https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2014年01月04日

極東の一諸島におけるドローン(Drones)の運用状況は特定秘密で保護されているので、誰も触れない。

2013年12月26日 アイオワ州を中心に火の玉が空を横切る様子が確認された。街に設置されている監視カメラもそれを捉えており、メディアが続々と紹介。夜空を予告もなく突然強く照らしたその閃光に人々はもう大騒ぎである。
http://rikeinews.ldblog.jp/archives/35296913.html
米国中部標準時の26日午後5時半頃、ミネソタ州との境にも近いアイオワ州上空に突然巨大な火の玉が現れ、夜空を横切った。
隕石か、それとも宇宙開発がもたらした近年の深刻な問題、“宇宙ゴミの落下”かと大変な話題になっている。

「 アメリカ流星学会(The American Meteor Society)」にはさっそく700を超す目撃情報が相次いだが、アイオワ州やミネソタ州ばかりかウィスコンシン、イリノイ、カンザス、ミズーリ、ネブラスカ、ウェストバージニアといった州からも。
隕石落下は珍しくないアメリカでも、これだけ広大な範囲で目撃されるのは稀なことだという。またそれにやや遅れて、同学会には「ブーンという波動を感じた」、「建物がビリビリと震動した」との情報も寄せられた。

アイオワ州のメディアは、ノースリバティの街のある監視カメラが捉えた映像(画像は『PAPU HD』さんがYouTubeで紹介した動画のスクリーンショット)をしきりに紹介している。

強い閃光を放つ度に火の玉は小さくなり最後は見えなくなってしまったが、目撃者らは「すっかり暗くなった空は一瞬、太陽が現れたかと思うほど明るくなった。火の玉の色はややグリーンがかっていた」などと話している。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/8391050/
動画:http://www.youtube.com/watch?v=kvuIIgNUNx8
元の動画は既に無く
アイオワ 隕石 で検索をしても出てこないが Iowa meteorite で検索をすれば出てくる
http://www.youtube.com/watch?v=3hRKnXqAxoc
http://www.youtube.com/watch?v=qDCaPUMkVKc
とかに有る。
ネットの検索とは とっても不思議な世界だねぇ

つーか2010年のコレも凄いが

http://www.youtube.com/watch?v=yQlnj7-MRHs

ならば今回のは?

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.iowa.statenews.net/index.php/sid/219340184/scat/786a6474d69a7e95&prev=/search%3Fq%3DIowa%2Bmeteorite%2Bdrone%26sa%3DX%26biw%3D805%26bih%3D486%26tbs%3Dqdr:w
光の青緑色のストリークは、中央アイオワ州にドゥビュークから見た限り北部ミネソタ州などとはるか南ミズーリの通りであった。 Iowansは5時35分と6 pmExperts間ストリークは、オブジェクトがおそらく親指ほどの大きさだった流星と言いました見て報告している。 それは西に向かったと思わどこか北エイムズのフォートドッジへの上陸が認められた、専門家は述べています。

X-37B

X-43
X-51

Falcon HTV2
Advanced Hypersonic Weapon (AHW)


誠天調書 2013年02月17日 通常に皆が思っている“隕石”かどうかもまた あの飛行体の動画からだけでは 実は絶対に誰も判別できない。 先行して アレを隕石と呼ぶ という段階で既に情報戦は始まっている。
http://mkt5126.seesaa.net/article/322900304.html

誠天調書 2013年02月16日 空の上を飛び交うモノを見た【蟲】は光とだけ感じるのだろう、空の上を飛び交うモノを見た【ヒト】はキレーとかスゲーとかタイヘンダーとかな鳴き声を出すのだろう。
http://mkt5126.seesaa.net/article/323428027.html

誠天調書 2013年02月28日 隕石寒波
http://mkt5126.seesaa.net/article/332101649.html

誠天調書 2013年02月20日 誤差脱漏 と 帳簿外の米国債 の帳尻を如何に合わせるか? のモスクワでの話し合いが、3月末の決算を前にして逃げられないニホンジンのコッカのニホンの一人負けで終わった という事で宜しいのでしょうか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/324030746.html

2013/02のロシアの隕石は おそらくFalcon HTV2か 其の亜種であろう。

極超音速飛翔体「ファルコンHTV2」 宇宙からの警告 ウラル核施設に向け|kaoriのブログ
http://ameblo.jp/kaori-roselove/entry-11472713059.html


JAXAが わざわざ同じような名前を 開発時期が近いのに使ったのは 間違い無く意図的であろう。
ただ あくまで国際宇宙ステーション向けなので 中身が直接軍用の可能性は低いとは思う。
途中まで色々と調べてみた。

HTV2ミッション飛行計画(2011年3月30日現在)
ttp://iss.jaxa.jp/htv/mission/htv-2/
HTV2ミッション

HTV2ミッションは、日本が開発する宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の打上げミッションです。「こうのとり」2号機は、2009年9月に打ち上げられた「こうのとり」1号機(HTV技術実証機)の運用成功に続く、運用機の第1号として位置付けられています。


HTV2ミッションでは、H-IIBロケット2号機の打上げ、「こうのとり」2号機による国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資の輸送を実施します。また、ISSで不要となった物資を搭載し、「こうのとり」2号機の機体とともに廃棄します。

HTV2ミッションでは、約5.3トンの物資をISSに運搬します。

HTV2ミッションでは、勾配炉ラックと多目的実験ラック(Multi-purpose Small Payload Rack: MSPR)が補給キャリア与圧部に搭載されます。JAXAの実験ラックが「こうのとり」でISSに運ばれるのは今回が初めてのことになります。そのほか、飲料水コンテナも今回初めて搭載されます。

補給キャリア非与圧部には、NASAの物資であるカーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)とフレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)が搭載されます。これらの物資は、ISSに到着後、軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)の予備品としてISS船外に保管される予定です。
NASAへは何を渡したんだろうね?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%8A2%E5%8F%B7%E6%A9%9F
非与圧区画の曝露パレットにはアメリカのNASAのフレックス・ホース・ロータリ・カプラとカーゴ輸送コンテナの2台の軌道上交換ユニットが搭載されていた。
これらの貨物はデクスターを使ってELC-4に取り付けられた
http://iss.jaxa.jp/htv/htv2_ulc_uninstall.html
曝露パレットに搭載されていたカーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)と、フレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)は、
2月4日に「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)の
改良型の軌道上交換ユニット仮置き場(Enhanced ORU Temporary Platform: EOTP)に移設されました。

ttp://iss.jaxa.jp/htv/mission/htv-2/payload/
補給キャリア非与圧部搭載品

補給キャリア非与圧部には、以下のNASAの物資が搭載されます。これらの物資は、ISSに到着後、軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)の予備品として、ISS船外のエクスプレス補給キャリア4(Express Logistics Carrier 4: ELC-4)に保管されます。

カーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)
フレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)
あくまで国際宇宙ステーションを含めた船外用の交換物資のようでは有る。
Orbital replacement unit - Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Orbital_replacement_unit

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL2VuLndpa2lwZWRpYS5vcmcvd2lraS9PcmJpdGFsX3JlcGxhY2VtZW50X3VuaXQ=
この辺りの話が wikipediaの日本語の項目には無い jaxaにのみ有る というのは如何なモノだろね。
だったら NASAと言わずにISSと言えば良いのに わざわざNASAとか言う というのも だよね。


エクスプレス補給キャリア ELC  - Wikipedia 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2

話を戻す。
昨今の隕石の騒ぎは 高高度のDrone と妄想している。


http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.cnbc.com/id/101301658&prev=/search%3Fq%3DFAA%2Bnames%2B6%2Bsites%2Bfor%2Btesting%2Bdrones%26biw%3D805%26bih%3D486
2013年12月30日 FAAが選んだ6つの新しいテスト・サイトで離陸する無人機


https://twitter.com/bonaponta/status/419116260853424128
IAEAが特定秘密に指定したいのはフクシマの健康被害者数より異常気象の原因だな。
其の辺りは何とも言いきれない。
其の話が含まれている事は間違いないと確信できているが。

311以降に 福島第一原発テロ事件を含めた核の大気への放出 と 気象や気候との関係性
を調べ続けてきたけど
・放射性物質の大量放出は地球規模での気象や気候へ重大な影響を与える
というのは確信できる。
けれども あくまで影響が大きい であり、
 異常気象の直接的原因 な事例そのものは多く無い
とは思えなくはなっている。
異常気象 や 空の異常を作り易くなる で有る事は間違いないと思うけどね。

だからこそ
 よほどに特殊な場合を除いて 其れを気象予報士が口にしない
という意味合いの方も俺は重要視しているんだよね。

其の上で 昨今の様々な気象を考えた場合は
 むしろ恣意的に気象変動や異常気象が起こされている可能性の方が高い
と最近は考えるようになった。
つまり
・福島第一原発テロ事件が 恣意的に異常気象などを作り易くなる下地を作った
・けれども異常気象や気象操作そのものは 恣意的に行われている可能性が高い
と今の俺は考えている。
其処に作用するモノ それが
・HARRP
・ケムトレイル
・レーザー照射
であり 最深度掘削 であり 其の他の色々な技術 である、と俺は考えている。

空の異様さ に気づく事は、そのような事を知る入口である。

神の教えである聖書の言葉を信じて 空で起きている事は天使の啓示だと口にするカルト信者
 と
アレは ただの飛行機雲なだけだ
とは如何なる違いが有るのだろうか?



https://twitter.com/desupehannari/status/418187648461594624
新年早々ひでーカミナリだ。昨日もあったな。関東の地震の前に。。。

https://twitter.com/shoko55mmts/status/419065075643604993 中川翔子
そうそうこれなんだろうと思ってずっとみてた!
“@itoga008: 石岡市から隕石らしきものが降ってきてるの見えたんだけど、あれ隕石かな!?
 詳細わかる人いたら教えて欲しい ”

https://pbs.twimg.com/media/Bc9VSO1CIAA9bdb.jpg

https://twitter.com/kazuosada0104/status/418649151216177153
夕空に見える、太陽光を反射した飛行機雲です。
隕石というより流れ星とは全く関連がありません。

https://twitter.com/AoiKunio/status/418649240777138176
飛行機です。短い飛行機雲に夕陽があたって輝いているだけ。冬場にはよく見られます。
輝く?w ふ〜ん。 そこまで自分の頭が馬鹿なはずは無い な人達は正月を平和に過ごせるのでしょう。
飛行機が輝く とは 如何なる現象なのか? を天才の皆様は即座に判断できるウツクシイ方々なのでしょう。


2013年12月15日 これも幻日? 輝く飛行機雲
http://blog.goo.ne.jp/hiita-photo/e/e3a690230732ac60ad328b6224098886

飛行機雲に輝く夕日 師走の苫小牧市で珍現象 (2013年 12/30)
http://www.tomamin.co.jp/2013128549
苫小牧市上空で28日、オレンジ色に光る筋状の不思議な雲が見えた。高所から糸を引いて落ちていくように伸び、やがて消えた謎の雲を、カメラが捉えた。

28日午後4時30分ごろ、苫小牧市若草町から西の方角に、先端から筋状の光跡を伸ばすような形の雲が出現し、数分後に見えなくなった。直後、同じ形をした黒い雲も同じ方角の空に現れ、たちまち消えた。

室蘭地方気象台によると、謎の雲は飛行機雲という。だいだい色に光って見えたのは「夕日を反射したため」と見る。短時間で消えたのは「上空の空気が比較的乾燥していたためではないか」と解説した。条件がそろい、暮れの大空に現象が形づくられたよう。

 ↓
誠天調書 2013年10月11日 極東の一諸島から秋が無くなり、10月になっても暑い日が続き 台風の時期が過ぎて 少しの時間が経つと急に冬へと至る、この311以降の気象の変化は【軍事機密】。
http://mkt5126.seesaa.net/article/377082952.html
福島才一原発テロ事件 と 気象 の関係性を命懸けで考察し続ける事も無いのに
全てが一瞬で分かる天才の皆様が羨ましい。
愚鈍な俺は マヌケな愚行を此処で繰り返し続けるのみだ。


https://twitter.com/GT_takahashi/status/387480919788883968
後、虹みたいな光も見えますわ…(((^_^;)なんじゃろか。。
https://pbs.twimg.com/media/BWCb1-jCYAAvEBd.jpg


https://twitter.com/wolvesknow/status/387483483439759360
彩雲 さいうん ですね。

https://twitter.com/GT_takahashi/status/387484521957830656
ありがとうございます♪
只今、工具片付けしたがらケムい空を楽しんでおりますよ〜(^_^;)

https://twitter.com/wolvesknow/status/387484973139128320
いえ、彩雲は吉兆と言われてます。何かいいことがあるといいですね。

あ そういえば 彩雲 とか 環水平アーク について書くの忘れてた

彩雲 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A9%E9%9B%B2

環水平アーク - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF

環天頂アーク - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%A9%E9%A0%82%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF

幻日 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5

幻日環 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5%E7%92%B0

これらの項目を読んで違和感を覚えるか否かで 詐欺に騙されるか否か が分かれるかもしれない。
もし良ければ 此れを読むのも悪くは無い


虹 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9

だからこそ 俺は此の現象↓が激しく気になった訳だ。

真珠母雲 - Wikipedia 極成層圏雲 極成層雲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%AF%8D%E9%9B%B2
結果からすれば似た事象なのに 此の現象だけは「オゾン層が関連する」となっている。

真珠母雲 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%AF%8D%E9%9B%B2
高度 1,5000m 〜 3,0000 m
成層圏雲は雲粒の大きさが均一で 加えて雲粒が粒である。

15000mでも可能な現象で成層圏雲は
極地だけで起きるフロンやハロンだけと関係するオゾン層の破壊が原因?
彩雲は あくまで偶然に起きる?
妙に随分と都合の良い話にだけ聞こえてしまうのは 俺がヒネクレ者だからかなぁ。


夜光雲 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E5%85%89%E9%9B%B2

彩雲はなぜ起こるのか??
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1444353279

冬期に見られる可能性の高い自然現象を簡単に解説してあります。 彩雲
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/sizenhome/100p/sizen.htm

http://www.tbs.co.jp/morita/qanda/kumo/20100725.html
彩雲はどんな原理でできるのですか?

http://kemucome.seesaa.net/article/155135580.html

http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2004/2004_05_0375.pdf

エアロゾル層 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%BE%E3%83%AB%E5%B1%A4



誠天調書: 2013/12/20は 典型的な レーザー雲 レーザー天気 だった。
http://mkt5126.seesaa.net/article/383197760.html

誠天調書 2013年12月15日 E兵器としての気象操作を知る為の基礎原理。
http://mkt5126.seesaa.net/article/382719479.html


誠天調書 2013年11月20日 HAARPと電波時計と 空気シャワーと。 E兵器における物理構造の一つ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/380518100.html


誠天調書 2013年11月15日 ABCDE兵器と外交と軍事と安全保障の観点が 既に東南アジア〜東シナ海で実際に運用されている。フィリピンで起きている台風 と 皇軍自衛隊と世界の警察サマアメリカ軍 の公金略奪な海外への“「日本人と日本」のカネによる公共事業” と 既にして其処に有るGHQ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/379949252.html


誠天調書 2012年02月02日: 破滅的な「社会政治環境の変異」「自然環境の変異」を前にしても、終局であるか否かを勝手に言われる筋合いは無い。
http://mkt5126.seesaa.net/article/249776472.html

誠天調書 2012年02月22日
http://mkt5126.seesaa.net/article/253497805.html

誠天調書 2012年04月05日 IT系などサイバー攻撃をDigitalのD兵器(stuxnetなど)  環境改変兵器をEnvironmentaのE兵器(人工地震やHAARPなど)、 は ABC兵器に続く禁止すべき攻撃兵器だと何故に言わないのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/262312494.html


誠天調書 2013年09月28日 焼かれる天罰 922
http://mkt5126.seesaa.net/article/376070841.html

誠天調書 2013年10月08日 だって どう考えても陽射しが痛かったもん、アレおかしいよ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/376800115.html

誠天調書 2013年10月04日 フクシマインパクト 極東の一諸島から秋が無くなる理由
http://mkt5126.seesaa.net/article/376441153.html


誠天調書 2013年05月08日 フクシマインパクト 電荷してエアロゾルと化した放射性物質の大量拡散による気象への影響
http://mkt5126.seesaa.net/article/359548612.html

誠天調書 2013年06月15日 2013年5月23日の東海村J-PARCからの膨大な放射性物質の拡散によって、南西部の筑波山という風向きを変える障害物からしたら南側 の茨城県の中部は 新たに甚大な被曝と汚染が起きて、気象へも重大な影響が生じている可能性は?
http://mkt5126.seesaa.net/article/367379854.html

誠天調書 2013年06月23日 放射性物質の大量拡散は 「極成層圏雲の形成」すなわち「オゾン層の破壊」へ如何なる影響を与え、偏西風や異常気象へ如何なる影響を与えるのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/367809535.html

誠天調書 2013年08月22日 東電との接点が色濃く有る多摩川の上流の小河内ダムの『人工降雨装置』の渇水対策を口実にしてのケムトレイルの公然化。
http://mkt5126.seesaa.net/article/372639038.html

誠天調書 2013年09月04日 何故に竜巻は増えたのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/373951699.html



2012/04/07 4月3,4日のテプコレーダー | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-397.html

2012/04/07 暴風雨の日、テプコ雨雲レーダー画像 4月4日分 | 憂いの果てに
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-398.html

誠天調書 2012年04月05日 IT系などサイバー攻撃をDigitalのD兵器(stuxnetなど)  環境改変兵器をEnvironmentaのE兵器(人工地震やHAARPなど)、は ABC兵器に続く禁止すべき攻撃兵器だと何故に言わないのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/262312494.html


誠天調書 2013年04月07日 10発で一つとされる「気化爆弾」BLU82 と同時に 実は1発だけ戦術核を混ぜる。 では「気化爆弾」と煙霧(笑)や砂嵐との関係は?
http://mkt5126.seesaa.net/article/354214176.html

誠天調書 2013年03月11日 2013年3月10日に起きた事。 気象庁が「煙霧」という嘘デマ扇動を言い 何故か「砂嵐」とは言わなかった、311という行事 や TPP の膨大な情報流通で誤魔化すように。
http://mkt5126.seesaa.net/article/343837625.html


誠天調書 2013年02月17日 通常に皆が思っている“隕石”かどうかもまた あの飛行体の動画からだけでは 実は絶対に誰も判別できない。 先行して アレを隕石と呼ぶ という段階で既に情報戦は始まっている。
http://mkt5126.seesaa.net/article/322900304.html

誠天調書 2013年02月16日 空の上を飛び交うモノを見た【蟲】は光とだけ感じるのだろう、空の上を飛び交うモノを見た【ヒト】はキレーとかスゲーとかタイヘンダーとかな鳴き声を出すのだろう。
http://mkt5126.seesaa.net/article/323428027.html

誠天調書 2013年02月28日 隕石寒波
http://mkt5126.seesaa.net/article/332101649.html

誠天調書 2013年02月20日 誤差脱漏 と 帳簿外の米国債 の帳尻を如何に合わせるか? のモスクワでの話し合いが、3月末の決算を前にして逃げられないニホンジンのコッカのニホンの一人負けで終わった という事で宜しいのでしょうか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/324030746.html


誠天調書 2011年09月24日 異常気象や地球温暖化のオゾン層破壊の真因は 原発運用や原発事故 及び 放射性核実験 にこそある。
http://mkt5126.seesaa.net/article/227323869.html

様々な色をする雲とはオーロラと似た現象 とか
不思議に雲が発達する理由 に レーザー照射 が有り 其の先に 地震雲の話 が有る とか
そういう意味合いをも含めた 放射性物質の大量拡散 とか HAARP とか ケムトレイル などの関係性 とか
同時に D兵器としてのstuxnetの亜種を考える や D兵器としてのドローン とか の意味 とか
そういう事を何も知らないまま だけど 情報流通の現場の愚兵となってくれる者達 の中には
やはり 勘の良い者達から気付いてく のだから 俺は下士官として運用をする。

こうして 環境や状況の変化に応じて 情報戦の戦い方 をも変えて行く をしなければ
百戦して百敗をするだけだ、愚兵を嘆く事なら馬鹿でも幼児でも出来る。
その為に 情報の兵站線を築き構築し 情報流通の下士官層を育成しておく という準備を整えておく。
ここまでして ようやく 負け戦となる の話が出来る。

既にして 戦う前から負けている
その理由を65年前から何も学べるはずも無いハイパーキチガイカルトな連中の
マヌケな情報工作と人民統制にすら勝てないままの状況を前にし続ける のは大概に
 そこまで自分の頭が悪いはずが無い
という天才の皆様だろうね。

俺は 目の前の情報戦 に勝てるとは全くに思っていない。
だけれども 座して死ぬ とか 自分達だけはノアの箱舟に乗る とか 特攻はウツクシイ とか
そんな生き方や価値観や美意識で俺は生きていないんでね。
やれる事を 俺なりに ボチボチと頑張る、
 人事を尽くして天命を待つ を俺なりに必死に生きて行く
たった それだけだ。

俺は 極東の一諸島に住む圧倒的大多数の多神教で文明人な社会共同体の一般民衆
すなわち そんな馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 と共に生きてきた。
これからも 此の地に立って そして一緒に生きて行こう と思う。
たった それだけの話だ。

2014/01/03の千葉市の早朝の空は やったな という空だった。ケムトレイルまみれの跡だった。
気づけなかったなぁ、俺も まだまだに甘すぎる。

2013/12/末の千葉市の上空は猛烈なヘリの襲来の連続だった。
皇軍の示威活動より以外に何が有ったんだろうね。
制空権を如何なる集団が握っているのか?
支配者層と被支配者層の関係性が丸分かりだった。

そして結構に前から気付いたんだけど 2014/の始め も そうだけど
妙に速度の速い軽飛行機の音が聞こえる。
空を見る余裕も無いので分からないけど 定期的に定時的に聞こえる。
昔は無かったから よく分かる。
とか書いたら また変わるかな。


2013年08月18日 http://military38.com/archives/30868052.html
防衛省は来年度予算の概算要求で、高高度滞空型無人偵察機グローバルホークを導入する費用を計上する方針を固めた。

「グローバルホーク 高高度滞空型」の検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%80%80%E9%AB%98%E9%AB%98%E5%BA%A6%E6%BB%9E%E7%A9%BA%E5%9E%8B


2013.12.10 米軍の新型無人ステルス機「RQ-180」、エリア51で試験飛行
http://wired.jp/2013/12/10/new-stealth-drone/
1998年に超音速・高高度戦略偵察機「SR-71」(通称ブラックバード)が退役して以降、
米空軍が備えていないものだ。
ブラックバードは、いくらかのステルス的な性能も備えてはいたが、
何よりもスピードと飛行高度を頼みの綱にして、
米国を歓迎しない各国の上空を飛んで情報を収集した。

新型のRQ-180は、
ステルス性能とエアロダイナミクスの向上により、
敵国空域を飛行する際の問題が大きく改善したとされている。

「RQ-180」は、ロッキード・マーティン社が開発した「RQ-170 センチネル」の後継機だ。

RQ-170は2007年以降、アフガニスタンで数え切れないミッションを行い
「カンダハールの野獣」の異名をとった。
イランとパキスタン上空のミッションでも使われたと見られる。

ほかの無人航空機ほどの航続時間がなく、性能がいくぶん抑えられている。
そのため、「捕獲」も比較的容易だ。
イランは2011年12月、捕獲したRQ-170だと主張するものを披露した
(米国空軍は、同じころにRQ-170がアフガニスタン西部の上空でコントロールを失った、
 としか認めなかった)。


2013.8.20 イラン、「ドローン狩り」を学校の授業に
http://wired.jp/2013/08/20/iran-drone-lessons/
イランは高校の授業で「無人機狩り」を教えると報道されている。
中東等の一部の地域では米国の無人機が頻繁に上空を飛び交っており、
多数の一般人が殺害されている地域もある。

イランの報道を引用するAP通信の記事によると、
http://www.theguardian.com/world/feedarticle/10936158
同国の高校に通う生徒たちは、近いうちに「ドローン狩り」の授業を受けることになりそうだ。

記事では、
イランの民兵部隊「バスィージ」の
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B8#.E6.B0.91.E5.85.B5.E9.83.A8.E9.9A.8A.EF.BC.88.E3.83.90.E3.82.B9.E3.82.A3.E3.83.BC.E3.82.B8.EF.BC.89
司令官代理を務めるアリ・ファズリ将官の話として、
当該授業は高校での「防衛準備」プログラムの一環となるものだとしている
(同国ではもともと、中学と高校で「市民防衛」の授業が行われている)。

授業の内容については不明だが、イランはこれまでに、ドローンの無力化や捕獲に数回成功している。

2011年には「高度なGPSなりすまし攻撃」とされるものによって
http://www.wired.co.uk/news/archive/2011-12/19/irans-drone
ドローン「RQ-170センチネル」を捕獲。
http://ja.wikipedia.org/wiki/RQ-170_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29
その後も複数のドローンが捕獲されている。

また、12年には、多数の米国のドローンの動画データが暗号化されておらず、
イランの民兵が自由にダウンロードできていることが明らかになった。
http://www.wired.co.uk/news/archive/2012-10/30/drone-open-feeds

中東やアジアの一部の地域では、
米国のドローンが頻繁に上空を飛び交っており、
その飛行音は環境音のひとつにさえなってしまった。

イエメンの首都サナアでは、
最近になって現地でテロの警戒態勢が敷かれたことを受けて、
この数週間にわたり、
滞在しているジャーナリストたちが、途切れることのないドローンの滞空を伝えている。
https://twitter.com/ionacraig/status/364606330759163906
https://twitter.com/ionacraig/status/364496135836020736
https://twitter.com/ionacraig/status/363992425972248577

アフガニスタンとの国境近くのパキスタン領土では、
多数の子どもを含む一般人がドローン攻撃で殺害されている
http://www.wired.co.uk/news/archive/2013-02/05/naming-drone-victims
(リンク先によれば、2004年にドローン攻撃が開始されて以来これまでに、
 民兵を含めて少なくとも2,629名が殺害されているが、
 そのうち名前が確認されている一般人は331名、うち子どもは87名)。

なお、バスィージは、
イランの正規軍とは別の軍事組織であるイスラム革命防衛隊が管轄する集団のひとつで、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E9%9D%A9%E5%91%BD%E9%98%B2%E8%A1%9B%E9%9A%8A
戦時には数百万人単位で大量動員できる民兵部隊だ。

アヤトラ(イスラム最高指導者)に対する直接的な忠誠を誓うが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC
「民兵部隊バスィージ」の後には「無法者」などの言葉が付くことが多い。

11年から12年にかけて行われたイランの民主化を要求する抗議運動では、
http://en.wikipedia.org/wiki/2011%E2%80%9312_Iranian_protests
バスイージのメンバーが全国から首都テヘランにバスで乗り込み、情け容赦なく人々を鎮圧した。

2013/09/06 米国の文書、アルカイダのドローンの対する対抗努力を明らかにする(その2)
http://nangoku851.at.webry.info/201309/article_5.html
The Associated Press in February found a copy of the tipsheet in Mali, left behind by Islamist fighters fleeing the city of Timbuktu. It was written by a jihadist in Yemen two years earlier and has circulated among al-Qaeda franchises since then.
火曜日の連合通信はマリでの秘密書面のコピーを入手した。これはティンブツ市を逃げ出したイスラム戦士が残したものである。それは2年前にイエメンのジハーディストによってかかれたもので、それ以来アルカイダの拠点に行き渡っていたものである。

‘GPS jamming capability’
‘GPS妨害能力’

In January 2011, U.S. intelligence agencies detected an unusual electronic signal emanating from near Miran Shah, a jihadist haven in North Waziristan, Pakistan. The DIA called the signal “the first observed test of a new terrorist GPS jamming capability.”
2011年1月には、米国の情報機関はパキスタンの北ワリジスタンの聖戦主義者の温床であるミラン・シャー近くから発信した異常な電子信号を探知した。DIAはその信号を“新しいテロリストのGPS妨害能力の初めて観測されたテスト”と呼んだ。

The test apparently did not pose a threat to military GPS frequencies or encrypted communications links. In addition, whoever was beaming the mysterious signal mistakenly thought that jamming ground-based GPS receivers would interfere with drones’ ability to aim missiles or munitions at fixed targets, according to the DIA report.
そのテストは明らかに軍のGPS周波数あるいは暗号通信のリンクへの脅威とはならなかった。加えて、DIAの報告によれば、謎の信号を発射した誰であれジャミングをしている地上のGPS受信者達は固定目標を狙うミサイルあるいは弾薬のドローンの能力を妨害すると誤って考えた。

Despite such missteps, ¬al-Qaeda has been undeterred. In a separate 2011 report, the DIA stated that affiliates in Miran Shah and the Pakistani city of Karachi were pursuing other “R&D projects,” including one effort to shoot down drones with portable shoulder-fired missiles, known as manpads.
そのような失策にもかかわらず、アルカイダは落胆してはいない。別の2011年の報告では、ミラン・シャーとパキスタンのカラチの仲間達はマンパッズとして知られる携帯可能な肩掛けのミサイルでドローンを撃ち落すことを含む“R&Dプロジェクト”を追求していると述べた。

Army intelligence analysts uncovered similar projects, including attempts to develop laser detectors that could give warning whenever a U.S. Predator drone was about to fire a laser-guided Hellfire missile, according to a summary of a classified Army report.
軍の情報アナリスト達は、レーザー探知機の開発の試みを含む同様のプロジェクトを暴露した。秘密の軍の報告の要約によれば、探知機は米国のプレデター・ドローンがレーザー誘導のヘイルファイヤーミサイルを発射しようとした時に警告を発するものである。

In 2011, the DIA concluded that an “al-Qaeda-affiliated research and development cell currently lacks the technical knowledge to successfully integrate and deploy a counterdrone strike system.” DIA analysts added, however, that if al-Qaeda engineers were to “overcome these substantial design challenges, we believe such a system probably would be highly disruptive for U.S. operations in Afghanistan and Pakistan.”
2011年には、DIAは“アルカイダの研究・開発下部組織は対ドローン攻撃システムを成功裏に全体にまとめ配備する技術的知識を目下欠いている”と結論付けた。しかしながらDIAのアナリスト達は、もしアルカイダの技術者達が“これらの現実の設計への挑戦を克服”すれば、そのようなシステムはアフガニスタンとパキスタンにおける米国の作戦を大いに崩壊させると信じていると付け加えた。



The Air Force and CIA rely heavily on Predator and Reaper drones to hunt for al-Qaeda targets and other insurgents in several countries. Both aircraft can stay aloft for more than 20 hours to conduct surveillance missions and can be armed with Hellfire missiles.
空軍とCIAはアルカイダの目標と数カ国でのその他の反抗勢力を追跡するためにプレデターとリーパードローン(ミサイルなどの武装を積んだドローンの事を指す?)に重く依存している。両機とも監視任務遂行のため20時間以上滞空でき、ヘルファイアーミサイルを武装可能である。

The drones are flown by remote control via satellite data links, usually by pilots and sensor operators stationed thousands of miles away at bases in the United States. Those satellite links are encrypted, which makes the connections extremely difficult to hack.
ドローンはパイロットとセンサー操作員によって衛星データリンクを経由して遠隔操縦で飛んでいる。彼らは数千マイル離れた米国の基地に坐っている。それらの衛星リンクは暗号化され、ハッキングするには極めて困難である。

It is only slightly less of a challenge for al-Qaeda fighters to spot a high-flying drone with the naked eye. Predators and Reapers loiter at altitudes above 20,000 feet, and their powerful cameras focus on objects several miles over the horizon, so their presence is hard to detect.
それは高高度を飛ぶドローンを肉眼で見つけるよりはアルカイダの戦士にとっては若干敷居の低い挑戦に過ぎない。プレデターとリーパーは2万フィート以上で滞空し、それらの強力なカメラは水平線を越えて数マイル先の目標に焦点を当てる。だから飛行機の存在は探知するのは難しい。

The satellite links, however, are the Achilles’ heel of drone operations. “Lost link” incidents − triggered when a satellite moves out of range or a drone drops a signal − are relatively common. The connections are usually reestablished within seconds or minutes. The aircraft are programmed to fly in a loop pattern or return to their launching spot during prolonged disruptions.
しかしながら衛星リンクはドローン作戦のアキレス腱である。“リンクを失った”出来事−衛星が範囲外に動いた時、あるいはドローンが信号を受信しなかった時引き起こした−は割合に普通のことである。接続は普通数秒または数分以内に回復するものである。航空機はループパターンで飛び、中断が長引けば発進点に変えるようにプログラミングされている。

On several occasions, however, lost links have led to crashes. In September, an Air Force Predator slammed into mountainous terrain along the Iraq-Turkey border after the satellite data links were lost and the drone crew could no longer communicate with the aircraft.
しかしながらリンクが失われた数回は墜落になった。9月には、1機の空軍のプレデター衛生データリンクが失われ、ドローンのクルー(乗員)が航空機と連絡ができなくなってイラクートルコ国境沿いの山岳地帯に激突した。

In December 2011, a stealth U.S. spy drone operated by the CIA crashed in Iranian territory. Iran said it downed the advanced RQ-170 drone in an “electronic ambush.” U.S. officials said they did not believe that the drone had been hacked or jammed. They said a technical malfunction was probably to blame.
2011年12月には、ステルスの米国のCIAのスパイ・ドローンがイランの領土に墜落した。イランは“電子的待ち伏せ”で新型のRQ−170を落としたと述べた。米国の当局者達は、ドローンがハッキングされジャミングされたとは信じてはいないと述べた。

Although the navigational satellite links are encrypted, other drone transmissions are sometimes left unprotected.
航法衛星のリンクは暗号化されているが、その他のドローンの発信は時々保護されてはいない。

In 2009, the U.S. military discovered that Iraqi insurgents had hacked into video feeds from Predator and Shadow drones using off-the-shelf software. The drones had been transmitting full-motion video to U.S. troops on the ground, but the Air Force had not encrypted those data links, leaving them vulnerable.
2009年には米軍はイラクの反抗勢力が市販のソフトウェアを使ってハッキングしてビデオにしたプレデターとシャドウドローンから送るビデオに不法侵入していたことを発見した。それらのドローンは地上の米軍部隊にフルモーションビデオを発信していた。しかし空軍はそれらのデータリンクを暗号化しておらず、それらを脆弱なままにしていた。

Air Force officials acknowledged the flaw and said they would work to encrypt all video feeds from its fleet of Predator drones by 2014. In their classified assessments, U.S. intelligence agencies sought to play down the insurgents’ hacking handiwork. Although analysts were concerned about the interceptions of the video feeds, they said there was no sign that insurgents had been able to seize control of the drone itself.
空軍の当局者達はその欠陥を認め、2014年までにプレデター飛行隊から供給されるすべてのビデオを暗号化するだろうと述べた。彼らの秘密の評価では、米国の情報機関は反抗勢力のハッキングの手仕事を見くびっていた。アナリスト達はビデオの供給の妨害について懸念していたが、反抗勢力がドローン自体のコントロールを掴んでいたという兆候はないと述べた。

“While the ability of insurgent forces to view unencrypted or to break into encrypted data streams has been a concern for some time, indications to date are that insurgents have not been able to wrest [drone] control from its mission control ground station,” a 2010 report concluded.
「暗号化されたデータの流れを解読したり侵入している反抗勢力の部隊の能力は時々懸念されて入る一方で、データで示されていることは、反抗勢力は任務コントロール地上局からドローンのコントロールを奪うことは出来てはいないこと示している」と2010年の報告は結論付けた。

なるほどねぇ。
確かに 其れだけ高速に移動をすれば衛星からのリンクが途切れたって不思議じゃないだろうしね。
ドローンの弱点は 制御不能へ陥った瞬間 というのは、考えてみれば その通りだからね。

横田基地では 何が起きていたんだろうね。


「mkt5126.seesaa.net 横田 事故」の検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=mkt5126.seesaa.net+%E6%A8%AA%E7%94%B0+%E4%BA%8B%E6%95%85
誠天調書 2013年11月30日 NSC(国家安全保障会議)とは 裁判なしの死刑執行 を公的に遂行する組織、の法律が成立した途端に。
http://mkt5126.seesaa.net/article/381520543.html
同様の事件が6度起きている。


RT @t_jerry
火球ならあっという間だし、隕石も同様。火球の痕ならずっと見ていると形が変わっていく。
「たぶん今なら空みてみえるよ」ってのなら飛行機雲でしょ。
【画像集】千葉県上空で隕石落下か ツイッターで画像投稿相次ぎ話題に - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138555769457584801
posted at 02:07:18

RT @coyote2moon
えっ 地震と横田基地の爆発音 と 火球目撃者多数 が ほぼ 同じ時間帯に ってことなのね…
騒がしい夜だ
posted at 02:07:25


RT @mikamiyoh
立川市西砂町付近。爆発音の現場を探しに行かれた
@keno1977 さんがパトカーが集まっている地域に到着
RT @keno1977
規制線はられました
http://t.co/NOY5aeKr5F
posted at 02:08:54


RT @jijicom
米軍横田基地に飛しょう弾か=爆発音2回、近くの畑に鉄パイプ?警視庁
http://bit.ly/IuxYaW
posted at 02:41:17

RT @mkfighter
弾道ミサイルが降ってきたんならとんでもない衝撃になるだろうし、
横田基地周辺で騒がれている爆発は弾道ミサイルではないとする説、
巡航ミサイルもさすがにどっから撃つのというわけでなし、
可能なのはラジコンヘリに爆薬つけて飛ばすとかだな
とりあえず室内待機命令、家から出ちゃダメだと思うの
posted at 02:41:21

RT @kimichicken
過激派の威嚇的なやつらしい… 50センチほどのロケット弾二発も打ちやがったよ!!
今日も明日も家の前立ち入り禁止の 機動隊やら警視庁だらけだと…(ー ー;)
とりあえず警察多すぎだろ…
http://t.co/jf1FBSta2Z
posted at 02:41:27

誰か 「横田 ドローン」の検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%A8%AA%E7%94%B0+%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3
というtwitterの書き込みをしませんか?
posted at 02:44:06

PSYCHO-PASS - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/PSYCHO-PASS
2012年10月から2013年3月まで放送された日本のテレビアニメ。
Production I.G制作。
八王子のドローン生産工場で発生したドローンの誤作動による連続不審死事件の捜査。
posted at 02:47:10
なにコレw

https://twitter.com/carellen_/status/406204629160968192
横田基地の爆発 って、ドローンで仕掛けたのでしょうかね?
俺は ドローンの事故の可能性 も考えてます。

ゲリラのテロとか急に言い出しているのは NSCの絡み なので 言い換えれば
 其処までして情報工作をする必要性が有る
という意味にも取れます。 結局に NSCを作って秘密保護法を作って強権政治を進めようとしても
 其の集団に属する人間達の力量を超える情報戦の技術は得られない
のだから マヌケを晒すのみの結果にしか結びつかない という事を あっけなく示してくれた訳で。

無駄なカネを投資して 無駄に戦力を損耗をさせる、安全保障の能力からして無能な結果しか作れない。
だから俺は そんなマヌケな話に何で賛成をするの? でしかない。
叫び声を上げて賛成や反対をするような話ですらない。

ドローンの運転には様々な飛行機の資格を必要としない。
だってラジコンだもん。

誠天調書 2013年09月16日 一神教で野蛮人な連中の仮想敵国 ってのは 多神教で文明人 だよね。
http://mkt5126.seesaa.net/article/374921931.html

つまり 今までとは違う技術が求められる のに 派遣の仕事 という実情が有り得る。
事故が起きない方がオカシイ とすら思っている。

しかも横田空域を含めた状況は どっちにしても大変な状況だw
事故が起きない方がオカシイ とすら思っている。

ドローンとはD兵器でも有る、そういう秘密を隠そうとすればするほどに 不思議な事が起きる。
ただ俺的には 事故をしようと思ってしている とは考えていない。
あくまで 運用上の事故 とは推測している。情報の流れ方からしてね。
どっちにしても これから先に更に大きな事故へ繋がる可能性も低く無い とは思うけどね。
沖縄の基地問題と全く同じ事が南関東で頻発する そんな可能性を考えたりします。

沖縄の事を含めた安全保障の話 と 空を舞う光 の関係性を蟲と同程度にしか理解できない者達 は
屠殺される瞬間になっても 何も分からないままでしょうね。
しかも 其処へ適切に届ける言葉を持つ者達すら殆どに居ない のが現状だ。


https://twitter.com/carellen_/status/407074747646627841
鉄パイプとリード線が見つかっている(笑)ので、テロリストの仕業で落ち着きそうですね。
ですが、持ち帰れる物証を残していることが、
横田基地ドローン事故説にリアリティを与えているように思えます。
警察の動きに 慌てている も見受けられるからね。
何が有ったのかは知らないけど 何かは有ったのでしょうね。
個人的には
 事故という事で不思議な墜落の仕方をするようなテロ攻撃が起きなければ良いなぁ
と思ってます。


2013/09/27 アフリカにおける米国のドローン基地
http://nangoku851.at.webry.info/201309/article_22.html 

U.S. moves drone fleet from Camp Lemonnier to ease Djibouti’s safety concerns
米国、ジプチの安全を考慮してレモニエ・キャンプからドローン飛行隊を移動

A potent, but crash-prone, weapon in the counterterrorism war: As Predator drone missions have escalated from Camp Lemonnier in Djibouti, so have the number of accidents. Since January 2011, five Predators have crashed while trying to return to the base.
対テロ戦争で有力な、しかし墜落する傾向がある兵器:プレデターのドローン任務はジプチのキャンプ、レメニエからエスカレートしてきて、その結果多くの事故が起こっている。2011年1月以来、5機のプレデターが基地に帰投しようとして墜落している。

By Craig Whitlock and Greg Miller, Published: September 25
The U.S. military has been forced to relocate a large fleet of drones from a key counterterrorism base on the Horn of Africa after a string of crashes fanned local fears that the unmanned aircraft were at risk of colliding with passenger planes, according to documents and interviews.
文書とインタビューによれば、米軍はアフリカの角の主要な対テロ基地から大きなドローン飛行隊の再配置を強いられている これは一連の墜落が、無人機が旅客機との衝突の危険があるという地域の不安を煽っているためである。

Air Force drones ceased flying this month from Camp Lemonnier, a U.S. installation in Djibouti, after local officials expressed alarm about several drone accidents and mishaps in recent years. The base serves as the combat hub for counterterrorism operations in Yemen and Somalia, playing a critical role in U.S. operations against al-Shabab, the Somali Islamist militia that has asserted responsibility for the Nairobi shopping mall attack, which killed more than 60 people.
地方の当局者が最近数年の数回のドローンの事故と災難について警告を表明した後、空軍のドローンは今月ジプチの米軍施設、キャンプ、レモニエからのフライトを止めた。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/437/60/N000/000/002/138026590609968274227_PH9.26-5.jpg



An end to drone flights from Camp Lemonnier, Djibouti
ジプチ、キャンプ・レモニエからのドローンの飛行の終了

The Pentagon has temporarily moved the unmanned aircraft from the U.S. base in Djibouti’s capital to a makeshift airstrip in a more remote part of the country. U.S. military officials said the disruption has not affected their overall ability to launch drone strikes in the region, but they declined to say whether it has forced them to curtail the frequency of drone missions or hindered their surveillance of al-Shabab camps and fighters.
ペンタゴンは一時的に無人機をジプチの首都にある米軍基地から同国のはるかに離れた場所のある間に合わせの仮設滑走路に移動している。米軍の当局者はこの中断はこの地域におけるドローン攻撃の全体として発進能力に影響はしていないと言った。しかし彼らはそれがドローン任務の頻度あるいはアルシャバブのキャンプや戦士の監視を妨げているかどうかについて話すことを拒否した。

The Djiboutian government’s growing unease over drone flights casts doubt on its commitment to host the aircraft over the long term. It is unclear whether the temporary drone base can be transformed into a permanent home or whether the U.S. military will have to hunt for another site in the region, according to previously undisclosed correspondence between the Defense Department and Congress.
ジプチ政府のドローン飛行について高まる懸念は長期にわたって航空機を受け入れるためのコミットメントについて疑念を投げかけている。国防省と議会間の以前非公開の文書によれば、一時的なドローン基地が恒久的な基地に変えうるものかどうか、あるいは米軍が同地域にもう一つの基地を探さなければならないのかは明らかではない。

That uncertainty raises fresh questions about the Pentagon’s plan to invest more than $1 billion to upgrade Camp Lemonnier into a major regional base, supporting operations throughout Africa, as well as in parts of the Arabian Peninsula and Indian Ocean. Those plans include a $228 million compound to house up to 700 personnel from the highly secretive Joint Special Operations Command.
不確実性は10億ドル以上を投資してキャンプ・レモニエを主要な地域の基地に格上げし、アフリカ中及び同時にアラビア半島とインド洋の一部の作戦を支援するというペンタゴンの計画について新たな疑問を起こしている。それらの計画は高度に秘密の統合特殊戦コマンドの700人までの兵員を収容するため2億2,800万ドルの施設地を含んでいる。

More broadly, however, the concerns about drone safety present a strategic challenge for the Pentagon as it begins to shift more of the robot planes to new frontiers, where they must share congested airspace with commercial aircraft.
しかしながらさらに広範に、ドローンの安全性についての懸念は新しい辺境地にロボット機に変更を開始していることでペンタゴンにとっての戦略的挑戦を表している。そこでは商業用航空機との過密な空間を共有しなければならない。 

A rash of accidents
事故の頻発

Unlike in the war zones in Afghanistan and Iraq, where the U.S. military essentially has ruled the skies, the drones in Djibouti and other foreign locations have flown from the same runways and relied on the same air traffic controllers as civilian pilots.
米軍が本来制空権を持っているアフガニスタンとイラクにおける戦争圏と違って、ジプチのドローンとその他の外国の占有地は同じ滑走路から飛び民間パイロットと同じ管制官に依存している。

At least five drones based at Camp Lemonnier have crashed since January 2011, Air Force records show, including one that plowed into the ground next to a neighborhood in Djibouti’s capital, which goes by the same name as the country.
少なくとも5機のドローンがキャンプ、レモニエで2011年以来墜落していると空軍の記録が示している。その一つはジプチの首都付近の地面に激突した。首都名は国の名前と同じで通っている。

Last year, the Pentagon was forced to suspend drone operations in Seychelles, an island nation in the Indian Ocean, after two Reaper drones crashed on the runway at the main international airport, which serves half a million passengers a year.
昨年ペンタゴンはセイシェルでのドローン作戦の一時停止を強いられた。ここはインド洋にある島嶼国家で、2機のプレデター・ドローンが同国の主要空港の滑走路上に墜落した後だった。同空港は年間50万人の乗客がある。

The overseas accidents could have repercussions in the United States, where the military and the drone industry are pressing the federal government to open up the skies to remote-controlled aircraft.
海外の事故は米国内に反響を起こしかねない。同国ではぐんとドローン産業は連邦政府が遠隔操縦の航空機へ空域を空けるよう圧力をかけている。

Under a law passed by Congress last year, the Federal Aviation Administration is preparing rules that would integrate drones into U.S. airspace by the end of 2015. Until then, the Defense Department can fly drones at home only in restricted military airspace or with special permits.
昨年議会が通した法の下、連邦航空局(FAA)は2015年末までに米国の空域にドローンを入れる規則を準備している。その時まで国防省はドローンを制限された軍の空域あるいは特別許可でのみドローンを飛ばすことができる。

In Djibouti, a tiny and parched African country that borders the Red Sea and the Gulf of Aden, the government notified the Obama administration early this year that it was concerned about a series of drone accidents and near-misses. It was time, Djiboutian officials said, to find another home for the aircraft.
国境が紅海とアデン湾に接するちっぽけで干からびたアフリカの国ジプチでは、政府はオバマ政府に今年初め一連のドローン事故とニアミスについて懸念していると通知した。ジプチの当局者は、航空機のほかの基地を探す時だと述べた。

Short-term fix
短期間の場所

The U.S. military intensified its drone operations at Camp Lemonnier in 2011 as part of a crackdown against al-Qaeda targets in nearby Yemen and Somalia, with up to 16 takeoffs and landings each day.
米軍は2011年にイエメンとソマリア近くでのアルカイダの目標に対しての厳重な取締りの一部としてキャンプ、レモニエでのドローン作戦を1日の離着陸16回と激化させた。 

But elbowroom was at a premium. The base was already crammed with military fighter jets, cargo planes and other manned aircraft. Lemonnier is shoehorned onto a stretch of shore front and shares a single runway with Djibouti’s only international airport for commercial flights. French and Japanese troops also have small bases next to the airport, alongside the Djiboutian military.
しかし活動できる余裕は不足していた。同基地はすでに軍のジェット戦闘機、貨物機とその他の有人機で過密状態だった。レモニエは沿岸沿いの狭い所で商業フライトのための唯一の国際空港で1本の滑走路を分け合う所である。フランスと日本の部隊が空港の隣にジプチ軍と並んで小さな基地を持っている。

Rattled by the rash of drone crashes, the Djiboutian government asked the Pentagon to move its unmanned aircraft away from the city to a rarely used airstrip in the desert, Chabelley Airfield, according to the unclassified documents, which were obtained by The Washington Post as part of a public records request.
ドローンの墜落で不安になって、ジプチ政府はペンタゴンに無人機を市から離れて移動して砂漠にあるチャベリー飛行場に行くように要請した。それは機密扱いでない文書によるもので、公式記録要求の一部としてワシントンポストが得たものである。

In a letter to Congress in February, the Pentagon asked for urgent authorization of $13 million in funds and equipment to build “minimal facilities necessary to enable temporary operations” at Chabelley. To save time on construction, the military used troop labor instead of private contractors.
2月の議会への書簡で、ペンタゴンはチャベリーでの“一時的な作戦を可能とする最小限の施設”を建設するための資金と装備で1,300万ドルの緊急認可を要請した。建設の時間稼ぎのために軍は民間の契約者の変わりに軍の施設部隊を使った。

“The construction is not being carried out at a military installation where the United States is reasonably expected to have a long-term presence,” the documents stated. “No decisions have been made about long-term [drone] operations in the region.”
「建設は米国が長期のプレゼンスをするために合理的に予測できる軍の施設を実施してはいない」文書は述べ「同地域における長期的なドローン作戦について決定されていない」

The military gradually transferred the drone operations to Chabelley and flew the last drone flight from Lemonnier this month, U.S. defense officials said.
軍は次第にドローン作戦をチャベリーに移転し今月レモニエからの最後のドローンのフライトをしたと米国防省の当局者が述べた。

Air Force Maj. Matt Hasson, a spokesman for a U.S. counterterrorism task force that oversees most military operations at Camp Lemonnier, declined to comment when asked whether the move had hindered drone operations in Yemen or Somalia. But he said that basing the drones at Chabelley “enables us to continue to fully support our partners to secure their borders against illegal activities.”
キャンプ、レモニエでの軍事作戦を監督する米国の対テロ任務部隊のスポークスマン空軍マット・ハッソン少佐は、その移動がイエメンとソマリアにおけるドローン作戦を妨げたかどうかを尋ねられたがコメントを拒否した。しかし彼はドローンの基地をチャベリーにおくことは“我々が不法活動に対して彼らの国境を安全にする我々のパートナーを全面的に支援し続けることを可能にしている”と述べた。

Airport safety ‘paramount’
空港の安全性が‘最優先’

The U.S. government has a fixed, long-term lease for Camp Lemonnier and pays Djibouti $38 million a year in rent. Djiboutian officials said that they were happy with their military partnership with Washington but that the armed Predator and Reaper drones were flying − and crashing − too close to their capital for comfort.
米国政府は固定的で長期貸与のキャンプ、レモニエを持っている。そしてジプチに年間賃貸料3,800万ドルを支払っている。ジプチの当局者は、ワシントンとの軍事パートナーシップに満足しているが、武装したプレデターとリーパードローンが首都に近すぎて飛び、墜落していたと述べた。

“The safety of the airport is paramount,” said Roble Olhaye, Djibouti’s ambassador to the United States. “The airport seems to be congested. There are so many military aircraft based at the airport and around the airport − French aircraft, American aircraft, Japanese aircraft.”
「空港の安全性は最優先である」とジプチの米国大使のロブル・オルハイェが言った.「空港は過密と思われる。余りにも多くの軍用機が空港と空港周辺にある−フランス、米国、日本の航空機である」   (訳者注:日本;ソマリア沖の海賊対策のためのP−3C)

He said that U.S. and Djiboutian officials were still discussing possible long-term solutions but that Chabelley was “the best option available at the moment, for them, for us.”
彼は米国とジプチの当局者達は依然として可能性のある長期的な解決策を論議しているが、チャベリーは“彼らと我々にとって現時点ではベストのオプションである”と述べた。

“It gives them the necessary leeway, the necessary space,” Olhaye said. “I think it’s in the best interest for all.”
「チャベリーは必要な余裕、必要なスペースを与えている」オルハイェが言った。「すべての人にとって最良の利益があると私は思う」

The presence of the unmanned aircraft remains a sensitive subject in Djibouti. During a telephone interview, Olhaye shied away from using the term “drone,” chuckling whenever a reporter mentioned it.
無人機のプレゼンスはジプチに微妙な課題を残している。電話インタビューの間、オルハイェは“ドローン”という言葉の使用を避け、記者がそれに言及するたびに含み笑いをした。

In a separate interview, a diplomat from a Middle Eastern country cited rising concern that the civilian side of the Djibouti airport might be targeted by militants looking to retaliate against U.S. drone operations. Regional tensions have risen as the U.S. military’s Joint Special Operations Command has carried out dozens of strikes against al-Qaeda-affiliated groups in Yemen.
別のインタビューで、ある中東の国の外交官の一人はジプチ空港の民間サイドは米国のドローン作戦への報復を狙って目標とされるかもしてないと懸念を高めていると指摘した。米国の統合特殊戦コマンドがイエメンのアルカイダの仲間のグループへの数十回の攻撃を実施しているので地域の緊張が高まっている。

“Once you have military installations in civilian facilities, that civilian facility and the public become endangered,” the diplomat said, speaking on the condition of anonymity to discuss U.S. drone strategy in the region.
「ひとたび民間施設に軍事施設があれば、民間施設と大衆が危険に曝される」その外交官が地域における米国のドローン戦略を論ずるとして匿名を条件に話した。

The same potential problem exists elsewhere.
同様の潜在的な問題はどこにでも存在する。

In Ethi¬o¬pia, for example, the Air Force flies Reaper drones from a civilian airport in the town of Arba Minch. In West Africa, the Air Force began flying Predator drones in February from a small military base in Niger that abuts the capital’s international airport.
エチオピアでは例えば、空軍はアルバ・ミンチの町にある民間空港からリーパー・ドローンを飛ばしている。西アフリカでは、空軍はニジェールの首都に隣接市他国差一空港のある小さな軍事基地で、2月からペレデター・ドローンを飛ばせ始めている。

Within two months, one of them had crashed while on a surveillance mission in neighboring Mali, according to Air Force records.
空軍の記録によれば、2ヶ月以内に、そのうちの1機が隣のマリでの監視任務の間に墜落した。

.U.S. drone base in Ethi¬o¬pia is operational
エチオピアにある米国のドローン基地が作戦中

The compound is about half an acre in size and is surrounded by high fences, security screens and lights on extended poles. The U.S. military personnel and contractors eat at a cafe in the passenger terminal, where they are served American-style food, according to travelers who have been there.
その地区は約半エーカーのサイズで高いフェンスと金網と柱の上ライトで囲まれている。そこへ行ったことのある旅行者によれば、米国の兵員と契約業者達は乗客ターミナルにあるカフェで食事をし、アメリカ人スタイルの食事をしている。

Arba Minch is located about 300 miles south of Addis Ababa and about 600 miles west of the Somali border. Standard models of the Reaper have a range of about 1,150 miles, according to the Air Force.
アルバ・ミンチはアジス・アババの南約300マイル、ソマリアの国境から西600マイルに位置している。空軍によれば、リーパーの標準モデルは約1,150マイルの航続距離を持っている。


The United States and its allies in East Africa have been targeting al-Shabab, a militant Islamist group connected to al-Qaeda.
東アフリカの米国とその同盟国はアルシャバブを目標にしている。アルカイダに繋がっている好戦的なイスラム教徒グループを目標にしている。

The MQ-9 Reaper, known as a “hunter killer,” is manufactured by General Atomics and is an advanced version of the Predator, the most common armed drone in the Air Force’s fleet.
“ハンターキラー”として知れるMQ−9リーパーはジェネラル・アトミックで製造され、アメリカ軍の飛行隊で最も普及した一般的な武装ドローンのプレデターの進歩型である。


Ethi¬o¬pia is a longtime U.S. ally in the fight against al-Shabab, the militant group that has fomented instability in war-torn Somalia and launched attacks in Kenya, Uganda and elsewhere in the region.
エチオピアは戦争で疲弊したソマリアにおける不安定性を助長しているケニヤ、ウガンダとその他の同地域を攻撃している民兵グループのアルシャバブに対する戦闘で米国の同盟国である。

The Ethio¬pian military invaded Somalia in 2006 in an attempt to wipe out a related Islamist movement that was taking over the country, but withdrew three years later after it was unable to contain an insurgency.
エチオピア軍は同国を乗っ取ろうとしていたイスラム教徒に関連した動きを一掃する試みとして2006年にソマリアに侵攻した。 しかし3年後に反抗を封じ込めることができず撤退した。
 
The U.S. military clandestinely aided Ethi¬o¬pia during that invasion by sharing intelligence and carrying out airstrikes with AC-130 gunships, which operated from an Ethio¬pian military base in the eastern part of the country. After details of the U.S. involvement became public, however, the Ethio¬pian government shut down the U.S. military presence there.
米軍は情報を共有しAC−130ガンシップでの航空攻撃を実施してその侵攻の間エチオピアを支援した。ガンシップは同国の東部にあるエチオピアの軍の基地から作戦し他。しかしながら米国の介入が公にされた後、エチオピア政府は米軍のそこでのプレゼンスを中断した。

In a present-day operation that carries echoes of that campaign, Kenya launched its own invasion of southern Somalia this month to chase after al-Shabab fighters that it blames for kidnapping Western tourists in Kenya and destabilizing the border region.
その作戦の真似をする現在の作戦において、ケニヤは西側の観光客を誘拐し、国境地域を不安定化するアルシャバブの戦士達を追跡するために今月ソマリア南部に自身で侵攻した。

Although U.S. officials denied playing a role in that offensive, a Kenyan military spokesman, Maj. Emmanuel Chirchir, said Kenya has received “technical assistance” from its American allies. He declined to elaborate.
米国の当局者はその攻勢で役割を担うことを拒絶したが、ケニア軍スポークスマンのエマニュエル・チャーチャー少佐は、ケニヤは同盟国アメリカから“技術的支援”を受けていると述べた。詳細を述べることは拒否した。


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/437/60/N000/000/002/138026605174088447227_PH9.26-11.jpg

The U.S. military deploys drones on attack and surveillance missions over Somalia from a number of bases in the region.
米軍は同地域の多数の基地からソマリア上の攻撃と監視任務でドローンを展開している。

The Air Force operates a small fleet of Reapers from the Seychelles, a tropical archipelago in the Indian Ocean, about 800 miles from the Somali coast.
空軍はセイシェルから小さなリーピー飛行機隊を作戦させている。セイシェルはインド洋にあり、ソマリアの海岸から800マイルにある。

The U.S. military also operates drones − both armed versions and models used strictly for surveillance − from Djibouti, a tiny African nation that abuts northwest Somalia at the junction of the Red Sea and the Gulf of Aden. About 3,000 U.S. military personnel are stationed at Camp Lemonnier in Djibouti, the only permanent U.S. base on the African continent.
米軍は又武装と監視に限定したモデルの双方を紅海とアデン湾に繋がっている北西ソマリアに接した小さなアフリカの国家から作戦させている。約3,000人の兵員がジプチのキャンプ、レモニエに駐留し、ここは唯一の米国のアフリカ大陸の基地である。

The U.S. government is known to have used drones to mount lethal attacks in at least six countries: Afghanistan, Iraq, Libya, Pakistan, Somalia and Yemen
米国政府は少なくとも6カ国で致命的な攻撃を増加させるためドローンを使っていることが知られている。アフガニスタン、イラク、リビア、パキスタン、ソマリアとイエメンである。
戦争の形が大きく変わっているよね。
だからこそD兵器とは何か? よってE兵器とは何か をまで考えなければならないのにね。


2013/09/06 米国の文書、アルカイダのドローンの対する対抗努力を明らかにする(その1)
http://nangoku851.at.webry.info/201309/article_4.html

U.S. documents detail al-Qaeda’s efforts to fight back against drones
米国の文書、アルカイダのドローンの対する対抗努力を明らかにする

By Craig Whitlock and Barton Gellman, Published: September 4
Al-Qaeda’s leadership has assigned cells of engineers to find ways to shoot down, jam or remotely hijack U.S. drones, hoping to exploit the technological vulnerabilities of a weapons system that has inflicted huge losses upon the terrorist network, according to top-secret U.S. intelligence documents.
最高機密の米国の文書によれば、アルカイダの指導者は米国のドローンを撃ち落し、妨害し遠隔操作でハイジャックする方法を見出すエンジニアの下部組織を作っている。それはテロリスト網に巨大な損失を与えている兵器システムの技術的脆弱性を利用することを期待するものである。

Although there is no evidence that al-Qaeda has forced a drone crash or interfered with flight operations, U.S. intelligence officials have closely tracked the group’s persistent efforts to develop a counterdrone strategy since 2010, the documents show.
アルカイダがドローンを落としあるいは飛行を妨害しているという証拠はないが、米国の情報当局者達は2010年以来対ドローン戦略を発展させる絶え間ないグループの努力をしっかりと追跡してきたことを文書は示している。

Al-Qaeda commanders are hoping a technological breakthrough can curb the U.S. drone campaign, which has killed an estimated 3,000 people over the past decade. The airstrikes have forced ¬al-Qaeda operatives and other militants to take extreme measures to limit their movements in Pakistan, Afghanistan, Yemen, Somalia and other places. But the drone attacks have also taken a heavy toll on civilians, generating a bitter popular backlash against U.S. policies toward those countries.
アルカイダの指揮官達は米国のドローン作戦を阻止することができる技術的突破口を期待している。ドローンは10年で推定3,000人を殺してきた。航空攻撃はアルカイダの隊員とその他の民兵がパキスタン、アフガニスタン、イエメン、ソマリアとその他の場所での過激な手段をとることを制限してきた。しかしドローン攻撃はまた市民の犠牲者を増やし、彼らの国に対する米国の政策に対する苦々しい大衆の反発を起こしている。

Details of al-Qaeda’s attempts to fight back against the drone campaign are contained in a classified intelligence report provided to The Washington Post by Edward Snowden, the fugitive former National Security Agency contractor. The top-secret report, titled “Threats to Unmanned Aerial Vehicles,” is a summary of dozens of intelligence assessments posted by U.S. spy agencies since 2006.
ドローン作戦に対するアルカイダの反撃の試みの詳細は、逃亡者の元NSAの契約者エドワード・スノーデンによってワシントンポストに提供された秘密情報に含まれている。その最高秘密の報告は、“無人航空搬送体への脅威”のタイトルで、2006年以来米国のスパイ機関によって数十の情報評価の要約である。

U.S. intelligence analysts noted in their assessments that information about drone operational systems is available in the public realm. But The Post is withholding some detailed portions of the classified material that could shed light on specific weaknesses of certain aircraft.
米国の情報アナリストは彼らの評価で、ドローンについてのドローン情報作戦システムは航海されたもので得られると指摘した。しかしワシントンポストは、特定の航空機の特有な弱点を明らかにしかねないので秘密の材料の詳細な部分を明らかにするのは差し控えている。

Under President Obama and his predecessor, George W. Bush, drones have revolutionized warfare and become a pillar of the U.S. government’s counterterrorism strategy, enabling the CIA and the military to track down enemies in some of the remotest parts of the planet. Drone strikes have left al-Qaeda’s core leadership in Pakistan scrambling to survive.
オバマ大統領と前任者のブッシュの下、ドローンは戦争に革新をもたらし、米政府の対テロ戦略の一つの柱になっていて、CIAと軍が地球の遠隔地で敵を追い詰めることを可能にしている。ドローン攻撃はパキスタンにおけるアルカイダの中核の指導者を生き残りのため先を争わさせている。

U.S. spy agencies have concluded that al-Qaeda faces “substantial” challenges in devising an effective way to attack drones, according to the top-secret report disclosed by Snowden. Still, U.S. officials and aviation experts acknowledge that unmanned aircraft have a weak spot: the satellite links and remote controls that enable pilots to fly them from thousands of miles away.
スノーデンのよって暴露された最高機密報告によれば、米国のスパイ機関は、アルカイダはドローン攻撃の効果的な方法を案出するために“相当な”挑戦をしていると結論付けている。今もなお米国の当局者と航空専門家は、無人機は弱点があることを認めている。それは数千マイル彼方からパイロットが飛ばせる衛星リンクと遠隔操作である。

In July 2010, a U.S. spy agency intercepted electronic communications indicating that senior al-Qaeda leaders had distributed a “strategy guide” to operatives around the world advising them how “to anticipate and defeat” unmanned aircraft. The Defense Intelligence Agency (DIA) reported that al-Qaeda was sponsoring simultaneous research projects to develop jammers to interfere with GPS signals and infrared tags that drone operators rely on to pinpoint missile targets.
2010年7月には、米国のスパイ機関は電子通信を妨害され、それはアルカイダの最高指導者達が無人機を如何に“予想し打ち負かす”かについて世界中の隊員に“戦略指針”を配布したかを示している。国防情報局(DIA)は、アルカイダはドローン操作員がミサイルの目標を狙うために使うGPS信号と赤外線追尾を妨害するためのジャマー(妨害子)を開発するプロジェクトを一貫して支援していると報告した。 

Other projects in the works included the development of observation balloons and small radio-controlled aircraft, or hobby planes, which insurgents apparently saw as having potential for monitoring the flight patterns of U.S. drones, according to the report
その作業でのその他のプロジェクトは、観測用気球と小さな無線コントロールの航空機あるいは模型飛行機を含んでいて、それらは反抗勢力が明らかに米国のドローンの飛行パターンの監視の可能性を持つと見ていると報告は述べている。

Al-Qaeda cell leaders in the tribal areas of northwestern Pakistan were “determining the practical application of technologies being developed for battlefield applications,” analysts from the DIA wrote. The analysts added that they believed al-Qaeda “cell leadership is tracking the progress of each project and can redirect components from one project to another.
パキスタン北西部の部族地域のアルカイダの下部組織のリーダー達は、“戦場の適用するために実用的な技術開発を決定”しているとDIAのアナリストが書いた。そのアナリストは、アルカイダの下部組織のリーダーはそれぞれのプロジェクトの進展を追跡しプロジェクトの互いの構成要素を向け直すことが出来ると付け加えた。

The technological vulnerabilities of drones are no secret. The U.S. Air Force Scientific Advisory Board issued an unclassified report two years ago warning that “increasingly capable adversaries” in countries such as Afghanistan could threaten drone operations by inventing inexpensive countermeasures.
ドローンの技術的な脆弱性は秘密ではない。米空軍科学助言委員会は秘密扱いでない報告を2年前に発し、アフガニスタンのような諸国での“増加する敵対者”が安価な対抗手段を創作することによってドローンに脅威を与えかねないと警告している。

The board said insurgents might try to use “lasers and dazzlers” to render a drone ineffective by blinding its cameras and sensors. It also predicted that insurgents might use rudimentary acoustic receivers to detect drones and “simple jammer techniques” to interfere with navigation and communications.
委員会は反抗勢力はドローンのカメラとセンサーを無効にするために“レーザーと幻惑器”を使おうとしているのかもしれないと言った。それはまた反抗勢力がドローンを探知するための初歩的な音響受信機と航法と通信を妨害するための“簡単なジャマー技術”を使うことを予測させている。

Researchers have since proved that the threat is not just theoretical. Last year, a research team from the University of Texas at Austin demonstrated to the Department of Homeland Security that it was possible to commandeer a small civilian drone by “spoofing” its GPS signal with a ground transmitter and charting a different navigational course.
調査員達は以来、脅威は単に理論的なものではないと証明している。昨年、オースティンのテキサス大学の調査チームは本土防衛局に地上発信機を持つそのGPSを“騙し”、間違った航法上のコースを取らせることで小さな民間のドローンを乗っ取ることができることを証明した。

Trained engineers
訓練された技術者

Al-Qaeda has a long history of attracting trained engineers and others with a scientific background. Khalid Sheik Mohammed, the self-proclaimed architect of the Sept. 11, 2001, attacks, holds a mechanical-engineering degree and is such an inveterate tinkerer that the CIA allowed him to fiddle around with new designs for a vacuum cleaner after he was captured a decade ago.
アルカイダは訓練された技術者や科学的経歴を持つ者を呼び込む歴史を持っている。カリッド・シェイク・モハメッドは自称2011年9月11日の攻撃の計画者であるが、機械工学の学位を持ち、10年前捕まった後CIAは彼を真空掃除機の新しいデザインを弄り回させてみた頑固な修繕屋のようだった。

In 2010, the CIA noted in a secret report that al-Qaeda was placing special emphasis on the recruitment of technicians and that “the skills most in demand” included expertise in drones and missile technology. In July of that year, Atiyah Abd al-Rahman, an al-Qaeda operations chief, told a jihadist Web site that the network did not need “ordinary fighters” and that it was looking instead for “specialist staff” to join the organization.
2010年には、CIAはアルカイダは技術者の募集に特別重点を置き、“そのスキルの要求”はドローンとミサイルの熟練者を含んでいたと秘密報告で指摘した。その年の7月、アルカイダの作戦主任アティヤー・アブド・アル‐ラーマンは聖戦主義者のウェブサイトにネットワークは“普通の戦士”は必要でなく、代わりに“特別のスタッフ”が組織に加わることを期待していると語った。

That same year, authorities in Turkey said they arrested an al-Qaeda member who was developing plans to shoot down small NATO surveillance drones in Afghanistan. The suspect, a 23-year-old mathematics student, was using software to conduct ballistics research for drone attacks, according to Turkish officials.
同じ年、トルコの当局者はアフガニスタンでNATOの小さな監視ドローンを撃ち落す計画を開発していたアルカイダのメンバーを逮捕したと述べた。トルコの当局者によれば、容疑者の23歳の数学の学生はドローン攻撃のための弾道研究を行うソフトウェアを使っていた。

Al-Qaeda leaders have become increasingly open about their ¬anti-drone efforts. In March, a new English-language online jihadist magazine called Azan published a story titled “The Drone Chain.” The article derided drone armaments as “evil missiles designed by the devils of the world” but reassured readers that jihadists had been working on “various technologies” to hack, manipulate and destroy unmanned aircraft.
アルカイダのリーダー達は対ドローンの試みをますますオープンにするようになっている。3月にはアザンという新しい英語のオンラインの聖戦主義者のメルマガが“ドローンのチェーン”という話をアップした。その記事はドローン兵器を“世界の悪魔達によって作られた邪悪なミサイル”と嘲ったが、読者に聖戦主義者は無人機をハッカー行為をし、操作し破壊する“多様なテクノロジー”に取り組んでいると請合った。

At the same time, the magazine indicated that those efforts needed a boost, and it issued an emergency plea for scientific help: “Any opinions, thoughts, ideas and practical implementations to defeat this drone technology must be communicated to us as early as possible because these would aid greatly . . . against the crusader- zionist enemy.”
同時にメルマガは、それらの努力は加速する必要があると指摘し、科学的な支援のための緊急な懇願を行った。「このドローン技術は十字軍−シオニストの敵を支援するので、打ち負かすためのいかなる意見、考えと実用的な道具も出来るだけ早く我々に伝えられなければならない」

In the absence of a high-tech silver bullet, al-Qaeda affiliates around the world have taken to sharing hard-earned lessons about the importance of basic defensive measures.
ハイテクの銀の弾丸を欠いている中で、世界中のアルカイダの仲間達は基本的な防衛手段の重要性について苦労して得た教訓を共有している。

Islamist extremists in North Africa this year distributed a photocopied tipsheet with 22 recommendations for avoiding drone strikes. Among the suggestions are several ideas for camouflage as well as dubious advice on using radio or microwave transmitters to “confuse the frequencies used to control the drone.”
北アフリカのイスラム教徒の過激派は今年ドローン攻撃を回避するための22の勧告を記した写真複写の秘密書面を配布した。提案の中に“ドローンをコントロールするために使用する周波数を混乱”させるための無線または超短波発信機を使うと言う怪しげな助言と同様に幾つかの偽装の考えが示唆されている。



2013/10/04協定、米国の監視ドローン、日本の基地からの長距離監視を可能とする
http://nangoku851.at.webry.info/201310/article_3.html

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/437/60/N000/000/002/138084520953388160225_PH10.4-1.jpg


From left, U.S. Secretary of State John F. Kerry, U.S. Defense Secretary Chuck Hagel, Japanese Defense Minister Itsunori Onodera and Japanese Foreign Minister Fumio Kishida, shake hands before the Japan-U.S. 2+2 meeting in Tokyo on Thursday.
左から、国務長官ケリー、国防長官ヘイゲル、小野寺防衛大臣、岸田外務大臣が日米2+2会議の前に握手している。東京、木曜日

By Craig Whitlock and Anne Gearan, Published: October 3
TOKYO − The U.S. military will deploy long-range Global Hawk surveillance drones from Japan next year, U.S. and Japanese officials announced Thursday, marking the first time the Pentagon has been able to secure basing rights for the advanced unmanned aircraft in Northeast Asia.
東京―米軍は来年長距離監視ドローン、グローバル・ホークを日本に配備すると日米の当局者が木曜日公表した。これはペンタゴンが北東アジアで新型の無人機のための基地配備の権利を確保する初めてのことである。

The Air Force will begin flying “two or three” Global Hawks from an undetermined base in Japan next spring, a senior U.S. administration official told reporters during a visit here by Secretary of State John F. Kerry and Defense Secretary Chuck Hagel.
空軍は未決定の基地から来春“2乃至3機”の飛行を開始すると米高官がケリー国務長官とヘイゲル国防長官の訪問の間に報道陣に語った。

The drones’ primary mission will be to fly near North Korea, an area where U.S. officials hope they will greatly enhance current spying capabilities. The Air Force already has Global Hawks stationed at Andersen Air Force Base in Guam, the U.S. territory in the Pacific, but North Korea is at the edge of their range and their flights often are curtailed because of bad weather.
ドローンの主要な任務は北朝鮮付近を飛ぶことで、この地域で米国の当局者達は最新のスパイ能力を大いに強化することを望んでいる。空軍はすでに太平洋における米国の領土グアムの空軍基地にグローバル・ホークを配備している。しかし北朝鮮はそれらの航続距離ぎりぎりにあり、悪天候でしばしば飛行が短縮されている。

The Air Force also has Global Hawks stationed in the Persian Gulf.
空軍は又グローバル・ホークをペルシャ湾に配備している。

The unarmed drones carry multiple spy sensors and are the most advanced surveillance aircraft in the Air Force’s fleet. They fly at altitudes above 60,000 feet, placing them out of range of most air defenses. Without pilots in the cockpit, they can fly for more than 28 hours at a time, giving them an unmatched range of nearly 9,000 nautical miles.
無人のドローンは多様なスパイセンサーを搭載した空軍の飛行機隊で最も進んだ監視機である。6万フィート以上を飛行し、ほとんどの防空網の圏外にいることができる。コクピットにパイロット無しで、1回に28時間以上を飛行でき、9,000海里近くの無敵の航続距離を持っている。

The presence of Global Hawks in East Asia is sure to irritate China, which has increasingly pushed back against the U.S. military presence in the region. Officials in Beijing had criticized Tokyo in recent days over reports that the Japanese military was considering acquiring its own Global Hawks, saying the move could escalate tensions.
東アジアにおけるグローバル・ホークのプレゼンスは中国を苛立たせることは確実で、同地域における米軍のプレゼンスますます押し返してきたのである。北京の当局者達は最近日本軍がグローバル・ホークの取得を考慮しているという報道で、緊張を高めるとして東京を批判していた。

Besides flying missions over North Korea, the Global Hawks would presumably give the United States and Japan better information about the movements of Chinese ships in the vicinity of Senkaku. The same goes for Chinese ships elsewhere in the region, such as the South China Sea, where China is mired in territorial disputes with the Philippines, Vietnam, Thailand and other countries.
北朝鮮上の飛行任務に加えて、グローバル・ホークは尖閣付近の中国の船の動きについてのより良い情報をおそらく日米に与えるだろう。同様なことは同海域のどこででも行われるだろう。例えば南支那海のような。ここでは中国はフィリピン、ベトナム、タイその他の諸国との領土紛争の泥沼に嵌っている。

The U.S. military has flown drones over Japan in the past on a temporary basis, including after the 2011 earthquake and tsunami, but next year will mark the first time it will base them in that country, according to U.S. officials. They said the drones would be deployed on a rotational basis, meaning they could be moved elsewhere, such as Guam, for months at a time.
米軍は2011年の地震と津波の後を含み、一時的に基地を使ってドローンを飛ばしてきた。しかし来年は同国の初めて配備することになると米国の当局者達が述べた。彼らはドローンは基地を回るように配備され、それはグアムのように数ヶ月間滞在してどこへでも移動できるということを意味していると述べた。

In addition to the Global Hawks, P-8 maritime surveillance patrol aircraft will also start to be deployed in Japan in December, U.S. and Japanese officials announced. It would be the first time the aircraft will be stationed outside the United States.
グローバル・ホークに加えて、P−8海上監視哨戒機がまた12月に日本に配備を開始すると日米の当局者が発表した。同機は米国の海外配備の最初の例になる。

“The cutting-edge capabilities of the P-8, which I saw demonstrated last summer, will greatly enhance” the allies’ ability to conduct surveillance, particularly over the open seas, Hagel said at a joint news conference with Kerry, Japanese Defense Minister Itsunori Onodera and Foreign Minister Fumio Kishida.
「P−8の最先端的な能力は、私が昨夏デモを見たが、監視実施の同盟の能力を非常に強化するだろう」特に公海上においてとヘイゲルが合同記者会見で述べた。ケリー、小野寺防衛大臣、岸田外務大臣が同席していた。

The Obama administration has made a point of stressing its ties to the Pacific region and showing up for Asian events as part of its “pivot to Asia” policy. The joint U.S. Cabinet visit went ahead despite the government shutdown that led President Obama to curtail his own planned trip to Asia next week. Kerry will fill in for Obama for visits to Malaysia and the Philippines.
オバマ政府は、“アジア枢軸”政策のいちぶとして太平洋地域とのつながりを強調しアジア問題を際立たせてきている。合同内閣訪問団は、オバマの来週のアジア訪問を切り詰めた「政府の閉鎖」に拘らず先行したものである。ケリーはマレーシアとフィリピンのオバマ訪問を代わりに行う。

In addition to the drones and the P-8 maritime patrol aircraft, Japan and the United States announced that a new antiballistic radar station would be built in Kyogamisaki, in southern Japan, and become operational sometime in the next year.
ドローンとP−8海上哨戒機に加えて、日米は新しい対弾道レーダーステーションが経ケ岬に建設され、来年稼動すると発表した。

The powerful X-band radar is intended to shore up defenses against a possible ballistic missile attack by North Korea. Japan and the United States had announced an agreement last year to build the radar but had not said where it would be located or when it would be up and running.
強力なXバンドレーダーは北朝鮮による弾道ミサイル攻撃に対し防衛を強化することを意図している。日米は昨年レーダー建設の合意を発表していたが、何処かあるいは何時稼動するかについては言っていなかった。

Although the Pentagon says the radar is aimed at North Korea, it ranks high on China’s list of grievances about the U.S. military’s enhanced presence in the region.
ペンタゴンはレーダーは北朝鮮狙いであるが、米軍の地域におけるプレゼンスを強化についての中国の苦情のリストの高い位置にある。

Last year’s election of nationalist Japanese Prime Minister Shinzo Abe deepened the dispute. Since then, Abe’s government has increased defense spending for the first time in a decade and is contemplating changing the Japanese constitution to loosen restrictions on its military.
昨年の選挙でナショナリストの安部晋三首相は紛争を深めた。それ以来、安部政府はこの10年で初めて国防費を増加し、軍の制限を緩和するため憲法改正を意図している。

The United States considers the Senkaku Islands to be under Japanese administration and subject to the U.S. treaty obligations to defend Japan, but does not take a position on the eventual ownership of the islands.
米国は尖閣諸島を日本の管理下にあり、日米安保の米国の日本を防衛する義務としているが、諸島の最終的な所有権については立場をはっきりさせていない。

Japan would like a firmer statement of U.S. support in the Senkaku dispute, but a joint U.S.-Japanese statement issued Thursday does not address the issue. Hagel mentioned the islands during a news conference but repeated standard U.S. policy to “oppose any unilateral or coercive action that seeks to undermine Japan’s administrative control.”
日本は尖閣紛争で米国の支持のより堅固な声明を望んでいるが、火曜日出された日米共同声明はその問題には言及していない。ヘイゲルは記者会見で諸島に言及したが“日本の管理を危うしようとするいかなる一方的あるいは高圧的な行動に反対する”貯めの米国の規準の政策を繰り返した。

Japan also announced Thursday that it would pay up to $3.1 billion to help relocate 9,000 U.S. Marines from bases on the southern island of Okinawa, where many Japanese are opposed to their presence. Under an agreement reached last year, most of the Marines will transfer to Guam over the next decade, while others will move to Hawaii. The realignment is estimated to cost $8.6 billion overall.
日本は又木曜日、多くの日本人がプレゼンスに反対している沖縄の基地から9,000人の海兵隊を移転するために31億ドルを支払うと発表した。昨年締結された協定の下、多くの海兵隊員は10年でグアムに移転する。一方でその他はハワイに移動する。再編成は全体で86億ドルを要すると推定されている。

The U.S. military has about 50,000 troops stationed across Japan, more than any country outside the United States except for Afghanistan
米軍は約5万人の部隊が日本中に駐留している。これはアフガニスタンを除いて米国の外国駐留のいかなる国よりも多い数である。


2013.12.3 アマゾンも開発、「ドローン便」は離陸するか
http://wired.jp/2013/12/03/forget-amazons-two-day-shipping-soon-you-can-select-drone-delivery/

2013.11.28 空中浮遊する「クラゲ型無人機」
http://wired.jp/2013/11/28/jellyfish-drones/



武器を取れ(We're Going to Need Guns) - saintsrow3(セインツロウ3) Wiki
http://wikiwiki.jp/saintsrow3/?%C9%F0%B4%EF%A4%F2%BC%E8%A4%EC%A1%CAWe%27re%20Going%20to%20Need%20Guns%A1%CB
■リーパードローンを使え
武装された無人航空機を使用できる
右トリガーで通常ミサイル発射、左トリガーで誘導ミサイルを発射する
誘導ミサイルは発射後、右トリガーで減速、左トリガー加速し、B(○)ボタンでミサイルを放棄する
誘導ミサイルは発射後、目標に向けて手動で誘導しなければならない
放棄されたミサイルは、放棄される前に狙っていた場所に着弾する。早回しに便利。

sr3 リーパードローン(プレデターミサイル) - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=E4RX25Ibulk



https://twitter.com/nYo_bettycat530/status/419670119359315968
米国:自律型のドローン(無人航空機)による生物化学兵器攻撃計画?
http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d961.html





posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。