https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2011年09月30日

第2ゾーン強制移住地域(年間5msv〜)の除染のカネは出すけど其処に住め、
第3ゾーン任意移住地域(年間1msv〜5msv)は除染のカネも出さないけど税金を払え。

文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果についてhttp://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf 2011年9月29日
こんなのは3月に実施と公開をすべき物であり あまりに遅すぎる。

ま ついに出てきたので この辺りの記事もリンクして行こう、
チェルノブイリ周辺域との比較をする為に ね。く

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No107/tomura090807.pdf

http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/ikeda0609.pdf

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/tomura.pdf


誠天調書 2011年06月25日
ナロジチはチェルノブイリ原発から西に約70キロ。
汚染状況は均一ではなく 地形や風向きや降雨などなどの影響を大きく受けている。

15Pの土地の汚染状況の数字を見るとナロジチはCs137で
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/ikeda0609.pdf の32P や他の資料によれば
1991年の移住に関する法律は
それまでの 148,000bq/u以上の地域の強制避難地域 は そのまま継続して
新たに下記の基準を定めた。

強制避難地域 30キロ圏内    
第1ゾーン 強制避難区域 148,0000 bq/u〜
第2ゾーン 強制移住区域 55,5000 bq/u 〜 148,0000 bq/u (年間5msv〜相当)
第3ゾーン 任意移住区域 18,5000 bq/u 〜 55,5000 bq/u (年間1msv〜5msv相当)
第4ゾーン 管理強化区域  3,7000bq/u 〜 18,5000 bq/u  (年間〜1msv相当)


年間5msv〜相当以上の場所は 人が住んではならない場所とされているのだ。



菅直人と枝野が 如何に民族浄化と大量虐殺の尖兵でしか無かったのか が コレで証明された訳だ。
核の運用を嬉々として続けた 明治政権官僚機構と自民党に属し続ける連中なんざ
鬼畜悪魔と呼称する事に 何一つの問題も無いかと。


http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No107/tomura090807.pdf の18Pにて
ナロジチでは 地面に直接にガイガーカウンターを置いた数値が0.61、
其れでも農民は厳重なマスクをして農作業を行っている。

東日本の一般民衆が如何なる状況に置かれているか?
海外の者達は東日本を如何に眺めているか?
それでも この期に及んで分からない人は
まぁ 自分の体に何が起きているのかも理解できないでしょうから もう助けきれませんね。



http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/ikeda0609.pdf
などを 読み解いてみる



ナロジチはチェルノブイリ原発から西に約70キロ。
事故前の人口は2,7000人、事故後2/3が移住。
2010年1月1日の地区行政登録者は9590人。

居住地62kuのうち
   
第1ゾーン 強制避難区域 14,8000bq/u〜
第2ゾーン 強制移住区域 55,5000 bq/u 〜 148,000 bq/u (年間5msv〜相当)
第3ゾーン 任意移住区域 18,5000 bq/u 〜 55,5000 bq/u (年間1msv〜5msv相当)
第4ゾーン 管理強化区域  3,7000bq/u 〜 18,5000 bq/u  (年間〜1msv相当)


とあるが
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No107/tomura090807.pdf
の15Pの資料だと ほぼ1/3ずつに在ったりするので
第3ゾーン任意移住地域 第2ゾーン強制移住地域 第1ゾーン立入禁止区域 が均一に存在している。

現在のナロジチは 国の経済的理由から移住政策が中断し 今でも人々が住んでいる。
産業基盤であった農業は衰退し、自家菜園での自給自足中心の生活。


事故5年後の1991年 と 事故10年後2001年のナロジチ地区にある町村の
推定年間被曝線量(外部被曝+内部被曝)は

第2ゾーン強制移住地域 事故5年後の1991年で4msv 事故15年後2001年で平均1.2msv
第3ゾーン任意移住地域 事故5年後の1991年で2msv 事故15年後2001年で平均0.5msv


事故15年後2001年のナロジチのセシウム137の放射線量を691人(うち14歳以下63人)を測定すると
平均は1,7000bq/kgとなっている。
食品から1日あたり120bq/kgのセシウム137を 1年間に取り続けて 体内に蓄積される量に相当する。
フクシマ以前の日本人の平均は20bq/kgである。

現在の日本のセシウム137の暫定基準値は500bq/kg
この基準ギリギリの食品を240g食べただけで120bq/kgとなる。

ICRP.Publ.72を基に年間の被曝量を計算すると
120bq×365日×1.3×10-5msv/bq = 0.57msv



ナロジチ地区中央病院の調査の範囲で
成人の総罹患率が
1988年(事故2年後)は 10人に1と あまり変化が無いが
1993年(事故7年後)は 10人に3人 と大幅に増加して
2008年(事故22年後)は 10人に6人 となっている。


2008年 罹患率 1万人当たり
呼吸器系疾患  2260
血液疾患     302
新生物      281
神経系疾患    221
心臓血管系疾患  178
内分泌疾患    166
消化器系疾患   96
筋骨格系疾患   64

17歳以下の2008年 罹患率 1万人当たり

心臓血管系疾患 6036
血液疾患    1708
新生物     1205
神経系疾患    831
消化器系疾患   713
内分泌疾患    607
呼吸器系疾患   123
筋骨格系疾患   18

心臓血管系疾患が非常に高い。
子供、更に胎児・赤ちゃんの時の被曝の影響が大きい。



成人の新生物罹患率
1983年〜1988年 1000人に1人
1993年〜1998年 200人に1人
2003年〜2008年 100人に2〜3人


0歳〜17歳の総罹患率
〜1988年  1人に1疾患
〜1998年〜 1人に1.5疾患
〜2008年  1人に2疾患


0歳〜17歳の新生物罹患率
〜1988年  100人に4人
〜1998年〜 100人に5人
〜2008年  100人に12人


外部被曝 癌(新生物) だけで被曝を考えて良いのか?

癌で亡くなる確率にしても 違いが有る。
10msvで
1万に5  (ICRP 国際放射線防護委員会)
1万に10 (BEIR アメリカ科学アカデミー委員会)
1万に40 (J.W.ゴフマン氏 カリフォルニア大学名誉教授)

1万に10 (ECCR ヨーロッパ放射線委員会)
ただしECCRは内部被曝の場合 核種ごとの係数を乗する。
例えば ストロンチウム90は300倍。



と、内部被曝 および 低線量障害における他の罹患 が如何なるモノになるのか?
という観点では チェルノブイリでの除染の現場で動いてきた人達の情報だけに とても説得力が有る。

ちょっと面白いのが
被曝 内部被曝(76%)外部被曝(24%)
としている事。
つまり 外部被曝の年間量の4倍が予測される年間被曝総量になる という意味にも取れるよね。
俺の住む千葉市は今0.2μsv/時間の位なので安直には ×24×365=1.752msv となる。
千葉市ですら第2ゾーン強制移住地域が少なくない という感じだよね。

コレで風評被害?w
まだ原発実害の隠蔽が可能だと思っている連中を 俺は絶対に許せない という感情しか起きない。




http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/fukushima&chernobyl.pdf
チェルノブイリから学ぶ福島原発震災
 2011/7/1更新
流石に 良い資料ばかりを まとめて置いてあります

http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/osen.pdf
放射能汚染下でどう生きるか
 2011/7/1更新
現場の人達の話。文句の付けようが無い位に素晴らしい の一言しかない。
除染による農家のバイオマス自家発電 という話を
東京電力や電力会社は絶対にマスコミ新聞テレビ大手メディアへ流させないだろうねw



チェルノブイリ救援・中部
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/


そして この現場での経験を持つ人達による こんなのも有る。

南相馬市放射線量率マップ(2011年7月版)が完成しました。
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/pg244.html

 ↓
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/msoumasokutei.pdf
南相馬市役所から北北西へ向かって(北を見て西に18度の傾き)に沿ってデータを整理すると
東西方向に きれいにデータが並ぶ。
海側から山側へ向けて二次関数的に放射線量が高くなっている。

3月15日〜16日に北北西に向かう風に乗って放射能汚染が広がった事を データが示している

このデータ と 今日の冒頭のデータ は、ほぼ一致している。

そして彼らが集めたデータを基に 以下の区分けが為されている


第2ゾーン 強制移住地域 22.9% (年間5msv〜相当以上)
第3ゾーン 任意移住地域 72.3% (年間1msv〜5msv相当まで) 
第4ゾーン 管理強化区域 4.8%


南相馬市で この数字である。 コレを基に今回の記事の冒頭の地図を見て欲しい。
地図の場所で有ろうとも汚染状況は均一ではなく 地形や風向きや降雨などなどの影響を大きく受ける。
さて 東日本が如何なる状況に在るか?
こういう最低限の状況確認をすら怠った者達の末路が如何なる事になるのか?
流石の俺ですら 絶句するしかない。



 ↓
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/PORESHE.html
 ↓
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/124.pdf
隔月刊活動誌「ポレーシェ」 NO.124 11.07.31号

調査の様子などが書かれている。
東電を拒絶した南相馬市の苦闘が垣間に見える部分は 被害の凄まじさを猛烈に伝えてくる。

ウクライナから福島への募金の話や ウクライナから被災者へのメッセージなどの話も書かれている。
ウクライナの農業大学の者の こんな話も有った。


第2ゾーンで91年まで農業をやっていた。表土をひっくり返して下に埋めた作物の汚染は1/10に下がった。
最初、鋤で30cmをひっくり返し、次にもう一度ひっくり返して有機質の20cmが上になるようにした。

23年間モニタリングをしてきて、自然のプロセスで表土の放射線量は下がっている。しかし地下水や沼地の放射線量は高い。昨日ナロジチの第2ゾーンのフリスチニウカ村へ行った。線量は40μレントゲン(0.1マイクロシーベルト=10マイクロレントゲン つまり0.4μsv)の場所から わずか180cm離れたホットスポットでは250μレントゲンまで上がった。
井戸が有り流れた水が溜ったものか?
福島でも水の溜まる所では高くなるのではないか?

そしてナロジチ行政長との懇談の言葉などが記されている。

2012年は より大きな規模の30万haでナタネ栽培を計画しています。

ナタネプロジェクトのBDF製造は興味深い。汚染地での加工用作物の栽培が可能と実証された。BDFは車・トラクター燃料に使える。
残念ながらナロジチ地区は 人口が激減したので労働力も資金も無いから、ナタネ栽培の拡大は無理。
州行政としてやれば、汚染地で加工用農産物が可能となり雇用も税金も生まれるので、
ナタネプロジェクトBGは興味深い。家畜の糞や雑草も活用できる事をセミナーで紹介すると良い。

ナロジチ地区に住んでいる住人を置き去りに出来ないのでBG発展に協力していきたい。
このまま発展していけばウクライナ・日本に利益が有り
ナロジチ地区だけでなく日本の被災者にとっても役に立つと考える。

まだ始まったばかりの技術で 特に細かい部分では手探りな箇所が多いように思えるが
技術の根幹部分は成功しているように俺にも思えるので かなりかなり期待できる。




ヒマワリによる放射能汚染土壌の浄化は可能か
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/_userdata/himawari.pdf

この人達が そう言うのならば 俺に異論などが有るはずもない。
そして土地の除染へ対して 此処まで見事な文章を俺は他に見ない。
農業を復活させる現場経験者が此処に居る。

カネを流させては大量虐殺と民族浄化を平然と繰り返す連中を悪魔鬼畜と呼ぶ、
そんな俺は本当に間違っているのだろうか?




【本の紹介】人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響
バンダジェフスキー著 チェルノブイリの子どもを救おう会・久保田護 訳


この本は体内の放射性セシウムが人間の健康に与える影響ならびに放射性防護手段を述べている。(中略)...放射性セシウムが人体に入るのを防ぐ手段のデータならびにセシウムの除去法を示した。この本は体内の放射性元素が人間の器官に与える問題を調べている多くの人々、開業医、研究者向けである。(本書より抜粋)


価格:1,000円(送料込み)
※当団体では購入できませんのでご注意ください。
お問い合わせ先メールアドレスはこちら>> mkubota925アットyahoo.co.jp
(チェルノブイリの子どもを救おう会・代表 久保田護)




で 見ていたら こんなのに行き当たった

小金井市に放射能測定室を作った会
http://www.ne.jp/asahi/levelzero/earth/
私たちはチェルノブイリ原発事故をきっかけに
小金井市に購入された放射能測定器で食品に含まれる放射能を測定し続けているグループです
http://www.ne.jp/asahi/levelzero/earth/measure.html
食品の放射能を測ってほしい時は(2011年3月)
*利用は小金井市に在住・在勤・在学の方に限ります。営利目的はお断りします。


step1
小金井市役所経済課に問い合わせの電話をして下さい。
測定日の指定があります。


step2
指定日の朝9:00に検体(測りたいもの)を小金井市立上ノ原会館D室に持参し、
小金井市放射能測定器運営連絡協議会の測定者に渡してください。

検体は食品に限ります。
200ccの容量が必要です。
固形のものはミキサーなどで細かく砕いてきてください。
(粉砕が困難な場合はご相談下さい)

料金は無料です。
へぇw すごいな
step3
受付票に必要事項を記入してください。


step4
夕方、検体を引き取りに来てください。測定結果を記入した通知書をお渡しします。

セシウム134とセシウム137の合計数値(ベクレル)を測ります。
測定時間は1食品6時間程度です。
(ただし370ベクレル以上が検出された場合は別途精密検査を行いますので、
 ご持参頂いた検体は返却できません)


何か疑問の点がありましたら「小金井市に放射能測定室を作った会」までご連絡下さい。

小金井市放射能測定器運営連絡協議会 公式サイト
http://hosyanousokuteishitsu-koganei.jimdo.com/

自前の機械を持っているようなので 当然に震災前から行っていて
今は保育園や学校の給食などで行ってます
測定方法と結果
まさに やる気の問題 でしかないという事を 此処が実証していますね。
ただ結果の表に違和感を感じている その意味は後述する。


ちなみに その自前の機械は
ヨウ化ナトリウム(タリウム)シンチレーションディテクタ
測定方法 200cc 6時間

  食品中のセシウム134およびセシウム137の放射能濃度を測定


こんなのが あるんだ。

ヨウ化ナトリウム(タリウム)シンチレーションディテクタ - Google 検索
 ↓
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/journal/2007/pdf/01-37.pdf
と チェルノブイリからの食品検査で使われ続けてきた機器で
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/sokutei/sokutei.html
東京都健康安全研究センターでは、ヨウ化ナトリウム タリウム(NaI(TI))シンチレータを検出器に用いたモニタリングポスト
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/ea/radiation.htm
悪くは無さそうだ。


http://kyoya5052.blog52.fc2.com/blog-entry-752.html 2011/09/02(金)
小金井市の放射能測定室 愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
小金井市には、放射能測定室というのがあり、
チェルノブイリの事故の後、その影響を測るため、市が放射能測定器を購入して、
それを市民の手で、輸入食品などをずっと測定してきました。

活動は、めったに放射能は検出されなかったので、実に地味な細々とした活動でした。

ところが、福島の事故の後、一挙に注目の的になり、マスコミにも大きく取り上げられるようになりました。
全国で、こうした活動は他に、藤沢市しかありませんので、いろいろなところから見学もきています。
市民が測定の申し込みをしても何か月か待たされるという状況です。

最近、その放射能測定器に関して、
消費者庁が、食品中の放射性物質を測定する自治体に、検査機器を無償で貸与する方針を明らかにしました。

食品の放射能汚染を心配する声が消費者からあがっているためだといいいます。
そのため、審議官が測定室の来て、いろいろ聞き取りをしたそうです。
全国モデルになりそうです。

活動の状況を説明しますと、
小金井の場合は測定器の購入維持管理(保守点検)は市が行い、
測定を市民団体がボランティアでやっています。

測定にかかわっているメンバーは7〜8人です。

測定作業そのものは、
<スタート時> 
分析器操作は数分、試料を準備(粉砕等)して検出器に入れ、分析器のスイッチを3つ押すだけ

<データ取り出し時> 
30分程度分析器のデータをPCに転送、情報を入力し、
結果をプリントアウト測定はセットした時間(6時間後)に自動的に終了するので
朝の「入れ」当番と、夕方の「出し」当番がいればOKです。

月1回の定例会で測定結果の確認や評価を行い、翌月の当番を決めています。
当番は人によりますが、
3.11前は月1回、3.11後は週1回くらいです。

測定活動自体にはお金はかかりません。
なるほどねぇ、やっぱり やる気の問題なだけだな。

http://nakano.seikatsusha.net/back/item/all/1313480170.html
機器は300万円程で購入したが、
メンテナンスに年間30万円かけて継続してきたそうだ。
市の施設の一角に測定器はあった。

3月11日以前は週に1回程度の測定で依頼も少なかったそうだが、
以後は週2回に増やしたものの12月まで測定依頼は一杯詰まっているとか。

2008年には、輸入ブルーベリー製品からセシウム137が検出され
関係所管に連絡し、輸入差し止めに至ったことがあった。
フランス以北のヨーロッパの製品だそうだ。

ずっと継続して測定してきたからこそだと感心しました。


中野区でもかつては測定器が保健所に設置されていたが、平成17年に廃棄したとのこと。
区民との協働で面々と測定し続ける事ができていたら、
今も現役で中野区の給食の食材も調べる事ができたのに残念です。


ただ測定方法と結果
4/8 測定品目 ----  産地 ---- (注)
というのが有り どうにも何かあったようですねw

 ↓
≪測定室&小金井市-3-≫放射能測定室に対する小金井市HP、少し前進!!
http://blog.goo.ne.jp/sakaietsukoo/e/3c71e355838105acd23f0b834b34387d
茨城県産のブロッコリーについては、放射性セシウムが500ベクレルを超えたと発表しました。
が その後に発表を不思議に取り下げたようで 露骨に圧力が有ったなw とミエミエでしたね。
4/8 の段階で 其の発表を可能にした体制そのものは 高く評価されて良いと思う。
他にも

http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/keizaika/info/D03040202.html
小金井市放射能測定器運営連絡協議会のホームページで発表された食品の放射能測定結果について:小金井市公式WEB 2011年9月14日 更新
「対策会議」がここまでの実施した公式な放射能検査結果等の概要をお知らせします。

これまでの検査結果の概要について
 ・3月24日から5月15日まで都内農家で採取した農産物
  (ホウレンソウ、コマツナ、ミズナ、アシタバ、生茶葉等)を検査した結果、
  放射性ヨウ素・セシウム共に暫定規制値を下回りました。

 ・小金井市の近隣市についても、三鷹市、小平市、国分寺市のホウレンソウ、
  コマツナを5月11日に採取し検査した結果、暫定規制値を下回りました。

 ・小金井市の検査は6月23日に実施する予定です。都内の検査の順番は、
  福島からの距離が近い自治体から、ホウレンソウ、コマツナ、ミズナの
  作付面積が概ね5ヘクタール以上の自治体を優先に行います。
なんか 色々あったんだねぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あくまで「狂気の暫定基準値」を下回ったとだけ小金井市としては発表していたいようでwwwwwww
地方官僚というカルトの末端部分では てめぇらの保身の為ならば大量虐殺も民族浄化も全くに辞さない
という事を見せつけてくれますねwwwwwwwwwwwwwwwwwww

つまり どんなにボランティアが頑張っても、
あくまで機械は市の所有物なので データの公表には露骨に介入するという訳だwwwwwwwwww


風評被害とかいう核テロリストの詐術を 原発実害という言葉へ真っ向に押しきる者達がいなければ
データを計り続けるだけでは無駄なんだよね。
この場合 ボランティアの者達に全てを託すのは酷であり 本筋としては政治家の力の問題になろうかと。


暫定規制値(Bq/Kg)を超えた製茶について:小金井市公式WEB
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/keizaika/info/housyanoukouhyou.html
平成23年8月24日に
市民から小金井市放射能測定器運営連絡協議会へ
食品の放射能測定として持ち込まれた製茶から 暫定規制値を超えるセシウムの値が検出されました。

念のために、27日に再び長時間測定(24時間)を行い、
この測定でも同等の数値が確認されました。

さらに一般の検査機関 一般社団法人 日本海事検定協会 食品衛生分析センターでの測定でも
暫定規制値を超える値が検出されましたので、
その結果について報告します。

この測定結果は9月5日、産地である埼玉県に報告を速やかに行い、埼玉県は9月6日に公表を行いました。
産地に窺いを立ててから発表する という方式になっちゃっているんだよね。
それじゃ意味が無い罠

シンチレーション検査→再検査→外部によるゲルマニウム検査→公表 で良いのに
なんで其処で1枚を噛ませるんだろうねぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

だから平然と こういう事を言い出す



https://twitter.com/arths2009/status/119450588860776448
「二本松産米、出荷しないで」 市にメール相次ぐ
http://www.minyu-net.com/news/news/0929/news10.html
収穫前の一般米の放射性物質予備調査で
二本松市・旧小浜町のコメから1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出されたことに関して、
同市に対しコメを出荷しないよう求める内容の電子メールが相次いで寄せられていることが
28日、分かった。

電子メールは、県が予備調査の結果を発表した23日以降、寄せられている。

内容は「コメを出荷しないでほしい」「なぜコメを作ったのか」といった趣旨のものが多く、
中には「汚染されたコメは自分たちで食べるべき」といったものまであったという。

同市幹部は
「農家や市は原発事故の被害者で、非は全くない。加害者と捉えられていることが悲しい」
と肩を落とし、
「安全な農産物の流通を徹底し、消費者の信頼を得るようにしたい」
と話した。
アホか?
弱い者が更に弱い者を叩いたら加害者責任が免れられると?
上意下達のカルト構造から逃れる事が出来ない奴隷根性が丸出しのままの 蛮族野蛮人の本性そのものだから
物事を正確に論じる能力が皆無となる。


「コメを出荷しないで」「なぜコメを作ったのか」メール相次ぐ
かといって、農水省、環境省、国交省・・縦割り行政の壁は厚い。政府の英断もない。
カルトの下僕でしかない奴隷根性しか持てなかった者達は
更に弱い者を叩く為の口実を造る詐術だけが長けるようになる。

こんなもんは カルト国家の話を持ち出す以前の
個人として最低限の判断をすらできない連中による「民族浄化と大量虐殺の現場」の話でしかない。
安全な農産物の流通を徹底し、消費者の信頼を得るためには自治体だけの方策では無理だ。
農水省、環境省、国交省・・縦割り行政の壁は厚い。政府の英断もない。

は言い訳にすぎない。

被災地では田植えの時点(通年よりずれ込んだ5月下旬)で、
福島県の農家は風評(もしくは汚染米)を自覚しております。
なので、被害者であったとは言え、汚染の可能性を「知らなかった」とは通用しません。

宮城県ですら「自覚」していました。
sankei.jp.msn.com/affairs/news/110504/dst11050421430028-n1.htm

わかりやすく例えれば、
農家という車が、東電という完全に悪い車に一方的に追突されて大破したのに、
農家という車をまだ動くからとして運転しだしたら、どう思いますか?

そうした多くの東電被害車で他の無汚染車を巻き添えにしている、
「被害者なら、少々のことはいい」という理屈は成り立つはずはないですよね?

除染の上で作付をしたほうがいいのか
作付けしないで そのままおいておいたほうがいいのかの
明確な知見もないまま行政からの指導もなければ、そりゃ、農家はつくるでしょう。

1年放置した田んぼがどうなるか、農家なら誰でも知っていることです。
「なぜ米をつくったのか?」に関しては、明確な答えがあると思いますね。
ほほうw
では その人達は自作農という自覚は無い訳だw それは単なる小作農でしか無いじゃん?w
農家の誰もが そういう上意下達のカルト構造の中から逃れられない輩しかいない
という事になるのね?w


汚染米に関しては、バイオマス燃料への転換など、早急に具体的な活用方法を確立することでしょう。
これから暫定規制値の見直しが進めば、汚染米の量は もっと増えるはずですから。
米のバイオマス? そんな事が可能なの?
そら除染をも含めてのシステムが確立が出来たら良いんだけどねぇ
農家は地震の前から種もみや肥料を準備していた。
荒れた田を元通りにするのがどれだけ大変か。
そのすべての労力の分まで、作付けせずに政府は100%保障してくれますか?
国の小作農を宣言してるだけじゃんw
本当に福島とその周辺の米だけが悪いのですか?
かつて諸外国が核実験をしていたころ、私たちは雨に濡れないようにと言われていた。
あの頃より危険なのか?
情報や知識が低すぎる。あの頃の米を食べて死んだというデータがどこにある?
それでも農家の人を殺人者扱いするのか?
なら 殺し合いをするしか無いな。
俺は そういう農家を「人殺し」と言いきるだけだ。

殺される可能性が有るモノが投げつけられながら 投げた輩が泣き脅しに入った所で
誰が同情をするんだろうねw



https://twitter.com/eatyveggy/status/119379132890095616
もう基地外だ。チェル周辺でさえ、こんな馬鹿げた要望は出なかった。
8産地食品はずっと不買中。
こんなことするなら今後も買えないや。

食品の放射線基準値「厳し過ぎ」。8知事が見直し要望。
東京、千葉、茨城、栃木、群馬、福島、埼玉、神奈川。
http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY201103280513.html?ref=reca
東京、千葉、茨城、栃木、群馬5都県の知事は28日、
枝野幸男官房長官と蓮舫・食品安全担当相を訪ね、
現状の暫定基準値は「非常に厳しい基準だ」として、
食品安全委員会の評価に基づく新たな基準づくりを急ぐよう求めた。
福島、埼玉、神奈川の知事も加わった8知事でまとめた緊急要望書も手渡した。

知事たちは、農産物の出荷・摂取制限についても、基準値を下回った場合は解除を急ぐとともに、
制限方法を県単位ではなく一部地域にとどめる形に変えるよう求めた。

蓮舫氏への要請後、大沢正明群馬県知事は報道陣に
「風評被害がひどい。数値が下がったのにいつ解除してくれるのか、しっかり示してほしい」
と述べた。

石原慎太郎東京都知事は「日本一の消費地の東京でもモノが足りなくなり、上がってきている。
県単位でバサバサ切るのではなく、政府はもう少しきめの細かい措置をとってほしい」と語った。
風評被害ではなく原発実害でしか無いので
そういう事を明言できない限り そもそもの話を聞く段階にすら無いけどね。

なので 上記の都道府県の作物の検査結果は 一々に産地に窺いを立てる事も無く公表する事が
きめ細かい措置への第一歩になる事は間違いない事でもあるので
其処のアホヅラした知事たちの目算通りに どんどん公表しないといけませんね。



https://twitter.com/ld_blogos/status/119408060111405056
年間線量5ミリシーベルト以上の地域は国が除染すると言う一方、5ミリシーベルト以下の地域の除染には財政支援がゼロと判明
http://news.livedoor.com/article/detail/5900167/


第1ゾーン立入禁止区域(年間5msv〜)の除染のカネは出すけど其処に住め、
第2ゾーン強制移住地域(年間1msv〜5msv)は除染のカネも出さないけど税金は払え。
という事です。

狂ってる という表現以外に語彙が無い そんな己が知性の低さが恨めしい。





http://twitter.com/#!/yyninjo/status/119396331331661824
節電って思うからいけない、辛くなっちゃうんだ。。。
大量殺人企業に対する不買運動だと思えばやる気もでます!
まぁ そうだけどさw



偏向NHKがひた隠す天下り根絶なる増税前提条件: 植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/nhk-efa7.html


http://twitter.com/#!/yyninjo/status/119396504384454657
福祉の為だと言われ消費税が導入されて22年たつが、
毎年2200億円の社会保障費は削減され続けていた。
消費税の累計は224兆円、大企業への減税は208兆円。
結局 消費税というのは大企業減税の穴埋めだった
http://twitter.com/#!/yomoyama/status/118812058669166592
11兆円増税ですか。
我が国はアメリカの債権を700兆円も保有しています。
それを1円たりとも売れないのは どう考えてもおかしいでしょ。

http://twitter.com/#!/yyninjo/status/119396571447173120
大企業が言いたがらないことがある。
日本では社会保険料の企業負担が欧州などにくらべて低い。
税と社会保険料をあわせると、
財務省が発表した数字でも、日本の大企業の負担はフランスの7割程度となっている。

http://twitter.com/#!/yyninjo/status/119397836654784512
ヨーロッパ諸国の社会保障が充実しているのは、消費税率が高いからだとの主張が広められているが、
それは嘘。
消費税の割合は、各国とも1割程度でしかない。
企業がきちんと社会保障の財源を負担しているからだ。
社会保障の財源を負担の割合 日本26.6%スウェーデン40.3%フランス44.1%だ。

http://twitter.com/#!/yyninjo/status/119396277640380416
法人税40%は高いといいながら
実はソニー12.9%、住友化学16.6%、パナソニック17.6%なのだ。
研究開発減税という大企業優遇税制がある。 出鱈目だよね




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110929-00000173-jij-spo
WBC交渉は強気に=米側を「帝国主義」と批判―巨人渡辺会長 時事通信 9月29日(木)22時33分配信
収益配分交渉が難航している2013年開催予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、
巨人の渡辺恒雄会長は29日、
「最初から妥協しては駄目。駄目なら駄目で、つき合う必要はない」
と、不参加も選択肢に含めた強気な姿勢で交渉するよう要望した。

日本野球機構(NPB)など日本側は、
代表チームへのスポンサー料とグッズ販売権の譲渡を求めているが、
米大リーグ機構(MLB)と同選手会が運営する主催者側は拒否の姿勢を崩していない。
渡辺会長は
「日米同盟については堅持派だが、プロ野球のアメリカ帝国主義はいいかげんにしてほしい。
 横暴だから五輪も野球が排除された」
などと述べ、米国側を非難。
話し合いが決裂した場合は「アジアを中心に独自のものをやればいい」と持論を語った。

何を企んでる?
ま 単に統一球を止めたい口実なだけの まさに浅慮なクズな発想でしかないだろうけどな?w




最近は 巡回更新が間に合わないのを もう諦めてるなぁw






posted by 誠 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。