https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年08月11日

退却戦の基本は 撤退と反撃の組み合わせ である。

人工地震や不正選挙は、他の人達が良い記事を出してくれてます。

大量の放射性物質の拡散による惑星規模での影響と偏西風の異常 は まだまだだけど
コレから色々な人が突っ込んでくれるとは期待している。

アベノミクスという詐欺 は もうすぐに結果の一つが出るでしょうから
その兆候が出る直前になったら資源を買いましょうw
もっとも資源なんて買えないので トイレットペーパーなどを先に安価なうちに買い貯めて備えましょう。

戦時なのですから これ位は当然 としなければ、死にます。殺されます。
そういえば集団ストーカーが来ないなw 2013/07参院選の御褒美で何処かへ行っているのかなぁw
自公政権な宗教右翼カルトから物理的に俺が殺される のは秋かな、
とっても不思議な事件や事故や事象が俺の周囲で起きるのは嫌だなぁ。

ハタ次男様の更新が止まって久しいけど大丈夫かなぁ、
あの人は俺よりも強気なとこが有るから心配です。
その他にも グルメなブログの周辺 や ウチのブログの周辺な人達 でも
色々と不思議な事象が起きているようですね。
心配です。

俺は 俺自身の面倒すら満足に見られない程度にマヌケな存在なので
皆様を守ってあげられる力が全く有りません、本当に申し訳ないです。
ただ こうして更新をし続ける事で 此処にいる事で
俺の微力な成果が 少しでも情報の補給線として皆様の力となれば と祈るのみです。

・物理的な軍事力や武力を持っている
・ABCDE兵器すらゼロでは無い。
・情報を武器として使う組織力と集団を持っている。
・その為の資金力は圧倒的
・無自覚なカルトの下僕達は今日も悦びの叫び声を上げ続けている
こういう戦況なのですから 基本的に負けます。
負け戦を前提とするのですから ゲリラ戦なのですが
ならば 如何に上手に負けるか? が問われます。


万歳突撃 や 特攻がウツクシイ は負け戦としても下策そのもの。
・如何に生き延びるか?
・如何に被害を少なく出来るか?
・如何に戦いを継続していくか?
後退戦や退却戦を考える となる。

詐欺師は
・万歳突撃 や 特攻がウツクシイ 
を下僕にさせて 詐欺師の当人達がカネを悠々と持って逃げる。
大東亜戦争の末期に良く見た光景だね。

だから とっとと逃げる の引き際を見極めるが肝要かと思う。
旧式左翼な共産系は不思議に大量虐殺と民族浄化の対象からは外されるので 彼らを参考とはせずに
 何故か旧式左翼が絶対に話さない
 後退戦と退却戦のゲリラ戦を 戦術 作戦 戦略 で考える
が必要となるよね。


他方に
では戦力も資金力も圧倒的な宗教右翼カルトは
 「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」
を2年半が過ぎた今尚になっても 何故に始めないんだろうね?

ガダルカナルでは 暫時投入→各個撃破 という地獄絵図が繰り返された。
福島第一原発もまた 全く同じ状況なんだけど
ガダルカナルと福島第一原発で全く同じ事を繰り返す というのは すっごい馬鹿だよね。

「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」は
自衛隊の全軍を投入しても勝てるかどうか難しい戦いとなる。
そもそもに負け戦でしかない。

“「土建工事」や「その場しのぎの東電」”で、
真っ当に戦争への対処が可能かどうかは子供でも分かると思うけどね。

やはり情報戦で負けても学べる人は居ない。

けれども 「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」は しなければならない。
「ガダルカナルを放棄する」とは意味合いが全くに違うんだよね。
本土決戦そのものなのだからさ。
なのに2年半も先延ばし をして尚に話すら出させないんだから、
負けだけが更に積み上がる地獄絵図のみとなる。

ガダルカナルから学んだ人って居るの?
「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」な【戦時】への対処を、
【平時】の観点や思想でしか考えられない者達は
己が「平和ボケ」の程度も分からないだろう。
だからといって宗教右翼カルトのキチガイ思想は「戦争ごっこ」でしかない。

そんな戦時の考え方を平時の時から論理構築してきた人は居る?

これが「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」の現状だ。


負けるべくして負ける。それが現状であり
“「日本人と日本」という詐欺”の末路そのものである。

だから侵略に勝てない、
コレから起きる「21世紀の戦争」の見本市の場と化すのみとなる。
マヌケな「核の焦土作戦」しか やはり出来ないわな。
よって 戦争というよりも“「大量虐殺と民族浄化」と「詐欺」”が同時に進行するだけの話となる。



戦略目標は何?
 汚染水の流出を止める?
其れは作戦目標の話でしょ?
結局に「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」をしなければ戦略的な敗北が続くのみとなる。
作戦的に
 汚染水の流出を止める
が少しでもマシとなった所で 何か解決するの?

つまり そういう観点の話が何故か出てこない段階で
 完全に情報戦で負けている
という状況下で有る事を如実に晒している。

何故に「自衛隊の総力を上げて“超法規的介入をさせる”」と安倍は勇ましく言わないの?w
だから俺は 汚染水の話そのものが情報戦の一手にすぎない と考えている。
ならば 此の情報戦の攻撃の一手は何を目的にしているのか? と考える。


誠天調書 2013年05月07日 「TPPという降伏文書」で更にカネが絞り取れる、その大義名分な口実。 極東の一諸島における人類補完計画、それは 全てが一つの「カネ」となる、ウツクシイ世界。
http://mkt5126.seesaa.net/article/359847037.html
「汚染水を海へ流している」
とは“全世界へ向けて日本が「核戦争を仕掛ける」と宣戦布告をする”と同義である。
事実上に 全世界へに向けての「日本人と日本」からの全面核戦争への宣戦布告ですね。

其の話に比べたら 北朝鮮の核の話なんか「餓鬼の遊び」ですね。

キチガイ集団でしかない ニホンジンのコッカのニホン は凄いねぇ。
何か勝算があるのかね?w
「それでも勝てる」とか大東亜戦争の時と同じ事を繰り返すのかね。
もっとも 宣戦布告をした瞬間に負けも確定している んだけど。

311の直後に「自衛隊の総力を挙げて福島第一原発と戦争をする」とか言えなかったツケが
いよいよ破綻した訳だ。
その程度な連中でしかないのは 65年前に判明しているんだけど
あの時よりも地獄を更に作り出すとは まさに悪魔鬼畜そのものだね。


だから宗主国サマは笑いが止まらないね。
これで更に「TPPという降伏文書」でカネが絞り取れる という大義名分な口実が出来たんだからね。
全部が 始めから仕組まれていた罠 でしかないのはミエミエだったのにね。

この一連の「詐欺の為の動き」は オレオレ詐欺に匹敵する程度 でしかないのに
馬鹿で豚に過ぎない一般民衆からすれば 空の向こうの話 となる。

気付いた時は 大概に手遅れだ。

さて、これから どういう「詐欺の為の一手」を仕掛けてくるかな?
なので“そういう風に考えておけば少しは対処できるでしょ?”と書き残しておこうと思う。


如何に逃げるか?
如何に戦っていくか?
如何に生きていくか?
そういう事が問われていくよね。


https://twitter.com/sihouhappou/status/366154347156996097
「正義」とやらは状況次第なモノでしかない ので
だから私は “「正義」を「選択」する” という現実と向かい合う事になる。
そうなると
 其の前に様々な正義を学び そして知らねばならない
 様々な現場の正義を学び そして知らなければならない
それが私の今するべき「仕事」だと思っている。
「情報流通の下士官層」は
「正義を選択するため」に「どのような選択」を「取捨」できるかが課題となるからこそ
“己の中で どうあるべきか”というのが問われていく。

https://twitter.com/sihouhappou/status/366164258020536320
だからこそ、
「情報流通の下士官層」が持つ個々の「正義」が異なっていようとも「何一つ問題はない」のである。
我々は「ワンマンアーミー」であって、そこから自然発生する「チームプレイ」をしているだけである。

https://twitter.com/sihouhappou/status/366165739389976576
即ち、「形なき軍隊」が私達なのだ。
自在に集散し、自在に攻撃をかける。
今、起きていることが戦争で戦場であるから
そこで「自在に集散・攻撃」を掛けて行くためには
様々な「現場と知識、経験」が必須なのである。
だから、私はそれをしている。「形なき軍隊」を創造するためにね。

宗教右翼カルトへ帰依して下僕と化す事は 単純で強いかもしれない。
狂信的な信者が不思議な呪文を唱えながら攻撃を仕掛けてくる という感じでね。
だけどさ そういうのは“俺達の戦い方とは違う”よね。

コミケに居る連中は 一人一人が全くに違う。
だけど それなりに集団として機能的だ。
とりあえず そんな程度を入り口として考えてみようよ と俺は思ってきただけなんだよね。
宗教右翼カルトも旧式左翼も そういう方向性の話を不思議に何故か絶対にしてこなかったからね。


ただし あくまで “そんな程度”であり “入口”でしかない。
旧式左翼が“そんな程度”な“入口”の話すら論理構築と理論武装をしてこなかった
と比較して たった一歩だけに先に進めようとする話なだけにすぎない。
だから 組織力 とはならない。

軍事力でも資金力でも圧倒的な差が有る戦況では 組織力でも圧倒的な差が出る。
所詮に各個撃破される のがオチだ。
2012衆院選と2013参院選 は 組織力の差が出たよね。

此方は
 集団としては成長をしてきても 組織力はゼロ
向こうは
 逆に 集団の中身は相も変わらずにマヌケでも 組織力だけはガチガチに有る
というのがモロに結果へ出たよね。
其れが不正選挙という話だしね。

ただ 俺達は こういう生き方しか出来ないんだから
 こういう生き方を如何に昇華させていくか?
という方向性を戦略の軸としていく事が 自然で確実で 無理なく出来る道そのもの だよね。
無理は続かない からね。


そんな事を考えると
 福島第一原発の対処 汚染水の情報流通のさせ方
 は一神教で野蛮人な連中なんだなぁ
と つくづくに思う。
所詮に 詐欺師なカルトでしかない そんな連中にしてみれば
 核を詐欺に使う
なんてのは 其の性癖からすれば至極に当り前の結果でしかない と馬鹿馬鹿しい程に分かる。


自民党政権となって 万が一にも期待したのが

「自衛隊の総力を上げて 福島第一原発へ“超法規的介入をさせる”をして
 “福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争をする」
 と安倍が勇ましく言う
だけだったんだけどね。
そういう戦時内閣をする という口実で消費税増税をする とか妄想したかったんだけどね。

想定の範囲内で 只の詐欺集団でしかなかった というのは、
別に もう感慨すら湧かない。

北朝鮮と戦争をする というヘタレの話ないんかには興味が湧かないし
中国や韓国と戦争をする というキチガイ丸出しの話も全くに興味が湧かない。


「“福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争」という強敵との戦いに挑めない
そんな程度にヘタレな連中だからこそ、
俺達を縊り殺そうともする 単なるyキチガイカルトな連中 という話にもなるんだけどね。

国粋主義的民族主義な超右翼の宗教右翼カルトの連中なんざ 其の程度 だよね。
其の程度な連中と瓜二つな程度でしか無かった旧式左翼もまた 其の程度 だ。
そして 其の程度 だからこそ 大量虐殺と民族浄化は簡単に起きる。

どうか どうか 生き延びてくださいね。




http://space.geocities.jp/kinoufuzennkazoku/08-11/08-11-07.html

合戦だって、いつもいつも勝つわけではない。やっぱり負けることもありますよ。
じゃあ、負け戦の時にどうするのか?どのように撤退するのか?
軍隊を撤退させるにせよ、ただ漫然と撤退していると、相手方が勢いに乗って攻めてくる。
そうすると味方の損害が大きくなってしまう。

撤退戦というものは、まずもってメンタルな面で、負担になるもの。
だって「どうやって勝つのか?」という課題なら、当人も、それなりの意欲を持って当たることもできる。
しかし、撤退戦なんだから、負け戦が決まってしまっている状態で
「どれだけ損害を最小限にすることができるのか?」という課題なんだから、
考えるに際し、面白くない。

撤退戦の成功は、損害を最小限にすること。
つまり、どのみち、損害は出てしまい、得るものは何もない。
これじゃあ、精神的にツライでしょ?

そこへ、相手も勢いに乗ってくるんだから、
まずもって、その勢いを受けないといけない。
ホント、戦術的にも、メンタル的にも、非常に困難なものなんですね。


ただ、現在においても、
人間は生きていれば、色々な撤退戦が生じるもの。

それこそ、
・結婚したが上手く行かない・・・
さあ!どうしようか?
そんな撤退戦もありますよね?

相手の側は、なんだかんだと色々と言ってくる。
さっさと離婚するのか?
あるいは、もっと結論を先延ばしするのか?
あるいは、ある時点までは調整するけど、想定を超える事態が発生したら その時は潔く離婚しよう!
あるいは、とりあえずこっちが有利な条件を出してみて 相手の反応を見る。

色々な それぞれの判断があるでしょう。

メンタル的に一番ラクなのは、言うまでもなく「結論の先延ばし」です。
結論を先延ばししていると「もしかすると、元の鞘に戻るかも?」そんな期待もある。
そんな期待をするのは勝手ですが、
離婚が議題に上るような状況 から回復をするよりも、
別のところでゼロから心機一転やり直した方が 本当は現実的ですよね。

ただ、自分のやったことが「負け戦だった」ことを認めることは、やっぱり難しいもの。
判断を先延ばししている内に 子供ができてしまい とかなって、
「子供がいるから離婚できない。」という理由をつけて、もはや思考停止になってしまう。
そんなパターンも、現実に多いでしょ?

しかし、そんな判断の先延ばしの結果でできてしまった子供を、ちゃんと育てる発想もない。
そもそも ちゃんと育てる発想 を持っていたら、「その前」に考えますよね。

自分のやったことが「負け戦だった」ことを認める事が出来ない人達は
「子供がいるから離婚できない。」としておけば、まさに「ワタシは悪くない!」と言うでしょう。
「だってぇ・・・子供のせいなんだもん!」周囲にはそう言っておけばいいだけ とかなるでしょう。

其処まで行くと、逆に「自分は悪くない。」と言いたいが為に 子供を作ってしまう なんて事すらする。
事態を改善するよりも、
「“自分のやったことが「負け戦だった」ことを認める”撤退戦」に取り掛からない理由が欲しいだけとなる。

だから、撤退戦に踏み切れない。
負けていて、メンタル的に落ち込んでいるからこそ、
「もしかすると、このまま前向きに戦っていたのなら、勝ってしまうのでは?」
と、現実離れした希望にすがってしまう。


「自分が間違っていた。」と認めることは難しい人間を洗脳する際には、
このような「自分がやったことを正当化したい!」という心理を
上手にリードするという手法があります。

つまり そういうことです。

撤退戦に踏み切ったとしても、その戦いは戦術的に難しい。

そうなの?
そういえば 確かにネットで調べると出てきにくいね。
相も変わらずに チョット不思議な感じ にね。


ttp://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51504454.html
池田信夫 blog : 退却戦の戦い方
退却戦はむずかしい。何を捨てるかの決断が必要だからだ。90年代以降の日本は、農業のような明白に不要な産業さえ捨てる決断ができず、あらゆる部門で少しずつ退却を続けてきた結果、戦線が伸びきって兵站が追いつかず、財政破綻で全滅の危機に瀕している。民主党の団塊オヤジが高度成長の夢を捨て切れないのはしょうがないが、孫氏のような起業家まで途上国のような国家資本主義を主張するのは困ったものだ。どっちみち実現しないので、大した害はないが・・・
コレが知識人ですか そうですか。
美味しくて やめられませんなぁw

↓こんな話一つすらマトモに紹介せずに ここまで適当な事を言っていれば美味しい生活が出来るんだからね。


ハスキー作戦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E4%BD%9C%E6%88%A6
ハスキー作戦(ハスキーさくせん、Operation Husky)は、
第二次世界大戦中の1943年7月10日より行われた、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦。
イタリア本土上陸への前段階として敢行された。

1943年8月11日、シチリアの枢軸軍の残存部隊がイタリア本土へ脱出し、
シチリアを巡る戦いは連合軍の勝利に終わった。

一方でアメリカ連合軍が制海権や制空権を握っていたにもかかわらず、
ドイツ軍を中心とした枢軸軍は10万人以上の兵員と1万台以上の車両を後退させることに成功させた。
この戦果が その後のイタリア本土決戦にも少なからず影響を与えた。
この程度の話すら紹介もせずに 退却戦の戦い方 とか口に出来る知識人ってのは 素晴らしいですなぁ。


シチリア作戦 英米戦略の齟齬を衝いた完璧なる撤退戦
http://wau.private.coocan.jp/wwtef/nami/sisley.pdf


しかし作戦や戦術的には 撤退する枢軸軍側の完勝と言ってよい戦いだった

ただしシチリアの陥落によってイタリアは降伏をし ヒトラーはクルスクの作戦を中止して、
連合軍側はイタリア侵攻の足掛かりを持つ事が出来るようになった。
つまりドイツ軍は、此処でも“戦いに勝ち しかし戦争に負ける”となった。

ただし イギリスとアメリカの連合軍は
 この戦いで実質的に勝利した ハンス=ヴァレンティーン・フーベ上級大将の撤退戦
 によって温存された戦力
に長く苦しめられる事となる。
その結果が イタリア本土における“ドイツ軍と連合軍の未曽有の激戦の連続” となった。

この戦いは
 どんなに優秀な作戦の指揮官が居ても どんなに優秀な戦術の下士官が居ても、
 それだけでは戦争全体の逆転をする事は出来ない
という事を証明した戦いとなった。

此の事を最も理解していたのは イタリア軍だったのかもしれない。
この戦いでイタリア軍が殆どに貢献しなかったのは、彼らが 臆病や怠け者だったから ではない。
彼らは 戦争の趨勢 を正しく見極めて、現実的な対応をしたにすぎない。

この戦いの本当の勝者は、
 無意味な戦いを避けたが故に壊滅的な破壊から免れたイタリア
だったのかもしれない。

フクシマの汚染水の問題は 壊滅的な破壊の入口でしかない。

自民党政権となって 万が一にも期待した

「自衛隊の総力を上げて 福島第一原発へ“超法規的介入をさせる”をして
 “福島第一原発の核燃料を取りだす”という戦争をする」
 と安倍が勇ましく言う
をすら即時に言わない以上は アベノミクスという詐欺による大量虐殺と民族浄化を始める となる。
そして 屠殺をされる側には組織力が無い という戦況で有る。


退却戦の基本は 撤退と反撃の組み合わせ である。
ただし
 どこかの知識人が「何かを捨てるかの選択」としか言えないような情報流通の下で生きている
という自分達の立ち位置を知る 敵を知り己を知れば百戦して危うからず の第一歩となるかもしれない。

21世紀の戦争は必ずに 極東に一諸島の住人を殺そうとします。
どうか どうか 生き延びてくださいね。







posted by 誠 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。