https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2008年11月17日

奴隷売買を合法 とさせて得する連中

ホームレス や その寸前の下層民 を集めては 工事現場や工場(自動車関連など)へ送り込みへ
その上前をピンハネしてシノギにする という手法は
日本のヤクザが古くからしてきた手法で
その内実は奴隷売買と殆ど変わらない と言っても過言ではない。
「日本人大和民族系の“ホームレス や その寸前の下層民”」よりも
活きが良くて大量にいるカンミンゾクの奴隷売買を
より合法的に楽に行えるようにしたい とヤクザが渇望し財界が求め政治家が奔走する
それが今回の国籍法の改正の真相である。

自民党の政治家が その保守系に近い存在であればあるほどに
古くからの似非右翼ヤクザとの繋がり や 経済界とのカネの繋がり
によって その動きの鈍さが露骨に表面化したコトで
所詮は皇族の権威を利用する卑怯な輩に過ぎなかったことを露呈していた。
そして カンミンゾクの併呑侵略 や 植民地主義者 などの新しい勢力に迎合する という連中の台頭が
所詮は 国家百年の大計など一切の関知をせずに 目先の利益を貪ることしかしない
野蛮人に過ぎない下種な連中だという事をも露呈した。
更に 宗教組織「公明党」 や 見たいと思う理想を言い続けるだけで良いとか思う狂信者集団「民主党の大多数」
などは コトの本質を見るはずも無いキチガイばっかりなので
論ずるにすら値しない。

…という流れの先で、
国籍法の改正 という民衆を奴隷化してしゃぶりつくせる美味しさ に食いつきたい連中の
こっそりと乗っかりたかった涎 がミエミエだった。
報道の先にいる者達 だけではなく ネットの様々な住人達
の色々な人々を見分けるに ここ数日の動きは 極めて分かりやすい事態となった。

日本という古来より続いた共同体が溶解し解体され 日本人大和民族が消滅し
ニホンジンとカンミンゾク という 民間伝統が受け継がれない部族が誕生する事態に
当たり前の如く恐怖と怒りを顕にする 地に足をつけて活きていくしかない民衆の矛先が向けられると
 他に責任を転嫁し始めたり (他政党 他の党派 他の官僚 他の勢力)
 過去の免罪符を取り出したり (過去の発言 過去の参加や行動)
 民衆の怒りの後ろに こっそりと並ぶ (今更wwww)
などをし始める者達をこそ 俺は 此処から じっくり見届け続けている。


バレバレだよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


まぁ 逃げ足の速いコト速いコトw
でも逃げ足が速い というのは それはそれで別の観点で評価するけど
“民族国家存亡の危機 を 眼前にしての態度”という部分を 俺は決して忘れない。

さて どう転ぶかなぁ






「日本国籍喪失はもったいない。二重国籍を認めた方が日本人が世界で活躍しやすい」…二重国籍容認を議論へ
23 :名無しさん@九周年:2008/11/16(日) 23:18:52 ID:owjmiPr50
外国籍を持つものが日本国籍を取得するのは駄目だが
日本国籍を持つものが外国籍を取得しても日本国籍を失うことが無いようにすればいいだけだろ
結局コレも 合法的奴隷売買への偽装の道具に過ぎない

25 :名無しさん@九周年:2008/11/16(日) 23:19:18 ID:imqPPNhX0
なんで目先の事しか考えないんだろう
子孫にわざわざ災いを残すなよ ばか

( 以上 情報リンク元は 何でもありんす 様より )

国籍法改正案 − 認知はものすごく簡単な手続き?
結局、DNA鑑定をしろよ という簡単な話なんだけど
良く分からない業者が野放し状態だからこそ 天下りに最適な機関の設立へ格好の口実が生まれたのに
なんで公的機関を設立を言い出さないの?wwwwwww

奴隷売買 や 下層民の就労環境 など観点を掘り下げなければ
表面上では良さそうな話 の先にある地獄へ 突き落とされる。
下層民の俺は その現場にいるからこそ 見たくも無い現実を眼前に突きつけられている 今も。

甘いね。
狡猾なヤクザ連中は 目先のカネのためならば容赦なく立ち回るよ。
上にいる人間は そういう連中が勝手にやった事だ で逃げ切って 美味しい所だけ貪りたい
つーのがミエミエだよw
流されるだけ流されている現状で もう押し戻せない所まで来てしまっている以上、
徹底的な性悪説を推し進める という視点をしなければならない
断固として 流れを押し戻す覚悟 という姿勢を示さなければならない。
甘い対応は その手ぬるさを必ず突かれる、
敵を知らず己を知らないから 百戦して百回とも敗れ続けたのが 日本 なのだ。
もう 手遅れ なのだが、まだ大丈夫という甘さが許される戦況ではない。


この国の上部構造にある者達の中で 誰か一人でも その当初から
 この国 この共同体 この日本人大和民族 この地の上で一生を過ごすしかない民衆
の事を まず念頭においてから行動を起こした人が 一人でもいましたか?



かつては繁栄した社会の その末期というのは こういうものなのかもね




( 以上 情報リンク元は TBN 様より )

先祖代々、売国奴
この事態の中でネットゲリラ様は見事にブレなかった
本当に助かった



751 :名無しさん@九周年 :2008/11/17(月) 13:23:19 ID:YZARrn0QO
裏で糸引いてるのは法務官僚だろ
恐らく朝鮮生まれの元官僚の板中とか言う奴
奴のシンパが居るんだろう
見つけた 板中 ではなく 坂中 ですね
外国人に夢を与える社会を作る - Google 検索
"坂中英徳" - Google 検索
外国人に夢を与える社会を作る

 河野太郎議員、国籍法問題でmixi炎上!削除で騒動拡大
  ↓
  081114-01.png
  ↓
http://www.news.janjan.jp/government/0811/0811160591/1.php
 ↓
220 :名無しさん@九周年 :2008/11/17(月) 12:40:17 ID:yIwYotqW0
名誉毀損で訴訟かw
変態毎日と反応は同じ逆切れですねww

19 :名無しさん@九周年 [sage] :2008/11/17(月) 12:19:03 ID:TjUdfjPa0
芸も工夫もない、稚拙なすり替えだなぁ…

32 :名無しさん@九周年 [sage] :2008/11/17(月) 12:22:00 ID:APLD3MiG0
反対意見はすべて差別と言えばいいんだから、
これほど楽な仕事もないな。

253 :名無しさん@九周年 [sage] :2008/11/17(月) 12:43:26 ID:+L25FY/L0
忌憚なき意見を募集しておいて、
集まった意見について「こーゆー意見はやめてくれ」と
後から注文付けるやり口はもの凄く頭が悪い上に卑怯です。

325 :名325 :名無しさん@九周年 :2008/11/17(月) 12:50:48 ID:wvsrXBduO
>人種差別的
日 本 人 差 別 す ん な よ!

250 :名無しさん@九周年 [sage] :2008/11/17(月) 12:42:58 ID:bO5VdvBx0
テレビのニュースでまったくやらないってことは、
人権擁護法同様、うしろぐらい法律なんだな、きっと。



730 :名無しさん@九周年 [sage] :2008/11/17(月) 13:21:44 ID:6Jn9eF2v0
@2chで、このスレ変だな。とか、なんか醜いレスが目立つな、
っと おもったら、たいていこいつらの仕業。

ピットクルー 株式会社 http://www.pit-crew.co.jp
株式会社 ガーラ http://sales.gala.jp/cybercops/index.html
株式会社 ガイアックス http://solution.gaiax.co.jp/solution/supportdesk/
日本エンタープライズ http://www.nihon-e.co.jp/solution/support.html
株式会社 ライトアップ http://www.bc-manage.jp/
株式会社 プラップジャパン http://www.prap.co.jp/
フライシュマンヒラードジャパン 株式会社 http://www.fleishman.co.jp/

結構もうかるので、最近この手の会社が増えてきた。
つまり、このスレでもこいつらは、相当数活躍しているということ。
一人おかしいヤツが居たら、最低20人はコイツラが潜んでいると思ったほうが良い。

( 以上 情報リンク元は ネットゲリラ 様 より )






誠天調書: 国家としての形態そのものは大きく後退し 真っ当に生きるが最も不利な社会、それが日本
 2008年10月22日
何でもありんす: 【政治】法務省が国籍法改正案をまとめる 未婚の日本人父と外国人母の子について、父が認知すれば国籍取得
 2008年10月18日

誠天調書: 論議の基本なんてのが 野蛮人へ通じるはずもなく
 2008年10月29日
何でもありんす: 【社会】中国人同士の子に日本籍 出産直前、日本人と偽装結婚 2008年10月28日
情報の重要性とは その有用さを知る者にとってのみ 重要さが理解できる。
もし、社会の上層 や 国家の中枢 に居ながら 一ヶ月近くも この情報を見落としていた
と言い訳をするのならば
人の上に立つ資質そのものを疑われてしまうんだけどねwwwwwwwwwwwwwwwwww
 


誠天調書: 日本は野蛮人が支配する国となった 2008年11月06日 上の方
誠天調書: 2008年11月09日 2008年11月09日 下の方

誠天調書: 日本人の民族浄化を企む国籍法改正 2008年11月13日
誠天調書: 日本が滅ぶ国籍法改正 2008年11月14日
誠天調書: 「勤労の集約の先にある興産」へ腕力で寄生するがヤクザ 2008年11月16日

誠天調書: 炎上する財政の中で 嬉々として火事場泥棒をする 2008年11月02日 上の方
麻生が金融外交で日本にいない時にこそ 一気にコトを進めたくなる人々が
自民党内のドコにいるか というのが 此処で良く分かるかとwwwwwwwwwwwwwwwww

にゅーすぼっくす: 外国人材交流推進議員連盟

誠天調書: 馬鹿は増えていないよ 伝統的な叡智が受け継がれなくなっただけ 2008年10月31日
馬鹿は増えてないよ、大和民族の善性と勤勉さ が失われただけ。
その隙間に
自己の欲望を現実化する手法の最適化 が 正当化されるようになっただけ。
馬鹿が馬鹿な事をすること で引き起こされる害悪によって被る共同体の被害が拡大しただけ。

過ぎたるは及ばざるが如し で、
馬鹿の人数そのものが同数だったとしても
馬鹿が過ぎたるコトをしてしまえば
馬鹿が及ばざるで済んでいたコト に比べて 共同体が被る損失が拡大するは必然かと。
馬鹿へ 地道な勤勉さを少しでも強要させる風土習慣伝統 よりも
自己の欲望を現実化する手法の最適化 が 正当化されるようになれば
共同体が被る損失が拡大するは必然かと。

社会の大多数は馬鹿な豚にすぎない民衆 なのは古今東西の人間世界に変わらない現実である。
日本人大和民族が受け継いできた民間伝統 と その美徳 すなわち無垢な善性と勤勉さ が
高い労働生産性ある社会共同体の根底にあり、
それこそが他民族を上回る国家形成を成り立たせていたんだけど
その民間伝統は断絶した。

馬鹿は増えていないよ 伝統的な叡智が受け継がれなくなっただけ。


何故 今の日本は経済力があるのか? という問いの答えは 江戸の泰平 であろう。
その長き平和の時代に積み上げられた民間伝統と経済網こそが
明治以降の経済発展を築かせた。
日本人大和民族の根底にある伝統 である 無垢な善性と勤勉さは 江戸時代に大きく育まれた。
その伝統は 今ここに 大きく断絶した、
時代が大きく変わる場面を目の当たりにし続けている。

長き戦乱の世を生きていた人々が 平和を心から求め
そしてその意志を完成させた家康が造り出した果実は 日本を世界屈指の繁栄へと導いた。
そして 俺は 失礼ながら 信長秀吉家康の時代そして今に至るまでの幸運は
大陸からの本格的大規模侵略が無かった という部分があったからこそ
国内の平和は 国内闘争の問題が主眼であった と思っている。
明治維新以降は 大陸ではなく その反対側の海からの大規模侵略との戦いでもあり
それゆえに人的攻撃という観点では 植民地主義者との戦いでもあったので まだ救いがあった。

しかし 今の日本は
江戸の泰平が築いた経済力の根幹を失い
元寇以来の 大規模人的侵略の危機の真っただ中にある。


ヒトラーの第三帝国とのバトルオブブリテンで勝利したチャーチル下のイギリス議会で
ナチスを絶賛しゲルマンを引き入れる勢力が多数いただろうか?
ブリテン島にて
ラインの向こうの野蛮人を嬉々として合法的輸入し続けた者達
であろうとも権力周辺部に置いていた連中がいただろうか?
しかも 日本の敵は ラインの向こうの野蛮人を はるかに上回る暴虐な野蛮性を
平然と美徳とするような鬼畜である。
にも関わらず 日本の国政は 朝貢を賛美し続ける。

とてもじゃないが もう 勝敗は決しかけている。

この状況下で 仮に 米帝の傘下で日本が存続させるに必要な防衛経費を
現状の日本の統治機構下では減じ続ける事が不可避な経済力で 供出しきれるはずがない。
となれば 日本人大和民族の奴隷化で捻出させるしかなく
そこで 大和民族の美徳 無垢な善性と勤勉さ は理想論としてすら不要となるだろう。
また 奴隷が米帝への供出に使われるのであるのならば
奴隷となる民族が問われることなどは 絶対に無い。
それが日本人大和民族であるか カンミンゾクであるか など 問われるはずもない。


自称現実主義者が 見たくもない現実としてしまった
日本の労働末端現場における
 そんな馬鹿なコトをするはずもない
ということが完全に日常化してしまっている現実が
もう手遅れなまでに蝕んだ共同体の病魔を前にして、
老獪な外交力 なんて英雄待望論に等しい論は
楽しいけど哀しい。


誠天調書: 自分が如何に気持ち良くなれるか への最適化 2008年10月30日
ゆとり教育とは 馬鹿な人間の切り捨て だと思っている。
大和民族が長年に渡り取捨選択してきた果てにある
どんなに馬鹿な人間であろうとも学べるであろう 無垢な善性と勤勉さ という最低限の教育の根幹
を ゆとりの名の下に捨てさせてしまった。
現在の若者は その犠牲者とすら思っている。

社会の大多数を構成する その末端の一員となる 豚にすぎない民衆の一人が
大和民族の民間伝統すら学ぶ機会を与えられなかったまま ゆとり世代の中で生き育ち
そして10代後半を迎えてしまっては
今更に 大和民族の無垢な善性と勤勉さを啓蒙しようにも もはや手遅れであろう。
俺は 社会の最下層から そういう若者達を 嫌というほど見てきている。

崩壊した大和民族の伝統がある社会、野蛮人の論理が支配する社会
それが今の日本の現実である。
ネットの中に宿り残る無数の言葉の中には まだ 大和民族の伝統が息づいているけど
もはや 理想論と思われるが関の山になるだけな程に 現実社会との差異がある事を
ほぼ全ての瞬間で痛感する。

現状の若き者達が学んできた事は 善性 でもなければ 勤勉さ でもない。
 最適化 である。
何に対して最適であるべきか を 強くは問われていない。
ある程度の知性を持ち合わせた者達ならば問題は無いが
社会の大多数に その程度の知性を期待するは 極めて馬鹿な話であろう。

すなわち 知性の劣った者達にも どうすれば最適化できるか は会得しているが
善性 も 勤勉さ も その生来の気質としては会得してないので
結果からすれば 自分達が如何に気持ちが良くなれるか への最適化 という気質のみが宿っている。
この状況下で 無垢な善性と勤勉さ が日本社会を円滑に動かす基本的方向性
とか言われた所で 話が通じる以前となるだけであろう。

これが 伝統の断絶である。




馬鹿で豚にすぎない民衆 を 馬鹿で豚にすぎないのだから と思っている可能性は 相当にあると思う。
それはそれで間違っていない。
ただし 昭和の時代の日本人 と 平成の時代の日本人 に変容が無ければ ということになろう。
日本人の民衆 という馬鹿な豚は、他の民族と比べれば
充分に統治しやすくかつ優秀な豚だった大和民族の民間伝統を受け継いでいたが
その伝統は 既に断絶した。
統治しにくい野蛮人と化した日本人 という豚となった民衆へと変遷してしまったのに、
それなりの施策を持ってすれば 他国を圧する労働生産性を再び発揮させるだろう
なんてのは もはや虚妄にすぎない。

あくまで 人の上に立つ人間の力量のみが人の世の道筋を定める に固執し、
日本の高い労働生産性の根幹は何処にあったのか という観点への軽視をしていては
他の民族 と 日本の民間伝統 の差異が破壊しつくされている現状に
全く気付いてない事を露呈してしまっているような気がする。
統治者為政者にとっては見たくも無い現実となっている
この日本人の末端で起きている民間伝統の断絶 を
麻生首相 というより 自民党の殆どが気づいていない。
その齟齬が 与党への求心力低下の根幹にある と だから透徹できない。

麻生は 日本の底力 と口にする。
それは大和民族の民間伝統 無垢な善性と勤勉さを意味する。
ところが そんなものは、もう とっくに霧散した。
かろうじてネットの日本語圏に宿り残るのみ。
この見たくも無い現実を都合良く無視し続けるは
竹槍で鬼畜米英を叫ぶ姿 と 極めて重なって映る事となるだろう。

俺は 麻生の高い知性には感服しているし期待もしている、
それでも それ以上を期待するは愚かなんだろうか?
それとも 麻生をもってしても無理難題な程に 日本の未来は閉ざされてしまったのだろうか?

麻生以外の自民党の人間に 麻生以上の期待は全くに欠片もできない。
所詮 優秀な人間一人では限界はある
そんな現行政権為政者の突き落ちる崖の先の地獄を 極めて甘く考える日本人が多い。
見たくもないと思う現実は その崖の下にあり 先に突き落とされるは豚である。
そして豚は 泣き叫ぶことしかできない。


靖国に眠る英霊達が こんな未来を見届ける為に御魂を亡くしたのか
と思う時に沸き上がる感情でも もはや絶望しかない というところを
俺は こうして言葉にする。

こうして言葉にしかできないんだけど 俺は 俺の道を行くしかない。



誠天調書: 泡沫の夢に溺れるは どれだけ愚かなことか 2008年10月28日
経済学者の足元にも及ばない俺だけど
残念ながら 経済的に日本が勝っている という考えには 殆ど同意できない。
日本の経済を 崩壊から救い続けていたのは
大和民族が受け継いだ 無垢な善性と勤勉さ にあり
古今東西を問わずに馬鹿な豚にすぎないのが民衆であったとしても
それゆえに日本の経済力の底辺を支え続けてきた。
価値の高い地下資源 ではなく この高い労働生産性を誇る人的資源 が
日本の経済力の根源である。
大和民族が受け継いだ民間伝統 無垢な善性と勤勉さ これこそが日本の豊かさの根源なのだ。
現状の勝利は それを破壊して得た残滓にすぎず 一瞬の勝利で終わることは目に見えている。
この 国民国家の根底を見つめ直す部分に 強力な道を築かない限り
まさに泡沫の勝利と化すは 絶対に免れないだろう。



現実主義者を標榜する人間が犯す過ちとは、
馬鹿な人間へ対し いくらなんでも其処まで馬鹿な事をするはずは無い、
と勝手に思い込むことだ。
その 馬鹿な人間の いくらなんでも其処までするはずは無いような馬鹿な事 が
日本の労働の末端では 完全に常態化してしまった。
しかも その隙間へ カンミンゾクの平呑侵略は怒涛の如く侵攻し
この内憂外患を止める手だては なに一つ打たれていない。

泡沫の夢に溺れるは どれだけ愚かなことか を知らないはずはなかろうに。


そして大和民族の魂が最後に宿る ネットの日本語圏を
更に馬鹿な人間達が その止めを刺そうとしている







ラベル:国籍法
posted by 誠 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚Д゚#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。