https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年10月26日

日本シリーズ開催の前日の話

日本選手権シリーズ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
主催 日本野球機構(NPB)
この7試合の主催は 各球団ではなく NPBとなっている。
つまり収益などはNPBへ となっている“はず”である。
が そこは 色々とアレではある。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1120193276
入場料収入や放映権料も、各球団に直接入るのではなく、
一旦NPBに入り諸経費などを除いた額を、両チームに分配しています
(分配比率は、勝った・負けたで異なります。ちなみに分配金は、第4戦までの収入で決める)





誠天調書 2010年10月30日 テロリストの役割すら担わされている日本の現職の外相は誰か?w
http://mkt5126.seesaa.net/article/167645793.html
ここに
 当時の2010日本シリーズ直前での極めて不思議な情報流通が如何に行われたか
をコピペして残して有る。

日本シリーズの直前だからこそ 情報戦の攻撃を仕掛けようとする戦術 は
そういう事を生業とする連中の性癖が 透けて見えまくるよね。

そういう“野球ではない「ベースボール」”という人民統制な情報工作が理解できない者達は
大馬鹿野郎かキチガイか詐欺師でしかない。


誠天調書 2011年11月21日 言っても、みなさんには分からないと思いますよ
http://mkt5126.seesaa.net/article/236194128.html

フォア・ザ・チーム〜稲尾和久と落合博満
http://plaza.rakuten.co.jp/amayakyuunikki/diary/201011200001/

故稲尾和久氏が暴露していた「燃える男・星野仙一」の正体
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20081023/1224762491


誠天調書 2010年12月23日 日本サッカー界(笑)なんてモノは当分、ママのおっぱいをしゃぶり続けるだけだろう。
http://mkt5126.seesaa.net/article/174554247.html

誠天調書 2011年01月31日 アジア杯2011の優勝をもってしても 選手や各Jリーグのチームへの補償 などを含めた待遇面 すなわち「日本サッカーの本質的な問題“カネの流れ”」の話を マスコミ新聞テレビ大手メディアは一文字たりとてしない。
http://mkt5126.seesaa.net/article/183271100.html

誠天調書: 2012年03月14日の夜に千葉の地中と上空で起きていた事のメモ
http://mkt5126.seesaa.net/article/257746622.html




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000017-spnannex-base
星野監督から予告先発提案は 先発の枚数の多い巨人先発陣の予想へ不安から
粛々と進んでいた監督会議。ルール説明を終えると、
星野監督が急に笑顔になって、原監督に切り出した。

星野監督
ペナントレース中は予告(先発)やってたよね。それどうするの?

原監督
ルール的には…監督どうですか?

星野監督
ウチはOK。おたくのように(先 発陣が)バラエティーに富んでないから。
そちらで決めて。

原監督
ファンの人がもし望むのなら、それに対し異論ありません。
つまり原からは提案をしていない。
なのに原が決めたような印象操作を仕掛ける、
この情報工作の意味合いを理解できない者達が
野球ではないベースボール という政治の道具の奴隷になる。


予告先発は監督会議の申し合わせ事項であり、両監督の合意があれば、実施できる。
連戦の時は試合後、移動日の場合は午後3時に日本野球機構(NPB)を通じ、
翌日の先発が発表されることも決まった。

そして、第1戦の先発については、原監督が先に「内海でいきます」と宣言。

星野監督は
左横にいた佐藤投手コーチに「誰だっけ?」と、とぼけた上で「則本」と答えた。
わずか4分。

全戦予告先発は、05年のロッテ―阪神以来、8年ぶりとなる。

星野監督は「ウチはシーズンと一緒。提案じゃないよ。素直に野球をやる」と語った。
だが、巨人の先発陣は左右2枚ずつおり、秘密兵器の19歳左腕・今村も控える。
特に第2戦が 右の菅野と左の杉内 と両方の可能性があった。
一方の楽天は先発3枚は田中、則本、美馬の右3人で不動。

すなわち予告先発は明らかに楽天に有利となる。
先発投手を読み違えれば、経験の少ない若手選手は浮足立つ。

レギュラーシーズン通りの戦いを実践するためにも、
星野監督の「仕掛け」は大きな意味があった。


http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20131025-OHT1T00192.htm
監督会議の終了間際、まずは星野監督が口を開いた。

星野監督(以下星)
「シーズン中、いつもやっているあれ、予告はどうする」

原監督も間髪入れずに返答した。
原監督(以下原)
「こちらは構いません」

「うちは(投手の)バリエーションはないから構わん」


「ファンの方が望むなら異存はありません」


「今からファンに聞けないだろう(笑い)」

静まりかえった会議室に、2人の声だけが響いた。
最後はNPB関係者を交え、予告先発制度の採用が決定。
最終決定が どうやって決定したのか?
その経緯は此処でも明確に書かれていない。
其の不明瞭な情報流通が 統一球の偽装 という問題の本質なのだが、
此処でも主犯は マスコミ新聞テレビ大手メディア というのが明確に示されている。

同じ日に行われた「統一球の話の公表(笑)」という事を含めた
情報工作を生業とする連中が仕掛けられている
という戦術的な動きが 此処からも読み取れる。
“野球ではなくベースボール”という人民統制が理解できない者達は
一瞬の内にこの情報工作に負けるだろう、
其処までの情報戦が仕掛けられている事すら気付かずにね。


NPBサイドから開幕投手を促されると、今度は原監督が切り出した。
原「それではジャイアンツから。内海でいきます」
星「(隣の佐藤投手コーチに)うちは誰や? 則本でいきます」

予告先発案は原監督も考えていた。
両軍とも先発投手の左右によって戦い方が変わらないこともある
この部分の文章は 完全に読売のデマ という事が分かる
が、何よりもファンのためだった。
それを ファンの為 とまで書く、
息を吐くように嘘デマ扇動を仕掛けるのが読売の性癖とも分かる。
読売 とは 原の味方ではなく ナベツネと星野の下僕でしかない事が ここでも示されている。
そういう“野球ではない「ベースボール」”という政治的な人民統制の道具 の意味を
未だに言葉に出来ない者達は 大馬鹿野郎かキチガイか詐欺師の烙印を押されるしかないだろう。


「特にメリット、デメリットは考えていない。
 ファンあってのプロ野球。
 ファンの方が大いに盛り上がる環境のもと、胸と胸を突き合わせた勝負をする。
 それを望まれた星野監督、それに対して同感し、挑んでいく」
正々堂々とした真剣勝負をファンに見せたい一心だった。
原にしてみれば予告先発を望む理由は無い。
ただし予告先発を拒む理由も無い。
だからこそ「ファンが望むのならば」と あえて口にする。
自分の意思ではない事を明確に示す為にだが 角が立たないように ともする、
そんな深慮遠謀の外交辞令そのものだ。
おそらくに 予告先発の提案が有る という事を想定して、
返す言葉も考えておいたのだろう。

あくまで予告先発は星野の提案でしか無い事を 原は明確に語っているのだが、
其の事実を どうしても何故か不思議に隠蔽しては
星野を闘将とか言う印象操作をし続ける奇妙な連中が 其処に居る。


「年齢的に大先輩ではあります。選手やいろいろな立場で、
 先輩には影響も刺激も受けさせてもらった。
 今年の日本シリーズ監督として戦えるというのは、強い何かを感じる」
この見事な単語の選択をする原の政治的資質は極めて高いよねw
ったく この野郎めw

「徐々に高揚してきている。2月から連覇という目標を持ってここまできた。
 その目標は変わらない。
 ただ、日本シリーズは独特な雰囲気で私の中では異次元の試合。
 異次元の中でしっかり、時というものも感じながら、
 ジャイアンツの野球をやって、パ・リーグの王者・楽天に挑んでいきたい」


予告先発制度 パでは83年から開幕戦に限って採用。86年以降は、開幕戦のほかにも日曜日や毎月1度など特定の日に用いられ、94〜04年は全試合、05年からはセ・パ交流戦を除く全試合で実施していた。セが12年に導入したことに伴い、交流戦を含む全試合で実施された。前日に試合がない場合は午後3時、ある場合は試合当日の開始1時間前に届け出る。日本Sでは、両軍の監督が同意した場合にだけ導入される


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000005-sph-base
則本は初戦の先発を2日前の23日、佐藤投手コーチから告げられた。
「『肩肘、大丈夫か?』と言われて、はいって答えたら『じゃあ、お前で』と。
 頑張りますって言いました」。
21日の最終S第4戦、リリーフで1イニングを投げて以来の登板。
24日にブルペンで約60球を投げて態勢を整えた。

後ろに田中が控える状況は気にしていない。「その試合で後ろにいるわけじゃない。」
表現がアレだねぇw
巨人打線の印象については
「完成されているチーム。強打だけじゃなくバントも走塁も、総合力がすごく高い」と指摘。
「こっちはもともと挑戦者。日本一のチームを倒しにいくぞと、みんな思っている」と強調。
勝ってエースへ繋ぎ、日本一への道を切り開く。
2戦目が田中と暗に言っている。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131025-OHT1T00210.htm
田中の先発は当初は初戦と見込まれていたが、第2戦にずれ込んだ。
最終Sでは17日の初戦で完封勝利を収め、
突破を決めた21日の第4戦の9回に中3日で登板。
胴上げ投手になったが、佐藤投手コーチは
「中4日じゃ、かわいそう。本人の意思。気持ち的に乗らないと。則本は若いから」
と説明。
強行日程で先発、リリーフとフル回転した疲労を考慮し、
中5日で万全の状態でマウンドに上がることになった。

シリーズでは第2、第6戦と、ともに本拠地のマウンドに上がることが濃厚。
「CSの時もそう。自分たちの球場で、いい雰囲気でスタートできる。
 その中でいいものを出して、相手を上回ることができれば」。
地の利を生かし、シーズン15勝の則本からのバトンを受け、まずは連勝を狙う。

初戦先発の則本へも
「大丈夫ですよ、彼は。僕は応援するだけ」
と信頼を寄せる。
それだけの投手だから“開幕投手”を譲った。
「(伸ばした)1日を有効に使います」。
休養十分のエースが、巨人を封じ込め、日本一へと導く。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/25/kiji/K20131025006873610.html
エースの田中将大投手(24)は
レギュラーシーズン、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでも
先発、抑えにフル回転した疲労を考慮して27日の第2戦に回る見込みとなった。

小雨が降るKスタ宮城での全体練習。
田中は
 26日の初戦に先発すると仮定した場合での
 登板の前々日に行うブルペン投球
を行わず、
キャッチボールやランニングを行った。

一方で則本はブルペンで投球練習。
田中はブルペンに入らなかった理由を問われ
「僕からは言えません。ノーコメント」
とだけ話した。

今季の田中はWBCの激闘の疲労と戦いながら24勝0敗1セーブをマーク。
9月26日の西武戦(西武ドーム)では9回に登板し胴上げ投手になった。
CSも先発、抑えで登板し1勝1セーブでMVPを獲得したが、
疲労はピークに達している。

シリーズ初戦に先発すると、
第5戦に投げる場合は中4日となるが、
第2戦ならば移動日を2回挟むため中5日で第6戦に回ることができる。
疲労が残るエースにとっては、
1日でも間隔が空く第2戦の方が万全の状態で臨めるというわけだ。

さらに、台風の影響を受ける可能性のある開幕戦よりも第2戦の方が調整がしやすい
という側面もある。
また、2、6戦ならば本拠地で2度先発できるというメリットも見逃せない。



無理をして中4日をしたマエケンが 東京ドームでの万全の巨人に勝てなかったからね。
おそらく アレを見て1戦4戦7戦という使い方を止めて
あくまで万全の先発ローテという作戦へ切り替えたんだろうね。

そして相変わらず掛布雅之は 良い記事をくれる。


<掛布雅之が語る>日本シリーズ 楽天がマー君を第2戦にもってきた理由
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000001-wordleafs-base
投打に圧倒的な戦力を誇る巨人だが、
特に後ろにマシソン、山口、西村と3枚の信頼おける投手を持っている
ことが、楽天との大きな差だ。

楽天は、必然的に先制しなければならないという早い仕掛け、6回までの勝負を要求され、
マー君、則本という2枚看板には、できれば完投勝利という条件が付く。
そう考えると巨人が有利だろう。
巨人は、則本、マー君に対して1勝1敗となっても焦る必要がない。

場合によっては仙台で巨人が2連敗でも まだ巨人にとっては五分五分であろう。
其れほどまでに戦力差の深さが違う。
日本シリーズは短期決戦と言われるが、
同じチームと7試合続けて戦うことはシーズンに経験はしない。
選手は意外と長く感じるものだ。

そこには必ず“流れ”というものが生まれる。
その流れをいかに引き寄せるかは経験がモノを言う。
シリーズという舞台の経験数でも、巨人が有利であることは間違いない。

逆に楽天が勝利するためには、田中と則本のフル回転しかないだろう。
私は田中の球数を見ながら1戦、4戦、7戦と、中3日で回すよりも、
完投というものを意識させながら1戦、5戦に必勝を喫して先発させ、
その後の2試合はストッパー待機させる方法がベストだと思っていた。
中4日と無理をさせて先発させたマエケンで勝てなかった広島
を見ているだろうからね。


しかし、星野監督が監督会議で予告先発制を提案して、則本の開幕戦起用を発表した。
聞くところによると、田中がCS登板からの間隔を中5日にすることを希望して
開幕戦を回避したらしいのだが、
いずれにしても私には、第1戦に則本、第2戦に田中という
“あくまで「仙台での田中と則本」起用法”は予測できた。

楽天サイドは、7試合というトータルでシリーズを捉えて、
地元仙台で戦うことのできる第2戦として中5日で第6戦にマー君を配備することで、
その2つを確実に取りにいったのではないだろうか。
田中と言えども、一発の危険性が高い東京ドームでは勝率は下がるだろう。

シリーズの開幕投手を任された則本も新人ながらハートが売り物である。
ひょっとすれば、楽天が1、2戦を連勝する可能性さえ出てきた。
そういう意味で、このシリーズは1、2戦目次第、特に第2戦が重要な意味を持つことになる。

というか楽天とすれば2連勝しないと苦しい、とも言える。
1勝1敗だと
東京ドームでの巨人の3連勝 によって田中と則本が残って日本シリーズが終わる
という最悪の話すら起こり得てしまうからね。
其処までに 巨人と楽天は選手層の厚さ と 地力の強さ が違う。


楽天が田中を第2戦に置いたことで、シリーズの展開がわかりにくくなった。

1勝1敗の展開ならば、巨人が4勝2敗か、4勝3敗で
40年ぶりにシリーズ連覇を果たすことになるだろうと予測するのだが。
やはり掛布も こう書く。

1、2戦で、楽天が連勝しているならば、4勝2敗もしくは4勝3敗で楽天、
つまり楽天が2連勝して ようやくに五分五分と掛布も考えているんだね。
流石だと思う。
此処まで考える掛布だからこそ 阪神は監督に呼べないんだろうねw

そういや シーズン中の阪神の解説に出演していた時だったけど
試合前に思いっきり統一球の話をしていたなw
だからG+の解説に呼ばれなくなるんだがw


第2戦 田中 vs 菅野を予想
初戦の序盤の展開次第で 巨人が勝ってたら菅野 負けてたら杉内 とまでは考えすぎかw
流石に もう決めて入るだろう。


田中とのマッチアップは菅野が予想されている。
ジョーンズ、マギーという右の主軸に対しては、菅野のツーシームが有効に働くだろうが、問題は対左打者である。藤田、銀次、島内、桝田という左打者をいかに抑えてジョーンズ、マギーの前に走者を置かない展開を作れるか。走者を置いて外国人2人を警戒するあまりボール、ボールとカウントが悪くなると、そこで一気につかまる危険性がある。そうなると楽天ペースだ。

巨人打線が田中を攻略するための戦術

逆に巨人打線が、田中を攻略するためには、徹底すべき戦術がある。
田中に「巨人にはスプリットを狙われている」と意識させることである。

ひと回りでいいので、ストレートを捨てスプリットを狙う。
その中でも特に低目のボールになるスプリットを見極めることが重要だ。
CSのファイナルステージの第4戦で9回二死二、三塁からロッテの井口が、
スプリットを中心とした配球で料理されていたが、
低目のボールになるスプリットの見極めができていなかった。
目線を定め、低目は捨て、真ん中から上のスプリットだけを狙っておくのである。

田中を相手にする場合、裏をかかれたストレートをファウルにすることは難しいが、
ボールになるスプリットを見送ると確実に球数が増える。
打者は、自分が有利なカウントを整えることもできる。

楽天のブルペンは信頼がおけないのだから、
球数を投げさせることは、田中の攻略のための大きな一歩になる。
掛布は楽しそうだなw 凄く其れが分かるw

此処では書いてないが、掛布も気付いているだろう。
その場合は 楽天の捕手の嶋 と 巨人の頭脳の橋上 の対決となることがね。
楽天の野村時代に引き立てられた嶋と橋上だ むしろ互いを良く知っている間柄だ。

 
https://twitter.com/kaitoriguma/status/392278132423544832
今年の日本シリーズは嶋VS橋上の戦いになる。
嶋はスコアとビデオ漬け巨人打線の分析。嶋の配球能力が頼り。
裏切り者・橋上・巨人の快進撃はこの男がへッドに入閣してから始まった。
裏切り者ってw

https://twitter.com/ikorincharo/status/386115482639540224
直人さん〜T^T わたしも泣きました〜
直人さんとウッチーとノムさんの時の 「球団」が大嫌い でした。

https://twitter.com/knkpush/status/386121567236681728
(出待ち時代のおもひで)帰る時間は直人さんと嶋さんはいつも同じで、
2人とも一緒で雑談しながらサインに応じてくれました。
ウッチーは鉄平の車を譲ってもらえるほど選手に愛されていましたよ。
個人的な追記ですけど、橋上ヘッドコーチの笑顔が大好きでしたw

橋上は野村監督の下で最初は守備走塁コーチとなった。そこで
「多くは求めない、守備は堅実に、盗塁を少しでも多く」という方針に橋上は
徹底したデータ分析をする為に
 IT企業のはずの楽天なのか 非常に素晴らしい分析用のPC等々 が使われていない
として 其の活用をして 其の情報を選手とのコミュニケーションに利用する としていたら
選手が一人また一人と危機に来るようになった、とか どこかに書いてあったね。
楽天時代の渡辺直人の盗塁数の多さは そういう背景が有るんだろうね。


http://topics.jp.msn.com/sports/baseball/article.aspx?articleid=2143679#scpshrtu
橋上秀樹戦略コーチ(47)は、
かつてヘッドコーチとして指導した楽天・嶋基宏捕手(28)の攻略に自信を見せた。
一方の嶋は、巨人の機動力封じに意欲を燃やした。

いよいよ、本格的に頭脳戦が始まった。
巨人にとって最大の難関は田中の攻略、その突破口を女房役、嶋の分析に定めた。

「田中に関しては、見れば見るほど、いい印象しか残らない。
 嶋には、成長したって言っておきましょう。
 ただ彼のリードはオーソドックス。
 (4年前と)そんなに大きく変わった印象はない」

09年まで野村克也監督(サンケイスポーツ専属評論家)の下、
楽天でヘッドコーチを務めた橋上戦略コーチが意味深長に笑った。

「オーソドックス」は煙幕にすぎない。
巨人のスコアラー陣は、9月1日まで遡って映像を掻き集め、CS期間中も密着マーク。
そこで短期決戦用ともいえる、リードの変化を察知した。

嶋が、田中とのバッテリーで内角攻めを多用していたのだ。
「ロッテ打線は外を待っているところで内角のシュート系を打たされて、
 併殺に打ち取られていた。
 左打者も内角のカットボールをファウルさせられて、カウントを稼がれた」
とはKスタ宮城で4試合を見守った森中スコアラー。

さっそく練習後にバッテリーと攻撃陣に分かれて、ミーティングを開始した。
田中ら先発陣については、対戦当日に徹底分析する。

この日、救援陣を映像で確かめた阿部は
「(映像を)今、見ましたよ。嶋のリードの変化? 分かりません」
とニヤリ。

村田は
「チームとしてやらないと。最終的には打って勝ちたい。そこまで持っていきたい」
と自信をのぞかせた。
強力打線が結束して嶋崩しに取り組めば、難攻不落の田中攻略が見えてくる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000126-san-base
40年ぶりの連続日本一を目指す巨人にとって、大事な初戦。先発を任されたのはやはり、エースの内海だった。

 練習直前に予告先発の採用が決まり、原監督がその場で発表。背番号26は「目の前の試合に全力でぶつかっていきたい」と、気合を入れ直した。

相手先発は田中ではなく、新人の則本だった。「完全にマー君と思って集中していた」と苦笑いの左腕だが、「則本も15勝で僕(13勝)より勝ち星が多い。いい投げ合いがしたい」。相手が誰であれ、燃える思いに揺らぎはない。

クライマックスシリーズ(CS)でも初戦を任されたが、2失点(自責点0)。四回に代打を送られ、唇をかんだ。「(CSでは)満足いく投球ができなかった。でもCSより状態は間違いなくいい」。9日前の悔しさも、楽天打戦にぶつけるつもりだ。

昨季もCSで不調ながら日本シリーズで2勝を挙げ、MVPに輝いた。「僕のモットーというか、イニングの先頭をしっかり抑えれば(相手の)チャンスの芽を摘んでいけると思う」。ここぞでエースの投球を見せ、チームに勢いをつける。

今の巨人は本当に強い。
けれどもプロ野球の勝負の世界は分からない。
どんなに強いプロ野球の球団であろうとも6割強の勝率が精一杯なのだ。

特に
 不思議な統一球の異常な駆使しなければ連勝の説明が付かない楽天の田中
 (ただし この場合は 田中も被害者)
という勝負とか云々より以外の要素が絡んでくる可能性も有るので、
更に 勝負の行方 は読みきれない。



http://www.npb.or.jp/news/20131025.html
2013年10月25日 統一球問題における「調査報告書」について

http://p.npb.or.jp/npb/20130927chosahokokusho.pdf
黒塗り文書かよw
ここでも 秘密保護法は既に運用されている と明確に分かる。
“野球ではない「ベースボール」”という人民統制な情報工作 とは何処から生じているのか?
そういう事が分からないままに野球を語る者達は 大馬鹿野郎かキチガイか詐欺師である。

ただし それでも見えてくるものは少なくない。
それなりに頑張っている のも分かる分量なので 後で記事にしたい。


誠天調書 2013年10月20日 その僅かな差にこそ 本当の鬩ぎ合い という本物のプロの勝負の神髄が有る。
http://mkt5126.seesaa.net/article/378001656.html

誠天調書 2013年10月13日 ベースボールではなく野球 は其処にも有る。
http://mkt5126.seesaa.net/article/377447027.html

誠天調書 2013年09月27日 「勝率が8割な程度の実力の投手」が22連勝する確率は0.74%
http://mkt5126.seesaa.net/article/375883477.html



誠天調書 2013年09月06日 「五輪招致という公共工事」を請け負う者達の感性。
http://mkt5126.seesaa.net/article/374132870.html

誠天調書 2013年06月17日 統一球(笑)の偽装を隠蔽し続けた理由は何か?
http://mkt5126.seesaa.net/article/366598296.html

誠天調書 2013年06月16日 野球を仕事にして生活する人達
http://mkt5126.seesaa.net/article/366505471.html

誠天調書 2013年06月13日 統一球の偽装 とは 国民栄誉賞の問題 であり 自公の安倍政権も関わる政治責任に関わる問題である。
http://mkt5126.seesaa.net/article/366161840.html

誠天調書 2013年06月12日: 統一球(笑)と情報戦。 情報戦 とは 空の向こうの戦い だけでは無い。 目の前の現実 と 隣り合わせ である。
http://mkt5126.seesaa.net/article/366042863.html

誠天調書: 2013年05月16日 多神教の神学
http://mkt5126.seesaa.net/article/361661148.html

誠天調書 2013年05月15日: 何故に2013年のプロ野球で本塁打が増えたのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/361322432.html

誠天調書: 2013年05月07日
http://mkt5126.seesaa.net/article/359847037.html

誠天調書 2013年05月04日 ボストン爆破事件 というアメリカ映画。
http://mkt5126.seesaa.net/article/359087419.html

誠天調書: 2013年04月20日
http://mkt5126.seesaa.net/article/356229353.html

誠天調書: 2013年04月15日
http://mkt5126.seesaa.net/article/355453148.html





誠天調書 2012年09月23日 原の巨人ジャイアンツと橋上と 情報と
http://mkt5126.seesaa.net/article/293736302.html

誠天調書 2012年10月22日 原の巨人ジャイアンツは、なぜ3連敗から3連勝が出来たのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/298478875.html


誠天調書 2013年02月24日 「国民の生活が第一」の意味は 「おっぱいが嫌いな男子なんていません!」で半分が説明できる。
http://mkt5126.seesaa.net/article/341592343.html


誠天調書 2008年11月05日: WBC日本代表コーチ 要請された顔ぶれ
http://mkt5126.seesaa.net/article/109109684.html

誠天調書 2009年03月23日: より大多数へ 必要以上に悪くない結果を導こうとするは
http://mkt5126.seesaa.net/article/116026202.html


誠天調書 2010年10月06日
http://mkt5126.seesaa.net/article/164824481.html

誠天調書 2010年10月30日
http://mkt5126.seesaa.net/article/167645793.html

誠天調書 2011年05月07日
http://mkt5126.seesaa.net/article/199596900.html

誠天調書 2011年08月28日
http://mkt5126.seesaa.net/article/222706738.html

誠天調書 2011年09月01日: 「机上の頭脳の優秀さ」と「“戦場でもある”政治の現場での頭脳の優秀さ」とは似て非なる面もある
http://mkt5126.seesaa.net/article/223454632.html

誠天調書 2011年11月12日
http://mkt5126.seesaa.net/article/234684813.html

誠天調書 2012年06月21日
http://mkt5126.seesaa.net/article/276283116.html

誠天調書 2012年07月09日:
http://mkt5126.seesaa.net/article/279619416.html

誠天調書 2012年09月23日: 原の巨人ジャイアンツと橋上と 情報と
http://mkt5126.seesaa.net/article/293736302.html

誠天調書 2012年10月22日: 原の巨人ジャイアンツは、なぜ3連敗から3連勝が出来たのか?
http://mkt5126.seesaa.net/article/298478875.html


誠天調書 2010年08月16日: 「プラザ合意」と「日航機123便の墜落」は 1985年に起きている。 プラザ合意は1985年9月22日、日航機123便墜落は1985年8月12日  そしてアメリカで開催された第2回WBCで原監督の実務と
http://mkt5126.seesaa.net/article/159565168.html

誠天調書 2012年07月21日: 労組・日本プロ野球選手会のWBC不参加表明 は TPPの前哨戦である。
http://mkt5126.seesaa.net/article/282174102.html

誠天調書 2012年07月22日: WBCを潰して 2015年からの「IBAFプレミアム12」をアメリカ抜きで始めて、「ベースボール」では無く「野球」を育てれば良いんじゃね
http://mkt5126.seesaa.net/article/282473530.html



誠天調書 2013年06月19日
http://mkt5126.seesaa.net/article/367531800.html

誠天調書 2013年06月27日 野球というシステム工学
http://mkt5126.seesaa.net/article/368426650.html

誠天調書 2013年06月16日 野球を仕事にして生活する人達
http://mkt5126.seesaa.net/article/366505471.html

誠天調書 2013年06月18日 清武が告発した事 不思議なwikipediaの清武英利の項目には 読売ナベツネ渡辺恒雄を告発した著書の「巨魁」が何故か無い。
http://mkt5126.seesaa.net/article/367385650.html






posted by 誠 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。