https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年09月15日

川内原発にSiemens社の制御システムが入ってる可能性は極めて高い? では福島第一原発とstuxnetの関係は?

今回の記事はタイトルからして間違いが在ると指摘されました。
という訳で 記事とタイトル書き換えます。

Siemens社 - stuxnet - 日本の原発、をシステム面で確実に結ぶ線が見つかった以上
経済産業省 保安員 原子力委員会 電力会社 マスコミ新聞テレビ大手メディアが
何故に今の今まで その部分への言及をしてこなかった? という話に突き当たるから、
仮に俺の間違いを指摘してくれる人がいるのならば、
逆に 其れが本質的には何を意味するのか、も更に気付いてくれると思うからです。






福島第一原発事故の真相に迫る! 4 〈stuxnetが世界中の原発をメルトダウンさせる?!〉
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-316.html

誠天調書 2011年07月31日
http://twitter.com/#!/prof_morii/status/97467631543660544
stuxnet関係の話題は奥深く、malwareを研究しているものにとっては興味深いものです。
広く知られてますがyoutube(元はHUNGRY BEAST)で衝撃的に取り上げた動画があります。

‪Stuxnext (HUNGRY BEAST)‬‏ - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=7g0pi4J8auQ


VECサロン | VEC - Virtual Engineering Company
 特集 2011年「制御システムセキュリティ特集:Stuxnetの登場は今までの常識を覆した。」
http://www.vec-member.com/salon/111/salon111.htm
http://www.vec-member.com/salon/111/stuxnet.pdf



本格的制御システムサイバー攻撃Stuxnetの詳細は以下の通りである。

2010年6月17日 : ベラルーシに拠点をおくアンチウィルス会社VirusBlokAda社がマルウェアを発見したと報告された。
2010年7月15日 : セキュリティロガーBrian KrebsがVirus BlikAda社の発見を報告。
2010年7月16日 : Siemens社がサポートサイトに情報を掲載。VeriSignがStuxnetに使われたコード書名用の証明書を無効化。Microsoftから関係する最初のセキュリティアドバイザ(2286198)がWindowsシェルの脆弱性を公開。
2010年9月27日 : 朝日新聞紙面でStuxnetの存在を記事掲載。
2010年9月28日 : イラン鉱工業省の情報技術部門幹部の話によると、イランが海外から大規模なサイバー攻撃を受けており、産業用パソコン約3万台に感染が見つかった。(トレンドマイクロ)
2010年9月29日 : Virus BulletinのカンファレンスでシマンテックがStuxnetに関する詳細レポートを報告。 2010年10月3日:イランの国営テレビ各局は2日、インターネットを通じイランの核計画を妨害しようとした「核スパイ」数人を逮捕したと報じた。(AFP)

2010年9月中旬 既に国内感染が確認されている。

2010年10月3日 : イランの国営テレビ各局は2日、インターネットを通じイランの核計画を妨害しようとした「核スパイ」数人を逮捕したと報じた。(AFP)
2010年11月12日 : Stuxnetの攻撃対象とメカニズムを解明し、レポートされた。(シマンテック)
2010年11月16日 : IAEAによりイラン中部ナタンツのウラン濃縮施設で、約8400台の遠心分離機がすべて停止していることが確認された。(毎日.jp)
2010年11月22日 : イランは22日までに約4600台が再稼動したことをIAEAに報告した。(毎日.jp)
2010年11月23日 : IAEAの天野事務局長は、理事国に配布したイラン核問題に関する報告書で、イランが16日にウラン濃縮活動を一時的に停止したことを明らかにした。(時事通信)
2010年11月29日 : イランのアハマディネジャド大統領はウラン濃縮施設の遠心分離機がコンピュータウィルスに感染していたことを明らかにした。(ロイター)

いろんな分析報告が発表されているが、シマンテックの報告などを読んで見えてきていることは、


<種類>

・亜種を含め4種類のバイナリが存在する
・サイズは、500〜600KBぐらい
・環境に応じて動作を変え、多様な形態をとって標的システムに展開する。


<機能>

・C&Cサーバ(Command and Control server)と通信して最新版にアップデート更新する
・Stuxnet同士でPeer to Peer通信してお互いのバージョンを確認し、
 古い方は新しい方からアップデート更新する機能がある。
・C&Cサーバからの指令をStuxnet同士で伝え合う。最新指令を伝達する機能がある。


<感染力>

・Windowsの複数の脆弱性を利用して感染させる
Windowsシェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される。(MS10-046)
印刷スプーラーサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(MS10-061)
Serverサービスの脆弱性により、リモートコードが実行される(MS08-067)
Windowsカーネルモードドライバの脆弱性により、特権が昇格される(MS10-073)
タスクスケジューラの脆弱性により、特権が昇格される(MS10-092)
・転移方法は、インターネットだけでなく、USBメモリなどの媒体を経由しながら感染度は高い
・感染PCの範囲は拡大している Windows−2000、XP,2003,Vista、Server2007/2008


<ステルス性>

・ファイルの存在を確認しようとファイル名検索しても見えない。
・一旦感染に成功すると検知されないようにして延命をはかる。
 自身を隠蔽するためにrootkitをインストール。
 Mcshield.exeやavguard.exeなどWindowsのセキュリティ関連プロセスを終了させる
・起動した時に一瞬だけ見えるが瞬きしている間に消える
・PLC上のすべてのコードブロックを表示しようと試みても、Stuxnetによって挿入されたコードは表示されない。


<攻撃力>

・攻撃パターンは数百から数千のパターンを持っているらしい。
 C&Cサーバからの指令でターゲットの組み合わせを確認して攻撃する。
・今回ターゲットとなったイランのウラン濃縮施設攻撃は、Siemens社WinCC/PCS7+Profibus
・ターゲットに指定されているWinCCソフトウェアをネットワーク上に発見すると
 開発ツールのPCシステム内にハードコードされたパスワードでログインする。
 WinCCソフトウェアのSQLデータベースにテーブルを生成し、書き込んだバイナリ・データをセッティング。
・監視制御のHMIは、正常動作しているように目隠しして、操作端へ異常制御コマンド.dllを送る
・攻撃は、STLの.dllを差し替えてコントローラへ送る。
・ウラン濃縮施設の遠心分離機は、807Hz〜1210Hzの間で制御するが、
 それをある一定時間経過すると2Hzへダウンさせ、その後に1000Hzあたりへ戻すことを繰り返して モーターへダメージを与える。

などが解ってきた。

これ程の機能を持ったStuxnetを作り出すのは、一人の愉快犯の仕業とは考えられない。
10人で1年間はかかるだろうと思われる仕事量である。
しかも、専門知識を持った技術者で開発をしなければ、ここまでのものはできない。
ここまでやるには、国か企業か支援団体の資金面の支援がなければできないと思われる。


制御システムとネットワーク接続があれば、

・Windowsのネットワーク共有を悪用する方法
・印刷スプーラの脆弱性を悪用する方法
・サーバ・サービスの脆弱性を悪用する方法
で感染していく。

制御システムがネットワークに接続されていなくても、
PCやリムーバブルデバイス経由(USBスティックメモリ、etc)を利用して、
・autorun.infを利用する方法
・.LNKの脆弱性を利用する方法
で感染していく。
俺は 此処まで専門家集団によって作成され かつ
誠天調書: 見なよ。あれがアメリカのやり方だ。人間性のかけらもない。 イラン核施設の街、ナタンズにて
2009年6月、7月、2010年3月、4月、5月
 イランに拠点がある5つの組織を標的にしてStuxnetの攻撃(と後の調査で発覚)
 Stuxnetには3種類の亜種が存在する
 ことも突き止め、
 4種類目の亜種の存在も可能性が指摘されたが確認はできなかったという。

 また、Stuxnetが「315コード」「417コード」と呼ばれるコードを使った
 2段階の破壊戦略を持っていたことも分かっている。
 ただ、417コードの方は機能不全があり正確な挙動や狙いはつかめていないが、
 第2派の攻撃を仕掛ける戦略であったことは明らかだ としている


 2011年02月15日 Stuxnetの標的はイランの5組織だった――Symantecが最新リポートを公開 - ITmedia
性質を変えて攻撃を変えていく為に更新をしていく機能すら持っている以上
“感染性を下げるが ある特定の施設のみを狙った亜種”が存在したとしても何ら不思議ではないし
その後に すぐに性質を隠蔽する為に変異する ような性質を持っていた可能性をも考慮すべきだと思う。

此処まで危険な攻撃兵器の存在が有りながら
マスコミ新聞テレビ大手メディアが福島第一原発テロ事件との関連性へ
半年が過ぎてもなお絶対に触れない以上、
もはや そういう意味しか無い と公表しているようなものでもある。


http://ameblo.jp/tanpakumeisi/entry-11017663173.html
新ベンチャー革命 9月14日
9月10日、鉢呂氏の辞任会見にて暴言を吐いた記者について、
ネットでは時事通信社の記者であることがすでにばらされています。

後任の枝野氏の就任会見場にて、
フリージャーナリスト田中龍作氏が暴言記者に話しかけている画像がネットに載っています。
この人物はネットで顔が割れているので、遅かれ早かれ、名前もわかるでしょう。

この一連の騒ぎにて、悪徳ペンタゴンが正体を現したという印象です。


田中龍作ジャーナル 9月13日
新経産相に就任した枝野幸男前官房長官が12日夜、記者会見を持った。
脱原発の姿勢を示したために、記者クラブの言葉狩りに遭い、辞任に追い込まれた鉢呂吉雄氏の後任とあって、
さすがに枝野新大臣は慎重だった。
「原発をゼロにするのか?」という質問に、
枝野氏は「これから環境エネルギー会議など国民的な議論をしてから」とかわした。
再稼働に向けたストレステストについては「現状で決まっていることを(地元に)詳細に説明していく」。

筆者は
「鉢呂前大臣は記者クラブの言葉狩りで辞職した。歴代、幾人もの政治家が言葉狩りで失脚している。
 言葉狩りが続くと政治家が国民にメッセージを発することさえできなくなるのではないか?」
と質問した。

枝野氏は「前大臣のことを私が言及できる立場にない」と再びかわした。
法廷で鍛えているだけあってスキがない。

だが唯それだけだ。何も心に響かないのである。

原子力行政は官僚、マスコミ、財界、労働組合と刺し違えるくらいの気構えがなければ、
従来の推進行政から転換できない。
率直に言って枝野大臣には期待できない。


脱原発の大臣ではない枝野氏を迎えた記者クラブは、柔らかい質問に終始した。
鉢呂前大臣の辞任会見で鬼の首でも取ったようにヤクザ言葉で答を迫っていた記者も、
この日は無言だった。

筆者は件の記者に名刺交換を求めたが応じてもらえなかった。
社名と氏名を聞いたが答えてくれない。彼はそそくさと逃げた。
それも大臣官房の広報室に逃げ込んだのである。
官僚ならば“身内”だから助けてくれるとでも思ったのだろうか。

「選挙で国民から選ばれた鉢呂大臣をあなたはヤクザ言葉で罵倒したんですよ。
 どうして自分の名前を名乗らないのです?コソコソ逃げるのですか?」。
筆者はその記者に尋ねた。

彼は終始無言だ。
大臣官房広報室で保護してもらえないと分かると彼はエレベータに向かった。
記者室に戻ると配席表で名前が割れるからだ。

筆者がエレベータに一緒に乗り込むと、エレベータから降りて違うエレベータに乗り換えた。
筆者も乗り換えた。同じ質問を続けた。
自分の名前も名乗れない人間が政治家の進退を左右するようなことになったら、
政治はガタガタになるからだ。

卑劣な記者は最後まで無言のまま闇の中に消えた。

息を吐くように嘘を吐き 攻撃する時は必要以上に大きな声を張り上げる、
けれども自分達に不都合な話は徹底して逃げ回り隠蔽を謀る。

150年前から全くに変わらない 一神教にして蛮族野蛮人の集団 が示す完璧に同一な行動様式だ。
それが 宗教右翼か ユダヤ米帝な保守的なキリスト・ユダヤ教か 核テロリストか
という程度な差しか無い。
底流するモノは 完璧に同根である。




http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-316.html
イランの『ウラン濃縮工場のSCADAシステムに侵入したすたstuxnetは
 PLC (プログラマブルロジックコントローラ) に遠心分離機の出力周波数を
 短時間のうちに1410Hz、2Hz、1064Hzと順に変化させるコードを書き込む

ものだ。
更に誤作動がウイルスによるものという部分が隠蔽される為に検知されず
システム自体には『正常』の信号を送られる形になったまま、何ヶ月もの間に稼働される。
その間 出力周波数が3つの周波数を行ったり来たりする誤作動はstuxnetによって書き換えられ続ける。

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/TKY201101160347.jpg

遠心分離機は故障し1000台交換するハメに遭い、イランの核開発は数年ずれ込むことになる。
stuxnetがイランを攻撃するため(核開発を遅らせるために)開発されたのならば役目は終わった。
だがしかし、そうとも言えない節がある。

ターゲットはイランだというよりも、シーメンス社のSCADAシステムである。
シーメンスのSCADAシステムは世界中のあらゆる産業コントロール網に導入されている。
それらシーメンス社のSCADAシステムの全てが標的になっている。
もちろん、日本の原子力発電所もシーメンスのSCADAシステムが導入されていれば
stuxnetのターゲットに含まれていたと見なければいけない。

更に言えば SCADAシステムとはシーメンス社でなくても当然に他に無数に有るのだが
その殆どに共通して 外部と隔離されているシステムだから安全 という無茶苦茶なセキュリティ面が
放置され続けてきた。


 そして 三回の誤信号・・・

ここで一旦話を2010年6月のフクイチ2号機事故に戻す。

フクイチ2号機事故では原子炉スクラムした際に、
補助リレーの誤作動により外部電源に切り替わらず非常用ディーゼル発電機を稼働させた。

原子力安全・保安院の寺坂保安院長は2011年5月1日の国会答弁で、
「スクラム後の電源切替の際、瞬間的な停電が発生し、外部電源が失われ、
 原子炉圧力上昇、水位低下を確認。安全弁を開きまして圧力を逃し、
 原子炉水位が自動起動するレベルに達する前に、手動で隔離系冷却装置を起動した」
と明言している。

この時の事故を東電は、『人為ミスと推定した』のだが、あくまでも推定である。

では、真の原因とは一体何か。
内部電源が遮断された際、外部電源が作動しなかったことである。
それにより、30分もの間、外部電源が遮断された状態が続き、
原子炉水位が2メートルも失われたのである。

原子力発電所の原子炉はスクラムして内部電源が遮断されたのち、
冷却機能を維持するために外部電源の供給を受けなければいけない。

この、原子炉プラントには普遍的に付きまとう不具合
(内部電源がつながっていると認識すれば外部電源側遮断機はインターロックされ作動しない)が
そもそもの欠陥であり、人為ミスに原因を転嫁して一か月後に再稼働するのは
あまりにも無謀で犯罪的過失である。

東電の調査結果を見ても、外部電源がつながらなかった原因を
『5〜7ミリ秒(0.005〜7秒)』の瞬間的な誤信号が三回あり
その誤信号を受けて外部電源側遮断機がインターロックし作動しなかったとも読み取れる。
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-313.html
佐藤かずよし議員のブログにある『原子炉外部電源全喪失事故レポート 』
http://skazuyoshi.exblog.jp/12974707/
 と
東電のプレスリリース、
http://www.tepco.co.jp/cc/press/10070602-j.html
 と
森ゆうこ議員 参議院予算委員会質問2011年5月1日 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=XP0ieNF5wto#!
を参照に、まずは事実経過を時系列に並べてみたい


http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/2011090612271137bs.jpg

14時52分
何らかの原因で系統安定化装置、及び電子回路を含めた補助リレーが誤作動
(5〜7ミリ秒×3回の瞬間的な動作)を起こし、
原子力プラントの常用系電源の所内側遮断機が落ちる(「入」→「切」状態)。

* この時はまだ発電器の界磁遮断機が起動していたので、
 接電を回避するために、外部電源側遮断機がインターロックされ作動しなかったと思われる。

プラント内常用電源が遮断されたことで励磁制御装置の冷却ファンが停止。
異常信号を受け取った発電器側の界磁遮断機が作動(「入」→「切」)。
発電機が自動停止した。

続けて、タービン、原子炉の順に自動停止した。

[内部電源喪失により原子炉プラントの復水ポンプ、給水ポンプの停止]
これが人為ミスによるものではなく、stuxnetの攻撃が引き起こしたものだとしたら、
事故から一か月後に原子炉を再稼働させるという愚行も断罪される時がくるはずだ。


そして
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/TKY201101160347.jpg
この図を そのまま2号機事故の外部電源喪失に至る過程に置き換えてみよう。
妙に納得してしまわないかい?

外部電源側遮断機が作動しなかった原因は内部電源と外部電源切り替えの際にインターロックされたことにある。
その際、誤信号は人為ミスでも故障でもなく、
stuxnetが書き込んだコードによるものだとも考えられないか。

原子炉スクラムにより内部電源が遮断された際、stuxnetにより書き換えられたコードが誤信号を発し、
「外部電源側の遮断機の“内部電源は まだ繋がっている”」とシステムが自己判断し
インターロックが掛かった。
本来ならば『入』に入るべきところで作動せず、非常用ディーゼル発電機が起動する事態に陥った。

stuxnetが原因で外部電源喪失が発生したと考えたほうが合点がいくではないか。
ただ その場合 何故あのタイミングだったか の説明が難しい。
けれども推察は難しくない。
二系統ある外部電源の一方が遮断されたまま定期点検時に入った場合が関係するのか
もしくは定期点検とはPCの更新や再起動も含まれるだろうから その時に感染もしくは発病をしたか
そして原子炉内で死んで発見された不思議な二人の死と その虚報を走らせた宗教右翼の関係
などなどの可能性が考えられるが、その辺りの決定打の情報が 今の所は無いと思う。


http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-316.html
6月22日(水)11時26分配信

韓国水力原子力の古里原子力本部は21日、韓国・釜山にある古里原発の2号機で
同日、送電トラブルが発生し運転が停止する事故が発生したと明らかにした。
複数の韓国メディアが伝えた。

同本部によると、午前10時30分ごろ、
古里原発と新蔚山変電所をつなぐ345キロボルトの送電線に過負荷がかかり、
2号機原子炉の稼働が自動的に停止した。
送電線3列のうち1列に農業用のビニールが接触し、電気供給が中断したことが原因とみられている。

同本部は、
送電線1列に0.05秒間、問題が生じたことから、
 原子炉を保護する継電器(遮断機)が作動し
 電力供給が止まった」と説明。

「送電線一列に0.05秒間、問題が生じたことから、
 原子炉を保護する継電器(遮断機)が作動し
 電力供給が止まった」
とトラブルの経緯を説明しているが
フクイチ2号機では5〜7ミリ秒(0.005〜7秒)という極めて瞬間的な異常信号が3回発生し、
外部電源側の遮断機をインターロックしたという東電側の調査結果と見事に符合する。

古里原発は今年4月に相次いでトラブルを発生させている。
311から一ヶ月後の事であり 韓国は日本の福島第一原発事故を受けて緊急総点検の指示を出していた。
4月12日の古里原発1号機のトラブルは その矢先であった。
4月19日は古里原発4号機でトラブルが発生している。
【ソウル19日聯合ニュース】
韓国初の原子力発電所、古里原発1号機が電気系統のトラブルで運転を停止している中、
4号機にも19日午後、電気系統故障が発生した。
現在、非常用のディーゼル発電機で稼働している。
韓国水力原子力の古里原子力本部は原発の安全に問題はないとしている。

古里原子力本部によると、事故は 整備中だった古里3号機の電気系統にトラブルが発生
同じ電力線を使用している4号機の電源供給に影響を与えたとみている。

古里3号機は核燃料の入れ替えや主要設備の点検と整備のため、4日から運転を停止していた。


韓国古里原発のトラブルはすべて電気系統故障が原因で発生しているのである。
フクイチ2号機の外部電源喪失、冷却材喪失事故も電気系統のトラブルから発展している。
福島第一原発事故の9ヶ月前に発生したフクイチ2号機事故、
さらには今年4月の韓国古里原発でのトラブルはすべての原因が電気系統のトラブルなのである。

そして、古里原発で発生した電気系統のトラブルはすべて遮断機がからんでいる。

えっと ちょっと待って。
http://japanese.joins.com/article/297/139297.html 2011年04月20日08時30分
古里(コリ)原子力発電所1号機が故障で1週間にわたり稼動が停止する中、
古里原発3・4号機も電気系統に問題が生じ、一時非常発電機で電力を供給された
この過程で原発を整備した韓電KPSの職員2人が感電し治療を受けている。

古里原子力本部が19日に明らかにしたところによると、
この日午後2時ごろ、釜山市機張郡(プサンシ・キジャングン)の古里3・4号機に
電力供給部分に異常が生じ、非常ディーゼル発電機が稼動して1時間30分にわたり
原発内部に電力を供給した

古里原子力本部が3・4号機の外部電源を復旧させ非常ディーゼル発電機は稼動を終えた。

古里原子力本部は、
「古里3・4号機は外部から発電所内部に入ってくる電力線を一緒に使っているが、
 3号機を点検する過程で4号機の電気系統にも問題が生じた。
 現在4号機は安定的に発電をしている」
と明らかにした。

古里原発3号機は核燃料交換と主要設備の点検整備のため
4日午前10時から発電を中断し、26日間の日程で計画予防整備をしている。


韓国古里原発は原子炉が4基ある。
古里原子力発電所 - Wikipedia
事故の話が全くに載らないw 相変わらず露骨だねぇw
嫌韓なネットウヨが格好のネタのはずなのに 何故に此処へは書かない?w

それはともかく 韓国で最も古い原発も
1号機 4月12日
3号機 4月19日
4号機 4月19日
2号機 6月22日

その全てが 日本でも極めて古い原発に属する福島第一原発と同様に陥落した訳だ。
しかも全てが電源系で 外部電源が消失→ディーゼルへ となっている。
この短期間に 今までに起きた事が無い偶然な人為的事故が 此処まで連続して起きても それでも偶然?w
不思議だねぇw


http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-316.html
フクイチ2号機の事故はスタクソネットの仕業であると疑っている。
もっといえば、
フクイチ2号機事故の次の福島第一原発事故も、
東通原発や女川原発での非常用ディーゼル発電機が稼動した外部電源喪失事故も、
六ケ所村での外部電源喪失事故も、
http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/TKY201104080220.jpg

韓国古里原発で相次いだトラブルも、
アメリカで竜巻・洪水・地震等、天災によるスクラム後に相次ぐ外部電源喪失事故も、
全てが電源系統のトラブルであり、同様にstuxnetの攻撃によるものだと疑っている。

これらの原子炉トラブルはほぼ全て外部電源が喪失され、
時間の長短はあれど、非常用ディーゼル発電機で原子炉の冷却機能を維持する事態に陥った。
これらスクラムが報じられた全ての原発で二系統(三系統)ある外部電源が全て喪失され、
非常用ディーゼル発電機が起動する異常な事態に発展しているのである。
これら全ての原発トラブルはstuxnetの攻撃ではないのか?と疑わざるを得ない。


スタクソネットの感染ルートはUSBメモリによるものだというが、
実際に柏崎刈羽原発でUSBメモリが紛失するトラブルが2009年9月に発生している。

http://www.hitachi-pt.co.jp/news/2009/20090928.html

この件を受けて原発側がセキュリティーを強化したかは知らないが、
『うっかりミス』で済ませたというのがオチではないか(詳細不明)。
これは厳戒態勢が敷かれているはずの原子力発電プラントから
”USBメモリが持ち出せる”ことをも意味し、”持ち込める”ことをも意味する事象である。

原発作業員の身元チェックが甘甘であることは明らかだ。
東電によれば原発作業員の追跡調査の結果、184名の所在が不明であるという。
さらに作業に抜け出してふくいちカメラを指さし不満を訴える強者が現れたことを見ても、
身元不明の工作員が福島第一原発のどこかに爆弾を仕掛けても不思議ではない状況である。

東電を厳重注意…原発事故作業員184人不明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://pointatfuku1cam.nobody.jp/

この程度の身元チェック、セキュリティでは
stuxnetに感染したUSBメモリを原発に持ち込み、すり替えられてもおかしくないのではないか。
今も昔も危機感が全くに無い 其れが原発なのである。。


http://twitter.com/#!/jhatajinan/status/113603183384858624

stuxnetなら簡単に説明できるのに
RT @tokuyamamura 負荷が複数あるみたいだから各々別のタイマーにしておけば影響は少ないだろうに
( #iwakamiyasumi3 live at http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi3)
おそらく 東電の会見を見てのコメントと思われる。


http://twitter.com/#!/jhatajinan/status/113729940918251520
@prisonopera サラさん、この記事
http://info-wars.org/2011/03/20/stuxnet-found-in-japan-in-october-is-fukushima-an-unintended-consequence-of-israels-hacker-attack-against-bushehr/
なんだけれど、
福島第一原発にSiemens製SCADAシステムが導入されているソースになり得ます?
見解をよろしくっす。
 ↓
311福島原発事故の真の原因か?! 【スタクスネットの標的】シーメンス社製の公共インフラ制御システム(SCADA/PLC)が、福島で使用されている!
http://enzai.9-11.jp/?p=6534


グーグルの自動翻訳などで その先も含めて俺も読んで見たけど
俺的には まだソースとして弱いと思いました。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&ie=UTF8&u=http://info-wars.org/2011/03/20/stuxnet-found-in-japan-in-october-is-fukushima-an-unintended-consequence-of-israels-hacker-attack-against-bushehr/
5 Stuxnetはシーメンスのコントローラを対象と

6 福島はStuxnetのが設計されたSiemensのコントローラが干渉使用しています!


5 Stuxnetはシーメンスのコントローラを対象と のリンク先は
Stuxnet Worm Used Against Iran Was Tested in Israel - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/2011/01/16/world/middleeast/16stuxnet.html?_r=1&pagewanted=all

6 福島はStuxnetのが設計されたSiemensのコントローラが干渉使用しています!のリンク先のググルの自動翻訳は
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&ie=UTF8&rurl=translate.google.co.jp&u=http://thirteenthmonkey.blogspot.com/2011/03/worm-in-works.html&usg=ALkJrhgop2Ur4Ez1AMBdrLlFeYwXuzKgLw
福島でのプラントは、シーメンスのソフトウェア上で実行されます。
Stuxnetのがリリースされたとき、
それは"容疑者"Irans Bushhierの工場への攻撃であるにもかかわらず、どこでも行き...

http://www.nytimes.com/2011/01/16/world/middleeast/16stuxnet.html?pagewanted=3&_r=3
ヤフ翻訳
コントローラと彼らが動かす電気調節装置は、制裁努力の焦点になりました。 WikiLeaksによって公表される国務省ケーブルの発堀物は、アラブ首長国連邦でシーメンス・コントローラ(ドバイの港で111の箱に含まれる)の積荷を止める2009年4月の緊急の努力を記述します。 彼らはイラン(言われる1つのケーブル)に出かけて、「ウラン濃縮滝」を支配するはずでした − 遠心分離機を回すことのグループの語。
アラブ首長国連邦がBandarアッバス(主要なイランの港)にホルムズ海峡の全域でシーメンス・コンピュータの移動を妨害することを、以降のケーブルは示しました。
わずか数ヵ月後に、6月に、Stuxnetは世界中で現れ始めました。 Symantec社(ソフトウェアとサービスがシリコン・バレーで基礎を形成したコンピュータ・セキュリティのメーカー)は、世界的な破壊工作ソフト収集システムで、それを陥れました。 虫がイラン内で主に殴られて、シマンテックは報告したが、また、遅れずにインド、インドネシアと他の国に現れました。
しかし、大部分の破壊工作ソフトとは異なり、それはほとんど危害をしていないようでした。 それで、コンピュータ・ネットワークが遅れなかったか、一般的な荒廃をもたらしませんでした。
それは、ミステリーを深めました。


『二重弾頭』
誰も、ラングナー氏(ハンブルグの郊外で小型コンピュータ警備会社を経営する元心理学者)より興味をそそられませんでした。 彼のクライアントのために保護ソフトウェアを設計したがっていて、彼は5人の従業員に離れてコードを選んで、ラックできちんと積み重なるシーメンス・コントローラのシリーズに関してそれを走らせることに集中させました。そして、彼らの明りが点滅する。
それがコントローラの特定の構成の存在を見つけたとき、虫がギアにけるだけだったということを、彼は速く発見しました。そして、遠心分離機工場だけの中に存在するように見える一組のプロセスを実行しました。 「攻撃者は、彼らの指定されたターゲットだけが攻撃されたことを確認するために、大きく気をつけました」と、彼は言いました。 「それは、狙撃手の仕事でした。」
たとえば、コードの1つの小さなセクションは、結びつけられる984台の機械に命令を送るようになっているように見えます。
奇妙なことに、国際的な検査官が2009年後半にNatanzを訪問したとき、イラン人が前の夏動いていた合計正確に984台の機械を運転を休止して携帯したと、彼らはわかりました。
しかし、ラングナー氏が後ろに層をはぎ続けたので、彼はより多くを見つけました − 彼が「二重弾頭」と言うこと「。」、プログラムのOne一部は長い間休止中のままになっています、そして、遠心分離機の回っているローターがぐらつくように、機械の速度を上げてください、そして、自滅してください。 もう一つの部分(コンピュータ界の「仲裁者」と呼ばれている)は、システムをすべてが滑らかに走っていると思わせるために、それらの間違ったセンサー信号を発します。 それは安全システムが効き始めるのを防ぎます。そして、それが自滅することができる前に、それは工場を一時閉鎖します。
「Stuxnetがメッセージを送るか、概念を証明することについてないことを、コード分析は明らかにします」と、ラングナー氏は後で書きました。 「それは、軍のスタイルで最大の決心で目標を破壊することです。」
これは、ハッカーの仕事でなかったと、彼は速く結論しました。 それは、シーメンス・コントローラの特定の気まぐれのまわりで自分の道を知っていて、正確にイラン人が彼らの強化活動を設計した方法の親密な理解があった誰かの仕事でなければなりませんでした。
実際、アメリカ人とイスラエル人には、かなり良い考えがありました。

ワームをテストすること
おそらく、悪意のあるソフトウェアがその意図された職務をしたことを確認するために、サイバー破壊の理論がどのように強化機械でテストされたかについて、Stuxnet物語で最も秘密主義の部分は、集まります。
口座は、オランダで始まります。 1970年代には、オランダ人は、ウランを濃縮するために、高い、細い機械を設計しました。 周知のように、A. Q.カーン(オランダ人のために働いているパキスタンの冶金学者)は、デザインを盗んで、1976年にパキスタンに逃げました。
結果として生じる機械(P-1として知られている)は、パキスタンの第一世代の遠心分離機のために、国が爆弾を得るのを援助しました。 そして、カーン博士が原子闇市場を後で創立したとき、彼はイラン、リビアと北朝鮮にP-1を不法に売りました。
P-1は、高さ6フィート以上です。 中で、アルミニウムのローターは目くるめく速度にウラン・ガスを回します。そして、ゆっくり、原子炉と爆弾を活気づけることができるウランの珍しい部分に集中します。

方法とイスラエルがヨーロッパまたはカーン・ネットワークからあるかどうかにかかわらず、不明な第一世代の遠心分離機残りの、または、他の手段でのこの種類を得た時。 しかし、ディモーナが遠心分離機を回すことで次から次へ保ちに来たことに、核専門家は同意します。


「彼らは、長く総合ビルの重要な一部でした」と、アブナー・コーエン、「Worst-Kept Secret」(2010)の著者、イスラエルの爆弾プログラムに関する本とモンテレー・インターナショナルStudies研究所の上級研究員は言いました。 イスラエル情報部が引退した上級ディモーナ人員にイランの問題に関して助けるよう依頼した、そして、いくつかが強化プログラムから明らかに来たと、彼は付け加えました。
「私には、特定の知識がありません」と、コーエン博士はイスラエルとStuxnet虫の言いました。 「しかし、私は強いイスラエルのサインを見て、遠心分離機知識が重要だったと思います。」
もう一つの手掛かりに、アメリカ合衆国が関係します。 リビアが2003年後半に核開発計画をあきらめたあと、それはP-1のキャッシュを得ました、そして、機械はテネシー(エネルギー省のもう一つの腕)のオークリッジ国立研究所に送られました。

2004年前半までには、科学者がP-1を準備することができて、彼らの脆弱さを勉強することができた秘密の工場を建設するために、中央情報局によって集められるいろいろな連邦で民間の核専門家は、アメリカ合衆国を求めていました。 「試験台の概念は、本当に押されました」と、C.I.A.会議の参加者は思い出しました。

結果として生じるプラントは、Stuxnetテストでも役割を果たしたかもしれないと、核専門家は先週言いました。

しかし、アメリカ合衆国とその同盟国は、イラン人が取り組んだ同じ問題に陥りました: P-1は、御し難い、下手に設計された機械です。 テネシー研究所がイングランドに一部のそのP-1を出荷したとき、一般的なP-1テストのプログラムで英国人と働くことを願って、核専門家によると、彼らはつまずきました。
「彼らは、絶望して失敗しました」と、人は思い出しました。そして、機械がきちんと回るにはあまりに粗くて神経質であるとわかったと言いました。
コーエン博士は、彼の関係者がイスラエルが成功すると彼に話すと言いました − 大変な困難を伴って − 遠心分離機技術をマスターする際に。 そして、イスラエル人がStuxnetの効果をテストするためにP-1スタイルの機械を使うと、核知性(その人は匿名の状態について話しました)のアメリカの専門家は、言いました。
イスラエルがイランを目標とする際にアメリカ合衆国と協力して働いた、しかし、ワシントンが「もっともらしい法的否認権」を熱望していたと、専門家は付け加えました。

Fortunatelyに、11月に、イランの大統領(マームド・アフマディネジャド)は、その強化プログラムへの虫の影響について、国の沈黙を破りました。そして、サイバー攻撃が「我々の遠心分離機のいくつかに関する重要でない問題」を引き起こしたと言う、「。」、「我々の専門家は、それを発見しました。」と、彼は付け加えました。
損害で最も詳細な肖像は、サイエンスとインターナショナルSecurity(ワシントンの個人的なグループ)研究所から来ます。 先月、それは、一連の失敗で苦しまれるNatanzでイランのP-1機械と書かれていた長いStuxnet報告を交付しました中央の-活動していなく984台の機械を携帯している技術者で達した2009年後半に。
レポートは失敗を「大きな問題」と言って、Stuxnetを有望な罪人と確認しました。
Stuxnetは、イランに対する唯一の打撃でありません。

制裁は、より先進の(そして、より神経質でない)遠心分離機を造るその努力を傷つけました。 そして、この1月、そして、また11月に、核兵器にとって主要であると思われていた2人の科学者が、テヘランで死にました。

広く、イランのプログラム、モーセンFakrizadeh、大学教授の多くに対して責任があると思われている男はイラン人によって隠されました。そして、その人は彼が目標リストの中で重要であるということを知っています。

公的に、イスラエルの当局は、Stuxnetとイランの問題の間の露骨な関係を作りません。
いくつかの技術的挑戦と困難」はイランのプログラムを悩ましました。そして、モーシェYaalon(イスラエルの戦略的な情勢担当大臣)が先月後半イスラエルの一般のラジオを話されました。

しかし、最近のものにおいて、彼らはテヘラン核地位の修正されて驚くほど上向きの評価をしました。

シーメンスのWinCCとPCS7製品に影響を与えるマルウェア



http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&ie=UTF8&rurl=translate.google.co.jp&u=http://whatreallyhappened.com/node/107075&usg=ALkJrhij0YZt8274dXIC2sJmsJNsohYVTw
向こうでも 此処のコメント欄に有るように マニュアル通りに書きこむ工作員が湧きつつも
やはり 相当に早い段階で疑っていた者達も多い事が分かる。

更に言えば 自動翻訳でさえ かなり面白い。
英語の力なんかは中一レベルな俺だけど、もう少し そっちから追いかけてみようと思った



http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&ie=UTF8&rurl=translate.google.co.jp&u=http://thirteenthmonkey.blogspot.com/2011/03/worm-in-works.html&usg=ALkJrhgop2Ur4Ez1AMBdrLlFeYwXuzKgLw
こんにちはパスカル、あなたのコメントに答えて、

It was a siemens distributed controller system, simatic PCS -7 which was pretty old..and therefore required upgrades, and the plant at Fukushima was not full operational, as it was awaiting maitenence.
それは、シーメンス、分散コントローラシステム、かなり歳のSIMATIC PCS -7 ..そのために必要なアップグレードであり、福島でのプラントがメンテナンスを待っていたとして、業務の完全ではなかった。


http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFL3E7EF0JY20110315

Siemens were also in partnership with Areva france,
シーメンスは、アレバフランスとの提携でもあった



“An independent expert appointed by Siemens AG and Areva SA has determined the value of Siemens' share in the nuclear power joint venture Areva NP SAS at € 1.62 billion.
"シーメンスとアレバSAによって任命された独立した専門家は、€1.62億で、原子力発電の合弁会社アレバNP SASにおけるシーメンスの株式の価値を決定しています。

In January 2009, Siemens terminated the shareholders' agreement for the joint venture and, pursuant to a put option, will sell its 34 percent stake to Areva SA, the majority shareholder”
"2009年1月に、シーメンスはジョイントベンチャーのための株主間契約を終了すると、プットオプションに基づき、アレバSA、多数株主にその34%の株式を販売する


Areva did the tech work, ie hardware and siemens the automation, software..ie control system/ Automation system.
AREVAはハイテクの仕事、すなわちハードウェアとシーメンスオートメーション、ソフトウェア..すなわち、制御システム/自動化システムを行いました。

Also the link I originally found is not existent anymore:
また、私は元々あるリンクはもはや存在ではありません。

www.siemens.com/innovation/en/publikationen/pof_fall_2009/infrastruktur/kraftwerke.htm

"In 2008, Siemens was awarded the Asian Power Award for its upgrading of the Sendai nuclear power plant in Japan. Following modernization of the control systems and the three turbines, the output of the plant rose by 40.5 MW to 942 MW."
"2008年には、シーメンスが日本に仙台原子力発電所の、そのアップグレードのためのアジアのパワー賞を受賞した。制御システムとタービン3基の次の近代化は、プラントの出力は942 MWに40.5 MW増加した。" So it was upgraded,ので、アップグレードされ、

Fukushima was awaiting upgrade at the time of the earthquake, Tsunami:
福島は、地震、津波の時にアップグレードを待っていた


More on sendai here:
ここ仙台の詳細:
http://www.reuters.com/article/2011/03/30/japan-utilities-kyushu-idUSTKG00711920110330

I have since been able to confirm the story about the 10 German Nuclear Experts.
私は、以来10ドイツの原子力専門家の話を確認することができた。

It is at the link
–それはリンクにあります -

http://www.thelocal.de/national/20110313-33685.html

However this article says that the experts were from Areva (which is a French Company) but there were German experts.
しかしこの記事では、専門家がアレバ(フランスの会社である)からだったが、
ドイツの専門家があったことを述べています。
( most likely from Siemens) (シーメンスから最も可能性が高い)

Areva and Siemens have worked as a consortium as evidenced by their joint work in Slovakia with Siemens supplying digital supervision, protection and controls systems for two of the reactors.
AREVAとシーメンスは、シーメンスは、原子炉の2つにデジタル監視、保護および制御システムを供給するとスロバキアでの共同作業によって証明されるようにコンソーシアムとして働いている。

http://tinyurl.com/5rhur2x http://tinyurl.com/5rhur2x

"Erlangen, Germany, 2010-Apr-27
"エアランゲン、ドイツ、2010 - APR - 27

A consortium comprising AREVA and Siemens Energy will supply digital supervision, protection and control (I&C) systems for units 3 & 4 of the Mochovce nuclear power plant in Slovakia.
AREVAとシーメンスエネルギーで構成されるコンソーシアムでは、
スロバキアのMochovce原子力発電所のユニット3&4のために、
デジタル監視、保護と制御(I&C)システムを提供します。

Slovenské Elektrárne a subsidiary of the Enel Group, is completing the construction of two reactors based on VVER (Pressurized Water Cooled and Water Moderated) technology. Slovenské Elektrárne
エネルグループの子会社は、VVER(モデレーション加圧水冷却し、水)技術に基づいて2つの原子炉の建設を完了している。

The new power plant units will be equipped with TELEPERM XS safety I&C supplied by AREVA and SPPA-T2000 operational I&C from Siemens.
"新しい発電所ユニットはシーメンスからAREVAとSPPA - T2000運用I&Cが供給TELEPERM XS安全I&Cが装備される。"


Siemens and Areva have also sent aid to japan,
シーメンスとアレバも日本に援助を送って、

See here:
ここを参照してください:

In response, Areva chartered a plane to deliver 100 tons of neutron-absorbing boric acid to Japan, as well as 3,000 activated charcoal masks, 10,000 overalls and 20,000 gloves, the French company said in a release
応答では、アレバは同様に3000活性炭マスク、10,000オーバーオールおよび20,000手袋として、日本に中性子を吸収するホウ酸の100トンを提供するために飛行機をチャーター、フランスの会社はリリースで述べている

According to a company release, Siemens also is providing 2 million euros in on-site equipment that includes mobile ultrasound devices and water purification systems.
企業リリースによると、シーメンスはまた、モバイル超音波デバイスおよび水浄化システムが含まれているオンサイトの設備に200万ユーロを提供しています。

With this generousity, one would also think that they were involved Systems wise.
このgenerousityと、1つはまた、彼らはシステムが賢明関与していたと思うだろう。

This is all I can find as some of my links have dropped out or are not available anymore, funny that..
これは私のリンクの一部がドロップアウトまたはその面白い、もはや利用できないてきたように、すべて私が見つけることができますです..

I hope this helps.
私はこれがお役に立てばと思います。

A13 A13

May I ask where can be found the specific info that Siemens SCADA controller "Simatic PCS-7" is used at Fukushima?
私はシーメンスSCADAコントローラは、"PCS - 7 SIMATIC"
福島で使用されている特定の情報を見つけることができる どこにあるかって?

Do you have an intuition, inside info or is there rock solid facts behind this?
この情報を内部の直感を、持っているか、そこには、この背後にある岩の固体事実ですか?

HI Pascal, Thank you for your comments, The link of the story from siemens where i saw the link between Fukushima plant and siemens has "dropped" out on the siemens website.
HIパスカルは、コメントしていただきありがとうございます、
私は福島工場とジーメンスの間のリンクを見たのシーメンスからの話のリンクは、
シーメンスのホームページに出"ドロップ"しています。

Also, Keep in mind that the virus ( stuxnet) has the capability to morph, and i do believe that it's not just siemens controlled Automated processes that are at risk.
また、ウイルス(Stuxnetのは)モーフの機能があることを覚えておいてください、
と私はそれだけで危険にさらされているシーメンスの制御自動化されたプロセスではないと信じています。

I think it's logical that like a "flu" virus, it can mutate and adapt to certain conditions, therefore most of these automation process controllers, made my Seimens, or not, are still Viable targets..
私はそれが"インフルエンザ"ウイルスのように、それが変異することができ、一定の条件に適応するため、これらの自動化プロセスコントローラのほとんどは、私のSiemensのを作った、またはしないことを論理的だと思う、まだ生存目標は..

"Some experts who have examined the code believe it contains the seeds for yet more versions and assaults."
"コードを検討してきた一部の専門家は、それはまだ多くのバージョンと攻撃のための種子を含んでいると信じています。"

Thank you again, and i hope that i've been of assistance to you.
再度ありがとう、と私は私があなたに援助をしてきたことを願っています。

Many regards and good luck with what you are putting together, I'd like to see it when it's final.
あなたが一緒に入れているもので、多くの点と幸運は、私はそれが最終的な時にそれを見てみたいと思います。

この情報が正しいとして とりあえずまとめてみると

福島第一原発の「SIMATIC PCS - 7(またはSIMATIC WinCC)」はアップグレード待ちだった。
なぜなら、隔離システムである以上 自動アップグレード機能は当然に無いし できないし だからね。
アップデートなどに関する話などは此処にまとまっている
マルウェア Stuxnet(スタクスネット) について
nca_stuxnet_r1.gif

ただし シマンテックのアップグレードであっても
stuxnetの攻撃が変異するモノである以上は
Siemensの自動化プロセスコントローラの殆どは、どちらにしてもstuxnetの亜種には勝てない。

私はシーメンスSCADAコントローラは、"PCS - 7 SIMATIC"
福島で使用されている特定の情報を見つけることができる どこにあるかって?

私は福島工場とジーメンスの間のリンクを見たのシーメンスからの話のリンクは、
シーメンスのホームページに出"ドロップ"しています。
まだ俺は 其れを見つけられなかったけどね

また、ウイルス(Stuxnetのは)モーフの機能があることを覚えておいてください、
と私はそれだけで危険にさらされているシーメンスの制御自動化されたプロセスではないと信じています。

私はそれが"インフルエンザ"ウイルスのように、それが変異することができ、一定の条件に適応するため、これらの自動化プロセスコントローラのほとんどは、私のSiemensのを作った、またはしないことを論理的だと思う、まだ生存目標は..

コードを検討してきた一部の専門家は、それはまだ多くのバージョンと攻撃のための種子を含んでいると信じています。


と話し合っている、3月末の段階で既にね。さて日本では?w


となれば むしろアップデートの為の再起動 及び 書き替え こそが
最も致命傷のタイミングとなる可能性も否定できない。
色々と読んでいると 更に言えば
亜種というよりも未だ解明されていない未知の危険性の部分も有るような気すらしてくる。


もう一つ
シーメンス、分散コントローラシステム、かなり歳のSIMATIC PCS -7 ..そのために必要なアップグレードであり、福島でのプラントがメンテナンスを待っていたとして、業務の完全ではなかった。

シーメンスは、アレバフランスとの提携でもあった

シーメンスとアレバSAによって任命された独立した専門家は、€1.62億で、原子力発電の合弁会社アレバNP SASにおけるシーメンスの株式の価値を決定しています。

2009年1月に、シーメンスはジョイントベンチャーのための株主間契約を終了すると、プットオプションに基づき、アレバSA、多数株主にその34%の株式を販売する


AREVAとシーメンスは、シーメンスは、原子炉の2つにデジタル監視、保護および制御システムを供給するとスロバキアでの共同作業によって証明されるようにコンソーシアムとして働いている。

AREVAとシーメンスエネルギーで構成されるコンソーシアムでは、
スロバキアのMochovce原子力発電所のユニット3&4のために、
デジタル監視、保護と制御(I&C)システムを提供します。

エネルグループの子会社は、VVER(モデレーション加圧水冷却し、水)技術に基づいて2つの原子炉の建設を完了している。

"新しい発電所ユニットはシーメンスからAREVAとSPPA - T2000運用I&Cが供給TELEPERM XS安全I&Cが装備される。"


AREVAはハイテクの仕事、すなわちハードウェアとシーメンスオートメーション、ソフトウェア..すなわち、制御システム/自動化システムを行いました。

2008年には、シーメンスが日本に仙台原子力発電所の、そのアップグレードのためのアジアのパワー賞を受賞した。制御システムとタービン3基の次の近代化は、プラントの出力は942 MWに40.5 MW増加した。" So it was upgraded,ので、アップグレードされ

福島は、地震、津波の時にアップグレードを待っていた。


これは

"Asian Power Award" Siemens upgrading "nuclear power plant" - Google 検索
 ↓
 
http://www.siemens.com/innovation/apps/pof_microsite/_pof-fall-2009/_html_en/new-life-for-old-plants.html
Siemens - New Life for Old Plants

のシーメンス自身のホームページ(英語)に sendai の文字がハッキリと確認できる
In 2008, Siemens was awarded the Asian Power Award for its upgrading of the Sendai nuclear power plant in Japan. Following modernization of the control systems and the three turbines, the output of the plant rose by 40.5 MW to 942 MW.
sendai の原発とは川内原発の事であろう。

この事から 女川原発にシーメンスのシステムが入っていた事は ほぼ間違いない、と思う。
全文の自動翻訳もコピペしておこう。
博士オリバーGeden、ベルリンの国際安全保障担当ドイツ語研究所のEUの気候政策のための専門家によると、効果的な気候保護は、"多くの人がいるのか考え直すことなく、環境的に持続可能な方法で消費するときに開始やって。" For this to happen, says Geden, it will take huge structural changes in how we generate and consume electricity, including expanded use of renewable energy, and more efficient conventional power plants.これを実現するためには、Gedenによると、それは再生可能エネルギーの利用拡大、およびより効率的な従来の発電所を含めて我々は電気を生成し消費する方法に大きな構造変化が、かかります。
Significant progress has already been made in the construction of new power plants.大きな進展はすでに新たな発電所の建設がなされている。 Over the period from 1992 to the present, the efficiency of the latest coal-fired power plants in the industrialized West has risen from 42 to 47 %. 1992年から現在までの期間にわたり、先進西部での最新の石炭火力発電所の効率は42から47%まで上昇している。 This amounts to a huge advance in climate protection.気候保護において大きな前進にこの金額。 For instance, for a 700-MW generating unit, an increase in efficiency of five percentage points translates into a reduction in annual CO 2 emissions of around 500,000 t.例えば、700 MW発電ユニット、50万tの年間CO 2排出量削減に5パーセントポイントの変換の効率の向上のための This is particularly important for China, where, according to the International Energy Agency, one new coal-fired power plant with an efficiency of over 44 % enters commercial service every month.これは、国際エネルギー機関(IEA)によると、44%以上の効率を持つ一つの新しい石炭火力発電所が毎月の商用サービスに入ると、中国、のために特に重要です。
When it comes to upgrading existing power plants, however, there is still massive untapped potential, both in economic and environmental terms.それは既存の発電所をアップグレードすることになると、しかし、巨大な潜在的な可能性は経済と環境の両面で、まだあります。 The average efficiency of Europe's coal-fired power plants is a mere 37 to 38 %.欧州の石炭火力発電所の平均効率はわずか37から38パーセントです。 Only about one in 10 plants tops the 40 % mark. 10工場で約1は、40%台を突破。 That's hardly surprising, given that steam turbines in Europe are, on average, almost 29 years old.それはヨーロッパの蒸気タービンは、平均して、ほぼ29歳であることを考えれば、驚くに。 Gas turbines, on the other hand, are usually of a more recent vintage, with an average age of just under 12 years.ガスタービンは、その一方で、わずか12歳未満の平均年齢は、通常より多くの最近のヴィンテージのです。 Nevertheless, the German Association of Energy and Water Industries (BDEW) estimates that around one-quarter of Germany's power plants will need to be modernized in the immediate future.それにもかかわらず、エネルギーおよび水道業界(BDEW)のドイツ語協会はドイツの発電所の四分の一の周りに近い将来に近代化する必要があると推定している。
As Ralf Hendricks from Siemens Energy explains, the increasing exploitation of alternative energy sources is also accelerating the pace of modernization.シーメンスエネルギーからラルフヘンドリックスが説明するように、代替エネルギー源の増加搾取も近代化のペースを加速しています。 "In Europe, power companies have to convert a lot of older combined-cycle power plants from base- to peak-load operation," says Hendricks, who is responsible for so-called lifetime management and thus for power plant upgrades. "ヨーロッパでは、電力会社がピーク負荷動作ベースのから古いの複合サイクル発電プラントの多くを変換する必要がある、"発電所のアップグレードのためのこうして、いわゆる寿命管理と責任があるヘンドリックス氏は、述べています。
The reason for the conversions is that Europe is ramping up use of land-based and offshore wind farms.変換する理由は、ヨーロッパでは陸上と洋上風力発電所の使用をランプアップされていることです。 When winds are strong, these farms generate lots of electricity, which means conventional plants can scale back output.風が強いときに、これらの農場は、従来の植物が出力を縮小できることを意味電力の多くを、生成する。 But when winds die down, the latter have to be able to reach peak load rapidly to compensate for load fluctuations.しかし、風がダウンして死ぬとき、後者は負荷変動を補償するために、急速にピーク負荷に到達できるようにする必要があります。 The ability to react rapidly not only secures a power company high prices on the power market; an upgraded power plant also reaches its operating point more quickly, which cuts CO 2 emissions.だけでなく、急速に反応する能力は、電力市場での価格が高い電力会社を確保し、アップグレードされた発電所はまた、CO 2排出量をカットしている、より迅速に、その動作点に達する。
Siemens is a specialist in upgrading steam turbines, a job that primarily involves replacing the rotor and the inner casing.シーメンスは、蒸気タービン、主にロータとインナーケーシングを置換などの仕事をアップグレードする専門家です。 The latest in turbine blade technology and enlarged flow areas boost the efficiency and performance of the turbine.タービンブレードの技術で最新と拡大流れの領域は、タービンの効率とパフォーマンスを向上させます。 In addition, the use of new seals in high- and intermediate-pressure turbines reduces clearance losses, which likewise increases efficiency.さらに、高および中圧タービンに新しいシールの使用は、同様に効率を向上させるクリアランス損失を、減らすことができます。 These measures lengthen the service life of the turbine, allowing it to remain in operation for an additional 15 to 20 years.これらの措置は、それがさらに15〜20年のために操作のままにできるように、タービンの寿命を長くする。 As a rule, Siemens also renews the control system for the turbine set or the power plant as a whole (see Pictures of the Future, Spring 2009, "Oh what a Tune-Up!") .原則として、シーメンスはまた、タービンのセットや全体としての発電所向け制御システムを更新します(未来の写真を参照して、2009年春、"ああ何チューンアップ!") 。 According to Dr. Norbert Henkel, responsible at Siemens for the modernization of fossil-fuel and nuclear power plants, it costs between €20 million and €60 million to comprehensively upgrade a steam turbine system for a medium-sized power plant.博士ノルベルトヘンケルによれば、化石燃料や原子力発電所の近代化のためのシーメンスでは責任を負う、それは20万人、€60万包括的に中規模の発電プラント用蒸気タービンのシステムをアッ​​プグレードする€間かかります。 "By modernizing the turbine, we can tease an extra 30 to 40 MW out of the plant. As a result, the initial capital expenditure is amortized within just a few years," he explains. "タービンを近代化することにより、我々は植物の余分な30から40 MWを引き出すことができる。その結果、初期資本支出は、わずか数年以内に償却される、"と彼は説明しています。
Power generator Energie Baden-Württemberg (EnBW), for example, has invested around €30 million on upgrading its cogeneration plant in Altbach, near Stuttgart, a measure that will keep it in action for the next 30 years.発電機ENERGIEバーデンヴュルテンベルク州(ENBW)は、例えば、シュトゥットガルト近郊のAltbachにおけるコージェネレーションプラント、、今後30年間の行動でそれを保持する措置をアップグレードするに3000万€を投資している。 Siemens renewed the plant's control systems and upgraded its steam turbine, replacing the blades and seals, which has made it more efficient and boosted its output by 11 MW.シーメンスは、プラントの制御システムをリニューアルし、より効率的に作られたと11 MWで、その出力を後押ししているブレードとシールを、置き換えて、その蒸気タービンをアップグレード。 The entire outer casing could be retained.全体アウターケーシングは保持することができます。 With around 4,000 operating hours at full load per year, the plant has benefitted from the upgrade with a reduction in its annual CO 2 emissions of 50,000 t.年間全負荷時約4,000の営業時間で、工場は50,000 tのその年間CO 2排出量削減にアップグレード恩恵を受けている As a result, the plant is now classified as one of EnBW's "green" facilities and may, if required, rack up additional operating hours.その結果、植物は今ENBWの"緑"の施設の一つとして分類され、必要に応じて、追加の運転時間をため込むことができる。
North America's power plants are even older than Europe's, with an average of 34 years for steam turbines in the US and Canada, and 17 years for gas turbines.北米の発電所は、ガスタービン用の蒸気の米国とカナダでのタービン、そして17年間34年間の平均で、ヨーロッパのよりも古いです。 Siemens is involved in a number of major upgrades in this area.シーメンスはこの分野での主要なアップグレードの数に関与している。 Some of these cover more than just the turbines, with the company currently contracted to renew the complete control system for a number of plants, including a coal-fired facility in Carneys Point, New Jersey, a combined-cycle plant in Redding, California, and combined-cycle installations in Syracuse and Beaver-Falls, New York, all of which are being fitted with the SPPA-T3000 web-based instrumentation and control system.会社との単なるタービンよりも、これらのカバーの一部は、現在、カーニーズポイント、ニュージャージー州、レディング、カリフォルニア州のコンバインドサイクルプラントの石炭火力設備を含むプラントの数のための完全な制御システムを、更新する契約をSPPA - T3000 Webベースの計装制御システムを搭載されているすべてがシラキュースとビーバー-滝、ニューヨーク、および複合サイクルのインストール。 This system integrates the power plant and turbine control functions in a common, easy-to-use platform.このシステムは、一般的な、使いやすいプラットフォームで発電所やタービンの制御機能を統合しています。 For the operators of Carneys Point, for example, this will provide greater flexibility to tailor operation of the individual generating units to actual demand, along with greater reliability and reduced maintenance costs.カーニーズポイントの演算子の場合、例えば、これは高い信頼性とメンテナンスコストの削減とともに、実際の需要に個々の発電ユニットの調整動作に大きな柔軟性を提供します。

Boosting Output by 100 MW. In contrast to fossil-fired power plants, many of which were commissioned over the last few decades, most of the world's nuclear plants date from the 1970s and 1980s. 100 MWで出力を高める。化石火力発電所とは対照的に、その多くは過去数十年の間に委託され、1970年代と1980年代から世界の原子力発電所の日付のほとんど。 "The conventional components of these plants, including the turbines, all need upgrading at around the same time," Henkel explains. "タービンを含むこれらの植物の従来の構成要素は、すべてがほぼ同時にアップグレードする必要がある、"ヘンケルは説明しています。 Whereas most of the nuclear facilities in Germany have been almost completely updated over the past 10 to 15 years, many of the plants in France, the US, and Japan are still in need of modernization.ドイツにおける原子力施設のほとんどがほぼ完全に過去10年から15年以上更新されているのに対し、フランス、米国、および日本における植物の多くは、近代化の必要としています。 In 2008, Siemens was awarded the Asian Power Award for its upgrading of the Sendai nuclear power plant in Japan. 2008年に、シーメンスは、日本では仙台原子力発電所の、そのアップグレードのためのアジアのパワー賞を受賞しました。 Following modernization of the control systems and the three turbines, the output of the plant rose by 40.5 MW to 942 MW.制御システムとタービン3基の近代化に続き、プラントの出力は942 MWに40.5 MW増加した。 At present, in a contract awarded by Florida Power and Light (FPL), Siemens is overhauling the generator and renewing a high-pressure turbine and two low-pressure turbines at the St. Lucie nuclear plant in Florida.現時点では、フロリダパワーとライト(FPL)が授与する契約で、シーメンスは、発電機をオーバーホールし、高圧タービンとフロリダ州のセントルーシー原子力発電所の二つの低圧タービンを更新している。 This will increase the output of each of the two reactors by 100 MW.これは、100 MWで2基の原子炉のそれぞれの出力を増加します。 In addition, Siemens is installing new high-pressure turbines and modernizing the generator at FPL's Turkey Point nuclear plant, which will boost its output by around 100 MW.さらに、シーメンスは新​​たな高圧タービンをインストールされており、約100 MWで、その出力を後押しするFPLのトルコのポイント原子力発電所、で発電機を近代化。 Both projects are scheduled for completion by 2012.両方のプロジェクトは、2012年に完成を予定しています。
With the exception of France, which generates the lion's share of its power using nuclear plants, the energy mix in Europe still includes a major share of coal.原子力発電所を使用して、その力の大半を生成するフランスを除いて、欧州のエネルギーミックスはまだ石炭の主要なシェアを含みます。 This applies particularly to Central European countries, including Poland, which meets over 90 % of its power needs from coal.これは、石炭から電力需要の90%以上を満たしているポーランド、を含む、特に中央ヨーロッパの国々に適用されます。
At the same time, these countries have the least-efficient power plants.同時に、これらの国々は、少なくとも効率的な発電所を持っている。 In Europe, there are over 500 steam turbine plants that are older than 25 years and in urgent need of modernization.ヨーロッパでは、25歳以上と近代化の緊急に必要になる500以上の蒸気タービンプラントがあります。 This figure includes all the aging plants in Central Europe and is unrivaled anywhere else in the world.この図は、中央ヨーロッパのすべての高齢化の植物が含まれており、世界のどこにも他の追随を許さないです。 In India, for example, where industrialization came much later, there are fewer than 50 plants of a similar vintage.インドでは、例えば、工業化がずっと後に来たところ、同じようなヴィンテージの50の植物よりも少ないがあります。 China, on the other hand, still has a lot of coal-fired power plants rated at efficiency levels of between 26 and 30 %.中国は、一方で、依然として26〜30%の効率レベルで定格石炭火力発電所をたくさん持っている。 To cover the rapidly-growing demand for electricity from industry and households, China is currently building a raft of new power plants, 60 % of which are ultramodern facilities.産業と家庭からの電気の急速に成長している需要をカバーするために、中国は現在、最先端の設備をそのうち60%を新しい発電所のいかだを構築しています。 According to the IEA, China has been able to radically reduce construction costs for such plants, which feature extremely heat-resistant steam turbines, by building a large number of them at the same time and thus exploiting the effects of standardization. IEAによると、中国は根本的に一​​度に多数の構築とそのための標準化の効果を利用することにより、非常に耐熱性の蒸気タービンを備えてそのようなプラントの建設費用を、削減することができた。 China, which tends to close unprofitable power plants rather than upgrade them, has been decommissioning around 50 GW of older fossil generating capacity since 1997 − a process that is due to be completed by 2010.不採算の発電所を閉じるのではなく、それらをアップグレードする傾向がある中国は、1997年以来の古い化石の発電容量の50 GW前後廃棄してきました - 2010年までに完了する予定であるプロセスを。

Rewarding Efficiency. Back in Europe, power companies in the western member states are rapidly upgrading their facilities. やりがいの効率が戻るヨーロッパでは、西部の加盟国の電力会社は、急速にその設備をアップグレードしています。 In this sector, climate protection is still largely a corporate affair.この部門では、気候保護は、主に依然として企業の事です。 Unlike its stance on the automobile industry, the European Union is prepared to let market forces, rather than regulation, bring about power plant modernization.自動車産業へのスタンスとは異なり、欧州連合(EU)は、発電所の近代化をもたらす、市場の力ではなく、規制をできるように用意されています。 That said, climate expert Geden foresees a major upheaval in the power plant market from 2013 onward, when CO 2 emission certificates in this sector will all be auctioned.それは気候の専門家Gedenはこの分野でのCO 2排出量の証明書がすべて競売にかけられる2013年以降は、より発電所の市場で大きな変革点を想定し、言った。
Power companies will therefore have to pay for a percentage of their CO 2 emissions through the purchase of emission certificates.電力会社は、したがって、排出証明書の購入を通じて、CO 2排出量の割合を支払う必要があります。 An exception, however, has been made for many Central and Eastern European countries, giving them until 2020 to catch up.例外は、しかし、2020年に追いつくためにまでそれらを与え、多くの中東欧諸国のために作られています。 During this time, the most efficient power plants will set the benchmark there too.この時間の間に、最も効率的な発電所は、あまりにもそこにベンチマークを設定します。 Power plants meeting this standard will receive emission permits free of charge.この基準を満たす発電所は無料で排出権を受け取ります。 Emissions trading will thus ensure that old power plants become increasingly unprofitable.排出権取引は、このように古い発電所がますます不採算となることが保証されます。 And once the last inefficient plant has been decommissioned, each electricity consumer will have become a little bit easier on the environment − without even thinking about it.そして最後の非効率的な工場が廃止された後、各電力消費者が環境に少し簡単になっているだろう - それについて何も考えずに。




http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&ie=UTF8&rurl=translate.google.co.jp&u=http://whatreallyhappened.com/node/107075&usg=ALkJrhij0YZt8274dXIC2sJmsJNsohYVTw
ドイツの研究者
UKSecrets UKSecrets
There's a team of German Stuxnet investigators - who have carried out the best analysis.
ドイツStuxnetのの研究チームがある - 最高の分析を実施している人。

But they're unpaid!!
しかし、彼らは無給です!

I'll repeat that.
私はそれを繰り返すでしょう。

They did the work in their spare time as Siemens won't pay for the work.
シーメンスは、仕事のために払っていないので、彼らは自分の空き時間で仕事をしてくれました。

It's an older version of Siemens Programmable Logic Controllers software (PLC's).
それは、シーメンスのプログラマブルロジックコントローラのソフトウェア(PLCの)古いバージョンです。

PLC's control all our infrastructure - water supplies, electricity, gas supplies - you name it and its automated using
PLC's. PLCの制御は、すべて当社のインフラストラクチャ - 水の供給、電気、ガスの供給 - あなたはそれを名前とその自動化されたPLCのを使用して。

Here's what they're doing:
ここでは、彼らが何をしているのかです:

According to researchers, Stuxnet has two attack sequences, one that targets a Siemens S7-417 programmable logic controller (PLC) and one that attacks a Siemens S7-315 PLC.
研究者によると、Stuxnetは2つの攻撃シーケンス、シーメンスS7 - 417プログラマブルロジックコントローラ(PLC)とシーメンスS7 - 315 PLCを攻撃するものをターゲットとするものを持っています。

PLCs control functions in industrial facilities, such as the speed at which a rotor operates.
そのようなローターの動作速度などの産業用設備のPLCは、制御機能、。

Security firm Symantec recently determined that the malware specifically targets Siemens systems that are used with frequency-converter drives made by two firms, one based in Iran and one in Finland.
セキュリティ企業のSymantecは、最近のマルウェアは、特に2つの企業が、イランとフィンランドのいずれかに基づいて、いずれかによって作られた周波数変換器のドライブで使用されているシーメンスのシステムを対象としていると判断しました。

Even more specifically, Stuxnet targets only frequency drives from these two companies that are also running at high speeds − between 807 Hz and 1210 Hz.
さらに具体的には、Stuxnetはまた高速で実行されているこれらの2社からのみ周波数のドライブをターゲットにして - 807 Hzと1210 Hzの間。

I can't imagine that Finland was the target, so that doesn't leave many other countries as a target now does it!!
今それが何をターゲットとして、他の多くの国々を残していないように私は、フィンランドがターゲットであることを想像することはできません!

Researchers at the Idaho National Laboratory, which is overseen by the US Department of Energy, may have passed critical information to Israel about vulnerabilities in a system that controls Iran's enrichment plant at Natanz.
米国エネルギー省によって監督されるアイダホ国立研究所、、の研究者は、ナタンツで、イランのウラン濃縮工場を制御するシステムに脆弱性についてのイスラエルへの重要な情報を渡している場合があります。

That information was then used to create and test the so-called Stuxnet worm that was unleashed in a joint cyberattack on Natanz, according to The New York Times.その情報は、
ニューヨークタイムズによると、ナタンツの共同サイバー攻撃で解き放たれた、いわゆるStuxnetのワームを作成し、テストするために使用されていました。

The report, based on anonymous sources, is sparse on detail but asserts that in 2008, INL worked with the German firm Siemens to uncover vulnerabilities in its industrial-control system.
匿名の情報源に基づいて報告書には、細部でスパースですが、2008年には、INLは、その工業用制御システムの脆弱性を明らかにするドイツ企業のシーメンスで働いたことをアサートします。

Stuxnet was then created to exploit those vulnerabilities and was lab-tested at Israel's nuclear facility in Dimona. Stuxnetのは、
それらの脆弱性を悪用するために作成され、ディモナでイスラエルの核施設でラボ試験を行った。

The Dimona facility, according to the Times, has been involved in a joint US-Israel operation for the last two years to thwart Iran's production of enriched uranium and forestall its development of a nuclear weapon.
タイムズによるとディモナの施設は、濃縮ウランのイランの生産を阻止し、核兵器の開発を未然に過去2年間のための米共同イスラエルの操作に関わってきました。

(And that last paragraph explains why Siemens won't pay for any investigation into Stuxnet!).
(また、シーメンスはStuxnetのにどんな調査を支払わない理由をその最後の段落が説明する!)。

Lots more on Stuxnet here:
ここにStuxnetの上ご提供しています。
http://www.wired.com/threatlevel/tag/stuxnet/

Did a US Government Lab Help Israel Develop Stuxnet?
米国政府の研究室では、イスラエルはStuxnetの開発に役立つか?

http://www.wired.com/threatlevel/2011/01/inl-and-stuxnet/

Iran: Computer Malware Sabotaged Uranium Centrifuges
イラン:コンピュータのマルウェア妨害ウラン遠心分離機

http://www.wired.com/threatlevel/2010/11/stuxnet-sabotage-centrifuges/

03/19/2011 - 11:13 2011年3月19日 - 11時13分


多分それは、東京電力は、イスラエルのセキュリティ会社を雇った理由を説明します。

03/19/2011 - 11:22 2011年3月19日 - 午前11時22分
早いなぁw 向こうの人達も。
これがtrueの場合は.....
cabinboy cabinboy

...it unambiguously puts the US and Israel on the list of terrorist nations.
...それは明確にテロ国家のリストに米国とイスラエルを置きます。

The question then is, when will the rest of the world find their balls and slap sanctions on these two rogue nations?
質問は、ときに世界の残りの部分は自分のボールを見つけて、これら二つのならず者国家に制裁を平手打ちされる、ですか。

03/19/2011 - 12:40 2011年3月19日 - 12:40

私は日本がメインターゲットだとは思わない
Archieアーチー

Obviously Japan was intended to be the main target
明らかに日本がメインターゲットであることを意図した

From what I've been reading, granted without depth, Japan is NOT the target.
私は奥行きのない付与、読んでてきたことから、日本は対象ではありません。
If you read the comment on the main page,
あなたはメインページでコメントを読んでいる場合、

... ... the very sorts of mischief Stuxnet supposedly was designed to cause at Iran's power station
いたずらStuxnetの推定上の非常にソートがイランの発電所で発生するように設計されています


Archieアーチー
03/19/2011 - 23:43 2011年3月19日 - 23時43

したがって、この災害が起きたことはなかっただろう
mytrueword mytrueword

if there had been no tsunami which is claimed to have started the shutdown?
シャットダウンを開始していると主張されない津波を実行していない場合は?

Was the disaster meant to happen on March 11, or at some other time?
災​​害は3月11日に、または他のいくつかの時点で起こるように意図されました?

By means of an/the earthquake alone?
単独で/地震による?

If this built-in worm was intended to cause a disaster, why?この組み込みのワームは、なぜ、災害を引き起こすことを意図されている場合は?

And was the intent to be so wide-spread as a nuclear disaster?
と原子力災害ように広がるワイドなように意図でしたか?

And again, why?
そして再び、なぜですか?

Obviously Japan was intended to be the main target.
明らかに日本がメインターゲットであることを意図した。
Why is/was Japan such a threat to the power players? /
日本は電力のプレーヤーにそのような脅威はなぜだったのか?

mytrueword mytrueword
03/19/2011 - 22:58 2011年3月19日 - 夜10時58分

... and look at the initial intent of this Stuxnet virus.
そしてこのStuxnetのウイルスの最初の意図を見てください。

Israel and the US were essentially planning to attack Iran with their own nuclear facilities.
イスラエルと米国は、基本的に自らの原子力施設でイランを攻撃することを計画していた。

Why are the US and Israel after Iran in the first place?
なぜアメリカとイスラエルは、最初の場所でイランの後ですか?
Supposedly, because they were intending to attack the US or Israel with weapons they are GOING to build with their nuclear facilities.
彼らは武器を米国やイスラエルを攻撃しようとしたので、おそらく、彼らは彼らの核施設を建設しようとしている。

Meanwhile, Iran has not done anything wrong.
一方、イランは何もしていません。
They built a power plant.
彼らは発電所を建設。
Everyone in the world knows this because the results of the atomic energy investigations prove it..
原子力の調査の結果がそれを証明するため、世界の誰もがこれを知っている..
They did not attack anyone.
彼らは誰かを攻撃しなかった。

But the US and Israel clearly did.
しかし、米国とイスラエルは明らかにしなかった。

So this must be why it is OK for IDF troops to kill anyone they want to without justification.
それは正当な理由なく、
彼らがしたい人を殺すためにIDFの軍隊のためのOKですかだから、これは必要があります。 B
ut it's wrong for anyone else to kill IDF troops that have given every indication that they are going to kill them.しかし、それは彼らが彼らを殺そうとしているすべての指示を与えているIDFの兵士を殺すために誰でものために間違っている。

As long as the world is willing to turn a blind eye to this ludicrous situation, it will continue to happen with every enemy Israel can make.
限り、世界はこのばかばかしいような状況に目をつぶっても構わないと思っているとして、
それはイスラエルが行うことができるすべての敵で発生していきます。

03/21/2011 - 11:36 2011年3月21日 - 11時36分
わはw 一緒だなw

リスクのあるすべてのNuke炉
UKSecrets UKSecrets


How come all nuke reactors are at risk?
すべての核の原子炉が危険にさらされているどのように来る?
Frequency-converter drives are used to control the speed of a device.
周波数コンバータのドライブは、デバイスの速度を制御するために使用されます。

“Using nuclear enrichment as an example, the centrifuges need to spin at a precise speed for long periods of time in order to extract the pure uranium,” Symantec's Liam O Murchu told Threat Level earlier this month.
"例として、核濃縮を使用して、遠心分離機で純粋なウランを抽出するために、
 長時間の正確な速度で回転する必要がある、
"シマンテックのリアムO Murchuは今月初めに脅威のレベルに語った。

“If those centrifuges stop to spin at that high speed, then it can disrupt the process of isolating the heavier isotopes in those centrifuges … and the final grade of uranium you would get out would be a lower quality.”
"それらの遠心分離機は、その高速で回転し停止する場合は、
 それらの遠心分離機の重い同位体を分離するプロセスを混乱させることができる...
 そしてあなたが出るだろうウランの最終的な成績は、低品質になる。"

1. 1。 Drives run cooling systems.
ドライブは、冷却システムを実行してください。
2. 2。 Drives run emergency backup systems.
ドライブは、緊急時のバックアップシステムを実行してください。
3. 3。 Drives run Uranium processing.
ドライブは、ウランの処理を実行する。

If the drives fail - you have Chernobyl.
ドライブが故障した場合 - には、チェルノブイリあります。

To those homeless people in Japan..
日本におけるそれらのホームレスの人々に..
the fact that all their backup systems failed could be a fluke - or not.
すべてのバックアップシステムが失敗したという事実は、まぐれかもしれない - またはない。

Once last thing about the Stuxnet code, once forensically analysed it contains references to biblical people who "saved the jews".
かつてStuxnetのコードについての最後の事は、
一回フォレンジックそれが"ユダヤ人を救った"聖書の人々への参照を含む分析した。

It's only accessed using forensic software - but its there.
それは唯一のフォレンジックソフトウェアを使用してアクセスしている - が、その存在する。

I deny all knowledge...
私はすべての知識を否定する...


03/21/2011 - 12:47 2011年3月21日 - 12時47


私がチェックし、福島はいた
Mike Riveroマイクリベロ

I checked, and Fukushima had upgraded their equipment, and yes they use the very Siemens controllers Stuxnet was designed to interfere with.
私がチェックし、福島では、自社の機器をアップグレードしていた、とはい、
それらはStuxnetのがと干渉するように設計された非常にシーメンスのコントローラを使用してください。

Michael Riveroマイケルリベロ
webmasterウェブマスター
What Really Happened
何が本当に起こった

04/12/2011 - 22:17 2011年4月12日 - 午前22時17分


ちなみに この人、向こうのブロガーなのかな?w
中々に情報通のようで

福島&その他NUKEの災害|実際の出来事を
9月5日 午前9時35分 邦彦武田:"ガールトークしない"
おいおいw 向こうにも名前が知られているよw

んで コメントには

HAARP / Stuxnetの福島第一原子力 悪夢サンプソンオプション
福島、フォートカルフーン、ロスアラモスの災害に起因する成長している反反核感情は、
それは今米国から盗まれたミサイル防衛の技術を誇る、その急成長核兵器を、非表示に続けて、
イスラエルに有利に働くでしょう。
とかとか ホント 向こうでも同じように考える人はいるんだね
5。 The coming population crash due to induced environmental and economic factors (Gulf of Mexico oil spill, Fukushima nuclear debacle, food hyper-inflation, targeted under-employment will reverse Israel's growing demographic marginalization due to the world's burgeoning population.
誘発される環境と経済的要因に起因する今後の人口のクラッシュは、(メキシコの原油流出の湾、福島核崩壊、雇用の下に標的食品ハイパーインフレは、世界​​の急成長​​の人口のために、イスラエルの成長人口統計学的疎外を逆にします。

6. 6。 A Review of global air mass circulation, vis a vis total available radioactive particles, looks to leave Israeli's sphere of influence, Asia Minor/central Asia relatively unscathed by the radiation plume now covering the northern hemisphere (US, western Europe):
グローバルな空気の塊の循環の見直し、可視可視使用可能な総放射性粒子は、現在北半球(米国、西ヨーロッパ)をカバーする放射線のプルームによって比較的無傷影響のイスラエルの球、小アジア/中央アジアを残すことになります。

これらの環境災害のために、"住みやすい"世界が小さくなります。
As a result, Israel will emerge as the remaining major world power (thanks to US subsidies), as the rest is reduced back to the stone age.
その結果、イスラエルは、残りは石器時代に戻って減少すると、残りの主要な世界のパワー(米国の補助金のおかげで)として出てくる。
Israel has built its own system of underground bunkers in the Negev desert.
イスラエルはネゲブ砂漠の地下バンカーの独自のシステムを構築しています。
The reduction of the nation state to controllable territories wthout rule of law is one of the main tenants of the neoconservative philosophy.
法の支配wthout制御可能地域への国民国家の減少は、ネオコン思想の主要なテナントの一つです。

7. 7。 Israel's host and erstwhile ally, the United States, is disintegrating due to the Fukushima disaster, Gulf of Mexico oil spill, disastrous economic policies pursued in the wake of the so-called 911 attacks (inside job).
イスラエルのホストとかつての同盟国、米国は、メキシコの石油流出の湾は、、のため福島県の災害へのいわゆる911攻撃(ジョブ内)のきっかけに追求悲惨な経済政策を崩壊されています。
For Israel, who looks upon the dominate US Christian theology as anathema to Judaism, a collapsed US would remove an eventual and persistent existential threat.
イスラエルは、ユダヤ教への破門として米国のキリスト教の神学を支配している際に見える人、倒壊した米国は最終的と永続的な実存的脅威が削除されてしまいます。
The Japanese financial implosion will accelerate the US financial debacle.
日本の財政崩壊は、米国の金融崩壊を加速していきます。

イスラエルは、米国とヨーロッパを持って、有毒な住宅ローンへのエクスポージャーを持っていません。
With the continental US in chaos, it will impossible to support 800 military bases world-wide.
混沌の大陸米国と、それは世界的に幅800の軍事基地をサポートすることは不可能でしょう。 Meanwhile, Israel and its "new friend" China will emerge as the new powers in the world.
一方、イスラエルとその"新しい友人"中国は世界で新たな大国として浮上するだろう。
なるほどねw
まず先にアメリカと日本を心中させ その後にEUや他の世界をも崩壊させ
ノアの箱舟に乗って脱出するイスラエル=ユダヤの選民は
中国と手を組んで新たな支配者として君臨する、と。

フクシマの惨劇は その序章の一つにすぎない という事だよね。

海の向こうも こちら側も 考える事に大きな差は無いねw




活動家のポスト:FOIAの勝利は、携帯電話の令状なしの追跡をより多くの光脱ぎ捨てられるだろう
予想通り スマートフォンの位置情報が官憲へ盗み取られる事に対する訴訟が向こうで起きているようで
そんな情報が不思議に皆無な日本は まさに白痴の国だよね。

控訴審で、DC回路には、政府が有罪判決につながったケース記録を開示しなければならなかったの地方裁判所の判決を支持しました。

In holding that the disclosure of these records would be in the public interest, the court noted that the “disclosure sought by the plaintiffs would inform this ongoing public policy discussion by shedding light on the scope and effectiveness of cell phone tracking as a law enforcement tool.” The court remanded to the district court to decide whether disclosure of records that did not result in a conviction was similarly in the public interest.
これらの記録を開示することが公共の利益になると判示では、裁判所は原告が求める"開示が法執行ツールとして携帯電話のトラッキングの有効範囲と有効性に光をあてることによって、この継続的な公共政策の議論を知らせることに留意した"裁判所は有罪判決を受けるしなかった記録を開示することが公共の利益にも同様にあったかどうかを判断するために地裁に差し戻した。

We're very pleased with this week's victory and hope that it's only one more step in the process of uncovering the full extent of the government's location tracking practices.
我々は今週の勝利、それが唯一の政府の位置追跡手法の全容を暴く過程で一歩だという希望を持って非常に嬉しく思います。

We look forward to sharing the documents that are released as a result of the court's decision, and continuing our fight to strengthen the laws that protect your location privacy.
私たちは、裁判所の判決の結果としてリリースされているドキュメントを共有し、そしてあなたの場所のプライバシーを保護する法律を強化する私たちの戦いを続けることを期待して。


活動家のポスト:ポスト9月11日NSA"敵は"私たちが含まれています
うあ こっちはヒデェ
"それらの会話の一部が個人的な、"と彼女は言った。
“Some even intimate.
"一部であっても親密。
… I had a real problem with the fact that people were listening to it and that I was listening to it.
...私は人々がそれを聞いていたことと、私はそれを聞いていたという事実と現実的な問題があった。
… When I was on active duty in '94 to '98, we would never collect on an American.”
...私は94年に98年現役でいた時、私たちはアメリカ人で収集することはない。"

Despite his hollow campaign protests, President Barack Obama has greatly expanded what President George W. Bush began.
彼の中空キャンペーンの抗議にもかかわらず、オバマ大統領は、非常にブッシュ大統領が始めたものを拡大している。
And through amendments to the Foreign Intelligence Surveillance Act, Congress largely ratified the secret Bush program.
と外国諜報活動偵察法の改正を通じて、議会は多くの場合秘密のブッシュのプログラムを批准。

So much intercepted information is now being collected from “enemies” at home and abroad that, in order to store it all, the agency last year began constructing the ultimate monument to eavesdropping.
あまりにも多くの傍受情報が、そのすべてを格納するために、自宅で"敵"から収集し、海外にいるされている、代理店は、昨年は盗聴への究極の記念碑の建設に着手しました。

Rising in a remote corner of Utah, the agency's gargantuan data storage center will be 1 million square feet, cost nearly $2 billion and likely be capable of eventually holding more than a yottabyte of data − equal to about a septillion (1,000,000,000,000,000,000,000,000) pages of text.
ユタ州のリモート隅に上昇し、代理店の巨大なデータストレージセンターは、100万平方フィートである20億ドルの費用が、おそらく最終的にデータのヨタバイト以上を保持できるようになります - テキストの約セプティリオン(1,000,000,000,000,000,000,000,000)に等しいページ。


活動家のポスト:"ビッグブラザー"の監視の年齢を支配する最高裁判所

この11月に最高裁はなる画期的なケースを聞いて準備を進めている、
決定の法執行機関は、個人の私生活を詮索することができるどこまでを。

近年、GPSは携帯電話を有効にするとデバイスは、個々の活動のクロックアップデート定数ラウンドを晴れやか、個人データの宝庫であることが証明されている。

これらのデバイスの増加ユビキタスで、彼らの合法性は国の下級裁判所に分かれている熱い議論の中心となっています。

いくつかの最近の判決で、裁判官は、デバイスが"オーウェル"またはビッグブラザー風と彼らは不合理な捜索押収に対する保護合衆国憲法修正第4条に違反することに心配と呼ばれています。

月の例えば、シカゴの連邦控訴裁判所の判事ダイアンP.ウッドはGPSの監視を使用することを書いた"'1984、ジョージオーウェルは彼の有名な小説で描かれているシステムを作る、"は不器用なようです。"

最近では、ブルックリンの連邦地方裁判所の裁判官ニコラスG. Garaufisは、携帯電話の塔からの位置データの114日分のための政府の要求を拒否しました。

Garaufisはリクエスト"オーウェルの侵入"と呼ばれ、その裁判所は、まず"技術の革命的な変化は、既存の合衆国憲法修正第4条の教義への変更が必要かどうかに対処し始める。"必要があります

最高裁判所は11月に聞く予定されている米国対ジョーンズ、で、国のトップ裁判官は、法執行当局は、合法的に容疑者の車にGPSデバイスを接続し、一度に数週間のための彼らの動きを追跡することができるかどうかに対処します。

より広く、最高裁の決定は最終的に継続的に携帯電話、料金所、または交通システムと組み合わされているかどうかを個々の位置を記録デバイス移入技術の時代における第4修正の制限を決定します。

ジョーンズのケースは、最高裁は、現代の技術は、ビッグブラザーに私達が私達の家の外で行った全ての変更を監視し、記録することが法の執行を有効にしているかどうかを判断するために必要な、"スーザンFreiwald、サンフランシスコの大学法学部教授は語った。

Frewaldの感情をエコー、ブルックリンの連邦地方裁判所の判事ジェームズオレンスタインは、昨年の意見で書いた、"テクノロジーは我々の社会の社会的、文化的、そして政治には参加しようとする者がないを持っている点に進んでいる現実的な選択肢が、他に、いない場合は全体として公共の、以前に紛れもなく、プライベートとみなされていた行動とコミュニケーションの広い範囲に公開する。"
さてNシステムや免許証のICの合法性そのものにすら嫌疑を挟ませようとすらしない日本の官憲なんだけど
そういう宗教右翼の巣窟は 都合の悪い所では こういう話を一切に無視するようで。
日本が法治国家だって? まさに 何の御冗談を?w でしかないよね。

まぁ その分に向こうは
活動家のポスト:9 / 11の後の十年、警察署は、ますます武装さ
という話だが。


https://twitter.com/hterai/status/112633217688936450
確かにこれが全て…超同意。
RT @naoyako マスコミ記者は冗談を言いながら接近する。
それにうかつに答えると、失言と書立る。
…ちょっかいをかける意地悪記者
…警戒心なく御調子にのる大臣
…失言を拡大宣伝するマスコミ
…辞職だ解散だ人格に問題と騒ぐ野党。

これが日本の政治のすべて。
違うよ
ニホンというコッカにて管理統制する側に加担するテロリスト達とは

情報テロを担当して家畜奴隷を管理統制する畜主 マスコミ新聞テレビ大手メディア
通常兵器を担当して家畜奴隷を管理統制する畜主 官憲と宗教右翼ヤクザ
核兵器を担当して家畜奴隷を管理統制する畜主 東電や資源外交派の官僚と下僕官僚

特に邪魔な政治家へは 総力を挙げて攻撃をしているだけの話



https://twitter.com/#!/aurora173/status/114331570323730432
超重要設備なのにPLC使用? 国内の優秀なDCSを何故使わない?

RT @jhatajinan: RT @prisonopera 見解:PLCがSiemens製SCADAシステムの1部でフクイチ制御に採用導入されたのは事実。...☞ http://enzai.9-11.jp/?p=6534
 ↓
DCS - Google 検索
http://www.musin.co.jp/MicroCont.html
システムの話なんかは完全に素人の俺だけど
そんな俺でさえPLCの言葉を最初に聞いた時 あれ?確か? と記憶はしていた。
福島第一原発事故直後の情報統制の中で そういうシステムの話を露骨に強引に避けていたからこそ
俺ですら考えざるを得ない という状況が この話の出発点だったよね。

それを 今尚に一語として触れようとしないんじゃ、むしろ疑うなと言う方が無理だよねw
紐を晒しているようなモノだよねw

さてさて この話は まだまだ追いかける余地が充分にありそうだ。








あと コメントも必ず参照してください。
そっちでしたかw 俺も まだまだ甘いですね。
つーか 読めませんよ そんなのw

続きは別の機会に。




posted by 誠 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども!キラーパスが飛んできましたね。ただ、情報量が多すぎてシュートが決められるか心配になってますw

二点、コメント残しておきます。

まず『Sendai nuclear power plant とは、鹿児島県の川内原発 ではないでしょうか』という指摘がツイッターで寄せられました。川内原発はカワウチとばかり思っていたのだけれどセンダイと読むらしいです。つまり、仙台の女川原発ではなく、川内センダイ原発を指しているのではないかと。

もう一つ、

stuxnetなら簡単に説明できるのに
RT @tokuyamamura 負荷が複数あるみたいだから各々別のタイマーにしておけば影響は少ないだろうに
( #iwakamiyasumi3 live at http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi3)
おそらく 東電の会見を見てのコメントと思われる。

この部分は東海村の再処理工場で、『東海村日本原燃施設内の3施設でで20分間ブロア停止、再処理では電源落としたら自動で切り替わる(年次点検)はずが、今回3機を兼ねていたタイマー作動せず。おそらくタイマーの故障、環境には?』というトラブルが起きた(9/13かな)際の保安院の記者会見を受けてツイートしました。 こんなのクソネット以外に説明つかないと思うのだけれど。あまり騒がれていないけれど放射能漏れしたらしいですね。




いつも読みづらいブログの記事や呟きを拾ってくれて感謝です。言葉足らずの部分、説得力が増す言葉で補ってもらって申し訳ないです。しょっちゅう『てにをは』を間違えるんで添削よろしくですw

ところで誠天調書様のトップページ、ツイート数が3515回(Chromeのエクステンション、Twitterつぶやきカウンターより)。ここまでつぶやかれているのに検索かけてもあまり出てこないのはなぜですかね?でわでわ(・∀・)


Posted by ハタ迷惑 at 2011年09月16日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。