https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2008年11月30日

植民地主義の蛮行 国籍法の改正改悪

気が狂ってる 俺




http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0103/main.html
何故か 更新が遅いねぇwww

国籍法改正案、3日にも成立 付帯決議案固まる
 参院での採決が先送りされている国籍法改正案について、与野党の参院法務委員会理事は27日、「半年ごとの国会への報告」などを盛り込んだ付帯決議案に合意した。懸念されている偽装認知を防ぐために、同委に半年ごとに施行状況を報告することを求めるほか、DNA鑑定導入の「要否及び当否を検討する」としている。

 決議案が固まったことで、改正案は早ければ来月2日の委員会で付帯決議とともに採決され、3日にも参院本会議で可決・成立する見通しとなった。ただ、自民、民主両党内には慎重論がくすぶっており、民主党は週明けに党内向けの説明会を開いて改正に理解を求める方針。

 付帯決議案はこのほか、父親への聞き取り調査の「可能な限りの実施」、出入国記録の調査なども求める。聞き取り調査では、父親の出生から現在までの戸(除)籍謄本、子の出生証明書、分娩(ぶんべん)の事実の記載がある母子手帳、母子の外国人登録原票の写しなど11点の資料提出などが想定されている。詳細は法務省が省令改正や通達で対応する。

 一方、新党日本の田中康夫代表は27日の質疑で、「『人身売買促進法』と呼びうる危険性をはらむ」としてDNA鑑定を法案修正で義務づけるよう求めた。付帯決議で言及する案については「官僚の裁量行政に陥る」と批判した。田中氏は民主党系会派に所属している。
100点満点中15点位にまでは進歩したけど
ネットの日本語圏の
日本人大和民族を守らんが為の を標榜していた有力な者達は 相当数が口を塞ぐ中で
真っ当に生きているを心から希求し続ける無名の者達がいなければ 
まさにザル どころか 底の欠片も無いままに通過しようとしてたよね。
まだ 全く終わっていない
与野党の参院法務委員会理事は27日、
「半年ごとの国会への報告」などを盛り込んだ付帯決議案に合意した。
懸念されている偽装認知を防ぐために、
同委に半年ごとに施行状況を報告することを求めるほか、
DNA鑑定導入の「要否及び当否を検討する」としている。
僅かだけど前進はしたが
偽装をたくらむ者達が大半を占めるが為政者集団 という事を考えれば
全く無意味と化す可能性の方が極めて高いので
まだ何にも終わっていない。
自民公明が主導権を握る衆院では 話が全く動かなかったのに
民主が主導権を握る参院では なんでこうも話が動くんだろうねぇwwwwwwww

NHKニュース 国籍法改正 親子の確認厳密に
森法務大臣は記者会見で、国籍法が改正されれば、結婚していない日本人の父親と外国人の母親の間に生まれた子どもに日本国籍を取らせるため、父親でない男性が虚偽の認知をする事件が起きるおそれもあるとして、親子の確認を厳密に行う考えを示しました。

参議院で審議されている国籍法の改正案は、日本人の父親と外国人の母親との間に生まれた子どもの国籍について、両親が結婚していなくても、父親が認知すれば、日本国籍を取得できるとしていますが、「子どもに日本国籍を取らせるために、父親でない別の男性が、虚偽の認知をする事件が増えるのではないか」といった指摘が相次いでいます。これについて、森法務大臣は「偽装認知を防ぐために、父親の戸籍謄本を提出してもらったり、いっしょに写っている写真を取り寄せたり、場合によっては、その人の住んでいる所まで行ったりするなど、さまざまな取り組みをしたい。写真がどうしてもない人は、それに代わるもので確認するなど、さまざまな手段を取ることになる」と述べ、親子の確認を厳密に行う考えを示しました。
法務省の現場の仕事を煩雑化させた挙句に 完全な効果を上げない業務をさせる、
という現場への更なる大きな過負荷を要求し
極めて明確な効果を期待できる科学的論証を頑なに拒否する。
そういう非効率をも当然とするような為政者が
経済復興を 満足に考えられるとも思えないんですけどねぇwwww





ニコ動で麻生首相がユーザーの質問に回答 - ITmedia News
【政策編】麻生太郎「ニコ割アンケートに答える!」Vol.1
【プライベート編】麻生太郎「ニコ割アンケートに答える!」Vol.2
【おまけ】麻生太郎「ニコ割アンケートに答える!」おまけ
http://info.niwango.jp/pdf/press/2008/20081128_3.pdf
この「ニコ割アンケート」は、 「麻生総理へのインタビュー内容」をテーマとして2008年10月20日(日)21時から約90秒間で実施されたもので、総参加人数は74,371人でした。
「政策について、麻生総理に聞きたいこと」「麻生総理自身の、いつの時代の話を聞きたいか」などの4つの設問に対してニコニコ動画ユーザーから回答を取得し、またその集計結果の動画に投稿されたコメントも参照し、それらをもとにニコニコ動画では麻生太郎総裁(総理)にインタビューを実施しました。今回、その模様を動画で収録し、ニコニコ動画で配信します。
国籍法の件は逃げ回る麻生ですねwwwwwwwwwwwwwww
わざわざ 随分前の件を このタイミングで出す は
勘違いさせる気 偽装する気 それだけしか見えませんね。
勝てない戦 は 逃げるが勝ち だけど
日本という祖国の地に足を付けて一生を生きる日本人大和民族の下層民は
カンミンゾクの人的侵略から逃げられません 戦うしかありません
それを見捨ててまで 自らの権力的な僅かな勝利を得る事に固執する
となれば 麻生にとって必要なのは
日本人大和民族 ではなく 実質的な民族的存在価値を問わないニホンジン
だったと言う事を完全に証明しました。
口実にすぎなかったのねwwwwwwwww
国の先行きをも見通せるほどに頭の良い人だったけど
民族国家の足元で起きている見たくもない現実 には立ち向かえない程度の気概しかなかったんだね。
この状況下で自民党を支持する人間で 日本人大和民族 を標榜するは
完全にインチキで 偽装で 大嘘つきで 絶対に信用できない。
それに類推する事柄を並べては偽装する存在が多いけど 笑っちゃうよねw


現代のデスノート・裁判員制度
裁判員制度の枠組みを知ったのですが、これはひどい。
テレビにとある推進派の弁護士が出てしゃべってましたけど、言ってることが既に論理破綻していました。
「立法には選挙権と被選挙権がある、行政には公務員になったり、首長になったりそれを選んだりで賛成できる。しかし司法にはない」
という旨の発言でしたが、
僕のような公務員になりたがってるのじゃないと行政には携われませんし、首長だってなれるのは一握りです。
やっと住民参加などの制度ができ始めてきている段階で、未だ国民が行政に直接働きかけられる確固たる手段はありません。
そして、この2つと決定的に違うのは、裁判員制度が強制であるということ。
投票権も放棄できますし、別に行政に請願したり市民活動をしたくなければ参加しなくてもいいのです。
でも、裁判員制度は強制。
平等を重視するあまりのことだとは思いますが、何か無理やり達成しようと言うかのような、平等をはき違えているような気はしますね。
法の下の平等は合理的差別は許されるのに。
裁判員制度は単なる労役にすぎない。すなわち事実上の増税。
その増税分は当然に 裁判所関連への就業者の賃金大幅削減で賄われなければならないのですが
聞いたことがありませんねぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
そんな単なる官僚制度の先にある裁判所の甚だしい官憲暴走による民衆大弾圧なのに、
権力者やそれに近い関係者の裁判の 裁判員の選定へ
恣意の介入が入らない 本当に無作為にされる、と信じる人が
どれだけいるかなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

site:mkt5126.seesaa.net 裁判員制度 - Google 検索

痛いニュース(ノ∀`):「裁判員候補者になりました」 全国29万人に今日通知発送…確率1/352人

彼女がものすごいバカなんだが ニコニコVIP2ch

テレビに出演し兼業発覚=消防局職員を減給処分−福岡市(時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000089-jij-soci
合法的に公金を強奪し続けている人間を放置して 現場の人間には過酷さを要求するですね
これで現場の士気が上がるのならば 素晴らしいんですけどねぇwww
ふと思ったのですが、公務員のアフィリエイトってどうなんでしょう。
本来 その身分に関係ない業務ならば
所得税が発生する20万までは黙認させるべきなんだろうけどね
さて 実際は どうかねぇ

( 以上 情報リンク元は 儚雪の空 様より )

初心者向けハウツー本 「30歳の保健体育」 主にセックル - アキバBlog
( 以上 情報リンク元は TBN 様より )

今日から裁判員候補への通知が発送!全国29万人に(via ◆めっつぉ - Intermezzo) - 明日は明日の風が吹く
 当たったら面倒だなぁと思いつつ……弁護士がすぐに犯罪者を精神病者に仕立て上げては無罪にしようとするのが許せなかったので、事実として殺人を犯してる場合には、死刑を宣言して帰ってくるぐらいのつもりでいるかな。
社会の上部構造への憤怒を発露させる場として機能するので
理性よりも感情が支配する判決が大勢となるだろうね
そうなると やっぱり
日本社会の上部構造の者が関わる裁判の裁判員選別が 本当に真っ当に行われるのかねぇ?www
だから やっぱり
裁判員制度は 労役にすぎなく 事実上の大増税であり
間違いなく 日本社会の経済再興への致命的な足枷となる。


[C75]ニュースサイト読本2008Final | MOON CHRONICLE - 明日は明日の風が吹く

マンナンライフからメールきたあああああああああああああ:アルファルファモザイク

無職時代か... 「派遣斬り」 : ITmedia オルタナティブ・ブログ

mixiが招待制廃止、15歳以上から参加可能に--「mixiアプリ」提供も:ニュース - CNET Japan
( 以上 情報リンク元は 明日は明日の風が吹く 様 より )

派遣の人の気持ちがわからない : キャリア・職場 : 発言小町
幸せに生きてきた人には 分からない だわなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
楽園で これからも生きていけると良いね
そんな貴方の宗教的観念が何故に成立しているのか 分からない んですので それ以上は何とも言えないが
楽園で生きている宗教家に その人が信じてる教説と違う説法をしても届く訳ないしね


「個人」「ニュースサイト」は運営者自身が楽しめる
ここでもコミュニケーションが下手な人間だから、
新聞の切抜き収集と同じことしてるだけ。

そして俺の書いてる言葉を信用しないように。
所詮ココは嘘・出鱈目・でっちあげだらけの自慰に等しいようなモノだから
気になったら自分で調べてください。


中田ヤスタカ(capsule) インタビュー
( 以上 情報リンク元は まなめはうす 様より )

「カエル!ジャパン」は広がっているか
始めて聞いたw そんなのしてたんだw
現実には 民衆を富ませられず労働時間の削減にも結び付かない
という結果を伴わない政治的行動なので 評価の対象にならないどころか断罪の対象となるんだけど。
なので 俺から見れば
 内閣府に属する者達は 民衆や労働者を守ることに一生懸命です
という免罪符にしか見えない。
内閣府に近い者達と与党は こうして仕事をしているんだから 許されるべきで
民衆などの批判は筋違い、って感じかな?w
内閣府の関係者や与党が悪いんじゃなくて
経団連が悪いって雰囲気を醸し出し矛先を変えたいだけですねw
聖書には悪魔が悪いって書いてあるので貴方も善行を心掛けて生きていきましょう
と言い続けて 素晴らしい共同体が成立した国家レベルでの事例があれば
教えて頂きたいなぁ


はてなブックマーク - 問題はひとを誰がどう育てるか - 雑種路線でいこう
問題はひとを誰がどう育てるか - 雑種路線でいこう
この手の話は 優秀な人材の引きとめの話 となる場合が多いんだけど
優秀と思っている人間へは「ある程度の説得力」で通じるはずが無いので
説得力に欠ける人間が いくら言っても無駄になるので 金の話にしかならなく
説得するよりは 如何に使いこなすかを考えた方が早い。
よって投資と還元の話にしかならない。
もし 貴方が「ある程度の説得力」以上の説得力を駆使できるのならば話は違ってくるが
実際は そんな人は殆どいないんだけどねw

んで 社会の大多数を構成する民衆の殆どは
自分を優秀とは思っていない人間 というか その程度な人間である と自身を思っている ので
投資と還元の話をするは むしろ逆効果である
なぜなら 自分を優秀とは思っていない人間 というか その程度な人間であると思って働く者は
自分の目の前の些事 と 自分への投資と還元 を
いちいち逐一に全ての局面で 比較して計算したりしない できない する気も起きない。
優秀な人 とやらは 計算するんでしょうけどねw

しかも
いちいち逐一に全ての局面で 比較して計算したりしない できない する気も起きない けど
勤勉に働く美徳なんて 日本社会には もはや無い。
そんなものは とっくに地へ堕ち 労働現場への士気回復の政治的無策は今後とも続くであろう。
となれば どうすれば良いのか?

優秀な人材 とは何か?
それなりに勤勉に真っ当に働いてくれる
実は それだけで充分に優秀な人材なのだ。
そんな当たり前のことを軽視して 
それなりで良いから勤勉に真っ当に働いてくれる より以上を
社会の大多数の民衆へ求める者こそが本当の愚か者なのだ。

では それなりで良いから勤勉に真っ当に働いてくれる より以上の
優秀な人材 とは何か?
それは 人の上に立つ能力 であり
費用と還元をのみ重視する程度な人間では 決してない。

費用と還元をの話は心に秘めつつ 
それなりで良いから勤勉に真っ当に働いてくれる人々の士気を費用を掛けずに高め
その士気の先に生じる興産を想像し創造し計算し
それなりで良いから勤勉に真っ当に働いてくれる人々へ還元した先で
自らも果実を得る。
しかも詐欺や錬金術の類を使わずにね。
そんな芸当ができる人間は優秀なのである。

とてもじゃないが
俺は ちょっと位は説得力を出せても
その先の芸当が可能な人間だとは 全くに思っていない。
せめて「まぁ それなりに真面目に頑張ろうか」って笑って言い続ける位しかできない。

さて 優秀と自負している人達は お元気なのでしょうか?



大和総研 / 医療の崩壊を食い止めるためには
なーんだ 医療保険の宣伝かwwwwww
馬鹿で豚にすぎない民衆が金を喜んで払う医療への誘導 を模索しながら皆保険制度の再構築の話
をしているのかと思ったのに 豚を捕まえて食う話なのね



家計に眠る「過剰貯蓄」国民生活の質の向上には「貯蓄から消費へ」という発想が不可欠 (pdf)
http://www.nira.or.jp/pdf/0804report.pdf
(老後などの)将来への不安を解消することで、もっと使ってもらいましょう、というのはそうなんでしょうけど、その財源として消費税ってのはロジックとしてどうなのか。
総合研究開発機構(NIRA)
財務資料|NIRAについて|総合研究開発機構(NIRA)
大爆笑だねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
此処に属する人間への報酬単位を 如何なる例外もなく時給¥800にすることが
最も効果的かと



はてなブックマーク - 貧困か?過労死か?「ノーと言えない労働者」つくる自己責任論が全労働者を貧困スパイラルに陥れる|すくらむ
貧困か?過労死か?「ノーと言えない労働者」つくる自己責任論が全労働者を貧困スパイラルに陥れる|すくらむ
「あんたそれだけ給料もらう仕事をしてるのか」と問われることになる。「それだけの給料もらってるのに仕事できないんだったら、あんたも非正規になれ、不公平でしょ」と言われる。すると、“私はそれだけの給料をもらえるに値する人間だ”、“私は常に成果をあげられる人間だ”ということを日々証明しないといけなくなってくる。

 労働市場から排除された人は、それで終わるわけではない。どんな劣悪な労働でもやるという、「ノーと言えない労働者」になって労働市場に戻ってくる。こうして労働市場は「ノーと言えない労働者」であふれてくる。
働かざる者は食うべからず という無垢な善性「勤勉さ」は
日々を労働で生き得るしかない者を縛り続ける美徳であった。
労働者を雇用する側にとっても それは都合が良いけど
双方に益があるからこそ 社会の美徳 民族共用の理念 として存続し続けていた。

働いている者ならば の共用の理念が成立し続けた先では
欲望成就の手法を最適化 は制限を受ける。
なぜなら、双方の益 全体の益を希求すれば 私益の突出は当然に抑制を求められるからだ。
よって 私的欲望成就の手法を最適化 は正当性を主張しきれない。

ところが日本社会の高度経済成長の先では
双方の益 全体の益 公的な益 益が得られなかった者への再配分
を口実にして
私的欲望成就の手法は最適化が行われ続けた、その抑止や制御は放置された。
近代民主主義国家では 本来は統治を委任された権力者の側が
“双方の益 全体の益 公的な益 益が得られなかった者への再配分
 を口実にした 私的欲望成就の手法は最適化”
の抑止や制御を 積極的に行わなければならない立場にある。


日本では 働かざる者は食うべからず という
日本人大和民族が受け継いだ民間伝統の美徳による高度経済成長によって(まぁ 他の理由は此処では省くw)
大東亜戦争時の負債が消え、
70年代から高度経済成長から安定成長時代への転換の根底にあるのも
働かざる者は食うべからず という 日本人大和民族が受け継いだ民衆伝統の美徳 だと思う。
そして大東亜戦争時の負債が消え 統治を委任された権力者の側への莫大な富が集約されたが
富を少しずつ掠め取る ということが 口実があれば黙認 とされ始めた。
そんな美味しさに 色々な人間が食いつき始めたが
赤信号みんなで渡れば怖くない と なり始めた。
近代民主主義国家で統治を委任された権力者の側から
“双方の益 全体の益 公的な益 益が得られなかった者への再配分
 を口実にした 私的欲望成就の手法は最適化”を
すなわち公益を私益へ還元するが積極的に行われる という 全く逆の事が始まり
やがて当然となっていった。

それでも日本では 働かざる者は食うべからず という
日本人大和民族が受け継いだ民衆伝統の美徳は
統治を委任された権力者の側への莫大な富の集約
今風に言えば 共同体のキャッシュフローが莫大であり続けた民族国家が成立しているゆえに
多少に掠め取られてもビクともせず その美徳も簡単には崩壊しなかった。


「働かざる者は食うべからず」で得られる益 よりも
赤信号みんなで渡れば怖くない で得られる益が上回り始め
その虚構の拡大と崩壊がバブル期であった。
本来「働かざる者は食うべからず」を真っ当に再興すれば良いだけだったが
統治を委任された権力者の側での
“双方の益 全体の益 公的な益 益が得られなかった者への再配分
 を口実にした 私的欲望成就の手法は最適化”を
すなわち公益を私益へ還元するが積極的に行われる
という「赤信号みんなで渡れば怖くない」は
もう止めようがない程に拡大解釈され続けてしまっていた。


日本は 民衆伝統の先で 全く逆の事が始まり
やがて当然となっていった。

そんな中で
働いても食い続けられない労働 で生きる人間に理性的美徳を求める 
なんてのは無理がありすぎる。
結果として
欲望成就の手法を最適化という悪徳を否定しきれなくなるので
社会の末端の あらゆる箇所で「赤信号みんなで渡れば怖くない」は容認され
働かざる者は食うべからず の美徳は 労働を強要する側の方便でしかなくなり
労働する側の「働かざる者は食うべからず」の保持は その価値を容易に失う。
日本が深刻なのは、労働市場の外で暮らしていける社会保障が制度的にないだけでなく、イデオロギー的にもないことだ。フランスの若者が「自分たちの労働力は安売りしない」「劣化した雇用では働かない」と主張し雇用制度の改悪を押し返したが、日本の若者が同じことを言ったらどうなるか。日本中から、袋だたきにあう状況だ。「ふざけんじゃねぇ働け」「甘えるんじゃねぇ」と、たたく人は、若者の甘えた根性をたたきおなしてやってるんだ、自分はいいことやってるんだみたいな気分になっている。

 貧困の問題に取り組むのは、「可哀想な誰かを助けてあげよう」というレベルの話ではない。
問題の本質が
半世紀近くも根本的解決をされないままに放置されてきた以上
もはや 生半可な政策では全く意味を為さない。
半世紀近く問題の本質を放置させ続けてきた権力集団の存続で それでも何とかなる
と思える人は きっと幸せな人なんだろうね。



貧困の問題は、労働市場全体にかかわる問題であり、すべての働く仲間の状況につながる問題だ。あらゆる職場の状況が、弱い人が切り捨てられやすくなってきている中で、どうやって全体でささえられるか。それぞれの職場の状況を改善するということと、貧困問題を改善していくということは、同じコインの裏表の関係にある。大事なのは、この問題意識を持った上で、いろんな問題に取り組めるかどうかだ。貧困問題は、すべての働く人の利益に直結する問題だ。すべての働く人が、自分の雇用・労働条件と、家族や仲間の雇用・労働条件を改善するために、貧困問題の改善に取り組む必要がある。
それは もはや無理だ。
日本人大和民族を結びつけてきた様々な共用の理念が完全に崩壊し
欲望成就の手法を最適化という悪徳
すなわち「赤信号みんなで渡れば怖くない」が単なる私益への公然とした口実と化しているのに
その状況下で 社会の大多数を構成する日本人大和民族の民衆へ
「みんなの為になるような改善へ取り組まないか」
と言っても もはや届かない。
理はある 充分にある、
衰退期から崩壊直前へ至った日本という共同体のピラミッドの全てに関わる問題では確かにあるが
下部構造を形成する馬鹿で豚にすぎない民衆へ それを理解しろというのは 宗教的文言に等しい。
すなわち説得力に欠けるのだ。

民衆を説得するには「貴方の私益に必ず還元されます」が絶対条件となる。
ただし 衰退期から崩壊直前へと至った理由の根幹が
近代民主主義国家の日本という共同体における本来は統治を委任された権力者と その側にあり、
そのことを漠然と理解し 更に富の収奪を大いに不服と思う
共同体の下部構造を形成する馬鹿で豚にすぎない日本人大和民族の民衆が
民衆伝統の断絶をさせて「勤勉に」働かなくなってしまった以上
勤勉に働かせる という説得力を作り出さなければならなくなった。
放っておいても勤勉に働く豚 という都合の良い存在は もはや日本に存在しない。

かろうじて古典とされるが如き観念に残るだけの状況下で
放っておいても勤勉に働く豚を作り出す という難事を目指すしか
人的資源しかない日本の再興はない。
そこにあって
「みんなの為になるような改善へ取り組まないか」
では足りなさすぎる。

「貴方の私益に必ず還元されます」
「公益を私益へと掠め取る者は粛清します 断罪します
 言い訳はあっても 容赦なく切り捨てます」
だから
「みんなの為になるような改善へ取り組まないか」
は説得力を持つ。
実現化すれば 更に説得力は増す。



国籍法の改正 とは
「公益を私益へと掠め取る者の粛清は断片的になります、断罪しきれません。
 言い訳ある人は黙認します」
という状況下にある。
そんな話で説得される人がいるのならば おめでたいし、
だから「みんなの為になるような改善へ取り組まないか」
と言われて、はい そうですか、と答える馬鹿がいるのか?
その挙句「貴方の私益に必ず還元されます」とか言い始める奴がいたら
そら もう 詐欺師だとしか思わなくなる、
というのが普通の考え方では無いという人がいるのならば
そんな人へは 説得をしても無駄であろう。

「貴方の私益に必ず還元されます」
「公益を私益へと掠め取る者は粛清します 断罪します
 言い訳はあっても 容赦なく切り捨てます」
「だから みんなの為になるような改善へ取り組まないか」
を衰退期から崩壊直前へと至った日本で行うには
民族国家の死すら覚悟した大量出血を伴う手術を図るしかない。
再興させるべくの手術に際して
生き返らせてみては それが日本人大和民族かどうか を問う気が無い人間は
日本人大和民族の「働かざる者は食うべからず」とかを問答する気もないだろうし、
血を入れ替えて骨格も切り替えて 蘇生させて 感謝したなら奴隷となれ
というような「赤信号みんなで渡れば怖くない」な話をし始めるだろうね。

もはや日本人大和民族には
滅亡を目の前にして 取り得る選択肢は 殆ど残されていない。
そういう時だから大博打を打ちたくなるは分かるけど
大博打に勝てる 運や精神論や英雄待望論 を求めるは下策も下策である。
結局 小さなことから一つ一つを万全にに遂行していくしかない。
“国籍発生を伴う認知”への偽装を防ぐべく 万全の期することができない
その程度の立法府行政府を許しておいては
滅亡に立ち向かう という最終目標が どうして乗り越えられようか。
この先 大陸からの人的侵略という 日本の歴史上にあっても類を見ない国難が進行中で
その尖兵の侵略攻撃の幇助に成りかねない法案に 意図的な稚拙さを残すは、
日本人大和民族の民衆へ「侵略を受ける という 苦境すら甘受せよ」と宣告するに等しく
それは独立民族国家「日本」の統治者層に許される言葉では 絶対に無い。

国籍法改正に伴うDNA鑑定は 法体系的に確かに厳しい面がある。
が その程度の問題ですら妥協の産物しか作り出せずに
挙句の果てに 本当の意味で万全を期する対処が出来ない国政しかできないならば
統治能力の致命的欠如の証明でしかない。
侵略という本当の国難 を解決する能力は欠片も期待できないだろう。


はてなブックマーク - 経営者が「失われた10年」を繰り返してはならない――花王・尾崎元規社長:NBonline(日経ビジネス オンライン)
手遅れ
なぜ「非正社員」はリストラされるのか?
奴隷にすぎないから。
「奴隷」とは道具でしかない という手法よりも
奴隷であろうとも人である という観念が上質とされていないから。
なぜなら 事実かどうかを別にして、
そもそも「奴隷」は存在しない が
日本社会での共通理念として確固たる前提条件とされているので、
奴隷であろうとも人である という論理が入り込む前提条件すら否定される。
事実上の奴隷にすぎない けど その者は自由民である という論理の方が正論とされるw
現状の 豚にすぎない日本人大和民族の民衆の 特に下層民が
生殺与奪の権利を自身が保持しているとでも?wwwwwwwwwwwwww
現状の 豚にすぎない日本人大和民族の民衆の 特に下層民が
自身の将来への指向を 自身が保持できるとでも?wwwwwwwwwwwwwww

今の日本で
 奴隷とは道具でしかない
  よりも
 奴隷であろうとも人である
という観念を個人の言動として貫く は 極めて難しいが
それを法的公的に支えるのが立法府と行政府の仕事である。
だが日本人大和民族の民衆への偽装の口実に使うは当然とする が 現在の統治層である。
 誰 が  真 っ 当 に 生 き よ う と す る の か な ぁ w



なるほど!訪日外国人の6割が感動した日本の魅力
( 以上 情報リンク元は socioarc 様より )


【正論】衆議院議員弁護士・稲田朋美 「国籍付与」は国会の重い課題 - MSN産経ニュース
 だれに国籍を与えるか、だれを国民として認めるかは国にとって重大な問題である。だからこそ憲法10条は国権の最高機関である国会に広い裁量を認めている。国民は平等に扱わなければならないが、それは本来国民になってからの問題で、だれを国民と認めるかは立法の裁量であり、主権の問題である。

 それでも最高裁は憲法解釈の最高権威であり、違憲立法審査権を持つ。最高裁が現在の国籍法を違憲とした以上、立法府はその判断を尊重しなければならない。しかしそのまま従うのではなく、立法府はその矜持(きょうじ)を示して最高裁の判断を尊重しつつ、さまざまな場合を想定して慎重に審議し、国籍付与を立法府の裁量としたことを意味あることとすることが求められる。
ここまでは良い
 ≪DNA鑑定は慎重に≫

 今回改正について多くの反対意見が寄せられた。ほとんどが偽装認知の横行への不安から、DNA鑑定を必須条件にせよというものだ。偽装認知は防がなければならない。だがDNA鑑定を要件とするのは、日本の家族法制度に変容をきたす恐れがないか慎重に検討しなければならない。

 昨年自民党内で民法772条の300日規定が見直されようとしたとき、私はDNA鑑定を法制度にもちこむことの危険性を主張した(昨年4月17日本欄)。民法は「親子関係=生物学的親子」という考え方をとっておらず、法的親子関係は子の安全な成長を確保するための法制度である。安易にDNA鑑定を取り入れることは、生物学的親子関係をすべてとする風潮につながりかねない。

 これに対し、国籍付与の前提としての認知にDNA鑑定を行うことは「血統主義」をとる我が国では当然であり、民法の親子関係に直接影響を与えるものではないと主張する人もいる。

 しかし仮にDNA鑑定を要件とすれば、今までなら父の認知後、父母が婚姻をして準正により当然に国籍を付与した場合にも鑑定を要件としなければ平仄(ひょうそく)が合わない。なぜなら最高裁は「父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得するか否かは、子にとっては自らの意思や努力では変えることのできない身分行為」である。これによって区別することは憲法14条の差別としたのだから、認知しただけの非嫡出子にDNA鑑定を要件とするのなら、父母が結婚した嫡出子にも鑑定を要件としなければ再度憲法違反をいわれる恐れが大きいからだ。
強調部、
「父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得するか否かは、
 子にとっては自らの意思や努力では変えることのできない身分行為」
だからこそ
親子関係の認知を認めないは差別に当たる。
でも
新たに国籍が発生する 部分への偽装の有無は
最高裁とて全くの否定はしていない。

国籍法改正について語るための基礎知識(2):裁判官たちは何を争い、何を国会に託したのか - 半可思惟
反対意見は仮装認知(偽装認知)のおそれについても言及しており、「日本との密接な結び付き」がないような場合でも国籍取得を認めることになるのではないかと危惧している。仮装認知について法廷意見は、そのようなおそれがあるにせよ、準正要件と仮装認知防止との間において合理的関連性があるものとは言えないと反論している。

この問題について近藤補足意見では、防止策として準正要件を設けることに合理性があるとは言えないとしつつ、

例えば、仮装認知を防止するために、父として子を認知しようとする者とその子との間に生物学上の父子関係が存することが科学的に証明されることを国籍取得の要件として付加することは、これも政策上の当否の面とは別として、将来に向けての選択肢になり得ないものではないであろう。


このように、本判決の後に、立法府が立法政策上の裁量を行使して、憲法に適合する範囲内で国籍法を改正し、準正要件に代わる新たな要件を設けることはあり得るところである。


と述べている。
それを  何 故 か 判 ら な い け ど 無 視 し て
 ↓
http://mkt5126.seesaa.net/article/110200898.html
民主党古本伸一郎氏の国籍法改正案にたいする質疑 - 気楽にいけるか!
現在認知されている父子関係を(DNA鑑定によって)ひっくり返すことになるかもしれない、
といわれたが現在わが国における認知においてはDNA鑑定を求めていない。
それはなぜかというと、かりに認知する子供が自分の実子ではなくても、認めるという、
いわば好意的認知というものが、かりに偽装認知があったとしても日本社会では寛容されてきた
という背景があるからである。
http://mkt5126.seesaa.net/article/110061448.html
既に DNA鑑定をしなければ掻い潜られるケースもあるのに
http://mkt5126.seesaa.net/article/110061448.html
それでも好意的に許容しろと?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 ≪血統主義にも誤解が≫ 

 しかし、父母が結婚している場合にまでDNA鑑定を要件とすることは、婚姻中に妻が懐胎した子を夫の子と推定している民法772条についても、真実の父を確定するためのDNA鑑定を持ち込まないとつじつまがあわなくなる恐れがある。
国籍要件が無い認知 と
国籍が発生する認知は 明確に違うけどwwwwwwwwww
現実にその混同をさせて時に 科学的検証をしなければ
偽装が立証できない事例が起きているのに?www
 そもそも国籍法上の「血統主義」は子の出生時に母または父が日本国籍であることを要求することである。そこにいう「父」は生物学上の父ではなく法律上の親子関係の発生した父を指す。つまり血統主義だから鑑定を義務付けるのが当然とはならない。

 むしろ国籍付与の条件としての父子関係と民法上の父子関係とは違うとして、国籍付与の場合にのみ鑑定を要件とするという考え方は、法的父子関係を複雑にし、理論上はありえても法制度として妥当とは言いがたい。
法的父子関係の曖昧さが国民への偽装になるを
科学的検証でなければ防げなかった事例があるのに
法制度としては防ぐ気が無いwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
何の為の立法府かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 DNA鑑定を要件とすることによる偽装の防止と、民法の家族制度のあり方への影響は慎重に検討しなければならない。
言い訳 お疲れさま。
社会不安の放置も許容せよ が
国権の最高機関の属する者の自民党 と 権力層に属するフジ産業経済 の言葉
と受け取りました。
とうとう 馬脚を現しましたねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

保守層の取り込みへの偽装にすぎませんでしたねwwwwwwwwwww


職務中にアダルトサイト 大阪・門真の水道局長、処分へ - 社会
「急に史跡見たくなった」無断欠勤の陸曹免職
よくある
こういう現場の人達が小さな問題で処分されても
天下り先を転々としては何億も報酬を受け取ったり
親族関係者へ予算を垂れ流す便宜を図ったり は
一向に減らないよね
上の首を取り 粛清を図るに躊躇をしていられる状況でもない


年金記録 組織的改竄認める 調査委報告書 現場レベルで関与 11月29日8時6分配信 産経新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000000-san-soci
 厚生年金記録の改竄(かいざん)問題で、舛添要一厚生労働相直属の調査委員会(委員長・野村修也中央大法科大学院教授)は28日、社会保険事務所の現場レベルでの組織的関与を認める報告書をまとめた。
制度設計の不備や監督責任も含め改竄への関与の度合いに応じて幹部や職員の懲戒処分を求めたが、刑事告発については時効の壁で「対象となる案件は見つからなかった」とした。ただ、今回調査したケースを「不適正処理の一類型にすぎない」とも強調しており、改竄被害はさらに広がる可能性もある。

 改竄は経営が苦しい零細事業主の求めに応じて滞納保険料を帳消しするために一部の社保事務所で始まり、その後、社員の記録改竄に広がったと分析。虚偽公文書作成罪や背任罪などに相当する3件が見つかったが、いずれも時効の成立で刑事告発できるものはなかった。
公的機関の面前調査って 信用できるねぇw
 改竄の疑いが強い6万9000件については、改竄の時期や地域性を分析。埼玉、東京、愛媛で改竄が多く、平成5〜7年に大量発生していたことが分かった。事業所数でみると4万2000社の記録であることも判明し、相当数の同僚社員の記録が改竄されている可能性も示唆した。

 調査委の野村委員長は、「社保庁はこの調査で幕引きを図るのではなく、自身で本格的調査と被害者救済を行うべきだ」とした。
被害者救済?元に戻すだけなので 救済とか以前の問題。
損失補填 の話であり これは救済とは言わない、言葉の偽装ですね。
不足額は 当然に時効があったとしても犯罪充当者が全額補填
足りなければ当時の直属上長が完全補填、ビタ一文まで取り立て
絶対に逃げきらせてはならない。親族であろうとも容赦なく取り立てろ。
そこまでの恐怖を与えた方が続発防止には効果的である。
それを 救済 とかいって また公費投入を当然とする甘さを見せては
同様の事件を必ず再び引き起こす。
何の為の調査委員会だったのか?
責任者を曖昧にして ツケを日本人大和民族民衆へ回す口実作りでしかなかった訳だねwww


まゆたんブログ:驚きのニュース
>2年前、まだ小学館でお世話になってた頃、当時の担当に、
>「快感フレーズの映画化の話が来たんだけど、めんどくさいから断わっといたから」
>と完全な事後報告で言われた時も唖然としましたが
小学館の編集すげえ。


株式会社ナムコ 弊社名を騙った架空の請求・督促状にご注意ください

( 以上 情報リンク元は 淡々と更新し続けるぞ雑記 様より )

漫画が読める出版社のサイトリスト(単行本試し読み、WEB雑誌)
http://mkt5126.seesaa.net/article/110251926.html
関連で コミックガム 紺野あずれ こえでおしごと - Google 検索 が
エロマンガなんだけど むしろ物語的に面白いので かなりオススメしたい

http://www.comicgum.com/00_story_v.php?Totalpage=4&F_Name=koede&File=1&TITLE=%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%A7%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%94%E3%81%A8%21
 ↑ 18禁注意 試し読み
単行本が出るのか これは買いたい


J-CASTニュース : 遅刻社員に駅で反省文読ませる動画をYouTubeへUPして自分のブログに張り付ける騒動 社長が「警察に被害届」
貸会議室運営のファーストステップの吉野翔太郎社長

DQN会社ファーストステップの取引先に電凸して対応を探ってみた。
ttp://anond.hatelabo.jp/20081127122415 - 2008年11月27日 15:37 - ウェブ魚拓

( 以上 情報リンク元は 酔拳の王 だんげの方 様より )

アクセス解析で振り返るまなめはうすの歴史 - ここにいるだれか
ウチはユニークで月50000〜 PVだと月60000〜 くらい
増えたなぁ・・・


東京ニンテンドーランドがあったら:VIPPERな俺
東京ドラクエランド - Google 検索
site:mkt5126.seesaa.net 東京ドラクエランド - Google 検索
http://mkt5126.seesaa.net/article/63101422.html
http://mkt5126.seesaa.net/article/45250953.html
( 以上 情報リンク元は 神コップBloG 様より )

【韓国】純債務国に8年ぶり転落、対外純債権−251億ドル
【韓国】李大統領「いま韓国株買えば1年後には金持ちに」

「児童への性的な姿態や虐待を描いた日本のアニメや漫画が世界中に」 国際会議、日本名指しで非難
記事元は 読売 ですねぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
真っ当に生きる事を希求する日本人大和民族がネットを経由して
国籍法における大きな動きとなったことが、
権力に擦り寄る犬でしかない読売サマは
本来は取り上げる必要もないような海の向こうの話をわざわざ記事にするほど
何か そんなに気に入らなかったのでしょうか?wwwwwwwwwwwwww


総選挙で、在日外国人の参政権実現へ。民主、公明とも「付与」強調…民団、根回し着々
さて、自民党は このキチガイ案件に本気で立ち向かえますか?w
口では何とでも言うけど とはなりませんか?www

( 以上 情報リンク元は 千年後の君へ 様より )

国籍法改正案審議で田中康夫氏が示した視点
半年ごとの報告で偽装認知の例がたくさんあったなどと不具合が報告されれば、それは法律の見直しにつながるということもありえるでしょう。国民の声が国会の場に届いた一つの証左だと思います。ただ、私が聞いているところでは、衆院法務委での付帯決議にあった「重国籍の検討」の条項は、今のところほとんどそのままの形で残る方向だそうです。
重国籍も偽装の道具となるだけ 徹底的に反対を貫かないとね
 そして、この日の法務委ではもと一つ、参院で民主党と統一会派を組んでいる新党日本の田中康夫代表の質問が興味深いものでした。
ニコニコで見ようと思ってたんだけど
最近のニコニコは とにかく重くてねw
テキスト化は 何故か遅いしww
 「私は今回の国籍法のいわゆる『改正』に疑義があると考えております。そして、DNA鑑定制度を導入するべきであり、そのことを明記すべきだと考えています。実は、人権保障を尊重するならばなおのこと、このDNA鑑定の導入が必要である」
 田中氏はこう述べた上で、「罪無き子供を奈落の底へと突き落とす蓋然性が極めて高い。当初から偽装認知奨励法にほかならぬと懸念されていた本法案は、人身売買促進法、ないしは小児性愛、ペドフィリアと呼ばれますが、小児性愛黙認法と呼び得る危険性をはらんでいると思います」と続け、DNA鑑定の必要性を訴えました。田中氏は、東南アジアの子供達が買い求められ、ペドフィリアの被害者、犠牲者にならないようにするためにもDNA鑑定が必要だと強調しています。

 さらに、この質疑の中で気になったのは、田中氏が「幸いにして、国民新党代表代行の亀井静香さんからも、また民主党幹事長の鳩山由紀夫さんからも、是非とも、良識の府参院で法案修正を勝ち取って衆院に差し戻してほしいと、昨日、直々に激励を受けた」と述べた部分でした。
それは面白いwwwwww
さて 参院で主導権を握る民主が
DNA鑑定を含めて という事での修正法案を衆院へ送り返した場合
自民党はどうするのかなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
さて どうなるかなぁwwww
 
( 以上 情報リンク元は 阿比留瑠比 国を憂い、われとわが身を甘やかすの記 様より )

外資のカモ・農林中金…1兆円増資でも足りない実態


麻生首相、経済界首脳に賃上げ要請へ
どのような階層への賃上げ要請かなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

農林中金:1兆数千億円増資へ…海外投資損失拡大
( 以上 情報リンク元は 山師ニュース 様より )

宮崎駿監督「悪人をやっつければ世界が平和になるという映画は作りません」
60 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2008/11/28(金) 17:56:03 ID:8JJJ1b3YO
ファンタジーとしての勧善懲悪はあっていい。
うん あくまで夢物語としてはね
( 以上 情報リンク元は ああ、昔にもどりたい 様より )

スコットランドとアイスランドの間に位置するフェロー諸島 ゴンドウクジラはもう食べられない 水銀汚染で長期的健康影響


韓国大宇 日本畑地総面積の6割以上の食料生産農地をマダガスカルに確保
 FAOが恐れる食料”新植民地主義”が一気に加速しはじめた。それとともに、食料輸出国のみならず、金持ち食料輸入国の商社やアグリビジネスの農産物輸入関税引き下げ・市場開放要求も強まることになるのだろう(李明博大統領が自由化に熱心なのもそのためか?⇒韓国ソウル地裁 貿易自由化抗議農民の死は政府の責任)。日本商社もこの動きと無縁ではない(例えば、三井物産:ブラジル農業生産事業への出資)。
韓国大字のマダガスカル農地投資 ”明らかにネオ・コロニアルに見える”―FT紙
これは要するに、多少の仕事を作り出すのと引き換えに、恐らくは森林(またはサバンナ、遊牧草地)が大部分をしめる広大な未開地をただで取得し、これに依存する多くの地方民を追い出し、この島にしかいない希少種を含む多くの野生動物を絶滅に追いやる、食料安全保障を口実にボロ儲けを企むビッグ・ビジネスによる蛮行と言わずして何であろうか。
食料不安が促す外国農地取得―主要例一覧
( 以上 情報リンク元は 農業情報研究所 様より )



日本軍事情報センター 最新情報 様 08年11月27日 より
アフリカ・ソマリア沖 海賊「自国で裁く」 英、摘発に実効性確保へ(産経 11月27日 朝刊)
[概要]英海事筋によれば、英政府はソマリア沖で横行する海賊を取り締まるため、英軍艦が公海上でも警察権を行使できるように海運法を改正する手続きを進めている。改正の目的は海賊を逮捕して自国の法廷で裁きをかけるのが狙い。欧州連合(EU)ではフランスを除き、この英国方式を参考に海賊摘発対策の検討を始めた。海運改正法は12月3日の女王演説で発表される。

 国連海洋法条約は締約国に対し海賊の取り締まりを認めているが、警察権を持たない軍艦が公海上で海賊を逮捕しても、どの国で裁判を受けさすかについて国内法が未整備の国が多かった。フランスは軍艦に警察権を認めているが、他の国は海賊船を取り締まっても、武器を海に捨てさせた後、海賊をソマリア海岸まで送り届けて解放するケースが目立っていた。

 今回の英国海運法改正では、英国人や英国の船舶が被害にあった場合は英国の法廷で、それ以外では、ソマリアの暫定政府があるケニアと犯罪人引き渡し条約を結び、海賊を引き渡す方向で調整を進めている。テロ対策としてソマリア周辺で不審船の臨検を行ってきた米側も、身柄を拘束した海賊の取り扱いについては国際的な法的枠組みを各国と検討している。

 国際商業会議所で海賊対策を担う国際海事局(IMB)のハウレット局次長は産経新聞に対し、「軍艦は攻撃を受けた場合に反撃できるが、海賊を積極的に取り締まる法の後ろ盾がなかった。海賊の活動範囲を広げている母船を封じ込めるには、各国の海軍が海賊を摘発できるよう国内法の整備を進めることが必要だ」と話した。

[コメント]日本のような法治国家では、いくら海賊退治が目的であっても、決められた法の枠を勝手に拡大し、海自の艦船が海賊船を攻撃することはできない。とにかく、どんな理由でも勝手に考えて、海上自衛隊の艦船をソマリア沖に送り、あとから新法を作ればいいという考えは健全な法治国家のすることではない。

 実は、日本が初めてペルシャ湾に掃海部隊を派遣する際や、カンボジアの国連PKO活動に部隊を派遣する時に、日本の一部にそのような考えがあることを知った。そのことは月刊「文藝春秋」誌の1990年11月号の「制服自衛官の侃々諤々(かんかんがくがく)」の拙稿に書いた。その取材では、初の自衛隊の海外派遣を目前にして、旧軍関係者や自衛隊OB(将官クラス)たちは、「とにかく何でも理由を探して現地に向かえ。理由(法整備)は後から考えられる」と力説する人が多かった。しかし現役の将補や1佐クラスのエリート(当時)は、「きちんと法整備をして、国民が合意して、その法のもとで海外派遣をお願いしたい」という主張だった。この考えの違いは、戦後の負の遺産から始まって拡充してきた自衛隊と、だいたいの整備が進んだ自衛隊で、あくまで自衛隊行動は法律によるものという意識の違いと思った。

 現代に自衛隊は、さらに進んで、事前に法律による法的裏付けと、国民の合意(世論)の支持を強く求めているのように感じる。そこで現実に返って国会の状況を見ると、今すぐソマリア沖の海賊退治に海自・艦船を派遣することは無理と思うしかない。無理を通せば通りが引っ込むと言うが、海自を無理やり派遣しても、その後の法整備も世論の賛意も得られないと思っている。

 ところでソマリア沖の海賊が、乗っ取った船の身代金を船主(オーナー)から受け取っていると思っている人が多いことを知った。じつは海賊が、船体、荷物、乗組員の身代金を要求する相手は保険会社なのである。船主にはまったく支払いを求めていない。もし海賊が乗組員を殺し、荷物を奪い、船を沈めるか売り払えば、保険会社は船主に保険金を支払うことになる。その保険金から船主は賠償金を支払うのである。だから海賊が交渉する相手は保険会社である。例えば保険会社が100億円の保険金を船主に払うなら、保険会社は海賊に身代金50億円を払えば、船体、荷物、乗組員が返還され、安くつくと保険会社と交渉するのである。

 その保険会社がさらに保険をかけているのが英国のロイド保険エージェントである。保険会社が海賊に支払う保険金はロイド保険エージェントから受け取る。保険会社も安全のためにロイドに保険をかけているからである。英国のロイド保険エージェントには帆船の時代からそのような保険ビジネスの伝統がある。

 だから今回のソマリア沖海賊事件の一方の当事者は英国のロイド保険エージェントになる。今回の英国の海運法改正には、保険ビジネスの根幹である英国ロイドの強い意思が込められている。

 だからソマリア沖の海賊ビジネスとは、海賊が船舶保険の大元のロイド保険エージェントから保険金の一部を脅し取ることなのである。船主と海賊には利害関係は発生していない。この点を意外と知らなかった人が多かった。

( 以上 情報リンク元は 日本軍事情報センター 最新情報 様より )


【全板集合】2chにある無駄な知識を集めるスレ92
797 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 22:46:42 ID:EtMwFEdI0
891 名前: 仕様書無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/10(月) 13:01:55
>今年7月の「洞爺湖サミット」に伴う業界の新台入れ替え自粛もあり
意味和姦ねぇw


898 名前: 仕様書無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/10(月) 20:52:37
>891
台を入れ替えると立会い検査を受けなきゃいけないが
警備で各地方から借り出されて人手不足なんでそんな
検査させんなゴルァー!

って理由だったと思う。


27 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 10:25:17 ID:i7LkVuxV0
25  水先案名無い人 [sage] 2008/11/23(日) 08:35:08 ID:Xs8qJ6/K0
110 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/22(土) 17:01:03 ID:zJT6xH6O
さっきスーパーにて3歳くらいの男の子と若い感じのお母さんの会話。

子「パパ今日フライト?」
母「そーだよー。だから今日は遅くしか帰って来れないんだわさ。」
子「パパ飛行機運転する?」
母「ううん、パパはしないよ。」
子「機長?」
母「あー、どうだったかな?たぶん今日は機長かな。」
子「タコー!」←たぶんタコって言ったと思う。
母「そうだね。」

タコ?タコ??パパは何をしてるんだい??


111 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/22(土) 17:38:13 ID:GAUIltKP
>>110
多分そのパパは海上自衛隊で哨戒機のパイロットやってる。
タコーっていうのは哨戒機に搭乗してる戦術航空士のこと。


29 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 10:44:46 ID:3+KBnei30
戦術予報士なら知っているが・・・・

( 以上 情報リンク元は mercredi 様 より )








ラベル:国籍法
posted by 誠 at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。