https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年09月08日

アフガン戦争 の停戦への仲介役を先に買って出る鈴木宗男と小沢
という日本外交の進化と深化

誠天調書 2010年09月07日: 小沢が何故に わざわざ「海外投資に円高を利用すべき」と言ったのか の追記
実際は 鈴木宗男の話を軸に全文コピペをして 補足を加えているだけ、
あくまで上記リンクの意味を補足しているだけ。あくまで上記リンクを先に読んでから。
しかも更に内容が妄想に走っているので 格納します。 一文字たりとて信じちゃダメですよ









ネットゲリラ: 腐ったアフガン
ネットゲリラ: 個人営業の諜報員



タリバンの仕業アルカイダの仕業といわれている相当数の
テロが実はCIA  政府系諜報部の仕業なのでは?
イラクの時も感じました

投稿 shige | 2010/09/06 08:48


米軍視点ですが、丸ごとアフガンネタでおもしろいですw
■CIAとアフガニスタン CIA in Afghan
http://specialforce.militaryblog.jp/e153057.html

投稿 deadman | 2010/09/06 10:12


この人を連れて帰ってきたのってムネオでしょ。

投稿 neko | 2010/09/06 22:47


現地政府が「反政府系ゲリラの仕業」としたものが、
実は政府や軍部の息のかかったグループの仕業だったなんてことは、
アフガンに限らずアジアの至る所で起きています。
そういう国では「警官を見たら泥棒と思え」を常識にしないと生活できません。

投稿 GARDENER | 2010/09/06 22:52


わざわざ危険な場所に出かけていく。こういう人の評価というのは難しいね。ただのバカという場合もあるし……

投稿 阿井卯栄男 | 2010/09/06 13:25

阿井卯栄男さんの御高説を聞くと

現実社会で頑張って活動してる人をネット上で批判する事で
自分の社会的な役割を果たしてると思ってる人が多すぎる

という言葉を思い出します

投稿 垢 | 2010/09/06 20:18


アジアは日本人の庭なので、戦前にはどこにでも潜入してスパイ活動繰り広げていたわけだ。
で、上のAmazonリンクなんだが、日露戦争の時に、敵地に潜入して調査活動やった兵士たちの物語なんだが、
これ、戦前には山中峯太郎の小説で少年倶楽部に掲載され、子供たちの胸を熱くしたわけです。

で、これだけじゃない、遠くチベットの地まで潜入して、あのチベット国旗を作った日本人もいるし、
支那、蒙古に潜入していたスパイに至っては数えきれない。
もちろん、政府お抱えのプロもいるんだが、個人的に活動していた連中も多い。
マレーの虎、快傑ハリマオのモデルになった人などは、
イスラムに改宗して現地に溶け込んでいた民間人が、軍部にスカウトされて手伝っていたというケースだ。

そんな血筋を引いているのか、
わざわざイスラム教徒に改宗してまでタリバンに接触し、取材を続けていたジャーナリストが、
大きな手柄ひっさげての帰還です。
アメリカが後押しするカルザイ政権の一員である軍閥が、
外国人を誘拐して日本政府を脅していたという、生きた証拠が帰国です。

鈴木宗男が尽力したらしいね。
もうね、ムネムネも悪人なんだが、役に立つ悪人なので、無罪にしちゃえよw
外務省の馬鹿役人100人分くらいの働きするぞw

で、外交的にはこれ、日本がアフガンに対する大きな「武器」を手に入れたという事に他ならないんだが、
まぁ、コレを有効に使いこなせる政治家、外交官がどれだけいることか。


8 :大学芋(神奈川県):2010/09/06(月) 07:52:49.23 ID:ObtZhh0X0
10年ぐらい前にアフガンに行った事があるが、基本貧困がすべての問題の根源だと思うわ。
一人一人は良い人なんだけど、
「俺たち、なんでこんなに貧乏なんだろう」っていうのを宗教家が上手く利用しちゃうみたいなんだよね。
貧乏+宗教ってぶっちゃけ最強のコンビだと思う。


13 :殺し屋(東京都):2010/09/06(月) 07:56:09.13 ID:kdA27CtGP
アフガンすげえな
こんなところに手をつっこんだソ連もアメリカも大馬鹿だな

14 :大学芋(神奈川県):2010/09/06(月) 07:57:53.13 ID:ObtZhh0X0
>>13
冷戦中、ソ連もアメリカもずっとここに金を突っ込んで、結局
回収出来なかったからなぁ。

11 :小説家(岡山県):2010/09/06(月) 07:55:30.81 ID:josiXbO+0
オバマもアフガンに関してはどうしようもないだろうな。
タリバンの拠点はパキスタンにあるわけだし。

18 :金持ち(アラバマ州):2010/09/06(月) 08:00:23.64 ID:DLoPpbfP0
これ救出にムネオが尽力したんでしょ

20 :大学芋(神奈川県):2010/09/06(月) 08:01:53.27 ID:ObtZhh0X0
>>18
ムネオは関係なくね?

56 :中国人(東京都):2010/09/06(月) 09:59:01.52 ID:m1F+bzqa0
>>20
尽力してたかどうかはしらんが、現地に行ってたみたいだよ。
http://www.muneo.gr.jp/html/diary201009.html
2010年9月1日(水) 鈴 木 宗 男
 昨日、小沢前幹事長の出馬を確認して、成田から北京経由でモスクワに向かう。衆議院からの「ロシア及び中央アジア各国等政治経済事情調査議員団」の団長としてである。
 一行は既に昼の便でモスクワに成田から直行しているが、私は昨日、私なりの動きをし、遅れての出発となったのだ。
 機中泊で早朝4時過ぎにモスクワ到着。メンバーと合流し、モスクワでの仕事をする。
 北方四島から帰ってすぐの強行軍だが、お陰様で体調は良好である。ありがたい限りだ。
わざわざロシア経由で行く、中央アジアにおけるロシアの影響力を考えれば当然であり、
アフガニスタンの件を どうするのか を先にロシアへ自ら赴き確認してから
という鈴木宗男の見事な外交配慮 卓越した外交センス とも言える。


2010年9月2日(木) 鈴 木 宗 男
 出張先から関係者と良く連絡を取り合っているが、皆一生懸命である。乾坤一擲(けんこんいってき)の闘いを制しなくてはならない。元気の出る日本にするためにも。世界に責任を持つ日本にするためにも。
 夜中0時10分(日本時間5時10分)モスクワを発ち、5時半(日本時間8時半)カザフスタンの新首都アスタナに到着。黒川紀章さん設計の空港ビルが素晴らしい。
 石油、ガス、ウラン、レアメタル等々、資源大国カザフスタンは、21世紀、中央アジアの大国として存在感を示している。資源なき国家日本にとって、大切な国である。 
9月3日の朝のスーパーモーニングで
小沢が 何ゆえにわざわざ自らの口から「円高メリットを生かす海外投資なども有効に活用」と口にしたのか?
外交動向に過敏な小沢が この件を知らぬはずも無く その意味を理解できないはずも無い。
小沢と鈴木宗男の距離を考えれば 当然に連絡は取り合っているだろうし
そして鈴木宗男が わざわざ此処で口にする、全く同じタイミングで口にする、その意味は計り知れない。



2010年9月4日(土) 鈴 木 宗 男

 昨日予定より二時間遅れでタジキスタンの首都ドゥシャンベに到着。
 平成14年1月、外務省の出張駐在官事務所の開所式に来て以来、8年ぶりの訪問である。
 15時(日本時間19時)から旧知のラフモン大統領と会談。大統領は、「元気でしたか。心配していました。どんなことがあっても私達は友人です。正義は必ず勝ちます」と熱く話してくれた。
 思えば2002年6月19日、国策捜査で逮捕され、東京拘置所にいた2003年3月、来日したラフモン大統領から、「私達は友人です。何も変わることはありません。お身体に気をつけて下さい。祈っております」と激励のメッセージを戴いたことを思い出し、胸が熱くなった。
鈴木宗男の持つ外交人脈の凄みは圧倒的だな そらコイズミとCIAが粛清したくもなるわな
 振り返れば1998年7月20日、国連政務官であった秋野豊さんがタジキスタンで殉職される事件があったが、それがタジキスタンとのつながりの始まりである。
 97年7月、小渕恵三先生が中央アジアを回った際、私も同行し、秋野さんも一緒だった。9月11日、橋本改造内閣で小渕先生は外相に就任し、私も入閣した。翌年の参議院選挙で橋本総理が退陣し、小渕首相が誕生したが、その直前の不幸な出来事だった。
 私は官房副長官に横滑りし、秋野さんの葬儀等に関わることになった。
 2000年7月、2001年10月、2002年1月とタジキスタンを訪問し、ラフモン大統領と会談する機会が増えた。
 2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが起き、10月7日、アメリカはアフガンを空爆した。その時私はタジキスタンにおり、翌8日、ラフモン大統領と会談した時、ラフモン大統領は制空権、地上基地をアメリカに提供すると発言され、「日本からアメリカに伝えてほしい」と言われた。私はこのことを当時の福田官房長官にすぐ連絡したものである。
 あの日、CNNは一日中私のぶら下がり記者会見を流したものだった。

 そのことをラフモン大統領に話しながら、この8年間を思い起こし、感慨無量であった。
 ラフモン大統領は「鈴木先生はタジキスタンにとって大事な人です。我々が困難な時、人道支援等様々なことに協力してくれました。そのことは忘れません。今後とも宜しくお願いします」と言われた。中央アジアの安定の為にも、地政学的にも、重要な位置にあるタジキスタンである。アフガニスタンの復興、安定にも、隣国タジキスタンが果たす役割は重い。
わざわざ此処で アフガニスタンの名前をも出す、無意味な訳が無かろう。
 同行の外務委員会の理事さん達も良く理解したことだろう。一緒になって行動していきたい。
此処で その意味に釘を刺す、今回の鈴木宗男の外交の歴史的重要性を 当人は強烈に理解しているんだね。
もっとも 同行のボンクラ連中は どうなのですか?w 鈴木宗男も苦労が耐えないだろうねw


 ザリフイ外相、ズフロフ下院議長とも会談し、それぞれ温かいお言葉を戴いた。
 19時からズフロフ議長主催の夕食会が、ヴァルゾフ渓谷内大統領別荘であり、自然の中で立派な施設、素晴らしいタジク料理に驚いた。何よりも「人間味」という、何とも言えない味に感激した。
 外交も人であり、積み重ねであるとつくづく思いながら、権力の世界、色んなことがあるものだと自分に言い聞かせる。
 「生きていれば良いことがある」、「生きていれば逆転もある」と思いながら、今こうして活動できるのも心ある後援会の皆さんのおかげであり、中央アジアの空の下から、ただただ感謝したい。
こうして しっかり周囲の足場を固めてから 本丸へ入る。
鈴木宗男の見事なまでのフットワークの良さ 速攻で果断な外交 その卓越した外交配慮を築く外交センス
コレが外交力というモノなのだろうね 見事すぎて凄みすら覚える。


2010年9月5日(日) 鈴 木 宗 男
 昨日21時(現地時間)、今年4月に誘拐・拉致されていた常岡浩介さんが5ヶ月ぶりに解放された。
 カルザイ大統領の尽力によるもので、今日の12時に会談した際、心から感謝申し上げる。
 13時、在アフガニスタン日本大使館で常岡さんとお会いする。とても元気そうなお姿に安心した。
 常岡さんによると、拉致されてからも食事は三度あたり、暴力はふるわれなかったとのことである。ただ、一番辛かったのは5月29日、現地人がスパイ容疑で捕まり、その二日後に処刑された時だったそうだ。その時は常岡さんも、「自分はどうなるのか」と不安で一杯だったそうだ。

 また、常岡さんを誘拐したのはビズビ・イスラミ(イスラム党)という軍閥の一つであるとのことだ。ただ、常岡さんと接していた兵士は好意的で、温厚な対応をとってくれたとのことである。

 5ヶ月間誘拐されていたとは思えないくらいお元気で、それだけでも良かったと思う。邦人の尊い命が救われて安心した。
カイザル大統領が尽力した とわざわざに書きながら
実際に誘拐拉致監禁をしたのは政府側 すなわちカイザル自身に近い軍閥であると常岡自身が口にして
なお救い出し
そして日本のマスコミ新聞テレビ大手メディアは コレまでも そして今も
アメリカの敵のタリバン側が誘拐したと言い続ける。

ブッシュによってタリバンが叩き出された後に成立した親米政権のはずのカイザル政権にとって
政府側 カイザル側にとっての同胞が引き起こした、ということは
すなわち 致命的な外交スキャンダルになりかねない常岡の誘拐拉致監禁の事件だった という事なんだよね。

でも 揉み消されたら無意味になるのに、わざわざカイザルが尽力して と書いた鈴木宗男が
ロシアやアフガニスタン周辺諸国に外交配慮をしてから救出した、何故か?


2010年9月6日(月) 鈴 木 宗 男
 昨日はタジキスタンのドゥシャンベから小型機をチャーターし、アフガニスタンのカブールに到着。8時半(日本時間13時、時差4時間半)、ラスール外務大臣、9時10分ワルダック教育大臣、10時ラヒーミー農業灌漑牧畜大臣、12時カルザイ大統領をそれぞれ表敬し、会談する。

 カルザイ大統領はじめ各大臣は日本の支援に心から感謝しており、国民の税金を一円たりとも無駄に使わず、透明性をしっかり確保して有効にアフガニスタンの平和と復興に役立てていきたいと、並々ならぬ決意が表明された。この姿勢を多とし、カルザイ大統領の指導力に期待したい。
 13時に5ヶ月ぶりに解放された常岡浩介さんと面会。何よりも無事で良かった。カルザイ大統領が親身になって粘り強く交渉してくれた賜物で、この点、昨日心からお礼申し上げた。
 常岡さんの精神力、巡り合わせ等、様々な要因が重なっての今回の解放であるが、本当に良かった。
 カブールからニューデリーへの便が2時間遅れとなり、一時はどうなるかと心配したが、19時35分(日本時間23時05分、時差3時間半)発のJAL便にうまく乗り継ぎ、7時半、成田に予定どおり到着。
 3泊7日(3日機中泊)の強行日程だったが、「衆議院ロシア及び中央アジア各国等外交政治経済事情調査議員団」としての目的はきちんと果たすことができた。
 成田から議員会館に直行する。待っていたかの様に、早速民主党代表選挙の相談を受ける。私なりに関係者に連絡をし、それぞれ感触を得ているが、この一週間しっかり固めていかなくてはならない。
 テレビ、新聞はじめ、マスメディアも連日代表選挙を大きく取り上げており、これだけでも小沢前幹事長の出馬は民主党を救うこととなった。政権党の代表選挙の重みを、民主党関係者等しく認識したことだろう。大きな前進である。
3泊7日w
すなわちドンだけ強行日程だったか そして どれだけ果断で素早い見事な外交処理だったか
を思えば 鈴木宗男の外交力の凄まじさ凄みに戦慄すら覚える、そらCIAやコイズミが消しに入るわなw

鈴木宗男が 此処でカイザルに
 カルザイ大統領はじめ各大臣は日本の支援に心から感謝しており、
 国民の税金を一円たりとも無駄に使わず、透明性をしっかり確保して
 有効にアフガニスタンの平和と復興に役立てていきたい
 と、並々ならぬ決意が表明された。
 この姿勢を多とし、カルザイ大統領の指導力に期待したい。

と口にさせた外交成果は 歴史的に圧倒的な意味を持つ と確信できるね。 凄ぇw 凄すぎるね。
すなわち アフガニスタンへ投下する日本の5000億円の使い方に釘を刺した訳だ。
ロシアや周辺諸国に配慮した後で 常岡事件の後で この話を持ち出させる、
小沢が「円高による海外投資」と口にして 鈴木宗男が「石油、ガス、ウラン、レアメタル等々、資源」と口にして、ね。

唖然とする程に見事な外交で 恐ろしさすら覚える。

カイザル政権とて 円の一人勝ちとなっている為替状況での この援助というか投資は
喉から手が出るほどにほしいはずであり 絶対に逃せない話であろう。
コレだけかドルが没落し ユーロよりも圧倒的な価値を持つ円がアフガニスタンへ落ちてくれば
軍閥が割拠して卑しくも貧しい混乱が続く状況は 卑しくも軍閥の衝突以外のカネの争奪戦へ とならざるを得ない。
その意味を 鈴木宗男は現カイザル政権へ釘を刺したのだ。

コレは ブッシュの後始末という形で介入し続けて困り果てているオバマのアフガン戦争という観点を踏まえ
ロシアや周辺諸国への配慮を考慮したい上で考えれば、事実上の 停戦の為の大きな材料となるのは必死である。

オバマが欲しいのは アメリカが負けたという形での撤退だけは避けたい という事である。
なぜなら ドルの大暴落が不可避となれば
USAが最後に頼れるのは その世界最強の名を欲しい儘にする軍事力しかない。
此処でUSAが負けての撤退 という事態だけは オバマにとっても絶対に避けなければならない。
アメリカが勝ってから撤退したい というのがオバマの本音なのだ。
アメリカが勝利してからのアメリカが主導した復興 という名目が欲しいだけなのだ。
だって 実際にしたくてもカネは無いしw

アフガンにしても 本来は親ブッシュ政権でもあるカイザル政権しても
反カイザルの軍閥にしても 叩き出されたタリバンにしても
本当に必要なのは平和的独立と復興による貧困からの脱出であり すなわちカネであり
円 という圧倒的なカネの力が これだけ落ちてくるのならば
結果的に アフガン戦争の勝者はアメリカのオバマ政権 という形を渡す事くらい 当然に選択できる話となろう。

そのアフガンにおける停戦協定の仲介役となれば
中央アジアでの圧倒的影響力を持つロシアの“睨み” と その周辺諸国しかあるまい。
此処でロシアの顔も十分に立てられるし それでこそパキスタン側への睨みも本物にできる。

すなわち 鈴木宗男と常岡事件とは アフガン戦争の停戦のための第一歩を強烈に推進させた話 となる訳 だ。


これイライラしてるのは 中国だろうねw
まさか日本が此処まで見事にアフガン戦争に外交介入してくるとは思わなかっただろうね。
カネが垂れ流されて ざまぁw 位に思っててだろうね。
でも結果からすれば
中央アジア すなわち東トルクメニスタン(新疆ウイグル)とチベット問題を抱える北京にしてみれば
其処から遠く離れていない所でロシアと日本が強力に手を結んで地盤を作ることになるんだから ねw
中国は 北でロシアと接し 東には日本があり そして西でロシアと日本が結びつき
南の海の海軍力では 中国はオハナシにならない現実 という観点を思えば
今回の話が どれだけ北京をイライラさせるかw

なのに北京にしてみれば指を銜えて見ているしかない、
余計なことを言ってしまえば 自分達が中南米やアフリカでしている事で ドツボに嵌るw

鈴木宗男の3泊7日の強行軍による外交成果とは そういう意味も在るんだよね。

産経や読売のネトウヨの屑どもは
アホみたいに中国を誹謗中傷しては国粋主義を叫ぶ宗教右翼の教義を連呼して
ロシアと結びつく鈴木宗男を貶める事をするが
俺が こうして書いてる意味を理解しているのだろうかねぇ?wwwwwwwwww

其処の浅い新自由主義の下僕の朝日は そのツマンない下品な姿勢のままの報道を続ける事が
どんだけ自分の会社の価値を貶め続けているのか 理解しているのかねぇ?wwwwwwwwww


62 :絵本作家(岐阜県):2010/09/06(月) 11:09:50.81 ID:u4n9ZGrD0
で、いくら払ったの?
さて? 幾ら払おうが その後でドンだけの価値を生むかねぇ?w ってトコだと思いますがねw

64 :作家(dion軍):2010/09/06(月) 11:15:45.91 ID:Df2vDCwb0
>>62
ラマダンのお祝いで無償で解放されたってさ
そら そう言うさw

66 :陶芸家(アラビア):2010/09/06(月) 11:18:15.44 ID:DgHGiBdP0
鈴木宗男は、途上国関連で顔が利くのは確か。
特にアフリカと中米関連が強いとの事。
ようは、指導者層に顔見知りが多い。

67 :児童文学作家(新潟県):2010/09/06(月) 11:18:50.32 ID:4V93aELh0
+民がいつもの調子で叩いていて笑った
産経は やたらとロシアとの接点ばかりを強調してたよねwwwwwwwww
そんなに簡単に正体を明かすなよwwwwwwwwwwwwwwwww

23 :韓国人(大阪府):2010/09/06(月) 08:04:14.92 ID:Jp6JE9Iy0
アメリカ → タリバンを悪者にでっちあげ

25 :ネトゲ厨(佐賀県):2010/09/06(月) 08:14:40.48 ID:SSkGv30/0
北部同盟とかを政府と言っていいの?

29 :画家(福岡県):2010/09/06(月) 08:33:33.94 ID:QHe42Ds60
>>25
現政権の構成要素だからなぁ
マスードさえ生きてりゃ、こんな事態にゃ…

26 :ソムリエ(アラバマ州):2010/09/06(月) 08:21:08.76 ID:bZQnkk4Z0
アフガン政府の腐敗は有名でだからこそ
アフガン支援でアフガン政府に5000億円をだす日本は世界から馬鹿にされて無視される

70 :メイド(東京都):2010/09/06(月) 11:23:30.80 ID:5+bqUExj0
本当かどうか知らんけど、これを口実にアフガン支援を断っちまえよ
日本人の税金を5000億円も土人にやるなんてありえねえ
だからこそ 鈴木宗男が動いているんだよね

41 :騎手(東京都):2010/09/06(月) 09:27:37.73 ID:xtY0+Zq40
ソ連撤退後もヘクマティアルがカブールへロケット弾攻撃した事で内戦に突入してた。
せっかく平和になった矢先に台無しにされた
ここらの軍閥は平和よりも自分達の勢力の利益、しかも目先の利益の事しか考えて無いのがうじゃうじゃ居る
今回の件も十二分にありえる話だと思う。
ペシャワール会の伊藤さんが殺された時も
犯人はタリバンだとかタリバンに化けたパキスタンの諜報機関の工作員とか
色々言われて結局特定は出来なかったと思った。
タリバンを名乗った得体の知れない連中が跋扈して色々事件が起きるのが今のアフガニスタンの現状

50 :ペスト・コントロール・オペレーター(徳島県):2010/09/06(月) 09:47:03.80
>>41
ソマリア並に無秩序状態なんだな…アフガン統一出来そうな勢力は無いんだろうか?

44 :芸術家(愛知県):2010/09/06(月) 09:42:32.43 ID:PkNSPD900
すげえな、アニメでもこんな無茶な設定無いだろw

58 :殺し屋(埼玉県):2010/09/06(月) 10:29:55.40 ID:T3fgf0OTP
アフガンの首相はブッシュと一緒に中東利権漁ってたハイエナ野郎らしいしなw
もういろいろとひど過ぎる

タリバンとアルカイダってダメリカに取って便利な言葉なんだと
実感できる事件だなと。

投稿 ♂ネコ | 2010/09/06 16:11


タリバンもアメリカも「中世紀」の感覚で生きてるので、
妙にウマが合うのでしょうね。

投稿 ローレライ | 2010/09/06 17:34


>鈴木宗男は、途上国関連で顔が利くのは確か。
特にアフリカと中米関連が強いとの事。

ムネムネには外務省の闇をもっと暴いて欲しかったが、忙しそうだな。それなりに仕事をするから、嫌われたんだろう。

>「タリバンが誘拐」と、出ているのをみました。犯人はタリバンではありません。現地の腐敗した軍閥集団です。彼らはタリバンになりすまして日本政府をゆすっていました。

これについての外務省のコメントが聞きたい。今の政権のトップはブッシュと一緒に中東利権を漁ってた輩だとは、知りませんでした!とは言わせないww

投稿 野次馬さんは男前 | 2010/09/06 19:26

47 :コンセプター(愛知県):2010/09/06(月) 09:43:59.56 ID:/nbQbB/t0
確かチェチェン共和国でも捕まってたよね

61 :殺し屋(関西地方):2010/09/06(月) 11:06:34.25 ID:NPb6e/OzP
常岡さん3回も拉致された経験があるとの報道がある。
1回目、2001年12月、グルジアにて。
2回目、2004年11月、ロシアにて
3回目、2010年9月、アフガンにて
http://www.higashi-nagasaki.com/g_a/G44-12.html
さらに今回の報道にたびたびでてくる知人の安田氏にも拉致された前科がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E7%B4%94%E5%B9%B3
2003年1月にイラク取材の希望が認められず信濃毎日新聞社を退社し、フリーに。

2003年2月からイラクに滞在しナジャフ県、バグダッド、サマーワなどを取材。この間イラク軍やイラク警察に数度拘束される。2004年4月14日ファルージャ近郊で武装勢力に拘束されたが17日解放。この経緯が日本国内で大きく報道され、バッシングを受ける。



38 :車掌(福岡県):2010/09/06(月) 09:17:45.54 ID:g2BQkK4e0
日本人捕虜を捕まえたと思ったらイスラム教徒で扱いに困ったんだろうね。
図らずもアフガニスタンの政府内の腐敗が日本にまで知られたと。
この人は二回目の誘拐だからまた懲りずに現場に戻るよ。

39 :H&K MSG-90(神奈川県):2010/09/06(月) 09:20:57.20 ID:BbpPHJVY0
おまえらイラクで拉致されて大騒ぎになった2人のうちの安田純平っておぼえてる?
(3にん拉致の事件とはべつのやつ)
常岡さんの知り合いらしいぞ。

79 :行政官(岩手県):2010/09/06(月) 13:40:49.92 ID:pdUuHDqg0

3回拉致されて無事生還とか、もうこの人なんかの工作員諜報部員とかなんじゃね?

ソ連撤退後のぐちゃぐちゃな内戦はタリバンによって終結し
アフガンの地には束の間の平和が訪れていた。
しかし国際社会は彼らを認めなかった。
人権を守らないだの、大麻を密売してるだのと難癖をつけ続け
そして911をきっかけに徹底的に破壊しにきた。

中東イスラムでは人権意識が希薄な中、タリバン統治時代のカブールでは比較的縛りが緩かったというし
タリバンは当初から大麻の栽培を禁じていた。
そもそも大麻の密売をしてたのは北部同盟や現大統領カルザイの一味だろうに。
実際タリバンの撤退後、急速にこの地域で大麻の栽培が復活しているという事実があるわけです。

投稿 正義って…? | 2010/09/06 21:09

数年前からの日本人パッカーの冗談の一つに、『「地球の歩き方」のアフガニスタン版がそろそろ出るらしい。』ってのがあった。
最近は韓国人や中国人に押され、日本人パッカーも目立たなくなったようだけれど、むちゃくちゃなところに行きたがるのはやっぱり日本人パッカーらしく、最近は減ったとはいえ、アフガニスタンの日本人一般旅行者はかなり多かった。
外務省関係者やJICAは常駐しているし、当然、あの事件以来、減ったとはいえ日本人ボランティアも多かった。
さらにあの事件は、大使館と現地の表裏のつながりも多く作ったろう。

今回の拉致監禁事件の背景のような物は、たかだかジャーナリスト崩れの一般人が命をかけるまでもなく、外務省をはじめとした多くの人間が把握している。
問題はアフガニスタンの国状であるのはもちろんとして、国際問題とか訳のわからん理由から、わかってる状況を吐き出せない外務省なのだ。
今後も自衛隊の派遣とかクダラナイ事情で黙ったままなら、同じような馬鹿が愚かな行為を繰り返すだけ。

同じような事を何度も言うけれど、こういう馬鹿をあがめたてまつるようなことはしないでほしい。
人それぞれの視点から、確かに今まで隠されていた事実が明らかになった、って感謝する人もいるだろう。
しかし、この馬鹿の身内の人にすれば、そこまですることか、と思うだろう。
もっと許せないのは、最悪の事態が起こったときに、外務省の一部の人間が、『こんな物騒な場所に行って殺されちゃって、馬鹿だなぁ。』って思って終わりだよ。
今回だって、『余計な仕事を増やしやがって。』位にしか思ってないはず。

野次馬さんのことだから、止めろと言われればとことんやるだろう。
正直、私もそれは少し期待する。
けれど、アフガニスタンに興味を持つ人に、これだけはわかってほしい。
アフガニスタンは誰も行けない修羅場ではなく、普通の人が日々の営みを続ける場所なのです。
行けば何かわかるとか、自分の人生が変わるとかいう特別な場所ではなく、その幻想は、日本の外交政策、もっと言えばアメリカ服従政策から作られたものなのです。

野次馬さんがこの問題を扱うなら、日米安保の問題を外さないでやってほしい。

投稿 eddy | 2010/09/06 22:58


そもそもアメ公、ラムズフェル奴あたりの利権屋がちょっかい出すまではタリバンは厳格といえどもまだマシな政治やってたんだぜwこいつらユダ金使いっぱがちょっかい出した後の麻薬の生産拡大見てもわかんだろがwどあほマスゴミwwwwww
まぁマスゴミはメリケンユダ金の使いっぱの犬に成り下がってるからしょうがねえんだがなw悪徳ご主人様には逆らえない、けどカネになるからまぁいいかぁ〜ってな程度の腐れ外道だろwww

イラクでの外●省のお役人さん爆弾でヌッ●したのもメリケンユダ金一派の仕業だろがよ!?
『日本人さらって言うこと聞かせたりカネ出させたりする簡単なお仕事です』ってかあ?タリバン蹴散らしたおかげでタチの悪い軍閥割拠かよw
平和ボケのニポン人はマスゴミが言うがままに信じるだけやねw
マスゴミがその他の大事なことはスルーしてりゃあ愚民は外国でナニが起こっているのか気にもしない。
つくづくオメデタイ『善良な市民』様どもだよなw

投稿 公安内カルト公安売国マスゴミは日本の敵でんがな | 2010/09/07 16:20

>ムネムネも悪人なんだが、役に立つ悪人なので

似てるような気がするんだけど
デヴィデヴィは女性だからダメ?

投稿 悩める奥様 | 2010/09/07 14:54


悩める奥様

デヴィさんはなかなか思ってた以上にまともな事を言っておられたので拙者はかなり見直してしまいましたw

この人って案外極妻とか向いてるんじゃないのかって思いましたw

投稿 デラシネ | 2010/09/07 16:19


あらデラシネさん こんばんは

ウラの事とかわかんないけど

あっちゃこっちゃ出掛けてるし
人脈ありそうだからうまいこと
使えば役に立ちそーな気が・・・
ハイリスクハイリターンかもしれない(笑)

お役人には出来そうに無い事
ってあるわよね
外交も民間委託が進むのかしら

投稿 悩める奥様 | 2010/09/07 19:20


http://specialforce.militaryblog.jp/e154405.html
ラムズフェルド


2010年09月03日 緊急告知 常岡さんについて。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ

2010年09月04日 常岡さんの呟き。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
突然、常岡さんの呟きがtwitterに現れた。
i am still allive, but in jail.

here is archi in kunduz. in the jail of commander lativ.

現段階ではまだ書けないが、7月の終わりくらいから状況が良くなっていた。
監禁もしくは軟禁されている常岡さんの自由度があがり、拉致したグループも見えてきた。

しかし、twitterにつぶやける状態がくるとは想像つかなかった。
上記の呟きはほぼ間違いなく常岡さん本人の呟きだと思われる。
理由1:拉致したグループが常岡さんの代わりにメッセージを発信するとしてもtwitterを使う必然性が見えない。
理由2:この期に及んで拉致したグループを各欄するためとはいえ、場所とコマンダーの名前をいれるとは覆えない。

どうして常岡さんが呟けたかが、問題になるが、許可を得て呟いたケースと隙を見て呟いたケースが考えられる。
常岡さんがアフガニスタンで使用していた端末を返してもらっているとか考えがたい。
誰かの携帯端末から呟いた可能性も高い。

常岡さんは僕にtwitterの存在を教えてくれた人。
「久保田さん、これすごく便利で使えますよ。民主化運動の場面なんかで撮影して、そのままネット上にアップしちゃえばカメラ取り上げられても情報はもう歩いていきますから」。

常岡さんが携帯関係のシムロックの解除、現地シムでのアクティベート等の情報に詳しい。
日本語でなく英文で呟いた事から誰かの端末をいじっている振りをして呟いた可能性も考えられる。
彼ならそのくらいの事するのは余裕だと思う。

常岡さんの件に関しては共同通信からの問い合わせが多いが、今回は珍しくブログを書いた直後に時事通信から問い合わせがあった。どんな記事が配信されるか要チェック。

ともあれ、僕と一緒にいるときも呟きまくっていた常岡さんが呟けたのは嬉しい。
共通の友人と話していたのは、「常さんは拉致されても大丈夫だけど、ネット環境がないと退屈で死んじゃうかも」だ。
また、色々と忙しくなってきた。国際電話代もかさむが、常岡さん解放の日まで頑張る。
このブログは報道の為でなく、常岡さんの安否を気遣う友人達への情報配信です。


2010年09月04日 音信不通モード解除。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
運命は皮肉なもので、常岡さんの件で隠密行動をしていたのに、
常岡さんが原因で音信不通モードを解除せざるを得なくなった。

と、いうわけで、東京に帰ってきました。
これ以後携帯もつながります。


2010年09月05日 常岡さん解放情報。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
昨晩、アフガニスタンの友人からメールが来た。

Dear Hiro,
Thanks for the email and concerns regarding brother Shamil. He is safe and sound and all our friends are not only praying for his release but several teams are trying practically to find out an urgent way to release him as soon. So be ready for the joint ceremony, and know that you are not forgotten.

解放にむけてかなり自信がありそうなメールだ。


常岡さんの帰国。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
こんな時こそ外務省の人たちでひっそりと帰国させて欲しかったのだが、いつの間にか帰国の情報が出回ってしまった。

メディアの人たちにとってはネタだろうが、5ヶ月に及ぶ軟禁生活から帰国したばかりの常岡さんを追い回すのはやめて欲しい。無理かな〜。

7月に拉致したグループが判明し、常岡さんへのコンタクトナンバーを手に入れてから、メールと国際電話の毎日だった。
本業のカメラマンとしての仕事もせず、アフガニスタンと連絡を取る毎日は精神衛生上よくなかった。
口座残高が日々減っていくのを見るのも気分が良いものではなかった。
でも、日々解放が近そうだという情報が入ってくると、お小遣いを使い果たしても頑張ろうと思えた。

マスコミ各社からの問い合わせの電話への対応が大変だった。
記事にするならちゃんと書いて欲しいし、僕が常岡さんという友人の為だから諦めずに高い電話代を使って集めた情報を僕への電話だけで無料で記事にされるのも。。。
伝えては欲しいのだが、僕自身ジャーナリストという仕事をしていて、情報はタダじゃないと思っている。

本来ならテレビや新聞、雑誌などで発表して対価を得るのだが、今回はそれが殆どできず、僕の活動を支えてくれたのは常岡さんを想う人たちの善意だった。
今日まで、常岡さん情報を得るために協力してくれた人たち。本当にありがとう。


2010年09月06日 踊らされた日本のメディア - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
常岡さんを誘拐したのが「タリバン」だと日本のメディアは報道していた。
僕はかなり早い段階でタリバンの犯行ではない!とアフガニスタンから情報を得ていた。

某通信社からの問い合わせ電話があったとき、タリバンの犯行だと書いているのは誤報ですよ!
と伝えたが、アフガン当局がタリバンと断定している以上、日本政府もそれを支持するし、大手マスコミの人たちはそのまま記事にしてしまう。

僕自身、現地で確認したわけじゃないが、複数の情報源からタリバンの犯行ではないという情報を得ていたので、大手マスコミからの問い合わせ電話の時にはお話ししていた。
常岡さんがtwitterで呟いた後、多くのマスコミの人たちがラティブ司令官とは何者か調べたのではないだろうか?
常岡さんが解放された今、すべてが明らかになるだろう。

今回の誘拐事件は日本とアフガニスタンの二国間の問題、メディアの問題に大きな一石を投じる結果になるだろう。
武装勢力はもっとも誘拐してはいけない人物を誘拐してしまったことに気がついただろうか。
(彼にはタブーなど存在せず、自分が知ったことをすべて発信してしまうジャーナリストだから)

問題は一石が投じられた後、より良い方向に向かえるかどうかだ。


2010年09月06日 ジャーナリストの役割 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ

2010年09月07日 常岡さん帰国の長い一日。 - フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ
関西空港には多くのメディアが集まり、警備も厳重な様子。
ゲートから出てくる常岡さんには多くのカメラが向けられている。
僕はジャーナリストとしてではなく、
カブールで最後まで一緒にいた友人として常岡さんを迎え、
できるだけ早くマスコミの包囲網から常岡さんを解放してあげたかった。

しかし、常岡さんにはどうしても語りたかった事があった。
それは、誘拐したグループがタリバンではないと言うこと。
もしかしたら、というかほぼ間違いなく集まったマスコミの人たちにはあまり関心がないこと。

予想以上に元気な姿で帰国してくれた常岡さんに安心しつつも、メディアがアフガニスタンの本質、
それこそ僕や常岡さんが伝えたかった事にあまり関心を抱いていないように思える。
日本人が誘拐され、解放されたというニュースで終わってしまっている気がする。

常岡さんは監禁されている状態の事を滑舌良く話してくれたが、
僕自身拉致されかかっただけに、もし自分だったらと想像すると胃が痛くなる話しだった。
勿論、経験がない人たちにとってはネタ話として聞かれるだけだろうが。
相当、神経をすり減らしだだろうと思う。

そこまでして伝えたかったアフガニスタンの事。
報道出来ることを祈りながら今日はベッドに入る。




中田考 (HASSANKONAKATA) on Twitter 中田孝 同志社大教授
現地で途中まで同行していたのが この人
同志社大学神学研究科中田考ゼミの公式ホームページ
 ↓
http://twitter.com/HASSANKONAKATA/status/12288740450
常岡さんと私がアフガニスタンに行ったのは、この戦争を終わらせるためにアフガニスタン・イスラーム首長国の最高指導者ウマル師との交渉の糸口を見つけるためでした。平和のために常岡さんの無事の帰還を祈ります。 RT @sinanoji: 毎日こういう戦闘が続いているのですか?つらいですね
常岡さんと私がアフガニスタンに行ったのは、この戦争を終わらせるために - Google 検索
 ↓
http://twitter.com/hirokun001/status/23137829835
hirokun001
常岡さんが一番伝えたいのは
 誘拐したグループがタリバンではない
ということ。

各社 明日の記事で何を書くのか
注目してほしい。
俺が知る限り まともに報じた所は皆無でしたねwwwwwwwwwwwwww
それどころか朝日なんかは あくまでタリバンが誘拐したと匂わせる報じ方すらする始末、
マスコミ新聞テレビ大手メディアは必ず嘘デマ扇動しかしない と言いきって何一つ問題が無い。



 ↓
2010年04月19日 Egawa Shoko Journal: 常岡浩介さんへのツイッターインタビューより 江川詔子

 ↓
2010.4.20 アフガン常岡浩介の一線越え - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関

 ジャーナリスト江川さんの日記にこのような記述があることを、ツネちゃんファン
から教えてもらった。取材ではなく、戦争を終わらせることが目的のアフガン行きだ
とすると、一線を越えちゃったことになるね。だが、無秩序に戦う戦士たちに戦闘停
止を個人で説くのって、説く自その個人に戦士として尊敬されるキャリアや素養がな
いと難しいよ。体力腕力系人生を避けてきて、頭脳思考系人生の常岡浩介くんでは、
通じないのではないか?

 いずれにしても、和平なんか説いてまわってるよりも、拉致監禁されてるほうが身
は安全だ。へたに話が通じるほうが、戦士たちには嫌われて危険になるから、おとな
しく囚われの身やってるので正解だね。



2010.9.5 常岡浩介アフガンで解放/日本大使館 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関 加藤健二郎


2010.4.2 常岡浩介の足取り・アフガニスタン - 東長崎機関(アフガニスタン)

2010.4.3 常岡浩介アフガン潜入作戦 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関

2010.4.4 アフガン誘拐事件で職業剥奪された人 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関

2010.4.14 タリバン常岡浩介/解放交渉開始 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関


2010.6.24 常岡浩介拉致100万ドル報道 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関

2010.9.3 獄中からのTwitter/常岡浩介 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関

2010.9.5 常岡浩介アフガンで解放/日本大使館 - アフガニスタン/メディア関連/常岡浩介 - 東長崎機関


東長崎機関  シャメール・シェルコ・常岡浩介氏の登場あるいは投稿ページの一覧

田母神俊雄の軍人としての素質 - 東長崎機関 加藤健二郎
戦場ジャーナリスト加藤健二郎氏による出鱈目な新戦車TK-X評 : 週刊オブイェクト
ttp://obiekt.seesaa.net/article/140768614.html
なるほどw ここが そうやって攻撃する人ならば 一定の信頼をしても良さそうな人のようです。


http://www.incidents.jp/news/
寺澤有 THE INCIDENTS 2010年 9月 07日(火曜日)
 今年4月1日、アフガニスタンで取材中に誘拐され、9月4日、5カ月ぶりに現地で解放されたジャーナリストの常岡浩介さん(41歳)が、6日夜、関西空港経由で羽田空港に帰国した。

 事件発生から解放まで、常岡さんを誘拐したのは、アフガニスタンの反政府勢力・タリバンとされてきた。しかし、帰国直前、常岡さんはTwitter(ツイッター)で、以下のような事実を明らかにした。

 「いくつかのメディアで、『タリバンが誘拐』と、出ているのをみました。犯人はタリバンではありません。クンドゥズ(筆者注:アフガニスタンの州の名)のラティブ司令官とタハール(同)のワリーという、現地の腐敗した軍閥集団です。彼らはタリバンになりすまして日本政府をゆすっていました」

 「『アフガン当局がタリバンと断定』してるので、日本メディアもそのまま書いてるケースが多いみたいです。軍閥ラティブはカルザイ(筆者注:アフガニスタン大統領)の顧問サバアウン大臣の、ヒズビ・イスラミ(筆者注:組織名)内の部下に当たり、カブール(筆者注:アフガニスタンの首都)に事務所も持って、政府の人間として堂々と暮らしている人物なので、アフガン当局は事実を発表するはずはないと思います。政府中枢の人間が日本人を拉致して日本政府をゆすったのですから」

 常岡さんが指摘するとおりであれば、アフガニスタンに5年間で50億ドル規模の支援を表明している日本政府は座視するべきではない。

 6日夜、羽田空港の到着出口には、多数の記者やカメラマンが待機していた。常岡さんの帰国後第一声を取材するためだ。そのなかに筆者もいた。実は、筆者は、常岡さんが長崎放送記者時代の1996年からつき合いがある。

 21時ごろ、常岡さんが到着出口から姿を現すと、記者やカメラマンが殺到し、いわゆる「ぶら下がり取材」となった(写真)。以下、報道陣と常岡さんとの一問一答を掲載する(敬称略)。これらは動画「常岡浩介さん、帰国後第一声のすべて」でも見られる。

 寺澤 身代金は?

 常岡 身代金の要求があったのは間違いない。払ってないのも間違いない。彼ら(犯行グループ)が僕にペルシャ語と英語と日本語でしゃべらせて、脅迫ビデオをつくった。僕は日本語でしゃべったもので、「絶対、こんな要求に応えるな」と言った。

 寺澤 (犯行グループが)タリバンになりすましているのは、いつ気がついたのか。

 常岡 いちばん最初から。最初は、彼らは(自分たちが)タリバンではないことを認めていた。途中から身分を偽りはじめた。

 寺澤 最終的に、どういう交渉があって、解放されたのか。

 常岡 交渉で解放されたのではない。(犯行グループが)人質を抱え込むのがつらかった。カルザイ政権の人が(自分を)迎えにきて、結果、(人質解放に)貢献するという形をつくった。

 寺澤 解放されると確信したのは、いつの時点なのか。

 常岡 カブールが見えてから。ずっと彼ら(犯行グループ)がウソをつくから、「解放する」と言って、また何かあるのではないか。「政府の人間だ」と言って、僕を迎えにきた人間も、ID(身分証明証)も何も見せない。本当に政府の人間なのか疑いを持ち続けた。





日本軍事情報センター  読売9月7日 台湾との関係 切断も狙う 米の「裏庭」中国浸食 コスタリカに70億円競技場「寄付」 
http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_596.html

今頃になって中国流の進出(浸食)方法に気がつくなんて、ずいぶん遅れていると思って記事を読んだ。

それでもアメリカがかつて中米に進出したやり方よりもマシである。CIAが指導者をでっち上げるか、反米的な指導者を暗殺するか、指導者をワイロ漬けにして思いのまま振る舞うか。そんなやり方をアメリカがやって反米的な国が多くなった。

中国は技術者や労働者や建設資材を現地に送り込まなければ、援助資金の大半がワイロとして政府関係者の懐に入ることを知っているからだ。

中国はコネとワイロの大国として、そのあたりの中米事情を知り抜いているから中国流の援助を考えた。

だから中国は老獪(ろうかい)なのである。中国は軍事力を使わない征服の方法を知っている。

中国はアフガン復興でも、コスタリカと同じような援助形態をとると思う。日本はお金だけ出して、アフガン政府の高官に中抜きされるが、中国は自分たちの利益に直結する形に援助金を使うだろう。

だから日本に必要なのは、中国に負けない国際援助を考えることである。中国を批判していても何もならない。
テレビ朝日のスーパーモーニングで小沢が わざわざ何故に
 海外投資に円高を利用すべき
と言ったのか、その意味の本質を理解する人は殆どいないだろうねw


一方の新米のポチ読売は、ネトウヨと同じ念仏を繰り返すのみですw
マスコミ新聞テレビ大手メディアの報道を安直に信じる人達は
免罪符を買えば天国へ行けると信じる人達だから そんな念仏や呪文も信じるんだろうなぁw

経済界の人達で この意味に気付くかどうかは 今後の利益を大きく左右するだろうけど
さてさて 自称「経済通」な人達は この意味を御理解できているでしょうかねぇ?wwwwwwwwww
民主党の経済政策を批判する経済学者とやらは
小学校の算数か 幼稚園のお遊戯 から勉強し直した方が良いだろうねwwwww


2010年04月04日 外務省の邦人保護能力への大きな疑問: アジア・ジャーナル 菅原秀
政権交代後、岡田を囮にして 民主政権の外交系の鈴木宗雄を軸にした者達は
本当に凄いから ある意味では頼もしくて怖いね。
鈴木宗男を外務大臣に という話もあるが 事実上の全権特使として送り込まれている側面などを思えば
俺は今回の話を見る限り 外務大臣としての格を与えてしまう事で
そのフットワークの良さを消してしまう可能性が極めて高くなってしまうので
“「内閣」付きの外交特別官”みたいな役職を新設して与えたいくらいだw
あ でもそれだと 外交関連のボンクラどもが教育できなくなるので
外交委員会の委員長という役職のままでも良いのかなw なんて思ってしまう。


それでも 読売の犬と化した朝日は 一部の連中が徹底的な嘘デマ扇動に走る

http://www.asahi.com/politics/update/0902/TKY201009020306.html
サファリ見学は生物多様性の学習? 議員の海外視察盛況 2010年9月2日
 9月に入って民主党代表選が注目を浴びるなか、国会議員の海外視察が今も続いている。「物見遊山」との批判をかわそうと、衆院は今回から航空機のファーストクラス使用の禁止や視察報告書の公開といった「改善策」をとった。ただ、そこには「抜け穴」もあるようだ。

 「税金を使って行く以上は、政策にきちっと生かせる視察にしなくちゃいけない」

 先月30日、衆院環境委員会の海外視察でインドネシアに出発した牧義夫委員長(民主党)は、こう語った。日程には植物園や国立公園のほか、有名なサファリパーク「タマン・サファリ」の視察もある。牧氏は「サファリの多様な遺伝資源を通じて生物多様性について学ぶ目的がある」と説明した。

 昨年は真夏に衆院選を迎えたため、今年は衆院の視察が2年ぶりの盛況となっている。衆院の12の委員会が海外視察の日程を組んだ。国家基本政策委員会は民主党代表選を理由に視察を中止したが、ほかは予定通り実施されているという。

 ただ、「観光旅行まがい」との批判は強く、税金の使い道に敏感な有権者の視線は厳しい。国費での豪華旅行や成果があいまいな内容が問題になった。そんな批判をかわそうと、今回はファーストクラスの使用禁止や報告書の公開を与野党で申し合わせた。ぜいたくは慎み、透明性を高めるという趣旨だ。衆院の今年度の総予算は4億4100万円で、2008年度に比べて3100万円下回っている。

 ただ、報告書の公開といっても、体裁や締め切りなどの規定はない。衆院事務局は「言ってみれば、2、3枚のリポートでもいいし、提出が来年になっても構わないということになる」。「夏休みの宿題」にしては、そのハードルは低く設定されている。

 あえて視察に行かない議員もいる。委員会の海外視察は与野党議員が「呉越同舟」で親交を深める機会ととらえられていたが、もはやそうも言っていられない。衆院のある委員会の筆頭理事は「国会であれだけ与野党でガチンコでやったのに、気まずい。今さら仲良くなってもしょうがない」と辞退した理由を語る。(星野典久)
海外投資とは まず人脈作りから が基本中の基本である。
そんな事は俺が言うまでも無い話だろう。

人脈もクソも無い カネを抜き去る新自由主義の植民地主義や帝国主義の亜種が
ドンだけキチガイ沙汰かを 今更に言うまでも無いだろうにw
それを説明もしない朝日かぁwwwwwwwwwwwwwww

カンミンゾク流の あくまで人的侵略の延長線上での侵食が主目的 と その手法の批判はしても
小沢の わざわざ「円高」と「投資」を言った そ真意の説明を絶対にしない読売かぁwwwwwwwwww
美しいですなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

で さてさて 前述で
アフガンでの交渉は7月から好転していた ともあり 難しくはあっても開放は時間の問題でもあったかもしれない、
そして猛烈な円高は 馬鹿でも分かる話でもあって、
となれば この円高の利用とは何か? との観点を民主政権が考えてないはずも無く
小沢が考えていないはずも無い。

以前に小沢が 何故に中国へ猛烈な人数を一緒に引き連れて行ったか を
大東亜共栄圏を涙を流しながら胸熱で絶賛するネトウヨは 永遠に理解できねぇだろうけどなwww

つまり この辺りの事は全て繋がっており
それを個別に拾い上げては 嘘デマ扇動に走る朝日とは 如何なる存在なのでしょうなぁ?wwwwwwww

そういえば
何故に日銀が円高を止めないか? 円高対策を何故に民主政権はしないのか?
というコトに対して マスコミ新聞テレビ大手メディアは猛烈に叩きまくりましたねぇ?wwwwww
不思議だよねぇ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
パクス・アメリカーナの下僕の犬どもは お元気ですか?wwwwwwwwwwwww


ネットゲリラ: 男子のダンスと女子の武道 安倍がごり押しした中学での必修科目”武道”と”ダンス” 12年度からスタート 保守はほんとアホしか居ない
そもそもオチコボレのアベっちごときに教育を語らせるのが間違ってるんだが、今では選択の「武道」「ダンス」が必修になるというんだが、女子高生に男の教師が柔道教えたり、DQN男子高生が創作ダンス踊ったり、もうね、悪い冗談としか思えないんだが





http://twitter.com/nisoku2/status/22003316696
叩く相手に応じて潔癖とアウトローを使い分ける2chまとめブログがまとめてさっさと滅びますように。






posted by 誠 at 17:34| Comment(1) | TrackBack(1) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢総理が、仕事をするには圧倒的なサポーター票を得る必要がある。検審と新聞テレビを黙らせるにはそれしか方法はない。
選挙後、新聞テレビは寝返り擦り寄るがオープン会見・記者クラブ廃止で公平なメディア体制を築く。小沢革命成就には、あとアメリカとのうまい手打ちだけだが。
Posted by 中立 at 2010年09月08日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

遅くなったので拾ったモノだけを
Excerpt: まず鈴木宗男氏関連の金築誠志裁判長なる人物。最高裁判所の裁判官 金築誠志で見つけた画像【保存館】 外務省機密費文書の開示遅延訴訟 仙台オンブズ敗訴確定【河北】逝き逝きて平和神軍で見かけた弁護士紀藤正樹..
Weblog: みやびのブログ
Tracked: 2010-09-08 23:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。