https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年05月05日

そもそも勝ち目のない戦だけど しっかり防御を取りきらなければ ただただ犬死となるだけで 万に一つも勝てなくなる。

通常更新の前に。
2011年5月5日は子供が核攻撃で虐殺される日となります。


http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif

http://www.zamg.ac.at/pict/wetter/sonderwetter/fuku/20110504_I-131_FUKU.gif
Video: Ausbreitung der Wolke von Fukushima/permanente Freisetzung/Jod-131

http://www.zamg.ac.at/pict/wetter/sonderwetter/fuku/20110504_I-131_FUKU.gif
Video: Plume spread from Fukushima/Permanent Release/Iodine-131

時刻は協定世界時(UTC)の為、日本時間に換算するには+9時間します。


今日の2011年05月05日
関東地方では早い段階で北東から東の風となるので 午前中から高濃度のフォールアウトが起きるかもしれません。

福島以南の関東の住民は3月4月で激しい被曝という核攻撃を問答無用で受け続けてきた以上
此処で対処をしない は更に犬死へと直結します。

今更と言わず マスクをしましょう。

此処で何もしないは
殺される側でありながら 自分達への虐殺を惚けて無視する、
という人類史上もっとも滑稽な民族浄化の加担者となる を意味します。

もはや体内被曝的には猶予が無いと考え 少しでも被曝を避ける選択肢を選んでいくべきだと思います。
誠天調書 2011年05月02日
放射能の蓄積 値が高くて雨の時は濡れないよう
http://blog.livedoor.jp/bijiben-npp/archives/51117044.html

放射能への対処(セシウムほか) 濡れたら洗い流すことを心がける
http://blog.livedoor.jp/bijiben-npp/archives/51077997.html

家の拭き掃除をこまめにする 屋内退避の方法
http://livedoor.2.blogimg.jp/insidears/imgs/c/4/c4737761.jpg

郡山市小学校測定データと対策 : 原発事故・震災対策関連情報(臨時):〜放射線の被曝は控えめに
http://blog.livedoor.jp/bijiben-npp/archives/51164006.html

http://ameblo.jp/59rg7a/entry-10877154360.html
郡山市立橘小学校 佐藤校長が戦っておられる。
線量のHP掲載を文科省郡山市教育委員会に禁止されたらプリント配布に。
職員総出で校舎の洗浄。
線量も学校のあちこちで細かく計測。国や御用学者より、やってることが、あまりに適切。
子供を愛する気持ちがあれば出来るんだ!

郡山市立橘小学校 学校日記
http://www2.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=0710015&frame=weblog

http://twitter.com/#!/yellow_Jasmine/status/63599654465572865
誠天調書:2011年05月03日
原子力発電所等周辺の防災対策について:文部科学省 昭和五五年六月三〇日

屋内退避等の有効性について

大気中を拡散してきた放射性物質からの被ばくを低減するためには、
放射性物質から遠ざかることが最も効果的であるといえる。
しかしながら、混乱の発生のおそれともあわせ、その実現可能性に問題がある場合には、
被ばくを低減するための簡便な防護対策としての屋内退避が考えられる。

屋内退避措置としては、
周辺住民が屋内に入り、建物の気密性を高め、
口及び鼻をタオル等で保護を行うことをいう。

屋内退避の有効性は、外部全身被ばくについては、
大気中に浮遊している放射性物質からのガンマ線に対する建物による遮蔽性能、
並びに地表面及び建物に降下した放射性物質からのガンマ線に対する建物による遮蔽性能に、
また内部被ばくについては、浮遊放射性物質の吸入を低減するための
建物の気密性並びに口及び鼻をタオル等で保護する方法の効果にそれぞれ依存する。

これらの効果について、めやすとして、IAEAがまとめたものを表1、2、3に例示する。

甲状腺被ばくは、ヨウ素の吸入に原因することから外部全身被ばくの場合と異なり
木造家屋あるいはコンクリート造りの建物のような構造そのものによる差はあまりなく、
建物内へのヨウ素の侵入をいかに防止するかという気密性に依存する。

米国環境保護庁の研究によれば、気密性の高い建物に避難すると20分の1から70分の1に、
通常の換気率の建物に避難すると4分の1から10分の1に甲状腺線量当量が低減することが示されている。
更に、これらの甲状腺被ばくは口及び鼻をタオル等で保護することによって、
表3に示すように低減される。



表―1
浮遊放射性物質のガンマ線による被ばくの低減係数
場所      低減係数

屋外     1.0

自動車内   1.0

木造家屋   0.9

石造り建物  0.6

木造家屋の地下室 0.6

石造り建物の地下室 0.4

大きなコンクリート建物(扉及び窓から離れた場合) 0.2以下



表―2 沈着した放射性物質のガンマ線による被ばくの低減係数

場所と低減係数

理想的な平滑な面上1m(無限の広さ)
1.00

通常の土地の条件下で地面から1mの高さ
0.70

平屋あるいは2階だての木造家屋
0.40

平屋あるいは2階だてのブロックあるいは煉瓦造りの家屋
0.20

その地下室
0.10以下

各階が約450〜900m2の面積の3〜4階だて建物1階及び2階
0.05

その地下室
0.01

各階の面積が約900m2以上の多層建築物上層
0.01

その地下室
0.005



表―3 家庭内及び個人が利用可能なものによって口及び鼻の保護を行った場合の1〜5μmの微粒子に対する除去効率



物質      折りたたみ数     除去効率

男性用木綿ハンカチーフ  16      94.2%

トイレットペーパー    3       91.4

男性用木綿ハンカチーフ  8       88.9

男性用木綿ハンカチーフ しわくちゃにする 88.1

けばの長い浴用タオル   2       85.1

けばの長い浴用タオル   1       73.9

モスリンのシーツ     1       72.9

ぬれたけばの長い浴用タオル 1      70.2

ぬれた木綿のシャツ     1      65.9

木綿のシャツ        2      65.5

ぬれた女性用木綿ハンカチーフ 4    63.0

ぬれた男性用木綿ハンカチーフ 1     62.6

ぬれた木綿衣服       1      56.3

女性用木綿ハンカチーフ   4      55.5

レイヨンスリップ      1      50.0

木綿衣服         1       47.6

木綿のシャツ       1       34.6

男性用木綿のハンカチーフ 1      27.5

注) 表3は、一般公衆が家庭内の手近にある布や衣類を使用した場合のエアロゾルの除去効率のめやすを示すものである。
この除去効率は、人の呼吸方法及び衣類の使用方法によって大きく変りうるものであることに留意すべきである。
なお、防災業務関係者の保護具としては、専用の防護マスクを準備すべきである。



表4.2−4ICRP Pub1.2の呼吸器系モデル(4−21)(日本語訳)
肺における粒子状の物質の滞留は,その粒子の大きさ,形および密度
またその物質の化学的な形態や,その人に口呼吸の習慣があるかどうか、
というような多くの国手に依存する.
しかし特別のデd−タが欠けている場合は,その分布は次のようであると仮定する・
分      布       易溶性の化合物(%) その他の化合物(%)
呼気とともに排出されるもの    25          25

呼吸器の上部に溜まり,
その後のみこまれて        50          50
消化管に入るもの.

肺(呼吸器の下部)に溜まる物   25          25※
             (これは溶けて体内
               に取り込まれる)

※ このうち,、半分は24時間以内に肺から出されて飲み込まれる.
従って飲み込まれる物は合計62%となる.
残りの12を%は120日の半減期で肺に滞溜する
この場合 この部分が体液中に取り込まれると仮定する.


コレを枝野が発表するだけで どれだけの人々が救えたか?
枝野へ この情報を出さなかったのは 誰なのか?
知らなかったわけではない 知らなかったとは言わせない。
本当に知らなかったのならば その官僚たちの責任者を特定して
エイズを遥かに超える未必の故意として絶対に起訴しなければならない。

用意はされていて なのに あえて使われなかった可能性が高い。
この場合は6500万人へ対する殺人行為だ。
俺は こっちと踏んでいるけどね。
ならば 其れは何故か?
誰が 如何なる思想の元で その意図を持って 枝野に その発表をさせなかったのか?

未だに 今の風向きを考えれば 東北北部や北海道の住人へマスクをすらさせようとしないのは
虐殺そのものと言い切るしかない。


そして連休前の辺りから風が南風へと代わり
東北北部や北海道は地獄のフォールアウトが続いているのに
自分の住む千葉と関東地方の事を考えるに精一杯で
何の支援も出来なかった事を心から詫びます。

でもコレで 少しでも支援の情報が流せるようになりました。
激しい核攻撃を受け続けている皆さん どうかどうか御自愛ください。
皆様も厳しい被曝の状況ゆえに 体内被曝の猶予は あまり無いと考えるべきなので
コレから梅雨〜秋へとなるまでの長期間 どうかどうか打てる最善の手を打ってください。

西日本の皆さんへも こういう事が一年に数回〜十数回は起きると予想しています。
一回一回は必要以上に過敏な心配はしなくても良いかもしれませんが
特にセシウムとストロンチウム や その他の核種も ほぼ全て含まれている以上
この“フクシマLv10”の核攻撃の全てに対し 完全に無防備なままで居るは
妊婦や幼児や乳児が大変に危険 のみならず 若者も危険ですし
妊娠可能な女性や生殖機能が有る男性もまた影響が無くも無いのですから
その意味を よく考えて行動すべきだと思います。

俺に出来る事は これ位しか有りません
せめて この記事が、貴方と貴方の子供達を守る一助になれば と祈るばかりです。


逆浸透膜濾過による浄水器の利用
2011/03/31 寺岡精工、自社の逆浸透膜ろ過システムによる放射性物質の除去効果を確認 | マイコミジャーナル
デパートやスーパーなどで 大きいペットボトルを買って 其れに水を入れて買っていくという形式のが有るけど
その中で寺岡精工 「ECOAシリーズ」 - Google 検索なら大丈夫そうですね
daiei 京急ストア Mandai イトーヨーカドー パルシェ いなげや マルエツ
なら扱っている可能性があるようなので 近くの店で探してみるのも良さそうです。
逆浸透膜と書いてあるのならば そういうモノ、書いてないのは 通常の浄水のレベルのモノ
俺は そう判断してます。



おそらく武田教授は大丈夫と言うだろう。
俺も その観点には 半ば賛成で半ば反対 と言った所だ。

俺は武田教授の記事を とても信用していますが 武田教授は比較的に性善説で書いてます。
だから 公的検査機関が偽装しまくっている という観点を あまり強く換算しきれていません。
無理もないです。
実名を晒しながら 様々な人間関係を抱えながら書き続ける、は
人を信用しながら進んでいく という事が どうしても必要になりますからね。
実名を晒しながら其れを無くせば 菅直人の道へと堕ちるのみだしねw

逆に俺は かなりの性悪説に立って更新を続けている。
なればこそ あえて此処での人間関係を出来る限り排除していく という処世術は必須となっていく。
つまり 人の信用は得られても 人の信頼は得られる更新とは絶対にならない、となる。
でも俺は それでも良いと思った。
俺の人間的力量を思えば 過分な高望みは自滅となるだけだからねw

だから 俺よりも武田教授を信じた方が良い とも思いますが
俺は俺で 緊急情報と思って書き残そうと思います。
最後に どちらが良いと思うかは 結局に貴方次第なのですから。


俺の更新は 虚無を覗き込みながら 虚空への叫びをし続けるようなもので
そんな狂人へ 日常生活を送る上での「人間として信頼」などができる という人は そう多く居ないw
大概の人にとっては
ただただ 狂人が発する言葉の中から信用できるモノが拾いだせれば良い という類となる。

でも 俺の身の程の無能さを思えば それでも過分な人生報酬だとすら思う。
だから 俺は俺なりに 其れなりに頑張るのみだ。








放射能汚染に対抗する防御策は、昨日までの記事で とりあえず補完したので
これから 攻勢を軸にした更新が 人工地震に関する更新も SCADAとstuxnetに関する更新も やっとできる。

とは言っても 未消化分が全然に進まない



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/558.html
菅直人が手を染めた「言論統制の恐怖」「ネットデマ削除要請」は平成の治安維持法か=@「週間ポスト」5.6/13


私が菅内閣に対してずっと使ってきた文言
──「情報暗黒内閣」による「火事場泥棒」はこの法案だけを指したものではない。

4月6日、総務省は、プロバイダ等の業界団体を通じて、
「インターネット上の地震等に関連する情報であって
 法令や公序良俗に反すると判断するものを自主的に削除することを含めた」
必要な措置を講じるよう、通達を出した。
政府の「被災地等における安全・安心の確保対策ワーキングチーム」が同日、
被災地での犯罪防止や治安維持について対策をまとめたのを受けて出された、
「ネットデマ削除要請」である。

孫正義氏はストライキからの復帰後、
この通達と前出の法案について
両方は、深い所で関連。両方とも問題が内在。
 この両方などで言論統制の恐れに対しストライキしました〉
とツイッターで言明した。



 総務省の指示ではなかった

通達の前日、総務省は業界団体の4法人を呼び出した。
招集を受けた法人の一つ、電気通信事業者協会の担当者が証言する。
「総務省が要請書を出した前日、急に連絡が来て、
 総務省に行って要請書同様の主旨の説明を受けました。
 最終的には流言飛語への不安が募っているということもあるので それに配慮しつつ、
 これまで通り対応する、ということになりましたが、
 出席した 4法人の担当者は
 当然、言論の自由やプロバイダの秘密厳守の立場はどうするのか などの話をし、
 担当が要請を拒否するような激しい議論もありました。
 総務省もその点は気になるところだ、といっていましたし、
 立場は私たちと同じように感じました。

 ただ、この話はもともとの出所が上のレベルからの話なので
 上からのレベルの詰、というところが気になる。


原口一博・前総務相は自由報道協会主催の会見で、
「この大震災に乗じて、中央政府が何かしらの介入をしてきた
 というふうに誤解されても仕方のない内容だが、
 (総務省)政務三役に上がった形跡がない」と述べた。

通達は、総務省の上から降りてきた話ということか。


総務省コンプライアンス室長の郷原信郎氏はいう。
「総務省は、やはり監督官庁として表現の自由を阻害するような要請をすることは適切じゃない、
 ということは重々承知の上で、
 だから そういうことにならないような内容の文書しか出さないという方針だったんです。
 ところが、(政府の)ワーキングチームは それを超えた措置を要請してきた。

 総務省としての文書の内容には情報統制的な意図はないが、
 誤解を生じかねない部分については
 ワーキングチームの対策を受けて採り入れた方向になってしまった、ということでしょうね」

もとより、こうした通達を総務省の官僚たちが出せるわけがない。
さらに郷原氏は、「片山着博・総務大臣も知らなかった」という。

「こういう文書が大臣の承認なく出るということは問題ですが、
 大臣は後から知って、誤解を招くことがないようにする必要があると考えた。
 だから私が情報統制との誤解を打ち消すということも了解していただいたんです」

郷原氏は総務省コンプライアンス室長として、
「『従前どおりの対応』を求めているに過ぎず、それを超えた措置を求めるものではない」
との声明を発表した。

総務省としては異例の措置である。

政権交代以降、原口氏は総務相として「言論の自由を守る砦」を築く「ICT権利保障等フォーラム」を開催。
私はこれに、孫正義、郷原信邸の両氏らとともに参加していた。
今回の通達に危機感を覚えたのが、
奇しくもそのフォーラムに参加した面々だったことは、
「言論の自由」にとっていかに危険な事態が進行しているかの裏返しでもある。



 警察庁が削除依頼

実は この通達以前から、すでにネット言論に対する取り締まりは始まっていた。
警察庁は、4月1日付で東日本大震災に係る≠ニいう件で7件の削除依頼を行なっていた。

その内容は、被災地の外国人犯罪に関するものから、
(3月20日 東京で同時多発テロ〉といった予言まで様々。
なかには、(あまり書きたくないが、被災地では、ガソリンを抜き取る行為やスーパーのガラスを割って中の商品を取っていく、または、火事場泥棒などが報告されている。こういう時だからこそ助けあおう〉という、果たしてデマといいきれるのか疑問が残る書き込みまで削除されていた。
また、〈大学で放射能を研究しているのだけど、野外に設置したガイガーカウンターが急上昇している。そろそろ危険。地下シェルターでもなければ、やばい〉という書き込みにも削除依頼がなされているが、こちらはまだ削除されていない。

プロバイダなどを会員とする社団法人テレコムサービス協会は、
行政機関から削除要請のあった案件について公表している。
たとえば、
〈今回の地震が人工地震だとの誤った情報の書き込みが掲示されているので削除してほしい〉との要請には、
〈事実に反する書き込みであれば自主的に削除いただきたい旨を依頼したところ、
 会員は自らメッセージを削除した〉とする一方、
〈事故を起こした原発の、原子炉製造メーカーについての投稿記述が事実でないため、削除されたい〉
との要請には、
〈内容を確認するも、削除基準に抵触するものではないため削除せず〉と突っぱねており、
一進一退の攻防が続いているといえよう。

 このように、すでに言論統制は行なわれているのだ。

もちろん、ネットのデマにより、誤った情報が広まることは問題ではある。
しかし、私のつぶやきのように、ネット上の誤りはツイッターなどによって、
すぐに訂正されやすい。

むしろ怖いのは、そうした傾向を無視して言論を封殺しようとする政府の方だ。

そもそも、デマを取り締まる側の政府は、果たして本当の情報を出してきたといえるのか。
私は福島第一原発の事故発生当初から、
「炉心溶融=メルトダウン」の可能性を再三、政府や東電に問いただしてきた。
だが、枝野幸男・官房長官はいまだにメルトダウンを認めず、
それどころか原子力安全・保安院は、炉心が損傷し燃料棒が溶融する事態を認めながら、
溶けた燃料棒が原子炉下部に落ちるのが「メルトダウン」だから、
「メルトダウンは起きていない」と詭弁を弄している。

このため、「メルトダウン」を唱え続けてきた私は いまだに「デマ」扱いを受けているが、
それは政府の判断によって私のツイッターが削除されることの可能性を意味する。

削除要請を出すデマの線引きを曖昧にしたまま進行している この事態は、
政府の情報統制日的以外の何物でもない。


もうひとつ、提出法案も総務省通達も、インターネットだけを狙い撃ちしていることに注目したい。

フェイスブック、ツイッターなどによる「ソーシャルメディア革命」が起こったエジプトでは、
政府が反政府デモの混乱を鎮圧するため、ツイッターの接続プロック、
インターネット接続の遮断などの措置を取った。チュニジアやリビアでも同様である。

菅直人はその意味で、ムバラク、ベンアリ、カダフィとならんで、
「言論統制」に手を染めた独裁者の仲間入りを果たした。
これが「情報暗黒内閣の正体」である。

なぜこの危機に、新聞・テレビだけでなく佐々木氏などのネット言論人までが気づかないのか。
日本では長らく記者クラブ制度が、自分たちで「言論の自由」を妨げてきた。
いまだ「記者クラブ脳」に洗脳されている人たちは、この危機に気づくことすらできない。

 これは、「大本営発表」や「治安維持法」、などいつか来た道のはじまりなのである。


ただし 菅や枝野は人形でしかない傀儡政権なので
情報統制を行おうとし続ける者達は 官邸の中の官僚の中に居る。
官邸の中の官僚は 官邸の外の官僚などなどと密接に関係を保ちながら
菅や枝野へ 自分達にとって都合の良い情報だけを渡し続ける役割を担っている。

鳩山兄が そういう者達と情報の取捨選択の戦いをしていた事は、漏れ出す情報の中で 俺からも見えていた。
その顕著な例の一つが普天間と辺野古の話だ。
あの時も鳩山兄は 自分の所へ届けられる官僚側からの情報の異様さに気付きながらも 必死に抵抗し
元の作戦通りに徳之島へ と頑張り続けたが、
鳩山兄政権へは1点でも加点は許したくない とにかく失脚だけに狙いを定め続けた連中によって
八方の塞がりに追い込まれ あの事態へと陥ってしまった。

息を吐くように嘘を吐き続ける連中 宗教右翼の巣窟 その情報戦の心臓部は何処に有るのか?
というのは散々に書いてきたよね。


 ↓
http://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/65617898328178688
子どもの20ミリシーベルト問題。
確定的影響はないが、確率的影響はある。
その確率は、1ミリシーベルトの20倍である。
他方、100ミリシーベルト以下の被爆と健康影響の因果関係を証明することは難しい、らしい。
どちらを採用すべきか?

予防原則に立ち、安全サイドに判断するのが当然である。

http://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/65619401247961088
子どもの20ミリシーベルト問題。
官邸の判断は、間違っている。
早急に是正されなければならない。

要望書を官邸に提出した。


http://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/65633009214308352
スピーディーについて「公表が遅れたことを、心よりお詫びする」と、細野補佐官。
これは、お詫びではすまない。
なぜなら、公表は原子力災害対策特別措置法並びに同法に基づくマニュアルに定められた、
政府の義務だからだ。

公表を止めていた福山副長官は、
法令違反の責任をとらなければならない。

さて 具体的名前を出しましたね。
じゃ俺は こう言いましょう
福山哲郎 内閣官房副長官 は、極悪非道の虐殺者にして民族浄化の尖兵である。


武田邦彦 (中部大学): 1ミリと20ミリ・・・ICRPは何を言っているのか?

武田邦彦 (中部大学): 新聞記者、専門家など情報発信者に自制を促す

http://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/65634455670374400
スピーディーについて「パニックを恐れた」というのが、公表しなかった理由になっている。
法令上は、パニックが起こりそうな時は公表しなくてもよい、などとは書いていない。
どんな時でも、例外なく公表し、国民が判断する。
それが、法令上の要請である。


http://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/65636185392939008
スピーディーについて。
特に、ベントや爆発が相次いだ事故当初は、
無用な被爆を避けることが、放射性物質の拡散予測によって可能であったろう、
と考えると、情報隠しは罪が深い。
これは、情報を公開しなかったのではなく、隠したのだから。
しかもIAEAへなどには速攻で その情報を提出し続けたからこそ
IAEAから情報を得たオーストリアやドイツが予測情報を出せ続けた訳で。

2011/03/12~2011/03/18 のオーストリアの放射能物質の拡散予測

2011/03/14 23時 〜 2011/03/15 14時 の東京の日野市のガイガーカウンターの動き
2011/03/15 23時 〜 2011/03/16 14時 の東京の日野市のガイガーカウンターの動き 


知らぬは 日本の地の上に住む家畜や奴隷のみ という
まさに 人類史上でも類を見ない 最も滑稽な民族浄化は 今 進んでいるんだよね。
その情報内戦の現場は 日本の地の上に生きる全員の目の前に有るんだよね。



 ↓

http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/475.html
朝日新聞の「鳩山、菅降ろし自粛要請」の記事は憶測歪曲報道に過ぎない(世相を斬る あいば達也)
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/da36c3337d2b4dca665abe1a3178773f
これで鳩山由紀夫が小沢一郎に対して、アドバイスした意図が明確になった。民主党分裂含みの党内政局は「小鳩勢力」にとって得策ではないのではないか。やはり、与党が菅直人を引きずり降ろす強行突破は聞こえも良くない。出来る事なら、野党の行動に呼応するかたちが望ましい。そのように僕(鳩山)は思うので、もう少し様子を見て欲しい、と小沢に話したと云うのが事実だろう。
論理の展開性の話なだけで どっちにしても菅直人を引き摺り下ろすという点を全く否定していないモンなぁw


前段の朝日新聞の記事を読んだ人々の多くは、おおいに事実と異なる印象を頭に植えつけたに違いない。本当に悪質な風評被害的新聞社である。朝日の記事にさっと目を通した読者は、鳩山が又また昨秋の代表選時に行ったウロチョロ行動の再来だ、と思ったに違いない。そして、どうも小沢一郎側の苦境を感じたに違いない。

明らかに、悪質な朝日の記事である。「デマじゃねえか!」そう叫んでもいい程、悪質な政局誘導報道である。どこまで、朝日新聞と云う新聞社は小沢一郎憎しに奔走するのか?あまりに異様である。しかし、東電広告宣伝費は早晩枯渇するし、ACジャパンの迂回CMも消える。いずれ、政府広報も消えるのだから、大リストラの強行、報道記事の劣化、購買数の急減、筆者の愉しみの一つに、「朝日新聞がこの世から消えてしまう日」がひとつ加わった。皆さまの愉しみとも共通しているだろうか?

03. 2011年5月01日 18:26:29: lsRZ1M8bbw
あかかぶさん
朝日の勇み足だそうですよ。残念

確かに鳩山兄が 少し臆しているというのは有るようだけどね。
それを 必要以上に捻じ曲げて 嘘デマ扇動にするが朝日の十八番だしw

現状は戦時であり 朝日なら其処までの情報工作(嘘デマ扇動)をしてくる、とまで思わないと危険だと
頭の良い人達ほど分かっていたと思うんだけどね。

http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/500.html
慎重居士では菅を降ろせない!(ハイヒール女の痛快日記)
http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-750.html
こういうのだけでもなく 他にも多数ね。

これからの菅直人の引き摺り降ろし には いくつかのルートや段取りが在る。
其れを論理構築していけば鳩山兄の言葉にも 整合性が無くも無い。

俺は政局を睨みながらの更新をしているつもりなので その部分を あえて書いていかなかったし
これからもリンクやコピペを 余計にはしていかないつもりだ。
其処は 俺に出来る事は無い領域だ。 だから俺は俺なりの援護射撃をするまでだ。
生兵法で この局面で余計な弾を撃つは 味方へも当てかねない。
俺は 信用をしているからこそ 信じて待つ、
そして この局面なればこそ 援護射撃は的確に を心がけられれば良いなぁと思うだけだ。
 
もっとも小沢は 色々なイレギュラーも織り込み済みで と考えているだろうけどね。

今回 余計に釣られた人達は、
情理ある人の行動の 理だけで人の行動を突き詰めていこうとして 情の部分を軽視しすぎてしまった時に陥る
という話だよね。

勿論に その気概 その心の持ち様 その人間性は とても信用できる。これからも信用したい。

ただ
経済金融に強い人達などに多い、文系でありながら数字に強く
自分は文系であるからこそ 理系にありがちな人の情動をも考慮できると言う過信によって落とし穴に落ちるんだよね。
其処まで馬鹿で狂っているはずは無いから「そんな馬鹿なことをするはずが無い」という ね。


俺は鳩山兄という男を 100点満点の男だとは思っていない、
だから信頼しきれる男だとも思っていない、こうしてチョット臆したりとかね。
だけど信用には充分に足る男 だとは分かっている。

それで充分ではないか。

それなりに優れた男 というだけでも 俺は充分にアテにできる。
多少の失敗があろうとも むしろ人間的には更にアテにしたくなる アテにできる そういう政治家だ。

俺が鳩山兄を心から そういう風に思えるようになったのは むしろ普天間の失敗からだ。
アレを持って信用しなくなったとか言う人達は
自身の 情理ある人の心の深さ を読み解く事へ対する考察の甘さを晒すようなモノだろうね

site:mkt5126.seesaa.net 徳之島 - Google 検索
誠天調書 2010年5月10日: あの時に そして今 何が起きているのか?

誠天調書: 司法官憲を使ったコイズミ恐怖政治と徳之島の政治情勢 を絡めて読み解けば 全く別の側面が出てくる
こういう観点を考察できずに鳩山兄を如何に考えるかへの答えを安直に出すは どうかと思うけどね。


見方を変えて言えば
自分達の利益の為ならば こういう人の心の深さを踏み躙る事を平然とこなす、
いや 人の心の深さをこそ抉り殺すこと これこそが彼らの十八番なのだ。

誠天調書 2011年04月29日: 福島原発から放出されたプルトニウム・ウラン・ストロンチウムによる屠殺の隠蔽を謀る側の詭弁
そういう情報戦が繰り広げられている異様な日本に住みながら
この常軌を逸した状況に 消極的な立場でしか応対できない者達は 哀れな子羊そのものでしか無い。

殺す側は 哀れな子羊達が多ければ多い程 その群れの中に潜みやすくなるからね。
民族浄化と虐殺屠殺に加担した気は無い、
ってな言い訳が 後世の人達や 貴方の子供達へも通じると良いね。

人を詰るは簡単だ、でも この局面なればこそ
鳩山兄にも踏ん張ってほしい と祈っては俺なりの援護射撃をするまでだ。



子どもの二十ミリシーベルトを本当に決めたのは誰なのか? - ジャーナリスト 木下黄太のブログ
計画停電を決めたのは、本当は誰なのか?
と書いても 殆ど完璧に全く同じで一致する話でしかないよね。
俺は其れを誠天調書 2011年03月20日: 東日本大震災は軍事クーデターの第一手にすぎないとも書いたし
誠天調書 2011年04月09日: 既にGHQは、其処に在る。だから 敗戦処理の日々 となる。とも書いた。

今 起きている事は、言いかえれば日本帝国軍の残党との戦い とも言える。
しかも連中は寝返った挙句の果てに 俺達を嬉々として殺し続けている。
この観点を考えなければ 問題の根幹と本質へは絶対に辿り着けない。

この内戦の相手は 旧日本軍の残党 であり、その亡霊と戦い続けているようなモノだ。




http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/290.html
米原子力専門家が語るフクシマ 「チェルノブイリよりひどく、より悪くなる可能性がある」(日刊ベリタ)
つーか現状で既にチェルノブイリ以上は確定的。だからフクシマ レベル10って言ってるんだけどね。
それでも 激しい情報工作が続く以上
この民族浄化の虐殺屠殺に まず防御を如何に固めるかが欲しかったんだよね。
かなり手遅れ感は強い、けど諦めたら其処で試合終了だ。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/424.html
「レベル7」 現実は想像を超える 放射能汚染は終わらない  週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2596
オーストリアの気象庁が発表したデータによると、
福島第一では事故から最初の3日間で、チェルノブイリの20%に当たる量のヨウ素を放出しています。

 浪江町の一部では、累積の放射線量が事故後1ヵ月で34ミリシーベルトを示した。これは、ICRP(国際放射線防護委員会)が示した人が一生涯に浴びる許容量の3分の1にあたる。

 チェルノブイリに近いベラルーシで、小児甲状腺がんの治療にあたった経験を持つ医師で松本市長の菅谷昭氏は、こう話す。

「ベラルーシでの小児甲状腺がんの発生数は、異常な率でした。国際的には、15歳未満の子どもの甲状腺がんは100万人に1人か2人。ところが汚染地では、それが100倍、多い地域では130倍に跳ね上がったんです。発生が増え始めたのは事故から5年後で、10年後にはピークを迎えました。私が診療していた当時も、毎日毎日子どもたちが診察に来た」

 病院を訪れ、手術を受けた思春期の女の子は、手術痕を見て、

「どうしてこんなことになったの! 何も悪いことはしてないのに」

 と悲嘆にくれていたという。菅谷氏によると、800人の患者のうち20人弱が死に至り、ミンスクの甲状腺がんセンターでは、6人に1人が肺への転移がみつかった。

「甲状腺がんにかかった子どもには、自覚症状がないんです。だから気付きにくい。定期的に触診や、超音波検査などを行って、早期に見つけださないといけない。甲状腺がんにかかると甲状腺を摘出しますので、一生、薬で甲状腺ホルモンを補充し続けなければいけないんです。薬の服用は毎日で、それを一生続けなければならない。

 今回の福島の事故では、絶対に子どもたちにこんな思いをさせてはいけないんです」

(この記事の通りチェルノブイリ事故で小児の甲状腺ガンが増加した事実がありますが、この記事では何が原因でそうなったのかまでは書かれていません。福島原発事故とは条件が大きく異なるため、チェルノブイリ事故での事例をそのまま福島原発事故に適用することには慎重さが求められます。
 「チェルノブイリ原発事故と甲状腺がん」 長崎大学
 http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/coe/jp/activities/elearning/lecture/02-02.html
 ダイナモ:注)
03. 2011年5月03日 20:53:57: A5sldP6sZo
>「チェルノブイリ原発事故と甲状腺がん」 長崎大学 ダイナモ:注
長崎大学大学院 山下俊一教授
こいつはA級戦犯だな。
ダイナモは原子力ムラの住人ですか?



 チェルノブイリ事故から25年目の研究で、甲状腺がんは小児が中心で、成人の発症率はきわめて低いという報告もあったが、成人には、別のリスクがある。

 チェルノブイリのあるウクライナで、土壌改良事業に携わった河田昌東・NPOチェルノブイリ救援・中部理事も危険性を指摘する。

「我々が入っているジトーミル州の面積は2万haあり、かつては麦畑と畜産を主産業とする地域でした。ところが、州の95%の地域で、栽培ができなくなったんです。

 住民は、自宅の庭先で作ったものや、放射能汚染が比較的低い地域で作ったものを食べていますが、それでも体内被曝の影響が大きいんです。

 がんはそれほどでもないんですが、多いのは心臓病、脳血管疾患です。放射線被害の例としてがんや白血病がよく指摘されていますが、現実には、内部被曝を原因とする心臓や脳血管疾患が問題なんです」


■低線量領域の内部被曝が怖い

 河田氏によると、放射性物質のうちのセシウムは、細胞にとりつき、エネルギー器官であるミトコンドリアの機能を破壊する。ミトコンドリアの機能が放射性物質で破壊されると、脳や心臓の毛細血管に悪影響があるという。

「心筋梗塞、脳梗塞、脳溢血、クモ膜下出血などの血管系の病気です。

 これまでは、広島・長崎で放射線を浴びた外部被曝系の患者のデータしかなかった。よく専門家がテレビで、『100ミリシーベルトまでは大丈夫』なんて言っているのは、広島・長崎のデータをもとにしているんです。しかし、実際にウクライナ政府の発表したデータによると、全被曝者の7~8割が低線量領域にいた、内部被曝なんです。ICRPやIAEAが設定している基準は、低線量領域の内部被曝には本来、当てはまらない。

 もちろんがん患者もいますが、実際には心臓や、脳の疾病が問題なんですよ」

 河田理事らのグループは、放射性物質で汚染された土壌を改良するため、菜種を栽培している。

「実際にやってみると、なかなか難しいとわかりました。放射性のセシウムは、土壌に割と強く吸着するんです。それも時間が経てば経つほど吸着力が強くなる。植物が吸収するのは、水に溶けた部分だけですから、土壌のなかにガッシリと吸着しているセシウムはとれないんです」(河田理事)

 福島第一近隣の土地も、ウクライナ同様に汚染されている可能性が高い。除染には、長い時間と膨大な費用、手間隙が必要だ。大阪市立大学の畑明郎特任教授は、重金属などに汚染された土壌の浄化を専門とする。

「放射性物質は土の表面5cmくらいの深さに蓄積しますので、浄化の方法としては、(重金属の)カドミウムなどの浄化と同じです。土を30cmほどとり、捨て場がないので深い土中に汚染された土を埋めて、上30cmにきれいな土を入れるんです。その場合、1haあたり、2000万円くらいかかります。放射性物質の場合、掘り返すのはもう少し浅く、数cmでいいかもしれません。その場合、費用は数百万のオーダーになると予想します。

 土が汚染されていると、草も汚染されてくる。畑、田んぼすべてですから、大変です。養鶏など、畜産もすべてやり直さなければならなくなる。家の柱など木製の建材は、それ自体が放射能を帯びることはそれほどないと予想されます。これだけの放出量だと、(浄化が必要なのは)茨城や千葉も含みます。やったほうがいいですね」

 つまり、事前に放射線量を調査して、汚染度が高いところは土を掘り返して埋めたり、畑をいったんつぶす必要が出てくる。

 麦畑や畜産の放射能汚染についてはチェルノブイリの先例があるが、稲作の汚染についてはデータがなく、これからひとつひとつ調査していくほかない。それは福島第一原発周辺にとどまらず、茨城、千葉といった広域に及ぶ可能性が高い。

■人類史上、例がない

 1954年ビキニ環礁に降り注いだ「死の灰」の研究に当たった吉原賢二・東北大学名誉教授(放射化学)は福島第一から46km離れた福島・いわき市内に住んでいるが、避難する気はないという。

「私が住んでいる町は、放射線量が毎時だいたい0・3マイクロシーベルトで、平常より少し高い程度ですから、大したことはありません。放出された放射性物質の量にしても、保安院の言っている37万テラベクレルと、原子力安全委員会の言う63万テラベクレルという、こんな大きな食い違いができる理由はちょっと分からない。根拠がはっきりしないので、そこは非常に不満です。

 福島県内でも、浪江や飯舘村などの線量が高いですが、これは気象・地形的な条件によるものでしょう。チェルノブイリの放射線分布とはかなり違う。

 原発近くの人は明らかに危険ですから、そういう地域の人は避難すべきですが、私のいる町は何の問題もないと思う。そういう実情はよく調べて、考えてもらわないといけないと思います」

 吉原氏自身、かつて実験の際に被曝を経験している。その時、通常6000だった白血球が、一時4000まで下がったが、実験を休んで牛乳を飲むなどしていたら自然に回復したという。もちろんこれは外部被曝だから、いま福島で懸念されている内部被曝とは事情が違うが、放射線被曝による健康被害にはまだまだ未解明の部分が多いのも事実だ。

 こんなに長期間にわたって放射性物質が外に出続けるのは、人類史上、例がないことを忘れてはいけない」

 福島原発事故直後の3月17日、政府は突如、野菜類に許容される放射性セシウムの基準値を緩和した。

 それまでは輸入野菜についてすべての放射性物質をあわせて370ベクレル以上(1kgあたり)を暫定限度としてきたものを、放射性セシウムだけで500ベクレルまで許容するという。この決定を、厚生労働省の通達1本で行ったのである。

 多くの研究者が指摘するように、もっとも重要なのは被害状況の正確な把握と、除染。ところが政府がやったことは、現状を追認し、基準のほうを変更することだった。

 チェルノブイリの例を見るまでもなく、放射線被害はいつも想像を超え、広がっていく。泥縄式の対応に終始する政府の対応の可否が明らかになるのは、数十年後になる可能性が高い。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/300.html
NHKが特番オンデマンドを削除 チェルノブイリの10年後の深刻な被害を伝える特番
http://daysinternationaljp.seesaa.net/article/198662707.html


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/339.html
福島原発事故 : 新聞記者、専門家など情報発信者 に 自制を促す   [ 武田邦彦 (中部大学)]
http://takedanet.com/2011/05/post_4df6.html


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/335.html
学校放射線基準は「安全でない」 ノーベル賞受賞の米医師団




http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/587.html
賠償金を集めるため電気料金値上げで国民大激怒 / 東京電力を介して国民が賠償金を支払う仕組み?


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/581.html
「電気料金値上げで充当」とは何事か(日々雑感)
http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/2269242/


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/466.html
東電、役員報酬5割減でも平均2000万円超 「無給が筋」続々
東電で無給が筋ならば原子力安全委員会という公的機関をきちんと動かせなかった明治政権官僚機構もまた
其れに相当する高給減額が絶対だな。年収500万以上 年金200万以上は 一切の例外なしにくカットだな。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/301.html
東北電力株主 原発廃止提案へ


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/316.html
この期に及んでまだ原発を推進し運転をし続けている人々へ



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/468.html
異常思考者・高木義明 (或る浪人の手記)  超・ねじれ思考 児童の被ばくは多い方が良い??
http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-2400.html


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/423.html
小出裕章、4/29講演直前入場し切れなかった聴衆に語りかける 「なんでここまで来て、原子力発電所をすべて止められないのか」
40年原子力に携わってきて止めることができなかったと謝る小出先生 ← 俺たちがいけなかったんだ!頑張ろう!のエール



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/427.html
小出裕章氏のインタビュー/原子力の夢と現実/原発問題は差別問題/大きな力につぶされない(gyaku)
http://replay.web.archive.org/20071024215719/http://gyaku.jp/index.php?cmd=contentview&pid=000272


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/397.html
京大小出「原子力安全委員会は審査せずに結論、いつもそう」


http://www.asyura2.com/07/genpatu4/msg/391.html
小出裕章氏のインタビュー【原発問題は差別問題】(gyakuブログ)
http://gyaku.jp/index.php?cmd=contentview&pid=000272


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/377.html
「放射能汚染の現実を超えて」小出裕章著(1992) 北斗出版、私が原子力に反対するわけ


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/438.html
京大小出「ベント公衆被曝、一ヶ月後の天気予報?汚染水1トン2億円で国家破産(笑)」小西正克さん海外情報も、たねまきジャーナル
 まず原発関係のニュース、千葉さんの案内で、速報、3月12日の蒸気排出ベントの難航で公衆被爆の予測が政府内で行われていた、そんなことが今日わかったのです。今までなぜ知らせなかったかと水野さんもお怒りです。人に重大な健康危害、死亡の危険(急性被爆、数シーベルト)もあったと、政府が認めたのです。この時外部の被爆も想定されていました。ベントの遅れという指摘もあり、事故調査委員会の検討対象になるのです。

 福島第1の今の様子、フィルターで汚染物を除去してやるのですが、1120ミリシーベルト/時間、換気しても50ミリ(限度は20ミリ)になります。タービン建屋に空気浄化システムを設置します。あさってに作業員を建屋に入れますが、2,3号機に作業員の入れる可能性はありません。3号機は水素爆発で瓦礫に放射能があるのです。

 半径20km県内の一時帰宅に、予行演習が行われています。防護服+線量計で入ります。一時帰宅は2時間の予定で、それで川内村に戻りました。最高でも20マイクロシーベルトでした。今回出た問題点を元に一時帰宅を行います。

 そして小出先生のお話、速報のベントの問題、緊急措置が難航し、格納容器が破損し、著しい公衆被爆がある可能性について、「当たり前」ということで、ベントが難航したら格納容器が破損する、ベントは必要ないと、原発ができたときにはなかったのです(1号機は71年稼動)。悲惨な事故は起こらないと、ベントを取り付けない設計でしたが、ベントが取り付けられたのは2000年(スリーマイルをはるかに超えて)です。

破局的な事故の可能性を小出先生は予測していたのに、日本政府はベントを後から取り付けた、それを動かさないといけない事態で、ステーションブラックアウト(全署停電)したら格納容器は壊れると、小出先生はもちろん、推進側の一部も覚悟していたのに、認めなかったのです。著しい公衆被爆、もしそうなっていたら、急性死者を含めた傷害の可能性あり、建屋が吹き飛んでも、格納容器は何とか持ち、急性の死者は何とか出なかったのです。

 本来は、公衆を逃がさないといけない(作業員だけでなく、周りの住民)のに、情報を示すとパニックになるので、情報を公開しなかったのです。ベントができて格納容器が持ったので良かったものの、ショッキングなのです。

 細野補佐官が、今まで明らかにしていなかった、放射性物質の飛散を計算するSPEEDYのシミュレーションの結果、5000枚!をこれから公開するのですが、パソコンで見てもそんなにない(3/11の夜からの値のみ)のですが、SPEEDYは時々刻々の風量、雨のデータであり、1時間遅れで出る、だから1000くらいのデータしかない、SPEEDYの計算結果、入力パラメータ、付随するデータを入れて5000枚であり、これからどうなるかを観ないといけないので、過去のデータは意味がないのです。

 細野氏のデータを小出先生見ていないのですが、予測なので、今から出すとはふざけないでくれ、天気予報を後日見るのと同じ、細野氏はパニックを恐れたと言っていますが、パニックを防ぐのはすべての情報を出すべきなのに、日本はそうなっていないのです。

 去年も、外部電源のトラブルがあったと東電は認めましたが、政府が隠しているものを出して、言い訳作りにしているようなので、ひとたび事故になればこんなことがあったと、繰り返してきた、その延長なのです。

フランスのアレバの情報で、汚染水1トンに2億円、放射能除去の技術は水の技術で、フランスでなければできないことはない、原発の中に水処理施設あり、福島にもあるのですが、膨大なので間に合わない、アレバが処理施設を作るというものの、日本の技術でもできるが、汚染水が多すぎて間に合わない、タンカーに積んで、柏崎で処理したらいいと言っているのに、動いていないのです。1トン2億円はばかげている、7万トンなら日本倒産です(計算したら14兆円!)。

 今回、ベントをやったら公衆被爆するという話、私も唖然としました。貴重なお話でした、明日もお知らせいたします。

アメリカにも同じGEの原発があるが、そのことを日本のメディアが言わない、アメリカでは設計者の話も出ている、内部通達もあり、議論がオープン、小佐古補佐官の辞任も、専門家の放射能の意見を合意できない面をアメリカは論じている(辞任の背景もアメリカでは報じている、便宜性と、子供の被爆のバランスを取るものの、怖い数字を出すとパニックになるという視点で、賛否両論アメリカは出すものの、日本はオープンにしない)のです。情報公開、日本の隠しているもの(メディアも騒いでSPEEDYもやっと出した、アメリカ、ドイツではあり得ない)を出す、海外の方が情報が出るとのことです。





04. 2011年5月03日 22:54:35: JEQKWPB1Vs
シリーズ 証言記録 市民たちの戦争 禁じられた避難 〜青森市〜
語り(語り手) : 中條誠子

昭和20年(1945)7月
すでに大都市は焼け野原、地方都市への空襲が増していた時期で、
市民の多くが郊外に避難していました。

青森市も同様でした。

しかし、県は空襲時の防火活動に差し支えると考え、
避難した者が7月28日までに戻らない場合、食糧配給を止めると発表、
多くの人々が市内に戻りますが…。

その昭和20年(1945)7月28日、青森市はアメリカ軍の大規模な空襲を受けました。
生き延びた人々の証言から、市街地の9割が焼け野原になった空襲の実態に迫ります。




05. 2011年5月03日 23:53:24: zxm5JJGE76
もうこの国にはテレビ見て安定してきた、小康状態に入った
と思ってるバカ以外は腹をくくってるよ。
覚悟はできている。
腹をくくらずに、逃げ回っているのは役人や政治家や東電の上層部、御用学者だけだ。
人間、腹をくくって、覚悟ができれば、真剣勝負ができる。
その真剣勝負ができるかどうかは、その人間性にかかっている。
この国には、ろくな人間が指導者にいなかった ということだろう。

この国家の一大事に腹をくくっていない中途半端な連中が すべての問題の根源だ。


 まず原発事故のニュース、賠償金をめぐり、電気料金を値上げできる制度を政府が決めています。賠償額が数兆円であり、全国の電力各社も上乗せできる制度を検討中です。枝野氏は東電の責任に上限はないと言うものの、この始末で、リストラと毎年の利益から捻出するというものの、税金から出る可能性もあるのです。将来、東電がどう存続するかもあるのに、料金を上げるのかと、水野さんお怒りです。

 福島第1の作業、進んでいるのは1号機、作業員が入れるように、中の放射能を減らす換気装置を設置中で、原子炉への注水、格納容器の水棺、この水をどう冷やすかで作業が進んでおり、汚染水を熱交換で冷やす予定なのです(水を空冷)、水を循環させて、原子炉を100℃以下に冷やしたいものの、うまくいくかは不明です。

 菅総理、工程表どおりに行けば、避難民は年明けにも帰れるとの見解を示しています。原子炉の安定化を、6〜9ヶ月としているのですが、工程表どおりに行くかは不明です。


 それで小出先生のお話で、多くのリスナーから質問が来ており、福島第1の3号機の爆発、動画サイトで話題を呼んでおり、3/14に爆発、水素爆発と言われているが、核爆発ではないかと海外から指摘されています(アメリカの原子力の専門家)、1号機の水素爆発ではなく、黒い煙があるのですが、これについて、核爆発(核暴走)が使用済み燃料プールで起こるとは思っていなかった、爆発したが、水素爆発と思っているし、水素爆発は核爆発だが、核暴走のことはたぶんないと思われるのです。

 が、いろいろなデータを見て、包括的核実験禁止条約の国際的な監視機関の測定器(日本は高崎)が微量の放射能を監視しているのですが、ここのデータより、3/15〜16にかけて、空気中の放射能が、ヨウ素135が大量にあった、これは半減期6.7時間の比較的短いもので、3日で1/1000になるのですが、原子炉が3/11に停止したならば、ヨウ素135はこの時にないのに、4日たって(何千分の一になっているのに)、高崎で出ていると膨大な量があり、この測定値が正しければ、3/15〜16に出ている、つまり、3号機の爆発でできたと考慮しないといけない、水素爆発だけならヨウ素135はこんなに出ない、再びウランの核分裂が進んだと仮想されます。

水素爆発を引き金に、核分裂が使用済み燃料から出た可能性があるのです。が、放射能測定で東電も間違えたデータを何度も出しており、データの間違いの可能性もあるものの、データが正したければ、核暴走の可能性あり、しかし、それとレベル7の関連なし(環境に出た放射能は大量で、それが融けた原子炉から出たか、核暴走かは不明)、出た放射能の量は動かないのです。

 が、もし最初から核暴走と言われていたら、レベル7のショックは少なかったと近藤さん語りました。核暴走が日本の原子炉で、それも使用済み燃料プールで起きるとは思われなかったが、ものすごい意外なことのおきた可能性もあるのです。が、核暴走は瞬間であり、もう終わっている、しかし核分裂でできる放射性物質は同じで、短い時間に放射性物質は、閉じ込めておけたらなくなるのに、むき出しの使用済み燃料から大量の放射性物質が出た可能性もあります。


核暴走でも、それは一瞬なので、今後やることに変わりはないのです。これにより、我々があわてる、不安がることはないのです。ただ、情報が正確か分からないので、その点に留意はいります。

この後ラジオに出る、大阪大学の住田健二名誉教授、小出先生とまったく違う、推進側ではあるものの、率直で、自分で責任を取る人であり、1999年のJCO事故では現場で指揮を取り事故収束に働いた(やったことに小出先生として文句はあるが)、今の原子力安全委員会に比べたら大変にマシとのコメントがありました。


懸念の3号機の核暴走(核爆発)について、詳細に聞けてよかったです。またお知らせいたします。



11. 2011年5月04日 22:06:26: drccpBc7sI
ジャック・どんどんさん、続いて、推進派であった住田健二さんのお話も来ました、コメント欄にいれます。
 毎日放送のたね蒔きジャーナル、かつて原発推進側であった、大阪大学名誉教授の住田健二さんのお話がありました。住田さん、かつては原発推進側の重鎮であり、しかし今では朝日放送のおはようコールでも出演がありました。


 住田さん今80歳であり、原子力安全委員会の委員長代理、日本原子力学会の会長であり、原子力の重鎮なのですが、たね蒔きジャーナルで、小出先生、住田さんのことを率直な方と言われていたのですが、今回の福島事故を語るに、先週国会の衆院決算委で、原子力村の一員として言われたというのですが、自分は村の一員でも村の外れである、原子力村のリーダーではないと言うことです。電力会社、産業界、国が他の考えのひとを排除してきたのでは、という指摘に、原子力村の一員だが、村長ではない、交番の巡査みたいなものだったというコメントでした。


 原子力に首を入れたのは20歳くらい、そのころ日本では原子力は平和利用でもタブーであったが、最初はまともな技術者もいた、原子力の平和利用でも、研究はだめという考えもあり、推進派が少数の時代もあったのです。


 元巨人ファンというリスナーからの質問で(住田さん阪神ファン)、日本に原発はいると思っていたのになぜこんなにでたらめなのかという見解に、自分も残念である、福島(F1)は日本の原子力のごく初期からやっていたF1であり、F1は管理はきっちりしており、想定ができていたと(10年前は)思っていたのに、津波・地震でやられしまった、非常電源、去年問題になったのに、対策が取れていない、技術者のしっかりしていた東電では考えられない、東電が非常電源なし(10時間猶予があったのに)とは何をしていたのか、という見解でした。


 津波の想定、非常対策を取って何かできたのに何も出来なかったのは、昔の東電だと、考えられない、適切な措置をとっていたという見解でした。


 保安院、委員会はダブルチェックであるのに、村はずれとは、保安院そのものの働きが今の東電を作ったのではとの近藤さんの指摘に、その通り、原子力村の村長は総理。一番古いことでは、安全審査を科学技術庁がやっていたのに、経産省がやるようになり、体質が変わったということなのです。


 近藤さん、政治災害と指摘し、福島で2007年に事故も起こっている、二重三重に甘い体制ではなかったかと質問し、そこまでひどいとは思わなかった、村はずれのものから言うと、言いたい、聞きたいことがいっぱいある、現場の技術者の、技術への使命感があるのに、それが発揮されなかったことに情けないとのコメントがありました。


 それ以前に絶対安全との世論を形成してきたが、自分はそんなことを言っていない、「安全神話」をムード的に作ってきたのに、心ある技術者は言っていなかった、無制限に安全とは誰も言っていないということで、それは科学的な安全ではない、マスコミにも責任がある、○○なら安全といっていたのに、その○○を取った、あるいは威勢のいい「絶対安全」との声にかき消されたとの指摘がありました。


 住田さん、事故へのメッセージを16人で謝罪し、その通り、原子力を支えてきたのに、その支え方が足りなかったとのことで、誰に迷惑をかけたかということなのです。


 「原発は安全」とのことに、「怖いものは正しく怖がる」ということをJCO事故に書いたのに、自分は推進派であるが、非常に正確にやらないといけない、地震国で存在できるかについては、存在させないといけないと言うことで、新幹線、飛行機を走らせている国であり、出来る。しかし、出来ないことをやってはいけないが、原子力を安全に使えると考えている、足りなかったことがあると言い、足りなかったことを足せるかとの水野さんの指摘に、原子力は失敗したらたくさんに迷惑がかかる、エネルギーのために原子力が要るとの見解でした。


 この結論を聞いて、小出先生との違い(小出先生は、本質的に原子力は危険と言われている)を見ました。これを、お知らせいたしました。


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/410.html
原発を止めさせる為に原子力を研究した凄い人物小出氏 (ryuubufanのジオログ)
http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ryuubufan/view/20110503



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/379.html
5月2日 小佐古氏は喧嘩相手 小出裕章〔小出裕章(京大助教)非公式まとめ〕
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/02/tanemaki-may2/
・(東大の小佐古教授が内閣官房参与を辞任し、会見をしたが、小出先生は知っている人か?)私の喧嘩相手。浜岡原発についての静岡県のアドバイザーとして、浜岡原発は絶対安全だと言ってきた人。

・(今回小佐古氏が言っていることは?)今回彼が言っていることは大変まともであり評価したいが、いつから何故このように変わったのかは疑問。以前ならこのようなことを言う人ではなかったから、意外。でも今回の発言は正しいと思う。彼を支持したい。

・(原子力安全委員会は学校の件で助言をするにあたって議事録も作らず2時間で持ち回りで済ませたそうが、そういう体質なのか?)昔からそうだった。これまで私がたたかってきた裁判等で明らかになったのは、彼らが自主的な審査をせずに結論を出しているということ。これが初めてではない。

・(水棺に向けて注水量を増やしたがうまくいっていないようだが?)予想通り。本当に水棺ができるのならいいが、それを行うことで格納容器の破損の可能性が増えるし、もともと漏洩しているからそもそも無理ということもあるし、空気層が減ることで水素爆発の可能性も高まる。

・(格納容器を満たすだけの量の水を注いでいるのになぜ水位が上がらないのか理由が分からないと東電は言っているが?)それは簡単で、漏れているということしかありえない。何日か経ったら認めると思う。

・(3月12日に緊急措置としてベントが行われたが、そのときに作業員には知らされていなかったという報道があったが?)意外だ。ベントということはこれまで一度もなかった。途方もない放射能を大気に出す作業であり、必ず知らせるべきで、作業前に周知徹底すべきもの。知らせないまま行ったというのはすごく意外で、それほど混乱していたということだろう。

・(4号機の上空からの写真が出ていて、上から見る限り損傷はしていないと言われているが?)確かにラックは残っているようだが、写真は一部であり、そこだけOKだから全部OKということにはならない。一箇所でも漏れていればそれでダメという話だから、全体が分かる情報を出さないといけない。ただし、写真で見る限りでは燃料や制御棒が入っているラックが水の中にあるように見えたため、少しホッとした。他の場所も見たいが他の場所を撮影するのは難しいのかもしれない。

・(連休中も事態は進んでいるため発表はどんどんしてほしいが、2日に1回にするという話もあるが毎日発表すべき?)そう思う。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/390.html
福島原発、ひとつは核爆発だった。チェルノブイリのように閉じ込めるのは不可能

CB: いや、実際さして違いはありません。問題は膨大な数の燃料棒、放射性の燃料棒が空中に吹き飛ばされて気化したたことで、非常に多くの放射線の動きが周辺に起こされたことです。それに溶融があったことと今も核分裂が起きているらしいこと、それは容器にひびが入っているせいかもしれない。とにかく原子炉の中で核分裂が起きているということで、10の14乗、1のあとにゼロが14個ですが、それほどのベクレルの放射能が毎日放出されていると。これは本当に深刻な事態です。言及しておきたいのは、チェルノブイリの原発も核爆発だったという証拠があります。2週間ほど前にベルリンでその詳細を聞きましたが、そのときの同位元素の測定値から、チェルノブイリも水素爆発ではなく核爆発だったことがわかっています。


RT: 多くの解説者はチェルノブイリと福島は比較にならないと言っていますが、あなたは福島はもっとひどいことになる可能性があるとおっしゃいました。今尚、その見解をお持ちでしょうか、もっとひどくなると?

CB: えぇ、私はもっとひどくなる可能性はあると思います。

その理由は(福島がチェルノブイリと比べて)事態の収拾がついていないということ。
ソビエトはチェルノブイリで起きていたことを封じ込めるために、
もっと迅速に行動したということは言っておかなければなりません。

日本は人々を避難させる面でものんびりしていて、
いまだに禁止すべき区域から人々を十分に脱出させていない。
私に言わせれば、最低でも60から70キロにはしないと。
70キロ離れた地点でも相当量の放射能が検出されているという報告もありますし、
その数値はチェルノブイリの避難区域より高いものだったと。
東京か、東京南部での放射能レベルも上がっているという。
ですからその違いは、
日本ではチェルノブイリよりもっともっと多くの人口が危険にさらされているということです。

チェルノブイリの放射能は幸いなことに北に向かって、
南のキエフには(それほど)行かなかった。
だから被曝した人口もそれほど多くはない。

言っておきますが、私たちが計算したチェルノブイリからの癌による死亡者数は100万人という単位ですよ。

140万人というのが、先のベルリンでの会議でECRRのリスクモデルを使って計算した結果です。
福島原発の事故でも、ほぼ同じような数が予測されています。
(ここでRTのキャスターが話し出したのでよく聞こえないが、
「避難しなければいけない人たちが、そうした運命をたどる」というようなことを言っているのか?)

9ヶ月で原発に覆いをかけ、原子炉を冷却し、放射能漏れを止めることができると日本の関係機関が自信を持って言っていますが、彼等同様に(その予測に)自信がおありですか?

CB: そうは思えません、そうはならないと思います。原子炉に覆いをかけるというが、まだ核分裂している。となると核分裂した物質が地面に向かい、海へと流され、外へ出て行きます。コンクリートをかぶせて、核分裂している原子炉を閉じ込めることはできません。それは不可能です。



600年.
http://www.geocities.jp/elena_ride/ghost2/chapter2.htm

1986年4月25日(金)の夕方、チェルノブイリ4号炉の原子炉スタッフは翌日の実験準備をしていた。
電源供給が断たれた場合、どのくらいタービンが回って発電を続けるかの実験だ。
これは危険な実験だったが、以前にもなされたことはあった。
準備の一環として、重要な制御システムが落とされた
--その中には安全確保のための自動停止装置が含まれていた。
 
それからまもなくの4月26日、午前1時。冷却水がこぼれ、出力が増大し始めた。

午前1時23分、オペレータは原子炉を低出力モードで停止させようとした。
だが、電力急増を起こした一連のエラーのドミノ効果が、ものすごい蒸気爆発を引き起こした。
1000トンもあった核コンテナの蓋は木っ端微塵に吹き飛んだ。

211あった制御棒のいくつかは溶け、
2番目の爆発(これも専門家たちで意見が分かれたことが原因だ)が
放射性燃料のカケラを大気中に吹き飛ばした

--そして数トンの黒鉛を燃やし始めた。
福島原発も同じだねぇ 爆発燃焼の仕方と その規模の差でしかない。

黒鉛はいったん燃え始めたら、まず消すことはできない。
消火には9日間かかり、5000トンもの砂、ホウ素、白雲石、粘土、鉛がヘリコプターからつぎ込まれた。
放射線はあまりに強く、多くの勇敢なパイロットが命を落とした。

黒鉛の炎は相当量の放射性物質を大気に吐き出し、それははるか遠く、数千マイル離れた場所でも見つかった。

ソビエト流のやりかたとして、そのとき働いていた人を、罪状に関わらず収監した。そのうちの25名は亡くなった。

チェルノブイリ地域の放射能は、数万年残るというが、
人間は再び この地域に600年後くらいには住み始めるだろう
(3世紀くらいのずれはあるかもしれない)。

専門家は、他の地域の水や大気に薄められて、最大の危険はそれまでには消えているだろう と指摘している。
もし私たちの政府が何とかして資金を得て、十分な科学的調査をできる政治力を持てるなら、
より早く汚染を除去することができるだろう。
そうでなければ、私たちの子孫たちは耐えられる放射能レベルに下がるまで、待たなければならない。
科学者の言う最短の見積もりは今から300年後‥科学者の中には、900年後だという人もいる。

私は300年だと思う。「楽観主義だね」とよく非難される。

ウクライナ語では、チェルノブイリを分解すると、
チェルノは黒、ブイリは痛みを意味する。
私が誰かにチェルニン(訳者注:ゾーンの中の廃村)に行くんだ
というと、どんなによくても こう言われる「あなた、ばかじゃない?」

1986年、私は学生だった。
父は核物理学者で、私にいろいろなことを教えてくれた。

父は事故の数時間のうちに私たち家族を汽車に乗せ、祖母の家に避難させた。

政府(共産党)は、この事件について沈黙させようとしていた。
キエフでは、政府は市民たちを強制的にメーデーのパレードに参加させた。
一般の人は、そのときに初めて事故についての外国のラジオニュースを聞き、親戚が死んだと聞いた。

実際にパニックが起きたのは、事故から7日から10日後だった。
まだ国家機密だった最初の10日間に、
ものすごく高いレベルの放射線にさらされた人たちは、亡くなったり、ひどく健康を害したりした。
情報統制は同じレベルだが(いや日本の方が酷いか)
事態を一気に終息へ向かわせたソビエト政府とゴルバチョフ。
未だに解決の糸口すら欠片も掴めない菅政権。



http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/chertour/Osma.html
閉ざされた大地:チェルノブイリ原発事故から15年目
1986年4月に爆発した旧ソ連(現ウクライナ共和国)・チェルノブイリ原発4号機から放射能が漏れないように、
鋼鉄やコンクリートなどで同原発が覆われた姿を、そう呼ぶ。

今年2000年3月27日、約300メートル離れた位置で、石棺を見た。
側面は青黒く、重戦車をイメージさせる。

カメラを構えた時「早く切り上げよう」と今中哲二・京都大原子炉実験所助手(原子力工学)は血相を変えて促した。
放射線測定器(瞬間値)は、1時間当たり25マイクロシーベルトを指していた。
「ピッ、ピッ」と放射線カウンターもけたたましく鳴り響いた。
40時間以上その場にいれば、一般の人の年間被ばく限度を超えてしまう高線量の領域だ。
今中さんは「私も実験所では、
1時間当たり10マイクロシーベルトを超える放射線量だったら、なるべく業務を早く引き揚げる」とつけ加えた。


ゾーン内に「世界を救った人たち」と記された石像があった。

バルブを閉める人、
放射線を測定する人、
放射線障害で苦痛のあまり頭を抱える人、
それをかばう人、
マスクやエアボンベを身につけて突入する人……。

中央にはチェルノブイリ原発を模した彫刻がある。
消火や放射能流出防止のため、事故直後に突入した消防士たちの像だ。

彼ら6人は高線量の放射線が飛び交う中で決死の作業をして命を落とし、英雄になった。

事故処理に当たった人は「リグビタートル」(ロシア語で後片付けをする人)と呼ばれ、
ウクライナ、ベラルーシ、ロシア3国で約60万人とされる。

軍人も含まれるが、大半は旧ソ連の各国・各地区から派遣された消防士たちだ。
各地区の教会の近くには決まって彼らの墓がある。

しかし、多くの死因が事故処理作業とはされず、長く伏せられてきた。
最近のウクライナ、ロシア両政府の公式発表だとその死者は1万3000人という。
だが、消防士たちの悲劇は今も続いている。原因は大地の汚染だ。

60万人を投入して1,3000人の死者。 後遺障害を含んでの数字ということなのだろうか?
1986年4月26日、チェルノブイリ原発4号機が爆発すると、
大型ヘリは放射能の放出をくいとめるため、
核反応抑制用のホウ素や砂など5000トンを原子炉に向けて投下。
装甲車が作業員を乗せて構内に突入した。


ゴルバチョフ元大統領は「小さな核戦争」と表現した。

ウクライナ政府緊急事態・チェルノブイリ省のタバチニー局長は
汚染地域では年間数回程度の山火事が起こる。
 消防士たちが出動すると、
 大地や植物に付着していたセシウム137などの放射性物質が巻き上げられ、
 消防士たちが吸い込んでしまう。
 このため、内部(体内)被ばくしてしまう
」というのだ。

同省は、防火フェンスや空中からの消火活動によって延焼を防止し、
被ばくが少なくなるように努力している。
しかし、多大な経費がかかるという。1999年には約400ヘクタールが燃えた。

「消防士1人の1回の火災での被ばく量は10ミリシーベルト
 (日本の一般人における年間被ばく制限値の10倍)と見積もられ、
 健康が懸念されるレベルだ」
とタバチニー局長は渋い表情で語った。


福島原発 万kW 
1号機,  2号機,  3号機,  4号機,
46.0,  78.4,  78.4,   78.4, 281.2

行方不明 福島原発3号機のプルサーマル分と使用済み核燃料プールの分


チェルノブイリ
4号炉 出力100万kW

行方不明 1000トンもあった核コンテナ

初動の遅れ によって被害が未曽有の拡大をしている。
日本の最後の日 は目前かもしれないんだけどね。

(出典)毎日新聞2000.4.21

【モスクワ20日=田中洋之】
インタファクス通信によると、ロシア保健省当局者は20日、
1986年に史上最悪の放射能漏れを起こしたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所の
事故処理に参加した作業員のうち、ロシア国内だけでこれまでに3万人以上が死亡したと明らかにした。

同当局者によると、事故処理作業員はその後、精神的障害に悩まされるケースが多く、
死亡者の38%が自殺だった。

ロシアにはさらに17万4000人の旧作業員がおり、うち5万人が障害を持っているという。
健康上の問題から仕事に復帰できない人も多い。



ぴーちゃんねる 【原発問題】被ばく防ぐフォークリフト開発、がれき処理へ福島原発に納入・三菱重工 [4/27]
http://pchannel.net/wthre/2824431.html
732 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:35:20.06 ID:vtPJZW7V0
>操縦室は厚さ10センチの鋼板と、23センチの鉛ガラスで密閉し放射線を遮蔽。
>放射線に汚染された物質を除去するフィルターも装備し、浄化された空気だけを操縦室内に送ることが出来る。
>また、空気浄化装置で操縦室内を与圧して、外気の侵入を防ぐ。エアコンも装備した
これは他のマシンにも応用効くな。
プールの中の燃料棒を抜き取るクレーンの運転席とかにも。


735 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:36:48.09 ID:xWItVLua0
抜き取れる燃料がどれくらい残っているか・・・
移動させようにも既に持ち挙げるだけで細かい破片が飛び散る予感


744 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:42:12.50 ID:vtPJZW7V0
>>735
その場合は先に形をとどめているものを抜き取ったあとで
底に溜まった破片をクレーンの先に海砂をかきとる時に使う
ジョレンみたいなのをつけてすくい取ればいいっしょ。



742 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:40:43.90 ID:JXYOCsmf0
すげぇすげぇって書いてる奴がいるが、
今まで無かった事がおかし〜つ〜か、
出来るのにやらないとか東電最低だわ!
ロボットすら用意されて無かったって何人作業員死んでるんだよ。


83 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 19:31:56.85 ID:uh4HREFr0
一ヶ月で設計から製造までしたみたいだけど、早いんだか遅いんだかわからん。
普通はこういった物を作るのにどのくらいの期間が必要なんだ?


134 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 19:43:32.46 ID:7LuxEU7A0
>>83
三菱重工は2002年だかに原発用ロボットを製作して"原発は100%安全なのに
万が一に備えた機器は要らない。安全神話を脅かす"として破棄させられた経緯がある
設計は既に終わっていたが、同じことが繰り返されないために封印していたんだろ


288 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 20:13:02.61 ID:c4zXa0pL0
ガレキや不整地、特に事故災害現場では、足回りは無限軌道が望ましいよな。
キャビンは居住性や長時間作業、放射線にも対応できる様一回り大き目になる。
後部から2本のアームクレーンも付ける。頭頂部には広角モニター。
外観はまさにガンタンクっぽいの。どこか作ってくれ。


747 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:45:05.20 ID:6Vth2SK6P
ガンダムまであと一歩じゃんw
がんばれよ。


575 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 21:22:36.01 ID:tXx8YpFz0
ところでこの勢いで本当のガンタンクとかを作ってくれないだろうか…


748 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:45:11.99 ID:ObZ4mqLB0
お次は溶接ロボね
FA用を魔改造するだよ
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/robot/index.html


751 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:46:30.84 ID:vtPJZW7V0
それにしても日本の政治家に比べて
日本の民間企業の恐るべき対応の速さよ。

707 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:18:06.40 ID:vtPJZW7V0
外の瓦礫だけじゃなくて、小型化して建屋の中の瓦礫撤去もできないもんかね。
機械操作で溶接とかもできれば申し分ないんだが。


713 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:22:24.91 ID:0zNZlbIX0
>>707
基本解体作業だから溶接はいらないんじゃね?
排水処理施設建設まで使うなら溶接必要になるかもしれんが。
壊し屋としてはハンマー触れた方が良いかもね。


719 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:26:19.14 ID:vtPJZW7V0
>>713
てゆうか、将来的には
建屋の外に造る濾過装置から伸ばした配管を格納容器に接続する作業なんかが必要になるでしょ。
その際にもこの手の防御機能付の機械が使えると
作業の危険性が大幅に低下すると思うんだが。


726 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:32:08.13 ID:zJKfFkRoO
>>719
完全溶接を現場でやると仮定した場合、
手回りを溶接用装備で軽装にした人間じゃないと無理です
つまり、絶対に被曝します
一応福島原発行きの求人探したんだけど、見付からなかったんだよな


743 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:41:00.92 ID:cZdBElcX0
>>726
普通は必要ないからやらないだけで、
必要に迫られたらそういう機械も作っちゃうのでは?
遠隔手術の応用で。


764 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:52:25.61 ID:zJKfFkRoO
>>743
溶接って種類があって、ロボットが出来る限界は基本的に下向きなの
仮に全姿勢が出来たとしても、条件が非常に厳しくて、人間の汎用性には敵わないんだわ
すぐにエラー起こすよ
他に、縦向き、横向き、上向き、パイプってあって、
一番全姿勢が簡単なTIGでも、かち上げって、かなりキツイんだわ
マニピュレーター作動だと、
ウィービングと職人の動作を完コピ出来る、完全トレースが必要になるね
なんかゴーグルして、マニピュレートグローブ嵌めて、空中でうねうねやる感じになりそうw


766 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:53:27.07 ID:p9AbbFVd0
>>764
配管の修理ぐらいだったらなんとかなるかね?


769 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:55:02.63 ID:zJKfFkRoO
>>766
ノー、配管が一番難しい


776 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 22:59:04.76 ID:p9AbbFVd0
>>769
やっぱそうなのか
平面上をクネクネするだけなら 結構にロボットでもいけるんだけど
配管を外から溶接みたいに 立体的に動くとなると
しかも溶接ってホラ それ自体が そもそもに立体的だしw
職人がやらないとミスだらけになりやすいよね。
下手な溶接で また爆発させたいのw という話になる。

838 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:44:13.90 ID:q/yJ3K9G0
この間ユンボウでとってたところがやばいところだったのかな?
ユンボウも防御車両が必要だな。
作業ロボットも以前の設計から掘り出して意外と早くできたりして。
でも原子炉のメンテで
一番に人が必要で危険な作業は 磨く作業と切る作業 だから その辺のロボットかな?
其れは現場で必要な工程なの? 外で成型して持ち込みじゃ駄目なのかな?
786 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:04:51.22 ID:ubKZu9Mb0
つーか、戦車の前についている排土板は、
操縦席上部のハッチを開けて首出して使うようになっているはず。
NBC環境下では、被ばく防止のためハッチ閉じてのぞき窓からの視界で操縦することになるわけだが、
のぞき窓からでは満足な視界が得られず、作業が困難だったってオチじゃない?
で、NBC対応フォークリフト製造って話じゃないかと思うんだが。。


815 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:22:51.77 ID:LmAdDoag0
>>786
戦車が動き回ると地下の配管だのケーブルが壊れるとか東電が言って待機してたらしい


829 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:34:56.54 ID:ubKZu9Mb0
>>815
東電も心配性ですな。
接地圧でいえば、自衛隊の空港用消防車や、コンクリポンプ車の方がよっぽど高そうだが。
まぁ、戦車でハッチ閉めて作業は厳しいよ。
ハッチ閉めると後ろや横は全く見えなくなるからね。
(通常時は車長が後方、側面の目視確認をし、操縦士に指示している)
確認せずにバックして、配管にぶつけましたとか 起こりそうだし。


842 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:46:59.69 ID:LmAdDoag0
>>829
今回は作業用にカメラを付けても良いのにな


861 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2011/04/27(水) 23:57:30.15 ID:ubKZu9Mb0
>>842
74式投入する前に
カメラ&照明付けるのとサスペンションの油圧抜きロック改造しておけばねぇ。
すぐに使えたとおもわれるのに。
空港用消防車やコンクリポンプ入れているんだから、
接地圧的には無問題だから すぐに使えたはず。

いや でも どうだろw
そもそも1号機〜4号機の周辺を考えると 74式じゃ作業環境が狭すぎるんじゃないかな?w
もうパワー的に落ちても二周り位に小さい方が現場では使い勝手が良いんじゃないかと。







http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/385.html
許すまじ!メルトダウン渡部恒三の鬼畜発言!! 誰がこんな奴を選んだのだ!




http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/480.html
森ゆうこ議員  参議院予算委員会質問  2011年5月1日  午後



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/602.html
罪なき子を発がんに追い込む菅殺人政権に退場を (植草一秀の『知られざる真実』)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7762.html
01. 2011年5月04日 17:34:03: rWmc8odQao
福島みずほ氏
「原子力安全委員会は今、20mSvについて、20mSvでいいとは言っていないということを言っているが、文科省に対して、差し支えないという助言をしたのだから、やはり20mSvでいいといってゴーサインを出したのだ。そうでないというのであれば助言を撤回すべきである。」
https://twitter.com/#!/mizuhofukushima/status/65614059554344961
御用学者(悪者役)が抜けて、根拠の押し付け合いが始まりました。このやっかい廻しの行くつく先はどこなのか…
「ウヤムヤ」という霧の中だと思います。
それではいけません。菅氏に責任を求めます。



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/561.html
守秘義務で口封じをする[菅政権]の卑劣さ(日々雑感)
http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/2268306/


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/510.html
今こそネット界の総力を挙げて悪徳体制を死刑に!! (ryuubufanのジオログ)


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/569.html
菅総理団体に告発状 政治資金規正法違反 (olive!news)
http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=108303


菅首相の告発状提出 外国人献金問題で神奈川県の住民ら(MSN産経) 赤かぶ
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/532.html


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/566.html
なぜ民主党は菅直人を引きずりおろさない? → 政治生命を失うのがそんなにコワイか! (民間人です)
http://blog.goo.ne.jp/chipndale97/e/13aa6dc8060ee89b8ce4aa022365d7f7


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/577.html
”それでも菅政権は長くない”(天木直人) 松代理一郎氏 (植草事件の真相掲示板)
http://foomii.com/00001/201105010743503573 http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/9214



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/557.html
スイスに亡命預金した岸信介と同じ体質の菅直人 「日刊ゲンダイ」 (「日々担々」資料ブログ)
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-2957.html


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/525.html
何のための政権交代だったかを考えると”菅”はいらないし、ぽっぽは引退すべきだ。(kimekime25)
http://blog.goo.ne.jp/kimera25/e/f3a95ba6c91604aeaafc48d20322c252


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/549.html
最近「ドサクサ紛れ法案」が成立しました  皆で協力してぶっ潰しましょう





http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/519.html
11年度第1次補正予算案が参院で可決・成立−−(ロイター)さあ菅内閣退陣への最終ゴングが鳴った


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/512.html
河野一郎・田中角栄ありせば (渡部亮次郎 杜父魚文庫ブログ)
http://blog.kajika.net/?day=20110502
私は若いころの角栄と最晩年の河野一郎氏を担当した記者である。
自民党で当時河野担当だった各社の記者は殆ど鬼籍に入り、河野一郎を語る最後の記者になったわけだ。

私が担当した頃の河野さんは池田勇人内閣の無任所大臣で、
東京オリンピック担当相。折からの東京都の水不足対策も任されていた。

それ以前は建設相として新潟の大地震や雪害を担当したが、
「私が現場に行くからには、いちいち閣議に諮っていては時間が勿体無い、
 全権を委任してれなけりゃ行かない」
と池田首相に掛け合い、災害をあっという間に解決したという逸話があった。

残念ながら菅首相にはこの片鱗も無い。

政治記者から代議士になり、敗戦後は鳩山一郎を総裁に担いで自由党の幹事長になったが、
鳩山が組閣直前にマッカーサーによる公職追放されたため夢は水泡に帰した。

以後はバトンをなかなか返還しない吉田茂に徹底的に逆らい、
蛇蝎の如く嫌われたが遂に奪権を成就。鳩山を晴れて首相の座に就け、
ソビエト(現ロシア)との国交正常化を達成した。

その頃から党内に派閥を構成し、自らを実力者と称した。
やがて首相岸信介と対立、新党結成を策したこともあったが、
岸後継の池田氏と組んで党主流に坐るようになった。

酒を一滴も呑めない河野さんなのに
クレムリンで渡り合ったフルシチョフにウオッカを飲まされる羽目になったことを懐かしく思い出していた。

盛岡から転勤してきたばかりの若造をリンカーンに「箱乗り」させたり、
自宅で照子夫人と3人で夕食を一緒にしてくれたりしたのは、
「あなたの右目は義眼ですか」と質問したからだった。
「ほら、義眼じゃないだろ。こんな質問、君が初めてだ。君はいい記者だ」と褒められたのがきっかけだった。



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/548.html
増税で景気浮上した国家はない  [にっぽん改国 田中康夫] 日刊ゲンダイ 新党日本HP
http://www.nippon-dream.com/?p=3636





http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/516.html
小佐古内閣官房参与辞任について、枝野官房長官は情報操作されているのではないだろうか?(佐藤優の眼光紙背:第103回 2011年05月02日)
http://news.livedoor.com/article/detail/5530568/
02. 2011年5月02日 17:15:56: 6gafLZLVQA
誤解じゃなくて、最初からわかってて嘘ついているんだよ、枝野は。
全然、眼光紙背じゃないね、佐藤は。


03. 2011年5月02日 17:58:36: yutw3ciXGZ
02さんに同感。
佐藤氏は枝野をあまりに善人に評価し過ぎ。
言わば「枝野性善説」。
この程度のこともわからないバカじゃないでしょ、枝野は。根性が悪いだけで。

菅=枝野は「政治主導」という名のもと、官僚を支配しているように見せようとしているが
実態は官僚と一体であるのはこれまでの言動から明らか。
官僚にだまされるのではなく、官僚と一緒になって国民をだましている。

佐藤氏が意外と見る目がないと分かって残念。


07. 2011年5月02日 22:20:48: tCBQtTfEdg
どうもこれを書いている人は、
枝野は昼間ワイドショーを見ているB層の主婦と同程度ですから、
騙されているに違いないと言いたいのですか?
枝野と書いてB層と読め。


05. 2011年5月02日 18:21:24: pRjsNFz8BI
ガン内閣の連中の理想はナチスだ
仲間を粛清し
ゲッペルスを神様のように
あがめているに違いない
佐藤優の経歴などなどを考えた後で こういうコメントを読むと 非常に興味深い。

まず枝野の傍にいるはずの調別の存在を抜きに考えると 間違いなくドツボへ陥る。

ゲッペルスのナチスの頃の遥かに上を行く情報工作を行う連中が居る という観点を抑えなければならない。
マスコミ新聞テレビ大手メディアやネットの日本語圏での激しい情報工作 を見れば
どういう連中が動き回っているか は 逆に一目瞭然である。

そういう者達の中で調別に近しい者達が枝野の傍にいる可能性は極めて高い。
かつて鳩山兄が首相官邸に居た頃 自分の所へ来る情報が遮断されている とか言っていた事があったよね。
鳩山兄なら 其れが如何なる事なのか 感じ取る知性と感性が在る。

けれども あの緊急事態の中での あの枝野だよ?w
枝野を情報で誘導する事などは その道に手馴れた連中ならば赤子の手を捻るより簡単だ。
枝野とて 一瞬はオカシイと思った所で 其処で止まらなければ手遅れとなる。
今や後戻りできない枝野は もはや単なる傀儡に過ぎない。

人形にすぎない“枝野”によって 民族浄化の虐殺屠殺は更に犠牲者を増やすのみ となるんだけど
人形を使っている連中の存在を考えないままに枝野のみを攻撃する では、そら周回遅れだろ という話になる。

佐藤優は 鈴木宗男と二人三脚で戦っていた頃の経験から、
戦う先の者達の「その更に向こう側」というものを感じ取っているはずだ。
ただし いわゆる多少は勇み足な部分も在る佐藤優ではあっても
俺のような かなり極端な勇み足な部分でモノを書ける立場にも無い。

そういう情報の齟齬 情報を読み解く側の甘さ などなどの隙間こそが
敵の情報工作&無自覚な下僕 が潜む場となりやすくなる、
というのは
ニュー即2ch系コピペサイトや個人とされるニュースサイトなどなどで 散々に目にしてきた光景でもあるからね。

上記のコメントの中に
そういう人達の心の動き と そういう人達の心の動きの中で蠢く者達の意図 をこそ俺は読み解くけどね。
ほら 先述の鳩山兄の話も そういう事じゃなくって?

情報戦は苛烈だ。敵とて必死なのだ。こっちが苦しい時は相手も苦しい。俺とて 転ばされっぱなしだ。
だからこそ転んでも泣かない、すぐに立ち上がって また頑張る、それだけだ。



http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/309.html
事態はきわめて深刻だ!チェルノブイリ原発事故の専門家、元小佐古内閣官房参与の糾弾に注目せよ(佐藤優)
http://news.livedoor.com/article/detail/5527556/



http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/774.html
「菅直人はムバラク、カダフィら独裁者の仲間入り」と上杉隆氏 NEWSポストセブン
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110428-18608/1.htm


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/492.html
「こんな手があったのか!」ヒトラー・スターリンも驚く、完全無血の無時限爆弾ホロコースト


http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/336.html
官選感覚の佐藤雄平・福島県知事には県民を守るという気概さえない 小佐古参与辞任で福島県の佐藤雄平知事は不快感「県民が困惑」[読売新聞]





http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/517.html
未曾有の大震災の直前に小沢一郎を排した、この国の不幸 [カレル・ヴァン・ウォルフレン(ジャーナリスト)インタビュー]
http://gendai.net/articles/view/syakai/130234


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/465.html
[まんが] 小沢一郎の日本再造計画 / 原発事故収束編  (まんがイラスト ぼうごなつこのページ)


http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/487.html
民主党国会議員は菅政権の非民主党的政策を容認するのか(日々雑感)
http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/2265773/




http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/05/post_b7c6.html
ネットゲリラ: 四代目ビンラディン暗殺される



http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/591.html
あまりに馬鹿馬鹿しくて、言葉も出てこない「ビンラディンみつかる!」のニュース


http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/776.html
ビンラディン死亡報道にみる、常に強き体制の味方の日本のマスコミ
http://blog.goo.ne.jp/masao19481/e/70ecbae84247a8731894b3119df05ac4

http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/582.html
ビンラディン容疑者の遺体、海で水葬=米紙報道[ロイター]笑い話なのか、アフガニスタンは内陸国家だぞ
「パキスタンで米国部隊に殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の遺体は
 アフガニスタンに運ばれ、その後、海に葬られた」

この程度の情報操作の工作すらを 明確に断じる事が出来なければ 哀れな子羊へと堕ちるのみとなろう。



スロウ忍ブログ: アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと米メディアが一斉報道。アフガニスタンからの米軍撤収の大義名分となるか。

スロウ忍ブログ: 米FOX系列のTVニュース番組で「ウサマ・ビンラディン死亡」を、「オバマ・ビンラディン死亡」と誤報。思考回路が単純化した奴隷国民への刷り込みと戦争への前振り。


http://twitter.com/#!/amneris84/status/64123793647480833
菅内閣というのは、
国民の命と安全を守るための超法規的措置はやらないだけじゃなく、
小佐古氏の辞任表明を読むと、自分たちを守るための超法規的措置はやっている、
ということが分かる
http://twitter.com/#!/tanasatorutan/status/64114994391953409
自由報道協会で会見希望
QT @tanakaryusaku: 小佐古教授の辞任記者会見が国会内で行われたことは国民的損失だ。
記者クラブしか出席できなかったゆえ、小佐古教授の発言の全容が明らかになっていない。
政府、東電に都合の悪いところはカットされていることも考えられる。
実際 NHK科学文化部の全文を読めば 凄い意内容だったもんなぁ。



http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/590.html
大震災の非常事態と政治の異常事態は終わっていない! (平野貞夫の「永田町漂流記」)
http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2011/05/post_31.html

焼き肉 ビンラディン GW の全部が 陽動をさせては
不思議に「何故か福島の惨劇が小康となって安全」という話に持ち込んでは
更なる核攻撃(放射能汚染)の餌食とさせたい という話じゃないかな。
だって コレは戦争なんだから
敵が 俺達の非戦闘員だろうが狙い撃ちとする は当然に考えないといけないからね。




http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/421.html
福島の母 「校庭の土を舐めて下さい」 : 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/199022544.html




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000408-yom-soci
福島南部の葉物野菜、出荷制限を解除 読売新聞 5月4日(水)19時12分配信

 政府は4日、福島第一原発事故の影響で3月下旬から福島県全域で出荷が制限されていたホウレンソウやカキナなど、放射性物質が付着しやすいとされる球状にならない葉物野菜全般について、白河市など県南部9市町村といわき市に限り、出荷制限を解除した。

 キャベツなど球状の葉物野菜については、すでに会津地方で解除されているが、新たに郡山市など県中部12市町村といわき市でも解除された。ほかに、県北部、県中部、いわき市のカブも出荷制限が解除された。いずれも3週連続で放射性物質が暫定規制値を下回った。

 福島県内の野菜の出荷制限は、原発周辺の地域を除いて、今後、段階的に解除されていく見通し。同県以外では、茨城県北部の2市でホウレンソウの出荷制限が続いている。 最終更新:5月4日(水)19時12分
一気に 民族浄化の速度のギアを上げてきたね
内部被曝は避けきれない けど軽減する方法は無くも無い。
そもそも勝ち目のない戦だけど
しっかり防御を取りきらなければ ただただ犬死となるだけで 万に一つも勝てなくなる。






posted by 誠 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。