https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年05月09日

奴隷的境遇 奴隷的対応 奴隷的身分

RT @tutinoue
社会のために子供を産むのではなく、子供を育てるために社会があるんだよ。 樋口新一【職業:Truthseeker】
http://06020596.at.webry.info/201305/article_6.html
posted at 05:55:12


RT @tutinoue
【陽光堂主人の読書日記】2013-05-07 イスラエルは劣化ウラン弾を使用したのか
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-970.html
posted at 05:55:25


RT @tutinoue
2013.04.28 Sun posted at 16:03 JST 米海兵隊、有事即応部隊をスペインに配備 アフリカにらむ
http://www.cnn.co.jp/usa/35031461.html
posted at 05:55:30


RT @tutinoue
キムタケ! ユキコの・・ 「アベノミクス? こんな時代に・・消費税上げちゃってホントにいいの?」日時:5月15日 (水) 18:30〜20:00 会場:船橋市勤労市民センター (2階 第二講習室)
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-621.html
posted at 05:55:48


RT @HaworthGC
手帳より、三人産んだら国民栄誉賞あげれば?
posted at 05:56:14


RT @livla22110
第二次世界大戦から68年経った今、アメリカやロシアの必殺兵器は原子爆弾なんて時代遅れの代物ではない。
隕石兵器、人工地震兵器、気象兵器、電磁波兵器、HAARP、等
多岐に渡るヤバい兵器が年々開発されている。
大衆には知らされてないだけで現に今、日本や世界中で使われてるでしょ?
posted at 05:56:27


RT @wolvesknow
ヨウ化銀をまいて、人工的に雨を降らせる
という記述が、いつのまにか中学理科の教科書から消えたな。そういえば。
posted at 05:56:31


RT @wolvesknow
1970年代後半〜80年代のMITでは、気象操作が研究されていたはずだが。
posted at 05:56:35


RT @ikotto
ああ、そんなのもありましたね。
人工降雨は北京オリンピックのときに頻繁に取り上げられていたような気もするけれど。
posted at 05:56:37


RT @kyoko2720823
イタリアボローニャ近郊で竜巻
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130505/k10014374091000.html
1年前の今日ハ茨城つくばで竜巻
posted at 05:56:41


RT @dj_omegaomega
空爆でシリア兵42人死亡=人権団体―情報相、イスラエルに報復示唆(時事通信) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130506-00000100-jij-m_est
南無
posted at 05:56:49


RT @EZ997RS
そう、ちゃんとチェルノブイリを調べた人は知ってる。ヨウ化銀の雨で首都を護った事。
QT @Halsax:
ロシア軍元パイロットは、1986年チェルノブイリ原発事故後の放射性降下物からモスクワを守る為に
雨雲をどのように作ったか説明しました
http://bit.ly/13dDkOL
posted at 05:57:04


RT @kimuratomo
朝のニュースショウ、安倍首相の「原発セールス」に
石田純一氏が「今も原発事故で帰れないひとがいるのに、諸手を挙げて賛成出来ない」と述べたに対し
田崎史郎氏、「感情的にはそうかもしれないが、国家の利益を考えれば」などと発言。
『反原発は感情論』との「刷り込み」を、ますます強めるTV。
posted at 05:57:28


RT @kimuratomo
中東訪問している安倍首相の「世界一安全な原発を提供出来ます」との言葉を聞いて中2の次男が一言。
「何言ってんだろ、このひと。バカじゃないの」と。
「反原発」のツイートばかりしている私だが、実は我が子と原発に関する話は殆どしない。
そんな「ニュートラル」な立場の次男も嗤う、首相の戯言。

posted at 05:57:32


RT @mayowan
戦後、公正な選挙は一度も無かったのではないかと思えてきた。
世論調査も。権力者に都合良すぎる結果ばかり。
posted at 05:57:44


RT @47news
速報:静岡県警によると、午後4時ごろ、浜松市で竜巻が発生、軽乗用車1台や農機具小屋が横倒しに。
http://bit.ly/17n4iz
posted at 05:57:52


RT @sihouhappou
いえいえこちらこそ、唐突に失礼しました。 寒い理由として、北からの風が強いというのもあるでしょうし。 でも、根っこは電離性放射性物質と化学物質の結合が関与していると思います。
posted at 05:58:13


RT @sihouhappou
 私も勉強不足で申し訳ありませんが空中に浮遊しているエアロゾル化した放射性物質と化学物質が電離層やオゾン層などの辺りで宇宙線というとんでもなく強い放射線を受けたらどうなるのかと考えています。
posted at 05:58:30


「フクシマインパクト」の原理が いつものように大体ながら適当に化学式の辺りからも見えたり見えなかったりなので 次回以降の記事に書きます。 その前に名前だけ頂きます。 いや巨人とかエヴァとかアダムとかは居ないけど 極地とか関係するので セカンドインパクトみたいなもんだし。
posted at 06:05:39


RT @nYo_bettycat530
土のうえ のブログ 日本海洋掘削株式会社など。。 石油資源開発 2013/5/8(水)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8564596.html
posted at 23:14:44


RT @nYo_bettycat530
東京新聞:片山容疑者4度目逮捕 遠隔操作事件 伊勢神宮の爆破予告:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013050802000220.html
posted at 23:16:58


RT @ho9107sei
官憲は冤罪完成するまで逮捕し続けるつもりだろう
@nYo_bettycat530
東京新聞:片山容疑者4度目逮捕 遠隔操作事件 伊勢神宮の爆破予告:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013050802000220.html
posted at 23:17:02
警察は無期懲役を独断で決定できる。
つまり 裁判なしの死刑執行も出来る権利を持つのが警察官憲 だよね。



RT @nYo_bettycat530
土のうえ のブログ ケロッグブラウンルート ? 2013/5/8(水)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8563959.html
posted at 23:17:34


RT @nYo_bettycat530
土のうえ のブログ ペニシリンと遺族会 2013/4/30(火)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/8507322.html
posted at 23:17:36


RT @nYo_bettycat530
福島第一原発から地下水を海へ放出
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_08/fukushimadaiichi-mizu/
posted at 23:17:45


RT @lllpuplll
【移住の名言】
「じつは、家族を疎開させている東電社員はいっぱいいる。
 京都は避難民をたくさん受け入れているが、(転入生は)東電社員の子どもだらけ。
 子どもたちは(東電社員の)親の指示で給食を食べない。
 言ってることとやってることがまるで違うが、これが東電社員の本音」
(IWJ・岩上安身)
posted at 23:19:10


RT @touhokujinKTTT
何これ?もう決まった様な…やっぱ『景気条項』は『偽装工作』じゃん(怒) 米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交 植草一秀の知られざる真実
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a40d.html
→ 「3%値下げ」はOK…消費増税時のセール
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000517-yom-bus_all
posted at 23:20:09


RT @touhokujinKTTT
マジっすか?大丈夫かな。 その内『エクストリーム』にされないか心配です…
→ 片山容疑者を4度目逮捕=伊勢神宮爆破予告の疑い―ウイルス作成も立件検討・警視庁(時事通信) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000040-jij-soci
posted at 23:20:56


RT @kadoduke
syria で検索したら 勢いが凄い 読めない
posted at 23:21:08


RT @kadoduke
あと アラビア語があるから 解らん
posted at 23:21:12


RT @kadoduke
シリアでのネット接続遮断の件 所謂311の時真っ先に気になったのが このシマでのネット接続遮断 なんです 今とても冷静ではいられない
posted at 23:21:57


RT @surouninja
内紛が続くシリアでインターネットと携帯電話回線がグーグルによって遮断された様だが。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_6985.html
posted at 23:31:18


RT @surouninja
ケリー米国務長官がモスクワでプーチン大統領と会談。シリア・アサド政権崩壊後の青写真を共有か。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_8.html
posted at 23:31:27


RT @touhokujinKTTT
着々と『エンゲル係数』が上がって、給料一向に上がらず。 どーこが『景気いい』んだ?マスゴミさん。
→ マヨネーズ2〜9%値上げ キユーピー、サラダ油価格上昇で(産経新聞) - Y!ニュース
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000564-san-bus_all
posted at 23:33:42


RT @Boppo2011
「イオン」って凄い会社だねぇ。
  食の安全に100%の責任を持つ。
 だから今後一切、トップバリュー商品には 生産地・生産国を表示しません。
本当に、もの凄いねぇ… これなら皆さん安心して何でも買えますねぇ
CM→ http://youtu.be/z3tKOqFPxNg
posted at 23:33:54


RT @heihei9999
マレーシアの不正選挙疑惑について(5月6日 ニッポン放送)
勝谷氏:そっか、さっき日本は大丈夫かなんて言ったけど、日本もそういう話聞く、結構なあ 無くはないわなぁぁ・・・ (15分10秒ぐらいから不正選挙に触れてます)
http://podcast.1242.com/voice/index.xml
posted at 23:34:21


RT @kawauchihiroshi
御指摘、ありがとうございます。私は、逆だと考えているのです。今必要なのは、脱原発。なぜなら、電力は足りているからです。必要無いのは、消費税増税。なぜなら、財源はあるからです。受ける受けないは、別にして、政治は国民の為にあるのでは?
posted at 23:35:47


RT @kawauchihiroshi
再送します。資源エネルギー庁に作成していただいた、全電力会社の昨年夏 平成24年度需要想定と実績
http://kawauchi-hiroshi.net/images/topics/img/20130507_122125361_FilePath_1.pdf
https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/331599801303040000
posted at 23:35:58


RT @kawauchihiroshi
ありがとうございます。この資料は、エネ庁の作成資料なので、大飯の再稼働が無くても、十分に電力が足りていたことを物語る資料だと思うのですが、もう少し詳しく教えていただけますか?因みに、関電は、例年融通を受ける立場だったとおもいますが。
posted at 23:36:08


RT @kawauchihiroshi
@pm_jmsg 御意見、ありがとうございます。統計的に、震災前の方が化石燃料の輸入量は多かったのです。今、電力会社が値上げに走っているのは、電力需要減少に伴う売上減少をカバーする為では?原発をBSから切り離し国の管理にすれば問題は解決します。因みに、LNGはコスト低いです。
posted at 23:36:25


RT @kawauchihiroshi
@TakeUp11 @tsuda 返信、ありがとうございます。実体経済が上向くか否か、雇用者報酬統計や、有効求人倍率、完全失業率等、雇用が増え、給料も上がったねえ、という状況には、未だ無いと思います。慎重な判断が必要でしょう。消費税増税法の付則に盛り込んであります。
posted at 23:36:37


RT @kawauchihiroshi
1日の終わりに、2年たっても、全く手をつけることが出来ず、事故原因も分からない、福島第一原子力発電所1号原子炉建屋の撮影映像をアップします。見てください(再送) アーカイブのURLはこちら YouTube
http://youtu.be/KyQgX-1ef1c
posted at 23:36:41


RT @wolvesknow
ブログ更新しました。【同じような脚本・大根役者の演技・繰り返し騙される民衆。 】 樋口新一【職業:Truthseeker】
http://06020596.at.webry.info/201305/article_7.html
posted at 23:37:10


RT @jhatajinan
戦勝国の統治から主権を回復した記念日の式典で『天皇陛下万歳!』と両手を高らかに挙げる。迷彩服姿で戦車に乗り込む。国防軍創設を目論む。原発(核技術)を軍事に未熟な国に売り込む。平和憲法を改正しようと企む。戦争ができない国の首相が戦争がしたくて仕方がないことは分かったが、他でやれ。
posted at 23:51:22




RT @AmboTakashi
ボストンマラソンテロのブラックウォーター社は、モンサントの関連企業だった
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/08/6804256
posted at 00:22:19


誠天調書 2013年05月08日 フクシマインパクト 電荷してエアロゾルと化した放射性物質の大量拡散による気象への影響
http://mkt5126.seesaa.net/article/359548612.html
posted at 02:51:09


RT @Chooemon92
東電、1リットルあたりトリチウム39ベクレルの地下水100トンを毎日、海へ放出、13日に漁協組合長会で提示(5/8 福島民報) <
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-2051.html
posted at 04:15:23


RT @ompfarm
大気も被曝する。生き物だけが被曝するわけじゃない。これが、核の怖さ。
posted at 04:15:26


http://31634308.at.webry.info/201305/article_8.html
2013/05/08 東電
「来週に海へ放出される“地下水”の放射性物質濃度を測定したところ、
 いずれも検出限界値未満で、東電は“周辺の河川と変わらないレベル”」
posted at 06:08:06


2013年05月05日 GWという 楽園での最後の黄昏の日々 を謳歌する。
http://mkt5126.seesaa.net/article/359105103.html
posted at 06:12:10


RT @Yamakawakenichi
読売狂ってる。
@naitoasao:
【ポダム新聞】海外も日本も痛みを分かち合いましょう。
みんなで被曝するのが「信頼」だ。
「日本製の原発を海外に熱心に売り込む一方、
 日本国内では新増設しないというのでは、相手国の信頼は得られまい」(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130505-OYT1T00787.htm
posted at 06:13:05


RT @GobyIresbrow
大学一年の男の子が
「俺たち、あんなに長生きできないよな」
「戦争さえなきゃ、60くらいまではなんとかなるんでないの?」
って、話してた。
posted at 06:13:26


2013-04-30 保安院「日本が終わるということを,国民へ説明する必要はない」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/0b459fce3006f59b12ea0368bfc27095
posted at 06:15:58


RT @nYo_bettycat530
カレイドスコープ Thu.2013.05.09  なぜアルカイダが イスラエルだけは攻撃しないのか
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2066.html
posted at 23:19:03


RT @soleilhnfr
NHKニュース9:今日のマイナンバー法案衆院通過のニュースをいつやるのかと思って注視していたが、
「各地で真夏日 熱中症に備える」などという、どうでもいい話の後でも、結局報道されなかった。
今はもうスポーツニュース、結局スルーか。そんなに小さな問題というのだろうか?
posted at 23:19:22


RT @tetuo64
どうしたらグローバル企業に奪われずにすむのか
posted at 23:20:14


RT @tsghoh
男性手帳も加わるらしいい。
"@GeorgeBowWow
兵隊の量産計画としか思えない。フクシマ行き特攻隊及び戦争用最前線部隊。
@gloomynews
女性手帳:妊娠・出産指南 政府来年度から配布へ
http://goo.gl/08k6B
「少子化危機突破タスクフォース
posted at 23:20:17


RT @tetuo64
データ収集か
posted at 23:20:20


RT @AmboTakashi
「国民総家畜化制度」「国民総牛化制度」
全ての国民に「マイナンバー」という「耳タブ・ナンバー」が国会で可決されそうに!
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/47d6be08190e290fecd08444888bbe12
posted at 23:20:37


RT @hiro_mmmm
マイナンバーの、今後 身分証明になる、という説明でGPS付のカード等が渡されます。
どこにいても分かってしまいます。
なら、持ち歩くのやめよう、と多くの人がなり、不所持には罰金が課せられるようになります。
もう、どこで誰と何をしているか、全て上の人間に筒抜けです。
posted at 23:20:40


RT @liolaialioleus
「年金・納税・資産等国民のあらゆる個人情報を一元化するコンピューターシステムを海外事業者に発注する、
 システム設計の段階だけではなく、メンテナンスのために海外事業者が
 国民のあらゆる個人情報にアクセスできる
 ということになり、極めて問題である。」
posted at 23:21:50


RT @nYo_bettycat530
マイナンバー制度導入による生活への影響 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213680827…
posted at 23:22:25


RT @Shinya_Iwamuro
「女性手帳」でネットが炎上している。
これまでの性教育に欠けていた「望んだ妊娠への支援」という視点を内閣府が取り上げた
という意味では評価をしたい。
でも配布するなら中学の卒業祝いにもなる男女向けの「生命(いのち)の手帳」にしないと。
http://s.nikkei.com/16RWzjW
posted at 23:23:38


RT @ugsasaki
女性手帳がバズってる今こそ共働き子供3人家庭の俺の出番だな。
あのな、手帳で子供は産めないし育てられないから、支援と悩み相談のビラ1枚で十分だ。
その金そっくり保育園の待機児童対策と産後ケアヘルパーに充てろ。
最低でも小学生までの不安を取り除かないと産みたくても産めないっつーの。
posted at 23:23:42


今なら俺は女性手帳でも男性手帳でも良いけど それほど反対しない、条件付きだけど。
1. マイナンバーとリンクしない 独立系。
2. 年金通帳としてはリンクする 女性手帳を先行して。 つまり発行の管轄は厚労省となる。
“マイナンバー法の実態を打ち消す”に逆利用したい。
posted at 23:33:29
年金通帳として作る、のならば むしろ大賛成をする。
そうでないのならば一切に賛成できない。 ただ それだけ。
其れだけの予算で年金通帳が出来る んならば むしろ作って欲しいし。
ホレ やってみろよ。 女性先行で男性は後回し でも良いから。

女性手帳と言わずに 年金通帳に様々な機能を付加する と言えば反対は出なかったのにねw
つまり マトモに作る気は無い んでしょ?w
というか 消えた年金の問題を解決する政治実務能力も無い のだが。

勝栄二郎は 本当に外道だな。
詐欺を率先して行う連中の悪逆非道な話に反対するのは簡単だけど
それよりも俺は 良い結果が欲しい。




RT @heihei9999
さいたま市長選の出口調査員を募集している「株式会社ラブキャリア 」の社長・坂入孝治氏は
自民党の中川秀直氏とズブズブの関係だったグッドウィルの取締役をやっていた人物です。
またインチキ出口調査やるのかなぁ。
http://www.froma.com/RQ30693812_ED1/?st=225&vos=nfanbwa20100816004

posted at 23:33:41


RT @heihei9999
「さいたま市長選の出口調査員を募集している会社はやっぱり自民党系」(不正選挙阻止ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/heiheihei_9999/e/cdd186c412aa072f2225ab04fcb089e7

posted at 23:33:45


RT @chidaisan
女性手帳の中に「子宮頸がんワクチンを打ち時」というのが明記される予定なんです。
皆さん、少子高齢化対策だと思ってるんですが、
実際の中身は「子宮頸がんワクチン啓蒙手帳」と言っても過言ではない内容なんです。
このタイミングで打ちましょうの手帳なんです。
posted at 23:35:29


RT @ompfarm
クロ現が風疹とワクチン接種をやってるけど、放射線と免疫力低下の話はしないね。
感染症罹患率の増加は、風疹ばかりじゃないだろうに。
posted at 23:55:09


RT @GIE_bog
風疹、やっぱり昨年の38倍って普通に考えたらあり得ないよね? チェルノブイリの時も流行したとか。。
posted at 23:55:35


RT @bushidou_makoto
マスコミは盛んに風疹の患者が増えている煽っていますが本当でしょうか?
私の周りで風疹になったという話は全く聞きません。
伊藤さんは実際に風疹患者が増えていると感じていますか?
私は放射能のせいで子供に障害が出た時に 風疹のせいにしよう と目論んでいるように思えます。
posted at 23:55:40


RT @axmatsuoka
妊娠中にかかると胎児に影響する可能性がある感染症はいくつもある
http://bit.ly/190pWNF
サイトメガロウイルス母子感染なんかは年間3000人以上、そのうち約1000人に障害。
先天性トキソプラズマ感染症は年に100〜400人。
先天性風疹症候群は昨年から10人程度
posted at 23:55:44


RT @yasuhiroyamash1
そういえば風疹が流行っている?らしいけど どこら辺で?
関東圏の仲間からも、福岡でもメディア以外からは聞かないけど…
posted at 23:55:54


RT @GT_takahashi
また、豚鳥インフル時と同じ様に、風疹ワクチンの一掃セールが始まるのかw
で、期限切れワクチンが余りまくって在庫処分。
製薬会社はウハウハですな〜(^_^;)
posted at 23:56:10


RT @raburadoru2
風疹に妊婦がかかると奇形児が産まれやすくなりますでしょ?放射能でもそうでしょ?
帳尻を合わせるつもりなんですのよ?
posted at 23:56:23


RT @piropiroron
子宮頸がんワクチンがポシャり気味なので、風疹流行らせやがった。ワクチンは摂取しないこと。
posted at 23:56:26


RT @commune13
地方公務員の給与は誰が決めるべきか---交付金を盾に給与減額を迫る国のやり方に苛立ちを隠せない全国自治体/磯山 友幸(現代ビジネス)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130410-00000001-gendaibiz-pol
posted at 23:59:34


RT @toufuhiros
東京新聞:9条 世界にアピールを スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫さん:憲法と、:特集・連載(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kenpouto/list/CK2013050902000173.html
posted at 23:59:37



http://ha3.seikyou.ne.jp/home/tenryo/paul_2-14.htm
当時の奴隷制の知識が必要です。
一口に奴隷制と言っても、それぞれの文明社会によってその内実は大きく違います。
歴史的な背景を踏まえての奴隷制を理解の為には
 ユダヤ、ギリシャ、ローマの三つの文明社会における奴隷制の違い
を見なければなりません、
ここでは新約聖書に関係する帝政期ローマ社会の奴隷制について簡単に見ておきます。


ギリシャの高度な芸術と学問が奴隷制労働によって生み出された余暇によって成立していました。

ローマ社会もその経済、政治、法律の全体の基盤に奴隷制が存在するる社会です。
しかし、その奴隷制は現代の我々が漠然とイメージしているもの
(たとえば近代の北米における黒人奴隷などから)
と 大きく違う面があります。

まずローマ社会の奴隷制の特色を理解して、先入観を取り去っておかなければなりません。


ローマ社会における奴隷 の特色

まず最初に、
 誰が奴隷になったのか、
 人はどうして奴隷になるのか
という問題を見ておきます。

紀元一世紀より以前では、戦争捕虜とか海賊による拉致などが奴隷のおもな供給源でしたが、
紀元一世紀の頃までには、そのような奴隷は少なくなり、
奴隷女性が生んだ子供が奴隷人口を構成するおもな要素になっていました。

それに、
 経済的な苦境から自分を売る人、
 債務による奴隷、
 子供の売買、
 捨て子の養育
などが加わって、ローマ社会の奴隷人口を構成していました。

子供などを誘拐して奴隷に売り払う「人さらい」というような用語が、
新約聖書の悪徳表(テモテT一・一〇)に見られます。

ローマの奴隷は、
 特定の人種・民族とか宗教の人間が、
 同等の人間として扱われず奴隷という身分に固定された
のではありません。

人種・民族や宗教に関わりなく、
 戦争とか貧窮、奴隷の子として生まれたとか捨て子
 というような不運に見舞われた者が陥った境遇

なのです。


境遇 すなわち 永遠に奴隷とは限らない という話でもある。
そして 「厳格な“社会的”階級序列」ゆえの奴隷 ではなく
 状況や環境によって奴隷となるゆえに
 「厳格な“社会的”階級格差」とは厳密には言いきれない
ともなる。



奴隷はその仕事や生活が主人によって決められるのですから、自由がないこと という
皆さんが持つ奴隷のイメージと きっと変わらなく共通する所でしょうが、
個々の奴隷の境遇を 単純で一律に描く ということが ローマ時代の奴隷へは出来ません。

比較的恵まれた安定した生活
過酷な労役に服する境遇
まで様々にあります。

それは主人によって決まります。
温厚で慈愛深い主人か、冷酷な主人か
で個々の奴隷の生活は随分と変わります。

奴隷は(時には主人よりも)高い教養を持つ者もあり、
その知識や特技で教師や医師(カエサル以後は「医師で奴隷」というのが無くなりました)、
秘書や管理人などとして働いて厚遇された者もあり、
決して一様に無知で無教養な階層とは言えません。

奴隷は住居と食料を与えられ、妻と子供を持つこともありました。
時には奴隷が自分の奴隷を持つことすらあったのです。

もっとも奴隷の家族は当然に奴隷として扱われました。
奴隷はだいたい富裕層の奴隷でしたから、生活は一応安定していました。

本当の意味で「社会の最底辺」を構成していたのは「奴隷」という存在ではなく、
その日その日の糧を得るために仕事を探さなくてはならない貧しい自由人でした。

なので 「自分を奴隷へ売り渡す自由人」 が絶えなかったのですが。

つまり ローマ時代の奴隷 とは 【「厳格な“社会的”階級格差」の最底辺】 という意味では無い。


奴隷は家の中で家事に従事する家事奴隷と農園や主人の事業などで働く奴隷がありました。
その規模は様々で、
たとえば
 詩人ホラティウスは3人の家事奴隷と8人の農場奴隷を持ち、
 ネロ帝時代のある元老院議員は家事奴隷だけで400人の奴隷を持っていた
と伝えられています。
皇帝の家になると奴隷の規模は数千人に及んだとされています。
このような一人の家長にに属する奴隷の集団が「誰それの家の者たち」と呼ばれることになります。

つまり 奴隷と自由人 は それ程に差が無い とも言える。
奴隷を【「厳格な“社会的”階級格差」の最底辺】とする意味合いは 其処まで強烈ではない。

この場合 【「厳格な“社会的”階級格差」の最底辺】とする意味合い は では何なのか?
だから ギリシャ文明 ローマ文明 ユダヤ文明 における
 奴隷への距離感 奴隷への扱い方 奴隷への意識
が異なってくる。


ローマの奴隷制の大きな特色は、「解放奴隷」という身分(または社会層)の存在です。これは他の奴隷制社会には見られません。ローマでは奴隷は生涯ずっと奴隷であるというような固定した身分ではなく、時が来れば解放されて自由人となり、法的権利の主体となって、ローマ社会の正規の一員として活動したのです。それまでは権利の客体であった人間が、解放によって一夜にして権利の主体となるという劇的な変化が起こるのです。

解放は忠実な働きの報酬として所有者が温情によって与えるものですが、とくに所有者の死に際して遺言によって解放する場合が多かったようです。この場合は、まとめて(ときには全員が)解放されました。また奴隷がその働きよって得た報酬が蓄えられて、解放されるときに主人に支払う場合もありました。その金額で若い奴隷を買う方が有利である場合、主人は古い奴隷を進んで解放したようです。奴隷はだいたい30歳までに解放されるのが普通でした。もちろん例外もあり、老年まで奴隷である者もあり、ずっと若くて解放される場合もありました。とくに主人が奴隷の女性が気に入って結婚する場合は(結構あったようです)、15〜20歳で解放されました。

解放された奴隷は元の主人の家に対して忠誠を尽くす道義的な責任があり、同じ家で奴隷であった者たちは連帯感から一つの集団を形成しました。新約聖書で「クロエの家の者たち」(コリントI一・一一)や「アリストブロの家の者たち」(ロマ一六・一〇)、「皇帝の家の者たち」(フィリピ四・二二)というのは、現に一つの家で奴隷である者の集団か、あるいはこういう解放奴隷のグループを指しています。

解放された奴隷は、翌日から自分で生活の糧を得なければならないので苦境に陥る者もありましたが、富裕な権力者の奴隷は、解放されてからも仕事を任せられて、元の主人の後ろ盾によってローマ社会で高い地位につく者もありました。ある程度の要件を満たせば、解放奴隷は原則としてローマ市民権を得ることができました(ローマ市民権は世襲でしたから、市民権を得た解放奴隷の子孫はローマ市民権所有者でした)。とくに宮廷で皇帝や側近の奴隷であった者は、解放されてから高い地位の行政官になって権力を得た者もありました。たとえば、パウロの裁判をしたユダヤの総督フェリクス(使徒言行録二三・二三以下)は、クラウディウス帝の母アントニアの解放奴隷でした。そのクラウディウス帝は自分の家で仕えていた解放奴隷を皇帝秘書官として用い、彼らは皇帝側近の高官として権力を振るい巨額の富を蓄えたと言われます。
 
こうして奴隷が年に何万人も解放されて新しいローマ市民が生み出されたのです。解放という制度をもったローマの奴隷制は、もともとローマ社会に所属しない者がローマ社会に入っていく一つのプロセスであったのです。ローマ社会は奴隷制というシステムによって、自分以外の要素を組織的に組み込みながら運営され、発展していったのです。ですから、ローマの知識人で奴隷制を非難する者は誰もありません。奴隷制をローマ社会存続の当然の前提として考えているのです。例外的に発生した奴隷の反乱も、奴隷制そのものに対する反抗ではなく、非道な主人に対する反乱に過ぎません。
 
ところが、解放奴隷の数が増えすぎると問題が起こります。それは非ローマ的な要素がローマ社会に入ってくることを意味するので、ローマの伝統の衰微を心配するようになった皇帝は次々に「奴隷解放規制法」を出すようになります。アウグストゥス帝は一人の遺言による解放の上限を一〇〇人とする法律を公布し、さらに存命中の解放にも様々な制限をつけるようになります。この政策は次代の皇帝たちにも引き継がれていきますが、この事実は逆にローマの奴隷制がいかに流動性に富んだシステムであったかを物語っています。


ローマの奴隷制、とくに「奴隷解放規制法」については、塩野七生『ローマ人の物語』Z337頁以下の「奴隷解放規制法」の一読をお勧めします。


新約聖書の使徒は奴隷制そのものには反対していません。

奴隷制は人道とか人権に反する社会制度であるから廃棄しなければならない
というのは、啓蒙思想以後の近代の思想であって、
古代の奴隷制社会のどの思想家も、奴隷制の存在そのものには反対していません。

ギリシャの哲人たちは既に、
 体は奴隷の軛に繋がれていても、内面の魂は自由でありうる
ことを強調していました。


パウロを含め、初期のキリスト教団を指導し、新約聖書の諸文書を書いたのは殆どがユダヤ人でした。
そしてユダヤ人が信仰の拠り所としている旧約聖書も奴隷制を認めています。

もともとイスラエルの宗教は奴隷からの解放として出発しました。イスラエルの神は、「わたしはヤハウェ、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」(出エジプト記二〇・二)と名のられた神です。ですから、イスラエルは奴隷でない者たちの共同体であり、そこでは成員はみなお互いに平等で、その中に奴隷はいないはずです。

ところが、沃地に定住し王国を形成してからは、権力や富の偏在による社会階層の分化から、周囲の古代社会と同様に奴隷制をもつ社会になっていきます。その時期に形成された律法は奴隷制を追認しますが、同時に主人の強欲から奴隷を保護するための律法を次々に作っていきます。主はイスラエルに、「エジプトの国で奴隷であったあなたを、あなたの神、主が救い出されたことを思い起こしなさい。それゆえ、わたしは今日、このことを命じるのである」(申命記一五・一五)と言って、奴隷をよく扱うように命じられるのです。イスラエルでは同胞のユダヤ人を六年以上奴隷として使うことは許されず、七年目には無条件で解放しなければなりませんでした(申命記一五・一二以下)。
 
【奴隷を保護するためのものであったとしても、奴隷に関する律法が存在する】
ということは、ユダヤ人にとっては神が奴隷制を認めておられる ということにもなります。
ユダヤ人のパウロも このような律法の下に生きる者として、奴隷制の存在そのものには反対せず、
福音によって奴隷であるままで神の子とされ、神の民に所属することができることを強調します。
ただし

一 福音が信じる者を救う力として働くとき、信じる人間の社会的身分は関わりがありません。パウロはそのことを次のように言っています。
 26 あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスにあって神の子なのです。27 バプテスマを受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。28 そこではもはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。(ガラテヤ三・二六〜二八 一部私訳)

パウロの福音の場合、それは内面の魂の自由だけでなく、現実に奴隷と自由人の社会的差別を克服する力を秘めている点が違います。
始まったよw

この文は初期の教団のバプテスマ定式(バプテスマを受けるときに唱えられた信仰告白)を用いていると言われています。この告白文が示しているように、福音は、ユダヤ人とギリシャ人(異邦人)という宗教的区別も、奴隷と自由な身分の者という社会的身分上の差別も、男と女という性的差異も関係なく、誰であっても「信仰により、キリスト・イエスにあって神の子なのです」と宣言します。「キリストにあっては」みな同じなのです。モーセ律法を守るユダヤ人も律法の外にいる異邦人も同じく神の民なのです。奴隷と自由な身分の者は、社会での扱いはまったく違いました。家父長社会では女はの立場は弱く、男に従属していました。しかし、キリストにあっては、すなわち信じる者の共同体の中では、そのような差別は一切なく、みな同じ立場の神の子なのです。この福音がもたらす平等が、とくに厳しい差別の下で抑圧されている階層の人々を惹きつけました。
 
事実、初期の教団では、奴隷または解放奴隷の身分の人たちが多く、集会の中核的なメンバーとして活躍していました。たとえば、ローマ書一六章の人名表には、奴隷または解放奴隷と見られる人名が多くあります。そこだけでなく、パウロの手紙には女性が指導的な立場で活躍していることが見られます。パウロの手紙には、ユダヤ人と異邦人、奴隷と自由な身分の者、男と女が差別なく、一つの共同体を形成し、同じように活躍していることが読みとれます。

バプテスマ定式の文については『天旅』一九九六年6号20頁以下を、ローマ書一六章の人名については『ローマ書訳注』の一六章の段落「個人的な挨拶」を、集会における女性の立場については『天旅』一九九九年2号16頁以下を参照してください。

 二 キリストにあって神の子とされた奴隷に対して、パウロは次のように勧めています。

20 おのおの召されたときの身分にとどまっていなさい。 21 召されたときに奴隷であった人も、そのことを気にしてはいけません。自由の身になることができるとしても、むしろそのままでいなさい。 22 というのは、主によって召された奴隷は、主によって自由の身にされた者だからです。同様に、主によって召された自由な身分の者は、キリストの奴隷なのです。 23 あなたがたは、身代金を払って買い取られたのです。人の奴隷となってはいけません。 24 兄弟たち、おのおの召されたときの身分のまま、神の前にとどまっていなさい。(コリントI七・二〇〜二四)

この一段の要旨は、枠としてこの一段を囲い込んでいる文(二〇節と二四節)が明示しているように、「おのおの召されたときの身分にとどまっていなさい」ということに尽きます。召されたときに奴隷であった者は、奴隷であるという身分を気にしたり、嘆いたりするのではなく、奴隷という身分の中で主に仕えるように勧告されています。その理由は、「主によって召された奴隷は、主の解放奴隷である」(二二節私訳)からだとされています。先に見ましたように、解放奴隷は解放してくださった方に忠誠を尽くす立場にあります。普通は元の所有者ですが、キリストに属する者の場合は、主キリストによって解放された者、「主の解放奴隷」ですから、これからは主キリストに忠実に仕える者とされたのです。「同様に、主によって召された自由な身分の者は、キリストの奴隷なのです」から、主にあっては、奴隷も自由な身分の者も区別なく、主に仕えるべく召された奴隷であることに変わりはありません。どちらも、主イエス・キリストがご自身の命という身代金をもって買い取られた者なのです。その生涯をもって人に仕えるのではなく、主キリストに仕えるように召されているのです。

この一段の要旨は以上の通りですが、その中に「もし自由の身になることができるならば」、すなわち、解放される機会があるならばという特別の場合が取り上げられています。この二一節後半の意味については長年議論が続いており決着していません。それは、この場合のパウロの勧告が「活用しなさい」というだけで、何を活用するように勧めているのか明示されていないからです。ルターやカルビン以来の解放の機会を活用して自由の身となりなさいという解釈(たとえば協会訳)と、たとえ解放の機会があっても、むしろ奴隷の立場を生かして主に仕えなさいと解釈する最近の傾向(たとえば新共同訳)が対立したままです。議論の詳細に入ることはできませんので、ここでは二者択一ではなく、主に召された者、主に属する者としての立場を活かしなさい(その立場で生きなさい)という第三の解釈の可能性もあることを示唆するに止めます(これは実質的には解放の機会を活かしなさいという解釈に近いですが、自由を享受しなさいではなく、主にあって生きるためであることに重点を置いている点で違います)。この文の直後に、「主によって召された奴隷は、主の解放奴隷であるから」という理由を示す文が続いていますが、この理由の文も第三の解釈の可能性を示唆しています。解放奴隷という身分を比喩として用いてキリスト者の立場を語るのは、新約聖書ではここだけですが、イグナティオスがローマの人たちにあてた手紙(四・三)の中で用いています。

パウロは、奴隷は奴隷の身分のままで「主によって解放された者」、すなわち「自由な者」として生きることができることを強調しています。そして、その自由を奴隷制を比喩として語ります。この内面の自由は、自由な身分の者も奴隷も同じです。
 
この内面の自由は、とくにガラテヤ書で詳しく展開されています。パウロはユダヤ教律法を養育係にたとえ、異邦の諸宗教を後見人とか管理人にたとえ、相続人である者も未成年の間は奴隷と変わることなく、「(モーセ律法とか諸宗教という)世を支配する諸霊に奴隷として仕えていた」とします。キリストにおける神の救いの働きが成就したとき、このキリストに合わせられる「信仰」が人をこのような奴隷状態から解放し、神の子としての実質を与えるのであることを力をこめて語っています(ガラテヤ三・二三〜四・七)。
 
さらに、モーセ契約を奴隷の子を生む奴隷女にたとえた上で、「要するに、兄弟たち、わたしたちは、女奴隷の子ではなく、自由な身の女から生まれた子なのです。この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません」(ガラテヤ四・二一〜五・一)と求めます。そして、その自由が聖霊による自由であることを詳しく展開します(ガラテヤ五章)。

奴隷制を比喩としてキリストにある者の自由を語るガラテヤ書については、すでに「ガラテヤ書講解」で詳しく述べていますので、ここではこの問題がそこで語られていることを指摘するに止めます。詳しくは『天旅』一九九六年6号、一九九七年1号、同2号を参照してください。なお、パウロはローマ書(六・一五〜二三)でもキリストによる救済を語るのに奴隷の比喩を用いていますが、この箇所については「ローマ書講解」で別に扱う予定です。

三 ところで今回取り上げたフィレモン書を見ますと、福音は奴隷身分の者をも差別なく神の子とし、内面的な自由を与えるだけでなく、現実に奴隷制という社会的差別を克服していく力であることが分かります。パウロはフィレモンに、「もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、つまり愛する兄弟として」(一六節)オネシモを受け入れるように求めています。キリストにある共同体では、みな同じ父から生まれた子であり、お互いは兄弟姉妹であるのです。社会では奴隷とその所有者という関係であっても、キリストにあっては兄弟であり姉妹であるのです。「もはや奴隷ではない」のです。パウロは、キリストにあってはフィレモンとオネシモは所有者と奴隷の関係ではなく兄弟であるということを前提にして、オネシモを福音の働きのために送り返してほしいと頼んでいるのです。そして、ここで見たように、フィレモンはキリストにある者としてこの関係を理解し、オネシモを兄弟として扱い、自由にしてパウロのもとに送り返したのです。パウロはオネシモを「愛する兄弟として」慈しみ、苦労を共にしていきます。キリスト共同体では、奴隷と所有者という関係はなくなっているのです。「キリストにあっては、奴隷も自由人もない」のです。

多神教の人間からすれば
キリストをYHVHやテンノウヘイカや大作やオウムにしても同じ としか映らないよね。


パウロは奴隷制を批判したり反対したりはしていません。しかし、パウロは奴隷制社会に、人をもはや奴隷と所有者という関係ではなく、兄弟として結びつける場、「キリストにあって」という場をもたらしているのです。福音は奴隷制の廃止を叫びませんが、奴隷制が消失する場を現実にもたらしているのです。フィレモン書はこの事実を具体的に示す証言です。フィレモン書が新約聖書正典に入れられた事情は、先の「パウロ書簡集とオネシモ」で述べたとおりですが、入れられた結果、この小さい書簡は世々にわたって、奴隷とその所有者という社会関係を克服する起爆剤としての福音の最良の証人となります。
 
実際に福音が古代奴隷制社会を変革する力として社会を変えていった歴史を跡づけることは、この講解ではできません。ただ、近代になってキリスト教世界が奴隷貿易を行って新世界に多数の黒人奴隷を導入した事実に触れないでおくことはできません。それはキリスト教史における最大の汚点です。しかし、同時にその奴隷制を廃絶する力を提供したのもキリストを信じる人たちの精神であったことも事実です。そのことは、奴隷制廃絶のために生涯を捧げたリンカーンの第二期目の大統領就任演説(一八六三年、凶弾に倒れる6週間前)に見事に表現されています。この演説は、ゲテスバーグ演説と並んでリンカーン記念堂の壁に刻まれ、世界に語り続けています。フィレモン書からリンカーン演説まで、同じ福音の精神と力が貫いています。その演説の一節を引用して、この稿を終わります。

「誰であっても、自分のパンを他人の顔の汗から絞り出そうとして、正しい神の助けを求めるとしたら、それは奇妙なことである。・・・・・われわれは、この戦争という強烈な鞭が速やかに過ぎ去ることをひたすら望み、切に祈っている。しかし、奴隷とされた人たちの二五〇年にわたる報いられざる苦役によって蓄積された富がすべて消滅し、鞭によって流された血のどの一滴も、剣によって流される一滴によって償われるまで、この戦争が続くことが神の意志であるとしても、三千年前に言われたように、今もなお言われなければならない、『主の裁きは真実にして、ことごとく正しい』と」。

異端や異教徒を奴隷としても良い なのにねぇw
そら 多神教で野蛮人 はキレる。
多神教で文明人は 嘆息をして 上手に棲み分けをしませんか? と言うしかない。


つまり ニホンジンの右手と左手 な 20世紀のイデオロギーの残滓 から逃れられていない者達は
とっても不思議な そういう【キリスト教つーか宗教右翼カルトの造った奴隷のイメージ(笑)】だけで
「奴隷」という言葉を安直に使っている可能性が極めて高い。

つまり 過去における極東の一諸島における「奴隷」とされる者達 とは
「奴隷的な境遇」にあった とは言えるものの
【「厳格な“社会的”階級格差」の最底辺】とするもの とは言いきれない可能性が有る。


迂闊に「奴隷」と言いきってしまうは 余計な予断をも生み出す可能性が有り
それこそが【キリスト教つーか宗教右翼カルトの造ったイメージ(笑)】を増幅させる
つまり「情報工作」となるのでは?

迂闊に「奴隷」と言いきってしまうは 
 【「厳格な“社会的”階級格差」の最底辺】をも意味しない奴隷という意味合いが存在する
を否定してしまう。
つまり「情報工作」となるのでは?

身分としての奴隷
境遇としての奴隷
を迂闊に混同させるは 危険な情報流通なのでは?


1. 奴隷的境遇
2. 奴隷的対応
3. 奴隷的身分

この3つを「奴隷」の言葉で一括りにしてしまう も悪くはないが
馬鹿で豚に過ぎない一般民衆 へは区別して説明していかなければ詐欺師の幇助になる とも俺なら思う。


1. 奴隷的境遇
状況や環境によって「奴隷」という扱いを受ける。人間関係の間では瞬間的に起こる事は多い。
よって改善される事もある。

2. 奴隷的対応
通常の人が考え そして使う「奴隷」という言葉は これに当たる。

3. 奴隷的身分
「奴隷」的な対応を身分として固定されている事を指す。
主に一神教で生じる。

多神教の世界では 1.奴隷的境遇や2.奴隷的対応が生じても 3.奴隷的身分は本質的に正当化できない。
一神教の世界では 3.奴隷的身分が生じても正当化が出来る。

すなわち 安直に「奴隷」という言葉を使うだけでは
 一神教で野蛮人なカルトの教義を正当化させる詭弁詐術に加担してしまう可能性が極めて高い
伴ってしまう危険性が有る。


こう書けば良い。
 極東の一諸島においても1.奴隷的境遇や2.奴隷的対応が行われていた事は多い。
 けれども3.奴隷的身分は本質的に正当化できないからこそ
 過度の2.奴隷的対応へは強く制限を掛けようともする。

 しかし一神教で野蛮人なカルトの住人は3.奴隷的身分を本質的に正当化する。
 異端や異教徒は奴隷と為っても良い と言いきる。
 其れが 神から末端まで一気通関に有る「厳格な階級序列」の本質である。
これを ただただ安直に「日本の奴隷の歴史」などと書くは あまりに危険である、
侵略の幇助 “大量虐殺と民族浄化”の幇助 にもなろう。


ニホンジンのコッカのニホンからの情報工作と人民統制が150年に
そして宗主国サマからの情報工作と人民統制が70年に と続けば
其処から逃れようとするは極めて困難を要する、俺とて十全に逃れきれているかは自信が無い。

さりとて過度に 過去を忘れて 歴史を捨て 人間である事をも脱ぎ去って行く では意味が無い。
そういうのが旧式左翼の先へ行ってしまった者達に多いけどね。

「日本人と日本」という言葉を安直に使う事から考え直していく
をして 自分達とは何者なのか? を取り戻すのは、本当に大変で 途方も無い作業だよね。

宗教右翼カルトや旧式左翼 へ流れる方が楽だから、億劫になって 安直に結論を出すのは危険だ。
同時に ニホンジンのコッカのニホンや宗主国サマとの情報戦にも勝たなければならない。

一朝一夕に どうにかなるはずもない。
だから俺は更新をし続けるんだ。







posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。