https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年06月02日

鳩山兄辞任

参院選まで代表選でメディアジャックでしょうか?w
菅 vs 岡田or前原 といった所か
それとも副総理だから そのまま持ち上がりとか?

小沢の最優先選択肢は 民主の単独過半数 という事なのかな。
その願いは コレで叶うが
いずれにせよ
在日日米軍削減は完全に遠のき 辺野古の埋め立てはなし崩しで進むだろうね。
逆に 辺野古への移設は無くなるが沖縄在日米軍は増強される とかなるだろうね。

福島と辻元と保坂は
沈む社民と共に座して死ぬか 飛び出して溺れて死ぬか を迫られる事になるだろうが
さりとて救いの手は既に断ち切られた、
だって鳩山民主連立政権の命運を絶ったのは自分達なんだもんね。
ま 狭量な自分を恨みな。


大和民族系日本人へは 官憲の暴走と弾圧が始まるだろう。
靖国教を信じる連中へは 何故か不逮捕特権が与えられ
ネットの日本語圏に宿る最後の希望は 断ち切られるだろう。

その怨嗟を覆すだけの余力を持ちきれない新生民主政権は
事ある度に妥協の産物と化すは必死なので 政権は強力な状況を長期に持続はできないまま
だらだらと継続していくだろうね。
つまり下層民が切り捨てられるは止む無しの傾向は 一気に加速するだろう。

地獄が再び開かれた。
楽園への道が開かれたと喜ぶ者達を 俺は地獄の底から眺め続けるよ。
 


posted by 誠 at 09:57| Comment(5) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い通りにならない事の多い政権運営で、ミステイクもあったのも事実にせよ、最後に一矢報いたと思います。
やられっぱなしでしたが、よくぞやってくれました。

これは正に「負けて勝つ」の戦法、無能な側近も表向きにせよ小沢さんも道連れにする事で相手の矛先さえ失わせてしまいました。
正直困るのは攻める側でしょう、本来小沢さんに負わせたかったダメージを、すべて鳩山さんが受け持ってしまったのですから。
もっとも、特にネトウヨな人たちはその事にまだ気づいてない可能性の方が濃厚ですが。

例えが悪いかもしれませんが、鳩山さんは乃木さんのような人だと感じます。
児玉に該当する人と、かなり示し合わせてこの騒動を画策したように考えます。
これで現代の児玉さんは単に肩書きが消えただけで、選挙対策に奔走する指揮官として奔走できるでしょう。

最後に今後新たな代表が決まる訳ですが、お話の管さんでもなく七奉行でもなく、とてもとても意外な人物がと思います。
そのぐらい思い切った事を、あの二人はやる気がします。
あくまで憶測ですから、ネタと思って受け流してください。(笑)
Posted by ふみたけ at 2010年06月02日 11:08
はじめまして。読者の一人です。
ここのブログでは様々な予想が読め、
大変勉強になっています。
メルアドもブログもツイッターも登録していませんので、
ここでつぶやかせていただきます。

今回の鳩山首相辞任は私も大きな落胆を感じました。
この報道でニヤついた笑みを浮かべる議員・
マスコミ関係者たちがテレビに映っていたりして、
自分が一票を投じること、
それ以上のことが何もできないことが
悔しくて、本当に涙が出てきます。

何故、命を懸けて他者(国民)の為に
その知能を活かして一生懸命な人を
巨大権力(マスメディア)は踏み潰すようなことをするのでしょうか。

『親指を立てる』などという、
意図的かどうかも分からない一動作を
あたかも『やった!』という仕草で解釈させるような
煽動報道にも呆れて悲しくなってしまいます。

まだ、辞任直後で様々なことが今後も予想されます。

諦観に至るのはまだ早いと思います。

繰り返しになりますが、
私には一票と祈ることしかできません。

なんとか清和会系だけには、
権力が戻らないようにと心から願います。

管理者様、私も気持ちは同様です。
しかし、『地獄の底から』などと言わず中庸を保ち
これからもその洞察力を研ぎ済まし、
小さな一票しか持たない私のような
詮索者に情報提供して頂けることを願います。

本当は腹が立って、悪口や雑言を
吐き散らしたい気持ちで一杯なのですが、
その書き込みは意見対立する相手への煽動でしかなく、
何の進歩も生み出さないと考えていますので、
ここは涙を流しながら、
冷静な対応をするしかないと耐えています。
Posted by 憂国の一人 at 2010年06月02日 23:44
あきらめるな。
兵卒が戦っているのに、
下士官が戦闘を放棄しないでください。
Posted by MF at 2010年06月03日 03:14
上の人と同意見。
誠天さんよぅ、あんたが戦闘を放棄してどうするんだ!まだまだやるべき事や、出来ることはある。諦めるな!!
Posted by へっつい at 2010年06月03日 04:03

... べ、別に ちょっと弱気になっただけなんだから
あんたなんか好きじゃないんだから
米を貰ったからって 嬉しくなんかないんだからねっ!

... な、なによ、か、勘違いしないでよね!
別にアンタのために更新してんるんじゃ無いんだからねっ!
あ あ ありがとう これからも頑張ります
なんて思ってないんだからねっ! !

Posted by at 2010年06月03日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。