https://twitter.com/mkt5126/b  https://twitter.com/mkt5126/c  http://twilog.org/mkt5126      TweetsWind                   TweetsWind                   TweetsWind


2005年05月28日

なりふり構わず 警察を庇う

不正支出は2億4000万円 道警裏金で監査報告
( 以上 情報リンク元は 面白ニュース 様より )



この産経新聞のニュースを含めて
主要マスコミ全ては「着服」を「不正支出」と書き換えて、
なりふり構わずに警察を庇う。

これは『着服』以外の何物でもなく
何故立件しないか理解に苦しむ。

私的流用の有無が立件の妨げになるとは到底思えないが…。

それでいて 治安悪化を理由に警察権力に拡大よる圧政が
どうやって国民に理解されようか?
反発と敵愾心しか生まなく それは更なる社会不安を助長するだけになる。
治安組織が社会秩序を大きく乱す原因を作っているのだから
警察機構そのものが改善されない限り 何一つ良い方向へと進まないだろう。

警察システムは今
するべき事は、殆ど出来ないか 機能しない状態で
しなくていい事ばかりしているか、何度も繰り返し過ちを犯している状態である。

これは 「システムとしての機能不全」 そのものである。
警視庁を頂点とする一極集中型の警察機構そのものを
抜本的に再構築することも 考えるべきである。
検察との相互干渉、マスコミによる監視すら機能しない
国家システムそのものが機能不全になっているのだが
ここは警察のみの論点を絞る。


江戸時代のように 狭い地域内でも奉行所が西と東に有り
互いに競わせ監査し合うことで 健全さを保とうとする、
というのも 一つの方法論として考慮すべきではないだろうか?

勿論 完璧な社会システムは、絶対に存在しない。
が機能不全に陥った社会システムは害悪を撒き散らすだけであるから
再構築する以外に 民衆を救う方法は無い。

 

この産経新聞のニュースを含めて
主要マスコミ全ては「着服」を「不正支出」と書き換えてまで
なりふり構わずに警察を庇っている。
不正を放置するは 極めて国益を損なう行為である。
これで国益を叫んでも まさに片腹痛いわ。



   私的流用は確認できなかったとしている。

 今更 誰がこの言葉を信じるだろうか?


    また捜査員約70人が内部調査の事実関係が間違っていると証言。
   うち約20人は受け取っていないのに「旅費を受け取った」などとする
   虚偽の説明文書に署名を強要されるなどしたという。


これだもの ねぇ…





posted by 誠 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(1) | (゚Д゚#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

裏金
Excerpt: 道警の裏金、返還対象は約2億4千万円と認定 (読売新聞) - goo ニュース 道庁の不正経理問題も返還が完了したらしいですが、返せば良いと言う問題ではないと思いますが?特に泥棒を捕まえる人達がこ..
Weblog: 人生無常・・・ケ・セラセラ
Tracked: 2005-05-28 10:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。