https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2012年04月15日

「東京ディズニー」を含む浦安市の広大な埋め立て地 の下に眠っている歴史。

https://twitter.com/tutinoue/status/191166076275535872
賛成派に対して、ニセモノの反対派が常に現れて、
反対の意見を吸い上げながらも、
実際は煙幕の役になって進行していることを隠したり、
反対していることだけに満足させて いつの間にか、通してしまう。



https://twitter.com/tutinoue/status/191165092316987392
亀井静香 《 消費税増税が必要ない理由 》
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=HuN0aajyYkk

https://twitter.com/tutinoue/status/191164115752988672
20120409 「ザ・政治闘論〜政治家小沢一郎すべてを語る」 まとめを更新
http://togetter.com/li/285794

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189312692216016897
小沢一郎氏
「大事なことはいろいろあるが、
 国内的には震災の復興、原発放射能の問題、デフレからの脱却。
 外との関連では、北朝鮮だけじゃなく日米、日中、
 それらを解決する上で何が大切かが問題。

 2年前の選挙で言った、官僚任せの政治をやめ、政治家主導の政治にすること」

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189313208438358016
 2年半経って、ほとんどできていないところに、
 国民の支持を失っている最大の原因がある。
 個々の問題 というより、
 我々の初心と国民の期待を もう一度呼び起こせ
 と主張している

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189314671982034944
 マスコミからも批評されるし、国民の皆さんからもマニフェストの約束はどうなった と。
 それで支持が離れている。
 そこに書いてある個々の政策はもちろんだが、
 それを実行するための根本の理念は何だったのか を思い起こしてほしい
 というのが、私の一番の主張

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189315114036510720
 今までの官僚支配、統治機構、行政機構、同じ仕組みを前提にして考えれば、
 その中で精一杯に改良している点もある。
 しかし旧来のものを ちょっと変えるだけでは いろんな問題は解決できない、と主張してきた。
 行政機構そのものを変えないと、政権交代の意味がない

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189315631399714816
 今すぐ消費増税だけを断行することには賛成できない。
 そもそも論から言うと、
 統治機構行政機構を大改革して、
 中央・霞が関支配から地域主権の社会へ、
 それで財源も得られる
 と言ってきた。
 問題解決が進まないのは、旧来の規制・やり方に かなりの問題点がある。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189315972191109120
 税と社会保障の一体改革とネーミングしているが、社会保障は どこ行った。
 一番の大きな問題点は、経済の問題。
 デフレ脱却と言いながらできずに続いている。
 ユーロは このままでは収まらないと、素人だが思う。
 世界的な金融不安につながる。
 その時に大増税は おかしい。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189316574174396417
 当初、機構の大改革を最初の4年間でやろう と国民に約束した。
 やる気になれば、年金の一元化と個々の制度の大改革など、4〜5年でできると思う。
 すぐにパッとは変わらないが、改革のスタートは それくらいでメドがつく。
 その財源は15〜6兆円を捻出と言った

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189316894334001153
 優先順位をつけることで、制度を変えることで、十分財源は出ると思う。
 カネがない カネがない というのは、自民党と同じことをしていて言うことではない。
 独立行政法人、特別会計など改革することで、当面の財源は捻出できる。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189317257845936128
 事業仕分けといっても、政治家が優先順位をつけてやったわけじゃない。
 結局、一律削減。財務省のやれることは。
 優先順位をつけるのは、政治家しかできない。
 各省に概算要求出させて まとめたのが予算 では財源が出てくるはずがない

https://twitter.com/zenpukujisasco/statuses/189317984320360449
政治家が序列つけるのは、監視しないと 陳情とか贈賄とか すごいことになりそう。
鳩山兄政権時代の
長妻が大臣として厚労省で独自にやった事業仕分けによる特別会計への切り込みの時は
陳情を小沢幹事長への一元化で管理という方式をしての監視をしたよね。
当時に此の意味を マスコミ新聞テレビ大手メディアは完全に黙殺したよね。
だからこそ 俺は此処へ その事を書いたよね。

誠天調書 2012年06月13日
 ↓
誠天調書 2010年04月16日: 厚生労働省が独自に行っている省内の事業仕分け
そういう経過が有るからこそ 長妻は一兆円を捻出した と豪語しているんじゃん。
当時に此の事が理解できないまま マスコミ新聞テレビ大手メディアからの情報戦に負けていた者達は
己が無能と怠惰を如何に考えてからに口を開くべきなのを 理解できる知性くらいは有るのかしらん?


https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189317534619668480
 組織作ってはダメ。
 日本人は何かというと組織を作るが、それは官僚のポストを作るだけ。
 リーダーが ちゃんとやればできること。
 官僚の権力の源泉は、国民からお金を集めて配分する権限、それを裏付ける法律。
 それを地方でやっちゃおう というのが我々の主張だった

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189317985142444032
 中央政府は小さくても強力じゃないといけない。
 全国一律でやる問題など、戦後は無責任な非効率な仕組みになっている。
 危機管理、非常事態について、憲法の どこにも書いていない。
 もし いま閣僚がテロで全員死んだらどうするのか。
 アメリカは ちゃんと決めている。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189318261496745985
 その反面、
 身の回りの、地方のことは全部、お金も何も渡しちゃえというのが我々の主張。
 それによって、住民に身近な政治ができる。
 僕は 政府には入ってなかったが、第一歩は踏み出した

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189318752419053570
 (消費税増税のアンケートについて)設問の仕方がいけない。
 日本人は、よく意味がわかっているし、
 いずれ消費増税は財源確保のために必要だという意識はある。
 でも現実にいま増税すると言ったら、反対になる。
 現実味を帯びてきた と国民は感じ取っているのでは。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189318911601287168
 大手メディアの届く範囲は限られている。
 もっともっと反対が多い。
 現実に取られるとなったら反対する。
 でも、このままではいけない という思いを持っているのは間違いない。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189319424233320449
 いわゆる国債や借金の比率などから言えば、日本の数字は形の上では高い。
 でも安定している。
 日本の経済の仕組みを世界が知っていて、評価しているから。
 日本の国債は92〜3%は国内で消化。残りを買い取る余力は十分ある。
 当面は心配していない

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189319614021378048
 一番は、政治が増税の前にやるべき改革をやる。
 その上で、財政が大変ならば新たな消費増税をする、と打ち出せば、当面は心配ないと思う

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189320829509713921
 やるべきことをまずやれ、と。
 それから国民の皆さんに負担をお願いする。
 我々が やるべきことは、
 官僚支配を打破して、
 国民の代表が自ら決断して責任をとる政治をすること。
 それがやりきれていない。
 惰性のゆえに何もできていない。
 そこが私はヤキモキして残念

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189321293659770880
 (竹下政権の頃は)今とは状況が全く違う。
 当時も高齢化社会に向かっていたが、
 今のような急激な少子高齢化社会ではなかったし、右肩上がりの時代にあった。
 20年前に一番最初に消費税のことを言い出したのは私。
 ただ同時に、所得税・住民税を半分にしろと言った

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189321714033885185
 所得税・住民税を減税できないとは思わないが、
 まずは旧来のムダを省くことによって、財源は当面でる。
 それをやって なおかつ足りない、国民の皆さんも理解してくれる、という時にやればいい。
 それをせずに増税を言うから、国民の反対が強い。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189322084659376128
 きちんとした筋道の通った論と、責任を政治家自身が取るから ついてきてくれ、
 と言えば、官僚はついてくる。
 それを官僚に納得させられないから、結局に官僚任せになる。
 明治以来の官僚機構を全く転換するというのは、革命的な改革。
 明治維新で どれだけの犠牲があったか。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189322619152117760
 僕は野田総理と話していない。話をする立場でないからだが。
 政治生命をかける不退転の決意というならば、やるべきことはもっとあるはず。
 (野田総理の)言葉の割には、官邸の動きは緩慢だと思う。
 税金をかけるというのは、国民にとって深刻な問題。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189322961742856192
 テレビでも今日でも、いつでも僕自身の考え方は言っている。
 初心に帰って本来の姿を見せることで、党への信頼も返ってくる。
 ただ単に増税というだけでは理解されないんじゃないか と思っている。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189323139849789440
 野田さんは来ないんじゃないか。意見を言え といえば言います。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189323486223798274
 消費税の論議と、党員資格停止(4月26日判決)の話は、レベルの違う話。全然別の話。
 ごっちゃにしてはいけない

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189323918065143808
 民主党政権が しっかりした、国民の支持を得られる党にならなければ、政策実行はできない。
 そのために どうすべきか みんなで考えれば、おのずと答えはでてくる。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189324265236078592
 原発というのはあくまでも過渡的エネルギー。今でもそう思う。
 高レベルの廃棄物を処理する方法がない。世界中どこでも。
 ずっとエネルギーとしてやっていくのは不可能っちゅうこと。
 私の反省としても、安易に原子力に頼りすぎ、新エネルギーに力を入れなかった。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189324497063657472
 原発を今すぐ全部止めろという意見ではない。
 個人としては節約すればできるが、産業用は一定確保しないと日本経済が回らない。
 その意味では、原発を今すぐ全部止めろというのは暴論。
 しかし将来的に新しいエネルギーに変えるという方向に変えるべき。

やはり こう言いだしたよね。
小沢なら 言葉を慎重に選んで こう言いだす、と予め想定していたからこそ
己が中で論理構築をしつつ いずれ書かねばならない と考えて書いた記事がコレ。


誠天調書 2012年04月08日: 原発問題とは外交と防衛を含めた安全保障の話でもある。
旧式左翼 や 不思議な後ろ盾を持ちながらな者達 が
 「反原発」とか「脱原発」とかの話を必要以上に言いだして
 「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギーとまでさせてしてしまう
は そういう意味での詐術か詭弁である可能性が高い と俺は常々に考えてきたし 様々な言葉にも含めてきた。

俺が こういう言葉にしなくても こういう意味合いの事を薄々に感じ取っていた者達は少なくないだろう。

だから俺は こういう言い方をしよう。
「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギーにしてしまうは カルトの手法である
そういう意味合いでは 20世紀型のイデオロギーの残滓 の手法でしかない。

俺にとっては
 【 「反原発」とか「脱原発」は極めて重要な政治政策課題  】でしかない、
と考えている。

必要以上に 「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギー としてしまう先で
逆に 他の“極めて重要な政治政策課題”が蔑ろにされてしまう事が生じて
より社会共同体が損害や被害を被る可能性は 本当に有り得ないのだろうか?

“「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギー”が
社会共同体にとっての害悪 とまでなってしまうのでは 元も子もない。

俺だって「反原発」とか「脱原発」は極めて重要な政策課題だと断言している。
けれども 全ての物事と事象は必ずに多面的である以上 多面的な視点を持って考えていかなければならない。


そして政治こそが そういう多面的な視点を持って進めて行く事が求められる。
一方的な視点だけで進める は 政治と宗教を混同している という話でしかない。

 “「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギー”というような高尚な政策を
 今すぐに追及できる程の政治が出来る状況に有るのかい?
という事すらマトモに理解できないままに
 “「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギー”を叫びまくる連中が出まくる
という話もまた、植民地な地域における ごくごく自然な現象でしかないんだろうなww とまで俺は考えてしまう。


“「反原発」とか「脱原発」を教条主義のイデオロギー”としてしまう愚しさ という現実を都合良く無視して
其の先での
・「“物事を絶対に深く考える事が出来ない”馬鹿で豚にすぎない一般民衆」からの支持の獲得
 をこそ主目的にする
・ちっとは物事を考えようとする者達の先で罠を張ってはカルトへと引き込ませて信者獲得に励もうとする
 をこそ主目的にする
よりも
・此の極東の一諸島の内側と外側の状況を大きく深くに捉えつつ しっかりと踏まえて
 この社会共同体の住人の営みを守る為の得点ゲームの損得勘定を計算して行く
という政治的方向性をも踏まえていく事をも俺は考えていきたい。

原発が
「此の極東の一諸島の電力需要を賄う為」には殆ど全くに必要が無い
という事は百も承知になった。
原発を含めた様々な関連施設が
「所詮に核テロリストと愉快な仲間達の道具でしかない」
という事も周知の事実となった。
諸外国や諸勢力の思惑の先での原発を含めた関連施設は
「単なる“脅迫の為のテロ攻撃の道具”でしかない」
という事だって 相当に見えてきた。

なればこそ 即時の全基停止だって当然、と俺は考えている。

でも政治とは 現実とは 魔法のように進めきれるモノでは 絶対に無い。
引かざるを得ない という局面も有る。
それとも何か? 万歳突撃や特攻はウツクシイとでも言いだす気かい?

むしろ 此処まで原発の先に有る汚物と魑魅魍魎を引き出せた だけでも「ならばよし」ではないか。
「原発の再稼働 が 政治的な大問題」となる なんて所まで行けただけでも 大得点ではないか。

そんな事よりも
今までに原発の件を無視しまくってきて 政治的観点をも無視しまくってきた
という自分達の愚かさを考える方が先ではないのか?
そういう己が愚かしさと無能の果てに起きた惨状の全てを見極めも出来ないままに
ただただ 原発の再稼働は何が何でも許せない とだけ叫び出すだけで本当に良いのだろうか?

俺個人は 即時の全基停止だって当然、と今だって心の底から考えている。

しかし 政治の現場で重責を担う者が 
ただただ 原発の再稼働は何が何でも許せない とだけ叫び出すだけで本当に良いのだろうか?

俺個人は
 此処までの状況を前にしてしまうまでに 状況を悪化させ続けてきた
 結局に己が個人の力量不足こそが
 「反原発」とか「脱原発」を押しきれなかった原因と思う事にしよう
と今は考える。
なればこそ これからも 即時の全基停止だって当然、と これからも心の底から考えていきたい。
此処まで論を構築する事も無く 言葉を慎重に選ぶ小沢の深慮遠謀を皆目に理解もできない
そんな 20世紀のイデオロギーの残滓からの脱却もできないままに叫び出す者達が多いインターネッツですね?w

twitterをしていれば頭が良くなれる
とか勘違いして居る人達には そこいらが限界なのは散々に指摘してきたから
 鳩山兄の辺野古の時のキチガイ沙汰な愚行と同じ事を繰り返す ニホンジンの左手
と、だから先に言おうと思って 先週に記事を書いて置いたんだけどね。

ただ 何度も何度も繰り返してきたように
如何なる結果になろうとも信じて託した以上は受け入れる だけだ。
その結果へ対し
鳩山兄が沖縄へ行った時と同じように叫び出す連中が 政治的未熟と腹の底を晒す時
という局面を この先に見るかもしれない。

同様の観点が TPPに関しても起こるだろう と考えている。
なので 今 こうして書いておこうと思う。

https://twitter.com/gacktmama0113/statuses/189334514034683904
小沢
「産業用は一定確保しないと日本経済が回らない。
 その意味では、原発を今すぐ全部止めろというのは暴論。」
その通り。言い換えれば、産業用を一定確保することことができれば原発を止めることができるってこと。
だから、冷静に考えればやむを得ないじゃないかなぁ〜。
つーかさぁ 小沢の猛烈な皮肉が含まれている事を理解できている人が どれだけ居るのかねぇ?wwwwwwww
俺なんかは 腹を抱えて爆笑しちゃったよ、小沢の皮肉がスゲぇw ってね。
コレが理解できない旧式左翼は 資本論から読み直した方が良いんじゃね?wwwwwww



https://twitter.com/orionstar1192/statuses/189332247927717888
最終的には無くす という大方針を示したことが大きい

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189324683945054210
小沢氏
「エネルギー開発にお金を注ぐことが必要。
 技術開発をやっていかないと。
 太陽エネルギーは有り余るほどある。
 そういう所に予算を思い切ってつければいいと思う」

https://twitter.com/aberock2/statuses/189326013040308224
この発言は次期衆議院選挙を意識しての事だろうな。よく言うわ。
あらw いきなり此処で選挙の話を持ち出すと
ここ2週間ほどに活性化した「不思議な“旧式左翼の工作員”」と邪推されちゃいかねませんけど?wwww
工作員にも色々な方面の奴らが居る というのを覚えておかないとね。

やっぱり
2012/4/4 http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4087888.html

「原発は過渡的なエネルギーであり、国民的合意があれば止めても かまわない」
と言っていた小沢氏が、TBSのインタビューで
わざわざ「すぐには、やめられないでしょう」と発言した意味を 考えると
「一人で全部の十字架を背負ったんだなあ。。。」
と思いましたけどね。
の言葉こそが 核心を突いているよね。
所詮に口先だけでしかない旧式左翼な程度の甘ちゃんには理解できないだろうけどね。

宗教右翼がDQの勇者な程度なら 旧式左翼はDQの賢者な程度でしか無いよねw

小沢は 産業用は一定確保しないと日本経済が回らない。 と言ったのであって
エネルギーの話や財政の話 とはしていないw
すなわち【産業用を偽装した共産主義のカネ回りしかしていない「原発と核の産業」】という実態を
鼻で笑うように承知した上で
 【産業用を偽装した共産主義のカネ回りしかしていない「原発と核の産業」】
  の向こうに居る本体 勝共やら宗教右翼カルトの連中
という意味を言外に含めて「産業用」とか言いだしている訳だw
さて では連中の言う「経済発展」って何だろうね?w そういう意味での「産業用」って何?w

そして その意味では、原発を今すぐ全部止めろというのは暴論 と今度は返す刀で
そういう部分を指摘しない旧式左翼を 徹底的に冷笑し嘲笑しているんだよねw

つまり この言い回しは
 【産業用を偽装した共産主義のカネ回りしかしていない「原発と核の産業」】
  という意味での ニホンジンの右手と左手
が 今すぐに止めたら食っていけなくなるから可哀相でしょ?w という事だ。

そういう意味で プーチンの「小銭を稼げる事は良い事だ」と似たような意味合いと取れるかもねw
小沢は原発の話をしながら、
実際は その向こうに居る大馬鹿野郎やパラノイアや詐欺師の話を しっかり話し始めている訳だ。

其処までの嘲笑と冷笑と真意を込めた皮肉を理解した上で
なお旧式左翼がファビョっているのならば まだ見込みは有るんだが
所詮は 宗教右翼カルトよりはマシ という程度でしか無いので、まぁ欠片も期待していません。




https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189325018419838976
小沢氏
「TPPについては、自由貿易の原則は賛成。一番利益を享受するのは日本。
 ただTPPは、アメリカの思惑が色濃くある。
 アメリカときちんと話のできる政府体制なら心配ないが、
 国民の皆さんの不安も、アメリカの言うとおりに全部なっちゃうのでは
 ということだろう

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189325232857825281
 アメリカの中にもTPP反対の人もいる。
 お互いにはっきり言い合えるかどうかが、日米同盟の基本でもある。
 アメリカが そんなに日本を信頼しているか疑わしいが、
 日本としては きちんと話して合意したことは守る、ということをちゃんとやれば。

小沢は本当に 慎重かつ大胆 で深慮遠謀だなw
そういう 極めて様々なで多面的な観点で物事の情報を把握して精査し 考察し分析し洞察し
其の先をも「読んで」から話しだしているのが、俺には かろうじて分かる。

俺のように 死にもの狂いで それこそ命懸けで情報流通の最前線で頑張って行こう と毎日に奮闘せずに、
20世紀のイデオロギーの残滓に溺れている や その程度な情報流通をしている ような人達が
安直に答えを出せる というのは もの凄い超天才 なのでしょうなぁw
俺は 救いようのない凡俗以下なので 此処で頑張るだけです。


https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189325348767404032
政井マヤ
「じゃあTPPには賛成と」
小沢氏
「イヤそうじゃなくて、自由貿易の原則としては賛成と」

TPPの立ち位置について 小沢は一貫している、其れを此処でも繰り返しているだけだ。
つまり 政井マヤとやらの勉強不足もしくは無能もしくは工作員という事を晒した訳なんだけど
恥ずかしくないのかね?


https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189325957482557440
「統治機構を全面的に変えると、橋下知事も言っている。
 それは民主党が言ってきたこと。
 それを全然しないものだから、橋下さんにお株を奪われている。
 初心に帰って頑張らないといけない」

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189326253969518592
 橋下知事、国民皆さんを惹きつける資質を持っている。
 政治家の資質として大事なこと。その点では天才的能力を持っている。
 小泉氏もそうだった。
 小泉氏と違うのは、統治機構そのものを変えると言っている。
 小泉氏は郵政改革のことだけだった

https://twitter.com/jiro50/statuses/189327297554284544
的確に見ている。
ふーんw

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189326526054019072
小沢氏
「民主党、このままいけば選挙やったら全滅。数字にあらわれている」

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189326892145455104
 問題は、
 党議と言うが、反対している者の主張は、執行部が議論を一方的に打ち切って決めたもので、
 党が決めたとは思っていない。
 あと一週間 もっと議論していれば、同意を得られたかもしれない。
 あんな強権的な決め方を認めることはできない。
 志を思い起こしてくれ。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189327149440831490
 代表の命令なら、私は話をしなければならない。
 しかし党大会にも出席を認められていない。
 話すのは いつでもいいが、代表自身が僕を党大会に呼んでいない。
 筋道が変だとは思うが、それでも話をしたい というなら拒まない。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189327908161064960
 (なぜ小沢氏は嫌われるのか?)
 ひとつはメディアが作り上げたイメージもあるが。
 反対する人が多い とすれば、正当な議論主張、自分の筋道は曲げないから、
 そういうところが嫌われるのかも

https://twitter.com/heiseibeginner/statuses/189331363218989057
以前から持論には一歩も引かない姿勢と、メディアには余り話さなかった。
前に出て話だしてから警戒感を持たれ、非難されるようになりました。
政敵と官僚から疎まれ、今に至る。
長年に 政治の中枢の近くに居て、日本の政治には欠かせない人物では有りませんか・・・

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189328221303607296
小沢氏
「(新しい著作について)原稿はかなりできているが、(発行予定は)具体的にはまだない」
へー そうなんだ。 それよりもネットで行こうよw

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189328541819744256
 (政界再編はあるか?)
 本来の民主党になってほしい と心から願っている。それが最善の策。
 しかし、このまま推移したら、選挙で集団自殺するような大変な惨敗になる。
 民主党内閣がダメになっても、きちんとした政党が内閣を作れれば それでいいと思っている。

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189328798091706368
 民主党もどこも、過半数はとれないだろう。
 政治的な混乱になる。
 どうなろうが、強い政権を作る ということを考えないといけない

https://twitter.com/shbttsy74/statuses/189328920464732160
 (総理をやる気はあるか?)
 やれと言われれば やりますけど
さて 政治と宗教の区別も付けられないような人達が
どうなろうが、強い政権を作る
という事を理解できるのでしょうかね?
20世紀のイデオロギーの残滓に耽溺し続けるような 大馬鹿野郎かパラノイアか詐欺師かな旧式左翼 では
まず理解できないでしょうけどね。

まぁ そういう事だよね。

https://twitter.com/mr_IMB21/statuses/189331602747305984
今だから言える、本来の民主党って何?、そんなのあったの??再編ではすまない、初心に帰れ。0から新たに創る覚悟が無ければ国民は納得しない。解らなければ辞めなさい。
戦闘員クラスな工作員 が必死に怪人になろうと頑張っている姿は いじましくて微笑ましいねぇw



http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65800243.html
千葉
「では、続いてですね、こちらのかた、
 ラジオネーム語り部さんという群馬県にお住まいの方の質問なんですが。
 こちらも、核燃料プールについてなんですけども。
 福島原発以外の原発のプールも危ないのでは?という質問です。
 今 多くの原発が全国で止まっていますが、
 原発の稼働が停止しても、原発には大きな燃料プールがある と思います。
 大きな地震や津波などによって、
 プールの壁の破損や冷却水の循環の停止、燃料棒同士がぶつかるなどの心配があります。
 たとえ停止してても安全とは思えないのですが、いかがでしょうか、
 という質問です」

小出
「もちろんです。
 原子力というものを利用してしまう限りは、核分裂生成物というものが出来てしまうわけですし。
 その量が とにかく もう想像を絶するくらい膨大、なのです。
 今日では100万キロワットという原子力発電所が標準ですが、
 その1基が、1年動くたびに
 広島原爆が生成した放射性物質の1000倍をつくってしまうというような機械なんですね。
 そんなことを国も電力会社も、
 みなさんには ほとんど伝えないまま来ているわけですけども
 それが使用済み燃料というもののなかに、たまってしまっているわけです。

 それを冷やせないような状況になれば、もちろん壊れてしまうわけですし。
 放射性物質が飛び出してきてしまう可能性は、あるのです。

 ですから、原子力を私は即刻やめてほしいと言っていますけれども。
 やめたところで危険がなくなるわけでもないのです。

 これから ずうっと まあ私たちは電気のために原子力と言ってきたわけですから。
 そのための危険も付き合っていかなければいけないという、のが、現在です」

千葉
「うーん。なかなかもう危険がなくなる、安心出来るという状態まで、
 到達するというのは本当に長い年月がかかるということですね」

小出
「はい、まあ、100万年と私は言っていますし、
 原子力の関係者は皆そのことを知って、ここまで来てしまいました。」

千葉
「え…福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールの倒壊リスクについては、番組でも取り上げられていましたが。
 1号機から3号機の使用済み核燃料プールはどうなっているんでしょうか。
 教えてください。よろしくお願いしますというご質問です」

小出
「え…。はい。問題の基本は一緒です。
 1号機から3号機の使用済燃料プールの中にも使用済燃料が入っていますので、
 そこの冷却が出来なくなるのであれば、
 格納容器という放射能を閉じ込める最後の防壁の外側にありますので
 大量の放射性物質が外に飛び出してくることになってしまいます。

 ただし、1号機から4号機まで、まあ、何がしかの爆発が起きているのですが。
 使用済燃料プールに関する限りの最悪の爆発は4号機で起こりました

 1号機と3号機の使用済核燃料は
 オペレーションフロアーという、私たちが呼んでいる、
 最上階の、なんにもない いわゆる普通の空間で爆発が起きているのです。
 4号機の場合は使用済燃料プールが埋めこまれている階が すでに吹き飛んでしまっていて
 使用済燃料プールが傾いてしまっているのです。
 ですから これから壊れる ということを心配するのであれば、
 まずは4号機、だと、私は思います。もちろん他のものも大切です。」

千葉「うーん。1番危険度が高い状態になってるのが4号機であると、いうことですね」



https://twitter.com/toshiotakami/status/191145605337329664
4号機プール冷却装置配管継ぎ目からの水漏れ
(例によって当初発表の20ℓではなく40ℓと訂正。推定200万ベクレルの汚染水漏れ)
の修理を終え冷却再開と東電発表。原因は不明のまま
の話の先のこと

小出
「つまり
 もう海へ流れてしまったものは太平洋の中を どんどんあっちに流れこっちに流れ している
 という状況になってるわけで。
 福島原子力発電所から放出された放射能も、
 太平洋にあちこちに汚染を広げたと、いう状況にすでになってしまっています。
 福島県は今現在、禁漁をしてるということで、
 猛烈な汚染なもの…汚染しているものは出てきていないわけですが、
 福島原子力発電所から放出された放射能は、大部分は親潮に乗って南へ流れています。

 ですから、海岸沿いあるいはもう少し離れたところに、汚染の中心部が今存在しているわけで。
 そういうところで取れる魚、あるいはもうもちろん福島の近海の底生生物であるとかいうものは、
 汚れてしまっているわけです。

 それが いつの時点で漁業が再開されて出てくるのか ということが問題だろうと、私は思います。
 もう1つは、陸地に降り注いだ放射性物質が、今、山から川に流れて、川沿いに汚染を広げています。

 多分1番問題になるのは、東京湾だろうと、私は思います
 それがまた東京湾から外洋に向かって流れていく ということが長い年月にわたって続くだろうと思います。」
だよねぇw

少し離れたトコの話をする。
逆算をすれば、東京ディズニーランドの場所を埋め立てする時に
CIA+何か が暗躍したとしか思えない「黒い水事件」を思いだしたから。

いずれ 東京湾の話が出ざるを得ない時が来るだろうから、
其の時に 俺に何かあっても この件を絡めて皆さんで話して下さいねw

えっと去年の後半の 王子製紙の特別背任の話の時に なんで
 "王子製紙" "東京ディズニーランド" "黒い水事件" の話がで無かったんだろうね?wwwwwww
何かで検索をして どうぞw

宗教右翼カルト系の工作員は 上意下達で動くんだなぁw って、
俺は 王子製紙の話の時は そっちまで更新は間に合わないけど 腹を抱えて爆笑してたんだよね。


 ↓
共有地の悲劇と東京ディズニーランド
http://members.jcom.home.ne.jp/rieux2/commons_desny.htm

公害問題が社会問題と化しながら まだ政治的にで其処まで真剣に取り扱われきれなかった時代に
“不思議に” 江戸川 と 河口の浦安 で 突然に大きく取り扱われる事になって国会へまで話が及んだ、
それが「黒い水事件」だ 

浦安漁民騒動(=本州製紙事件 本州製紙は後に王子製紙と合併)の経緯とは
どのようなものであったか。
『環境法(第2版)』(阿部泰隆・淡路剛久 編、有斐閣、1998)から当該部分を引用してみる。


「1958年4月,東京都江戸川区にある本州製紙江戸川工場より
 ドス黒い排水が江戸川に流されはじめる。

 江戸川水系の各漁業組合は,江戸川工場に対して汚水の浄化を要求するとともに,都にも善処を求めた。
 5月,東京都の内水面漁業管理委員会が工場を視察した後,
 排水処理設備を完備するよう申し入れるが,事態は改善されず,
 漁業者より千葉県に対して多数の魚介類の死滅が報告され,
 千葉県が調査のうえ汚水の排出中止を求めたが,工場側は中止しなかった。

 同月24日,東京湾の漁民約1000人が200隻の船に分乗して江戸川を上り,
 江戸川工場付近に上陸して抗議行動を行い,
 工場側もいったん放流を中止して話し合いを行ったが,決裂し,
 工場側は再び放流を開始した。

 6月10 日,千葉県浦安漁協の漁民約700人が国会および都庁に陳情した帰途,
 江戸川工場に押しかけ,
 構内へ なだれこんで投石により事務所などの窓ガラス多数を壊し,工場内に座り込んだ。

 これに対して,工場側の要請で警官隊が出動し,
 両者が衝突して,警察側,漁民側,工場関係者,
 そして報道関係者に多数の重軽傷者(重傷者35人,軽傷者l08人)を出す事態となった。

 翌11 日,都知事が公害防止条例に基づいて
 江戸川工場に対し操業の一部停止勧告を出し,
 事件としては沈静化したが,
 事件の原因が工場排水にあったことから,水質汚濁防止法の制定をめぐって
 舞台が国会へと移された。」

そして、この年(1958年)12月に公布されたのが水質二法である。
こうしてまとめてしまうとサラリと読んでしまうが、
実際の話は関係者の利害も絡み合うため もっと複雑である。

若林の前掲書は この事実関係を克明にフォローしている。
話は前後するけど
そもそも東京湾は豊かな漁場で
「古くは江戸時代に、
 東京湾には西四四浦、東四〇浦といい、計八四の漁村があり、
 内湾三八品職という三八種の 東京湾沿岸の漁村同士による漁法が交わされ、
 毎年 横浜に漁村代表が集まり、三八職以外の新漁法を行わざる盟約をなす慣行があった」
(『東京湾の環境問題史』、p279)
という。

新漁法による漁獲高の増大よりも水産資源の安定化を目指した、ということなのだろう。
わざわざ毎年これを盟約するということは、
以前に乱獲による水産資源の枯渇を招いた経験があるのだろう。

http://manabook.cocolog-nifty.com/blog/files/resume00.pdf
東京湾と人の関わり

その慣行は江戸時代の首都の江戸の経済発展と食文化の発展と共に
其れを支える漁村同士で成立した話のようである。
年表も有るが 豊かな漁場だった事が窺える。

けれども明治政権官僚機構の成立以降 工業化の前に「浄化」と「大量虐殺」に戦い続ける事となる。
浦安は東京に近すぎる そんな漁村の一つでも有る。
若林によれば、浦安における漁民闘争史は 以下の三期に段階区分できるという。

「第一期は戦前の二つの闘い

 一九二九年の「豊国製肥工場建設反対運動」と一九四〇年の「富岡池肥溜設置反対運動」
 に代表される。
 その頃の浦安は 漁業の生産力も高く、養殖の技術、管理も上昇の一途を辿り
 まだ開発の波を直接に受けていない段階であった。

 当時の浦安は約二〇〇〇戸だったが ほとんど漁家からなり、
 伝統的な共同体秩序に枠づけされた漁村社会であった。

 そして漁協と町役場の役職ピラミッドは重層化し、
 一元的な権力構造に支えられた、
 権力者のイニシアティブによる町ぐるみの運動が展開された。

 二つの運動はともに、……、計画を事前に阻止しえた完全勝利の闘いであった。」

「第二期は、戦後の京葉開発が軌道づけされ、
 内湾汚染の始まる過程で、しのびよろうとする漁場侵害に
 真正面からぶつかって火花を散らした二つの運動
  一九〇五年の「干拓反対運動」 と 五八年の「本州製紙事件」――に代表される。」

 その中で「本州製紙事件は、浦安の漁民闘争史上、輝かしい昂揚期で」あったが、
 逆に
「汚染で蝕まれる自らの漁場を 初めて金で売って大きく〃後退〃 した〃勝利〃 の闘い」
 という側面も持っていた。

「第三期は、
 海を埋立てのために手放していく過程であり、
 一九六二年の漁業権の一部放棄 と 七一年の全面放棄に至る段階である。」
(『東京湾の環境問題史』、p283-p285)

こうした浦安の海から漁民は去っていった。
豊かな漁場が開発の残滓の垂れ流しにより汚染され、
最後に漁場としての生命を失うという現象は、浦安の海だけに起ったことではない。

日本全国で この数十年の間に起こったことであり、今なお起こりつつあることである。

「浦安開発への要請

 方針の第一は、
 東京湾岸の陸上輸送体系の整備と港湾施設の拡大強化である。
 方針の第二は宅地開発であり、
 東京圏に存在する膨大な住宅需要を背景にした民間デベロッパーの要求の高まりである。

 都に隣接する立地条件をもつ浦安地先の埋立てによる宅地開発では、
 漁業補償費、埋立て造成コストを基礎とする宅地原価と、
 既に急騰している近傍地面に擬せた分譲価格との開きが大きく、
 宅地開発・分譲による膨大な利潤が予測されていたのである。

 これまでの経過を配慮して、
 当初オリエンタルランドは大遊園地の建設という土地利用名目で埋立ての認可要請をだしたが、
 本来の目的はこの膨大な利潤をみこした
 宅地造成――第二の要請――にあったことは もう今日ならば疑わざるをえない。

 このようにして、
 第一期埋立て八七二ha(第二期予定は五五〇haの大埋立て地が「千葉方式」によって完成し、
 全体の五五・三%、一四五万坪がオリエンタルランド一社の所有するところとなり、
 その企図は着々と果たされつつある。」(『東京湾の環境問題史』、p282)

こうした経緯を踏まえ、漁民の放棄した「海」に東京ディズニーランドは出現した。

しかし、漁民が漁業権を放棄し、
企業なり自治体がそれに対する補償を払ったとしても、
そのことで企業なり自治体が「海」の無制限の占有権を得たわけではない。
さて こうしてあの誰もが知る「東京ディズニー」は生まれるのだが
あの広大な埋め立て地の下には如何なる歴史が眠っているのか? という話。

1958年4月,東京都江戸川区にある本州製紙江戸川工場へ漁民が突っ込み警察と衝突する事態にまで至ってしまい
話は東京都や千葉県を超えて国会へまで至る。


国が公害法を制定したのは1958年の水質二法が最初である。
これは その年の6月に勃発した浦安漁民騒動を契機としたものであった。

水質二法は、初めての公害規正法として画期的ではあったが、
後に起こる4大公害(熊本の水俣病、新潟水俣病、神通川流域のイタイイタイ病、四日市喘息)を阻止し得なかった。
所謂 尻抜け法であった。

その原因は「産業の相互協和」を目的条項に入れた点にある。
今日の各種の骨抜き法案と同じである。


江戸川漁業被害 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E6%BC%81%E6%A5%AD%E8%A2%AB%E5%AE%B3

工場からの黒い排水を止めるために、
1958年5月24日・6月10日に下流の漁民らが工場に乱入し、
6月10日には機動隊と乱闘になって、
漁民側に重傷者35名、軽傷者108名、検束者8名。警察側も1名入院した。

汚染源

公害の汚染源は本州製紙江戸川工場(東京都江戸川区東篠崎町)。
同工場は1922年11月に操業を開始し、当時は約680名の従業員で、
専売公社の用紙、教科書用紙、出版・印刷用紙を4台の装置で年間約4万5千トン生産していた。

黒い排水
本州製紙江戸川工場では1958年3月下旬に、日産70トンのケミカルパルプの製造装置を導入した。
原材料として、これまで使用していた松に代えて原木資源として有望な広葉樹を使用する設備で、
亜硫酸アンモニウムで広葉樹木材中のリグニンを抜くため、黒褐色の排水が発生した。
工場長は、この排水は ほぼ中性であり、
茶褐色をしているが多量の川の水で薄められるため、有害とは思っていなかった。

会社の技術担当役員は、5月17日に採取した黒い排水の原液の分析結果を
 水素イオン濃度(pH)が、6.8
 全固形分が、148.6 g/l
 灰分が、2.4 g/l
 全亜硫酸が、7.6 g/l
 揮発性酸が、18.8 g/l
 全糖が、9.2 g/l
 リグニンが、34.9 g/l
 廃液量は、毎秒0.003トンであり、大きな排水路で380倍程度に希釈されて放流される。
と報告し、会社としては害はないと結論した。

本州製紙社長(木下又三郎)は、
「工場の排水は無害だという報告を受けており今の設備で良い
 と考えているが、
 今回の問題で、排水を沈殿池に導いて万全を期すことにしている。
 黒い排水の漁業被害については、漁場の状況を詳しく知らないので詳しい調査をしていないが、
 以前に
 愛知県で同様の問題があったときの調査では、
 全部が当社の排水が原因であったかどうか疑問をもっている

と陳述した。

千葉県水産商工部水産課長は、国会質疑までに判明している点として、
5月19日に工場の排水口の近くで採集した工場排水の動物実験結果を、
 工場排水の原液にフナを入れたところ、直ちに全部死んでしまった。
 工場排水を二分の一に薄めたところ、十五分後に全部死滅した。
 十分の一に薄めた場合に、五日後に全部死んだ。
 淡水での飼育では、全然異常がなかった。
と報告し、水質分析の結果として、
 水素イオン濃度(pH)が、3.4という非常に強い酸性であった。
 生物化学的酸素要求量(BOD)が、289ppmであった。
 化学的酸素要求量(過マンガン酸カリ消費量)が、普通の水では2〜30程度のところ、289ppmであった。
 精査中であるが、非常に多量の繊維が含まれている。
と報告し、このまま放置すると魚介類の被害は今後増大すると考えていると陳述した。

東京都経済局長は、5月13日から14日に実施した水質試験と生物試験を報告した。
 排水口の下流50mでは、約100%のアユの斃死率。
 500mでは、32%の斃死率。
 京成電鉄の下流では、4%の斃死率
水質分析では、
 水素イオン濃度(pH)が、4.2以下。
 溶存酸素(DO)が1.39。
であった。

白い排水
国会の参考人質問で工場長は、
これまで約36年間操業しているが、
排水が問題になったことはないと陳述している。

しかし、漁業協同組合長は、
従来の装置から「白い水」を放流していることについても、これまでは黙認してきたが、
「これからの会社側との交渉につきましては、
 白い水を流すことも黒い水を流すことも、
 絶対無害ということが実証されない以上は、私たちは認めることができない。」
と陳述している。

被害 [編集]江戸川の下流域の漁業被害が発生した。

八ケ浦漁業協同組合
浦安町漁業協同組合 約1050名
浦安第一漁業協同組合 約390名
南行徳漁業協同組合 約250名
行徳町漁業協同組合 約300名
江戸川町漁業協同組合
葛西町漁業協同組合
城東漁業協同組合
荒川漁業協同組合
深川漁業協同組合

千葉県浦安町
人口:16470名
生業:漁師が75%、その他半漁半農、商工業者が25%。

漁獲高
浦安町漁業協同組合:アサリ=3873万1000円、ハマグリ=3257万1000円、ノリ=2億2964万円
浦安第一漁業協同組合:アサリ=296万8300円、ハマグリ=3561万9600円、ノリ=5178万9000円
南行徳漁業協同組合:アサリ=26万円、ハマグリ=7万円
行徳漁業協同組合:アサリ=74万円

国会審議 [編集]この事件は、大きな社会問題となり、国会で関係者を参考人等として呼び質疑が行われた。

1958年6月13日に参議院決算委員会[2]
1958年6月20日に参議院決算委員会[3]
1958年6月30日に参議院決算委員会[4]
1958年12月18日に参議院決算委員会[5]


テレビドラマ
この事件をモデルとして、テレビドラマ「官僚たちの夏」(第6話「公害問題」)が製作された。

ん〜? とか思うのは 俺だけでしょうか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

オリエンタルランド - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89
埋立による土地の造成には、
公有水面埋立法に基づき県知事の許可を得る必要があった。

当時の千葉県知事は友納武人であり、三井不動産社長の江戸英雄と2人3脚で進んでいった。

この時に取られた方式は「出洲方式」と呼ばれる方法で、
埋め立て事業費は不動産会社と県が2対1の割合で負担する。
完成した造成地は県有地として千葉県が売却し、その益金は出資比率に応じて分配される


また特に、現場での漁民との補償交渉を取り仕切ったのが、江戸の推薦でOLCに入社した高橋政知である。
高橋自身は名門の家の生まれで東大の卒論を英語で書くほどのエリートであったが、
持ち前の豪放磊落な性格が功を奏し、住民への補償、千葉県からの土地払い下げまでは順調に進んでいった

一方、朝日新聞はこの開発を問題視し、『追跡・湾岸開発』という検証本を出版するに至る。
また、首都圏新空港の候補地として、河野一郎に目をつけられたこともある。


なお、創業当初は100万坪を埋め立てると宣伝しており、
山本周五郎の小説『青べか物語』でも「沖の百万坪」という言及がある。

完了した造成工事では260万坪の面積を埋め立てたが、
上記の事情から次々と住宅地として処分され、
最終的には63万坪余りが遊園地用地として残され、
それもホテル用地などに取られたため、
TDL開業時には純粋な遊園地として使用されている土地は更に少ないものとなった



ディズニーとの初交渉は1974年(昭和49年)に開始された、
ディズニーから提示された条件はディズニーは建設費・運営費等を一切支払わず、
ロイヤリティとして売り上げの10%を回収する
という当時の日本の常識からは法外なものだった。

最終的には、親会社である三井不動産の意向を無視する形で、OLCの高橋が条件を飲み、
高橋の顔をたてるために50年契約だった条件を1割減じて45年とさせた。
こうして1979年(昭和54年)4月30日に
ウォルト・ディズニー・プロダクション(後のディズニー・エンタプライゼズ・インク)との業務提携契約を取り交わした。

その後、ディズニーによる技術・ノウハウ提供を受け、
1983年(昭和58年)4月15日東京ディズニーランドが開園を迎えた。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/disney01.htm
そもそも米国ディズニー(ウォルトディスニー・プロダクション)社が、
現在の場所にディズニーランドを建設することを結局に承諾するにいたったのは、
・巨大都市東京の都心部から10キロの位置にあり、
 半径100キロ以内に約3000万人が住むという非常に有利な立地条件に恵まれた。
・TDLの経営のために、約104万坪という広大な土地(県有地)が格安の値段で与えられた。

しかも
 関連土地の転売利益をディズニーランドの経営につぎこむことができる ということを確認した
からであった。

そしてオリエンタルランドは、
米国ディズニー社とロイヤリティーフィー(使用料)として
入場料の10%、商品売り上げの5%を45年間払いつづける
という「幕末の通商条約なみの屈辱的な条約」をむすんでいる。
このために、100億円以上の金がディズニー社に毎年ころがりこんでいる


このようなことは普通の企業では考えられないことである。

しかしTDLの場合は、
 経営が赤字になっても、県から安く払い下げられた土地の転売利益で赤字を補てんできる
 という保証がされたから、「屈辱的な条約」を結ぶことが可能だった

のである。


土地転がしで三井不動産などが大儲け  〜払い下げ価格の数十倍の値段で切り売り〜


(1) 埋立地を造成原価で取得

さて問題は、華やかなディズニーランドの裏側でおこなわれた土地転がしである。

1962(昭和37)年7月、千葉県とオリエンタルランドの間で、
「浦安地区土地造成事業および分譲に関する協定書」(以下、「分譲協定書」と略す)がとりかわされた。
この協定書にもとづき、浦安地の海面260万坪(874ヘクタール)の埋め立てが、
大遊園地や住宅団地などの造成を目的としてすすめられた。

埋立工事は1964年に始まり1970年に完成した。

埋立免許は県が取得したが、「分譲協定書」により、
漁業補償金の支払いや造成工事はオリエンタルランドが請け負った。
いわゆる「千葉方式」(正確には「自社埋立方式」)である。

そして、造成された土地のうち103.8万坪が、
1970年から1977年にかけて県からオリエンタルランドに譲渡された。

103.8万坪の内訳は、遊園地用地として63.8万坪、そ
して「遊園地建設資金確保」のための住宅用地(転売可能地)として40万坪である。

譲渡価格は造成原価(つまりオリエンタルランドによる漁業補償費、工事費立て替え分)であり、
1坪あたり1万6688円(1平方メートル5000円)という安さであった。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/disney01.gif


(2) 住宅用地40万坪の行方
オリエンタルランドは、この土地をどうしたか。

まず、住宅用地40万坪についてみてみよう。
同社は、
40万坪のうち約23万坪を親会社の三井不動産と京成電鉄に坪単価4万5000円で売った。
そして8万坪を日本住宅公団やマンション業者などに坪4〜79万円で売った。

小川国彦氏(現・成田市長)によれば、
これらの転売でオリエンタルランドは400億円もの利益を手にした、
という(「東京ディズニーランドの怪」『文芸春秋』1983年4月号)。

同社は、残りの9万坪のうちの1.3万坪を、1987年に不動産業者に売った。
この土地はJR京葉線(翌年開業)の舞浜駅にも近く、
売却価格は約200億円であった。

坪単価は約150〜200万円で、
オリエンタルランドが県から取得した価格のじつに100倍である。

一方、子会社のオリエンタルランドから23万坪を購入した三井不動産と京成電鉄は、
この土地を全部転売した。

まず、11万坪を坪単価9〜14万円で日本住宅公団に売却した。
そして残りの12万坪については、
坪50万円以上という高い値段で一般庶民むけに住宅地として分譲し、
ボロ儲けをした。

たとえば、京成電鉄が「パークタウン」という名で分譲した建売住宅の価格は、
バブル時期には1区画(敷地面積50〜55坪)が1億円を超えたといわれている。
また、三井不動産が分譲している住宅地の価格も同じである。

こうして、三井と京成は子会社のオリエンタルランドから“横どり”した土地の転売で
500億円以上の利益をあげた(前出「東京ディズニーランドの怪」による)。

ここで重要なのは、以上の23万坪の転売で三井不動産などが得た利益は
TDLの建設資金には「ほとんど回らず消えてしまった」
(栗田房穂ほか『ディズニーランドの経済学』朝日新聞社)ことである。

TDLの建設費1581億円のうち
約500億円はオリエンタルランドの自己資金とスポンサー料、
残り1000億円余は22の銀行からの借金である(毎日新聞、83年3月8日)。

また、オリエンタルランドの資本金は わずか30億円でしかなかったのである。

では いったい、
住宅用地23万坪の転売で三井不動産と京成電鉄が手にいれた莫大な利益は どこへいったのか。

この点は、三井不動産やオリエンタルランドなどを擁護する立場で書かれた
加納靖久著『東京ディズニーランドの真相』(近代文藝社)の中でも、
三井不動産や京成電鉄の
「宅地開発による利益は株式会社への配当、あるいは負債の返済に充当され、
 ランド社に還元されることはなかった」
と記されている。

この点については、自民党県議の中からも批判が出された。
たとえば、同党の八代重信県議は、1985年12月県議会の一般質問でつぎのように述べ、
県当局の姿勢をただした(『昭和60年12月千葉県定例県議会会議録』より)。

「オリエンタルが本当にバランスのとれた健全企業であるかといえば非常に疑問である。
 オリエンタルの借金は1300億円を超えており、
 支払い利息の圧迫に耐え続けているとのことであるが、
 オリエンタルの親会社であるところの、三井不動産と京成電鉄は
 これに何一つ援助の手を差し伸べようとしてこなかったのが実情であります」
「三井と京成電鉄の両親会社は子会社のオリエンタルを助けるどころか、
 子会社の利益を吸収してきたのであります。
 言葉は悪いが……オリエンタルのひもが三井であるし、それから京成であるわけでございます。
 ところが公有水面住宅用地のうち約23万坪は原価の坪当たり4万5000円で買い上げ、
 三井不動産と京成電鉄はこれで巨額の利益を稼いで、
 これを出資金に回しておるわけでございます。
 オリエンタルが現在所有している遊園地用地は、
 すべて公有水面土地と聞いておりますので、
此処まで言いながら
 再び このようなことが起きないよう県は十分監督指導すべきであるがどうか」
なにそれwwwwwwwwwwwwwwww

だが、これに対する沼田知事の答弁は、
「オリエンタルランドの用地は公共的な性格を持っている土地であるということの御指摘は、
 そのとおりだと思いますし、そういう意味で県も今後十分監督をしてまいりたいというふうに考えておりまして、
 オリエンタルランドの用地が本来の目的のために使われるように指導をしてまいりたい
 というふうに考えているところでございます」
と、お茶をにごすものであった。
お茶を濁す? 茶番劇そのものでしかねーじゃん。

(3) 遊園地用地63.8万坪の行方
こんどは、オリエンタルランドが県から遊園地用地として取得した63.8万坪についてみてみよう。
「分譲協定書」では、63.8万坪のすべてを遊園地として利用することが明記されていた。
ところが、TDL開業時の利用状況はつぎのとおりであった。

    ディズニーランド  15万坪
    駐車場       10万坪
    周辺開発用地    7万坪
    未利用地      31万坪

みられるように、じっさいに協定どおりに利用したのは、駐車場をふくめた25万坪だけであった。
したがって、残りの38万坪はただちに県が譲渡価格(坪1万円余)で買い戻すべきであった。

しかし、県は買い戻しはせず、
逆にTDLの経営資金のあてさせるという名目で、
1980年に用途制限の解除を認めた。

つまり、TDLの経営が「苦しくなった」場合には、
県の承認を得て住宅用地などとして転売してもよいことにしたのである。

じっさいに、オリエンタルランドは、
県の承認を得て1984年3月から85年までに3回にわたり、
周辺開発用地7万坪のうち6万坪をホテル業者などに472億円で売却した。
平均の坪単価は約80万円であった。

ここでつけくわえると、遊園地用地63.8万坪は、「分譲協定書」で
県の承認なしに第三者へ譲渡することが禁止されていた。

が、オリエンタルランドはその一部を協定に違反して県に無断で三井不動産などに転売した。
1970年、遠山偕成(不動産業者)に1.5万坪を坪5万円で、
1973年には三井不動産と京成電鉄に6万坪を坪4万円で。
だが、これらの違反転売については、
1975年に新しく県知事になった川上紀一知事の指示によって、
1980年に売買契約が解除させられた。

さらにつけくわえると、
 オリエンタルランド、三井、京成による土地転売利益のうち、
 かなりの額が中央や県の政界へ流れた

といわれている。

たとえば、たまたま1980年のダブル選挙の選挙違反事件の捜査過程で、
オリエンタルランドが自民党県連幹事長に領収書もとらずに500万円を与えていた
事実が判明した。

しかしこれも、氷山の一角にすぎない、といわれている。

たとえば小川国彦氏(前出)はこう言っている。
「55年のダブル選挙の時に、自民党県連の幹事長にオ社から500万円の献金があったことが報道されていますが、
 他にも、選挙のたびに、500万、1000万といった単位のカネが流れているといわれています。
 また“××先生を励ます会”といったパーティの券をオ社がまとめ買いしているというウワサもある」
(『週刊新潮』83年9月8日号)


えっと いいですか?
 ニホンジンと米帝サマ は江戸の文明を浄化と虐殺にして 美味しく暮らしましたとさ。
という話に思えてしまうのは 俺の妄想が過ぎるからですね?

 大企業はTDLによって大儲けしている。ひとつは、本家の米国ディズニー社である。オリエンタルランドがこの会社と特許使用料として入場料の10%、商品売り上げの5%を45年間払いつづけるという契約をむすんでいることは、すでに述べた。このほか、アブセンスフィー(派遣社員の不在補償料)などもディズニー社に支払われている。このために、100億円以上の金がディズニー社に毎年ころがりこんでいる(1996年度は110億円)。

 つぎは、ディズニーランドを“媒体”に使うことを許されたスポンサー企業(約20社)である。データは古いが、1984年3月13日付け日本経済新聞によれば、たとえば富士写真フイルムではフィルムや現像代など年間200億円の需要が生じた。明治乳業では、ディズニーのキャラクター付きアイスクリームが83年1年間だけで30億円も売れた。講談社ではディズニー関連の絵本が、プリマハムは「ディズニー・ノビッコ」がたいへん売れた、という。

 それから、銀行も大儲けをした。ディズニーランドの建設費1581億円のうち1000億円余は22の銀行からの借金であって、その借金返済に付随する金利分は年間100億円に達した(『週刊新潮』87年1月22日号)。
 しかし、なんといっても、恩恵をもっとも満喫したのは、TDL関連用地の土地転がしでボロ儲けした三井不動産である。

“TDL効果”の大部分は中央大資本や米国ディズニー社に吸い取られているのが実態である。

他方で、地元業者をみると、
TDL入園客のカネは「埋立地では無い浦安市」の地元商店街へは わずかしか落ちていないし、
さらにTDLと商店街との取引も、1カ月でわずか1000〜2000万円でしかない
(朝日新聞、1984年4月14日)。
地元商店街は、「すっかり当てがはずれた格好」(読売新聞、1985年1月17日)という。
こうした状態は、今もおなじである。

もちろん、TDLが地元浦安市にもたらす貢献度も大きいものがある。
市のイメージアップや雇用、税収などである。

税収についていえば、
同社が1997年度に市に納めた固定資産税は27億8000万円、市民税は14億3000万円だったという。
人口を考えると破格の収入である。
1998年7月2日付けの毎日新聞は、つぎのように書いている。

「浦安市の全体はTDL周辺やホテルのにぎわいとは無縁だ。
 『うらやましがられることはあっても、近くに住んで、良かったという実感はない』
 という声は少なくない。」

話を そもそもの黒い水に戻す。

http://blogs.yahoo.co.jp/khyousyou/35499056.html
1958年6月の「黒い水事件」。
この事件の半年後に国内初の環境法、水質二法(水質保全法と工場排水規制法)が制定された。
工場には「廃水処理技術の第一人者」といわれる工学博士が監修した新たな浄化設備が設置された。

工場側は安全性が確認されたとして紙パルプの生産を再開。
しかし再び黒い水が流れ始めた。
工場側は「黒くても害はない」と漁師側の抗議を退けた。

その後の分析で、江戸川の水量が一定以下になったときにパルプの生産量を減らしていることが判明。
廃水浄化は新しい設備があっても依然として川の水量による浄化作用まかせであることがわかってきた。
また水が黒いほど、酸素が少なく汚染された、化学的酸素要求量(COD)の値が高い水であることも明らかになった。

水質保全法によって江戸川の排水規制値が定められた以降に、パルプ生産量が急増していた。
当時のCODは1日平均600ppm。
現在の1リットル当たり20ミリグラム以下と比べると非常に甘い値だが
「決められた値を守っている」という「正当性」を会社側に与えることになり、
結果として水質をさらに悪化させることになったという。

当時は
東京湾埋め立ての計画が進められ、漁業との両立などは話し合われることはなかったという。
「漁場はなくなるという前提だから、何もやる必要はないということだった」
と、当時の雰囲気を伝える証言もあった。


重化学工業中心の県へと生まれ変わる激動の渦にのまれ、
追跡調査がされることなく歴史のかなたに追いやられたことが伝わってくる。
あれ? 随分と雰囲気が違うねぇ?w
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20100221ddlk12040114000c.html
 1958年の「黒い水事件」については、海面に黒い工場排水が漂う当時の様子や、漁業者らが抗議で工場に乱入した際の生々しいエピソードが盛り込まれている。

 事件後は漁業が衰え、71年に漁業権が全面放棄され、埋め立てに道が開かれた。証言者たちは「将来の見込みがない」とあきらめたり、「町が大きくなったから良かった」「できることなら漁業を続けたかった」などとさまざまな思いを吐露している。

 証言者のうち3人が報告書の完成を待たずに亡くなった。隊員の 木 さん(60)は「人の記憶は薄れ、関係者も他界してしまう。大切な生の言葉を記録する作業を急がなくては」と話している。


http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1308966393

http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu11092.html

http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=2788734
○不十分な排水処理のまま製紙を操業していたこと、
○工場側はそれを認識しており、江戸川の流量が少ない日には排水も少なくしていたこと、
○1958年制定の「水質二法」(現在の水濁法)の基準が甘く、
 逆に排水しても問題ないのだという正当化の根拠を工場側に与えることとなった
(すなわち、公害規制法ではなく、実質的に公害追認法であった)

といったことがわかる。

この問題が現在まで大きくならなかった要因のひとつは、
やがて埋め立てられてしまうという諦念にもあったようだ。
なお、浦安の漁業権全面放棄は、1971年のことである。
カネがバラ撒かれる 汚染は止まらない、その合間合間に派手な事件が起きて話題になる。
結局に汚染は止まらずカネは流れる。

あれれ? じゃあ 不思議に騒ぎ立てたり 不思議な事件が派手に起きる って何なんだったっけ?w


http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/eml/Ronso/382/miyamoto.pdf

http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/disney01.htm
TDLのルーツは船橋ヘルスセンター

(1) 船橋ヘルスセンターの裏で土地転がし

 TDLをめぐる利権の実態や本質を解明するためには、船橋ヘルスセンターとの関係を知る必要がある。TDLの生成は、船橋ヘルスセンターときわめて密接なつながりをもっているからである。ヘルスセンターをめぐる土地転がしや利権については、「埋め立て開発と利権〜ルーツは船橋ヘルスセンター」でとりあげているので、それをご覧いただきたい。要約するとつぎのとおりである。


 船橋ヘルスセンターは、1955(昭和30)年、船橋市の海浜埋立地(現在の「ららぽーと」の敷地)にオープンした。東洋一の大規模レジャーランドをほこっていた同施設には、東京はもちろん全国から客が来場、1960年代の最盛期には毎年400〜500万人の入場者を数えた。

 華やかなヘルスセンター・ブームの裏側で、経営企業の朝日土地興業(丹沢善利社長)は、関連用地(埋立地)の転売でボロ儲けを手にした。

 まず「ヘルスセンター用地」(11万坪)をみると、埋立免許は船橋市が取得したが、じっさいにはヘルスセンターの実質的な経営企業である朝日土地興業(丹沢善利社長)が造成工事を請け負い、造成後の土地も同社が手にいれた。造成面積11万坪のうち、同社がヘルスセンター用地として実際に利用したのは9万坪である。残りの2万坪については、1万坪を漁業補償費相当分として漁民に無償で提供、もう1万坪は有償で漁民に売った。その際、造成原価は坪2300円であったのに、坪3200円で売った。朝日土地興業は、漁業補償の名のもとに900万円の利益を得た。

 同社は1956年、船橋市の日の出町、栄町、西浦町の海面50万坪の埋め立てにとりくんだ。ここも埋立免許は船橋市が取得したが、造成工事や分譲は同社が手がけた。そして50万坪のうち16万坪は漁業補償費分や公共用地としてあて、残りの34万坪をそっくり同社が手にいれた。造成原価は坪3700円であった。同社はまず、34万坪のうち4万坪を千葉県開発公社へ中小企業用地として坪5400円で売り、7100万円の差益を得た。つぎに1万坪を船橋市へし尿処理場用地として坪6900円で売り、1300万円の差額を得た。残り29万坪も坪あたり平均1万円で中小企業へ売り、ざっと18億円の利益を手にいれた。

 朝日土地興業がつぎに手がけた埋め立ては、ヘルスセンター地先の海面18万坪である。まず1962年、利用目的を「遊園地(ヘルスセンター)の拡張用地」として、千葉県との間に「土地造成事業および分譲に関する協定」をむすんだ。そして同協定にもとづいて、県が埋立免許を取得、朝日土地興業が工事を請け負った。造成後は、公共用地、緑地分をさしひいた残りの14万坪を同社が県から造成原価(坪あたり約1万円)で取得した。ところが、同社が協定どおりにヘルスセンター拡張用地として利用したのは、わずか4万5000坪である。残りは、3万5000坪を「株式会社よみうりランド」にオートレース場用地として売った。そして、もう6万坪を千葉県開発公社に坪2万円で売った。この公社への転売だけで、同社は5億円の利益を得た。ちなみに公社は、その後この土地を日本住宅公団へ坪2万5000円で転売した。これが、現在の若松町団地である。



(2) TDL関連用地の転売手法と同じ

 ごらんのように、ヘルスセンター関連用地の転売手法は、ディズニーランド関連用地の転売手法とそっくり同じである。裏返していえば、“大規模遊園地”を隠れみのとした土地転がしをもっと大規模に再現しようとして計画されたのが、ディズニーランド計画なのである。
 じつは、TDLの経営企業であるオリエンタルランドは、船橋ヘルスセンター関連埋立地の土地転がしで大儲けした朝日土地興業と、三井不動産、京成電鉄の3社が、ヘルスセンターを真似て1960年に設立したものである。設立の経過については、たとえば、前出『ディズニーランドの経済学』も、オリエンタルランド設立の理由について「船橋市の埋め立て地で成功していた船橋ヘルスセンターを真似て、レジャーランドでもつくろう、というのが始まりだった」と書いている。また、オリエンタルランドの元社長・高橋政知氏も、「埋立地に遊園地を造る構想は最初、川崎さん(当時の京成電鉄社長・川崎千春氏のこと−引用者注)と朝日土地興業社長の丹沢善利さんが相談したものだった」と述べている(前出「私の履歴書」)。
 つまり、最初は大規模レジャー施設の建設を名目として埋立地を取得し、あとでなしくずし的に土地を転売して巨利を得るという、ヘルスセンターの際と同じ手口をねらったものである。のちに、朝日土地興業が経営不振で三井不動産に吸収合併されたたため、三井不動産と京成電鉄がオリエンタルランドの親会社となり、主導権は三井不動産がにぎった。ちなみに、現在の出資比率は、三井不動産20.48%、京成都市開発19.79%、京成電鉄11.20%、千葉県3.29%などとなっている(1998年度)。
 ところで、高度成長期には全国に“ヘルスセンター旋風”をまきおこすほど大盛況であった船橋ヘルスセンターも、1970年代に入ると年々入場者が減少した。そしてついに77年、24年にわたる歴史をとじて閉園した。
 一方、朝日土地興業を吸収合併した三井不動産は、「株式会社船橋ヘルスセンター」(84年に「株式会社ららぽーと」と改名)を設立し、この子会社にヘルスセンターを経営させた。ヘルスセンターの閉園後は、同社はヘルスセンター跡地に東洋一の規模を誇る大規模なショッピングセンター「ららぽーと」を建設し、莫大な資産価値をもつ跡地の運用で大儲けしている。この経過はTDL関連用地の先行きを暗示しているのではないだろうか。


さいごにつけくわえると、
千葉市海浜ニュータウンの稲毛地区の埋立地(130万坪)は
県(企業庁)が千葉市に造成工事や分譲・処分をまかせた地区である。

千葉市は、この埋立地の運用・処分で98億円の純利益を手にし、
さらに時価にして約200億円の土地(4万坪)を市有財産として確保することができた。

もし、同地区のように、ディズニーランド関連用地103.8万坪の造成・処分を浦安市がおこなっていたら、
同市は数百億円あるいは1000億円以上の収益・資産を確実に得ることができたはずである。

しかし実際には、
その103.8万坪の運用・処分はオリエンタルランドや三井不動産、京成電鉄がおこない、
莫大な転売利益もすべてこれらの企業が手にいれた。

浦安市にもたらされている28億円の固定資産税などは そのおこぼれにすぎないと思うが、いかがであろうか。
まぁ 千葉市や習志野市や船橋市などなどの埋立地だって 別ルートで美味しく頂きましたが誰なのか? についても
そんなに想像は難しくないけどね?w

さて 宮城の津波の被災地で何か不思議な事が起きていないと良いね?w
東京湾で不思議な事は・・・まぁ それ以前かw



https://twitter.com/athoton/status/190671831928287232
私は、NHKが姑息にも、
国内向け報道(日本語)で「ミサイル」、
海外向け(英語)で「ロケット」
と使い分けてる点に注目しています。

https://twitter.com/PeacePhilosophy/status/190589813609594881
友人のジャーナリストが、
NHKの英語ニュース部門でも「ミサイル」を使おうとした動きがあって
「それはプロパガンダであってニュースではない」と止めたそう。
国内ニュースは そのまんま「ミサイル」。


@hatoyamayukio イラン訪問、事前の準備から帰国後の大量のバッシング多々でお疲れのことと思いますが、
わずかでも先に繋げたと見ています。
本当にありがとうございます。


https://twitter.com/junna311/status/190828573169422336
[2012.04.13] 鳩山元首相のパレスチナ訪問を成功させるために | 天木直人のブログ
http://www.amakiblog.com/archives/2012/04/13/#002244

今朝(4月13日)早朝のテレビで鳩山元首相が
今度はパレスチナを訪問する意向だというニュースが流れた。

私は驚いて確認のために今朝の各紙に眼を通した。
唯一産経新聞が報じていた。しかも批判的に。

すなわちイラン訪問で政府を混乱させたにもかかわらず、
今度は パレスチナ訪問か、と。

しかし、私の評価はその逆だ。
私が驚いたのはブラボー!という意味だ。

パレスチナを訪問するのだ。
しかもラマラだけでなくガザに行くのだ。

 

マジかよ!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
宇宙人スゲーぜ!!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


鳩山元首相はみずからの宇宙人振りをいまこそ思う存分発揮し、
世界の すべてから見捨てられたままのパレスチナ問題に世界の注目を集めさせるのだ。

おりから来日中の
パレスチナ自治政府マリキ外相イスラエルの国際法違反の入植活動停止を訴えている。
国連におけるパレスチナの国家承認を求めている(4月13日毎日)。

これに対して鳩山元首相は同じく
来日中のアッバス議長と都内のホテルで会談した後の記者会見で次のように明言したという。

「私どもは(パレスチナの)民族自決を支持します」と。

ブラボー!ここまで立場を鮮明にしている。


そしてここからが私がこのブログで言いたいことである。

パレスチナ訪問に際しては、
アル・ジスルー日本とパレスチナを結ぶ(略称JSR)という市民団体を同行させるのだ。

パレスチナの和平を願って公正無私の立場で良心的な活動をしてきた
わが国屈指のパレスチナ支援団体だ。
訪問にする前に彼らからパレスチナ問題のすべてを よく学ぶことだ。

今度こそ鳩山由紀夫しか出来ないウルトラ外交を期待する。

鳩山事務所とコンタクトが取れる方がおられたら、
このブログを以下の連絡先とともに鳩山事務所に転送し、
鳩山元首相の目にとまるように協力をお願いしたい。

 ↓
2012年04月13日 鳩山由紀夫オフィシャルホームページ : 活動情報 -パレスチナ自治政府・マフムード・アッバース大統領との会談
http://www.hatoyama.gr.jp/activity/detail.php?id=76


4月12日、来日中のパレスチナ自治政府・アッバース大統領と会談をしました。

先日、イランにも同行した大野元裕参議(民主党日本・パレスチナ友好議連事務局長)が同席をしました。
鳩山代議士にとって、総理在任中にお会いして以来の2年ぶりの面談で、
大統領が被災地の宮城県・名取市を訪問された後のあわただしい中での再会となりました。

鳩山代議士から、大震災に対する支援のお礼を申し上げ、
また、大統領が名取市を訪問されたことは、
名取の市民だけでなく国民全体が温かい気持ちを抱いたと重ねて感謝をした
のに対して、大統領からは、日本の大震災は自分たちも悲しく心を痛めた、
日本訪問が決まった時から、被災地に行くことを決めた、
地震被害には衝撃を受けたが、日本国民がこの困難を乗り越えることを確信しているとの話がありました。

日本が支援している「平和と繁栄の回廊」については、大変重要な構想であり、
今後とも両国で協力しながら進めていくことを確認し、
さらに死海周辺のプロジェクトも構想されていることを大統領が披露されました。

いずれにしても、中東の安定が基礎となる話であり、
鳩山代議士から、アッバース大統領のさらなるリーダーシップに期待したいとの発言がありました。

また、民主党日本・パレスチナ友好議連会長に就任した鳩山代議士に対し、
アッバース大統領から そのお祝いと、是非パレスチナを訪問して下さい、との招請がありました。
故ヤーセル・アラファトPLO議長の弔問のため2004年にパレスチナを訪問して以来と述べながら、
鳩山代議士は、大きく変わったであろう現在のパレスチナを、
自分の目でいずれ見てみたいと返事をしました。


短時間ではありましたが、温かい雰囲気の中での有意義な会談でした。(鳩山由紀夫事務所)

そら 神はお怒りでございます になるわなwwwwwwwww

イランを訪問した鳩山由起夫元首相叩きが止まらない 〜総叩きの舞台裏〜 - 暗黒夜考
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/88f3b698138f38fe54c5ae9a278c7f28


2012年4月14日 スロウ忍ブログ@Blogger: モンゴルのナンバリン・エンフバヤル前大統領が汚職容疑で逮捕。モンゴルでも追い込まれるシオニスト勢力配下のカルト。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_3302.html

2012年4月14日 スロウ忍ブログ@Blogger: 野田政権に原発再稼働を促す仙谷由人。野中広務とCSISにも繋がるシオニスト勢力の左手。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/csis.html


2012/02/05 仙石は国民の敵!!東電経営権で、何故、勝俣東電会長と極秘会談?陰の総理・仙石は勝俣に抱き込まれたの声!! - 渡邉正次郎
http://maglog.jp/nabesho/Article1391828.html


http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/836.html
2012年4月14日 国民の命より原発だ!仙石野田政権、大飯原発再稼働!今度は美浜原発寿命10年延長決めた! 渡辺正次郎先生のブログ


 ↓
ITライフハック 一連の流れを紹介! Google playで出回った不審なAndroidアプリ問題
http://itlifehack.jp/archives/6961580.html

この手のアプリは、
合法アプリと何ら変わらない手法でダウンロードからインストールまでできてしまう。
有効な防御手段はあるのか? と聞かれると「現状では“ない”」
何故に無いのか?
への明確な答えが 何故か此処では書かれていないw
書けよw
 GoogleのAndroidを運用する姿勢そのものが
 このP2Pの暴露ウイルスの遙か上を行く問題の根幹である
とね。

単なるゼロディ問題を完璧に無視して露骨に放置して
テメェらの都合に良いカネモウケに利用しながら、
詭弁と詐術を繰り返してきた連中によって浄化と虐殺が 此処でも繰り返されている。
其れだけの話にすぎないんだよね。


 ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000436-yom-soci
スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ 読売新聞 4月14日(土)14時34分配信
スマートフォン(高機能携帯電話)の電話帳に登録された個人情報を外部に送信してしまうアプリが出回っていた問題で、警視庁が情報収集を始めたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は今後、接続業者(プロバイダー)などから話を聞くなどして、ウイルスが仕組まれたとみられるアプリを作成した関係者の特定を進め、刑法のウイルス作成罪にあたるかどうかを慎重に検討する

 情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)によると、問題となっているのは、人気ゲームなどを動画で紹介するアンドロイド用の無料アプリ。ダウンロードして起動すると、電話帳に登録した個人名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が外部に送信される仕組みで、少なくとも16種類が確認された。これらのアプリは13日に削除されたが、流出した個人情報は数百万人分に上る可能性があるという。 最終更新:4月14日(土)19時37分
馬鹿か?wwwwwwwwwwwwwwwwww
此のアプリが刑法のウイルス作成罪にあたる
訳ねーじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
だから読売は どうかを慎重に検討すると“不思議”に“慎重”に言い回す訳でwwww
つまり此の記事は読売の「飛ばし記事」に等しい。
相変わらずカルトの下僕でしか無い読売は 息を吐くように嘘デマ扇動を吐き続ける。

この問題は
グーグルとアンドロイドと その向こうに在る問題を考えると 根深いなんてモンじゃ絶対に済まない訳で。

 ↓ ↓ ↓
誠天調書 2011年12月03日: Android Carrier IQ キーロガー、stuxnet と NSA と イスラエルとモサド と ググル と Android 、イスラエル モサド CIA マグナBSP SCADA PLC stuxnet。
http://mkt5126.seesaa.net/article/238336829.html

で なんで この話へ突っ込むのが警視庁な訳? 警視総監様。
ググルと全面戦争しないと 絶対に同じ問題が必ず次々と起きますけど
不思議なトカゲの尻尾切り という ググルの門番に成り下がるのですか?w


んでもって そんな事よりも勝俣は?w
あー ごめんなさいです。
そういえば2011年の年末に広域暴力団桜田組は勝俣の邸宅の門番をしてましたね。



http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/789.html
大飯原発再稼働問題、逼迫しているのはオール電化住宅用の割引深夜電力ではないのか?(誰も通らない裏道) 判官びいき
http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2012/04/post-d88f.html


portirland: (重要)川内博史衆議院議員(民主党)、関西は電気足りる。
http://portirland.blogspot.jp/2012/04/300400107m2.html


https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/189402309711773696
関西電力の他社受電とは、
公表資料による今年1月の西日本エリアにおいては1基も原発が動いていない、
即ち日本原電などから買っていない状態での実績670万kwが見込める。
融通とは他電力からの融通を言う。
余裕をみて計算し、300万kwを見込める。
違うと言うなら、客観的に批判してもらいたい



https://twitter.com/HayakawaYukio/status/191264783499132928
いちいちデマを鵜呑みにするな。



マスコミはこの五年間に「政治とカネ」なる表現を小沢一郎に対して七千回使用… 『陸山会事件』三つの可能性 
http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/807.html


こわれたおもちゃをだきあげて 秘書のひとりも雇えない市議会議員
http://takashin110show.blog119.fc2.com/blog-entry-1134.html





http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/784.html
京都市祇園でのひき逃げ事件の背後にあるのは悲劇の青年政治家前原誠司民主党政調会長か!?
気持ちは分かるけど、流石の俺でも いきなり其処は どーかとw
いきなり じゃなければ ではあるけどねw
でも次回は この辺りの話からかな。





posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。