https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年09月14日

さて 何人が死ぬかな

仙石の勝利か。粛清と虐殺が始まるね。
さて こうなったら もはや民主政権に価値は無い。

官僚大勝利な訳で USA大勝利な訳で。
働いたら負け な日本になります。

俺は これからも俺なりに頑張る それだけだ。


posted by 誠 at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢氏は全く残念だったが、実はよく戦っていたのではないのか。
政権を握っている現役総理に対して、マスコミのメディアスクラムによるバッシング、検察審査会への不安、わずか3カ月前に辞任した事への世論の反発など、条件が悪い中、200名の国会議員が支持を表明した事は、
普通だったらあり得ないことだった。
あまりのアゲンストで今回は負けたが、小沢氏の政治家としての資質の秀逸さは、他を抜きんでている事が、広く国民に知れ渡ったし、
これから菅内閣が躓くのが目前であるので、あと半年我慢すれば、小沢待望論が必ず出てくると信じている。
Posted by 新党 一人 at 2010年09月14日 17:40
>>実はよく戦っていた
理由はどうであれ小沢のレゾンデートルであった小選挙区で負けたことは小沢の存在否定につながりかねませんが・・・

>>わずか3カ月前に辞任した事への世論の反発
幹事長として政権を支えられなかったことは("マスゴミ"のバイアスを取り除いても)常識から言って出馬自体アウトだけど・・・

>>200名の国会議員が支持
民主党の内情わかってますか?
自民党の派閥とは違いますよ。
今日の支持者は何人だか・・・。

>>小沢氏の政治家としての資質の秀逸さ
出ないで済めばそういう神話も維持できたでしょうが・・・

>>菅内閣が躓くのが目前であるので、あと半年我慢すれば
菅が躓くのは間違いないでしょう。
ただ菅が躓いたときに小沢に勝つ力が残っているかは全くの別問題です。
少なくとも小沢グループ独自でどうこうできる能力も体力も残っていないでしょう。
理由はどうであれ協力してくれるグループを敬う気持ちwが大切です。

誠さん、遅レスでごめんなさい。
"小沢信者"的な甘っちょろい話を読む度にムカムカするんです。
Posted by at 2010年09月17日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。