https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2013年11月21日

秘密保護法から保護されるテロリスト 秘密保護法から保護されない犯罪者

2013/11/20 日本政府が作成していないと発表した福島原発事故の議事録、アメリカが情報公開法で公開 秒単位で情報を記載
ttp://saigaijyouhou.com/blog-entry-1241.html
福島原発事故以降、日本政府が一貫して「作成すらしていない」と発表をしている福島原発事故の議事録ですが、実際にはアメリカが密かに議事録を作成していました。
これはアメリカ連邦情報公開法に基づく開示決定で判明したもので、その議事録には福島原発に保管されている燃料棒が溶けた時のシュミレーションや、東電や日本政府の動きが秒単位で書かれています。

私もこの議事録に軽く目を通して見ましたが、東日本大震災が発生した直前の3月11日の時点で原発関連の情報が書いてあり、改めてアメリカの情報収集能力にビックリさせられました。
しかも、その後も2011年3月20日までビッチリと日本政府や各原子力団体の動きが克明に記録されており、これは第一級の最重要資料だと言えるでしょう。
☆原発事故対応、議事録なし 政府対策本部、認識後も放置
URL http://www.asahi.com/special/10005/TKY201201240551.html
引用:
枝野幸男経済産業相は24日、東京電力福島第一原発事故後につくられた政府の原子力災害対策本部が、これまでの議論を議事録として残していなかったことを明らかにした。経産省は事故後の混乱で手が回らなかったとしているが、事故対応を決める重要会議で何が話し合われたか検証できなくなるおそれがある。

 枝野氏は官房長官だった昨年5月11日の記者会見で「危機対応なので議事録をとるような場がほとんどなかった」との認識を示していた。ただ、その後も議事録は作成されないまま、昨年11月にNHKが情報公開請求した後、年明けになって再び問題化した。
新GHQへは睥睨をする旧式左翼系な記事なので そういう意味を含めて読むと とても微笑ましい。

http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-criss-proceedings
NRC最高決定機関の時系列議事録
http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1212/ML12122A950.pdf
議事録は3月11日の事故発生直後から3月20日までを詳細に記載した内容で、全文は43ページ。
情報源とその入手時間が秒単位で記載されて、細部まで事細かに記述された内容となっています。
もっとも 英語の読めない俺が少しに読む限りにおいては 肝心な部分は公開されていない感じ だけどね。
難しいけど細かく読み込みたいなぁ


ここでは、さらに強調して文書に大きなスタンプで NOT FOR PUBLIC DISCLOSURE (絶対に公開禁止)と記載。
米国政府、原子力規制委員会の中でも極秘クラスの文書として慎重に取り扱われていたことがうかがえます。

注:2000本という計算は日本政府がIAEAに出している報告書にある燃料棒の数(下)と、
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-18-2.34.06.png
2枚目の画像にある燃料棒の溶融率の式で求められます。

以下の文章は2011年、3月12日のNRC電話会議議事録です。
「元記事が単なるメモで議事録じゃないでしょうそれは」という批判をいただいたきました。
なので、そういう見方もあり得るとした上で、まごうことなき議事録をだすことにします。
http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1205/ML12052A100.pdf

電話会議記録が存在すること自体は、
たしかAPとかワシントン・ポストがとても早い段階で報じていて海外で既報なのですが、
わたしたち日本人目線だと、新しい着眼点が見つかります。
まず、Mr. Condo と呼ばれる人物がこの3月12日時点で'wind direction',「風向き」に触れていて、
同心円ではない放射能汚染を考えていることがわかります。
(ここの論点は、勘のいい読者の方はお気づきでしょうが、別記事で補充します)
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-21-22.17.25.png

この直後の記述で、
・NISA(原子力安全・保安院)以外の日本側規制当局のトップとは
 既に連絡が取れているという記載がある、
・この会議の参加者がNRC幹部とアメリカエネルギー省の幹部である
ことからすると、おそらくCondoさんが日本政府で用いの高い方、
つまり近藤駿介原子力委員会委員長だと理解して問題ないと思います。

米国NRCは、別の文書も情報公開。
近藤駿介氏の1535本の燃料棒が溶融するとされる最悪シナリオ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012011202100005.html
よりも多い2000本以上の燃料棒が96時間以内に溶ける事態を想定していたことも判明。
加えて、同心円上ではなく風向きまで考慮したより危険な内容となっています。
http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1212/ML12122A949.pdf
7、8ページ目
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-19-0.52.03.png

加えて、同文書によると米国NRCは、
3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識しており、
96時間の経過後にも福島第一にある
約15000本の燃料棒から、放射性物質の放出が続く

ことを予想していたと思われます。
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-22.39.43.png
(当時のNRCによる炉心状況の認識。全ての炉心が「dameged」(損傷している)との記載です。)

ところで、この議事録を問題とするのならば
日本政府や原子力産業の「隠蔽体質」のみが問題なのでしょうか。

一般にですが、
国家規模の事件になるとその国の記録は余り信用できないことが ままあります。

これは、当事者であるので責任問題やその他の考慮が働いて、
中立的な証拠が残し難くなる訳です。

ちょうど裁判で、原告や被告、あるいは刑事の被告人・本人の証言よりは
中立的な第三者の目撃証言の方が当てになって証拠としての価値があるのと同様です。
(もっとも第三者といっても思惑が色々あって証言をねじ曲げることはありますが)

ですので私は、今回の福島事故議事録問題が日本政府固有の隠蔽体質によるものだとは思いません。
アメリカだって スノーデン事件を観れば分かる様に 各種の不正行為と秘密主義が
政府機関と関連産業の内部にあります。
だから日本だけが特別に酷い国と言う訳ではないのです。

ただ一般論に立ち返って、なるべく他国の証拠にも当たってみる
というのはより的確なアプローチと考えて、
アメリカ政府資料を弊社では重要視して収集している訳です。

2013年11月15日 【福島事故】東芝 2011年4月に米国政府へ10年の復旧計画【秘密文書】
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-ten-years-recovery-plan-from-toshiba-to-foia-from-takanori-eto-and-others
今週に弊社へ届いた開示決定通知が5000ページくらいあったのを見ていたら見つかりました。

米連邦情報公開法(Freedom of information act)は大量の重要資料を得られるので
もはやメディアにとって必須なのですが、
こっちが要求していない資料までも勝手に出される場合もあり、
そのときには非常に使い勝手が悪くなります。

http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1328/ML13289A308.pdf

東芝株式会社がアメリカ原子力規制委員会に、福島第一原発事故直後の4月6日付けで、
事故復旧の青写真案を提出していたことが分かりました。
アメリカ原子力規制委員会が情報公開請求に対して開示している、
現時点で10万ページほどの資料の中から本紙の編集長(江藤貴紀)が発見しました。

資料を見ると、東芝株式会社が2011年当初に出した、
がれき(debris)の処理案や10年計画での除染(greenfield site)計画を見ることが出来ます。
かなり細かく、現在のニュース性も高く、また歴史的価値も高い ので
本紙のコンセプトにあったニュースとして配信します。

資料は各ページに
「部外秘」や「機密」を示す official use only や confidential のスタンプが押されており、
かなり慎重に取り扱われてきた文書であることが伺えます。


2013年11月16日 福島第一原発事故 フランス・アレバ社 極めて悲観的なワーストシナリオを作成【特報】
http://echo-news.net/education/usdoe-and-french-aleva-on-fukushima-crisi
米国エネルギー省が福島第一原発事故直後の3月23日に、
・メルトダウンした燃料の場所、
・その場合における海水注入・塩の蒸発等の影響に関する分析資料
を米国原子力規制委員会(NRC)に送っていた資料
・フランスのアレバ社が作成していたシミュレーションで2013年にアメリカ政府へ送られたらしいもの
を、入手しました。
アメリカ連邦情報公開法に基づいて本紙などが請求した資料です。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-0.53.59-1024x633.png
上の文書では燃料がコアの下にたまっていた場合には、塩の融点である摂氏801度や沸点である1413度よりも加熱されるため、海水の塩が蓄積する問題は生じないだろう、とか単純だけどいろいろ考えた考察をしています。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-1.13.17-1024x608.png
またこちらのスライドでは、セシウム137のβ線がどれくらいの放射線量で、それを半分に遮断するには真鍮・鉄・コンクリートで何センチの厚みが必要か、10分の一にするにはどれくらいの厚みが必要かなども実用的に考えてあります。他の核種から出る場合でも、β線なら同じく扱ってよいとかも。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-1.18.30.png
福島第一の4号機と構造が似た、アメリカのオイスタークリークにある原子炉の設計図を、参考のためのモデル資料として出しています。
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-1.19.50-1024x604.png
その次のページだと今度は日本語で書かれた福島第一原発の図面があったりしてもう手に入るものは何でも必死にかき集めてくれている様子がうかがえます。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-1.29.37.png
フランス・アレバ社の燃料プールに関する分析です。4号機の燃料が10日以内にメルトして、他の燃料プールもA、3週間のうちに溶け出すというとても悲観的な予測をしていたようです。ただ画像下の方に2013年1月とあるので、この資料をアメリカ政府が提供されたのは、今年になってからということでしょうか。

英語が相当に適当で文法や単語の使い方がとてもおかしいですが、フランス人が大急ぎで書いた感じです。たとえば使用済み核燃料 spent fuel が spend fuel になっていて、修飾するのに受け身系じゃなくなっていたりします。あと good sources of information も good よりは reliable とかのほうが普通ですが、面白いのは「東京電力はあんまりいい情報源じゃない」みたいなことがに書いてある部分ですね。
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-1.34.50.png
他にも、私の知らなかった情報源が載っていて興味深いです。

本紙以外にも国内と米国のメディアは情報公開請求をかけている
(情報公開請求の内容自体が公開されているのです。ややこしいですね。)
ので他も報じてよさそうなのですが どこもやってません。
うちが浮いているのか、それとも他のところが10万ページとかのを読んでる暇がないだけでしょうか。

この福島事故NRC関係文書は、どれも史料的な価値があってスクープでもあるので
さっさと英語でも配信しないと、です。
そういうのが「情報の能力」や「情報の技術」になるんだけど
カルトの下僕な者達は 如何に情報を上意下達で流すか が「情報の能力」とか信じているからねぇ。
それは旧式左翼も宗教右翼カルトも寸分の違いが無く同じである。
そういうのを類別して俺は 大馬鹿野郎かキチガイか詐欺師か とも言っている。

だから そういう事を言う前の俺は
1 情報を収集する
2 情報を選別する
3 情報を分析する
4 其処から洞察をする
という事を書き 情報流通の下士官層 という言葉を置いた。

情報の能力 情報を扱う技術 其の鍛練と研鑽を続けて行く先として更新をし続ける
をせずに、
ただただ 右から左へ 左から右へ 上から下へ 情報を流していく者達 は カルトの下僕 である。

そういう情報戦の現場に立ちながら その意味を踏まえて進もうとしない者達は カルトの下僕 である。
テロリスト と呼称しても良いだろう。
・マスコミ新聞テレビ大手メディアに属する者達 
・結局に マスコミ新聞テレビ大手メディアと同様の情報流通の手法しか出来ない者達
は 情報の技術が無いテロリスト という事になるのだろう。
此の者達は 秘密保護法から保護されるテロリスト である。

上記の人のように まだマシな情報を流してくれる意味が分かっている人達 は
古今東西を問わずに人間社会においては少数派である事も確かだが、
俺は 21世紀のネットの時代の先を見据えて
その環境と状況の変化に合わせた情報流通の技術を考えたい。
だから そういう更新をしてきた。

もっとも こんな事を言いだせば 秘密保護法から保護されない犯罪者 となるのだろう。


2013年11月21日 米国政府、福島第一原発事故直後に5本の最悪シナリオを作成 1つは東京直撃か 米情報公開法で開示
http://echo-news.net/japan/tokyo-super-core-five-worst-scenario
・アメリカ政府は福島第一原発事故直後、
 少なくとも5本のワーストシナリオを作成していたとみられる
ことが、NRCが米国情報公開法に基づいて公開していた文書の分析から判明しました。

・アメリカNRC、最高意思決定部の決議文書
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-0.23.52.png

http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1205/ML12052A111.pdf

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-21-15.17.58.png
行番号12〜13に「because there's about five worst cases」とある部分です。
ただ「最悪」の場合は他にもあり得るという留保を付けているので、
それ以上のケースを分析していた可能性もあります。

これは米国NRCが作成している最高意思決定部(エグゼクティブ・チーム)電話会議議事録のうち、
2011年3月20日分の記載にあるものです。

さらに以上の電話会議の記録を元に、
筆者がアメリカNRCへさらに情報公開請求をしたところ本紙へ届いた開示決定の対象文書に
以下の「東京超溶解シナリオ’’Tokyo SupearCore Scenario’’」という記載(*1)が発見されました。
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-16-16.25.07-1024x575.png

NARACとあるのは、米国気象予報庁のことで、
風向きを加味した遠距離のシミュレーションをするために米国NRCが協力を要請していた先です。

この内容は完全に非公開となっています。

そうすると、
下にある2000本以上の燃料棒溶融よりも多くの燃料が溶けるand/or風向きが東京に向かった場合
よりも悲惨なシミュレーションの様に思われます。(*2)
http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2013-11-19-0.52.03.png

まだ筆者がアメリカ政府に対して情報公開請求をかけている中では
全ての文書が出てきている訳ではないのですが、
この「Tokyo Super Core Scenario」は
5本の最悪シナリオのうちのひとつである可能性が高いと考えられます。
ただただ2011/03/15は幸運だった というのは有るよね。

そして このタイミングで情報を出してくる宗主国サマ というのもまた 非常に分かりやすい。
だからこそ 新GHQの下僕どもの動きもまた分かりやすい のだが。



2013.11.01 シェール・ガスの掘削に使われる化学薬品が健康被害をもたらすことを医師は患者に説明できない | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311010000/
日本でもシェール・ガスやシェール・オイルが話題になっているが、その採掘にからんで環境が汚染され、健康被害が出ているとも報告されている。そうした因果関係を裏付ける研究もあるのだが、そうした問題を医師が患者に話せないという現実もアメリカにはあるようだ。

シェールとは堆積岩の一種である頁岩(けつがん)を意味する。そのシェール層から天然ガスやオイルを採取することができるようになり、世界のエネルギー地図を塗り替えるとも言われている。

シェール・ガスを採掘する手法は水圧破砕(フラッキング)とも呼ばれる。まず垂直に掘り下げ、途中からシェール層に沿って横へ掘り進み、そこへ「フラクチャリング液体」を流し込んで圧力をかけて割れ目(フラクチャー)を作って砂粒を滑り込ませ、ガスやオイルを継続的に回収するというものだ。

この手法は地震を誘発すると言われている
が、それ以上に問題視されているのはフラッキングに使われる化学薬品による環境汚染。こうした問題を取り上げたドキュメンタリー映画「ガスランド」は2010年に公開され、サンダンス映画祭で審査員特別賞を獲得している。

ペンシルバニア大学のポウン・サベリ博士がペンシルベニア州ブラッドフォード郡で医療機関に受診に訪れた72の成人を調査した結果、「約4分の1の患者が天然ガスの採掘は自分自身の健康に被害を与えていると考えている。」という。また、デューク大学の研究によれば、西ペンシルバニアの川水のラジウム・レベルは、ガス処理工場の通常の下流より200倍高いという。
http://www.upi.com/Health_News/2013/04/29/Study-More-fracking-health-concerns-than-previously-thought/UPI-26861367208811/
http://www.usatoday.com/story/news/nation/2013/10/02/fracking-radioactive-water-pennsylvania/2904829/

こうした批判や調査結果が出ているフラッキングだが、ペンシルバニア州では昨年に成立した法律により、フラッキングで使われる化学薬品が健康面に問題を与える可能性があることを医師が患者に知らせられないという。その法律を無効だとアルフォンソ・ロドリゲス博士は訴えたものの、その訴えは棄却されてしまった。アメリカでは「命よりカネ」ということが徹底してきたようだ。日本なら特定秘密?



http://echo-news.net/japan/why-former-prime-minister-koizumi-say-no-to-further-nuclear-policy-analysis-by-masaru-sato
2013年11月4日 小泉元首相が脱原発にかじを切った訳ーーー日米関係から読む
この点について、10月24日に衆議院議員会館で行われた勉強会で
元「外務省のラスプーチン」こと佐藤優氏 と 鈴木宗男・新党大地代表ら が語ったので、
その内容をお伝えする。
ラスプーチンはラスプーチンだけどねw そら敵ではないし味方では有るのかもしれないけどさw

鈴木宗男:
あまり新聞記事の話題にはなっておりませんが、
中東の大国である、サウジアラビアが国連の安保理の非常任理事国を辞退しました。
これも大きな政治的な動きだと私は思っております。
例えば、モンゴルという国が安保理の非・常任理事国を辞退して、これは日本に譲ってくれました。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304134704579146190446733808.html
(編集部注:リンク先のウォール・ストリート・ジャーナル日本版も、前例のないこととして伝えている。)
モンゴルの善意だったんです。

そういった善意とはまた違って、強いものが善というアメリカの価値観があります。
ジョン・ウェインは最後までジョン・ウェインです。
しかし、強いものが善という価値観でいったら、日本は立ち行かなくなると思います。

佐藤優:
貴子さんと鈴木代表に質問なんですけれど、
小泉さんが反原発を訴えていることについてどう思われますか?
うはw そう来たかw

鈴木宗男:
私は小泉さんが
フィンランドへ行って、高レベルの放射能廃棄物の施設を見て、
そこで何万年もかかるだとか、何百年もかかるっていう話を聞いて、原発はダメだ
ということに至ったということになってます。

でも、そんなことは総理の時から分かっているはずなんですね。

だから私は
もし小泉さんが総理のときから原発を推進したわけですから、自民党政権としてほしかった。
(注:もっとも編集部が昨年おとずれた際には、
 衆議院議員会館で松山千春さんをお呼びになった回に鈴木宗男氏は
 「脱原発はよくない」という旨の発言をされている。)

自民党が進めてきたこの昭和42年からの原子力政策は結果として、危ないものだった ので、
 まずは反省したい
というひとフレーズがあってからダメだ というならばいいと思います。

けれども、フィンランドへ行って見てきたという、その結果としてこうだ というのでなくて、
自分のやった政策を検証した上で、話をしてくれればまた重みが違ったかなと思います。

新党大地は原発ゼロですから。
その裏づけはロシアから、持ってくるということで言って来たわけですからね。
私から言わせれば小泉さんが原発をやめるというのは、
新党大地の考えをきちんと裏づけするものでないかと思っていますね。

佐藤:
わたしも、同じ考え方なんですね。
ただし、持って来る先はロシアであって、シェールじゃないんですよ。
だから本当のところは今回の小泉さんの原発ゼロというのは、
フィンランドというのは つくりばなし というか きっかけ で必要だったという話で、
実際はアメリカから耳打ちされているのじゃないかと私は思っているんですよ。

うはwwwwwwwwww
こいつは しょーがねーなーwwwww


佐藤氏「原発ゼロでも、核開発はやりたい」

原発ゼロは言っているけれども、核開発はやらないとは言ってないでしょう。
だから恐らくは、核抑止力は持たないといけないから、核開発をやりたいということですよ。

あちこちの大学に原子炉がありますからね。
東海村とかはそれをやっているわけですよ。
原発じゃなくて、逆に、核抑止力を持つための基礎研究をやっているわけですよ。

そのかわり原発をゼロにするというのは、アメリカの中での綱引きになるわけですよね。

シェールガスをやっているグループは、原発なんかいらないんですよ。
かえってそんなものは危険であるし、廃炉までを考えるとコストがかかってしょうがない。
それよりはシェール一本でやった方がいい。

それから後、今日の読売新聞によると、
サウジの情報庁長官、これ王子様の一人なんですけれども、
これがアメリカをぼろくそに非難したいう記事が出ている
(参照リンク〜ただしこちらは産経新聞報道)んですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000096-san-m_est
これは面白いなあと思ったんですよね。

というのは どういうことか っていうと、
アメリカのシリア政策で、サウジは本当はシリアが陥落してほしかったんですね。

それから国連のイランに対する対応、こういうので本当に頭にきているんですよ。

サウジはアメリカとの関係において、相当の重大決意をしている。
ですから今回の国連非常任理事国入りというのも
一年前から仕込んで、金を使ってロビーをやっていたんです。

けれども、それが全部決定したところで
ニューヨークにいる(サウジアラビアの)外交官たちが晴天の霹靂みたいな形で、
(サウジアラビアの首都である)リヤドから、それを辞退しろという風にきた。

これは裏返していうと、
アメリカは中東から石油をもってきにくくなっている
ということですよ。

でも それでもかまわない ということです。
今回の件でアメリカは きちんとサウジに手当てをしていない んですよ。

ということは、
これはアメリカ直々にエネルギー政策をやる
というような流れの補助石ということがよくわかる。

基本的な流れは、原発がなければですよ、
これロシアか、シェールかというどっちかになるというわけですよ。
バランスをとってロシアとシェールが両方をやるのが一番いいと思うんですよね。

だけども小泉さんにはロシアという考えはないと思うんですよね。
このラスプーチンは やっぱり凄いし怖いわw
ただしラスプーチンはラスプーチンだわな。
つまり この情報を如何に読み解くか にこそ本質が有る。
 一文字たりとて マトモに受け取る方が馬鹿を見る
だろうね。


鈴木宗男:
これ今佐藤さんの話を聞いてですよ、
原発が進められていたとき、一番反対したのは、石油を掘っている連中なんですね。
これと今の話は符合する話なんですよ。

佐藤:
そうなんですよね。
ですから、これも今日大きな話題になるグリーンピースがありますよね。
グリーンピースの活動にけっこうお金を出しているのは、メジャー(国際石油資本)です。


「反原発の後ろにはシェールがある」

反原発で原発反対運動の後ろに常に石油資本というのはいますから。
この辺のからくりを考えると、小泉さんは伊達に あの話をしてるんじゃない と思う。
となるとエネルギー政策は原発っていうので原発に足をとられているうちに
この制度というのは、これから大きなつけがくると思う。

ならば、進次郎さんは、
お父ちゃんがやっていることだから とりあえず従う という、
とりあえずのスタンスで それでいい んですよ。

反原発運動と同時にシェールをやりますし、
シェールをやるために重要なのがTPPです。
TPPで経済的な面からいくとすると小泉親子のやっていること
というのは10年先のスパンで整合性のあることなんです。

アメリカへの依存をより強める代わり、
核抑止力については安全保障上の別途の理由で、
核廃絶からはやってないです。
そうなると、この小泉さんの話っていうのは意外とばかにできないんじゃないかな。

(福島原発の)海洋汚染について鈴木貴子さんが指摘したとおりで、
これはどんどんどんどん外洋の調査まで、始めているわけです。
外洋の調査をせざるを得ない状況に追い込まれているわけですよね。
ロンドン条約というのがあるんですが、
これは放射性物質を公海上に投棄してはいけないというものなんです。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2013/11/20110614-5-300x168.jpg
(画像出典:カレイドスコープ)
あららwwwwwwwwwwwwwww そういう事ですかwwwwwwwwww

わざと投棄してはいけない、ということですね。
だけど漏れちゃったというのはこれはどうしようもないということで、これは条約の想定の外なんですよ。
いずれにせよ、相当に今は大変なことが起きているということなんです。

今回、伊豆大島があんなに大変なことになってしまった。
あの台風がちょっと北へいって、福島を直撃していたらどうなりました?
あの雨があの関東で降ったら。それは汚染源うんぬんの話ではなく、
雨が降ってることは止められないですからね。

そうするとやはり、原発ってすごい莫大なんですよね。
そうすると、小泉さんはまさに原発を推進してきたわけなんだけれども、
これ、倒産する会社と一緒ですよ。

倒産する半年前に逃げたって、これは逃げ切れないですよね。
2年前から逃げてるわけです。
これは詐欺かどうかわかんないですよ。

ですからこれは逃げ足っていうのもすごく重要なんでね。
やはり小泉さんは逃げ足が速かったんじゃないかな。(笑)

鈴木宗男:
もう5年前に逃げたわけですよね。

佐藤:
ええ。それで、今日の話なんですけれども、
日本のニュースを見ていると、極度に内向きになっているから、
国際社会のうんと重要なニュースというのは日本の新聞だけ読んでいてもわからないんですよね。

それで今までInternational Herald Tribuneを読んでいたんですけど、
最近は、10月の頭からHerald Tribune社はJapan Timeで配達されているんですよね。
http://www.japantimes.co.jp/2013/03/25/press-release/jt%E3%80%81nyt%E3%81%A8%E4%BB%8A%E7%A7%8B%E6%A5%AD%E5%8B%99%E6%8F%90%E6%90%BA/

英字だからヘラトリかと思ってぱっとみたら、
「安倍首相は年内に靖国を訪問するかもしれない」
とかいうのが一面に出ていて、
ヘラトリも最近活字のタイプも変わったのかな と よく見てみたらJapan Timesって書いてあるっていう。

ですから、英字新聞でも日本で出ている英字新聞はだめなんですね。
今見ないといけないのは、2つあります。
まずサウジアラビアで、これは国際市場に大きな影響を与えます。
そしてもう一つ、「ロシアとオランダの関係」があるんです。
其の記事は無い。
しっかし ラスプーチン は 本当に凄いし怖いな、奇術師としてね。


2013年10月07日 北極に軍事基地復活 中国を牽制するロシア
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3219
諸外国はロシアの動きを容認するわけはなく、反発も多い。特に反発しているのがデンマークやカナダであり、それぞれ、北極海の海底は自国の沿岸と地質学的に地続きだと主張しており、両国共に、CLCSに科学的根拠を持って申請をすべく、準備を進めている。加えて、ロシアとカナダは、お互いに同地域での存在感を高めるため、自国軍も利用して、軍事的な示威行動を度々行なってきた。

北極海をめぐるプレーヤーは沿岸国にとどまらない。北極には、領有権主張を凍結した「南極条約」のような条約が未だ存在しないため、世界各国がより大きな権益を求めて争いを熾烈化させる余地が大いにあるのである。

日本も資源獲得に強い関心を持っているし、何より目立つのが中国の動きだ。中国は1990年代から北極海への関心を高め、北極海圏内に領土がないにもかかわらず、「北極圏近郊諸国」の地位を主張し、同地域開発の中心的存在である前述の「北極評議会」に長年非公式に参加し、ついに今年5月に常任オブザーバー入りを果たしたのだ。

中国は、同地の資源のみならず、北極海航路にも既に触手を伸ばしている。中国は、ロシア沖の北極海を横断して欧州に到達する新たな商船ルートの開拓を進め、昨年8月にはウクライナから購入した砕氷船「雪龍」で北極海での試験航行を成功させた。しかも、この際、一般原則通りロシアの砕氷船のエスコートを受け、アイスランドに到達したものの、帰路は北極点付近を通過し、ロシアのエスコートを受けずに単独で帰還したのである。このことは、中国の砕氷船が独自で砕氷し、航行できたことを意味する。

北極海航路で中継拠点としての意味も持つアイスランドに接近、今年4月には、中国にとって欧州国家としては初の自由貿易協定(FTA)を締結するなど、北極海諸国への接近にも余念がない。


そのような中、ロシアは本気で北海圏の権益を保持するための対策を強化しつつある。

2012年9月には、ロシアの軍・政治指導部が、北極海のノバヤゼムリャ群島にある元核実験場の防衛措置を強化し、防空軍部隊と全天候型航空機を配備、さらに群島周辺の海域には北方艦隊の艦船が戦闘態勢を敷くことが報じられた。ロスアトム(国営原子力企業)は、核兵器の信頼性と安全性を判定するため、同地で核兵器の臨界前核実験を再開する可能性があることもほのめかした。

 実験基地であるノバヤゼムリャは確実な防衛態勢下に置かれる必要があり、同地のロガチョボ飛行場に迎撃戦闘機ミグ31の編隊が配備されることとなった。これらは、ノバヤゼムリャのみならず、北からの攻撃からロシア国境を守るだけでなく、もちろん北極海防衛の意味も持っている。ソ連時代およびソ連解体後も1993年までは、同飛行場に迎撃機が配備され、空から核実験場を防衛する任務を果たしていたが、その機能が復活されることとなったのである。

 さらに、2012年から、北極海では部隊の戦闘訓練と関係した措置が再開された。それはテロ攻撃を想定した海兵隊上陸作戦を想定している。2012年の同訓練は、7000人超の人員、潜水艦を含め20隻以上の艦船、約30機の航空機、150台の戦闘車両が参加するという大規模なものとなった。


12月20日には、プーチン大統領が「我々は砕氷船団を増強する。これは最も重要な動脈(北極海航路)を発展させるという真剣な意思表明だ」と記者会見で発表し、ロシアの権益を守るために北極海航路の開発と新砕氷船建造を進める意思を表明した。ロシアは6隻前後の原子力砕氷船を保有し、北極海を通る船のエスコートや北極圏開発などに運用しているが、全てソ連時代に建造または計画された船であるため老朽化が進んでいる。

 そこで、北極海航路での船舶増加や資源開発の進展を睨み、新たに3隻が造船されることとなったのである。その内の一隻は、全長約173メートル、幅約34メートルで、コンテナ輸送用の特殊な船を除けば、ロシアが保有する世界最大の原子力砕氷船「戦勝50年」をもはるかにしのぐ、通常の原子力砕氷船としては世界最大の大きさになるという。建造費は約1070億円に及ぶという。同船は、厚さ4メートルの海氷も割ることができ、最大7万トンのタンカーを先導できる。同船は、2017年に完成予定で、北極圏ムルマンスク港を拠点として活動することが予定されている。

2013年9月25日には、プーチン大統領が北部サレハルドで開かれた北極に関する国際会議「北極―対話の領域」で演説し、北極圏の環境保全策を強化する方針を発表した。諸開発などの経済活動、軍事活動、環境保全を全て成立させていく意思を明らかにしたのである。北極圏の自然保護の具体策としては、約32万平方キロメートル(北極圏ロシア領の約6%に相当)の北極圏の自然保護区を数倍に広げることや希少生物の保護などの計画が明らかにされ、政府予算から汚染対策としてすでに約45億円が拠出されていることも強調された。

ロシアは北極海の問題に対し、包括的な対策を強化している。特に、基地の復活の背景には、資源開発を安全に進める、また北極海の航行量の増加に対応するという理由があるのはもちろんだが、直接的には中国に対する牽制ではないかと見る向きが少なくない。今年3月には、中国を牽制するために、ベトナムがロシアを引き込み、南シナ海カムラン湾の共同開発が開始されたことも報じられており、ロシアは中国を北からも南からも牽制したい様子が見て取れる。

北極海問題は、世界規模でも大きな争点となりつつあるが、中国とロシアの関係を見て行く上でも大きなキーワードとなっていくだろう。


http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=ebd844fa2037dc3f98e81930280f4d75
2013年11月01日 北極海開発に必死なロシア オランダとの関係も悪化
近年、北極海の権益を巡るグローバルな争いが顕著になってきていること、そしてロシアが軍事基地を復活させるなど、中国をはじめとした諸外国への牽制の動きを強めていることを述べた。

だが、9月からまた北極海で新たな問題が生じ、結果、ロシアとオランダの間の国際問題にまで発展している。



9月18日に、ロシア沿岸警備隊はバレンツ海のプリラズロムナヤ海上石油プラットフォームによじ登った国際環境NGO・グリーンピースの活動家の船に威嚇射撃し、活動家を逮捕するという事件が起きた。

 プリラズロムナヤは、バレンツ海の一部であるペチョラ海のロシア北部海岸から60キロの沖合に位置する。同地の開発プロジェクトは、ガスプロム・グループが進めているが、ロシアが開発する初めての北極圏海底油田であり、2011年にペチョラ海の広大なプリラズノムノエ油田に据え付けられた。1

 北極圏には未発見の石油、天然ガスを初めとした多くの天然資源が眠っていると言われているが、その環境面の安全性や商業的な観点からの採掘可能性については、国際的に多くの疑問が寄せられている。

 そのような中、グリーンピース活動家が同プロジェクトの採掘への抗議行動として、掘削リグに登ったわけである。逮捕された活動家は、グリーンピース所有の砕氷船「アークティック・サンライズ」に乗っていた。そして、同砕氷船から5隻のボートがリグに送られ、2人が放水を受けながらも、自分たちの体をプラットフォームにロープで結びつけて登り始めた際に、砕氷船をリグから引き離すために威嚇射撃が行なわれたという。リグに登った2人の活動家は即時逮捕された。

 その後、同砕氷船は、9月24日に北極圏の港町ムルマンスクに曳航され、乗船していた18カ国2出身の30人の活動家もバスで捜査委員会の地方本部に連行され、数時間事情聴取された後、拘置所に収容された。

1:しかし技術的な問題のために操業開始は遅れており、ガスプロムは今年の末には原油の汲み上げを開始し、2019年には生産のピーク、すなわち年量600万トン(日量12万バレル)の生産が達成される予定としているが、具体的な展望は見えていないようだ。ガスプロムの石油部門であるガスプロムネフチが、同地の開発免許をガスプロムから取得すると考えられているが、同社は、同プロジェクトへの投資額を2000億ルーブル(約60億ドル)と想定しているが、その半分は既に消費されているという。

2:アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、英国、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ロシア、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、米国

ロシア連邦保安庁(FSB)は、同砕氷船の船長が不法行為の停止を拒否したために、やむなく、警告のために弾丸が船舶に当たらないように、4回のAK-74アサルトライフルで威嚇射撃を行なったと説明している。FSBはまた、母船にも走行を停止するよう命じたものの拒絶されたため、別に4度砲撃したと述べている(なおグリーンピース側は11回の砲撃があったと主張している)。

 他方、グリーンピースは、「プリラズノムナヤは大量の資金が注ぎ込まれているにもかかわらず、北極圏の石油を安全に掘り出す保障が備わっていない」と抗議の理由を主張する。グリーンピース側は、付近にはホッキョクグマ、セイウチやアザラシの生息地となっている3カ所の自然保護区があるが、生産が開始されれば原油流出の危険性が高まるとして、ガスプロムの2014年末までの操業開始を阻止しようとしているのである。実は、グリーンピースは2012年8月にも、クミ・ナイドゥ事務局長が主導する形で、同じ施設で、同様の抗議行動をしていた。

 なお、ガスプロムとガスプロムネフチはコメントを拒否した。 

深海での資源採掘の技術は未だ確立されておらず、まだ模索状況である。そのような背景もあり、原油価格の高止まりや温暖化による北極海の氷の融解により、北海の資源への関心が高まったのはごく最近のことだ。エクソンモービル、ENI、スタトオイルなどの石油メジャーの多くは北極海開発に関する協定をロシア国営石油会社のロスネフチと締結しているが、それらのほとんどは2020年代以後に生産開始予定であり、この成功の可否がロシアの石油大国としての地位を決するといわれている。

 だが、グリーンピースをはじめとした環境保護の立場をとる各種団体や個人は、生態系への影響と、原油漏出の際の汚染除去の困難さから、抗議の姿勢を強めている。

 そのため、石油企業の間に、高いコストと事故のリスク3 、さらに反対運動の高まりなどが相まって、同地の開発に対して及び腰な姿勢が目立ってきたのも事実であり、止まっている計画も少なくない。


3:2010年のBPの子会社ディープウォーター・ホライゾンのメキシコ湾における原油流出事件(作業員も11人死亡)は、石油会社にとって海底油田開発における事故の悪しき前例となっている。

北極圏の気象の変化がいずれ、政治家と企業幹部を乗り気にさせるという主張もあるし、ロシアのみならず、ノルウェーも今年8月にロシアとの境界論争が妥結した北極海東部の鉱区の開発権を公募するなど、北極海開発計画は確実に動いている。

9月25日に、プーチン大統領は逮捕された活動家について「海賊でないのは明らか」だと述べ、沿岸警備隊の係官らは「誰かがグリーンピースを装ってプラットフォームを占拠しようとした可能性」を排除できなかったと説明し、活動家の逮捕を正当化した。
ロシア当局の言い分は、ハイテク機器を満載して、目的不明で近寄ってくる環境保護団体を、プラットフォームへの襲撃者として見るのは当然であり、それら活動家は、プロジェクトを危機に陥れただけでなく、ロシアの主権侵害と地域の環境の安全を脅かす行為を行なったのだから、当然犯罪者として処遇されるべきだというものだ。


他方、グリーンピース側は、平和的な抗議に対する不相応な実力行使だと激しく非難しつつ、ロシアがグリーンピースの船に乗り込む権利もなければ(マシンガンで武装した集団がヘリコプターからロープをつたって船に乗り込んできたという)、活動家を逮捕する根拠もないと主張する一方、ロシアによるばかげた処遇には屈しないとし、活動家の釈放を強く訴える。なお、活動家達は、グリーンピース本部との接触は許されていないものの、全員元気で、家族や友人と電話で話したり、2時間だけ外交官達と面会をしたりしたという。

この事件はロシアとオランダの関係悪化も導いた。グリーンピースが本部を置くオランダは本件に特に強く抗議し、10月4日には、オランダのティメルマンス外相が、ロシアの拿捕の合法性は定かではなく、ハンブルグの国際海洋法裁判所に提訴して同船を取り戻す意向を発表した。

 両国の対立の土俵は広がっていった。10月8日、プーチン大統領は、ドミトリー・ボロディン駐オランダ公使が5日深夜に、ハーグでオランダ警察に逮捕され一時、身柄拘束されたことに対し、オランダ政府の謝罪を求めた。近所の人から子供たちが虐待されているという通報を警察が受け、警察が同氏宅に駆けつけると、同公使は酔っぱらって、子供の髪をつかみ引きずり回すなどの暴行を働き、同氏の妻も、同日、酒に酔い車をぶつける事件を起していたという。

 だが、同公使は警察が子連れだった自分を連行する際に、手錠をかけられた自分の頭を小突き、1歳の娘の髪の毛を引っ張りさえしたと非難した。身元を名乗り、外交特権を持っていると述べたにもかかわらず、自分と幼児2人が逮捕された(翌6日朝釈放)と抗議している。

 ロシア外務省も同氏の逮捕は、児童虐待の問題も孕むとして、オランダの駐ロシア大使を外務省に呼び、事件に関する「公式の抗議」を手渡した。オランダ側の、公使が幼児虐待をしていたという言明については、警察行為を正当化するための陳腐なでっち上げだと批判している。

 ティメルマンス外相は9日、本問題についてロシアに正式に謝罪した一方、逮捕に関わった警察官の行為は理解出来るとも発表した。だが、この程度のことでは、両国間の緊張は緩和されそうもなく、ロシア当局は、同日、オランダの主要輸出産品であるチーズについて品質管理に問題があると発表した。ロシアが「制裁的」にある国の産品について問題をでっち上げ、禁輸措置を執るやり方は、特に旧ソ連諸国に対してよく行なわれており、まさに常套手段だ。また、追い打ちをかけるように、ロシア連邦捜査委員会幹部は、拿捕したグリーンピースの船内から麻薬が見つかったとも発表したのである。

 そして、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の席上で、この逮捕が外交関係に関する諸条約の乱暴な違犯だとプーチン大統領が非難すれば、オランダ外務省が「もし捜査によって、外交関係に関するウィーン条約と相いれない行為が浮上してくるならば、オランダはロシアへ遺憾の意を表する」と声明するなど、両国共に強気な姿勢を崩していない。

 ともあれ、この逮捕事件に対しては、グリーンピース活動家逮捕問題に対する意趣返しだとみる見方が大半だ。
こじれているなぁw
もっとも此れが健全な危険な国際外交のディプロマシーでは有るが。
日本と宗主国サマの外交の方が極めて異常なのだが。


北極海開発に対するロシアの強い意志があることは間違いないだろう。活動家の最終的な処遇については、今後も注目していく必要があるが、ロシアはやはり今後も北極海問題では強い姿勢を貫いていくと考えられよう。
シリアにおける ロシアとプーチンを見せつけられた後では 尚更にだよね。
だからこそ オランダとロシアの件は むしろ煽る連中の後ろもまたミエミエとは思うけどね
だからこそ ラスプーチン と俺は思うんだけどね。


 ↓

2013.11.11 イスラエルの脅しに屈し、イランの核開発問題の協議で合意を妨害した仏政府への信頼は急降下 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311110001/

2013.11.12 イランの核開発問題についての話し合いで合意を壊したフランスはサウジアラビアと軍事取引も | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311120000/

2013.11.13 シリアの戦乱やイランの核開発問題を話し合いで解決する動きを潰そうとする大イスラエル構想 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311130001/


ならば このラスプーチンが何者なのか? 言うまでも無いと思うんだけどね。

2013.11.14 イラク攻撃に関する英国の報告が公表されることを米国が妨害、WikiLeaksがTPPの交渉内容を公表 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311140000/

2013.11.17 フランスの大統領と外相がイスラエルを訪問、イランの体制を転覆させる方策を協議する模様 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311170000/

2013.11.18 イスラエルの到着したオランド仏大統領はイスラエルと一心同体の姿勢を示し、米国から離反 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311180001/

2013.11.19 イランをめぐってイスラエルと米国との緊張が高まり、ケリー米国務長官はイスラエル訪問を延期 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311190000/


ウチの記事を眺め続けた後で
今回の記事の冒頭からを こうして並べて読むと ようやく見えてくるね。
一つの方向性だけでは見えてこない事が多い。
俺は多面的に物事を眺めて行こうと思う。
もっとも それが重罪となる のだが。



http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311140000/
安倍首相が「特定秘密保護法案」を審議する「特別委員会」を衆議院に設置するよう指示した10月3日、日米安全保障協議委員会は「より力強い同盟とより大きな責任の共有に向けて」という共同文書を発表した。この時点のメンバーはアメリカのジョン・ケリー国務長官、チャック・ヘーゲル国防長官、日本の岸田文雄外相、小野寺五典防衛相だ。

日本とアメリカとの間にある思惑の違いがここに出ている。つまり、「特定秘密保護法案」とは行政情報を官僚が完全に支配することを目的にしているのだが、日米共同発表では軍事情報の保全を想定している。アメリカの要求に日本が「悪乗り」した可能性が高いということ。この違いが日米間に亀裂を入れるかもしれない。
そういう事でしかないのだが
 支配者層の
 キチガイカルトな宗主国サマ と ハイパーキチガイカルトなポチの「日本人と日本」
という関係性だからね。

どちらも一神教で野蛮人でしかないのだから
ハイパーキチガイカルトな「日本人と日本」は
 多神教で文明人な被支配者層
を徹底的に嬲るという構図になる訳だ。

311とは 福島第一原発テロ事件とは そういう構図そのものでしかないのだからね。
己が 家畜や奴隷にも劣る商品作物な程度の存在でしかない という事の自覚が無い者達は
これからも幸せに収穫されるだけであろう。




2013.11.08「特定秘密保護法案」は、官僚が情報の独占力を強化して私腹を肥やすために持ち出した毒薬 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311080000/

2013.11.10 安倍政権はファシズム化を促進、総仕上げに東京オリンピックを使い、国民を沈黙させる法律も | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311100000/


2013.11.13 加速したマスコミの劣化、そして国民の無関心によって特定秘密保護法案は誕生 | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311130000/


2013.11.20 東電福島第1原発の事故による生物への影響が報告される中、特定秘密保護法案で情報の囲い込み | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311200000/

2013.11.21 クーデターを推進中の安倍政権を誕生させる環境を作ったマスコミに民主主義を尊重する意思なし | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311210000/

今回のクーデターの共同正犯はマスコミ新聞テレビ大手メディアであり
だからこそ
 其処からカネを得る事が生業である者達が多い
 旧式左翼や宗教右翼カルトな連中
は 自分達の似非が剥がされない為に と とにかく必死だ。
ネット上の“何故かアクセス数が多い者達”とは
どんな人達なんだろうね?

20世紀のイデオロギーの残滓の如きな旧態依然な情報流通 が これからも永遠に続く
と夢見る少女な者達なのだろう。

俺から見れば
 共犯者でしかないのに
 必死になって「自分は犯人じゃない」と叫ぶ
そんな詐欺師にしか見えないのだが。
ポチの動き を散々に観察してきたから すごく分かりやすい。

秘密保護法に反対をする のに
激変し続ける21世紀の情報流通の環境へは一言も口にしない のだからね。

それとも 俺こそがイカれているのだろうか?
ネットとは如何なるモノなのか? を 使い続けては感覚的にでも「何か違う」と身に覚える者達ならば
其の先を考えるモノだとは思うんだけどね。
あえて思考停止をする人達とは 如何なる人達なのだろうね?



2013.11.21 米国のクーデター計画を始動させた9/11の「主犯」とされたビン・ラディンはいつ死んだのか? | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311210001/

2013.11.18 ガイトナー元財務長官が投資会社の社長に就任、巨大銀行を救済した報酬だと嘲笑されている | 《櫻井ジャーナル》
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201311180000/




2013/11/19 102号ヴィッキー不正選挙裁判判決の映像出ました!!: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/11/19/7061245

2013/11/20 チェルノブイリに学ぶ放射能被害 やはり、一番マズイのは、野生のキノコ類とベリー類: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/11/20/7063558


2013/11/19 不正選挙偽政府が、秘密保全法案を通すとか、ブロガーを罰するとかいろいろ言ってますが、不正選挙なので全部無効です: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/11/19/7061178


2013/11/21 千葉県北西部地震とK-NETの人工的な3連発波形: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/11/21/7064449
各地の震度に関する情報 情報発表日時 発生日時 震央地名 マグニチュード 最大震度
平成25年11月16日21時00分 千葉県北西部 M3.7 震度2
平成25年11月16日20時57分 千葉県北西部 M3.4 震度1
平成25年11月16日20時49分 千葉県北西部 M5.4 震度4
平成25年11月16日17時35分 千葉県東方沖 M3.3 震度1
平成25年11月15日08時18分 千葉県東方沖 M4.0 震度1
平成25年11月14日17時00分 千葉県北東部 M3.1 震度1
平成25年11月14日15時15分 千葉県北西部 M3.2 震度1
平成25年11月13日19時15分 千葉県北東部 M3.9 震度2
平成25年11月12日01時42分 千葉県東方沖 M4.1 震度1

http://www.emsc-csem.org/
で、欧州EMSCに出ていた11月16日20時49分 千葉県北西部 M5.4 の震源地
35.55 N 140.24 E
をググってみると。。

千葉市消防局/消防総合センター
住所〒266-0004 千葉県千葉市緑区平川町1513−1
http://itp.ne.jp/shop/DM1200060600049097/

というのが出てきますね。

千葉市消防局/消防総合センター が震源地なんですかね??
どうでしょう?
神聖土建帝国千葉なので そういう場所は無数にあるとは思うけど。

其の辺りは千葉市の市街地から遠く
雑木林や林や森も多く 神聖土建帝国千葉 を象徴するモノが
幾つも隠れて存在する場所なのかもしれません。

なんというか 暗黒の欧州中世の深き森の中 とは
 ファンタジーの世界
のようなモノなのですからね。

そう考えれば 不思議な事が無数に起きる場所 として
俺からすれば全くに異論は無いですね。

俺ですら 実際には全く分からない のが
神聖土建帝国千葉の暗部というか恥部というか
そういうモノなのですからね。

まさにファンタジーの世界そのもの。
ベルセルクの世界に近い。
魑魅魍魎が公然と跳梁跋扈するのが千葉という魔道界ですからね。
カルトの黒ミサ如きはニチジョウチャメシゴトに有りますよね。

錦の御旗を掲げる連中によって俺が黒ミサの生贄へと捧げられる日は近いのかなぁ。

地元政治家

松野博一(まつの ひろかず、1962年9月13日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自民党千葉県連会長。
文部科学副大臣(福田康夫改造内閣・麻生内閣)、厚生労働大臣政務官(安倍内閣)等を歴任した。

来歴
千葉県木更津市生まれ。千葉県立木更津高等学校、早稲田大学法学部卒業。早大卒業後の1986年、ライオンに入社。1988年に退社し、松下政経塾に入塾した(第9期生)。
1996年、自民党千葉県連の候補者公募に合格し、第41回衆議院議員総選挙に千葉3区から自民党公認で出馬したが、新進党の岡島正之に敗れ、落選。2000年の第42回衆議院議員総選挙では保守党の岡島を破り、初当選。
2003年の第43回衆議院議員総選挙では民主党公認で出馬した岡島一正(岡島正之の子)に千葉3区で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、岡島に比例復活すら許さず千葉3区で3選。
2006年9月、安倍内閣で厚生労働大臣政務官に就任。2008年8月に発足した福田康夫改造内閣では文部科学副大臣に任命された。
2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、千葉3区で岡島に敗れたが、比例復活により4選。総選挙後、自民党千葉県連会長に就任した。2012年、党人事委員長に就任した。
2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、千葉3区で岡島らを破り、5選。
第182回国会で、衆議院文部科学委員長に就任。

政策・主張
表現規制推進
「ゲーム脳」説の支持者。ゲームや漫画などの規制強化を政治公約に掲げた。
栃木小1女児殺害事件(2005年、未解決)を受けて自民党が発表した「犯罪から子どもを守るための緊急提言」の作成に関与。児童が殺害される事件や児童に対する性犯罪の原因のひとつに「成人にも悪影響を与える暴力的なコミックと過激なゲームソフト」があるとして法的な対策を講じるとした。

違法ダウンロード刑事罰化
違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案を担当。公明党と共に提出、成立させた。

人物
生家は木更津港そばの材木問屋「松野木材」。
松下政経塾第9期生の同期には自民党の秋葉賢也、民主党の市村浩一郎・井戸正枝・本多平直らがいる。

所属団体・議員連盟
神道政治連盟国会議員懇談会

関連項目
自由民主党国会議員一覧
清和政策研究会

衆議院議員 松野博一
生年月日 1962年9月13日(51歳)
出身地 千葉県木更津市
出身校 早稲田大学法学部
学位・資格 法学士
前職 ライオン従業員
所属委員会 文部科学委員会(委員長)
世襲 無
選出選挙区 千葉3区
当選回数 5回
所属党派 自由民主党(町村派)
党役職 千葉県支部連合会会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館502号室
何処のカルトの幹部の経歴なのかとw
もう こんなのしかいない のが千葉。

毎度おなじみの、松下整形塾で自民党清和会で、表現規制で、文部科学委員会(委員長)
しかも、厚生労働政務官もやってた人物ですか。
なるほどね。。

で、この地震、K-NETの波形見ると、人工的な3連発のところが沢山あるわけです。

http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/quake/

富士宮、大月、修善寺、山北、清川、秦野、伊東、藤沢、葉山、函南、都幾川、塩山、甲府、御殿場、茅野、小海、藤野、沼津、甲府2、上九一色、小鹿野、山北中、氷川、須玉、富士見、南部、南木曽、木曽福島、大鹿、伊奈

以上が、人工的な3連発の波形ですね。

というわけで、このK-NETの波形を信じるならば、山梨県、あるいは富士山周辺の3連発地震が同時に起きているとしか考えられない。

だから 小笠原 となるんじゃないかと。
では、当ブログの仮説です。

千葉県北西部の地震は、日本唯一の危機管理専門大学がある銚子沖の地震発生装置と、富士山にある米軍と自衛隊の施設の同時発生によるものなのではないか??

ちなみに、先日の神戸の多発地震も、やはり人工的な2連発の波形が大変多かったです。

もちろん、放射性汚染水地下注入型地震を誤摩化すための、『波形はダミー』の可能性も捨てきれませんけど。。

そして、毎度おなじみの深海掘削船『ちきゅう号』が掘削したエリアで起きた地震
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20131119041128.html
ですが、なぜか揺れたのが関東ですね。

震源の分布は、いつもの東京電力敷地内の栃木から群馬にかけての地震、あるいは茨城の地震のように見えます。

ようするに、ちきゅう号』が掘削したエリアに、地震発生を知らせる装置(ここで地震が起きたことにするための装置)が仕込んであるということなのではないでしょうか?

国土強靭化計画の南海地震利権ですね。
俺は 火山 という線も見るけどね。
大島か 箱根か三宅島か、栃木群馬の辺りの渡辺喜美の辺りもね。
青プリンは どうしているのかなぁw


https://twitter.com/aloe_aoi/status/403493873730596864
ちきゅう号の位置。その場所って大丈夫なんですか?
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403495576378961920
Exp.348 Plate Boundary Deep Riser 3 巨大分岐断層に向けた超深度掘削(続)
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/nantroseize/j/expedition_348.html

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403496315947982848
「第348次研究航海 デイリーレポート」なぜか英語。
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/nantroseize/j/daily_348.html

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403497791311187968
JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構 プレスリリース「地球深部探査船「ちきゅう」による 統合国際深海掘削計画(IODP)第348次研究航海 「南海トラフ地震発生帯掘削計画」ステージ3の実施について」
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130902_2/

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403498192584450050
1. 「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の目的 「南海トラフ地震発生帯掘削計画」は、巨大地震や津波の発生源とされるプレート境界断層や巨大分岐断層を掘削し、地質試料を採取するとともに、
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130902_2/

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403498326269517824
掘削孔を用いて岩石物性の計測(検層)及び地殻変動の観測(モニタリング)を実施することにより、断層の非地震性滑りと地震性滑りを決定づける条件や南海トラフにおける地震・津波発生メカニズムを解明することを目的としています。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130902_2/

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403498642192863232
ステージ4(平成26年度以降) 地震断層やその周辺の地殻の微小な変動を長期観測するシステムを超深度掘削孔に設置します。将来はDONETと接続し、地震発生現場からリアルタイムでデータを取得する予定です。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130902_2/

https://twitter.com/aloe_aoi/status/403499255614042112
地震とか津波が起きます
って書いてあるようにも見えるのは考え過ぎなんでしょうか。
311前に俺やハタ次男様などを含めて多くの方々も 同様に思ったものでした。
旧式左翼な系統の人達はDE兵器へは踏み込まないですからね。
もっとも宗教右翼カルト系は
 自分達の利権に関わるDE兵器へは上手に踏み込まない
という処世術を行使するので 其れは其れで色々と微笑ましいのですが。


https://twitter.com/aloe_aoi/status/403511747991986177
戦争も口実が欲しいのですね。

https://twitter.com/pecko178/status/403515406326829056
藤原紀香さんが「赤旗」に登場
http://sankei.jp.msn.com/smp/politics/news/131121/stt13112121270009-s.htm
結局こうなるのね。

https://twitter.com/glico_chan34/status/402770252242489344
楽天の優勝パレードに個人協賛金6千万円足らず。
一方、三木谷は楽天株を売却し100億円の利益を手にした
http://bit.ly/17HgI95

https://twitter.com/yoc_chyy/status/403359944407150592
菅原文太「日本は今、真珠湾攻撃をした時と大差ないよ」(俳優)
https://pbs.twimg.com/media/BZj9M8DCYAAmHz6.jpg
間違っては無いけど 正確には
 広島と長崎が落ちてから無条件降伏をせずに
 本土決戦をし続けてきた後の状況
と言うべきなんだけどね。
そういう事を想定するのは難しく無いとは思うんだけど。
だからこそ

誠天調書 2011年04月01日 敗戦の日
http://mkt5126.seesaa.net/article/193532204.html
とまで この時点で書いたのにね。
だから俺は 敗戦の日 と言おうと思う。


敗れた側の身体と財産は、蛮族野蛮人に略奪され続けるしかない 強姦され続けるしかない。
奴隷か家畜でしかない大和民族系日本人の共同体は骨の髄まで しゃぶり続けられた挙句に
生殺与奪の権利すら 自身には当然に無い。

今すぐ苛酷に死ぬか すぐ後で僅かに楽に死ぬか、の選択肢しかない。
ま これまでの経緯を考えれば 当然の結果でしかないんだけどね。
平時に有って 何が起きているのか? その中身を知ろうともしてこなかった者達が
戦時に有って 何が起きているのか? その中身を知るようになれると?w
「馬鹿で豚にすぎない民衆」が いざとなったら覚醒できると?w 夢なら一人で見なw

だから俺は“ネットの日本語圏の下士官層”という戦い方を口にしていったんだよね。
其処の先でこそ かろうじて道は有る とね。 

でも道が本格的に切り開かれる その前に 攻撃が来たよね、つまり敵の先手の速さの勝ちだ。
60年前よりも苛酷な「敗戦の日」が来た という事が分かっている人が、どれ位に居るんだろうね。

計画停電 を考える連中が居る場所は露骨に分かっている。
動きは常に早い。本当に侮れない。



https://twitter.com/cxjr/status/403512768088653824
米英独仏で厳罰に課される「外国への漏洩」が行政機関の長の裁量で「できる」
のが特定秘密保護法案。
スパイ防止という意味では全くの「あべこべ法案」。
日本が搾取され国民が弾圧されるだけの法案。
https://pbs.twimg.com/media/BZmPjRHCQAA0ZGe.jpg:large


https://twitter.com/doridoriroom/status/403125244056961024
島の南東500m付近で、黒色噴煙を伴う噴火が確認され、
直径約200メートルの新たな陸上部が認められたって。
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20131120182013.html
小笠原諸島の「西之島」の位置
https://pbs.twimg.com/media/BZgwRgzCAAEhUS4.jpg


https://twitter.com/mkt5126/status/403257644447563776
誠天調書 2013年08月26日 火山と人工地震 とTPPとの関係性。
http://mkt5126.seesaa.net/article/373006523.html
2010年12月22日 小笠原近海での群発地震について
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-191.html

http://blog-imgs-42.fc2.com/h/a/t/hatajinan/201012300211582fa.jpg
2010/12/29 M4.8 震源深さ10q
2010/12/24 M4.8 震源深さ10q
2010/12/25 M4.8 震源深さ10.10q
2010/12/23 M5.1 震源深さ10.60q
2010/12/23 M4.9 震源深さ10q
2010/12/22 M5.0 震源深さ9.50q
2010/12/23 M5.1 震源深さ9.90q
2010/12/23 M4.8 震源深さ10.20q
2010/12/22 M6.3 震源深さ11q
2010/12/25 M5.1 震源深さ10.60q
2010/12/23 M5.0 震源深さ10.50q
2010/12/23 M4.7 震源深さ10.10q
2010/12/23 M5.2 震源深さ10.60q
2010/12/25 M5.1 震源深さ10q
2010/12/23 M5.0 震源深さ10q
2010/12/26 M4.8 震源深さ10q
2010/12/27 M4.4 震源深さ10q
2010/12/25 M5.1 震源深さ28.40q

これだけ短期間に コレだけの規模の地震が 群発することなどあるのだろうか。
ベンジャミンの見立て通りなCIAとMI6の情報による不可能な予知が現実のものとなった。
地震兵器で小笠原の群発地震が引き起こされたとするならば、
現日本政府は超科学兵器の恫喝にあっているということか。
311以前の時代でも 此の観点を口にする人は居た。

ABCDE兵器を含めた外交と安全保障 そのディプロマシー
という観点を抜きに
311以降を語る人達は 何処で生きているんだろうね。 人間なのだろうか?


https://twitter.com/mkt5126/status/403258011411435520
2011/02/25 TPP不参加を打ち出せば、巨大津波が日本を襲う?!
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-208.html
2011/03/10 人工地震で津波注意報―TPPの揺さぶりは震源深さ10qの地震―
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-211.html

https://twitter.com/mkt5126/status/403260346153975809
政治情勢 と E兵器 の関係性を眺めれば、311直前と似ている面も有る。
安倍と菅の どちらが馬鹿か という問いは甲乙が付けがたい。
複合攻撃となるだろうから、直接攻撃とABCDE兵器を含めてかな。
いずれにしても 渡辺が引く 程だったのだろうね。
さて どうなるかな。

俺はね、
秘密保護法や日本版NSC(国家安全保障会議) という法案の話の一連の動きを見ると
 新GHQが
 安倍の政権の“忠誠度”つーか“使えるか否か”を量っているだけ
のようにしか見えないんだよね。

だって
・現状は事実上に治安維持法そのものは実効状態
・新GHQも事実上に既にして其処ある
のだからね。
法案が通ろうが通らなかろうが どうとでもなる。

そういう意味合いを含めて考えれば
 どうにも動き方がオカシイ 情報流通の動き方も妙な点が多い
と思う。
所詮にカネ目当ての連中 なのは分かっている。
だから 安倍がポチとして使えるか否かを量っているだけ なのだろうね。

ならばこそ俺は 安倍と菅の馬鹿さ加減を比べるのは甲乙が付けがたい とも書く。

焦土作戦をするしかない。
この独立戦争では 其処までの覚悟をしなければならない、
其処までしなければ 奴隷や家畜から逃れる第一歩は踏み出せない、
俺は そう考えていた。

けど、まぁ この選択を 他の人へまで強要はできないわな。
それ以前の状態なんだもんね だから そういうことだ。
敗戦の日が来た以上 次を考えなければならない。
考える事が出来れば だけどね。
どちらにしても俺は今まで
 俺の春香 や 俺の愛しき麗華様 の事を更新する事と同水準な意味合いの更新をし続けてきただけ
なので これからも同様の事を続けるだけだ。









posted by 誠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (゚∀゚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。