https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2010年12月04日

家畜の餌で人為的バブルを起こして笑いが止まらなくなるのは誰?w

マスコミ新聞テレビ大手メディアからの情報が皆目に無いので 正確性に欠ける情報の部分もありますが
本質は充分に捉えているので TOP記事に。

ネットゲリラ: アメリカで「野菜栽培禁止令」発令!

スロウ忍ブログ: 米国史上最悪の食品近代化法が可決。米国民奴隷化確定。


東海アマブログからリンク転載 あまりに恐ろしい陰謀! 恐怖の食品安全近代化法

アメリカの食品安全近代化法について|管理栄養士コーゲヨーコの「バランス喰楽部」


まぁ さもありなん でしょう。
ウチは以前に コレをリンクしてコピペしている

誠天調書:2010年10月21日
2009-10-11 ユダヤ金融資本家たちの種子独占計画

モンサント社は悪魔の種を開発した。
日本では既にモンサント社は農協を使い、
日本の玉ねぎだけを見ても90%を悪魔の種(遺伝子組み換えの自殺種のF1種)に切り替えさせた。
その悪魔の種は恐ろしいことを引き起こし始めた。
従来の野菜種と勝手に交配して、種をとれなくしてしまう。



モンサントをはじめ、デュポン、ダウ・ケミカルといったアグリビジネスがこれまで開発提供してきたデカブやパイオニア・ハイブレッドなど遺伝子組み換え作物のトレーサビリティーが効かないようにすることも、あらゆる種子をコントロールすることで可能になるだろう。

 こうした人類の未来を左右することになりかねない種子の保存や選別といった極秘ビジネスが2007年から始まったことに我々は無関心でいるわけにはいかない。人間のありかたすらも影響を与えかねない。現在、種子の製造会社としてはモンサント、デュポン、シンジェンタそしてダウ・ケミカルが世界の市場をほぼ独占しており、遺伝子組換え作物に関する特許もほとんど彼らが押さえてしまっている。

米国はアフリカ大陸を遺伝子組換え作物の実験場に
 2007年、モンサントはアメリカ政府と共同でターミネーターと呼ばれる種子の特許を世界的に押えることに成功した。このターミネーターに関する特許を押さえたことでモンサントはかつて人類の歴史上ないことなのだが、一民間企業が農業生産すなわち食物の確保に決定的な支配力を持つことになったと言えるだろう。

 世界中の農民たちは毎年モンサントをはじめ巨大アグリビジネスが提供する種子を買わざるを得ない。特に米、大豆、トウモロコシ、小麦、といった主要作物に関してはあまりにも影響が大きくなりそうだ。2007年にそのような特許が成立したことを受け、今後10年あるいは20年以内に確実に世界の食糧生産者の大多数はこれら4社が提供する種子が手に入らなければ、農業生産ができないという状況に追い込まれるだろう。

 そのような長期的な食糧独占計画をアメリカ政府は国際開発庁が中心となりモンサントらとともに進めているのである。これほど強力な外交交渉における武器もないだろう。アメリカの政策に反対するような国に対しては食糧生産に欠かせない種子の提供を拒むということもありうるからだ。

 すでにアメリカ政府はアフリカ大陸における遺伝子組換え農業の推進に着手している。モンサントが開発した遺伝子組換え種子をアフリカ各地で実験的に栽培する動きを支援し始めた。南アフリカでは遺伝子組換え作物の導入が法律を改正して認められるようになった。また、ブルキナ・ファソでも実験的な遺伝子組換え作物の導入が始まり、ガーナでも同様の動きが見られるようになっている。

 要はアメリカの新たな国家戦略としてアフリカ大陸をアメリカ製の遺伝子組換え作物の実験場にしようとしているわけである。その背後にはビル・ゲイツやヘッジファンドの帝王たちの新たな野望が見え隠れする。彼らの隠されたビジネス戦略については、筆者の最新刊『食糧争奪戦争』(学研新書)で詳しく取り上げた。ご関心の向きには是非ご一読をお勧めしたい。世界の自然環境と食糧ビジネスは新たなマネーの流入で大きく変貌しようとしている。


 モンサント社のF1種は、日本では農協が推進していますが、既に玉ねぎは全国の90%が遺伝子組み換えの自殺種のF1種だそうです。ここまで浸透しているのです。

 この強大な農協に対抗しているグループが、少しづつですが全国に現れてきています。


http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/0909byoti.htm

核心部分は、世界中にハイブリッドF1種と呼ばれる優秀な生産性をもった種苗を提供し、日本のタキイなどを含めて世界中の大手種苗会社の経営権を買収し、モンサント社の開発したF1種に代えてゆくものであった。
ハイブリッド種は、その名のとおり、優秀な生産性を持っているが、すでに十年以上前から、これが「悪魔の種」であるとの警鐘が鳴らされ続けてきた。なぜなら、一度畑にハイブリッド種を蒔種するなら、それは一代限りしか育たず、種を蒔いても劣悪なものに変わってしまい、永久に種を買い続けなければならない。それどころか、従来の野菜種と勝手に交配して、種をとれなくしてしまうのであり、この目的が、農民から種の再生産を奪い、永久にモンサント社から種苗を買い続けなければならない構造を産み出すものだったからだ。
 そしてF1種と交雑した品種にもモンサントの知的所有権が及ぶとして、零細農民に対し、巨額費用のかかる訴訟を提起し、泣き寝入りにし向けてきた、まさに「悪魔の企業」であった。


今、日本で種苗を手に入れようとホームセンターや農協に出かけても、
タキイ種苗(株) 
トキタ種苗(株) 
(株)日本農林社
みかど協和株式会社
カネコ種苗株式会社
(株)サカタの種 
(株)武蔵野種苗園 
など、9割以上が実はモンサントやカーギルなどに経営権を買収されており、
実質的にロックフェラーの会社という実態になっている。

(唯一、「野口種苗」だけが従来種を扱っている)


 したがって、これらの販売する種苗は、ほとんどすべてF1ハイブリッドであり、ほとんど種の再生産が不可能なのである。そして、そうしたハイブリッド種は、無理な交配により遺伝的に劣化することが確認されており、やがて歴史的な農作物をすべて駆逐し、地上から農業作物の再生産能力を奪ってゆく運命なのである。
ロックフェラーが支配する農業に未来はない。それは金儲けを目的とすることにより、天の制裁を受け、彼らの販売するすべての種苗は死滅する運命にあるのだ。

 このことは、すでに10年も前から明らかにされ、独占的金儲けを狙って世界に遺伝子交配種苗を拡大したために、世界中のすべての作物が死滅に向かっているのである。それに真っ先に気づいたのが、他ならないロックフェラーとゲイツらユダヤ金融資本であり、このためゲイツやモンサント、ノルウェー政府が遺伝子保存計画を実現したということだ。


先日 米の民主党が負けて その直後に食品安全近代化法ですかwwwwwwww

茶杯だかティーカップだか知らないがUSA極右を 日本のマスコミ新聞テレビ大手メディアまでが喧伝しまくって
その先で 日本の極右の道具にすぎない皇族の権威を使った秋篠宮家の喧伝の
馬鹿馬鹿しいまでの情報工作に引っ掛かるようなカルトの住人は
この先で起きる悪夢を 絶賛して受け入れるべきなのですがねwwwwwwwwwwwwwww

自分の頭は悪くない と無自覚なままに勘違いしながら カルトの嘘デマ扇動に引っ掛かるレベルの人間に
見たくも無い現実は全くに見えないようなので 本当に幸せそうです。
脳みそが溶けまくっているんだろうなぁ。

まぁ 子供にも そういう餌を与えて 歓びの叫び声を上げてくださいw


ちょっと話が飛ぶけど
農家の戸別保障の話 で 将来性を消してしまう みたいな話が有るけど
全くもってその通りなんだけど、
こういう攻勢を前にすれば 将来性の云々を言ってられない現実的な防衛線を張らないと危険に過ぎる
と思えばこその政策 って俺は解釈しているんだよね。
競争力の劣化? 百も承知だけど そうでもして底辺の底辺から救おうとする。

勝つ戦をする のではなく 上手に負け戦を続ける持久戦 という事だと思っている。
1回の大勝で残り99回の大敗をしては意味が無い、そんな勝ち戦を目指すだけは馬鹿で有ろう。
決戦主義でどうするw 大東亜戦争から何を学んだの?って話かと。
負け続けても小敗にし続けさせる という作戦戦略を
目先の勝敗のみにこだわる人間が理解するのは難しいかもしれないけどね。

真っ向勝負の決戦主義の戦争は 勝ち続けないと「負け」になるけど
ゲリラ戦を続けるしかない側の戦争は 生き残り続ければ「勝ち」になるからね、
ベトナム戦争のように ね。





で 本題に戻る、
以下の人は 訳もできる人の様で こういう時に大変に助かります。

2010年11月17日 家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法の票決迫る
2010年12月1日 激しい抗議にもかかわらず、食品安全近代化法が上院で可決

 ↓
食品安全近代化法、「ブルー・スリップ」で暗礁に乗り上げる可能性
とはいえ まぁ 本質的な意味合いは欠片も変わりませんがねw
幸せな家畜 は 今日も惚け続けたままでしょうからねw


 ↓ ↓ ↓
2010年12月2日 世界食料品価格が急騰 2008年食料危機時を超える恐れも
ウォルマート安売りの秘密 時給20円でバングラのジーンズ縫製労働者をこき使う
これでも まだ何を意味しているのか理解できない“幸せな家畜”の皆様は
そういう餌を子供に与えて 涙を流しながら歓び続けてくださいね。


天皇から選ばれた(認証された)官吏というエゴ
謀略に気付きにくい国民(B層)へはマスゴミを利用して
官僚は天皇に認証された者だから、やることなす事全て正しいのですよ
と洗脳させたいのだ。 

誠天調書: 河原乞食と歌舞伎と「支配の道具」 と前原
誠天調書 2009年11月16日: 襲名による最高裁判所長官の名跡が続く人事 が日本へ与える災厄


 ↓ ↓
英雄を待望する大衆心理〜ウィキリークスとビートルズ〜

http://d.hatena.ne.jp/nk2nk2/20110507
誰がウィキリークスの背後にいるのか?

・・・ ウィキリークスのことがNHKでも取り上げられていたが、このように大手のメディアで取り上げられるようになると、このウィキリークスもこの世の支配者(国際金融資本勢力)の影響下に入ってきたと考えていいのかもしれない。

 ウィキリークスが暴露していることは、本質的な問題点ではないということを以下の記事では示している。要するに、リークされても、さほど痛くも痒くもないほどのレベルの暴露情報である、ということだ。

 アメリカ国防総省内の機密情報などがリークされている、ということで大騒ぎをしているようだが、実際はそのように装うことで、本当に暴露されるべき情報が保護され、隠蔽されたままで済まされている。

 問題はそんなところには無いだろう、ということだ。9月11日同時多発テロの真犯人なり、背後で動いた組織なりの情報などが出てくれば、ウィキリークスが本当に、機密の情報を暴露している、と言えるだろうが、そんな情報は今のところ暴露されていない。リークされた情報はどうでもいいようなレベルなのだ。

 特にイスラエルに不利になるような情報は皆無と言っていいようだ。つまりウィキリークスによって出てくるリークされた情報は、イスラエルの工作員が盗みリークした情報であり、それはイスラエルの戦略を損なうような情報は含まれていない、ということらしい。

 従って、我々はこの問題でもまた、この世を支配する者たちに一杯食わされているようだという認識を持つべきだろう。

・・・

誰がウィキリークスの背後にいるのか?



 ウィキリークスはイスラエルなのか?

 唯一イスラエルだけが、アメリカの国防総省に入り込みあのようなスパイ行為ができる存在である。それをすることが出来ると言うだけでなく、アメリカの指揮系統に多くのスパイを抱えているので、それを阻止することもできる。誰がこのようなデータを集めることができ、またフィルターにかけることができるのか? 誰がそんなことを願うのか? ・・・



「善意」の仮面を被る「悪意」・・・wikileaksの狙い
■ 善意の仮面の下・・・・ ■

wikileaksは信頼出来るのか?と聞かれれば、「その内容はウソでは無い」と答えるのが妥当でしょう。

しかし、彼らがリークする内容に恣意的なバイアスが掛かっているとすれば、そこには明らかな意思と目的が出現します。

最初にリークされたイラクとアフガニスタンに関しては、その内容は多くの兵士達が体験してきた戦地の現実であり、多くの人々が既に知っている事です。大手メディアが報道してこなかった戦争の現実を、インターネットが報道したに過ぎません。

ところが今回のリークは、「政府間の外交の秘密」が暴露されています。そして、その結果、北朝鮮とイランを巡る情勢を混乱させています。

今後公開される資料にはバンカメリカの経営状況の漏洩が予定されています。

世界の情勢に目を配っている方には、wikileaksの狙いが透けて見えている事でしょう。彼らは「内部告発」という正義の仮面を被りながら、世界を混乱に落とし入れようとしています。


■ 「外交上の秘密」の重要性 ■

国際政治はキレイゴトばかりではありません。むしろその裏側は現実的な駆け引きの泥仕合です。

佐藤栄作元首相は、非核三原則を打ち出してノーベル平和賞を受賞しますが、その裏側ではアメリカと核持込の密約を結んでいました。佐藤氏はその密約の文書をアタッシュケースに入れて持ち歩き、生涯自分の近くから離さなかったと言われています。これこそが、外交に携わる者のあるべき姿です。

「正義」という浅薄な義憤にかられてwikileaksに漏洩される情報は、世界を影から動かす者達に良いように利用されるだけです。

いえ、むしろ、「内部告白者」自身が当事者である可能性を疑うべきでしょう。


「悪魔」はいつも「正義」の仮面を被って現れます。


スロウ忍ブログ: 産経新聞とロイターはネトウヨ兄弟。プレジデントを仰々しく読むなんちゃってエリート達。

誠天調書 2010年12月03日
別に 日本では既にして
阿修羅を軸にした人達による
告発と精査のネットワークが強固に構築され
実際に動いているので、
そっちを聖典化して拝み倒す必要は
全くに無いのですけどね?wwwwwwww

強烈な 告発と精査を形成し続けている阿修羅を軸にした者達 を完全に黙殺しながら
ウィキリークスだけを絶賛しまくるマスコミ新聞テレビ大手メディア ですかぁw  不思議だなぁww

という訳で食品安全近代化法 - Google ニュース検索が速攻で拡散しない
不思議な
 マスコミ新聞テレビ大手メディア
  と
 個人とされるニュースサイト群
  と
 ニュー速系2chコピペサイト群
な程度にウィキリークスとやらを信じるのもやぶさかではない とは思いますけどねw





http://twitter.com/youkihi/status/10683626358312960
陽気婢の嫁は児童よみもの作家の山中恒さんの大ファンです。「ぼくがぼくであること」「この船じごく行き」「あばれはっちゃく」山中作品のハチャメチャ少年達は私の憧れです。都条例について知った時まっさきに思い出したのは山中恒さんが大人向に書いた「ボクラ少国民」です。【嫁・続きます】


http://twitter.com/yyninjo/status/10664018473648128
大企業が触れたがらない事実がある、それは、日本では社会保険料の企業負担が欧州などにくらべて低いことだ。税と社会保険料をあわせると、財務省が発表した数字でも、日本の大企業の負担はフランスの7割程度となっている。
http://twitter.com/chamomile_tw/status/10659059086655489
日航子会社、自民に献金 09年、政府保証の融資決定後 http://www.asahi.com/national/update/1202/TKY201012020205.html


http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/10667738632556544
「日本米国のポチ」は日本ではニュースにならないのだ。
原子力機関天野事務局長が就任に先立ち、
 米国大使にあらゆる重要決定で一貫し米国に同調すると述べた
この件、日本内でほとんど報道されず。
しかし外国で「日本米国のポチ」認識次第に浸透。
世界の大勢 如何にポチにならないか戦う。この国々は日本を軽蔑する、。
で 天皇陛下万歳と涙を流す連中は 親米ポチなままに民族の誇りとか叫ぶんだよねw
何処を どう見ても カルトでしかないのに 無自覚な人達は幸せだよね。



http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291395874/
ほら 警視庁が動くと マスコミ新聞テレビ大手メディアの犬どもが反撃をしてくるけど
宗教右翼な警察庁が動いても マスコミ新聞テレビ大手メディアは絶対にニュースとしないよね。
この 嘘デマ扇動を仕掛ける為の“情報のセキュリティホール”の大穴については
不思議に 専門家ほど指摘をしませんからなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


あ そう言えば

食品安全情報blog
ttp://d.hatena.ne.jp/uneyama/
ではhttp://d.hatena.ne.jp/uneyama/ "食品近代化法" - Google 検索だったねぇww
どうしてなのか 俺には分かりませんけどねw




はてなブックマーク - 高木浩光@自宅の日記 - 三菱電機ISに求められているものは何か 岡崎図書館事件 RinRin王国 様
Togetter - 「11/30『岡崎市立中央図書館事件』に関する三菱電機インフォメーションシステムズ記者会見:津田大介さんによるtsudaりまとめ RinRin王国 様

まず先に こっちから
まとめられているツイートは価値あるものですが
「SI屋」という表記が気になりました。
「SIer」のことだと思うんですが、「SI屋」表記は一般的になってるのかな?
そもそも、何が「SIer」なんだかよくわからんけど(笑)

2010-12-01 12:02:06
SIerとは - はてなキーワード
SIer とは、System Integrationの略称SIに「〜する人」を意味する-erをつけて「System Integrater」とした造語であり*1、エス・アイアーと読む。System Integrationとは、個別企業のために情報システムを構築することであり、戦略立案から、企画、設計、開発、運用・保全までトータルに提供するSIerもある。システムインテグレーター。


SIerの分類

SIerは大きくメーカー系、ユーザー系、独立系に分けられる。
コンサルティング・ファームもSIerに分類することがある。

・メーカー系SIer
ハードウェアメーカーが親会社であるSIer。

例:富士通ビジネスシステム、NECソフト、日立情報システムズ

・ユーザー系SIer
金融・物流などの、システムのユーザー企業が親会社であるSIer。

例:NTTデータ、新日鉄ソリューションズ、住商情報システムズ

・独立系SIer
親会社を持たないSIer。

例:大塚商会、CTC、CSK、インテック


・コンサルティング・ファーム
主に経営コンサルティングを行う企業。

例:野村総合研究所、日本総合研究所、アクセンチュア



どうにも 歯の裏に何かが挟まってる物言いだなw
俺なんかが書くと また津田から陰謀論乙とか突っ込まれるのかもしれないが でも あえて書こう。

まず この事件で警察側は
起訴猶予 でも“嫌疑なし”とは言って無いので、誤認逮捕というレッテル貼りをしても良い按配なんだが
それを指摘して報道する マスコミ新聞テレビ大手メディア 及び ネット企業系メディア も多くない、
どうにも警察への舌鋒が弱い。ま そーいう事でしょうw
同時に 幾らなんでも図書館側にだって 血税を使う以上は もう少し監査をしたって良いんじゃね
と俺は思う。

つまり もっとも責任が重いのは三菱側だとしても
警察側と図書館側が無罪放免というのは甘すぎるとは思う。
あまりに突っ込みが弱すぎる。

この三者の力関係を考えれば 三菱側<図書館側<警察側 、と右端が一番に強くなりやすいだろう。

 泥 を 被 る 役 は 誰 が す る の か ?

と考えれば そういう出来レースだったって思えちゃうんだよね。

事例 業種で探す | MDIS
ttp://www.mdis.co.jp/case/industry/index.html
を見れば 
取引先企業を幾つも抱える メーカー系SIerの三菱側とて ただ泥を被るだけ では済まされないだろう。

と同時に なればこそ
三菱電機インフォメーションシステムズ(MIS) 及び 三菱電機グループ は
官公庁へ どのように喰い込んでいるか が激しく気になった。


2004/05/17 三菱電機インフォメーションシステムズ | BCN Bizline
 三菱電機は、情報システム向け暗号化技術「ミスティ」や携帯電話向け暗号化技術「カスミ」など、暗号化技術の開発では競合のコンピュータメーカーに比べ優位に立っており、電子政府構築でも広く採用されている。

一般企業に提供する製品・サービスは、「三菱電機グループ各社がバラバラで提供しており、シームレス連携も取れていなかった。製品単体を個別で売っているような状況だった」と、三菱電機グループのシステムインテグレータ、三菱電機インフォメーションシステムズ(MIS)の飯島康雄・ビジネスソリューション事業本部セキュリティ・ネットワークソリューション企画部次長は話す。実際、MISのセキュリティビジネスの約80%を官公庁が占めており、一般企業へのセキュリティビジネスの拡大は難しいというのが実情だった。

 三菱電機グループには、情報通信サービスを提供するシステムインテグレータが4社ある。なかでもセキュリティビジネスの中核となっているのがMISだ。MISでは、製品・サービスを集約し、製品とサービスを組み合わせたソリューションとして販売するため、その体制作りやソリューションメニューの作成などを昨年6月から急ピッチで進めてきた。そして今年3月、セキュリティビジネスの中核ソリューションとして打ち出したのが「情報漏えい防止ソリューション」。

 情報システム・ネットワーク保護から従来の強みである暗号化技術を利用した一般企業向けの認証ソフト、入退室管理といった物理的セキュリティ対策まで、情報漏えい対策を総合的に提供できるブランドを立ち上げ、10種類の製品・サービスを揃えた。MISだけでなく三菱電機グループ各社の製品・サービスだけで構成するソリューションで、また、「既存の製品・サービスを組み合わせただけで、新たに開発した製品・サービスは特にない」(飯島次長)という。「引き合いは予想以上で、3月の発売以来今も対応に追われている状況」と飯島次長の表情は明るい。

 同社はこの情報漏えい防止ソリューションを、医療分野や一般企業にセキュリティビジネスの核として販売していき、3年間で約100億円のビジネスへと成長させる計画。これにより「一般企業向けビジネスと官公庁向けビジネスの比率を半々にする」(飯島次長)のが目標だ。最近の個人情報漏えい事件の多発や、来年4月に施行される個人情報保護法で企業の情報漏えい対策が重視される機運が高まっていることを追い風に、三菱電機グループの技術やノウハウをMISが集約し、総合力でセキュリティビジネスを拡大を図っていく。(


"三菱電機インフォメーションシステムズ" 情報漏えい防止ソリューション 官公庁 - Google 検索

"三菱電機インフォメーションシステムズ" 情報漏洩防止 官公庁 - Google 検索


"三菱電機"  RFID - Google 検索
"三菱電機"  RFID 運転免許 - Google 検索


"三菱電機"  官公庁 情報通信研究機構 - Google 検索
"三菱電機"  納入 産業技術総合研究所 - Google 検索
"三菱電機"  納入 航空 ARTS - Google 検索

で言うまでも無く"三菱重工"  自衛隊 - Google 検索がある。


政商としての歴史が深い というのは 如何なモノかとも思うが
ともかく三菱側 ってのは そ う い う ト コ なんだよね。

先日の
 選挙管理委員会が納入した無作為での選定システム(裁判員や検察審査会も同様の可能性が極めて高い)
 のボロクソな出来に6000万円を掛ける
という話にも有るように 中身が滅茶苦茶なままでも公金が垂れ流され続けて
実際の性能よりも癒着の強さで公金の垂れ流される選定が決まるようになり
その先で 談合 随意契約 天下り の温床となり続けている。

で 最初の話に戻る、
俺から見ると
 もっと天下りを受け入れろよ さもないと もっと叩かせるぞ
 間違っても 図書館側や警察側などの“公金を出す側”も悪い だなんて言うなよな

という脅しにしか見えないんだよね。

三菱側を庇う気は欠片も無いけどさ
そういうモノが 歯の裏に挟まっているようにしか聞こえない事については 誰か言わないのかなぁw
うん 不思議だなぁw  あれ? 癒着って言葉を何故か見ないねぇw
って俺は勝手に妄想をするだけですけどね。









ハンター描かないでなにやってんだよ冨樫w - ゴールデンタイムズ ゴルゴ31 様
仕事しろw









posted by 誠 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。