https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2008年07月16日

ボルヴィック(Volvic)なんか絶対に買わない

つーか 巡回できないなぁ



【竹島問題】「日韓外交上の大きなつまずきになる可能性がある」…文科省・竹島記述で自民党の山崎拓前副総裁
【竹島問題】 「日本は大事なものを失う」「福田首相は親韓国姿勢言ってたのに…信じられない」 駐日韓国大使、強く抗議
( 以上 情報リンク元は 何でもありんす 様より )

【韓国】「日本政府の全面戦争宣言と見なす!」 市民団体が相次いで声明発表 …竹島問題で
49 名前: 芝加哥特衛報(栃木県)[sage] 投稿日:2008/07/15(火) 13:47:09.10 ID:aAoAVR7U0
実際戦争したとして韓国って日本に勝てんの?

61 名前: 本田(大阪府)[] 投稿日:2008/07/15(火) 13:48:38.49 ID:esXqIVGq0
>>49
おそらく北朝鮮がチャンス逃さずソウル侵攻して終結だと思うよ。

44 名前: 力保美達(東京都)[] 投稿日:2008/07/15(火) 13:46:46.49 ID:Cph6NZB80
はいはい、これで夏休みの旅行者は激減ねw
金かけてCM打ってるのにご愁傷様w


「FF13」はマルチで展開 Xbox360でも発売決定
( 以上 情報リンク元は 痛いニュース 様より )

東映の映画ステッカー添付でガソリン値引き

地下鉄で異臭騒ぎ→女性乗客のマニキュア塗りが原因か
( 以上 情報リンク元は すのふれ 様より )

雷句さん?のFAXがブログに貼られる
本物なのかなぁ

ボルビックの環境破壊に協力しないでください
日本ユニセフ協会・Volvic タイアップキャンペーン アフリカの子どもたちに清潔で安全な水を!
日本ユニセフ協会 児童ポルノ - Google 検索
言論弾圧へ加担するボルヴィック(Volvic) 二度と買わない


NHKで放映しているドラマ監査法人が面白い
主人公が持ち前の正義心を発揮し、監査する企業の不正を見つけ出しては次々と倒産に追い込むという、これまでにない恩知らずなヒーローは斬新だ。
あんまりやりすぎて自分ところのトップの橋爪さんまで捕まっちゃう。

それでこのドラマは、2ちゃんねるの実況に書き込みながら見るのが正しい楽しみ方。
実際に起きた事件をネタにしているところが多々あるのだが、そうしたネタが出てくる度に実名の会社の名前が出てくる出てくる。
それは楽しそうだwww


毎日新聞関係者の利用を拒否する医師のサイトあらわる

毎日新聞はなぜ潰れないのか?
転載されている件
毎日不動産新聞の実態

毎日、所得隠ししながら橋下府知事の申告漏れを報じていた

アンマン空港爆破事件メモ
事件からすでに5年経っているため、すでに消滅しているサイトも多く、風化は進んでいる。
検索でかかってくるのは2ちゃんねるのスレッドばかりで、事件当時の祭りの激しさを思い起こさせる。

この事件を契機として、毎日新聞は2ちゃんねるとの対決姿勢を鮮明にしていく。

( 以上 情報リンク元は 痛いテレビ番組 様より )

毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(番外編)「都心部の毎日新聞販売店専業です 新聞取ったおまけにあげる洗剤の原価は170円 うちは押し紙5割です」
押し紙で産廃を増やしている新聞社が、雁首揃えて
 エコキャンペーン
をやっているのは、笑止千万ですな。

( 以上 情報リンク元は 天漢日乗 様より )

【論説】毎日「変態ニュース」騒動が示す、メディアの地殻変動…池田信夫
大手メディアの一角である毎日を攻撃する人間には事欠かないのは喜ばしい限りではあるけど
どうにも胡散臭さしか感じないので
たとえばさぁhttp://www35.atwiki.jp/kolia/のマスコミ関連項目には
なんで売国を突っ走っている読売が無いの?wwwwwとか
植民地主義者丸出しのフジ産業経済は無いの?wwwwwとかを思えば
そら祭りに乗る気は ならないよねぇwwww

ネットの直接民主主義に近い形態は 外見上はとても真っ当そうに見える。
けれども 数人の扇動者によって方向性を決することも それほど難しくない場合もあるが
その方向が理性的に見て将来に渡っても正しいかどうかとは関係ない結論であっても
見たいと思う現実を見る大多数の民衆によって反論を許されなくなってしまう。

まぁ毎日を というより大手メディアを擁護する気は欠片も無いので 
参戦者が多いことにこしたことは無いけど
こういう時だからこそ 俺は読売とフジ産業経済を更に信用しない。


 メディアはよく「第四権力」と呼ばれるが、これには他の権力と異なり、それをチェックする仕組みがない。たとえば2005年に公正取引委員会が、新聞の特殊指定の解除を検討したとき、すべての新聞と雑誌がこれに反対するキャンペーンを繰り広げ、政治家や評論家まで動員していたが、反対にこの流れに疑問を呈したのはlivedoorニュースだけだった。



http://mkt5126.seesaa.net/article/27030117.html 2006年11月09日
新聞特殊指定の話に高市早苗が出てきてたとすれば もうこいつが何を喋ったかは・・・w
インタビュー・新聞「特殊指定」を考える:衆院議員・高市早苗さん - Google 検索
http://mkt5126.seesaa.net/article/20046142.html 2006年06月30日
公正取引委員会委員長 竹島一彦氏──公取はまだ強くない新聞は「言行不一致」
特殊指定廃止(新聞の再販制度)で
公正取引委員会委員長 竹島一彦が新聞に真っ向勝負を挑んだんだが
新聞系(赤旗を含めて)は このニュースを殆ど配信しないので どうしようかと思ってたんだけど
ようやく良さそうなのが出てきました。


http://mkt5126.seesaa.net/article/48588963.html 2007年07月21日
「竹島留任」でほとんどのマスコミを敵に回した安倍首相

mumurブルログ:新聞の「特殊指定」を批判すると、ブラックリストに載り発言の場を与えられなくなります November 08, 2006

2006年9月25日 http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/50737250.html
新聞特殊指定見直し:「反対」相次ぐ 新聞協会、250議員と懇談(4/20 毎日)

新聞、放送、通信社の141社が加盟する日本新聞協会(会長・北村正任毎日新聞社社長)と超党派国会議員との懇談会が19日、東京都千代田区の日本プレスセンタービルで開かれた。参加した約250人の議員からは、公正取引委員会が検討している新聞の「特殊指定」見直しに反対の声が相次いだ。〔中略〕

この後、各党代表もあいさつ。自民党の中川秀直政調会長(「活字文化議員連盟」会長)は「連盟として机上の論議ではなく、再販制度を守るような取り扱いをすべきだと決議した。新聞販売のネットワークを守るべきだ」と強調、民主党の山岡賢次副代表は「戸別配達がなくなれば、国民の知る権利を侵す」と指摘した。公明党の神崎武法代表、共産党の石井郁子副委員長、社民党の福島瑞穂党首も「特殊指定、再販制度は健全な民主主義の基盤をなすものだ」などと堅持の立場を表明した。【坂口裕彦】
ご覧のとおり、この問題については全政党が新聞に媚びまくりですから救いようがないわけですけどね。

何十回でもいいますが、これだけ政治家と癒着していて、そのことを批判しない新聞業界の人間は誰一人として「メディアの役割は権力監視」などという資格はありません。

他方、中川昭一氏といえば「NHK政治介入」捏造報道でマスコミと対立していると思われがちですが、出版業界にとっては再販維持の恩人でもあります。

日本の新聞の多様性は世界最低!(上)  2006年6月11日
日本の新聞の多様性は世界最低!(下)  2006年6月13日 


新聞特殊指定存続−読者不在の決着  2007年6月2日
結局 この時に新聞への特権維持が認められた事で
大手メディアの競争力を更に削ぎ
共同体全体と一緒になって 劣化と弱体化と没落の下り坂を転げ落ち続けている。
毎日の問題は その一例がチョットだけ噴出したにすぎない。
この程度で済んでいると思っているのならば
どれだけ幸せに生きてきたんだろうねぇ と思われても仕方ないからね

( 以上 情報リンク元は 東京エスノ 様より )

「西山太吉シンパ」「新聞利権の犬」田島泰彦のどこが第三者なのか
( 以上 情報リンク元は マスコミ不信日記 様より )

“長沼一家”の時代の終わり。
日本サッカー協会の会長職の交代人事に関する話、とても面白かった。
 競技団体のトップに立つ人物は、その多くが「競技の世界で大物選手・監督だった人物」か、「社会的地位が高い人物」のどちらかにあたる。「大物選手出身でそこそこの社会的地位がある」とか、「社会的地位が高く、多少の競技経験がある」とかいう場合もあるが、たいていはどちらかに大きくウエートが傾いているので、2つに分類してしまって構わないと思う。
いや、日本の組織 団体 集団は
ほぼ例外なく そのどちらかしかない のではないかと思う。

事実上の共産主義体制に等しい 日本型資本主義が完全に行き詰まり
その共産主義的な部分の解体に伴う 新たな国家体制の構築は
まだ根幹部分すら殆ど形成されていない。
そこへ欧米型や特ア型を持ち込んでも 大和民族の性質に合わなければ意味は無い。
 「アマからプロへ」ではなく、完全にプロを前提とした秩序の中で育った選手が大半となり、Jリーグ育ちの指導者が一線に立ち、日本がワールドカップに出るのが当たり前だと信じている観客がスタンドを埋めるようになった。

 サッカー選手へのロールモデルとしての期待、ビジネスコンテンツとしての期待、教育機関としての期待、地域活性化の核としての期待。20年前には存在しなかったか、仮定でしかなかったような社会からの要請が、現実の、しかも相当に強いものとなっている。
完全な没落期に入った日本にあって 
見せかけの好景気で成長したとか言っている大馬鹿野郎と大本営発表を余所に
その中にありながらの 数少ない実質的な成長産業ではあるからなぁ

 犬飼新会長は元JFL選手だが代表歴はない。三菱重工業、三菱自動車のサラリーマンだったが、欧州の子会社社長までで、財界人というほどの出世はしていない。
 つまり、前に触れた競技団体の長の類型、「競技界の大物型」と「社会的地位型」のどちらにもあてはまらない。プロリーグを構成する1クラブの経営者として強化・経営の両面で成功をおさめ、その手腕を買われてリーグ・協会に招かれた。新しいタイプのリーダーといってよい。サッカー界だけでなく、日本のスポーツ界全体を見渡しても、このような経歴をもつ競技団体のトップは稀だろう。
組織 団体 集団の人事は その全ての今後を左右する大事である。
日本サッカー協会と日本サッカーの 完全無欠ではなかったけれども充分に躍進した20年に
そのトップ人事の妙は欠かせない、
そして その後継にあってなお その妙が残されたことは とても喜ばしい。

翻って 日本の公的保護を強く受けた組織 日本の公的組織 日本の国家機構 にて
「その界の大物型」と「天下りに等しい社会的地位型」ではないトップ人事を
自ら成し遂げられている組織 団体 集団は あるだろうか?心から知りたい。
その組織の性質 その団体の特色 その集団の特質 を知るがゆえのバランス感覚 と
なおかつ不具合があれば かつての成功の理由であったとしても切り落とせる冷徹な経営面での手腕
その両面を持つ人材を求めようとすることができる組織 団体 集団はあるのだろうか?

日本は 
その組織の性質 その団体の特色 その集団の特質 を知るがゆえのバランス感覚
である調整能力を求めるだけで成長し続けることができたが
方向転換が必要な時にあっても その成功体験ゆえに人事面での変質ができなくなっていた。
社会的地位型を受け入れるも、結局は飾りか調整用以上の意味は無く
縮小再生産をただただ繰り返す愚行のみが連鎖している。

さりとて 
不具合があれば かつての成功の理由であったとしても
 あっさりと切り落とせる冷徹な経営面での手腕 のみを求めれば、
それを口実にして 富の集約と搾取だけが進み、
総体としての縮小再生産は続くという悪循環だけが残った。

その組織の性質 その団体の特色 その集団の特質 を知るがゆえのバランス感覚
不具合があれば かつての成功の理由であったとしても あっさりと切り落とせる冷徹な経営面での手腕
その両面を備える人材を求めるは不可能なのだろうか?

人材のいない世界は無い と思っている。
その両面を見定められる人材とは
机上の論理だけではない高い知性が求められる。 
人々を納得させる説得力が必要だ。
その難事を続ける肉体上の耐久力も求められる。
途中でキレては 要所で進めなくなるから 自己制御の能力がないと困る。
そして 最後まで持続する意思は不可欠である。
そこまで完璧な人間ではなくても 充分に有能な人間はいるはずだ。
日本の 日本人大和民族の特色を知りつつ
不具合があれば かつての成功の理由であった如何なる機構 組織 機能であったとしても
あっさりと切り落とせる冷徹な経営面での手腕
を求める人事は そんなに愚かな事なのかなぁ?



オーバーエイジ枠は手段であって目的ではない。
あいかわらず見事な論法で かなり面白い コメントも

彼我の差を埋めるもの
いやいや これも面白いなぁ
( 以上 情報リンク元は 見物人の論理 様より )



posted by 誠 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。