https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2009年06月01日

もう事実として法が法として機能してない日本

平成21年5月31日執行 阿久根市長選挙 開票結果
投票率 82.59パーセント





あっさり9時35分ごろ阿久根市長は竹原氏再選の当確速報がテレビの画面に出た。
遠くて近いインターネット:阿久根選挙
( 以上 情報リンク元は 新・土佐日記 様より )

阿久根訪問レポート

竹原氏 再選

竹原氏の不信任を決議する臨時議会で、ある対抗議員の言葉がお利口さんで印象的だった。「市長が政府を批判するなどあってはならないですよ」と・・・。”恥を知れ〜恥を!”とでもいうような口ぶりであった(笑)

木を見て森見ぬふり
( 以上 情報リンク元は 竹原信一という男 様より )

2009/05/29 (金) 選挙応援に来ています
まさか行くとは思わなかったwwww
 ↓
2009/05/30 (土) 前言撤回 報告します(1)ヘンテコリンな法律 ということで、阿久根市の市長選挙の報告です。私が応援しているのは、もちろん、竹原信一候補です。
竹原さんは、相変わらずの竹原節で、
「今までの選挙は、誰を当選させても変わらない選挙だった」

「今のような選挙の方法では、できる人が選挙に出ると思います?出るわけないでしょ。仕事をしてますよ。仕事ができないから、市長やら議員でもやろうかと言う事で出てる人がほとんどでしょ。選挙のシステム自体に問題がある」


2009/05/31 (日) がんばれー!阿久根!  「たくさんの市民の方が市政に関心を持ってくれました。大成功です」選挙最終日に車から降りてきた竹原さんの言葉。
( 以上 情報リンク元は にわやま由紀の議会ノート 様より )

不正な議会に適応するより、不信任案を可決される方がよいのだ。
( 以上 情報リンク元は 諸野脇 正の闘う哲学 様より )





5月28日付の米ニューヨークタイムズが、小沢事件の真相(国策捜査と、メディア操作)を世界に報道
( 以上 情報リンク元は Aobadai Life 様より )

ニューヨーク・タイムズが書く「検察情報とメディアの追随」
(  以上 情報リンク元は 保坂展人のどこどこ日記 様より )

米紙、日本メディアのヘタレぶりを大批判

「リーク」の現場は、こんな感じである

「検閲国家」の打破には、まずは政権交代だ 「国会会議録検索システム」にすら載らない「事前検閲」が罷り通る国

「敵基地攻撃論」に関して
 こうした言動は、きちんと報じなければならい。ただし、「事実をたんたんと書く」「要人の発言をそのまま、いわば客観的に書く」というだけでは、これは、情報のタレ流しである。情報のたれ流しは、既成事実の追認と紙一重であり、既成事実化に手を貸すことにも繋がりかねない。
 こうした流れを防ぐには、これも当たり前すぎるほど当たり前の話だが、記者側が種々の機会を捉えて、どんどん質問をぶつけるしかない。それも、「反問」を、である。

すべての取材がそうであるように、相手がだれであれ、取材は「質問」こそが命なのだ。「反問」こそが命なのだ。

( 以上 情報リンク元は ニュースの現場で考えること 様より )

「社会の木鐸」とは。 おもねるから、「マスゴミ」などと国民から軽蔑されるのである

堀江貴文(ホリエモン)は世間に誤解されている
必要以上に英雄視したり必要以上に悪人扱いしたり は
そういう事をする連中こそをまず疑え って事だよねwww
だからと言って免罪される訳でもないけど


インターネット業界、30歳からのキャリア論
その世代ですが それ以前の問題なので そもそも話にならない。
3200時間以上を働いて200万以下しか年収が無い人間なのでキャリアもくそも無いのが俺w


共産党に対する疑念

久米宏「自民党が今、政権が維持できるならば共産党と手を組んだとしても全くおかしくない。今の共産党は昔の共産党ではない。民主党はそこまで想定しているか」
さすがは久米宏である。
自民党という政党の本質をずばりと突いている。

まったく、そのとおりで、自民党のことだ。
今回の西松建設の問題でも、裏から共産党に手をまわして、
共産党に小沢批判をさせるということや、
総選挙後の首班指名選挙をにらんで、
なんらかの手をまわしていても、まったく不思議ではない。
いや、たぶん、もうやっていると考えるべきだ。

これまで政権与党に対しての国会質問で、
共産党が、それに対峙する勢力から、
利用されてきた流れをみていても、

何かしらの便宜供与との見返りに、
自民党が共産党を取り込んでいたとしても、まったく不思議ではない。

共産党が自民公明と手を結ぶ例となれば
公正取引委員会委員長 竹島一彦 が
全政党と全マスコミ新聞テレビ大手メディアを相手にして戦おうとした
site:mkt5126.seesaa.net 特殊指定 竹島一彦 - Google 検索
がある

自社さの連立 と似た関係が生まれる可能性
というか既に生まれている可能性は充分に有り得る訳で。
反自民という冠の奪い合い でニヤニヤできるのは自民当人だからね
千葉市長選挙は思いっきりそういう構図だもんねwwwwwwwwwwwww

 ↓
千葉市長選野党統一で「ガラス張り」31歳候補−JanJanニュース
2009/05/08
 ↓
なのに
千葉市長選挙、共産の独自候補擁立なら自殺行為では?
共産党が直前に寝返る

ザ・選挙 -選挙情報-千葉市長選挙 2009年05月31日告示  2009年06月14日投票
所詮 共産主義という宗教の組織で
赤旗という収入源でマスコミ新聞テレビ大手メディアとは同じ穴のムジナ。
共産党へ票が流れて大笑いするのは自民のみなんだけど
宗教家は右も左も 結果からすればしている事は換わらない
自覚が無い部分でも同じだよね
 極右と極左が 結局は自民党に利する行動しかしない
その両方によって保守王国が成立する千葉を まざまざと眼前に見せ付けられる

あと
消費者庁→野田聖子→生協パルシステム→共産党
のルートも かなり怪しいと思っている
蒟蒻畑騒動を見てもね

( 以上 情報リンク元は Aobadai Life 様より )


殺人自治体北九州市。生活保護抑制。情けない国になったよ、日本
美しい国を支える裏方が社会党や共産党だった訳でwwww
( 以上 情報リンク元は 風の歌が聞こえる街 様より )


首相が「罪を犯す意思がない行為でも逮捕される」と公言する国 by郷原信郎氏
刑法38条1項に記されている通り、「罪を犯す意思がない行為は、罰しない。」のが刑事処罰の大原則であることは、刑法について勉強したことがない人だって誰でも知っているくらいなのに、検察庁を含む行政組織全体のトップである麻生が、その基本原則に反する発言をしたからだ。

最後に郷原氏は次のように結んでいる。

これは、単なる「間違い」とか「無知」というレベルで片付けられることではない。犯意がなくても逮捕できる、首相が公言し、それが許容される。戦前の治安維持法の世界を思わせるような恐ろしいことがこの国に起きている、という現実に、我々は向き合わなければならない。 


今回の首相討論で、自公政権を代表する麻生の頭の中に描かれたヴィジョンは、民主主義国家ではなく、独裁主義国家であることが証明された。
看過できない党首討論での麻生発言 (山口一臣の「ダメだめ編集長日記」)
 ちなみに、ぼくが驚いたのは次のくだり。

麻生:いろんな議論を積み重ねて、少なくとも、後援会には企業団体からの寄付は禁止になったわけですから、そういった意味では、それを犯された方が、そこにいらっしゃるわけです。

 これは鳩山さんが色をなして怒るのも無理もない。いったいだれが罪を認定したというのでしょうか。これは新聞・テレビがタレ流した「完落ち誤報」に直結する問題です。みなさんもご存じのとおり、各紙が「違法献金を認める供述をした」と報じた小沢一郎前代表の公設秘書は、保釈後、次のようなコメントを発表しています。

「問題とされている政治資金に関しては、私は政治資金規正法の定めに従って適切に処理し、かつ、そのとおり政治資金収支報告書に正しく記載したものであり、法を犯す意図など毛頭無く、やましいことをした覚えはありません。この点は、裁判の中できちんと争うべきことで、自分の主張は法廷で明らかにして参りたいと思います」

 つまり、明確に否認しているわけです。
 本人が認めていない明確な否認事件にもかかわらず「それを犯された方が、そこにいらっしゃる」とは、どんな神経をしているのかと思います。

きのうはぼくも、「鳩山さんがちょっと有利」みたいなこと言ってしまいましたが、これは麻生さん失格負けでしょう。っていうか総理の資格ゼロです。法の原則を知らない、守らない。

( 以上 情報リンク元は とりにく 様より )

付ける薬が無い首相発言だが、そこにはとてつもない恐怖が
「特別の規定」によって罰せられる過失としては、業務上過失致死罪、過失致死傷罪などが挙げられる。また、実務上は「法律の不知」や「常識・知識の欠如」など、いかなる理由であれ減軽されることなどはほとんどない。だが、罪を犯す意思がない行為を、罰しないのは刑事処罰の大原則であり、刑法の基本である。その有名な判例が、次にご紹介する「たぬき・むじな事件」だ。

たぬき・むじな事件 - Wikipedia
聞いた事はあったけど詳しく知らなかった なるほど面白い


もうお分かりいただけたと思うが、法治国家の首相が、法に違反してなくとも逮捕されることは十分にあると、国会の党首討論で言ったのだ。繰り返す、この国では・・・・、

法に違反してなくとも逮捕されることは十分にある

と首相が国会の討論で言ったのだ。す、スゲー!?



もっと言っちゃおう。国家の代表が、法に違反してなくとも逮捕されると言うのだ。しかもだ、もっと言うと、ここで問題とされているのは企業献金と分かってて受け取ったのではないかと言う点だ。

ところがその一方では森田健作は自身が責任者である2つの資金管理団体の片方で企業献金を受け、そこから自分個人に献金しているから、こちらは疑惑でもなんでもない事実として迂回献金を行っている。それが何のお咎めも無いのだ。


もう事実として法が法として機能してない上、国の最高権力者が法に違反してなくとも逮捕されることは十分にあると公言しちゃうのだ、スゴイ、凄すぎる。



もっとスゴイのは、この麻生首相の発言にマスコミは?と気が付かない事だ。いや、実際は皆気付いているはず、気付いているのに気が付かないフリして、話を矮小化してしまっているのだ。マスコミ人とて全部が全部、御用マスゴミ人ではないだろう。中には悶々と悩みながら、行間にせいいっぱいの真実を現そうとしているのかも知れない。

だが、ハッキリ言ってそんなの分からない。やはり真実を伝えてナンボのジャーナリズムだろう。まして戦場に行って命を取られるわけでもない。自分の国の中の出来事を、しかも衆人が見た事実を、そのまま伝えることがそんなに難しいのだろうか。

職業に貴賎は無いと言うが、今や私や私の知人達の間には、所謂大手メディアに属するジャーナリストなる職業は、権力の犬であり、唾棄すべき卑しい職業との認識が広がっている。

( 以上 情報リンク元は 棒に怒る日本人 様より )

【もう「麻生人気」を捏造するしか手がない糞内閣w】てめえの親戚が運営するニコニコ動画のインチキ「世論調査」でも支持率3割

朝鮮半島で「人工的」な危機!!

新型インフルと北朝鮮ミサイルに見る、水際症候群という日本の病
私たちがしなければならないのは、マスクをすることではなくて、マスクをはずすことである。同じように、攻撃ミサイルや戦略核を持つことではなく、武力による問題解決を断念することである。


政・官・業癒着構造を一人で体現する塩谷立文科大臣 ここまで汚い政・官・業の癒着は滅多にお目にかかれるものではない。
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でもコレすらが氷山の一角なんだろうなぁwwwwwww

( 以上 情報リンク元は とりにく 様より )




posted by 誠 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。