https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年02月25日

最高裁とマスゴミの癒着の証拠がコレだ!

ラ・ターシュに魅せられて 最高裁は法の番人? コレ見て下さい! ホントは法の犯人だってことが判るでしょ? 最高裁事務総局
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-531.html

わはwwww すげぇwwwww 良く見つけましたwwwwwww
俺も以前に なんかの件で調べようっと思って でも其処は使いにくくって断念してたんですよね。


もともとは・・
60ページほどの公文書ですが・・
全て掲載するのは面倒なので・・(笑)

最高裁発行の公文書であることを示す・・1枚目と
問題の2枚目 (公文書では54ページ) を
ご覧戴くことにします。


但し・・
もっと具体的な調査をしようとすると・・
トップページの調達参考情報から・・
物品等の調達情報・・
次のページの・・
一般競争入札の入札公告・・
指名競争入札の入札公示・・
肝心のこの先を調べようとすると・・
先へ進めません。

なぜかと言うと・・
プラウザの対応がインターネットエクスプローラの
バージョン6にしか対応しないから。 (苦笑)
現在の最新バージョンはIE9です。
いまどき・・
IEにしか対応してないページなんて・・
しかも、バージョン6なんて・・
5年前です。
今の・・最新のIE9やXP対応のIE7は勿論、
少し遅れたバージョン7でも見れないワケです。 (笑)
やってくれます・・。
ヤツらは・・
情報後悔法に従い (笑)
嫌々公開したのですが・・
見てもらっちゃ困るから・・
バージョンアップしてないってこと。

しかし、見れる公文書の中にも・・
穴は見つかりました。 (笑)


具体的には
 http://courtdomino2.courts.go.jp/chotatu.nsf
 最高裁判所 物品等の調達情報 | 公示の種類の選択
  ↓
 http://courtdomino2.courts.go.jp/internet/B2PublicSupplyInformationTbls/B2528F01/2245
 13.公共調達の適正化に基づく公表(過去の契約金額等)


掲載期間の入力があるので
(例:2008/07/30)
の数字の部分2008/07/30を最初と最後の両方にコピペ
最後の方は まぁ2012/01/30とでも修正してください。
で 検索 を押しますと 一覧が出てきます。

此処も 相当に酷いですね
掲載期間 2011/03/18〜2012/03/19
掲載期間ってw  一般民衆の監査を拒絶したいんですねw
俺は2008年からの検索を掛けているのに2011年の平成23年分しか出てきません。
ある意味では 日本の監査の頂点 でもあるだろう最高裁判所で この有様。

で 話の本筋は ↓ こちら


平成23年4月契約分
http://courtdomino2.courts.go.jp/internet/upload/B2/B2PublicSupplyInformationTbls/10173/3/sksSpiqzC.pdf

の 107P/163P の部分が
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/l/a/t/latache1992/201202241355120f7.jpg

の 109P/163P の部分が
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/l/a/t/latache1992/20120224135502102.jpg

に それぞれ当たります



問題の2枚目。109P/163P の部分
契約先をご覧になってください。

共同通信ニュース受信契約と
時事通信ゼネラルニュース受信契約・・
があります。
いわずと知れた我が国の2大通信社です。

中央の大新聞は勿論・・
地方新聞などは・・
ほとんど、この2社の配信ニュースをそのまま垂れ流します。

書類のなかほどに
この2社と随意契約した理由が記されています。
グルメブログだと言われると困りますので (苦笑)
全文転記しましょう。


「本件は、全国の裁判所の判決についての関連取材、人事異動等の報道発表に備えて情報収集、事前情報の誤りの指摘、誤報の防止等を目的に利用するものである。契約の相手方からは、各新聞社の新聞記事となる直前の情報が配信され、不適切な箇所があれば、指摘及び変更が依頼できる」



これは事前検閲そのものです。
全国にニュースを配信する
この2大通信社は・・
年間1000万円と800万・・の契約金 (税金)。
この利権欲しさに・・
国民の知る権利を阻害してるってワケです。
しかもこれは数十年にわたって続けられてることです。

レギュラーの皆さんは・・
この部分をコピペして・・
是非retweetしまくってください!(笑)
タイトルは・・
最高裁とマスゴミの癒着の証拠がコレだ!
でいいでしょう。 (笑)

憲法の番人・・
だと思ってたところが・・
とんだ犯人だったってこと。
この国の闇の深さを思い知りましたね。 (苦笑)

流石の俺でも
 こ れ は ヒ ド イ
って 書いちゃいますね。
完全にアウトじゃん。

法の番人が率先して法治を捨ててるんだから
そら 真っ当な法治が行われる筈も無い。
マトモな支配統治が行われるはずが無い。

これが法治国家?w
最高裁へ向かって「チャンチャラオカシイわw」ってな言えちゃう話でしか無いよね。
俺も今回のタイトルは 其れにしましょうw



https://twitter.com/kiyowanajiageya/status/172984353670959104
最高裁とマスゴミの癒着の証拠がコレだ! 「事前検閲」そのものです。
全国ニュースを配信するこの2大通信社は・・年間1000万円と800万・・の契約金 (税金)。
この利権欲しさに・・国民の知る権利を阻害してるってワケです。

しかもこれは数十年にわたって続けられてることです・・

https://twitter.com/kiyowanajiageya/status/172985011065192448
最高裁事務総局が国民洗脳の黒幕だった!
「全国の裁判所の判決の関連取材、事前情報の誤りの指摘、誤報の防止等を目的に利用する。
 各新聞社の新聞記事となる直前の情報が配信され、
 不適切な箇所があれば、指摘及び変更が依頼できる」
これは最高裁判所からの公文書です・・



さて、「一人で500万票集めるオトコ」。

天敵朝非が10段割いてインタビュー掲載です。 (笑)
相変わらず・・だいぶ編集されてます。 (苦笑)
でも、まあまあじゃないですかね。

グルメブログのレギュラーは・・
新聞・テレビを信用しない人がほとんどですが・・
それでもたまに・・
「こんなこと書いてありましたが・・ホントですか?」
こうしたお問い合わせを頂戴します。
新聞やテレビが、
"オザワがこう言った・・"
などと書いてるのは、
そのほとんどが、会合に出た議員の口から発せられたものです。
例えば本日も・・

考えてることは・・
我が闘争。
やってることは・・
我を通そう・・なこのオトコ。

橋下

このオトコが・・
発表したときは "基本政策" だと胸を張り・・
批判が集まると "実は、たたき台です" と引っ込めた・・
年中失策。

コレを「一人で500万票集めるオトコ」が評価した・・
と報じられたがホント?
なんてお問い合わせがございましたが・・
実際言ったのは、
「一部良いことも書いてるが・・よくまあこの内容で人気が出るなぁ・・」
この発言の一部分を会合出席者が
だメディア連中に話すと・・
"小沢 橋下を評価!" って報道になっちゃう。 (苦笑)

朝非見たってそうでしょ?
8つのうち・・
2つの部分の、そのまた一部を評価してるってだけ。

モノがまったく違うのですから・・
ハナから相手にするハナシではございません。




http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/726.html
最高裁 今度は憲法違反の「検閲」疑惑 (日刊ゲンダイ) 
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5092.html 




https://twitter.com/AmboTakashi/status/172958596236181504
最高裁が裁かれる時こそこの国に正義が実現される時だ 
http://www.amakiblog.com/archives/2012/02/24/#002195


都内の某所である集会に呼ばれて出かけて行った。

小沢裁判の全ては
この国の最高裁による周到な作為であった事を検証する人たちが
メディア関係者を読んで それらを明らかにし
メディアを通じて拡散して欲しいという目的の集会であった。

行ってみたら
主要な週刊誌や反権力紙の記者たち、
ネットブロガーらが集まっていた。

その中には政治家秘書もいた。



この国の最高裁判所がこの国の正義の実現を政治的に決めている
という現実である。

その最高裁を事実上動かしている最高裁事務総局という一握りの司法官僚たちの権力の大きさである。


その集会で内部告発者により提示された証拠の数々は驚くものばかりであった。

数年前の司法改革で突然できた裁判員制度、検察審査会制度改革は
すべて周到に練られた最高裁の作為であったこと。

検察審査会に強制起訴という絶大な権限を与えたこと。

そしてその人選をコンピュータに委ねるという中立性を装いながら、
それを受注した天下りのソフト会社と結託してアリバイ作りをしていたこと。

一連の小沢裁判の目的は、
当時表面化しつつあった
もう一つの国家を揺るがす大きな政治疑獄を封印するための眼くらましであったこと。
などなどがいくつかの内部資料に基づいて明かされた。


しかも最高裁判所の犯罪はそれだけではない。

最高裁判事の人事が この国の支配者層の間で たらいまわしされ、
最高裁の悪業を支配者たちが分かち合って もたれあって
この国の「正義」を欲しいままにしている現実がある。

その中には私を首にした竹内外務事務次官や
私の同期の谷内正太郎元外務次官が含まれている事を知って
俄然 私の怒りに火がついた。

憲法9条違反を承知の上で
米国の要求を受け入れて日米安保条約を日米同盟に深化させた竹内外務事務次官が
憲法の番人である最高裁に判事として天下る。
これはもう ほとんど冗談だ。


検察審査会の人選を決める いかさまソフト を受注したソフト会社に
官僚やメディアのOBが天下る。

その中に同期の谷内正太郎氏が含まれ、
名前を貸すだけで千数百万円の年収を手にする。
恥ずべき第二の人生だ。



最高裁による裏ガネの存在も明らかにされた。

私が一番驚いたのは、
最高裁が特定のメディアに報酬を与え、他のメディアの報道内容を事前に調べさせ、
最高裁に都合の悪い記事があれば
それを潰す画策まで依頼している事実が明らかにされたことだ・・・



https://twitter.com/ompfarm/status/172951752591679489
裁く側がトカゲの本体。組織的関与って、そういう事なのになぁ。



http://ameblo.jp/59rg7a/entry-11174385411.html

2月24日 魔窟最高裁事務総局と接触!行政文書開示閲覧同席を求め・・経理局課長
「警察呼びますよ」と恫喝!(一市民が斬る!
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/699.html



一緒に活動するI氏から、最高裁事務総局に開示請求した行政文書「審査員選定ソフ
トの発注仕様書」等が閲覧できるようになった、同行してチェックしてほしいと連絡
が入った。

2月23日10時、I氏と最高裁判所西門で待ち合わせた。
当日は酷い雨、寒かった。


<最高裁判所内には容易に入れない!>

I氏「秘書課のアキモトさんお願いします。既にアポを取っています」
守衛「ご用件は」と聞く。
I氏「用件を話す必要ないでしょ」

雨の中、待つこと10分近く、西門にアキモト氏が秘書課職員を連れてやってきた。
アキモト氏、一市民Tに向かって「貴方は誰ですか」
I氏「一緒に文書の開示を求めているものです。私が代表で開示請求をしましたが。
一人だと聞きそびれるといけないので、同行してもらいました」
アキモト氏「開示請求した人でないと、中には入れませんよ」
T氏「それはおかしい。どこの官庁でも、同行者も話を聞けましたよ。」
アキモト氏「最高裁はダメです」
一市民T 「情報開示はあなたたちの義務ですよ。何故、それを拒むんですか」
アキモト氏との問答が続く。
I氏「こんなに雨が酷いのに、何時まで外で話をさせるんですか。いい加減にしてく
ださい」
アキモト氏「それでは、中で話しましょう」
ロビーに入ると
アキモト氏「ここでこちらから開示の案内状を見せてもらいます」
I氏「打ち合わせ室に入ってからでよろしいのでしょ」
アキモト氏「ここで見せてもらいます」
I 氏、案内状を見せる。
I氏「何故、同行者を入れないのか。入れないと言う規則はどこに書いてあるのです
か」
アキモト氏「入れないのは当然です。請求者でないから」
一市民T「一緒に聞いて何が問題あるのですか」
アキモト氏「請求者ではないからです」
押し問答続く.。


<最高裁事務総局経理局管理課長登場>

少し離れて脇で監視していた一人の男性が近づいてきた。
その男「同行者は入れません」
一市民T「貴方は誰ですか。私も名刺を出しますから、貴方も名刺を出してくださ
い」
渋々名刺を出した。 「最高裁判所事務総局経理局管理課長 清水孝」とあった。
清水課長「私は、裁判所内の管理を任されている。貴方は管理上裁判所内に入ること
は出来ない。全ての人に入場を断っている」
一市民T「請求に名前を連ねてないが、一緒に開示請求をしたものです。何で、脇で
聞いているのが悪いのか」
問答が続く。
清水課長「お帰りにならないと、警察を呼びますよ」
一市民T「そうですか。それなら警察を呼んでください。警察と話しますから」
清水課長「......」
一市民T「ここから電話したらどうですか。早く呼んで下さい」
清水課長「呼んでもいいのですね。」
一市民T「どうぞ。早く呼んで下さい」
清水課長「ここからではなくて部屋から電話を架けます」とその場を離れる。
5分ぐらいして清水課長戻ってくる。
一市民T「警察には連絡したのですか」
清水課長「警察には連絡しませんでした」
一市民T「呼んで下さいよ。待ってますから」
一市民T「失礼なこと言って。謝りなさい」
清水課長 しゅんとなり、急に低姿勢になる。
清水課長「言い過ぎました。部屋に戻り、担当部局と相談してきました。今日のとこ
ろは申し訳ないがお引取り願いたい。今度話を聞きますので。第一検審で、動画を
録ったり、録音を取ったりした人がいるもんですから、こういう対応をとってしまい
ました」
一市民T「わかりました。今日はこれで引き下がります。I氏が閲覧終わるまで外で待
つことにします。その代わり、私もI氏と同じ内容についてすぐに開示請求するか
ら、来週その閲覧に参ります。宜しいですね」
アキモト氏「わかりました。但し、開示が何時になるか約束できません」
一市民T「開示資料は今そこにあるので時間はかからないはずですよ」
アキモト氏「確かに開示書類がありますが、何時開示できるかお約束できません」


<清水課長、喫茶室に案内、さらには最高裁判所内案内も。>

清水課長「外で待ってなくて結構ですよ。裁判所内に喫茶室がありますのでご案内し
ます」
喫茶室に案内され、誰もいない喫茶室で180円也のコーヒーを呑みながら待った。
20分ぐらいして、清水課長が喫茶室に現れた。
清水課長「I氏が開示を受けている閲覧室の前までご案内しましょう。部屋には入れ
ませんが」
清水課長に連れられ、長い廊下、いくつかの階段を上下し、I氏が開示を受けている
閲覧室前まできた。
清水課長「ここで今I氏が話を聞いています。今度一市民Tさんが来る部屋です」
喫茶室に戻りながら、最高裁判所内を案内してくれた。「ここが大法廷の入り口で
す。この先に小法廷が3つあります。」と。思いがけなく裁判所見学が出来た。
喫茶室に戻り、清水課長と10分ぐらい面談。
一市民Tがイカサマソフトの話を持ちかけるが、
清水課長「自分は担当でないからよくわからない。だが、ソフトがそうだとしても、
検審の職員はそんな事しませんよ」
一市民T「第一検審で動画を録られた件、事務総局内で話題になっているのですか」
清水課長「いや、ブログで知ったんです。街カフェとかいうブログです」
(藤島氏の街カフェは、最高裁で相当有名なようだ!)

I 氏が戻ってきたので、「今度また来ます。その時は宜しく」と云って帰路につい
た。

事務総局課長の「警察呼びますよ」にはたまげた。
事務総局はイカサマ審査員ソフトのことを公表されて相当慌てているようだ。


元記事リンク:http://civilopinions.main.jp/2012/02/224.html

ケイサツが単なるヤクザ暴力団でしかない 事をも含めて
色々と 無茶苦茶にすぎるよね。



https://twitter.com/nobuogohara/status/170342382183788544 郷原信郎

[元秘書の供述調書採用せず 小沢氏公判、有罪立証の柱失う]
http://www.47news.jp/news/2012/02/post_20120217113201.html 
当然の決定。
これで、常識的には、「小沢氏有罪」は あり得ない。

万が一に 有罪判決が出される ようなことがあれば、
それは、もはや「裁判」ではない。



日常的に、人の言葉 と 家畜の鳴き声 の区別もつかないような者達には
または
自分の口から発せられるモノが 人の言葉 と 家畜の鳴き声 の区別もつかないような者達には、
この程度の法治の基本への理解すら殆ど期待できない、
というのはウチの右のリンクの柱の上の方の者達を見ていれば 馬鹿馬鹿しい位に分かるけどね。



http://news.yastoro.com/archives/5236058.html
光市母子殺害事件の弁護団に怒りのコメント殺到 - 明日は明日の風が吹く
それが仕事だと言われたらそれまでだが、被害者への冒涜にも程がある。こういう行為に対して法で取り締まって欲しいぐらいだよ。まあ、この件については、真っ当に弁護したら本当に死刑を免れてしまうから、それをさせない為に頭がおかしい弁護士になって、敢えて死刑になるように仕向けた、という事なのかもしれないねぇ。それぐらい頭おかしい事を言い続けてる訳だから。

 ↓

https://twitter.com/Yu_TERASAWA/status/171739343159951362

光市母子殺害事件と安田好弘弁護士、
単行本『福田君を殺して何になる』については、
松田まゆみさん @onigumoobasan のブログもご一読ください。


http://onigumo.kitaguni.tv/e2517206.html




それにしてもマスコミの報道はどうだろう。死刑が確定したとたんに実名報道をはじめた。「福田君を殺して何になる」で実名を出したときには、寺澤さんや増田さんを少年法違反だと批判した(増田さんは福田君に実名報道の許可を得ていた)のに、なんとも御都合主義だ。

家庭環境に恵まれず発達が遅れた少年が犯した罪に日本は死刑をつきつける。更生の余地が十分にある少年に更生の機会を与えようとしない。被害者遺族の立場ももちろん尊重しなければならないが、死刑で誰が報われるのか? 復讐や厳罰化は人の心を荒廃させるだけだろう。

DQな程度のゲームの先を未だに考える事も出来ない程度にしかモノが考えられないような存在達には
自分達が 単なるカルトの下僕 でしかないことが永遠に理解できないのであろうか?
自分達の情報流通が 単なるカルトの手先 でしかないことが永遠に理解できないのであろうか?

DQな程度のゲームの敵を倒して正義を果たした爽快感や達成感が 別に人を成長させる訳でも無い、
意味もなく“敵を倒して正義を果たした爽快感や達成感”だけを得る事は 逆に害悪の方が圧倒的に大きい。
『俺たちアメリカは強姦魔だ。
 社会に適応できない 未熟者だ。
 風貌は衰え何をやっても様にならない。
 そのくせ性欲だけは旺盛で アフガニスタン の次はイラクまでも犯そうとしている。
  初めて犯したヒロシマの処女の味が忘れられないんだ。 』 ...

自分が こんな存在のはずは無い とか思ってる人は多いだろうけど
単なるカルトの下僕 でしかない自分自身を自覚できない者達の圧倒的大多数は
「そういう存在」でしかないよね。


見方を変えれば 
 その背景にあるモノへの考察のも洞察も想像をする事で
 そんな自分達の救いようのない愚かさが有る可能性へも言及する
という事で 人を成長させる という道は有るかもしれない。

でも
イギリスから正義の名の下に権益を簒奪し
大陸を西進しながら正義の名の下に略奪と簒奪を繰り返し続け
今は世界中で略奪と簒奪を 正義の名の下に繰り返し続ける者達、
その価値観の正体とは何か?を自らの口で説明しきる前に
自分は頭が其処まで悪いはずは無い とか言い出しているだけでしかない事にすら もし気づけない
のならば
 オウムの信者 な程度をも軽く凌駕する「狂信的なカルト信者」でしかない
という事にも気づいていない あまりに哀れな存在なんだけどね。




平成24年2月23日 武田邦彦 (中部大学): 情報短信 原発再開・・・同じ不真面目さ
http://takedanet.com/2012/02/post_85f6.html

本日の朝日新聞には「原発防潮堤 整備進まず」という大見出しの記事が1面トップに出ましたので、
多くの方が見られたと思います。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/02/23/bandicam_20120105_101440868.jpg
大新聞のトップにしては 実に不見識な記事で、
もともと上の写真にあるように福島原発事故は
「5.7メートルの防潮堤に15メートルの津波がきて、原子炉を襲った」
ということに「形式的」になっているだけで、

本当は、下の写真で判るように、
http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/02/23/bandicam_20120105_102000811.jpg
津波は原子炉建屋の前にあるタービン建屋(高さ37メートル、標高6メートル)で完全に止まっていて、
建物の隙間から わずかに原子炉の方にいった流れと、
原発の南側の防潮堤の無いところから進入した海水が
原子炉の後ろから回り込んだもので浸水して爆発したのです。

つまり、「津波で破壊した」のではなく
「浸水で電源が止まり、破壊した」のですから、
原因を科学的に判断すれば防潮堤を高くしても安全にならない
のは小学生でも判断できることです。
あーあwwwwwwwwwwww
武田教授までが 此処までを言いだしちゃったよwwwwwwwwwwwwwww

んで
 東電が嘘をつきまくっているだけだから
 地震や津波の浸水など以外の理由で電源が止まった かどうかは
 マトモに精査すら進んでいない
ので 当然に その先の話を行間に滲ませる という文章の深読みしちゃう俺がオカシイのでしょうね?w



原発の関係者は「とにかく再開する」というのではなく、
今回の事故を職業倫理として深く反省し、真なる原因を突き止め、
それを改善して、正直に国民に説明し、同意を得て進めないと、さらに混乱が続くでしょう。
真面目にやって欲しいものです。


しかし、政府も専門家もマスコミもないも同然なのですから、
私たち自身が再開の意見交換会に出て行って、
「防潮堤は関係ない」ことを表明しなければならないでしょう。



2009年3月3日以降 俺が散々に小沢西松陸山会事件のキチガイ沙汰を指摘し続けても
311以降 俺が執拗にstuxnetの話を書き続けても
ウチのブログの右の柱のリンクの上の方に位置する者達は
リンクから それなりにアクセスが流れているはずだから知らないはずはないだろうにねw

結局 カルトの下僕達は死ぬまで治らない という事かな。
当人達は良いだろうけど 家族や子供が あまりに哀れだね。




https://twitter.com/jhatajinan/status/172784719036035072
http://www.zerohedge.com/article/according-yomiuri-stuxnet-was-yn-japan-october-2010

Google 翻訳
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&ie=UTF8&u=http://www.zerohedge.com/article/according-yomiuri-stuxnet-was-yn-japan-october-2010
2011年4月末で 向こうでも此処まで考える人達は居たんだよね、やっぱりw




https://twitter.com/ompfarm/status/173046599952502784
温度計すべてを「故障」にするのも時間の問題かもですね。
2号機は内部爆発だけに事態悪化でも、手が出せず。
QT @jhatajinan: フクイチ2号機の温度問題。
あちこちの温度計が代わるばんこに異常値を示しているって、
その温度計のそばを核燃料が通過中なんでは?って思うけれどね。


小出教授は
http://mkt5126.seesaa.net/article/253763974.html
→ http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65791529.html 
と言ってます。
補機類が満足な整備もできないままに 更に苛酷となった環境で放置し続けられれば、
当然に あっという間に壊れていく。
小出
「はい。えーと。当初はいろいろな可能性を考えました。
 最臨界というウランの核分裂の連鎖反応がひょっとして起きているのかもしれない。
 あるいは溶け落ちてしまった炉心がまだ炉内に残っていて、
 それがあちこちに移動しながら温度計の部分にくっついてしまったかもしれない」

吉田
「はい」

小出
「等様々なことを考えましたが。最終的には温度計の故障だと思います」

吉田
「もう、間違いないですか」

小出
「はい。あのー、他の温度計の挙動。
 そしてその…どんどん高くなっていった温度計が最後は400度を示したということ」

吉田
「そうですね」

小出
「そういうことはもう、現在の原子炉の中ではありえないと私は思いますので」

吉田
「ええ」

小出
「故障だと思います」

吉田「温度計ってそんなに故障するもんではないんですか。どうなんですか」

小出
「はい。温度計は、熱電対という原子を使った温度計なのですが。
 ほとんど故障することはないはずだ と私は思っていました
 そして今回の故障も、熱電対というその部分で故障したのではなくて
 そこが出してくる信号を“伝達するための何処かのケーブルがやられた”と思います」

吉田
「じゃあ、ほか、今ある温度計っていうのはある程度信用できる、と思っていいわけですか」

小出
「ええっと。多分、現在はまだ、信用できるのだろうと思いますが。
 これから また次々と、壊れていくだろうと思います」

吉田
「それはどうしてですか」

小出
「ケーブルは格納容器 という 放射能を閉じ込める最後の防壁の中を走っているのですが
 その中が猛烈に悪い環境なのですね」

吉田
「ええ」

小出
「もう、蒸気が充満して、滝のように常に流れ落ちているし、
 放射線が飛び交っていてアチコチを傷を付けている という状況ですので
 多分やられた温度計のケーブルだけでなくて、
 ほかの温度計のケーブルも次々とやられてくだろうと思います。」

吉田
「それはでも、温度計が全く不能な状態になってしまうってことも、
 この先は考えられるわけなんですね」

小出
「そうですね」

吉田
「はあ…。そうなったとき、こう対処の仕方っていうのは より難しくなるわけですか・」

小出
「そうです。
 もともと原子力発電所というのは、
 事故を起こしてしまったりすると 人は近づくことすらできませんし
 中を目で見ることもできない」

吉田
「そうですねえ」

小出
「触って調べることもできない、そういうものなのですね。
 で…なんとか、設置してある温度計を含めた様々な計器からの情報を頼りに、
 内部を推測するということをやって来たのですが。
 それすらが 次々と失われていっている という状態です。」
更に手も足も出せなくなる という状況へ更に陥る、という訳だ。
悪夢以外の何物でもないが、
悪夢を利用したい連中 という ごく一部のキチガイな詐欺師 にしてみれば
願ったり叶ったりな状況でも有ろうね。


https://twitter.com/tomo_nada/status/173044636795944960
人を何人殺しても、どれだけ有害物質を振りまいても逮捕されない人もいる。
それは法人という人 の中の と有る一部な者達である
人ではないのに選挙を左右し、政治屋・政党を買収し、
公共の利益を自分のために支配してしまう。
でも それに対する挑戦が始まっている。



https://twitter.com/HayakawaYukio/status/172927315079217152
「黒い物質」は南相馬だけにあるとテレビ朝日モーニングバードは思ってるらしい。
六本木の おまえんとこ にもあるんだぞ。
いままで知らなかったのか。あほくさ。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1556.html

https://twitter.com/ompfarm/status/172947487798198272
南相馬市の高放射線量の黒い物質、
三号機爆発のあのキノコ雲のような噴煙の色を思い出せば、
それが核燃料のなれの果てであることは想像がつこうというもの。
「水素爆発」政府発表の作り出したウソの上塗り。
核爆発、原発が「平和利用偽装の核兵器」であること、いつまで騙し続ければ気が済むのか。。

つーか
騙す方も騙される方も「信じる者だけが(精神的にのみ)救われる」というだけの話だからなぁ。

ただ
騙される側は「信じる者は救われる」の言葉の意味すら理解できないままに信じているだけだし
騙す側は「信じる者は救われる」の言葉の意味を理解させる気もない。
ただただ 教条主義の上意下達 が流れ落ちる。

飼い主と家畜 の関係以外に例えようがない。
内実は
飼い主が「ほ〜れ 餌だよ」って言うと 家畜が駆け寄って集まる、
と同次元な話でしかない。


しかも 牧場主という経営者が別 という構図の下で起きている
奴隷な飼い主 と 家畜 という関係だ。

無自覚な奴隷 と 屠殺を運命論として受け入れる家畜 の間でならば
「信じる者は救われる」という言葉が その意味も問われないままに
ただただ 教条主義の上意下達 として 当然の如くに流れ落ちる という事になるんだろうね。

そんなの ちょっと外から眺めれば 哀れな子羊達 としか映らないんだけどね。

無自覚な奴隷 で有りながら ただただ受け入れるしかない者達
屠殺を運命論として受け入れる家畜 で有りながら ただただ殺される日を待つだけの者達。

俺は そういう者達へ
そういう者達が理解できる言葉で なんとか少しでも「分かってほしい」と心の底から祈りながら
目の前の現実を生きている。

巨大カルトの集団の中で生きながら
なおかつ 狂信的な信者の カルトの洗脳から脱却を試みる、
って言葉にして書くと 如何に無謀で危険な事をしているのかw と つくづくに思う。

でも そういう事を考えずに放置して生きてきた者達のツケの結果が 目の前の現実 なんだよね。
俺の持つガイガーカウンターが 容赦なく其れを突き付け続ける。


程度の低い俺に出来る事など殆どない。
けれども ちょっと位は頑張り続けようと思う。

ただ 其の方向性は カルトの教条主義を「信じれば救われる」ではない。
宗教と政治の違いは其処に在る。
宗教は「信じれば救われる、だから信じた道を行く」
政治は「信じても救われない、だから まだマシな道を選んで行く」

宗教と政治の差異から話を始めなければならない という前途を考えると イヤンな気持ちになるが
まぁ 費用対効果には全く合わない程に報われなくても こうして其れなりに進んで 此処まで来た
というのが有る、マヌケな俺には 其れでも過ぎた話だし もう充分だ。
だから ちょっとだけずつな程度に これからも頑張り続けようと思う、それだけだ。





https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/173033996039630849
病院で血液検査の結果、炎症反応は左右に広がる目盛りの右側マックスに。
白血球の数は、中くらい。
これからどんどん増えて、体内で戦うのだと。
戦さのピークはこれからですとドクター。
抗生剤の点滴、明日も。
先ほどから急な発熱。寒気がブルブルと止まらず、何重にも着込む。
頑張れ、おれの免役力。
https://twitter.com/ompfarm/status/173035373868498944
岩上さん、ひたすら快癒を祈ってます。絶対安静、免疫力、頑張れ!!



https://twitter.com/HayakawaYukio/status/170649439973806080
私の地図で線の範囲内すなわち0.125マイクロ以上なら
エステーのエアカウンタS(7000円)。
外側ならホリバかクリアパルスのシンチを勧めます。12万円くらい。
RT @aisai_Kogeta: 放射線測定器は色々有りますが、私は堀場のシンチ式の購入を
ホリバのは性能が良いんだろうなぁ でも高すぎw
月収に等しいようなモノを買う というのは 流石にキツい。
-0.38 uSv/hな放射線管理区域の場合は
エアカウンターよりもSOEKS-01M 1.CLの方が 俺的には良い感じ。

ただエアカウンターでも 使い慣れれば十分に
-0.38 uSv/hな放射線管理区域でも測定能力を発揮できる。


東京ゲートブリッジの千葉側の下の若洲公園は
(駐車場¥500 周囲はケーシチョーがシノギをしまくっているので かなり路駐は危険)
SOEKS-01M 1.CL エアカウンター でも 共に0.13〜0.16な程度で充分に測定できた。
あんまし 芝生で幼児を遊ばせたい感じでは無い。

8〜9階にあたるゲートブリッジ上は0.08以下にまで下がる。

東京ゲートブリッジを羽田方面へ進む時 左側に中央防波堤が見える。
立入禁止なので 今まで一般人が普段に見る事が出来なかった地域でも有る。
見たから どーという訳でもないが 何かの機会に自分の目で見ておく というのも悪くは無いかもしれない。
奥の方に しかも深く埋め立ててれば 分からない、というのが実感できるかもしれないから。

mkt5126 中央防波堤 
http://www.google.co.jp/search?q=mkt5126+%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%98%B2%E6%B3%A2%E5%A0%A4%E3%80%80

site:mkt5126.seesaa.net 中央防波堤  - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=site%3Amkt5126.seesaa.net+%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%98%B2%E6%B3%A2%E5%A0%A4%E3%80%80




ちなみに東京ゲートブリッジ〜お台場への海底トンネルや羽田方面への海底トンネルへの交差点が
平日は猛烈に渋滞してしまうようになったw そらそうだわなw
そして休日は特に ケーシチョーの狩場となっている。白バイや覆面が涎を垂らして待ち構えている、御注意を。

風光明媚な場所では有るけど
東京ゲートブリッジ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8

には詳しく書いては無いけど
そもそも この橋は第二湾岸線の一部として当初は計画が作られていた というのを思い出しながら

東京港臨海道路 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B8%AF%E8%87%A8%E6%B5%B7%E9%81%93%E8%B7%AF
 ↓
第二東京湾岸道路 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B9%BE%E5%B2%B8%E9%81%93%E8%B7%AF

第二東京湾岸道路 - 通信用語の基礎知識

ここ東京ゲートブリッジの若洲側から東京ディズニーランドの南を回るように、
葛西沖合人工島・浦安沖合人工島を経由して千葉県浦安市に渡り、
浦安市内は陸地を走る。
ふなばし三番瀬海浜公園を経由し、船橋市高瀬町で再び陸に戻る。
当初計画は そういう道をも作る事をも含めた
全総工費55兆円の 狂気の計画の一部だったのが 東京ゲートブリッジ なんだよね。


誠天調書 2009年09月28日: ダムよりもリニアよりも バビロンプロジェクトよりも
http://mkt5126.seesaa.net/article/129013288.html

誠天調書 2009年09月30日 東京計画 東京湾フェニックス計画
http://mkt5126.seesaa.net/article/129154696.html

誠天調書 2010年04月22日: 湾岸習志野ー湾岸市川を現状の¥400から¥200に下げるだけ 新しいインターチェンジ建設などの他の道路建設は不要になって 様々な事の改善が図れる。
http://mkt5126.seesaa.net/article/147205776.html

誠天調書 2010年09月14日: 「東京ゲームランド」を建設できないだろうか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/162578122.html


若洲公園から 8〜9階にあたる東京ゲートブリッジの上へ行くと東京ディズニーランドが良く見える。
【其の沖合へ人工島を2つ作り ぐるりと回って 向こう側まで道を作る】
という当初の計画に思いを馳せながら
そんな感じで色々と眺めると「バカジャネーノ」って言いたくなる趣きを覚えるのも良いかもしれないw






武田邦彦 (中部大学): 食品被曝の規制値について・・・お母さんが安全に買える規制値とは?
http://takedanet.com/2012/02/post_b256.html


https://twitter.com/nenbtunotetsu/status/164145777260765184
木村元彦「争うは本意ならねど」集英社インターナショナル。
ドーピング冤罪に苦しんだ我那覇選手とJリーグのチームドクターたちが、
我那覇の無罪を立証し、誤った判例が後世に禍根を残すことを防ぐまでの献身的な苦闘ぶりの記録。
FC琉球で新シーズンを迎える我那覇選手に幸多からんことを祈る。

https://twitter.com/nenbtunotetsu/status/164146462173835265
それにしても、「争うは本意ならねど」を読むと、
権力を行使しうる立場に おかしな人が1人いるだけで
(本件ではその上に、さらにもう1人いた)、
「当たり前」を実現するだけのことが、気の遠くなるほどの艱難辛苦になってしまう、
ということを改めて痛感する。
本件はJFAにとって過去なのか。



https://twitter.com/nenbtunotetsu/status/166164486804348928
スタンドで広げられたアサド大統領旗を見てドキッとした。
反政府活動をする国民を軍隊が虐殺し、国際世論の非難を受けて、国内でホームゲームができない。
それでも政府のお墨付きをうけて活動せざるを得ない代表チームで、
選手たちが背負っているのは国家なのか、国民なのか。
国際世論wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
嘘デマ扇動を繰り返す事がコクサイヨロンとかいう話になるんだねwwwwwwwwwww



2012/02/07 https://twitter.com/nenbtunotetsu/status/166718554228535296
そういえば中継では日の丸を振っているアラブ系の人たちが映っていた。
Reading:サッカー シリア人日本応援も NHKニュース
http://t.co/rzD8zLEM リンク切れ
“現在のチームは市民を弾圧するアサド政権を代表するもので、
 国民を代表していないとして、日本を応援する姿も”
シリアの代表チームの構成が如何なる状況なのか知る由もないけど
こうNHKが報じたw ということならば
露骨なまでの情報工作を仕掛けてくる連中の正体と その目的は何?w
という事でしかないと容易に想定できる話だと思うんだけどね

 ↓
plaza.rakuten.co.jp/condor33/ シリア - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=plaza.rakuten.co.jp/condor33/%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2



NHKは米国の宣伝機関になったのか:日本の原発事故に対する米国原子力規制委員会(NRC)報告書の報道姿勢 - 新ベンチャー革命
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28556761.html




ロシアと中国が拒否権を行使してシリアの体制転覆計画はひとまず足止めを食った状況だが、米英仏にサウジ、カタール、イスラエルが加わった勢力のシリア乗っ取り工作は続く
2012.02.05 http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202050000/
シリアで流血の事態を招いた最大の責任者は間違いなくアメリカ政府にある。
そのアメリカ政府と連合しているイギリス、フランス、サウジアラビア、カタール、
そしてイスラエルこそが殺戮の原因を作っている張本人だ。

勿論、こうした背景を知りながらNATO/独裁産油国/イスラエルのために
プロパガンダを続けているメディアも責任を免れない。
国際スポーツの場ですら 国営放送が公然と略奪の為のプロパガンダを仕掛けてくる。
そして、俺を含め 今のNHKなら当然に そういうキチガイ沙汰を繰り返す とまで言い切る者達が居る
とは対照的に
何が起きているのか皆目に理解する気もない者達こそが社会を構成する圧倒的大多数であるんだよね。

DQの如きゲーム サッカーの国際試合 そういうモノの向こうには何が有るのか?
政治的意図と工作が潜んでいない とか思う人達は如何に甘く幸せな人生を送り続けてきたか?

ただただ漫然と見るだけの者達
 や
自分の頭が其処まで悪いはずは無い とか何の根拠もなく信じ込む者達 は
自分達が進む歩きやすく善意で舗装された道は地獄へと繋がっている とか欠片も思わないんだろうなぁ。



https://twitter.com/torinoniku/status/171924284959227904
チラシを本気にするな。しないだろう?
でもチラシの付属に過ぎない新聞のことは信じてしまうんだな。
ビジネスモデルは全く一緒だろう?



シリアの内戦にアル・カイダの兵士が参加していることを否定できなくなった現在、リビアからの転戦を隠すためか、イラクから入っているとする話が流れ始めた - 櫻井ジャーナル 2012.02.19
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202190000/

シリアの内戦にアル・カイダ系の武装集団が参加していることを
「西側」の有力メディアも取り上げるようになってきた。
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,815415,00.html
リビアでの惨状を見て事実を無視することができなくなったのか、
例えば、ドイツのシュピーゲル誌はイスラム武装勢力がシリア政府軍と戦っているという事実を伝えている。
この問題に触れない「報道」は単なるプロパガンダ、「大本営発表」の垂れ流しだ。
日本では どんなシリア関係の報道が?wwwwwww

アメリカでさえ、シリアでアル・カイダが活動していることを認めざるをえなくなり、
上院の軍事委員会で
DNI(国家情報長官)のジェームズ・クラッパーは、
イラクからアル・カイダの兵士がシリアへ入っている
と証言している。
http://www.mcclatchydc.com/2012/02/16/139139/top-us-intelligence-officials.html#storylink=misearch

しかし、この証言には疑問な点も含まれている。
アルカイダはシリアへ入っているようだが
兵力の中心は、イラクから入った のではなく リビアから入った ではないか?と言う話。


昨年10月にリビアでムアンマル・アル・カダフィ体制が倒されると、
リビアからシリアへアル・カイダ系の武装集団は兵士を送り込んでいる。

リビアの体制転覆はNATO軍(英仏米軍)を中心に実行されたが、
地上軍の主力はアル・カイダ系のLIFG(リビア・イスラム戦闘団)だった。
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8407047/Libyan-rebel-commander-admits-his-fighters-have-al-Qaeda-links.html
彼らはリビアに続き、シリアの現体制を転覆させる目的で移動している。

リビアへの「人道的軍事介入」の実態は
「テロリスト」とNATO軍が手を組んで実行した体制転覆作戦だった。
その作戦が一段落したのでアル・カイダはシリアへ兵士を送り出しているわけだが、
これをNATO側は隠したいはずだ。

反カダフィ宣伝を続けてきた「西側」、
特にアメリカやイギリスのメディア
(日本のマスコミはアメリカのメディアよりアメリカの体制に忠実)、
あるいは反カダフィ軍に肩入れし、部隊まで派遣していたカタールの放送局、アル・ジャジーラなども
そういう点は触れたくない事実だろう。


アメリカ政府にしろ、イラク政府にしろ、アル・カイダにしろ、
シリアで戦闘に参加しているアル・カイダはイラクから入っているとしている。

その話自体を否定するわけではないが、
リビアから兵士が移動しているという情報は早い段階から流れていた。

その「供給源」はLIFGである。

LIFGがアル・カイダ系の武装集団だということはアメリカ政府も熟知している、
2004年2月にはジョージ・テネットCIA長官(当時)も
LIFGをアル・カイダに繋がる危険な存在だ と上院情報委員会で証言している。

そうした事情を知った上で、英仏米軍はLIFG、つまりアル・カイダと手を組んだのである。

そして今、アメリカ、イギリス、フランスはシリアの体制転覆を目指している。
そこにリビアからアル・カイダ系の武装集団が移動してきたのは必然。
米英仏とアル・カイダは同盟関係にあるということだ。


もともと、アル・カイダを含むイスラム武装勢力は
アメリカの情報機関や軍によってアフガニスタンで組織された。

ソ連のアフガニスタン侵攻 へ対抗する為に
1973年からアフガニスタンでの工作をアメリカは始めた。
79年5月になるとCIAイスタンブール支局長は
パキスタンの情報機関ISIのアドバイスを受け、
イスラム武装勢力の編成にとりかかる。

ソ連軍がアフガニスタンに軍事侵攻する7カ月前の出来事だ。

その後、アメリカとアル・カイダ(イスラム武装勢力)の関係は壊れたことになっているのだが、
2001年7月にはこうした説を疑わせる出来事もあったようだ。
アル・カイダの象徴、オサマ・ビン・ラディンが
入院していたドバイのアメリカン病院をCIAの人間が訪れ、何かを話し合ったというのだ。
これは2001年10月11日付けのル・フィガロ紙が伝えている。

言うまでもなく、
ドバイでビン・ラディンとCIAが接触した2カ月後、
アメリカではニューヨークの超高層ビルとペンタゴンが攻撃される
という出来事があった。

その直後、ジョージ・W・ブッシュ政権はアル・カイダの犯行だと断定、
アフガニスタンやイラクを先制攻撃することになる。



米統合参謀本部議長はシリアの反政府軍に対する軍事的支援を時期尚早だと語ったようだが、すでに米英仏、そして湾岸の産油国やアル・カイダは軍事介入を始めている - 櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202210000/

シリアの反政府軍に武器援助するのは時期尚早だ
http://edition.cnn.com/2012/02/19/us/syria/index.html
とマーティ・デンプシー統合参謀本部議長は語ったという。
アメリカの「正規軍」は そう判断しているのかもしれないが、
実態は遙かに先を行っていて、
NATO軍はリビアからシリアへ武器を輸送しているとも言われている。
http://www.theamericanconservative.com/blog/nato-vs-syria/


いや、その前からアメリカ、イギリス、カタールなどの情報機関や特殊部隊は軍事介入を始めている。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2012/Feb-20/163906-us-providing-secret-aid-to-syria-opposition-diplomat.ashx#axzz1n0Duv53G
こうしたグループの介入でシリアの内戦は始まったと言うべきだろう。
デンプシー議長の「介入は時期尚早」という発言に焦点を当て、
そこだけを強調するのは正しい姿勢とは言えない。
つーか 大規模な軍事行動を カネの無いアメリカが取れるはずもないので
オバマは 鼻っからする気も無いので 口だけ番長での陽動をするしかない 小手先勝負しか無い
ということは 結果的には既に「本格的な宣戦布告の始まり」のようなものには なっているのかもしれない。



現在、アメリカはシリアの反政府軍を秘密裏に支援しているとも伝えられているのだが、
体制転覆を目指す作戦は昨日今日に始まったことではない。
「平和的抗議活動」がシリアで始まった頃、
NATOは「SFA(シリア自由軍)」への軍事訓練をトルコの米空軍インシルリク基地で始め、
アメリカのCIAや特殊部隊だけでなく、
イギリスとフランスも特殊部隊員を教官として送り込んでいるともいう。
ヨルダン北西部の都市、マフラクにもシリア攻撃の拠点を作っているようだ。

こうした訓練だけでなく、アメリカの場合は無人偵察機をシリア領空に飛ばし、
http://worldnews.msnbc.msn.com/_news/2012/02/17/10435915-officials-us-drones-monitoring-clashes-in-syria
イギリスの場合はカタールと同じように特殊部隊をシリア領内に潜入させているとも報道されている。
http://www.debka.com/article/21718/
リビアでNATO軍(事実上の英仏米軍)は
カタール軍やアル・カイダ系のLIFG(リビア・イスラム戦闘団)と連合して体制転覆に成功したが、
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8407047/Libyan-rebel-commander-admits-his-fighters-have-al-Qaeda-links.html
その後、LIFGは兵士をシリアへ移動させている。
最近ではイラクからアル・カイダの兵士がシリアへ入っていることを「西側」の有力メディアも認めている。
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,815415,00.html
シリアへの侵略戦争は始まっている と見た方が良いんだろうね。

そもそも、アメリカの好戦派は2001年9月11日から数週間後にはシリアも攻撃リストに載せていた。
http://www.democracynow.org/2007/3/2/gen_wesley_clark_weighs_presidential_bid
2005年2月にはレバノンでラフィク・ハリリ元首相が暗殺されているのだが、
その年の10月に国連国際独立委員会のデトレフ・メーリス調査官は
「シリア犯行説」に基づく報告書を安保理に提出している。

ハリリ一族はレバノンのおけるスンニ派の中心的存在であり、サウジアラビアと密接に結びついている。
そこでハリリ元首相の暗殺にシリア政府が関係しているとする話を信じる人も多かったのだが、
疑問も多い。
http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,381056,00.html
例えば、重要証人であるサイド・サディクは有罪判決を受けた詐欺師であり、
メーリスの報告書が出る前年の夏、サイドは電話で自分が「大金持ちになる」と話していたという。

2006年からアメリカ国務省は
シリアの反政府勢力に対して600万ドルを提供したことを示す外交文書を
WikiLeaksは公表しているのだが、
http://www.washingtonpost.com/world/us-secretly-backed-syrian-opposition-groups-cables-released-by-wikileaks-show/2011/04/14/AF1p9hwD_print.html
この年にはハリリ・グループが「未来運動」なる活動を開始、
武装部隊(テロ部隊)を編成した。
その部隊を財政的に支援していたのが
デイビッド・ウェルチ米国務省次官補を黒幕とする「ウェルチ・クラブ」だとされている。

そして2007年5月、レバノン北部の港町トリポリで
治安部隊が武装組織「ファタハ・イスラム」のアジトを襲撃し、
戦闘は難民キャンプに拡大した。

この組織は親シリア派のグループからスピンアウトして誕生したのだが、
当時はハリリ・グループから資金を得ていた。

つまり、黒幕はウェルチ。この武装組織はアル・カイダと関係があるとも言われていた。
やりたい放題だな

英仏米や湾岸の独裁産油国がシリアの体制転覆を狙うのはなぜなのか?

ひとつはイランとの関係。
つまり、イランを攻撃するためにシリアを確保することは戦略的に大きな意味があるということ。

第2は地中海側で天然ガスが発見されていること。
この資源は湾岸なみだという説も流れていて、
地中海側の国を西側やイスラエルは支配したいと考えている可能性がある。

そして第3は経済システム。
西側の大企業がカネ儲けするために都合の良いシステムをシリア政府が受け入れないというのだ。


しかし、シリア国内では西側の思惑通りになっていないようで、
ジョー・リーバーマン上院議員やジョン・マケイン上院議員などは
シリアの反政府軍に武器を提供するように要求、
56名の外交専門家が
バラク・オバマ大統領に対し、武器をシリアの反政府軍へダイレクトに渡すように求める手紙を出している。

デンプシー統合参謀本部議長のCNNに対する発言は
こうした要求に対する解答なのかもしれないが、
実際のところ、アメリカの情報機関や特殊部隊は介入を始めている。

イギリス、フランス、サウジアラビア、カタール、イスラエルと手を組みながら。








戯れに こんな事を考えてみた。

B三下な戦闘員

 工作員
  ・食べて応援 農家が可哀そう 非国民 とか言い出す
  ・ネトウヨ 宗教右翼 そういう一神教カルトの構成員 
  9割方の 個人とされるニュースサイト や ニュー速系2chコピペサイト も此処に当たる

50%の事実 25%の事実と嘘デマ扇動 25%の嘘デマ扇動



A戦闘員
  ・放射能や被曝の問題を とりあえずは真っ当に話す
  ・小沢西松陸山会事件を どうしても真っ当に取り上げる事が出来ない。
   だから 政治的に不思議な事を言いだす。
  ・ネトウヨ 宗教右翼 そういう一神教カルトの構成員 である事は とりあえず隠そうとする
   自分はカルトの下僕な程度と違うんだぞ な感じに言いだすけど 中身は殆ど変わらない
  残りの1割の 個人とされるニュースサイト や ニュー速系2chコピペサイト は此処に当たる。
  個人とされるニュースサイト や ニュー速系2chコピペサイト で
  そういう程度から逃れられているのは 0.1%にも満たない、と考える方が自然かと。

75%の事実 20%の事実と嘘デマ扇動 5%の嘘デマ扇動


@名の有る怪人
  ・とりあえずは自分でモノは考えられる とりあえずは状況に応じて詭弁を自力で使い分ける事も出来る
  ・B三下な戦闘員やA戦闘員の上部に位置する
 マスコミ新聞テレビ大手メディア 公務員 東電 などなどの その下にいる者達
 だけれども あくまで完全に独立して考えては動いている訳ではない
 頭の悪い政治家 マヌケな知識人 も 大概が此処。
 
  ・公然としながらカルトの下僕を名乗りながら
   とりあえずは自分でモノは考えられる とりあえずは状況に応じて詭弁を自力で使い分ける事も出来る

  ・自分がカルトの下僕である事を比較的に上手に隠し切るスパイ でも見る人が見れば相当に怪しいw

85%の事実 10%の事実と嘘デマ扇動 5%の嘘デマ扇動


A 幹部クラス
名の有る怪人
  ・自分でモノは考えられる 状況に応じて詭弁を自力で使い分ける事も出来る
  ・B三下な戦闘員やA戦闘員@名の有る怪人の上部に位置する
 マスコミ新聞テレビ大手メディア 公務員 東電 などなどの その下にいる者達だけれども
 息を吐くように嘘を吐き続けられる までに 完全に独立して考えて動いている。
 詭弁を平然と弄する政治家 詭弁を平然と弄し続ける知識人系 も此処。
 
  ・上手に隠し切るスパイ でも見る人が見ても判別しきれない

95%の事実 4%の事実と嘘デマ扇動 1%の嘘デマ扇動


S ボス級
表に出ない だから名が公然と広まって知られては困る
  ・自分でモノを考える 詭弁は使わない そもそも詭弁を使う状況は作らない
  ・B三下な戦闘員やA戦闘員@名の有る怪人A 幹部クラス名の有る怪人の上部に位置する
   という訳ではない。
   上部へ位置する という事が表面化する事を避ける。責任回避が最優先になる。
  ・その上で 結局にカネモウケだけを優先とする為にならば
   眉一つ動かさずに沈黙のまま状況に合わせて動く。

50%の事実 50%の沈黙




本当に分かっていて なのに あえて何も言わない
そういう者達の方が本当の意味では怖い。
俺は そう考えている。
下手に言い出しているような奴は 所詮に その程度だ。
船中八策? バカジャネーノw

必要な事だけを 必要なだけ言う、
其の差配を的確に計算する が どれだけ凄い事か?

普段から表に出ない よって下手に煙幕を張る必要性もない
だから名が公然と広まって知られては困る、
けれども なお必要と思われるだけを 自分の頭で考えながらし続けている者達が
特に 最も手強く 最も怖い。
絶対に余計な事を言わない。

こういう者達にとっては、カルトの教条主義も 単なる支配統制の道具の一つでしか無い。
欠片も其の思想に溺れていないだろうね。
カルトの下僕や信者を前にすれば 状況によっては見事なまでに演技をする事も辞さないだろう、
むしろ大概が沈黙のまま拍手や握手をするだけだろうが。



更に言えば
小沢とは そういうタイプの存在なのに
なお表に立って 公然と名を広めて
それでも 必要な事だけを 必要なだけ言う 其の差配を的確に計算する、
これが どれだけ圧倒的に凄い事か?
敵が小沢を恐れる理由は だからこそ でもあるとは思っている。


俺なんかでは とてもじゃないが太刀打ちできない。
此処で チマチマと三下な戦闘員を蹴散らしていくのが精一杯だ。



2012年02月25日 1日2ドル以下の『超』貧困家庭 が急増 146万世帯!:アメリカ経済ニュースBlog
http://uskeizai.com/article/253922144.html





参院憲法審査会でふたりの前衆院議員が「非常事態」を口にしたというが、アメリカでは非常事態を口実に憲法の機能を停止するCOGが9/11で始動、ファシズム化を推進中 - 櫻井ジャーナル 2012.02.17
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202170000/

 2月15日に開かれた参議院の憲法審査会でふたりの前自民党衆院議員、中山太郎と船田元が「非常事態」の規定を憲法で定めるべきだと発言にしたという。日本でもCOGの亡霊が表面化してきたようだ。

 COGとは「Continuity of government」の略称で、核戦争など国家存亡の危機で政府機構を継続するための仕組みを意味している。第2次世界大戦の際にイギリスで議論されたのがはじめのようだが、通常、問題にされるのはアメリカのロナルド・レーガン政権が始めたプロジェクトだ。プロジェクトの中心グループには、リチャード・チェイニーやドナルド・ラムズフェルド、ジェームズ・ウールジーらも含まれていた。

 実は、ドワイト・アイゼンハワー政権の時代から核戦争を想定した仕組みは考えられ、ジーミー・カーターが大統領だった1979年にはFEMA(連邦緊急管理庁)が創設されている。レーガン政権は「非常事態」を核戦争以外にも広げ、質的に大きく変化させたのである。

 この極秘プロジェクトが公の場で初めて取り上げられたのは1987年のこと。当時、アメリカの情報機関によるイランへの武器密輸とニカラグアの反革命ゲリラ「コントラ」への違法支援が問題になっていて、この件に関する公聴会も開かれていた。その公聴会で下院のジャック・ブルックス議員がプロジェクトについてオリバー・ノース中佐に尋ねたのだが、ダニエル・イノウエ上院議員が「高度の秘密性」を理由にしてさえぎってしまう。イノウエ議員はCOGについて知っていたということになる。

 ブルックス議員の質問から4年後、1991年にアメリカのニュース局CNNがこの秘密プロジェクトについて報道している。当時、CNNはテレビ朝日と提携関係にあり、CNNの番組を流していたのだが、その番組内で朝日新聞の軍事担当記者はCNNの報道を「ガセネタ」であるかのように「解説」していた。

 そして2001年9月11日、COGプロジェクトを始動させる「国家安全保障上の緊急事態」が引き起こされた。そして出現したのが「愛国者法」。約20年にわたって練られていた法案が日の目を見たわけである。ちなみに、このときの政権にはプロジェクトの中枢が食い込んでいた。チェイニー副大統領やラムズフェルド国防長官だ。この法律によってアメリカでは憲法が機能を停止、ファシズム体制が強化されつつある。

 そうしたアメリカに従属している日本の支配層が「非常事態」を口にした以上、そこには日本のファシズム化促進という道が見える。こうした流れの中で「橋下ブーム」が引き起こされていることを認識する必要もあるだろう。橋下徹の背後にはアメリカの強欲な支配層が見える。既存の支配システムと対立しているような印象を与えながら、実は既存勢力の手先になっているという点で、アメリカの「ティー・パーティー」と似ている。橋下も根は野田佳彦首相と同じということだ。
邪魔な異端や異教徒を 公然と合法的に虐殺したいんだろうね。
つーか それ以外に何の理由が?w

あー これか

https://twitter.com/Portirland/status/173151151838076928
何たって日本だからどうなるか分かんないよ _(既○得)
@Takano_Ryoba 若者ではなく放射能の影響を受けにくい年配者がターゲットになるかも
RT猪瀬直樹東京都副知事が原発作業員不足の際に、国民の徴兵について言及したらしい。
http://portirland.blogspot.com/2012/02/blog-post_6757.html


https://twitter.com/tatsuofujii/status/112217140219756545
福島に帰った時、「がんばろう福島」ってステッカーとかTVで見たけど
これってある意味玉砕命令と同じだと感じた。
津波や地震被害だけなら全然分かる。
ただ放射能汚染じゃ生身の人間だもの、がんばれないよ。


https://twitter.com/ishigamizuho/status/173081207431630848
そもそもどうして検査を受けた住民が、おさわがせしましたと謝罪文を書かされているんだ。




https://twitter.com/onodekita/status/173156911150153728
白血病を報告したり、自衛隊員の不審死を報告しただけで、報告した人間がものすごいパッシングを受ける。
死者を利用して有名になろうとしていると。
そして、ツイッター上でもあれはウソでした、訂正文を書け、と要求される。

https://twitter.com/onodekita/status/173153058644176897
原発事故から3年立てば、被害が本当に表面化してくる。
それは、山下俊一博士も認めている。
あと2年粘ればいい。ガレキの焼却も。ずっとではない。
時間稼ぎをしよう


https://twitter.com/onodekita/status/173153384105377794
自分のカネしか考えていない連中が、
子ども環境を心配する人たちを「日本人の絆がない。身勝手だ」と避難する。
誹謗中傷に負けてはならない。正義は我々のうちにある。


https://twitter.com/onodekita/status/173152374041493504
DVDの注文書 みんなわたしの健康のことなどを気遣ってくれる人ばかり。
この優しさが、日本の本当の良さだと本当に思う。
どこが、東北の復興を気にしない身勝手な人たちなのか。
政治家、マスコミの心ないレッテル付けには本当に反吐しか出ない


http://twitter.com/HayakawaYukio/status/173154256285728769
なにを求めて教諭になったのだろうか。教諭になりたいのだろうか。

http://twitter.com/HayakawaYukio/status/173154170390593538
この仕事をしていると、現職教員と触れ合う機会がある。
ものを書かせてもしゃべらせても、なに書いてるのか言ってるのかとんとわからないので、
聞いてみた
「伝えたいことは何だ?」 
一瞬の沈黙のあと、
「伝えたいことはありません」
愕然とした。教えるマシンだった。


http://twitter.com/HayakawaYukio/status/173152836140531713
学習指導要領に代表される文科省の意向を学校現場で
いかに実現するかを学位論文のテーマとして、
それを信じて疑うことなく研究にまい進する学生の姿を見て、これを確信した。


https://twitter.com/HayakawaYukio/status/173152201827565568
文科省が定めた学習指導要領に沿って、検定教科書を使って授業をする。
まさに国家の手先だ。
学校教育というのは、すぐれて政治的なしくみであると、
21年前に(偶然のきっかけで)これにかかわるようになったが、
最近になってようやく気付いた。


https://twitter.com/HayakawaYukio/status/173151477135716353
学校教諭というのは市役所の戸籍係とは違う仕事のような気がする。
学校教諭には創意工夫が求められていると思う。
だから裁量が認められた範囲はずっと広い。
しかしいまは、戸籍係みたいな学校教諭が多い、いやそんなんばっかだ。



http://twitter.com/HayakawaYukio/status/173150849906905089
学校教諭も、国立大学教員みたいに公務員でなくせばいいのに。(そういう問題ではないか)
「不起立教員8人 「子供たちに悪影響」松井知事、「公務員をやめろ」橋下市長(産経新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000502-san-soci



2012年01月17日 http://blog.livedoor.jp/ideas_frogegg/archives/2209832.html
減給や停職処分が可能となる場合は、
規律や秩序を大きく害する行為で処分歴があるなど、処分による不利益と比べても、なお処分が必要な場合
のみである。
裁量権を越える処分として、
「過去1、2年に数回の不起立処分歴だけの場合における停職処分」

「過去1回の不起立処分歴だけの場合における減給処分」
が挙げられている。

それ故に、
国旗掲揚の妨害などを伴った行為があった教職員への停職処分と、
不起立による戒告処分は裁量権の範囲内とされたが、
不起立のみを繰り返す行為による「戒告処分の蓄積による減給や停職処分」は取り消された。

今回の判決を逆手に取ると、
「過去1、2年に数回の不起立処分歴だけの場合」なら戒告処分で済み、減給や停職の心配が無い
という解釈も可能である。

「処分が怖いから国歌斉唱で起立していたけど、重い処分の心配が無いなら立たないでおこう」
という教職員が増える事も可能だ。
言うのは構わないけど それ以上の処分は駄目、というのが今回の最高裁の判決。
まぁ そうなるよねw

マスコミ新聞テレビ大手メディアは 非常に不可思議な解釈ばかりを垂れ流していたようですけど
どういうトコが根本を支配する論理として通底しているか というのが馬鹿馬鹿しい位に分かる。
ネトウヨなカルトの論理に犯されている連中が どんだけマヌケか
検索の結果が 如何に不可思議になっているか
というのも馬鹿馬鹿しい位に分かる。

この国の支配統制をする為に通底する 宗教右翼カルトの論理 とは如何なるモノなのか?

そういう事を考えられないような幸せな人達は
己が 家畜か塵芥でしか無い事をもすら考えられない。



https://twitter.com/onodekita/status/173155229532028928
橋の下は、いままで支持は上がったことしかない。民意を楯にすればなんでも自分の思い通りになると感じている。こういうタイプは守りに弱い。支持率か下がりだすと、途端にマスコミの報道が偏っていると訳のわからない避難を始める。みていれば、わかるよ。
でしょうねwwwwwwwwwwwww

「家畜や塵芥」を「家畜や塵芥」のままに支配統制しようとしているだけだからなぁw
そんな風や無党派という支持基盤や上下関係は カルトの関係 そのものでしかないので
大東亜戦争と同じ戦略・作戦・戦術を取っているのが マヌケな程に見て取れる。

ガ島戦以降の大本営が どんだけマヌケな戦略・作戦・戦術をし続けていったか?
そういう事を考え では
 今ここで声を出さないままに橋下の裏に居るような連中は何を考えているのか?
までをも推察していく事もまた 無駄ではないかもしれない、分かんないけど。





誠天調書 2011年02月18日: 確実に戦い続けられる人々を 少しでも見いだしていけるような更新を。 敵がグーを出してきているのに 同じグーを出しても 腕力と数で圧倒されるだけでしょ?w
http://mkt5126.seesaa.net/article/186482395.html




posted by 誠 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253918053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。