https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2009年05月27日

権力からのテロ に身構える者達

「森田健作」流“完全無所属”選挙戦術とは - 森田健作氏を告発する会

今マスクをしている人は首から「自分はメディアリテラシーがない人です。」と看板を下げているのと同じです。
誠天調書: タミフル景気で笑いが止まらないのは誰?  それでも息を吐くように嘘を吐くマスコミ新聞テレビ大手メディア  インフルエンザよりも その二次被害三次被害の方が あまりに深刻

「バンキシャ」を結局に打ち切らない、日テレのモラル。

自民党選対委員長古賀誠の金銭疑惑
 3か月前ほどから、自民党選対委員長古賀誠の金銭疑惑を取材執筆しています。被害者をある人から紹介され始めた取材ですが、あまりの酷さに驚かされています。金塗れというか、もう政治家としてというよりも、人として大きな疑問を感じるほどです。詳しい内容を、ここで書くことはできませんが、雑誌に掲載する方向で動いています。


政権が 非常事態対応の東條内閣憲兵政治の様な有様 では何でもやるでしょ。藁に縋る気でいるでしょ。

金庫は空っぽ、長期金利、ドル、中国

小泉進次郎候補が対立候補との握手を拒否

自民党のビラより 郵政民営化(笑)すると・・・

( 以上 情報リンク元は とりにく 様より )

日本の警察・検察行政の真実を実体験として知る方がまた一人増え、より数百万人、あるいは数千万人の方が、重要な「知られざる真実」に目を向ける機会を得たと思う。  大久保隆規氏保釈実現と西松事件の本質
その当事者だからこそ言葉
( 以上 情報リンク元は 植草一秀の『知られざる真実』 様より )


大久保秘書の保釈が決定
二見伸明:燕雀安(いずく)んぞ鴻鵠の志を知らんや  彼らが恐れているのは、民主党ではなく、小沢なのである。

 政党政治では「野党の最も重要な仕事」は、衆議院を解散に追い込み、政権を奪取することである。しかし、戦後の日本政治史で、本気で政権を狙う野党は存在しなかった。自民党の長期政権を暗黙のうちに是認し、与野党は「呉越同舟」という名の舟に、仲良しクラブよろしく同乗し、「泰平の眠り」をむさぼっていた。それを覚ましたのが「小沢丸」という蒸気船である。

 民主党と自由党が合併する以前の旧民主党の幹部が、私に「民主党は『や(野)党でもなければ、よ(与)党でもない。ゆ党だ』」と自嘲気味に語ったことを思い出す。民主党の全国会議員と秘書に選挙応援することを指示・命令し、勝利した千葉、山口の衆議院補欠選挙は、民主党の「ぬるま湯文化」を打ち壊し、政権獲得に執念を燃やす小沢の凄さを内外に示したのである。自身の秘書団を全国に派遣し、自らも先頭に立って政権交代を訴え、支持者獲得に東奔西走する野党党首は、小沢が「最初で最後」であろう。

 小沢が自民党を飛び出したとき「小沢に何ができるか」と高をくくっていた自民党と「霞ヶ関」は、細川護煕を担いで連立政権を樹立し、自民党を下野させた小沢の手腕と力量に恐怖心を抱き、さらに、一昨年の参院選で完敗させられて、骨の髄まで「小沢憎悪」と「小沢恐怖」で凝りかたまった。小沢を政治的に抹殺することは、いまや、自民党が生き延びるための至上命題になっている。石原伸晃氏が「小沢が選挙担当の代表代行に就任したのはおかしい。議員辞職すべきだ」と、5月24日のNHKテレビの日曜討論で発言したのも、その典型である。今後、6月19日の西松建設の初公判に的を絞って、小沢攻撃を仕掛けてくることが予想される。彼らが恐れているのは、民主党ではなく、小沢なのである。


西松事件 とは何だったのかを説明するに 極めて重要な文章の一つ
と言いきっても構わない程に 事象の本質を分かりやすく説明して頂けている。
言葉を綴る者として 少し悔しくなるほどの説得力がある。

だからこそ権力を持つ者の政治テロは起きたのだ を説明する時は
コレを使おうと思う。

 健全野党という耳あたりのいい言葉がある。「政局=解散を優先するのではなく、政府をチェックし、政策で競い、政府案を修正させるのが健全野党」だというのである。しかし、それは、野党の副次的な役割であって、耳あたりのいい言葉は、一歩間違えば、野党を政権の補完勢力化する、「民主ファシズム」になりかねない、危険な理論である。野党は、自己の政策・理念を実現するために、隙あらば解散と政権奪取を狙うのが、政党政治の王道である。解散を狙う手強い野党の存在は与野党間に緊張をもたらし、どちらが国の将来、国民の生活に利するか、競わざるを得なくなる。「モノわかりのいい『ゆ党』はファシズムの温床」なのである。


 小沢は、多くの欠点を抱えた「The Man Who Wants To Save Japan」(タイム)である。しかし、小沢の生命とも言える民主党の旗印が、敵の毒矢で灰塵に帰するかもしれないと直感した時の小沢の憤りは、想像を絶するものがある。「ぬるま湯文化」の味が忘れられない一部の議員に、小沢は深い失望感も覚えたであろう。にもかかわらず、全身に槍キズ、刀キズを受けながら、敵陣に切り込む小沢に、私情を超えて、本物の政治家、サムライを見る思いがする。「平成維新」を待望する私たちは、広い視野、大きな度量で小沢を見る必要があるのではないだろうか。さもなければ、「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」である。

ネットの日本語圏では
小沢が踏み止まった分だけ
馬鹿で豚にすぎない民衆の ちょっと上へ踏み出そうとする者達を数多く輩出した。

全く無駄では無かった、それで良い ならばよし と思おうじゃないかと。
まだまだ先は長い、此処で立ち往生している場合でもない。
次へ進もう と思う、防衛戦の一つの山を越えたに過ぎない。

自民党を引き摺り下ろす という大きな山が まだ先にあり
実は その先にこそ もっと険しく苦しく そして超えなければならない山も谷もある。
内憂外患には まだまだ事欠かない 手綱を緩められる局面には全く無い。

西松事件というテロを引き起こした者達へ
結果的に敵を増やし そして敵を強化させたに過ぎないことを 後悔させねばならない。

言わせて頂ければ
テロを放った者達とて その一部には 外患と戦う事にならば充分に優秀で使える人材もあろうが
だからこそ
こんな内憂を造り放った愚かしさ を徹底的に後悔させねばならない。
引き摺り下ろし その時間を作ってやらねばなるまい

守るべきは 国でも国体でも政体でもなく
まず大和民族系日本人の より底辺に近い民衆をこそ守ろうとしなければ
その守るべき位置を間違えては 何も始まらない

今後、6月19日の西松建設の初公判に的を絞って、
小沢攻撃を仕掛けてくることが予想される。


「大久保秘書保釈」腐りきったマスコミ
マスコミ自身が足で稼ぎ頭を使うことすら出来ないから
権力と馴れ合い情報を貰う検察情報垂れ流しの種明かしは
国民にばれているのであるが
それでも権力は強力な力を持っていることを私たちは自覚しないといけないと思う。
第2第3の攻撃があることを覚悟して構えないといけない。
西松事件は 権力を握る側からの政治テロ にすぎない事が 馬鹿馬鹿しい程に分かる。
そのテロを 結果的に逆手に取った小沢の その得意の後手からの一手 の後の
西松事件の顛末の その手を引く連中の動きは まさに軽蔑としか値しないね。
恥ずかしい事をしてでも権力に阿る連中は
今後とも同じように 人として恥ずかしいテロを平然とするだろうね



あと 適当に拾ったのを置いておきます


逃亡の恐れも証拠隠滅の恐れもないということ。検察側は、公判をどう維持するのでしょうか?
高橋嘉信という本当の黒幕を訴追できないまま、面子を守るためにのみ大久保秘書を起訴に持ち込んだ検察は、6月19日より始まる初公判以降、どのような戦略を立てているのだろうか。

小沢一郎降ろしプロジェクトの結果

【よく頑張った大久保秘書!?】民主・小沢氏の大久保秘書、保釈 西松建設違法献金事件

検察の準抗告が棄却され、大久保秘書が保釈される
大久保秘書保釈されて談話発表。「やましいことした覚えない」

小沢代表代行の大久保秘書が保釈 記事を差し替える報道もいくつかあり
まぁ 事実だとしたら、狙いが分かりすぎて 哀れに思える

( 以上 情報リンク元は トニー四角の穴を掘って叫ブログ 様より )


日本の民主主義を守った、大久保隆規氏
( 以上 情報リンク元は Aobadai Life 様より )


小沢一郎・衆院議員の公設第一秘書保釈
( 以上 情報リンク元は 国会傍聴記 by宮崎信行 様より )


二見伸明:燕雀安(いずく)んぞ鴻鵠の志を知らんや
 私は一国平和主義者ではない。かつて、自衛隊の将官と懇談したとき、彼らは異口同音に「死ぬかもしれない紛争に『行け』と命令するのは、外務省ではなく私たちだ」と語っていた。世界恐慌を機に日本は、二・二六事件、日中戦争、日独伊防共協定、太平洋戦争突入の道を転がり落ちた歴史をもっている。金融恐慌の最中、北朝鮮の「核の脅威」を口実に、「自衛のための先制攻撃」「日本も核武装」を声高に言いはじめた輩が悪夢のような歴史と二重写しになってくる。
リンクが間に合わないし 追いきれてないんだけど
インフル騒動や北の核などの報道の裏で かなりの法案が 動きだしている
それは 上記に記した線で一本に繋がっている。
かなり注意して見ていかなければならない

( 以上 情報リンク元は トニー四角の穴を掘って叫ブログ 様より )

「防衛計画の大綱」に向け、自民党国防部会がまとめた提言案が明らかになり、この中では、自衛のために敵の基地などを攻撃する能力を自衛隊に持たせることを検討すべきだなどとしています
( 以上 情報リンク元は 晴天とら日和 様より )

古く 欧州支配の影響を受けた 中国やインドが 軍備増強したとて 日本は追う(マネる)必要がない。
軍備増強の全てが悪とか言う気は更々に無いが
政権交代後の防衛予算を猛烈に心配している連中の
この上ない焦りを感じるよねwwww

( 以上 情報リンク元は ジョージィのおとなりさんたち 様より )

北朝鮮が地下核実験に成功…朝鮮中央通信
まったく最近の北朝鮮のやることは混乱している。4月5日のテポドン2発射は人工衛星の打ち上げという中露を説得させる言葉があった。

しかし今回の核実験は中国やロシアばかりか、国際社会(国連・安保理)に挑戦する悪意しかない。

北朝鮮の集団指導体制(労働党、人民軍、金ファミリー)は互いに「腕比べ」の対抗段階に入った様だ。本格的な混乱が始まる。

今回は軍部が暴走した可能性がある。テポドン・ミサイル発射(労働党)、米国人記者2人の拘束(保衛部 ファミリー)、それに核実験(軍部)である。
カネの流れの先 が どのあたりか
を妄想するには 色々と考えられたりもするけどwww
あくまで妄想ですよ 妄想w

北核実験は決議違反 「新たな制裁」目指す 国連安保理
今回の核実験はあきらかに軍部の行ったもので、労働党は関与していないと思う。しかし軍部の暴走に労働党は危機感を持ち、国際世論の反発を避けるため、中国やアメリカに事前通報(1時間前)したのではないか。この1時間前通報には核実験を行った軍部は関与していないと思う。

昨日も強く感じたが、今朝の新聞各紙を読んでも、北朝鮮の指導部が混乱している気がしてならない。北朝鮮(金正日)流の謀略や脅迫であっても、深い思慮が全く感じないからだ。軍部と党が競争(対抗意識)を持ち、権力闘争を始めるような気がしてならない。もはや金正日には軍と党を従わす力はなくなったとしか思えない。

これから北朝鮮でどのような混乱が発生するのか。日本は油断なく注視して確かな対応に入る時期がきたようだ。
北の権力構造が変化しているのならば
当然にカネの流れがどうなってるのか という部分と無関係ではいられなくなる
さて どうなっていたのかなぁw どうなっていくのかなぁw



まだ核実験によって発生する空中の放射能物資も採取されていなので核実験さえも成功したとはいえない。今の段階で分かっていることは、地震波の測定から前回よりも爆発規模が大きかったというだけである。

それにしても不思議なのは、日本のメディアでは、昨日の核実験で北朝鮮は核弾頭の小型化に成功したという話しがあった。さらには2回目の核実験でノドンに小型核弾頭が搭載可能になったという。どうして昨日の核実験でそんなことが分かるか不思議である。
ま ぁ   そ う い う こ と だ よ ね w

今、気になるのは北朝鮮の地下核実験が横穴方式で行われたことである。横穴式は掘削時の土砂の運搬(排出)に車両などが使える利点があるが、核爆発後は地下水脈を伝わって放射能が地上にしみ出る可能性が高い。今後、北朝鮮の住民が深刻な放射能被害を受ける危険が高くなった。

( 以上 情報リンク元は 日本軍事情報センター 様より )

盧武鉉の自殺  日本政治における統一教会の影響力は、深く大規模なものであり、司法の右傾化に大きな役割を果たしていると考えるべきである。
( 以上 情報リンク元は 東海アマのブログ 様より )

民主党嫌いの正体
ウチのコメントでも一人で複数のIPアドレスを持ってる人が確認できましたし
そもそも書き込みの量=民意では無いんだし 大手サイトは既にして相当数が買収済み。
おまけに国粋主義的原理主義者は 自身が狂信的な宗教家である事を自覚しない。

となれば
ネットに接続するだけで情報弱者から脱却できる訳ではない以上
マスコミ新聞テレビ大手メディアの扇動 に
微笑みと憐れみを以って「よちよち大変でちゅね」とあやしてあげる
のと同じく
ファビョってる人達 カネの流れや神の流れや情報の流れ に攫われる人達には
微笑みと憐れみを以って「よちよち大変でちゅね」とあやしてあげる しかないんじゃないかと


エロゲオタが感じる規制への理不尽感

ネット接続免許なんてただの飾りです。偉いネタ帳の人にはそれがわからんのです
( 以上 情報リンク元は 自動揉め事ニュース作成 様 より )


“しまむらコンプレックス”から“しまむらプライド”へ 「ファッションセンターしまむら」好調の秘密
基本的に低価格路線で一般民衆の手の届く範囲の価格域での販売
だから 売り上げが堅調 ということかと
すなわち 全く景気回復が為されていない事の証にすぎない。
俺も しまむら嫌いじゃないよ


クルーグマン教授「給付金は0点だ」 与謝野氏と対談
http://www.asahi.com/business/update/0524/TKY200905240130.html
与謝野氏は「どうせ金を使うなら人々が驚くぐらいの額を、という考え方だ」と説明。
来年春には日本経済はプラス成長になっていると思う」と話した。
与謝野の言葉と麻原彰晃の言葉は 同程度の信憑性しかない
「インパール作戦は いずれ成功する」との違いが見当たらない。
それが どれほど政治家として致命的か それすら分からないならば
大和民族系日本人として どれほどの不幸になるか、とまで考えてしまうレベルの話
 これに対してクルーグマン氏は「もっと積極性がほしい」と指摘。日本の景気回復の時期については「患者は最悪の状況を脱したと思うが、いつ退院できるかはわからない。5年かも10年かもしれない」と厳しい見方を示した。
コレからもっと悪くなるが当然 どれだけ悪くさせないか が焦点
という事を言えない段階で 詐欺師だがww
どんだけ甘いんだかwwww

 2兆円の定額給付金については「他の国で失敗している。米国では歴史的にみて給付金は使われず、ほとんど貯金される」と批判。省エネ家電への買い替えを優遇するエコポイント制度に対しては「評価は保留。現時点でポイントが何に使えるかわからないのに、ポイントが与えられる理由がよくわからない」とした。

( 以上 情報リンク元は 儚雪の空 様より )

ワーク・ライフ・バランスは3歳まで?〜子育て支援の時限 4月21日、通称「育児・介護休業法」(正式には「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律」)の改正案が閣議決定され、国会に提出された。
罰則規定 という話が無いので これまで同様に空証文でしかない訳だがwwwww
誰が守るの? キャノンが順守したら信じるけどねwwww

( 以上 情報リンク元は socioarc 様より )

セコム警備員、警報装置切って学校で窃盗未遂容疑 大分
http://www.asahi.com/national/update/0526/SEB200905250034.html
警備会社はケイサツの天下り先なので 本当に都合の悪い情報は出さない 出すはずがない
隠蔽は常にある と考える方が自然で当然。
今回のが特殊な事例 とか思う人は 相当におめでたい。

誠天調書 2009年03月23日
放火だとすれば、犯人の一部には工事関係者または警備関係者の可能性が高い。
こういう連中ならセンサーを無効化するのは簡単だから。

投稿 半兵衛 | 2009/03/22 14:09
簡単だという事が証明された訳でwwwwwwwwwww
麻生の祖父の吉田茂が晩年を過ごした“コイズミの地元に近い”旧吉田邸は
どうして燃えたんだろうなぁ(棒読み)

誠天調書 2009年03月25日
セコム 小泉 - Google 検索

(  以上 情報リンク元は BRAINSTORM 様より )


ETC割引あおり、「呉・松山フェリー」廃止し会社清算へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090525-OYT1T00915.htm
瀬戸内海が橋で結ばれた段階で この命運は避けられなかった訳で
今回は その最後の一撃にすぎない
残念だけど それ以上でもそれ以下でもない


TBS視聴率すげえwwwww
29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/22(金) 10:14:39.94 ID:RMjZXh770
他所も似たようなもんじゃないの

( 以上 情報リンク元は 明日は明日の風が吹く 様 より )

主要テレビ局銘柄の期末決算をグラフ化してみる……(1)スポット広告とタイム広告、業績概略
主要テレビ局銘柄の期末決算をグラフ化してみる……(2)業績斜め読みとスポット広告の落ち込み
主要テレビ局銘柄の期末決算をグラフ化してみる……(3)放送事業と利益、TBSの特殊事情は継続中、そして小まとめ
ここまでの記事(1〜3)を箇条書きにまとめると次のようになる。

・テレビCMは番組買取の「タイム広告」と、番組の間に流される「スポット広告」に大別される。
・キー局5局すべてがスポット広告の減少を受けてテレビ放送事業・経常利益で前年比マイナス。景気の鈍化による影響が大きい。
・スポット広告の落ち込みは加速中。
・各局は業績の悪化を制作費削減で補おうとしている。しかし収入減を支えきれず、さらに番組の質の低下によるものと思われる反動が出始めている。
・TBSは放送事業による収益がマイナスに転じ、不動産と放送の周辺事業でどうにか最終黒字を維持している。
・フジメディアHDはライブドアとの和解金で最終黒字を確保。これが無ければ実質赤字を計上していた。

まさに典型的な斜陽産業な訳でw

主要テレビ局銘柄の期末決算をグラフ化してみる……(4)主要テレビ局の収益構造を再点検してみる
元々各局本業の「テレビ放送事業」は(地方局への「電波料」などの出費負担があり)、利益率がそれほど高いわけではない。さらに景気の変動など他要因に動かされやすい傾向がある。その上どうしても一定額の固定費(放送設備や維持のための人件費)が必要とされるため、損益分岐点ギリギリで売上を出しているのが現状。「広告媒体そのものの構造変化」(インターネットや携帯電話の普及)の影響が漸次浸透拡大化して収益率が悪化する中で、景気後退に止めをさされた形だ。早急に対処をしなければ、テレビ局の主事業である「放送事業」単独では業績が成り立たなくなる可能性は低くない。

主要テレビ局銘柄の期末決算をグラフ化してみる……(5)主要テレビ局の「スポット広告の減り具合」をグラフ化してみる、そしてまとめ
収益を他の副次的事業に頼る段階で
本来の独占的特権を保持させ続ける必然性は 極めて乏しくなる。
更に
失った信用を再構築するよりも目先の利益に喰いつくが更なる信用を落とすスパイラル。
創り上げるモノは信用であり作品の品質であるはずなのに
利益を貪る事を先に考えるから 結局に何も残せない、
という事を繰り返してきたツケが吐き出されっているだけ。
これまでしてきた傍若無人な悪逆非道を考えれば 全く同情をする必要もありません

結局 この句の意味を超える説明は無い


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ

( 以上 情報リンク元は まなめはうす 様より )


テレビのこれから|遠藤雅伸公式blog

ダウンロードの詳細 - Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465)
ダウンロードの詳細 - Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) DVD ISO (KB948465)
ダウンロードの詳細 - x64 ベース システム用の Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465)
マイクロソフト、Windows Vistaの新サービスパックSP2を配布開始
記事読む必要ないんで直で。Vistaのクソっぷりに辟易している人は爆発的に速度が改善されるので入れるが吉。
だそうです
( 以上 情報リンク元は 淡々と更新し続けるぞ雑記 様より )

人とロボットの秘密:第2章-2 ロボットは考えているのか、いないのか
( 以上 情報リンク元は RinRin王国 様より )

安彦良和が描くギリシャ叙情詩「オデュッセウスの冒険」
オリジンの方が佳境に入ったのに こんな事もしてたのねw
アリオンのマンガは合戦シーンとかも好き


漫画家アシスタントを雇う側の作家の気持ち

ゲーマガのアイマス痛ステッカーが半端ねぇ
(  以上 情報リンク元は 痕跡症候群 様より )

ニコニコ動画で一日にうpられてる動画の長さを調べてみた。
YouTubeには毎分ほとんど1日分のビデオがアップロードされている


日本橋にマスクの在庫あり。ただしイオシスクオリティ。: せなか:オタロードBlog

職務質問に答えないと逮捕されますか?
拒否して立ち去ろうとした
→けれども数人で隙間なく取り囲まれているので 警察官が回り込んで立ちふさがる
→警察官に かすかに触れてしまった
→公務執行妨害で逮捕

しゃがみ込んで目一杯の悲鳴をあげ続けて 周囲に助けを求める
それ以外に広域暴力団桜田組から逃れられる術はない

チンピラに絡まれて困ってる人間を放置するに者は非人間的行為なので
助けてあげないは いじめを放置する人 という烙印を押される

( 以上 情報リンク元は everything is gone 様より )


裁判員制度が始まった

( 以上 情報リンク元は 東海アマのブログ 様より )









posted by 誠 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。