリカでは「もっと深いところでの調査もしている」ので、
科学技術庁の言い訳は「嘘」となる。

核廃棄物は、ガラス固化体にして水から完全に隔離した地層に埋める とはなっているわけですが、
いまのところ そんな「場所」は存在しません。

『放射能を大量に含んだガラスは、放射線と発熱効果でひび割れし、
 最終的に粉体のあつまりになる。
 これは事実上の表面積が大きいから放射能が水に溶け出すことを防げない。』
地層処分による高放射性廃棄物が水に溶け出すリスクを防ぐことは、
物理的に不可能に近いことだと思います。

核廃棄物の処理は どこの国もいい加減な管理が罷り通っています。
中国ではチベットに不法投棄し、ロシアでは日本海へ不法投棄していました。

また、旧西ドイツでは、IAEAの議長であるルドルフ・ロメッチ(Rudolph Rometsch)が、
放射性廃棄物をリビアやパキスタンに密輸し逮捕されています。
これはパキスタンの核兵器開発にIAEA議長が手を貸していたことです。

チベットの核 /放射性廃棄物
http://www.tibethouse.jp/atomic/atomic07.html
低レベル液体放射性廃棄物処理施設 「すずらん」の供与
http://www.tecsec.org/Russia.htm
「国連」は常任理事国五カ国のための組織
http://www.chibalab.com/news_otoshiana/documents/20030830.html
日々雑感
http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi-0112.htm

投稿日時 - 2007-07-27 05:01:52





http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/02/kiji/K20130702006138100.html
巨人の渡辺会長、コミッショナー後任候補に王会長を熱望 

巨人の渡辺恒雄球団会長は2日、東京都内で取材に応じ、プロ野球の統一球を公表せずに変更していた問題で進退を問う声が上がっている加藤良三コミッショナーの任期満了後の後任候補としてソフトバンクの王貞治球団会長の名前を挙げた。

渡辺会長は「他に頭に浮かぶ候補者がいない。各球団のオーナーの中に誰か他に(適任者を)連れてこられる人がいるか。俺は他に誰も推さない」と熱望した。

王会長は1日に「体力的には自分では務まらない」と話している。それでも渡辺会長は「何とか回復して受けてもらうしかない。体に差し支えないでやってもらえるようにして、受けてもらえないかな」と話した。

加藤コミッショナーの任期は来年7月まで。渡辺会長は6月26日に統一球問題で「コミッショナーの責任はない」と話し、辞任の必要はないとの認識を示している。

2013年7月2日

王コミッショナー は受ける条件として
・古田と桑田をコミッショナー代理として実務を任せる
とすれば良いだけの話。












posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。