https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年01月21日

いずれ致命的な外交問題へと発展するしかない「不正選挙」の責任は 誰が取るの?

2013/01/20  林芳正農林水産相が、TPP交渉参加へ対し 参院選前の表明 には難色: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/01/20/6696737

自民党の半数以上は、TPPに反対ということなんですよね。
民主党も同じだったわけです。
だから、TPPに参加しなかったわけです。

今回の選挙は、増税で自公民が結託していてましたが、
彼らが組んだとしても、過半数は、やっぱりTPPに反対ということなんですよね。

なので、TPPを進める人達は、自民党だけが圧勝すると困ったわけです。
普通に自民と民主の2大政党制でも困ってしまう訳です。
だから、維新という政党を作った。
そして 維新 と みんな は、何故か非常に相性が良い。

不正選挙が大規模に起きる と予測して、
「未来」へ党名変更 という選挙の常道を外さざるをえなくなった一手 を打っていったが
そもそもに不正選挙をする側は 当然に其れにも対応をしていった訳だ。


だから その上で、
1. TPP反対・原発反対の票を「未来」へとに入れさせて、
2. それを無かったことにさせ、
3. TPP賛成の維新と みんな を躍進させた
という不正選挙を行うわけですよ。

この不正選挙の結果の目的の一つは、
TPP反対の自民とTPP反対の民主、あるいは、未来といった政党がタッグを組むことを防ぐ
ために作られたのです。
そして、自民党内のTPP反対派を追い出すために作られた選挙結果だということでもあるのです。


未来が、たとえ120議席獲得していたとしても、
そもそもに この選挙で第一党になったのは、自民党でしょう。
だから、今回の不正選挙は、自民党の人達にも追求してほしいのです。

不正選挙は、自民党内の良識派を追い出す為にも仕組まれていた
ということを知っておいてほしい。
彼らの多くは、TPP反対、原発反対を掲げて当選しているのです。

そして、ほとんどの人は、その不正選挙の仕組みを知らないのだろうから。

何党ということではなく、とにかくTPPは参加してはいけないのです。
なるほど。
TPPの側から見ると 不正選挙の振り分けの意味が見えてくる訳だ。

大規模な不正選挙である が為に、様々な思惑が 其の中には含まれている。
単純な目的“その一つ”の為だけに不正選挙が行われた訳ではない。

そういう工作と謀略を司る側は とても知性が高い。
なので 一つの行動・工作・謀略で 複数の目的を達成しよう と目論む場合が多い。

其れが
 煙幕を造りやすい
 検証されても中身が絞られにくくなる
というのが大きい意味でもあるけど
 費用対効果を考える
という 所詮にカネ という面もある。

なので別の視点で考えれば
 工作・謀略の目的を果たす為ならば
 どれだけ無数に暗殺をして大量虐殺と民族浄化をも仕掛ける
という意味でもある。

そこで流石に 其々に微妙な思惑の差が出てくる。


今回の不正選挙の結果で面白いのは やはり創価公明である。
彼らは殆ど躍進していない。
なるほど 彼らにしてみれば
1. 工作・謀略の目的を果たす は 他党にさせる。
2. 結果的にカネモウケが出来れば それで良い
3. この場合に最も最優先に守るべき となるのは
   不正選挙の疑惑が自分達つまり創価公明へ飛び火しない事
  となる。

 寄生虫らしい本領発揮
と言うべきか はたまた
 自分達の最大の武器を守ろう とする為に 過剰に隠蔽をしたがる心理が見透ける
と言うべきか。 まぁ どっちもなんだが。


で 俺は どっちでも良いんですが
いずれ致命的な外交問題へと発展するしかない不正選挙の責任は 誰が取るの?
って思うんだよね。

どうせ最後は擦り付け合いで、
どいつも こいつも テメェでケツの始末をしない くせして掴んだカネモウケは絶対に離さない
そんなケダモノ以下な連中でしかないからなぁ。

俺は どっちでも良い というか
 宗教右翼カルトに属する連中の全員は この不正選挙の共同正犯 でしかないから、
 むしろ とっとと裏切って先に告発をし始めた方が成功報酬はデカくなる
と思うだけどね。
誰が つーか 何処が 真っ先に裏切るかねぇ。

目先のカネに溺れるだけの下品さしかない連中 だとしても、
よくも まぁ そんな汚物で組み上げられた泥船に乗っていられるよね。
恥ずかしさ の感性が全くに違う者達の美意識って やっぱり俺には分かりませんな。



http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/741.html
今度の選挙は無効です。ここまで全国で不正が行われていたとは知らなかった

http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/600.html
633万人の7割の430万人が猪瀬に投票したら猪様フィーバーが起きている筈だが私の周囲に投票した者は皆無である。

http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/601.html
猪瀬の7割得票が実力なら参院選候補の応援依頼とマスコミの出演依頼が殺到する筈である、それがないのは不正選挙だからである。
歩く状況証拠を残してしまい
さりとて猪瀬隠しをする訳にもいかず
どうやって誤魔化すのか、
お手並み拝見である。



http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/790.html
2013.01/20 不正選挙を経て無事小沢抜きの野党連合が始まった! (ハイヒール女の痛快日記) 
http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-1136.html

日本維新の会は19日、都内で拡大執行役員会を開き、
石原慎太郎代表と橋下徹代表代行が共同代表に就任する方針を了承した。
夏の参院選に向けて みんなの党と連携を加速する方針も確認。
橋下氏は都内で記者団に
「野党が多党に分かれるのは得策ではない。まとまれる範囲でまとまるべきだ」
と述べ、合流に期待感を示した。

着々と進む野党連合に対して、ますます置いてけぼりの感ある小沢生活の党だが、その元凶は不正選挙にある。
衆院選挙で維新の会は54名の当選者を確保。
未来は わずか9議席 という超惨敗だ。

状況証拠的には不正選挙の疑いも濃いが物証はない。
私の肌感覚と全然違って、イメージは真っ黒黒の不正選挙だ。
史上最低の投票率が それを物語っている。

マスコミは こんな重要疑惑があるにも関わらず口にチャック。
選挙においては1票でも不正の疑惑があれば徹底的に追及して、疑念を晴らさねばならないはずだ。
何故なら民主主義の秩序が根底から引っくり返ることになる。

選挙をする意味がなくなる上に、何でもありの無法国家になってしまう。

 ミャンマーなどの軍事政権や未開発国じゃあるまいし、
 まさか、日本で不正選挙なんていうことが起きるはずがない。
 潜在的に日本人がそんなことをするはずがない
という意識があった。
確かに一般日本人は そう思っていたのだが、
小沢事件の共同正犯の場所ともなっている選管や官僚は そんな良識の欠片もなかったのだ。

どんな大犯罪も一部の政党と官僚とマスコミが結託して握り潰してしまえば正当になる。

確かにネット上では岩上安身氏や一般庶民の不正選挙追及は日を追って盛り上がっているように見える。
しかし、ネット上の一部の選挙民の声は高がしれている。





2013/1/16 日々広がる「不正選挙」疑惑への波紋 〜 表メディアへの露出 - 先住民族末裔の反乱
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/24403102.html

2013/1/18 焦燥感の表れか!集団訴訟への妨害工作疑惑 - 先住民族末裔の反乱
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/24411019.html
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/779.html

2013/1/20 発起人の情報公開、個人情報漏洩と騒ぎ立てる工作員 - 先住民族末裔の反乱
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/24418372.html

記事の中身 とは別に
・阿修羅で「不正選挙」にエンジンが掛かってきたと同時に工作員が大増殖した
・集団訴訟そのものへ直接に介入まで仕掛ける工作員まで居る
其処までの工作が仕掛けられれば そういう指示が出ている というのが丸分かりで有る

つまり
 工作員が出てくる事で 攪乱をしている という事がバレる
  よりも
 それでも とにかく攪乱そのものをする のが優先される
という指揮命令系統の動きが分かる。

小沢を攻撃するよりも 工作員を隠す事よりも 「不正選挙を疑う者達」の攪乱を優先する
という“過剰反応”は如何なる意味が有るのでしょうかねぇ?
マスコミ新聞テレビ大手メディアの徹底隠蔽 という“過剰反応”と同様だよね。

如何に「不正選挙」が 小沢事件に匹敵する大事件なのか?
それを わざわざに こうして あえて教えて頂けるのですから、
本当に本当に ありがたい限り ですなぁ。

2ch時代に学んだ者達は、炎上した時は放置が最大の薬 というのを知っている。
宗教右翼カルトというキチガイ集団は 過去から何も学ぶ事が出来ない というのが十八番な性向なので
だから万歳突撃を繰り返すんだけどね。
其の挙句に特攻がウツクシイだから 救いようがないけどさ。



2013年01月13日 日本を守るのに右も左もない | 不正選挙続報!ある開票所での怪しい動きと、極似する筆跡で書かれた大量の自民票
http://www.trend-review.net/blog/2013/01/002474.html

2013年01月14日 日本を守るのに右も左もない | 不正選挙に対する異議申し立ての動き⇒権力の暴走に対して脱洗脳が加速する
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2013/01/002476.html




2013年01月15日 ヤマト、放射能、そして不正選挙 : IT後進国・日本
http://torijin0008.doorblog.jp/archives/21958941.html

ガミラスの攻撃により、強い放射能で汚染されてしまった地球。

深い眠りにあった「戦艦・大和」は「宇宙戦艦ヤマト」に改造され、
放射能除去装置「コスモクリーナー」を入手するために、
全人類の希望を乗せて、地球を旅立つ。

ヤマトは幾多の困難を乗り越えイスカンダル星に到着し、コスモクリーナーを入手。
ヤマトは長い旅路を終えて地球に到着する。
放射能によって赤茶けていたこの星が、再び青い地球に戻っていく……。

これが宇宙戦艦ヤマトのファーストストーリー。ハッピーエンドである。


もし、コスモクリーナーがなかったら、
もし、コスモクリーナーがあるというのが嘘だったら……。
それではお話しにならないじゃないか、と思われるかもしれないが、そうではないのだ。

コスモクリーナーなどなかったのだ。
嘘だったのである。


「宇宙戦艦ヤマト」には石津嵐・作の小説があった。
アニメ作品で監修にあたったSF作家・豊田有恒が、この小説では原案として名を連ねている。

小説でもヤマトはイスカンダル星を目指す。
そして、途中、ほとんどの乗組員が死んでしまう。
そして到着したイスカンダル星。

なのに そこにはコスモクリーナーなど無かった。
そして、放射能は除去できない と知らされる。
助かるには、
 人間そのものを放射能に耐えられる身体に改造するしかない、
そう告げられる。

この小説では、ヤマトはイスカンダル星に体当たりして自爆。
古代進と森ユキの二人が別の宇宙船に乗り込み、
人体の改造方法を地球に持ち帰ることでエンディングを迎える。

── 放射能に勝つ為には 人間が人間では無くなる改造が必要だった。

人が生きて行くには、人が困難に立ち向かうには、希望のあるなしが左右する。
小説版ヤマトの乗組員達は、人間自身を改造しなければいけないことを初めから知っていたら、
はたしてイスカンダルまでの困難な旅に望めただろうか?

託された希望。その意味は大きい。

面白い。 比喩に仕方が 情報の重ね合わせ方は とても良い。

・「被曝と汚染へ勝つ為に 選挙という希望に託す」という比喩
・「被曝と汚染に勝つ方法は人間に無い」つまり人間は核に勝てない。
 人間が“より人間らしく生きていく”為には 核を放棄するしかない。
 人間が核と共に生きていく為には“より人間らしく生きていく”を放棄するしかない

つまり こういう言い回しとなる。


被曝と汚染 から勝つ為に「選挙」へ希望を託し
出発し 必死になって辿りついてみれば
“より人間らしく生きていく”を放棄するしかない
という結果が突き付けられた。


宗教右翼カルトが大絶賛し続ける「ヤマト」は
何故か不思議に 希望に満ち溢れた未来が描かれたり 神の如き上部構造へ辿りつけたり なんて話となる。
そして 其処には、その下で死屍累々となる者達の物語は 徹底的に軽視される。

何故か不思議に皆が幸せになりました とか ウツクシイ主人公達だけが幸せになりました な物語は
一神教な物語の 基本的な特徴である。
単純な一元論である。餓鬼でも馬鹿でもキチガイでも分かる。

多神教の物語はね、二元論なんだよね。


誠天調書 2010年01月25日: デジタルの中の「能」世界  「春香 愛されない恋人」
http://mkt5126.seesaa.net/article/139227669.html
能の世界を あの動画に重ね合わせれば
 春香から見れば画面の向こうの現実世界では
 当然に諸行無常の美も醜も生も死もある地獄絵図が繰り返されている。
 そして 画面の中の春香もまた 諸行無常の中で微笑みを浮かべるしかできない。
それを覗き込む俺もまた妄執に捉われるかの如く 言葉を積み重ねては また観てしまう。

能は ほとんど動かぬ中にも 仮面の向こうで激しい感情が渦巻く、
春香の超スローの舞の 髪に隠された向こうには どんな表情と感情が隠されているんだろう?
そして こっちを向いた春香の
殆ど動かぬ微笑の向こうには その息遣いと瞬きの向こうには
激しい感情は在るのか無いのか?

能は 諸行無常の侘と寂の中に 美が醜が生が死が在り 其処に美を感じては魅入る
俺も 「春香 愛されない恋人」に 似た感覚で魅入る。
なるほど 確かに其れは美だけではない世界だ。


本当の地獄は何処なんだろうか。

諸行無常の哀しき美に魅入るは 如何なる感性から生まれるんだろうね。


誠天調書 2011年09月29日: その虚無の世界の地獄に魅入られて なお目を背けては それでも現実を冷徹に見て行きたい。【アイドルマスター】“BORDERLINE”PV【春香】
http://mkt5126.seesaa.net/article/227982756.html
「春香 愛されない恋人」の春香は
それでも画面の傍へまで来ている

「【アイドルマスター】“BORDERLINE”PV【春香】」の春香は
自ら引いた境界線を切り落としては画面の向こうへ去って行ってしまう。

共に こちらへは 目の焦点を合わせようとはせずに。

その虚無の世界の地獄に魅入るは なんて哀しい事なのだろう。
その虚無の世界の地獄に魅入られれて耽溺してしまえれば どんなに楽だろう。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117655625365852161
俺がリストに入れないワケがねェだろ。コレを。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117658621940219904
俺達は、彼の地にひとつの強大な、強大過ぎる『ケガレ』を視た。
呪詛や怨念やそんなモノ、本能や感覚が退化し続ける人間が、
理性を以て避けよう退けようとしてる故の副産物、
はたまた『結界』としての境界線を許容するための材料なのかも知れない。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117660822796369920
自然は融和しつつある。そりゃ凄い事だ、軽く真似出来たモンじゃない。
じゃあ、自然から半ば外れた俺等人間はどうする?
毒には勝てない、線を引かなきゃ暮らせやしない。
結界の向こうへ足を踏み入れなくちゃならないのかな。
己が成したケガレを禊ぎに。
落とし前を付けに。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117661970970312704
だいたい、断ち切るってどういう事なんだろうな。
踏み越える、なら、想像も理解も出来得るけれど。
受け容れろって事なのかな。
こちら側を、それとも、あちら側から、どちらと知れず流入する領域の事を。

あの春香、あの野郎、どちらとも簡単に、そうする様を見せ付けやがる。踊りながら。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117663285536489472
『よく見てください』とでも言ってるんだろうかね。
他にはアレかな、『ここに在る生(せい)を見失わないで、忘れないでください』って言ってんのかな。
見捨てるな、とは敢えて言わずに。ポジティブな言葉で。
だったら春香らしい話だけども。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117664885722189825
あの春香が神様の代理とかだったりしたら、そりゃあ厄介なモンだろうなあ。
思い出して欲しいって、暗に言われてんだもん。
今に続く所業を。未来をどうするのかって。微笑みながらなあ。敢えてポジティブな姿勢と言葉で。
無視するワケにもいかねェじゃねえか。参るよ。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117664952575213568
俺等人間はどうすりゃいいのかね。強く在れって事かね。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117665395460161536
春香、お前もそうなれんのか?
踊ってねえで教えてくれよ。だったら尚更、俺は考えるさ。夢想するさ。お前がそうすんなら。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117667762712756225
讃歌だったり呪詛だったり。信仰には近い処あると思います。

https://twitter.com/ScorpionP/status/117668759237443584
綺麗、って素直に言っちゃいけない気はするけど、綺麗でした。


諸行無常な地獄の底の 其処に咲く花にも美を覚える。
其れが俺達つまり多神教で文明人の 価値観で有り 美意識で有り 美徳観念でも有る。

「地獄の思想 ―日本精神の一系譜 (中公新書)」梅原猛
俺は この本と
 国破山河在
 城春草木深
 感時花濺涙
 恨別鳥心驚
を読んでから 一神教と多神教の違いを強く意識するようになった。

第2部 地獄の文学
(煩悩の鬼ども(源氏物語)
 阿修羅の世界(平家物語)
 妄執の霊ども(世阿弥)
 死への道行き(近松)
 修羅の世界を超えて(宮沢賢治)
 道化地獄(太宰治))

煩悩の鬼どもの行き交う『源氏物語』、
阿修羅の世界『平家物語』、
妄執怨霊の舞う世阿弥の能世界、
近代になっても、
地獄との対決・宮沢賢治、
道化地獄・太宰治

日本の文学には「地獄の伝統」が貫いている。
直接、間接に多くの文学は「地獄思想」の影響を受けている。
それは日本人の「生の苦悩」に対する真摯さを示すものである。


『源氏物語』の登場人物たちが抱える煩悩の地獄。
人の住む世界そのものが地獄の六道巡りと化した『平家物語』。
妄執の鬼と化した死霊がこの世に彷徨い出る世阿弥の能。
近松の心中物〜世間並みの価値観を踏み外し、この世ではもはや生きられない男女の前にと口を開く地獄。
宇宙に遍く広がる生命を感じながら、その生命の中に地獄を見ずにはいられなかった宮沢賢治。
自分の中で分裂する価値観、世界からの疎外感に苦しみ続けた太宰治。

「世界と人生の中に潜む地獄を深く凝視せよ。
 それのみが極楽への道である」
と訴えている。


だから俺は 希望を持って進んだとしても
 コスモクリーナーよりも 人間が人間でなくなる改造よりも
自分達の価値観 美意識 美徳観念 に則った生き方をして行こう、と書き続けてきた。



誠天調書 2011年03月26日: 東日本は腐海に沈む。腐海のほとり 生きるとは。 幼き者達ほど短命に しかも残酷に終わる人生しか残されていない、を教えなければならない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/192525861.html

誠天調書 2011年06月20日: 原発抜きの電気でジブリ映画が見たい。 宮崎駿「私は この地を一歩も退かないと決めています。」
http://mkt5126.seesaa.net/article/210533728.html

誠天調書 2011年09月13日: メチャメチャな時代にも、良い事やドキドキする事は ちゃんと在る。
http://mkt5126.seesaa.net/article/225712981.html

誠天調書 2012年05月17日: 血を吐きながら、良い事やドキドキする事を繰り返し、そして その朝を超えて飛ぶ。
http://mkt5126.seesaa.net/article/270158247.html


血を吐きながら、良い事やドキドキする事を繰り返し、そして その朝を超えて飛ぶ。
そういう 価値観・美意識・美的観念を肌感覚として生きている者達 だからこそ
 被曝にも汚染にも興味が湧かない
 消費税増税にも興味が湧かない
 徴兵にも興味が湧かない
ままに地獄の日々を生きていくだけとなるんだよね。

地獄へ堕ちようとも 其の中に美を見出す
それが 多神教で文明人の矜持 だからね。

・馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 は 宗教右翼カルトの無自覚な下僕である
と同時に
・多神教で文明人の社会共同体の末裔だからこそ 地獄の中でも自分達の美意識を持って生きていく
になるんだよね。
愚かに極まりないけど 目の前で起きている事は そういう事なんだよね。

問題は

・地獄を更に造り出して 食用家畜よりも劣る「ヒト」へと貶めて 食い荒らしていく
・地獄から少しでも救いださせては“より人間らしく生きていく”道を用意していく
という感じなんだけど、俺はね

http://mkt5126.seesaa.net/article/270158247.html

彼らは頭の良い人達だと思うよ、俺なんかよりも ずっと知性の高い人達だと思う。

でもね
 知性が高いから 「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」を愚民とすれば自分は一つ上の階級になれる
つまり そのカルト構造の中に居る連中の話 としか見えないんだよね。

ひろゆき や 東京キティ は
自分がサルにも劣るような存在達と並列になる いや サルにも劣るような存在達の下になっても生きる
という屈辱には耐えられない人達なんだよねw
其処こそが カルト構造の中の住人 の決定的な証拠なんだけどね。

俺は
・「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」と言いながら 自分も其の中の一匹である事を前提にして
 そして 俺の上へとも進んでくれる人達を此処で待っている、
と明言してきた。

俺から言わせてもらえば、ひろゆきも 東京キティも 先に自らが階段を降りては行かない、んだよね。
サルが自分を超えていく事を決して望んでいないんだよね。
それでは 下部構造を食い物にしているカルト構造の中に居るだけじゃん?w

俺が此処で掲げた 此処での手法 此処での方向性 は、
俺なんかでは無くても 下部構造から浮かび上がってくる者達が
この極東の一諸島の中の社会共同体の中では自然に出て来る。

それは 上下関係を曖昧にするような者達が
環境や状況の変化に合わせて入れ替わりに下士官を率先して行く道だ。
その時に俺は 幾らでも下へ降りるよね。

ひろゆきも 東京キティも 先に自らが階段を降りてきたかい?
其の事をハッキリと明言してきたかい?

俺はね 馬鹿な者達をも助けたいんだ。
彼らも其の殆どは 馬鹿馬鹿しいまでに「勤勉」で「無垢な善性」を持っている。
それで充分じゃないか。

そういう者達と この社会共同体で生きてきた俺は
彼らを「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」と言いながら なお其処へ降りて そして一緒に生きていきたいんだ。
俺が そうしたいんだ。


旧式左翼のように 「市民」とか言っては横一列となる のではなく
宗教右翼カルトの頚木から逃れられないような連中が“カルト的”に下部構造を利用する でもなく、
そういうニホンジンの生き方は 実際は詐欺と詐術の洗脳による産物にすぎない虚盲であり、
自分達が本当は何者なのか?を 一からどころか それこそゼロから考え直す位で無いと
最後の最後で 情報戦に勝てなくなってしまう。

俺は そういう所からの話を始めようと思ってるんだ。

高尚な 高度な 政治的策謀の話の先を だから一旦に保留にして
 そちらは そちらで 任せますw
とまで言っちゃうんだよね。

「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」へ
わざわざ 彼らにしてみれば遠い そんな天の動きの話 を小難しく言っても始まんないし
それよりも 身近な感覚での言葉で話す 方が とりあえず説得力も出てくるしね。

あえて 俺は俺で コッチの道から行くよ。
別に アクセス増も信者もカネもマジに求めない俺だから こんなマヌケな方向性も出来るw

まぁ実際には いきなりにウチなんかを「馬鹿で豚にすぎない一般民衆」が見ても分かるはずも無いけど
でも 其れなりに分かってきた人達 にしてみれば“それなりに”だとは思う。

今の俺は そんな“それなりに”な程度が 俺に出来る丁度に良い感じだし
他の人達も そんな感じで ボチボチと頑張ってくれれば良いんじゃないかな、って思うんだ。


2012年08月10日 http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1710409.html
財務省・勝栄二郎とすれば、
長年の悲願である「消費税増税」さえ達成できれば、
国民生活は勿論、”飼い犬”たる野田も谷垣も不要である。
まさに「国破れて山河あり」
滅び行く一方が有り、財務省のみが元のまま何も変わらず となる。


http://twitter.com/doutonborigawa/status/292594114111893504
小出裕章先生
『原発事故で土地が失われる。国破れて山河あり、戦争の後も土地が残ったから生きてこられた』
( #IWJ_CHIBA1 live at http://ustre.am/zArR )


http://twitter.com/KKnagomi/status/292152278360682497
【提言】「国が破れて山河も残らない」 それがTPP
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=266939
◆輸入材が72%もある森林大国・日本
先進国で日本はフィンランドに次ぐ世界第2位の「森林大国」です。
その国で年間に使われる国産材の割合は28%(一時は19%)。
遠く海外からの輸入材が72%も占めています。
森林大国すなわち木材輸入大国。

森林荒廃が土砂災害の犠牲をふやし、緑の社会資本はやせ細るばかりです。
決定的誘因となったのが、1989年の「スーパー301条」の対日発動にあったこと、
その狙いはアメリカ建築基準「ツーバイフォー」(2×4)の普遍化にあったこと、
いまではよく知られた事実です。
すでに関税ゼロで打撃を受けていた林業界の窮地を決定的なものにしてしまいました。

第1位の森林大国フィンランドが決して許そうとしなかった割譲です。
森林大国を守る意思が育てたもの、それが教育大国フィンランドの今日だったのです。

「国破れて山河あり」と叫んだあの日は もう遠い過去になってしまったのでしょうか。
国を破り
社会共同体を大量虐殺し民族浄化させ 山河を消し 被曝と汚染だけの強制収容所となって
海外へ上納され続ける。
其れが ウツクシイなニホンの素晴らしき未来の姿 だ そーです。

ただ それでも
 地獄へ堕ちようとも 其の中に美を見出す
 あるがままに地獄の日々を生きていくだけ
しか出来ない者達は
食用家畜よりも劣る「ヒト」として 飼われた奴隷として 屠殺を待ちながら生きていくだけだ。

俺はさ そんなのを見たくないんだ。
どうしたって見たくないんだよ。
だから 俺に出来る事は何か? って考えていくんだよ。

そういう残酷に極まりない事を平然とし続けるカルト連中とは どうしたって同じ民族だと思えないんだよね。





2013/01/20 安倍晋三内閣の誕生と共に、中川昭一の酩酊記者会見の、あの「越前谷知子」が、帰ってきた
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/749.html


2013/01/17 ボーイング社は新型機B787やオスプレイを日本で実物実験しているのではないか - 新ベンチャー革命
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31278852.html


https://twitter.com/loveyassy/status/292896622726225920
ボーイング787型機「騒動」で納得がいかない「謎」。
どうしてボーイング社の経営トップが表に出てこないのか。
どうして日本のみならずアメリカのメディアも会見を求めないのか。
公式ブロマガ1月20日号「だから、言わんこっちゃない!」只今アップ!
http://ch.nicovideo.jp/channel/yassy



2013/01/20 財政の崖から落っこちないように100兆円どっから持ってくるんでしょうか?w donのブログ
http://ameblo.jp/don1110/entry-11453205333.html


2013年1月20日 スロウ忍ブログ: 安倍内閣の内閣官房参与=浜田宏一エール大名誉教授が、1ドル100円になるまで金融緩和を続けるべきだと具体的な円安目標を示した様である。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/01/1100.html
官僚組織を太らせるだけの“従来の財政政策”など百害あって一利無しだがね。
日本のデフレ脱却に必要なのは、
官僚組織のピンはねを排除した、国民の懐に直接届くような財政政策
である。

そういう財政政策無しに金融緩和を実施した処で、
国民の実体経済には大した効果は期待出来ず、精々株価などの“数字だけの景気回復”で仕舞いだろう。
将にコイズミ改革の時の“実感無き好景気”と同じパターンである。

此の手の“景気回復モドキ”で儲かるのは、多国籍企業と資本家だけである。
巷の経済をデフレ継続させたまま“円安”と“資産インフレ”を演出すれば、
多国籍企業や資本家にとってはウマさ二倍なわけだからね。

こういうブレーンとやらを操る糸が もうミエミエだから(プ



2013年1月20日 野口悠紀雄教授に論破された「ガルダス」浜田教授: 植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-37a4.html



http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1749538.html

http://blog.shadowcity.jp/my/2013/01/imffrb.html#more
日銀がいくら札を刷っても、市中銀行の当座に積み上がるだけで、誰も借りてくれない。
借りたがるのは、返せないヤツばかり。
一般人が日銀からカネを借りられるわけじゃないので、
いくら日銀がカネを供給しても、市中銀行で停滞したらどうにもならん。
その市中銀行は、かつての不良債権処理でコリゴリなので、出来るだけカネは貸したくない。
だって、カネを借りに来るのは貧乏人ばかりなんだものw

つまり、日本人は、このままジッと、経済が縮小して行く途を選んだわけで、
「成長」なんかしたくないわけです。
デフレと円高はひとつの事象の裏表なんだが、その原因は「成長したくない」病です。
世界一豊かな生活をしていて、これ以上ナニも欲しくない。しかも、人口は減るばかり。

まぁ、デフレは克服できるかも知れないが、
単に物価が騰がるだけで、給料はあがらない。いまさら ちっとばかり円安になったところで、
日本人の給料が高いのは変わらないので、中国から工場が戻ってくるわけもなし、
まぁ、ネトウヨ君が中国人に対抗して同じ給料で働いてくれるというなら、それもヨシだがw


もはや 隠す気すらない が、情報工作だけは し続ける。
なぜなら 馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 は 其れ以上でも其れ以下でもない「ヒト」でしかないからだ。
大東亜戦争末期と 何一つに変わらない、そして 其れ以下の地獄が この先に待っている。

この眼下の地獄を見ようとも「ヒト」は変わらない。
だけど
俺は 「ヒト」へ墜ちる気も無ければ 悪魔鬼畜と成る気も無い。
俺は 人間である事を “より人間らしく生きていく”を 止めない。

そういう道へ 自ら誇りを持って歩く だけだ。
 






posted by 誠 at 06:30| Comment(1) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇宙戦艦ヤマトの原作(原案?)の古代進と森雪は、改造の方法を持ち帰ったというか、改造された最初の地球人(のペア)で、さしずめアダムとイブだろうか。
あ、イザナギとイザナミかもね。
Posted by J at 2013年01月21日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。