https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2009年09月07日

鳩山兄新政権の肝 菅直人 副大臣 国家戦略局担当大臣 政調会長

何度でも書くけど このブログの言葉なんか 一文字たりとて信じてはだめですよ



高速道路無料化による国交通省経済効果試算の驚くべき事実
まずはコレから
至極に真っ当なに読み解いてある記事なので 安心してリンクできる。

高速無料化 国交省 試算 - Google ニュース
高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める
高速道無料化「試算なし」と答弁 国交省、2月の国会質問で - Google 検索
J-CASTニュース : 高速無料化の経済効果 「試算存在せず」はウソだった
うん 出てきたねぇ 良かったよねぇ あるはずだもんねぇwww
という訳で まぁ 高速無料化は それなりの紆余曲折はありそうだけど
この件は やっぱり馬淵議員に任せれば とりあえずは安心かな

もっとも 徹底的に抵抗するようだけどね
馬淵 高速 - Google ニュース日付順 (重複も表示) 
この検索結果を見て おかしいとか思わない人間は ネットから離れた方が良いかとwww
酷いほどに 露骨な検索避けがあったりするなぁwwwwwwwwwwwwwwwww
あまりに妙なので というか新聞社のサイトへ 記事を直接に見に行ったら
紙面ではあるのにネットには流さない部分が かなりあったよwww

高速道路の通行料金の3兆円近くのカネは 何処へ消えたか分からないんだけど
「それを守りたくて守りたくて守りたくて仕方が無い人達」を支援したい電波芸人
みのもんた や TBS解説・専門記者室長 杉尾秀哉 とやらは
恥ずかしくないのかな? 馬鹿なのかな?
まぁ両方だろうね だから「芸人」なんだけどねww

なので 鳩山兄新政権にとっての抵抗勢力「マスコミ新聞テレビ大手メディア」は
今まで以上にインチキしか言わなくなりましたから 潰しにいきましょう。
ネット工作も 相変わらずしてるようですからwww
高速道路通行料無料化はまだ体制変化の入り口に過ぎない。この先に更なる大事業があるのだ。反対しているようなものはさっさと切り捨て、スタードダッシュで置き去りにして不都合はないだろう。

俺は新聞を取ってないんだけど 仕事場に新聞が来てるんで
朝日の一面をのみ見て 爆笑した
爆笑したのは 上記記事の部分よりも 他の部分。

( 以上 情報リンク元は トニー四角の穴を掘って叫ブログ 様より )

そして これも先に
http://mkt5126.seesaa.net/article/126788403.html
副島隆彦 今日のぼやき 2009年8月29日
 これから述べる 改革方針 (日本改造プログラム)は、佐藤勝(さとうまさる)氏と、私が意見が一致したことなのだが、以下のとおりとなる。「まず、財務省には、まだ急いで手をつけない。今、急に、財務省の主計官たちや、主税局に手を出す{改革を断行する)と、国家予算の執行(=これが政治・行政の中心部分)に、支障をきたすので大変なことになる。政権に打撃を与える。

 だから、すぐには財務省には手を出さない。新設される国家戦略局(こっかせんりゃくきょく)の管理下に、財務省も置くべきだが、手順としては、後回しにする。 

 それよりも、外務省、厚生労働省・社会保険庁、総務省、法務省のこの4つを、徹底的に改革する。
まず、事務次官を、それぞれ、2人ずつ、続けざまに首を切る。 事務次官{各省のトップ)を、続けて2人ずつ飛ばすと、官僚制度は、ガタガタになる。官僚支配体制なるものは、たったこれだけで大きな機能麻痺を起す。それほどに脆(もろ)いものなのだ。

 彼ら官僚(高級公務員)たちから、魔力を奪い取れば、それまで、恐ろしい竜や大蛇の姿をしていたのが、本来のトカゲか毛虫になってしまう。この魔力自体が、日本国民に抱かせていた彼ら官僚どもが詐術で作った、国民騙しの幻想だ。この幻想をはく奪すれば、あとには、地味でまじめな 業務遂行公務員 たちが残る。 

 公務員たちは、ただしく政治家の言う事を聞いて、忠実に動けばそれでいいのだ。 政治家たちは、選挙によって、国民の洗礼を浴び、信託を受けている。


民主党の「国家戦略局」の具体像が知りたい
国家戦略局について、もう一度、政治主導(官邸主導)について考えてみたい。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090830-592896/news/20090905-OYT1T01101.htm
国家戦略局に議員ら10人登用、官僚は連絡役どまり
国家戦略局に議員ら10人登用、官僚は連絡役どまり

 民主党は5日、新政権で予算の骨格策定などにあたる首相直属の国家戦略局について、国家戦略相とこれを補佐する国会議員ら約10人による「準備室」としてスタートさせる方針を固めた。

 準備室が助言を得るため、10人程度の専門家による有識者会議も設ける。

 国家戦略局は、同党の衆院選政権公約(マニフェスト)の目玉。鳩山代表は秋の臨時国会か来年の通常国会で、同局を設置するための法案成立を目指す。法改正後は準備室のメンバーを全員、国家戦略局のスタッフとして登用する予定だ。

 民主党は新政権発足直後から、2009年度予算執行の見直しや10年度予算の基本方針の策定にあたる方針だ。国家戦略相に内定した菅代表代行を中心に準備室を設け司令塔とする。

 準備室のスタッフには、中堅国会議員5人と、党で政策立案にかかわってきた職員ら約5人の計10人程度を起用する方針だ。国会議員5人は当面、首相補佐官などの肩書で分野別に戦略相を補佐する。戦略相は党政調会長を兼務し、国会議員5人にも政調会長代理などの役職を兼務させる方向だ。官僚は準備室に登用せず、「連絡役」として各省庁から担当職員を出させる方向で調整している。

 有識者会議には、経済・財政、外交、社会保障などの専門家を集める。
 秋の臨時国会で「国家戦略局設置法」を制定してから正式に発足する国家戦略局が新政権の司令塔であり、菅直人代表代行が副総理兼国家戦略局担当大臣に就任するとされている。また菅氏が民主党の政調会長も兼任して「党と官邸の二重構造」を避けて内閣に一元化するとしている。
するに 菅直人は
・副大臣
・国家戦略局担当大臣
・政調会長

を拝命する訳だ。

ここ数日「国家戦略局」とはなんぞや? という事を書いてきて まだ曖昧だったけど
俺的には この肩書の3つで 結構はっきりした気になった。思いっきり妄想したくなった。



誠天調書 2009年09月05日
官房長官に平野博文氏が内定
逆にコレで
民主の官僚への財政への 監査攻撃は 更に熾烈を極める可能性が高まった。
おそらく 既に 民主の各「前職からの議員」は それぞれの持ち場で動き出しているだろう。
おそらく それを 前面でバランスを岡田が 後からバランスを菅が それぞれに取りながら
鳩山兄の補佐に入る。
となれば 新人議員を大量に輩出した党運営などしている余裕は欠片も無いので
小沢に一任するは むしろ適材適所で当然の処置
既に新政権は動き出していると見て良い。

こんな短期間に そんだけのカネを動かせば
補正予算 13兆9256億円 - Google 検索
当然にボロが出てくるに決まってるのにねwwwww
しかも 自民落城による火事場泥棒での公金強盗 をこそ主目的にしてた のがミエミエなんだから
叩けば 埃はおろか インチキしか出てこないであろうは 簡単に予想できる。

そこが 民主が手を突っ込むきっかけ となるだろう、位の読みもできずにカネに執着するのならば
その愚かさを徹底的に思い知らせてやれば良いと思うw

誠天調書 2009年09月06日
国家戦略局 と言いながら
其処は 民主党の各議員などなどの調整役になる事は必至だろうねw
ただ その調整全てを統括する という観点で考えれば
まさに【国家戦略】局と言う名に相応しいけどね。
其処に菅が座する予定かぁ
官僚側には悪夢としか言いようがないだろうねwwwwwwwwwww


菅 エイズ - Google 検索
菅直人 - Wikipedia 薬害エイズ事件
薬害エイズ真相究明
菅 薬害エイズ 郡司ファイル - Google 検索
2007年10月26日(金) 菅vs舛添 薬害で新旧厚労相一騎討ち
要するに コレと同じ事を
副大臣という 首相同然の格付けで
国家戦略局という 国家の一大改革という名目で
政調会長という肩書を持って
全ての省庁に対して 行う、
という事を宣言したのである。
鳩山次期首相から直々に。


では 妄想的に軽いノリで ホラ話でも書いてみようか

馬淵「高速道路無料化による国交通省経済効果試算 が あるはずです 出してください」
国土交通省「ありません」

だったのが
馬淵「高速道路無料化による国交通省経済効果試算 が あるはずです 出してください」
国土交通省「ありません」
馬淵「分かりました。菅の親分 調整の出番ですぜ」
菅「おうよ 乗り込むぞ」
国土交通省「ちょwww 待って下さいwww  あ!なんか別の資料まで持ってこうとしてません?ww」
菅「どうする?」
国土交通省「・・・実はあったんです。」
菅「調整終了」

ってな話じゃね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
という訳で 手を叩いて爆笑しちゃった訳ですよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

えっと例えば 社会保険庁でも 同じ事が出来るよね
長妻「年金が どれだけの赤字状況にあるか明細があるはずです 出してください」
社会保険庁「ありません」

だったのが
長妻「年金が どれだけの赤字状況にあるか明細があるはずです 出してください」
社会保険庁「ありません」
長妻「分かりました。菅の親分 調整の出番ですぜ」
菅「おうよ 乗り込むぞ」
社会保険庁「ちょwww 待って下さいwww  あ!なんか別の資料まで持ってこうとしてません?ww」
菅「どうする?」
社会保険庁「・・・実はあったんです。」
菅「調整終了」


コレ 同じ事を全ての省庁で始める訳だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もうwktkが止まらないわなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

こう考えると
国家戦略局とは調整役であるが 同時に鳩山兄新政権の肝でもある。
今頃 泣きが入り始めていると思うよww 霞が関の人達や その向こうの人達はw
まぁ今頃 シュレッダーを掛けまくってるのかもねwwww

この国土交通省→道路公団や社会保険庁などに突っ込んで肩慣らしをして
おそらく 相当に早い時期に 総務省→郵政 へ突撃する可能性があるんじゃね?
法務省→官憲 は どのタイミングかなぁ?

いやぁ 政権交代って 本当に楽しいですねwwwwwwwwwwwwww


だから前に書いたように
枠組み作りそのものは民主に任せて構わないから
むしろ国家戦略局に入れてくれ と言い始めた方が早い。
か もしくは 余計な事は言わずに動き出しては
何かあったら「調整」を頼む って事を個別の事案で始めちゃった方が早いと思います。


(  以上 情報リンク元は 保坂展人のどこどこ日記 様より )

攻撃型を避け、調整を重視した官房長官人事
菅が官房長官になるという説もあったようだが、鳩山代表からすると、それではやりにくいということだろう。幹事長も、官房長官も重量級では、かえってバランスが悪い。

小沢も菅も、攻撃に強いタイプだ。小沢は寡黙に攻め、菅は舌鋒鋭く迫る。ところが、二人とも守りにはいささか弱い。
俺的には 菅を官房長官にするとの憶測を放置しては
国家戦略局の 中身を狙いを真意を 悟られないようにしては
官僚側の焚書や防衛体制を遅らせる策だったんじゃないのかなぁ とすら思えてくるw

菅以外に この役を担う適任者はいないんだが、
そもそも国家戦略局は 相当に昔から考えられていた以上
どう考えても菅の為に新設すると決まってました 本当にありがとうございました、
だよねwwwww



期待高まる国家戦略局の足を引っ張ってはならない
本筋は こうなるよね、
分かってる人が書くと 俺のように与太話にならない。
本当に助かります。

予算編成の無駄への監査 となれば その予算関連の資料の精査になるが
問答無用で部署へ抜き打ちに乗り込むような人が後ろに控えていれば
とてもじゃないが 予算編成で下手を打てない。
また サボタージュや誤魔化しは 逆に乗り込まれる口実となる。
まさに 鳩山兄政権の肝 が 菅直人 である。

ということを 自民党やマスコミ新聞テレビ大手メディアが
理解できないならば 報道をして情報流通を担う役としては無能の極みを晒すだけ であり
理解してなお真っ当に書かないのならば それは国家反逆に等しい。
国家戦略局に対するマスコミ新聞テレビ大手メディアの報道が ちょっと変だなぁ
って思ったのが 俺に妄想を書かせる理由の一つだけど
まぁ 此処で書いてある事に 確たる証拠は何も無いw
出てきた情報の欠片を繋ぎ合わせたら
マスコミ新聞テレビ大手メディアが大声で言い始める事とは 全く別の姿になる
ので こうして自慰行為の如くか書き綴っているのみ

という訳で いつも通り 俺の言葉を一文字たりとて信じてはダメですよw


ついでにコレ
馬淵 高速 - Google ニュース日付順 (重複も表示)
この検索結果を見て おかしいとか思わない人間は 馬鹿 と言われても仕方ないかとwww
酷いほどに 露骨な検索避けがされてるなぁwwwwwwwwwwwwwwwww

(  以上 情報リンク元は 永田町異聞 様より )

菅直人を「蹴飛ばす」伸子夫人 国家戦略局の推進力に?
1996年1月の第1次橋本連立内閣に遡る。菅はこの内閣で厚生大臣に就任するが、のっけから『菅・官戦争』突入の兆しが……

初の就任記者会見。並の大臣は官僚から手渡されたペーパーを棒読みするが、菅大臣は官僚の作ったペーパーを丸めてポケットにしまい、「薬害エイズの問題を一刻も早く処置したいと思っている」と、自前の感想を。

この時の模様を夫から聞かされていたらしい。伸子夫人は次のように……

「総理大臣室から出てすぐ記者会見。『大臣これです』といって官僚から手渡されたペーパーを菅は『これを読んだら終わりだ』と思ったらしい。あとで見ると、役所がやってもらいたいことが書いてあり、後で止めようと思っても、『大臣あのとき言いましたよ』とやられてしまうと……」

「で、励まされたんですか?」に、伸子夫人は「励ましじゃなくて蹴飛ばしたんですよ。(問題発覚から)15年も立っているのに何もしていないなんて……と怒鳴ったのを覚えていますよ」と。

(  以上 情報リンク元は ゲンダイ的考察日記 様より )

国交省次官? 「キミたちは政策のことは考えなくて良いから・・・」 菅直人 国家戦略局長
信用ならんと言えば、この人たち。
魑魅魍魎な高級官僚どもが、公務そっちのけで民主党詣でを競っています。

権力の使い方がまだ未熟な民主党幹部へ必死のアピールですが、垂らしこめようとする魂胆はミエミエで、こっちは "騙されたフリ" するのに苦労します。
民主党の霞ヶ関解体計画、別名 "霞ヶ関が痛い計画"は3年計画です。
来年の参院選までは、国土交通省と農水省、そして厚生労働省がターゲットです。
それまでは、財務省と外務省は "温存" しておく方針です。

乗り方が判らないクルマの運転には、そのメーカーのエンジニアに聞くのが一番!
ノウハウを学ぶまでは、おとなしく教えを守りますが、学ぶものがなくなったら "ハイ!サヨナラ!" です。
のつもりでしたが、我らが "イラ菅"。
怒る声がカンナがキーキー鳴くようなので、最近では "イラ菅" とは呼ばれず、 "カンナ音" サンと呼ばれる、菅さんが、早速ぶった切っちゃった (笑) ようです。
22人擁立した東京都小選挙区で21勝1敗と言う圧倒的勝利を収めた自信でしょうか。
すっかり副総理の貫禄です。

大勢が判明した31日夜に、早速 「新政権、民主党幹部の皆様に、ご挨拶を兼ねてお会いしたい。 ご指導賜ることも多々あると思う」 などと、選挙前とは手のひら返したかのような御託を並べる国土交通(笑)の谷口次官。

財務省の "踊るタンゴ" こと丹呉事務次官、
外務省の "密約真相は薮の中" こと藪中事務次官が開票日翌日に呼ばれたのに、この人と農水省の "痛テ〜" こと井出事務次官には一向にお声がかかりませんでした。
井出は、もう直ぐ辞めてもらうことになるので、呼ぶ必要はないのですが、この谷口は 「どうしても、お会いしてお考えをお聞きして、時間の許す限り応答したい」 なんてのたまうもんですから、副総理がお会いになったと言うことです。
床に額をつけんばかりにアタマを下げ、必死に "政策" の説明をしようとする谷口に対し、我らが菅副総理はこう言い放ったそうです。
「谷口クン!キミたちはもう政策のことは考えなくて良いから・・・」
お気の毒です。
谷口さん。
お帰りの際、見た人によれば、顔は汗でびしょびしょ。
ワイシャツは、襟の部分まで "汗びっしょり" で、まさに満身びしょびしょ状態だったそうです。

国土交通省や農水省のバカ役人どもは、まだ公共事業の "予算配分権" で既得権を発揮しようと考えているようです。
こいつら、政権が変わったってことがまだわかっていません。
国家戦略局っていうのは、首相官邸で囲碁でもやると思ってるのでしょうか (笑)。
予算配分権をお前らから奪うために、国家戦略局を創設するんだヨ!

( 以上 情報リンク元は ラ・ターシュに魅せられて 様より )


民主党を馬鹿にする官僚は結局国民をコケにしていることが分っていないようだ
今日初めてテレビでニュース系の番組を看た。フジテレビの「サキヨミ」だ。
衆院選の話の冒頭で匿名のデブの官僚が自民党議員の秘書と語っている中で、
「民主党の大臣は国会答弁で官僚いなくて大丈夫かな」
なんて上から目線そのままの官僚らしい傲慢発言していたが、
お前の言っていることは違うだろうってことだ。

民主党の「脱」官僚依存と言うのは、
官僚主導での政策立案や法案策定ではないってことで、
官僚はその手助けをするってことだよ。勘違いするんじゃねえよ。
国会答弁では当然お前たちは大臣の補佐をするのは当然だろうが、
それが仕事だよ。勘違いするな。

こういう自民党を馬鹿にして来たそのままの体質で民主党を馬鹿にしている勘違い官僚は、
それが国民をコケにしていることなのだと言うことが理解出来ていないようだ。
こういう傲慢官僚を叩き直すのが民主党の最大の課題でもあるんだろうな。
サボタージュは 菅の突撃の口実を作る事になる
攻撃力のある副大臣の突撃を受けて耐えきれる官僚がいるのならば
それはそれで 相当にタフな奴なので むしろ抜擢してやっても良いかもねww
頑張ってね


マニフェスト原理主義はほどほどに。高速道路無料化試算を国交省が隠蔽していたのが発覚とか、マニフェストなどいくらでも修正すれば良い
マニフェストを100%実現しないと約束破り
みたいな発言だ。それはおかしいだろう。

民主党が出したマニフェストはあくまでも野党の立場で、
中央官庁の隠蔽している財源や調査など様々なものを知悉しない状況で作っている
あくまでも実現したい理想だろう。

そんなものを数年で実現できるならば、
これまでの自民党と官僚たちは何の仕事もしていなかった証明みたいなもので、

現実にコイズミは最大公約である国債30兆円枠を破っても
「公約なんて破っても大したことない」と嘯いていたのだが、
その時にマスゴミはコイズミの公約違反を批判でもしただろうか。
コイズミの尻舐め狗でしかなかったマスゴミは完全スルー。

さらに、アベシンゾーは年金問題で1年で解決すると大見栄を切ったが
それもスルー。
公約が100%実現されるなら誰も苦労しない。

それを、マスゴミは民主党に限って、
マニフェスト原理主義を押し付け、
まるで100%実現できないのは失格だみたいな論調だ。
ネットウヨは  勝っても負けても自民支持! という方針だけは変えない
だから民主党も言った事は守れ という論法と同じ。
ガキの悪口のレベルで そら全国放送の生放送の中で小沢に馬鹿にされるわなwww
政権を取れば、
これまで官僚と自民党が隠蔽していた中央官庁に隠されたものが明らかになって来る。
そのようにいくらでも現実は変化していく。
それに合わせて、マニフェストで謳っていることも臨機応変に修正していけば良いんだよ。


無料化すれば高速道路に回るから渋滞が増す と言っているような論調も多いが、
車を実際にそれほど走らせていない連中のボケ発言だ。
ある程度の距離なら高速道路は信号がない、
歩行者、自転車、50CCバイクなどがゼロと言うことで安全性が高く、走行効率性が高い。
車でもっとも排気ガス問題があるのは信号でのゴーストップによるもので、
それが減るだけでも効果は大きい。しかも渋滞がそんなに延々と続く訳もない。

しかも、車のマス自体は変化しないのに、排ガスが増加する ということは
なんだか意味がサッパリだ。
北極海の氷が溶けるから海面上昇するみたいな話だ。


そして、一番笑えるのは、
新自由主義など何でもアメリカ様のおっしゃる通りでゴゼエマスの自民党が、
高速道路無料のアメリカの事実を全く持ち出さないで民主党案を攻撃することだ。
マスコミ新聞テレビ大手メディアを通じて民主批判をしている元は どの辺りか?
ということだよねwwwwwwwwwwwwwww


あまりに浅ましい心根が露見の読売新聞の岡田外相への記事のねじ曲がった根性
外相は忙しいから遠ざかるのが狙いだ、みたいな?????
そのもののベクトルに論理的脈絡もなく反転。

能力があり、人脈もあり、
日本にとって最重要な外交を任せられるから外相への起用が考えられているんだから、
それならそれで、
「日本の国益と独立を重視した自立した外交を展開して欲しい」とか期待論へ行くはずなのに、
「華々しい閣僚ポストに体良く追いやられた」はないだろうが。

華々しい閣僚ポストってのは「追いやられた」的なそんな程度の職務なのかい。
それなら、読売の記者は外交なんてたいしたことのないもの、
民主党ないの党運営の方が数段重要だと判断しているってことになるのだが、
お前は究極の馬鹿か。



http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2009/09/post-d177.html
それにしても、
自民の狗そのものに徹していた時事通信の政治記者 田崎史郎が
今夜はなんだか自民党批判しているがな。
さっそく民主党への恭順姿勢なのかい。二重権力構造批判に関しても、
ステレオタイプ的見方で巧く行くと思いますよ
とまるで民主党批判していた過去はどこへ行ったかのような変化には笑えました。



2ヶ月以上の政治空白を生んだことになる“責任力”麻生政権と自民党
保守政党や国民のための政策を行ってきたという自負があるのであるならば、臨時アドバイザリーとして民主党議員を指名し、代理出席をさせるくらいの度量はほしかった。

政治空白の危険性は一切伝えず、民主党の政策がどうのこうの、小沢がどうのこうのと書く産経が保守や外交、安全保障などと書く資格があるのだろうか。


自民党の再生は不可能?各県連のコメントを集めてみた
色々な地方の事情がある事は確かなのだが、選挙の時に自民党が喚いていた「政策で判断」ということには殆ど触れていない。
つまり、地方は政策より利権が第一なのだろうか。
利権が票に結びついていたということを自民党の県連がばらしたようなものである。
更に
ネガキャンに終始をしたことに何処の県連も触れてはいない。この体質が自民党にある限りは、そっぽを向かれることにさえ気がついていない。「二大政党の片方が自民党」ということは無理だと思えてならない。
自民党 上から下まで下衆揃い自民大阪の怒りの矛先は橋下知事 批判の嵐
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090906-OYT1T00095.htm
 自民党は大阪の19小選挙区で15人を擁立したものの、1勝14敗。自身も負けた中山氏は会合後、橋下知事への不満を漏らし始めた。

 「我々は彼のために全力を挙げたのに、自民党候補との選挙ポスター撮影をお願いしても、断られた」

 2008年の知事選で橋下知事を支援した同党府連は、橋下知事を衆院選の劣勢をはね返す“切り札”と考えていたが、当人は分権政策の観点から民主党支持を表明。報道陣に囲まれた中山氏は「党員が怒っている」「信頼できない」と延々と<橋下批判>を展開。今後の知事との関係を問われると、「関係は尾を引かないよ。向こうが(尾を)切ったから」と切り捨てた。



運動員が逮捕をされた議員(候補者)名一覧
*京都2区:前原誠司氏(民主)小選挙区当選

(容疑を認めているという)

( 以上 情報リンク元は 雑感 様より )

自民党の金権政治の歴史、今なお続く
Comment
13148 2009.09.04 Fri 19:03 気弱な地上げ屋 #hy9433ho
美爾依様

コメントは久しぶりです。
ジミン・ジミン・ジミン・ジミンとセミのように連続して、
自民党民主派とも民主党ジミン派とも称される彼が登場しましたね(笑)。

京都府警捜査2課を中心とした集中取締り本部は、連日関係者の事情聴取を朝から晩までやっています。
連座制対象まで引っ張るつもりのようです。
ここでバッジを外してもらえると、
稲盛会長もこの愚か者を見捨てる口実が出来ますし、
彼としても次期総選挙は晴れてジミン公認で出れますので、
万事上手く収まるわけです (笑)。


ところで、美爾依センセイも相互リンクなさっている、スーことsuyap様。
Ms. だそうです(笑)。
「美爾依センセイにも間違えられた」 と、ご本人憤慨しておりました(笑)。

前原は連座制の対象


13160 2009.09.06 Sun 06:06 kaetzchen #HfMzn2gY
urusi さま 私も若い頃,しばらく厚生省にいました.

私の死んだ親父は清水建設の一級建築士として,田中角栄の担当の営業をしていた者です.

urusi さんの言われる通り,田中角栄が総理の時代には既に高度成長期まっただなかで,親父は毎日徹夜で高層建築の設計や接待に追われる日々でした.

私も親父が設計したJR新潟駅を一緒に見に行った経験がありますが,とにかく上越線にしても道路にしても不便で,確かに新潟へ高速道路を敷かないと,新潟の経済が滞ったままだなということは小学生の私にも理解できました.その結果,インフラが整備され,新潟市は政令指定都市にまで発展しました.

恐らく,アラフィフやアラフォーの若造の年代では,私のように直接肉親が道路網や鉄道網や高層建築の造成に関わっていた者でないと,urusi さんの言われるようなことは分からないのではないかと思いますから,「時代錯誤」は無理もないですよ.しかも,文春の立花氏があることないことのデタラメをマスコミで吹き込みましたから,真相を知る人はさらに少ないです.

「時代錯誤」というより「年代の違い」 [URL][Edit]



13157 2009.09.05 Sat 13:02 urusi #71iaVudE
美爾依様

私は田中角栄総理時代に建設省勤務で現在は隠居してる老人ですが、美爾依様 の時代考察の錯誤がありましたのでコメントさせてください。

>当時の日本は戦後の悲惨な状態で、道路らしい道路もなく、橋やトンネルや線路や新幹線などの建設が必要だった。

田中首相当時は戦後の悲惨な状態でもなく、戦争の痕跡などはほとんど残っていない状態でしたよ。
田中首相が行ったのは全国の道路網の再構築であり、決して復旧などというものではありません。
トンネルも現在ある85パーセント以上のものがすでに出来上がっており、戦後の悲惨な状態をどうにかするためではありません。

( 以上 情報リンク元は カナダde日本語 様より )

民主党執行部に新人議員教育をまじめにやれ、といいたい。要するに、今日のバンキシャだ。日テレが老獪にあの手この手の誘導質問、VTR構成で、失言を引き出そうとしているのが、視聴者から見ていても、すぐにわかった。
間違いなく 後で小沢から大叱責を喰らうだろうね

と同時に 読売は
あくまで国民の投票で選ばれた議員をコケにし続けるのみ
とバンキシャという捏造インチキ何でもありのヤクザ番組で宣言した。
公共の電波を不当に占拠し続ける広域暴力団「読売」を
民主党が問答無用で干上がらせても 俺は何の異論も無い。

( 以上 情報リンク元は Aobadai Life 様より )

次の敵はメディアだ。政権交代第二幕。:とりにく
政権交代と 大手新聞社の政治部記者と そして道州制導入論議に必要なメンタリティとは?
大手新聞社の政治部記者も、今まで官邸記者クラブにいて自民党人脈を作っていけば記事が書けて出世もできたのにー「私は歴代首相の新入りの頃から知っている」ー、その人脈が生きない、出世の形がみえない。それは大慌てでしょう。なんせ民主党は記者クラブ制を廃止し情報の流通を良くするというのですから
その後の論旨展開は 中々に面白いと思うし 賛成できる部分も かなり多い。

けど 俺は少し違うかな。
“「美しいモノを美しい」と言う”とする美徳よりも
“「美しいモノを美しい」と言わない「謙遜」”をより上位の美徳とするが
大和民族系日本人の自然な姿だ。
「謙遜」すなわち相手を尊重し自らを戒める姿勢が 自然な美徳だ。

道州制、それはあくまで政治的行政区分 その区分けの変更であり 政治手段の一つであり
だからと言って
無理に地方性や人間性を出させたり変えたりする必要性が生じる類の変革でも無いはずだ。

大和民族系日本人の「謙遜」の美徳 という共通理念
 と
道州制の地方分権 という分化の理念
は ほぼ全く相反しない、問題なく自然に共存できる。

むしろ、大和民族系日本人の「謙遜」の美徳の理念を無理に逸脱させ
自己主張を無駄に賛美するから 余計な齟齬を生じさせる 不要な軋轢を生じさせる。

site:mkt5126.seesaa.net 侘と寂 - Google 検索
http://mkt5126.seesaa.net/article/99676145.html
http://mkt5126.seesaa.net/article/112970193.html
http://mkt5126.seesaa.net/article/125167562.html

大和民族系日本人の この「侘と寂」という微妙で絶妙な美徳観念が
どれだけ日本という共同体へ幸をもたらし続けたか を顧みる者は 殆ど全くいなくなってしまった。
当たり前だ、明治維新以降に靖国的国粋主義的原理主義者が
民族主義に一神教の論理を導入し 大和民族系日本人の民衆の伝統をことごとく破壊してきたのだから。
それでも戦後高度成長期までは なんとか共存共栄を図っていた
靖国的国粋主義的原理主義 と 大和民族系日本人の民衆伝統 だったが
バブル期以降の自民党は そのバランスをも打ち壊した。

「侘と寂」ある絶妙な美徳観念は 一神教的な単純な論理によって踏みにじられ続けて
そして四半世紀が過ぎようとしている。

日本がお気楽な国とか思われる?
「侘と寂」を美徳と為すが織りなす絶妙な人間関係が
どれだけ社会の潤滑油として平和的で効率の良い状況を作り出すか
その事へ思いが及ばない者は その事への思索を深く巡らせられない者は、
異国人の単純なモノ言いに反論できる精神性を構築もできないから
やれ“「美しいモノを美しい」と言う”を単純に賛美したり
やれ より自由に自己主張ができるは素晴らしい とか単純に言いだす。
マスコミ新聞テレビ大手メディアが
単純に大和民族系日本人を賛美できず異国の論旨展開を賛美する姿勢は
決して「謙遜」ではなく 反論するを可能とする精神力の無さ に起因するところが大きいだろうねw
だって 馬鹿げた靖国的な国粋主義的原理主義 だけでは 構築できるはずもないもんなぁw

西欧や大陸的で一神教な観念の者達には極めて理解しにくくも
その絶妙で素晴らしい大和民族系日本人の民衆の美徳の伝統 を徹底的に見直し
靖国的な国粋主義的原理主義 ではない 民族主義の再発見をしなければ、
知性が高ければ高い人ほどの 現実主義を標榜する人ほどの
馬鹿で豚にすぎない日本の民衆の中で起きている「見たくもない現実」を理解できないが故の
足元がすくわれるような間違いを犯すだろうねwwwww

日本の下層民の中で生きている大和民族系日本人を標榜する俺からすれば
あまりに簡単で単純で自然で 至極に真っ当なだけの話なんだけどね。

階段を上がる人達には殆ど理解されない 階段を降りる人には容易に理解される
というのも 此処から嫌と言うほど見てきた。

政権交代と道州制 と 大手新聞社などなどの政治部記者達
を此処から眺めて見据えると、
下で生きる者達の観念を
殆ど全く理解できない 殆ど全く理解する気も無い、
というのが 明確に分かる。

下層民が大量発生し しかも移民奴隷が猛烈に入り込んでる現状があるのに
下で生きる者達の観念を深く捉えようとしないままに政治を語る滑稽さ無様さ を
俺は これからも眺め続けることになるだろうね。



首相指名「白紙投票」論の馬鹿らしさ
バカじゃなかろうか、とか小学生じゃあるまいし、という感想しか出てこない。
ひたすら見苦しくて情けない。本当にいい加減にしてほしい。


仮に麻生総裁が
「選挙で惨敗したのは自分の責任ではない、自民党総裁は辞任しない」
などと開き直っていれば
「ふざけるな、お前なんかに投票できるかよ」
と議員が反発するのもわかる。

だが実際は潔く自分の責任を認め、辞任の意向を明らかにしている。
「総裁選の日程が遅すぎる、特別国会前に新総裁を選ぶべきだ」
という意見には一理あるが、首相指名選挙造反の脅しでゴネるのは筋違いである。

自民党所属議員は「お疲れ様でした」と気持よく見送るのが
麻生総裁と麻生内閣を支持してくれた国民に対する礼儀だろう。

義を踏み躙り 礼も捨て去り 道すら見誤る 死に様も見苦しい
全くもって 愚か者の集団 の謗りを免れられないだけだね。
そんな人達が 靖国的な国粋主義的原理主義者の論理の上に座しては
偉そうに大和民族系日本人へ奉公を求めていたんだよねぇwwwwwwww
オハナシにならんわな

日本に保守なんか無いから。あるのは怠惰だけ。
言い得て妙だねw

ここまでインド政府の顔に泥を塗りたくった責任を、麻生内閣はどう取るのでしょうか。去り際に日本に恥をかかせた麻生内閣
 ↓
http://mkt5126.seesaa.net/article/126064894.html
細川元首相インタビュー

前回の政権交代時 宮沢喜一という政治家は政局面では弱かったものの
細川政権への橋渡し役 という観点では流石の賢明さを見事なまでに発揮させていた
という話。
コレに比べて 今の自民に残っている者達が どんだけ酷い人材のみなのか
ということが あまりにあまりに分かる。

 ――さて、いまから16年前のこと。細川非自民政権ができ、自民党の宮沢喜一さんから首相のバトンを受け取りました。あのときの政権交代の経験と教訓をうかがいたい。8月17日、小雨の軽井沢での宮沢・細川会談は政権交代を象徴する場面でした。

 細川 実は首相の引き継ぎというのはないんです。各省大臣は事務引き継ぎのサインをしますが、首相にはない。

 ――そういえば、そうだ。

 田中 すべて官僚が知っているから引き継ぐ必要がないのです。宮沢さんは特別だった。

 細川 田中秀征さんと一緒にお会いしましたが、助言、アドバイスというものでした。中身は日米関係や欧州との関係。とりわけ中国の軍事大国化、経済大国化を心配されていた。国連安全保障理事会の常任理事国入り、NPT(核不拡散条約)延長は「自分は中途半端にしてある」と、手で抑えるしぐさをされた。

 私自身、憲法や安全保障、例えば海外での武力行使はダメだとか、同じ考えを持っていましたし、宮沢さんのようなバランス感覚のある賢人からそういう機会をいただいてうれしかった。懇切に、ほんとうに思い入れがこもった話でしたから。

 ――あのときの話の中身をこんな風に聞くのは初めてです。

 細川 しゃべったことがないですから。

 田中 会談が終え細川さんは私に一言、「宮沢さんという人はすごい人だね」と言いました。

 ――宮沢さんを見送った後、細川さんが「あの人たちと一緒にやりたかった」とつぶやいたとも記録されている。

 細川 ほんとうにそうでした。

 田中 冷戦が終わり、経済の拡大が約束されなくなったという時代認識を2人は共有していました。その後も私を含めた3人で会い、何度も助言してくれました。

 細川 自分を引きずり下ろした張本人なのに、助けていただいていたのだから。

 じつは新聞記者を辞めて政治家になるとき、通産相だった宮沢さんを訪ね、「政治のほうにいきたいのですが」と相談したのです。宮沢さんは祖父の近衛文麿首相の秘書官だった父の細川護貞とも親しく、息子の私にも親近感をもっていただいていました。そのときは即座に「政治の世界なんてやめたほうがいいですよ」と言われましたが、その後もゴルフ場や食事先で折に触れてお会いし、あいさつをしたりしていました。
宮沢スゲェw
こういう人物が 今の自民に居る?はずねぇ罠


中国がCDSの契約を解除するって話は衝撃的なことである。
あーあーあーあーw 郵政は救い切れねーなぁコレじゃ 
ネットゲリラ: 売国詐欺師は百万遍死刑でもまだ足りぬ
ケケ中は万死に値する売国奴。これ、常識な。
電通やら、局のプロデューサーやら、ケケ中に繋がってる連中は、今必死なのよ。ここの米欄含めて。

補正予算7兆円が、「おかしい」って民主が言ってるらしいけど、ケケ中とか猪瀬とか関連の成功報酬混ざってたら笑えるね。
ケルベロスも大口の解約があって泡食ってるみたいだけど、SGI?
正直 植草教授が本当に生きているのか? の方が 心から心配だ

( 以上 情報リンク元は とりにく 様より )

大マスコミは民意無視で、紋切り型の小沢の「民主党支配」を騒いでいる場合じゃない!
(  以上 情報リンク元は ゲンダイ的考察日記 様より )





米2
219.124.111.135
t219-124-111-135.datacoa.jp
2009/09/07 18:24:37 ・
ページ誠天調書
ページ回数10 サイト回数10 前回2009/08/31 8:35:45 初回2009/05/04 20:48:30
モニタ1280 x 800 x 32bit JavaScript有効 Cookie有効 [絞込み]
リンク元http://blog.livedoor.jp/video_news/
HTTP_USER_AGENTMozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.1.2) Gecko/20090729 Firefox/3.5.2 (.NET CLR 3.5.30729)
国/言語日本語
ホスト名t219-124-111-135.datacoa.jp

t219-124-111-135.datacoa.jp - Google 検索
ここまでインド政府の顔に泥を塗りたくった責任を、麻生内閣はどう取るのでしょうか。去り際に日本に恥をかかせた麻生内閣


米3
では、なんで その時にまともに報道しなかったのかなぁ?w
機密費を使い切りたい時期なのかなぁw
それとも どんだけ美味しい高速利権だったか という事なのかなぁw
やっぱり俺には難しくて分かんないや

http://www.zakzak.co.jp/top/200903/t2009030630_all.html
 報告書は値引き幅を決めるための、背景データとなったわけなのだが、なぜ、10割引だけ消されていたのか。

 財団法人には国交省OBも役員として天下っており、馬淵氏は夕刊フジの取材に対し「研究所が独自に消したとは考えにくい。国交省が削除を指示した可能性が高い。高速道路無料化のほうが経済効果が高いことが分かったが、これは民主党の政策なので表面化することを避けた。また、無料化することで、国交省が差配できる予算の財源である高速道路使用料がなくなるのを恐れた、省益の側面もあるだろう」とコメントし、国交省による隠蔽の可能性が高いと指摘する。

 一方、報告書を発注した国交省国土技術政策総合研究所は、「10割は研究の一環として行っただけで、途中経過だ。調査した3割と5割について報告書が出てきた。書かなかったことについては指示はしていない」としている。
コメント ありがとうございます






posted by 誠 at 17:00| Comment(3) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さてさて、朝日が高速無料化の記事出しちゃったけど、猪瀬の反応が超楽しみなんですけどw
また山崎さんとの討論やってくれないかなあw
Posted by at 2009年09月07日 14:32
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/politics/update/1024/TKY200810240260.html
その民主党の当時の代表はこんな事言ってましたが?
まあどっちにしろ日本の恥ではある
Posted by at 2009年09月07日 20:55
国土交通省の試算の報道は元々半年前のものです。
http://www.zakzak.co.jp/top/200903/t2009030630_all.html
気が付かずに、改めて最初に「スクープ」したのが朝日新聞で、その後読売や共同が釣られたものです。
Posted by March at 2009年09月08日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。