https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年05月26日

鳩山首相と仲井真知事の会談録
仲井真知事 「まだ全部終わりではないということですか」
鳩山首相 「これは終わりとは思っておりません」

https://twitter.com/bilderberg54/status/14690447819
ツイッターの落とし穴 on Twitpic
情報を大量に扱う者ならば避けては通れない部分の話。
この部分を言及しないままにニュースサイト論とか言ってる人を 俺は冷めた目で見てしまう。


https://twitter.com/bilderberg54/status/14674253299
ジャパン・ハンドラーズとは何か?これで丸わかりの図。
http://twitpic.com/1qtz9i
スネオを入れると もっと分かりやすいかとw
そして未来からドラえもんは助けに来ないし
しずかちゃんは むしろハニトラとなってやってくる始末だ罠w



http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/diary/201005250004/
http://twitter.com/aobadai0301/status/14552931303
要するに、この国を取り囲む腐敗した既得権益は、想像以上に根深いこと。
この八ヶ月でよくわかった。

圧倒的な民意を受けて、選ばれた首相がこれほど海外・県外に基地移設を試みても、
アメリカはもちろん国内のマスコミ、検察、官僚、利権関係者に
ここまで、つぶされるのだから
http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/41f4afe62a49c51f6177642bb81f83ed
やはり、旧政権下の既得権層の抵抗は、我々一般の国民の目には触れない所で、
ものすごい<大障壁>となって立ち塞がっているのだろうなあ、
と改めて想像する事になったものです。

一年前の『東京地検特捜部』のやり口は、決定的に日本の改革を止めてしまった。

言い換えると、<検察>権力を筆頭に、
官僚制度に依る旧体制に日本で、如何に甘い蜜を啜っていて階層が、
如何に沢山いたか、と言う事だ。

自分達の<蜜の壷>を守る為だったら、日本という国の事など<何にも>考えていない、
ただただ自己の利益を確保出来れば良い、
という連中が日本を動かして来たのだ。
沖縄タイムス | 鳩山首相と仲井真知事の会談録 2010年5月23日 13時50分
 鳩山由紀夫首相と仲井真弘多知事との会談内容は以下の通り

 仲井真知事

 「お忙しい中、遠くまでおいでいただきまして誠にお疲れさまでございます。私ども、総理が5月4日にお見えいただいて、その時に普天間の飛行場の件が、一部県内の負担といいますか、残るだろうというご趣旨の発言を。私は直接伺ってなかったんですが、報道そのほかでお聞きをいたしました。それからまた5月15、16日のいろんな県内でのですね、県民の反応、動きというのはかなり実はきつい反応がございます。そういうことで、きょうはこんな朝、お休みのところ朝早くからおいでいただいて恐縮ですけど、ぜひ政府のですね、総理の考えておられること、そしてわれわれもマスコミの皆さんの報道でしか知りませんが、いよいよ日米両政府で合意に近づきつつあるということを報道でしか知りませんので一つ、可能な限りご説明いただければありがたいと考えております。ただ、この報道の方向ですと、率直に申し上げて県内では大変な実は失望感が出ておることも事実です。そういうこともまた後で申し上げたいと思いますが、一つ今日は総理のお考えを聞かせていただければということでお待ちしていました。よろしくお願い致します」

 鳩山首相

 「仲井真知事はじめ、県庁の皆さま方に、このように再びお目にかからせていただくことができて、大変ありがたく思っております。5月の上旬に一度お邪魔させていただきました。その折にも沖縄の県民の皆さま方におわびを申し上げたところでございますが、『普天間』の返還というものを含んで、沖縄の皆さま方のご負担をできる限り軽減を申し上げたい、あるいは『普天間』の周辺の皆さま方のさまざまな危険をできるだけ早く除去申し上げたい、と。このような思いのもとで政府の考え方を、さまざま模索をしてまいったところでございます。今、仲井真知事からお話がございましたように、日米の間で今ぎりぎりの交渉を行っているところでございます」

 仲井真知事

 「どうぞ、お掛けいただけませんか。どうぞ」

 鳩山首相

 「それも失礼かと」

 仲井真知事

 「いえいえ、どうぞ」

 鳩山首相

 「座って恐縮でございます。ぎりぎりの交渉中でございますが、最終的なところにはいたってはおりませんが、かなり詰まってきているところもございます。今日は政府の考え方を率直にお伝えを申し上げ、また、沖縄の皆さま方にご負担もお願いしなければならないというところも正直にお伝えさせていたただきながら、この交渉の経緯ではございますが、正確にお伝えを申し上げなければなりませんので、私の考え方を正確に伝えさせていただきたいという思いで、読み上げさせてもらえればと思っております。この今、冒頭に申し上げましたように政府の取り組みの目的は、沖縄の皆さま方の負担の軽減と危険性の除去でございまして、それをどう実現するかということでございます。そのための最も確実な方向は、普天間の飛行場の県外の移設であると、そのように考えて政府はその可能性を真剣に探ってまいったところでございます。与党3党で沖縄の基地問題検討委員会をつくって、政府与党あげて努力を申し上げてまいってきたのもその一環でもございます。ただ、国内および日米の間で協議を重ねた結果、普天間の飛行場の代替地そのものはやはり沖縄県内に、より具体的に申し上げれば辺野古の付近にお願いせざるを得ないという結論に至ったところでございます。代替施設の詳細を決める際には、言うまでもありませんが住民の皆さま方の暮らしや、あるいは環境への影響というものに最大限配慮をいたすことは当然でありますので、地元の皆さま方ともしっかりと協議をしながら進めてまいらなければいけないと考えています。このことは言うまでもないことだと思っています。この方針というものは、人口密集地にございます、普天間の飛行場の返還を実施するために、どうしても代替施設を探していかなければならないという現実を踏まえて、断腸の思いで下した結論でございます。これに伴いまして、普天間の飛行場の返還や、あるいは海兵隊員の8000人余りのグアムへの移転など、従来の日米合意を確実に実施するよう、日米で再確認することは、これも言うまでもないことでございます。私はこれまでぜひ、『普天間』の代替施設は県外にと考えて、実際にそれも追求してまいったわけでございます。それがなぜ県内なのだと、皆さまのご懸念、お怒りはもっともなことだとも思っております。これは昨今の朝鮮半島の情勢からもお分かりだと思いますが、今日の東アジアの安全保障環境にまだ不確実性がかなり残っているという中で、海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を現時点で低下させてはならないということは、一国の首相として、安全保障上の観点から、皆さま方に、低下をさせてはならないと申し上げなければならないことでございまして、その上で普天間の飛行場に所属をしております海兵隊のヘリの部隊を沖縄に存在するほかの海兵隊部隊から切り離して国外はもちろん、県外に移設をすると海兵隊の持つ機能というものを大幅に損なってしまうという懸念がございまして、従いまして現在の、現在のでありますが、安全保障の環境のもとで代替地は県内にどうしてもお願いせざるを得ないという結論を私どもとすれば結論になったのでございます。私自身の言葉、できる限り県外だということ、この言葉を守れなかったということ、その結論に至るまで、その過程の中で、県内の皆さま方に大変混乱を招いてしまいたしたことに対して、心からおわびを申し上げたいと思っております。ただ、政府の今回の決定というものは、沖縄に在日米軍基地の約75%が集中している現状を放置するということでは決してありません。今は基地そのものが無理でも、基地の機能は分けても沖縄で行われております米軍の訓練をできる限り県外に移していくことによって沖縄の皆さま方の負担と危険性の除去の実をあげていくことは、大変大事だと思っております。訓練の移転には、日米で、共同で行うものと、それから米軍単独のものが考えられるわけでありますが、もとより訓練移転をすべて万能視するつもりはありませんけれども、沖縄の危険性の除去、あるいは騒音の軽減にそれなりに一定の効果はあろうかと思っています。県外への訓練移転を促進するためには、一時的であってもほかの自治体が、米軍などの訓練を受け入れることが当然必要でございます。27日に全国知事会開くことにいたしておりまして、個々の知事の皆さん方に対して、沖縄の皆さま方のご負担を全国で受け止めていただけるように協力をお願い申し上げたいとも思っております。ただ同時に、沖縄県外に住む日本の国民の皆さん方に対しても、基地問題と安全保障の問題について自分自身のこととして考える機会をぜひ少しでも作っていただきたいとお願いいたすところでもございます。新たな日米合意によって政府が目指しておりますのは、代替施設の建設による普天間の飛行場の返還や県外への訓練移転の促進だけではありません。従来の日米合意をもっと広げた負担軽減のパッケージに合意をするためには、懸命に協議をしているところでございます。新たな合意で目指したい負担の軽減策は、地元沖縄の皆さま方の声をできる限り反映したものにしてまいらなければならないと思っているわけで、沖縄の県の皆さま方から政府に対して提起をして頂いた項目を実現したいと思っておりまして、真摯(しんし)に努力をしておるところでございまして、それが政府の基本的な考え方でございます。前回、5月の上旬に知事をご訪問申し上げた時に、知事から特に5つの要望をちょうだいをいたしました。その4つの部分は米国の協力が必要な項目でございますので、いま政府はそれらを米国との協議のテーブルに載せているところでございます。具体的には航空機の騒音の軽減策、グアムの移転と嘉手納以南の米軍の施設区域の返還促進、さらには米軍基地関連の環境面での協力。ホテルホテル訓練区域の一部解除などでございまして、現時点で結果を予見するというわけにはまいらないところでございますが、同盟国である米国の協力を求めながら日本政府として最善を尽くすつもりでございますし、いまそれなりの感触をそれぞれちょうだいしているところでもございます。もうひとつ知事から要望いただいております与那国島にかかる防空識別圏の問題につきましては、沖縄県民の皆さんおよび与那国の町民の方々が安心して生活をしていたけるように、早急に見直すことにいたしたところでございます。前回、知事の方からこれまで政府が前向きに取り組んでこなかったと、のれんに腕押しだという風におっしゃられましたけれども、確認と対応を求められました。沖縄県に所在する米軍基地に関する20数項目の諸課題についても、関係省庁に対してしっかりと対応するように指示を出したところでありまして、精査を致しまして今月末までに回答をさせることに致しております。普天間の飛行場の危険性の除去につきまして、飛行場の返還までの間、できる限りの措置を講じていきたいと思っておりまして、その一環として、本年1月から継続的な回転翼機の飛行状況を、調査をしているところでございますが、この問題に対しては今後ともしっかり取り組んで参りたいたいと思っております。以上、ご説明申し上げましたけれども、日本政府の対応に、方針に対してまだまだ足りないところもあろうかと思っております。また政府のこれまでの対応によって、県民の皆さま方に大変なご迷惑をお掛けしてしまっておりますことも私自身、痛いほどよく分かっておるつもりでございます。批判、ご批判をちょうだいしておりますことから、逃げるつもりもございません。同時に、ただ今回の政府の方針の中には、これまで実現はおろか、米国と本当に交渉してきたんだろうかと、全く交渉さえしてこなかったのではという点も含めまして、沖縄の負担軽減と危険性の除去を前進させる要素が含まれていることも、お気に留めいただければ大変ありがたいとは思っておりす。いずれに致しましても、知事とは、沖縄の県民の皆さんを代表しておられる知事とは、緊密に協議を続けさせて頂きたいと思っておりますし、また、県民の皆様方とも真摯に向かい合いながらご理解をいただけるように努力をすることを約束を申し上げるところでございます。大変長くなりましたけれども私の方から読み合わせもしていただきましたけれども正確に現在の状況をお伝え申し上げたところでございます。どうぞよろしくお願いします」

 仲井真知事

 「どうもご丁寧にご説明いただきまして。われわれ大体マスコミの皆さんを通じて、大体聞いていました通りかなぁという感じではありますが。ただ、辺野古沿岸でしたっけ。移設するというようなご趣旨の点につきましては、これ極めて、大変遺憾だという点とそれから極めて厳しいということをですね。恐縮ですがお伝えするしかないというのが現状でございます。特に、先ほども申し上げましたけれども県民大会が開かれ、そして選挙の時以来の民主党さんの、ほとんど公約、そして近いような表現、沖縄ビジョンとかいろいろございました。総理のご発言等を踏まえて、ある意味で県外・国外という県民の熱い思いがですね、非常に高まっていた、この落差が非常に大きくてですね。ここはぜひご理解をいただいて、今、総理まさにおっしゃったように、きちっとやっぱり時間を掛けて、ご説明と納得のいく解決策というのをきちっと出していただくしかないと思います。ですからもう、端的に申し上げれば大変遺憾で、極めてこの案は厳しいですよと言うのは申し上げるしかない。ただおっしゃった中で、基地負担の軽減というところで、まさにたくさんの項目が、基地のオペレーションに伴って日々こうあるわけで、これについていろいろ取り組んでおられるということは初めてのことですから、もっともっと力を入れていただいて負担の軽減について取り組んでいただきますよう一つよろしくお願いしたいと思います。私の、今伺った感想は以上でございます」

 鳩山首相

 「あの、知事から今その話をいただいて、厳しいことは十分に理解いたしております。県民の皆さん、特に知事を中心として県民の皆さんの思いというものをしっかりと勉強させていただいて、県民の皆さんに理解が少しでも深まってまいるように最善を尽くしてまいりたいと思っております。そういう意味で知事からお話がありましたように、県外という思い、すなわちできる限り例えば訓練などもいま申し上げたことをさらには訓練の在り方も、さまざまあろうかと思っておりますが、県外に負担をですね求めるようにこれから積極的に行動してまいりたいと思っております」


 仲井真知事

 「そうしますと『県外』っていうのはまだ何か、もう終わったんではなくて続けておられますか」

 鳩山首相

 「これからも、訓練の話などを中心にお話を申し上げましたけれども、そういったことの中で極力ですね、実質的に沖縄の県民の皆さんに、特に現在普天間でありますけれども、普天間に集中しているこのご負担ができるだけ軽減されるように最善の努力をしてまいりたいと。これはアメリカとの交渉ごとでございまして、これから求めていく部分も多々出てくると思っていますが努力をしてまいりたいと思っています」

 仲井真知事

 「まだ全部終わりではないということですか」

 鳩山首相

 「これは終わりとは思っておりません」

 仲井真知事

 「あぁ、そうですか」


さて
この最後の部分までを きっちり報道したマスコミ新聞テレビ大手メディアは ありましたか?w
あえて期待したい。

小沢さんに極めて近い筋からの情報に依れば、週明けにも宗男議員が<官邸>の特命を受けて、どこぞに飛ばれるそうである。
そうだね そういう話が出てるね
ココとか ココとか読むと ね。
流石に今の時代じゃ隠しきれないよね
そういえば こんなのもあったねhttps://twitter.com/matsudadoraemon/status/14167253684
少しづつGW中の鳩山・小沢会談(本人同士は否定)の内容が漏れ伝わってくる。
今回はなかなかガードが固い。
小鳩体制継続・普天間は政府与党合意で決める等。会期延長はなし。
国会終了時点での与党内政局・参院選挙態勢が主要なテーマ。
話を元に戻そう



鳩山さん自ら言明して来た期限が切れかかって来た現状にあって、最低何とか形を作る為の<逃げ>の手を打っておいて、今後も<自らの求める>県外移設への模索は続けて行く。

その様に<努力>を続けて行くつもりである事を。

ここまで強いのか!特に「既得権官僚」と「大手マスコミ」の悪意の団結と攻撃は!
鳩山首相や小沢氏の奮闘も空しく「グアム・テニアン案、辺野古案併記」までしか行けない!

田中角栄失脚は、ある意味我々庶民の「愚昧さ」の敗北だった。
また負けて、更に30年を失わせて これ以上の惨めな生活をするのか!

沖縄県民は鳩山首相ではなく米国戦争屋に怒れ! - 新ベンチャー革命
まぁ そういう事だよね
イデオロギーに染まった自分自身を理解できない人達は
頭に血が上ってるから理解できないだろうけどさ。
 


ムネオ日記 鈴木宗男 2010年5月24日(月)(火)(火)
 鳩山首相は沖縄県民に「『出来る限り県外』という言葉を守れず、県民に大変な混乱を招いたことをお詫びする」と最初に言っていたが、勇気ある、潔い発言だ。心のこもった言い方だと、私は評価する。
 民主党の議員も、自信を持って鳩山首相の発言を私以上に評価し、発信して戴きたい。仲間内からの声援なくして、元気は出てこない。
 ここは一致結束し、みんなで沖縄の負担軽減に向けて、鳩山首相と一緒に頑張ろうという声を上げていこうではないか。
2010年5月25日(火)
 普天間移設問題に関し、鳩山首相が選挙前、選挙中、そして選挙後も「県外、できれば海外」と言ってきたことを実現できなかったのはケシカランという短絡的な話をする人がいるが、間違っている。

 あまりにも過重な沖縄駐留米軍実態を見る時、政治家として「県外・海外」を訴え、「少しでも沖縄の皆さんの思い、心を受け止めて頑張ろう」と考えるのは当たり前ではないか。沖縄県民の民意を考える時、負担軽減を言うのは、責任ある政治家の姿勢である。

 そして努力はしたが、残念ながら未だ「県外・海外」に至っていないのである。この問題は、まだ現在進行形なのだ。

 鳩山首相は、これからも沖縄の負担を軽減するため、頑張っていくのである。鳩山首相の真意を良く考えるべきである。

 23日、鳩山首相は対馬丸記念館を訪問した。慰霊塔に献花もしている。
 この姿を見てつくづく思ったが、鳩山首相ほど沖縄の心を知ろうとしている総理はいない。鳩山首相が沖縄の思い、沖縄の心を重く受け止めていることは間違いない。

 沖縄県民の思いは「県外」であり、鳩山首相は現在の状況での力関係を踏まえ、現時点で「辺野古周辺」としただけなのである。
 民主主義は、民意に反したことをしてはいけない。沖縄の民意を踏まえた形で解決するには、もう少し時間がかかる。ここはある程度の時間を与えてやる必要があるのではないか。

 やみくもに批判している人達が、これまでいかほど沖縄の痛みを考え、心配してきたのか、説明して戴きたい。何もしなかった人達が、たださもさもの様に鳩山首相に物を言うことに疑問を感じる。

 私は沖縄の皆さんの心を受け止め、サトウキビに価格維持、県道104号線越実射訓練の北海道移転、対馬丸の発見、沖縄振興にも幾ばくかの役割を果たしてきたと自負している。何もしてこなかった政治家とは訳が違うという思いもある。

 私なりに沖縄を考え、鳩山首相の思いを大切にし、沖縄のために少しでも汗をかいていく。



ゲンダイ的考察日記 普天間先送り決着の舞台裏と今後
今回、米側が最後まで譲らなかったのが、普天間の「隠れた機能」の継続確保とされる。
「普天間の滑走路は2800mもある。ヘリ部隊のためだけなら、こんな滑走路はいらない。つまり、普天間は嘉手納の米空軍基地の『バックアップ滑走路』機能も担っているのです。米軍としては、沖縄本島のどこに移るにしても、この機能が重要なのです」(松田光世氏=前出)

裏を返せば、米側は普天間のバックアップ機能を沖縄に残せれば、建設場所や工法にこだわらない。
松田氏は陸上案がウルトラCではないか、と見る。

「『杭打ち桟橋方式』も『埋め立て方式』も海を汚すにことに変わりはない。『美しい海を埋め立てるのは、自然への冒涜;(ぼうとく)』という首相だけに、陸上案で理解を求める可能性はあると思います」


候補地は、キャンプ・シュワブ陸上部やキャンプ・ハンセンだ。首相の“知恵袋”で、軍事アナリストの小川和久氏もハンセン移転を唱えている。滑走路周辺に防音壁を張り巡らすなど騒音対策をクリアすれば、住民の理解も得られるかもしれない。



仲井真知事との会談で鳩山首相は、「沖縄の負担軽減に向け訓練の一部移転受け入れを27日の全国知事会で求める」とも強調した。鳩山の念頭には、自衛隊基地の“玉突き再編”があるようだ。主に九州の自衛隊基地で米海兵隊の実戦訓練をローテーションで実施し、既存の自衛隊部隊は別の基地に移す。

さらに、基地問題を「国全体の問題」と強く訴え、訓練を受け入れない自治体にはペナルティーを科す強硬案もささやかられている。「その分を受け入れ先の地域振興策に充てる」(政府関係者)というプランである。

名護市議選は9月、沖縄県知事選は11月だ。沖縄と条件闘争をするのであれば、それまでが勝負になる。


したり顔で「それみろ」と言う専門家の不見識
鳩山首相が辺野古案に戻ってきたことで、「現行案こそ唯一実現可能」とみなしてきた専門家らは案の定、「それみたことか」と首相を叩きまくっている。

拓殖大学大学院教授の森本敏氏は、きのう(23日)のテレビ番組で「(普天間問題で)米国は1ミリも動かなかった。よく忍耐し、よく寛容な態度で我慢してくれた。私は米国に感謝している」とまで言っていた。

「日米同盟がギクシャクする」「在日米軍の抑止力が低下する」と、あくまでも米国に追随してきた専門家にすれば、「ようやく分かったろう」と言いたいらしい。

しかし、彼らは本気で「現行案こそベスト」と考えているのか。自民党政権がまとめた現行の「V字滑走路埋め立て案」は、沖縄の海を汚し、沖縄に基地を固定化させる計画だ。ガラスの合意とか胸を張るが、利権で手なずけたものだ。日米同盟堅持のためなら、沖縄県民に犠牲を強いても構わないのか。それこそ、先の大戦で沖縄を本土の“捨て石”にした軍部の発想と変わらない。

軍事評論家の前田哲男氏もこう言った。
「沖縄の負担を軽減し、海外・県外移転の道を探る。自民党政権で戦後60年以上も放置されてきた問題に、鳩山首相は初めて手を付けました。その基本姿勢は評価されるべきです。沖縄の世論を思えば、専門家が首相の背中を押し、“米側の要求にもムリがある”との意見があっても当然なのに、皆、首相の足を引っ張った。批判の中身も、米側のロジックから一歩も出ようとしません。一体、彼らはどこの国の代弁者なのかと思ってしまいます」

この国の専門家たちは、日米安保体制の枠組みにすっかり毒されている。
キャンプ・ハンセンの話は
以前から日本軍事情報センター 神浦元彰で言われていたよね

で 松田どらえもんも言ってたけど

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14197727845
問題は「ローテーション基地」。
海兵隊がグアムを極東アジア・太平洋地域の「地域安全保障のハブ」とする戦略は
鳩山首相もよく理解していて、
「常時駐留なき安保」構想のスタート台だった。

グアムを拠点に日本のローテーション基地を巡回して訓練する。

それは沖縄である必要はないと首相は考えていた。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14198045420
しかし、最近になって、鳩山首相が「学べば学ぶほど」と言って考えを変えたのは、
普天間基地にある滑走路の「隠された機能」を沖縄に残してほしい
と米側から要請されたからだ。
よしんば海兵隊を全員沖縄から引き上げても、
普天間の滑走路は沖縄本島のどこかに移設して残してほしい
というのだ。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14198925411
普天間基地の滑走路を沖縄に残す真の意味は、
海兵隊のためではなく、
嘉手納の米空軍基地の予備滑走路、第三滑走路としてのものだ。
嘉手納を飛び立った米軍機が、
嘉手納が攻撃されても無事に戻れるようにするためだ。
家島などの離島の滑走路では継戦能力が失われるので沖縄本島ということになる。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14199474370
交渉を通じて米側の本音を引き出したということにはなるが、
鳩山首相は普天間基地の機能の中に
「他の米軍と連携する中で」沖縄本島からはずせない予備滑走路機能があることを学び、
「すべてを県外とはいかなくなった」事情について、
二度目の沖縄訪問でもっと率直に自分の言葉で説明するべきだろう。
ところが 細部を突っ込まれたよねwww 流石に専門家には敵わないw
神浦元彰 日本軍事情報センター 2010.05.19

私は0000さんのことを知りませんし、会ったこともありません。また本や文章を読んだこともありません。

また”家島”は伊江島の誤りだと思います。

しかし明らかに、私の嘉手納弾薬庫の活用案と違います。

0000さんはいとも簡単に予備の滑走路があれば嘉手納基地が攻撃されても、第3の予備の滑走路に着陸できると書かれていますが、滑走路は使用する航空機や戦略目的で大きく違います。

まず、滑走路の長さです。オスプレイ(MV22)なら1600メートル以上が必要です。先日、嘉手納に飛来したB52爆撃機なら3000メートル以上が必要です。それに滑走路の幅や強度(厚さ)の重要な要素になります。ヘリパッドなら500メートル四方でいいと思います。

それにオスプレイは離・着陸時に高温の排気を滑走路面に吹き付けます。通常の滑走路の表面では熱で溶けると思います。

このように沖縄に作る新しい滑走路は、嘉手納基地(空軍)の代替にならないし、嘉手納が新基地(オスプレイ)の代替になることも難しいのです。

そのような意味から、嘉手納の滑走路と新基地の滑走路の運用は分けて考える必要があります。互いに予備基地にはならないと思います。

私が新基地に海兵隊の役割を想定しているのは、有事に嘉手納基地を警備に来る海兵隊を考えています。沖縄が巻き込まれた有事には、その程度のことしか海兵隊にはできないと思います。

ですから海兵隊の航空基地に嘉手納弾薬庫の一部を活用し、嘉手納基地を警備する海兵隊の地上部隊はキャンプ・ハンセンを宿営地に活用します。

キャンプ・ハンセンには陸自の第15旅団が駐屯します。平時には嘉手納基地の警備が可能ですが、有事には離島など島嶼作戦を行いますので嘉手納警備に十分な人数を割けないのです。

想定する有事の中には、大きな台風や大地震、それに大津波などの自然災害も含まれます。もし沖縄に口蹄疫が感染すると、防疫活動に自衛隊が出動することになると思います。


 ↓
site:www.kamiura.com 嘉手納 キャンプ・ハンセン - Google 検索
site:www.kamiura.com 嘉手納 弾薬庫 - Google 検索

この辺りは 以前から言われていて 俺もリンクしたりしていた。
熟読して頂くしかない。

まぁ 待つしかない


沖縄の米軍基地マップ




https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14138496761 8:31 PM May 16th
防衛省と鳩山首相周辺の官僚の動きがおかしい。

先週は、グアム・テニアンから帰国した民主党議員団をなかなか首相と面会させなかったり、
北マリアナ連邦のフェテル知事の面会希望を拒否したり。
今週も妨害行動を続けるようなら、亡国官僚は、実名を公表する。

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14138844714
先週、ワシントンの日米実務者協議で日本側が行った最も重要な提案をマスコミは報道していない。
「沖縄の海兵隊の訓練を日本のすべての自衛隊基地・訓練場で受け入れる用意がある。
 ただし、米本土並みの環境基準を守ることが条件」。
この環境基準ができて以降、米軍は本土で実践訓練ができなくなった。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14139037774
米国内法の環境基準では、
夜間の銃撃訓練や民家に近い場所での低空飛行など実戦訓練には欠かせない訓練は禁止されている。
実戦訓練が米本土ではできない
というのが、米軍が海兵隊の拠点をグアムに移す根拠にもなっている。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14139335150
日本側が「米本土並み」の環境基準を守って訓練をするように求めたことは、
事実上、騒音の大きな訓練は、人里離れた場所でしかできないことを意味し、
表面上は日本のすべての自衛隊基地を開放するかのごとく提案しながら、
該当する基地は実質限定されている。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14139537984
鳩山首相は、この日本中の自衛隊基地での訓練受け入れを提案することで、
全国の知事を傍観者から当事者に変えるため、
月内の全国知事会の開催も要請した。
かなり念の入った芝居である。
知事会は大慌てだ。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14139783170

日米地位協定を見直して
「米本土並み」の環境基準を守って訓練するように義務付けるという要求に、
ペンタゴンはおかんむりだという。

しかし、沖縄は米国の領土ではない。

米本土ではできない実戦訓練を沖縄に押し付けてきたペンタゴンこそ、
まだ占領統治下の発想で、日本はポチだと蔑んでいるだけだ。

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14139999687
米海兵隊が射撃訓練をしてきた沖縄の鳥島という無人島は、
すでに原形をとどめないほど破壊され、
現在の訓練を続ければ、10年も経たずに島が地図から消えるといわれている。
沖縄県は鳩山首相に射撃訓練の中止を要望。
政府は、地位協定に米本土並みの環境基準を加えるという形で、要望を政策化した。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14140817998
「米本土並みの環境基準の下での訓練」の要求は、
迂遠なように見えるかもしれないが、
普天間基地返還の一番の近道かもしれない。

ラムズフェルド前国防長官が基地を視察した時に言った
「米本土ではありえない世界一危険な基地」は、
米本土の基準では完全に米国内法に違反した「違法基地」なのだから。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14141306774
今回の米側の動きは、
従来の国務省・国防総省による「2プラス2」の協議方法ではなく、
ホワイトハウスと国務省が日米協議を主導する動きのように見える。

ペンタゴン外しではなく、
国防長官に代わって最高司令官の大統領自身が交渉指揮に乗り出した格好だ。
マスコミ新聞テレビ大手メディアは 国防長官やらヒラリーの情報ばかりに走るからねw
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14141423414
なかなか進展しない普天間問題をめぐる日米協議については、
鳩山首相が国内で批判にさらされて支持率が下がっているように、
オバマ大統領も「日米関係を戦後最悪の状態にした」と共和党から攻撃され、
このままではグアム移転費用の予算が通りそうにない。
オバマ大統領も尻に火がついているのだ。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14141639791
米国では、予算提案権は大統領ではなく、議会にある。
大統領は、一般教書演説で議会に必要な予算の計上を求めることができる。
5月中に普天間基地の機能と部隊の大半を日本側の負担でグアム・テニアンに移すことで合意すれば、
大統領にとっても外交成果として、議会で演説できることになる。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14144062829
クリントン国務長官は、かなり高額の引っ越し代請求書を持ってくるのだろう。
普天間基地の訓練受け入れに反対の自治体トップ、国会議員は、
それを拒否する資格はない。
鳩山首相のフォロースルーは、決まるか。
逆に言えば 鳩山兄が囮となって あえてヒラリーの話を飲む事で
相当の人間が肩透かしを受けている、
右から攻撃する者達も 左から攻撃する者達も だ。
ならば この事態こそが狙いだとしたら?w

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14195912820
5月末という日米協議の交渉期限は、
米国側の予算編成が6月議会に間に合うようにと定められたもの。
数日の「ロスタイム」はありうるにせよ
議会予算局も予算書の数字を書き換えるだけでなく審議用の説明資料も必要。
グアム移転費用など米側予算に関係する部分の合意期限は動かせない。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14197362523
米国の予算を必要としないもの、
具体的には海兵隊緊急派遣部隊(ヘリ部隊・陸上部隊・補給部隊の1セット)の移転先は、
自衛隊基地の再編と国有地の活用でスペースを作るので、
5月末でなくとも2014年以前の部隊移転は可能。
訓練移設も11月のオバマ来日まで「継続協議」の可能性も出てきた。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14200893511
鳩山首相の頭の中では、
当初は「ローテーション基地」は県外でいいだろうと整理されていた。

首相側近が徳之島入りして調査したのも、
常駐部隊を置く基地としてではなく、
ローテーション基地としてのものだった。

グアムを起点に佐世保と結ぶ動線上に徳之島はあり、有事の補給・展開基地にできると。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14201385676
日米交渉の中で、
米側が海兵隊のローテーション基地が沖縄本島に必要とする説明の報告を聞いて、
海兵隊常駐ゼロでも沖縄に空軍の代替滑走路が必要
というところから首相の考えは変わったように見える。

抑止力はあくまで嘉手納の米空軍。海兵隊ではない。

それをごまかしていたのでは自民党と変わらない。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14201956732
ある意味残念だが、
客観的に見て台湾海峡から朝鮮半島までカバーする嘉手納の米空軍は
抑止力として極東アジアのパワーバランス維持のために、現実に機能している。

ハーバードの恩師ジョセフ・ナイ教授が
「海兵隊は無くとも嘉手納の空軍があれば極東アジアの安全は保てる」
と豪語するだけの実力部隊だ。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14202545085
嘉手納の米空軍の抑止力に頼らざるを得ない現実を踏まえて、
小泉政権以降、日本政府は、ステルス戦闘機の嘉手納配備を求めてきたが、
米側は日本への売却はもちろん米軍基地への配備も拒んできた。
イスラエルにはステルス戦闘機を売却しているのに。
米国のイスラエルファーストの姿勢は変わらない。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14202900079
将来的に「国産ステルス」を開発できれば、
嘉手納基地も返還してもらって、自主防衛の体制を作る
という議論は、民主党内に根強くある。
小沢さんも鳩山さんも心情的にはそうだし、自分もそちら寄りだ。
だが、財政事情からすると優先度は落ちる。
当面は嘉手納存続やむなし。首相の胸中はそんなところか。
そして更新を再開して こう書く
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14661599964
辺野古の地主で作る「辺野古地区委員会」が
21日に「アセスメントを変更しない案なら受け入れる」と全会一致で決議し、
それを受けて鳩山首相は日米大筋合意の上、
沖縄再訪問で「辺野古付近」と普天間の滑走路の移設先を明言した。
最低限の地元合意=地主の同意、だったことが見えてきた。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14661780677
マスコミは
鳩山首相が埋め立て方式は最初から否定し続けていることも忘れて、
「現行案回帰」などと誤報を続けている。

さすがに頭にきたのか、
鳩山首相もぶら下がりで「現行案回帰ではない」と否定して見せた。
では、どうしようというのか?
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14662093489
埋め立て方式や桟橋方式などは、
防衛省の事務方が過去に検討して実現しなかったものばかりで、
官邸はずっと別の方策を検討してきた。

滑走路は、沖に出せばいいというものではない。

海面埋め立てには、知事の許可が必要だが、
地上滑走路なら知事の許可はいらず、
9月の沖縄知事選の結果に左右されない。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14662354185
クリントン国務長官が来日時の会見で示した原則は2つ。
一つは、米軍の運用上有効であること。
もう一つが、政治的に持続可能であること。

9月の沖縄知事選の結果に左右される埋め立て案(現行案)に
米側が同意するはずなどないことが、
マスコミの皆さんは まだ わからないのだろうか。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14663660717
ああ9月は名護市議選で知事選は11月ですね。記憶違いでした。
いずれにせよ、埋め立て案では知事選の結果に左右されるので、米側が受け入れない。
8月末の来年度予算概算要求までに建設場所や工法の詳細は決めることが、
日米共同声明で発表されますが、
実際は内陸部ではない地上案しかありません。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14664152158
11月のオバマ大統領来日までに、
もう一つのテーマでもある「日米安保の深化」について結論を得ることも
共同声明に入る見通しです

日米合意ができれば、オバマ来日時に日本の首相とオバマ大統領が一緒に広島を訪問して
「核兵器のない世界」を目指す誓いをするという提案が、米側から非公式にあります。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14664579526
11月のオバマ大統領来日時の「広島訪問」については、
元駐日大使特別補佐官のパッカード氏が「Forein Affairs」3月号で提案していますが、
国務省高官が「個人的には賛成で、その可能性を探りたい」という意向を
外務省高官に伝えてきたそうです。

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14662654789
首都高速の大宮線や千葉線には高さ7メートルほどもある防音壁が張り巡らされている。
トンネルと見まがうほどだが、あれで周辺の民家では10〜15ホーンは騒音が減少している。
そうした防音対策も、「沖縄の負担軽減」の中に、当然含まれる。


https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14660937123

「鳩山さんは本当にいい人だ」という民主党議員がいたので、
「いいえ、鳩山さんは『いい人仮面』です。
仮面を脱ぐと、結構、ズルい人ですよ」と忠告。
普天間問題でも、総理のズルさをわかっていないマスコミが
「現行案回帰」と誤報を続ける。
そんなわけねえだろ。政権交代した意味ないじゃん。

ズルい人w ま その通りだねw
言い方を変えると したたかな人 という事になる。
こうして ずっと政治を見て追いかけていれば 何となく分かる、
もっとも それ位の事が出来ないんじゃ 首相としては ねw

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14668828388
さて、鳩山さんが「いい人仮面」だという指摘に
いろいろご指摘いただいてます。
誤解を少なくするように、もう少し解説しますね。
仮面をかぶっているときは、本当にいい人なんですよ。
鳩山さんは。めったに脱がないし。
脱ぐのは、内輪で政局の話をする時ぐらい。
福島瑞穂さんの前では必ずつけてます。
誰だって
仕事の顔 信頼している者への顔 家庭の中での顔 は違うだろ?
そういう話だよね。

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14669106214
で、昨年12月4日、首相公邸で小沢さんと向き合った鳩山さんは、仮面を脱いでいました。
そこで、政局にかかわる いくつかのズルいお願いを小沢さんにしました。
小沢さんは、それを期限の5月末よりも前倒しで着実に実行しました。
そのことは、普天間の結論の期限を5月末とすることと表裏一体でした。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14669421903
小沢さんは、田村耕太郎を一本釣りして民主党に入党させました。

2人区で与党候補が3人になるのも承知で、
吉村剛太郎を国民新党入りさせ、

秘書を民主党から擁立することで、
民主党で当選しながら自民党入りしていた松田岩夫を離党させて無所属に。

3人の自民党参院議員を寝返らせたのです。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14669710398
昨年末に同じことを決めようとしたら、
社民党の政権離脱で、参院での過半数を失った鳩山政権は、
政治とカネで追い詰められていたかもしれません。

しかし、5月末に交渉期限を設定し、
その間に社民党がいなくなっても参院の過半数をぎりぎり維持できる状況を作っていた。
これって、ズルくないですか?
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14669888158
辺野古なら昨年末に決められたはずなのに、
時間を浪費しただけだなどと言っているマスコミの方々は、
取材不足で、参議院の状況を全く見ていないのでしょう。

昨年末と5月末では、参議院の状況はまったく違った景色になっているのです。
もはや社民党にキャスティングボートはありません。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14670280864
さて、どらえもんのツイッターをフォローしていただいている福島大臣は、
どういう決断をされるのでしょうか。
進むにせよ退くにせよ大変でしょうが、
よく本当のところの話を聞いてから決断されるように、衷心より願います。
歴史ある政党の運命がかかっていますから。
しかも6月には子供手当が始まるからね。

在日米軍という話の意味を深く理解できない一般民衆でも
子供手当という財布の重さは理解できるからねwwwwwwww



https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14199881805
日米交渉をややこしくしているもう一つの事情に、
辺野古地上案を提唱し、9月の知事選狙いと囁かれる国民新党の下地氏の動きがある。
首相の代理人のごとく米側と「情報交換」し、米側の担当者を混乱させた。
首相は彼に何のマンデートも与えていないことはすぐにバレたのだが・・・。
昨日も徳之島へ。


http://wldintel.blog60.fc2.com/blog-entry-250.html
「東奥日報」編集委員の斉藤光政氏。

青森県に本社のある地方紙の記者として、
斉藤氏は「もうひとつのオキナワ」といえる米軍三沢基地への徹底的な取材を敢行して
高い評価を得ました。

いま大きな関心を集めている在日米軍再編問題の取材では、
米軍機密文書や軍関係者のインタビューを通して、
米本土防衛の前線基地と化した日本列島の姿を浮かび上がらせています。

1959年岩手県盛岡市生まれ、青森県八戸市で育つ。1983年東奥日報社(本社・青森市)入社。司法・警察、防衛・基地問題、歴史・考古学などの各分野を担当。冷戦から現在までの米軍三沢基地の核と情報戦の真相に迫った長期連載「解かれた核の封印~三沢基地40年目の真実」で2000年に第6回平和・協同ジャーナリスト基金賞、在日米軍再編と北朝鮮問題についての報道で2007年に第11回新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞。2009年、在日米軍基地の意義を問う一連の報道と著書『在日米軍最前線』(新人物往来社)で第9回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。




http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/41f4afe62a49c51f6177642bb81f83ed
それにしても不埒なのはこの男。

▶石破氏「首相は民意を軽んじている」(産経見出し)
>石破茂自民党政調会長「名護市長選前に現行案を基本にやるということだったら自民は協力するといってきたが、首相は応えず、その結果、(反対の)民意が示された。(首相は)民意を軽んじていないか」
【産經新聞/新報道2001抄録/5月23日21時38分配信】

君たちに<そんな事>を言う資格が有るとでも思っているのか!
「民意が示された」
と言う事は、<自民公明政権>が沖縄県民に押し付けた<辺野古>案は、沖縄全県を上げて<反対>と言う事、を証明した訳だ。

と言う事は、自民公明政権が沖縄県民に押し付けた<辺野古>案と言う物は、沖縄県民の民意を問うていなかった事、が証明された訳だ。

第一、自民党政府が<民意に沿った>政策を行った事が、一度でもあったとでも言うのか?
あなた方には、現政権のもたつきを攻める<資格>なんぞ、これっぽっちも無い、と言う事を肝に命じたまえ!

そして、石破さん。
貴方は、戦闘機のプラモデルかなんかで遊んでいれば宜しい。
アメリカ利益代表に、日本の将来に関わる事柄に口を出して欲しくない。
https://twitter.com/bilderberg54/status/14655360240
http://miyagi.no-blog.jp/nago/2010/01/post_3446.html
 民主党政権になり、普天間の辺野古移設が見直される中で、新基地建設に反対する人々が指摘し続けてきた「環境問題」や「県内移設」の問題が改めてクローズアップされている。辺野古移設は現実問題として死に体である。にも関わらず、それに固執し続ける人々は、押し付けられた基地を受入れる犠牲者ではなく、基地建設を欲する「誘致派」と呼ぶべきである。これは政治的な保守革新のイデオロギーの問題ですらなくなっている。どんなに言葉を言い繕っても、岸本建男前市長が7つの条件を付して受入れ表明した1999年と今日では明らかに外的状況が違う。

首長選挙や市議会議員選挙では「条件付賛成派」が多数を占める状況で今日まで推移してきた。

 1999年に岸本建男前市長が条件付受入れをした後に、名護市に投下された振興予算の充填先をみると、特殊名護市の状況がよくわかる。

 「基地所在市町村活性化特別事業」(島田懇談会事業)では、不良債権処理ともいえるネオパークの土地購入費まで国費で賄い施設整備を図った。開学したばかりの名桜大学の施設整備の大部分もこの事業を活用して行なわれた。さらに防衛施設周辺の各種事業メニューを活用し名護市の東海岸地域を中心に「公民館」建設が相次ぐ。鳴り物入りで行なわれた「北部振興事業」では、岸本建男市長が熱心に取り組んだ「金融特区」関連の施設整備がなされた。

 信じられないことに、市長を自ら辞め市政を混乱させた比嘉鉄也氏が名桜大学の理事長に収まり、三セクであったネオパークは島田懇談会事業導入を期に増資し杜撰な経営を指摘され続けていた比嘉鉄也氏の子飼いのような専務が社長に就任している。

 これらのことから見えてくることは、比嘉市政のツケを払うことに島田懇談会事業が活用され、地域住民への宣撫工作に防衛事業が活用され、ものになるかわからない「金融特区」事業に北部振興事業が活用されたということである。名護市では振興策に400億円以上の資金が投下されても、結果は失業率12%と県内1位で推移し、比較的大手の土木建設業者の倒産が相次ぐ状況である。明らかに公共政策の失敗である。1986年に「逆格差論」を破棄し大型開発公共事業を志向した市政の失策を、新基地建設に伴う振興策で糊塗しようとする無理がもっとも酷い形で表れている。

 1998年から2期続いた岸本市政においては、新基地建設は「条件付受入れ」であったが、2006年に岸本市政を次ぎ、誰もが唖然としたV字案で政府と合意した島袋吉和名護市長には受入条件すらなくなっている。

https://twitter.com/bilderberg54/status/14655554839
名護市 誘致派の誕生
1997年の市民投票で名護市の有権者は基地建設に「反対」の意思を明確にしたが、「条件付賛成」も37.19%と決して少なくはなかった。そのような状況で、比嘉鉄也市政を次いだ岸本建男氏は新基地建設を「条件付受入れ」していく。その結果、振興策バブルは名護市で膨らみ続けていった(振興策バブル期)。これまでみてきたようにこのバブルは、そのまえの基地誘致バブルの破綻を糊塗するためにのみ効果を発揮し、今を生きる市民の暮らしや地域社会に広範な好効果はもたらしてない。政策的失敗は明らかである。
https://twitter.com/bilderberg54/status/14655908539
RT @iwakamiyasumi: ああ、見事に正鵠を射抜いている。RT @12koku @iwakamiyasumi誰かがうまいこと言ってましたよ。「駐留無き安保」ではなく、「安保なき駐留」だとw

http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33777411.html
 65歳のお婆ちゃんが何年か前にやってきて、
 早朝・深夜の掃除の仕事のために銀座界隈で安い寝る場所を探してた。

 風呂なし4畳のボロアパート、靴脱ぎ場は表廊下、
 トイレは1階に降りて外に出なきゃいけない
 というのを紹介して ずっと住んでいたんだけども、
 先日 田舎の病院にいた旦那を引き取ることになり、
 その狭い部屋で一緒に暮らすことを許可して欲しいと言ってきた。
 最後は傍で看取ってやりたい・・・と。

 暮らせるのか?・・・はい。

 それだけ聞いて、大家になんとか交渉してあげて
 両手の荷物で済む引越しが終わったけども、
 仕事を考えると田舎にいるよりも都会のど真中の方が良いんだな。

 地方の観光地に行くと老人ばかりが群れをなしていて、
 新幹線のグリーン車は今やサラリーマンではなくて そんな老人ばかりが乗っていて
 ・・・って話があちこちで聞こえるけども、
 それはメディアを通しての一部の世界であって、
 現実はそんなでもない。

 ギリギリで生きている人たちも多くいるんだな。
 そんな国や政治家たちに都合の良い偏った報道を前にして
 老人社会の良い悪いの話をしてる連中ってのは?
 どこの国のノンポリ?

 最後は、だから老人にももっと我慢してもらいましょう!ってことだろう?
 ギリギリに生きてる人たちはどうすれば良い?
 すでに格差社会だと騒いでいながら、
 その酷い格差に応じた国の細やかな対応を論議することは無い。
在日米軍の話とは
国防を騙っては防衛予算を毟り取る日米安保マフィアから カネをどれだけ取り戻せるか
という話であり
防衛予算に群がる連中を どれだけ潰せるのか という話でもある。
コレは カネを巡る戦争なのだ。

心の底から思う。
俺自身は良いから
馬鹿で豚にすぎないから地を這うしかできない
けれども無垢な善性と勤勉さだけは忘れない大和民族系日本人を
どうにかして救ってあげたいんだ。



http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33744652.html
 ところで北朝鮮は怪しい国だけども、韓国の哨戒艦を沈めるほどの力は今は無い筈だという、元防衛庁幹部のオジサンの話もあった。
 あの写真で公表した魚雷だってえらく古いモノに見えるが・・・ってさ。あの辺の海には敵味方の演習時に放った魚雷やらの残骸はゴマンと落ちている・・・らしい。
 また、米海軍が敵の近くまで潜航する場合は、敵の武器をワザと所持していたり、そんなことくらいは日常のこと。敵の所持品を集めておなじようなものを造ってしまう技術だって、我が国の自衛隊だって持っている・・・らしい。
 戦争を起こしたいのか? イランと北朝鮮はその為に生かさず殺さずしておいた生け贄みたいな国で、例えばヒラリーが沖縄の基地の例の件でやってくるから騒動にしてるようなことも考えられるし、韓国への脅しだとも考えられるし、とにかくアメリカという国は一筋縄ではいかない国だというひそひそ話だった。










https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14146406389
口蹄疫問題で、日曜日に某大臣からTEL。東国原知事の初動の指示の失敗で、殺処分された牛がすぐに焼却・埋立処分されず、ハエなどを媒介して被害が拡大中である点を警告。国の対応を急ぐよう促す。本日、鳩山首相を本部長に対策本部が設置された。首相が視察に行くなら「完全防疫」でと周辺に助言。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14146562672
口蹄疫は、牛だけでなく豚にも感染する。象やキリンにも感染するので宮崎市の動物園も休園になった。細菌は目に見えない。人には感染しないと無防備に政治家がパフォーマンスで現地視察すると、細菌を地元に持ち帰って選挙区に口蹄疫を広めるという最悪の結果になるとアタフタする議員たちに警告。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14146660934
口蹄疫の発生地点は、九州全域を結ぶ高速道路の結節点のインターチェンジ近く。すでに九州全域に細菌が蔓延している可能性を指摘すると、ほとんどの九州の政治家が慌てふためいて、地元の知事に対応の電話。当然の対応だが、先週まで何やってたの?
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14147504136
口蹄疫で「法改正が必要」と言いだす議員がいた。農水官僚の言い訳に毒されている。すぐに「景気対策予備費がまだ使えるし、本来の予備費も使える。完全な処分の支援に予備費を、被害農家の支援に失業対策予算を出せるように動くのが与党の政治家の仕事」とハッパ。若い議員ほど目が覚めるのは早い。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14147813280
鳩山首相が口蹄疫対策として1000億円の予備費緊急支出を指示したということで、昨日来の永田町の口蹄疫騒動がようやく一段落しそうだ。クリントン国務長官の請求書次第では予備費不足も。秋の臨時国会で補正予算が必要になる。トヨタなどが黒字に転換して法人税収増が見込まれ、財源はある。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14164143390
まず口蹄疫について、感染が疑われる牛の殺処分を命じるのは、農水大臣ではなく都道府県知事の権限だ。大臣が国の隅々までどこの牧場で牛や豚を飼っているかすべて把握しているわけではないから、これは当然の権限分担。初動対応の責任は一義的には知事にあり、財政など国が即応するのは当然である。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14164512596

今回の口蹄疫の初動対応のミスは大きく2つある。
英国など経験のある国では、殺処分を専門の防疫班が消毒済みの防疫服を着て行い、
終了後にも消毒をしている。
口蹄疫の細菌は、人体や衣服に付着して広がるからだ。

東国原知事が殺処分を急ぐあまり、防疫装備もない農家に殺処分をさせたのは失敗だった。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14164797570
もう一つは、
殺処分した牛を小さい農場では埋立処分できず、死体が放置されたために、
ハエなどを媒介して細菌感染が拡大したこと。

国有地の提供が遅れたのは多くの人が指摘している通りだが、
県有地の提供も遅れた。

あらゆる面で、不慣れなゆえに初動の処理を誤ったことは、国も県も猛反省が必要。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14165101081
口蹄疫の細菌は、すでに県境を越えて九州全域に広がっている恐れがある。

ツイッターを見ると、全国の野党議員が宮崎に徒手空拳で押し寄せそうな雲行きだ。
改めて、視察に行く議員は、
「完全防疫」で。取材の記者やカメラマンも防疫服着用・事後消毒は必ずやってください。


敵は、目に見えない細菌です。
さて してたかねぇ?wwwwwwwwwwwwww
マスコミ新聞テレビ大手メディアや自民系の保守(笑)が感染拡大をさせた事については
不思議に全く言及しないので
ほら 報道が止まったでしょ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14165892282
口蹄疫の対応のようにトータルで経費がいくらかかるか発生時点で分からないものは、知事の判断で、県の予算で必要な対策を打ち、あとで請求書を国に回すやり方が認められている。東国原知事は、当初から風評被害対策を国に求め、国の国有林を処分場にという案を一度蹴るなど対応に不慣れな面があった。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14166271727
口蹄疫のウイルスとの戦いには、国だ県だ、与党だ野党だ言っていることほどばかばかしいことはない。初動の失敗を繰り返してはならない。今日も現地入りしている某紙記者に消毒はしたかと聞いたが、していなかった。毎日が失敗の繰り返しではいけない。記者が口蹄疫を媒介してどうするのか。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14187144189
昨日から現地入りした記者にもようやく防疫服を配る対応を政府が始めた。予備費の支出が決まったからできることだが、マスコミの側も背広でカッコよく決めてリポートできない現場だときちんと認識して伝えないといけない。自分たちが「大きなハエ」になっている自覚が必要。取材後は全身消毒当たり前。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14207739299
昨日つぶやいていた自治体主導で口蹄疫対策を先行し、後で請求書を国に回す方式がこれ。→ @mainichijpnews 口蹄疫:家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相 http://bit.ly/dfRe0e





https://twitter.com/takeshi108/status/14193876439
あのですねぇ。。。そんな意識なんかじゃなくて、要はなかなか適当な「敬称」がないんですよ。たとえば、いくら親しいからと言って私が総理経験者である麻生「先生」を「麻生さん」て呼ぶのが適当でしょうか。そういう意味なんです。T @Mr_Magic1959  一般人と感覚がずれている。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14194302757
ズレてますね。自民党のカルチャー全体が市民感覚から。

Kさんが厚生大臣の時、大学同期の友人を政務秘書官にしました。
大臣室で「K君、K君」と大臣を呼ぶのに役所全体がカルチャーショック受けましたが、
それが市民感覚を政治に持ち込む第一歩。副総理でもKさんはKさん。
ああんw 書かれちゃったw
もし万が一 民主トロイカの中枢に近い人に会う事があった時は
この質問をしようと思ってたのにw

「自分のブログで 小沢だの鳩山兄だの菅だのと呼び捨てで書いてますが 良いですか?
 勿論に こうして本人を前にする時は “先生”ではなく“さん”と呼ぼうかと思ってますが
 この事を どう思いますか?」

ってね。

この話の出発点は
ほら 俺は マンガを読むでしょ、
漫画家を先生と呼ぶ事が どうしても違和感あってね、そこから。

で ブログを更新するに どーしようかな と思ってね。

市民感覚 というより 人として政治と情報を考えるに
あくまで人間の尊厳そのものを卑下するような品性を 俺は持ちたくない。

先生と呼称されては担がれてる当人や 担いでいる連中も含めて
馬鹿で豚にすぎない民衆を見下すかの如き品性を持つ者達を多く見ている以上、
自らを先に貶めるような奴隷根性を 其処まで持つよりも
覚悟を持って誇りと共に生きていこうと思う事が
己が品性の最後の拠り所になるからね。

こんな小さな小さな誇りしかない馬鹿な俺だけど
その小さな小さな部分では
小沢にだって鳩山兄にだって菅にだって 松田ドラえもんにだって 負けたくない。
ましてや 保守(笑)な連中になんかは 絶対に負けたくない。

コレが市民感覚かどうかは分からないけど 俺は そう思うだけ。

ま 錦の御旗に平伏する連中 や イデオロギーの染まる自分自身を自覚できない人達 には
理解できないかもしれないけどね。

http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33755623.html
 ところで、各地で講演会が大流行だそうな。
 日本の今後と、わたしたちの生活はどうなってしまうのでしょうか? そういう不安ばかりで、それがお急ぎの用か漠然としたものかは別として、
 なるべく多くの人の話を聞いておこうという方々が増えているらしい。

 テレビや新聞・メディアの怪しさに、やっと気がついてきたのなら良い事だろうけども・・・。
 どうせ行くのならメディアには出ない・無視されてる連中の講演会にすれば良い。
ところがね〜、基本はメディア露出の多い人たちのものばかり選んでるらしい。
 演芸会とおなじ感覚なんだろうね。

 そもそも、有名人って〜訳のわからない人種、この意味が
 俺の感覚だとメディアという媒体を通して売名行為に勤しんでいる連中のことを言うんだけども、
 世の中では有名・人気者イコール正義、そういう方程式が昔からある。

 それを利用して安易に金儲けを続けてたモノがたくさんいるけども、
 そういう時代が終ろうとしているんだな。
 メディアという媒体を通す訳だから当然に多くの脚色がされる。
 大昔、俺は大手の芸能プロダクションの内緒の仕事もやってたけども、
 テレビやらで派手に華やかに露出してた連中の多くが、
 実は静かで寂しい実生活を送っていたことも見ていた。
 そんなことも知らないの?そんなことで悩んでいるのか?と驚くことも多かった。

 最近の芸能人は、ちょいと違うね。
 芸のための節度・自制というものが失われている。
 ファンの側にいるべきものが、何かの間違いで主役にされてしまったような軽いのが多い。

 親は苦労して叩き上げたのに、
 子は大事なモノを省略した人生から始めてる、
 そんな2世3世の政治家もそうだろうね。

 目の前にいる困った人に声をかけるのにも、イデオロギーが邪魔をする?
 法規制が邪魔をする?
 そんなのは全部うそっぱちだろうな。

 数々の悔しい思いや、酷い目や、
 言葉では書ききれないくらいの現実を乗り越えて来た話は、
 聞いてても とても愉しい。
 それはお涙ちょうだいのドラマではなく、過ぎ去ったただの事実でしかない。
 本当はね、まわりもしっかりと見守って評価してあげなきゃ〜いけないんだろうがね。

 若いガキっちょが、親がかりで生きてるような連中ばかりが、
 偏差値ばかりが評価されてる世の中には、
 俺も子供の頃から呆れかえっているが、
 だからこそ俺は評価してあげたいね。

 昨日は、ずっと昔に離婚して、娘二人を母が一人で育てあげ、
 次女も無事に社会人となったというお母さんがやってこられてた。
 俺より6つ下だから・・・25歳か?!
 よく覚えてないくらい昼は正社員で働いて、夜は運転代行の仕事をやっていたと言う。

 面白いことに当社には そういうお客様が年中に来られているんだけども、
 みなさん街を歩いていれば男性から声を掛けられることが多いだろうと思うくらいに、
 明るく、華やかな色気を持ってらっしゃる。
 仕事なんか選ばなければいくらでもあると、豪語してる。

 凄いね〜、ご苦労様・・・営業だからどんな言葉も遠慮なく出てくる俺の口からも、
 そんな素直な言葉がスルリと出る。まず、尊敬する。

 そしてこれからは俺に出来得ることならば何でもしてあげましょうという気になる。
 こういう人たちには、先に書いた自己救済のための講演会なんかは必要ないんだな。
 自らの手で、自分と家族の未来を切り拓いて生きて来てる。

 そんな素晴らしい人たちが、無名の人たちが、
 自慢げに喋る訳でもなく、ただ強く生きているからこそ、
 俺は未来は明るいと思ってる。

 経済指標やら、データやら、傾向と対策・・・
 そんなものなんかぶっ壊して生きて行ける修羅場をくぐった人間が増えてきてることに、
 俺は感謝している。

 俺がずっと言ってる恐慌ってものは、そういう人間であればブチ壊して行けると思ってる。

 親や先生と呼ばれる人間には、ほんとは演説や言葉はいらないんだろう。
 すこし脂の乗って、ちょいと時間をかけすぎて疲れた、暖かい背中があれば良い。



https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14203534442
本日の政府税調会議で、日本財政ギリシャ化論の誤りを原口総務相が論点ペーパーで説明。仙谷国家戦略相が「何てことを言うんだ」と目の色変えて怒ったとか。仙谷さん、財務省に洗脳されすぎです。(苦笑)2001年以降の債務増加の半分以上は既存の財投債務の国債切り替えと為替介入等によるもの。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14206712051
景気より消費増税最優先の国賊・財務官僚がふくらし粉をいっぱいかけて「国の債務」を過大に粉飾しているのを見抜けないようでは、政治主導が泣く。現実に09年度末決算の確定値は882兆円。予算より18兆円以上少ない。その大半が「不要額」でそれを特別会計に貯め込んで天下り先に回すカラクリ。
https://twitter.com/matsudadoraemon/status/14207237835
財投改革なるものが始まった2001年以降、288兆円あった財投残高は220兆円を切るぐらいまで縮減してきた。支える財源は3つ。国が発行する財投債と財投機関が個別に発行する財投機関債、そして特別会計の積立金を回す財投預託金。郵貯や年金を自主運用化しても財投債を買うだけでは同じこと。

http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33788065.html
 中国も欧米各国も、我が国も不動産の価額下落が止まらないまま。
 これが民の消費にブレーキをかけ、企業の収益を圧迫し、金融機関の貸し渋りを酷くしたまま、国家の税収にも暗い影を落とす。
 我が国ではまだニュースにはなってないけども、すでに相当数の不動産ローン破綻者や破綻予備軍が息を殺して待っている。
 夢のような不動産バブルを待っているんだろうが・・・行き詰まる時を待っている。
 なんどもなんども淘汰の波が寄せては引いてを繰り返して、借金・負債に弱った人や企業をさらって行く。
 これが5年から10年は続くと言うと、みなそんな大袈裟な! って〜顔をしてるけども、不動産価格のスローな下落スピードから見てると、これはただの不動産バブル崩壊ではないのは一目瞭然。
 止める方法も、無い。
 国家の破綻まで騒動になったら、これを救済できるものは? 誰? なに?
 アメリカでは中小の銀行破綻予備軍があと1000行? 900行?
 今年は去年の倍のスピードを維持するどころか、もっと酷くなってきてる。
 適当なニュースよりも、事実の重み、現実は言葉では隠せない。


http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/MYBLOG/yblog.html
もうすぐ、政治家がマスコミとともに官僚・役人・アメリカのホストだった時代も終る。
思えば1972年に、毎日新聞の記者だった西山さんが、日米の核密約問題を取り上げ、社会党議員を使って国会でも追求させたことがあった。もう40年前の話さ。
どうなったか? 覚えてる?
西山さんと、情報を流した外務省の事務官は即刻逮捕され、浮気の罪で最高裁で罰せられた。
狂ってるマスコミって〜のは、すでにこの時から姿を現していたんだけども、毎日新聞は情けなくも謝罪して、彼らは孤立して変人扱いのまま事件は闇に葬られた。
その後も同じような事件がたびたび起きて収監させられたり犯罪者とされた人たちは後を絶たない酷い世の中のままだ。
アメリカ側からの公表によって密約問題にしてもあった!と最近になって外務省は認めるに至ったけども、特に毎日新聞は有能な記者を犯罪者として首を切った経緯について、それこそ説明責任があるのではないのか?
小沢問題で騒いでる側にこそ、本当は抱えきれない説明責任が山ほどある。

我が国では江戸時代に生類憐みの令という、歴史に残る妙法が制定されたことがあるけども、これにも劣らない幼稚な時代を俺は生きてるんだと、いつも自分に言い聞かせてる。
この半年間に渡る鳩山・小沢民主党批判は内部からのものも含めて目に余る酷さだ。
イジメや差別を子供達に語るべき大人の世界こそ、神がいるならば鉄槌を討ちおろすべき。
そうして次の参議院選挙がある。
とりあえずはこの阿呆な国の未来への審判を、国民は多数決で決める。
見物だろうな、その結果によって、俺は商売の方向も決めるつもりでいる。
お馬鹿な国民がいまだに大多数マスコミに踊らされているのなら、阿呆な国専用の営業方針で行く。目覚めた国となりつつあるならば、全てを一新して、未来に進む。


http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33777411.html
 バブル時に株価が上がり、不動産価額も上がり、そういった所有する財産の価値ばかりを自慢しあって、帳簿上の数字だけを見て悦にいっていた連中が相変わらず多かったけども、それらが10分の1になった時、残るのは有利子負債だけということも多い。
 なんで前の不動産バブル時に資産ウン十億円と威張ってた奴らが、1〜2年後には破産したりしてたのか? ちょいと考えれば解りそうなものなんだが・・・。

 しかもその経営陣ときたらヤクザにもなれないチンピラみたいな安っぽいのばかりで、まだまだ前の不動産バブルが弾けた頃の企業経営者の方がぜんぜんまっとうだった。

 政治の世界はもっと酷い。
 自民党が野党に落ちた細川ブームの頃から、無茶苦茶になってきてた。
 俺の同僚だったものまで日本新党のブームに乗って政治家の端くれになったぐらいだからその酷さが解ろうというものさ。
 その頃から俺も名の売れてた政治家先生たちや第一秘書やらの実態をソバで眺めていたけれども、内部の抗争と談合の世界ばかりで、チンピラの権益の奪い合いや縄張り争いとなんら変わらなかった。
 森政権くらいからはもっと落ちた・・・あとはチンピラの政治に落ちたままだった。
 経団連だとか経済界の方もおなじだったね。
 糞みたいな爺ィの集まりに成り果てていた。
 薬をやってヨイヨイになって、酒池肉林、女を騙して、金を盗んで、捕まりそうになれば手と金を回して、ゴロツキみたいな取り巻きに囲まれてヨダレ垂らしてた。
 俺の行く先の信号はいつも青なんだ! そんなことを自慢してるレベルのチンピラに、国家の行く先の信号も青にして欲しいと期待したり拍手してた国民も、同類と言えば同類以下の猿。
 自民党を飛び出した小沢さんに期待したのもそういう現実を見てたからだけども、なかなか難しいね〜。
 検察の話ばかりがメディアから流れてる間も、国税が動いてる。
 検察が駄目なら、国税が・・・ってな状況では、この政権も再編に再編を繰り返していかなければいけないんだろう。
 そもそも小沢さんを幹事長という職務に追いやった民主党内の馬鹿殿様たちこそ排除すべきなんだけども、そのくせ大臣やらになっておきながら小沢批判を繰り返している。
 幹事長職って〜のは国政・政府の職ではないんだから、あんた大臣がわざわざ振り返って文句を言うべき筋合いではない。
 国政は大臣がやるものだろうし、そのための肩書きと地位がある訳だろうさ。
 それを煽りたてるメディアも阿呆の衆、煽られて傍観している国民は痴呆の衆。
 鳩山総理も意地はわかるが最後は赤門同窓生の変態クラブに取り込まれてしまうのか?
 ま〜、そんなところだろうな。

公務のチンピラ化が進んで、いまや末期的な症状とも言える。
これからは通貨の価値でさえ、そういう誤魔化しにあうこともあるんだろう。
世界的におなじことが見える。
国民を上手に騙す方法なんて幾らでもある。

 消費者って〜のは前の不動産バブル時とな〜んにも変わってないんだな。
 だから俺は騙されちゃ〜駄目だよ! って、このブログでも言ってきてるが・・・。
 国民の自覚や意識の進歩がまるで見られないのは、営業の世界にずっと居れば解ること。


http://blogs.yahoo.co.jp/hbrwf912/33777411.html
 俺は死ぬまでグループや群れにはならない。
 一匹で生きていくと決めて自営をはじめた。
 群れになれば群れの主義主張や掟や能書きや建て前が邪魔になる。
 増してや女や子供の為に、自分の生き方を変えるのはもっと嫌だ。
 相手が変われば対応も変える。話の方向が違えば話の内容だって違ってくるのが当たり前。
 味噌も糞も一緒にして、安易な通信簿の評価だけで人間を分けるようなことは嫌だな。
 そういう生き方をずっと続けてきてると、こんな男になる。(笑)

俺も死ぬまで群れない、
けれども自活できる能力も力量も無い。
だから相手が変われば対応も変える、話す相手が違えば話す内容が違ってくるは当たり前だ。
そうして生き延びるしかない。

その先に この誠天調書がある。
この小さな小さな誇りだけで生きている。
群れの主義主張や掟や能書きや建て前なんかは一切に関係なく
俺は此処に居る。






米1
222.231.73.68  222.231.73.68 - Google 検索
68.73.231.222.megaegg.ne.jp  68.73.231.222.megaegg.ne.jp - Google 検索






posted by 誠 at 06:03| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
222.231.73.68   68.73.231.222.megaegg.ne.jp

細菌とウイルスの違いも解らないようなツイートをを「ありがてぇ、ありがてぇ、これでそのまんまが叩ける」と有り難がる姿勢・・・さすがですw
Posted by at 2010年05月26日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。