https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2005年04月28日

尼崎JR脱線事件

尼崎事故、特異な「転覆脱線」か…死者106人に
( ゚Д゚)ハァ? あくまでも運行者(運転手と車掌)の個人的な責任にしたいようだな。



これは どこをどう考えても
公共性の高い“JR鉄道事業”に 企業原理が導入された結果にすぎない、
起こるべくして起きた「事件」である。
ではなぜ私鉄各線に これだけの事故はおきないか?

私鉄各社は従業員を追い込めない、労働組合が強いから。
だからこそ余裕ある安全対策も十全に可能だ、皮肉なことに。

JRは国鉄から民営化する時に 労働組合が徹底的に弱められた。
だから従業員を徹底的に追い詰めることも 容易に可能だ。



JRの受け入れる国土交通省天下り人数は
私鉄各社の受け入れる天下り人数より膨大であるはずだから、
役員は公務員上がりが数多く占めていることだろう。

私鉄各社の役員が 安全と企業利益の微妙なバランスを自然に見につけているだろうが、
公務員上がりの役員に それができる可能性は 決して高くないだろう。



コレは
JRという国土交通省と密接な係わり合いを引きずる企業システムが生んだ
必然的な「事件」である。
この本質が改善されない限り いかなる安全システムも機能しない。

と思ったけど、彼らはそれ以上に狡猾だろう きっと。
安全システム拡充における果てしない“運賃の値上げ”に結びつけて
より高い階層の人間が安全に簡単に儲かる構造を作り出す
そのきっかけになるだけだろう。
下層民は 高い運賃で安全性が機能しないJRに乗り続けなければならない。
高い階層の人間はそうやって儲けた金で 安全機能万全の高級車に乗る。


読売新聞の見出しは そういう悪魔の所業を 濁した言葉にしている。
彼ら自身が 悪魔かどうかを自覚しているかどうかは 知るところではないが、
あまりに意図的な見出しの書き方は 死者をも冒涜しているとしか思えない。




ということを考慮して、現場報道を顧みる。


大事故の救助活動
問われる救助活動
コレでは
意図的に警察が事件現場に強行介入、
連日の 警察との癒着が非常に強い新聞テレビ報道は
「復旧活動」ではなく「救助活動」を強調連呼、
JRおよび国土交通省側の今後の対応の為の時間稼ぎと
運転手(口封じを含めた)の死亡確認を見届けて
「世間が冷静に受け止める猶予もできたことだし
 責任論うんぬんの対応シミュレーションもできた、では死者報道に入ろうか」
との推測をしてしまう。



 
見るからに大惨事に 本当の意味で根性の入った対応と責任の取りかたとは
JR西日本 役員賞与ゼロに なんてコトでは無いだろう
   JR西日本は二十七日、二〇〇五年三月期の役員賞与を支給しないことを決めた。
   また今後の安全関連投資も見直しが不可避との認識を示した。
   賞与は当初、会長、社長以下取締役九人、監査役四人に
   前期並みの計一億百万円を予定していたが、
   「重大な事故が起きたことを真摯(しんし)に受けとめる必要がある」として
   全額返上に踏み切った。
   役員賞与の支給を始めた一九九一年三月期以降で全額返上は初。

   同社は三月にまとめた中期経営計画(〇四―〇八年度)で
   約二千八百五十億円の安全対策投資を計上。
   同日の〇五年三月期決算発表で真鍋精志執行役員財務部長は
   「事故の重大さを受け止め、一段と安全意識を持ってやっていく」とし、
   新ATS(自動列車停止装置)の整備などを進めるとした。
   ただし具体的な内容や額は「調査中であり、まだ決まっていない」
   と述べるにとどまった。

( ´_ゝ`)プッ
「役員報酬を従業員初任給として 役員の個人資産をも今後の賠償にあてる」
位は言わないと「真摯に受け止めている」なんて思えない。
おまけにコレで運賃値上げの正当な理由ができたもんな。
「絶対に 運賃へ転化はしない」と誰か言ったか?


JRは今後とも似たような事故を起こすだろう、間違いなく。
そしてそれを助長させた 新聞テレビ報道各社も 許されざる罪を犯している。
人の命よりも 自分達の権力保身と企業収益のみを前面に押し出すことが大事で
それが「報道の自由」というのだから 

「悪魔」以外に呼称のしようが無い。









posted by 誠 at 19:40| Comment(1) | TrackBack(4) | (゚Д゚#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事件の報道について、何か吹っ切れない感じがまとわりついていましたが、こちらの記事を読んで謎が解けました。(読売の記事も読んでいませんでした)

もはや、日本の政治権力そのもの(政官癒着複合体)が、おぞましい“大悪魔”のレベルまで脱皮・変態・成長していたんですね。

関連すると思われ記事のTBも送りました。
Posted by toxandoria at 2005年05月05日 17:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

JR脱線、車掌が運転士に「急ごう」
Excerpt: 兵庫県尼崎市のJR福知山線で快速電車が脱線した事故、捜索活動が続いています。高見隆二郎運転士が遺体で見つかり、死者は106人に達しています。死者が100人を超えた国内の鉄道事故は1963年に横浜市であ..
Weblog: hira's ツッコミBlog
Tracked: 2005-04-28 21:08

いつか埼玉高速鉄道でも事故が起こる…構造的問題の提言
Excerpt: 埼玉高速鉄道に関する情報サイトThe Beautiful Gardenを解説している自分が、いきなりこのようなことを書くのだから、ドキッとした方があるかもしれませんね。 JR宝塚線(福知山線:ニュー..
Weblog: 新津田沼駅
Tracked: 2005-04-28 23:58

[暴政]米国に追従する「規制緩和」のお粗末な?実態
Excerpt:   「JMM [Japan Mail Media /『鉄道運転士と専門職』/冷泉彰彦氏(米国在住、作家/2005.4.30発行)執筆」の中に“・・・今週発表された「労働基準法の改正の方向性」では、時..
Weblog: toxandriaの日記
Tracked: 2005-05-05 16:38

欠陥車両に欠陥システム
Excerpt: 尼崎の大事故が発生してから二週間が経過した。しかし、報道される内容は二週間前とさほど変らないように思う。現在でもカーブにさしかかる時点のスピードが「126キロ」だとか「運転手が精神的に追い込まれていた..
Weblog: Troubled days
Tracked: 2005-05-10 00:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。