https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2007年01月03日

言論弾圧の粛清が始まる

mumurブルログ様 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50720156.html より
で、金武貴氏の削除要請の件ですけど、3日あたりにやります。
指摘があった件以外のコメントに関しても、ブログ削除の口実を与えかねないものに関しては削除します。現状では、「再度削除要請が来たらブログ停止」「要請が来る前に自主的に判断してブログは残す」の二者択一なのでこういう厳しい措置にならざるを得ません。ブログの過去エントリーを残すのが最重要課題です。
あと、ライブドアが色々と言われてるようですけど、いきなりエントリー削除とかブログ利用停止という会社もあるようですから結構頑張ってると思います。今までありがとう>ライブドア


金武貴氏も画像やコメントの削除要請をする手間をかけるなら、同時にこのブログに関するエントリー内容にもケチをつけて欲しかったと思います。「『創氏改名が嘘だった』など妄言を垂れ流すブログなので利用停止にするべきである」とか。そういうのだったら徹底的に戦ったんですけどね。
金武貴氏もここを読んでると思うので一言付け加えておきますが、「法的手段」とかそういう脅しはmumurには無意味ですから。むしろ逆効果です。そもそもその程度で怯えるなら、中核派に生突撃したり朝鮮総連に文句言ったりしません。こちらはいつでも身元が割れても構わない覚悟でやってますので。よろぴく。

今後については、何か決まったらここで告知するかもしれませんししないかもしれません。そもそも「mumur」という名前を使わないかもしれません。しかし、何かしらはやります。




秋山がTKO勝利も、桜庭は「あいつ滑るよ!」と猛抗議…K-1「Dynamite!!」
576 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2007/01/01(月) 04:32:10 ID:BkItlFSM0
 TBSはもう八百長ってイメージしかないよな
参考:
 秋山桜庭戦レフリー梅木飴さん、Blog過去ページの再構築忘れる
その後TBSにレフェリーカメラテストをしに23時に行きました。

終了後韓国料理をご馳走になりまた結構食べました。

軽く体形が変わっていました。

午前3時にタクシーチケット

で赤坂から千葉に帰りました。
ウェブ魚拓 :ttp://blog.livedoor.jp/umekilab/archives/2006-12.html ( 2007/1/2 02:39:22 ) のキャッシュ
で そのTBS・毎日の元旦の1面トップが↓
毎日新聞、2007年元旦の1面で2ちゃんねる批判・・・難病募金あざける「祭り」の大見出し
( 以上 情報リンク元は 痛いニュース(ノ∀`) 様より )

ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」
ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その2) 「エサ」総がかりで暴露
ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その3止) 2ch管理人に聞く
( 以上 情報リンク元は Tempじゃ〜なる 様より )

報道の自由という特権を利用し 情報流通の分野にて君臨し続けることで
特権と利権に守られた中で暴利にも等しいカネを稼ぎ出し続けた 既存マスコミとそれに群がる者達は、
それ故の美味しい美味しい生活を守る為なら卑怯な手段も平気で行うことが
ネットによって白日の下に晒されてきている。
権力の横暴へのチェック機能という矜持を完全に失った
そんな連中の一味 TBS・毎日の記事
とりあえず全文を残しておこうと思う

多いので格納






ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」
◇「また死ぬ死ぬ詐欺ですかw」「NHKキタ−−−(゜∀゜)−−−!!!!」…2ちゃんねる上、匿名攻撃

 ◇両親「裸で歩くよう」

 臓器提供者はまだ見つからない。4歳のクリスマスは、米カリフォルニア州の大学病院に近いアパートで迎えた。ネコのぬいぐるみをプレゼントされ「ネコちゃんが来たよ」とはしゃいだ。

 難病の拘束型心筋症と診断された東京都三鷹市の上田さくらちゃんが助かるには、海外で心臓移植を受けるしかない。1億円を超える手術費用は募金に支えられている。

 新聞各紙に「さくらちゃんを救う会」の募金活動の記事が掲載された昨年9月22日朝。インターネット掲示板「2ちゃんねる(2ch)」に家族を中傷する匿名の書き込みが始まる。「また死ぬ死ぬ詐欺ですかw」。「w」は笑いの意味だ。移植の募金はこれまでも「会計が不透明」と批判されてきた。

 NHK勤務の父昌広さん(54)と母和子さん(45)が記者会見で職業を「団体職員」と公表したことも災いした。後でNHKと答えたが、手遅れだった。「NHKキタ−−−(゜∀゜)−−−!!!!」と顔文字を付け、はやし立てる。「高給取りを隠して同情を買おうなんて詐欺だな」

 両親が借金などでねん出した3000万円の自己負担を公表しても攻撃はやまない。ローンが残る住宅しかないのに「十数億円の資産がある大地主」と虚偽の情報が書き込まれた。自宅の登記簿や写真もネット上にさらされた。「だまされて募金したので返してほしい」。救う会にはメールや電話が続いた。

 「裸で歩いているような恐ろしさ。眠れない時もありました」。和子さんは家の前で携帯電話のカメラを構えた人影を忘れられない。「親ですから娘が救われるのなら構いません。でも支えてくれる人たちが疲れていくのを見るとつらい」。目が潤んでいた。

   @   @

 年の瀬の東京・渋谷。記者はネット上のハンドルネーム(HN)「がんだるふ」を名乗る男に会った。元大手フィルムメーカー社員。今はイベントプロデューサーという。58歳。募金批判の中心人物だ。

 −−募金を払わなければいいだけなのに、なぜ攻撃するのか。

 ◆臓器移植問題は深いのに「かわいそう」で思考停止になっている。募金は物ごいと一緒だ。

 −−書き込みには中傷や誤報がある。

 ◆ネット上の罵詈(ばり)雑言はノイズ。被害と感じるのは弱いからだ。

 −−匿名での攻撃はアンフェアでは。

 ◆名前は記号。本質は書いた内容にある。

 −−実名でも書ける?

 ◆それは書けます。

 −−実名記事にしたいが。

 ◆載せないでほしい。「がんだるふ」というネット上の人格でやってきたから。

   @   @

 さくらちゃん一家が渡米する2日前の12月9日夜。新宿の居酒屋で20〜30代が中心の男女約100人が忘年会を開いた。全員が2chの利用者・2ちゃんねらーだ。募集の掲示板に記者もHNで登録し、参加した。互いをHNで呼び合う。「どこにいる?」という質問は住所ではなく、よく書き込む掲示板のことだ。

 一連の書き込みをどう見ていたのか、何人かに尋ねた。「あの募金はおかしい」「家を売ればいい」。掲示板の中傷に疑問を感じてはいない。

 ネットでは住人たちが一つの話題に群がり、ときに「悪意」が燃えさかる。彼らはそれを「祭り」と呼ぶ。

   ×   ×

 インターネットの利用者は国内で8000万人を超える。便利さや効率をもたらす一方、私たちはネットに依存するあまり、いつの間にか支配され、何かをなくしてはいないだろうか。ネット社会をどう築けばいいのか、まず第1部は身近な現場から報告する。


ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その2) 「エサ」総がかりで暴露
◇ブログに照準…氏名、住所、自宅写真、夫の勤務先まで特定

 ◇管理人「不在」、削除も執行不能

 記者が玄関をノックしても出て来ない。「本当に怖くて外も歩けませんでした」。電話越しに声の震えが伝わる。中部地方の主婦は半年前、ネットの掲示板「2ちゃんねる(2ch)」の「祭り」の被害に遭った。

 きっかけはブログの日記。内容が「非常識」と非難され、2chにスレッドが立った。「久々のエサなんだ。個人データを洗い出すんだ!」。日記には本名を出していない。なのにその日のうちに名字や夫の勤務先の電話番号が暴かれた。住所も特定され、自宅の写真がネットに流された。

 掲示板の書き込みをさかのぼると、2ちゃんねらーたちが主婦のブログの記述をヒントに、情報を積み重ねていったことが分かる。大まかな居住地域、近所の施設、自宅の窓から撮った風景……。掲示板には地元の住民からも情報が寄せられ、さらに電話帳や地図で住所を絞り込む。主婦の子供が載ったことがある育児雑誌まで見つけ出し、名字を突き止めた。

 攻撃はネット上にとどまらない。「電凸」(電話による突撃)が始まった。夫の勤務先に「奥さんの件はご存じですか」と尋ね、そのやりとりもスレッドに書いた。夫婦は警察や役所に相談し、住民票が入手されるのを防ぐため第三者への交付を止めた。しばらくの間、家を離れた。そして主婦はブログをやめた。

 「切込隊長」のハンドルネームで知られ、かつて2chの運営にもかかわった会社役員の山本一郎氏(33)は「欺まんと笑いがあると見られればネタにされる」と語る。たとえ事実が誤っていてもその二つの要素があれば、ネットで火が付く危険がある。

   @   @

 2chを裁判で訴える人も少なくない。

 北海道情報大助教授、有道出人(あるどうでびと)さん(41)は米国出身。人種差別撤廃を訴え、北海道小樽市の入浴施設が外国人の入浴を拒否していた問題では、施設や市に損害賠償を求める裁判の原告になった。

 ところが、2chで「白人至上主義者」と中傷が続く。管理人のひろゆき氏(30)=本名・西村博之=に削除を求めたが放置され、05年6月、札幌地裁岩見沢支部に提訴。同支部は昨年1月、名誉棄損を認め、賠償金110万円の支払いと削除、発信者情報の開示を命じた。

 しかし、判決の通りにはなっていない。裁判所がひろゆき氏の住所に通達書を送っても「不在」で届かず、手続きが進まない。「彼がずっと無視できるなら法治国家とは何なのか」。有道さんは昨年4月、ひろゆき氏が発信者情報の開示と内容の削除を実行しなければ1日20万円を支払うことを裁判所に申し立てて認められた。だが、この通達書も本人に届いていない。

 ひろゆき氏は毎日新聞の取材に「賠償命令は総額で四、五千万円くらいある」と語った。1億を超える年収があると認め、こう明かした。「役員報酬とかそういう形ではもらってない。どこかの会社から給料としてもらっている。それがどこか分かると差し押さえられるので(カネの流れを)常時動かしている」

   @   @

 掲示板の人権侵害をめぐっては04年、法務省が被害者に代わってインターネット接続業者や掲示板の管理人に削除要請できるガイドラインが定められた。

 同省によると、人権侵害の申し立て受理件数は04、05年で計471件。うち104件について要請したが、実際に削除されたのは昨年11月末時点で11件に過ぎない。業者に公印付きの文書を届ける必要があるためだ。担当者は「どこにいるか分からない掲示板の管理人もいる」と説明する。それ以外の多くは担当課が掲示板に書き込んで要請するが、実行されるとは限らない。

 ネット規制を強めれば「表現の自由」を侵すおそれもある。一方で、救う手だてのないまま被害者が増えていく。


ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その3止) 2ch管理人に聞く
◇「これがネット、仕方ない」−−「2ちゃんねる」管理人・ひろゆき氏

 ネット上の掲示板に匿名で個人への中傷が書き込まれる問題を、管理する側はどう考えているのか。最大の掲示板2ちゃんねる(2ch)の管理人、ひろゆき氏(30)は毎日新聞の取材に「ネットの仕組みだから仕方がない」と答え、規制は難しいとする認識を示した。大学時代にネットの発展を体験し、IT(情報技術)の旗手を輩出する「ナナロク世代」の一人は掲示板を東京の歌舞伎町に例え、「きれいじゃない情報もあるから面白い」と語った。

 ◇情報いろいろあるから面白い/中傷は国民性の問題

 −−2chの匿名性をどう思うか。

 ◆匿名の良さもあるし実名でやりたい人もいる。書く人の選択の問題。

 −−匿名性の良さは。

 ◆例えば安倍首相が実名でネット掲示板に書き込んだら議論どころじゃなくなる。純粋に議論をするのなら、人格はないほうがしやすい。

 −−中傷や個人情報の暴露が行われている。

 ◆度を越したものは削除すればいいだけ。

 −−削除まで時間がかかり、ネットの他の場所に広がってしまう。

 ◆それはネットの仕組み。世の中に銃がなければ平和だよねっていうのと一緒で、あるから仕方がない。

 −−非がないのに中傷を受ける人もいる。

 ◆ネットのせいでなく、それが好きな国民性の問題。ネットがなくても内輪で楽しむはずだ。

 −−2chは内輪の話を表に出してトラブルになっている。

 ◆規模が大きいだけ。2chがなくてもネットがある限り、海外の掲示板などほかの場所に行く。

 −−「祭り」はネット上だけでなく対象者の家の撮影に行ったり、迷惑電話を掛けたりする。

 ◆2chの書き込みを削除する権限はあるが、それ以外の行動を僕には止めようがない。

 −−匿名掲示板は個人をつるし上げる大衆心理が働きやすいのでは。

 ◆(中傷を面白がる)人間の本質は変えるべきだと思うが、仕組みとしては無理。それが出来たらノーベル賞が取れる。

 −−誤った情報が独り歩きすることも多い。

 ◆既存のメディアが「冤罪(えんざい)報道」をした松本サリン事件と一緒。ただ(ネットの方が)間違う可能性は高いと思う。ネットはうさん臭いもので良い。大事なのは使い方を教育すること。

 −−法で規制すべきだとの意見もあるが。

 ◆海外とつながるネットを国内法で規制しても絵に描いた餅だ。

 −−あなたの管理責任は。

 ◆発言の妥当性を見極めてから載せるべきだとの意見もあるが、それはしなくてもいいのが今の法律。文句を言いたければ法律を作って下さいと国会議員に言うべきだ。

 −−2chは今後も「怪しい」情報が交じりつつ続くのか。

 ◆(危険なのに人が集まる)歌舞伎町と同じ。きれいな情報だけを集めることは難しい。いろいろな情報があるから面白いこともある。

 ◇奇抜な発想「ナナロク世代」

 ひろゆき氏は76年生まれ。その前後に生まれた通称「ナナロク世代」は次代のITベンチャーを担う。ネット交流サービス・SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の最大手「ミクシィ」や検索サービス「はてな」の社長らだ。

 この世代が大学に入学した時期にOS(基本ソフト)のウィンドウズ95を搭載したパソコンが登場し、ネットの利用が本格的に始まる。卒業するころはデフレ不況で就職氷河期。笠原健治ミクシィ社長は「パソコンやネットに慣れ親しんだ年代。仕事は自分たちで何とかしなくちゃ、という意識が芽生えやすかった」と語る。

 ITベンチャーの歴史を振り返ると、孫正義ソフトバンク社長(49)らの第1世代、楽天の三木谷浩史社長(41)らの第2世代に続く第3世代に当たる。先輩に比べてカネもうけへの執着が薄いといわれ、笠原社長も「みんなが楽しむことができればいい。個人的に欲しいものはあまりない」と言う。第1世代でアスキー元社長の西和彦さん(50)は「我々にはない奇抜な発想を持っている」と分析する。

 彼らが生み出した2chやミクシィをのぞいてみると、ユーザーの間に既存のメディアへの強い不満もうかがえる。2ちゃんねらーにとってマスコミは格好の批判材料だ。ライブドアのフジテレビ乗っ取り騒動では、掲示板にライブドアを支持する声があふれた。

 社会への影響力も大きい。新潟県中越地震では被災者に携帯カイロを送る運動が盛り上がった。東芝社員の顧客への不適切な対応を告発した「東芝クレーマー事件」は副社長が謝罪会見に追い込まれた。「おたく青年」を2ちゃんねらーが掲示板の書き込みで応援するラブストーリー「電車男」は100万部を超えるベストセラーになった。

 一方で、2chの運営にもかかわったフリージャーナリスト、井上トシユキ氏(42)は「電車男以降、新しいユーザーが入り、書き込みのレベルが下がった。かつては『祭り』をやるにも義侠(ぎきょう)心や熟慮があったが、今は悪ふざけや単なる魔女狩りになっている」と指摘する。

==============

 ■ネット用語■

 ◇掲示板(電子掲示板)

 ネット上で利用者同士が意見や情報をやり取りするページ。画像を張り付けられるものもある。日本では「2ちゃんねる」が最も有名。

 ◇顔文字

 パソコンの文字を組み合わせて作った顔。感情を強調する時に使う。1面記事の「°∀°」の「°」は目、「∀」は開いた口。

 ◇ハンドルネーム(HN)

 ネット上で本名の代わりに名乗る仮名。

 ◇ブログ

 簡単にネット上で日々追加して書き込めるホームページ。日記に近い形式が多い。

 ◇スレッド

 掲示板内のある話題に対する意見や情報の集まり。書き込みに対して意見が寄せられ、さらにそれに誰かが書き込む形で議論が進む。

 ◇ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)

 広く情報を公開するほかのネット上のページと異なり、会員にならないと参加できない。日記を公開したり、共通の趣味を持つ仲間で情報交換をする。


まいまいクラブ - ネット君臨
 掲載記事(1月1日1面)難病児募金あざける「祭り」
 掲載記事(1月1日2面)「エサ」総がかりで暴露
 掲載記事(1月1日3面)2ch管理人に聞く
  ↓
 取材班です—記者にとっての未知の領域
  →コメント
では問います。
インタラクティブといいつつWeb2.0へ意向しない御社とは一体何ですか?
トラックバックも受け付けず、コメントも承認制
結局基本姿勢として都合の良いようにしか扱わない。
報道機関ではなく、洗脳期間ともいえる態度をいつまでお取になられるおつもりですか?

関連:
 毎日新聞「ネット君臨」の記事 (愛・蔵太の少し調べて書く日記 様)




で 今一度 再掲
毎日新聞、2007年元旦の1面で2ちゃんねる批判・・・難病募金あざける「祭り」の大見出し  ( 痛いニュース(ノ∀`) 様 )
秋山桜庭戦レフリー梅木飴さん、Blog過去ページの再構築忘れる
その後TBSにレフェリーカメラテストをしに23時に行きました。

終了後韓国料理をご馳走になりまた結構食べました。

軽く体形が変わっていました。

午前3時にタクシーチケット

で赤坂から千葉に帰りました。
ウェブ魚拓 :ttp://blog.livedoor.jp/umekilab/archives/2006-12.html ( 2007/1/2 02:39:22 ) のキャッシュ




俺的に妄想してみる。

毎日の記事は、ネットに対し 必要以上に悪いイメージを植え付けることで
http://mkt5126.seesaa.net/article/30538830.htmlにて書いた
発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針 (毎日)
の続きというか援護射撃というか そういうつもりで書いてたんだろうなぁ。
ところが 大晦日の夜にてTBSが自爆。
元旦新聞は当然 刷り上った後だろうしw

で http://mkt5126.seesaa.net/article/30538830.html では
あえてリンクしなかったんだけど
日本アンチキムチ団 様 の
 発信者情報問題:キムチ以外の臭い物には蓋を
が、俄然 意味を帯びてくるなぁ。



とか言ってるうちに
既に ネットでの言論弾圧 ブログへの圧力・粛清は始まっているのでしょうか?
似非保守論調の文春が言論圧力かけまくり
FC2で続けてブログの凍結があったようです。参考: FC2のビルを見てきました

そのコメントから
http://6517.teacup.com/youmenipip/bbs?CID=87
TBSがネット法案を運営する事が分かりました! 投稿者:妖面 投稿日: 1月 1日(月)01時47分7秒

[社団法人テレコムサービス]の会長は
TBSの地方局の子会社の社長と言う事が分かりました!
ビヨヨ〜ン。つД`) タスケレ !!


ネット版人権擁護法案 香ばしい香りの流れ 分かりやすい一覧表

「ネット版人権擁護法案を管理する[社]テレコムセンター会長中尾氏は中核派と繋がりの深い富山大学卒」
     ↓
「その中尾氏は筑紫哲也が学長を勤める”森のゆめ市民大学”(富山)で副学長を務める」
     ↓
「中尾氏はさらに地元富山ではTBS系列のテレビ局も経営してる」
     ↓
「TBSと言えば昨年2ちやんねる有志らによるTBS免許剥奪デモなどでネットを嫌っている」
     ↓
「ネット版人権擁護法案はそのTBSの系列会社(チューリップテレビ)の社長中尾氏が会長をしているテレコムサービスが運営する」
     ↓
「つまりTBSがネット法案(ネット版人権擁護法案)を運営しているのと同じことになる」
     ↓
「最悪の結果が予想される」(;゚Д゚)

参考 極右評論
ネット規制 背後にTBS、毎日も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51262120.html
 このネット規制を強めようとしている社団法人日本テレコム協会の会長である中尾哲雄氏に関しては昨夜次のようなコメントが寄せられました。

 「中尾哲雄氏は「チューリップテレビ」という富山の地方テレビ局の前社長でした。「チューリップテレビ」はTBS系列で、「NEWS23」も放送しています。


仕組まれているネット規制 筑紫の名前も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51261192.html
[社]テレコムサービス協会に電突 よーめんブログ
http://youmenipip.exblog.jp/4175299/

(コメントも参照)


↑これらをコピペで広めてくだされ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

社団法人テレコムサービス協会 03−3597−1092
http://www.telesa.or.jp/
中尾哲雄 - Google 検索
中尾哲雄 チューリップテレビ - Google 検索
チューリップテレビ - Wikipedia
IT系の人みたいだけど TBS・毎日との接点が無いといったら嘘になるなぁ。
中尾哲雄 電通 - Google 検索
電通との関係は 中々にあるようですが。



さて 「TBS・毎日と その周辺にいる連中」には
特権階級の素晴らしい振る舞いを拝見させて頂いて相当に笑わせて頂いたのですが、
通信の自由と思想表現の自由を汚しまくった挙句に共同体の秩序を乱し
時間と労力の損害を与えたことに対する責任は
いかがするおつもりでしょうか?

妄想にふけながらも正月も全く無い位に奴隷活動をしている下層民には分からないような
高度で知的で素晴らしい解釈を与えてくれるのでしょうね。


テレコムサービス協会へ電話
俺;トラブルが発生している個人同士や団体同士だったらどうします。”先に通報した者が勝ち”ですから、相手をハメようと会話を誘導してくる場合もありますね。
テ;いやーそこまでは考えてませんから。
らしいです。

コメント より
今テレコムサービス協会に電話したところ、来年の1月10日前後に雛形が発表される(プレス発表もするとのこと)ので、それに対して意見を伺いたいとのことでした。

あと、名誉毀損か否かの判定プロセス、要件についてははっきりとした解答が無かったものの、個人情報開示前には必ず本人に確認をするということで、知らない間に晒されてた、ということにはならないらしいです。

雛形に対する意見を集め、修正した後に、最終的にはやはり2月から施行する予定とのことでした。

TBSやテロ朝の偏向報道がある度に総務省に電突してますが、まったく通じてないようですね。
国民の意見に耳を傾けず、偏向報道に甘い総務省の罪は総務大臣に
償ってもらうしかありません。
現総務大臣・自民党の菅 義偉に【偏向報道、外国人犯罪の通名報道禁止、自殺報道、皇族報道のガイドラインを作成し、反した者に罰を与える法案を作るよう要求する文書】を送り、回答を求めるしかありませんね。
【回答しなければ罷免を求める活動を選挙区で行います】と追記して。
選挙区の神奈川県で署名活動を行い有権者に呼びかければ参議院選挙を控えた自民党はこれ以上騒ぎを起したくないだろうし、イメージダウンを
避けたいので効果があるかもしれません。広報の世耕や安部さんにも同じ文書を送るといいかもしれません。

実際に報復の為の情報開示が行われるようになると。最終的にお互いに当り障りの無い内容の記事しか書けなくなります。そうなると誰が損をして誰が得をするかと言うことになります。

繰り返しますが、「ネットが無ければ今頃どうなっていたか?」ということです。







まぁ 誰が何をどう言おうとも
とにかく発信者情報は開示される
ということらしいですね。







posted by 誠 at 05:44| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかし、何で毎日や朝日なんでしょか。
2chねらの好きな読売サンケイあたりはボロを出さないんですかね。

むしろこんな風にボロだす毎日よりよほど薄気味悪いんですよ。
毎日もサンケイも同じ大メディアですのにね。
そこのところ、どう思います。
Posted by      at 2007年01月04日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。